5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

在日は憲法上の日本国民なのだが###2

1 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 15:54:02 ID:aYN86FHl
このことによって、

1、講和条約時の法務省通達による国籍剥奪は不当。
2、在日参政権は認めるべき。
3、年金加入権等の否定は間違いである。

これら、ウヨがどうしても容認しないことが、当然のこととして導かれる。
在日が憲法上の国民であることの論証は>>2

前スレ
在日は憲法上の日本国民なのだが
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1170306266/l50
いいかげん日本は在日無年金者の早期救済しろー!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1166541049/l50

2 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 15:54:31 ID:aYN86FHl
【在日が憲法上の国民であることの論証】

前提(根拠)1:国民主権原理=国民でない者には参政権(国民主権)はない。
         共通の前提であることの証拠=在日参政権を否定する論者ではお馴染み
         (例えばhttp://www.nipponkaigi.org/1900-kazoku/1920-01QandA.html

前提(根拠)2:民主主義理念=治者被治者の同一。
         共通の前提であることの証拠=外交の三原則や自民党憲法改正案に民主主義が明記されている。
         また、民主主義の理念がこの内容であることは常識的に自明(ググれハゲ)


論証1:前提1の対偶=主権者は国民である。
論証2:・在日は日本国の被治者である。
     ・前提2より、被治者は主権者である。
     ∴在日は主権者である(三段論法として自明)   
論証3:論証1、2より、在日は国民である。

国民主権を百地(上のリンク先)のように「国民=主権者」と考える常識的な論者にとっては、
「日本国(日本政府)の立場においては『在日は憲法上の国民』である」を認めざるを得ない。

3 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 15:55:37 ID:aYN86FHl
【よくある問答集】

Q1、憲法10条(法律でこれを定める)によって、現行の国民指定(国籍法)による国籍保持者が国民となるのでは?
A1、憲法10条が想定している法律が国籍法であることは言うまでもありませんが、憲法10条は「国籍法を作れ」と
   言ってるだけであり、その内容までは正当化していません。ですから、その内容が憲法の趣旨に反するのであれば、
   違憲となります。そもそも考えて見てください。「法律でこれを定める」という文言は10条だけでなく、
   他の多くの条文にもあります。例えば、「労働基本法は違憲だ」という主張が合った際に、第27条を根拠に、
   「その違憲論は不当だ」と言えますか?もしそうなら、「法律でこれを定める」という文言で指定される法律は
   憲法(論)によっても否定されない絶対法規になってしまうでしょう?
   それに、ここで議論されているのは「在日の国籍剥奪」です。国籍保持者なら日本国民というのなら、
   国籍剥奪の対象になった者(もちろん、日本国籍保持者)は紛れもなく、日本国民ということになってしまいます。
   これでは反論になりませんね。

4 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 15:56:07 ID:aYN86FHl
Q2、在日自身が望んだから、国籍剥奪は正当では?
A2、望んでいたという根拠は何でしょうか?当時も日本国籍からの離脱は認められていたのですから、
   それを行動に表すのなら、とっくに国籍離脱していたのではないですか?
   逆に言えば、国籍剥奪まで日本国籍を保持していた者というのは、内心はともかく、
   行為として国籍離脱に踏み切らないとしていた者ではないでしょうか?
   本当に在日自身が望んでいたとするなら、わざわざ国籍剥奪などする必要はなかったと言えます。
   また、よく韓国政府の要望があったと言う人がいますが、それをもって「在日個々人の意思」とするのは
   かなり無理があります。朝鮮半島にいる普通の韓国人にとっても当時の韓国政府は独裁政権と言われいますし、
   ましてや在日に関しては、いまだに選挙が行使されていません。それに、日本における普通の政治問題を
   考えても分かることですが、政府の意見に反対する人はいつでもいます。便宜的な政治判断なら、
   それでも「国民の総意」としてかまわないと言えますが、「国民である」という基本的な事柄に関して、
   多数決で決めるのはあまりにも過激ではないでしょうか?多数決で決まるなら、例えば旧ユーゴは
   分裂することはなかったでしょう。
   さらに、こっちの方がより基本的なことですが「国民であること」はすなわち主権者であることであり(>>2)、
   主権者であることは、憲法では「固有の権利(15条)」とされ、人権規約(B規約)では
   「思想信条で差別してはならない」と明記されています。当人が「オレは主権者ではない」と言っても
   彼が主権者でなくなることはないのです(固有の権利)。ましてや、政府が国民の意思を自称し、
   「彼らは主権者でなくなることを望んでいる」として国民の主権の剥奪することはとんでもないことです。
   最後に、これはくだらない話ですが、「韓国政府の要望だから、文句があるなら韓国政府に言え」
   と言う人がいます。この発言の意味は「日本政府には責任がない」ということなのでしょうが、
   他国の要望があったからといって日本政府の名(法務省局長通達)で行った行為の責任がなくなるわけでは
   ありません。そもそも、国民認定という内政における根本を“全て他国任せだった”などというのは、
   国の主権を放棄したに等しい発言です。結局のことろ、せいぜい、
   日本と韓国、両政府に責任があるということになるだけです。

5 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 15:56:30 ID:aYN86FHl
Q3、朝鮮が独立したのだから、朝鮮出身の日本人も独立する(朝鮮国民になる)ことになるのでは?
A3、ポツダム宣言やサンフランシスコ条約のことを言ってるようですが、「朝鮮出身の者も独立」と
   どこに書いてありますか?朝鮮出身の者を強制的に朝鮮国民にしなくても独立は可能なのだから、
   国際条約の解釈としては明らかに不当でしょう。
   いずれにせよ、「朝鮮出身の日本人も独立」を意味する条文がないのですから、
   どの条文をどう読めばそういう解釈になるのか、論理的に示してくれないと反論になりません。
   といっても、このような説明では納得できず、どうも「領土の独立=出身者の独立」という
   根拠のない考えに囚われている人が後を絶たないようです。
   そこで、これがイコールでないことを示すために、二つほど例を示します。

   【仮定】、北海道が、日本によって締結された国際条約を元に独立した。
   ・Q1、北海道出身(戸籍)の東京都民(主権は東京都にあり、北海道にはない)
    である“Aさん(32歳飲食店経営)”は日本国と北海道国のうち、どちらの国民か?
   
   日本の制度における戸籍を理由に北海道政府が東京都民の「日本国民である権利(国民主権≒参政権等)」
   を奪い自国民だとする権利はないし、日本国にとっても主権の剥奪は憲法15条違反(国籍の剥奪は人権宣言違反)です。
   従って、Aさんの主権(参政権)を剥奪すること(北海道国民にする)は日本の憲法上できません。
   日本政府としては、国籍剥奪などということをせず、Aさんが自主的に北海道国籍を取得するのに
   任せるしかないでしょう。

   【仮定】、ロシア政府との外交交渉の結果、日本は北方領土をロシア領と認めた。
   ・Q1、北方領土出身(戸籍)の東京都民(主権は東京都にあり、北方領土にはない)
    である“Bさん(24歳ホステス)”は日本国と北海道国のうち、どちらの国民か?

   こっちのほうが、より朝鮮の件に近いようですが、上よりさらに過激です。
   Bさんがロシア好きであるかもしれませんが、それは「条約などによって決められないこと」です。
   好きなのかもしれませんし、嫌い(親を殺されたとか)なのかもしれません。
   しかし、一方的にロシア人にされ、もはや日本人ではないことになってますから、
   日本政府に文句を言うのは筋違いだとか言われたりします。困りましたね。

6 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 16:00:13 ID:aYN86FHl
【ガイシュツの資料 】

(リンク切れ・・気になるヤツは当時のスレを読んでリンクが生きてたことを確認するように)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦後の外国人政策の中心は、何よりも、旧植民地出身者の処遇であり、
1947年5月2日の外国人登録令(昭和22年勅令第207号)では、
旧植民地出身者を、外国人ではない(日本国籍を有している)ものの、
外国人登録令上の外国人とみなす1と規定し、外国人登録の対象としたように、
占領下から、その取扱いが問題とされた。ーーー略ーーーー
そして、1952年4月19日には、「平和条約の発効に伴う朝鮮人、
台湾人等に関する国籍及び戸籍事務の処理について」(民事甲438号法務省民事局長通達)がだされ、
旧植民地出身者は、一律に外国人と規定され、国籍法上の帰化の対象者、
そして、「出入国管理令」その他の法規が対象とする名実ともの外国人となったのである。
http://www.geocities.jp/asakawaakihiro/research/2002.html

日本国憲法、1947年5月3日(1946年11月3日公布)。
大韓民国樹立 1948年8月15日
朝鮮民主主義人民共和国樹立 1948年9月9日

旧国籍法
http://www.geocities.jp/asakawaakihiro/data/law/files/18990315.txt
旧国籍法第二十条 自己ノ志望二体リテ外国ノ国籍ヲ取得シタル者ハ日本ノ国籍ヲ失フ

ポツダム宣言
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1945Potsdam.html

外交の三原則
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19570900.O1J.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


7 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 16:00:41 ID:aYN86FHl
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1102294487/l50
178 名前: 法の下の名無し [sage] 投稿日: 05/02/25 15:54:59 ID:4pkvS67F
因みに浦部説

 そして、もう一つ、参政権について。日本に生活の本拠を置き日本で生活している
外国人は、日本国民とまったく同じように、日本の政治のあり方に関心を持っている
えあろうし、また、もつことが当然である。日本国憲法における「国民主権」の原理
は、こういう外国人の参政権を否定するものとして理解したければならないものと
いうものではあるまい。少なくとも、民主主義の観念と結びついた「国民主権」の
原理の根底にあるのは、一国の政治のあり方はそれに関心を持たざるをえない
すべての人の意思に基づいて決定されるべきだとする考え方である、ということ
ができよう。そうだとすれば、日本国民とまったく同じように、日本の政治のあり方
に関心を持たざるをえない外国人に参政権を保障するとしても、「国民主権」の
原理に当然のように反するとうことにはならないはずである。むしろ、そのような
外国人にも参政権を保証してはじめて、本当の民主主義が成り立つというべきで
あろう。
 要するに、人権の問題を考える際に重要なのは、その人の国籍ではなく、生活
の実態である、ということである。とくに生活の本拠が日本にしかない外国人について
は、日本国民とまったく同等の人権保障が及ぶとしなければ、それらの人々の人権
は、実際問題として、無に等しいものとなる。人権は、人間らしい生活のための基本
的権利であるから、これらの人たちの人権は、生活の場であるこの日本においてこそ、
保障されなければならないのである。いわゆる「定住外国人」については、日本国民
とまったく同じように人権保障が及ぶと考えるべきであり、そのほかの外国人について
も、外国人だからという一括りで考えるのではなく、それぞれの生活実態に応じて、
実質的に人権が保障されるように解釈すべきである。
 
   (浦部法穂 全訂憲法学教室59頁より)

8 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 16:01:22 ID:aYN86FHl
ついでに

181 名前: 法の下の名無し [sage] 投稿日: 05/02/25 22:48:29 ID:Smu7s4rz
浦部説だと
「在外投票」の仕組みは否定されるんでない?

183 名前: 法の下の名無し [sage] 投稿日: 05/02/25 23:29:34 ID:5Q1nGPAm
>>181
そりゃそうだろうね。
たとえばアメリカに住む日本人はアメリカ人と同様に参政権を与えられるべきだ、ってことになるのだろうし。
でももしかして、
国政参政権=国内の日本人プラス国外の日本人
地方参政権=国内の日本人プラス国内の外国人
と考えているのかいな?
184 名前: 法の下の名無し 投稿日: 05/02/25 23:40:55 ID:Q7BFTs1h
浦部は国政含めて要請説だったはず。
確かに在外国民の参政権が否定されるわな

9 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 16:05:35 ID:Xe8prdgH
船虫ってマゾだよな

10 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 16:49:51 ID:aYN86FHl
忘れてた。
前スレの残り

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1170306266/902
>在日を国民としないのは国是(国の努力目標)に反するから「賠償しろ」
>といっているように聞こえる点

年金加入権に関しては、支払いなしで支給という形にするのは、
年金という制度(理念)上問題あるから、賠償という形をとるべきだと言ってるが、
それくらいだが?

>この鍵括弧の中身が「在日を日本国民にしろ」というのなら分かるのだが

「しろ」では決してない。もともと国民であったという主張だから、認めろだよ。
自然権の話と同じ。
で、同じように、今まで自然権を認められてこなかったために、
何らかの損害を受けているのなら賠償ということになる。
何も妙なことを言ってるわけじゃないだろ?
おまえ考えすぎじゃないのか?

>もっと要約すると「憲法制定以前のもの」に法的拘束力は無い

これも同じ。自然権。
自然権は憲法以前のものだし、努力目標として見ることもできる。
しかし、だからといって憲法理念としての拘束力がないなんてことはない。


http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1170306266/903
つ「憲法改正の限界」
何度も言うが主権を弄るなら、これを克服してからにしてね。

11 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:00:52 ID:HCgqU5Fj
>>1
1.が間違ってる。
日本政府が剥奪したのではなく、在日側からの要請。
勉強しなおしておいでw

12 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:03:25 ID:82UYIQyI



憲法を凌駕してる在日の諸権利をみれば
彼らが日本国の真の主権者であることは明白

対して九条などに縛られる多数の日本人は
国民ではなくただの国臣にすぎない

国民(朝鮮人) > 憲法 >国臣(日本人)




13 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:05:56 ID:aYN86FHl
>>11
それは前提ではなく結論なんだが、結論にいきなり「間違ってる」ってバカ?
つーか、>>1-2をどう見ても結論じゃん。しかも、>>4 で否定された件をアホみたいに繰り返してるし。
もうかなり高レベルのバカだなw

14 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:07:26 ID:p/ortG62
一般市民が働き学生が学んでいる時間帯に、長々と計画的にプロパカンダですか……

15 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:11:08 ID:i9XFIhN4
だから前にも言った通り

>>2
>前提(根拠)1:国民主権原理=国民でない者には参政権(国民主権)はない。

>論証3:論証1、2より、在日は国民である。

前程1で国民でない者には参政権はないとしているのに
論証3で、参政権のない在日を国民としているのが矛盾している。
途中の論旨に穴がある証拠。

出なおしてこい&何度も糞スレ立てんな、ボケ!

16 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:14:50 ID:Xe8prdgH
討論能力の無いアホチョンが何度スレ立てしても時間の無駄

17 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:41:17 ID:1ht9B71b
>>前スレ917
>だから、登録手続き上の外国人。
>同時に国籍保持者は国民だと言ってるだろ?
>その意味は、在日は国籍を持ってるから国民ということ。
>ちゃんと読んでから文句を言えよな(>>736 )。

ん?“外国人登録令上”は三段論法では外国人(朝鮮人含む)には日本国籍はもともと無かったと判断されるって言ってるんだよ
そういえば私はこのネタにはほとんど初心者なんで朝鮮人は日本国籍を持っていた根拠となる条文を見たこと無いなあ ある?
個人的には日韓併合時代(日本が朝鮮半島を領土としていた時代)は
朝鮮人⊂朝鮮⊂日本 だったから
朝鮮人⊂日本 なので 朝鮮人は日本の構成するものの一部であり、これに加え
朝鮮人⊂人民から 朝鮮人は日本を構成する人民(=構成員=国民)の一部である
という論理から証明されると思っているが、
これだと朝鮮が独立した(朝鮮∧日本=Øとなった)とたん朝鮮人は日本国民ではないことになる
あくまで前提が朝鮮⊂日本だったんだからね

18 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:43:02 ID:1ht9B71b
>>現行憲法においたって主権在民だけで十分政治における民主主義的性格は示されているし

>民主主義(もちろん通説的理念)ならそれでいいじゃん。
>まったく訳分からんヤツだな。

十分民主主義的性格は示されているから在日が国籍を持っていないというのは
ポツダム宣言とかの日本の民主主義的性格を命じる条約などに抵触しないという意味でいったんだよ
(ポツダム宣言にいたっては“国民間の”という条件までつけられているからこれを使っては
在日が法上の日本国民であるという根拠の民主主義には使えない 国民の要件に対する影響力がないから)
はっきり“日本は(制度上の)民主主義でなければならない”と命じてる条文があるなら又は無しは別だけど
・・・・・・民主主義“的”とかじゃなくてね そうでないと君の主張は

「日本が在日に国籍を認めていないのは国家の理想(民主主義)に反するから在日に国籍を与えるべき」

と主張しているだけで何の違法性も示せていないとおもう
別に“ただの個人的考え”ならそれもありだなと納得できるけど、
君は在日に国籍を与えていないことを“違法”だと言ってるんだからその理由をちゃんと示さないと
明確に定められていない「民主主義」では裁判所に「違法ではない」といわれたり、
民主主義は国是ではありませんとかされたらおしまいじゃないか
もっと頑張ってぐうの音もでないような論理を考えてみせてよ

ついで
>>2で三段論法を使っている点はそこそこセンスはあると思う 根拠の選択を間違えたんじゃないか?

19 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:47:58 ID:5CLIq86C
まーた、無駄スレたてちゃって
意味のないことをうだうだ続けるんじゃないよ

20 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 17:55:23 ID:qL88P9QS


三段論法
http://www9.plala.or.jp/challenger/zange/3danronpou.htm


 

21 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 18:17:11 ID:1ht9B71b
>>20 「転じて」から先は理論が成立してないよw
   だけど面白いwww

22 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 18:40:03 ID:R+3onDA9
>>1
赦されるのは一回だけだぞ?
こんな馬鹿なスレを二回も立てるな!

23 :戦略的に動け:2007/03/05(月) 18:44:20 ID:p/ortG62
前にも書き込んだけれど、このスレッドは「題名」と最初の書き込みだけが目的だ。
精読する気の無い読者、極東板は題名くらいしか見ない一見さんを騙す為に。
例の「嘘も繰り返せば真実となる」理論の実践だね。

不満ならここで論破するより、相手の目的を阻止するように動かなきゃ。

24 :市民派護憲教師 ◇uM0J3pmQbE :2007/03/05(月) 18:54:13 ID:Oe2vmsI8
終了




















おわり

25 :市民派護憲教師 ◆/fJZhARvJ2 :2007/03/05(月) 18:55:14 ID:MNPhVAC/
再開



 スタート




26 :しまんちゅ ◆WUjWC4HXuA :2007/03/05(月) 19:03:32 ID:Q2Kf9okX
在日が日本人になったなら刑法第二編第三章〜第六章、第八章、第九章、
第二十二章〜第三十九章の罪を席巻しそうだな。

27 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:08:31 ID:oQF+iQo7
例えばエストニアでは住民の1割近い13万人が「無国籍者」だ。
これはエストニアの独立に伴い、住民にエストニア国籍を得るための
試験を義務づけたため、ロクにエストニア語を話せないロシア系住民
の多くが試験に落ちて国籍を取れ無かった結果だ。
勿論、国籍が無いから選挙権も無いし、それ以外の諸々の社会保障も
多くが受けられない。
そんなエストニアでもEUにちゃんと加盟できていることから分かるように
ウジ虫がどんな泣き言を唱えようが世界の常識とは全くかけ離れている
妄言に過ぎないのさw

28 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:15:22 ID:HCgqU5Fj
>>13
> >>11
> それは前提ではなく結論なんだが、結論にいきなり「間違ってる」ってバカ?
> つーか、>>1-2をどう見ても結論じゃん。しかも、>>4 で否定された件をアホみたいに繰り返してるし。
> もうかなり高レベルのバカだなw

馬鹿がレスしますw
国籍剥奪ではありませんよw
あくまで朝鮮籍(韓国籍ではありません)を選択する権利を与えられただけです。
さらに、日本国籍を望むのであれば、「帰化」という選択肢が戦後ここまで存在していたことをお忘れなく。
日本の政治に携わりたいのであれば、帰化してください。
これが日本政府の返答です。

他の国籍出居続けることを望んだのですから、それなりの不利益は受諾していただかないと。

29 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:18:19 ID:Suug++jf
だめだめ。コイツは自分で「優良人種である在日を劣等人種である日本人と一緒にするな」
と言い張ってたキチガイだから。
ついでに言えば「国に帰れ」と言われて「俺はモテモテで日本の肉便器が帰らないでくれと
頼み込むから仕方なくいてやるんだ」などと恥ずかしい妄想を垂れ流していた過去もある。
要するに典型的なネットで妄想を垂れ流す馬鹿。

30 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:21:20 ID:qL88P9QS
>>29
ソースぐらい貼れや。
それとも、自演かw

31 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:23:39 ID:oQF+iQo7
>>この鍵括弧の中身が「在日を日本国民にしろ」というのなら分かるのだが

>「しろ」では決してない。もともと国民であったという主張だから、認めろだよ。
>自然権の話と同じ。
>で、同じように、今まで自然権を認められてこなかったために、
>何らかの損害を受けているのなら賠償ということになる。

民団も総連も南北朝鮮の両政府も全部「在日は日本人ではない」事を主張している
わけだが、文句があるなら同胞に言えよw

32 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:24:12 ID:hdiuMU+m
前スレ埋まったんか?必死だな。そんなに日本人になりたいの?



プッ・・・・・。

33 :しまんちゅ ◆WUjWC4HXuA :2007/03/05(月) 19:26:21 ID:Q2Kf9okX
やっぱり心の底では日韓併合狙ってるんですねww

34 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:28:47 ID:qL88P9QS
何度でもいうぞ。

日本人となり、帰化し、日本と共に責任を負うことを宣言しない限り
日本の治者として存在することはできない。

今後、日本が戦争をして敗戦してまた戦争責任を問われる立場になった場合、
国際社会は、どのような根拠を持って日本に居住する半島国家民族に責任を負わせる気だ?

35 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:29:57 ID:qL88P9QS
ところで虫君。

他の観点からの検証はしてみたのかね?

列挙してみw

36 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:31:23 ID:qL88P9QS

まさか、ただ一つの検証のみを持ってこれがすべてだとのたまっているのか?

http://members.jcom.home.ne.jp/tekato/06matsuo.htm

せめてこれぐらいのことは書いてくれないとw

37 :しまんちゅ ◆WUjWC4HXuA :2007/03/05(月) 19:36:21 ID:Q2Kf9okX
ん?虫って?
>>1は船虫?

38 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:37:31 ID:Xe8prdgH
>>1は当然船虫。こんなアホ他にいない

39 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:38:19 ID:cdylMMiW
憲法は認めても、俺は認めない

40 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:38:43 ID:Xh27FRKI
>>37
船虫は黄教授の捏造ES細胞を褒め称えて、日本人より俺たちは優秀だ
と自慢しまくり赤っ恥かいたので、それ以来コテハン捨てて、こういう
アホなスレを立ててる。

41 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:41:25 ID:qL88P9QS
http://www.ff.iij4u.or.jp/~katote/Homef.html

なんで、左翼系、右翼系(在日系)は、
こんなに、主張色が強いのだろうか?

半島の血がなせるワザか?

42 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:42:16 ID:qL88P9QS
国籍法:
第5条 法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。
1.引き続き5年以上日本に住所を有すること。
2.20歳以上で本国法によつて行為能力を有すること。
3.素行が善良であること。
4.自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること。
5.国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によつてその国籍を失うべきこと。
6.日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、
若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。

《改正》平16法147
2 法務大臣は、外国人がその意思にかかわらずその国籍を失うことができない場合において、
日本国民との親族関係又は境遇につき特別の事情があると認めるときは、
その者が前項第5号に掲げる条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。



なるほど、確かに在日南北朝鮮人に対して のみ 門戸を閉ざしているとしか思えない法律だ。


酷い差別だ!!! 政府による意図的な民族差別が行われているとしか思えない!!!


虫がんがれ! 僕は応援してるぞ。

43 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:43:36 ID:qL88P9QS
>>39
もう一回何か書いてみろw

44 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:50:26 ID:b/jD3TRe
>>40
>船虫は黄教授の捏造ES細胞を褒め称えて、日本人より俺たちは優秀だ
>と自慢しまくり赤っ恥かいたので、それ以来コテハン捨てて、こういう
>アホなスレを立ててる。

最近見ないと思ったらそういうことだったのかよww
テラバカスwwww


45 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 19:58:16 ID:p8zC8lJj
帰化しない限り在日は在日。しかし帰化も遠慮して欲しい。ぬるぬるするし。

46 :自称右翼 ◆Uyoku.4uL6 :2007/03/05(月) 20:21:28 ID:gsCNgMhM
まだやるのか。
スレ変わったことだし、原点に戻るか。
「被治者の定義って何だ?」

とりあえず、日本の被治者の定義を例に取るけど。
日本の法律に従うべき者? →旅行者でタマタマ日本にいる人間も含む。
 現時点で、コイツが人を殺したら、日本の刑法に従って、裁判&処罰を受けるんだから、当然。
  そんなのまで日本人と同じ扱う必然性が全くない。

日本に現時点で住んでいる者? →仕事などで、日本に住んで働いている人間が入る。
 そんなのまで日本人と同じ扱うとすれば、例えば、コイツが子供を生んだら、日本人と同じに扱う以上、
 その子供の国籍は日本にしなければならない。
  親が自分と同じ国籍を持つことを望んだとしても。

日本の国籍を持っている者?
 どうしてもイヤなら、別の国籍をとればいいし、
 外国人でも、日本の国籍は持てる。
 特に問題なし。

47 :日出づる処の名無し:2007/03/05(月) 21:21:37 ID:vXlWDEoh
http://www.youtube.com/watch?v=H4PvWPVnm8Q

在日特権を許すな

48 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 00:33:21 ID:nN6Ey507
昭和21年11月12日、GHQは「帰国しない在日は日本国籍」と通達、
13日に「朝日新聞」が報道、これに在日が反発、GHQは11月20日に撤回した。

昭和26年10月11日の「朝日新聞」が「在日朝鮮人に韓国々籍」という記事を報じる。
「韓国政府は10日の閣議で
 在日朝鮮人に韓国国籍の国籍を与え
 その人権および財産に保護を与えることを決定した」という内容。

当時、国際的に「北朝鮮」という国は朝鮮半島には存在していなかった。
つまり「半島に唯一存在する国家」の政府が在日に国籍を与えると決定したのだよ。

その後、同年12月23日の「朝日新聞」が「講和発行時に日本国籍喪失」という記事を載せ
「日韓会談で在日の国籍問題が合意」と報道した。

そしてSF講和条約締結(昭和27年4月28日発効)により、朝鮮人の日本国籍は消滅。

これに対し「在日朝鮮統一民主戦線」(民戦)の
第六回拡大中央会議(昭和27年5月)において
「日本国籍を喪失させる処置に対する具体的な反対運動は提案されていない」と報告されている。

在日が日本国籍を拒み、「半島に唯一存在する国家」が国籍を与えたんだよ。
だから在日は「外国人」なんだっつーの。

49 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 00:37:56 ID:AOV2zfOl
>>1

意味がわからん。

グダグダ言ってないで、さっさと帰れ。



50 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 01:22:25 ID:Qnt+ermP
それ以前に在日朝鮮人は無国籍なんですけどね。
本国からパスポート発行してもらえないのは何故か。

51 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 01:25:24 ID:Lo6HDnuK
在日朝鮮人は、旧大韓帝国籍だからじゃないか?

52 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 02:21:17 ID:63+JS+69
今の在日日本人は旧日本国からの難民=帰化者にすぎん
チョンに帰化するなという資格などない

53 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 03:15:45 ID:hAqCtDZ/
>>52
低レベルな釣りだろうが釣られてやろう。
船虫は過去何度も「日本国籍が欲しければ帰化しろよ」に対して
「在日が劣等な日本人と一緒になれるか」と言って帰化を拒否して
いたんだぞ。
帰化を拒否してるのはスレ主の方だw

54 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 04:05:21 ID:F8I+xezk
>>53
実際には自らの犯罪歴か密入国のせいで帰化したくてもできないんだったりしそうだが。w

55 :バク ◆Zseml6E7q6 :2007/03/06(火) 05:59:56 ID:/stnbHxq
歴史・政治等を知らない半島人の妄言だからねえ〜。

大日本帝国憲法第三十一条   

 本章ニ掲ケタル条規ハ戦時又ハ国家事変ノ場合ニ於テ天皇大権ノ施行ヲ妨クル  
コトナシ  

終戦時有効であった大日本帝国憲法の条文に則って、
ポツダム宣言を受け入れて降伏したわけであり、その中に
カイロ宣言で謳われている朝鮮半島の隷属状況からの脱却
が含まれている時点で、朝鮮半島出身の者の日本国籍は
無くなる。

さらに、大日本帝国が朝鮮半島を治めていた際には、戸籍上
内地人と外地人は区別されており、朝鮮半島出身の者には
朝鮮戸籍令の基、明確に区別されていた。

大日本帝国が降伏文書に調印した時、日本国がサンフランシスコ
条約に調印した時、日本国と大韓民国が日韓基本条約に調印した時、
と、少なくても過去50年間に3回不平を訴える機会があったにもかか
わらず、不平を言わない時点でこの問題は終わっている。

さらに、最近の判例となりえるものの中に、

「戦争の結果によってでおこった不利益に関しては国家に賠償を求める
物ではない」 

と言う判決文があるわけですから。

良く考えてからスレ立てようぜw
能無しちゃんw

56 :しまじろう ◆J1duyyyKD6 :2007/03/06(火) 17:46:16 ID:3st6jXkR
というわけで、船蟲は、このスレの削除依頼出してこいよ。

57 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:28:18 ID:itgOAxoM
>>15
さっそく分からず屋が来たな。

>論証3で、参政権のない在日を国民としているのが矛盾している。

はいダメ。
在日に参政権がないというのは、現行の国籍制度において「国民ではない」とされてるからだろ?
憲法上において参政権がないとされているわけではない。
「国民は主権者であり、主権者は国民である」という解釈(>>2)においては、
「国民=主権者(参政権を認められるべき者)」となる。
従って、憲法上、国民であることが決まれば主権者であることが決まり、
また、主権者であることが決まれば国民であることが決まる。
それゆえ、おまえの「参政権のない在日」ってのは明からさまな“結論の先取り”でしかない。
現状において日本政府に参政権を認められていない(地方の例外を除く)ことは周知のことであるが、
このスレは>>1にあるように、憲法論の立場から、それを批判するもの。
そもそも、これが分かってないから、おまえのようなアホアホが言えるんだろ?
ここの議論はあくまで「憲法上の主権者か(国民か)」を問うものであり、
「現状において参政権を認められてない」なんてのはアホ丸出しでしかない。
本論(>>2)で否定されたことを前提にウダウダ言ってるだけ。
要するに、「おまえは既に死んでいる」ってのw
批判対象になってる現状を前提にせず、憲法論によって「在日は主権者じゃない」と言わなければ意味がない。
この点に関して、少なくともおまえは何も言ってない(憲法論から根拠づけていない)わけで、
アホな決め付けにしかなってない。

糞して出直してきましょう!

58 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:28:36 ID:itgOAxoM
>>17
>ん?“外国人登録令上”は三段論法では外国人(朝鮮人含む)には日本国籍はもともと無かったと
>判断されるって言ってるんだよ

はーん?もともとって何の話だよ?
そんな話、どこにも書いてないじゃん。
それに、たとえ書いてあったとしても「だから何?」でしかない。
昔はどうであれ、現在(当時)において日本国籍を持ってることを認め、
なおかつ、国籍保持者は日本国民だと宣言してんだから、日本国民であることにかならないじゃん。
ただ、外国人登録に申請できるってだけで。

>これだと朝鮮が独立した(朝鮮∧日本=?となった)とたん朝鮮人は日本国民ではないことになる

それはさー。人民を土地の付属品のようにみなした話だろ?
農産物かなんかのようにな。
領土を獲得すると、そこにある農産物(人民)だけではなく、そこから採れた農産物(人民)の所有権まで得られる。
逆に、領土を失えば、そこから採れた農産物(人民)まで失うと。
こういう考え方もあるかもしれんが、憲法や国是レベルの根拠がない。
むしろ、出身地差別を否定し、個人主義を謳っている憲法とは相容れない。
つーか、常識でも人民が領土を所有するのであって、領土が人民を所有するわけではないだろ?
前スレで、北海道出身者や北方領土出身者の例で言っていたように、
日本政府が、北方領土をロシア領だと認めたら、北方領土出身者はロシア人(ロシアの支配下)になる
なんてのは、常識からほど遠い。もしロシアが王制で人民は皇帝の所有物のようにみなされる体制であったら、
彼らはロシアの所有物になるわけだよ?出身地という土地に従属する人民っていったい何?
結局、表に出てこないが、「朝鮮人(朝鮮出身者)は日本に定住していようとも朝鮮人(韓国朝鮮国民)だ」ってのは、
民族主義だろ?秋山(帰化した元在日)を朝鮮人だと言ってるのと同じ。
人権ではなく出身地や民族性を人民の根本に置き、主権をそれに従属される考え方。
極めてウヨ的だが、残念ながら現行憲法では認められていない。

59 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:28:51 ID:itgOAxoM
>>18
>十分民主主義的性格は示されているから在日が国籍を持っていないというのは
>ポツダム宣言とかの日本の民主主義的性格を命じる条約などに抵触しないという意味でいったんだよ
>(ポツダム宣言にいたっては“国民間の”という条件までつけられているからこれを使っては
>在日が法上の日本国民であるという根拠の民主主義には使えない 国民の要件に対する影響力がないから)
>はっきり“日本は(制度上の)民主主義でなければならない”と命じてる条文があるなら又は無しは別だけど

いや、むしろ「国民間の」という方が今回の議論に合っている。
制度上だったら、選挙制度を採用すればOKみたいな話になりかねない。
ここでの議論におけるポイントは2つ。

・「民主主義的性格を命じる」とは「民主主義的方向へ、やれることはすべき」であり、
 やれるのにわざわざ後退するようでは、いかなる意味においても、条約に従ってるとは言えない。
・国民間のとは、普通に読んでも「主権や参政権の認定において、非国民のような差別をするな」であり、
 国籍剥奪とそれに先立つ参政権の剥奪(結果として非国民・非主権者化)はまさにその禁止事項にあたる。

民主主義では主権者であり、現に国民として参政権を持っている者(在日)の主権をわざわざ剥奪するようでは
ポツダム宣言に従ってるとは言えない。もし、憲法がポツダム宣言に従って制定されものなら、
憲法前文にある「国民」は在日(当時日本政府も国民と認めていた)も含むものでなければならない。
それが、憲法制定後に国民(主権者)ではないとされた
(サンフランシスコ条約時の法務省民事局長通達による国籍剥奪)。
どうにも弁護できないと思うが?
おまえは何かもっともな弁解(それでも憲法前文や15条、さらにポ宣言の民主主義条項に違反してない)ができるのか?

60 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:29:07 ID:itgOAxoM
>>18
>と主張しているだけで何の違法性も示せていないとおもう

いや、「在日は国民か(国籍剥奪は正しいか)」という問いは裁判上の論点になる。
そこで国民認定を受ければ、参政権が認められたり、年金加入権などの否定にまつわる賠償がえられるわけで、
具体的に何かの法規に違反しているとかいうのは必要ない。
しいて言えば違憲ということだが、目的はあくまで上記だから、違憲認定はオマケのようなもの。

>君は在日に国籍を与えていないことを“違法”だと言ってるんだからその理由をちゃんと示さないと

そんなことは言ってないよ。
むしろ、いまさら在日に日本国籍を与えるのは不当だと言ってる。
オレが言ってるのは、日本政府による非国民認定(国籍の剥奪)が不当であるということ。
その結果、憲法上の国民と国籍上の国民が一致しなくなったわけだが、
この原因は不当な国籍剥奪にあるのだから、日本政府の責任で対処すればいい
(「韓国政府“も”共犯だ」と、意味のない負け惜しみを言ってもいいが)。
剥奪したものを今さら元に戻すことなどできないなら(人権宣言違反になる)、
新法を作って日本国籍を形だけのもの(戸籍のようなもの)にするしかないだろうが、
それは政府が行うこと。在日の責任ではない。

>明確に定められていない「民主主義」では裁判所に「違法ではない」といわれたり、
>民主主義は国是ではありませんとかされたらおしまいじゃないか

いや十分だよ。
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1170306266/913-915
でも言ったように、これは実際は消去法になるから。
根拠のない独断をしないのなら、なにがしかの国民選択理論(境界設定理論)を必要とし、
それに適したものは民主主義以外にない。
何人かの者は「日本にもともと住んでいる者が日本国民だ」とか何か漠然とした選択理論を持っている
わけだが、それは突き詰めてやれば憲法で認められていない民族主義だったりする。
この方向で攻めれば、民主主義が憲法に明記されてなくても問題ない。
まあ、それでも拒絶するなら、自民党案にある憲法改正を待てばいいってことになるが。

61 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:29:23 ID:itgOAxoM
>>26 名前: しまんちゅ ◆WUjWC4HXuA
刑法好きが多いな。はやってんのかそれ?

>>27
日本の憲法理念とはずいぶん違うようだな。
まあ、いずれにせよ。オレの議論では国籍は自己満足にしかならいゴミになるから、
国籍がどうのなんて問題ではない。
要は国民(主権者)かどうか。日本の憲法では主権は固有の権利で、
国民は憲法制定権力者だから、試験とかで決めることなど無理。

>>28
>国籍剥奪ではありませんよw
>あくまで朝鮮籍(韓国籍ではありません)を選択する権利を与えられただけです。

そんな権利は通達以前からあった。通達のなんたるかの説明になってない。
現状朝鮮籍(日本国籍は無効)だとすれば、国籍剥奪になるに決まってるじゃん。

>>31 >>47
くどい。>>4 を嫁。

>>36
??松尾君?
文句があるなら、ちゃんと反論を書けば?

>>49
ここまで簡単に書いても意味すら分からない低脳は帰れ!

62 :null ◆x6W1cFiRkY :2007/03/06(火) 18:29:45 ID:JDO6Xecr
だから現行でダメなんだからとっとと裁判所に行って来いっての
勝てるんだろ?

63 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:30:28 ID:itgOAxoM
>>46 名前: 自称右翼 ◆Uyoku.4uL6
>「被治者の定義って何だ?」

・被治者:日本で実生活を送っている者(一次含む)
・治者とみなすべきではない者:被治者ではなくなることが客観的証拠から明らかな者(一次滞在者)。
・治者否認に使ってはいけない理念:当人の思想など(B規約や憲法15条に違反)
∴現在地方参政権において行われているように、実生活を伴った一定期間の定住をもって
 長期定住者とみなし、治者(主権者・参政権保持者)とする。
 
↑民主主義を適用した場合の適切な制度(定義)はこれ。

64 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 18:50:19 ID:A5YMkQvD
国民の主権(参政権など)は国籍を以って担保される。

65 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 19:12:10 ID:ovKqocWt
>>57
> 在日に参政権がないというのは、現行の国籍制度において「国民ではない」とされてるからだろ?
> 憲法上において参政権がないとされているわけではない。

日本国籍を持たない在日外国人に参政権は認められていません。
国籍法は合憲です。(つい最近裁判所の判決で確認された)
だから憲法上において在日外国人に参政権はありません。

お前の大好きな三段論法で明らかだろw

66 :null ◆x6W1cFiRkY :2007/03/06(火) 19:14:43 ID:JDO6Xecr
×「日本国(日本政府)の立場においては『在日は憲法上の国民』である」
○「>>1の解釈では『在日は憲法上の国民』である」

よってとっとと裁判所に行け

67 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 19:14:45 ID:L0SXvCYD
日本が国是として主権原理を「放棄」しているという証明がないと、
いくら「同一性原理」 のみ を振りかざしても無駄なことだと思うよ。

68 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 19:16:45 ID:L0SXvCYD

前レスから、主権原理によるアプローチが散々書かれているようだが、
「同一性原理のみに固執」したアプローチに「しがみついてる」虫君には、
理解すらできないだろうが。

あわれw

69 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 19:32:09 ID:A5YMkQvD
考えてみれば、特永対象者の中に準交戦国(国交の無い北朝鮮)出身者が混じっている状況で
参政権を付与することなどありえないことはガキでも判る訳で。

便宜上韓国籍にしている人もいるだろうから、韓国籍特永対象者に絞ることも不可能。

よって、参政権を得たければ、帰化以外に無いですよと。

70 :自称右翼 ◆Uyoku.4uL6 :2007/03/06(火) 19:48:27 ID:gpDAl12I
>>63
非常識なヤツだな。
「被治者の定義」内で「被治者」を使うな。

「日本で実生活を送っている者は一時的であっても、また、本人の思想に一切関係なく、被治者である。
ただし、日本での実生活が将来的に終了することが、客観的証拠から明らかな者は除く」
「上記に該当する人間は、全て日本国民として扱わなければならない」だな?

「日本国民として扱わなければならない」って言うのは、当然、現時点での日本国籍保有者と
全く同等に扱わなければならないわけなんだろうな?

当然、現時点での日本国籍保有者が、その子供を生んだ場合、
その子供は自動的に日本国籍を持つ日本国民となるわけだから、
「日本で実生活を送っている者は一時的であっても、また、本人の思想に一切関係なく、
その子供は、日本国籍を持たせ、日本国民として扱う」わけだな?

「思想に関係なく」ということは、その居住者がアメリカ人で、日本国籍を欲しいとカケラも思っておらず、
子供にアメリカ国籍を持たせたいと思っていたとしても、
日本国民が、子供にアメリカ国籍を持たせたいと思っていたとしても不可能であるのと同じく、
不可能にしなければ、ならないわけだな?

71 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 19:48:44 ID:DQviayLz
在日は日本にいる限り永遠に在日。悪い事は言わん、帰れ。

72 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 20:02:16 ID:Xh6+/CZ6
>70
蟲は自分が反論できないと罵倒と決めつけ乙で逃げてばかりだから、相手しても無駄。

73 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 20:08:11 ID:L0SXvCYD
おや? いつの間にか「地方参政権」になってるな。

74 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 20:10:54 ID:Xh6+/CZ6
>73
前スレでは、憲法改正は蟲の言う憲法上の国民が、現憲法で国民とされていない事を修正する為だと言ってたぜ。

75 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 21:08:02 ID:MQ94R5UK
そもそもここで論じられている"在日"って何?
普通に旅行で来ている外国人も在日だし、所謂永住権を持つ外国人も在日だ。

後者を前提として述べさせて貰う。

そもそも永住外国人は日本人ではないため、国民ではない。
>>2
>論証3:論証1、2より、在日は国民である。
これは論破

前提(根拠)2について:
http://www.econ.hokudai.ac.jp/~hasimoto/My%20Essay%20on%20Democracy.htm
http://homepage3.nifty.com/sugiuramasa/takaga.htm
そもそも民主主義の理念を用いた多数決によって、在日の参政権の寄付は拒絶されている(慎重論多数より
よって前提(根拠)2の民主主義理念を用いることによって、在日参政権は拒否されている。

つまり、>>2で民主主義を挙げている時点で後述の論証は無意味。

論破〆

76 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 21:25:27 ID:QVISWivf
政治版南京スレで、中国人が議論相手をなんと「チョウセン人w」呼ばわり(失笑
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1171637256/867-

77 :日出づる処の名無し:2007/03/06(火) 22:04:51 ID:KQnbNnKF
1000

78 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 01:23:10 ID:E8bdGVnb
昭和21年11月12日、GHQは「帰国しない在日は日本国籍」と通達、
13日に「朝日新聞」が報道、これに在日が反発、GHQは11月20日に撤回した。

昭和26年10月11日の「朝日新聞」が「在日朝鮮人に韓国々籍」という記事を報じる。
「韓国政府は10日の閣議で
 在日朝鮮人に韓国国籍の国籍を与え
 その人権および財産に保護を与えることを決定した」という内容。

当時、国際的に「北朝鮮」という国は朝鮮半島には存在していなかった。
つまり「半島に唯一存在する国家」の政府が在日に国籍を与えると決定したのだよ。

その後、同年12月23日の「朝日新聞」が「講和発行時に日本国籍喪失」という記事を載せ
「日韓会談で在日の国籍問題が合意」と報道した。

そしてSF講和条約締結(昭和27年4月28日発効)により、朝鮮人の日本国籍は消滅。

これに対し「在日朝鮮統一民主戦線」(民戦)の
第六回拡大中央会議(昭和27年5月)において
「日本国籍を喪失させる処置に対する具体的な反対運動は提案されていない」と報告されている。

在日が日本国籍を拒み、「半島に唯一存在する国家」が国籍を与えたんだよ。
だから在日は「外国人」なんだっつーの。

79 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 03:15:07 ID:0Ir8IzNN
1.国籍条項は82年に撤廃
2.撤廃後、6年間に特例期間があり、その間に加入→掛け金を全部払うと
  外国人でも貰えた
3.国籍条項が撤廃されたときに対象者全員に通知を行った
4.韓国の年金制度は86年に開始。最低10年払うと年金が貰える


80 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 10:20:31 ID:k5ROVXMm
本当に話が通じない虫だな。
所詮虫か

81 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 16:54:58 ID:0Ir8IzNN
>>1に質問

年金がもらえるようになると生活保護が受けられなくなる場合があるんだけど
生活保護と生活保護受給者としての様々な税の軽減措置の恩恵がなくなることで
年金をもらう前よりも実質的な収入が減るのは問題がないってことだよね?

82 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:01:58 ID:v+Lq+bfW
>>64
なにそれ?一般論?だから何?

>>65
>> 在日に参政権がないというのは、現行の国籍制度において「国民ではない」とされてるからだろ?
>> 憲法上において参政権がないとされているわけではない。
>日本国籍を持たない在日外国人に参政権は認められていません。
>国籍法は合憲です。(つい最近裁判所の判決で確認された)
>だから憲法上において在日外国人に参政権はありません。
>お前の大好きな三段論法で明らかだろw

大馬鹿。

>日本国籍を持たない在日外国人に参政権は認められていません。

↑単に現状を述べただけ。しかも批判対象。残念ながら前提には使えませんね。

>国籍法は合憲です。(つい最近裁判所の判決で確認された)

↑これも同じ。単に現状を述べただけ。しかも批判対象。残念ながら前提には使えませんね。
それに、オレ自身が国籍法自体は違憲ではないと言ってるじゃん。
現行の国民指定との合わせ技で違憲になるってのと、
下位法規のくせに、憲法上の国民を規定するようなトンデモ解釈が
憲法第十章(最高法規)に違反するってこと。

83 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:02:15 ID:v+Lq+bfW
>>66 名前: null ◆x6W1cFiRkY
はあ?わざわざ前提の共通性を示してるんだから、それを否定するなら、
ちゃんと根拠を言えよ。

>>67
>日本が国是として主権原理を「放棄」しているという証明がないと、

どこをどう読めばそんなもんが必要だということになるんだ?
オレは主権原理、しかも、ウヨ的な文言説に合致した主権原理を使ってるわけで、
別に否定なんてしてねーじゃん。

>>69
>考えてみれば、特永対象者の中に準交戦国(国交の無い北朝鮮)出身者が混じっている状況で
>参政権を付与することなどありえないことはガキでも判る訳で。

おまえさー。「考えてみれば」って何の根拠もなく北朝鮮はダメと言ってるだけじゃん。
それは考えてみればじゃなくて、「妄想してみれば」だろ?w
オレがやってるように共通の前提から論証を展開しろよ。

84 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:02:37 ID:v+Lq+bfW
>>70 名前: 自称右翼 ◆Uyoku.4uL6
>非常識なヤツだな。
>「被治者の定義」内で「被治者」を使うな。

おまえは嘘つきなヤツだな。
>・被治者:日本で実生活を送っている者(一次含む) ←>>63
「被治者の定義」内で「被治者」を使かってねーじゃん。

>「日本で実生活を送っている者は一時的であっても、また、本人の思想に一切関係なく、被治者である。
>ただし、日本での実生活が将来的に終了することが、客観的証拠から明らかな者は除く」
>「上記に該当する人間は、全て日本国民として扱わなければならない」だな?

除外要件は選挙制度の限界によるもの(選挙の効果が数年持続するから、被治者じゃなくなっても治者でい続ける)だから、
単に将来的とするのは不適切。ここは「短期的に」とか「一時的に」とすべき。
現状の選挙制度を踏まえた暫定的定義なら、半年とか具体的な期間を入れてもいい。
これ以外はその通り。

>「日本国民として扱わなければならない」って言うのは、当然、現時点での日本国籍保有者と
>全く同等に扱わなければならないわけなんだろうな?

くどいな。憲法上はそうだってっての。

>当然、現時点での日本国籍保有者が、その子供を生んだ場合、
>その子供は自動的に日本国籍を持つ日本国民となるわけだから、
>「日本で実生活を送っている者は一時的であっても、また、本人の思想に一切関係なく、
>その子供は、日本国籍を持たせ、日本国民として扱う」わけだな?

はあ?国籍を持ってないんだから、そうなるわけないじゃん。
しかも、それは下位法規である国籍法上の話。国籍法が同じ国民を区別して扱い、
それが差別に該当するなら、国籍法が違憲になるだけのこと。

85 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:02:49 ID:ZrtWml1+
>>81
年金を前借りします。
使いまくって遊びます。
生活保護を受けます。生活保護は過去がどうあれ、現在困窮しているのであれば支給されるシステムです。
もちろん、創価学会など、強力な圧力組織との連携が必要になります。

ちなみに、創価学会員はやってます。

86 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:03:04 ID:v+Lq+bfW
>>74
そんなこと言ってねーよ、ハゲ。
どうもハゲには嘘つきが多いなw

>>75
>そもそもここで論じられている"在日"って何?

・移民の時期が、明治から終戦の間である者(旧日本人)かその子孫で、引き続き定住していながら、
 現在日本国籍を持ってない者。

ちなみに、生粋の日本人の場合、
・移民の時期が、明治以前である者かその子孫で、現在日本国籍を持っている者。

結局、皆、大陸出身者であることにはかわりないんだよな。
明治政府が明治以降の出身を特別扱いし始めただけのこと。

87 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:03:19 ID:v+Lq+bfW
>>75
>そもそも民主主義の理念を用いた多数決によって、在日の参政権の寄付は拒絶されている(慎重論多数より
>よって前提(根拠)2の民主主義理念を用いることによって、在日参政権は拒否されている。
>つまり、>>2で民主主義を挙げている時点で後述の論証は無意味。

はあ??
おまえ正気?
オレが用いているのは、民主主義の理念そのものだよ?
おまえも、それを前提にしてるってことは、民主主義が正しいと認めているだけのことじゃん。
それと、民主主義よって作られた選挙制度で出来た議決だからって何なの?
そもそも、全ての法律はこのような議決によって制定されるわけだが、
議決を経たものだから正しいなんて言ってたら、どんな法律でも違憲になるわけないじゃん。
しかし、実際は、議決なんてものは、憲法からの導出などではないから、憲法と矛盾することだって
普通に起きる。場合によっては民主主義否定だって、現状の議会制度の否定だってできる。
そうなれば、自分で自分自身の正当性根拠を否定してるようなものだから、議決を正しいとする根拠がなくなる。
民主主義で民主主義理念を否定できるわけない。
ともかく、このような論理的困難はさておき、憲法改正決議でもない議決が憲法上の理念を否定できるわけない。
(憲法改正決議であっても、『憲法改正の限界』などの議論にあるように、主権の変更は困難だが)
議決が憲法と矛盾するなら、議決が違憲無効になるだけ。
つーか、議決のソースくらい出せよ。出しても同じことだが、それくらいしろ。

88 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:03:33 ID:v+Lq+bfW
>>78
憲法論から現状の否定をやってるのに、
現状を歴史的に説明したからって現状の正当化になるわけねーだろ?
自衛隊法を違憲とする議論に対し、「自衛隊法は、これこれこういう経緯で出来た」と
言って正当化(反反論)になるか?そんなつもりのヤツがいたらキチガイ扱いされるだけじゃん。
やるなら、歴史的事象を憲法論(あるいはそのレベルの議論)として、論理的に否定を導けよ。
「○○で決まった」じゃ単なる決め付け。
それと、>>4 も読んでおけ。

>>81
>年金がもらえるようになると生活保護が受けられなくなる場合があるんだけど

オレの場合、年金を払えなんて言ってるわけではなく、加入権剥奪に伴う損害に対して、
賠償金を払えと言ってるわけ。だから、その件は無問題。

89 :null ◆x6W1cFiRkY :2007/03/07(水) 18:07:09 ID:SmOKuMnO
・・・・・・・・・
結局金欲しいだけかYO!
まぁなおさら裁判所へ池

90 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:07:24 ID:oPcPRYid
まともな反論はひとつもないなw

91 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:09:43 ID:oPcPRYid
在日は憲法上も日本国民ではありません。
当然の法理ですw

92 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:11:28 ID:v+Lq+bfW
賠償と効くと「お金欲しいだけ」と脊髄反射するバカ発見w→>>89

>>91
明からさまな決め付け乙。

93 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:13:57 ID:oPcPRYid
>>92
決め付けではなく、事実乙。

94 :null ◆x6W1cFiRkY :2007/03/07(水) 18:14:06 ID:SmOKuMnO
賠償って何だよ、一体何の損害被ったんだよ


95 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:14:53 ID:oPcPRYid
賠償がほしいけど裁判に訴えない腰抜け乙

96 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:15:32 ID:6uBpDryo
あからさまなごまかし乙

97 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:16:41 ID:ZrtWml1+
>>83
早い話が、同一性原理 のみ で 都合のよい検証 しかしていない という自白だね。

98 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:23:50 ID:ZrtWml1+
>>75

>>86 修正
>そもそもここで論じられている"在日"って何?

・移民の時期が、明治から終戦の間である者(旧日本人)かその子孫で、引き続き定住していながら、
 現在、国籍法の帰化条件によって日本国籍を取得できないもの。

ちなみに、○○系日本人の場合、
・移民の時期が、明治以前である者かその子孫で、日本の国益に反しない程度に生活を営み、
 日本文化に同化することができた現在日本国籍を持つことができたもの。

結局、皆、大陸出身者であることにはかわりないんだよな。
明治政府が明治以降、日本の治安を重要視して国籍を始めただけのこと。

99 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:24:18 ID:v+Lq+bfW
>>93
事実だという決め付けじゃん。
つーか、憲法論で事実って何?
おまえかなり妙な誤解してるだろ?

>>94
書いてあるだろ?ちゃんと読めよ。

>>95-96
自己紹介乙

>>97
早い話で決め付け乙。

100 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:25:31 ID:v+Lq+bfW
>>98
??おまえは何がしたいんだ?

101 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:27:37 ID:oPcPRYid
>>99
>事実だという決め付けじゃん。

いいや、事実は事実。
世の中はお前の妄想どおりではない。
在日は憲法上も日本国民ではない。

102 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:31:35 ID:TZVPvlii
>>82
> >日本国籍を持たない在日外国人に参政権は認められていません。
>
> ↑単に現状を述べただけ。しかも批判対象。残念ながら前提には使えませんね。

おいおい、現状がそうなってるならモロ前提だろ

> >国籍法は合憲です。(つい最近裁判所の判決で確認された)
>
> ↑これも同じ。単に現状を述べただけ。しかも批判対象。残念ながら前提には使えませんね。
> それに、オレ自身が国籍法自体は違憲ではないと言ってるじゃん。

国籍法は憲法違反じゃないんだろ?

> 現行の国民指定との合わせ技で違憲になるってのと、
> 下位法規のくせに、憲法上の国民を規定するようなトンデモ解釈が
> 憲法第十章(最高法規)に違反するってこと。

お前の方がよっぽどトンデモ解釈だろw
そういうことは「国籍法が憲法第十章に反してる」って裁判起して勝ってから言えwww
お前がどんなに現実に目を背けて喚こうが国籍法で日本国民を定める事は合憲だ

103 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:32:28 ID:k5ROVXMm
前スレ見て分かるとおり、フナムシは討論能力が無いので時間の無駄

104 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 18:39:29 ID:gH16kWVQ
>>99
>書いてあるだろ?ちゃんと読めよ。

できればノンフィクションで

105 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 20:17:53 ID:ZrtWml1+
コピペ

♪迷子の 迷子の 在日君
あなたの国籍 どこですか
♪祖国を聞いても わからない
名前を聞いたら 二つある
♪ふぁんふぁん ファビョーん
ふぁんふぁん ファビョーん
♪タカってばかりいる 在日君
犬の 7割半
喰われて しまって
わんわん わわん
わんわん わわん♪

106 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 20:19:14 ID:ZrtWml1+
>>99
おや? アンカー付きでここに書いてあるだろ! ファビョーン とかやらないんですか?

107 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 21:16:10 ID:6uBpDryo
アンカー付けるとまた叩かれるからやめたんでしょ

しょせんは保土ケ谷のヘタレ鮮民

108 :日出づる処の名無し:2007/03/07(水) 23:38:30 ID:EGdbPCiN
蟲は相変わらず都合の悪いことは無視か決め付け&罵倒で逃げるだけ。
そもそも蟲の主張である在日は憲法上の国民てのが、蟲の決め付けでしかないんだが。

109 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/07(水) 23:50:10 ID:HZ0JVYn9
ムシキングは面白いコトを言い出すな。
久しぶりに楽しめるネタ振りのスレで、読んでいて興味深かったよ。

確かに日本国憲法には国籍条項はなく、(日本国民たる要件は、法律でこれを定める。)
下位の法律による定義に委ねられており、大陸法概念と出生地主義を根拠として
成り立っている国籍法を自然権概念で再定義するなら、ムシキングの言い分はそれなりの
説得力を持つ。問題は日本の私法運用が英米法的な判例主義を採っているので、
こうした現状を覆すだけの法のパラダイムをどう考えているか気になるところだ。


110 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 00:05:54 ID:yU+OMP5E
なに、マジレスしてんの?
おまえが2chに来る理由って、俺らから楽しみ奪うことだろ。

111 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 00:06:49 ID:yU+OMP5E
参加するなら、愚民を装え。

112 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 06:35:58 ID:BvP5oup7
>>88
>>年金がもらえるようになると生活保護が受けられなくなる場合があるんだけど

>オレの場合、年金を払えなんて言ってるわけではなく、加入権剥奪に伴う損害に対して、
>賠償金を払えと言ってるわけ。だから、その件は無問題。


賠償金としてもらっても一時所得になるから生活保護がもらえなくなるけどいいんだよね?
それに生活保護は地方自治体の問題だったからどうにでもなったと思うけど
国が賠償金を支払うとなると本当に生活保護をもらえる要件を満たしているか再調査され
車やPCなんかの贅沢品を使用している所帯は生活保護がもらえなくなるばかりか
不正受給者として逆に追徴されることになるけど在日にはそんな不正受給者はいないよね?

113 :ワロタヨー:2007/03/08(木) 11:37:21 ID:E9CQYygp
【韓国】ロボット使用めぐる倫理綱領作成へ【03/07】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1173290285/102

114 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:18:20 ID:TVJdJXBA
どうやら、バカウヨ君達は反論に窮したようで、
アホな荒らしレスで誤魔化し始めたようだなw
>>103-108とか。みっともないねえ〜ww

>>101
はいはい、くどくど決め付け乙w

115 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:18:48 ID:TVJdJXBA
>>102
>> ↑単に現状を述べただけ。しかも批判対象。残念ながら前提には使えませんね。
>おいおい、現状がそうなってるならモロ前提だろ

はあ?現状って憲法の現状じゃないぞ?
前の地方参政権議論でも、現状参政権が認められてないからこそ、
「認めろ」という話が出たわけで、それを「現状参政権が認められてない」で
否認できるなら、認めるような結論になるわけないじゃん。
つーか、こんなのどんな違憲論だって同じ。「現状はそうだ」で
違憲逃れできるなら、どんな法制度でも違憲にならない。
真剣にこんなこと考えてるなら、かなりのバカだな?

>国籍法は憲法違反じゃないんだろ?

よく読め。「国籍法“自体”は」
つーか、自体という概念が理解できないのか?

>お前の方がよっぽどトンデモ解釈だろw
>そういうことは「国籍法が憲法第十章に反してる」って裁判起して勝ってから言えwww
>お前がどんなに現実に目を背けて喚こうが国籍法で日本国民を定める事は合憲だ

はいはい、文句があるなら、ちゃんと論拠を提示した「反論」をしようね。
「トンデモだ!」とか「合憲だ」とか叫くだけじゃ反論にならないよ〜。

116 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:21:44 ID:TVJdJXBA
>>109 名前: (○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6
日本憲法の通説は「国民には憲法制定権力(当然前憲法的)がある」ってもんだから、自然権的だろ?
八月革命説なんてものも、そういう前提で主張されている。
法務省民事局長通達があれば、いかなり国民も非国民になるし、いかなる外人も国民になるなどという
いわば、民事局長神権説など誰も正しいと思っていない。“誰でも”国籍をゲットすれば国民で、
国籍を剥奪されれば非国民になるなんて思ってないわけだ。
何か「真の国民」というものが前憲法的(もちろん、前法規的でもあり、当然前国籍法的で前通達的でもある)にあり、
そのような集団が憲法を制定する権力を持っていると考えている。
だが、そのような「真の国民」と「国籍上の国民」が一致しないという可能性について、
真剣に考えてこなかった。そもそも、そのような問題提起をする裁判はなかった。
その理由は明らか。
在日に参政権を認めるべしとする者達は、左翼的で、今まで性質説を用いて、
「“在日は国民ではないが”、国民でなくても国民と同等の性質なら、国民と同等の権利を認めるべき」
とやってきた。等の在日にしても、日本国民であるなどというのは気持ちのいいことではなかったので、
「国民ではないが」という性質説に乗っかってきた。
これでは「国籍法上の国民は真の(憲法上の)国民であるとは限らない」という論点は生じない。
「在日は憲法上の国民である」などと主張する者はいなかったわけ。
それゆえ、この論点は裁判で争われていないわけで、当然、判例もない。
(解釈によっては、ちょっとかすったモノがあるが、少なくとも明確なものはない)。
だから、判例主義であることなど障壁にならない。
在日にとっては少々苦痛かもしれんが、はっきりと「在日は憲法上の日本国民」と主張すれば、
それだけで、新たな展開が生まれる。もう完璧!

117 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:22:12 ID:D9O6Hl8G
保土ケ谷の基地外鮮人のお目覚めのようです

118 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:27:02 ID:yM5MnH1L
YouTubeで在日特権を許さない市民の会の
映像が見られるんだけど、かなり勉強になった。





119 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:27:27 ID:TVJdJXBA
ついでに言えば、「真の国民」ということに関して、ほとんども者が甘い妄想をしていたことが挙げられる。
>>58>>60 でも言ってるように、「日本国民(日本人)とはこれだ」ということに関し、
かなりの者が民族主義的な妄想(定義というはっきりしたものではなく、漠然と持っているもの)をしている。
これも上と同じで、いままではっきりと問題になってこなかったから、漠然としたイメージでよかったが、
ちゃんとした論点にすればそうはいかなくなる。そして、言うまでもなく、憲法論で民族主義など主張できるわけないから、
民主主義が通る。

120 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:27:46 ID:TVJdJXBA
>>112
>賠償金としてもらっても一時所得になるから生活保護がもらえなくなるけどいいんだよね?

つーか、何で金の量を問題にしてんだ?
このスレは「在日は憲法上の国民である」という論証の真偽を議論するもの。
金がもらえると正論で、もらえないと間違いなんてことはない。
おまえのは論点のすり替え。
金の量なんて関係ねーよ。

121 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:28:27 ID:D9O6Hl8G
憲法上の国民(意味不明)を主張するなら、憲法を遵守し従わなくてはいけない
それは、日本の法規にも従うということになる
よって、在日特権は全て放棄し二重国籍は認められないから帰るか帰化するか選べ
それから労働は憲法にも記されている国民の義務だ
生活保護も辞退し就労しろ

これで終了
めでたしめでたし

122 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 14:39:21 ID:bIq80815
船虫のMY定義による
船虫の俺ルールに基づいた
船虫の独宴会場はここですか?w

123 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 15:23:23 ID:TVJdJXBA
>>121
>憲法上の国民(意味不明)を主張するなら、憲法を遵守し従わなくてはいけない

どの程度の遵守義務があるかはさておき、憲法上の国民(バカには分からない)なら、
憲法の適用を受けるのは当然。というより、それ以前に、現状において日本政府は在日にそう主張している。

>よって、在日特権は全て放棄し二重国籍は認められないから帰るか帰化するか選べ

二重国籍ではなく、国籍法の糞化と新法の制定だから二重国籍にはならない。
これで終了
残念でした。

>>122
はいはい、毎度毎度の明からさまな決め付け乙。

124 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 15:24:29 ID:bIq80815
>>123

>二重国籍ではなく、国籍法の糞化と新法の制定だから二重国籍にはならない。

はいはい、毎度毎度の明からさまな決め付け乙。


125 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 16:49:38 ID:TVJdJXBA
>>124
はあ?別に憲法上の国民だからといって国籍を(無理矢理)付与する必要はないんだよ?
国籍法第1条をカットして、新法の第1条にペーストすればいいだけ。

126 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 16:53:46 ID:bIq80815
>>125

>国籍法第1条をカットして、新法の第1条にペーストすればいいだけ。

そんな浅はかな法改正で満足してんのかお前はw

大体お前は、国籍による国民認定に異論は無いと言ってたじゃないか。
そんな風に言ってる事がコロコロ変わるから誰も相手にしてくれないんだよw

127 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 16:59:56 ID:TVJdJXBA
>>126
おまえはまだ分かってないようだな。
・国籍による国民指定をしてもいい。
・誰に国籍を与えてもいい(無茶苦茶な指定をしてもいい)。
この違いが分からないの?
国籍が憲法上の国民を正しく指定していれば何の問題もないが、
日本政府が国籍剥奪などという暴挙をしたために、指定が間違ってしまったということ。
指定すること自体が問題なのではない。
一度指定を間違えると、再び国籍剥奪のような事態になるから、
国籍で指定するということも困難になるというだけ。
小学生でも理解できることじゃん。

128 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 17:01:57 ID:bIq80815
>>127

だから、「適切な」基準を元に国籍を付与すればお前は文句無いんだろ?
>>125 みたいな矛盾する事言うな。

129 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 17:08:06 ID:TVJdJXBA
>>128
よく読めよ。在日が憲法上の国民だとしても、朝鮮籍の剥奪は困難(人権宣言に抵触する)だろっての。
そして、この困難を引き受けるべき者は、以前の国籍剥奪によって乖離を発生させた張本人である日本政府(多少は韓国政府にも責任はある)。
在日の嫌がることをするなんてのはお門違いなわけ。
いずれにせよ、オレは「在日に日本国籍を(無理矢理)付与すべき」なんてことは一言も言ってない。
むしろ、上記のように、不適切な解決策だと言ってる。

130 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/08(木) 17:09:17 ID:C43GEOes
>>121
>憲法上の国民(意味不明)を主張するなら、憲法を遵守し従わなくてはいけない
>それは、日本の法規にも従うということになる
これはオレあてのレスではないが、根本的に間違っているのでレスさせ貰おう。
日本国憲法は自然権を基礎的概念として「法の支配」を憲法の根底にしている以上、
制限規範として統治制定規範の制限範囲を定めたモノだ。よって、現在在日と
認定されている人々(無論一般国民も含めて)には「憲法遵守義務」は発生しない。
仮に違憲性のある判定を在日がされているのなら、それはあくまでも行政の運用に
齟齬が生じているワケで、あくまでも行政側に問題があると解される。


131 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 17:14:00 ID:7wCQQxfN
「在日特権を許さない市民の会」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=




132 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 17:16:45 ID:bIq80815
>>129

今は「国籍による国民認定」の話。
すぐ「国籍剥奪」の話をして逃げるからおまいはダメなんだよ

133 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 17:34:14 ID:D9O6Hl8G
>>125
>国籍法第1条をカットして、新法の第1条にペーストすればいいだけ

お前にそんな権利も権力もないだろw

134 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 17:55:38 ID:O6tClSgy
>>1
そうでもないよ。

135 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 19:08:01 ID:NEPw+88D
「事実上、在日は憲法上の日本国民ではない」といったら反駁不可能で「決めつけ」とかいって逃げちゃったよw
現状の事実を無視した実現不可能な曲学に何の意味があるんだろうね。
くだらない。

136 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 19:09:33 ID:D9O6Hl8G
電波飛ばすのが船虫の仕事だもん

137 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 19:18:28 ID:Acli9CcL
こうやって在日に対する不満をすこしずつ高めて何が目的だ?
こんなことやるよりもっと日本人に認められるような行動すりゃ良いのに

またなんかのきっかけで駆除されるぞ
関東大震災の時のように

同じ轍は踏まないように今からでも行動を改めるこったな

138 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 19:29:33 ID:yU+OMP5E
>>114
論破しちゃったら、ろくに飯も喰わずにじめじめした狭く暗い部屋にまた引き籠もるだろ。
煽りも含めみんなお前を気遣ってくれてるんだよ。人、一人の生死がかかてるからなぁ。
でも、みんなはできることなら、きちんとした施設で社会復帰をめざし努力して欲しいと願っているんだよ。
けど、いまだ自覚できてないんだろ? しょうがないよ。
カビが生えないように日々活性化させてくれてるみんなに感謝しないとな。

別に、感謝の言葉は書かなくていいよ。
いつもみたいに罵倒を繰り返してくれ。
でないと、自己矛盾で、引き篭もりモードの入ってしまうだろうしな。
それに、罵倒用語を記述してもらった方が、
君の社会復帰が、一歩一歩確実に近づいていると実感できて、
私たち船虫再生プロジェクトチームも俄然やる気を出せるし。

139 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 19:35:36 ID:yc2lqiiS
>在日の嫌がることをするなんてのはお門違いなわけ。

だったら望み通りにしたのだから何の問題もないなw
また馬鹿の寝言が明らかにw

140 :燃料投下。:2007/03/08(木) 19:39:13 ID:yU+OMP5E
1.年金の国籍条項は82年に撤廃
2.撤廃後、6年間に特例期間があり、その間に加入→掛け金を全部払うと
  外国人でも貰えた
3.国籍条項が撤廃されたときに対象者全員に通知を行った
4.訴えた在日は特例期間に加入せず、掛け金も払っていない
5.韓国の年金制度は86年に開始。最低10年払うと年金が貰える
6.訴えた在日は韓国の年金にも加入していない

141 :燃料投下。:2007/03/08(木) 19:41:17 ID:yU+OMP5E
悪いことをする時は“日本人”と言うニダ!愛国心ニダ!
http://specificasia.seesaa.net/article/35423238.html

142 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 19:43:46 ID:yc2lqiiS
>>138
確かにウジ虫は以前のように「俺はもてまくり。日本の女は肉便器」
だとかアホなオナニー妄想を垂れ流さなくなっただけマシになった
と言えるかもしれないな。
ウジ虫からハエぐらいにはなれたかもしれんw

143 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 20:24:47 ID:LoCRbCsq
また、船虫は性懲りも無く新しいスレを立てたのかよw

何度でも言おう。日本は国民国家である。更に主権国家である。
国家概念とは国民(民族・地域的紐帯・歴史的経緯による紐帯によって一つに纏まった社会集団足る国民)
と”外国人”を分ける概念。

国家の三要素
領域(Staatsgebiet:領土、領水、領空)- 一定に区画されている。
人民(Staatsvolk:国民、住民)- 恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に
排他的に行使できなければ、つまり、主権的で(souveran)なければならない。

在日外国人は、外国の外交保護権下にあり、日本の権力が一部及ばない存在である。(祖国の
庇護を受ける権利を持つ。又は祖国は庇護を行う必要がある。)
此処で最初の矛盾が生じる事が一つ。

更に治者・被治者の同一性という民主主義理念(性質説)で個人(外国人・国民関係なく万人としてみた場合)
と国家の関係性のみを表現し、それを論拠として定住外国人を国民と定義する場合、地域国家、国民国家としての
枠組みを無視した国民主権を蔑ろにして初めて、在日国民説とやらが成立する。

しかしその場合は地域国家概念そのものを否定する事であり、根本的に民主主義理念を国民に保障している日本という国家
体制の否定に繋がる。 外国人を国民にするなら、そもそも国民とは何ぞや?という問題に突き当たるだろう。
船虫の在日も含む国民の定義を聞きたい物だな。

144 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 20:36:01 ID:LoCRbCsq
此処で問題になるのは、外国という存在が、自国民にとって民主主義理念に則り、各権利を
保障しえるかという問題。

自国だけでなく、外国でそれらが何時でも万人に保障されるのであれば、話は非常に簡単。
船虫様万歳となる。

現状の世界情勢を見ると、外国(人)は主権国家として競合・競争を手段選ばず行い、
個人の民主主義理念における諸権利は保障されるどころか、戦争や紛争、拉致など著しく侵害されている
(される可能性がある)のが実情。 だから国家概念が必要なのであり、EUのような体制になれない最大の理由。
そしてそれら外国(勢力)の干渉から自国民を保護する力−即ち権力

権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に
排他的に行使できなければ、つまり、主権的で(souveran)なければならない。

があって初めてそれらが可能となる。即ち国家概念はその属する国民にとって必要不可欠な社会的保護概念
でもあり、根本的に外国人とは対立関係にある存在。 だから国家概念があるかぎり外国人はあくまで外国人であり
民主主義理念も制限無く追求出来るモノではない、と言う事がよく判る。
民主主義理念を追求するなら、必然的に国家という枠組みを解体する必要があると言うこと。
即ち、日本国(国家概念上で)のみで在日に参政権を与えようとする船虫理論はそもそもから矛盾した理論だと言う事だ。

145 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 21:15:05 ID:nDjw3uPv
>>58
あ〜 言ったと思ったら言ってなかったかな?
「日本は国籍を中央で管理していない」てこと
もともと戸籍で国籍判断しているんだよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%B0%91

日本の場合、国籍法では国籍の取得方法等に関する規定はあるものの、国籍を国家が一元的・直接的に登録・管理・証明する記
録制度(他国における国民登録制度に相当するもの)が規定されておらず、戸籍法に基づき作成・管理される戸籍簿(市区町村管
理)が事実上の国籍登録であり、さらにそれに基づいて国(外務大臣(外務省)所掌)より発行される「日本国旅券」(パスポート)が
日本国外における日本国民証明の役割を果たしている。

戸籍登録のときに戸籍が所属する場所を本籍として登録する
私は本籍の在り所はその人の本来の居住場所すなわち
「定住地」を示すものとして認定されると考えている


146 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 21:16:03 ID:nDjw3uPv
また、ループになるかもしれないけど朝鮮戸籍は日本の戸籍と区別されてた
そもそも法的には朝鮮人と称されるのはこの朝鮮戸籍に登録されている者だ
また、朝鮮戸籍と銘打ってるくらいだしこれは朝鮮における戸籍と考えられる

朝鮮における戸籍なんだから
朝鮮戸籍に登録されてる朝鮮人は元々は日本における国の定住者(国民)ではなく
朝鮮における国の定住者(国民)
ただ併合時代は朝鮮は日本の一部だった
だから朝鮮に定住している人民は日本国内に定住している事になっていた
だから朝鮮人も日本の要素の一つであった
それが朝鮮人を日本国民としていた根拠だと私は考えているわけ

朝鮮戸籍に登録されている人で日本(内地)に籍を置いていた人はいたのか?
というかそれは可能だった(許可されていた)のか?

ともかく朝鮮戸籍に登録してある者(朝鮮人)で朝鮮に籍を置いていた者は日本(内地)の定住者ではなかったと考える
これまで何十年日本国内で生活してようがそれは日本の定住者である証明にはならない
だから定住を被治者の条件としても朝鮮独立後は彼らは日本の被治者にはなれないし
そもそも君の言っている「国籍剥奪」はもはや「剥奪」ですらなく自然消滅であったと考える

外国人登録令上では朝鮮人は日本国籍を有していない事が論理上に暗示されているりゆうは
ポツダム宣言では日本は朝鮮を領有しない可能性が濃厚だったためだろう

言っている事がちゃんと伝わればいいが・・・・・・

147 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 21:26:30 ID:LoCRbCsq
外国人が外国で参政権を得るにはどうしたらいいか? を具体的に考える。
一番良い例がEUで進行中なので、EUを取ってみる。

EUの場合、EU加盟国同士の場合、それらの国民は各々が定住する外国(EU域内)での参政権
(全てではなく地方参政権のみなど限定的なモノ)が認められているケースが多い。

その、理由としては、EU国家間の相互理解が進み、EU加盟国同士での戦争・紛争可能性が著しく
減少した事、また文化的基盤(文字形態:アルファベット文化圏、宗教:キリスト教文化圏)が大体
同じなので民族的軋轢が他の文明圏(イスラム圏など)よりも小さいということ。
それでも60年前は世界大戦を引き起こしていた。それの反省もある。

また、各加盟国間の所得格差がそれ程大きくなくて、低所得国から高所得国への人口流出が少なく
社会的混乱を惹起しないため。(これには異論があり、東ヨーロッパの新EU加盟国から大量の移民が
西ヨーロッパに流れ込んでおり、必ずしもそうではないという反論が少なからずある)

即ち、それら定住外国人の祖国や民族的背景・国民所得の多寡によっては、充分参政権を与える事が
出来る論拠になる、といえる。 逆に言えば、定住外国人の祖国や民族的親和性が自国とどう現状関っているか
によっては全く与える事は出来ない、ともいえる訳だ。
民主主義理念から言えば、外国人・自国民という枠組みに囚われず参政権は与えられて然るべき筋のもの
だが、国民国家という枠組みを大事にするなら、それら外国(勢力)が自国にとってどう関りあってきたか、
を充分に考察してそれらの権利を外国人に与えるかどうか、を判断する必要がある訳だ。
それらを無視して性質説のみで在日=国民と定義し、参政権を与える論拠とするのは日本という国民国家
の否定に等しい、と言える。 民主主義理念は国民国家とは対立概念にあり、それらが部分的に制限(外国人に対して)
されるのは国民国家という枠組みを尊重する以上、仕方のない話であり、国家のレゾンデートルに関る基本的問題
でもある、といえるだろう。



148 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 21:30:22 ID:MIO4ae31
>>1
お前一回憲法の参考書でも読んでこいよ
憲法は在日にたいして特別な配慮をすることは必要とされてるが、
『定住外国人』なので政治的意志形成に携わる職業、
官僚や裁判官とかにはなれないとしている
よって憲法上も在日を日本国民とは言えない

149 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 21:49:26 ID:MIO4ae31
>>1
あとそのテンプレの論証なんだが、
そもそも国民とは該当国家の『国籍を有している者』のことを言うという大前提があるわけで、
国籍を有していない時点で国民と言うことは出来ない
さらに日本では日本国籍を持った日本国民『のみ』が主権者であるとし、
その他の例外は一切認められていない
よってその理屈が成り立つことは不可能
あっという間に論破しちまったぜw

150 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 22:22:16 ID:bVO+Ntte
なんか皆釣られすぎ。
もう前スレで結論が出てるじゃないか。
この手のチョンは論理が破綻してることを絶対認めない。
放置が一番。相手にすればするほどこいつの思惑にはまるだけ。

>>1もいい加減こんなところで何時までも引きこもっていないで
正しいと思うならさっさと訴訟でも何でもすれば?www
そこで勝訴して持論を証明すればいい。

出来ないなら竹島の件でいまだ国際法廷に出ることを拒んでい
る韓国と同じ。2chでは馬鹿にされるだけ。wwwww

151 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 22:31:47 ID:D9O6Hl8G
まぁまぁ
つついて、火病の発作を起したところを弄くって遊ぶ
これが一番いいつきあい方だと思うよ

152 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 22:53:30 ID:tCIAuXA7
日本人のアニオタに韓国を叩く資格は無い
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anime/1172899654/l50  より抜粋


128 名前: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 投稿日: 2007/03/07(水) 18:31:40 ID:t4shUDGv
ここで在日叩きしている奴らは、在日は憲法上は日本国民と認定されていること知らないのかな


↑にもここの香具師が紛れ込んでないか?




153 :日出づる処の名無し:2007/03/08(木) 23:03:11 ID:Gg0EZHLr
日本人になれなかったのがそんなに悔しいの?
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1172530967/

154 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 00:15:53 ID:jd0r/BO7
>>152
船虫も駿河もアニヲタだからね

155 :何だ:2007/03/09(金) 00:19:51 ID:Clbpbzn2
>>1
 そんなに日本人になりたかったら、帰化したら。

 罪チョン特権、無くなるけど・・・

156 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 00:32:33 ID:AnxRWCBG
国民の定義

第一等国民 シチズン(市民・富裕層)→ 在日
第二等国民 ナシオン(愛国者・軍人)→ 反米ウヨ&サヨと自衛官
第三等国民 プープル(大衆とか民衆)→ おまいらm9(^O^)プギャーッ!

よって在日は確かに国民であり特権を享受する資格もありそうw

157 :何だ:2007/03/09(金) 00:34:49 ID:Clbpbzn2
>>156

 へーーー、姦国ではそういう定義なんだ。

158 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 00:37:56 ID:AnxRWCBG
二大日本国民

市民系 シビック・ジャパニーズ → 在日朝鮮人 資本力
民族系 エスニック・ジャパニーズ → 日本人  労働力

159 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 00:40:29 ID:jd0r/BO7
願望と定義をごっちゃにしないでね

160 :何だ:2007/03/09(金) 00:46:04 ID:Clbpbzn2
姦国での国民の定義

 第一等国民 シチズン(名士・富裕層)→ 両班
 第二等国民 ナシオン(愛国者・軍人)→ 似非両班、軍人
 第三等国民 プープル(大衆とか民衆)→ 一般の姦国塵
 列外非国民 ペクチョン(ヒトモドキ)→ 罪チョン



161 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 01:01:19 ID:Hbaaiaux
>>157
ウジ虫はずっとそう言って在日は特権階級であり、優秀な在日を
日本人と一緒にするなとごねていたが、その根拠が黄教授のES細胞
だったのがお笑いw

162 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 01:44:00 ID:v/Q6gjJ8
叫べばいいじゃない。
「私は日本国民です!!アニョハセヨー!!」って。
それで満足出来るならさ。


163 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 04:20:36 ID:g41b7D/j
>>120
>つーか、何で金の量を問題にしてんだ?
>このスレは「在日は憲法上の国民である」という論証の真偽を議論するもの。
>金がもらえると正論で、もらえないと間違いなんてことはない。
>おまえのは論点のすり替え。
>金の量なんて関係ねーよ。

>>88
>オレの場合、年金を払えなんて言ってるわけではなく、加入権剥奪に伴う損害に対して、
>賠償金を払えと言ってるわけ。だから、その件は無問題。

あなたが賠償金を払えと言ってるから、賠償金をもらうと生活保護が受けられなくなるって書いてるだけだよ。
論点をすり替えたの自分だと気づいたほうがいいね。
それと賠償金を払えと言ったのが嘘なら年金の国籍条項は82年に撤廃されているから
>>1の「3、年金加入権等の否定は間違いである。」の部分は解決済みってことになる。

ここで再質問
賠償金としてもらっても一時所得になるから生活保護がもらえなくなるけどいいんだよね?
それに生活保護は地方自治体の問題だったからどうにでもなったと思うけど
国が賠償金を支払うとなると本当に生活保護をもらえる要件を満たしているか再調査され
車やPCなんかの贅沢品を使用している所帯は生活保護がもらえなくなるばかりか
不正受給者として逆に追徴されることになるけど在日にはそんな不正受給者はいないよね?


164 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 04:44:36 ID:akmrVOKu
>>162
せっかくだから、朝鮮総連の前で叫んで欲しいよね。
外国人登録証を振りかざしながら。

今日やれ>1

165 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 09:27:30 ID:jd0r/BO7
>>163に加えて、もらえる対象となるのは終戦時に日本で生活をしていた
という公式な記録があるもののみとなるよね。
不正な手段で渡航してきたもの、戦後のどさくさに紛れてやってきた者、これらはすべて対象外。
さて何人が対象となるでしょうね。

166 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:07:09 ID:T5pmm/Aa
>>132
はいはい、あからさまな誤魔化し乙。

>>133
はあ?オレじゃなくて憲法パワーだが?

>>134
何が?

>>135
>「事実上、在日は憲法上の日本国民ではない」といったら反駁不可能で「決めつけ」とかいって逃げちゃったよw
>現状の事実を無視した実現不可能な曲学に何の意味があるんだろうね。

バカ。そんなの「現状は国民ではないことになってる→事実上国民ではない」とすり替え、
憲法上の国民ではないかのように言ってるだけじゃん。話にならんよ。
現状の法制度を「違憲である」として憲法論で否定するのは当たり前のこと。
何度も言うが、「現状はこうだ」で憲法論を拒絶できたらいかなる法律も違憲にならない。
何でこんな幼稚なことも分からないの?
しかも、自信満々で「事実上」とか言ってるから痛々しいw

167 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:07:29 ID:T5pmm/Aa
>>138
長々と悪口ばかりこいてんじゃねーよ。脳味噌の品性が知れるぞ?w

>>139
>>在日の嫌がることをするなんてのはお門違いなわけ。
>だったら望み通りにしたのだから何の問題もないなw

バカだな〜。そりゃ本末転倒というもの。
憲法の従い、なおかつ、在日が嫌がらないことをすればいいだけ。
嫌がらないからって憲法を無視してどうすんだ?あ〜ん?w

168 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:07:48 ID:T5pmm/Aa
>>143
>国家概念とは国民(民族・地域的紐帯・歴史的経緯による紐帯によって一つに纏まった社会集団足る国民)
>と”外国人”を分ける概念。

だから、それを憲法に根拠付けろっての。
「一般的にそうなってる」じゃ話にならんわけ。
「国民は一般的に単民族である」→「他民族は非国民」→はあ?
「国民は一般的に他民族である」→「単民族国家はNG」→はあ?
こんなの小学生でも分かるだろ?

>在日外国人は、外国の外交保護権下にあり、日本の権力が一部及ばない存在である。
>此処で最初の矛盾が生じる事が一つ。

別に矛盾なんて生じてないじゃん。一部韓国に被治されてても、他の大部分(日常生活のほとんど)は
日本の被治者であることには変わりがない。おまえは権力などと大げさな表現を使ってるだけ。

>更に治者・被治者の同一性という民主主義理念(性質説)で個人(外国人・国民関係なく万人としてみた場合)
>と国家の関係性のみを表現し、それを論拠として定住外国人を国民と定義する場合、地域国家、国民国家としての
>枠組みを無視した国民主権を蔑ろにして初めて、在日国民説とやらが成立する。

はあ?論拠はどこ?
決め付けを長々とやってるだけにしか見えんが?
少しくらい論理的な文章書けよな。>>2を見習えよw

>船虫の在日も含む国民の定義を聞きたい物だな。

だから書いてあるじゃん(>>2)。主権者が国民であり、主権者は地方自治体の場合と同様、
民主主義理念に基づいて認定されると。

169 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:08:07 ID:T5pmm/Aa
>>144
あのさー。とりあえず、根拠もなく「国家概念が否定される」と決め付け、
それを前提にウダウダ暴走するのはやめてくんない?
こっちは、国家概念が否定されるなどとは思ってないんだから、まるで説得力ねーよ。
とはいえ、

>此処で問題になるのは、外国という存在が、自国民にとって民主主義理念に則り、各権利を
>保障しえるかという問題。

ぜんぜん、問題にならねーよ。
南極や以前のイラクのような無政府状態の地域に行ったというだけの話。
北朝鮮政府とか、当地の政府機関による制御は、猛獣による圧迫と同じようなもので、
民主主義上の政府とは言えない。つまり、無政府状態。外交上の理由(要するに他人づきあい)で、
対等の政府であるかのように言うことがあるだけ。そうじゃないと、民主的な革命が起きた時に、
態度を豹変させる際に困る。この時は「あなた方が言うように、前政府は不当なものだった」と
言わなければいけないからな。
で、横道に逸れたが、無政府状態なら、いくら日本から離れても、彼にとっての主たる被治国は
日本であることには変わりがない。民主主義的観点で非国民になることはないわけ。
むしろ問題は民主主義が成立している外国で生活する者。
そのような者は、憲法上の国民とは言えなくなる。
が、憲法は外国人の保護をしてはいけないとは書いてないので、外国からの保護が期待できない場合には、
関係の深い日本が保護するのが妥当。これで全て解決。

170 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:08:27 ID:T5pmm/Aa
>>145>>146
そうだよ。それもガイシュツ。
日本政府は出身地主義(「長州人と蝦夷人は、固有の属性として別人である」みたいなもの)をとったわけだ。
が、それこそ、憲法やB規約(出身地差別は禁止)に違反すること。
現在、戸籍が単なる飾りの役割しか果たしてない理由の一つはこれ。
戸籍を使ってどうこうできないわけだ。
つーか、オレが日本政府の非を責める材料として出していた資料をそのまま出して、
「これだからいい」って何?
そういうことをしたから明らかにダメなんじゃん。

なんか、わざわざ批判対象を持ってきて、「だから正しい」と言い出す奇妙なヤツが増えたな。
現状を批判してるのに、現状を持ってきて「現状はこうだ(から、正しい)」みたいな。
それっともしかして流行なの?

>>147
EUがどうのというのは憲法論議ではそれほど役に立たないわけだが、
それはさておき。さっきっから言ってる性質説って何?
オレは>>116 で書いたように、性質説の批判者であり、どちらかと言えば文言説論者だよ。
それは>>2を読めばわかるだろ?ちゃんと「国民ではない者には参政権を認めてはならない」と
書いてある。性質説でないと民主主義を使えないといのが根本的な誤解なんじゃないの?

171 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:09:15 ID:T5pmm/Aa
>>148
>『定住外国人』なので政治的意志形成に携わる職業、
>よって憲法上も在日を日本国民とは言えない

おまえすげーな。
「定住外国人なので日本国民ではない」って当たり前じゃん。
外国人であることを根拠に外国人であるというのはあからさまな同語反復。
結局、「憲法上も外国人だ」と決め付けてるだけじゃん。
それと、もちろん、オレは誰かの学説をオウム返ししてるアホとは違い、
独自で新しい主張してるわけだから、何の根拠もなく、脳天気に
「在日は憲法上も外国人」と述べる憲法学者とは違う。
オレがコケにしてる学者の意見を持ってきてもアホ丸出しにしかならないよw

>>149
>そもそも国民とは該当国家の『国籍を有している者』のことを言うという大前提があるわけで、

これもそう。
相手が批判対象にしてる事柄を「前提」に持ってくるとはいい度胸だな?w
つーか、その手の国籍主義を批判してることすら分からないのか?
国籍を有してる者とは国籍法上のことで、憲法上のことではないわけ。
だから、そんなもんは憲法論の根拠にはならない。ましてや、相手に否定されてる
のに前提に用いるなど、自爆行為でしかない。

>>152
ww
オレじゃないよw

172 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:09:42 ID:T5pmm/Aa
>>163
>あなたが賠償金を払えと言ってるから、賠償金をもらうと生活保護が受けられなくなるって書いてるだけだよ。
>論点をすり替えたの自分だと気づいたほうがいいね。

何でそうなる。
オレは「保険料は筋違いだから、払うとするなら賠償金として払うべき」と言ってるだけ。
「今より金がほしい」とか、そんなもんはおまえの妄想だろ?

>賠償金としてもらっても一時所得になるから生活保護がもらえなくなるけどいいんだよね?

くどいな。そんなこととは関係なく「賠償金の方が適切」。

>>165
>もらえる対象となるのは終戦時に日本で生活をしていた
>という公式な記録があるもののみとなるよね。

それはどうかな。
公式な記録が残ってる保障はないわけだろ?
当人達にしても終戦を経てしかるべき証書を持ち続けている保障はない。

つーか、おまえは何でそんな浅ましいことばかりに拘るんだ?
そんなもん、二の次だろが。

173 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:27:06 ID:obKMV3mT
>>166

132
はいはい、あからさまな誤魔化し乙。

ホント馬鹿だな、お前。

174 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 17:29:07 ID:T5pmm/Aa
勧誘してきたw
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anime/1172899654/197

175 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 18:14:56 ID:/TD02VSB
じゃ、在日は空想上の日本国民ってことで終了だな。
実世界に持ち出すなハゲ。

176 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 18:21:05 ID:XjpSuLy4
在日必死だなwwwww

177 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 18:22:32 ID:r25U9Ej+
戦勝国気取りの朝鮮人は、日本国民は4等国民だとか、

敗 戦 国 の 国 籍 な ん て い ら な い と、突っぱねた。

日本の独立後、日本が経済発展し、
朝鮮戦争で半島が最貧国に転落してから、在日は「国籍が奪われた」と言い始めた。
戦後、在日韓国・朝鮮人は何をし、何と言ったか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
当時の朝鮮人は、"戦勝国国民だから" 日本に税金は払わない、日本の法律に従わない。
日本が独立するまで、朝鮮人・韓国人は、日本人を虐待し、殺害し、財産を奪い、
土地を占拠し、やりたい放題だった。在日朝鮮人・韓国人の戦後犯罪を、歴史教科書にのせるべきだ。
在日は、日本が独立するまでの間、日本人を虐待し続けたことを
心より反省し、謝罪しなければならない。

在日の戦後犯罪史
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/crime.html
大阿仁村事件(1945年10月22日)
生田警察署襲撃事件(1945年12月24日、1946年1月9日)
直江津駅リンチ殺人事件(1945年12月29日)
富坂警察署襲撃事件(1946年1月3日)
長崎警察署襲撃事件(1946年5月13日)
富山駅前派出所襲撃事件(1946年8月5日)
坂町事件(1946年9月22日)
新潟日報社襲撃事件(1946年9月26日〜29日)
首相官邸デモ事件(1946年12月20日)

その他、たくさん

178 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 18:40:55 ID:lQJdxRVM
>>177
> 戦勝国気取りの朝鮮人は、日本国民は4等国民だとか、
>
> 敗 戦 国 の 国 籍 な ん て い ら な い と、突っぱねた。

これで「在日は憲法上の日本国民」なんて言われても
大半の日本人は「ふざけるな!」としか思わないよな。

179 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 18:48:44 ID:jd0r/BO7
しょせんは、妄想上の日本国民

180 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 19:28:51 ID:cgOOnxvo
>>167
>憲法の従い、なおかつ、在日が嫌がらないことをすればいいだけ。
>嫌がらないからって憲法を無視してどうすんだ?あ〜ん?w

だからその結果が今の在日のありようだろw
在日の望むとおり憲法に従って行った事だ。どこに問題があるのだ?あ〜ん?w

181 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 19:51:00 ID:4VzZpoXt
船虫がんばれ
 

by 電波愛好者

182 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 19:53:56 ID:acmfiUXU
>>168

>だから、それを憲法に根拠付けろっての。
>「一般的にそうなってる」じゃ話にならんわけ。

だから日本国憲法は国民主権であり、国民とは日本国籍を持つ者と明確に定義されているのだが?
船虫は民主主義理念を拡大解釈して在日主権者説を唱えているが、世の中の法律学者一般を
見渡しても誰もそんな説を唱えていない。
国家概念が民主主義理念と対立関係にあるからその枠組みを踏まえるなら民主主義理念は制限されて
しかるべきだという主旨になんの反論になってないぞ。
結局民主主義理念上、在日に参政権よこせしかいってねーぞw

>別に矛盾なんて生じてないじゃん。一部韓国に被治されてても、他の大部分(日常生活のほとんど)は
>日本の被治者であることには変わりがない。おまえは権力などと大げさな表現を使ってるだけ。

他の大部分ってなんだ?即ち船虫も認める訳だ。在日の祖国の影響下にあるということを。
だから国家の権力は

>権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に
>排他的に行使できなければ、つまり、主権的で(souveran)なければならない。

だと何度も行っているだろうが。その時点で在日がとやかくいうのが内政干渉そのものなんだよ。
馬鹿か? まあ、真性なんだろうがw

183 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 19:59:22 ID:acmfiUXU
>>168

>はあ?論拠はどこ?
>決め付けを長々とやってるだけにしか見えんが?
>少しくらい論理的な文章書けよな。>>2を見習えよw

国民国家はというそのものが外国人と自国民を差別する体系だと行ってるだろうが。
これ以上判りやすい例えがあるのか? オマイが行っているのは世界市民思想なんだよ。
結局の所は。 オマイの方が国民国家である日本という枠組みを無視した民主主義理念の
こじつけ論じゃん。 ちゃんと国民国家との兼ね合いを踏まえて反論しろ。 反論になってねーんだよw

>だから書いてあるじゃん(>>2)。主権者が国民であり、主権者は地方自治体の場合と同様、
>民主主義理念に基づいて認定されると。

じゃ外国人ってなんだ? 船虫の理論では外国に定住している自国民も即ち外国人となってしまうんだが?
性質説を採るなら、その個人の意思は全く忖度されることなく否応無く定住国の国民になってしまう。
こんな現実的でない理屈を強弁する辺り、まともな社会人とは思えんなw


184 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 20:01:10 ID:Hbaaiaux
>憲法の従い、なおかつ、在日が嫌がらないことをすればいいだけ。
>嫌がらないからって憲法を無視してどうすんだ?あ〜ん?w

つまり

>在日の嫌がることをするなんてのはお門違いなわけ。

これは嘘だったわけだな。相変わらず馬鹿丸出しで発言に一貫性皆無だなw

185 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 20:05:11 ID:acmfiUXU
>>169

>こっちは、国家概念が否定されるなどとは思ってないんだから、まるで説得力ねーよ。
>とはいえ、

だったら船虫のいう国家とは一体なんだ? 逆に外国人だろうがなんだろうが即参政権アリなら
フリーゾーンとしかいえんのだが? その何処が主権があるんだ? 国家としての存続価値なんて
ねーだろうが。そんなことも想像できんのかよw 参ったなこりゃw

>南極や以前のイラクのような無政府状態の地域に行ったというだけの話。
>北朝鮮政府とか、当地の政府機関による制御は、猛獣による圧迫と同じようなもので、
>民主主義上の政府とは言えない。つまり、無政府状態。外交上の理由(要するに他人づきあい)で、
>対等の政府であるかのように言うことがあるだけ。そうじゃないと、民主的な革命が起きた時に、
>態度を豹変させる際に困る。この時は「あなた方が言うように、前政府は不当なものだった」と
>言わなければいけないからな。
>で、横道に逸れたが、無政府状態なら、いくら日本から離れても、彼にとっての主たる被治国は
>日本であることには変わりがない。民主主義的観点で非国民になることはないわけ。
>むしろ問題は民主主義が成立している外国で生活する者。
>そのような者は、憲法上の国民とは言えなくなる。
>が、憲法は外国人の保護をしてはいけないとは書いてないので、外国からの保護が期待できない場合には、
>関係の深い日本が保護するのが妥当。これで全て解決。

ここでももう矛盾。日本が国民国家足るのはそれら無法国家が山のようにあり、そしてそれらの外国勢力から
排他的に主権を確立する必要があるということ。それだけでももう在日に参政権なんてやれないことがわかる。
民主主義でない外国籍の人間はそれら祖国の影響下にあるのは否めないのだからな。
国籍を船虫はアクセサリーかなんかとでも思ってるのか?国籍は資格権であり、それによる祖国への忠誠義務とか
が発生すると言う事をまるで理解していないようだ。まあ、国を捨てた連中ならそんな意識も薄いのだろうがな。



186 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 20:09:45 ID:acmfiUXU
>>170

>EUがどうのというのは憲法論議ではそれほど役に立たないわけだが、

ここでのテーゼは憲法論議ではなくて在日に参政権を与えるのは是か非かだと思ったんだが?
馬鹿は瑣末な事に拘って論旨をぼかして逃げるのが好きなんだろうが。

>ちゃんと「国民ではない者には参政権を認めてはならない」と書いてある。

だからその国民てなんなのよw 船虫の国民とはある国に住む人間全部の事を指しているだけじゃんw
外国に長期滞在しただけでその個人の意思に関係なく自国民ではなくなり、外国人になるんだが?
その非合理性をどう解釈するんだ? 明快に答えてもらいたいもんだな。

187 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 20:12:48 ID:I/FPHK77
在日=日本在住外国人

いつまで経っても、どんなに論破されても、スレ立てするんだな

188 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 20:15:30 ID:jd0r/BO7
仕事ですから

189 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 21:11:07 ID:acmfiUXU
馬鹿な船虫に再度国家の定義をあげる事にする。

近代的意味での国家stateを語るときに、日本でしばしば参照されるのは、ドイツ国法学の系譜である。
戦前日本の法学・政治学に圧倒的影響を与えたドイツ国法学の系譜は、国家についての単純明快な
説明を与えた。イエリネック『一般国家学』から美濃部達吉らを経て戦前日本に入った「国家の三要素」説である。

この系譜では、「国家の三要素とは、領土、国民、主権である」と単純化され、俗称された。

国家は、第一に、一定の区画された領域(Staatsgebiet:領土、領海、領空)、
第二に、恒久的に帰属し一時的に離脱したり復帰したりできない人民(Staatsvolk:国民、住民)、
第三に、対外的・対内的に排他的で正統的な物理的実力を持った権力(Staatsgewalt)ないし主権、

から成るという。この三要素説では、主権国家であるかないかを実際に判断するのは他の国家なので、
他国からの承認を第四の要素に挙げる場合もある。

つまり、在日国民説を取る時点でこの第二の国民定義に反すると言う訳だ。そしてその在日は外交保護権下に
あり本国の影響下にある事は明白な為、第三の主権の在り様にも反する、といえる。
即ち、民主主義理念で国家を運営するに当たっても、それらの対象はおのずと第二の恒久的に帰属し一時的に
離脱したり復帰したり出来ない人民(即ち国民)のみが対象である、という事は明白である。
それらの中に定住外国人が含まれるとは全く言えないだろう。
結局の所、船虫論は国家の枠組みを軽視した世界市民思想に過ぎず、国民国家である日本を否定する行為に
等しいということになる。

逆に船虫がそれらに反論するなら、このイエリネックらが唱えてきた国家定義以外の定義をスレ住人に提示して
見せるべきだ。

190 :138:2007/03/09(金) 22:19:10 ID:yD6KyoDN
>>167
我々の努力が確実に実っている。 感無量である。
君の構成の一歩一歩が確実に歩まれているという
この実感こそが、我々船虫再生プロジェクトチームの喜びだ。

191 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 22:24:12 ID:731Ln/ad
前提と論証2について疑問があるんだが
そもそもそれは当該国家の国籍を持っているという前提の話なのではないのか?
もし違うなら、日本人が韓国で韓国人と同じように暮らしてたら、
(つまり在韓〜世ってことになるわけだが)
日本人でも韓国で官僚になる資格を持つことが出来るようになるが、いいのか?
たぶん韓国の人は嫌がると思うんだが…
だからと言って差別をすると、例えば朝鮮総連の日本人版のような組織が、
「それは差別だ!!憲法上云々〜」
と言い始めて、韓国の人にとって甚だ迷惑極まりないことになるのは明白なわけだ
そう考えると在日はただの外国人ってした方がいいんじゃないのか?
韓国も民主主義の国だから同じ理屈が当てはまるからな
日本で在日が国民になるなら、韓国でも在韓が国民になってもおかしくないし

192 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 22:41:12 ID:XACXq79o
>>170
私は朝鮮人はもともと日本国民で無いということを言っているんだよ
統治権は天皇にあったが朝鮮と日本は根源的には別の国という解釈
そして全体として現行憲法もB規約も発効前の話だよ
さらに言えば現行の戸籍だって申請すれば
日本が領有権を主張している範囲内なら自由に本籍の在り処を変えられる
どこが何に違反していると?

193 :日出づる処の名無し:2007/03/09(金) 23:15:45 ID:yD6KyoDN
>>34に対するレスがないようだが、
権利は欲しいが、責任は負いたくないというワガママなんだろ。

194 :日出づる処の名無し:2007/03/10(土) 00:31:04 ID:5JwNji7l
在日の幹部、金持ちやその子弟は芸能界やマスコミに深く入り込んでるから女優、アイドルや女子アナと知り合いになれてすぐに仲良くなれるんだろ。
朝鮮に行っても日本では考えられない様なすごい歓迎されて夜も喜び組や東欧系美女のベットでの接待を受けられてとてもいいらしいな。

195 :日出づる処の名無し:2007/03/10(土) 01:31:22 ID:mKlNkWCl
おチョンは
 スルーで
  いいじゃない。

          かしこ

196 :日出づる処の名無し:2007/03/10(土) 01:58:04 ID:IAf23GMw
>>192
ウジ虫は最初は「在日が日本国籍離脱を要求していた」事も知らず、国際的にも
何ら問題のない行為(ここ十数年の間でもCIS諸国や東ティモールなど国籍について
個人の選択権を認めなかった件は何ら珍しくない)であることも知らなかったのに
偉そうにぶち上げてしまったので引っ込みがつかなくなったのさw
しかもその上で「劣等人種である日本人と在日を一緒にするな」とか恥ずかしい発言
を繰り返しまくった挙げ句、優越性の根拠に捏造ES細胞挙げて赤っ恥かいてコテハン
捨てるなど惨めな負け犬の姿をさらし続けてるw

197 :日出づる処の名無し:2007/03/10(土) 03:10:15 ID:HigcRq9U
>>1
日本の在日が日本国民かどうかを論ずるにあたり、まずこの質問に答えてくれ。
「北朝鮮は民主主義国家か?」

なぜそんな事を聞くか、って?
北朝鮮の憲法では「国民とは国籍保有者の事を指す」と明記されてるからだ。
従って、この設問にNoと答えない場合、君はダブスタだという事だ。
ところで北朝鮮の国名って正式にはなんて言うんだっけ?w

198 :日出づる処の名無し:2007/03/10(土) 03:16:00 ID:lzDO2fpC
ニダーランド王国

199 :日出づる処の名無し:2007/03/10(土) 21:05:48 ID:K4TSJ/61
>>166
>現状の法制度を「違憲である」として憲法論で否定するのは当たり前のこと。

だからそれが実現不可能だし、お前は腰を上げようともしないヘタレだし
曲学だといってるの。
なんで反日ってのは都合のいいようにしか物事を見れないのかね。
ああ、都合の悪いレスは無視もしてるかw

200 :日出づる処の名無し:2007/03/11(日) 02:20:21 ID:d/juQelI
在日はAV業界にもいるからそういうやつはいろんな女とやりまくりなんだろ?

201 :日出づる処の名無し:2007/03/11(日) 08:12:20 ID:ULXoLpRJ
>>2
国連憲章の国権平等の原則及び日本国憲法における機会公平の原理から、
日本人として認められる国籍は日本国籍のみである。
では、韓国籍を持つにもかかわらず韓国人としての権利が認められない原因は何か。

在外韓国国民の選挙権無効に関し、韓国政府が下した判決はこう述べる。

納税、兵役など、国民の義務を履行しない在外同胞に選挙権を認めのは難しく、
事実上、選挙管理が不可能である。国土が分断している韓国の現実で、
在外国民全員に選挙権を認めるとすれば、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)や
北朝鮮の人々が追従する勢力が選挙の結果に影響を及ぼす可能性もある。
よって在外国民に対する選挙権の制限は正当。

つまり、治者被治者の同一の原則に反する。
韓国国民であるにもかかわらず、国民の義務を果たさず権利だけを主張する韓国人は非国民である。
このように、いかなる国家においても、国民条項とは、国民としての基本的義務を包括的に果たす必要があるものであるといえる。

日本国憲法の理念を規定する前文には、
自国のことのみに専念して他国を無視してはならないとあり、
政治道徳の法則は、普遍的なものとして、この法則に従ふと明記している。
この理念に従い、韓国政府によって国民であるが義務不履行とされる韓国人は、
政治道徳の普遍性に照らし、韓国政府と同様不適格国民として扱う。

202 :日出づる処の名無し:2007/03/11(日) 09:52:44 ID:XEIhCnQ9
>>1
船虫はチェチェハダ。

203 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 00:30:55 ID:K+yzyVW1
   ___  
   ,;f     ヽ   
  i:         i
  |         |
  |        |  ///;ト,
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l;   これはなんという良スレじゃ!!
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |   ありがたやありがたや・・・。  
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|           
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   / .|

204 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 00:45:00 ID:7bqGEz9Z
まあ、こういうスレがあると在日の異常さが知れ渡るから確かに良スレだ。
墓穴掘ってることに気がつかないのが朝鮮人の限界である。悲しいね。

205 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 01:14:35 ID:430/bC9H
日本は在日のために役立ってる
しかし在日は日本人のためには役立ってない
そこかしこにパチ屋やらラブホを作りまくって汚鮮している

九条や安保を含め日本国憲法は在日のためにあるのであり
在日こそが主権者であり正真正銘の日本国民ということなのである!

206 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 02:25:08 ID:3Ct16iUX
そんなに日本人になりたいのかw丁重にお断りしますw臭いから首吊って氏んどけよ

207 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 13:22:07 ID:ELMVNDTJ
船虫が土日を費やして書き溜めたどうしようもない文章の数々



208 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 13:33:34 ID:k2odNjsG
そろそろお目覚めの時間だ

209 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 13:47:53 ID:MvGGVtYC
こういう在日朝鮮人は逆効果だってわかんないのかな?ホント朝鮮人は寄生虫だね

210 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 14:36:44 ID:lO63IJcW
>>209
そんな道理を理解できるなら「在日朝鮮人」なんて立場にしがみつかないだろw

211 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 14:47:32 ID:ZKTc7CbE
船虫は平成の葦原将軍だろ
もっと応援しろよ

212 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 15:35:03 ID:35yG1EeG
「在日特権を許さない市民の会」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=



213 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 15:51:05 ID:k2odNjsG
そろそろ2ちゃん巡回を終えて書き込む時間の筈だが

214 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 16:50:09 ID:430/bC9H
日本人こそ在日であることを知れ

215 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 17:06:58 ID:gTBSc2kO
>>214
「在日日本人」の略だよな?

216 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 19:19:45 ID:Cr378fXN
船虫の人気に嫉妬。

217 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 21:19:29 ID:VJJM3QDi
彼、いつもはそろそろ来るころなのに今日は遅いですね

218 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 21:24:11 ID:YTVUOOOv
ところで、船虫を見ていて思ったんだが、
彼は文学系の学生じゃないだろうか?
本来であれば好んで使用する論法なりが存在するはずだが、
彼の論法には、はやり廃りが存在する。
以前は背理法を好んで使用していたし、ことさらそれを協調したレスを書いていた。
今は、三段論法を好んで使用しており、ことさらそれを協調したレスを書いている。
そのことから察するに、彼は何かによってそれらを学び
まるで万能ツールであるかのように妄想して騒いでいるのではないだろうか?
または、「おれはこんな方法しってるんだぜ!」的な発想かもしれないが、
兎に角、流行と廃りがある。
そして何より、彼には複合、応用の技術が見られない。
これは、経験が絶対的に足りないせいであろう。
本来であれば学業で様々な論争を行い、いままで学習した内容を複合的に利用して応用力を身につけるものだが、
彼は、そういった経験がないか、または活かすあたまがないのか・・・
おそらくは後者であろう。
主張にたいする反論に対しては騒ぎ立て、相手が疲弊し、折れるのをひたすら経験してきたためであろう。
ゆえに、複合して応用するすべを身につけることもできずにいるのではないだろうか。

思っただけだ。

219 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 22:46:47 ID:k2odNjsG
いいえ、保土ケ谷の40過ぎの引きこもりです

220 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 22:51:05 ID:YTVUOOOv
俺の長文が一行で・・・・・orz

221 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 23:03:31 ID:DXfJj9n+
   ∧ ∧
  (・∀ ・) <強制連行されたんでしょう
.  ノ(  )ヽ
   <  >

   ∧ ∧
 ヽ(・∀ ・)ノ <とっとと半島に帰りなよ〜!
. (( ノ(  )ヽ ))
   <  >

222 :日出づる処の名無し:2007/03/12(月) 23:07:43 ID:k2odNjsG
>>220
坂井輝久、エリートサラリーマン、エドサリバン、チワワ、梅夫で検索してみるとよくわかるよ
ほかに
【卑怯】ヘタレヌルポライター梅川・自作自演の真実【粘着】4
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/l/1170809221/
自作自演の粘着荒らし「K君」観察日記 35冊目
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/l/1168010521/


223 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 13:03:40 ID:l6+kvQpI
ここは妄想を書きあうスレになったか。

224 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 19:20:11 ID:vBXYaYZM
暇なので在りし日の船虫の書き込みをうp
41 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :04/06/14 12:18 ID:q6oxek8v
>>34
>厳しい環境?生き抜いてきた?……劣悪な環境を変えることも出来ずに、地虫のように這い回ってきただけだろ?
プッ。説得力ねーな。単に悪く言っただけじゃん。
おまえがどう悪く言おうが、半島が外敵にさらされ続けてきたことは事実。
それに比べて島国日本はどうだ?まるでガラパゴス諸島のようじゃねーか。
いいか。おまえらは、日本ザリガニと一緒。
ぬるま湯に浸って生きてきた日本ザリガニは、外来のザリガニの出現によって、
速攻で駆逐されちまったわけだ。
一般的に言って、種間の衝突をくり返してる大陸の方が、島国より強い。
これは、普遍的な事実だ。おまえらは弱い。諦めろ(ププ。
>ああ、良い牝(うわー、やな表現)ね、……だから「それ」がいなくなってるんだろ?半島はw
アホか。何を読んでやがるんだ。
良い牝がいるかどうかは、淘汰圧に強弱にかかってるのであって、多少の水漏れは微々たるもの。
朝鮮ではブスは糞だ。ついでに、身体障害者も糞。
そういう淘汰圧が常にかかってきた厳しい世界なんだよ。
それに比べて日本はどうだ?
なんかブスを有り難がるアホもいるし、
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/asia/1086531615/l50
だいたい、日本で人気のモ娘なんてハッキリ言ってブスだろが。
それに、身障を売りにしてるZ武なんかもいる。
日本と朝鮮では、もう天と地ほどの開きがあるわけだ。
残念だったな(プ


これを読んだあとにこのスレを始めから読んでみよう。
超 み じ め 。(プ

225 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 19:21:38 ID:i22ZYTrm
>>223
>妄想を書きあうスレになったか。

お題からして妄想なんですが

226 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 19:25:17 ID:vBXYaYZM
54 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :04/06/16 18:08 ID:wvwwfXaU
>>50
>「生きるために何でもしなきゃならなかった」あ?冗談は顔と頭とちっさいチンコだけにしときなw
>「なにもしなかった」から朝鮮があんなにミジメになったんだろ。まあ、判るけどな、お前を見てると。
アホ丸出し。環境が善くなってしまうようなことをすれば、厳しい環境(淘汰圧が高い)でなくなるだろが。
優秀なヤツは、全体の環境は改善させず、自分の周りや血筋が有利になるようにだけしていた。
これが、人間が遺伝的に優秀になる土壌じゃねーか。何言ってんだか。
それに比べて日本は、自分の遺伝子を残すよりも、環境を善くしちゃうわけだろ?
しかも、それが道徳的な価値観の維持に大いに寄与している。
で、問題はその道徳の中身だ。武士道とか一見素晴らしい道徳であるかの見えて、
実は、民族を遺伝的に劣化させるしょーもない糞道徳だ。
「優秀なヤツ;失敗→恥ずかしいから死ぬ→遺伝子残さない(ところが糞民族はこれを賞賛する)」
「ダメなヤツ;失敗→元々もダメダメだから別に恥ずかしくもない→遺伝子残る(糞民族はこれを許す)」
それに対し、朝鮮では、
「優秀なヤツ;失敗→なんとか血筋が生き残ることを考える→遺伝子残る(道徳より血筋が儒教の精神だから当然)」
「ダメなヤツとか障害児;失敗あるいは障害がばれる→周りからボコボコ→殺されるか、苛めを苦に自殺→遺伝子排除」
となっている。どちらの土壌が遺伝子の観点から優れているかは一目瞭然。
ま、要するにウヨの自己満足のために、日本民族はどんどん劣化していくというわけだ(プププ。



低レベル低レベル。低レベルという言葉ですら追いつかないほどの低レベル。

227 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 20:28:10 ID:0PNf49b1
それで船虫は自分は女にモテモテだとか恥ずかし過ぎるホラ吹いていたんだよなw
挙げ句の果てに捏造ES細胞を根拠に朝鮮の優秀さを繰り返し唱えて赤っ恥w

228 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 20:58:27 ID:vBXYaYZM
ニホンザリガニは湧水や谷川に棲む生き物でアメリカザリガニは
平地の田んぼとか池に棲む生き物だから棲み分けができてる。
他の種類とのぶつかり合いだけが生き物が繁栄上直面する問題という訳ではない。
第一ガラパゴスみたいに島に閉じ込められれば確かに他の地域の同種の生物とのぶつかり合いはなくなるが
その島に棲んでる別の種類の生物との生存競争はなくならないからあまり状況は変わらない。
ホルホルするためだけに知ったかこくと恥かくといういい見本だな。
それに遺伝子なんて所詮ただの入れ物。問題はどういう過程で成長していくかだ。
どんな優秀な遺伝子だろうと船虫みたいに育てば出来上がるのはゴミな訳で。


229 :日出づる処の名無し:2007/03/13(火) 21:32:07 ID:QQzXbu5C
その論理でいくと・・・
日本人は蛮族説が成りたたなくなるな。
たしか、あまりにも酷い連中なので、朝鮮半島から追放された人たちだったはず。

230 :日出づる処の名無し:2007/03/14(水) 23:27:02 ID:kK0BHQtd
虫さんが来なくなって早くも丸三日・・・・・・

231 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 00:37:08 ID:H0H+37E1
憲法上では在日が国民なのですか・・・・・。
憲法の前提というか暗黙の前提として日本国籍を持つものが日本人
だと思われ。


232 :しまじろう ◆J1duyyyKD6 :2007/03/15(木) 07:30:27 ID:BpW8EdhP
>>230
今頃、仁川空港じゃない?

233 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:30:52 ID:8KwMQEmZ
>>178
>>4

>>180
>>憲法の従い、なおかつ、在日が嫌がらないことをすればいいだけ。
>>嫌がらないからって憲法を無視してどうすんだ?あ〜ん?w
>だからその結果が今の在日のありようだろw
>在日の望むとおり憲法に従って行った事だ。どこに問題があるのだ?あ〜ん?w

バカ。在日は憲法上の国民ってのがこのスレの趣旨だろが。
なーにが、憲法に従っただ。おまえはどいう脳味噌してんだ?あ〜〜〜ん?w

234 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:31:17 ID:8KwMQEmZ
>>182
>>だから、それを憲法に根拠付けろっての。
>>「一般的にそうなってる」じゃ話にならんわけ。
>だから日本国憲法は国民主権であり、国民とは日本国籍を持つ者と明確に定義されているのだが?

だから、「国民とは日本国籍を持つ者」の憲法上の根拠を言えってんだよ。
おまえは日本語が読めないのか?
つーか、前から言ってるように、憲法制定当時、在日は日本国籍を持っていた。
おまえの言うとおりなら、当時在日は日本国民じゃん。
(憲法および世界人権宣言により、国籍剥奪は不当)
脳内支離滅裂なってんじゃねーの?

>他の大部分ってなんだ?即ち船虫も認める訳だ。在日の祖国の影響下にあるということを。

そんなの昔から言ってるじゃん。(日本政府に比べたら大したことないが)影響はあると。
これは日本人がアメリカ政府の影響下にあるのと同じ。

>だから国家の権力は

はあ?そんな綺麗事言っても実際がそうじゃないんだから、仕方ないじゃん。
まさか、「日本人はアメリカの手下のような奴隷根性を持ち、アメリカに従うから、日本の主権は不当」
なんて言うのか?
日本の憲法では主権(参政権)は固有のものであり、プロ奴隷(笑)だろうと真性ポチだろうと、
正当に日本の参政権を持つ。ポチや売国奴認定によって参政権を剥奪するのはNG。
こんなの小学生でも分かることだが。

235 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:31:37 ID:8KwMQEmZ
>>183
>国民国家はというそのものが外国人と自国民を差別する体系だと行ってるだろうが。

オレもそう言ってるじゃん。オレはバリバリの文言説論者(>>2)なんだぞ?
つーか、文言説の意味を知ってるのか?知らないならググれよな。

ただ、「国民であること」は固有のものであり、法務省の局長が誰かの国籍を剥奪しても、
その誰かが「本来的に国民」なら国籍剥奪は無効だし、本来的に国民でなかったのなら、
局長通達の有無にかかわらず国民ではない。国籍は国民であることを明確にするために、
便宜的に付与されるものであり、その対象が本来的な国民である限りにおいて正しい。
国民であるから、国籍を持っていることが正当であるわけで、国籍を持っているから
(どんな場合でも)国民であるというのではない。
ここを取り違えるのは本末転倒。
マジで逆を信じるのは法務省局長に国民を作る神懸かり的な権力があると言うようなもの。

>じゃ外国人ってなんだ? 船虫の理論では外国に定住している自国民も即ち外国人となってしまうんだが?

だから、そうだって言ってるじゃん(>>7-8)。
小学生でも分かる国民主権原理は「国民は主権者(参政権保有者)である」であり、
その対偶は、「主権者(参政権保有者)でない者は国民ではない」だ。
参政権が認められなければ国民ではない。すなわち外国人じゃん。
ただ、これはあくまで憲法上のことであり、一般的な語法とは関係ない。
東京都が主権者を「東京都民」と定義したとしても、
「オレは北海道民であって、東京都民ではない」と言い張る東京在住の北海道人の語法を禁止するものではない。
当たり前の話。

>性質説を採るなら、その個人の意思は全く忖度されることなく否応無く定住国の国民になってしまう。

何を勘違いしてるんだ?
性質説は「外国人であっても、国民と同等の性質なら、国民と同等の権利を持つ」だから、
参政権の有無と国民外国人の区別は別になる。参政権があっても外国人、なくても国民で有り得る。

236 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:31:58 ID:8KwMQEmZ
>>184
>>憲法の従い、なおかつ、在日が嫌がらないことをすればいいだけ。
>>嫌がらないからって憲法を無視してどうすんだ?あ〜ん?w
>つまり
>>在日の嫌がることをするなんてのはお門違いなわけ。
>これは嘘だったわけだな。相変わらず馬鹿丸出しで発言に一貫性皆無だなw

はあ?読解力がない人?バカ?

237 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:32:29 ID:8KwMQEmZ
>>185
>だったら船虫のいう国家とは一体なんだ? 逆に外国人だろうがなんだろうが即参政権アリなら
>フリーゾーンとしかいえんのだが? その何処が主権があるんだ? 国家としての存続価値なんて

だから、彼らは外国人じゃないって。憲法上はな。
単に日常用語で外国人と呼ばれているだけのこと。
東京都に住む北海道民や九州人が、「道民(プ)」とか「九州男児(ププ)」とか呼ばれているのと同じ。

>ここでももう矛盾。

矛盾の説明が出来ないが?決め付け?

>国籍を船虫はアクセサリーかなんかとでも思ってるのか?国籍は資格権であり、それによる祖国への忠誠義務とか
>が発生すると言う事をまるで理解していないようだ。

だから、国籍が便宜的に資格のようになってもかまわないが、
国民は憲法制定権力者であり、その国民であることを誰か(法務省民事局長)が定めるとするなら、
そいつ(法務省民事局長)は憲法制定権力を付与する超人的権威者(神)になるだろって。
それに、実際の憲法は主権について「固有のもの」と言ってるわけで、忠誠心とか
そんな気持ち悪いもので左右されない。B規約を見ても同じ。
なんか古ぼけたウヨウヨ妄想を根拠もなく言い張るなよ。
とにかく、憲法上の根拠に基づいて議論しろっての。

238 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:32:48 ID:8KwMQEmZ
>>186
>ここでのテーゼは憲法論議ではなくて在日に参政権を与えるのは是か非かだと思ったんだが?

はあ?参政権問題だって憲法論議じゃん。何アホなこと言ってるんだ?
そこまでして憲法論議から逃げたいか?

>だからその国民てなんなのよw 船虫の国民とはある国に住む人間全部の事を指しているだけじゃんw

だから>>2を始め、何度も言ってるじゃん。
民主主義理念において、治者となる者(定住の被治者)。
おまえは文盲ちゃんか?

>外国に長期滞在しただけでその個人の意思に関係なく自国民ではなくなり、外国人になるんだが?
>その非合理性をどう解釈するんだ? 明快に答えてもらいたいもんだな。

それ以前に、どこが非合理なんだよ?
新規な指摘(だが、論理的に正しい帰結)であり、おまえにとって不都合ってだけじゃん。

239 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:33:05 ID:8KwMQEmZ
>>187-188
はいはい、低脳な決め付け厨はとっと氏のうねw

>>189
>第二に、恒久的に帰属し一時的に離脱したり復帰したりできない人民(Staatsvolk:国民、住民)、
>つまり、在日国民説を取る時点でこの第二の国民定義に反すると言う訳だ。

在日が第二に反するというなら、第二が憲法(国際法にも)に反するというだけのこと。
生粋の日本人(笑)であっても、恒久的に日本にいる保障はなく、その誓約をとることもできない。
「戦争になったら海外に逃げるようなヤツは国民ではない」とはアホなウヨウヨ妄想でしかないわけだ。
つーか、何度も言うが憲法上の根拠を出せっての。
ウヨウヨ妄想で決め付けても話ならんだろが。

240 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:33:24 ID:8KwMQEmZ
>>191
>そもそもそれは当該国家の国籍を持っているという前提の話なのではないのか?

何で?
これは論調からも分かるように、国籍法が制定される以前のことである
憲法制定について述べた憲法前文の話だぞ。
国籍付与が前提になるなんてまったく奇妙なことじゃん。
というより、当時、在日は日本国籍だし。国籍を云々しても解決にならんわけだよ。

>もし違うなら、日本人が韓国で韓国人と同じように暮らしてたら、
>(つまり在韓〜世ってことになるわけだが)
>日本人でも韓国で官僚になる資格を持つことが出来るようになるが、いいのか?

官僚については知らんが、参政権が認められるってのは有名な話。
この点、韓国は日本より民主主義に忠実であると言える。

>たぶん韓国の人は嫌がると思うんだが…

嫌がるとか騒ぐとか、そんなことで憲法の意味が変わるわけないし、
そんなことがあってはまずいだろ?
憲法は憲法として純学際的に論議すればいいだけじゃないの?違うか?

241 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:33:42 ID:8KwMQEmZ
>>192
>私は朝鮮人はもともと日本国民で無いということを言っているんだよ
>統治権は天皇にあったが朝鮮と日本は根源的には別の国という解釈

それを言うなら、八月革命説だろ?
そもそも、主権が天皇にあるのに本来的な主権が国民にあることになるのがおかしい。
そのような移行は「革命」と呼ばれるものと同質であり、それがいつ起きたかといえば
ポツダム宣言の受諾とするのが妥当。そして、ポツダム宣言は民主主義を謳ったものであるから、
革命によって主権が移行する対象は民主主義上の国民とするのが適切。
前憲法下では、日韓同祖論などがあり、日本人と朝鮮人は本来的に同一であるという主張があったし、
公的な場で差別的な発言をする者も稀でであったし、差別的な制度も、少なくとも基本的にはない。
たとえ、国として朝鮮が別のものであったとしても、人民の間における差別はなかった。
(生粋の日本人であっても朝鮮では参政権がなかったし、逆に在日でも日本では参政権があった)。
差別があるとするなら、人民間の差別ではなく、地域差別なわけ。
カイロ宣言も「かの地域では人民が奴隷状態になってるから、かの地域を独立させるべし」と読める。
しかし、たとえ、前憲法下で朝鮮人が差別されていたとしても、革命が起きたら、
それはチャラになり、革命(ポツダム宣言)に従うというのが筋。
今さら前憲法を持ち出して「主権は天皇にある」といっても仕方がない。

>そして全体として現行憲法もB規約も発効前の話だよ
>さらに言えば現行の戸籍だって申請すれば
>日本が領有権を主張している範囲内なら自由に本籍の在り処を変えられる
>どこが何に違反していると?

何が言いたいんだ?
違反とは、憲法上の国民である在日から国籍を剥奪したことであり、
非国民として扱ってきたことだと言ってるだろ?
戸籍どころか国籍だって自由に変えられるわけだが、だからといって
国籍剥奪が正当化されるわけじゃないぞ?

242 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:34:02 ID:8KwMQEmZ
>>193
憲法上の責任は他の日本人と同じだと何度も言ってるだろが。
(ウヨウヨ妄想責任については、妄想だからこの限りではないw)

>>197
>「北朝鮮は民主主義国家か?」

つーか、民主主義でない国の例として前スレから使ってるじゃん。
だが、名前の通り、「民主主義を謳っている国である」という言い方はできるよ。

>北朝鮮の憲法では「国民とは国籍保有者の事を指す」と明記されてるからだ。

あっそう。そりゃよくないね。
つーか、オレは民主主義者じゃないから、よくないなんて言うべきではないなw
他国は他国の勝手ってことだな。

>>199
はいはい、いつものすり替え乙。
議論で勝てないからってみっともないよw

243 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:34:32 ID:8KwMQEmZ
>>201
>国連憲章の国権平等の原則及び日本国憲法における機会公平の原理から、
>日本人として認められる国籍は日本国籍のみである。

おまえさー。
「憲法の原理から」と言えば、根拠のある論証をしたことになるわけじゃねーぞ。
オレが>>2でやってるように、原理を命題として表現し、論理的に結論を導出しろよ。
それがなれば飾りのついた決め付けでしかない。
これくらい、例を出して説明したりしなくても分かるだろ?

>>218
妄想乙w
軽薄なカスには分からないだろうが、三段論法は万能ツールだよ。
まあ、気に入らないカスは頑張って論理(三段論法)に対して戦いを挑んでくれw

244 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:39:04 ID:UHNXOa+C
まともな人間なら自分の国に帰るよ。嫌いな国民の国に
住み着くなんて、地球規模で最も醜い民族と言える。

245 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:52:12 ID:FmPlDFar
結局、ウジ虫はボロクソに論破されて罵倒しか出来なくなりましたとさw
いつものパターンですね。
議論で勝てないし現実でも何も出来ないし、ただ「俺は在日だから日本人より
優秀なんだ。そんな俺は特別扱いされてしかるべきなんだ」というオナニー妄想
にすがるしか出来ないわけだ。
まあ「女性にモテモテ。日本の女は肉便器」だとか恥ずかしい嘘をつかなく
なっただけ少しは人間に近づけたようだけどなw

246 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/15(木) 20:56:23 ID:jJVpu/dy
>>245
端から見てると罵倒しかできてねえのはオマイに見えるが。


247 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 20:56:24 ID:CE597+sD
>はあ?読解力がない人?バカ?

>なんか古ぼけたウヨウヨ妄想を根拠もなく言い張るなよ。

>はいはい、いつものすり替え乙。
>議論で勝てないからってみっともないよw

>妄想乙w
>軽薄なカスには分からないだろうが、三段論法は万能ツールだよ。

いやあこれだけ負け犬の遠吠えしか出来ないヤツは滅多にいないね。
さすが捏造ES細胞を高らかに自慢しまくっただけの事はある。
いつもいつも惨めに粉砕されては、下らない負け犬の遠吠えばかり繰り返し
人間として恥ずかしくないか?

248 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:01:12 ID:rWc9TN9q
>>234

船虫の屁理屈が又始まったw だから「国民とは日本国籍を持つ者」の憲法上の根拠って
そう憲法で既定されているからだろうがw 先ず第一前提であって憲法の先に来てるんだよ、
その設定がな。

これこれだから国民である、じゃねーんだよ。日本国を建国(近代国家として)した際、日本国に
該当する地域の住人を国民と定めたのであって、それ以下でも以上でもねーに決まってるだろうが。

>つーか、前から言ってるように、憲法制定当時、在日は日本国籍を持っていた。

だから本国が独立して日本国から離脱したのと同じく、それら朝鮮籍の人間も日本国から独立した
と看做せばいいだろうが。 在日が日本国籍をもってたんじゃなくて、日本国籍にさせられてたんだろうが?
いわば現状復帰したのに何文句垂れてんだ? オマイらの祖国が再び独立国家として国際社会に認められ
そしてオマイらもそれに反対しなかったじゃん。
更にだ、日本国籍離脱後、永住権保持者に対して日本が帰化を拒んだとでも?
ちゃんと日本国籍を取れるようにしてるだろが。ふざけるなっつーの。


249 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:05:06 ID:eb6CJOHw
>>248
>オマイらの祖国が再び独立国家として国際社会に認められ
>そしてオマイらもそれに反対しなかったじゃん。

船虫はそれを知らなかったのにぶち上げてしまったんで
引っ込みがつかなくなったんだよ。

250 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:08:16 ID:rWc9TN9q
>>234

>そんなの昔から言ってるじゃん。(日本政府に比べたら大したことないが)影響はあると。
>これは日本人がアメリカ政府の影響下にあるのと同じ。

ハァ?日本人がいつアメリカ政府の影響下にあるんだ?だったら韓国なんか半植民地だなw
自国の軍隊の指揮権すらねーんだからなw
ちゃんと独立国として内政不干渉の原則が貫かれているだろうが。
そんなことだったら北朝鮮も制裁などを受けてアメリカの影響下にあるとでもいえるわ。馬鹿か?
そんな的をはずした論旨を述べて楽しいか?
根本的に定住外国人だろうと、その本国の外交保護権下にあり、日本が在日を不当に扱えば
本国政府が強弁に抗議してくるだろうが。 そして本国政府はそれらを行う義務と権利がある。
それと同列に抜かすな。

>はあ?そんな綺麗事言っても実際がそうじゃないんだから、仕方ないじゃん。

オマイが奇麗事いってるんだよw 在日に参政権を与えるのは民主主義理念上真理だからだ、なんて
のは正に奇麗事以外のなんだと言うんだよ。 話にならんてw
国民国家のレゾンデートル上、外国人に参政権はNG、これが定理なのさ。オマイの在日国民説より
よっぽど真っ当だと思うが。

251 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:12:54 ID:rWc9TN9q
>>235

>ただ、「国民であること」は固有のものであり、法務省の局長が誰かの国籍を剥奪しても、
>その誰かが「本来的に国民」なら国籍剥奪は無効だし、本来的に国民でなかったのなら、
>局長通達の有無にかかわらず国民ではない。国籍は国民であることを明確にするために、
>便宜的に付与されるものであり、その対象が本来的な国民である限りにおいて正しい。
>国民であるから、国籍を持っていることが正当であるわけで、国籍を持っているから
>(どんな場合でも)国民であるというのではない。

外国籍の人間の外国籍を勝手に日本国政府(法務省)が剥奪できるのかよw
オマイの理屈は本来日本国籍を持つ人間なら話は未だ判る。
だが、外国籍の人間は外国の保護権下にあるのに、なんで勝手に日本国が剥奪出来るんだよw
あと、戦後の在日日本国籍離脱に関しては、本国と同様日本国から個人も独立したと看做せばいい。
今までが不当に日本国籍を押し付けられていたんだからさ。 これの何処に矛盾がある?


252 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:13:19 ID:VWpI9pwx
きれい事なんてもんじゃない
世迷言だ

253 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:16:31 ID:ybV5vFxx
こないだ朝日新聞に載っていたがエストニアでは人口135万人の内13万人
つまりほぼ一割弱が「国籍無し」という状態。
これはソ連から独立した後、ロシア系住民の多くがエストニア国籍を取得
出来なかったからで、独立以来15年以上経ってるのに宙ぶらりんになっている。
当然ながら彼らは参政権も無いしそれ以外の諸権利も多くが制限されている。
ついでに言えば中央アジア諸国も大半が同じ状況らしいが、これらの国は鎖国
政策をとっていて、この手の数字を公表してないので実態は不明。
ただしNHKが先日行った報道によるとソ連時代に強制連行された朝鮮系住民が
やはり国籍を得られず迫害されるので、財産を処分して沿海州に移住し新たに
ロシア国籍を得る人間が増えているそうだ。
まあこんな風に世界では国籍の扱いは極めてシビアな問題であるわけだ。

254 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:21:24 ID:8KwMQEmZ
>>248
>船虫の屁理屈が又始まったw だから「国民とは日本国籍を持つ者」の憲法上の根拠って
>そう憲法で既定されているからだろうがw 

笑かすな。憲法上の根拠は、そう憲法で既定されてるからだってか?
よくこんなあからさまな同語反復が言えるな?
で、結局、

>先ず第一前提であって憲法の先に来てるんだよ、 その設定がな。

憲法にはないってか?
すごい可笑しいんだけど?
しかも、あると言いながら、

>これこれだから国民である、じゃねーんだよ。

かよ。もう無茶苦茶だなw
さらに、

>日本国を建国(近代国家として)した際、日本国に
>該当する地域の住人を国民と定めたのであって、それ以下でも以上でもねーに決まってるだろうが。

じゃあ在日も入るじゃんw
おまえ完璧!
こほどことごとくドツボるヤツ見たことないw

255 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:21:36 ID:8KwMQEmZ
>>248
>だから本国が独立して日本国から離脱したのと同じく、それら朝鮮籍の人間も日本国から独立した
>と看做せばいいだろうが。 

はあ?憲法制定時は日本国籍だから、日本国民なんだろ?
で、後から離脱したと。
だが、国籍剥奪しておいて、「勝手に離脱したんだあああ!」なんて言い訳が通用するわけねーじゃん。
そんなもんが通るなら、人権宣言違反なんて有り得ない。

>在日が日本国籍をもってたんじゃなくて、日本国籍にさせられてたんだろうが?

はあ?併合は合法じゃん。
当時の状況で、いったいどこの国が併合について非合法だなんて言ってるんだ?
非合法が通説なら、カイロ宣言でわざわざ奴隷状態がどーのなんて言わないですむっての。
とはいえ、非合法なら何なの?
日本の沖縄併合が非合法なら、沖縄独立の際に、日本本土に住む全ての沖縄出身者は非国民になるのか?
何度も言うが、土地は人間に所有されるものであって、土地が人間を所有するものではない。
いずれにせよ、人民が土地に従属する根拠はない。
まあ、とにかく、憲法レベルの根拠を提示してね。

256 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:22:14 ID:rWc9TN9q
>>235

>小学生でも分かる国民主権原理は「国民は主権者(参政権保有者)である」であり、
>その対偶は、「主権者(参政権保有者)でない者は国民ではない」だ。
>参政権が認められなければ国民ではない。すなわち外国人じゃん。
>ただ、これはあくまで憲法上のことであり、一般的な語法とは関係ない。
>東京都が主権者を「東京都民」と定義したとしても、
>「オレは北海道民であって、東京都民ではない」と言い張る東京在住の北海道人の語法を禁止するものではない。
>当たり前の話。

その憲法上でハッキリと日本国籍者以外は主権がねーと定義されてるだろうが。オマイのはいわば拡大解釈。
国民主権を謳っており、その国民に値する要件として日本国籍を持つ者、と明快に定義し、それ以外は主権がない
とちゃんとなってるだろうが。

民主主義理念上在日も国民であり云々、というのは、日本国という国民国家の成立概念に根本的に矛盾する
からこそ、それらは受け入れられないと言ってるのにその運営理念たる憲法を拡大解釈すればどうの、なんて
誰が納得するかよ。日本国が無くなればその運営理念も糞もなくなるだろうが。
国家がそれら万人の権利を保障し義務を国民に要求するのに、その国家を否定する理念を憲法上、認められると
思うか? 単に民主主義理念を拡大解釈しているだけだと何度言ったら判るんだろうな? この馬鹿は。
北朝鮮や中国を見てみろ。民主主義理念も糞もねー。国民主権ではない国が日本の周りにはわんさかあるというのに
日本だけが先進的な意見を取り入れられるかっつーの。ツケ込まれるから与えられねーんだよ。根本的にな。


257 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:26:06 ID:CE597+sD
>で、後から離脱したと。
>だが、国籍剥奪しておいて、「勝手に離脱したんだあああ!」なんて言い訳が通用するわけねーじゃん。

自分たちの意志で離脱しておいて「剥奪だあああ」なて言い訳が通用するわけねーじゃんw

258 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:28:15 ID:rWc9TN9q
>>237

>だから、国籍が便宜的に資格のようになってもかまわないが、
>国民は憲法制定権力者であり、その国民であることを誰か(法務省民事局長)が定めるとするなら、
>そいつ(法務省民事局長)は憲法制定権力を付与する超人的権威者(神)になるだろって。
>それに、実際の憲法は主権について「固有のもの」と言ってるわけで、忠誠心とか
>そんな気持ち悪いもので左右されない。B規約を見ても同じ。
>なんか古ぼけたウヨウヨ妄想を根拠もなく言い張るなよ。
>とにかく、憲法上の根拠に基づいて議論しろっての。

なんだよそれw 国籍が便宜的に資格のようなもの ってのは?
ハッキリとさせろよその国籍の意味をさ。 船虫よ、オマイ国籍はアクセサリーかなんかとでも思ってるのか?
オマイは国籍には祖国の忠誠義務と権利を持ってるんだよ。 日本国には係わりなくな。
その祖国の権利をどうするつもりだ? だからなんども言っているように船虫の意見は世界市民思想に過ぎネーの。
日本は現行、国民国家として国民が満足して生活しているんだからさ、世界市民思想は祖国でも帰ってから唱えてろや。
古ぼけたもオマイらの祖国が古ぼけた覇権思想に凝り固まっているから、EUのようになれねーんだよ。
船虫の祖国がマトモになり、日本に敵愾心と嫉妬心を持たず、GDPも日本並みになればEUのようになれるだろうよ。
それまで待ってろっての。

259 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:28:23 ID:1LQZ1Bh6
蟲は何度説明されても外地籍とサンフランシスコ条約が理解出来ないらしい。

260 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:29:33 ID:VWpI9pwx
バカチョンには無理なんだろ

261 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:29:50 ID:cfzfamvU
>>船虫の屁理屈が又始まったw だから「国民とは日本国籍を持つ者」の憲法上の根拠って
>>そう憲法で既定されているからだろうがw 

>笑かすな。憲法上の根拠は、そう憲法で既定されてるからだってか?

当たり前の話だろw
例えば「学問の自由」の憲法上の根拠は憲法第23条に「学問の自由は、これを保障する」
と規定されているからだ。
根本的に読解力が欠落してるんだなこの低能。

262 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:30:28 ID:8KwMQEmZ
>>250
>ハァ?日本人がいつアメリカ政府の影響下にあるんだ?だったら韓国なんか半植民地だなw
>自国の軍隊の指揮権すらねーんだからなw

何ファビョってんだよ?
これは実情を言ってるんだぞ。
アメリカの影響を受けていることくらい、何とか教師でさえ認めるぞ?

>ちゃんと独立国として内政不干渉の原則が貫かれているだろうが。

実情でも内政干渉的ではあるが、あくまで要望という種類のものであり、
日本人が進んでアメリカに従ってるという面もあるわけだから、影響を受けていることが
直ちに内政干渉になるわけではない。

>そんなことだったら北朝鮮も制裁などを受けてアメリカの影響下にあるとでもいえるわ。馬鹿か?

そりゃ思いっきり受けてるじゃん。つーか誰が受けてないとか言ってるわけ?大バカ?

>>251
>外国籍の人間の外国籍を勝手に日本国政府(法務省)が剥奪できるのかよw

はあ?誰がそんなこと言ってるんだ?
それは出来ないとさんざん議論してきただろが。
少しくらいスレ読め。

まったく相手の主張を勝手に妄想してウダウダ文句言ってるばっか。
もうアホすぎw

263 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:33:27 ID:rWc9TN9q
>>238

>民主主義理念において、治者となる者(定住の被治者)。
>おまえは文盲ちゃんか?

>>外国に長期滞在しただけでその個人の意思に関係なく自国民ではなくなり、外国人になるんだが?
>>その非合理性をどう解釈するんだ? 明快に答えてもらいたいもんだな。

>それ以前に、どこが非合理なんだよ?
>新規な指摘(だが、論理的に正しい帰結)であり、おまえにとって不都合ってだけじゃん。

ハイハイ、世界市民思想乙。 日本は国民国家であり、それら先進的な思想を受け入れるには時期尚早だと
考えております、テカwww

だからさぁ、在日の祖国が日本並みに文明開化すれば必然的に日本も国家としての役割というより、一行政単位
(それこそ船虫のいう札幌住民が東京都に引っ越すような)に移行できるというのに・・・・・・・・・
何度もいうがEUのようになりたくてもねぇ、祖国がアレだから日本も国民国家として自衛権を持ち、国家の三要素を
堅持していく必要がある訳で、根本的に船虫とは折り合えそうにもねーな、こりゃwww


264 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:33:58 ID:8KwMQEmZ
>>261
おまえバカだろ?

「南京大虐殺はあった。根拠は日本憲法」

↑こんなんで論証してると言えるか?
「根拠は○○」と言い張るだけじゃ、根拠付けにならねーんだっての。
日本憲法のどこに文が根拠になるものであり、それが論理的に前件を導くことを
命題等で表現して示さなければ論証にならないわけ。

265 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:37:31 ID:CE597+sD
>>264
>「南京大虐殺はあった。根拠は日本憲法」

>↑こんなんで論証してると言えるか?

なるほど。ウジ虫は根本的に読解力が欠落していることがよく分かるねw
そんな妄想を誰が言ってるんだろうw

>>>笑かすな。憲法上の根拠は、そう憲法で既定されてるからだってか?

>>例えば「学問の自由」の憲法上の根拠は憲法第23条に「学問の自由は、これを保障する」
>>と規定されているからだ。

>「根拠は○○」と言い張るだけじゃ、根拠付けにならねーんだっての。

つまりウジ虫は憲法23条の条文が「学問の自由」の根拠にはならないと思って
いるのだな。
救いがたい正真正銘の馬鹿だw

266 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:37:45 ID:zYMulnMd
>>2
>【在日が憲法上の国民であることの論証】

> 前提(根拠)1:国民主権原理=国民でない者には参政権(国民主権)はない。

> 前提(根拠)2:民主主義理念=治者被治者の同一。

> 論証1:前提1の対偶=主権者は国民である。

> 論証2:・在日は日本国の被治者である。

>・前提2より、被治者は主権者である。

>∴在日は主権者である(三段論法として自明)

> 論証3:論証1、2より、在日は国民である。


うまいこと考えたと思ってるようですが、原理と理念を同次元で語ることはできませんね。
民主主義(デモクラシー)の原理とは“投票行動”の事であり、それだけで治者=非治者と結論づけることはできません。
前提が間違っているので、この議論そのものがとても空虚ですね。

267 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:38:08 ID:8KwMQEmZ
>>256
>その憲法上でハッキリと日本国籍者以外は主権がねーと定義されてるだろうが。オマイのはいわば拡大解釈。

おまえも同じ。書いてあると言い張るだけじゃ根拠付けにならない。
当たり前の話だ。それと>>3 も読んでおけよ。

>>258
>なんだよそれw 国籍が便宜的に資格のようなもの ってのは?
>ハッキリとさせろよその国籍の意味をさ。 船虫よ、オマイ国籍はアクセサリーかなんかとでも思ってるのか?

だからそうだって言ってるだろが。何も印がないと不便だから便宜的に印を付けているだけ。
レッテル貼りだから間違えることもある。だからこそ、「国籍を認めないのは不当だ」といった論点も裁判の争点になるわけ。

268 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:39:00 ID:rWc9TN9q
>>239

>在日が第二に反するというなら、第二が憲法(国際法にも)に反するというだけのこと。
>生粋の日本人(笑)であっても、恒久的に日本にいる保障はなく、その誓約をとることもできない。
>「戦争になったら海外に逃げるようなヤツは国民ではない」とはアホなウヨウヨ妄想でしかないわけだ。
>つーか、何度も言うが憲法上の根拠を出せっての。
>ウヨウヨ妄想で決め付けても話ならんだろが。

憲法の上にくる国家理念について言及しているのに、憲法に固執して何が言いたい訳?
国家を運営する指針が即ち、憲法に過ぎないのに、その上に来る国家の枠組みと同列に議論してどうするよ。
基本的に国家の存続意義を危うくするような運営指針(憲法)を取れる訳ねーだろうが。

独立して会社を設立したとして、その運営指針に「社会に貢献出来るなら、赤字でもいいよ」というのと同じ事ジャン。
馬鹿は未だ判らんかな? まあしょうがないかw

269 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:41:58 ID:8KwMQEmZ
>>265
>つまりウジ虫は憲法23条の条文が「学問の自由」の根拠にはならないと思って
>いるのだな。

誰もそんなこと言ってねーじゃん。
要は明示されることなんだから、あからさまに書いてあることなら、23条と言えばすむ。
一方、>>3にあるように、国籍保持者が国民だなんてことは少なくとも明示されていない。
こんなの幼稚園児でもわかることだが?w
この程度の区別もできないのか?ww

270 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:44:19 ID:CE597+sD
>>269
>一方、>>3にあるように、国籍保持者が国民だなんてことは少なくとも明示されていない。

つまり「在日が日本国民」だなどと規定は一切ないからお前の主張は全部
間違いなわけだw
ハイ。結論が出ましたねw

271 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:48:26 ID:rWc9TN9q
>>254

>笑かすな。憲法上の根拠は、そう憲法で既定されてるからだってか?
>よくこんなあからさまな同語反復が言えるな?
>で、結局、

>>先ず第一前提であって憲法の先に来てるんだよ、 その設定がな。

>憲法にはないってか?
>すごい可笑しいんだけど?

だからさぁ、国民国家の定義で話をすべきなのであり、その運営指針(憲法)だけで国民が定義できるのかっツーの。
オマイさぁ、全く理解してネーだろ。  会社の会社員は経営方針で定義されるとでも?設立した社員が決める事じゃん。
その経営方針を外野が、こうみればこれらの人間もその会社の会社員と看做すことが出来る云々、と抜かしているのと
変わらんのだぜ? まあ馬鹿には次元が違う話だということすら気づいていないんだろうけどなw
無茶苦茶なのは船虫の珍説だってのw

>じゃあ在日も入るじゃんw
>おまえ完璧!

馬鹿?だから外されたジャンw 在日はやっぱり外国人だったってなwww



272 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:53:48 ID:rWc9TN9q
>>255

>はあ?憲法制定時は日本国籍だから、日本国民なんだろ?
>で、後から離脱したと。
>だが、国籍剥奪しておいて、「勝手に離脱したんだあああ!」なんて言い訳が通用するわけねーじゃん。
>そんなもんが通るなら、人権宣言違反なんて有り得ない。

アホ?その理屈でいくなら朝鮮半島も日本国のままなんだけど?矛盾判る?
だから憲法制定時は関係なく、不当に日本国民にさせられていたのを個人レベルでも開放されたんだよ。
良かったジャン。誰も在日はその時不平不満は言わなかったんだからな。

>はあ?併合は合法じゃん。
>当時の状況で、いったいどこの国が併合について非合法だなんて言ってるんだ?
>非合法が通説なら、カイロ宣言でわざわざ奴隷状態がどーのなんて言わないですむっての。
>とはいえ、非合法なら何なの?

別に合法、非合法なんて問題にしてねーんだが? 合法でも奴隷状態がどうの、なんて状態だったんだろ?
何時こちらが非合法なんて法律談義したんだよ。 オマイらが日本との併合は嫌だ、独立汁!!とやったからだろ?
話を摩り替えられても、ああそう、それで?としかいえんぞw


273 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 21:58:17 ID:rWc9TN9q
>>255

>日本の沖縄併合が非合法なら、沖縄独立の際に、日本本土に住む全ての沖縄出身者は非国民になるのか?
>何度も言うが、土地は人間に所有されるものであって、土地が人間を所有するものではない。
>いずれにせよ、人民が土地に従属する根拠はない。
>まあ、とにかく、憲法レベルの根拠を提示してね。

だからさぁ、沖縄出身者を一律に定義するなら、それら沖縄国の独立と同時に、沖縄国人としての国籍を持ち
日本国籍を喪失するでいいじゃん。 アホ?

土地は人間に所有されるものであって、土地が人間を所有するのもではないって一体何が言いたいんだ?
国家の定義で領土、国民、主権の3要素があって初めて成り立つ。 その国家について論じているのに一般の
土地所得に関して話を摩り替えられても・・・・・・・・・ 正直付いていけないんだけどw


274 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:02:21 ID:rWc9TN9q
>>262

>何ファビョってんだよ?
>これは実情を言ってるんだぞ。
>アメリカの影響を受けていることくらい、何とか教師でさえ認めるぞ?

ハイハイ妄想乙。 何時日本の内政不干渉権が侵されたか明確に証明してみせてね。
同盟関係上の外交交渉を影響といえば、何度もいうように北朝鮮でもアメリカは影響力を行使しているぞw
韓国は言うまでもなくなw

>実情でも内政干渉的ではあるが、あくまで要望という種類のものであり、
>日本人が進んでアメリカに従ってるという面もあるわけだから、影響を受けていることが
>直ちに内政干渉になるわけではない。

なんだよ、これw 内政干渉じゃねーんだろ? 言った先からコロコロと意見を180度変えるやなw
ついていけねーwww



275 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:05:16 ID:1LQZ1Bh6
>273

だから蟲は当時の外地籍が理解できないんですよ。

今の外地籍が無い状態と当時を同じに見てるから、そういう屁理屈こねる羽目になる。

276 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:10:49 ID:rWc9TN9q
>>267

いやー、今日は船虫が食いついてくるのでたのしいなーwww オイラもがんばっちゃおw

>>その憲法上でハッキリと日本国籍者以外は主権がねーと定義されてるだろうが。オマイのはいわば拡大解釈。

>おまえも同じ。書いてあると言い張るだけじゃ根拠付けにならない。
>当たり前の話だ。それと>>3 も読んでおけよ。

>>3も糞も民主主義理念は国民国家成立に関して制限されて然るべきだと根本的に主張しているのに、その
民主主義理念の定義に拘って反論して、有効に反論したつもりかよ?

国家の三要素 >>189

国家は、第一に、一定の区画された領域(Staatsgebiet:領土、領海、領空)、
第二に、恒久的に帰属し一時的に離脱したり復帰したりできない人民(Staatsvolk:国民、住民)、
第三に、対外的・対内的に排他的で正統的な物理的実力を持った権力(Staatsgewalt)ないし主権、

から成るという。この三要素説では、主権国家であるかないかを実際に判断するのは他の国家なので、
他国からの承認を第四の要素に挙げる場合もある。

の定義により、根本的に民主主義理念による外国人参政権は与えられないと答えているのにその理念で反論すな!
これら国家の定義を覆す、船虫の国家を明確に提示してみせて初めて反論したといえるだろうが?
もう一度聞く、オマイのいう国家とはなんだ? ハッキリ答えてみろ、さあ早く。


277 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:13:24 ID:rWc9TN9q
>>267

>>なんだよそれw 国籍が便宜的に資格のようなもの ってのは?
>>ハッキリとさせろよその国籍の意味をさ。 船虫よ、オマイ国籍はアクセサリーかなんかとでも思ってるのか?

>だからそうだって言ってるだろが。何も印がないと不便だから便宜的に印を付けているだけ。
>レッテル貼りだから間違えることもある。だからこそ、「国籍を認めないのは不当だ」といった論点も裁判の争点になるわけ。

印!? 印ってなんの機能があるんだよwww その印とやらが国籍ってそれで万人が納得するとでも????
オイオイ、民主主義理念がどうの、とエラクご高説を垂れていた割には、国籍=印のようなもの ってかwww
そんな印のようなものなら、さっさと捨てて日本国籍を取得しろや。 単に印なんだろ?
オマイの国籍とやらはwww

278 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:17:43 ID:1LQZ1Bh6
>277
何せ前スレでは社会契約を”何それ?”と切って捨てた御仁ですから。

279 :普通の日本人:2007/03/15(木) 22:48:25 ID:FAPIhn0r
>>1
まだやっているのですか?
特殊な思考回路をもつ貴方を説得する事はどうやら不可能の様です。
そこで最後に一言。
世界中どこの国でもそうですが、国民には<権利>と<義務>が
あります。どちらが大きいかは国によって違いますが日本の場合
客観的に見て<権利>の方が大きい様です。にもかかわらず、在
日は<義務>を嫌がり<権利>だけを主張します。仮に日本以外
の国で外国人がこの様な主張をすればたちどころに追放されるで
しょう。これからはこの事を良く考えて生活して下さい。

280 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:51:09 ID:H0H+37E1
いや、それだけ知識があるなら裁判でもおこせばどうにだ、それではっきり
するんじゃないかなー、棄却されると思うが。

憲法改正し日本国民は日本国籍を持つものとする
とでもいれときゃこんなあほ生まれなかったのにね。

281 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:52:00 ID:zYMulnMd
サヨクは本当に頭が悪いのだろうか?
それとも、屁理屈とは重々承知で、単に言葉遊びを楽しんでるだけなのだろうか?
どっちにしても、ヤツらにまともな議論ができない事は確かだな。

282 :日出づる処の名無し:2007/03/15(木) 22:55:33 ID:VWpI9pwx
今日はお薬が手に入ったから有頂天なんですよ
ねぇ、船虫くん

283 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 09:41:32 ID:zYWlp+tJ
ちょっと面白そうなので参戦。

まず、「国民」とは何か?という定義からはじめなくてはならない。
ここの連中の多くは国籍法を理由に「在日」を日本国民ではないと定義している。また、一般通念としても
「在日」は日本人ではない(狭義の)から「国民」には含まれないと考えていると見て良い。
では、実際に国籍法はどうなっているかというと、

第二条
子は、次の場合には、日本国民とする。

一  出生の時に父又は母が日本国民であるとき。
二  出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であつたとき。
三  日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を有しないとき。

というのが基本骨子であり、それ以外の条文は例外的ケース(嫡出子の認知や帰化による取得など)であって
上記第二条が国籍法における考え方の原理と言える。で、この文面を読めば分かるしよく言われているコトでも
あるのだが、日本の国籍法は血縁主義と出生地原理を重要視している。こうした条件を踏まえて考えていくと、
ムシキングのいう国籍法の上位概念(要は憲法)との齟齬が問題になってくる。


284 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 09:52:29 ID:zYWlp+tJ
周知の通り、日本国憲法では「日本国民たる要件は、法律でこれを定める。」として
その範囲を下位法による定義に委ねている。上記したとおり憲法の理念と国籍法の定める
国民の範囲に乖離がなければ問題はない。問題があるとすれば下位法である国籍法の
概念と条文にあると考えられる。何故なら国籍法は憲法の下位概念であるのだから、
条項の全てに置いて憲法理念を反映したものでなけれなならず、仮にそうなっていなければ
違憲性が認められると結論付けられるからだ。恐らくはムシキングがいいたいのは、この部分だと
思われる。(>>3の問答集でもそう記載している)

さて、話は変わるが天皇及び皇族は国民でしょうか?
これに間違いなく答えられるなら、その人は国民の定義を正しく理解していると思って間違いない。
(因みに天皇及び皇族は国籍法で定められた存在の対象外。)


285 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 10:07:05 ID:d7z2T3o6
にやにや

286 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 11:30:21 ID:pEsK2K3B
虫は国籍法や国籍による国民認定の話が煮詰まると「国籍剥奪」を叫びだして逃げるからなあ。
「在日は国民か否か」と「国籍剥奪」を行ったり来たりしないでどっちか一つに絞れよ

287 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 11:46:08 ID:Ap2jVAtK
>>1
前にも聞いたが、お前の理屈では在日は日本人なのか朝鮮(韓国)人なのか、どっち?
スレタイで「日本国民」と主張している以上、「朝鮮(韓国)人ではない」という事でいいか?

288 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 11:58:57 ID:F5E1DIka
朝鮮人であって日本国民であるという括り形は可能だな。


289 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 12:13:03 ID:qIEIsRdt
>>284
>何故なら国籍法は憲法の下位概念であるのだから、
>条項の全てに置いて憲法理念を反映したものでなけれなならず、仮にそうなっていなければ
>違憲性が認められると結論付けられるからだ。

それを判断するのは最高裁であり、最高裁が違憲判決を出さない法律は全てOKです。


290 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 12:22:10 ID:5vAUE1wf
なら掛金はらって年金も解決。
日本人だって、掛金を怠って年金を取得出来ない者も居るし、法律とは公正でなくちゃ。
加入出来なかったから賠償だぁあ? っで、その間に掛金はどうしたの、自分て使っちゃったんでしょ。
(韓国の)徴兵を逃れ、(日本の)税金は優遇処置で逃れ、時には生活保護(月に18万/俺の手取りより多い!)で暮らし、まだ年金も欲しいのか?

しかもその金は、在日より働き、なのに在日より貧しい、俺の給料から引かれた税金。
何か間違ってるよ。

291 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 12:25:33 ID:F5E1DIka
>>289
日本の司法制度では「付随的違憲審査制」を採っているから、国籍法そのもの違憲性は
問えないんだよ。憲法裁判所とかがあるなら別だが。


292 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 12:36:29 ID:qIEIsRdt
>>291
だからその「付随的違憲審査」というヤツで違憲判断されなけりゃOKという意味です。

293 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 12:45:19 ID:F5E1DIka
「付随的違憲審査制」は国籍法の合憲性は判断しないんだよ。
分かってねえだろw


294 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 12:54:59 ID:qIEIsRdt
>>293
そういうケースが絶対無いとは言い切れんと思うが、もしそうだとしたら、いくら違憲性を叫んでみても無駄だな。


295 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 12:55:25 ID:6+x24u2f
朝銀を助けたのは官僚が在日を日本国民と認識した証拠
よって在日は日本国民である

296 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 13:00:42 ID:F5E1DIka
>そういうケースが絶対無いとは言い切れんと思うが、
ないんだよw
無知なクセに分かったよ〜なコト書くな。恥をかくぞw

日本の司法制度では「抽象的違憲審査」はしない仕組みになっている。
だから「付随的違憲審査制」を採っていると言ってるワケ。
オマイがいうよ〜なケースがあるとすれば憲法を改正し、憲法裁判所を
新設してそこで「抽象的違憲審査制」の判断をする以外にないんだよ。


297 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:09:42 ID:Ap2jVAtK
>>288
朝鮮「国民」ではないわけだろ?それならそんなくくりは無意味。

298 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 13:10:00 ID:F5E1DIka
>もしそうだとしたら、いくら違憲性を叫んでみても無駄だな。
これも無知なるが故の間違いだ。
「付随的違憲審査制」である以上は、このケースの場合在日が国籍法によって違憲性を問える
被害を被っているとの判断が可能ならな違憲審査の対象となる。つまり、在日は日本国民として
その基本的人権を行使する対象であると証明できればいいワケだ。


299 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:17:18 ID:qR14ffzl
>>268 >>271
>>在日が第二に反するというなら、第二が憲法(国際法にも)に反するというだけのこと。
>>生粋の日本人(笑)であっても、恒久的に日本にいる保障はなく、その誓約をとることもできない。
>>「戦争になったら海外に逃げるようなヤツは国民ではない」とはアホなウヨウヨ妄想でしかないわけだ。
>>つーか、何度も言うが憲法上の根拠を出せっての。
>>ウヨウヨ妄想で決め付けても話ならんだろが。
>憲法の上にくる国家理念について言及しているのに、憲法に固執して何が言いたい訳?

憲法の上でもいいから、とにかく根拠を出せよ。
適当な妄想こいて「これがないと国は存在できない!これは憲法の上位理念だ!」と言い張るだけじゃ
何の意味もないってことくらいおまえでも分かるだろ?
「原爆がないと国は存続できない!原爆容認は憲法の上位理念だ!」
↑こんなもんが通じるわけないだろ?
決め付けに決め付けを重ねてるだけだもん。

>>270
>つまり「在日が日本国民」だなどと規定は一切ないからお前の主張は全部
>間違いなわけだw

だからこそ>>2のような論証をやってるわけだが。
おまえってホント馬鹿だねぇ〜w
「ID:rWc9TN9q」の方がまだマシだなww

300 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:17:36 ID:qR14ffzl
>>271
>>>日本国を建国(近代国家として)した際、日本国に
>>>該当する地域の住人を国民と定めたのであって、それ以下でも以上でもねーに決まってるだろうが。
>>じゃあ在日も入るじゃんw
>馬鹿?だから外されたジャンw 在日はやっぱり外国人だったってなwww

誤魔化すな、ハゲ。

>>272
>>だが、国籍剥奪しておいて、「勝手に離脱したんだあああ!」なんて言い訳が通用するわけねーじゃん。
>>そんなもんが通るなら、人権宣言違反なんて有り得ない。
>アホ?その理屈でいくなら朝鮮半島も日本国のままなんだけど?矛盾判る?

意味不明。反論になってないね〜。

>何時こちらが非合法なんて法律談義したんだよ。 オマイらが日本との併合は嫌だ、独立汁!!とやったからだろ?

オレはそんなこと一言も言ってないが?
というか、カイロ宣言を見ても独立は朝鮮のこと。
在日が日本に自治区を作るなんて話はどこにもない。
そもそも、これは>>4>>5 でさんざん言われてきた点だろが。
それらを無視してループさせるな。

>>273
>>まあ、とにかく、憲法レベルの根拠を提示してね。
>だからさぁ、沖縄出身者を一律に定義するなら、それら沖縄国の独立と同時に、沖縄国人としての国籍を持ち
>日本国籍を喪失するでいいじゃん。 アホ?

だから根拠を提示しろと言ってるだろが。おまえは日本語読めないのか?
妄想繰り返しても話にならないっての。

301 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:17:54 ID:qR14ffzl
>>274
>>アメリカの影響を受けていることくらい、何とか教師でさえ認めるぞ?
>ハイハイ妄想乙。 何時日本の内政不干渉権が侵されたか明確に証明してみせてね。
>>実情でも内政干渉的ではあるが、あくまで要望という種類のものであり、
>>日本人が進んでアメリカに従ってるという面もあるわけだから、影響を受けていることが
>>直ちに内政干渉になるわけではない。
>なんだよ、これw 内政干渉じゃねーんだろ? 言った先からコロコロと意見を180度変えるやなw
>ついていけねーwww

おまえは相当バカだな。
誰が内政干渉だって言ったわけ?
おまえが勝手に内政干渉だと妄想してただけのことじゃん。
ホント笑かすヤツだw

>>275
はいはい、毎度毎度の決め付け乙。
少しくらい反論らしいことを書こうねw

>>276
ループさせるな。それは既に反レス済(>>239 以下の流れ)。

>>277
>印!? 印ってなんの機能があるんだよwww その印とやらが国籍ってそれで万人が納得するとでも????

まあね。実際、戸籍がそのようになってるからな。前例があるわけ。
いずれにせよ。こんな気分の問題は憲法論議とは別。筋違いだな。
「気に入らないから不当」じゃ、反論にならないよw

>>278
ん?要するに反レスが書けないわけか?

302 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:18:10 ID:qR14ffzl
>>279 名前: 普通の日本人
おまえはチョーくどいなぁ。
義務に関しては、他の日本国民と同じだって何万回も言ってるだろが。

>>280
毎度のすり替え乙。

>>281
文句があるならちゃんと反論書いてね。
罵倒だけじゃ反論にならないよ。
もしかして、これくらいも分からないのかな?

303 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:18:28 ID:qR14ffzl
>>284
>国民の範囲に乖離がなければ問題はない。問題があるとすれば下位法である国籍法の
>概念と条文にあると考えられる。何故なら国籍法は憲法の下位概念であるのだから、
>条項の全てに置いて憲法理念を反映したものでなけれなならず、仮にそうなっていなければ
>違憲性が認められると結論付けられるからだ。

そうそう。
ところが、憲法10条を「日本国民は国籍保持者である」と読むヤツが、
アホばかりでなく、まともな地位のヤツのなかにもいる。
この場合、「国籍により国民指定」ということ自体(これは合憲と考えてよい)だけでなく、
その“結果”までも憲法が正当化してるということになる。
このようなアホアホ解釈が生じるメカニズムは二つ考えられる。

304 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:18:42 ID:qR14ffzl
第1に、

国籍で指定すること(自体)は正しい。

誰を指定し誰を指定しなくても、「指定することは正しい」のだから正しい。

おそらく、このような脳内変換によるものだろうが、
これが論理的に成り立たないことはすぐに分かる。

禁固刑で処罰すること(自体)は正しい。

誰を処罰し誰を処罰しなくても、「処罰することは正しい」のだから正しい。

憲法に悪者は処罰すべきと書いてあったとしても、裁判官や刑法による悪者認定が
正当化されるわけではない。認定の正しさは「悪者は処罰すべき」では保証されない。
従って、冤罪が有り得るように、法務省民事局長通達による国籍操作が間違いであることは大いにある。
在日が日本国籍を持ってないという事実は、合憲の根拠にはならない。

305 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:18:58 ID:qR14ffzl
第2に、

「日本国民は国籍保持者である」という“理想”は正しい。

日本国民は現に国籍を保持している者である。

理想がどうのなどということは憲法には明記されていないが、
上の「指定せよ→指定することは正しい」の変形として、指定されている状況が理想(正しい)と
読めるかもしれない。しかし、上のように、これを現状への正当化とするが論理的に間違いであることは
これまたすぐに分かる。こんなことでは、現状として悪者認定されてる者は、
その認定がいかに怪しいものであっても「憲法の理想(合憲)」ということになってしまう。
これくらいのことは小学生でも分かることだし、この手の話は何度もしてきたのだが、
にもかかわらず、>>261 ←こんなヤツが後を絶たない。
こういうヤツはいったい何なのかな?

306 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:20:08 ID:qR14ffzl
>>286
脳内妄想乙。
煮詰まるって、アホがループさせてるだけのこと。
こっちは明確に否定してる。

>>287
>前にも聞いたが、お前の理屈では在日は日本人なのか朝鮮(韓国)人なのか、どっち?
>スレタイで「日本国民」と主張している以上、「朝鮮(韓国)人ではない」という事でいいか?

だから、憲法上の国民。それ以上は何も言ってない。
これは「北海道民」とかの話と同じだって。
東京都が法制度上、主権者を「東京都民」と呼んだとしても、
それは個人のアイデンティティには踏み込まないもの。
北海道出身者(戸籍は北海道)が自分を「北海道人」と呼んでも「北海道民」呼んでもかまわない。
それどころか、日常会話において彼が北海道人と呼ばれていてもいい。
東京都はそれらのこととは関係なく、淡々と彼を「東京都民」と扱えばいいだけ。
ソイツが文句を言ってきたら、
「単に事務的な書類上のことですから、気にしないでください。道民君(プ)」
とでも言えばいいだけのこと。

307 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:20:26 ID:qR14ffzl
>>289
>それを判断するのは最高裁であり、最高裁が違憲判決を出さない法律は全てOKです。

なわけねーだろ。解釈改憲という言葉があるように、
憲法解釈はある種の改憲になるわけだが、改憲が出来るのは主権者たる国民。
裁判所は主権者ではない。こんなの憲法学の基本。
しかも、おまえの言ってるのは、「現状違憲判決を出してない」でしかないじゃん。
そんなんで合憲になったら、いかなる違憲訴訟も合憲で片付く。
それとも、未来永劫、違憲判決を出さないとでも?
結局、おまえの言ってるのは単なるまやかし。

ついでに言うと、>>116 で言ったように、日本国民じゃないと言ってるのはむしろ在日の方で、
サヨにしても、性質説だから日本国民ではないことは認めている。それゆえ、
「在日は憲法上の国民か」という点はいまだかつてちゃんとした争点になってない。
だから、たとえ、「国民ではない」という文言が判決文にあったとしても、それは、
「言わなくても結論が出ること」であり、おまえらが好きな「傍論」ということになる。

308 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:20:40 ID:qR14ffzl
>>291
国籍法そのものを違憲だと言ってるわけじゃないよ。
上の話で言えば、国籍法は「国民は国籍で指定する」ということを言ってるだけで、
誰を国民とし、誰を国民としないかについては僅かしか述べてない。
少なくとも特に本件では、2条とかは問題にならない。
問題なのはむしろ、国籍法ではなく法務省局長通達。
国籍法はその第1条によって、これの“結果”を正当化してることになるから、
その非が及んでいるとことになるというだけ。言わば合わせ技で違憲なのであって、
そのもので違憲なのではない。

309 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:20:48 ID:qIEIsRdt
>>296
> ないんだよw
> 無知なクセに分かったよ〜なコト書くな。恥をかくぞw

そうかな?
何らかの訴訟において、国籍法の違憲性が争点にならんとどうして言い切れるんだ?
ま、そういうケースがなけりゃ、つまり違憲判断が下されないなら、「合憲」ということで全然構わないですよ。

310 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:26:47 ID:pEsK2K3B
>>306

>脳内妄想乙。
>煮詰まるって、アホがループさせてるだけのこと。
>こっちは明確に否定してる。

全然明確じゃねえんだよ。お前の言い分は。

国籍の有無による国民認定は可。
二重国籍の禁止も可。
でも国籍を持たない在日を憲法の解釈で日本国民に含めろ。

と言うのがお前の言い分だろ?そうとしか読めないんだが。

311 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:39:19 ID:qR14ffzl
>>310
>全然明確じゃねえんだよ。お前の言い分は。

よく読めよ、文盲人間!
つーか、>>2はこれ以上ないほど明確だが?

>と言うのがお前の言い分だろ?そうとしか読めないんだが。

だから、そうだって何度も言ってるだろが。
おまえは単に議論の内容を理解してないだけ。

312 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 13:39:29 ID:F5E1DIka
>>309
>何らかの訴訟において、国籍法の違憲性が争点にならんとどうして言い切れるんだ?
だからこその「付随的違憲審査制」なんだよ。国籍法そのものが違憲の対象として、最高裁で
判断されることはない。これは他の法律も同様で、例えば自衛隊法が違憲だとゆ〜判断は
最高裁ではやらない。判例を調べて見れば分かるから。
そもそも「付随的違憲審査制」とは法律そのものが違憲であるとするのではなく、その法律によって
受けた何らかの被害があってはじめて違憲性が問える仕組みになっているんだよ。日本やアメは
この違憲審査の仕組みを採用している。ドイツでは合憲的手法によってナチス台頭を許した歴史的な
背景があるから「抽象的違憲審査制」を付与する憲法裁判所があるワケ。

>つまり違憲判断が下されないなら、「合憲」ということで全然構わないですよ。
これが間違いだと言ってるんだが。違憲審査が下されようがくだされまいが、合憲性の判断は
留保していると解するのが正しいんだよ。


313 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:42:18 ID:pEsK2K3B
>>311

おまえさ、「憲法上の国民」と「それ以外の国民」の定義をはっきりさせろよ。
お前一人だけ納得した状態で喚くからなおさら独りよがりになるんだよ。

314 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 13:43:08 ID:F5E1DIka
>>308
ああ、成る程ね。つまり国籍法そのものであるとゆ〜よりは、法務省の運用に置いて
違憲性が認められるってのがオマイの論旨なわけか。


315 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:45:29 ID:qR14ffzl
>>313
だから、>>2に書いてあるだろが。
つーか、そもそも、「国民とは誰か?」というのが論点なんだから、
定義するようなもんじゃないだろが。あらかじめ定義してたら、結論の先取りになるだけ。
これくらい分かれよ。

316 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:47:52 ID:qIEIsRdt
>>298
>「付随的違憲審査制」である以上は、このケースの場合

だからさっきから、「付随的違憲審査制」でのケースがあればと言ってるのだが。
つまりこのケースで、最高裁が違憲判断を下さない限り、国籍法は合憲である。

317 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:47:55 ID:pEsK2K3B
要するに「国民」のMY定義のごり押しか。

国籍法が違憲でないのなら日本国籍保持者が日本国民だろうにw

318 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 13:50:00 ID:F5E1DIka
>>316
>最高裁が違憲判断を下さない限り、国籍法は合憲である。
違うだろw
合憲であるかどうかは保留してるんだよ。>>312でちゃんと教えてやってるのに。
そもそも行政側に違憲か合憲かを最終判断する仕組みはないからw


319 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 13:51:14 ID:F5E1DIka
>>317
せっかく天皇及び皇族は国民か?とゆ〜お第を出したのにw
連中には日本国籍はねえんだぜ?


320 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 13:58:22 ID:pEsK2K3B
>>319

皇族は皇族でしょ。「国民」とは言えないだろう。


321 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:01:27 ID:F5E1DIka
>>320
残念でした。
憲法学上は国民であるとゆ〜のが通説です。


322 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:04:02 ID:saAiVM2L
>>321
通説を根拠にあげてみたり、>>318で留保されているとか言ってみたり
粗雑な頭だな

323 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:04:22 ID:5ma+UYeE
天皇って国会議員に立候補したり都知事に立候補したりできるん?

324 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:05:04 ID:qR14ffzl
>>317
何でそうなる?
「定義などという形にすべきでない」がおまえには「MY定義のごり押し」に読めるのか?
不思議な脳味噌だなw

>国籍法が違憲でないのなら日本国籍保持者が日本国民だろうにw

大馬鹿。>>304-305 >>308をよく読め。

325 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:05:56 ID:pEsK2K3B
憲法学ってのは役に立たないもんなんだな。
現実離れしているというか。


326 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:06:08 ID:5ma+UYeE
>>321
通説ってのは確定事項とイコールなん?

327 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:08:34 ID:qIEIsRdt
>>318
> 合憲であるかどうかは保留してるんだよ。

保留でもOKですね。
違憲と判断されなけりゃ一向に構いませんよ。
自衛隊だって同じ。

> そもそも行政側に違憲か合憲かを最終判断する仕組みはないからw

だから、違憲審査権は司法だって。


328 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:09:41 ID:pEsK2K3B
>>324

だーかーら、論点は「誰に国籍を与えるか、その範囲」であって、
「国籍が無くても国民にしろ」と言う話とは別だろーがと言ってんだよ。

329 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:17:43 ID:F5E1DIka
>>325
>憲法学ってのは役に立たないもんなんだな。
自分が間違えて恥ずかしいからって、みっともない言い訳するなよw
憲法学の通説は司法判断をする際の重要な材料になるし、行政府が法案を検討したり
運用する際には当然のこと勘案する。もちろん司法試験でも必ず必要になる知識だし、
公務員試験でも憲法学の通説を学ばなくては公務員になれない。当然だが、公務員は
行政官僚として憲法を運用する立場にあるからだ。そんな常識レベルも知らずに
何が「役に立たない」だよw バカジャネ〜ノ?


330 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:19:31 ID:WWC7BFqo
台湾人はマジでかわいい
台湾を叩くやつは全員韓国人
悪いことは全員朝鮮人
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
ヴィック・チョウは日本女性に大人気


金美鈴は絶世の美女




331 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:21:53 ID:F5E1DIka
>>326
>通説ってのは確定事項とイコールなん?
余程社会的に大きな変化(例えば日本が消滅するとか)でもない限り
通常は通説で判断される。多数説や有力説でもある程度は確定に近いが。

>>327
>違憲と判断されなけりゃ一向に構いませんよ。
分かってねえよなw
誰も判断してない状況だってコト。
ついでに言えば自衛隊は合憲だから。この問題は大昔に決着している。
(砂川事件判例による)


332 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:27:15 ID:pEsK2K3B
>>329

自分の生きがいを馬鹿にされた気がして悔しかったのか知らんが、
実際そう感じたんだからしょうがない。

そもそも、出自も明らかで皇統譜に登録されている皇族と、
日本国籍を持たず朝鮮国籍、戸籍を持つ在日外国人を同列に見る事自体間違いだな。



333 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:29:36 ID:F5E1DIka
>>332
>実際そう感じたんだからしょうがない。
それはオマイが無知だから。
世の中はオマイの知らないコトで満ちあふれているんだよw



334 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:33:01 ID:qIEIsRdt
>>331
> 分かってねえよなw
> 誰も判断してない状況だってコト。

だから、違憲性を訴えたいのなら、裁判でも起こして司法に判断してもらいなさいって。
司法が判断しない限り、違憲とはいえませんよ。



335 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:33:27 ID:pEsK2K3B
>>333

君の言う「憲法学」だと在日は国民になるとかならないとか、
「皇族は国民であると言うのが通説」の根拠とか、
いろいろ知ってそうだからそういうの書き込めばいいのに。
煽るだけなら構わないでね。



336 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:36:21 ID:F5E1DIka
要するに「国籍法」が日本国民としての根拠にはならないよ〜に
「皇統譜」をもって「国籍法」の除外対象である皇族が日本国民の規定外とは
ならないってコトだ。で、頭が悪い香具師は「国籍法」「皇統譜」「他国籍」の
違いが日本国民と規定する決定的な要因とはならないとゆ〜原初的な根拠に
思いが至らないんだよな。では何が「日本国民」を決定する要因となりうるか
よ〜く考えてみ?


337 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:38:47 ID:F5E1DIka
>司法が判断しない限り、違憲とはいえませんよ。
まだ自分の間違いに気付いてねえみたいだな。
「司法が判断しない限り違憲とはいえない」のではなく、「司法が判断していない状況では
違憲性の是非は問われていない」とゆ〜コトなんだよ。頭が悪いからこの違いが分かってねえだろ。


338 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:43:26 ID:5ma+UYeE
天皇が10条の国民なら裁判起こして職業選択の自由とか訴えたらいいのに。
というか1章とすごい矛盾せん?

339 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:55:28 ID:pEsK2K3B
>>336
よくわかんね。

船虫の言う「憲法上の国民」が

・国家の構成員としての国民
・主権者としての国民
・国家機関としての国民

のどれのことなのかも分からん。

340 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:55:31 ID:qIEIsRdt
>>337
>「司法が判断しない限り違憲とはいえない」のではなく、「司法が判断していない状況では
>違憲性の是非は問われていない」とゆ〜コトなんだよ。

それが何か?
違憲性の是非を問題にしたければ、裁判でも起こして司法に判断してもらいなさいと言ってるだけですが。
問題が無いのなら、違憲性の是非を問わなくても全然構いませんよ。

341 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 14:57:53 ID:F5E1DIka
例えば自衛隊のイラク派兵。幸い銃撃に巻き込まれ死亡した自衛隊員がでなかったから
大きな問題にはならなかった。しかし、仮にそうなって遺族が「イラク派兵」に対して
違憲性があるが故に自衛隊員であった自分の身内が死亡したとゆ〜法的蓋然性を問う場合に
はじめてイラク派兵は違憲なのかどうかが問われる。それまでは違憲の疑いがあろうとも
何も問われていない状態なんだよ。そうした状況を「司法が判断しない限り違憲とはいえない」
とは言わない。通常程度の頭脳があるなら、この意味は理解できるはずなんだけどなあ〜


342 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 14:58:37 ID:5vAUE1wf
>330
安い成済ましだな特定アジア、そんな事やってるから信用無くすんだよ。

異論が在るなら、真摯かつ論理的に反論する。
それを、すぐバレる小手先の工作なんて……

343 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 15:10:35 ID:F5E1DIka
>>339
オマイがゆ〜よ〜に憲法上の「国民」という場合、多義的な意味がある。
憲法学上の理解で分解していくと以下の意味を為す。

・国家の構成員としての国民
 日本国民とは日本国を構成する成員の総称。広義では天皇や皇族も含まれる。

・主権者としての国民
 君主主権と相対する意味。君主主権VS国民主権

・国家機関としての国民
 国家の統治に参加する資格・権利のある者として国民。

ムシキングの言う国民とは「憲法上」と言っている以上、「国家機関としての国民」を指すものと
思われる。また、憲法学上、日本国籍を有しない外国人も憲法第三章による人権規定により
「日本国民」に含めるとゆ〜のが通説。この場合、日本国籍を有しないから、参政権など
一定の制限があるのが合理的と考えられている。同様の理由により皇族の参政権も制限される。


344 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:16:07 ID:qIEIsRdt
>>341

> 例えば自衛隊のイラク派兵。幸い銃撃に巻き込まれ死亡した自衛隊員がでなかったから
> 大きな問題にはならなかった。しかし、仮にそうなって遺族が「イラク派兵」に対して
> 違憲性があるが故に自衛隊員であった自分の身内が死亡したとゆ〜法的蓋然性を問う場合に
> はじめてイラク派兵は違憲なのかどうかが問われる。それまでは違憲の疑いがあろうとも
> 何も問われていない状態なんだよ。

ごめんね。
そんなことは当たり前の前提で話してたもんだから、論点がわからなかったんだね。
私の主張を一言でいうと、違憲審査権は最高裁にあるという事ですよ。
ま、これも当たり前の話だけどね。

345 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 15:17:32 ID:F5E1DIka
>>344
バカのクセに分かったフリだけするなよw


346 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 15:19:27 ID:F5E1DIka
>ID:qIEIsRdt
オマイは未だに「付随的違憲審査制」と「抽象的違憲審査制」の違いが
分かってねえじゃん。だから「裁判でも起こして司法に判断してもらいなさい」なんて
ピントのはずれたレスしかできないワケだ。


347 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:28:09 ID:qIEIsRdt
>>346

人をバカにするのが好きなんですね。
裁判とは人と人との争いであって、法律そのものの違憲性を問う場でない事くらい常識ですが?


348 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:30:18 ID:5ma+UYeE
被害を訴えて違憲か合憲かに持っていけばいいだろ。

349 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:33:32 ID:qIEIsRdt
>>348
そういう事です

350 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:41:14 ID:pEsK2K3B
>>343

>日本国籍を有しない外国人も憲法第三章による人権規定により
>「日本国民」に含めるとゆ〜のが通説。この場合、日本国籍を有しないから、参政権など
>一定の制限があるのが合理的と考えられている。同様の理由により皇族の参政権も制限される。

船虫は上記の意味での「国民」には満足しないと言う事か?
本人がコメントするのが手っ取り早いんだが居なくなったな。

351 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:46:39 ID:d7z2T3o6
やっぱし顔文字=船虫
ハンドルを変えたって言ってることは変らないね

352 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 15:47:42 ID:O/S9pKPK
必死ですね。クスクス。

353 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 15:57:32 ID:F5E1DIka
>>350
>ここで議論されているのは「在日の国籍剥奪」
と書いていることから類推するに、不当な国籍剥奪により本来的な国民としての
処遇も併せて剥奪されたと彼は考えているのではないか?


354 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 15:58:32 ID:F5E1DIka
>裁判とは人と人との争いであって、
もう、いいや・・・
バカは死ななきゃ直らないとゆ〜言葉を思い出させるレスだ。


355 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 16:09:49 ID:pEsK2K3B
>>353

その辺がよくわからん。
>ここで議論されているのは「在日の国籍剥奪」

本当にそうなら、「憲法上の国民」云々の話は全く不要だと思うのだが。
「憲法上の国民」の話と同時に進行なんて無理でしょ。

356 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 16:19:54 ID:qIEIsRdt
>>354

> >裁判とは人と人との争いであって、
> もう、いいや・・・

つまりは争い事を仲裁する場であるということをわかりやすく言ったつもりであったが、こんなところで挙げ足をとられるとは…
こっちももういいや…

357 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 16:27:49 ID:F5E1DIka
>>355
当人ではないから何とも言い切れないが、現行憲法制定は1947年だよな。
在日の国籍剥奪ってサンフランシスコ講和以降じゃなったか?
そうなるとそこにタイムラグが生じる。現在の国籍法は根本的には旧憲法下で
策定されたモノを引き継いでいるが、在日の処遇が現行憲法制定以降に
行われているのは確かだろ。ムシキングがどこに軸足を置いているかは不明だが、
憲法理念に則って考えるならば国籍剥奪は違憲行為として訴えたいのか、
それとも広義の国民の定義として在日も含めた法改正(国籍法の)を求めているのか
まではよく分からない。無論、方法論として前者の理由により後者の法改正を
訴えるとゆ〜コトも考えられるし、そうではなく一定期間定住しているものには
日本国籍を付与するとゆ〜方法論も考えられる。或いはアメのよ〜にグリーンカード
みたいな国籍はないが定住者として、不定期在住外国人とは異なる現状以上の
権利の付与が必要なのか。少なくともざっくり考えてこの3通りの考え方はあり得る。


358 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/16(金) 16:37:03 ID:F5E1DIka
257を箇条書きにしてみるとこうなる。

・在日の国籍剥奪は違憲であるから原状回復として国籍を付与する

・在日は世代を越えた長期に日本に定住する人なのだから無条件に国籍を付与する
 (その際に問題になる二重国籍を認めるか否かは議論が分かれると思うが)

・在日は通常の日本人と同等の存在として一般的に認めうる我が国の構成員であるから
 相応の権利拡張が必要である(この場合、どこまで拡張すべきかが問題となる)

・一定期間在住した外国人には米国のグリーンカードの様な仕組みで対応する。
 (上記のケースと同様だが、この場合も一定の権利制限があると思われる)
 →米国では地方公共団体の首長までは認めているが大統領にはなれない等


359 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 16:42:30 ID:pEsK2K3B
>>357

船虫にその点はっきりして欲しいんだよな。
共通の論点が分からないと何話しても時間の無駄だ。
船虫以外の人間が想像力を働かせて論点を予想してる状態じゃな。
船虫は論点を明らかにしなさい。




360 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 17:19:07 ID:qR14ffzl
>>328
意味不明。誰も国籍を与えろなんて言ってない。
スレ読んで半年ROMってろ

>>350
当然だ。主権者であり、参政権も認めるべきと>>1-2に書いてあるだろ?

>>355
本来的な(憲法上の)国民でなければ、国籍剥奪は手続き上のミスにしかならんじゃん。
在日が憲法上の国民であるからこそ大問題なわけ。

>>357
国籍剥奪は平和条約と同時。
オレ的に言えば、国籍は飾りだから、剥奪自体が違憲というより、
非国民としての扱いが違憲ということになる。
それに、政府は国籍剥奪以前に参政権の剥奪を行ってるわけだが、
当時、その政府自身が「在日は日本国民」と言ってるのだから(>>6)、
これはあからさまな憲法15条違反。
それと国籍付与は第二の国籍剥奪(韓国朝鮮籍)になるから適当ではない。
オレが適切とする解決策は、国籍に依存せずに国民を指定する新法の制定と
その一条に、国籍法の一条をカット&ペーストすること。
国籍は変わらないから国際的な問題も発生しない。
現状の戸籍がその役割を果たしているように、
在日自身も国籍を根拠に自己のアイデンティティ(オレは朝鮮人)を保てる。
全面的に問題なしw


361 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 17:27:12 ID:pEsK2K3B
ハハハ これじゃただの我侭だな

362 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 17:36:00 ID:+y2+1v6z
みんなヒマだね。
ほっといても何の実害もないよ。


363 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:13:00 ID:d7z2T3o6
おもちゃを弄くり回してるだけでしょ

364 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:15:04 ID:RLYQ4Cxh
>オレ的に言えば、
誰も聞きたく無いよそんなもん。
チラシの裏にでも書いてな。

365 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:27:22 ID:qIEIsRdt
ま、こんなところで違憲、違憲、と騒いでみても、所詮は脳内違憲審査に過ぎないわけですな。
ハハハ

366 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:31:25 ID:d7z2T3o6
>>360
>国籍は飾りだから

お里が知れちゃいますね

367 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:31:58 ID:v0NuFVfP
>>365
以前は「無能な裁判所より俺の憲法論の方が正しい」と言い張ってたなw
そんなに自分に自身があるなら司法試験受ければいいのにw

368 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:33:11 ID:doqb5IQ4
>国籍は飾りだから

そのお飾りにすがって「優秀な在日を日本人と一緒にするな」と言い張っていた
馬鹿がここに約一名いますね。

369 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:33:20 ID:qR14ffzl
あ〜あ、カスばっかw

370 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:37:57 ID:v0NuFVfP
>>369
負け犬の遠吠え乙

371 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:41:45 ID:qIEIsRdt
>>367

>>365
> 以前は「無能な裁判所より俺の憲法論の方が正しい」と言い張ってたなw

誰かと間違えてない?
私の主張はあくまで最高裁判断ですよ。

372 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:42:26 ID:qR14ffzl
低脳カキコばっかしてないで、少しは反論書いてみろよ
ほんとカスばっかだなw

373 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:44:08 ID:v0NuFVfP
>>371
それは船虫の主張だよ。以前は
「自分の主張が正しいと思うのなら裁判所に訴えてみろ」
と言われて自分の方が裁判所より正しいと言い張っていたw
今ではそのツッコミに対しては何も反論できずに負け犬の遠吠えを
繰り返すだけのカスだけどなw

374 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:45:58 ID:d7z2T3o6
他人の妄想に反論したって意味がないよな

375 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:47:41 ID:qR14ffzl
で、毎度ながら「そんなに言うなら訴えろ!(議論では勝てましぇ〜ん)」(←笑い)
などという無様なすり替えしかできないわけね。カスらしいなぁ

376 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:49:35 ID:qR14ffzl
なんか捏造こいてるヤツがいるから一応言っておくか。
オレが使ってる前提は、全て「共通のもの」。
親切にも共通である根拠もはっきり明記している(>>2)。
おまえらの脳内妄想とは違うわけだ。
残念だったなp

377 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:51:12 ID:v0NuFVfP
>>375
>で、毎度ながら「そんなに言うなら訴えろ!(議論では勝てましぇ〜ん)」(←笑い)
>などという無様なすり替えしかできないわけね

おお。お前もとうとう「訴えろ」に対して「議論では勝てないから」
というのが無様なすり替えだという事実を自分で認めたかw
そうだよ世間ではお前のような人間を「負け犬」というのだw

378 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:53:17 ID:/W41XB1R
>>376
捏造ES細胞を褒め称えて「韓国人の優秀さ」を自慢しまくったり
「在日の俺はモテモテで日本の女は肉便器」などと恥ずかしい捏造
を繰り返した嘘つき野郎が何か言ってるよ。

379 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:55:34 ID:qR14ffzl
>>377
すげーバカ。どこのアホがわざわざ「議論では勝てません」なんてすり替えをやってるんだ?
妄想もここまでくると強烈だなぁ〜www

オレは普通に論破してるし、>>2の論証はどうにも完璧だから、
本論を本論として議論すればいいだけ。まあ〜当たり前だなw

380 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:56:20 ID:saAiVM2L
船虫が負け犬であることは言を待たないが
おまえらちょっと言い過ぎだぞ
娯楽の提供者に失礼だろ

381 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:58:37 ID:v0NuFVfP
ハイハイ。結局、負け犬の遠吠えしか出来ないんだねw
完璧だと言うならそれこそ裁判で勝って見ろよw

382 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 18:59:25 ID:qR14ffzl
どうも、

「そんなに言うなら訴えろ!(議論では勝てましぇ〜ん)」(←笑い)

↑これが無様なすり替えに思えないアホが多いようだな。
ゼミでも学術会議でも不満があれば言論で対抗すればいいだけのこと。
「そんなに言うなら訴えろ」なんてのは議論放棄でしかない。
しかも、それを裁判所という権威に頼るなんて学を語る者としてヘタレ過ぎ。
さらに、議論妨害にもなってるから、カスでもあるw

383 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:00:44 ID:qR14ffzl
つーか、カスはカスらしく同じアホレスを繰り返すしかなくなってやんの。バカ丸出しw

384 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:01:23 ID:v0NuFVfP
>>382
こういうのをまさしく「負け犬の遠吠え」と言いますねw

385 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:03:41 ID:T51WoGo+
>>382
この馬鹿は日本が法治国家であり、憲法判断をするのも裁判所だという
事実も知らないらしい。
まさに「バカ丸出し」の典型例ですねw

386 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:03:41 ID:qR14ffzl
>>384
はいはい、繰り返しねw

しかしみっともないよな。ちゃんとした論証を出されると(>>1-5)、
数に頼って罵倒レスを繰り返すしか出来なくなるんだもんなぁ〜。
まさにネッ○ウヨだねw

387 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:05:14 ID:qR14ffzl
>>385
はいはい。バカ丸出し。
憲法学者や国民は違憲論議をしてはいけないってか?
まさにバカ杉だねw

388 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:10:44 ID:v0NuFVfP
>>387
つまりお前の言ってるのはただのオナニー妄想であって
現実世界とは何の関係もないことを認めるわけかw
アニオタが「このシーンはこういう意味なんだ!」「違うこういう意味だ!」
とか言い張ってるのと同じなんだな。
キモイやつだ。

389 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:13:41 ID:qIEIsRdt
>>379

>>2の論証はどうにも完璧だから

>>266であっさり論破されていますが?


390 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:14:26 ID:qR14ffzl
>>388
はいはい、妄想乙。
そんな有り得ないこと言ったって煽りにもならんのに、
よく懲りずに妄想こき続けられるね?p

391 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:15:43 ID:TumGwYIY
どうやらツッコミに対して反論出来なくなったらしいねw

392 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:22:55 ID:tATLnbIF
>>383
つ「鏡」

393 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:24:17 ID:qR14ffzl
>>389
おまえ>>266
なんかコピペ荒らしみたいだし、アホの陰に隠れてしまってもいてスルーされてるわけだが、
それで発狂してるの?
とりあえずさー。どこを見ても民主主義の理念と言えば「治者被治者の同一(同時性)」なわけよ(ググれ)。
大学で民主主義を習ったヤツなら誰でも知ってる。
それに、この理念の実現のために、投票という手段をとることが一般的であることも周知だし、
「選挙をすると民主主義の理念が否定される」なんて無茶苦茶を言うヤツはいない。
ところが、>>266ってのはそれを言い張ってるだけにしか見えないのだが?
こんなのコピペ荒らしと間違えられても仕方ないんじゃないの?
まあいいや。とにかく、民主主義の理念が否定される根拠を提示してね。

それと妙な勘違いしてるかもしれないから言っておくが、オレは「投票行動をすべき」なんて主張してるわけじゃないよ?
民主主義を国是とするなら、民主主義の理念に従うべきだと言ってるわけ。
「投票行動をしても民主主義になるとは限らない」なんてアホなイチャモンはやめてね。

394 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:28:03 ID:9IlmYzVp
国民主権と民主主義とは、一般的に同義の言葉として扱われるが、国民主権は法律学的な概念であり、主権の所在を示すものであるのに対し、
民主主義は、政治の在り方についての政治思想的な概念である。
似て非なるものを混ぜてるからおかしな話になる。

>2が成り立たない理由を詳しく知りたきゃ橋本公亘著「日本国憲法」を読め。

395 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:39:36 ID:qIEIsRdt
>>393

>>266は国民主権の原理と民主主義の理念は別次元の問題だから同列に語れないと言ってるんだろ。
最もな話だと思うがね。


396 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 19:59:43 ID:4KfMdEsb
スレの流れが速すぎて、一々レスするのも億劫になるなw 只もう一度一言。
あのさあ、船虫も(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQも民主主義理念上、
万人(外国人を含む)に対し治者・被治者の同一性を軸に国民定義をすればその説に理があるのは当然ジャン。
謂わば究極の理想論だからなw

だがな、国民国家の枠組みで考えると矛盾するテーゼだからその理念はある程度制限されて
しかるべき、で何が悪いのさ?

国民国家そのものが外国(人)と自国(民)を差別する政治体制なのに、その運用方針である民主主義理念を
拡大解釈してその国に住む外国人も国民である、なんて成り立つと思うのかよw

国家がそれら基本的人権や国民主権を日本の場合保障している。
では何故日本が広く外国人一般にそれらを保障出来ないか? 基本的人権や国民主権すら国民に与えていない
国がまじかにあり、それら諸国は一応に覇権主義国家でもあり、隙あらば日本国から領土や金などをくすねようと
躍起になっているからだろ?

根本で見ろよ。船虫の主張はある意味正しい。いわば理想的な社会を謳っているとさえいえる。
だがそれを一般の日本人が受け入れられないのは現実的ではないから、の一語に尽きるからだ。

在日連中の祖国が日本と同様の平和国家、民主主義理念を持ち、経済的にも同レベルになって初めてそれら
国家の枠組みを超えてEUのようになれるだろうさ。
筋論で行くなら、そんなに在日が日本の参政権がほしいのなら、祖国を日本並みに発展・成熟(民度を含む)させる
運動でもしろ。 理想論と現実論のぶつかり合いにしかならないから、何時まで経っても平行線しかならねーよ。
まあ、論理を捏ね繰り回したいだけであるなら、オナニーをし続けるのもいいかも試練がな。

それとも在日だけの利益の為に只ひたすら声高に権利を主張するつもりかい? 逆効果にしかならんとしか思えんが?

397 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 20:15:18 ID:d7z2T3o6
船虫が暴れだすと顔文字が消える不思議

398 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 20:23:32 ID:B3EI1pSW
>>396

その理屈が鮮人に理解できるのなら、ここまで嫌われないのだが………。

所詮、ちっちゃいチンコでしか物事を考えられない憐れな生物なんだよ。

399 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 20:48:11 ID:MSPoBA5O
(○´ー`○)はカワイイ って昔、アメリカはグリーンカード持ってれば
参政権があるとか、シュワちゃんはアメリカ国籍無いのに知事になれたとか
恥ずかしげも無く書いてた電波だよねw

400 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 20:57:27 ID:seGavRSr
この>>1だと無国籍者(日本人の両親から生まれた)もなることになるんだが、戸籍上存在しない人に
どうやって選挙権を与えるんだ?

401 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 21:02:49 ID:fWKKbkch
パラドクス
323 番組の途中ですが名無しです New! 2006/03/05(日) 07:15:43.99

ここまでの議論でひとつのパラドクスにぶつかる。

1.女にも性欲がある

しかし

2.俺には女が寄ってこない

以上二つの命題は互いに矛盾する。よって女には論理が存在しない(証明終わり)

402 :日出づる処の名無し:2007/03/16(金) 23:14:47 ID:fWKKbkch
虫君って、不利になるとあからさまに口調が変わるんだよね。
最初は、論理的がどうのこうのという感じで丁寧に書いてるんだけど、
最近はもう、余裕ぶってる感じが丸わかりの文章なんだよね。
それが楽しいから別に直さなくてもいいんだけどさ、
もはやガクブル状態なのかしらんけど、見てて痛々しいんだよ。
ちょっと可哀想なキガス。

語尾変換スクリプトつくって投稿した方がいいじゃないかと思う。
なんなら、作ってあげるよ。有料だけど。
辞書変換するだけで作れると思うから二日もあればできると思う。
ホロン部なら専門もいるだろうからそっちに頼んでみるのもいいじゃないかな。
ただ、利己主義の君たち民族に自尊心を傷つけてまで頼む度胸があるかないか・・・
僕に頼んだ方が、周りにばれずにすむだろうかいいと思うんだけど。

気が向いたらレスしてくれ。

403 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 00:00:07 ID:iQPK/HVJ
自称ITエリートだそうですよ

404 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 00:01:45 ID:6Co6o3L5
社民党の辻元議員が、国民投票法案について反対意見を述べられています。

あなたたちは、絶対に目をそらさずに見るべきです。 ↓

その1 http://www.youtube.com/watch?v=SpEi3vBJu1E

その2 http://www.youtube.com/watch?v=8R0EwGvQ40Q
 (韓国からかけつけた国会議員も、安倍自民によって右傾化する日本を心配されています。
  また、安倍首相の従軍慰安婦を侮辱した発言に対し抗議と謝罪要求をされています。)

日本を再び侵略戦争に走らせる国民投票法案や憲法九条の改悪絶対反対!

405 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 00:04:10 ID:G/F9gL4w
安部は右翼じゃねーけどなw


406 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 00:09:03 ID:iQPK/HVJ
右傾化って便利な言葉だよね
左に寄り過ぎなのを少し真ん中寄りにしたぐらいでも「右傾化」

左寄りに動いたら「中共化」とでも言えばいいかなw

407 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 00:11:23 ID:4yaio9py
>>404
今後毎年10%づつ軍事費を増やす予定の韓国から「右傾化」などと
言われても鼻で笑うしかありませんがw

408 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 05:47:12 ID:BgK95xFQ
正直、>>1の理屈は結構いい線行ってるよ
本当に在日が国民のように思えてきたし
ってか在日が国民と見なされても別にいいけどな、俺は
人口から考えてもあんまり影響力ないだろうし

409 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 07:10:27 ID:CNVR9g7i
>>408
全員強制帰化? あらゆる意味で、あり得ねー(苦笑
全員強制送還の方がよっぽど現実的だ。

410 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 08:05:35 ID:K9DRqqTI
>>408
日本の国民になる事を拒否したのは在日自身だろ・・・
GHQが朝鮮人の帰国事業で帰らなかった朝鮮人に日本国籍を与えようとしたら
「何で俺たち戦勝国民の朝鮮人が敗戦国の国民にならなければいけないんだ!」
って言って拒否したんだよ・・・
いまさら「在日は日本国民だ」って主張されても「ふざけるな!」としか言いようがない

411 :代表戸締役 ◆jJEom8Ii3E :2007/03/17(土) 08:33:11 ID:YFe+Wxpu
在日朝鮮、韓国人は、日本国民ではありません。

基本的に、日本人とは日本国籍を有するものであり、外国人であっても日本帰化すれば
日本人としての扱いを受けることが出来ます。
また、日本人であっても日本国籍を捨て、他国に国籍変更をした場合、
日本国民としての権利を失うのは、当たり前のことといえます。
また、特別永住許可者に対する帰化条件は他の外国人より緩やかです。
日本国民を名乗るには、日本国籍の取得が必要です。

在日、朝鮮韓国人は次の法律により規定されております。

日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法
ttp://www.houko.com/00/01/H03/071.HTM



412 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 11:19:47 ID:hi/DfR/w
>>402法学板でも最初は丁寧だったけど徐々に素が出てきて最後には追い出されたしな。


413 :↑↑↑↑:2007/03/17(土) 11:23:26 ID:hi/DfR/w
この書き込みもお得意の「決め付けてんじゃねーよ!」という決め付けで
否定する気かな?ログが手元にあるがお望みなら追い出される切欠になったあの超笑える書き込み貼ってやろうか?w


414 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 11:29:19 ID:MXK719qb
仮に万が一このスレがやっぱ在日は日本国民だよみたいな流れになったとして・・・



それで?




415 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 11:34:55 ID:hi/DfR/w
554 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :04/11/25 11:47:18 ID:KLWpAfx6
バカは生存してんなよ、氏ね。

>>538
現実が見えないバカは幸せでいいな(プ。
いまや朝鮮人はメイドインジャパンの牝から「様」付けで呼ばれる存在なんだよ。
日本牡ミジメ(プププ。

>>544
低脳。これを二百回嫁
「だから、そんなのは個人の勝手。
在日には、「日本産肉便器が放してくれない」といった事情があるんだよ(笑い。 」(>>524



暇だから蟲君の無様な書き込みサルベージしてみよう。

416 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 11:40:35 ID:hi/DfR/w
338 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/11/11(金) 16:59:14 ID:t3sVv39d
>>337
ライバル視なんてしてねーよ。
蔑視してんだろが。
勘違いすんなよ。
341 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/11/11(金) 18:22:29 ID:t3sVv39d
だから、それはおまえらが自意識過剰(妄想過剰)なだけ。
日本人なんて、ウンコか穴ぼことしか見てねーよ(プ
343 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/11/11(金) 18:38:56 ID:t3sVv39d
>>342
だから、妄想でウダウダ言うなっての。
今も昔も日本から大金ぶんどってるのに、何で恨まなきゃなんねーんだよ。

言っておくが、大金ぶんどられて恨むのは筋違いだよ。
恨むなら、併合させてくれと朝鮮に自らひざまずいた祖国を恨むべき
(プゲラッチョ。


>>393先生!wウンコか穴ぼことしか見てない奴等の憲法を曲解してウンコか穴ぼこが持ってる権利を
俺らにもよこせってゴネるのってどんな気分ですか?w



417 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 13:20:33 ID:iQPK/HVJ
>>408
自演乙

418 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 14:31:11 ID:yOTcAhix
まあ、国民国家という存在そのものが領土、国民、主権の3つがあって初めて成り立つ物だから、
そこに他国の主権や義務を持つ外国人が参政権を持つなんてこと自体がナンセンスな話なんだがな。

会社でいうなら、ライバル会社の社員が自社の社屋に勝手に移ってきて仕事をし、しばらくすると
ソイツラが事実上の社員と変わらないんだから、その自社の経営に口出しさせろ、なんて言ってるのと
何も変わらん。

先ず前の会社(ライバル会社)を辞めて、改めて入社(帰化)するのが筋じゃん。
正直勝手すぎて付いていけない。

また、国籍剥奪なんて抜かしていたが、一方では在日のまま参政権を主張してるし、そうかと思えば日本国籍に
復帰したいのか理解不能だ。 

結局の所参政権がほしいだけ、只の我侭を言ってるだけにしかみえんのだが?

逆に在日達を日本国籍に強制的に帰化、と一律に日本国が動いたら又これはこれで反対運動が起きるだろうしw

419 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 14:41:29 ID:sRiyz+Ad
>>1から読まずにレスするけど
日本国籍持ってたら日本人、持ってなかったら在日じゃないの?

420 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 16:35:44 ID:yOTcAhix
某所よりコピペ

「空手は最強だと思うけどね、人間は猛獣には勝てない。
ライオンには絶対かなわないんだよ。でもそのライオンも、
陸上で最大の動物・ゾウには、歯向かいすらしないんだ。
でもな、そのゾウも、蟻の大群にはやられてしまう。だろ?
だからな、この世で最強の生物は、蟻を食べるアリクイなんだよ!」
                             by大山倍達


なんか似てるな、某虫の理論にw 朝鮮ミンジョク特有の三段論法って奴かなw

421 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 16:47:46 ID:w36LqOxA
あれ?
だいぶ前に三段論法不成立で終わってると思ったらまだやってたのw

422 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/17(土) 17:08:31 ID:zNPCUzn9
>>418
例えが不適切。
日本が朝鮮併合をした事実からすれば、それは「企業合併」に類する行いだろう。
つまり、小さな会社を吸収して企業合併した会社が大きなライバル企業と熾烈な競争をし、
一時は役員を送り込まれた。その時に吸収した小さな会社の社員を追い出すか
正社員ではなく契約社員にした。こんな例え方の方が寄り実情を反映している。


423 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 17:29:59 ID:Uno1XC1C
>>422
1行抜けてないか?
競争に敗れたとき、小さな会社の社員は「俺はここの社員じゃない」と会社でめちゃめちゃ暴れた。

俺は追い出されて当然と思うが。

424 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 17:33:30 ID:Ga7dJ5fR
>>422
その後、そいつらは「自分たちはこの会社の社員ではない」と喚いて
連中かれらの言うとおりになった。
それで終わりだな。

425 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/17(土) 17:34:19 ID:zNPCUzn9
その手の社員もいたのだろうが、そうじゃない社員もいたと考えれば
一般化して語るほどのコトはねえだろう。


426 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 17:53:17 ID:n/rcAPDN
みっともないw
自分たちで日本政府に要求しておきながら、その過去は知らん顔して
イチャモンつけるとは恥ずかしくないのかね。

427 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 17:56:59 ID:m571OEht
>>425
その理屈なら組合の代表が要求し、それが通るまで誰一人反対の声を
あげなかった以上一般化されて当然だよな。

428 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 18:06:44 ID:fjk6k4Ka
追い出された社員もいたろうが、そうじゃない社員もいたと考えれば(実際居たが)
一般化して語るほどのことはねえだろう。

う〜ん、あまり表現ではないな。


429 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 18:08:18 ID:fjk6k4Ka
誤:あまり表現ではないな
正:あまりよい表現ではないな

430 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 19:13:46 ID:IqtNrJL5
帰化すれば済んだことでしょ。
60年以上の間、何やってたの?


431 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 19:54:27 ID:x7fyE3z/
>422
違うだろ、外地と内地の区別があった事スポンと抜かして妄想語るな
企業にたとえるなら、A社がB社を吸収、子会社化した。
B社社員はA者系列のB社社員となった。
その後B社が再び独立することになりB社社員はA社の系列ではなくなった。
A社系列時にA社に出向ししていてそのままA社に居続けていたB社の社員が、今A社にいるから俺はB社社員だけどA社の社員
として扱えと言っているようなものだ。

サンフランシスコ条約による日本国籍からの離脱は、戸籍によって分けられたものであり、当時朝鮮の外地籍であれば朝鮮に、
台湾の外地籍であれば台湾に、元々区別されていた区分にしたがっただけ。
だから外地籍の者が内地籍の人と結婚し、外地籍から内地籍に変わっていれば日本国籍のままだし、内地籍の者が外地籍の
所に嫁げば外地籍になり朝鮮籍とされた。
そもそも外地籍者の日本国籍離脱は、敗戦に伴う条約の条件だから憲法違反とか言うのはナンセンス、まして日本の一官僚が
勝手にやったなんてのは事実無根も甚だいい

ま、その後日本側から在日に国籍選択期間等を設ける旨提案はあったが、在日側は見向きもしなかったんだから、今更選択権が
無かった何て言うのは虫が良すぎ。

432 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 20:01:49 ID:iQPK/HVJ
>>431
>虫が良すぎ

船虫だけに当然ですねw
お粗末さまでした

433 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 21:39:24 ID:yOTcAhix
>>431

会社に例えると非常に判りやすいなw まあ、国家間が正にルールなんでもありの弱肉強食競争の
世界なんだから、如何に外国人に参政権を与える危険性があるのかが良く判るはず。

企業間の競争以上に、暴力(戦争・紛争)、恐喝(砲艦外交)、普通の交渉(外交)等で未だに国際社会は
動いている。 その構成員足る外国人にどうして日本の参政権を与える事が出来るんだ?
最低でも日本に帰化して、外国籍を捨て、日本の運命共同体の一員として参加し直してもらわんと。

個人はどうのというより、祖国の命令でその外国籍の人間は有る程度国民国家の国民として拘束・又は義務が
発生するのだからね。 まあ、在日はそんな祖国の命令は無視するとでも言うかもしれないが、それなら
尚の事その証として日本国籍に帰化してもらわんとな。

無論、世界で紛争・戦争が無くなり、又皆が先進国並みに豊かになったのなら、豊かな一部地域(日本などの先進地域)
に富を求めて人が殺到する事もないだろうし、安心して他所(外国)から来た人間にも即参政権が与えられる世の中に
なるだろう。 まあ、21世紀中には無理かもしれんがw 22世紀位になれば、世界統一政府が誕生しているかも知れんな。
逆に大戦争の末、北斗の拳状態だったりしてw

434 :日出づる処の名無し:2007/03/17(土) 22:26:49 ID:iQPK/HVJ
政治に参加するには責任が伴うわけで
その責任を担保するものが必要だわな

責任の担保が出来ないし、いざとなったら海外へ逃げちゃうような外国籍の人間を
政治に参加させるのは不適切。

435 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 04:29:41 ID:Pl6bQ2Iv
またジャップが屁理屈こねてるのか…
ここまで誰も>>1を論破出来てないんだから、もう認めたら?
在日はほとんど日本人と同じ生活してるんだし、参政権与えてやれよ

436 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 04:55:04 ID:lli2UTAf
お前が与えろ >>435

437 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 05:00:52 ID:JqOYqMc6
>>435
>在日はほとんど日本人と同じ生活してるんだし

日本に住んでる人間は日本人と変らない生活をしてますが何か?

438 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 07:03:28 ID:RvnOXb/I
>>435
またチョソが屁理屈こねてるのか・・・
日本国内で生活する事≠日本人と同じ権利を有する
だいたい在日は自ら日本国民になる事を拒否したくせに
日本人と同じ権利をよこせとは厚かましいにも程がある

439 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 10:18:32 ID:/v1cUuvt
>>435
こういうレスが「在日って議論できないんだな、負けを認めないんだな、
卑怯者なんだな、恥知らずなんだな」という認識をこのスレを読んだ
日本人に与えるわけです。

440 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 10:56:32 ID:+61LshnR
国連憲章の国権平等の原則及び日本国憲法における機会公平の原理から、
日本人として認められる国籍は日本国籍のみである。
では、韓国籍を持つにもかかわらず韓国人としての権利が認められない原因は何か。

在外韓国国民の選挙権無効に関し、韓国政府が下した判決はこう述べる。

納税、兵役など、国民の義務を履行しない在外同胞に選挙権を認めのは難しく、
事実上、選挙管理が不可能である。国土が分断している韓国の現実で、
在外国民全員に選挙権を認めるとすれば、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)や
北朝鮮の人々が追従する勢力が選挙の結果に影響を及ぼす可能性もある。
よって在外国民に対する選挙権の制限は正当。

つまり、治者被治者の同一の原則に反する。
韓国国民であるにもかかわらず、国民の義務を果たさず権利だけを主張する韓国人は非国民である。
このように、いかなる国家においても、国民条項とは、国民としての基本的義務を包括的に果たす必要があるものであるといえる。

日本国憲法の理念を規定する前文には、
自国のことのみに専念して他国を無視してはならないとあり、
政治道徳の法則は、普遍的なものとして、この法則に従ふと明記している。
この理念に従い、韓国政府によって国民であるが義務不履行とされる韓国人は、
政治道徳の普遍性に照らし、韓国政府と同様不適格国民として扱う。

441 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 11:03:18 ID:+61LshnR
>>440
つまり在日が韓国国籍を持つにも拘らず韓国における選挙権がないのは韓国国民としての義務を果たしていない在日自身の責任であり、
日本国籍を有していないのは未成年であれば彼らの父母、祖父母の責任によるものであり、成人以降は
成人時点まで怠慢なまま権利取得に対する機会を喪失したと言う結果を招いた自己の責任である。

442 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 18:48:41 ID:jXd8GYXv
いつも思うことだが、こういう手合いは
他人に理想論を押し付けて、それを実行させることでテメーの勝手にしようとするからなあ。
むちゃくちゃだ。

それなのに理想論を押し付ける当の本人は理想的な人格どころか
本当に恥という概念すらあるのかわからんやつなんだから・・・・・・・・。

443 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 19:02:27 ID:Yy9ChhUh
在日は自分で決めるということしないよな。
たぶん自分たちの決定に自信がないんだろ。
おそらく過去に自分たちの決定が全部裏目に出た
ことからのことなんだろう。

自分で決定して墓穴掘るよりは責任転嫁可能な方策をつねに
探るんだろうな。
それとももともと奴隷根性抜けきってないのかもしれないな。
帰国するなり帰化するなり選択権が自身にあるのにもかかわらず
自分のことを自分で決められないとは、、、、在日とは哀れな存在だな。

444 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/18(日) 19:07:42 ID:lvSZaWaZ
複雑な立場なんだから少しは配慮する意識があってもいいんじゃねえの?
オレらみたいに日本人であることを深く考えずに生きてこれたワケではねえんだろ。


445 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 19:17:30 ID:7dvohArS
自分たちで望んでやったことだ。ガキかボケ老人か禁治産者でもない以上
なんら配慮する必要なし。

446 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/18(日) 19:28:19 ID:lvSZaWaZ
そ〜ゆ〜排他性は日本社会にとって決してプラスには働かないよな。


447 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 19:34:22 ID:jXd8GYXv
そもそも日本は今まで散々配慮しまくってんじゃないのか?
よくわかんねえ捏造だとかで日本を叩きまくっといて今更だよ。
それは個人と関係ないって言ったって、捏造日本批判を自分から止めさせようとした自発的な動きは見られなかった。

だから言ってるだろ。他人に理想論を押し付けるなってよ。聖人君子な人格強制するなって。
そんなんで自分のいい様にすんなよ。

448 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 19:53:57 ID:vcVFLEXy
>444

だから配慮して特別永住資格が与えられてるだろ?
日本国籍をとり日本人となるか、母国に帰国するか、3世代もかけてまだ決められない、中途半端が一番楽、
でも権利無いから特別に権利くれ、ってのは話にならない。
参政権がほしければ母国のをどうぞ。
母国の物がもらえないから、外国の参政権が欲しいってのはおかしいと思わないか?


排他主義?どこが?
外国人に参政権を渡さないのは排他主義ですか?

449 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 19:57:03 ID:7dvohArS
>>446
要するに自分の責任で行った事の尻ぬぐいを他人に要求するわけか。
とんでもない甘ったれのガキだな。

450 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2007/03/18(日) 20:04:18 ID:lvSZaWaZ
>>448>>449
在日だってオレらと同じように時代の中で仕方のない選択を強いられてきたワケだろう。
同じ日本に住んでるんだからそれなりに配慮するのはお互いの為じゃん。


451 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 20:06:02 ID:vcVFLEXy
>450
だから配慮して特別永住資格なんてものが付与されてるんだが?
後は在日自身の選択の問題。

452 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 20:08:12 ID:jXd8GYXv
>>450
だからよー、配慮配慮しつこいよ。
その前にずっと在日さんに苦労させられてる日本を配慮しろよ。

お前、そこらへんのお金なくて生活に困ってる人配慮して全財産与えてきたら?

453 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 20:10:28 ID:vJ2i9jzS
帰化すりゃ文句なしに日本人扱いを受けるのにな。



なんで在チョン共は帰化手続きを省いて>>1みたいなぬるい事ばかり言うのだろうか。( ´,_ゝ`)プッ

454 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 20:14:58 ID:vJ2i9jzS
チョン帰化人の顔文字が消えた件。

455 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 20:21:57 ID:JqOYqMc6
ぶっちゃけ顔文字は船虫のキャラの一つですよ

456 :日出づる処の名無し:2007/03/18(日) 20:24:59 ID:0IdqPoYW
>>446
それは違う。
排他性じゃない。
防衛反応なんだよ。

同じ行動になっているかもしれないが、
根本が違う。

457 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 00:47:41 ID:Ljc1uzeD
>>450
生活保護を受けられるだけでも、十分配慮してるといえる。
まともな国なら、即刻国外退去だ。

在日には、感謝される筋合いこそあれ
うらまれることは何もない。
そもそも、イヤなら今すぐ帰ればいいんだから。
誰も引き止めていないし、誰も拉致って連れてきたわけではない。
彼らが勝手に密入国してるんだよ。
今でも、延々と。

あああああ、考えるだけでも汚らしくて不愉快だ。

458 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 01:18:37 ID:B8B9LBwh
もう、国籍あげちゃおうよ!
欲しい人だけにさ、特別に。

459 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 01:33:02 ID:0lPr/K32
あげたところで、また拒否するだろ
特権は全部無くなるし、生活保護も審査し直しだからね

460 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 01:38:55 ID:7RgEasfu
そもそもウジ虫は「優秀な在日を劣等な日本人と一緒にするな」と言い張って
日本国籍を拒否してるし。

461 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 01:39:58 ID:B8B9LBwh
だから、欲しい人にだけあげたら?
いらない人は今のままで。

462 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 01:52:57 ID:Ljc1uzeD
>>458,461
国籍が欲しい→帰化申請
在日朝鮮畜の帰化申請は甘いため、すでに特別。

すでにやってるよ。>>458

だから、まともな日本人は
1が何をゴネているのか、全く理解不能。

463 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 02:05:11 ID:B8B9LBwh
じゃあ、どうして欲しいんだろう?
困ったね…

464 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 02:21:50 ID:QOxlticZ
日本人になるorなりすますしかない民族、俺なら自殺してるわ。
哀れだねぇ、惨めだねぇ。それでも生きていたいのかい?
あははw



465 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 02:28:59 ID:oVa7wQ0u
在日にしか優越感を感じられない日本人は美しい国にふさわしくないから消えちゃってね。

466 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 02:43:56 ID:QOxlticZ
>>465
ひょっとして俺のレスに噛み付いたつもりか?
だったらアンカーぐらい付けろやチキンが。
赤いものを赤いと言うのは自然な事だろう?
同じだ。在日が哀れで惨めだからそう言ったまでだよ?
あははははw

467 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 02:52:00 ID:oVa7wQ0u
コンプレックス丸出しのレスがあまりにもみにくいんですけど。

468 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 02:52:09 ID:QOxlticZ
つまんね。

469 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 03:04:57 ID:QOxlticZ
なんかマジつまんねーわ。
在日が日本人になりたいなんて望みを漏らしちゃってるスレで
なんで純正日本人の俺がコンプ抱いてなくちゃならねーんだよ。

在日とか差別の対象じゃねーし。問題外だっての。



470 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 03:23:24 ID:QOxlticZ
つまんね。なんか言えよ。マジでつまんねー。

471 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 10:03:58 ID:C4EANZsg
>>462

違うよ。船虫は「日本人と同等の権利が欲しい」だけ。

「国籍は要らない」
「朝鮮人のままで居たい」
「けど日本人と同等の権利をよこせ」

船虫の言ってる事はこれに尽きる>>360
在日が日本国籍を失った経緯を全く考慮せず、ただ単に「国籍剥奪」と言う事にして、
差別を訴えれば飯の種になると思ってやってるだけ。
このスレ自体が乞食民族の本領発揮という奴ね。

472 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:04:28 ID:m3JZ/9TI
>>394>>395
はあ?>>2では明確に別物として扱ってるわけだが?
何言ってるの?

473 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:04:49 ID:m3JZ/9TI
>>396
>万人(外国人を含む)に対し治者・被治者の同一性を軸に国民定義をすればその説に理があるのは当然ジャン。
>国民国家そのものが外国(人)と自国(民)を差別する政治体制なのに、その運用方針である民主主義理念を
>拡大解釈してその国に住む外国人も国民である、なんて成り立つと思うのかよw

基本的な誤解をしてるな。
おまえ自身が言うように、民主主義は“国民認定理論”なわけだろ?
誰かをあらかじめ「外国人だ」などとしてるのは、国民認定理論の適用としては「結論の先取り」になるわけ。
外国人かどうかを判定するのが国民認定理論(民主主義)なんだから当たり前だろ?
従って、国民認定理論を適用するなら、対象の属性を一度チャラにしておかないといけない。
この状況では、当然、「外国(人)と自国(民)を差別する理論(国民国家)」は適用不可能。
誰が外国人で誰が国民なのかはっきりしないのだから差別のしようがないだろ?
ゆえに、国民国家なる理論を適用するには、まず、誰が外国人で誰が国民なのかを
はっきりさせておかなければならないわけで、逆に言えば、国民認定理論が国民国家理論の基礎(前提)になる。
国民認定理論によって外国人と国民を分別した後で、始めて国民国家理論が適用できる。
誤解のないように言っておくが、この関係は
「国民国家理論は国民認定理論を必要とするが、国民認定理論はそうではない」
という論理的な関係であって、時系列における関係ではない。
国民国家が国是とされた後で、徐々に民主化(国民認定理論の適用)が行われることだってあり。
しかし、日本国憲法のように、国民(主権者)を固有のもの(前憲法的存在)とする場合、
後から国民認定された者は、「もともと国民であったが、認定しそこなっていた」であり、
認定の意味も「もともと国民であったのは確認したものであり、認定によって国民になったわけではない」
ということになる。これは多少トリッキーな言い方だが、自然権を認めるような際には、
普通に行われる言い回しである。
前置きが長くなったが、(民主主義の適用によって)後から国民になるような場合、先に言われていた
「外国人」は「間違いだった(不当に差別していた)」ということになるだけであり、
たとえ、国民国家理論がバリバリの差別思想であっても、国民認定理論と論理的な矛盾をしているということにはならない。
これはあらゆる差別理論でも同じ。ユダヤ人差別でも、間違ってユダヤ人認定してしまうことはある。
が、間違いがるからといって、ユダヤ人差別理論が破綻するとか、認定理論が破綻するということでもない。
それは単に人為的なミスであるとして片付けられる。
いずれにせよ、差別理論と認定理論が両立しないなどということになれば、差別は成り立たない。

474 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:05:09 ID:m3JZ/9TI
>>400
何がいいたのかいまいち不明だが、そもそも、>>1は戸籍に依存しない話(住民登録に依存)なんだから、
戸籍がどうのなんて無問題。つーか、現行の選挙権も戸籍ではなく住民登録じゃん。

>>401
ん?アホ?

>>409
帰化なんてことにはすべきではないな。
例えるなら、日本が出身地主義者ばかりで、長州人やら北海道民などということで、
自己のアイデンティティを保っている者が多いような状況(昔の状況)が適切。
このような状況で東京都は東京都憲法で主権者を「東京都民」と表現していたとする。
言うまでもなく、選挙権は戸籍(出身地)ではなく、住民票で決まるから、
東京都在住なら北海道民やらも「東京都民」と認定しなければならない。
が、こんな時にわざわざ「あなたは北海道民ではなくなった」などと思わせるような表現や
手続きをする必要があるか?
今まで通りに、ただ主権者としての内容(権利等)を知らせればいいだけだろ?
「東京都に選挙権があります」「東京都が保護します」などとな。
個人が自分をなに人(なに民)と思うかは思想信条の自由でもあるわけで、
必要もないのに抑圧することはNG。選挙権を認めるにあたって
「北海道民じゃない」とする踏み絵を踏ませることはないわけだ。
ただ、東京憲法上は東京都民であるというだけ(本人は事務手続き上の語法にすぎないと思っていい)。
現状において、帰化というのは帰属意識に関わる踏み絵のようなものだから、
新法制定の際には、帰化制度自体を改正(つーか廃止)すべき。

475 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:05:35 ID:m3JZ/9TI
>>410
とりあえず>>4を嫁。

>>411
このスレの否定対象になってる現状(制度)を述べて何がしたいの?

>>414
ミーム理論を嫁。

>>418
上で言ったから省略。

476 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:05:52 ID:m3JZ/9TI
>>419
そうなっていることが国籍法の理想だけど、法務省民事局長やらにより国籍剥奪が可能なんだから、
国籍による国民指定に「間違い」が生じることだって有り得るだろ?
例えば、どういうわけか、おまえは突然非国民認定されたとか。
そういう時に、いかにして「それは間違いだ」と言うわけ?
この例の場合、「オレは非国民認定されるべき者ではない」と言うわけだろうけど、
この「非国民認定されるべきものではない」とはいったい何?
三国志の玉璽のように「それを持っていれば皇帝、失えば皇帝でなくなる」みたいなものなら、
理由はどうであれ失ったら国民でなくなり、そしてそれが確定する。
確かに一般的には国籍があれば国民でなければ国民ではないが、
それはまさに一般的にそうなってるというだけで、「そうでしかない」というものではないだろ?
身近な例で言えば「カラスは黒い」と同じ。一般的にカラスは黒いが、「カラスは黒い」を
カラスの“定義”にしてしまえば、アルビノ(白子)のカラスに遭遇した際に、「白いカラスがいた」
と言えなくなる。一般的にカラスは黒いが、この白い鳥も(分類学的には)カラスであると言えるのは、
「(全ての)カラスは黒い」が定義でも真理でもないからだろ?
同様に、不当な剥奪とか、国籍指定の間違いが有り得るなら、国籍保持は国民の定義にはならない。
以前、国籍認定に関して国籍法は違憲だという訴訟を起こしたフィリピン人がいて勝訴したはずだが、
「国籍は国民ある唯一の証(国籍が国民の定義)」ということなら、このような問題を論点にすることもできない。
(国籍がなければ外国人確定なんだろ?裁判する必要ないわけだ)
国籍法や国籍認定が人為的であることを考えれば、これが、いかに無茶苦茶なことかわかるだろう。

477 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:06:13 ID:m3JZ/9TI
>>423>>424
おまえらも>>4を嫁。既に否定されてるんだから、文句があるなら、
その否定論に言えよ。何度もループさせるな。

>>431
>その後B社が再び独立することになりB社社員はA社の系列ではなくなった。

社員は会社の属物かもしれんが、人民は土地の属物ではない。国の属物でもない。
まったく逆で、人民が土地や国家を所有し支配する。
例えるなら、「B社の社員がA者の株主になった」ということだろ?
事実、在日は日本の参政権(主権)を持っていたのだから。
で、このような場合、B社社員からA社株(A社の所有権)を剥奪するのは不当。
ポツダム宣言も日本国憲法も国民を国の所有物ではなく、国民が国の所有者としてるわけで、
あらゆる法規範に照らしてもこっちの法が妥当。
少なくとも、この反対(人民は土地の属物)を言う条約や法律はない。
ましてや、拡大解釈が制限されている条約(平和条約)を持ち出して
「人民は土地の俗物だから、出身地の独立によって既得の主権は剥奪」なんて暴論に過ぎない。
まあ、いずれにせよ、条約解釈に相応しい明確な記述(あるいはその組み合わせ)を出せよ。
無いのにウヨウヨな出身地主義的妄想を繰り返すなよな。

478 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:06:33 ID:m3JZ/9TI
>>434
そんなもん、他の日本国民だって同じ。在日だけ思想内心で差別するな。

>>440
何結論の先取りしてウダウダ言ってるわけ?
アホすぎだぞ。

>>444以下
別に配慮とかそういうもんじゃねーよ。>>1-2が客観的に正しいだけ。
そもそも、固有の権利を「配慮」なんてもので左右してはならない。

>>463
何度も言ってるじゃん。
日本政府は国籍剥奪によって国籍と国民が乖離しまったことを認めること。
その責任は当然、日本政府にあるわけだが、国籍の際剥奪は人権宣言違反にあたる。
それゆえ、適切な解決法は、新法の制定とそれに伴う国籍の「お飾り化」。
まあ、ウヨは発狂するかもしれんが、国籍のお飾り化といっても、現状の戸籍のような
扱いにするだけだから、たいしたことないよ。

>>471
まあそういうことだが、おまえは単に在日を悪く言ってるだけじゃん。
そもそも、「よこせ」なんて言ってない。
固有の権利だと言ってるわけ。固有の権利をよこせなんて定義矛盾だろが。

479 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:09:49 ID:0Vj49heZ
散々日本人を悪く言っといて
>おまえは単に在日を悪く言ってるだけじゃん。
いけしゃあしゃあとよくもこんなことほざけるな。

480 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:15:40 ID:C4EANZsg
>>478

>まあそういうことだが、おまえは単に在日を悪く言ってるだけじゃん。
ちがうね。フナムシが必要以上に「日本を悪く」言ってるだけ。

>固有の権利だと言ってるわけ。固有の権利をよこせなんて定義矛盾だろが。
そうするとお前の主張は「在日にも参政権を与えろ」だけでなく「法的に首相や防衛大臣や幕僚長にもなれるようにしろ」
と言う物でなければならないはずだが、なぜそう言わないの?

要は「国籍を持たない国民」の「権利の範囲」の問題だろ。
日本国籍を持たない在日が、日本国籍を持つ日本国民と全く同じの権利・待遇が無いとダメ
なんて事は憲法も言ってない。


481 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:24:38 ID:m3JZ/9TI
>>480
>要は「国籍を持たない国民」の「権利の範囲」の問題だろ。

おまえは何勝手に国民間で差別を付けてるの?
国民なんだから、参政権だけじゃなく公務員になる資格など憲法上のことは全て平等に決まってんじゃん。

482 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:26:04 ID:0Vj49heZ
>おまえは何勝手に国民間で差別を付けてるの?
>>481差別付けてるって日本語おかしいぞ。
つーかお前にだけは言われたく無いんだがな。

483 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:26:46 ID:C4EANZsg
>>481

国民間の差別と来たか。
そうするとお前の主張は「在日にも参政権を与えろ」だけでなく「法的に首相や防衛大臣や幕僚長にもなれるようにしろ」
なんだな?

484 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:28:35 ID:C4EANZsg
船虫は「国民」の定義をその場その場で都合のいいように使い分けてるだけなんだな

485 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 14:35:54 ID:C4EANZsg
「国民間の差別」と喚いている箇所については、顔文字君の>>343
に反論してくれればいいよ。


486 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 15:00:08 ID:uHWo///7
在日朝鮮人という以上は滞「在」中「日」本「朝鮮人」だろ?
勝手に日本国民にしちゃまずいよ。
もちろん本人が望むなら、帰化したって構わないが。

っで?
年金がなんだって?
悪いけどタダじゃ無いんだ。
帰化して頭下げて生活保護を頼むなら考えよう。

487 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 15:30:34 ID:0lPr/K32
船虫のお芝居はつまらない
この大根役者!

488 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 16:52:01 ID:B8B9LBwh
国籍とか血統をぬきにして考えれば、在日って普通の日本人と何ら変わらないんだよね。
だったら逆に、国籍なんてものに執着せず、帰化してしまった方が早いと思うけど。
それじゃダメなの?
日本人としての権利は欲しいけど、在日としての特権も手放したくないから?
どちらも両方くれと言うのはちょっと難しいと思うよ。
憲法の解釈は個人の勝手だけど、それを認めて法制化するには、みんなが納得できる理由がないとね。
相手を否定して自己主張するばかりでなく、きちんと説得する努力が大切だと思うよ。

489 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 17:00:27 ID:0lPr/K32
朝鮮系にとっての説得=暴力的デモ、脅し、賄賂

490 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 17:18:53 ID:l0vVEo0D
まだやってんのか。
言い張ってるだけで中身のないスレ。

491 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 17:19:51 ID:AGltP7p+
>>473

よう船虫、最近は昼にコソコソとカキコするのに主旨変えしたのか?

>おまえ自身が言うように、民主主義は“国民認定理論”なわけだろ?
>誰かをあらかじめ「外国人だ」などとしてるのは、国民認定理論の適用としては「結論の先取り」になるわけ。
>外国人かどうかを判定するのが国民認定理論(民主主義)なんだから当たり前だろ?

船虫よ、オマイ本当に馬鹿だな。いや敢えてこちらの論点に触れないようにしているのか?
民主主義は根本的に国民認定理論ではないの。 国民国家の運用方針なだけ。
でだ、第一に国民国家の枠組みがなければいくら民主主義を唱えていても、外部の勢力(外国等)に蹂躙されたら
誰がその権利を守ってくれるんだよw で外国(人)に参政権を与えると言う事は国家の三要素からして矛盾すると
説明したよな? 民主主義理念を推し進めて外国人関係なく万人を対象として参政権を与えることは国民国家の
レゾンデートルを根本的に否定する行為なんだよ。 国民国家が国民(万人ではない点が重要)に対して
民主主義理念を守っているのに、国民国家を否定して誰がいざというときその民主主義理念を守れるんだよw
在日の祖国の干渉がいとも簡単に行われるだろう。どんどん祖国から日本に住民を移住させれば参政権を主張
出来るんだ。 これほど侵略に都合のいい話は無い。そこまでいかずとも、祖国より豊かな日本にワッとおしよせるだろうよ。
(今ですらニューカマーが押し寄せており、犯罪を犯しまくっているんだからな)

外国人がそこに住んでいるからという理由で参政権を持つのなら、別に日本国という枠組みなんかいらねーじゃん。 
軍隊も主権も同様だ。船虫の糞理論が破綻しているのはそこに尽きるんだよ。外国勢力が民主主義的でないから
外国人に参政権をやれないのであって、日本単独だけ民主主義理念を追求する訳にはいかない、という現実論で
話をしているの。 理論マンセー君には判らんか? だから何度も言っているように祖国がマトモになれば、日本も
EUのように参政権を与える事が出来るようになっていくと。無論船虫の祖国も民主主義的で民族主義を叫ばず
且つ民度も向上し経済的にも先進国並となり、更にその上で同様の制度になる事が前提だがな。

船虫よ、こっちが質問しているオマイの主張する国家とは一体なんだ? また国籍も”印のようなもの”って説明に
なってねーぞw 早く答えてね。 都合の悪い事は全く無視するのが船虫らしいやw

492 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 17:34:53 ID:AGltP7p+
>>474

あとだ、ごちゃごちゃ抜かしているが国民はその国の国籍を持つ、それで充分じゃん。
では船虫よ、祖国の国籍者はその祖国が外交保護権を持ち、定住国に対してその自国籍者の
保護を理由に色々と注文をつけることが出来るのは知っているよな。
更には、外国人は祖国に対して権利と義務、忠誠が発生していることも判っているだろうな?

オマイの理論はそれら全ての外国がそれらの権利を放棄し、且つ(機能としての)国籍を捨てたくないと思っている
外国人に対しても定住国の国民に強制的に変えられるという人権無視をして始めて成り立つ理屈だと
いうことも判っているのか? 一体どっちが無茶苦茶な理屈だ?

即ち国民国家の枠組みを否定し、単なる世界市民思想だと何度いったら判るんだ?

オマイら在日の権利だけで話をしているじゃねーか。 オマイらの祖国の主権を蔑ろ(外交保護権の否定)
にし、且つ忠誠義務に関して全く考慮すらされていない。 且つ個人の(機能としての)国籍保持、離脱の自由もな。
(又、在日の国籍剥奪なんか主張してくんなよ、祖国ど同様に元の国籍に回復しただけなんだからな。)

で、船虫よ、そんな無茶苦茶な理論を日本だけ適応できるのかよ? 現実論でいこうや。
仮に万が一船虫理論でいくにしてもだ。先ず船虫の祖国が日本とどうようのレベルまでもっていかねーと話になんない
だろうが。それら全ての権利を日本とお互いに放棄して且つ民度・経済状態も同様となって初めて成り立つんだからな。
理想論は共産党や社民党だけで充分だっての。 オマイの理屈は連中と全く同じ匂いがする。いやそれ以下だなw

493 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 17:52:24 ID:AGltP7p+
>>481

船虫は敢えて触れないが、在日には祖国の主権と義務が付帯しているから、日本人には無い
権利を別に持っているんだがな。

いわば祖国と日本のいい所取りが出来る訳だ。 在日の多くは本国籍のままでいると、祖国に里帰り
したりする際非常に都合がいい。日本人にはない、即座に祖国定住の権利を持っている。
日本人がそれら在日が持つレベルの永住権取得を韓国等で行うにはハードルがある事は万人の認める所だ。

謂わば二重国籍者に近い矛盾と権利を持っているから、その時点で一般の日本人にはない特典を
在日が一方的に持つ事になる。 これって逆差別もいい所だろう。
朝鮮籍も一緒。日本の国会議員に相当する役職を在日朝鮮人の幾人かは持っているぐらい祖国に
優遇されている。無論生粋の日本人がそれらになれるか?と言ったら無理なのはいうまでもない。

それらの権利を全く放棄(祖国及び在日個人諸共)して初めて船虫の御託が真っ当になる。
しかしそれって国籍離脱・帰化と同義なのだが? 日本国籍をとれば直ちに日本人になり、顔からエラ
が取れて一重から二重に変形するとでも思ってるのかな? またアイデンティティを喪失しキムチが
食えなくなり、ハングルで物書きするのは禁止、名前も日本風に変更しなくちゃならんと。
帰化した朝鮮系日本人が山ほど国政や地方選挙に朝鮮読みした元の名前で立候補しているのにな。
国籍剥奪だ!と一方では叫び、もう一方では在日のまま参政権を与えろだと?
だったら強制的に在日に日本国籍者とし、祖国の国籍を剥奪させれば無問題なんだな?
一体どっちなのか、ハッキリさせよ。ボケが。

494 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 18:25:06 ID:svGioisI
いい朝鮮ヒトモドキは死んだ朝鮮人

朝鮮ヒトモドキは死ぬことによってようやく人になれる

495 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 18:50:59 ID:AGltP7p+
糞船虫が馬鹿すぎるので、もう一度、国民国家と民主主義理念について考慮してみることにしよう。
先ず第一に、国民に民主主義理念に則り、その権利を保障し且つ強制している主体を考える事にする。
無論、それは国民国家がその主体だ。つまり国民国家が無くなると、民主主義理念で運用も糞もないことになる。

次に定住外国人について考えてみる。定住外国人はその定住先の国に定住した時点で祖国の諸権利を
全て失う存在だろうか? 無論そうではなく外交保護権下にあり、祖国に対して権利と義務・忠誠が付帯する
人々に他ならない。 船虫がいくらほざこうともこれらの諸権利は現行国民国家間でお互いに認定されている
存在だ。

つまりそれら祖国の諸権利等を持つ(言い換えるなら放棄出来ない)定住外国人がその定住国の参政権を
持つ時点で内政干渉となる。
国家成立の条件は、言うまでもなく領土、国民、主権である。此処に大いなる矛盾が生じる事が先ず一つ。

民主主義理念で説く、治者・被治者の同一(性)はこれら上記で述べた点がまったく考慮が為されていない。
定住外国人にそれらを与えるのであれば、それら外国人が持っている祖国の諸権利や義務を放棄させなければ
ならないが、それの識別として現行国民国家間においては国籍が何処の人間か、で認識している。

船虫は国籍に機能がある事を全く考慮せず、同一国における住民票か何かと同じように取り扱っているが、地方自治体
は国家に一元的に属するものであり、それら諸権利は国家が保障し且つ強制している事を考えると、全く誤った
考え方である。 国籍を住民票と同じように扱うのなら、国家の枠組みを超えて万人(外国人を含む)に対して
その民主主義理念を強制し且つ保障する主体が必要になるが、現行の世界情勢ではそんな世界統一政府のような
政治主体は未だ現れていないし、現実的でもない。

では日本だけがこの進歩的な考え方で国家運営すべきだろうか? 多くの日本人にとっては自明の理となるであろう。
船虫は民主主義理念上、即ち理論上で正しいから参政権を与えるべき、と主張しているが、こちらは根本的に
現実論で「オマイの理屈は良く判った。でも現実的じゃないので与えられないの。祖国を真っ当にしてね。
そしたら与えることができるから。」と主張している訳だ。 謂わば観念論と現実論のぶつかり合いに終始し
一向に結論なんか出る訳がない。 まあ、船虫の電波浴がこのスレのレゾンデートルになりつつあるなw

496 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 19:29:09 ID:0lPr/K32
観念なんて上等なもんじゃありませんよ

妄想ですよw

497 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 20:10:10 ID:6QwAhN+k
虫君。落ち着け。

理論によって本能を制御する。
本能を肯定するために理性を使う。

これをよく読んだ上で、自分がどういう行動をしているかよく考えるんだ。

498 :日出づる処の名無し:2007/03/19(月) 22:49:20 ID:Y7b+Dmip
落ち着いて自分の行動を振り返ることができるのなら、
何スレも延々と周りのやつらを罵倒し続けることはない。

499 :日出づる処の名無し:2007/03/20(火) 00:32:20 ID:YS+CNGGo
まあ、在日もそろそろ年貢のおさめどきだな。
帰化するか、帰国するかはよえらべ。

500 :日出づる処の名無し:2007/03/20(火) 01:00:50 ID:9ZbPkPaw
帰化せんでよろしい。さっさと帰れ

501 :日出づる処の名無し:2007/03/21(水) 18:43:09 ID:enBvaWIO
ちくしょう…東亜のフナバーは結婚していたなんて
童貞ブラザーズだと思っていたのに衝撃だ。
くそう

502 :日出づる処の名無し:2007/03/21(水) 18:44:38 ID:enBvaWIO
しまった愚痴るだけだったから上げるつもりじゃなかったしてたのに
上げちた。501は忘れるしてくれ。

503 :一代目超人フナバー ◆6kiwkkpy42 :2007/03/21(水) 18:46:55 ID:TFbsb2Fo
>>501
勝手に童貞ブラザーズにしてんじゃねえよ、明宏wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ついでに言うと俺は風俗逝ってたから童貞はとっくに捨ててるぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
スレ違いなのでsage

504 :日出づる処の名無し:2007/03/21(水) 18:48:33 ID:enBvaWIO
>>503うるさいしんじゃえ。


505 :一代目超人フナバー ◆6kiwkkpy42 :2007/03/21(水) 18:50:07 ID:TFbsb2Fo
>>504
いいから東亜戻って来い、明宏
ここはお前のブログじゃないぞw
極東板住人の皆さんすみませんねー
勝手に傷ついたおバカが迷惑をかけてw

506 :日出づる処の名無し:2007/03/21(水) 18:57:06 ID:ITUbPrlY
日本国に居住するもの、及び旅行・商用他で日本国に入国・滞在している人は、日本の法律
に従わなくてはならない。この原則は日本だけではなく、世界の他の国でも同じである。
日本には、法律等の規則があり、その規則に則り執行・運営されている。
今回の件もザイニチ側の違法行為が明確であるのに、ザイニチ達は騒いでいる。
彼らザイニチ側が日本の法律に違反したのにも関わらず、そのことを棚に上げ、さも日本側
が悪いがごときの主張をしている。ザイニチ側の主張は「日本の法律や規則を捻じ曲げて、
ザイニチの違法行為は違法とするな」という無法を強要する内容であり、特定アジア以外の
国では、非常識な主張である。
ザイニチだけが法を無視していいという違法行為を認めるならば、それは「ザイニチだけに
与えられる在日特権」であり、ザイニチ以外の日本人を含めた全員に対しての逆差別になる。
違法行為を認めよと要求する以下の在日特権を早急に廃止せよ!

*朝鮮総連や朝鮮学校の建物に対する固定資産税免除の様な異常な税優遇策を即刻中止せよ。
*北朝鮮の核開発や弾道ミサイル開発費用を不正送金する朝銀への税金投入の再発を防止せよ。
*憲法25条に違反する疑いが濃い日本人以外への生活保護費支給を再検討せよ。
*朝鮮系事業者への法人税課税の優遇特別措置である「五箇条のご誓文」を国税庁は廃止せよ。
*朝鮮学校への大学受験資格付与という特権付与策動を、文部科学省はただちに拒否せよ。
*法務大臣は、重罪外国人犯の日本国外退去の法原則を在日韓国・朝鮮人にも平等に適用せよ

507 :日出づる処の名無し:2007/03/21(水) 19:02:09 ID:ITUbPrlY
在日韓国人は、自分に都合のいい時だけ自分たちは日本国民だと思っている。
日韓併合は50年以上前に解消されていることが理解できないのだ。
もし、自分はあくまで日本人であって韓国人でないと主張するなら別ですが、戦後間もな
い頃に、自分達は「日本人ではない」と主張し、敗戦国民ではない(戦勝国民でもない)
第三国人であると自ら主張していたことなど、自分に都合が悪いことはすっかり隠している。
それを今になって、日本が経済的に復興し、豊かな国になってから、日本人と同様の待遇
を求めたり、地方公務員に採用しろと言ったり、参政権をよこせと言ったり、日本国籍を
失ったのは自らの意志ではなかったなどというのは、韓国人のだらしないエゴイズムだ。
憲法にあるのは「国民」の権利であって「外国人」の権利などどこを探してもありません。
平等とは「国民はすべて法の下で平等である」と言っているのであって、外国人が含まれ
ていないのは明白だ。

508 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 14:54:39 ID:wuYr3Fq1
>>482
何ファビョってんだよ?

>>483
だから、そうだって何度も言ってるだろが。
この点、

>>485
>「国民間の差別」と喚いている箇所については、顔文字君の>>343

オレ(文言説)は顔文字(性質説)とは違う。

>>486
それ(在日朝鮮人と言われている人達)が日本憲法では日本国民だってんだよ。
言葉遊びで歪曲するな。

509 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 14:54:58 ID:wuYr3Fq1
>>488
そもそも、何で政府の問題を国民に押しつけるわけ?
おまえの言ってるのは、地方選挙を戸籍ベースにして、
北海道出身(北海道戸籍)の者に、「参政権がほしければ戸籍を変更すれば?」
と言ってるのと同じ。
どういう理由なのかはともかく、キリスト像にこだわりを持つ者に、
「参政権がほしければキリスト像を棄てろ(踏め)」というのが「踏み絵」になるように、
どういう理由なのかはともかく、彼は北海道籍を自己アイデンティティにしてる(「オレは北海道民」)こと
だってあるわけで(というかそれが普通)、参政権を認めるに当たって、
戸籍放棄を迫るのは「踏み絵」だろ?
こんなことは、日本憲法(参政権は固有の権利)および人権規約(出身地や思想信条による差別の禁止)に違反する。
戸籍変更をしなければ適切に参政権認定できないならともかく、現に、戸籍に依存せず
現住所ベースで参政権を認めることができてるわけだから、批判逃れはできない。
しかも、憲法上の日本国民と国籍上の日本国民の間に乖離が生じたのは、日本政府による国籍剥奪が原因なわけで、
その責任を国民の側に押しつける(踏み絵効果を強制する)のはまったくの暴挙。

>相手を否定して自己主張するばかりでなく、きちんと説得する努力が大切だと思うよ。

おまえは政府が悪い(第1に日本政府、第2に韓国系自称政府組織)のに、その責任を
一方的に人民に押しつけてるだけじゃん。
しかも、そのやり方は「ある大阪人犯罪者を根拠に、全ての大阪人は犯罪者だ」というような
ウヨウヨな差別思想なんだろ?ダメダメだよ。
誰かに「おまえは○○だ」と当てつけたいなら、その本人はそうである根拠の上でやれ。
同じ大阪人が犯罪者から、おまえも犯罪者なんてのは不当。
まあ、とにかく、国籍剥奪の主体が日本政府(法務省民事局長)である以上、
第1に政府の責任を問うのは当たり前。譲歩することがあるとすれば、それからだ。

510 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 14:55:18 ID:wuYr3Fq1
>>491 >>495
>民主主義は根本的に国民認定理論ではないの。 国民国家の運用方針なだけ。
>でだ、第一に国民国家の枠組みがなければいくら民主主義を唱えていても、外部の勢力(外国等)に蹂躙されたら

おまえさー。何度も言ってるように、「ではない」と言えば、そうじゃなくなるわけじゃねーんだよ。
否定したいなら、根拠を言えって何度も言ってるだろが。
治者被治者の同一ってのは、「被治者は主権者とせよ(主権者は被治者である者を選択せよ)」なんだから、
これが主権者認定理論であるのは自明じゃん。これを否定するのは、言語や論理そのものを否定するようなもの。
脳味噌が不足し過ぎて分からないなら、前々スレのゴミ出しの例でも考えてみろ。
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1166541049/731
まあ、とにかく、否定したいなら、ちゃんと根拠を出してね。
あと、主権者が国民になるという論証も>>2にあるから、無視しないでね。
それと、これもガイシュツだが、民主主義から民主主義の理念を排除しようなんて暴挙をしたい時も同じ。
憲法学という以前に、民主主義の理念は民主主義の理念(治者被治者の同一)であることは常識なんだから、
根拠もなく排除してもアホ丸出しなだけだよ。
しかも、そんなアホを前提にウダウダ長文こいても無駄なだけ。

>で外国(人)に参政権を与えると言う事は国家の三要素からして矛盾すると

だから、外国人じゃないっての。国民なの。
矛盾するわけねーじゃん。ちゃんと嫁よ。
とにかく、キモは「在日外国人と呼ばれている彼らは国民か(まさに>>2の論証)」なんだから、
それを乗り越えないでウダウダ言っても無駄。国民に参政権を認めるのは当たり前でしかない。

511 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 14:55:35 ID:wuYr3Fq1
>>493
>船虫は敢えて触れないが、在日には祖国の主権と義務が付帯しているから、日本人には無い
>権利を別に持っているんだがな。

何度もガイシュツ。
国民が他国において何らかの権利を有していても(アントニオ猪木や日本人枢機卿など)、
基本的に個人の勝手。少なくとも、それを排除する規定は憲法にはない(あると言うなら根拠を出してね)。
さらに、在日朝鮮人は朝鮮(韓国)への参政権を認められていない。
帰属意識もまさに個人の思想レベルのこと。
日本人が「オレの故郷はバグダッドである。オレはイラクが攻撃されたら、戦う」と言っても、
法律に違反しない限り、そいつの勝手。彼がイラクやイスラムに帰属意識を持っていても、
国民であることには変わりがない。
日本の憲法はそうなってるんだよ。
戦前のようなキモい非国民認定など無効。
いい加減、くさいウヨウヨ脳で決め付けるのはやめたら?

512 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 14:56:33 ID:wuYr3Fq1
>>506
>日本国に居住するもの、及び旅行・商用他で日本国に入国・滞在している人は、日本の法律
>に従わなくてはならない。

?政府もそう言ってるし、現実に従わせてるわけで、
だからこそ、在日は被治者なのだが、だから何?
被治者だから、国是である民主主義に従えば主権者じゃん(>>2)。
これは別に特権なんてもんじゃない。
それとも、在日は被治者じゃないとし、彼らの治外法権を認めるわけか?w

>>507
>失ったのは自らの意志ではなかったなどというのは、韓国人のだらしないエゴイズムだ。
>憲法にあるのは「国民」の権利であって「外国人」の権利などどこを探してもありません。

はいはい。スレタイと>>2-4を読もうね。
在日は「国民」なんだから、国民の権利が認められるのは当たり前だよ〜。

513 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 15:01:06 ID:geAxGD2a
また捏造ES細胞を根拠に「朝鮮人は日本人より優秀」だとかオナニー
妄想に浸ってる低能の登場ですかw

514 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 15:26:19 ID:dYFuMc8o
船虫の言う事はとどのつまり、
憲法の「都合よく利用できる部分」のみを「都合のいい読み方(文言説)」で抜き出して、
在日に便宜を図れと。そういうことなんだよ。

そしてさも一方的な被害者みたいなツラして「国籍剥奪」を叫べば、
見返りに銭や高待遇が転がり込んでくるだろうと、
そういう下衆で浅はかな思考のみで構成されたのがフナムシの文章なんだよ。


515 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 15:29:45 ID:ysLhmvsi
日本人には「在日」なんて付かないし。
在日=外国人

516 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 16:10:50 ID:KP1cVY1g
不法入国者が大半を占める犯罪民族が被治者だから国民だとはずうずうしい。

517 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 16:39:33 ID:vMjroCtf
>>510

船虫は本当に糞だなw だからさぁ、何度もいうように船虫の国家と国籍の定義をしてみせろよ。
国家が民主主義を保障し国民に強制させている主体なのに、外国(人)に主権を渡して成り立つ訳
ねーだろうが。 被治者(この場合外国人)を主権者としたなら根本的にその主権を行使する主体(国家)が
存続できねーから駄目だって言ってるんだろうが!
国家が存続できずにどうやって民主主義をその国民とやらに守っていくんだ?
オマイの理屈は単にある国家に於ける、民主主義理念に則れば云々としか言及してねーだろうが。
大枠でこちらは語っているのに、何内枠のステージで延々と理屈をこねるんだ?
まるで回答になってねーだろうが。 船虫よ、オマイのいう国家とは一体なんだ?国籍って印のようなものって
なんなんだ? 早く答えろ。 ボケが。

>だから、外国人じゃないっての。国民なの。
定住外国人は船虫が軽視しているが

>次に定住外国人について考えてみる。定住外国人はその定住先の国に定住した時点で祖国の諸権利を
>全て失う存在だろうか? 無論そうではなく外交保護権下にあり、祖国に対して権利と義務・忠誠が付帯する
>人々に他ならない。 船虫がいくらほざこうともこれらの諸権利は現行国民国家間でお互いに認定されている
>存在だ。

は否定できねーの。だから治者・被治者の同一だけで語るのではなく、外国勢力として認識しなくちゃならねーの。
あとアントニオ猪木や枢機卿ってオマイは馬鹿か?バチカン市国は一応国家扱いだが、あれを一般の国民国家と
するな。 それとアントニオ猪木は個人で北朝鮮に貢献したからその特別な権利とやら得たんだろうが。
そんなにいうなら、定住権や北朝鮮の国会議員相当の役職に付く権利を放棄してからいえ。
一般の日本人はオマイら在日の諸権利はもってねーんだよ。
船虫理論なら、それらの祖国における在日特権は遺棄すべき存在なんだからな。
それを日本だけ押し付けて祖国には主張しないのか?それとどう祖国に”国民とは定住地の住人とする”という
定義を認めさせるつもりだ?馬鹿も休み休みいえ。

518 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 16:48:10 ID:IFshV6Mq
百済系の天皇が国民統合の象徴なんだから在日も立派な国民だろがボケ

519 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 16:49:28 ID:vMjroCtf
>>511

>国民が他国において何らかの権利を有していても(アントニオ猪木や日本人枢機卿など)、
>基本的に個人の勝手。少なくとも、それを排除する規定は憲法にはない(あると言うなら根拠を出してね)。
>さらに、在日朝鮮人は朝鮮(韓国)への参政権を認められていない。
>帰属意識もまさに個人の思想レベルのこと。
>日本人が「オレの故郷はバグダッドである。オレはイラクが攻撃されたら、戦う」と言っても、
>法律に違反しない限り、そいつの勝手。彼がイラクやイスラムに帰属意識を持っていても、
>国民であることには変わりがない。
>日本の憲法はそうなってるんだよ。

ほう、面白い理屈だな。アントニオ猪木や枢機卿は前スレで言及したから除くとしておいて、
基本的に個人の勝手だと? たしかに思うだけなら勝手だか、日本国に害を為した場合はそうでないぞ。
日本国は日本国民にとって運命共同体な訳で、日本が嫌いな日本人は国籍離脱の権利を有しているんだからな。
あと一般には言われないが祖国に対しての忠誠義務を国民は持つのが当然のこと。
いざ外部勢力の侵略や干渉から我々国民を守ってくれるのは正に国家な訳だからな。
在日が祖国の参政権がないだと? だったらその非民主主義的な祖国の態度を先ず改めさせろよw
そんな非民主主義的な祖国と日本は国境を接しており、その祖国の国籍を頑なに守り日本に同化しようと
しない在日だからこそ参政権が与えられないんじゃねーか。
民主主義理念を推し進めたくても、非民主主義勢力が日本の周りに跋扈しているからツケこまれる。
それだからこそ現実論としてあたえられねーと言っているのに何原理主義者のように民主主義マンセー!
住んでいるんだから国民だ! 参政権を与えろだぁ? 一遍死んで来いって。


520 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 16:50:44 ID:vMjroCtf
>>518

それだと朝鮮半島は日本の領土であっても正当な歴史的理由となる訳だなw 大日本帝国マンセーw

521 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 17:20:57 ID:atjKOFx6
>>518
だったら反日するなボケ

522 :嫌特定アジア流 ◆nwZRjuTh/E :2007/03/22(木) 17:22:53 ID:DiI6CUYZ
>>518
では、今より総督を派遣します

523 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 17:26:41 ID:atjKOFx6
今度は出血サービスは一切なしで、骨の髄まで絞り取ろう

524 :null ◆x6W1cFiRkY :2007/03/22(木) 17:29:57 ID:cBvVKtOT
いやいや、連中とは何も受け取らず、何も与えないのがベストかと

525 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 17:37:22 ID:dYFuMc8o
>>477

判例あるよ。教えてやるよ。
http://www.asahi-net.or.jp/~dh6n-tnk/1990-2.htm
「平和条約の発効により朝鮮人が日本国籍を当然に喪失すると解することが十分可能であり、合理性のあるところである。」

アホ虫は都合の悪いものは判例だろうが憲法だろうがスルーなんだろうけどな。


526 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 17:50:37 ID:dYFuMc8o
「憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわちわが国の国籍を有するものを意味する事は明らかである。」

ってのもあったなあ〜

527 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 19:08:33 ID:KP1cVY1g
勝手に棲みついて「国民である」とか、バカッしょ。

528 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 19:33:56 ID:Q5+9PUzh
>>518
おやおや。日韓併合は正統な行為だと認めてくれるんだw

529 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 19:45:17 ID:IFshV6Mq
国民かどうかは天皇によって象徴的に統合されうるかどうかによる
だから天皇と血筋が近いものほど国民度が高いわけ
これは憲法第一条が保障しているゆえ
国籍などお飾りにすぎない

530 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 20:12:35 ID:atjKOFx6
>>529
>国籍などお飾りにすぎない
世界中の他の国にも同じことを言ってくれ

531 :日出づる処の名無し:2007/03/22(木) 23:44:14 ID:CBrI/apR
感想文。

むしくんは、A,Bの条件を持って根拠としている。
そして、それを否定するためにはA,Bを根拠を持って否定しなければならないと

     限定

している。


ゆえに、条件Cをもって、AとBによる解釈を否定しても全く理解できていない。

馬鹿は放置が一番よい。

532 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 00:19:38 ID:YvGMymR7
まだやってたのかこのスレ。

これだけボコボコにされ火達磨になってもなお、虫君はスレを立て続け
のたれ死ぬまでここで病身舞を踊り続ける運命なのか。
来る日も来る日も叩かれ続けて、やっと学んで身に着けたことと言えば、
船虫Jrと名乗れなくなった羞恥心くらいか。

あな悲し火病道化師。

533 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 01:13:23 ID:asQkCieY
主さんは次元が違うことを混同してらっしゃると思います。
まず、国民がいて国家がある。そして国家の運営方針として日本は民主主義を採用した。
つまり、日本人を確定したことを前提で、日本人全体で日本国の運営方法を決定するからその結果として「治者と〜」なるわけ。
国民かどうかは被治者 以前の問題。つまり「国民」かどうかは血縁、出生地等の違う視点で検討すべきかと。その結果、在日が「国民」となるならまだ納得出来ますけど…。
そもそも「国民」なのか?「国民」だけど参政権が制約されるのか?「国民」でないが外国人の人権として参政権を認めるのか?きちんとレベルを区別しないから混乱してるのだと…



534 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 01:58:27 ID:qBB9obal
きちんと区別できるくらいならホロン部なんぞやっていないだろ

535 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 14:45:03 ID:MnQmJFiv
朝鮮人は所詮 朝鮮人。国籍としては、韓国籍か北朝鮮籍。
どちらにしろ、日本人ではありません。おしまい。

536 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 14:58:49 ID:ZcPeFpgZ
>>514
>憲法の「都合よく利用できる部分」のみを「都合のいい読み方(文言説)」で抜き出して、
>在日に便宜を図れと。そういうことなんだよ。

だから何?
利用できないとこをわざわざ引用するのは単なる無駄口だし、
文言説はもっとも素直に読んだ解釈(憲法の国民は文字通り国民)であり、
ウヨどもも同意している(>>2)。
おまえは単に悪く表現してるだけじゃん。
反論できないなら、糞喰って氏ねよ。

>>515
おまえも意味不明。在日が「在日“外国人”」と呼ばれているのは誰でも知ってる。
おまえが言ってるのは、
A「A級戦犯は戦犯(国際法その他の倫理上の戦争犯罪者)ではない」
B「A級戦犯は戦犯と呼ばれている」
A「だから何?」
B「・・・戦犯だよ」
A「は?・・・プ」
↑このBと同じ。

537 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 14:59:06 ID:ZcPeFpgZ
>>517
>船虫は本当に糞だなw だからさぁ、何度もいうように船虫の国家と国籍の定義をしてみせろよ。

何でオレがそんなことをする必要があるんだ?
国家などという用語は>>2の論証に用いていないし、国籍に関してはただ「国籍法という法律があり、
多くの人民が政府によって、それを付与されている」という事実に言及しているだけ。
定義をさせたいなら、反論によってオレがそうせざるをえない状況に、論理的に追い込め。
それができない(必要性を提示できない)のなら、論点のすり替えでしかない。

>国家が民主主義を保障し国民に強制させている主体なのに、外国(人)に主権を渡して成り立つ訳ねーだろうが。

だから、その外国人なるものは、単なる通称であって憲法上は国民なんだと言ってるだろが。
憲法学はもちろん国家も憲法に従うのは当たり前。

>被治者(この場合外国人)を主権者としたなら根本的にその主権を行使する主体(国家)が
>存続できねーから駄目だって言ってるんだろうが!

アホ。主権者は国家ではなく国民。
国民がアホなら民主主義の性質上、国家の危機になるかもしれんが、
それは主権者たる国民の選んだことだから仕方ない。
つーか、国民を脇に置いて、妙な国家像を妄想するな。
国民が望むなら、国家なんて解体させてもいいんだよ。
ウヨどもの日韓併合に関する理屈はまさにこれだろが。
大韓民国国民が望んだからだろ?ダブスタこくなよな。
しかも、そもそも国家の危機なんてのも根拠のない決め付けだし。
まあ、この調子で軍拡するのがウヨの得意技だろうけど、妄想はいい加減にしてね。

538 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 14:59:23 ID:ZcPeFpgZ
>>517
>あとアントニオ猪木や枢機卿ってオマイは馬鹿か?バチカン市国は一応国家扱いだが、あれを一般の国民国家と
>するな。 それとアントニオ猪木は個人で北朝鮮に貢献したからその特別な権利とやら得たんだろうが。
>そんなにいうなら、定住権や北朝鮮の国会議員相当の役職に付く権利を放棄してからいえ。

あのさー。
幼稚園児でも知ってるように、法律に違反しなければバチカンや北朝鮮の幹部になろうともOKなの。
アメリカのグリーンカードをもらっても何ら問題ない。差別だとか叫くのは単なる僻み根性。
文句があるなら、違反する法律を提示してみろよ。
脳内法規でダメだと叫くだけじゃ話にならねーっての。

#法律を出しても、それが憲法理念を規制するものであることを示さないとダメであるが、
#それはとりあえずおいておく。

>>519
>あと一般には言われないが祖国に対しての忠誠義務を国民は持つのが当然のこと。

ウヨウヨ脳では当然なだけじゃん。
ともかく、これも憲法上の根拠を出してね。
憲法学の常識では、主権者であることは固有の権利であり、ウヨに反日だと言われようが、
本人が「日本は糞だ」と告白しようが、そのような思想信条とは関係なく主権者だからな。
選挙にあたって、「あなたは愛国者ですか?」などと問われない。
ウヨウヨ妄想の押しつけはキモいだけだよ。

539 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 14:59:43 ID:ZcPeFpgZ
>>525
おまえバカ?

オレ「Aは根拠がない。しかるべき法規範を出せ」
オマ「根拠はある。それはAだ」

こんなの根拠付けになるわけねーじゃん。
言うまでもなく、Aとは平和条約時に出された通達や勅令のことを言う。
これらが法規範と言えるからって、批判対象を出しても根拠にならない。
こんなの乳幼児でも分かることだが、真顔でやってるおまえって何者?
しかも、法律じゃなく判例だし。人民が土地に従属すると明言してるわけでもない。
まるで話にならんな。

>>526
それもさんざんガイシュツ。

540 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:00:01 ID:ZcPeFpgZ
>>531
>むしくんは、A,Bの条件を持って根拠としている。
>そして、それを否定するためにはA,Bを根拠を持って否定しなければならないと
>     限定
>している。
>ゆえに、条件Cをもって、AとBによる解釈を否定しても全く理解できていない。

バカもん。論理なんだから当たり前。
正しい論証なら(これに関しては三段論法と対偶の明示だけだから>>2が正しいのは自明)、
前提(根拠)が正しければ帰結は正しくなる。
これ論理の基本。
分からなければ、小学校に帰って先生に教えてもらうように。
で、このような論証を否定するには、前提を否定するしかない。
なぜなら、帰結の真は論理の必然だし、使用してる論理(三段論法)が妥当なのは自明だから。
A、B限定になるのは当たり前。
もし、Cなるものをもって否定を行いたいなら、それがA、Bいずれかを否定するものであることを
示さなければならない。そのような効果も示さず、Cのみを声高に叫んでも犬の遠吠えにしかならない。

541 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:00:40 ID:ZcPeFpgZ
>>533
>国民かどうかは被治者 以前の問題。つまり「国民」かどうかは血縁、出生地等の違う視点で検討すべきかと。
>その結果、在日が「国民」となるならまだ納得出来ますけど…。

だからそうだって。
考えてみろよ。国家が出来たというポツダム宣言から平和条約の間。
その間でも憲法制定が決定的な契機になる。
オレが問題にしてるのは、憲法前文で「この憲法を作った」とされる「日本国民」は誰なのかということ。
国籍を頼りにするなら、当時日本国籍を持っていた在日は紛れもなく国民であり、
政府自身も国民であると認めている(>>6)。
だが、オレ自身は
「国民が国籍を持つのは便宜的なことであり、国籍があれば誰でも国民であり、
国籍がなければ(剥奪されれば)誰でも非国民になる」
とは考えていない。
それは、憲法が国民たる権利(主権・参政権)を固有の権利であると言ってるから。
法務省通達で剥奪が行われたように、国籍の操作は人為的なものであり、
国籍法の内容(出生地主義か血統主義かなど)によって変わる。
だから、おまえが突然国籍を剥奪されたり、“操作に間違いが生じる可能性”をはらんでいる。
これは認めるだろ?

542 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:01:08 ID:ZcPeFpgZ
なら、間違いとするなら、正しいのは何なのか?
それがなければ間違いとは言えないだろ?
法務省局長が神のような存在で、国民であることが彼によって与えられる資格なら、
間違いが生じようがない。局長が神でも「憲法制定権力付与権力者」でもないから間違いは有り得る。
極端なことを言えば、局長が発狂して「安倍一族のみが国民。後は非国民」だとか、
安倍が発狂して「全てのアメリカ人に日本国籍を認める」という国籍法の改正をやったり、
原理的にはできてしまう。だが、そんなことでは主権が固有の権利であることとは相容れない。
で、そのような憲法制定以前に想定でき、憲法とも矛盾がない国民指定(選定)理論は何か?
おまえは、血縁や出生地を挙げているが、血統や出生地により差別は憲法と相容れないし、
日本が批准している人権規約にも違反する。
戦前でも日本で日本人として活躍した外国出身者は多いわけだが、彼らを非国民扱いすることは
できないわけだ。そうなると何がある?
憲法学では八月革命説というのがあってポツダム宣言において主権者が変わった(確定した)というのが
通説になってるわけだが、そのポツダム宣言には民主主義が謳われている。
民主主義はその本質(理念)からして、主権者選定理論であるから、これを採用すれば主権者(国民)が
確定され、また、重要なことに、民主主義以外の選定理論も採用すれば、どこかで矛盾を生じさせる。
というわけで、民主主義でいいじゃん。何も問題ないが?

543 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:01:47 ID:PIfVq/Td
>>536

>ウヨどもも同意している(>>2)。

バカジャネーノ 独りよがり

544 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:06:26 ID:PIfVq/Td
局長は上の指示で通達を出しただけだろーがw



545 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:10:04 ID:PIfVq/Td
>>539

虫「国籍剥奪(プ)は根拠がない。しかるべき法規範を出せ」
オマ「根拠はある。それはAだ」

言うまでもなく、Aとは平和条約のことを言う。
お前リンク先読んでないだろ。糞たわけ

546 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:21:41 ID:ZcPeFpgZ
>>545
バカ。

“在日朝鮮人に関し、その国籍の得喪を定めた国内法或いは当事者間の条約は今日に至るまで存しないのであるから、
日本国としては、朝鮮人の日本国籍の喪失根拠を別に求めなければならないところである。”

そんな条約ないから、

“平和条約の効力により在日朝鮮人が当然日本国籍を喪失するものとしても”

だろが。
根拠は条約そのものではなく、判事の脳内。
憲法9条は自衛隊を禁止しているが、憲法そのものに明示されていることではなく、
発言者の脳内における解釈であるのと同じ。
要するに拡大解釈。
条約では拡大解釈は根拠にならないから残念!

547 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 15:25:55 ID:PIfVq/Td
>>546

逆に言えば「国籍選択権を与えなければいけない」という法も決まりも無いんだよ!ぼくちゃん


548 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:09:42 ID:rCgvikl8
>>537

船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
何故なら祖国の外交保護権下にあり、忠誠義務や権利が付帯した人々だから。
それなのに船虫はそれらを只ひたすらに軽視して民主主義を拡大解釈しているだけだ。
船虫理論ではそれら祖国の権利を放棄する根拠が全く述べられていないし、国籍についても明確に
定義できないでいる。 それは国家を定義せずに民主主義理念でしかモノを見てないからに尽きる。

こちらは船虫の理念は究極の理想(いわば世界市民思想)でありそれについては否定していない。
だが現実世界で日本は国民国家であり、在日の祖国は非民主的であり、それらの影響下から逃れられない
在日に対して参政権を与える事は肝心の日本国という国民国家の存亡に関る問題となる。
だから与えられないの、という主旨に全く聞き耳を持とうとはしない。
だから船虫理論の論証も糞もない。「全面的に理想論だね。たしかにそれが実現すればいいね。」と認めてやってるん
だからさw それなのになんで船虫理論がこうだから、全面的に正しい!だから在日に参政権を与えろ!という
論旨を馬鹿みたいに繰り返すんだ?オマイ本当に馬鹿だろ? 理論が正しいとかが問題ではなく現実的にそれが
施行出来るかどうかの妥当性にこちらは突っ込んでいるんだろうが。
理論原理主義厨に陥った典型的なパターンだ。 理論だけなら共産主義も完璧だぜw

549 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:11:12 ID:asQkCieY
あらゆる規範は所詮人が作り出したもの故に、そこには間違いや時代にそぐわないものは発生しうる。
だから主は人権とか民主主義とかそういう形式的根拠だけでなく納得させうる価値観、倫理観を示して下さい。
あと民主主義→国民主権でなく、国民主権実現手段が民主主義。民主主義から「国民」を定義するのは本末転倒では?
中国に主の理論をあてると中国「国民」は誰もいないですからね…




550 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:24:15 ID:rCgvikl8
>>537

>アホ。主権者は国家ではなく国民。
>国民がアホなら民主主義の性質上、国家の危機になるかもしれんが、
>それは主権者たる国民の選んだことだから仕方ない。

誰が主権者が国民でないといったよ?民主主義とそれら権利を守りそれらを国民に保障するのが
国家としかいってねーじゃん。 では聞くが主権が国民にあるのなら、なんで中国や北朝鮮には
民主主義がなりたってないんだ? それは国家がそれらの権利を国民に守ってネーからに尽きるだろが。
そして日本はそれら外国勢力にいわば囲まれて存在している訳だ。

定住外国人はそれらの影響下(いわば主権下)におかれていることは明白なのに、日本だけが民主主義を
突き詰めろだと? だから何度もいうように民主主義を悪用して外部勢力に付け込まれるから与えられないと
言っているだろうが。 そして更に言うが、主権者たる国民が馬鹿だったら国家は滅んでも構わないだと?
国家が滅んだ後、次にくるのが民主主義理念で理想的な世界市民体制に必ずなるとでも思ってるのか?
更にいうなら、国民は国籍保持者である、とする既定が国民国家間では一般的は解釈であり、船虫の珍説を
取り入れているところは何処にも無い。

中国や朝鮮の一部になったらどうなると思う?オマイら在日は万々歳だが日本人にとっては悪夢そのものじゃん。
オマイこそ国民を脇に置いて妙な国家像を妄想してるじゃん。オマイらは国家に対して忠誠心も糞もなく
一体誰がその御託を主張する権利を守ってやっている主体かを全く理解していないようだな。
祖国からも嫌われ、日本からも嫌われる理由が良く判るというものだ。自分達の都合さえ良ければ、国も糞も
関係なくときには捨ててまるでイナゴのように豊かな国へと移動するだけの存在だ。
権利だけでモノを見て、社会共同体(その最上位が国家)に貢献しようとする姿勢がまるで見えない。
話せば話すほどムカつく最低の糞野郎だ。 ホント。

551 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:33:14 ID:rCgvikl8
>>538

>あのさー。
>幼稚園児でも知ってるように、法律に違反しなければバチカンや北朝鮮の幹部になろうともOKなの。

バチカンや北朝鮮の幹部になろうとOKってなんだよw 何故公安が北朝鮮関係者をマークしていると
思うんだ?日本は思想信条の自由があるから、公共の秩序に反しない限り、それらは守られる。
だがな、それらと国民国家としての主権や忠誠義務を同一視して語れるとでも思っているのか?
あと外国に命じられて日本に対して反国家的な破壊活動をすれば極刑が待っているぞ。

アメリカでもグリーンカードを取ったからといってただちに参政権が与えられるとでも?
完全にアメリカの市民権を取ってからでないと主権を行使できねーだろうが。 しかも元の国籍は放棄してだ。
一部の国においては2重国籍をある程度認めている所もあるが、それは主流ではないしな。
船虫よ、オマイの珍説は世界中の国々では誰も採用していないの。 あまりにも現実離れしてさ。
日本の憲法でも主権は国民である。 で今の所国民=国籍を持つ者以上の定義は為されていない。
それらを現実に覆す訴訟や運動を日本だけでなく諸外国でもすすめてみたらどうだ?
妄言はもう聞き飽きたからw

552 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:44:50 ID:+MYVYSEP
被治者なら国民である=バカ

553 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:46:34 ID:rCgvikl8
>>540

先ず、A(民主主義理念による国家運営)が成立するにはC(国民国家の存続)が必要なのが一点。
つまりAが成立するには条件Cが前もって成立していなくてはならない。

次にA,Bの条件(民主主義理念、治者、被治者の同一)で在日が国民だという根拠にしているが、
AからBを導き出したとする。しかしBはCの存続を否定する条件となる。
条件Cが条件Bにより否定されるならば、当然条件Aは条件Cが成り立つ場合のみ成立する概念だから、
つまりBによりA,Cは否定される事となる訳だ。

条件C(国家存続に関する疑念)によりB(在日国民説)の拡大条件は成立しえない。
よってこの論理は成り立たないとこちらは主張している訳だ。

船虫はA,B間の論理の正当性のみ言及している。根本なのはそのA(民主主義理念による国家運営)が成立
するには他に条件がある(C:国民国家の存続・具体的には主権を維持すること)という点について全く見向き
もしていないということだ。
根本的に都合のいい条件のみ抽出し、御託を述べているだけの話だなw

554 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 16:52:11 ID:mUWG6rEZ
船虫スレはここですか?

555 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 17:09:55 ID:rCgvikl8
>>553追加

B(在日国民説)が何故C(国民国家の存続:主権の維持)に反するテーゼとなるのか?
B(在日)はCを否定する条件D(外国(人):主権が外国にある)に該当してしまうから。

即ち    前提条件としてAの成立要件はCである。    AからBは導き出す事が出来る。

しかしB=Dである。 D(外国勢力の介入:内政干渉)はC(主権)を否定する。 

よってC(国家:主権存続)により成立するA(民主主義理念)も不成立となる。

故に AからBは成立出来ない、となる。

船虫は故に条件C(国家)とD(外国勢力の介入:内政干渉)に対しての明確な定義、及びそれらの
反論が必要となる訳だ。 しかし敢えて船虫はそれらについてはお茶を濁すばかり、甚だしいのは
国民が馬鹿なら国が滅んでも構わないとまで言い切る始末。 どっちが一体無茶な理屈か万人には
一目瞭然だろう。

556 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 17:28:59 ID:8ulcIOsH
朝鮮総連、武装した在日朝鮮人が日本人を威圧している。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/421/23/1/116946564015715769.png
昭和24年に撮影された「朝連」本部入り口の様子、ブーツに警棒など軍装に近い。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/421/23/1/11694665681579697.png
占領統治が終わった昭和28年の写真でも、彼らはヘルメットや警棒を装備し、軍隊然として出で立ちだ。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/421/23/1/11694666851579625.png
あるテキヤの親分の回顧「朝連と聞くと誰も入ってこない。何よりも警察が怖がって近づかないので助かった」
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/421/23/1/116946714115524414.jpg

在日特権を生んだ戦後の闇…“内戦”が始まった8月
http://dogma.at.webry.info/200701/article_19.html

在日特権を許さない市民の会
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


557 :531:2007/03/23(金) 21:31:33 ID:S1R9M99a
>>540
えっと・・・アホなの?

558 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 21:44:33 ID:S1R9M99a
>>540
「将棋で歩は金となることができる。」
をもって、突然開始と共にすべての歩を金にしようと叫んでいるわけ。

きみは、これを否定するためには
「将で歩は金となることができる。」を否定しろといってるんだよ。

条件である「ただし、敵陣地に入らなければならない。」をいくら教えても理解できない
理解しようとしない、「あーあー、キコエナイーイ」と叫ぶのであれば、

君は単に、本能を肯定するために理性を使用しているにすぎない
愚かな存在といわざるを得ない。

わかりやすく説明してあげよう。

君は、車の部品の限定された一部分をもちいてパーツを組み立てて
多少いびつならがらも走行できる二輪車を組み立て、余ったパーツはゴミ箱(意識の外)に捨て
「ほらみろ、バイクになるじゃないか!。これはバイクのパーツなんだよ。」
と、叫んでいるにすぎない。

559 :日出づる処の名無し:2007/03/23(金) 21:50:57 ID:S1R9M99a
>>555
それはしょうがない。
虫君は、「本能を肯定するために理性を使用する」タイプの犯罪者型人間だから。
よほど、追いつめられた状態じゃないと一般的な日本人はこのような行動はしないのだが、
なにぶんレイプ大国である、かの国の人間ゆえ常習的にこのシナプス結合ができあがっているのだろう。
遺伝かな?w
いずれにせよ、理解しがたい人種であることには変わりがない。

560 :日出づる処の名無し:2007/03/24(土) 01:40:43 ID:fswCvCoi
>>559
>本能を肯定するために理性を使用する

逆を言うと、欲望むき出しのえげつない本音を他人にみせられるように
ごてごて飾り付けるため、理性というより単なるイディオムを並べているんだな

ま、アホサヨ全体がこの論法なんだが

だからだらだらと長文になる

561 :日出づる処の名無し:2007/03/24(土) 07:30:28 ID:kC/74syN
さて、再び国家というものについて考えてみようか。
国家の三要素説(領土、国民、主権)については何度も既出なので割愛する。
では何故今の世の中の人類集団は国民国家に分裂しているのか?について考察してみる。
随分と大仰なテーマに聞こえるが、真理は単純なモノだ。

即ち、お互いに一緒の政治体制の中でやっていけない集団だから、の一言に尽きる。
人種、民族、文化、文明、経済的格差(それらによる嫉妬心や侮蔑心)などの違いにより、
コイツラとだけは一緒に社会を構成したくねーと思っているからに他ならない。

隣国とは仲が悪い、というのは普遍的な国際真理であるが、それもそのはず。元々お互いが相容れないから
国家に分裂しているのであって、極めて仲のいい人類集団であったら、経済的利便性などを考えても
紆余曲折を経ながら一つの政体(即ち統一国家)に纏まっていくからだ。人類の歴史の発展は正にそれに
沿って動いてきた。

最初は原始狩猟社会、次に原始農耕社会ときて、都市国家が成立する。次に古代的専制君主国家や直接民主制、
国によっては封建制を経て絶対君主制、そして国民(地域)国家へと規模を拡大、変遷してきた訳だ。
今の世の中を見ても、それら国によってはその歴史的経緯により、様々な段階の国家が生き残っている。
即ち民主主義理念を取り入れた国ばかりではない、という事もまた真理だ。

先進的な地域になれば成る程、国家間の枠組みはなくなり、一つの統一政体に纏まる傾向をみせる。
EUがその典型的な地域だ。だが、未だ後進地域であるアジア地区は日本を除いて、民族主義的であり
経済的発展による自信から、却って排他性の強い思想が蔓延する事となった。
歴史的に他国(民族)に虐げられてきた(植民地など)事による劣等感や復讐心、僻みの心理に拠ってだ。
即ち、これらを考慮するからこそ日本は国民国家として日本人のみで一つの政体に纏まっているのであり、
外国人を主権者から排除している訳だ。

562 :日出づる処の名無し:2007/03/24(土) 07:49:21 ID:kC/74syN
>>561の続き
即ち、国民国家の枠組みが必要だと考えているからこそ、外国人に参政権を与える事は
不可能な訳であり、外国の主権下にある外国人に参政権を与える事はそれらを放棄することに
他ならない訳だ。

これは民主主義理念上、(外国人を含む)万人に対して平等である理念に真っ向から挑戦する
現実である。しかしながら現状の国際間においては、国民国家が(定住)外国人を含まない”国民主権”
は普遍的に認められた価値観であり、それらは決して民主主義理念を拡大解釈した船虫のいう
”定住者主権主義”までは含んでいない。

更には国民国家の中には、民主主義理念を運営方針に取り入れておらず、独裁制、社会(共産)主義、
そしてそれ以外の理念に則って運営されている国も未だに多くあるのだ。
そんな世の中において、一国だけがその理想論によって外国人に参政権を与えるということが如何に
暴挙かということが良く判る。

船虫はいう、在日の祖国に対する忠誠心の度合いは強弱あり、殆ど日本人とメンタリティは変わらん。
だから参政権を寄越せ、と。 しかしそれら個々の在日の心情は兎も角として、彼らは一応に祖国の主権と
義務・忠誠が付帯する(それらを放棄出来ない)人々にあることは変わらないのである。

彼らが日本人と変わらないというのであれば、それら祖国のしがらみ(主権・忠誠義務)を一切放棄する
即ち祖国の国籍の離脱と日本への国籍変更(帰化)にて、その個人だけでなくその属する日本社会に対して
その帰属確認を宣言すべき問題となる。

在日がいくら御託を述べようとも、帰化しないのであればそれは正に外国人であり、日本人として、
運命共同体である日本国に参加しない、と暗に主張しているのと一緒だ。
これらを考慮して参政権問題を考えていくとまた違った角度で問題があぶりだされるかもしれないな。

563 :在英日本人:2007/03/24(土) 21:24:18 ID:cDgN2S8S
こういう馬鹿が沸いて出て来る度に笑うんだが。
そもそも日本国憲法の何処に

「治者被治者の同一」

なんて与太が書かれているのかと。
まあ、仮にこれを認めるとしよう。その場合、外国に居住する国民にとっての
治者とは何か。例えば俺の場合、普段は英国政府が君臨しているが、それでも
日本国民としての日本国政府との権利義務関係は存続している。例えば、
この国で参政権は全然持っていないが、それでも日本の選挙権はある。
日本に対する納税の義務は無いが、英国政府には税金を払っている。
つまり、英国において「被治者」として有しない権利と義務は日本国との
関係で補完されている訳だ。
だから、例えば日本が戦時になって、俺が予備自衛官だとしよう。
そうすれば、日本政府の徴兵に応じる義務が発生する。


564 :在英日本人:2007/03/24(土) 21:26:48 ID:cDgN2S8S
だから、在日朝鮮人には偉大なる百戦百勝というか百賎百姓の将軍様
の奴隷になる権利が、日本国公務員になる権利の代わりにある。

まあ、それで我慢しろよ、と。

565 :在英日本人:2007/03/24(土) 21:32:46 ID:cDgN2S8S
で、在日が本来は日本国民としての義務を植民地時代以降保持していて、
単に本来ある権利が無視されているだけ、という可能性はあるのか。

そんなものは無い。

なぜなら、希望者は日本が占領されていた時にさっさと日本国籍の保持を
申し出て、そのまま日本人になったから。総督府の高級官吏とか、
本土に逃げて来て日本人であり続けた奴は多い。

だから、今ごろ何を馬鹿な事を言っているのか、と。

566 :在英日本人:2007/03/24(土) 21:39:25 ID:cDgN2S8S
例えばウクライナの例を見よう。あそこのロシア系の連中は
ウクライナがソ連から独立した時点でロシア国籍ではなく
ウクライナ国籍が与えられた。ソ連のウクライナ地方に
住民登録されている人間ならば、モスクワに居ようが何処に居ようが、
ロシア語以外知らなかろうが変わらない。俺の友人なんかカザフ人に
なってしまった。

ジャマイカが独立したとき、彼らが貰ったのはジャマイカ国籍と、
現在で言うBritish Overseas Passport で、British Passportでは
無かった。それはイギリス本土に植民地人として住んでいた
ジャマイカ人でも基本的に同様。

そんな訳で、都合良く国家や国民の定義を曲解出来る程
世の中甘くないのは、どこでも一緒。

567 :在英日本人 :2007/03/24(土) 21:45:12 ID:cDgN2S8S
だから、おめえら外国人なんだから、日本の国籍が欲しけりゃ
普通に帰化しろよ。何年か日本に住んでいて正業に就いていりゃ
簡単なんだからさ。それに日本語しか出来ねえだろ、お前らは。

それが嫌だってのは外国に忠誠心があるからだ。そんな奴は
日本人になるんじゃねえ、馬鹿野郎。国が穢れるわ。

568 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 02:40:33 ID:6RbMYCuA
>>566
エストニアの場合はエストニアが独立した段階で、住民にエストニア語による
試験を義務づけて落ちた人間(殆どがロシア系住民)はエストニア国籍を与えず、
当時はまだ健在だったソ連籍と言うことにしたのだが、そのソ連邦が崩壊して
しまった為、それから15年以上経ってるのに彼らの国籍は宙ぶらりんのまま。
そのような人間が人口の1割の13万人もいる。
そんなエストニアでもEUに加盟出来ている事から分かるように、国家や国民の
扱いの世界における認識はウジ虫の妄想とはまるっきりかけ離れているわけだ。

569 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 10:32:00 ID:mPxRA4jH
>>560
ちと違う。
本能自体に善悪は存在しないのだが、
通常理性が本能の示す要求を総合的に判断する。
後にどうなるか、とか、周りへの気遣いとか、好きか嫌いかとか。

本能が示す欲求を否定するにしても肯定するにしても、
きちんと理由付けがなされストレスを回避できるんだ。

しかし、理性が弱く本能が強ければ
理性は本能を追認するためのパーツに成り下がる。
早い話が、だだっ子の言い訳。子供の言い訳。と同じもの。
理性が追認することによって、正当化、理由付けがなされてしまうため
また、本能が主体であるため
社会システムから逸脱してしまう。

まぁ、このレスにしても虫君は「ネトウヨの特徴じゃん」とかいって
自分にはあてはまらないような思考をするわけだが、
それが、防衛機制であることに気づかない。
「ネトウヨの特徴」であれば、それを批判している自分にはあてはまらない。という
お粗末な納得を得てストレスを回避しようとする。

570 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 12:56:40 ID:tnBjQQU3
そろそろdion規制が解けたかな? というわけで
>>241
>そもそも、主権が天皇にあるのに本来的な主権が国民にあることになるのがおかしい。

社会契約説を適用すれば制度がどうなってても「本来的な主権」は国民にあるといえる 
革命などという解釈がどうしても必要とはかぎらない
でも私の解釈は日本⊂大日本帝国だったが日本≠大日本帝国というものだったりする

それ以外の部分は
朝鮮(日本の領土外)に籍を置いている者は、朝鮮(日本の領土外)を定住地としていると考えられ
必然的に日本を定住地としているとは認めがたいので
彼らは日本の被治者とも認めがたい よって彼らは民主主義上日本国民ではない

つまり民主主義の観点から見ても朝鮮人は日本国民ではないといっているの

何度も言っているけどたしかに朝鮮⊂大日本帝国の図式の元では朝鮮人は大日本帝国国民だった
これが成立する理由は朝鮮に籍を置いている彼らは大日本帝国に籍を置いていることになるから
でもこの前提は朝鮮独立で崩れている

何の反論にもなってないよっと

:要点:
在日は日本に定住しているとみなされないため虫さんの定住者=被治者=治者
の定義上も在日は日本国民ではありません

571 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 13:57:34 ID:hXVzZGF1
長くいるから定住者と主張したところで、それを担保する根拠がないもんな

572 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/25(日) 14:28:31 ID:FCzLfMhB
担保する根拠があるとすれば居住実績だろうな。
それが証明可能であれば、根拠の要件を満たしてると言える。


573 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 14:45:44 ID:tGfhPyTA
>>572

帰化要件の一つにはなるだろうが、定住外国人が居住実績だけで参政権を与える根拠にはならんよ。
外国の主権下(外交保護権下、忠誠・義務)にあるのは間違いないんだから。
それらを放棄させる(つまり国籍変更)してもらわんとな。

574 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/25(日) 14:55:02 ID:FCzLfMhB
>>573
実績(実質)を選ぶか、形式を選ぶかの選択次第だな。


575 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 15:03:56 ID:tGfhPyTA
>>574
形式ではなく、国籍には機能があるからいっているのだが?
国籍が”印のようなもの”とか形式上のものならその言もありだが、国籍には祖国に対する権利と
義務・忠誠が付帯するもの。

日本人だからといっても、反日日本人もいるではないか、と馬鹿虫などは反論するが、国籍離脱の自由が
日本では認められているのに、日本国籍を離脱していない時点でそれらの日本人は義務や忠誠から
逃れられない。言論の自由上、公共の福祉に反しない限りにおいて、それらを発言する事は未だ許される。
だが、日本国に対して具体的な反逆(犯罪)行為は重刑をもって定められているのが事実だ。

その意味において日本人なのに日本が嫌いだ、と抜かしている連中は日本に甘えているだけといえる。
本当に嫌いならさっさと国を捨てる権利をもっているのだからな。

576 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 15:07:29 ID:tGfhPyTA
>>574
あと本当に国籍が形式上の問題なら、そこまで祖国の国籍に拘る事もあるまい。
逆の意味でも又真となるのだが?

577 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/25(日) 15:15:14 ID:FCzLfMhB
いや、オレが言ってるのは全てかゼロかみたいなデジタル思考ではなく
それを補完する中間の思考を考慮しても良いのではないかとゆ〜意味。
国籍法は必要な根拠にはなるものの、それだけですべてがカタが付く程
現実はデジタルにはできてねえからな。向井亜紀の子供の認定や、
離婚女性の300日規定に見られるよ〜に割り切れない部分をどう扱うかを
考慮すれば「選択次第」とゆ〜価値基準も受け入れられるはずだが。


578 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 15:24:21 ID:f81xQHHZ
わりきれない状態が60年続いていたのだが、極東情勢が
それを許せない状況になってきた。北が核で日本を脅し、
南と中国が反日政策を進めていた事実が国民の間に明らかになったとか、色々。
このさいはっきりさせてよ、、ってのが増えてきたね。

579 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 15:24:59 ID:tGfhPyTA
>>577
当然その言に一理あるのは認める。(全てが0かみたいなデジタル思考)
前スレの流れを見てもらえば判るだろうが、船虫のいう謂わば世界市民思想について
現実論で現状の日本に受け入れられるかどうかの妥当性について言及しているからね。

だから特定アジアの民度や経済水準が日本並みに向上し極端な民族主義から脱却して
EU諸国のような関係になれば日本もおのずと定住外国人に対して権利拡大をすることが
出来よう。

何度も言うように理論を全面否定しているんじゃない。その妥当性について今は現実的でない
といってるの。 今では国民国家としての枠組みが重要であると考えるから >>561>>562
思考でモノを考えるべきなのでは?と主張している。

民主主義理念から言えば、国民国家の存在そのものが無くなり、全世界が平等で戦争のない
世界統一政府みたいなのが一番理想なんだからな。 それなら国籍なんてのは全く意味がなくなり
正しく形式上のものとして扱えるさ。

中間の思考についてはこちらも考慮しているさ。 ただその実施についてはこちらとしては慎重論で
行きたいというのとそちらのようにもう機が熟したと考えているかの違いになるだろうがな。

580 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 15:28:53 ID:PIuXlOsw
中間的な思考の産物が在日だろ。それを白黒つけろと言っているのが虫君。
しかも黒い物を白いと言っている。それも権利だけ。

581 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 19:51:23 ID:Lab7d8c2
>>577
いいかげん考慮って言葉使うのやめろよ。
それしかできんのか。

582 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 20:46:50 ID:MLdq8y/t
>577

何アホなこと言ってるんだ?関係ない事例出して考慮って自分は馬鹿宣言?国籍はあるかないかの2つに一つ、中間や曖昧な物は無いよ。
割り切れない部分も無い、基本的に外国籍を持つ以上日本国籍は無い。
在日は韓国籍や朝鮮籍を持つ立派な韓国もしくは北朝鮮国民であり、曖昧さの介入する余地は無い。
選択と言うならそれは単に在日が帰化するかどうか、在日の意思しだいであり、帰化しないという選択を在日が取っている以上彼らは在住外国人
であると言う事を自ら選択しているわけで、日本がどうこうする問題ではない。

583 :日出づる処の名無し:2007/03/25(日) 21:03:13 ID:mPxRA4jH
>>577
まぁ、問題が発生したときにあいだを取って仲良く妥協しようという考え方はわからんでもないが、
そうなると、駄々をこねた方が利を得るばかりになってしまう。
かの国はそれを永遠と続けてきた国であるし、
安易な妥協は排除した方がよい。

また、国籍法によって大臣の配慮があれば国籍を認定することもできるし、
デジタルなものではないだろう。
ただし、前例を盾に横暴な要求をしてくる奴らが日本にいる以上、
やむを得ないこともあるだろう。

人一人を救うために、毎年1兆円も消費することになるようであれば、
見捨てることも必要になるだろう。
感情のみですべてを図ることは避けた方がよい。

584 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 20:02:46 ID:7fX0MHsc
>>572
>居住実績

いつ逃げ出すか分からないのは実績にはなりませんが
それよりも、在日特権と生活保護を自主的に返上した方が根拠になりますよ

585 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 20:30:00 ID:hCcDprgP
>>584
いつ逃げ出すかって、、(○´ー`○)

 もう逃げ出してるのかな?

586 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:37:03 ID:eOCS/yyO
>>547
誰がそんなこと言ってんだ?バカ?

>>548
>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。

おまえ、頭悪いだろ?
「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
定義し直すために定義するってアホか。
誰もそんなもんの必要など感じねーよ。
脳味噌洗濯して出直してこい。

587 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:37:22 ID:eOCS/yyO
>>548
>在日に対して参政権を与える事は肝心の日本国という国民国家の存亡に関る問題となる。
>だから船虫理論の論証も糞もない。「全面的に理想論だね。たしかにそれが実現すればいいね。」と認めてやってるん
>だからさw

つーか、それじゃもう決まりじゃん。
在日に参政権を認めるなんてのは結局、戦前に戻るだけのこと。
戦前、在日(半島出身の日本人)に参政権を認めていたことに関しては左右共に非難は出ていない。
認めていたから戦争で負けたとか、そんなことはないわけ。
しかも、今でも一部の地方で参政権を認め始めているが、何の問題も報告されていない。
ましてやその地方自治体が存亡の危機に陥ってるなどということはまるでない。
おまえのは、オウムが「アメリカが戦争仕掛けてくる!」と叫いていたのと同じ。超誇大妄想w
「何の障害もないから、理想は実現させる」で終わりw

588 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:37:39 ID:eOCS/yyO
>>549
>あらゆる規範は所詮人が作り出したもの故に、そこには間違いや時代にそぐわないものは発生しうる。
>だから主は人権とか民主主義とかそういう形式的根拠だけでなく納得させうる価値観、倫理観を示して下さい。

??
人権とか民主主義ってのは単なる形式的取り決めではなく、価値観であり倫理観だろ?

>あと民主主義→国民主権でなく、国民主権実現手段が民主主義。民主主義から「国民」を定義するのは本末転倒では?

その件に関しては、>>473 で言っている。
要するに国民が誰であるかが確定できなければ国民主権など空虚なものとなる。
「国民=安倍一族」でも「国民=男性」でも「国民=貴族階級」でも国民主権になってしまう。
逆に言えば、近代的な国民主権には民主主義理念が必須。

589 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:37:56 ID:eOCS/yyO
>>550
>誰が主権者が国民でないといったよ?民主主義とそれら権利を守りそれらを国民に保障するのが
>国家としかいってねーじゃん。

だから、国民のためなら国家なんて無くてもいいんだって。
国家は国民の権利を保障する一手段にすぎない。国連がしっかりしてれば無くても人権は保障されるし、
実際、日本国がダメダメでもアメ公がなんとかするだろ?そう言ってるじゃん、ポチ君達はw
おまえは主従関係を転倒させんだよ。

>では聞くが主権が国民にあるのなら、なんで中国や北朝鮮には民主主義がなりたってないんだ? 

意味不明。民主主義が成り立ってないってことは、国民の主権が認められてないってことじゃん。
前項と後項は同じこと。言葉遊びで混乱するな。

>それは国家がそれらの権利を国民に守ってネーからに尽きるだろが。

何を妄想してんのか知らんが、国家権力が自動的に国民の権利を保障するなんてことはない。
誰でも知ってるように国家はしばしば不当な抑圧を行うものであり、
だからこそ、憲法や国民運動によって国家を制御する必要があるわけじゃん。
言っておくが、このスレだって同じ。国家がダメダメだから、憲法を使って国家を叩いているわけだ。
おまえのは「国家のため(超誇大妄想)に叩きを禁止する」ってことだが、そういうアホが、
北朝鮮や中国のような状況を生んでるわけだろが。

590 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:38:17 ID:eOCS/yyO
>>551
>>幼稚園児でも知ってるように、法律に違反しなければバチカンや北朝鮮の幹部になろうともOKなの。
>バチカンや北朝鮮の幹部になろうとOKってなんだよw 何故公安が北朝鮮関係者をマークしていると
>思うんだ?日本は思想信条の自由があるから、公共の秩序に反しない限り、それらは守られる。

だから、OKじゃんか。
公安がマークしようが、法律違反ではないから逮捕されないし、
ましてや、非国民認定されることはない。これが日本の法体系なわけ。
おまえの「在日は朝鮮に権利を持ってるから、国民認定できない」は妄想にすぎない。
単純明快なことだな。

>だがな、それらと国民国家としての主権や忠誠義務を同一視して語れるとでも思っているのか?

主権論と同一視してウダウダ言い始めたのはおまえ。
スレ読んでみろ。

>>552=バカw

>>553
>しかしBはCの存続を否定する条件となる。

上のように、超誇大妄想w以上。

>>555
>B(在日)はCを否定する条件D(外国(人):主権が外国にある)に該当してしまうから。

在日(通称外国人)は憲法上の日本国民。
憲法上、主権が外国人に移ることにはならないから、残念。
つーか、こんなこと何度も言ってるだろが、いい加減にしろ。

591 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:38:33 ID:eOCS/yyO
>>557-558
なるほど・・・アホなんだ?w

つーか、文句があるならちゃんと反論しろ。
反論できないからって妙な妄想こき始めるな。みっともないぞw
まあ、アホに言っても仕方ないがww

>>561
>即ち、お互いに一緒の政治体制の中でやっていけない集団だから、の一言に尽きる。

オレはそうは思わないが、そういうケースもあるだろうな。
まあ、無意味なツッコミではないわけだ。
だが、そのような場合にすべきこともだいたい決まっている。
それは今のように、主権(参政権等)を認めないままに統治することではない。
統治をやめることだ。
つまり、自主独立を認めること。
正当な者(旧日本国民)としてこの地に住んでいるわけだから、追い出すことはできない罠。
まあ、大金はたいて移動してもらうってのも有りだが、三里塚のように苦労するよw

592 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:39:02 ID:eOCS/yyO
>>562
>即ち、国民国家の枠組みが必要だと考えているからこそ、外国人に参政権を与える事は

おいおい、「日本国民だ」って言ってるのに「外国人」としてウダウダ言っても無意味だろって。
「おまえの前提は既に否定されている」ってことになるだけ。
つーかさー。
おまえなら分かりそうだが、この問題の根本は、
「国民かどうかを認定する理論がない」ってことがポイントなわけ。
もちろん、国籍法ってもんがあるわけだが、それは下位法規であり、憲法の上位に置くのは不当だし、
現実問題、国民が誰であるかを法務省局長が選べるなんてのは無茶すぎる。
憲法制定時には、現行の国籍法は無かった(というか国籍上は在日も日本国民)わけだが、
それでも、憲法前文にある「日本国民」というのは空集合ではないものとして読まれていた。
国籍に依存せずに、誰が国民であるかは了解できていたわけだ。
それは、おそらく、多くの者にとって日本民族とかそういうものとして規定できるのだろうか、
不幸なことに、憲法ではその手の民族主義は謳われていないし、むしろ否定されている。
結局、「国民かどうかを認定する理論がない」。
国家成立の三要素の一つである国民について、誰が国民であるか分からなければ、国民国家の枠組みも定まらない。
問題はこれなわけ。
ここが決定的な問題なのに、何の根拠もなく「在日は外国人」とやっても問題解決にはならない(結論の先取り)。
これくらい分かるだろ?
オレはその国民認定理論として民主主義を提示してるわけだが、それが気に入らないなら、
別の認定理論を提示し、憲法レベル(国是レベル)の根拠付けをすればいいじゃん。

593 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:39:03 ID:PK0QDbBD
多数派に少数派を憎ませるのは、
植民地支配のイロハだな。

594 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:39:18 ID:eOCS/yyO
>>563
>日本国民としての日本国政府との権利義務関係は存続している。例えば、
>この国で参政権は全然持っていないが、それでも日本の選挙権はある。

別に在日が韓国朝鮮の政府と関係がないなんて言ってないよ。参政権はないけどね。
オレが言ってるの正確には「当人にとっては主たる治者」。
ホントは「治」の度合いによって参政権を振り分けていくのが理想だが、
現状では、一つの国に対して参政権を持つことになってるわけだから、
「どの国が最も彼を統治しているか」が問題になる。
とはいえ、在日に関しては「今まで在日であったことを知らなかった」というヤツまでいるほど、
通常の日本人との差がない。
この手の権利認定においては疑わしきは認めるというのが原則だから、
このような日本人と同じように統治されている状況がベースになる。

それと、ついでに言うが、ネタだろうけど、おまえは英国在住で日本に税金も払わず、
日本のほとんどの法制度とは何ら関係ない生活をしているにもかかわらず、
消費税率とか郵政民営化などに口出ししてる(参政権を行使してる)わけだ。
これはどいうこと?
おまえはいったいどういう根拠(法律以外の理念)でこれを正当化してるわけ?

戦争になったら戦うなんて脳内義務はダメだよ。
そんな保証はないし、日本のために戦う外人だってたくさんいる。

>>565
>>4を嫁。

>>568
他国なんて知ったこっちゃないが?w

595 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:39:44 ID:eOCS/yyO
>>570
>朝鮮(日本の領土外)に籍を置いている者は、朝鮮(日本の領土外)を定住地としていると考えられ
>必然的に日本を定住地としているとは認めがたいので
>彼らは日本の被治者とも認めがたい よって彼らは民主主義上日本国民ではない

そうだが、在日の定住地は日本だから、残念。
ガイシュツだが、↓こんなものもあるよw
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c2_001.html
“18・・委員会は、締約国に対し、「自国」という文言は、「自らの国籍国」とは同義ではないということを注意喚起する。”

>>574
>実績(実質)を選ぶか、形式を選ぶかの選択次第だな。

実績に決まってるじゃん。民主主義なんだから。
形式でよければ、他民族を統治(圧政)しまくっても、彼らは我が国の法律では「被治者じゃない」として、
民主主義による批判を逃れてしまう。民主主義が国家への批判になるのは、
それは実質を重んじているからに他ならない。
(民主主義を国名にしている北朝鮮を「非民主主義」と言えるのもそのため)


596 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:40:42 ID:eOCS/yyO
>>575
>形式ではなく、国籍には機能があるからいっているのだが?

被治関係を決定的に区別する機能はないな。
せいぜいパスポートの申請先くらいなもんで、日常生活は日本の法制度(道交法などなど)で
制御されている。>>594 も嫁

>日本では認められているのに、日本国籍を離脱していない時点でそれらの日本人は義務や忠誠から

だから、そうじゃなくて、“思想内心とは関係ない(憲法15条)”と言ってるんだろが。
義務がどういうものか知らんが、15条は内心を問うて参政権認定していいことになってるか?
どう読んでも踏み絵禁止だろが。

597 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/26(月) 21:40:44 ID:325CbXtu
>>587
ちょっと考えてほしいのは、現時点で彼らは”日本人”なのかと言うこと。
「日本の政治に文句があるなら日本人になり日本のルールに則るべき」と、在日一の成功者韓氏も言っておられる。

598 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:42:13 ID:Rp1jUzRP
>>592
阿呆。
在日も日本国民も差がなかったのではない。
日韓併合というものがあって、朝鮮民族を日本人としてあつかっただけ。
都合のよいフィルターばかりかけてるんじゃないよ。

599 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:43:40 ID:Rp1jUzRP
>>591
>>557-558に、反論できないんだw
逃げ口上 テラワロスw

600 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:44:14 ID:eOCS/yyO
>>597
何度も言ってるように、

・国民であることは「固有のこと(権利)」であり、思想信条には左右されない。
・現実において治外法権を認められているわけではく、普通に統治され、
 日本政府自身も憲法以下の法制度(ルール)に従うべきだとして従わせている。

おまえの言っていることは(ウヨウヨな)妄想。

601 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:45:27 ID:Rp1jUzRP
>>596
いいことになってるよ。
その一文だけしか読めない低脳君にはそのように誤解されるけどねw

602 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:46:08 ID:eOCS/yyO
>>598-599
はいはい、毎度の低脳決め付け乙。
つーか、長文に対していきなり決め付けして何が反論できないだ。アホすぎww

603 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:47:17 ID:Rp1jUzRP
そういえば虫君。
君は例の鎮火舞台に派遣されていたのか?

604 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:49:28 ID:Rp1jUzRP
>>602
反論なんてしてないよ。
君にちょっかい出して遊んでるだけw

本気で反論する必要性すらないのだから、
まじめに反論してくれている人にはちゃんと感謝するんだよw

で。
>>557-558に、反論できないんだw
逃げ口上 テラワロスw

605 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/26(月) 21:50:39 ID:325CbXtu
>>600
うん、じゃ、戸籍は?公的証明が必要なのは、この世の常識。
うちの上司も日本生まれで日本育ちで日本の文化で生活してるが、朝鮮人だが。

国民であることは、現在の世の中では所属であることを意味します。
固有の権利は、基本的人権の尊重に代表されるように、「生きていく権利」等であり、「国民」であることではないよ。

国籍は、その国のルールに則れば、得られるもんだしね。
(国にもよるが、日本は特定の例外ではないし)

606 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:51:44 ID:lDgPmDgh
>>586
船虫君今日は夜にご出勤?昼間のシフトじゃあなかったのかw
それはおいといて・・・・・・

>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。

オマエ馬鹿か?国家が民主主義を守る主体だとこちらは主張しているのに、船虫理論では
だれがいざとなったら民主主義を守る主体か明確に述べてねーからに決まってるジャン。

外国人に参政権を与えてそれに本国が付け込んで日本に悪さした際、日本の根幹を危うくするような
権利を外国人に与えられる訳ネーだろうが。でそれらがおこった時日本を一体誰が守ってくれるのさ?
在日も守ってくれるのかよ?日本人と一緒になりたくないからこそ国籍を頑なに守ってるんだろうが!

オマイは更に言ったよな、国民が馬鹿なら国がホロン部でも知ったこっちゃ無いってな。
大多数の日本人はそれじゃあ困るから現実論で話をしろ、と言っているのに何まだ理想論のみで相手に
主張してくるんだ? オマイ根本的にオカシイだろ? いや現実社会で寂しい人なのかもな。

607 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/26(月) 21:52:13 ID:325CbXtu
税金の話でもいいよ。もっと、制度に基づいた「国民」論議をしようよ。

608 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 21:56:35 ID:fdGBRNns
戸籍制度は納税証明などの制度上の証明であって「日本人」を証明する
ためのモノとは言い難い。まあ、いわば役所の管理上の書類だな。


609 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:58:05 ID:Rp1jUzRP
5分ほど考えていたが・・・
例の鎮火部隊ではなく、
引き籠もってた可能性が高いな。

610 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 21:59:02 ID:lDgPmDgh
>>587

オマイらの祖国が基本的に大日本帝国の主権下では居たくない、独立だ!!
という事で独立したくせに、何馬鹿な事を抜かしてるんだ?
在日も一応に日本から独立したという扱いなの。それら在日に対して日本に帰化する道を
閉ざしていたのなら差別になろう。
だがな、戦前に戻るだけの事だったら、朝鮮半島も日本国に併合しなくちゃ整合性は取れないぞ?
それでもいいのかよw 在日だけ特別扱い出来るかよ。祖国と一律に取り扱ってこそ、在日も
公平な扱いになろう。何より日本国籍が嫌だった在日もいるんだからな。
オマイのは単なる我侭なんだよ。

>しかも、今でも一部の地方で参政権を認め始めているが、何の問題も報告されていない。
>ましてやその地方自治体が存亡の危機に陥ってるなどということはまるでない。
>おまえのは、オウムが「アメリカが戦争仕掛けてくる!」と叫いていたのと同じ。超誇大妄想w
>「何の障害もないから、理想は実現させる」で終わりw

現に在日を土台人として拉致や工作活動と多くの実害を日本は蒙っているが?
更に竹島問題で多くの日本人が不利益を蒙ってもいるが?
超誇大妄想ってなんだよw だからそんなに日本がいやなら祖国へ帰って理想郷を作れっての。
地上の楽園に移住しろよ、馬鹿虫はさ。


611 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/26(月) 22:00:23 ID:325CbXtu
>>608
それでも、それ以外に公的に日本人を証明できるものがないのも事実。
国民性と文化でも持って、世界を歩くのか?


612 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/26(月) 22:01:19 ID:325CbXtu
ま、自己の証明は、それを認めてくれる他者が居なくてはできないわけだが。

613 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:04:21 ID:lDgPmDgh
>>589

>だから、国民のためなら国家なんて無くてもいいんだって。
>国家は国民の権利を保障する一手段にすぎない。国連がしっかりしてれば無くても人権は保障されるし、
>実際、日本国がダメダメでもアメ公がなんとかするだろ?そう言ってるじゃん、ポチ君達はw
>おまえは主従関係を転倒させんだよ。

本気でアメ公が守ってくれると思ってるのか? 国民のためなら国家がなくてもいいってなんだよw
だから国民のそれら諸権利は国家が無くなって一体誰が守ってくれるんだ?
その主体をハッキリとさせろといっているだろうが。
現状、国民国家が最大の権利保障を行う唯一の主体なのに、何馬鹿なことを抜かしてるんだ?
オマイは挙句の果てに国家が滅んでも言いとまで抜かす。
個人の権利や人権などが国家によって守られることがない事態になって、代わりの主体を出せなければ
糞虫の理屈は只のガキの我侭と何も変わらん。

さっさと出して来い。その国家に代わって国民に諸権利を守る主体ってやつをな。


614 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 22:04:51 ID:fdGBRNns
>>611
オレが前から言ってるのはパスポート発行などと違い、国民を定義する場合
単一のとらえ方だけでは無理があると言ってるんだよ。特に日本は韓国を併合したため
在日韓国人が多数国内に存在するワケだから。ムシキングがゆ〜よ〜に居住実績を
根拠にする言い分にも一理あるってコトさ。それを容認するかどうかだけの話。


615 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:10:03 ID:PK0QDbBD
そのぶん、帰化が容易じゃなかったっけ。

616 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:15:42 ID:lDgPmDgh
>>589

>意味不明。民主主義が成り立ってないってことは、国民の主権が認められてないってことじゃん。
>前項と後項は同じこと。言葉遊びで混乱するな。

国家が民主主義を保障していないからだろうが。だから国民に生来主権があるのなら、自動的に
与えられてしかるべきだといってるの。 オマイ文章の読解力0だなw 日本人じゃねーのかなw
その国家を破壊してそのあと来る事態によっては日本の国民に対して主権が認められるとは
必ずかぎらねーということすらわからんのか? まあ馬鹿にはそれぐらいのことも理解できねーんだろうが。

>何を妄想してんのか知らんが、国家権力が自動的に国民の権利を保障するなんてことはない。
>誰でも知ってるように国家はしばしば不当な抑圧を行うものであり、
>だからこそ、憲法や国民運動によって国家を制御する必要があるわけじゃん。

民主主義理念で国家を運営しているからこそ、日本の各国民は人権が守られ権利を行使出来てるのを否定
するのか? あと国家権力が自動的に国民の権利を保障するなんてのは端からいってねーぞ。
勝手に人の主張を曲げるなや。更にいうと北朝鮮や中国の例はこちらから出しているんだが?
あと国家がダメダメってオマエだけがそう定義しているのであって、大多数の日本人は主体的に国家を支えて
いるんだが?

船虫は国家というものを軽視しているとしか考えられんな。そりゃ祖国を捨ててイナゴのように豊かな土地(国)
に移りする輩からすれば、国なんてものはないほうが色々と都合がいいだろうからな。
北朝鮮や中国でその理屈を叫んでこい。御託はもう聞き飽きたから。

617 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:23:15 ID:lDgPmDgh
>>590

>>上のように、超誇大妄想w以上

いや何の説明にもなってないんだが?話のすり替えにもならんぞ。馬鹿かコイツは?

>>>555
>>B(在日)はCを否定する条件D(外国(人):主権が外国にある)に該当してしまうから。

>在日(通称外国人)は憲法上の日本国民。
>憲法上、主権が外国人に移ることにはならないから、残念。
>つーか、こんなこと何度も言ってるだろが、いい加減にしろ。

いや現行の国際法上、明確にオマイの意見は否定されているからw
在日は外国籍者であり、主権は外国にあるのは否定できないの。
本国政府に聞いて来い。一体誰が在日にパスポートを発給してるとでも思ってるんだ?
オマイが提示すべきなのは、それら諸権利を在日が明確に放棄(する)されているという証拠だ。
それが提示できないのであれば、何時まで経っても在日は外国人のままだし、オマイの理屈は
アホの戯言にしかならないのw あとそれらの事をどう諸外国に納得させるかだな。
船虫のいう俗に定住者主権主義って奴をな。 一国だけがそんな制度を取り入れたらその国だけが
滅茶苦茶になるだけだ。全世界で同時にそれを施行してもらわんとw どっちが妄想だかw

618 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:25:38 ID:d4W0XGVF
>>589
>国家は国民の権利を保障する一手段にすぎない。国連がしっかりしてれば無くても人権は保障されるし、

バロスw

民主制度を取っている国の被治者はその国の国民である…何度でも笑えるw

619 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:28:45 ID:lDgPmDgh
>>591

>>>561
>>即ち、お互いに一緒の政治体制の中でやっていけない集団だから、の一言に尽きる。

>オレはそうは思わないが、そういうケースもあるだろうな。
>まあ、無意味なツッコミではないわけだ。
>だが、そのような場合にすべきこともだいたい決まっている。
>それは今のように、主権(参政権等)を認めないままに統治することではない。
>統治をやめることだ。
>つまり、自主独立を認めること。
>正当な者(旧日本国民)としてこの地に住んでいるわけだから、追い出すことはできない罠。
>まあ、大金はたいて移動してもらうってのも有りだが、三里塚のように苦労するよw

一緒の政治体制でやっていけるんだったら、祖国が独立するかってーのw そんな事も判らんか?アホ。
あとその祖国の主権下(国籍)を持つ者に対して主権を与えるのはさんざんいったとおり。
だから在日は祖国の権利を一切合財放棄してから御託をいえ。ということは国籍離脱と日本帰化と同義なんだが?
それと自主独立ってなんだよw 正しくそのような行為を日本で行われる危険性があるからこそ
日本は国民国家として外国人を排除する必要性があるんだろうが。
正当な者だと?オマエらの何処が正当なんだ?単なる密航者じゃんw アホ丸出しだな。

620 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 22:29:38 ID:fdGBRNns
>いや現行の国際法上、
国際法?
国家主権上の国民の範囲を定めた国際法なんてあったか?


621 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:31:16 ID:7fX0MHsc
独り言はつまらないなぁ
別名脳内会話

622 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:33:02 ID:lDgPmDgh
>>592

外国の国籍(主権下、忠誠・義務)を持つからこそ国民定義できねーとこちらはいってるのに
まだ自分の脳内定義で言い張るか?
オマイの理論では外国に移住したら祖国の諸権利は失われ現地の国民になるんだったな?
だったら現行の在日の諸権利をどう放棄しそれを確認するんだ?

国籍を”印のようなもの”と抜かしたり、理想が達成できれば国が滅んでもいいみたいな馬鹿には
付き合いきれんな。

現実論で話をしようとこちらは主張しているのに、何時まで経っても己の脳内理想論を強弁に
主張する馬鹿。 三国人が皆こんなんだったら、尚更参政権は与えられんなw

623 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:39:21 ID:7fX0MHsc
>>622
>脳内理想論

はっきり妄想と言ってやりましょう

624 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:41:08 ID:lDgPmDgh
>>596

>被治関係を決定的に区別する機能はないな。
>せいぜいパスポートの申請先くらいなもんで、日常生活は日本の法制度(道交法などなど)で
>制御されている。>>594 も嫁

馬鹿丸出しw 在日が個人で治者か被治者かを判断するんじゃねーの。 もしオマイら在日が
日本国によって不当な権利侵害を受けた際、守ってくれるのは誰だと思うんだ?
祖国が日本国に対して外交保護権を行使して抗議や保護の依頼をしたり最悪それら自国民を
祖国に帰還させる義務と権利をもってるじゃねーの。

イラクで日本人が拉致された時誰が救出に全力を挙げたんだ?日本国政府だろうが。
北の拉致に関してもそれらの人々を取り戻そうとしている主体は国だろうが。

それなのに祖国との関りは何がパスポートぐらいだと?オマエ根本的にアホだろ?
祖国に対して義務心や忠誠心がねーから、そんなふざけた意見が出てくるのだろうけど。
オマエが日本から弾圧されても、祖国をそれだけ軽視するのなら助けてもらおうとはするなよな。
馬鹿虫の理論は穴だらけだな。 駄目だコリアwww

625 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 22:44:40 ID:fdGBRNns
で、国際法はどこ?


626 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:45:41 ID:lDgPmDgh
>>596

>だから、そうじゃなくて、“思想内心とは関係ない(憲法15条)”と言ってるんだろが。
>義務がどういうものか知らんが、15条は内心を問うて参政権認定していいことになってるか?
>どう読んでも踏み絵禁止だろが。

憲法第十五条

第十五条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し
  公的にも私的にも責任を問はれない。

意味不明だぞ。思想内心がどうの、ってのは何処から持ってきたんだ?論拠を明確にしろ。
話はそれからだ。


627 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:47:11 ID:6iz7A7D+
>>625
あ、国際法はどうでもいい人間だけどね。とりあえず言っとくね。無視していいから。


配慮ってのは止めてくれ。
どんだけそれが優しく正しく思いやりに溢れているように見えようが、
際限ない供与なんていいことは一つもない。

以上。

628 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 22:48:57 ID:fdGBRNns
オレはID:lDgPmDghに聞いてるんだが。
この根拠
  ↓

>いや現行の国際法上、明確にオマイの意見は否定されているからw


629 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:51:51 ID:6iz7A7D+
いや、無視してくれてよかったんだが・・・・

まあ国際法で相手を論破するんならやってください。

630 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:55:25 ID:lDgPmDgh
>>628

なんだ、また湧いたのかよ。

>いや現行の国際法上、明確にオマイの意見は否定されているからw

これについてはこちらのミスだ。 

いや現行の国際法上、オマイの理論は全く認められていない(取り入れられていない)から

に変更しといてくれ。

悪かったな。

631 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 22:57:29 ID:fdGBRNns
>>630
いや、オレが聞いているのは法源なんだが。


632 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 22:58:00 ID:hCcDprgP
なんだかんだ言ってもこれで決まりじゃね?

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。
日本国憲法第10条および国籍法において「日本国民たる要件」が定められている。

日本国籍の取得要件
出生時に両親の一方が日本国民である場合
出生前に父が死亡した場合で、その死亡時に父が日本国民であった場合
日本で生まれ、両親がともに不明あるいは無国籍の場合

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。
在日はどれに当てはまりますか?


633 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:01:10 ID:fdGBRNns
>>632
話題をループさせるんじゃない。
天皇も憲法学上日本国民の範囲に含まれる。
つまり、オマイの説は憲法学によって否定される。
以上


634 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:02:32 ID:Rp1jUzRP
>>587 >>610
これからいろいろ問題が出てくるんですけどw

TBS
(1)1960年代〜
  テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主主義人民共和国」を
“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰
り返される。抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。総連幹部の子弟を中心に入社
試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
  在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素
人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。
(2)1970年代〜
  政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」
と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想
論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日
社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
  異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。
(3)1980年代〜90年代
  昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、決定的なポストを占める。
  某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えたニュース番組が、学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視
聴者の支持により高い視聴率を得る。
  1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」で徹底的に援護。宇野総
理のスキャンダルを連日報道し社会党党首を徹底して「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。社会党が地す
べり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。
(4)1990年代〜2000年代
  偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。

635 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:02:44 ID:hCcDprgP
>>633
ちょっとまてお前、
これに反論してみろや。

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。

636 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:05:18 ID:Rp1jUzRP
>>620
国籍に関する何かがあったよ。

人間個人を保護する国を明確にするためにね。

637 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:06:33 ID:fdGBRNns
>>635
>>343ですでに定義済み。
だからループさせるなと言ってるのに。


638 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:07:50 ID:lDgPmDgh
>>631

しつこい奴だな。 国際”法”上の法ってのが悪かったな。

>いや現行の国際法上、オマイの理論は全く認められていない(取り入れられていない)から



>いや現行、国際的に見渡しても、オマイの理論は全く認められていない(取り入れられていない)から

これにしとけw
正直スマンかったなw

639 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:08:46 ID:Rp1jUzRP
国籍法抵触条約
 1930年採択、1937年発効(日本は1930年に署名のみ)。国籍については基本的に国内管轄権に属するが、この条約は二重国籍などの国際問題を解決する為に結ばれた。

640 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:10:15 ID:Rp1jUzRP
>>638
いちいち相手にするな。
重箱の隅をつつくのが、彼「ら」の仕事なんだから。

641 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:11:29 ID:hCcDprgP
>>637
だから憲法の上では

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。
って決まってんじゃん。

642 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:11:40 ID:d4W0XGVF
いまさらループさせるなとか言ってもしょうもないような気が…

憲法では日本国民に主権があって、その国民要件は法律で決めるってあるよな。
つまり日本の民主制度は『「法律」で定めた国民による民主制度』ってことだ。
なんか民主主義の理念が憲法の上位にあるような口ぶりの人がいるけどw
散々言われているように在日が口を挟む隙間なんか、はなっからないと思うが。

643 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:12:19 ID:6iz7A7D+
>>637
それ反論になってんの?
反論と定義って同じなん?
結局>>635は正しいの?

なんかテキトーに誤魔化すのがここのスレ主っぽいね。

644 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:12:35 ID:Rp1jUzRP
国籍法抵触条約

序文
国籍法の抵触に関する問題を国際協定によって解決することが重要であると判断し、
すべての人がひとつの国籍を持ち、ひとつの国籍だけを持つべきであるということを、すべての加盟国が認識することを国際社会全般が希求していることを確信し、
したがって、この問題に関する人道主義の努力は、無国籍と重国籍の防止を目指すことを理想としており、
現在各国に存在する経済的、社会的条件の下で、すべての上記の問題に関して早急に一律の解決を行うことは不可能であるという見解により、
それでもなお、この大きな目標達成のための第一歩として、各国国籍法の抵触の問題について、現状で国際的な合意に達することが可能な点について、まず現状の問題解決の試みを行うことを望み、
議定書を採択し、この目的のために、各国の全権大使にゆだねる。

645 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:15:07 ID:fdGBRNns
>>638
了解。
それなら理解できる。

>>639
ちょっと法源としては古いな。
国連憲章になってるくらいじゃないと、今日的法源としては説得力がない。
また、日本が批准してないコトからも信頼できない。


646 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:15:32 ID:Rp1jUzRP
>>641
憲法以前の国是がうんたらかんたら。となるw

647 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:18:48 ID:Rp1jUzRP
>>645
古いとか関係あるのか?
批准してない部位は存在するが、
一部批准していない箇所があるからすべてを否定するという考え方?
追記:日本は、署名はしてる。

648 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:20:33 ID:Rp1jUzRP
国連憲章って・・・1945年だよね?

649 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:25:22 ID:hCcDprgP
>>646
了解、電波ちゃんのようですな。
国民の定義の無い憲法なんてありえないでしょ
ちゃんと憲法で定義してるんだからこれで決まりね。

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。

屁理屈を捏ねればうちの犬でさえ日本国民にできるよなw
後は妄想と繰言だな。

650 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:28:28 ID:fdGBRNns
>>647
>古いとか関係あるのか?
ああ、あるよ。
1930年代当時、国際法概念の国家や国民の認識は「民族自決権」が根底となっていた。
ウィルソンが提唱した考えだ。オマイが示した「国籍法抵触条約」もそうした概念を
根底としている。だから国籍に関する複数取得を認めないなど、今日では米国など
複数の国で認められている権利を制限したモノとなってるだろ。第二次大戦以降に
多くの植民地が独立するに至り、その時代の価値基準は形骸化している。


651 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:30:36 ID:fdGBRNns
>>648
各種の改正を経て現在に至っている。
国際法を言う場合、今日的にもっとも考慮されるのが国連憲章だ。


652 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:30:42 ID:lDgPmDgh
>>637

良く考えたら、 >>343で定義されている国民理論だと天皇も国民だということは理解できる。
だが天皇は参政権を持ってないぞ?

ということはだ、国民であっても参政権を別に持たない存在はありだということになるんだが?
そして(○´ー`○)はカワイイは国民であっても参政権を持たない存在はありだといいたいのだな。

それって単なる言葉尻のあそびとしか思えんが?

あと >>632の場合、憲法に明示されていないからアレだが、これは国家機関としての国民定義でいいだろ?
というのも天皇は別口で既に憲法条文で定義されているからな。→日本国の象徴

その”国家機関としての国民”と定住外国人は定義されていないのなら、ハッキリいってその言葉尻を捉える
反論は用語使用の不正確を就くだけであって本筋とはなんらかんけーねーぞ。

以上を総合すると、 >>632の主張はあながち間違いな指摘ではないじゃん。
まあ法律ヲタみたいだから、厳密に国民を定義したいんだろうけど。

結局の所、参政権を持つ国民と参政権を持たない国民に分けられるといいたい訳だな?
しかし疑問に思うのはその憲法第三章の規定というが、民主主義理念で取り扱われる主体者だから国民と
も定義できると言っている反面、(○´ー`○)はカワイイは日本国籍を有しないから参政権の制限は当たり前
とも言っている。 参政権が制限される国民ってのがそもそも民主主義的でない話であり、憲法第三章の
既定から大きく外れるじゃん? どう解決するのさ、その矛盾って奴をw
天皇陛下もこの第三章 国民の権利及び義務からして、非人道的扱いを受けている訳になるのだが?
その整合性を一体どうとっているのだ?

653 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:39:52 ID:Rp1jUzRP
>>650
なるほどね。
古いからこの条約を国家は勝手に無視するべきものだと。

654 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:42:18 ID:Rp1jUzRP
>>651
国連憲章のみが国際法だといってるわけじゃないんだろ?
何がいいたのかよくわからん。

655 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:44:52 ID:Rp1jUzRP
国際法は、「国際公法 (droit international public)」とも呼ばれ、成文化されたもの(条約)と、
慣習によって成り立つ不文のもの(慣習国際法)、法の一般原則によって成り立っており、
国家は国際機構の行動はこれによって法的に規定される。

656 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:44:55 ID:fdGBRNns
>>652
憲法学は言葉遊びなどしない。
天皇及び皇族が国民に含まれるとゆ〜のは、国内の人権が及ぶ範囲を想定し
特殊な地位であり国籍法を有していない天皇であっても、その権利に浴することが
可能であるためだ。同様に在日外国人であっても一定の人権があるとするのも含めて、
天皇及び皇族、在日外国人は一部制限があるモノの人権を有する存在であるとしている。
問題になるのは、その制限そのものの範囲であるが、コレには諸説有り司法判断でも
統一した判例がないのが実情だ。オレが示した国民の範囲について、国籍法を
根拠にしたモノは3つのうちの最下段に示したモノであるが、それは国民概念の一部であって
全てではないとゆ〜コトは知っておくべきだろ。


657 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:45:28 ID:7fX0MHsc
がんばれよ
船虫顔文字坂豚

658 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/26(月) 23:46:26 ID:fdGBRNns
>>653
優先順位が低いといっている。
オレの書いてる意味が理解できねえのか?


659 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:49:40 ID:xLR5X/nL
>>595

>そうだが、在日の定住地は日本だから、残念。

決め付けで逃げようとするな
在日の定住地が日本であることの根拠を示せ
居住実績は根拠としては認めない

>ガイシュツだが、↓こんなものもあるよw
>http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c2_001.html
>“18・・委員会は、締約国に対し、「自国」という文言は、「自らの国籍国」とは同義ではないということを注意喚起する。”

今話している内容とどんな関係があるんだ?
この部分が言っているのは永住者の出入国の話だろ

ごまかしは良くないよ

660 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:49:44 ID:Rp1jUzRP
>>658
なるほど、
優先順位が低いから
この条約を国家は勝手に無視するべきものだと。

661 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:51:06 ID:6iz7A7D+
日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。

これは正しいでいいみたいね。
答えが返ってこないからしょうがない。

662 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:52:06 ID:d4W0XGVF
法律の話をしようや。
法務省通達とか参政権とか言ってるんだから法律上の話だろう?
憲法上、在日はどう考えても国民じゃないわな。

663 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:54:47 ID:lDgPmDgh
>>656

>同様に在日外国人であっても一定の人権があるとするのも含めて、
>天皇及び皇族、在日外国人は一部制限があるモノの人権を有する存在であるとしている。
>問題になるのは、その制限そのものの範囲であるが、コレには諸説有り司法判断でも
>統一した判例がないのが実情だ。

とどのつまり、在日外国人の場合、その人権に制限があっても当然だというのは認めるんだな?
民主主義理念上、万人に対してそれを尊重した扱いをすべきなのは当たり前の話。

その制限の根拠がどこにあるのか?というのが問題になる訳だが、これは憲法上の問題ではなく
国民国家の存続概念に関る問題であり、更には関係者の考えに拠る所大だから諸説紛糾する訳ジャン。

何故制限されるべき主体なのか?はどう考えているのかな?(○´ー`○)はカワイイ はさ。
こちらとしては民主主義理念上では船虫の理屈も一理ある。だが、現実論、国民国家論からして
不適切と回答している。 (○´ー`○)はカワイイ には国民国家論も含めてその意見を聞きたいな。

664 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:55:56 ID:hCcDprgP
>>661
明確に定まっているのはこれだけなんだよな。
後はどうにでも解釈できる代物。つまり繰言ってわけ。

665 :日出づる処の名無し:2007/03/26(月) 23:59:41 ID:6iz7A7D+
言葉遊びじゃないとか言う割りにそれをもって何を言いたいのか、と。
はい、それで?だから?みたいな。

まあ在日さんに〜しろって言いたくても言えない?そんな状態?
わからんなあ・・・・・・・・・。

666 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 00:02:57 ID:fdGBRNns
>>663
認めるとゆ〜か、オレは通説を説明してるに過ぎない。言っておくがムシキングの
発言自体は面白いと思っているが、香具師がどうやってこれらの通説を覆す合理性を
説明できるか関心があるから、オレはこのスレにいて発言してるんだよ。
ずっとロムってる香具師なら分かると思うが、オレは在日に配慮しろとは言ってるが
日本人として受け入れるコトを主張していないし、そこは香具師とは異なる見解だ。
極論すれば、オレが在日なら深刻な問題でもっと感情移入できるかもしれないが、
そうではないのでどちらかと言えば法学的関心でここにいるってコトだ。


667 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:03:02 ID:Jzdo0abO
顔文字も所詮はホロン部。

668 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:07:24 ID:naIMN3kG
バランサーって奴ですか?ふーん。どっかで聞いたような・・・・。

669 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:10:24 ID:/bw5kECh
ていうか、顔文字は船虫のキャラの一つ

670 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:17:40 ID:+wSx+mkZ
>>666
結局の所、憲法上で矛盾が噴出し、それが解決出来ないから在日外国人の
権利については諸説紛糾する訳であって、その意味からしても日本の法律は不完全な体系だということ。

これは仕方が無いな。法律は森羅万象、全てを網羅出来る訳はなく、その都度判例や新たな法律を
制定する事で対処している、所詮不十分なものにすぎないからな。
世の中に完璧な理論、真理があれば船虫の論理原理主義も納得できるのだが、現実はそうじゃない。

更に端的にいって民主主義理念に全て立てば国家が立たず、逆に権利を制限すれば今度は民主主義が
成り立たないジレンマに陥るわけだからさ。

これについて法学的な関心だけで結論が出るとおもうか?
更にいえば、憲法学説上で論破(解決)出来るテーゼだと考えてる?
結論なんてでねーと思うよ。

憲法などはその矛盾に関して明確に述べられているわけではなく、どちらでも取れるようにして矛盾を
糊塗しているだけだからな。ハッキリいって時間の無駄では?

671 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:19:11 ID:/bw5kECh
そもそも、日本国憲法は在日なんて対象外だろw

672 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:19:24 ID:924sZ8Yw
だからさ、憲法によって「法律で定められた国民による民主制度」が書かれているんだから
「民主主義の理念」とか屁のツッパリにもならんだろう。
法律上、何の意味もないもの。

673 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:22:53 ID:/bw5kECh
理念で実際の運営ができるなら
世界からあらゆる武器はなくなっているし、あらゆる差別もなくなっているし、貧富の差もなくなるよな

674 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 00:26:38 ID:m6m1c74g
>>663
もうすこし詳細にレスする。

>何故制限されるべき主体なのか?どう考えているのかな?
制限を受ける理由はハッキリしている。国家の枠組みからして国民と国家は社会契約上の
関係として成立しており、国家に対しては憲法で、国民に対しては法律でそれぞれ契約関係を
履行しなくてはならないからだ。ただ、ムシキングの場合、「在日外国人」ではなく、
現在の法体系が成立する以前から在住している既得権があるから、いわゆる在日朝鮮人には
他の在日外国人が受けるべき制限の範疇に入らないと主張してるよな。香具師の論理構成を
崩すには、この規制の継続性を合理的に否定できなければならないと思うよ。

>が、現実論、国民国家論からして不適切と回答している。
>国民国家論も含めてその意見を聞きたいな。
以前にもレスした通り、国民と在住外国人とのボーダレスは現行法制定時よりはるかに進んでる。
ましてや旧憲法時代から継承している国籍法は血統主義を根幹に置いており、いささか時代遅れ
であるとゆ〜のがオレの評価だ。こうした環境の変化にあって、例えば難民受け入れなどは
日本は先進国の中では最低の受入数との批判もある。国民国家概念は18〜19世紀頃確立した
概念だ。先に説明した通り、民族国家概念は1920〜30年代に詠唱された概念。
欧州では約1割程度のアラブ・アフリカ系住民が住んでると言われている。こうした混成化の
波のなかで日本だけが鎖国状態を続けられるのかは疑問がある。


675 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:29:22 ID:/bw5kECh
ホロン部の評価なんてどうでもいい

676 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:34:57 ID:924sZ8Yw
難民受け入れが偉いってわけでも、混成化の波が正しいってわけでもないだろう。
国家にはそれぞれ地勢などからくる事情があるんだし。


677 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 00:37:51 ID:m6m1c74g
オレは正しいとか間違ってるとゆ〜評価はしていない。
世界的な潮流のなかで、日本が抗しきれるのか疑問だと言っている。
しかし、どうして該当レスをちゃんと読まずにおかしなレスを書くかな。
理解に苦しむわ。


678 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:38:47 ID:ZppPC240
剥奪がなんだか良く知らないが、当時としては合法的に行われた国籍の
選別を後になってグダグダ言い掛かりをつけて利権を得ようとしている
のは良く理解した。
相変わらず事後法が好きな民族ですね。

679 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:41:33 ID:PlpkfpQB
外人だろ
誰が聞いたって
訳のわからん事いったって誰も認めんよ

680 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:49:08 ID:b1UonuJj
ところで在日って半島人限定?
そ ん な わ け な い よ な 。

681 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:49:45 ID:+wSx+mkZ
>>674
成る程、船虫と違い良く判ったw

>ただ、ムシキングの場合、「在日外国人」ではなく、
>現在の法体系が成立する以前から在住している既得権があるから、いわゆる在日朝鮮人には
>他の在日外国人が受けるべき制限の範疇に入らないと主張してるよな。

以前から在住していたからといってそれが日本国と契約された国民となるのか?
確かに日本国籍者であったが、それをいうなら祖国も日本国であった訳だ。
それが朝鮮独立した際、日本国がいわば分裂したような状態だから、その朝鮮籍(分離した側)の
人間はその時祖国と同時に独立を果たした、とも言えるぞ?
日本人で居たい在日も居ただろうが、一律で取り扱われたのは現実上、やむを得ないとは思うが、
その不当な扱いに対して帰化の単純化などで対処したのだから、不十分ながら修正はなされていよう。 

逆に言うなら今までが不当に日本国の国籍を強要され日本国民にされていたのが在日とも考えられるぞ。
この場合は国籍離脱が正義となる。 見解の相違にしかならんと思うぞ。


682 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:49:54 ID:924sZ8Yw
ま、どっちにしろ「民主主義の理念」はこうだから在日は国民であるってのは
何の意味もないよね。
言い張ってるだけ。

683 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:51:21 ID:/bw5kECh
結局要点は同じ

684 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:52:45 ID:/bw5kECh
顔文字がコテなしで書き込んだら、船虫と区別がつかないよなw

685 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:58:02 ID:PHPWnNoO
>>608
あなたの言う「日本人」とは民族的なものかな? それとも制度上の日本国民のことかな?
私は戸籍は定住地を示すと考えているんだが・・・・・・

外国人は戸籍に乗っていないが日本に在住していれば納税しなければならない
だとすると戸籍が納税などの証明のみに使われるってのはおかしくないか?
外国人の納税証明はどうするんだ?
それに現実に日本は戸籍を国籍の証明としているよ



>>674

>現在の法体系が成立する以前から在住している既得権があるから、いわゆる在日朝鮮人には
>他の在日外国人が受けるべき制限の範疇に入らないと主張してるよな。香具師の論理構成を
>崩すには、この規制の継続性を合理的に否定できなければならないと思うよ。

在住してても戸籍に無い以上、
日本に定住しているとはいえないと私は言う
そして定住していないならば被治者ではないと言う
ゆえに民主主義理念上も戸籍に載っていないものは国民でなく治者でもないと結論する

・・・・・・例えば天皇は戸籍に乗っていないので日本国民ではないという主張もありますよ?



・・・・・・うまくまとめられないな

686 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 00:59:39 ID:+wSx+mkZ
>>674

>以前にもレスした通り、国民と在住外国人とのボーダレスは現行法制定時よりはるかに進んでる。
>ましてや旧憲法時代から継承している国籍法は血統主義を根幹に置いており、いささか時代遅れ
>であるとゆ〜のがオレの評価だ。こうした環境の変化にあって、例えば難民受け入れなどは
>日本は先進国の中では最低の受入数との批判もある。国民国家概念は18〜19世紀頃確立した
>概念だ。先に説明した通り、民族国家概念は1920〜30年代に詠唱された概念。
>欧州では約1割程度のアラブ・アフリカ系住民が住んでると言われている。こうした混成化の
>波のなかで日本だけが鎖国状態を続けられるのかは疑問がある。

EU諸国のような成熟した関係なら全く同意見だ。しかし現実論でアジア地区はそこまで成熟しておらず
>>579で主張している通り、未だ時期尚早だな。
現にそれら欧州もアラブ・アフリカ系移民により大きな社会不安が醸成され、それらは制限の方向に
進んでいることからしても明らかだ。全体の流れとしては止むを得ない傾向だろうが、性急な開放は
全く賛成出来ない。 定住外国人の祖国が未だに民主主義を採用していない国もあり、更には
日本とそれらの国家間で様々な領土紛争や拉致問題など国民主権の侵害に関る重大な問題が
噴出している。更にオマイさんのいう民族国家(自決)概念を重視するのなら、逆に日本民族に独自の
自決権があり、移住してきた朝鮮民族は日本で独立する権利を持つことになってしまうぞ。
それを日本国内で許すぐらいなら、外国人の人権制限は現状止むを得ないと考えるな。
誰しもユーゴやキプロスのようにはなりたいとは思わんからな。

687 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 01:24:23 ID:m6m1c74g
>>685
>私は戸籍は定住地を示すと考えているんだが・・・・・・
まあ、オレのその意見は戸籍の成り立ちから発想したモノであって、オマイのよ〜な
理解が一定の支持を持っているコトは認めた上で敢えてアンチテーゼを示したワケだよ。
仮にだがオレの発想に立脚するなら、税制の改正で国民の範囲の認定は決着する。

>>686
未成熟とゆ〜意味では、オレは自然権のよ〜な西欧啓蒙主義が、本質的にアジアに根付いてる
かどうかについてはやや疑問がある。もちろん合理的な思想だし、現在の日本にあっては
社会システムの前提になっている考え方だが、日本も含めてアジアって特殊じゃん。以前に
米食文化圏を一つのパラダイムとして捉えた本を読んだコトがあったんだが、アジアの場合、
人間の価値を西欧に比べて低く見る傾向が強い。その極端な例が中国の圧倒的な死刑執行の
数に現れていると思うんだが、アジア的民主制が確立できるかどうかは日本より中国の今後の
民主化次第ではないか。日本人は割に折り合いを付けるのが上手いから、なにげに民主化が
浸透している。だがそれでも西欧とは違う。談合なんて凄くアジア的だと思うんだよな。
そうした環境の中で血統主義がどこまで淘汰されていくかはちょっと面白がってる部分もある。
群馬にはブラジル人街があり六本木はインド人だらけだ。


688 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 01:25:37 ID:+wSx+mkZ
あと基本的に言いたいのは >>343にて(○´ー`○)が憲法学上国民には天皇も含まれる
と定義しているけど、その肝心の憲法前文には

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、
諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為に

よつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに ”主権が国民に存する” ことを

宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は
国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する

一部抜粋ここまで 判りやすく段落を敢えて小分けし””で閉じた部分を参照のこと。

とあるんだから、主権のない天皇を国民と定義すると明白に憲法違反となるんだがなw
”主権が国民に存する”としか書いてないのに、(○´ー`○)でいう憲法学上の国民定義によれば
この時点でもう矛盾だ。更には第四条で天皇は国政に関する権能を有しないとある。
憲法文面内部ですらw早くも相矛盾しているのに>>343で主張する憲法学上の定義はどうこれについて整合性を
取るのか?と逆に質問したいのだが。 此処からも国民定義に関してどうも >>343の主張は納得出来にくい
のだがな。ちゃんと始めから”天皇を除く国家機関としての国民のみ”と憲法で謳っていたのなら(○´ー`○)の
言もありなのだが。

689 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 01:28:51 ID:m6m1c74g
>>688
ああ、それはオレが示した3つの国民の範囲の中の真ん中、つまり君主主権か
国民主権かの相対関係上国民主権であると言っているから憲法前文はそうなっているんだよ。
かように「国民」の定義は多義的であるってコトだ。


690 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 01:42:28 ID:/bw5kECh
>>687
>オレの発想に立脚するなら

永遠にあり得ません

691 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 01:51:43 ID:+wSx+mkZ
>>689
多義的って便利な言葉だが、それって単なる論理的矛盾にお茶を濁しているだけジャン。

>ああ、それはオレが示した3つの国民の範囲の中の真ん中、つまり君主主権か
>国民主権かの相対関係上国民主権であると言っているから憲法前文はそうなっているんだよ。

これって憲法前文の”国民”を(○´ー`○)がかつて定義した3つの国民の範囲の真ん中としてそのように
解釈すべしと(○´ー`○)が単に言っているだけで、そのように明確にその国民定義に関して憲法に記述が
なされていないのだから、いやそうではないと強弁できるぞw

まあ、常識的に考えて(○´ー`○)のいう通りに捉えるのがふつーの人間だろうけど。

正に船虫の理屈はそれと一緒。明示的に表現がなされていないからという只それだけであれだけ
民主主義理念を援用して強引に”国家機関としての”在日国民説を唱えているんだから。

まあ、付け込める点なんていくらでもあるのが憲法だから、船虫みたいなのが出てくるとキリがねーん
でないの?と主張したいんだけどな。 もう寝るわ。 久々に面白かったよ (○´ー`○)よ。

692 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 01:59:42 ID:m6m1c74g
>いやそうではないと強弁できるぞw
憲法学の教科書にそうかいてある。
オレの発言を信用できないなら、芦部か伊藤、野中あたりの憲法学の基礎書を読めよ。


693 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 02:14:16 ID:BXzT1WmW
>>692
戸部説は日本の法曹界ではポピュラーなのは認めるが、あくまでも説なんだけどな。
教科書で書かれているからといっても、対立している説もあるんだし、だから絶対正しいといわれてもなぁ。
あくまで一見解に過ぎんと思うのだがな。
ここまでいうと某虫くんと一緒になるな。

694 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/27(火) 02:15:33 ID:m6m1c74g
戸部じゃなくて芦部ね


695 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 02:18:15 ID:BXzT1WmW
>>693
げげっ、芦部なのに戸部になってらぁ。 間違いだ。スマン

696 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 07:17:39 ID:blxLoReG
>>674
EUだってエストニアのように独立時に国籍を失ったロシア系住民が
大勢いて、今でも1割が「国籍ちゅうぶらりん」状態なのだがそんな国
でもEUにはちゃんと加盟出来ているわけだ。
都合の悪い事実を無視できると楽でいいね。

697 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 08:38:23 ID:PHPWnNoO
>>688-689
その矛盾については天皇は国民ではないという説を採用する事をお勧めします
まあ、別にいいですが

698 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:18:41 ID:V/Pd66qL
>>605 名前: 公僕FP ◆OnZ14uFe5k
>うん、じゃ、戸籍は?公的証明が必要なのは、この世の常識。

戸籍ってフィクションだろ?せいぜい出身地を示すだけのこと。
フィクション(任意の戸籍を作れる)や出身地に依存しないのはこの世の常識。
憲法15条はもちろん、人権規約にもある。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c_003.html

>固有の権利は、基本的人権の尊重に代表されるように、「生きていく権利」等であり、「国民」であることではないよ。

だから15条。固有の権利だと書いてあるじゃん。
憲法の条文をあからさまに否定してどうして憲法論になる?

699 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:19:06 ID:V/Pd66qL
>>606
>>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>オマエ馬鹿か?国家が民主主義を守る主体だとこちらは主張しているのに、船虫理論では
>だれがいざとなったら民主主義を守る主体か明確に述べてねーからに決まってるジャン。

はあ?おまえホント頭悪いだろ?
見直すとおまえが言ってるのは「定義」だぞ?
そんなもん、何で必要なんだ?と言ってるのに、主体がどーのと
関係ないことばかり叫きやがって。
国民の権利を守る“機関の一つ(国連だってアメリカだって守りに寄与するからな)”は日本国(政府)。
誰もこれを否定しないが、だから何?別に再定義の必要性など感じないが?
おまえはもっと論理的に道筋の通ったことを言えよ。

700 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:19:30 ID:V/Pd66qL
>>610
>オマイらの祖国が基本的に大日本帝国の主権下では居たくない、独立だ!!

何だよ祖国って。日本国民なんだから、祖国は日本に決まってるじゃん。
つーか、また外国人認定かよ。結論の先取りだって何度言ったらわかるんだ?
いい加減にしろよ。
おまえがすべきことは、憲法以下の法制度がチャラになった状況で、
人民が土地に従属することを示すこと。
オレは民主主義と国民主権によって逆であること、つまり、
国家(領土を含む)が人民に従属することを示した(>>2)。
おまえはそのような作業をせずに、結論の先取りをして外国人だと決め付けてるだけ。
しかも、祖国って当時の自称政府は暴力的な左翼組織(ニセ金日成軍団)と
暴力的な右翼的組織(李承晩工作員軍団)じゃん。冗談きついよなw

>現に在日を土台人として拉致や工作活動と多くの実害を日本は蒙っているが?

犯罪を犯してるなら、その当人を処罰すればいいだけ。
「日本人には犯罪者がいるから、日本人の参政権を剥奪」なんて無茶苦茶だろ?
それと、何度も言うが思想内心と主権は関係ない。
http://www.youtube.com/watch?v=ccwpbsJsWvM
↑こんなヤツでも都知事候補になれるわけだ。

701 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:19:59 ID:V/Pd66qL
>>611
>それでも、それ以外に公的に日本人を証明できるものがないのも事実。

だから民主主義と実績(定住して実生活を送っているという実績)だって。
そもそも、国籍(在日は日本国籍)を無視しておいて戸籍を持ち出すのはどういう理屈なんだ?
公文書を尊重するなら国籍を尊重するのが筋だろが、それをしないで戸籍を持ち出すのはダブスタ。
公文書などと誤魔化さずに、その裏にある思想を素直に述べればいいだろが。

>>613
>本気でアメ公が守ってくれると思ってるのか? 

そりゃアメリカの属国になれば、ポチが言うようにアメリカが守ってくれるんじゃんーの?
つーか、現状が既にアメリカ頼りじゃんw
日本国が守るとか、よく偉そうに言えるなww

>>614
>根拠にする言い分にも一理あるってコトさ。それを容認するかどうかだけの話。

一理というより、それしかないが?
上で言ってるように、政府は国籍という、国民証明の公的手続きに関して最も重要な取り決めを無視している。
それでいて、戸籍を持ち出すのは理屈に合わないだろ?
・国籍は公的な規約だがダメ
・戸籍は公的な規約だからOK
↑これらは、あからさまなダブスタ。
まあ、この背後にある民族主義的な思想が肝心なんだろうが、あまりにもウヨウヨだから、
はっきり主張することができないんだよ。
いずれにせよダメダメなんだから、民主主義に従うことで決まり。

702 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:20:20 ID:V/Pd66qL
>>616
>>意味不明。民主主義が成り立ってないってことは、国民の主権が認められてないってことじゃん。
>>前項と後項は同じこと。言葉遊びで混乱するな。
>国家が民主主義を保障していないからだろうが。だから国民に生来主権があるのなら、自動的に

これもバカ杉。反レスになってない。
国家がダメなことは誰も否定してない。

>民主主義理念で国家を運営しているからこそ、日本の各国民は人権が守られ権利を行使出来てるのを否定するのか? 

誰もそんなこと否定してない。よく嫁。

>>617
>いや現行の国際法上、明確にオマイの意見は否定されているからw
>在日は外国籍者であり、主権は外国にあるのは否定できないの。

顔文字が相手してるようだが。
それ以前に、国籍の剥奪が国際法で否定されているから、残念!
国籍を剥奪しておいて「国籍が無いから外国人だ。非国民扱いして何が悪い!」なんて言い張っても、
大笑いされるだけだよ。

>>619>>622>>624 >>626
おまえに言ってないよ。
オレは相手によってレス内容を変えてるんだよ。
理解できるヤツのために言った内容が分からないからってウダウダ騒ぐな。

703 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:20:45 ID:V/Pd66qL
>>632
>日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。
>日本国憲法第10条および国籍法において「日本国民たる要件」が定められている。

憲法10条は、「要件を示した法律を作れ」と言ってるだけで、
その法律の存在は正当化してるといえども、その法律の内容まで正当化してないって(>>3
それに、国籍を持つ者が国民なら、当時日本国籍を持っていたが在日は日本国民でFA
なはずだが?国籍依存(国籍主義)を否定したのは他ならぬ日本政府でしょ?
これをやっておいて、後から国籍主義を持ち出すのはダブスタってもんだ。

>>633
それもいいな。オレも国籍主義否定に使わせてもらおうw

>>634
何が言いたいの?

>>635
>日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。

それは事実に関する一般的明言。
「カラスは黒い」ってのと同じ。生物学的定義(憲法学的定義)ではない。
白いカラスが居ても、それがカラスであることを否定してないわけ。

>>643
スレ主は顔文字ではなくオレだが?

704 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:21:06 ID:V/Pd66qL
>>652
>だが天皇は参政権を持ってないぞ?

オレは適切な制度があれば天皇に選挙権を認めてもいいと思うぞ。
だが、天皇の影響はあまりにも大きいから、ヘタをすると国民数万人分くらいの効果を持ってしまう。
これは一票の格差と同様に憲法の理念とは合わない。認めようにも技術的に適切な制度が出来ないなら仕方ない。
それに、選挙をするだけが参政権ではない。民主主義の本来の意味は、
実際活を制御する法制度の主人になることだが、この点に関して、天皇の意思は庶民以上に通っている。

>>659
>>そうだが、在日の定住地は日本だから、残念。
>決め付けで逃げようとするな
>在日の定住地が日本であることの根拠を示せ
>居住実績は根拠としては認めない

はあ?
決め付けって、定住は居住実績じゃん。
政府も含め、ほとんど者は在日を「定住(外国人)」と呼んでいる。
これは在日が日本に定住していることを認めてのものだ。
おまえは、どうやら、別の語法を用いているようだが、
特殊な語法を使うなら、それをちゃんと示してね。
何の前置きもなく他人にそれを押しつけないでね。

705 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 14:21:31 ID:V/Pd66qL
>>670
>世の中に完璧な理論、真理があれば船虫の論理原理主義も納得できるのだが、現実はそうじゃない。

勝手に不完全にするな。ちゃんと反証しろ。

>更に端的にいって民主主義理念に全て立てば国家が立たず、逆に権利を制限すれば今度は民主主義が
>成り立たないジレンマに陥るわけだからさ。

そんなジレンマなど無い。むしろ、民主主義に依存する関係があるだけ。
つーか、ちゃんと論証しろ。

>>685
>私は戸籍は定住地を示すと考えているんだが・・・・・・

それは事実と違う。定住地は、現住所(住民票)として届け出るもの。
戸籍と現住所が違うのは普通。
おまえは、他の多くの者の語法とは違う、何か別の概念を「定住地」に付けてるじゃないの?

706 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 15:28:54 ID:rperN3Eb
>>698
戸籍がフィクションってどういうことだ? 流石在日、密航してきたら戸籍も捏造せんと
いけないものなw 任意の戸籍を作れる訳ねーじゃん。 一体どう作るって言うんだよw
住所変更などで本籍地を変更するというのは、戸籍を作ってるんじゃねーぞ。
勝手に戸籍を作れるのなら、身分証明になる訳がないだろうが。 在日の考えは流石としかいえんなw

>>699
オマエさぁ、民主主義を守る国家体制がなくて、オマイが信奉する民主主義が成り立つとでも思ってるのか?
例えば日本国がなくなって北朝鮮に日本が併合されたとする。
その際船虫のいう治者・被治者の同一が守られるのかよ? だから国家の枠組みと概念が重要だと
いっているのに、国を軽視するオマイの主張する説ではオマイの理念を誰が守るんだ?と聞いているんだろうが。
外国人が参政権を持つということは亡国に繋がるとってるの。

日本が国民の権利を守る機関の一つだぁ?他に何処が具体的に守ってくれるんだ?
韓国や北朝鮮か?それともアメリカ様か? アホ丸出しジャン。 最終的には日本国しか守ってくれる主体は
ネーノ。
オマエはそれに関して全く聞き耳もとうとしてねーな。 オマエの方が頑なに論理を否定しているじゃん。
憲法の上位概念である国家概念でいい加減話をしろ。

707 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 15:38:15 ID:rperN3Eb
>>700
>何だよ祖国って。日本国民なんだから、祖国は日本に決まってるじゃん。

だからさぁ、船虫よ誰しも在日がオマイ見たく日本人でありたいと思っていた訳じゃないの。
祖国で独立運動をしたりしてたのは何でと思う?あと民族自決の考えから、朝鮮民族は
一律に自決権を行使したともいえるな。今まで不当に朝鮮国(籍)を剥奪され日本国籍を
強要されていたの。オマエの爺さん達が自発的に日本国民になったとでもいうのか?
オマエらの主張では強引に併合され、いやいやなってたんだろうが。 
祖国が日本に決まっているというのなら、国籍が朝鮮籍に戻った時点でチャンと抗議しろよ。 
それを今になって抗議してなんの説得力があると思ってるんだ? 結論の先取りも糞もねーだろうが。
オマイの理屈でいくなら、朝鮮民族がそもそも日本から分離独立する理由がねーだろう。
日本国民としての権利を享受していて、なんで不満がでるんだ?これこそオマエの説にはなんらの
説明もなされてねーぞ。 都合のいい側面だけでモノを語るな。


708 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 15:49:11 ID:x+2qY4ld
>>1のレスの一行目からもうね。

>このことによって、

どのことによってだよ?w



709 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 15:52:38 ID:rperN3Eb
>>700

>オレは民主主義と国民主権によって逆であること、つまり、
>国家(領土を含む)が人民に従属することを示した(>>2)。

全然説明になってねーの。国家は(領土、主権、国民)の三要素からなるが、外国人に参政権を
与えるのは内政干渉、即ち独立した主権侵害にあたる。だから成り立たないといってるのに
それと民主主義が国民主権によって逆であるって何その意味不明な説明はw
何が逆なんだよ何がw もっと具体的にいえ。
>>2を見ても憲法は民主主義理念を採用しているから外国人にも選挙権を寄越せとしかいってねーじゃん。
それらをもってして国家が人民に従属した、なんて証明してみせた気になっているのかよw
国がなくなって民主主義を採用しない外部勢力が統治したなら、逆に人民が従属することになるぞ。
それでも妄言を抜かすか?誰が民主主義を守ってるんだ? 繰り返し聞くが、人民が国を従属させるだけで
なく、国も人民を権力機構によって従属させてるの。いわば補完関係にある訳だ。国が人民を掌握せずに
万人が自分勝手に行動したらどうなると思う?それこそ万人の闘争状態だろうが。だから国家が秩序を作る
必要性があるのだろうが。 何一面的にモノを語っているんだ? 多角的にモノを見る練習をしろ。

>犯罪を犯してるなら、その当人を処罰すればいいだけ。
では外国人が入国する際、ビザが必要だったりする国とそうでない国は一体どう説明する?
大枠で犯罪を犯す割合の高い外国(人)に対しては、その国籍者全体に対して制限を加えるのは世界の
主流だが? 無論船虫のいう民主主義とは程遠いものだがな。 現実論では全体で輪をかけても
国民国家の枠組みで考えるなら当然だと国際間では思われてるんだよ。残念ながらな。


710 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 15:54:02 ID:rperN3Eb
>>701

>そりゃアメリカの属国になれば、ポチが言うようにアメリカが守ってくれるんじゃんーの?
>つーか、現状が既にアメリカ頼りじゃんw
>日本国が守るとか、よく偉そうに言えるなww

早くちゃんと答えろ、船虫よ。国がなくなって誰が民主主義を守ってくれるんだ?
それで説明をしたつもりか?失笑モノだぞw


711 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:04:14 ID:rperN3Eb
>>701

>まあ、この背後にある民族主義的な思想が肝心なんだろうが、あまりにもウヨウヨだから、
>はっきり主張することができないんだよ。

ここが核心部分だったりする。つまり民族主義というか、国民国家、民族国家に現状世界は
分裂しており、他国民との共同統治が相容れない最大の要因となっている。
だから極端な話、在日の祖国がクソだから民主主義理念で彼らを受け入れられない最大の
理由になる訳だ。 もしこれが先進的なEU諸国の国民だったらどうであろう。日本がEUに加盟しそれらの
先進的な価値観の国民達とであったなら、部分参政権も相互の国々において与え合う事が出来るだろう。
EUでもEU域内の国だけがお互いに部分参政権を与えあっているが、その他の地域からの外国人に
参政権を与えていないのは正にそれが理由。

確かにこれは大いなる差別だ。しかし国民国家自体が外国の影響を排し自国民の自決権を確立した
ものに他ならない訳だから、そもそも国民(地域)国家という存在こそが非民主的な存在な訳である。
本当に船虫がいう民主主義的な世界を実現したいと思うなら、国の枠組みを廃止し、世界統一政府でも
作るしかあるまい。そうすれば正に船虫の言うとおりに出来るさ。先ずは祖国にそれらを主張してこい。
日本に押し付けなくてもいいからさw

712 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:11:31 ID:pb6IIHi9
>>1
朝鮮人の日本国籍に付いては、在日朝鮮人がGHQに押し掛けて、
「我々は敗戦国民ではない。」日本国籍などいらないと直訴した。
GHQは困り、第三国人・三国人とした。
三国人になった在日は、「我々は三国人だ。敗戦国人の日本人と違う。」と宣言していた。
そうなのですよ。三国人は差別語ではなく、在日が当時、誇らしく自らのことを言っていた言葉なのです。


713 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:14:54 ID:rperN3Eb
>>702

>これもバカ杉。反レスになってない。
>国家がダメなことは誰も否定してない。

国家がダメだと誰が言っている?オマエもっと意味のある反論汁! なんだその反論は。
それで>>616の反論になっていると思うか?在日は国を軽視しているからダメダメだと思うのだろうが、
日本人は日本国で充分だと思っている。一緒にすんなよw 馬鹿がうつるからw

>>民主主義理念で国家を運営しているからこそ、日本の各国民は人権が守られ権利を行使出来てるのを否定するのか? 

>誰もそんなこと否定してない。よく嫁。

で外国人に参政権を与えて国家がなくなり、その後一体誰がその民主主義理念を守るんですかい?
否定しないのなら、早くそれについても答えろよ、はぐらかすんで無くてな。

>それ以前に、国籍の剥奪が国際法で否定されているから、残念!

剥奪じゃなくて回復なんだがw つまり今まで不当に日本国籍を押し付けられ祖国を消滅させられ
民族自決の権利を剥奪されていた非民主的な状態にあった訳だ。
大抵の在日はそう思っているぞ? オマエ以外はな。

>>619>>622>>624 >>626
おまえに言ってないよ。
オレは相手によってレス内容を変えてるんだよ。
理解できるヤツのために言った内容が分からないからってウダウダ騒ぐな。

ゴメン同一人物なんだがw 大笑いだな。こりゃ せめて >>626に答えてよ、原典が意味不明でまるで理解出来ないからさw

714 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:23:37 ID:rperN3Eb
>>703

>>>633
>それもいいな。オレも国籍主義否定に使わせてもらおうw

本当にいいのか?もしそうなら、国民であっても参政権のよりどころとはならない、ということに
なるんだが? つまり天皇も国民である、が参政権はない。
で顔文字の憲法学上の定義でいうなら、>>343を参照することになるが、ここでは在日外国人も
国民である、と解釈されるが、同時に外国人(日本国籍を有しない)であるから参政権など
一部の制限があるのが合理的、とも解釈されるとなっている。
無論、天皇だけでなく、未成年国民も同様に参政権は持っていない訳だから、

国民=ただちに主権者、という前提条件が崩壊することになるのだがw

つまり民主主義理念の援用だけでは説明しきれない暗黙の条件が参政権などの行使には別途
必要になってくると言える訳だ。船虫理論ではその不整合を全く説明していねーもんなw
いやーいい所つくじゃん。船虫よ。オマエ頭いいなぁwww


715 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:24:14 ID:YlBiaScf
気にすんなよ、世界市民www

716 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:29:29 ID:rperN3Eb
>>704

>オレは適切な制度があれば天皇に選挙権を認めてもいいと思うぞ。
>だが、天皇の影響はあまりにも大きいから、ヘタをすると国民数万人分くらいの効果を持ってしまう。
>これは一票の格差と同様に憲法の理念とは合わない。認めようにも技術的に適切な制度が出来ないなら仕方ない。
>それに、選挙をするだけが参政権ではない。民主主義の本来の意味は、
>実際活を制御する法制度の主人になることだが、この点に関して、天皇の意思は庶民以上に通っている。

国民である天皇に対して参政権を与えない条件として特例を設けるのであれば、国民である在日も参政権
を与えない条件を明記すれば同様の説得力を持つことになるぞw
つまり民主主義理念上でいえば万人に等しく平等の権利を与えるのが筋だから、たとえ天皇だろうとも
それらの諸権利は与えてしかるべきはず。 しかし船虫はここで天皇は特別だからその枠外でもいいや、と
暗に認めてしまっているわけだ。 だったら外国籍である在日にもそれらの権利を与えなくとも、天皇の
ケースと同様に例外なケースとして外野勢力に主張されても文句は言えないこととなる。

何このダブスタ?論理的整合性を取るなら、天皇にも与えてしかるべきだろ?そう主張しないと船虫の理屈は
崩壊する事になるぞ。

717 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:33:35 ID:rperN3Eb
>>705

>>世の中に完璧な理論、真理があれば船虫の論理原理主義も納得できるのだが、現実はそうじゃない。

>勝手に不完全にするな。ちゃんと反証しろ。

>>更に端的にいって民主主義理念に全て立てば国家が立たず、逆に権利を制限すれば今度は民主主義が
>>成り立たないジレンマに陥るわけだからさ。

>そんなジレンマなど無い。むしろ、民主主義に依存する関係があるだけ。
>つーか、ちゃんと論証しろ。

民主主義理念に全て立ち、外国人にも参政権を与えたら簡単に内政干渉が出来る。即ち国家の崩壊につながる
だから民主主義を立てれば国家が立たない、で国家の枠組みを重要視し、参政権などを制限したなら民主主義
理念に反する、だからそうだといってるの。 馬鹿は理解しようとしないから、暖簾に腕押しだな、こりゃw
これで論証にならないのなら、船虫の思考回路がおかしいとしかいえない。まあ、半島人の場合、結論が先に来て
理論は全て後付けってのがデフォだから、アーアーキコエナイニダ!になるのかもしれんがw

718 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 16:40:49 ID:924sZ8Yw
672 :日出づる処の名無し :2007/03/27(火) 00:19:24 ID:924sZ8Yw
だからさ、憲法によって「法律で定められた国民による民主制度」が書かれているんだから
「民主主義の理念」とか屁のツッパリにもならんだろう。
法律上、何の意味もないもの。


これで決まりじゃね?

719 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 18:10:12 ID:wQXXGLxF
ウリ信用組合
http://www.urishinkumi.com/
イオ信用組合
http://www.io-shin.com/
朝銀西信用組合
http://www.chogin-nishi.com/
ミレ信用組合
http://www.mire.co.jp/
ハナ信用組合
http://www.hanashinkumi.com/
京滋信用組合
http://keiji-shinkumi.net/
兵庫ひまわり信用組合
http://www.h-himawari.com/

720 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 18:18:58 ID:wQXXGLxF
あすか信用組合
http://www.asuka-c.jp/
横浜商銀信用組合
http://www.yokohamashogin.co.jp/index.htm
あすなろ信用組合
(HP未開設)
北陸商銀信用組合
(HP未開設)
信用組合愛知商銀
http://www.a-sg.jp/
近畿産業信用組合
http://www1.kinsan.co.jp/index.html
信用組合岡山商銀
(HP未開設)
信用組合広島商銀
http://www.shogin.com/
九州幸銀信用組合
http://www.kyushukougin.co.jp/

721 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 19:11:13 ID:PHPWnNoO
>>704 >>705
ん? まああなたがそういうなら私の「定住地」の概念は違うのかもな
私の言う「定住地」は「現在どこにいようが変わらない本来の居住(在住)地」とでも言うべきものだ
家で言うならいわば本邸
そして私は戸籍の在り処がこれを示すとしている

自分の本籍があるところ(本邸)以外の家に何十年住もうがそこは別荘だろ?
本邸(本籍)が朝鮮にあり、別荘(居住地)が日本にあるのが在日
君の言うことは
本邸より別荘のほうが居心地いいので(あるいは別荘から本邸に戻るのが大変なので)
そちらに本邸より長く居座った、
だから事実上別荘のほうが本邸みたいなものだから本邸のみが持つ制度的権利を別荘のほうに与えろというわけだろ

普通、だったら現在の別荘のほうを本邸とする手続きをとってくださいと言われるのは当然
これは本邸と別荘が法的に区別されているために、
「事実上」の問題よりも「形式上」の問題が重視されるから

722 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/27(火) 19:43:22 ID:+Vr9rziT
>>698
〔公務員の選定罷免権、公務員の本質、普通選挙の保障及び投票秘密の保障〕
第15条公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j01.html#s3

公務員の規約に書かれてる15条のどこに人権規約があるの?

723 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/27(火) 19:49:53 ID:+Vr9rziT
さらに、憲法3章10条にある「日本国民たる要件は、法律でこれを定める。」にあたる法律

国籍法
http://www.houko.com/00/01/S25/147.HTM
(この法律の目的)
第1条 日本国民たる要件は、この法律の定めるところによる

つまり、この中の「日本国民たる要件」に当てはなってることが重要。
(つまり、国籍・国民としての権利は自然権ではない)

”〜生まれ”と言うのは、自然権かも知れんけどね。

724 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 20:34:55 ID:b1UonuJj
まだやってんの?結論はすでに出てるんだよな。

憲法の上では

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。

もうw  こう言い切ってるのになに小難しい事ならべてんの?。

「在日は憲法上の日本国民なのだが」←このスレタイの答えは
在日は日本国民ではありません。だろ?さっさと終了しろよ。

725 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 22:22:53 ID:6a5Vw96L
法務省編 在留外国人統計(1974年版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm

在日外国人の中で上陸年度不詳である者の割合は、米国人で約14%、
米・中・韓朝以外で約18%と少ないのに対して、中国人で約53%、
韓国・朝鮮人では約85%と極端に比率が高くなっている。
この割合の違いは、日本に密入国した者が在日韓国・朝鮮人に
非常に多いことを示すと思われる。


726 :日出づる処の名無し:2007/03/27(火) 22:34:21 ID:nRdhQO/Z
「国籍剥奪だー!!」と叫びまわる馬鹿さ加減に気がついたのかな?虫は。

727 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 10:28:54 ID:QJdhSvty
>そりゃアメリカの属国になれば、ポチが言うようにアメリカが守ってくれるんじゃんーの?
>つーか、現状が既にアメリカ頼りじゃんw
>日本国が守るとか、よく偉そうに言えるなww

>>701どの辺がアメリカ頼りなのかな?
統帥権返還程度でオロオロオタオタと大騒ぎしてるお前の祖国と一緒にしないでもらえるかな?


728 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 10:46:21 ID:SvU+44yg
>>701
在日は韓国籍又は朝鮮籍ですよ

729 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 11:32:39 ID:ZwZ462zq
条約は法律に優先すると言う常識を知らずに喚くアホ虫

730 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 14:08:48 ID:pDIM/ixI
なるほど

731 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/28(水) 14:17:59 ID:PJ2MpnUu
>条約は法律に優先すると言う常識
批准してればだけどな。


732 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 14:22:47 ID:jxW5gQAV
結局、こういうことを主張するのは
祖国が相当にやばい状態なんだろう
帰る国が無くなったらどうするか?
在日どもの焦りが良く現れているスレである

733 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:27:16 ID:1rrIV3Sf
まぁ、憲法には「法律で決めた国民に主権がある」となってるんだから
無駄なあがきだな。

734 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:47:13 ID:Onbzt/tZ
>>706
>戸籍がフィクションってどういうことだ?

実体がないってことじゃん。
つーか、おまえに言ってないっての。
おまえ相手にカタカナ語なんて使わねーよ。
理解できないからって、他レスに食い付くな。

>オマエさぁ、民主主義を守る国家体制がなくて、オマイが信奉する民主主義が成り立つとでも思ってるのか?

成り立つだろが(地方都市・国連)。原理的には統治機関があればいいのであって、
それは国でなくてもOK。それに、ここでの問題は

>>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
>定義し直すために定義するってアホか。

↑これだろが(>>586)。どうして「定義し直すために定義が必要」なんだ?
誤魔化すなよ、ハゲ。
それとオレは何度も言ってるように反民主主義者だからな。
妙な妄想こくな。

735 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:47:32 ID:Onbzt/tZ
>>707
>>何だよ祖国って。日本国民なんだから、祖国は日本に決まってるじゃん。
>だからさぁ、船虫よ誰しも在日がオマイ見たく日本人でありたいと思っていた訳じゃないの。

だから、個人の思想信条は関係ないと言ってんだろが。
ホントばっかじゃねーの!
いい加減にしてくれよ。

>>709
>全然説明になってねーの。国家は(領土、主権、国民)の三要素からなるが、外国人に参政権を
>>717
>民主主義理念に全て立ち、外国人にも参政権を与えたら簡単に内政干渉が出来る。

こっちは、個人の思想は関係ないとして、在日は日本国民だと論証してんのに(>>2)、
それを無視して、「在日は外国人」とか「在日の祖国は朝鮮」とか決め付けるだけ。
おまえ、脳味噌あるのかよ?

736 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:48:01 ID:Onbzt/tZ
>>708
>>このことによって、
>どのことによってだよ?w

スレタイに決まってんだろが。
そんな読解力で2chにくるな。半年ROMってやがれ。

>>711
>>まあ、この背後にある民族主義的な思想が肝心なんだろうが、あまりにもウヨウヨだから、
>>はっきり主張することができないんだよ。
>ここが核心部分だったりする。

そうだよ。テメーは、「在日は外国人」などという結論の先取りで無駄なレスを費やすんじゃなくて、
始めから、ウヨウヨ思想の正当化によって「在日は外国人」を“導出”すればいいんだよ。
結論の先取りしても、それはまさに>>2で否定されることだから、アホ丸出しなだけ。
これくらい理解しろよな。

だが、以下にあるべき「ウヨウヨの思想の正当化」がまるでないな。

>つまり民族主義というか、国民国家、民族国家に現状世界は・・・・

マンセーしたって正当化にならんぞ。
正当化とは、オレが>>2でやってるように、論敵も認めるような国是や憲法といった
共通の枠組みから、「ウヨウヨ思想は正しい」を論証すること。
とっとやれ。
脳味噌が足りなくてできないなら、おまえも指咥えてROMってろw

737 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:48:19 ID:Onbzt/tZ
>>712
まあ朝鮮人にもいろいろいるからねーw
で、だから何?
お得意の差別か?
(「日本を壊すと言った日本人がいるから、日本破壊は日本人の総意だ」とかなww)
それとも、否定されまくってる妄想意思による主権剥奪か?

>>716
>国民である天皇に対して参政権を与えない条件として特例を設けるのであれば、国民である在日も参政権
>を与えない条件を明記すれば同様の説得力を持つことになるぞw

バカだな。その方がこっちは楽じゃんw
とりあえず、天皇の場合は「主権(参政権)は認められるものの、その行使が困難であるため、
選挙権を認めるように法整備できない」ってこと。
スレの論点に関しては、>>1が正論となる。
そして、困難かについて論点が移行すれば、何も困難はない(笑)。
一部の地方では実現化してるし、戦前と同じことをするだけ。
ウヨの「無理だ」が根拠のない妄想であることが浮き彫りになるだけw
肝心の「主権は認められるが」を認めてしまえば、後はみじめに敗退していくだけww

738 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:48:52 ID:Onbzt/tZ
>>718
だから、国籍法により国籍保持者が国民なら、在日は国民だろって。
(憲法制定当時、在日は日本国籍保持者)
いい加減にしろよ。
否定されてることをアホみたいに繰り返すな。


739 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:48:58 ID:ZwZ462zq
おお オナニータイムか

740 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:49:03 ID:Onbzt/tZ
>>721
>私の言う「定住地」は「現在どこにいようが変わらない本来の居住(在住)地」とでも言うべきものだ
>家で言うならいわば本邸
>そして私は戸籍の在り処がこれを示すとしている

多くの日本人は、住むことは事実上有り得ない場所を戸籍にしてるが?
そのような事実を無視して「現在どこにいようが変わらない本来の居住(在住)地」って何?
要するに脳内だろ?
単なるおまえの脳内か、百歩譲って当人達の脳内。
後者であったとしても、主権は固有のものであり、脳内には左右されない。
これも繰り返し言ってきたことじゃん。
文句があるなら、それら(>>4 など)に反論しろよ。
それと、民主主義は実情に関して適用されるのであり、
「フィクションでOKな」ものではないというのもガイシュツ。
政府が「キリスト者の故郷はイスラエル。イスラエルに戸籍があってイスラエルに統治されてる」と
言い張り(形式上そうしている)、その一方の事実としては彼らを統治すると宣言し、統治しまくってるなら、
民主主義は後者に適用され、その政府は非難される。
北朝鮮だって同じ。形式的には民主主義を名乗っているが、そんなの糞の役にもたたず、
みんな北朝鮮を非民主主義だと非難する。
これが民主主義に関する圧倒的な常識。
「形式でいい(事実なんてどうでもいい)」なんて言うなら、根拠を出してくれよ。


741 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:49:26 ID:Onbzt/tZ
>>722 名前: 公僕FP ◆OnZ14uFe5k
>公務員の規約に書かれてる15条のどこに人権規約があるの?

はあ?
オレは主権に関する条文だと言ったことはあるかもしれんが、
人権に関することだと言った覚えはないぞ?
もしかして、「前憲法的→自然権的→人権」と妄想してんの?
前憲法的という性質が似てるってだけのことだぞ。

>>723 名前: 公僕FP ◆OnZ14uFe5k
それがどうした?>>3は読んでるんだろうな?

742 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:49:44 ID:Onbzt/tZ
>>724
はいはい、また低脳決め付けね。
それを否定する論証をしてんのに、低脳君は困ったねw

>>727
>どの辺がアメリカ頼りなのかな?

はあ?アメリカに頼ってないの?
こりゃ驚いた。だったら、日米同盟すんなよ。
同盟するってことは既に相手方を頼りにしてるってこと。
まったくウヨはこんなとこまで見栄を張りたいのかね?

743 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:51:58 ID:Onbzt/tZ
>>733
バカ?
そんなことどこにも書いてないが?
憲法は「要件を定めた法律を作れ」と言ってるだけ。
つーか、文句があるなら>>3に反論しろっての。

744 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 16:54:56 ID:7XznXyLS
>>734
実体がないだと? 実体が無いものを身分証明に使うのかよw
説明になってねーぞ糞虫。ちゃんとその論理的根拠を抜かせ。

>成り立つだろが(地方都市・国連)。原理的には統治機関があればいいのであって、
>それは国でなくてもOK。それに、ここでの問題は

ゲラゲラゲラ。地方都市が人権を守る主体?国連ってwww でなんで中国のチベット弾圧やロシア
のチェチェン侵攻が押さえられねーんだ?国連の常任理事国が悪さしまくっているからだろうが。
国連が世界統一政府の役割が出来るとでも思ってるのかよw 馬鹿丸出しwww
だったら韓国や北朝鮮も独立なんてしなくてもよかったじゃん。 日本の一地方都市だったんだからさw
あと国連が独立させたが、その指導の元で同民族で凄惨な殺し合いをするぐらい権利を守ってくれたんだ。
いやー、当てになるな、糞虫のいう統治機関って奴はさwww

馬鹿は如何に愚かな発言をしているか理解していないから困る。 まあ糞虫だからしょうがないかw 


745 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:00:53 ID:7XznXyLS
>>734

>↑これだろが(>>586)。どうして「定義し直すために定義が必要」なんだ?
>誤魔化すなよ、ハゲ。
>それとオレは何度も言ってるように反民主主義者だからな。
>妙な妄想こくな。

定義し直すだぁ?糞虫の理論は国以外が統一政体としてちゃんと個人の人権を保障し外部勢力から
守れることを証明しなくてはその論理事態がなりたたねーから、ちゃんと定義しろといってるんだろうが。
オマエの理論には前提条件が必要(その権利を守る主体即ち:国などの主権主体)だからこそいっている
のに何自分の理論だけでオナニーしてるんだよw

でその答えが国連や地方都市だってwww 地方都市が軍隊もってるのかよw 軍隊や警察力を地方都市が
独自に持った時点でそりゃオマエ独立国だってw 
ああ、腹いてえwww しかもオレは反民主主義者だってw 反民主主義なら、尚更こんなゴミが利用する民主主義
という奴も制限されてしかるべきだな。 おお怖い怖いw

746 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:09:13 ID:7XznXyLS
>>735

>だから、個人の思想信条は関係ないと言ってんだろが。
>ホントばっかじゃねーの!
>いい加減にしてくれよ。

祖国で独立運動してたのは引用しねーのかよw それと日本人に強制されてたのも
スルーでっか? 朝鮮人としての民族自決が行いたいからこそ独立したのに、
それらは個人の思想信条!? あくまで個人の思想信条でいくなら、そんな民族自決権を
理由に独立する根拠がねーじゃん。個人の思想信条と民族自決が同一に語られると?
民族の総意で独立の方向に動いたのにその時点で個人の思想信条を組んで動けるかっツーの。
それが不満で日本人でありたい在日は個別で帰化するか、祖国に文句をいえ。
なんで勝手に独立したんだ?オイラは日本人のままで良かったのになってな。
何摩り替えてるんだよ、ちゃんと全ての文面で反論しろよ。 手前味噌ばっかだな、
糞虫はw まあ、まともに答えられないからそう言い逃れてるんだろうけど。

747 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:15:35 ID:7XznXyLS
>>735

>こっちは、個人の思想は関係ないとして、在日は日本国民だと論証してんのに(>>2)、
>それを無視して、「在日は外国人」とか「在日の祖国は朝鮮」とか決め付けるだけ。
>おまえ、脳味噌あるのかよ?

だから在日は祖国の権利や忠誠義務から逃れられるのかよ。パスポートの発給だけでなく
在日の人権侵害に対して祖国は口を挟む権利があるからいってるの。
だったらそれらがまるでないと証明してみせろ。 国籍が違うから、外国の影響下から逃れられない。
糞虫よ、オマエ逆に在日の祖国は半島国家ではないと証明出来るか?
顔文字の憲法学上でいくなら在日も国民らしいが、その場合国民=参政権の付与には直ちになってねーぞ。
外国籍を理由にな。 オマエはその顔文字の理屈に関しても反論しろ。

でどうそれら外国の影響を排除するんだ?早く答えろよ糞虫。
その外国の主権を持ち、日本人にない権利を持っている上に更に日本の権利をよこせだと?
在日様になりたいよw 正に特権階級だなw


748 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:19:42 ID:Onbzt/tZ
>>744
だからおまえに言ってないの。低脳のくせに口出しするな。
おめのはその下(定義し直す(笑)。

>>745
>定義し直すだぁ?

テメーで言ったんだろが↓。ホント基地外だなw

>>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
>定義し直すために定義するってアホか。

>>746
>>4

>>747
何ズレまくりのレスしてんの?
根拠もなく「在日は外国人」と言い出すのは“結論の先取り”。分かった。
分かったらウダウダ言ってないで、とっと憲法論で「外国人」を論証してね。

749 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:22:31 ID:7XznXyLS
>>736

>マンセーしたって正当化にならんぞ。
>正当化とは、オレが>>2でやってるように、論敵も認めるような国是や憲法といった
>共通の枠組みから、「ウヨウヨ思想は正しい」を論証すること。
>とっとやれ。
>脳味噌が足りなくてできないなら、おまえも指咥えてROMってろw

いつどこが正当化したよw 論理による解決(理想論)は現実問題として不可能だと主張している
だけなのに、何勝手に勝利宣言してるんだ?
世界市民思想を否定出来る奴はいないだろう。だが、それを現実世界で一国が行うのは亡国に
つながる。現行世界においては国民国家・民族国家(民族自決権)は保障された概念であって
それらの存在の為、民主主義理念における万人の権利(この場合外国人が該当)は制限されても
しかるべき、というのが国際間の主流だ、と主張している。

それなのに論理(民主主義)マンセー、だからオレが正しい。オレに従えとしかいってねーじゃんw 糞虫は。
根本的に違う次元で話をしているのに、自分のステージでオナニーするだけが糞虫なのか?
まあ、一部国連や地方都市が権利を守る統治機関になりうる。と抜かしたりしているから、薄々は
こちらのステージに気づいてはいるんだろうがなw

早く上って来いよ、糞虫。 オマエのオナニーは見飽きたからさ。

750 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:27:39 ID:7XznXyLS
>>737

>バカだな。その方がこっちは楽じゃんw
>とりあえず、天皇の場合は「主権(参政権)は認められるものの、その行使が困難であるため、
>選挙権を認めるように法整備できない」ってこと。
>スレの論点に関しては、>>1が正論となる。
>そして、困難かについて論点が移行すれば、何も困難はない(笑)。
>一部の地方では実現化してるし、戦前と同じことをするだけ。
>ウヨの「無理だ」が根拠のない妄想であることが浮き彫りになるだけw
>肝心の「主権は認められるが」を認めてしまえば、後はみじめに敗退していくだけww

ゴメン、さっぱり意味不明なんだけどw >>1が正論となるって勝手に脳内勝利宣言しているが、まるで
根拠がない。まあ、それはおいといて

>とりあえず、天皇の場合は「主権(参政権)は認められるものの、その行使が困難であるため、
>選挙権を認めるように法整備できない」ってこと。

これが通るのなら 天皇の部分を在日に適応すればオマエも納得だなw
なんだオマエは論理さえ認めてもらったら、天皇と同じように行使が困難だから選挙権を認めるように
法整備できないで否定されても言いという訳だ。 いやーこれにて解決。良かった良かったw

751 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:32:52 ID:7XznXyLS
>>748

御託は判ったら地方都市や国連が国に代わって外国勢力などから国民の諸権利を
守れるという証明してね。 もうオマエの糞理論は聞き飽きたからさw

752 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:45:49 ID:7XznXyLS
船虫の迷言集。

1.オレは反民主主義者だ。
2.国籍とは”印のようなもの”である。
3.国が無くても、国連や地方都市が個人の権利を守ってくれる。
4.戸籍とはフィクションである。
5.オレ様の完璧な理論に反論する奴はウヨウヨ的である。

さて、この後も乞うご期待! 船虫先生のオナニータイムが始まるよ!!

753 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:50:02 ID:Onbzt/tZ
>>749
>いつどこが正当化したよw 論理による解決(理想論)は現実問題として不可能だと主張している
>だけなのに、何勝手に勝利宣言してるんだ?

>>737

>>750
>ゴメン、さっぱり意味不明なんだけどw

これくらい理解出来なきゃ話にならないね。
議論する前に、小学校に戻って国語の勉強をしましょうw

>>751
>御託は判ったら地方都市や国連が国に代わって外国勢力などから国民の諸権利を
>守れるという証明してね。 もうオマエの糞理論は聞き飽きたからさw

ぜんぜん分かってねーじゃん。
おまえのは↓これ。

>>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
>定義し直すために定義するってアホか。

とっとと答えてね。妄想はいい加減にしてねw

754 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:52:36 ID:1rrIV3Sf
>>743
>そんなことどこにも書いてないが?
「国民の要件は法律で定める」とあり「主権が国民に存する」と書いてあれば
法律で定めた国民に主権があるとなるのは自明。
バカはお前。

>>3
>国籍剥奪の対象になった者(もちろん、日本国籍保持者)は紛れもなく、日本国民ということになってしまいます。

国籍を剥奪されたら当然ながら日本国民ではありません。

>・前提2より、被治者は主権者である。
主権があるか否かは「理念」ではなく「法律」に定めるところによる。
三段論法不成立。

755 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 17:55:55 ID:7XznXyLS
>>753
だからさぁ、何の反論になってないよ? 早く答えろって

>御託は判ったら地方都市や国連が国に代わって外国勢力などから国民の諸権利を
>守れるという証明してね。 もうオマエの糞理論は聞き飽きたからさw

これにさ。 反論できネーからって話を逸らすなよ。いつもみたいにさw

756 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 18:00:34 ID:m+ONvA5q
仮にこのスレが「在日は日本人だ」みたいな流れになったとして・・・・

それで?

757 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 18:00:49 ID:7XznXyLS
そうそう船虫よ >>747では

>だから在日は祖国の権利や忠誠義務から逃れられるのかよ。パスポートの発給だけでなく
>在日の人権侵害に対して祖国は口を挟む権利があるからいってるの。
>だったらそれらがまるでないと証明してみせろ。 国籍が違うから、外国の影響下から逃れられない。
>糞虫よ、オマエ逆に在日の祖国は半島国家ではないと証明出来るか?
>顔文字の憲法学上でいくなら在日も国民らしいが、その場合国民=参政権の付与には直ちになってねーぞ。
>外国籍を理由にな。 オマエはその顔文字の理屈に関しても反論しろ。

こう主張させてもらってるんだが、これは返答しねーつもりかよ。
在日の祖国が半島ではなく日本だと早く証明してみせろよ。 オマエはいったよな日本が祖国だって。
在日が併せて祖国の諸権利や干渉から逃れられる存在ってのも併せてな。

都合の悪いレスはいつもスルーだからな。 早くしろよw


758 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 18:06:51 ID:AHsjQCrp
★日本軍とは無関係に『韓国人慰安婦』が登場する映画★

■虹の映画館
http://www2.saganet.ne.jp/nijino7/mov8.html#554  [作品No.554]

タイトル『38度線』FIELD OF HONOR 19 <カラー95分> オランダ映画 
監督 ハンス・シープマーカー
出演 EVERETT McGILL、ミン・ユー

 舞台は朝鮮戦争が始まって1年経過した1951年の朝鮮半島。
当時国連軍の名の下に3418名のオランダ兵士が参加していた。この映画は、そのオランダ軍での事実に基づく映画だそうだが、
最初から言うが、全く面白くない映画だ。
 映画は最初に戦禍を避けて逃げる韓国の人々を映し出す。その中にキム少年とその母と姉の家族もいる。
少年が、とある民家の前に来ると、民家の戸口が乱暴に開き、全身素っ裸で、酒に酩酊した人相の悪い男が現れ、
野卑な言葉を吐きながら風呂と思われるドラム缶に小便をする。この下品な男が主人公のサイア軍曹で、この登場の仕方のため、
共感が全く感じなくなる。
 この男は体質的に戦場が好きで、オランダに帰るより戦場に居たいという男。
 さて、サイア軍曹が、キム少年の母と姉を部隊に連れてきて売春させている(慰安所である)時に、中国軍が攻撃してくる。
彼は危うく死を逃れたが、トラックの下敷きになる。お人よしの中国兵が助けてくれたのだが、廃屋に身を隠していると
キム少年と姉に再会する。
 そこへ再び中国軍の攻撃が始まる。必死に防衛していると、やがて援軍が来て軍曹と少年が助かるというお話。
見どころはありません。悪しからず!(2000.6.11)

 この映画はビデオで出ている。ツタヤでレンタルしているのではないか。


759 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 19:28:20 ID:pgAH5ULI
>>742
だからどこが間違ってんの?

日本国民とは、日本の国籍を持つ人(国民)のこと。

これだけ明確に言い切っているんだから、もう決定的でしょw
反論してみろよ。

760 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/28(水) 20:00:14 ID:uSxlxPOo
>>741
日本国憲法
1946年(昭和21年)11月3日に公布され、1947年(昭和22年)5月3日に施行された。

韓国独立への流れ
昭和20年8月15日 自治権を獲得
      9月8日  アメリカ進駐に伴い自治権解消(この時点で日本領ではない)

日本領ではなくなってるのに、これ以後に成立した憲法の公布・施行時点で、
朝鮮人が「日本国民」であると言う証明はできませんね。

君の言う前提そのものが間違いであると言うことだね。

761 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/28(水) 20:10:14 ID:uSxlxPOo
ちなみに、日本のポツダム宣言受諾が告知された1945年8月15日以降、朝鮮では呂運亨らによって9月6日に朝鮮人民共和国が宣言されたほか、
中国で活動をしていた大韓民国臨時政府も朝鮮の正統な政府としての立場を主張していた。

つまり、朝鮮=日本領ではすでになく、朝鮮籍の”当時日本人”はすでに、米ソの軍政管理下の”朝鮮”の籍に入っていたことになる。
それでも、日本国籍を取り直そうとしない在日は”日本人”なのか?

762 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 20:27:17 ID:FY3OS3ii
在日特権を生んだ戦後の闇…“内戦”が始まった8月
http://dogma.at.webry.info/200701/article_19.html

在日特権を許さない市民の会
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

763 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/28(水) 21:18:07 ID:GcSueRUR
>>761
それは短絡的な見方だろう。
臨時政府が樹立したといっても、終戦直後から米ソが駐留して後の朝鮮戦争の火種となる
状況だったコトを考えれば、日本本土に在住していた在日朝鮮人にしてみれば
とても混乱した祖国には帰るに帰れない状況だったはずだ。日本が統治権を手放して、
すぐに帰国できるよ〜な状況であればオマイの言い分も説得力があるが、そうではなかった
コトからして簡単に「帰れた」などと言い切れまい。


764 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 21:22:45 ID:1rrIV3Sf
>>763
別に帰れなくてもいいんだよ。
国籍の話なんだから。

765 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/28(水) 21:35:40 ID:uSxlxPOo
>>763
>>764が代わりに言うてくれた。ありがとう。
結局、中国残留孤児と考え方はいっしょ。日本に居なくても日本人。その時点で証明ができればね。
その時点では間違いなく半島の暫定政府の籍の中に含まれていたから、この時点から日本人である証明はできない。
現に、日本列島で、暫定政府の籍に居るから”俺たちは戦勝国民だから、何してもいい”とかいって、暴力行為等の犯罪を日常のようにしていたやん。

766 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 21:37:27 ID:7XznXyLS
>>763
その言はおかしいな。現に徴用で日本につれて来られた半島人の大半は帰っている。
特に在日問題が顕在化したのは新たに日本に難民として来た朝鮮戦争勃発以降だぞ?
逆に直接の戦火を受けなかった半島の方が、インフラを含めて全てが破壊された日本内地より
暮らしやすかっただろう。 更にいうと民族の内紛なぞ日本人の知ったこっちゃないがな。

767 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/28(水) 21:40:27 ID:GcSueRUR
オレは国籍の話などしていない。帰れる状況にない宙ぶらりんな状況だったと
言っている。そ〜ゆ〜意味で言えば戦後の混乱と既に始まっていた冷戦の犠牲者だ。


768 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 21:47:11 ID:1rrIV3Sf
>>767
なんちゅ〜いい訳だ。
みっともない。

769 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 21:49:40 ID:m+ONvA5q
こんなスレでうだうだ言ってたって日本国籍は手に入らんぞ?
行動しなくていいのかい?

770 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/03/28(水) 21:57:10 ID:GcSueRUR
言い訳?
在日でもないオレが言い訳などするワケね〜じゃん。
オレは状況把握の話をしている。


771 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:02:18 ID:1rrIV3Sf
>770
>>761が国籍の話をしているのに「短絡的だ」といいながら国籍に関係ない話をしてるのかね。

>在日でもないオレが言い訳などするワケね〜じゃん。
君は文脈も読めんのかね。
みっともない。

772 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:03:48 ID:Vu6shMaH
そもそも日本で生まれ育っているのにどうして生きにくいのかというと、
日本の常識とちがう、偏見に満ちた変な洗脳教育をするからだろ?


773 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:09:23 ID:NtWXyzzy
国籍の話などしてないってか。
勝手に「帰れる帰れない」の話をしだす方が悪いわなw



774 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:11:12 ID:jxW5gQAV
所詮、顔文字は船虫のキャラの一つ
言ってることも、ごまかし方もほとんどいっしょ
ついでにどっちもモー娘。ヲタw

775 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:28:41 ID:SvU+44yg
>>740
>多くの日本人は、住むことは事実上有り得ない場所を戸籍にしてるが?
>そのような事実を無視して「現在どこにいようが変わらない本来の居住(在住)地」って何?
もっと分かりやすく言うならその人の所属する場所

>要するに脳内だろ?
概念だからな

>後者であったとしても、主権は固有のものであり、脳内には左右されない。
言っておくが国民主権における主権は国民という概念に固有のもの
要するに国民であるならば主権を持つということであり、
これを理由には国民でなくなることそのものを否定することはできないよ

>それと、民主主義は実情に関して適用されるのであり、
>「フィクションでOKな」ものではないというのもガイシュツ。
>政府が「キリスト者の故郷はイスラエル。イスラエルに戸籍があってイスラエルに統治されてる」と
>言い張り(形式上そうしている)、その一方の事実としては彼らを統治すると宣言し、統治しまくってるなら、
>民主主義は後者に適用され、その政府は非難される。
イスラエルで無い国における民主主義の適用によりイスラエルの治外法権を認めなければならないとでも言う気?
イスラエルで無い国がイスラエル国内にいるイスラエル国民を統治しているというのなら確かに非難される
でもそのイスラエルで無い国にいるのならその国の法が原則として適用される
これは国際的慣習であり、常識

776 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:30:33 ID:SvU+44yg
>北朝鮮だって同じ。形式的には民主主義を名乗っているが、そんなの糞の役にもたたず、
>みんな北朝鮮を非民主主義だと非難する。
>これが民主主義に関する圧倒的な常識。
それは事実上の独裁になってるからであって、民主主義のあり方の一形態ならば一応は民主主義
非難は民主主義ではないというのではなく、民主主義的ではないといっているの
北朝鮮でそれが民主主義として認められているのなら
他国がそれを民主主義に反するとして否定する強制力を持つことはできない
主権の対外排他性という圧倒的な常識


>「形式でいい(事実なんてどうでもいい)」なんて言うなら、根拠を出してくれよ。
事実がどうでもいいなどと言ったつもりは無い 事実認定の形式が守られないと
その事実を認められないと言う意味
でも、そうだな、
民主主義でありながら治外法権を認めずにおきながら国内の外国人にその国の主権を認めないこと
(被治者ならば治者であるのに、一時的な被治者である外国人にその国の主権を認めない)

一つ聞こう、君の主張が事実上の日本国民(の様なもの)ならば
形式上韓国・朝鮮国民でも形式上の日本国民が持つ権利を認めろということならば
形式はどうでもいいということか
それこそ根拠を示せ




777 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 22:58:39 ID:QbAengub

なんだ? 売国サヨクどもは
情に訴えはじめたのか?

ますます、朝鮮臭がw

778 :日出づる処の名無し:2007/03/28(水) 23:53:49 ID:pgAH5ULI
国民としたら曖昧な意味合いになってしまうが、
日本国民と限定すると結局、国籍なんだよな。
日本国民と在日を分けるものは国籍、それしか無いわけだ。

779 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/29(木) 01:41:37 ID:z5kpaj7I
>>767
60年代の朝鮮帰国事業・・・
ま、韓国は帰れなかった(受け入れてくれなかった)んだっけ?
でも、送金は受け入れてたな。不思議不思議・・・

それでも、戦後の混乱期に半島と列島を行ったりきたりしてた人結構居るぞ。(その中で朝鮮特需にあやかった在日も居るし)

>>778
結局、”国民”と言うくくりは国籍に代表されるような、”所属”を示すものだしね。
ただ、”日本人”と言われると、その概念の範疇より大きなものだと思う。

780 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 01:49:33 ID:lUURezcI
>>779
日本人だと人種、国籍、文化、などといろんな括りがあるね。
日本国民と言ったら、国籍で区別するしかなくなるしね。
ところでおたふくはどっか行ったようですな。

781 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/29(木) 02:01:15 ID:z5kpaj7I
>>780
明確に日本人だと確認する方法がある。
外国に行って、現地の人に「お前日本人だろ」と言われたこと。
(自分から「俺は日本人だ」と言わない所がポイントなんだが)
正直、自分が日本人である証明はそれ以外ないね。
(向こうの人たちにとってはアイヌもシサムも関係ないみたいだし)

782 :レブ ◆CFGN/LvlWI :2007/03/29(木) 07:27:03 ID:FxMzaNEh
>>1
日本国民の義務を果たした上で権利を要求し、日本国籍を取得しようね。

愛韓国心をお持ちの方ならまず出来ませんがねw

783 ::2007/03/29(木) 07:36:08 ID:x9bVFeTD
インチキ暴力で特権を得た
財力も駅前の土地も得た
政治力も半端じゃない。

お金やら圧力で憲法解釈を曲げる学者も
出るだろう。

でも外国人は外国人であって日本人じゃない。
簡単な事だ。
屁理屈で曲がるようなものでもない。
子孫の幸せを売るような政治家もいるだろうが
私はこういったヤカラは 放置しておけないと思う。
草の根作戦で日本人の洗脳を解いていかなければいけない。



784 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:41:43 ID:CGq/Jzsi
>>754
>「国民の要件は法律で定める」とあり「主権が国民に存する」と書いてあれば
>法律で定めた国民に主権があるとなるのは自明。

はいはい、論理の飛躍ね。

・「国民の要件は法律で定める」→要件の内容については何も述べてない。述べてないので正当化もできない。
                ただ、定めろと言ってるのだから、法律が存在することは正当化している。

・「法律で定めた国民が国民」→具体的な(既成の)法律(および国籍指定)を、その内容も含めて正当化している。

バカにはこの違いが分からないらしいが、明らかな飛躍。
「労働基準を法律で定めよ」=「労働基準法の存在は合憲」≠「労働基準法の内容まで合憲」
「労働基準を法律で定めよ」=「労働基準法の存在は合憲」≠「奴隷労働OKの労働基準法まで合憲」
「税制を法律で定めよ」=「税に関する法律の存在は合憲」≠「消費税30%の法律は合憲」
この手の例はいくらでも出てくるが、内容(結果)まで正当化してると言い張るヤツは、
まともな法学者にはいない。

785 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:42:11 ID:CGq/Jzsi
>>754
>主権があるか否かは「理念」ではなく「法律」に定めるところによる。

法律によると、憲法制定時の存在として書かれた憲法前文の「国民」には在日も含まれるから、残念!

>>755
>御託は判ったら地方都市や国連が国に代わって外国勢力などから国民の諸権利を
>守れるという証明してね。 もうオマエの糞理論は聞き飽きたからさw

おまえは何Koueiみたいなこと言ってるの?
そんなの証明など国だって無理じゃんww
どうしてオレがそんな証明しないといけないのか、おまえの妄想にすぎないわけだが、
やれってんなら、せめて「国が守れる」という証明をしてねw

それと、こっちは現物(根拠)があることだが、おまえがやるべきことは、

>>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
>定義し直すために定義するってアホか。

これ。さっさと答えてねw

786 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:42:29 ID:CGq/Jzsi
>>757
>糞虫よ、オマエ逆に在日の祖国は半島国家ではないと証明出来るか?

バカだな。国民って何だ?
それは国(国是と憲法)で定まるもんだろが。
二重国籍が存在することからも分かるように、世界に普遍的な国民規定などない。
国の根幹のこととして国が独自で行うもの。
だから、朝鮮が在日を国民認定しても知ったこっちゃないわけ。
こっちは新法制定を主張してんだから、国籍上の問題(二重国籍など)も発生しない。

つーか、そもそも、誰も在日の祖国が半島だなんて言ってないが?
おまえは妄想が激しすぎるんだよ。
妄想決め付けで大騒ぎするまえに、相手の文章をちゃんと嫁。

787 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:42:46 ID:CGq/Jzsi
>>759
意味不明なんだけど?
>>476 とかも読んでるんだろうな?

>>760 公僕FP ◆OnZ14uFe5k
>日本領ではなくなってるのに、これ以後に成立した憲法の公布・施行時点で、
>朝鮮人が「日本国民」であると言う証明はできませんね。

法律上の証明は容易じゃん。日本国籍なんだから。
それに、この時日本国民だと言ったのは日本政府だよ?(>>6)。
それと、何度も言うが、「人民は土地の付属品ではない」というのが、
憲法や国際法の常識なんだが、おまえの理屈は、「人民は土地の付属品」という主張だろ?
そんな話は聞いたことなら、そのような規範は共通の領域(憲法や国是など)にあることを証明してくれ。
言っておくが、これは、

・軍事組織の反乱で北方領土が独立した(日本政府はそれを認めた)。
→北方領土出身(戸籍が北方領土なだけ)の山田真弓さん(19歳、女子大生)は非国民になる(国籍剥奪→軍事組織に所属)

なんて話だよ?
無茶苦茶非常識なことだという自覚くらいしろよな。

788 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:43:04 ID:CGq/Jzsi
>>775
>もっと分かりやすく言うならその人の所属する場所

結局定住地じゃないわけだろ?
住む場所でも帰る場所でもない場所。
要するにフィクションじゃん。

>概念だからな

実体を指示する概念だって概念だが?
実証主義(オレは反実証主義者だが)以降、身のない概念と身のある概念の違いは明確。
全ての概念がフィクションってのは単なる誤魔化し。

>>後者であったとしても、主権は固有のものであり、脳内には左右されない。
>言っておくが国民主権における主権は国民という概念に固有のもの
>要するに国民であるならば主権を持つということであり、
>これを理由には国民でなくなることそのものを否定することはできないよ

意味不明。それは反論なのか?
国民主権の一般的意味を表現してるだけにしか見えないが?

>イスラエルで無い国における民主主義の適用によりイスラエルの治外法権を認めなければならないとでも言う気?

よく嫁。これは背理法だ。
おかしなことが起きるからフィクションじゃダメと言っている。

789 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:43:22 ID:CGq/Jzsi
>>776
>それは事実上の独裁になってるからであって、民主主義のあり方の一形態ならば一応は民主主義

はあ?具体的言ってみ。どうして北朝鮮が民主主義か?

>非難は民主主義ではないというのではなく、民主主義的ではないといっているの

言葉遊びはいいよ。
要は民主主義を名乗っても実体が民主主義になってなければ民主主義ではないということだろ?
民主主義の一形態とか、民主主義的とか、民主主義とは別に妙な造語を作るな。

>北朝鮮でそれが民主主義として認められているのなら
>他国がそれを民主主義に反するとして否定する強制力を持つことはできない

北朝鮮が民主主義だと言い張っても国際社会は「民主主義に反する」と非難可能。
強制力は別問題。論点をすり替えるな。

>形式はどうでもいいということか
>それこそ根拠を示せ

形式はどうでもいいと言うより、民主主義自体は形式を限定してない。
被治者と治者が事実上同一なら、民主主義になってるわけ。
治者の名前がどうだろうとどうでもいいことだろ?
意思が反映されるなら選挙だっていらない。
無いことの根拠など示せないな。
逆に、例えば直接選挙をしないとダメだとか、何か形式に言及してるなら
それを示せばいいじゃん。

790 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 15:43:40 ID:CGq/Jzsi
>>778
>>780
>日本国民と言ったら、国籍で区別するしかなくなるしね。

決め付け乙。
国籍法とは別に新法で憲法上の国民を定めればOK。
地方自治体のように、戸籍とは別に現住所で主権者認定すればいいだけ。

>>782 名前: レブ ◆CFGN/LvlWI
>>783 名前: う
低脳決め付け乙。

791 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:19:10 ID:565g91JG
>>785
はいはい、すり替え乙乙w 都合の悪い質問に対して質問をぶつけるのは糞虫の
常套手段だが、

>>>755
>>御託は判ったら地方都市や国連が国に代わって外国勢力などから国民の諸権利を
>>守れるという証明してね。 もうオマエの糞理論は聞き飽きたからさw

>おまえは何Koueiみたいなこと言ってるの?
>そんなの証明など国だって無理じゃんww
>どうしてオレがそんな証明しないといけないのか、おまえの妄想にすぎないわけだが、
>やれってんなら、せめて「国が守れる」という証明をしてねw

国だって無理じゃん。って馬鹿? 大国に押しつぶされた小国の事をさしてそういっているのだろうが、
国が崩壊して無政府状態になっているイラクなどを考えれば、逆説的に国がその主権の要であるという
事が馬鹿でも理解できるだろう。日本に併合された朝鮮もそうだが、亡国はその国民の自決権を失わせ
人権上極めて重大な侵害に相当する。個人における思想信条の自由以前の問題でな。
民族(社会集団)の思想信条の自由を奪う行為に他ならないからな。
これらの発言からみても船虫の論拠のなさがあぶりだされようというもの。 
さっさと答えてよ、 地方都市や国連に代わって外国勢力などから
国民の諸権利を守れるって奴と併せてねw 逃げてばかりいるんじゃねーよ、糞虫。

792 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:24:30 ID:565g91JG
>>786

>バカだな。国民って何だ?
>それは国(国是と憲法)で定まるもんだろが。
>二重国籍が存在することからも分かるように、世界に普遍的な国民規定などない。
>国の根幹のこととして国が独自で行うもの。

おめーよ、何質問をはぐらかしてるんだ?だれが日本の国民定義について話をしている。
在日が祖国の影響下から逃れられている存在かどうか、を質問してるんだろうが。
2重国籍がどうの、と聞いてるんじゃねぇ。 朝鮮が在日を国民認定しても知ったこっちゃ無いのは
オマエ個人の意見なだけで、現実に国際社会においては在日は外国籍を持つ定住外国人な訳であり
それら祖国の外交保護権下にあることは否定できねーの。パスポートだけ発給するのが祖国の役割だと
思ってるのか? お前ら2重国籍も糞も祖国の籍しかもってネージャン。何ふざけた事抜かしてるんだ?

早く祖国の影響下から逃れられているという証明をしてみせてね、糞虫君。
オマイの理論でも定住者主権主義にこれらは違反しているだろ? どう整合性をつけるんだ?
はぐらかしはもう聞き飽きたよw

793 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:30:16 ID:565g91JG
>>786

あと

>バカだな。国民って何だ?
>それは国(国是と憲法)で定まるもんだろが。

国民は国で定まるもんだろうが、と抜かしているけど、その国の枠組みを疎かにする外国人の参政権(主権侵害)
が同時に成り立つとでも思っているのかね? 糞虫の論理矛盾が又始まったw 本人はまるでそれを
自覚していないのが痛すぎるのだがw

早く答えてね、糞虫。 定住外国人が本国の影響下から完全に自由な人々って奴をね。
現行そうはなってねーからw あと糞虫理論もどう諸外国に認めさせるのかもな。
定住先の国民になるって定義をな。

794 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:33:49 ID:k+KEMGd3
>>736
> スレタイに決まってんだろが。

「在日は憲法上の日本国民なのだが###2」っていうアレか?

で、このスレタイは「在日は憲法上の日本国民」と結論づけてるわけだが、
その根拠はこのスレタイには書かれてないようだが?
いったいどこから導き出されたのだ坊や?w

ところで>>1は在日らしいが、どこの国民だい? ブラジル? 台湾? アメリカ? まさか中国???w 



795 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:36:36 ID:565g91JG
>>790
糞虫よ、顔文字定義はもう忘れたのか?
憲法上の国民定義によって天皇や在日も国民と看做す事ができる、とあるが
国民だからといってただちに参政権を与えられる存在じゃねーって奴をよ。

憲法学上であっても、国民だからといって外国籍だから参政権は与えられないと一般的に解釈されている
(顔文字によれば)のに、オマエは未だ妄言を抜かすか?

現住所で主権者認定するのであれば、ニューカマーが勝手に日本に密航してきても
日本国民になれるだろうが。 それの何処が現実的なんだ? 頭いいなオマエw

796 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:50:56 ID:p/pMMMEA
「文言説だから在日は国民」って意味ワカンネ。馬鹿の考える事は理解不能。

797 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 16:53:39 ID:ueNoDJsZ
>>784

>・「国民の要件は法律で定める」→要件の内容については何も述べてない。述べてないので正当化もできない。
>                ただ、定めろと言ってるのだから、法律が存在することは正当化している。

ただ定めろと言っているとはどういう曲解か?
日本語が分かるのなら「国民の要件を法律で定めること」を正当化していると理解するはずだが。
とすれば「法律で定めた国民に主権がある」でなんら間違いはない。

>・「法律で定めた国民が国民」→具体的な(既成の)法律(および国籍指定)を、その内容も含めて正当化している。

バカには日本語が難しいらしいが「国民を法律で定めること」を正当化しているのであって
法律の内容は正当化していない。
もっとも正当化していないからといって間違いであるとは限らんが。

国籍法がおかしいというのなら在日問題に関してどこがおかしいのか述べてみるがいい。
もっとも朝鮮人の国籍剥奪については1961年に最高裁で「合憲」判断が出ているがなw
ということは憲法に照らして在日は日本国民ではないと、とうの昔に判断されているのだ(笑)

>>785

>法律によると、憲法制定時の存在として書かれた憲法前文の「国民」には在日も含まれるから、残念!

何を根拠に曲解しているのか言ってごらん。
もっとも国籍剥奪が合憲なんだから意味ないけど。
ま、三段論法が不成立であることは理解したようだね。

798 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 17:05:16 ID:565g91JG
コピペ及び少し改変

国家概念とは国民(民族・地域的紐帯・歴史的経緯による紐帯によって一つに纏まった社会集団足る国民)
と”外国人”を分ける概念。

国家の三要素
領域(Staatsgebiet:領土、領水、領空)- 一定に区画されている。
人民(Staatsvolk:国民、住民)- 恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に
排他的に行使できなければ、つまり、主権的で(souveran)なければならない。

在日外国人は、外国の外交保護権下にあり、日本の権力が一部及ばない存在である。
(祖国の庇護を受ける権利を持つ。又は祖国は庇護を行う必要がある。)
これからして祖国の紐帯に縛られている在日が日本の参政権を持つということは内政干渉に他ならないということ
でもある。此処で最初の矛盾が生じる事が一つ。(船虫個人による、在日のメンタリティ「在日は殆ど日本人と一緒
のメンタリティの持ち主だなどの主張」云々はいい訳にもならない)

更に治者・被治者の同一性という民主主義理念で個人(外国人・国民関係なく万人としてみた場合)
と国家の関係性のみを表現し、それを論拠として定住外国人を国民と定義する場合、地域国家、国民国家としての
枠組みを無視した国民主権(この場合は日本国籍を持ち参政権をそもそも持つ人々)を蔑ろにして初めて、
在日国民説とやらが成立する。たとえ顔文字理論で憲法学上在日を国民認定(と看做す)したとしても、同様の問題に
よりただちに参政権を与える論拠にならないと一般には解釈されている。
船虫よ、何度もいうがこれに対してハッキリと答えてよね。

799 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 17:37:48 ID:WC9CdIL0
そろそろ顔文字で登場かな

800 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 17:45:01 ID:k+KEMGd3
なになに? あいつ顔文字で出てくんの?? ワー楽しみw

801 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:27:08 ID:565g91JG
憲法学上における、人権享有主体性について
人権享有主体性とは、憲法が人によってどこまで基本的人権を保障しているのか?という事。
これが問題となるケース、外国人、未成年者、天皇、法人 が挙げられる。

未成年者:成人の比較して発育途中の段階であり、その行動や判断が未熟。
心身の健全な発達を図るための必要最低限度の制約が許される。
婚姻の制限や選挙権の行使の不可など。

天皇および皇族:憲法上の地位の特殊性=象徴として(憲法一条)、世襲制である。(一般の
国民とは同様の人権保障が及ばない、最小限度の特例扱いが認められる。

法人:人権は、元来自然人のために認められたので、法人には保障されないのでは?という
考えが主流。しかし今日では法人にもある程度の人権享有主体性を認める考えがある。
保障されるモノとしては、経済的自由権(財産権、営業の自由)、精神的自由権(報道の自由、学問の自由、
信教の自由:内容により特定の法人)となる。ただし、個人(自然人)の人権を不当に制約しない範囲でしか
認められない。

802 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:48:40 ID:CGq/Jzsi
>>791
>>>御託は判ったら地方都市や国連が国に代わって外国勢力などから国民の諸権利を
>>>守れるという証明してね。 もうオマエの糞理論は聞き飽きたからさw
>>どうしてオレがそんな証明しないといけないのか、おまえの妄想にすぎないわけだが、
>>やれってんなら、せめて「国が守れる」という証明をしてねw
>国だって無理じゃん。って馬鹿? 大国に押しつぶされた小国の事をさしてそういっているのだろうが、
>国が崩壊して無政府状態になっているイラクなどを考えれば、逆説的に国がその主権の要であるという
>事が馬鹿でも理解できるだろう。

ホント馬鹿だな。国が役立つと言ってるだけで「守れるという証明」になってない。
役立つだけなら、国連だって地方都市だって同じ。
やり直せ。

803 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:49:08 ID:CGq/Jzsi
>>792
>>>糞虫よ、オマエ逆に在日の祖国は半島国家ではないと証明出来るか?
>>バカだな。国民って何だ?
>>それは国(国是と憲法)で定まるもんだろが。
>>二重国籍が存在することからも分かるように、世界に普遍的な国民規定などない。
>>国の根幹のこととして国が独自で行うもの。
>おめーよ、何質問をはぐらかしてるんだ?だれが日本の国民定義について話をしている。

はい嘘。元文章引用すればバレバレだねぇw
ところで、何、肝心な問題スルーしてんの?

>>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
>定義し直すために定義するってアホか。

どうして再度定義を見直す必要があるのか。さっさと答えてねw

804 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:49:26 ID:CGq/Jzsi
>>794
>>いったいどこから導き出されたのだ坊や?w

おまえは文盲か?>>1に(>>2であると)書いてるじゃん。

>>795
>(顔文字によれば)のに、オマエは未だ妄言を抜かすか?

はあ?オレは顔文字に反論してんじゃん。
顔文字がこう言ってるって、何言ってんの?バカ?

>>796
ちゃんと>>2に書いてあるじゃん。
もしかして、単純な三段論法も理解できない人?

805 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:49:51 ID:CGq/Jzsi
>>797
>>・「国民の要件は法律で定める」→要件の内容については何も述べてない。述べてないので正当化もできない。
>>                ただ、定めろと言ってるのだから、法律が存在することは正当化している。
>ただ定めろと言っているとはどういう曲解か?
>日本語が分かるのなら「国民の要件を法律で定めること」を正当化していると理解するはずだが。

だからそうだって。おまえは日本語理解できないのか?
「要件を定めた法律を作れ」と言ってるだけで、その要件の内容までは言ってない。
述べてないので正当化もできない。
ここまで言わないと分からないか?

>とすれば「法律で定めた国民に主権がある」でなんら間違いはない。

だから飛躍だって。
もちろん、憲法は、憲法の命に従い定められた全ての法律が合憲であることを求めている。
だが、国籍法にしろ労働基準法にしろ、後から人為的に作られるわけだから、
それらの内容が実際に合憲であるとは限らない。
そんなことまで憲法は保証しえないわけだ。
要するに「法律で定めた国民に主権がある」は理想であるが、真理ではない。
実際の国籍法や労働基準法が違憲にされうるのだから(例えば
http://www.gcnet.at/citizenship/iken-no-utagai.htm )、
当たり前だろ?

806 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:50:11 ID:CGq/Jzsi
>>797
>バカには日本語が難しいらしいが「国民を法律で定めること」を正当化しているのであって
>法律の内容は正当化していない。

だからそう言ってんじゃん。ホント馬鹿だな。
というか、おまえは自分の脳内で現行の国民指定(国籍法他)を正当化してるが自覚できてないじゃない?
正当化がなければ、ただ「現行国籍制度では外国人となっている」というだけのことだぞ。
このスレは、憲法や国是といった公理(共通の枠組み)でそれを否定してるわけだが、
批判対象になってる現状をただ述べただけでは反反論にはならない。
現状(現行の国民指定・国籍法他)を“正当化”してないければいけないわけ。
おまえはそれを「(憲法によると)法律で定めた国民に主権がある」という誤魔化しで
正当化してるつもりになっている。
よく考えてみろよ。

807 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 18:50:22 ID:565g91JG
>>801の続き

外国人に対する人権享有主体性

外国人とは、この場合日本国籍を有しない人をさす。

人権は前国家的性格のものであるからして、つまり人が人たるがゆえに与えられるべき性質のもの
という考えから日本国籍があるから認められるものではないという考え。
更に国際主義、世界人権宣言、国際人権規約により、人権の尊重と尊守、自国民と外国人を差別しない
という理念を尊重する。

外国人に保障される人権の範囲。
権利の性質上、適用可能な人権については、外国人にも保障される

外国人に保障が及ぶか否かが問題となる人権
○参政権(このスレの主題:否定説と肯定説に分かれる更に肯定説は文言説・性質説に分かれる)
○生存権(憲法15条:すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する:つまり対象は国民で
あり外国人は含まれていない、しかし法律で外国人に一定の社会保障を及ぼすことは憲法違反とはならないと
解釈されている)、
○入国・再入国の自由(外国人には入国の自由は保障されていない:再入国については認める説、認めない説がある)
○出国の自由(国際人権規約より:自国を含むいずれの国からも離れる自由、自国に戻る自由を保障)
○表現の自由(憲法21条より「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」
これらは外国人にも保障が及ぶ。ただし、政治活動の自由は制限)
○職業選択の自由(憲法22条1項「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」
より。ただし公務員の場合は別)

808 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:04:02 ID:565g91JG
>>807の続き

ここでの主題である外国人参政権について

禁止説:正当化根拠は憲法第三章「国民の権利及び義務」から憲法上の権利は外国人には保障されないとする考え方。

肯定説:

○文言説:憲法の規定が「国民は・・・」の場合には日本国籍を有する日本人だけがその権利を保障され
「何人も・・・」の場合には外国人も含めてその人権が保障されるという説。
しかし憲法22条「国籍離脱の自由」は日本国籍者しか適用できないにも拘らず、「何人も・・・」という規定であり
またそのいずれも明記していない規定(憲法19条など)もあり、現在では否定的に捉えられている説。

○性質説:憲法によって保障された人権の性質を検討して、できるだけ外国人にも人権を及ぼすべきである
という理由から、その”権利の性質上”日本国民のみを対象としていると解されるものを除き外国人にも
保障が及ぶとする考え方。地方参政権であるなら、与えてもいいのではないか?というのが現在の主流である。


809 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:28:39 ID:565g91JG
>>808の続き

現行、憲法学上においては ”権利の性質上” 日本国民のみを対象としているのものの代表が
国会議員の選挙権、被選挙権である。

地方自治体の地方参政権に関しては諸説があり、肯定説で現在主流をしめる性質説では認めても良いのでは
ないか?というのが大勢である。しかしその場合においても、国政(非)選挙権までは含めない。

問題は”権利の性質上”という概念になるわけだが、日本人(日本国籍者)による民族自決権
即ちこれが国家の主権に繋がるわけだ。

憲法学上においては船虫のいう民主主義理念の拡大解釈による(顔文字がいう国家機関としての国民という意味で)
在日国民説は全く採用されていない。何故ならこれら国家主権を侵害すると暗黙で了解されているからに他ならない
からである。
また顔文字のいう>>343参照 各々の国民概念も”国家機関としての国民”であると暗示的に全ての学説で導きだされる
ので国民=日本国籍を持つ人の定義で話を進めて問題ないだろう。


810 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:31:12 ID:565g91JG
禁止説に拠る各識者の見解。

(1) 長尾教授は、「平成七年の最高裁判例において、許容説が正しく、禁止説が誤ってい
 るということが、当然の前提とされているが、許容説の禁止説に対する理論的優位は自
 明の理というほどのものではない。・・・許容説と禁止説のうち、いずれをとるかとい
 う問題について学説はわかれるが、いずれにせよ、その理論上の優劣の差は紙一重のも
 のにすぎない。ドイツにおいて、憲法改正によってEU市民に地方参政権を保障したのち
 においても、その他の一般外国人との関係においては、今なお禁止説が支配的であるこ
 とに留意する必要がある」と述べる。長尾一紘『外国人の参政権』(世界思想社、平
 成一二年)一九九頁。
(2) 最近、「国際化」だとか「グローバル化」なので、外国人に対して「地方参政権なら
 ば認めても良いのではないか」と言う見解が根強く主張される。廣田氏によれば、「国
 際平和が確立され、集団的な国民の自己決定権を基礎とした主権国家によって構成さ
 れる国際社会の構造が意義を失ったとき、はじめて地方レベルのみならず国政レベルに
 おいても外国人の参政権を語ることができるであろう」と述べる。
  もしそのような時代が来たならば、「国際化」だとか「グローバル化」という言葉に
 意味がでてくると思うが、「国民国家」の意義が失われていない現在の状況下では空虚
 なスローガンにしか聞こえない。廣田全男「外国人参政権論における『民主制』理解に
 ついて」杉原泰雄教授退官記念論文集刊行会編『主権と自由と現代的課題』(頸草書房
 、一九九四年)三五六頁。


811 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:49:20 ID:Qyg0pQot
>>802

>ホント馬鹿だな。国が役立つと言ってるだけで「守れるという証明」になってない。
>役立つだけなら、国連だって地方都市だって同じ。
>やり直せ。

質問に対して質問で返すな、この馬鹿が。国は独自の主権をもちそれを維持する正当な実力(軍隊や
権力機構など)があるが、国のよりあつまりであり、常任理事国のみ巨大な権限を持つ国連やなんの
主権的裏づけもない地方都市が個人の人権を守れる有効な主体に国以上になれるとでも?
屁理屈を返すな、見苦しい。 オマエのは反論ではなく詭弁だ。 もし地方都市で充分個人の人権を守れるのなら
日本に併合されたソウルやプサンの各都市はその都市だけで朝鮮人の諸権利を守れた訳ジャンw
何が役に立つかどうか?と論旨を摩り替えてお茶を濁してるんだ? 反論になってねーぞ糞虫。

812 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:51:05 ID:L3hevkm4
虫君は、今日も必死でしたw

813 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:52:05 ID:ueNoDJsZ
>>805-806
自分が何を間違っているのか、さっぱり理解していないようだな。
憲法は法律を「ただ定めろ」と言ってるわけではない。
「国民を法律で定める」という手続きを正当化している。
というわけで「法律で定めた国民に主権がある」で何も間違っていない。
それは単なる理想ではなく行政上、現に運用されている。
法律問題で「真理ではない」とはまた陳腐なせりふだがw

>というか、おまえは自分の脳内で現行の国民指定(国籍法他)を正当化してるが自覚できてないじゃない?
俺が法律は正当化されていないとはっきり書いてあるのが読めないのか?

>正当化がなければ、ただ「現行国籍制度では外国人となっている」というだけのことだぞ。
お前はかなりの勘違いをしているようだが
法律に必要なのは「正当化」ではなく「違憲性のないこと」だ。
憲法がいちいち法律を全部正当化していないからといって何の問題があるw
したがって
>現状(現行の国民指定・国籍法他)を“正当化”してないければいけないわけ。
はバカ丸出しの間違い。
お前は国籍法が在日について違憲であることを立証しなければならない。

ついでにいうとお粗末な三段論法は不成立と認めたようだからこのスレのテーマは終了じゃないのかね?w


814 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:53:22 ID:Qyg0pQot
>>803

ハイハイ、

>はい嘘。元文章引用すればバレバレだねぇw
>ところで、何、肝心な問題スルーしてんの?

オマエもしつこいねぇw 定義が必要なのはオマイの説でいくと国家なんていらねーからだろうが。
じゃあ国家や国籍はオマエは一体どう考えているの?と誰しも疑問に思うだろ?
国籍を”印のようなもの”といったり、地方都市や国連で国の代わりになるなんて抜かしてるんだからさ。
だったら国や国籍なんていらねーじゃん。  だから聞いてるの、判ったか、糞虫w


815 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 19:54:58 ID:Qyg0pQot
>>804

>現住所で主権者認定するのであれば、ニューカマーが勝手に日本に密航してきても
>日本国民になれるだろうが。 それの何処が現実的なんだ? 頭いいなオマエw

肝心なのは此処なんだが?これについて答えてよ。いつもお茶をにごしてあやふやにせずにさw

816 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 21:17:57 ID:Qyg0pQot
【在日が憲法上の国民であることの論証の疑問】

前提(根拠)1:国民主権原理=国民でない者には参政権(国民主権)はない。
         共通の前提であることの証拠=在日参政権を否定する論者ではお馴染み
         (例えばhttp://www.nipponkaigi.org/1900-kazoku/1920-01QandA.html

前提(根拠)2:民主主義理念=治者被治者の同一。
         共通の前提であることの証拠=外交の三原則や自民党憲法改正案に民主主義が明記されている。
         また、民主主義の理念がこの内容であることは常識的に自明(ググれハゲ)

前提(根拠)3:国民国家において、外国籍者が主権を得る事は内政干渉である。
         (外国籍者は祖国の忠誠義務・権利を保持したままだから。これは祖国籍を放棄をしない限り
          その個人の自由意志で放棄したり取得出来る筋合いの権利ではない)
         従って国家は存続に疑問符を投げかける。よって民主主義理念による国家運営が不能。

論証1:前提1の対偶=主権者は国民である。
論証2:在日は日本国の被治者である。しかし同時に外国人であり、外国の影響下から逃れられない。
       前提2より、在日は被治者ではあるが、前提3により外国人に該当し、憲法学上所謂”権利の性質上”
       日本国民のみ(この場合は日本国籍を持つ生来の国民をさす)に該当する諸権利を制限されても
       止むを得ないと憲法学上、解釈されている。
     ∴故に在日は日本国籍を有しないので、主権者であるとは言い切れない。   
論証3:論証1、2より、在日は(国家機関としての)国民ではない。

国民主権を百地(上のリンク先)のように「国民=主権者」と考える常識的な論者にとっては、
「日本国(日本政府)の立場においては『在日は憲法上の国民』である」を認めざるを得ない、というのは
先ず前提条件が不足していて、全く論拠を持たない、といえる。

817 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 21:23:43 ID:4jGKvLU+
●日韓基本条約の付随協約、「日韓法的地位協定」より引用。

>日本国で永住を許可されている大韓民国国民は、出入国及び居住に関するすべての事項に関し、
>この協定で特に定める場合を除くほか、すべての外国人に同様に適用される日本国の法令の適用を受けることが確認される。
                                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
つまり、在日韓国人=外国人である。
そして、

●国籍法 第4条より引用。
>日本国民でない者(以下「外国人」という。)は、帰化によつて、日本の国籍を取得することができる。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
法律では、日本国民でないものを「外国人」と記している。

●三段論法
在日は外国人である。
日本国民でない者は外国人である。
在日は外国人である。

818 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 22:20:01 ID:yOdjldG9
虫さんへ

日本での居住実績がどれだけあろうが日本に定住する法的手続きで以って定住意思を示していなければ
(定住を示す根拠となるものが無ければ)定住しているとは認められないのでは?

日本が昔から戸籍を元に国民を認定していた以上、朝鮮戸籍の効力の消滅とともに
朝鮮人への国民認定は根拠を失って消滅するのは当然では?

特に韓国籍の人間に関しては本人の申請を通して韓国籍に書き換えられているので
自由意志の元で韓国籍を取得している(韓国民となっている)ことは明白であり、
日本国民として認めることは不可能では?

韓国でも民主主義制をとっているのだから在日韓国人もその主権下にありかつ主権者であるから
彼らに日本の主権を与えることは主権の対外排他性を侵害するため、それは国際法上不可能では?

帰化要件は日本に長いこと住んでいる在日には容易に満たせる事であり、
でありながら日本国籍取得をしようとしないことは自由意志の元に日本国民となることを拒んでいると
社会的に認識されても仕方の無いことでは?

最高裁判決では朝鮮人の国籍消滅は正当化されたが、これは国民主権の元に選ばれた判事によるものであり(とされる)、
君はこれを朝鮮人が国民で無いとされた条件下で選ばれた判事によるものだから無効と言っているようだが、
その主張(朝鮮人が国民である条件下で選ばれた判事によって裁判されなければならないという主張)を通すとすると、
国民主権から、朝鮮人の国籍消滅の是非に関する裁判を
一度実際に起きた在日の国籍消滅を無効としてから行わなくてはならず、最初の実際に行われた裁判に戻るので
論理的に矛盾が生じる。よって前提となる
朝鮮人が国民である条件下で選ばれた判事によって裁判されなければならないという主張
が背理法から誤りであることになる
そうするとやはり最初の裁判の無効性(違法性)は君の主張では立証できないので
少なくとも今のところは朝鮮人の国籍消滅を認めたその判決が有効であるとなるのでは?

819 :日出づる処の名無し:2007/03/29(木) 23:40:20 ID:lUURezcI
>>787
ぜんぜん反論になってないな。
なんでこんなにバカなんだ?
とにかく論理的に反論してみろよ。
とりあえず聞いてやるからさ。

>>476←なに?この屁理屈w

820 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 03:10:06 ID:5v50QZ+u
船虫じゃないので船虫論的に語ることは出来ません

821 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 03:19:05 ID:kEseb6cC
>>787
>・軍事組織の反乱で北方領土が独立した(日本政府はそれを認めた)。
>→北方領土出身(戸籍が北方領土なだけ)の山田真弓さん(19歳、女子大生)は非国民になる(国籍剥奪→軍事組織に所属)

アホ丸出しw
もし日本政府が独立を認めたのなら「国家」そのものだろw
なんで「軍事組織に所属」という妄想が出てくるんだw

>なんて話だよ?
>無茶苦茶非常識なことだという自覚くらいしろよな。

非常識でもなんでもないのはCIS諸国とか見れば明らかだろ。
独立した地域のロシア人はみんな一方的に国籍を決められてるぞ。
文句があるなら世界に訴えろよ。100%相手にされないからさw

822 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 03:32:07 ID:YqwW5CpO
ウヨクに論理思考は無理な話。

823 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 03:34:52 ID:feD5UpAT
あほくせぇ 
どうして在日が韓国国民や朝鮮国国民であるのか理由答えてみろよ。
それとも在日はそれら国民ではないとでもいうのか?

824 :823:2007/03/30(金) 03:36:22 ID:feD5UpAT
朝鮮国か 共和国な一応訂正しておくわ w

825 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 03:39:20 ID:Yme1/a1P
1の論理だと朝鮮半島は日本の領土ってことになるな。


826 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 03:42:39 ID:5v50QZ+u
>>822
そうだよね、特亜ウヨクや朝鮮ウヨクを見てるとよくわかるねw

827 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 07:45:53 ID:uNjLOYyH
選挙権を欲しがるヒトモドキ共を片っ端から駆除していけばいいだけの話。

828 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 13:24:53 ID:4XUqmgES
>>804
茶がもったいないだろw

そもそも>>2のドコに根拠があるんだよw そもそも前提1から破綻してんじゃんwww

goo国語辞書より

こくみん 0 【国民】
(1)国家を構成する成員。また、その国の国籍をもつ人々。
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国家の統治の主体として国政に参加する地位にある場合は「公民」、君主国などにおいて統治の客体である場合には「臣民」とも呼ばれる。
(2)平安時代、国衙領(こくがりよう)の民をいう。
(3)中世、大和国春日社・興福寺領内で末社の神主をつとめていた地侍。

国籍の無い者はその国の国民を名乗れませんwwwww はいこのスレしゅーりょーwwwwwwww

829 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 13:36:17 ID:t9LieJJj
船虫は場面場面で都合のいい「国民」の解釈をしているからな

830 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 14:16:47 ID:4XUqmgES
なんとなく>>828を読み返して色々足りないところがあるような気がしたから追記しようかと思ったけど

> 治者被治者の同一

治者=統治者=統治権を持つ者 → 統治権(対内主権)...国土・国民を治める権利。主権。
被治者...統治される者。⇔治者

統治される者が「国民」で統治する者とイコールなんだから
前提条件として「治者被治者はどちらも『国民』で無ければならない」


という定義のはず・・・・・・やっぱり>>2は前提からオカシイわwwwww


831 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 14:55:37 ID:5v50QZ+u
前提どころか本人が最もおかしい件

832 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 15:44:37 ID:4XUqmgES
やめてよ>>1は人間だと思って相手してるんだから・・・現実に気づかせないでくれる?>>831さん

833 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:03:14 ID:4iOUvnaF
>>811
>質問に対して質問で返すな、この馬鹿が。

ぜんぜん質問じゃないじゃんww
こんな文盲相手にならんな(笑)。
まあ、>>802 もう十回読み直せ。これへのレスもそこに書いてある。

834 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:03:29 ID:4iOUvnaF
>>813
>自分が何を間違っているのか、さっぱり理解していないようだな。
>憲法は法律を「ただ定めろ」と言ってるわけではない。
>「国民を法律で定める」という手続きを正当化している。

だからそうだと言ってるじゃん。
もっとくどくど言ってやろか?
・「要件を定めた法律を作れ」として、要件を定めた法律を作ることを正当化してるだけで、その要件の内容までは言ってない。
・述べてないので正当化もできない。

まだ分からんの?

>というわけで「法律で定めた国民に主権がある」で何も間違っていない。

作るという作業を正当化してるだけで、結果として生じた法制度まで正当化してないっての。
既に例示したように、合憲のお墨付きなどないのだから、いつでも違憲審査の対象になる。
逆に言えば、「定めろ」で正当化されてたら、国籍法や労働基準法は違憲になりっこないわけだ。
正当化してると言えるのは、それらの法律の存在だけ。内容まで及ばない。

>法律に必要なのは「正当化」ではなく「違憲性のないこと」だ。

演繹によってどうやって「違憲性のないこと」を証明すんだ?
言葉遊びで誤魔化すな。
まあいいや。あえて困難なことをやろうってんならオレは止めない。
さっさと「無いこと」を論証してね(笑)。

>お前は国籍法が在日について違憲であることを立証しなければならない。

>>2により、在日は国民。よって国籍法第1条と矛盾し、>>2が憲法であるゆえ、国籍法は違憲。
簡単だな(笑)。

835 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:03:44 ID:4iOUvnaF
>>814
>>はい嘘。元文章引用すればバレバレだねぇw
>>ところで、何、肝心な問題スルーしてんの?
>オマエもしつこいねぇw 定義が必要なのはオマイの説でいくと国家なんていらねーからだろうが。
>じゃあ国家や国籍はオマエは一体どう考えているの?と誰しも疑問に思うだろ?

何誤魔化してんだよw
定義をやり直す説明にはなってないねえ。
繰り返すよ〜〜〜。

>>船虫の話のすり替えに大笑いだなw 何故国家や国籍の定義が必要か?
>>それは民主主義理念を成り立たせて国家を運営するに当たって、再度それらを見直す必要があるからに
>>決まってるジャン。定住外国人は住んでいるからといってただちに国民とはならない。
>「再度それらを見直す必要がある」って誰にとって必要があるの?
>おまえが必要だと思っても、オレや他者が必要だと思わなきゃりゃ意味ねーじゃん。
>しかも、見直すっておまえの文脈から言って定義だろ?
>定義し直すために定義するってアホか。

どうして再度定義を見直す必要があるのか。さっさと答えてねw

836 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:03:59 ID:4iOUvnaF
>>815
不法入国は不法。別問題として解決すればいいだけ。以上。

>>816
>前提(根拠)3:国民国家において、外国籍者が主権を得る事は内政干渉である。

一般的に外国籍者は外国人であるが、外国籍者であっても日本国民で有り得る。
実際、本論が正しければ在日は日本国民と言える。
日本国民に主権を認めることは国民主権原理で正当化されており、それが内政干渉になるわけない。
よって“本論が正しければ”この前提3は間違いとなる。
要するに反論になってない。結局、無意味な犬の遠吠えということだなw

837 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:04:12 ID:4iOUvnaF
>>817
このスレでは憲法理念で下位法規(および通達)を否定してんだが、
その否定される文章を持ち出してどうしようっての?バカ?

838 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:04:24 ID:4iOUvnaF
>>818
>日本での居住実績がどれだけあろうが日本に定住する法的手続きで以って定住意思を示していなければ
>(定住を示す根拠となるものが無ければ)定住しているとは認められないのでは?

いや。民主主義は“意思”などというものに依存せずに適用可能であり、
また日本国憲法(および人権規約)は主権を意思によって差別(否定)できないものとしている。
認められないどころか、その手の主権認定は違憲。踏み絵と同じだろ?
せめて「法的手続きは意思表明だ」などという余計な当てつけをやめろ。
正直者には「オレはずっとここに住む自信はないから、それはできない」となる。
それ以前に、意思とは関係ない義務として住民登録が行われており、
在日も、役所に現住所の届け出をしている(外国人登録)。
それだけでいいし、実際選挙権(県民・市民・町民認定)にはそうしてるじゃん。
外国籍のものだけを特別扱いし、「私はずっと定住します」などという言質をとる必要はない。

>日本が昔から戸籍を元に国民を認定していた以上、

昔っていつの話だよ?主権が国民に移る以前の話をしてもしょうがないじゃん。
それに、戸籍にまつわる「会津人」「長州人」といった出身地差別は否定されてるだろ?

839 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:04:41 ID:4iOUvnaF
>>818
>でありながら日本国籍取得をしようとしないことは自由意志の元に日本国民となることを拒んでいると

そのための国籍剥奪じゃん。剥奪されてんのに、頭下げて取り戻すバカがどこにいる?

>最高裁判決では朝鮮人の国籍消滅は正当化されたが、これは国民主権の元に選ばれた判事によるものであり(とされる)、
>君はこれを朝鮮人が国民で無いとされた条件下で選ばれた判事によるものだから無効と言っているようだが、

そうじゃなくて、正当化などしてないくせに、正しいと言ってるわけだろ?
よく読んでみ。「根拠はない」と書いてある。こんな厨房レベルの決め付けに納得する方がどうかしてる。

>一度実際に起きた在日の国籍消滅を無効としてから行わなくてはならず、最初の実際に行われた裁判に戻るので

そうはならない。日本国籍を有効にしろなどという主張はしてないわけ。
問題にするのは、「在日は憲法上の主権者(国民)である」ということ。
これを現実化するには新法でもいいわけで、国籍がどーのなどというすり替え議論をする必要はない。
もう一度言うが、「在日は憲法上の国民か?」これがまともに争点になったことは一度もない。

840 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:04:57 ID:4iOUvnaF
>>821
>>・軍事組織の反乱で北方領土が独立した(日本政府はそれを認めた)。
>>→北方領土出身(戸籍が北方領土なだけ)の山田真弓さん(19歳、女子大生)は非国民になる(国籍剥奪→軍事組織に所属)
>アホ丸出しw
>もし日本政府が独立を認めたのなら「国家」そのものだろw
>なんで「軍事組織に所属」という妄想が出てくるんだw

昔の韓国や、今でもそうだが北朝鮮は国家を称する軍事組織だから残念。
つーか、本論にはなんの反論もできてないでやんの。バカ。

>非常識でもなんでもないのはCIS諸国とか見れば明らかだろ。

民主主義かどうかも不明な国ことなど知らんよ。
少なくとも、民主主義で国民主権な国では非常識。
何で山田真弓さん(19歳、女子大生)は非国民になるんだ?おい?

>>823
文盲人?>>2を嫁。

>>825
どうして?

841 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:05:09 ID:4iOUvnaF
>>828
>そもそも>>2のドコに根拠があるんだよw そもそも前提1から破綻してんじゃんwww
>goo国語辞書より

またバカが出たw

・からす 【烏/鴉】<
 (1)スズメ目カラス科の鳥のうち、大形でくちばしが大きく、全体に黒色のものをいう。

あのさー。
この例で言えば、オレは、「この白い鳥は(生物学的に言って)カラスだ」と言ってるわけ。
黒いことをカラス定義にするのはアホ。>>476 を百回読んで出直してこい。

>>830
はあ?ちゃんと矛盾を論理的に示してみろよ。>>2みたいにさ。

842 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:15:46 ID:t9LieJJj
国籍法が違憲かどうか白黒つければ済む話だろ。
アホが「違憲だ」と言い張っても違憲にはならねえよ

843 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:22:11 ID:Gd+IbXGS
>>842
だから「さっさと裁判起せ」って言われてるのにね

844 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:37:04 ID:8oasyP6R
>昔の韓国や、今でもそうだが北朝鮮は国家を称する軍事組織だから残念。

アホかこいつw
じゃあ在日は軍事組織の一員なんだw
民団でも総連でもそんな寝言ほざいている馬鹿がどこにいるかw

>民主主義かどうかも不明な国ことなど知らんよ。
>少なくとも、民主主義で国民主権な国では非常識。

お前がそんな妄想言っても世界の常識は少しも変わらんぞw

845 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:57:56 ID:byaJa2KP
せめてひっそりとしてりゃいいのにうざったいんだよな。在日(苦笑)

846 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 18:58:32 ID:5v50QZ+u
ぼこられるのが怖くてリアルタイムでレスを書けないヘタレ船虫

847 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 19:07:11 ID:9uq9s3bu
>>834
>作るという作業を正当化してるだけで、結果として生じた法制度まで正当化してないっての。

このバカはまだ分かってないのか。
「主権者である国民を法律で定める」という手続きが正当化されているのなら
>>2で民主主義の理念により主権があるとか言ってるのが戯言になることが。

>演繹によってどうやって「違憲性のないこと」を証明すんだ?
証明しないよ。
頭悪いな。問題があるのは「違憲性のあるとき」じゃないか。
気は確かか?w

>>>2により、在日は国民。よって国籍法第1条と矛盾し、>>2が憲法であるゆえ、国籍法は違憲。

前述により、間違い証明済み。
三段論法ハターン。

ところで国籍剥奪は合憲判断が下ってるんだけど。
君、わかってるの?w

848 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 19:09:26 ID:t9LieJJj
わかってないわかってない

849 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 19:16:20 ID:WHTI4L2S
帰ってきたらまだやってたよw
在日は日本国民じゃないだろ、常識的に考えてw

もっかい貼るから反論してみろよ。

ぜんぜん反論になってないな。
なんでこんなにバカなんだ?
とにかく論理的に反論してみろよ。
とりあえず聞いてやるからさ。

>>476←なに?この屁理屈w

850 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 19:26:04 ID:9uq9s3bu
>>847追加
法制度の正当化とかどうでもいい話してるんじゃない。
憲法における「主権者の決め方」の話だぞ。
何度もとぼけるな。

ああ、それから国籍剥奪は合憲判断出てるんだぞ。
知ってるのか?w

851 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 20:29:57 ID:Xs8rMnmb
>>833、 >>835

オマエアホ? あと全部引用しろよ、都合のいい所だけ抜き出さずにな。

>国籍を”印のようなもの”といったり、地方都市や国連で国の代わりになるなんて抜かしてるんだからさ。
>だったら国や国籍なんていらねーじゃん。  だから聞いてるの、判ったか、糞虫w

これが主旨だろうが。 つまり国や国籍なんていらねーじゃん、オマエの糞理屈でいくならっていってるんだよ。
ちゃんと答えろよ、ツマランはぐらかしはせずにな。 答えられないから脊髄反射レスを返すのか?
まあ、船虫は虫だから脊髄反射しかできねーんだろうけどなw




852 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 20:43:57 ID:Xs8rMnmb
>>836

>一般的に外国籍者は外国人であるが、外国籍者であっても日本国民で有り得る。
>実際、本論が正しければ在日は日本国民と言える。
>日本国民に主権を認めることは国民主権原理で正当化されており、それが内政干渉になるわけない。
>よって“本論が正しければ”この前提3は間違いとなる。

外国籍者は外国人であるが、の時点でアウトじゃんw 更に日本国民で有り得るとあるが、国民であれば
ただちに主権が与えられるのは間違い。
人権享有主体性って言葉をしってるか?未成年や天皇・皇族などの明らかに国民であっても主権は
制限される。もし仮に外国人を国民と看做す事が出来ても、外国籍を理由に参政権を与える根拠には
ならねーんだよ。 逆にいうなら外国の外交保護権、主権や忠誠義務の保持により国民国家としての
主権侵害であり、それによる人権(民主主義)の制限は正当であると解釈されてるの。
オマエの糞理論を正とするなら、被治者なら全ての人間が該当し、未成年であっても天皇・皇族であっても
等しく権利を与えないと論理は破綻するんだよ。でそれらの特例(制限)を認めるなら当然、外国人は
日本国籍を有しないので与えなくとも論理は破綻せずにすむ。
馬鹿以外は国民国家内において民主主義は全て等しく国民に適用している訳ではなく、現実に即した
範囲で制限されるべき分野もあるってこった。 そしてそれらは決して憲法違反であるとは考えられて
おらず、現実との整合性を計る行為だと認識されている訳。単に船虫は民主主義をごり押ししてるだけなのさw


853 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 20:49:13 ID:Xs8rMnmb
>>836
更にいうなら、

>日本国民に主権を認めることは国民主権原理で正当化されており、それが内政干渉になるわけない。

外国人に参政権を認めたとして、外国の主権下から完全にその個人(外国籍者)が自由になると証明されない限り、
内政干渉になるわけでない、とどう決め付けれるんだよw

船虫よ、外国人(外国籍者)は正にその祖国の影響から逃れられないから問題なのに、オマエは軽く
スルーかよw いつもここを聞いているのに、全く答えないかすり替えに終始する奴だな。

早くその在日などが祖国の影響下から逃れ、日本国民と全く一緒だというのを証明してみせよ、
今度も言い逃れせずになw


854 :日出づる処の名無し:2007/03/30(金) 22:49:12 ID:BCtXANZ8
(1)夕方−連続投稿する。
(2)夜−−落ち込む。
(3)朝−−立ち直る。
(4)昼−−反論(誤魔化し)を書き始める

(1)夕方−連続投稿する
以下略。

いつまで繰り返すの?虫君w

855 :公僕FP ◆OnZ14uFe5k :2007/03/31(土) 01:04:55 ID:PTaAaS4n
もう、わけわかめ

856 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 11:23:16 ID:9NViyF4q
頑張れ公僕

857 :分析 ◆VYJqzu6hsI :2007/03/31(土) 11:56:31 ID:e6NmJbrA
?
@簡単に日本国籍取得できるのに
親、祖父母の理不尽な指導で国籍取得できずにいるか
あるいは、A密入国してきたばかりで、日本国籍取得の条件が揃ってない人たち。
が在日朝鮮人。

言葉の定義が最初から間違っている。

858 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 13:29:07 ID:+STM7U60
>>857
国籍を取得できないのはすべてあちら側の責任なわけですね。

859 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 18:50:27 ID:vOivsXyZ
>>858
国籍とっちまうと 在日特権が一部使えなくなる一面もあるからでしょうね。
権利は欲しいんだけれども、義務的なものは一切いらない。
相続税にしろ 生活保護にしろ いっぱいありますから。

せめて日本人への逆差別だけは止めて欲しいものです。



860 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 19:08:07 ID:+STM7U60
>>859
すまん知らなかった。
在日は相続税は免除されるんだっけ。

861 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 19:26:51 ID:YbM57IHO
>>839

>>最高裁判決では朝鮮人の国籍消滅は正当化されたが、これは国民主権の元に選ばれた判事によるものであり(とされる)、
>>君はこれを朝鮮人が国民で無いとされた条件下で選ばれた判事によるものだから無効と言っているようだが、

>そうじゃなくて、正当化などしてないくせに、正しいと言ってるわけだろ?
>よく読んでみ。「根拠はない」と書いてある。こんな厨房レベルの決め付けに納得する方がどうかしてる。

わかった、じゃあ“正当化している”の部分を“認めている”に訂正する
どちらにしろ最高裁における朝鮮人の国籍消失は合憲であるという判決を否定することができないってことは
分かってもらえたみたいだし
というわけで在日に日本国籍が無いことは合法という前提をまずここにおきます

>そうはならない。日本国籍を有効にしろなどという主張はしてないわけ。
>問題にするのは、「在日は憲法上の主権者(国民)である」ということ。
> これを現実化するには新法でもいいわけで、国籍がどーのなどというすり替え議論をする必要はない。
>もう一度言うが、「在日は憲法上の国民か?」これがまともに争点になったことは一度もない。

ということなので、有名どころをググってきました
「憲法15条1項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、憲法の右規定は、
国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び1条の規定に照らせば、
憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法15条1項の規定は、
権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。」(最判平成7年2月28日)

>憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである

主権者は国民にあることは当然ですが、
この判決では“日本国民”とは“我が国(日本)の国籍を有するもの”とも言っていますが?

862 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 19:27:55 ID:YbM57IHO
また、常識的に考えても国民=国籍保有者であるのは明白であり、
そもそも国籍とは国民たる要件のことであるという言語的な定義があり、
この定義を用いれば国民と国籍の関係について真であることを証明できるのは
「国民ならば国籍を持つ」および「国籍を持たない者は国民ではない」であります

現行憲法においてもポツダム宣言においても政治体制としての民主主義は謳われておらず、
在日に国籍が無いことによる国籍法の違憲性を示すことはできず、在日が「憲法上」の日本国民であるという主張は誤りといえます
日本の国是は自由民主主義でありますが、“国是”には法的拘束力は存在せず、
法的にみれば現状が国是に反するからといって国家に賠償などの責任は存在しません
よって>>1で示してある
>1、講和条約時の法務省通達による国籍剥奪は不当。
>2、在日参政権は認めるべき。
>3、年金加入権等の否定は間違いである。
というのも現時点で言うことはできず、
憲法が改正され、民主主義が表明されたとしても改正以前の時点における違憲性は存在しません(事後法の禁止)

まあ将来的な事はともかくとしても現時点においては在日は「憲法上の日本国民」ではないということがご理解いただけるかと思います

以上

863 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 19:31:08 ID:vOivsXyZ
外国人であるからといって 免除されている義務があります。
どの外国人でもこれは 同様なんでしょうけれども。

そのほかに
在日さんは特殊で、いろんな特権が沢山あるそうです。
犯罪やらかしても国外退去にならないとかも あるそうです。

まあ 義務を免除された状態で 権利である選挙権よこせ
と言っているわけですから。
いいとこ鳥です。

一歩譲って
イギリスのような貴族制があってもいいかも知れないけれど
彼らは彼らなりに 相応の義務を負うから貴族であるとの私は
認識しています。

権利だけよこせ 義務はいらんてのは 人種差別とかの次元を
超えています。
卑しさが溢れています。 

864 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 19:34:29 ID:fym/xPrv
日本に残された道は唯一つ。日本国内に在住する全在日韓国朝鮮人の即刻の祖国帰国政策に着手するしかない。

特別永住許可を撤廃し、当然財産持ち出し制限を設け、帰化在日も含めての全在日帰国事業は必然となるだろう。
それに呼応し国内の全ての違法民間賭博場を強制閉鎖させ、賭博の民営合法化か公営化に着手。社会に還元できるシステムの構築とともに、
違法風俗、違法金融の取り締まり、在日系暴力団、麻薬売買組織の壊滅。
窃盗団、強盗団、薬物売買の消滅。すべてに比例して国内治安は大幅回復。
またスパイ防止法制定により、在日などのスパイ犯罪者の摘発と追放により国内産業の保護強化。

また在日に対する生活保護やインフラ整備、医療教育費の激減につき日本国民への大幅減税。
さらに反政府、反民族、反国家的な売国奴が激減するために政治状況も大幅に改善される。

また北朝鮮に対する戦後の日本からの経済協力金(賠償金)は全て韓国政府が代理で徴収しているため、
積極的に北朝鮮政府に支払うよう、国際社会を通して働きかける。

大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国は、日本に強制連行されたと主張する可哀相な在日同胞が全員帰国できるのだから、
泣いて喜ぶことだろう。在日も日本の事が大嫌いで仕方なく日本にいるといっているのだから、皆喜ぶことだろう!

日本人よ!在日のいない日本を考えたことがありますか?想像してみてください。
平和な日本を!豊かな日本を!繁栄していく日本の姿を!!!

865 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 20:15:49 ID:AkCXLl76
>>839

>>よく読んでみ。「根拠はない」と書いてある。こんな厨房レベルの決め付けに納得する方がどうかしてる。

判決はどんな認識も強要しない。
不当と思うも納得できないと思うも自由。
しかしその内容には従わなければならない。
国籍剥奪の合憲判断は永久に合憲のまま。
ザマミロ&スカッとさわやかな気分だ。


866 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 21:55:07 ID:TCYg5qWi
所詮フナムシの主張は強請りや集りの類なんだから

867 :日出づる処の名無し:2007/03/31(土) 22:07:24 ID:mMz6wvFk

結局は都合のよい部分抽出で組み上げた主張をただただ声高に叫んでいるだけ。

哀れw

 

868 :日出づる処の名無し:2007/04/01(日) 09:12:26 ID:sVbSRPQM
>>840
>昔の韓国や、今でもそうだが北朝鮮は国家を称する軍事組織だから残念。
>つーか、本論にはなんの反論もできてないでやんの。バカ。

軍事組織に領土、国民、主権は付いてこないんだがw 逆に軍事組織とは国家が主権を
維持する為に持つ、暴力装置に他ならない訳だから、そもそも国家概念のない武装勢力は
単なる暴力集団に他ならない。

やっぱ船虫は国家というものをちゃんと定義出来ていないからこんな馬鹿げた発言をしてしまうんだろうなw
昔の韓国や今の北朝鮮が単なる軍事組織(これも変な単語の使い方だなw正確には武装集団)だったなら
諸外国がそもそも国家と認めず、主権を持った国家(民族)に鎮圧されるべき存在となる。

逆にいうなら、船虫は民主主義以外の諸国を単に武装勢力だとでも言いたいのかな?
それだと世界中武装勢力だらけになるなw しかもそれら武装勢力の国籍?を頑なに守り、日本に同化しない
奴らがいるんだから、日本は益々参政権を与えられないな。 なんたって船虫の理屈でいくと、在日は
暴力団(武装勢力)の一員と変わらなくなるんだからさw

869 :日出づる処の名無し:2007/04/01(日) 11:09:44 ID:0mMrVk2B
>>868
>暴力団(武装勢力)の一員と変わらなくなるんだからさw

ジョークじゃなくなりつつ・・・
笑えませんよ

870 :日出づる処の名無し:2007/04/01(日) 12:11:26 ID:M89ZichD
結局、お前らが言うところのチョッパリになりたいわけ?
今のお前らはチョッパリ(豚の足)より恵まれてないんだ?


在日って惨めだね。



871 :日出づる処の名無し:2007/04/01(日) 17:07:37 ID:RMmNOwq+
完膚なきまでに論破されたね。

↓こいつ何処行ったの?
(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ

872 :日出づる処の名無し:2007/04/01(日) 18:17:29 ID:7rCx8vBR
仮に民主主義を命じる新憲法が施行されたとしても、
「被治者」たる要件の定義しだいではまず在日は参政権を得ることはできないな
虫は民主主義上の被治者である事を前提に国民を認定する(国民⊂被治者とする)べきというスタンスを採っているが、
逆に国民である事を被治者たる要件とした場合(被治者⊂国民とした場合)、
民主主義下においても虫の理論は完全に破綻する
なぜなら国民⊂被治者という構図こそが虫理論の大前提だから
在日の国籍消失(=国民で無いとされたこと)が最高裁で合憲とされている事により
その前提が完全に崩れてしまう


まあ一般的には後者が受け入れられると思うのだがなぁ

873 :日出づる処の名無し:2007/04/02(月) 09:07:58 ID:3IDHvkz5
>>871
船虫の1キャラだよ

今日は何時ごろに登場するのかな?
午後2時以降だろうな
何レスまとめ書きするのだろうか

874 :日出づる処の名無し:2007/04/02(月) 09:33:07 ID:3IDHvkz5
275 名前: マンセー名無しさん Mail: 投稿日: 07/04/02(月) 03:20:28 ID: Xa7/pb/6

在日外国人の参政権問題は金大中氏が大統領時代に池田大作創価学会会長に求め、
その代わりに韓国における創価学会の「布教禁止措置を解く」との合意ができた。
さらにその後、韓国側から韓国に永住する日本人に参政権を与えるから在日韓国人
にも与えよ、との”相互主義”が提案された。在日韓国人は50万人、在韓日本人
はせいぜい300人。これで相互主義が成り立つのかと言われたが、韓国側では
02年2月に「外国人に参政権を与えるのは憲法に反する」旨の最高裁の判断が出て
相互主義は崩れた。

日本政府は一貫して「参政権は与えない」と主張してきた。憲法15条1項では
参政権は「国民固有の権利」であり国政レベルの参政権付与は不可能だ。
しかし地方参政権は「住人」に与えるものだから外国人に与えることも可能だ、
というのが付与論者の言い分だ。
しかしこのような考え方は国際的には全く通用しない。「国民固有の権利」は
「譲り渡すことのできない権利」(インエイリアナブル・ライト)なのである。
これは「国家は運命共同体であり、国家の運命に責任を持たない外国人に政治
を任せるわけにはいかない」という考えからきている。

875 :日出づる処の名無し:2007/04/02(月) 10:20:27 ID:4vbtx424
>>1
怪電波キャッチ!

876 :日出づる処の名無し:2007/04/02(月) 12:53:51 ID:SxfrU/N0
>>844
>>>>・軍事組織の反乱で北方領土が独立した(日本政府はそれを認めた)。
>>>>→北方領土出身(戸籍が北方領土なだけ)の山田真弓さん(19歳、女子大生)は非国民になる(国籍剥奪→軍事組織に所属)
>>>もし日本政府が独立を認めたのなら「国家」そのものだろw
>>>なんで「軍事組織に所属」という妄想が出てくるんだw
>>昔の韓国や、今でもそうだが北朝鮮は国家を称する軍事組織だから残念。
>じゃあ在日は軍事組織の一員なんだw

↑バカ丸出し。
オレのは背理法で「非国民(国籍剥奪→軍事組織に所属) 」にならないという主張だから残念!

877 :日出づる処の名無し:2007/04/02(月) 12:54:07 ID:SxfrU/N0
>>847
>>作るという作業を正当化してるだけで、結果として生じた法制度まで正当化してないっての。
>このバカはまだ分かってないのか。
>「主権者である国民を法律で定める」という手続きが正当化されているのなら
>>>2で民主主義の理念により主権があるとか言ってるのが戯言になることが。

はあ?
いったいどういう理由で、法律で定めろが正当化されれば、
民主主義理念による主権発生が戯れ言になるんだ?
「民主主義に則って、法律で定めろ」だって「法律で定めることの正当化」だろが。
反論できなくなったからって、アホな決め付けで誤魔化そうとするな。
何度も言うが、「法律で定めろ」は「いかなる主権者認定も立法で行えば合憲」ではない。
論理的に言って法律の内容まで正当化してないし、実際、国籍法は普通に違憲審議にかけられている。
おまえの言ってることは無茶苦茶なんだよ。いい加減にしろ。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)