5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【日本が】この国に魅了された人たち61【好きだ】

1 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 12:08:38 ID:iE5hNBhF
ここは日本好きな海外の人について語り合うスレです。
あなたは日本を好きですか?

過去スレは >>2 >>3 >>4 >>5


2 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 12:09:46 ID:iE5hNBhF
エムボマ「この国に魅了された」            ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1060560982/
【日本が】この国に魅了された人たち2【好きだ】  ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1061296651/
【日本が】この国に魅了された人たち参【好きだ】  ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1062079345/
【日本が】この国に魅了された人たち四【好きだ】  ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1064754521/
【日本が】この国に魅了された人たち 伍【好きだ】 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1068733681/
日本が】この国に魅了された人たち六【好きだ】   ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1072438817/
【日本が】この国に魅了された人たち七【好きだ】  ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1075453648/
【日本が】この国に魅了された人たち八【好きだ】  ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1077130229/
【日本が】この国に魅了された人たち九【好きだ】  ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1078855108/
【日本が】この国に魅了された人たち十【好きだ】  ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1080814614/
【日本が】この国に魅了された人たち十壱【好きだ】 ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1083210272/
【日本が】この国に魅了された人たち十弐【好きだ】 ttp://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/asia/1084203331/
【日本が】この国に魅了された人たち十参【好きだ】 ttp://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/asia/1086082234/
【日本が】この国に魅了された人たち十四【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1087739180/
【日本が】この国に魅了された人たち十五【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1089974121/
【日本が】この国に魅了された人たち十六【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1091869016/
【日本が】この国に魅了された人たち十七【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1093922184/
【日本が】この国に魅了された人たち十八【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1095510401/
【日本が】この国に魅了された人たち十九【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1096960819/
【日本が】この国に魅了された人たち二十【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1098651765/
【日本が】この国に魅了された人たち21【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1100169276/
【日本が】この国に魅了された人たち22【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1101189706/
【日本が】この国に魅了された人たち23【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1102770906/
【日本が】この国に魅了された人たち24【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1104501593/
【日本が】この国に魅了された人たち25【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1106484724/
【日本が】この国に魅了された人たち25【好きだ】 (26) ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1107794708/
【日本が】この国に魅了された人たち27【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1109045169/
【日本が】この国に魅了された人たち28【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1110642221/
【日本が】この国に魅了された人たち29【好きだ】 ttp://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1112023592/
【日本が】この国に魅了された人たち30【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/11135299

3 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 12:11:19 ID:iE5hNBhF
【日本が】この国に魅了された人たち31【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1115379372/
【日本が】この国に魅了された人たち32【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1116904096/
【日本が】この国に魅了された人たち33【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1118129720/
【日本が】この国に魅了された人たち34【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1119550142/
【日本が】この国に魅了された人たち35【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1121004813/
【日本が】この国に魅了された人たち36【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1122515862/
【日本が】この国に魅了された人たち37【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1124861645/
【日本が】この国に魅了された人たち38【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1127313071/
【日本が】この国に魅了された人たち39【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1129043483/
【日本が】この国に魅了された人たち40【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1130781190/
【日本が】この国に魅了された人たち41【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1132304559/
【日本が】この国に魅了された人たち42【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133983520/
【日本が】この国に魅了された人たち43【好きだ】 ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135659049/
【日本が】この国に魅了された人たち44【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1137321813/
【日本が】この国に魅了された人たち45【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1139561890/
【日本が】この国に魅了された人たち46【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142387925/
【日本が】この国に魅了された人たち47【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1145465308/
【日本が】この国に魅了された人たち48【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1147952252/
【日本が】この国に魅了された人たち49【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1150392563/
【日本が】この国に魅了された人たち50【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1152013806/
【日本が】この国に魅了された人たち51【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1154601532/
【日本が】この国に魅了された人たち50【好きだ】 (52) ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1157767684/
【日本が】この国に魅了された人たち53【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1160036237/
【日本が】この国に魅了された人たち54【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1162687237/
【日本が】この国に魅了された人たち54【好きだ】 (55) ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1165313958/
【日本が】この国に魅了された人たち56【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1167456399/
【日本が】この国に魅了された人たち57【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1169966779/
【日本が】この国に魅了された人たち58【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1173537734/
【日本が】この国に魅了された人たち59【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1175496466/
【日本が】この国に魅了された人たち60【好きだ】 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1178113305/

4 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 13:50:44 ID:fjo21Xu8
スレ建て乙です。

5 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 18:59:49 ID:P/A441Cp
大阪の「繁昌亭」が着物デー――寄席情緒を演出
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070521NN000Y51421052007.html

昨年9月の開業以来、客足も順調な落語定席「天満天神繁昌亭」(大阪市北区)が、着物で寄席情緒を
盛り上げてもらおうと「着物デー」を新設する。上方落語協会の桂三枝会長の発案で、21日、繁昌亭で
記者会見して発表した。
「呉服の日」の5月29日に、昼席に着物姿で訪れた客に1000円入りの大入り袋を手渡す。
7月7日の「七夕の日」には、浴衣で来たカップルに1000円入りの大入り袋を用意する。

桂三枝 落語に着物でいらっしゃ〜い
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/05/21/0000345756.shtml

繁昌亭が「着物デー」新設/リピーターにもプレゼント
http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/article.aspx?id=20070521000179

繁昌亭「着物デー」千円入り大入り袋
http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp5-20070522-202400.html

6 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 19:03:15 ID:P/A441Cp
中谷美紀さん 歌舞伎座でお点前を披露<5/20>
http://www.news24.jp/84320.html

東京・銀座の歌舞伎座で20日、「伊藤園」が主催する恒例の歌舞伎公演「團菊祭五月大歌舞伎」が行わ
れ、市川海老蔵さんらが出演、約1900人の観客が集まった。

公演前には茶会も催され、女優・中谷美紀さんが観客を前にお点前を披露した。中谷さんは、「花いかだ」
と呼ばれる波の上に四季の花々が浮かぶあでやかな模様が特徴のクリーム色の和服姿で、今回のため
に特注で仕立てたものだという。

トークショーで中谷さんは「4年前から茶道のけいこをしている。大人数の前で披露するのは初めてで手が
震えた」と明かし、茶道を始めた理由については「海外の友人と話すとき、自分が日本の伝統文化を何も知
らないことに気づき、恥ずかしかった。それで茶道を始めた」と語った。

7 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 19:05:58 ID:P/A441Cp
首相「創造性ある人育成を」 教育法案が参院委審議入り
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070522/skk070522001.htm

安倍晋三首相は、自らが目指す教育の在り方に関し

 「 損得を超える価値、 道徳や公共の精神 をしっかりと子どもに身につけてもらえる教育を行っていきたい。
   創造性のある人を育てたい」

と述べ、政府案への理解を求めた。自民党の中曽根弘文・元文相への答弁。

8 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 19:28:48 ID:IxkvyZO4
最近アニメが人気やらアンケートで日本の好感度が高いやらのニュースだけ見て、
「日本人が白人に認められてるんだ!」って勘違いしてる馬鹿が多いけどさ、
未だに日本人のイメージは”ダサくてブサイクでチビで滑稽”なんだよ。
差別の対象だし馬鹿にする存在なんだよ。

9 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 19:41:06 ID:9OkQRcf1
>>8
君は自分の事を日本人だと思っている様だが、残念ながら在日という韓国人だからそう感じるんだよw


10 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 20:00:21 ID:nA1zxuev
白人に認められるっていう発想自体が奴隷根性だよな。
奴らなんか、肌が白いだけじゃん。
それだけで優位に思ってる奴らも奴らだけど有色のくせにその発想に染まる奴もバカ。

紫外線に弱いし光にも弱いし体はでかいからエネルギー維持に無駄は多いし
生物的には黒人が一番強いんだけどな。
もうちょい言えば、日本人が一番地球で生きていくのに思考から言っても
性格から言っても生物的に言っても丁度良い。

日本人最強。

11 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 20:01:01 ID:8dcoXdJl
前スレ
>>960
「これからは定冠詞をつけて『The 先輩』を呼ぶように」

究極超人あ〜る の鳥坂センパイを何故か思い出したw

12 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 20:07:56 ID:zxgkj7OO
つか、マルチコピペだ

13 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 20:15:32 ID:FQOgnASS
>>1


14 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 21:34:25 ID:Q0LLLjD2
>>10
黒人は寒さに極端に弱い人が多いからなあ。
生物の最大の敵は寒さと飢えだから、寒さに強いバイカル経由の
モンゴロイドで飢餓遺伝子持ってる日本人でしょ。

日本人最強。

ただし、太りやすく体型的に格好良くなれない宿命が・・・



15 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 21:36:17 ID:Idv9JOz8
くだらない選民思想に吐き気がする

チョンじゃあるまいし、馬鹿じゃねーの

16 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 21:38:33 ID:Q0LLLjD2
>>15
ギャグだってば。。。

17 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 21:41:39 ID:nA1zxuev
>>15
なんで選民思想の意味を分かってない奴発見。

18 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 21:42:31 ID:nA1zxuev
あれ。
>>17
なんで を削除

19 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 22:38:57 ID:s0KLsW5Y
大航海時代始まる前までの、大陸占有率で考えたら黄色人種強いよなぁ。
アフリカとヨーロッパ以外全部だもん。

20 :日出づる処の名無し:2007/05/22(火) 22:57:52 ID:MMzspL22
>>19
けど今や南北アメリカ、豪州、までとられたけどな。


21 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 00:22:03 ID:psmhGvBa
>>11
あれはいい漫画だった

22 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 01:07:12 ID:/bbHjD6V
The か、

かぼちゃワインを思い出すな、、、

23 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 01:09:59 ID:cSbTjpNE
「The 先輩」って「The Trump」みたいだな・・・どおくまんの方が適切かもしれん。

24 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 01:55:05 ID:Tb0IASnK
ビッグ・ザ・ブドーしか出てこない・・・

25 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 01:56:46 ID:9/ipMxsf
黒人は日光にあたらないとすぐ、くる病になるから
そういう意味での体の丈夫さなら、高地にすむモンゴロイドが一番かもしらん

26 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 05:16:41 ID:NsVfXZ11
一応進化の順は、黒人⇒白人⇒モンゴロイドという順序になっている
モンゴロイドが人類の一番進化した状態。脳の容積も一番大きい。

27 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 05:40:03 ID:bSduOEBE
>>26
だとしたら皮肉だな
俺は正直、特定アジアの黄色人種は猿以下だと思ってる

28 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 07:09:43 ID:P7fNDDA5
>>27
しかも日本人より、特亜の方が種としては新しいんだぜw

29 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 07:21:34 ID:bSduOEBE
>>28
マジかよwwww
普通にウケるwwwwwww

30 : :2007/05/23(水) 07:41:22 ID:SMlRsxMB
新種て事か

31 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 07:56:04 ID:e1XFc+Zr
>>26
進化っていうのは環境適応の結果であって直線的ではないんだが…
いつの価値観だよそれw
そういうのは白人による人種差別の根拠になったもんだぞ。

32 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 09:35:32 ID:QTeu6Ar/
狼がチャウチャウに進化しましたっていわれてもなぁ

33 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 10:18:32 ID:k4MlJ/yE
その系統はちゃうんちゃう?

34 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 10:30:59 ID:LpIGgHZZ
チャウチャウは食用に改良された食用犬だし・・・

35 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 12:17:08 ID:LpIGgHZZ
米ハリウッド版「ハチ公物語」=R・ギア主演で、9月から撮影 (時事通信)
 【ロサンゼルス22日時事】米芸能紙バラエティー(電子版)によると、日本映画「ハチ公物語」(1987年)をリメークしたハリウッド映画が、
人気俳優リチャード・ギア主演で9月から撮影されることが決まった。

 新作タイトルは「ハチコー ア・ドッグズ・ストーリー」。ギアは犬の飼い主の大学教授役を演じ、プロデューサーも務める。
「ハチ公物語」を手掛けた松竹が製作に協力するという。 

[時事通信社]
[ 2007年5月23日9時11分 ]

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/hollywood/story/070523jijiX127/


日本好きで有名なリチャード・ギアだけどハチ公とは渋いなぁ・・・
ハチ公像でも見て「この犬は?」とでも聞いたのだろうか・・・

36 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 12:27:20 ID:P7ufUSm8
>>27-30
くるみを与えられた動物の行動を観察する実験だよ。

子猿
http://zoo.from.tv/sb.cgi?eid=1950
カラス
http://turedureweblog.at.webry.info/200610/article_10.html
酋長
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72068&servcode=200§code=200&p_no=&comment_gr=article_72068&pn=6

37 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 12:29:30 ID:sH05KwcJ
新種というか珍種って感じだな。
いや、増えすぎてるから珍しくないから違うか。

38 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 12:48:13 ID:q5XhNi5J
>>35
出演する犬は柴犬なのかな。
他の犬種だとイメージと違うしな。
柴犬の人気が更に高くんなるんだろうか。


39 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 12:59:18 ID:xLhiwlv2
>>38
秋田でしょう。

40 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 13:24:22 ID:D8Yfiva4
あわわ・・・ハチ公を柴犬だとすっかり思い込んでた・・・恥ずかしいorz

41 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 13:44:21 ID:FnFmWUuZ
犬種はアメリカンアキタなんだろうな。

42 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 13:53:21 ID:xbayFknZ
なんでも米じゃ柴犬が人気になってるって聞いた。
忠義に熱く、尻癖が悪くないってのが人気の理由だとか。
まあリメイクに当たっては犬種の変更とかもあるかもね。
米の中で一番飼われている犬にするとか。

しかし、R・ギアも渋い題材をリメイクに選ぶなぁ。
この人って良く言えば目の付け所が違うし、悪く言えばズレてるよなぁw


43 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 14:02:51 ID:AJvh4lkW
ブルドッグの方がけなげに待つ姿が絵になると思う。

44 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 14:03:04 ID:FqvDzMZs
でも動物物は結構共通のネタだし
順当といえばそうかも

そういえば昔ベンジーってあったな・・・

45 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 14:21:32 ID:BH28Q0gu
ハチ公は主人を待ってたんじゃなくて駅の傍の団子屋だか焼き鳥屋だかの
おっちゃんが一本くれるのを楽しみに通ってたんだぞー

46 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 14:35:07 ID:OnT9SZGZ
そういう説もあるって話だろ

47 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 14:54:13 ID:NsVfXZ11
>>31
進化が直線的とは言ってないね。
分岐した順からいえば枝のほうが進化した後だから、モンゴロイドのほうが
枝先になる。>>26でおおむね正しい。
ただし白人と同時期に分岐した古いモンゴロイドもいる。
それは中央アジアから極東のほうへ来たが大方は消滅してしまい
例外的に島のようなところに残った。それが今の日本人だね。

48 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 15:19:53 ID:AdIyv6zF
>>42
米以外でも人気みたいよ。
イギリスでは狐と間違えた人もいるらしいが。

49 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 15:45:49 ID:PDn2KEzm
>>35
「Shall We Dance」に続いて日本の映画のリメイクか。
親日家だし熱心な仏教徒で好感持てるなぁ。
小泉さんにも似てるしw

>>42>>48
柴犬飼ってる身としては嬉しいな。しっぽがクルンと
巻いててカワイイのよね。アナル丸見せなのもご愛嬌だw

50 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 16:32:40 ID:e1XFc+Zr
>>47
はあ…じゃあ
>モンゴロイドが人類の一番進化した状態
これはどういうことなん?w

51 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 17:10:36 ID:kqjDIegi
>>48
日本人でも北海道のゴルフ場とかで見かけると間違えるらしいぞ。

52 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 17:22:00 ID:6zeeTqQv
キツネに間違える話は聞くけど他所のキツネはどんだけ太ってんだといつも疑問に思う

53 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 17:53:40 ID:kqjDIegi
「え?キツネがこんなところに?なんかちょっと違うけど…」
って感じだろ

54 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 18:48:35 ID:BH28Q0gu
そもそも犬と狐って親戚だしな。猫よりは近い種族。

55 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 21:29:53 ID:HWHfLPCR
進化において分岐した元がそのままでなにも変化
しないと思っているようなのは何故なんだろう。

>>51
北海道に行ったとき、修学旅行に来てた女子中学生が
「あ、キツネだキツネー」と騒いで犬の写真を撮っていた。


56 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 22:25:28 ID:670RdQSo
女子中学生がどうしたって?(*´д`*)

57 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 22:54:03 ID:MKcn3aS6
北海道のキタキツネはエキノコックス感染が怖いから、修学旅行生の行くところに細身の柴犬を放し飼いにする手もあるなw

58 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 22:54:46 ID:nIu4D6wR
>>50
モンゴロイドより後がないのだから順序はそうなるだろ
おまえは馬鹿か?

59 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 23:14:06 ID:+JQqN+6x
進化と進歩を混同してる。

60 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 23:24:30 ID:i5JF8nvY
人は猿から進化したんじゃなくて、人と猿の
共通の祖先から分岐しただけだわな。

61 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 23:26:08 ID:e1XFc+Zr
>>58
だから進化は適応の結果であって、「一番進化した状態」もくそもないんだって。
そういう表現をしているから、分岐がどうのこうの言ってるが、
直線的に考えてるなと思ったわけで。
分岐(進化)も所詮成り行きや偶然(遇有性かな?)によるものであって、
分岐の時系列にそれほど重要な意味はないし。
(環境変動との関係では意味があるかもしれないが)
系統樹の図だってあれは便宜的なものであって、
あの図自体に、つまり「枝先が一番進化している」とかいう意味はないよ。

62 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 23:32:04 ID:if2bhWtL
>>47
古モンゴロイドってアメリカ大陸にも渡ったんだろ?
つまりインディアンやインカの人間と同じ種族だったんだよな?


63 :日出づる処の名無し:2007/05/23(水) 23:33:53 ID:IOB74kWf
どうがんばってもコーカソイドの前にモンゴロイドはこないよ。
黒人、白人、モンゴロイドではモンゴロイドが進化の一番後にくる。
それでダーウィニストたちが困ってしまったというのは有名な話だろ

64 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 00:22:48 ID:8HCtx3Tm
>>61
原則正しいんだけど、その考えに凝り固まってると間違いを犯す様な。
プログラムで言えば、進化は用途に合わせてプログラムを特化していくこと。
会計ソフトとワープロソフトに優劣の差はない。黒人→黄色人種は、
「何処にでも住める」という機能のためのバージョンアップじゃないかと。
アフリカから広がるたびに適応性を増していった様に見える。
極短期間であれば「後出しが勝ちよ」という評価は出来ると思う。

留学生の友達が居たけど、黒人の耐寒性の無さはちょっと異常だ。
一方、白人は強い日差しに耐える瞳を失っているのでバージョンアップとは
言えない気もする。黄色人種は特に苦手とする環境はない。

65 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 00:24:17 ID:nTE/5E6e
同時に、知能指数と脳の容量では日本人とアメリカインディアンがトップで
次が白人という調査結果が長い間秘匿されていたとかな

66 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 00:46:48 ID:QrFhxpfB
やっぱ身体的スペックは日本人ていいとこいってんじゃん。

つかそもそも白人はなんで肌が白いと人間として上等だと思い始めたのだ?

67 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 00:50:44 ID:W6FTgm3j
あいつら中二病だから。
自画自賛したいだけだろ。

68 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 01:06:38 ID:nTE/5E6e
身体的スペックはブラジル(と、いうか南米)が最高らしい。
人類の多様なヴァージョンである民族が混血しまくりで
遺伝的優性度が高いからだと。

最も、脳や知能の方はとくに認定さてれはいない

69 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 01:50:30 ID:wZjJ+GBJ
>>68
身体的に高スペックの遺伝子部分が優勢とはかぎらないわけで

70 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 03:02:53 ID:UncYsqWQ
遺伝的に多様だと、
環境の変化に適応する個体が、
存在しやすい、とかじゃないか。

71 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 03:38:42 ID:EWLFj3uF
>>68
身体的に低スペック固体が淘汰されてればなりたつが・・・イヤ、スマソ

>>25
進化にも色々あるから、種として新しいけりゃ優秀ってわけでもないがな。

例えば熱帯魚のグッピーにはヒレが長い固体が作出されているが
その固体はほぼ生殖できない弱点があったりするし。

72 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 03:44:58 ID:pFbtXzrY
>>66
聖書の記述にそういう文言があるんですよ。
黒人の祖先は罪を起こしたから肌の色が黒い、とかね。

73 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 04:31:53 ID:27IQgEUW
まぁ黄色人種が優れてるってレスもさすがにどうかと思うけどな・・・


74 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 04:46:06 ID:zTAHX+dw
「進化してる」、を「優秀」と勝手に読み違えてるのがいるからおかしくなる。
「寒冷地や湿地への適応」くらいに思っとけばいい。

75 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 04:55:48 ID:UncYsqWQ
しかしまあ、黒人も災難だな。

栄養不足で暗いとこに閉じ込められてりゃ、
黒人でなくたって健康くずすだろうに。

あと、水に浮かないって、
そら足に鎖がついてりゃ、沈みやすかろうて。

76 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 07:44:11 ID:iSXM/Ac5
>>64
別に俺個人の考えではなく、生物学方面の一般論を言ったつもりなんだが…
>黄色人種は「何処にでも住める」という機能
これも疑問だねえ。万能の進化、環境適用なんてあるとは思えない。
個人差というのが存在するし、人種全体でとったデータがあるならまだしも。
つーか、いい加減スレ違いじゃなくね?w

77 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 09:46:32 ID:H2lPM/NG
【外交】 日本政府、日米豪印の「4か国協議」の立ち上げへ・・・連携強化目指す [05/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1179902178/

78 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 09:53:18 ID:8bhe8hoP
>>52

脳は結構アバウトだから、認識に優先順位があるんだよ。

79 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 10:03:44 ID:m614zKYZ
空冷に優れてる黒人、保温に優れてる白人
どっちつかずの黄人

まぁどれもどれでして

80 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 10:28:51 ID:FLHhWm+Q
>>76
>いい加減スレ違いじゃなくね?w

じゃあ良いんじゃないか?

「スレ違いじゃね?」・・・じゃね?

81 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 10:36:54 ID:y35X4a1a
ハチ公役はヘレン・ケラーに贈られた秋田犬の子孫を使ってもらいたいなぁ。
ヘレン・ケラーに贈られた秋田犬は当時の横綱(チャンピオン犬)の子なんだけど
日本では戦争の混乱期に血筋が途絶えている。
アメリカン・アキタは顔つきが違うけどヘレン・ケラーに贈られた秋田犬の子孫は
日本の秋田犬には失われた精悍さが残ってるようだからね。

82 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 15:20:05 ID:vdWJJ5NE
>>81
"戦争の混乱期"には、
犬を喰いまくった朝鮮人が、はいるんだよね。
大きな土木工事なんかで朝鮮人を集めると、
野良犬が居なくなるそうだ。
飼い犬でさえもいなくなる。

83 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 19:53:26 ID:qtsoJQ5K
http://www.youtube.com/comment_servlet?all_comments&v=s7uXvqfQvNI&fromurl=/watch%3Fv%3Ds7uXvqfQvNI

トランスフォーマーのトレーラーにでてくる
意訳「ロボットさ、すげえ進化したロボットだよ。多分日本製さ」
のセリフが大分受けてるな

84 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 19:53:45 ID:iaxOBsjE
>>82
いやぁ、"戦争の混乱期"の場合
.軍用犬ととして使えるジャーマン・シェパード以外の犬の、おおっぴらな飼育が禁止になったうえ、.寒冷地向けの毛皮確保のため、供出を求められたわけで…
そのうえ、せっぱつまれば、朝鮮人に限らず、日本人も食料にしたわけだから
越(こし)の犬なんて、純血種は絶滅しちまったし…


85 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 20:14:02 ID:XOJjchhI
>毛皮確保
と言えば ヌートリア。肉は食用になったらしい。
今ではすっかり害獣扱い、でも、たまに河川敷あたりででっかいネズミのようなものが
パシャパシャ泳いでるのをみると面白い。

86 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 22:14:42 ID:vdWJJ5NE
>>84
ぼやかしてしまうのはよくないよ。
越の犬のことは知らないが。
四国犬とよばれる、徳島犬、土佐犬(土佐闘犬でない在来種)の場合は、
四万十川上流や吉野川上流にダム工事に来た朝鮮人出稼ぎによって、
山奥に居た純血種を喰われてしまった。
これは、古い記事を復刻したものが、雑誌に載っていたもの。
秋田犬についても少し言及されている。
太古の昔からいた、在来種は朝鮮人出稼ぎの胃袋に収まってしまった。

87 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 22:50:49 ID:z9qyJTbH
土佐犬の起源ねつ造

991 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/05/24(木) 20:32:22 ID:???0
チリの土佐犬
http://www.youtube.com/watch?v=pYJ01aBTs3I


88 :84:2007/05/24(木) 23:44:25 ID:iaxOBsjE
>>86
ほう、そのエピソードは初見ですな。情報の書き込み感謝。できれば、ぐぐってもわからなかったので、情報源の提示して下さるとさらにありがたいのですが
ただ、その…”彼ら”は、"戦争の混乱期"であるかどうかにかかわらず、気が向いたらその辺の犬をとっつかまえて、食しているような気がするのは、私の気のせいなんでしょうか?


89 :日出づる処の名無し:2007/05/24(木) 23:51:06 ID:IYVQIWmm
>>76
進化にも、特定の環境に特化してスペシャリストになることと、
オールラウンダーを目指すことの二種類があるんじゃないかな。
どっちも間違いじゃない。

90 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 00:53:44 ID:aC6uG8Cs
進化といえばこれだろ常識的に考えて AA略
http://vip.cmdap.com/cgi-bin/up/imgup/src/vip4316.png

91 :81:2007/05/25(金) 01:17:34 ID:KjhdEHRV
>>88
>>86じゃないが…

「赤犬は美味い」って聞いた事があると思うが、これは日本の言葉じゃなく
中国や朝鮮の言葉だったんだよ。
徳川綱吉の生類憐れみの令と呼ばれる一連の政策の中で犬を食うのを禁じるまで
日本でも犬を食っていたんだけど日本人が好んだのは白犬で当時の文献にも白犬が一番美味いと書かれてる。
中国や朝鮮ではモンゴルで品種改良された食用犬のチャウチャウの影響で赤毛で舌が紫の犬が極上品とされてた。
戦前戦中の紀州犬や四国犬の登録記録を赤毛系の登録と白毛系の登録が半々ぐらいなんだけど
戦後の紀州犬や四国犬の登録記録には赤毛系の登録がほとんどない。
このような事実から戦後の混乱期に赤毛系の紀州犬や四国犬が食い尽くされたって説も正しいと思う。




日本人は犬を食ってなかったという人もいるが戦国〜江戸初期のゴミ捨て場跡から加工跡のある犬の骨が多数出土している。



92 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 01:22:45 ID:cPjOQuE+
>>83
やっぱアメ公に巨大ロボットは無理だな。
ロボコップの頃から全然進歩しとらん。

93 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 01:25:42 ID:CW8gQB02
>>91

一般的では無いだろ、なんせ他の肉のようにその為の料理が無いから。

94 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 01:33:54 ID:XnEykNDr

>>91
飢饉とか食べ物が無い時は、そりゃ食べるでしょ?

95 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 01:36:06 ID:jMrwNe8w
現在、世界で最も有名な日本犬はたぶんハチ公じゃなくてこっち
http://www.youtube.com/watch?v=BLMPByYWkKE

96 :81:2007/05/25(金) 01:39:03 ID:KjhdEHRV
スレ違いになりそうだからイギリスのブリーダーに聞いた話

30年ほど前に日本人は犬を食べているとの怪文書が欧米のドッグクラブに出回り、
日本人に犬や猫を販売すると動物虐待者としてクラブから除名するといくつかのクラブが宣言したことがあった。
その時に日本人は犬を食べないと色々なクラブに説明してくれてたのがカナダやアメリカやEUの日本犬のクラブだった。
当時は純血種の日本犬として世界的に認められていたのは狆と日本テリアだけで
秋田犬や柴犬などは雑種に近い扱いだったのだがヘレン・ケラーに贈られた秋田犬の子孫の飼い主らのクラブや
当時はマイナーであった柴犬の飼い主たちのクラブのメンバーたちが日本人が犬を食べていたのは大昔のことで
日本人が犬を食べてた時代はヨーロッパでも犬を食べていたではないかと説明してくれたのだった。
従順で温厚で優しい秋田犬や柴犬を生み出し血統を維持し続けた日本人に対する感謝の気持ちもあったのだろうとイギリスのブリーダーはいっていた。

もしも海外の日本犬クラブの活躍がなかったら、シェルティーやコーギーやゴールデンレトリバーが日本に入って来るのがもっと遅れたかもしれない。


以上。

この国の犬に魅了された人々





97 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 01:43:22 ID:fUb8fevV
>>96
いったい何人が怪文書を回したのか非常に興味があるなw

98 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 02:08:03 ID:jMrwNe8w
5人ぐらいじゃね?

99 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 02:13:14 ID:ZUjwYIMH
そうか、俺の他にあと4人いるのか…

100 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 03:19:14 ID:blZPBDh1
誤認だから?

101 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 05:33:13 ID:/lz8fORg
アニメ版フランダースの犬の報復だったりしてなギコハハハ。


102 :<>97:2007/05/25(金) 07:02:04 ID:g1q7kbmG
オマイラ「なんにん」と読んだだろ?
「なにじん」と読めよ。

103 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 07:08:01 ID:fl0kkjIh
>>89
その生物の住む環境は一つなので、「適応する」という結果も一つ。
オールラウンダーとかわけわからん。そういうのはその動物の生態に起因するもので
あって、「複数の環境」に適応するためではないし、その必要もないんだよ。
そもそも「なる」とか「目指す」とか言うとるが、進化はある意味「なりゆき」なんだって。
(まあそっち方面でもまだ議論されてるみたいだが)

もういいよ、スレ違いだと罵倒しても…

104 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 07:35:03 ID:/bwu4f+Z
>>102
ヒント:ボケ

105 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 14:22:55 ID:y9AjVwrE
>>103
進化と進歩を混同してるヤツ多すぎだし、竹○久美子のアフォがあんな風に利己的な遺伝子紹介しちゃったからな。
(わざと間違えやすいような喩えばっかり使ってるドーキンスも悪いっちゃ悪いんだが)

106 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 16:03:46 ID:3GJxS4Eb
「日本、ぼくが愛するその理由は」
 著者 ジャン=フランソワ・サブレ
http://www.pen.co.jp/syoseki/syakai/0739.html

> ふたつの山があった。住人はそれぞれ「おらが山がいちばん」と思い
> 暮らしている。いったい、誰が好き好んで自分の山を下りて他人の山
> を登るというのか。
> しかし、故郷を出た先人もいた。ぼくも、もうひとつの山がどんなところ
> なのか知りたくなり、山を下りることにした。もうひとつの山を登る道は
> 険しく曲がりくねっていた。しかしそこで暮らし始めると、意外や居心地
> はよく、そこで学んだ文化や言語は大きな収穫となった。

107 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 16:07:49 ID:EqUFOTYt
きめぇ

108 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 16:19:46 ID:xLwCJtwT
らめぇ

109 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 16:41:27 ID:s2xfDksq
うめぇ

110 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 16:52:06 ID:0NN0pZBJ
米ぇ

111 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 16:55:42 ID:4gr3qXiY
ユネスコ世界遺産  京都・二条城に行ってきました。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttravel&nid=279338

ハングルの落書きがイパーイ!!

112 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 17:18:03 ID:3Jxkx5fi
あめぇ

113 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 19:45:12 ID:+fopPcij
>30
「新種爆誕!」というフレーズを思いついて一人でウケてしまったw

114 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 19:58:01 ID:aJlhkhfo
若冲デザインの「五百羅漢」30体壊される 京都・石峰寺
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070525/jkn070525010.htm

京都市伏見区の石峰(せきほう)寺で、江戸時代中期の画家・伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716〜1800)が
下絵を描いたとされる境内の石像群「五百羅漢」の一部が壊されたり、倒されたりする被害に遭っていたこ
とが25日、わかった。石峰寺は伏見署に被害届を出した。

寺によると、被害にあったのは石を彫って造られた高さ30〜50センチの羅漢像約430体のうちの30体。
うち5体は上下2つに割られていた。4月6日朝、寺に出入りしている石材業者が被害に気づいた。前日夕
方に異常はなかったという。

「五百羅漢」は石峰寺に庵を結んだ晩年の伊藤若冲が18世紀後半に下絵を描いて、造らせたと伝えられる。
境内の裏山一帯に個性豊かなデザインの石像を配置し、釈迦の一生などを描いている。文化財などには指
定されていないが、同じ境内には若冲の墓もあり、最近の「若冲ブーム」で訪れる人が多い。

石像周辺にはさくや有刺鉄線が設けられているものの、夜間も境内への出入りは自由にできるという。

115 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 20:41:21 ID:N5W/F4Zk
>>114
美しい日本のこんなものは不要である。

116 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 20:53:08 ID:can4lgmv
>>114
< ;`Д´>う・・ウリじゃないニダ・・・・・

117 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 21:08:42 ID:BdMvn52R
>>116
うそつけ。

118 :日出づる処の名無し:2007/05/25(金) 21:36:16 ID:thp+I7wj
>>106
やはり、サブレと名乗られてしまうと、こんなイメージが。
鳩じゃないけど・・・

   ________
   |              |
   |  / ̄ ̄ ヽ,  |
   | /        ', |
   | {0}  /¨`ヽ {0}, !
   |.l   ヽ._.ノ   ', |
   リ   `ー'′   ',|
   |              |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ジャン・フランソワ・サブレ
 [Jean Francois Sabouret]
  ( 1946 〜  フランス )

119 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 00:58:51 ID:9nvYX/lF
>>49
柴犬飼ってるアメリカ人が、
散歩させてると「これ、狼か?」って、よく聞かれるって
嬉しそうに答えてた。

120 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 05:21:43 ID:DvDdRnnr
>>119
アメリカいってたくましくなっちゃったのだろうか。

121 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 09:43:23 ID:d2AZqfCh
【憲法】「第9条の会USA」設立の米教授、9条の危機を訴え日本全国行脚 9条にノーベル賞を贈るよう提唱も
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1180096268/

122 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 09:50:02 ID:eu2lug0G
>>120
アメリカ向けに改良されたでかい柴犬がいるらしい

123 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 10:33:01 ID:nJTYO8J4
柴犬はもともと狼の血統を強くひいている

124 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 10:50:29 ID:Fq6ULn98
>>120
すごい量食わせてそうだな。

125 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 17:45:01 ID:4y8WIeWv
韓国女子高生vs日本女子高生
http://www.youtube.com/watch?v=jac7MhMWQoQ

126 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 18:00:03 ID:TxgNw22q
ていうか昨今、youtube貼りすぎでキモイんだけど。
そういう比較みてもしょうがないし。

127 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 19:33:03 ID:caQ7y17x
>>125
日本じゃなくて台湾じゃん。しかしまあ全然顔がちがうなw

128 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 20:14:53 ID:0Uho7U2e
日本人客、「行儀良く静か」と1番人気 欧州ホテル界で
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070526/sng070526005.htm

日本人観光客は大歓迎−。

 オンライン旅行予約サービスのエクスペディアが欧州ホテル業界の約1万5000人を対象に行った
調査で、日本人観光客が最も評判が良いことが明らかになった。
 それによると、「最も好きな旅行者」として日本人を挙げたホテル業者が一番多かった。行儀がよく
静かな点が人気の理由。2位は米国人で、騒がしいことがマイナス材料だったものの、金銭面で気前
がよいことや旅行先に溶け込もうとする態度が評価された。

 5年前の調査でトップだったドイツ人は、「けちでチップの払いが悪い」ことが響き、5位に順位を落とした。

 一方、フランス人は「現地の言葉を話そうとしない」「地元料理を試そうとしない」ことが嫌われ、28カ国中
で最下位。インド人はチェックアウトの際、部屋が散らかっているとして敬遠され、中国人やロシア人も評判
が芳しくなかった。

129 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 21:43:07 ID:VsRhpiYO
台湾人(多分)が作った日本印象。

http://www.youtube.com/watch?v=HeTGnShUUk0

130 :日出づる処の名無し:2007/05/26(土) 23:22:03 ID:rH8iWpDc
チョンの売春婦HP(東京)
恐ろしいほど修正してる…ある意味グロ

http://www.k-deri.com/main.html

131 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 05:03:19 ID:/U74owWc
あらためて日本ていいトコだなと魅了されたな。
ビックサイトのデザインフェスタ行ってきた。みんな熱かった。
アーティストも来るお客も日本男と日本女性は皆洗練されててオサレ。
芸術を嗜む人が集まるせいか、イケメンや美人&可愛い子多し。
芸術の分野においてセンスがあるのはやっぱり日本人が圧倒的な気がした。
外国人客もいっぱいいた。特亜のアーティストや客もいたけど本当にすぐ見分けつくね。
適当に服着てジャガイモみたいな顔して眼鏡かけてるのが中国人。
エラはっててチェホンマン系の原人顔してるのが韓国人・・・。

台場方面では子供と一緒に遊ぶ親、撮影会やってるカメラ愛好家、
犬の散歩してるカップル。幸せで平和オーラが漂っててほのぼの。

132 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 07:16:41 ID:u1WaC5+m
>>125
なんていうか、長年中国に綺麗な上澄みを汲み出し続けた結果
綺麗に上澄み液と澱が分離したって感じだな。

133 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 07:17:31 ID:eBJvSD53
うるせえキモメン

134 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 07:37:10 ID:5C/z5T+E
柴犬がアメリカで最初にメジャーになったのは柴犬と小型のテリア種を交配させて作られたマメシバ
このマメシバは日本にも持ち込まれたが価格が普通の柴犬の3倍近くしたことから日本では売れなかった。
その後、日本でも比較的小さな柴犬同士を交配させて豆柴の名称で販売するブリーダーが増えた。
ただし、日本では豆芝という犬種の区分は存在しないため豆柴として売られている個体も血統書では柴犬となる。

135 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 07:40:15 ID:N2J+QTzi
これが、日本にいるオージーたちの姿です。これが現実です。
これが白人の傲慢さです。日本人などの有色人種相手なら何をしてもいいと、
そうDNAに組み込まれているのでしょうか? 日本語でもいいのでコメントお願いします

東京に来たオージーが電車で差別発言、きちがいな行動
http://www.youtube.com/watch?v=QtpZbHirK1g
反日オーストラリア人が町を破壊 最後は日本人にぼこられ...
http://www.youtube.com/watch?v=Cej22iu0y5M
これが白人の傲慢さ。そしてこれが日本の現実。
http://youtube.com/watch?v=hl43DXrTEA0
http://youtube.com/watch?v=JeG8r76dnYY
http://youtube.com/watch?v=h99S44TRAXY
プロフィール
http://www.gaikokujin-talent.com/profile/shaunne_hughes.html
http://www.f-w.co.jp/narrator/other.html
日本人が、オーストラリアで同じことやったらどーなるんだろう? 逮捕とかされるんだろうな・・・
結局、日本人が舐められてるってことなんだろう。

コピペして広めて下さい



136 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 08:28:28 ID:NZAWP/di


>>135
ま、囚人の末裔達ですからw




137 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 08:44:57 ID:62n/Z3C/
結構前のネタを引っ張り出して自演か…
意外とこういう板でこそ荒らしっていうのは生き残ってんのかね。

138 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 09:01:49 ID:chuakfV+
>>135
日と豪を仲たがいさせたい人達がいるのかな。

【コラム】 朝鮮日報:米豪日の中国包囲網、韓国は蚊帳の外 [05/20]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1179649961/

139 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 09:24:49 ID:ZDmSuCt4
まあ、あまりホルホルするのも如何なものかと思うぞ。
いろんな意見があってもいい。
以前、TVでパックンが言ってたが、
日本人のホスタビリティを勘違いして傲慢になる白人が多い、そういう時は日本人は毅然とした態度をとるべきだ。
と言ってた。


140 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 09:59:35 ID:NZAWP/di
>>137
>自演か…

何が自演なんだ?
車に自転車ぶつけられりゃ、
ドライバーが怒るの当たり前だろが。

141 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 10:11:59 ID:266i5v05
>>139
リアルでネウロの犯人みたいな奴か。
あれ白人に見せたらどんな反応するのか見てみたい。

142 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 10:12:26 ID:4StubMoT
どうみても工作にしかみえない安っぽい中傷だが。

143 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 11:06:11 ID:62n/Z3C/
>>140
あ、ごめん自演じゃなくて、たんに空気が読めない人か。

144 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 12:12:21 ID:tANwom3i
自演の犯人は日豪友好を快く思わない国のひと、
すなわち
ニュージーランド人アングロサクソンホワイトプロテスタント
なんだよ!

145 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 14:12:25 ID:SwaBNr5i
>>135
なんだ?ずいぶんあちこちにコピペして必死だが、オージー男にでもやり逃げされたのかw

146 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 14:53:38 ID:chLh5hMI
てか、動画みて批判してんの?
このオージーかなりむかつくぜ。
額かち割って舌を輪切りにしてやりたい。

147 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 15:06:28 ID:VylIAs/m
1年前に語り尽くされた動画を今更もってくる。
日本に魅了された系のスレにマルチコピペ爆撃。

これだけ露骨なことやって意図がばれないわけがないw

148 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 15:17:44 ID:eBJvSD53
相変わらず糞ウヨは白人には寛容だな。

149 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 15:21:52 ID:VylIAs/m
133 名前:日出づる処の名無し [] :2007/05/27(日) 07:17:31 ID:eBJvSD53
うるせえキモメン

148 名前:日出づる処の名無し [] :2007/05/27(日) 15:17:44 ID:eBJvSD53
相変わらず糞ウヨは白人には寛容だな。


せっかく工作してる同胞の足を引っ張るチョソw

150 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 15:29:55 ID:chLh5hMI
近所の白人もむかつくんだよ。
日本人の奥さんと1年も近くに住んでいて
日本語わかるくせに英語一点張りで話し掛けてくる。
うぜーからこっちも日本語オンリ−で応戦。
絶対英語は使ってやらない。誰がお前に合わせてやるかよ。死ね。

151 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 15:32:59 ID:chLh5hMI
大体なにあの体臭。死体かお前は。くっせーんだよ!!!
ビー玉みたいな目でこっちを見るなキモイ。
肌は汚いし変な色してるし。ゴツゴツして駱駝みたいだし。
白人きもい。きも過ぎる。

152 :市民波譲憲牧師 ◇/fJZhARv :2007/05/27(日) 15:51:41 ID:Tc1raUvK
行動面に問題あるならいってもいいが・・・
そういう容姿のことをいうのはいかがなものかと・・・


153 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 15:53:04 ID:n6QXb3pd
>>150 だけなら、そんなこともあるのかなとその気になりかけたが、
>>151を読んで異常なのはこいつのほうとわかったw

いつも余計なことして墓穴を掘るチョン工作員であったw

154 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:02:35 ID:gqGd/VO4
>>134
うちのが豆柴だ。「豆柴という犬種はない」って話は
よく聞くな。ま、タダでもらったしカワイイからなんでもいいけどw


155 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:03:43 ID:GrRhwmzj
日本人は差別されても、あんまり気にしない。というか気がつかない。
だって、日本人を差別できるような人種なんて無いという絶大な自信を
ごく自然に持ってるから。

156 :市民波譲憲牧師 ◇/fJZhARv :2007/05/27(日) 16:10:18 ID:Tc1raUvK
>>155
もともと差別心てものがあんまりないからじゃない?
だから「外国人も自分たちと同じであまり差別心なんかもってるはずがない」という
勘違いを起こす。


157 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:11:41 ID:/rSeXwb2
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/world/1142358286/443

158 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:14:41 ID:ItytJ0fG
>>155
猿の惑星は日本人を皮肉るための作品だったのに、日本人が気がつかずに大喜びしてみてしまった。
原作者は意図が外れて悔しがったw


159 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:27:08 ID:+x4mYhwH
>>158
原作者としては、極東の猿への政治風刺も効かせて得意満面だったんだろうけど、
日本人には単なる娯楽作品にしか見えなかったし、映画の評価も好評だったんだろ?

原作者の意図はともかく、日本人自身ががおもしろいって言ってるんだから、別に問題無いと思うw

160 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:32:03 ID:chLh5hMI
オレに言わせりゃ、白人のほうが下品で野蛮な猿だね!

161 :市民波譲憲牧師 ◇/fJZhARv :2007/05/27(日) 16:32:11 ID:Tc1raUvK
これがかの国を皮肉った映画を作ろうもんなら・・・

日本人とは反応が違うだろうなww

162 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 16:44:25 ID:ifDB497B
>>158
マソリソマンンリはライブの仕事で聴衆を挑発するために仕事で国旗を燃やしたりするんだが、日本人は普通にYEEEEEEEEEEH

マンソンは意図が外れて呆然

163 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 17:00:24 ID:u1WaC5+m
日本人は基本「日本人とそれ以外」にわけるから
差別って物がどういう物なのかよく分からないんじゃないかな。

まぁ最近は「日本人と特亜人とそれ以外」の3種に分けるけど。

164 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 17:08:44 ID:cEKDX3jm
> 差別って物がどういう物なのかよく分からないんじゃないかな。

そんな頭の悪い奴見たことねーよ。


165 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 17:10:51 ID:eNCj4dYB
>>164
いや、多分それが正解。
人種差別は日本の部落差別とも違うもんだから、日本に無いものは分からない。

166 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 17:11:17 ID:ItytJ0fG
>>164
理屈で理解するのと本当に実感するのでは違うから。
例えば海外では持物に気をつけないとダメって知識があっても、実際にバッグを盗まれたりする。
盗まれてはじめて実感できるんだよな。


167 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 17:13:39 ID:u1WaC5+m
>>164
たぶん俺もおまえも本当は分かってないと思うぞ。

有名な黒人ジャズピアニストが日本人ファンに一緒に写真取ってくれっていわれて
「俺は黒人だぞ?一緒に映って良いのか?」って本気で聞き返された話とか
その発言に至るまでの黒人がどういう仕打ちを受けてきたかとか、どう扱われてるのかとか
おれにはわからん。

168 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 17:59:54 ID:tANwom3i
>>167
有名なジャズピアニストがそんなことを聞く意味が
当時の日本人には分からなかっただろうね
今でもピンとこない

169 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:01:55 ID:R07Eisx5
うん、正直、私もわからない。

まだ経験ないけど、もし私自身が面と向かって
人種差別された暁には、
ぽかーんと止まって、「……パードン?」と
途方に暮れること請け合い。

170 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:22:46 ID:iCdX86k4
滑稽なのは、日本へ旅行に行きたいのだけどと相談する外人が
よく心配してるのが差別ということ。
これから海外へ旅行しようとする日本人で、差別を心配する人間などいない。
これは取りも直さず日本人が差別感情と無縁で生きてることの証拠なんだな。
外人の多くは自分が差別したりされたりの生活してるから、
未知の日本へ行くときにも、まずそれが心配になるのだろう。

171 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:31:36 ID:w7jogpZp
>>170
>これから海外へ旅行しようとする日本人で、差別を心配する人間などいない。
>これは取りも直さず日本人が差別感情と無縁で生きてることの証拠なんだな。

そうかあ?bsで海外安全情報とかいう番組やってるけどな

>外人の多くは自分が差別したりされたりの生活してるから、
この考え方が差別なんじゃないの?


172 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:45:32 ID:deZ2Qioa
>>171
いらいらするな。もしかして頭悪い?

日本の生活で人種差別が実体験としてないと言ってるのだろ。
TVでみたからそれがどうしたというのだ。

>>外人の多くは自分が差別したりされたりの生活してるから、
>この考え方が差別なんじゃないの?

なにをいってるのかわからない。

173 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:47:07 ID:deZ2Qioa
ID変わってしまった。

174 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:52:27 ID:fFKibxOu
 あ い て に す る な

175 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:53:16 ID:+CJclvOw
>>170

うーん、むしろ逆なのでは。海外では日本はracismの国という評判が結構あるから、
質問したんじゃないのかな?
アメリカとかだと公の場で人種差別的な言動を使用したら大問題だけど、日本では
それほどじゃないことを不思議に思う外人もいるだろうし。自分たちの基準を絶対だと
思っている人にとっては日本というのはとんでもない国に見えるかもしれん。

176 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 18:58:32 ID:R07Eisx5
>>175
いや、だからね、>>170を書いた人は、
日本には本当の意味での差別がほぼない、日本人は
差別というものを意識して生きてないから、
差別が本当にあって、意識して生きている海外では
槍玉に挙げられるような発言にも無頓着だったりするところがあると。

でも外国では、差別は「意識して理性で正すべきこと」という認識、
つまり日常生活に入り込んでいるから、発言にも敏感だし、日本人も
差別意識が強いんではないかと思い込む。という内容の話をしてるんだよ?

177 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:11:08 ID:lM7xJglB
>>175
>
> アメリカとかだと公の場で人種差別的な言動を使用したら大問題だけど、

公の場で問題になる、ということは裏返せば一般的な個人の生活の中では
茶飯事ということだよ。
アメリカでは差別なんて日常のこと。
今の日本の勝ち組だの負け組だのいうようなレベルなんて問題にならない
ほどの階層社会なんだから。

178 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:16:49 ID:+CJclvOw
>>176
170を書いた人は確かにそうかもね。でも日本人に差別意識がない、という前提自体
ほかの国の人にとっては人種差別的に感じるということだってあるんだよ。日本に住
んでる非日本人でそう感じる人は結構いるよ。
そして、実際日本人が人種差別的だというのは、あなたが思っている以上に海外では
流布しているし、そういうことをかんがえると170の人のような反応は、そういうことを
知らずに反対に解釈してしまうという滑稽さを感じるよ。


179 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:21:14 ID:R07Eisx5
>>178

>>170で書かれてる「人種差別」と、
>>178で想像されてる「人種差別」は、
根本的に空恐ろしいほどレベルが違う話なんだけど

そのへんのニュアンスが全然伝わってないと思うな。
文字だけのやり取りだから難しいのはしょうがないけど。



180 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:21:54 ID:uZylsXis
>海外では日本はracismの国という評判が結構あるから

具体的な国名とどういったracismなのか詳しく!

181 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:24:15 ID:+CJclvOw
>>180
お金ためて、言葉勉強して、いろいろなところに行ってみたら?自分で。

182 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:25:04 ID:At1krb/L
国民性とか民族性の違いほど理解しがたいものはないからな

183 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:26:00 ID:u1WaC5+m
>>178
たぶんそれはピーター・フランクルが最初に思った事と同じなんだろうな。
いままで差別されてきて、日本に来てまたかと思ったって。

でもそれはユダヤ人だからなんじゃなくて、西洋人だからだって気がついた。
この国は西洋人が珍しいだけなんだ。日本人じゃないからなんだ。
この国に差別はないんだってうれしくなったって。

旅行者なら最初の印象の誤解のまま帰国する人が多いって事なんだろう。

文章が下手でスマン。

184 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:34:22 ID:uZylsXis
>>181
いやいやそう言わずに教えてください

185 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:41:49 ID:jqm50SlK
>>183
そのエピソードを知ったとき思ったな
大抵の日本人は、ユダヤ人とそれ以外の西洋人の見分けはつかないと

186 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:42:15 ID:b5VUjMWf
>>181
ああ、俺も簡単に外国旅行できるほどの身分ではないので
日本が差別の国だと広く認識されているという根拠を
海外経験が豊富そうな、あなたに教えて頂きたいです

187 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:44:27 ID:u1WaC5+m
>>185
でも見分けが付いたところでどうだ?って話なんだがな。


188 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:44:37 ID:YTpiDy5A
日本人がやってるのは差別でなく区別、というと詭弁なのかなー。
日本人とそれ以外、という。

189 :市民波譲憲牧師 ◇/fJZhARv :2007/05/27(日) 19:50:23 ID:Tc1raUvK
ぜんぜん詭弁じゃない、区別ということで当たり前のことなんだが
それを差別とほざく外国人がいるのには困ったもんだ・・・
早く出て行ってほしい。

190 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 19:55:34 ID:uZylsXis
+CJclvOwの言う日本の評判に何の疑問も感じていない
R07Eisx5
lM7xJglB
でもいいので是非教えてくださいm(__)m

191 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 20:03:55 ID:R07Eisx5
>>190
なんで私?

192 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 20:07:24 ID:0Vgawd9t
1936年、黒人運動の指導者デュボイスは、満洲に1週間、中国に10日間、
日本に2週間滞在して、「ピッツバーグ・クリア」紙に「忘れがたい経験」
と題したコラムを連載した。

デュボイスが東京の帝国ホテルで勘定を払っている時に、「いかにも典型的
なアメリカ白人女性」が、さも当然であるかのように、彼の前に割り込んだ。
ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を
続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、
それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。
フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、
新しい世界の幕開けを予感させた。

「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は
心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人の
アメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命
を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。


193 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 20:16:27 ID:0Vgawd9t
レジナルド・カーニー博士(黒人史専攻)は次のように我々日本人に呼び
かけている。

歴史上、日本人が持ち得たもっとも親しい友人、それがアメリカ黒人だった。
・・・この本を読んでいただければ、日本の政治家や知識人たちが黒人を
差別する発言を繰り返したときに、なぜ黒人があれほどまでに怒り悲しんだかを、
心から理解してもらえるはずである。

かつて、黒人から同じ有色人種として敬われていた日本人。そんな日本人が、
今ふたたび、その尊厳と親愛の念を取り戻せることを、私は心から祈って止まない。
おごりのない、謙虚な日本人−それが私の願いである。
(中曽根や渡辺美智雄の発言のことか?)


194 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 20:18:50 ID:0Vgawd9t
これが事実。
アメリカの黒人が日本人に対して特別な感情(尊敬や敬愛)を抱いていた
とは意外だったな。


195 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:09:44 ID:dh489RRq
>>187
だからだよ。
西洋人の中からユダヤ人の弁別ができるほど、興味or知識がない。
→ユダヤ人差別がない。

フランクル氏も欧米人の固定観念でもって日本人を見てたんだな。

196 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:11:39 ID:266i5v05
日本人から見ると白人だろうが黒人だろうが黄色人種だろうが
「日本人じゃない人」という区別でしかないのに、
俺たち有色人種〜!みたいに仲間意識持たれるのも変な感じ。
もしかしてこういうのがレイシズムって奴か?

197 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:14:49 ID:mviFXSla
>>192-193
その内容よく見るんだが、

>アメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命
>を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。

先に並んでくれた人を優先するのは、こちらにとっては結構当たり前の事なんだよなあ…。
だからそこまで感動されるとちょっと申し訳ない気持ちになる。

198 :日出づる処の名無し :2007/05/27(日) 21:19:45 ID:qtu/F04H
>>197
申し訳無いと思う必要ねーべよ。
先に並んだ人かどうかのLvなのにそれを人種差別問題Lvで捉えてる。
日本のルールを尊重してない、もしくは理解してないってことだぜ。

199 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:30:23 ID:62n/Z3C/
ネット上で見た情報のオンパレードだな。
誰か経験談を語る奴おらんのかね。

200 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:32:03 ID:QoZrjA1W
1936年の話だからな
今の感覚で判断するのはどうかね

201 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:34:09 ID:wLflwjnv
>>181
結構色んなところに行ってみたけど(仕事でも旅行でも)、日本がracismの国と言われたことはない。
あなたが行ってみた国と実際どういう言われ方したのか興味あるなあ。

202 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:39:24 ID:vvMWAM15
>>199
でもほとんどそのとおりジャン。
アメリカは「人種差別は許しません」って国で差別主義者扱いされると人生の破滅。
裁判で全財産とられかねないし、その後の人生にも大きく影響する。
だから、差別主義者と取られないよう、常に注意してなければならないんだよ。
一番手っ取り早いのは、「差別を叩く」事。
差別的なものをひたすら叩くことで「だから私は差別主義者じゃありませんよ」とやるのが一番いい。

で、そのとき叩きやすいのが、差別がひどい国というイメージのある日本や日本人なんでしょ。
だから、そういう発言をやめさせるためには、こうした発言が「差別的だ」ということをもっとアピールしないと駄目なんだよ。
そうでないと彼らは気づかないし、気づいてもやめない。
「差別がひどい国」というイメージがあるのに、これを擁護するなんてのはかなりの日本通じゃないと無理。一般人には無理。

203 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:41:18 ID:VylIAs/m
最近人権サヨクが「竹中はユダヤの手先」とか言ってて笑える。

ピーターフランクルさん。日本のユダヤ人差別は左側から来てますよw

204 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:42:16 ID:7PynrCVA
日本が人種差別の酷い国だと思われる理由の一つとして
「レイプオブ南京」の著書があるのではないかと思う。

自分らより酷い差別があるなら、どれほど酷いんだろう?と考えたのかもね。

205 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:46:51 ID:YRFkO/O9
日本が人種差別のきつい国なんて意見が無いとは言わないけど少数だろ。
最近の旅行者のアンケートだって、好感度だって日本人が一位だったじゃん。
差別がひどい国、なんて意見が多数派ならそんな結果にはならないと思うが。

206 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:50:39 ID:T3ylN8df
日本だと白人の一部は差別されたと思いこむかもね。連中の無自覚な傲慢さが
通用しない場面も多いだろうし、それを勘違いする恐れはある。

つまり自分が黄色人種に差別意識を持っているからそういう風に振る舞っている
のに、それを咎められるとと差別された!と思いこむ。

あれ?これは韓国人にも当てはまる気がするな。

207 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:51:30 ID:sNq1z38I
>>204
「レイプオブ南京」が仮に事実だとしてもそれは虐殺があったということで、
差別とは違うのだが。

208 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 21:53:42 ID:pBUFW04j
白チョソは尊大だからどこへいっても忌み嫌われます。

209 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 22:19:13 ID:260OoAGg
スウェーデンでも?

と、マジレス。

210 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 22:31:49 ID:lM7xJglB
>>207
> >>204
> 「レイプオブ南京」が仮に事実だとしてもそれは虐殺があったということで、
> 差別とは違うのだが。

おまえはアホか。ていうよりアホだな。

211 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 22:40:47 ID:0JKFOQ0W
なぜ国際社会ひいては国連などで、
日本が人種差別、女性差別の国であるという評価がたびたび出されるのか?

それは日本国内において「差別ニダ!」と差別でも何でも無い事を差別と声高に叫ぶ
下劣な種類の団体がいるから。

そして、国際的には反日プロパガンダを展開しているアルとニダが
国連やアメリカで日本が差別の激しい国だという根も葉もないロビー活動をしているから。

QED.

212 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 22:57:39 ID:vvMWAM15
>>205
これは俺の印象だからさ、あまり気にしないでほしいんだけど、
日本の文化的なところや、工業製品なんかって、日本人でもおいおいって言いたくなるほど、すっごく高く評価されてるし好かれてる。
政治問題や差別問題なんかだと、すっごい叩かれる。噂話レベルでも事実扱いだったり捏造したり。

213 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 22:58:49 ID:7RtJ33fI
日本の社会で言う差別するな=優遇・特別扱いしろ
だから海外のそれとは全然違う。

214 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:03:16 ID:vvMWAM15
>>211
前に北朝鮮?だっけ?なんか発覚して日本から非難の声が上がったとき、
「そんなことより、これをきっかけに日本にいる朝鮮人が差別に合わないか心配」とか言ってたよね。
ああいう発言も、差別のひどい国っていう評判があるから効果を発揮するんだよね。

あのとき「日本人はこれまでのことに関して大変怒っているが、これまでの差別されること無く過ごせた事
を考えてもそんな心配は無用」くらいのことを言ってほしかったんだけどね。
それだけでも、「そんな事でいちいち差別するような国ではない」という印象を与えられたと思うんだよね。

215 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:12:21 ID:260OoAGg
日本人の場合、内輪の仲間(家族や友人や同僚等)とそれ以外という感覚が強いから、
内輪の仲間でない人には、それが日本人だろうが外国人だろうが、
非礼が無い様に気を遣いながら、うわべだけで接する傾向があると思う。
たとえ差別の気持ちがあったとしても、その本音を隠して愛想笑いをしてしまうだろう。
(外国人が内輪の仲間になった場合はもうちょっと状況は複雑か?)

何となく、海外の人種差別と、日本国内の人種差別は種類が違う気がする。

216 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:20:50 ID:CYAvTIGf
>なんか発覚して日本から非難の声が上がったとき、

これが北朝鮮による日本人拉致のことだとしたら、朝鮮人が「そんなこと」と言ったことには
怒るべきだろ、日本人は。それは差別なんかじゃなく、もっと根本的なものだ。
実際、在日朝鮮人が拉致を手助けしていたらしいと調べはついてるんだし。
日本人が拉致されたり、殺されたりしたのを、「そんなこと」と言えるおまえが恐いよ。>>214

217 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:26:31 ID:0JKFOQ0W
>>216
「そんなこと」と言ったのは北朝鮮であって、>>214ではないのだが?

@、厨房
A、ゆとり世代
B、チョン

君は一体?

218 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:35:40 ID:gqGd/VO4
>>217
横レスだが>>216>>214のこの部分の「そんな事」のことを
言ってるんじゃないのか?

>「そんな事でいちいち差別するような国ではない」
>という印象を与えられたと思うんだよね。

219 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:53:59 ID:CYAvTIGf
そう。大体、「これをきっかけに」「差別に合わないか心配」ってことは
今までは差別なんてなかった、てことだろうに。
それでなんで差別のひどい国ってことになるんだか。

しかも>>214にとって、北朝鮮の行為は「なんか」なんて不確かな記憶になってるらしいし。
曖昧な知識でいい人ぶって「そんな事でいちいち〜」なんて言うような人は恐い。

220 :日出づる処の名無し:2007/05/27(日) 23:59:14 ID:0JKFOQ0W
>「そんなことより、これをきっかけに日本にいる朝鮮人が差別に合わないか心配」
=日本人拉致なんて事よりも、在日が差別される方が心配だ。

そんな事とは何事だ!⇒これなら理解できるし意味も通る。

>「そんな事でいちいち差別するような国ではない」
=日本人拉致が起きたからって在日を差別するような日本じゃない。

そんな事とは何事だ!⇒意味が解らん。なんで噛み付いてるの?

>>216とか、>>218にとっては、
「そんな事」=無条件の侮辱語とでも定義されているの?
それとも文脈を理解する能力がないの?

もう一度聞くけど、
@、厨房
A、ゆとり世代
B、チョン

君達は一体?w

221 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:01:38 ID:y/HbUQdI
>>197
> 先に並んでくれた人を優先するのは、こちらにとっては結構当たり前の事なんだよなあ…。

というか明らかに勘違い。勝手に同志にされてもだな。
そのホテルマン個人に「白人上客」の志向があったとしても、
「並び順>>(越えられない壁)>>お得意・人種・性別・民族」であり、
それはホテルマンの職業倫理として、世界の何処でもそうあるべきこと。
米国で後に並んだ白人を優先してたとしたら、そのホテルマンがダメってこと。

寧ろ、日本の動かない鮨屋なんかではお得意優先があるのじゃないかな?
俺は動く方しか行った事がないので知らんが。ちなみに、よく行く
動く鮨屋はレジ係が東南アジア系女子。

思い出したが、この間、ラーメン屋で、注文聞きの店員(中国系女子)が
同国人の客を優先しやがった・・・日本人は国内で差別されている・・・

222 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:02:11 ID:RkbGJ220
先週、品川駅に行ってきたんだが、駅から出ようとしたら次から
次へと外人と出会った。
駅のそばのマクドナルドだったかスターバックスのテラスに外人が
たくさんいて、飲み物を飲んで、だべりながらまったりしていた。
彼らが人種差別でストレスを感じているようにはまったく見えなかった。

http://www31.ocn.ne.jp/~mmf/published/survey/1/survey1.html
http://www31.ocn.ne.jp/~mmf/published/survey/1/80to04changeminato.jpg

223 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:03:17 ID:X1PqMY9D
厨房、ゆとり世代、チョンとか言う単語使うの止めたほうがいいよ下品だし

224 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:06:43 ID:OF1mEXLn
>>221
正確には並び順じゃなくって先着順な。
割り込みも許さないんだから。

225 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:08:10 ID:K60qV/2O
>>220
摩り替えるなよ。お前が主語が誰だか理解もできない
馬鹿だから指摘してやったまでだよw
他人をゆとりとか厨房とか馬鹿にしておいて自分が読解力
皆無だもんな。カッコ悪くて恥ずかしいだろうけど
それ以上見苦しい醜態晒すなよw

>>217
>「そんなこと」と言ったのは北朝鮮であって、>>214ではないのだが?

226 :215:2007/05/28(月) 00:08:29 ID:UetXGY7K
頑張って書いたのに無視されちゃった…

227 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:12:19 ID:3mC9gkM4
>>162
マドンナの「コレで終わっちゃっていいの?」ってMCにも「イエー!」で答えてしまうのも日本人

228 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:18:08 ID:QkM/2Zc3
>>225
ファビョっても事実は変わらんよw

最初の「そんな事」は北朝鮮の言った事。
最後の「そんな事」は>>214の主張(かもしくは国際社会からそういう論が出てほしかったという事)

言葉の主体が違うのは認めるがね。
最後の「そんな事」に対して、ファビョる理由が解らないと言っているのだよ。
過剰反応する君たちの脳内が理解できないという事だよ。

アノ程度の文脈が理解できずに突撃する醜態を晒すから、
バカにされるのだよ。

229 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:19:09 ID:OF1mEXLn
もう書き込みの解釈論とかどうでもいいから。

230 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:27:37 ID:Kj+1AruE
ところで、ゆとり世代って平成生まれ前後からだと思っていたので、厨房とゆとり世代は
被ってる気がするのだけど…。

231 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:28:27 ID:o6/n37mo
えー面白いのにw
こういうのも2chの醍醐味でしょう。

232 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:33:45 ID:o6/n37mo
>>230
ゆとり教育って実際は今の40代くらいの人たちから段階的に実施されているんだよ。
だからゆとり世代っていうと物凄く幅広い。
でも世間的には、問題が表面化してきた20代後半以下くらい?
を指すのが一般的かな?

ちなみに、厨房の場合は年齢は関係ないと思う。何歳でも厨房は厨房。
特に、本当の年齢も厨房だった場合は「リア厨」と言ったりするしね。

233 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:36:43 ID:3mC9gkM4
>232
違うね
受験戦争と言われた世代や第二次ベビーブーマーはゆとり教育なんかじゃない

234 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:37:30 ID:7iUcYYMp
>171 海外旅行の安全情報は、泥棒などの犯罪・マラリアなどの病疫、
それから紛争なんかに対する対策と情報
差別に対する安全情報なんか、地球の歩き方にものってねーぞ

235 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:40:52 ID:o6/n37mo
>>233
いや、違うねといわれてもw
うろ覚えだからソース出せんけど多分間違ってないと思うよ。

実際、今の人たちのモラルの欠如とか学力の低下なんかは
ゆとり教育のせいというより、親のしつけの問題とか、教師の権威の失墜とか、
サヨク教育の弊害の部分が大きいと思う。
正確には、ゆとり世代ではなく、学級崩壊世代というべきかもしれん。

236 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:48:42 ID:o6/n37mo
結局の所、ゆとり教育って通称で、はっきりこの年から
ゆとり教育って文科省とかが定義つけてるわけじゃないんだよね。

wikiで悪いけど、一応こう書いてある。
「ゆとり教育(-きょういく)とは、学習者が詰め込みによる焦燥感を
感じないよう、自身の多様な能力を伸張させることを目指す教育理念のことである。
ただし、正式な用語ではない。
日本ではこの理念にそって、1977年(昭和52年)、1989年(平成元年)、
1999年(平成11年)に、文部科学省は学習指導要領を改訂し、
授業時数の削減、学習内容の簡易化、総合科目の新設などを行った。」

これに従って厳密に言うと、1977年以降の教育を受けた人間は
全員ゆとり世代と言えなくもないわけで。

237 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:51:37 ID:erMDVCG/
俺は団塊Jr.よりちょっと上の所謂バブル世代だが、
5年下の世代とは受けた教育の量(教科書の内容)が全然違う。
逆に5年上の世代から見ると俺らの教育はやっぱり少ない。
教育と教養は違うとはいえ、絶対的な量の差はある。

238 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 00:52:00 ID:X1PqMY9D
>>234
ネオナチが事件を起こしたとか人種問題で起きた暴動とかは
狙われる可能性があるので行く人は気をつけてねってのはあるよ

239 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 01:17:49 ID:GDM0aWUw
>>206
日本の地理的閉鎖性に起因した社会性質以外の日本人の差別の実態は、
この白人の非優遇不慣れによる反感と特アの反日プロパガンダの両方だと思うよ。
白人は差別行動はしなくても、人種的な優越感は異常に強いからね。


240 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 02:31:48 ID:HOateaBy
つか、むしろ問題は逆だと思う。

いままで、
本当は歪みがあるのに、「正しい言論」が包み隠しちゃってて、
それが見えないところで、どんどん、亀裂を大きく育ててた。

んで、いよいよ、噴き出してきてる。

異人種、異民族を差別して何が悪い?
なんで連中に配慮して、俺たちが我慢しなきゃいけないんだ。
迷惑してるのは、俺たちのほうだ。

いや、礼儀正しい旅行者なら、歓迎するけどね、もちろん。
俺たちが本当は、なにを言いたいのか、分かるだろ?
差別がしたいわけじゃなくて、とにかく、
あたりまえに、当然のことを言ってるだけだ。

・・・みたいな感じ。

ケガれたヒトラーが悪魔になって、
善良なヨーロッパは、また回帰するわけだ。

241 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 02:41:03 ID:HOateaBy
日本でも、国籍問題をウヤムヤにしたがってる連中が、
なにやらコソコソと仕掛けたりしてるようだけど、

大日本帝国時代あたりから縁がある連中は別として、
新たに日本に移住したがってる移民に関しては、
基本的に、受け入れるべきじゃないと俺は、思ってる。

差別主義者と呼ぶなら、呼んでもいい。
その代わり、排斥運動が始まったら、逆に回るよ。

祖国を逃げ出して日本に来たがってる連中を追い返すには、
先制手段として、そういう連中の祖国を発展させちまうのが一番だ。
混乱は、ゴメンだよ。

242 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 03:13:31 ID:QCoAnbEp
いやあ、大日本帝国時代あたりからの腐れ縁も別としませんよ

243 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 03:46:46 ID:HOateaBy
手をつけたことは、投げ出しちゃいけない。
「俺たちの世代には関係ない」かもしれんけど、それはダメよ。

都合の悪いことをレジ袋に押し込んで、
ゴミ箱に放り込んでたら、歴史が残らない。
次の世代に申し訳がたたない。

手をつけたことには、責任があるんだわ。

244 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 04:40:03 ID:QCoAnbEp
そ、後世のためにこそバッサリと腐れ縁を絶とう。
それが唯一の正解だよ。例外なんてありえん。

245 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 05:24:11 ID:mH/ipPec
>>241
裕福になったら日本の一等地を買い占めるだけだよ
やつらは日本というブランドを食い物にしたいんだから

246 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 05:40:34 ID:+ShLdXxs
バブルやバブル崩壊で江戸っ子は追い出されたからな。
でもっと前は進駐軍や戦後のどさくさな。
三井家が解体され、日本橋のっとられ、今や半分外資になっとる。


247 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 05:41:50 ID:HOateaBy
欲が無いな。

せっかく抱えこんだんだから、
手放すって法は無いだろ。

ただ、抱え込んだ以上に持たされちゃうと、
抱えきれなくなっちゃうから困るってだけで。

248 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 06:30:43 ID:A0ujA0rW
新・どうなることやらスウェーデン留学記
http://blog.alc.co.jp/blog/3301235/43164
「こういうナイトクラブは移民が経営している例が多いのだけど、
なぜか黒人を排除するのよ。それで、ある法学部生が実験したことがある。
彼が行くと『ここは/本日は会員制です』って言われるの。
それもすごーく丁寧に。ここはレイシストの国よ。」

249 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 06:35:20 ID:A0ujA0rW
http://reekan-j.hp.infoseek.co.jp/swetoho7b.html
私は這いずりながら従業員室へ逃げ、女の子は
『黄色ヤロ―、馬鹿中国人!』と私のお尻を蹴り続けます。
ボコボコにされた私はなんとか従業員室まで戻って来れました。
外では『戻って来い、卑怯な馬鹿中国人!』という笑い声が響きます
(中略)
この話をスウェ―デン人にすると、『信じられない、、。』とショックを受ける人間もいるけど、
『あんたがどんなブザマな姿で逃げたか想像するとウケる!』と大笑いする人間もいるのも事実。
そんなに面白いですか、中国人(日本人)がスウェ―デン人中学生に虐待される姿って、、、?
スウェ―デン人が笑いながら私に言い放った言葉が益々私の怒りを激しくさせた。
『あなたがボスニア難民だったら、こんな被害にあわなかったのにね。
白人だからパッと見ただけじゃ、スウェ―デン人かどうか区別できないもん!』

250 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 06:38:19 ID:HOateaBy
彼らが、神経質なくらい人種差別を警戒する理由だよ。
だからこそ、警戒するわけだわ。

251 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 06:42:02 ID:A0ujA0rW
http://reekan-j.hp.infoseek.co.jp/swetoho12.html
スウェ―デン人の友人がある雑誌の記事を持ってきて私に噛み付いてきたの。
そこには、六本木で売春するスウェ―デン人女性のインタビュ―が載っていてね、
“1ヶ月で1年分の稼ぎが入るからやめないけれど、こんなに自分が安っぽく扱われた事はない。”って
その女性が証言しているのに激怒してるんだ、その私の友人は。
『どうして日本人は売春を容認するの!?
そのスウェ―デン人を安っぽく扱うことに日本人として恥って観念を覚えないの!?』ってね。
“売春は法律で禁止されてるよ、日本でも。たとえばそれがフィリピン人の売春婦だったら、
ブロ―カ―に騙されたってケ―スが考えられるから同情するけどさ、
そのスウェ―デン人は稼ぎがいいから 安っぽく扱われるのを承知で自ら売春してるわけじゃん。
なんで日本人として恥を覚えなきゃならんのよ?”
周りにいた他のスウェ―デン人も中に入ってきて一斉に私を非難しはじめたじょ。
『日本人は人種差別主義だ、スウェ―デン人を安っぽく扱って平気でいる!』
『日本の男は最低のクズ野郎だ!』

252 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 06:45:17 ID:HOateaBy
それって人種差別じゃないの?
なんでドイツ人には文句を言わないの?

って逆に聞き返したら、
納得してくれたって話だろ。

既出だけど、まあ、
知らん人は読んどいたほうがいいかもね。

253 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 07:07:41 ID:A0ujA0rW
「日本名を使ったら仕事見つかんないよ。」
http://reekan-j.hp.infoseek.co.jp/swetoho5.html
職安に行って係のおじさんと喋る機会があったんだけど、まずわたしの顔と経歴書を見て
「あ、スウェ―デン人と結婚しているんだ。よかったな。
日本の名前で履歴書を出しても、紙ヒコ ―キにして遊ばれるか、ごみ箱にポイだよ。」と言ったの!

日本人で悪いか!?
http://reekan-j.hp.infoseek.co.jp/swetoho7.html
大親友の黒人の友人達と街を歩けば、通りすがりのスウェ―デン人が
振り向きざまに意地悪な事を言ったり、ツバを吐き捨てるなんてこと、よくあります。

誤解される日本人
http://reekan-j.hp.infoseek.co.jp/swetoho2.html
ひとりで歩いていると、おじさんたちが
「どこの国の人?一晩いくら取る?俺と一緒に来ないか?」としつこく付きまとわれた
(中略)
アジア人女性だったら、誰でも一度はこんな体験があるんじゃないかな。
この国では、アジア女=売春婦という固定観念が定着している

254 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 07:10:25 ID:HOateaBy
あ、ロンドン、パリ、ストックホルムだったか。
俺の記憶違い。

ドイツ、ごめん。

255 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 07:34:18 ID:A0ujA0rW
白人主義
http://www.canadaguidance.com/myexperience.htm#%94%92%90l%8E%E5%8B%60
私はオーストラリアで差別された事を忘れてはいません。
小学校の通学バスに乗っていた時も普通に座っていたら
よその学校の子から唾を後ろから 首にはかれました。
(中略)
怒ってもまわりはみんなオーストラリア人だし、
まあ見知らぬアジア人に味方になってくれる人は少ないでしょう。
ある時はスパゲッティサンドウィッチが飛んできて
私の学校のスポーツの制服が台無しに なってしまいました。

256 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 08:25:14 ID:F8KE2/Ob
いい加減スレ違いだバカ

257 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 08:38:47 ID:228DBrds
スウェーデンのは古ーいネタだな。
たった一つしかないからといって何年大事に保存してるんだよw
一生の宝物かよ

258 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 12:25:38 ID:rgCM1/Pt
語り継ぐという行為は大事と思うが

259 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 12:44:34 ID:MdCBiTal
( *  )´∀`) おれの臀部を吸えー臀部

260 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 12:55:25 ID:wmQOIzQ0
その、差別されたと言ってる奴の顔を見るまでは、いかんともしがたいな・・・。
ブスは日本でも普通にイジメにあうし。


261 : :2007/05/28(月) 13:35:40 ID:f7VD6Zkr
スレタイ無視かよ

262 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 19:29:59 ID:pmE8gY9I
【米韓】韓人教師の努力実る・・・171の学校で”ヨーコの話”撤去決定。「ごみ処理で積まれた本を見て万感の思い」★2[05/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180267628/

このたび、アメリカ韓国学校の韓国人教師ホ・ソンシさんの努力により韓国人を加害者、
日本人を被害者として描いた”ヨーコの話”が、メリーランド州ジョージカウンティー内の171
小中学校から撤去されることが決定した。

263 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 19:37:13 ID:w7YLrXpF
まあ、いつものことだし。

都合の悪いことは無かったことにして、
むしろ、都合の良い過去を増やしちゃったりもする、
とかやってると、長期的には損になる。

真似したいとは思わんな。

264 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 19:46:10 ID:pq7WbEdJ
「書物が焼かれるならば、ついには人間が焼かれることになる。」

まじであいつらなんとかしろや。


265 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 19:56:33 ID:qFtMzsXV
あの国みたいに捏造と洗脳教育を繰り返すと
次の世代が腐るね。現に嫌われ始めてるみたいだし
教育は百年の計、か・・・・

266 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 20:28:41 ID:jKhMq2qG
>265
日本も日狂組をなんとかせねばな。

267 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 20:37:00 ID:YlfAteuy
何も関係無い所ででぶつぶつ言うのが趣味なのか?

268 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 21:01:36 ID:OF0jBX7H
都合の悪いことは隠す、隠蔽する、捏造する、日本から盗む、そのくりかえし。
韓国人て建国以来、結局それしかしていないのでは?
そろそろ間違いを正して自分で何かすべきでは。
はやくしないと何もしないまま国が終わるよ。

269 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 21:34:43 ID:AtxSEyiG
>>248-255
こういうのを「誤解」と取るのも日本人的なのかもね。
誤解されてるから差別されてるんじゃないんだよね。
正しく理解していようと、同じ人間と思ってないんだから同じに扱ったりなんてないんだけどね。

270 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 21:57:28 ID:SVOmXSiV
スウェーデン在留の日本人て結構いるんだよ。旅行者は多い。
ほんとに差別されてるなら、こういった体験談の十や二十は数年でネットに出てくるよ。
ところが自分の知る限り、過去十年でもこれ一つしかない。

自分は旅行でちょっと立ち寄っただけだけど、スウェーデンて意外と親日的な国だ。
それに北欧の人って全般にもっと控えめでシャイだよ。
殺されそうになるまで追いかけてくるなど、とても想像できない。

271 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 22:48:50 ID:GQDAQhWO
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8C%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD#.E5.8F.97.E8.B3.9E.E4.BD.9C.E5.93.81
カンヌ映画祭だけど。
地獄門、影武者、楢山節考、うなぎ。
日本映画はけっこうパルムドール貰ってるんだね。

韓国ってパルムドールもらおうと必死な感じだなw

272 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 23:00:12 ID:B9Xwue9c
スウェーデン食わぬは男の恥

273 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 23:42:23 ID:M8Zc2d0l
>>272
【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'>>272


274 :日出づる処の名無し:2007/05/28(月) 23:52:18 ID:QkgTOCNz
>>272はシュールストレミング一缶完食の刑に処す

275 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 01:22:33 ID:NSwk8EgW
スウェーデンで子供に追い掛け回されたって話は、
たぶん、着ぐるみのせいだろ。

潜在的な差別意識が、まったく無いとは言えないだろうけど、
なんつーか、馬鹿にされる道化みたいな、そういう解釈に入っちゃったんだろ。
状況に対する解釈と言うか、お約束の展開、みたいな。

中身がどうこうより、外見で対応しちゃってる感じ。
・・・分かるかな。

276 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 01:47:38 ID:xJQat9Y5
>270 >275
いやそうじゃなくて、この「きぐるみ事件」の本質は暴行されたという事実よりも、
それを聞いたスウェーデン人の反応が「ボコボコにされる黄色ワロスwwwww」だって所。
とどめに「白人だったら良かったのにね(黄色だから悪いんだよ)www」って言われているのが、
いかに白人社会の差別が根深いかを良く表していると思う。
(コレを言っている白人に悪気は無い。単に「事実を指摘しているだけ」と考えている)

277 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:00:26 ID:NSwk8EgW
むう。

言いたいことは分かるんだけど、
子供が蹴ったり殴ったりしたのは、
必ずしも、人種差別とは違う。

日本人のコメディアンというか、なんつーの?
話芸をやってる女性が言ってたんだけど、
日本で講演したときに、階段だかでコケたら、
近くにいた客が、笑ったんだと。

信じられない、と。
アメリカだったら、みんな心配して手を貸してくれる、と。
なんで日本人って、コメディアンだからって芸以外でもこんななの?
みたいな。

分かるかな。
状況に、反応してるんだよ。

278 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:03:22 ID:NSwk8EgW
それと、あとで話をしたら笑われたってのも、
そりゃ単に、本人が感じてる深刻な気持ちを、
理解できなかったってだけでしょう。

それは、人種差別とは言えない。
とんでもない目にあったことを、
一緒に笑ってくれてるだけかもしれんよ。

本人が、そこまで深刻に思いつめてるって分かれば、
そんなふうに笑わないだろ。

279 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:04:09 ID:NvoQKCyz
芸人なら、マジでこけてるのに客に笑われた
というネタが出来ておいしいと思うけどな

280 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:08:02 ID:1ID3skLv
>>270
それはきっと巣上井殿っていう中国の町の話さ

281 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:13:20 ID:NSwk8EgW
例えばさ、アメリカの南部辺りで、
生まれてから半径数十キロ以上、移動したことが無い、
っつー、おっさんがいたとするわな。

んで、そのおっさんが、日本から来た人に対して、
お前は有色人種だけど、俺は気にしない、って言ったとするじゃん。

それを彼の、差別意識に基づく不遜な態度だと思うか、
あるいは、無くすことができない差別意識にも関わらず、
最大限の好意を示してくれたと考えるか、微妙なとこよ。

染み込んじゃった感覚ってのは、どうしようもない。
白人にだけ、高い良識、理想的な態度を求めるのは、
どうかと思うし。

282 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:30:06 ID:NSwk8EgW
ちなみに、>>272

俺的には、効果。

283 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:48:33 ID:hfIbJ/lC
>>277
それは確か、綾戸智恵の体験談だったと思う。

284 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 02:57:34 ID:NSwk8EgW
ハヤカワから出てるSFにも、
なんか、こんなネタあった気がするよ。

ちと理解できなかったんで概要がアイマイだけど、
芸人が政治的なメッセージを発してるんだけど、
お約束の動作を行ってるんで、みんな笑ってるだけで、
すべて終わってから我に返って、怒り出す、みたいな。

285 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 03:11:06 ID:NSwk8EgW
んー、綾戸さんってのはジャズの人かな。
なんか、ネタで覚えてるのは、

黒人の彼と結婚したいって言ったら、父親が、
絶対に許さん、みたいなことを言ってきたんで、
じゃあ、いいわよ、韓国人と結婚してやるから!
って言ったら、むううううう、

黒人にしとけ、

っての。

見分けもつかない日本人と韓国人が喧嘩してるのに比べりゃ、
人種がどうとか、どうでもいいじゃん、

って話、だと了解したが。

286 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 03:26:27 ID:lXvME5Ry
遅れて来た

287 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 04:00:44 ID:zWwuRmCK
>272
この野郎! みんな言いたくて我慢していたのに!!w

288 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 04:28:10 ID:xJQat9Y5
>281
>それを彼の、差別意識に基づく不遜な態度だと思うか、
>あるいは、無くすことができない差別意識にも関わらず、
>最大限の好意を示してくれたと考えるか、微妙なとこよ。

この表現いいね。
うーんとね、ちなみに最終的に私が何が言いたかったのかというと、
日本で「差別された!」とか言ってる白人は自国から出直して来い、ってこと。

外人が日本で感じてる「差別」ってのは、私から見ると
「白人様を有色人種と平等に扱いやがって!」って言ってるように見えるのよね。

日本が差別国家だって言いたいなら「白人め!」って言って唾かけられたり、
すれ違いざまに「この白豚野郎!」とか言ってののしられたり、
着ぐるみの中身が白人だとばれると蛸殴りにされたりしてからにしろってこと。

289 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 05:51:20 ID:MJQbU6zl
>>285
それマジ?
TVでやってたの?

290 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:16:47 ID:mGV48s9S
改行馬鹿がホントうぜえ
相変わらず何を書いてるか分からねえし

291 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:20:17 ID:NSwk8EgW
まったくだ。

292 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:22:57 ID:mGV48s9S
>って言ったら、むううううう、

>黒人にしとけ、

>っての。

>見分けもつかない日本人と韓国人が喧嘩してるのに比べりゃ、
>人種がどうとか、どうでもいいじゃん、

>って話、だと了解したが。


こんなの日本語じゃねえよ、阿呆

293 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:32:52 ID:MPE7N0zl
>>227 それじゃあまるっきりバカじゃねえか

294 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:36:34 ID:ZD5RbrUe
やたら横槍をいれる特亜人、スレタイよく読んでもう出てくるな!ウザいんだよ!!


295 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:36:48 ID:NSwk8EgW
ありゃ、
もしかして、怒ってる?

日本人と韓国人って言うかさ、
連中から見れば俺たちゃ、似たようなもんじゃん。
だから、ジョークになるんだよ。

逆に言うと、それだけ人種問題が深刻だ、
ってことだろうけど。

296 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 06:52:01 ID:NSwk8EgW
もう一度、ねんのために言っとくよ。

日本人と韓国人は、同類項なんだよ。
兄弟みたいなもんで、区別なんてできない。
そいつらが、喧嘩してる。

んで、あんなやつらより、
黒人のほうが良い、って言ってるわけだ。
この段階で、人種問題なんてのは、無効化されてる。

登場人物が逆でも、同じなんだよ。
肝心なのは、人種問題なんて意味が無い、
ってこと。

最初、聞いてる人たちを緊張させて、
それから安心させる、って手法。
同じだから、ジョークになるのよ。

297 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:04:00 ID:zwTyrvlL
生物学的人種的にも日本人と朝鮮人は遺伝子レベルからして違う。
性格も価値観も根本的に異なる。
イギリス人とフランス人、ユダヤとパレスチナの差より明確に区別できる。

298 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:05:39 ID:NSwk8EgW
ああ、そういうの、どうでもいいから。w

299 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:10:43 ID:DlF+euJD
>>285

そのネタはコメディアンのタマヨだつたはず。

>登場人物が逆でも、同じなんだよ。
>肝心なのは、人種問題なんて意味が無い、ってこと。

そうかなぁ、俺は韓国人より黒人の方がましというふうにとらえてたが。w

300 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:14:50 ID:NSwk8EgW
そうだよ。

バリバリの日本訛りな英語で話す親父さんは、
すごい偏見の持ち主で、差別主義的な役柄だから、
娘が韓国人なんぞと結婚するのは我慢できない。w

301 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:24:52 ID:DlF+euJD
>人種問題なんてのは無効化されてる。
>人種問題なんて意味が無い、

そんなのじゃなくて、
逆に、アメリカでは人種問題が永遠のテーマだから笑えるんじゃないの?

302 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:27:40 ID:NSwk8EgW
んん?
よく分からない。

このジョークを聞いてる人たちは、
「良識的」なアメリカ人だよ。

政治的に間違ってるネタなんぞ披露したら、
眉をしかめるよ。

303 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:41:24 ID:dxL8exJ9
黒人・・・なんだかわからないが恐そうだし日本人ぽくない顔の孫はイメージできない。

韓国人・・・戦後の在日韓国人の横暴非道やベトナム戦争の韓国兵の残酷さを見てきたし
       日本で犯罪を犯してる韓国人のニュースもよく見る。


残酷な韓国人よりよくわからん黒人のほうがまだマシだ!



と考えたのなら差別じゃなくて区別だね。

304 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 07:46:19 ID:dxL8exJ9
まぁアメリカ人に受けるジョークってやつはアメリカ人が「そうだ!そうだ!」って思わないと成立しない。
韓国人と黒人を出して 黒人>韓国人 って構図で受けるってことはアメリカ人が黒人のほうが韓国人よりマシって考えてるってことだ。


305 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 08:03:44 ID:DlF+euJD
>>302
>このジョークを聞いてる人たちは、
>「良識的」なアメリカ人だよ。
>政治的に間違ってるネタなんぞ披露したら、
>眉をしかめるよ。

良識的なこと言ってたらジョークにならないよ。

306 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 09:20:43 ID:GqNC9jgE
>>304
まあ日本人が韓国人嫌う理由とは違うんだが、アメリカでの嫌われぶりもかなりのもの。
アメリカに移住した韓国人が全く社会に馴染もうとせず汚い商売やり続けてきた成果。
いや、やっぱり同じ理由か。どこいっても同じ事して嫌われてんだな。

307 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 10:26:32 ID:NMB3xylP

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
俺様用しおり
  ∧_∧
 ( ´∀`)< 今日はここまで読みとばした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

308 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 11:17:23 ID:9wQ4Uct+
>>307
>>272は読むべき。さらに音読すれば言う事なし。

309 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 11:24:57 ID:u1jtDs3z
今どきスウェーデンの金髪白人崇拝というのも年寄り臭い
ゲンダイ愛読の団塊ジジイか

310 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 12:28:56 ID:wt14uSFe
>>309
金髪白人信仰それは違う。
川上麻衣子のそれだ。


311 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 12:43:36 ID:QSTOH9/x
ttp://www.chosunonline.com/article/20070527000024
今年のミスユニバースで日本が優勝したな
直前まで騒いでた韓国カワイソス

312 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 13:53:40 ID:OxLbfos5
>>311
日本人の森理世さんが優勝 ミス・ユニバース
ttp://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070529/wld070529002.htm

非公式で5冠王だったのに最後にイルボンに抜かれたニダ。
実質優勝ニダ!!!

313 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 14:17:19 ID:mHPJL3BN
>>273
日本人ジョークに、なんでもかんでも会議するってのがあったけど、
これみると確かにって思うな。

314 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 14:32:26 ID:5DIhZiaV
ミスユニバースって確か外見だけじゃなく、女性的・人間的な魅力も
判断材料になるんじゃなかったっけ?

性格とか知性とか立ち振る舞いとか…そういったもんで日本女性は
評価されているのかもしれんね。


315 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 14:33:55 ID:YZAlb13d
うーむ、どうも納得いかない
世界は認めても、おそらく日本人は首を傾げてるのではないかw


316 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 14:42:16 ID:OxLbfos5
>>311
この非公式5冠王って、WEB投票の結果かね?
もしそうなら、自業自得。

317 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 15:08:28 ID:DlF+euJD
ミスユニバースに、
子供の頃の写真も審査の対象という規約ができたら、
韓国人は参加しないだろうな。

318 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 15:14:42 ID:YZAlb13d
整形顔はプロがみればある程度わかるだろうしね。
審査員も気づいてるのでは。

319 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 15:24:46 ID:MPE7N0zl
しかし、写真見たらそんなに。。

320 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 15:29:47 ID:JX4rR266
日本人の写真探しちまったぜ!!

321 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 16:21:32 ID:OxLbfos5
森理世さんって日本人というより東南アジアの人みたい。

322 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 16:22:53 ID:OxLbfos5
イ・ハニ、ミスユニバース4位…1位はミス日本

イ・ハニが29日午前(日本時間)、メキシコシティで行われたミス・ユニバース大会で4位(3rd−runner−up)となった。

本選大会計77カ国の参加者のうちブラジル、ベネズエラ、日本、米国代表と最後まで女王の座を争うものと期待されたが、惜しくも4位にとどまった。

今回の大会の1位にはミス日本の森理世さん、2位はブラジル、3位ベネズエラ、5位は米国代表が獲得した。

イ・ハニはミスユニバース公式ホームページでのインタビューで「2つの目標がある。

1つは伽椰琴(カヤグム)の演奏で韓国を世界に知らせる文化大使となること。国楽科の教授になりたい」と「もう1つは北朝鮮を含む発展途上国や後進国家で宣教活動をしたい」という抱負も明らかにした。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=87887&servcode=700§code=700


323 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 17:12:40 ID:+PxivZ5/
>>321
鼻が低くて上向いてるからだろうな

324 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 17:29:33 ID:s9TXkrY1
ま、白人の見る東洋美人の典型だな。
この人はエラがあまり張ってないが、
だいたいはルーシー・リューみたいな顔が美人認定されるし。

>>299
階段の転んだ話はタマヨだったと思う。
日本人の自虐ネタが得意のスタンダップコメディアンではっきり言って品が悪い。
自虐史観にも染まってるんじゃないか?

325 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 17:35:52 ID:jgSH/oi+
>>324
アメリカのそういう芸は、人種ネタのブラックジョーク満載なのがデフォじゃないの?
客もそういうの楽しみにきてるんだろうし

326 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 19:54:12 ID:tqI0kyqo
美人だけど日本人には見えないな。外国人顔の日本人だっているのは分かってるけどさ。

327 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 20:13:20 ID:wvrSeOB6
TVマスコミに出てこないだけ。

もともと縄文人のルーツはポリネシアンなのだから、
南国的な顔は日本中にある。
実はそちらのほうが欧米人にとっては好みなのだが。

328 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 21:09:25 ID:j1R2QuEc
欧米人の好みなんかどうでも良いよ……

329 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 21:12:41 ID:2ealhDL6
ミスユニバースの話してるんじゃなかったのか?

330 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 21:59:26 ID:N8zv9Bi3
なんか外国の美人の価値観に合わせた美人を選んで賞取ったという感じだよな。
おれとしては、我が道をゆく方向で彫が深くなくかわいい系の美人のひとにメイドの
カッコで出場させたいな。トゲトゲの白のカチューシャも忘れずにな。
ビリでもいい。萌えの道をゆけ。

331 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 22:04:12 ID:RDebWdhy
これって容姿より化粧じゃねえの?w すっぴんでミス紺やればいいのに

332 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 22:08:05 ID:RDebWdhy
>>325
以前しゃべらないとにでてきた日本人も日本人としてのコンプレックスを前面に押し出して笑い取ってたしな やっぱり自虐ネタは受けるのかね

333 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 22:15:50 ID:7Tga6MwP
590 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/05/29(火) 17:31:54 ID:FzsD2MTA0
アメリカ在住だけどさっきまでテレビで観てた。
森さんは頭がいいよ。
今回はメキシコでやった大会だけどTOP5でメキシコ代表が落ちて
ドレスコンテストで思いっきり転んだアメリカがTOP5に選ばれた。
会場のメキシコ人はかなりの大ブーイング。
テレビでも生放送だからブーングの嵐がかなり聴こえた。
最終コンテストは質疑応答だけどUSA代表の時もうすごいブーイングの嵐。
多分反米感情と転んだくせにお前が何でTOP5なんだよ!という雰囲気。
しかしUSAの次に森さんの質疑応答だったのだが、第一声に森さんは
「オーラ!メヒコ!」と会場に呼びかけた。ブーイングは止み会場は盛り上がった。
しかも質疑応答も素晴らしく会場は拍手の嵐。
韓国みたいに整形だけで笑ってれば勝ちあがれる世界ではないのさ。

650 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/05/29(火) 17:43:46 ID:FzsD2MTA0
590だけど・・。引き続きレポ。
質疑応答でも森さんはお世辞抜きで一番優秀な答えをしてたよ。
質問は
「あなたが子供時代に学んだ事で一番大事だった事は?」と聞かれてた。
彼女は
「私はずっとダンスを習っていて周りにたくさんの大人がいました。
その人たちからいつも幸せな気持ちでいること、そしていつもポジティブな
考えを持つ事を学びました。そしてこの学んだ事を次の時代の子供達にも
教えて生きたいと思います。」
と堂々とスラスラと答えたよ。いきなりの質問で考える時間はなし。
しかし立派に言い切ったよ。
会場からは割れんばかりの拍手。
頭がいい女だって事は態度と場を読む力でわかる。

334 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 22:18:52 ID:7Tga6MwP
756 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/05/29(火) 18:01:43 ID:FzsD2MTA0
729>今回は入賞者がみんなアジア人だった。

ミスフォトジェニック・・フィリピン
ミスコンジニアリティー(誰がフレンドリーか?という賞)・・中国
ミスユニバース・・・・日本。

ミスチャイナはとにかく周りの人たちに言葉もわからないのにベタベタしてて恐らく最初からこの賞を狙っていたのかと思う。

韓国人が第4位と発表された時の一瞬のふざけんなの表情が怖かったです。


847 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/05/29(火) 18:19:21 ID:FzsD2MTA0
韓国人の大会での名前の表示が
HONEY LEEという名前になってたのが笑った。
ハニでいいじゃん。

884 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/05/29(火) 18:26:58 ID:FzsD2MTA0
森さんはオサレだったよ。
ドレスも出場者の中で唯一ロングスリーブでかっこよかった。
普通なら胸とか肩とか出して色っぽさを出すのに森さんはカッコイイドレス
だった。
韓国はいかにも一昔前っぽいダサい花の散りばめられたドレスだった。
審査員にELLEマガジンの編集長がいたのだが彼女に質疑応答したのも
彼女だし・・。
オサレポイントも高かったんじゃないの?

335 :日出づる処の名無し:2007/05/29(火) 23:31:55 ID:aHy+YcHE
化粧の効果が恐ろしいね
発表のシーン見ると一瞬ハーフかと思うくらい

336 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 01:56:52 ID:v0p0eTAH
なんであんな色黒なんだと思ってしまった第一印象

337 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 02:06:20 ID:TxDJJBQl
日本人の顔つきにも幅があるんだし、適材適所ってことでいいんじゃない。
なんでたたいてるヤツがいるのか、さっぱりわからん。
若い子がひとりでがんばったんだから、よくやったね、でいいじゃん。

338 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 02:20:49 ID:F5jpk/td
べつに個人に対して何も言ってる人はいないだろ。

評価する側に関して
「やっぱり美に関する感性が違うんだ。」
という再確認。

339 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 02:24:10 ID:CAGUbd0b
日本で選んだら、

とか、思う人は少なくない、
かもしれない。

世界は、日本ではない、な。

340 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 02:28:46 ID:u0WSK6p5
改行馬鹿 警報

341 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 03:03:59 ID:CAGUbd0b
一応、聞いときたいが、
女、送ってきたのは君らか。

違うならいい。

342 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 03:09:32 ID:2rWM8q6L
偶然なのかどうかわからないが、日本は世界中の好意を集めるポジションにいる。
米国に反発抱く国民、中国が嫌いな国民、ロシアに反感もつ国民、
これらはすべて日本に好意を持つようになっている。
さらに、日本自身は米国とも仲がよい。
また宗教的にも孤立しており、どことも衝突しない。ユダヤ差別とは無縁の国だ。

これらに加えて、日本人の正直さ、親切で礼儀正しい性格、興味深い文化、
ソフトパワー、信頼できる製品、うまい料理、、などなど、
ありとあらゆる内面的要素が世界を惹きつける。

日本は軍事による脅しも金の力なしでも、すでにこれだけの世界を味方にする
要素を秘めている。それがさらに相乗効果を生み、様々な分野で目に見えない力
となって日本を好もしいところへ導いている気がする。

343 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 03:14:33 ID:CAGUbd0b
あー、なんか俺、
寝ぼけてる。

飲みすぎたかな。

344 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 03:48:47 ID:LvxvtV2O
>>342
同感だ。
日本は神々に祝福された国のようだ。
こんな日本を残してくれたご先祖様に感謝しなくてはならないだろう。


345 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 04:49:07 ID:suRW4sDE
>>272
その言葉、昔の小説からとったでしょ。
「うまさ特出し関西ヌードル」か何かで。

346 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 05:43:47 ID:EPTBRogr
>>344
ほんとご先祖様ががんばってくれたおかげだね。

自分を含め今の若者見てると・・・・
世界的にそうかもしれないけれど、やはり不安だ。

チャイナの一人っ子もあれだが、あれが、トップにつく頃どうなってるんだと。
今に輪をかけて我侭になるのだろうか。国が。

347 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 06:24:12 ID:Go2a3wmf
>>346
我侭な一人っ子どうしの権力闘争って凄そうだな…
周りの国にも迷惑かけるだろうけど国内も無茶苦茶にするんじゃね?

348 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 06:39:02 ID:0DSATlwq
10年前も50年前もその前も、ずっといわれてきたけど、
結局どうにかなってきたから心配はいらない。
というか歴史上、「今の子供は昔に比べてすごい、これは次世代が楽しみだ」
なんて時期は一度もなかった。
いつの世でも子の世代のほうが心配になるものなのでは。

349 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 10:15:20 ID:PJfk9XnD
>>348
でも明らかにモラルが低下したり、犯罪発生率が向上しているのはどうかな?
今のところ凶悪犯罪の発生率こそ微増という程度だけど、
自転車泥や万引きなどの軽めの犯罪は10年前の5倍だし、暴力犯罪の増加も顕著だ。

道にゴミが落ちているのを良く目にするようになってきたし、
コミュニティの問題でも家の前は自分で掃き清めるのが当然だったが、
うちの近所でも汚れ放題の家が目立つようになってきた。
アパートとかでも老化が汚れていても大家の仕事とばかりに誰も掃除をしなかったり。

昔は「今時の若い者は」といって、モラルを説いてくれる大人たちがいたからこそ
子供たちはそれに気づく事によってモラルが守られてきたが、今の大人たちは子供たちを叱らない。
だから子供たちはモラルを知ることなく大人になってしまい、それがさらに子供にも受け継がれる。

そういうこともあるんじゃないか。

350 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 10:48:35 ID:s3PUbSI9
みんな拾ってたりするよ
捨てる人間は気づかないけど

351 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 11:03:48 ID:Qfnha7aS
>>349
自戒を込めたこうした言葉には価値はあるかもしれないけれども、真実かどうかは別だよね。
犯罪発生率にしても軽犯罪をちゃんとカウントするようにしたという背景もあるようだし、モラル
の低下ってのも根拠がない。

その上で。俺の親は学校の教師をやっていたんだけど、いわゆる問題児をずっと見てきた。
そして出た結論は、「問題のある子供の家庭には必ず家庭に問題がある」というものだったら
しい。
特に親の幼児性はひどいらしく、「子供が子供を育てている」とも言っていた。
じゃう今の親の世代の子供の時の教育がどうだったかというと・・・ね?

日教組の行き過ぎた左翼思想に対して、ゆり戻しがあるなんて当然だよ。今のネット世代が、
戦前・戦中世代に敬意を払うのはいい傾向だと思うね。

352 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 11:18:33 ID:YIod+q6r
昔(30年前)の方がゴミ落ちてたよ。
昔は犬の糞を持って帰る習慣なんてなかったし
駅のホームでも唾やガムを吐く人が珍しくなかったんだから。

353 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 11:39:59 ID:ITUnujZs
>>342
日本は狭い島国に多くの人間が住んでいて、「いかにして皆が仲良く平和に豊かに暮らすか」って
事を建国以来考え続けた国だよね。こんな国ってなかなかないよ。だいたい外国の干渉をもっと
受けているわけだし。
で、地球が狭くなった現在限りある土地で「いかにして皆が仲良く平和に豊かに暮らすか」ってのが
世界規模のテーマになった気がする。世界が日本に目を向けるのは歴史の必然だし、そこでソフト
を通して日本人化する事は、大げさにいえば進化のプロセスなんだよ。
この流れが変わるとするなら宇宙開拓が本格化した時だろう。その時は中国的アメリカ的開拓主義
の方が持てはやされる。

もちろん日本にだって欠点はあるし、偉いのは先人達だろうけどさ。

354 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 11:40:38 ID:QBPQLj0f
>>349
あれ?若者の凶悪犯罪って、今の団塊の世代が若かりし頃が
一番多かったんじゃなかったっけ?
以前、なんかの統計で見たけどね。

355 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 11:44:02 ID:VE3pdSxE
>>353
仲良くと言ったって、狭い島国に比較的早い時期に巨大な統一王朝が出来ただけで
普通に武力平定を繰り返してるでしょ。


356 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 12:03:32 ID:ghHCU2Ro
殺人事件の加害者はどこの国でも20代男性が一番になるのに、日本のみ50代?になるとか
若年の凶悪犯罪発生率でも日本は異常に低くて、専門家の間ではおとなしすぎるといわれてるんだよな
ただ、凄惨な事件はいつの時代でも一定数存在し、マスメディアはそれをセンセーショナルに取り上げるから
あたかも若者の凶悪犯罪が増加しているかのような印象をうける
統計的には強姦なんて30年前と比べて半減してるんだけどね。少子化とは関係なく

357 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 12:16:22 ID:NkEZmHmn
そういえば昔のホームは(20年以上前か)酷かったな。
線路が灰皿だったからタバコが落ちてないところを探すほうが困難なほどタバコだらけ
だったしホーム自体も結構汚かった。駅自体が汚いのが普通だった。
だからといって街が綺麗だから今の方が良いとは一概に思えない部分も正直ある。

358 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 12:36:01 ID:LbaWFRlM
>>355
> >>353
> 仲良くと言ったって、狭い島国に比較的早い時期に巨大な統一王朝が出来ただけで
> 普通に武力平定を繰り返してるでしょ。
>

でも、大陸国家とちがって、民草まで根こそぎ殲滅なんてことはやってないでしょ。
あっちの民族まるごとおいだされたり全滅させられたりなんてのにくらべりゃ
充分仲良くやってる部類にはいるさ。

359 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 12:36:47 ID:C1imXrLr
少し前までの刑事学の分野では女性・中高年では凶悪犯は激減というのがあったけど、
いまは完全に崩れたからね、、凶悪犯に関する検挙率も著しく落ちたし。
戦後60年の間にも結構波があったから、またよくなるとは思うんだけど。

360 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 13:11:50 ID:uJJU7gDL
>>358
そういう点を考えると、将棋とチェスなんかの差違もそうなんだよねぇ。
捕虜を自軍のコマとして使える思想と、使えない(殺しちゃう)思想の違い。

聖徳太子の時代から「和を以て尊しとなす(お前ら仲良くしる!)」って言葉が残ってるくらいだもん。
限りある国土の中で、互いが喉笛を掻っ切らないように努めた文化ってのは、やはり凄いと思うのよ。
だから島国って某半島に悪口w言われても、別に腹も立たないのよねぇ。


361 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 13:19:02 ID:LZG9MWTe
>>358
それは単に共通語が存在していて、かつ他民族戦がほとんど発生しなかった
事に起因しているだけでは?

逆に秀吉の朝鮮出兵なんかでは国内戦のノリで他民族戦を戦って大失敗してる
わけだし、優れてた、凄いって言うよりは限定条件下での戦争に慣れていた、
といったほうがより正確だと思う。

宗教戦争とかでは普通に殲滅戦とか起きてるしね。

362 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 13:52:03 ID:aBrksiWP
>>360
大陸ってのは当然国土は広いし人口も資源も多い。いかにも無限にありそうだし、足りなければ
他から持ってくればいい、と安易に考えてしまいがちなんだよな。
しかし日本は国土も資源も限られていた。この狭い国土ではひどい戦乱が起きると立ち直れない
事を悟っていた。
で地球が狭くなり、足りないものを他から持ってこようとしてもどこにも無い、という事態になった。
従来の大陸型の文明ではこれは解決できないよ。リサイクル社会とかいうのは簡単だけど、
どうやって達成するかというモデルがない。そこに日本的な価値観が光るんだよね。

363 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 14:02:03 ID:TMPAx/wM
【調査】信頼度、日本が米中上回る〜日本を信頼しないとの回答は、韓国が81%と最悪で、中国も79%[05/30]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180501186/

364 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 14:02:19 ID:XyF38cWA
http://www.youtube.com/watch?v=csHHcD9QJZk

365 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 14:23:42 ID:H4nqOEr8
>>352
そう言やそうだな。
最近道端でウンコ踏んでまう事ないもんな。

366 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 14:31:02 ID:+8DGDYGo
マナーが悪くなったのなら、駅のエスカレーターを一列に並ぶあれは何なんだ・・・。

昔は日本人は壁で立ちションするから、日本では壁際を歩くなと言われていたんだけどね。

367 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 15:42:18 ID:q/3VW/C8
>>349
部活動乙です。

368 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 15:48:17 ID:RVQV2zUq
>>342
確かにあなたの言う通りなんだけど、好意を持たれることが安全保障に繋がれば軍隊いらない。

369 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 16:01:51 ID:pGMdcxB/
>>368
その通りで、今の日本の現状じゃ軍備を整えるしかないのだけれども、
好感度が安全保障上プラスに働く効果はあるだろう。
実際問題世界中から好かれている国を侵略なんてできないし。以下コピペ。

★【モンゴル】「困ったときに本当の友達がわかる」これが日本とモンゴルの関係。…エンフバヤル大統領
★【インド】日本とインドは、まさに自然のパートナーでありお互いの進展に相互の利益を持っている…シン首相
★【マレーシア】日本で研修したマレーシア人は勤労意欲が高く日本から優れた勤労倫理を学んでいると感謝…ナジブ副首相
★【フィリピン】両国の安全保障を進めていくためにも日本の防衛庁の防衛省への昇格を歓迎…アロヨ大統領
★【台湾】世論調査:「移民したい国」「立派だと思う国」「旅行したい国」で日本が1位
★【カンボジア】日本の常任理事国入りについてのカンボジアの支持は不変である
★【ブータン】日本の常任理事国入りを早くから支持。日本は我々の代表だと思っている。
★【ベトナム】どんな圧力を受けても日本の常任理事国入りを支持する、これはベトナムの原則的立場である…ニエン外相
★【タイ】日本重視の姿勢「日本は最高のパートナー」 …プリディヤトン副首相兼財務相
★【モルディブ】今後も日本が安保理常任理事国入りするためのあらゆる提案を支持…シャヒード外相
★【スリランカ】日本の国連安保理常任理事国入りを支持
★【バングラデシュ】両首脳は両国の関係が従来から良好でありジア首相訪日でこの関係をさらに緊密化することで一致
★【カザフスタン】ウラン鉱山開発を含むエネルギー資源分野での協力の強化で一致
★【ウズベキスタン】ウランを始めとするエネルギー資源関係と投資環境整備を中心に二国間の協力関係を強化していくことに合意
★【ブルネイ】日本には安保理においてより大きな役割を果たしてほしい、日本の常任理事国入り支持…モハメッド外相
★【イラク】日本の様々な支援(自衛隊派遣、米国に次ぐ世界2番目のODA支援、約60億ドルの債務削減等)に深い謝意
★【イラン】今後の両国間の政治、経済、文化等包括的な関係強化、投資拡大、観光振興、文化面での協力進展に期待
★【サウジアラビア】皇太子より、日本を全面的に信頼している、両国が協力して中東和平の達成のため協力していきたい
★【UAE】UAEの長期的発展には何よりも教育が重要だ。日本との協力を強化したい…アブダビ皇太子
★【クウェート】クウェートは日本に一定で安定した石油供給を保証…サバハ首長
★【トルコ】トルコは有数の親日国。小泉首相訪問は、トルコ側の熱意に応え日本のトルコ重視の姿勢を示す意義




370 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 16:20:05 ID:LbaWFRlM
>>361

別に優れてるのすごいだの言ってないが。
ここまでの文脈で353に対しての355の話に対して単に
大陸国家との違いを述べただけ。
だから貴方の言ってる事も別におかしいとは思わないけど。



371 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 16:35:25 ID:s0hlFdac
日本の海外支援って「心」が入っている気がする。
外国の支援だと憐れみというか打算というか。
自衛隊が撤退する時、襲われてはいけないと完全に秘密だった。
撤退した次の日何も知らないサマワの労働者が出勤してきて、
隊長が交代して帰国した事を知らされると、ごついイラクの労
働者達は呆然として立ち上がれなかったらしい。

基地で働いていた地元の若者には高血圧の母親がいたらしいが、
「母を救えるのはアラーと日本だけだ」と言っていた。

最後辺りじゃ「ジエイタイ」という一部族という扱いだったほど
現地に溶け込んでいたいたらしい。

イラクに限らず、海外支援の為に汗を流してきた無名の日本人達
の成果だと思うよ。


372 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 16:51:13 ID:reGoKgNj
>>361
>>宗教戦争とかでは普通に殲滅戦とか起きてるしね。

っていうか宗教戦争そのものが、詰まるところどちらかの殲滅しかないわけで。
お前の信じることが認められねぇって狂信しているわけだから。
双方の戦力が拮抗していれば話し合いによる手打ちもあるかもしれないけど、
普通は強い方が弱い方を滅ぼしちゃうわけだしね。

ちょっとこの場合、例に挙げるには不適かなぁと思う。


373 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 16:51:59 ID:S6KEreoh
続き

イラクでの基地の為の土地収用を巡って交渉が難航しているって話は日本でも報道されていた。
でも現地の隊長は、まず人間関係を築くのが先だと別に焦っていなかったらしい。
その交渉の中で、各部族に雇用を約束するから安く借りられないかと持ちかけた。ほとんど全
ての部族長が同意したが、ある部族長一人だけが反対した。まあそんな時、一息入れる事にした。
隊長は各部族長に向かって言った。
「私達はあなた方を友人ではない」
雰囲気が凍りつく。
「私達は家族だ」
そんな事があって、全部族長でその反対していた部族長を説得。他の国の軍隊が驚くほど安く土
地を借りる事ができたらしい。

とにかくイラクの話はいい話が多いよ。早く平和になるといいね。






374 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 17:13:13 ID:LJTd7ATv
ニュージーランド系サムライの人の本読んだんだが、侍と騎士の違いが面白かった。
騎士というのは結局GODの為に戦い、その為にはどんな事も許されると考えていたらしい。
侍はというと、どこまでいっても人殺しは悪。だから供養しようとする。供養したからって許
されないと悟っていても。
罪を他に預けず、自分で抱え込もうとする方がより人間的だ、と書いてあったな。
例えばある剣豪を剣豪が戦おうを身構えた。その構えで相手の力量を悟り、ここで亡くす
のは惜しい人物だ、と悟りお互いに刀を引くのが最上の戦い、なんて概念が騎士道からは
出てこない。


結果としてそんな考え方をする方が平和になるんだよね。相手への理解と尊敬がなければ
協調なんてできるはずもないし。

375 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 17:36:22 ID:decTS4JN
>>369 こうやって見てみると本当にマスコミに騙されてるってつくづく思う。
   

376 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 17:53:05 ID:ppMO3iqe
>>375
自分の意にそぐわなければ、何でも「マスコミに騙されてる」事になるのか?
まあ、何を信じるかはその人の自由だからしょうがないか。

377 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 18:14:20 ID:hOJCliFg
>>376
騙されてるというか、伝えられてないわな。
毎日、新聞とTVをみてる国民が>>369を一つも知らないというのは異常すぎる。
全部聞いたことはあるという状態でないとおかしい。
ようするに騙されてるわけだ。

378 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 18:37:05 ID:+4g/CmE+
>>376
洗脳の手法の一つに情報の制限ってのがある。
意図的に選択した情報だけを与える事で思考を操作する。

確かに事実を報道しているわけだから嘘ではないが、そこには作為があるわけだ。
意に沿わない事実は報道しないってのが最近のマスコミ。ネットが普及してその
やり口がばれたから信用を無くしたって話だよ。

379 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 19:05:01 ID:BQF28ENp
>>369
見事に「自由と繁栄の弧」だな。

イラクでの自衛隊が、部族の長とまず話をつけたことは有名だけど
旧軍が南方に進出(w)したときも同じだったらしい。
彼ら部族にとって、まともに対話する(人間扱いしてくれる)軍隊なんて
初めての体験だったので感激され、南方への展開はうまくいったのだそうな。
戦況が苦しくなるとそうも言ってられなくなり、
飢えた日本兵は恐れられるようになっていったんだが・・・

380 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 19:42:13 ID:E8AyhM3b

★信頼度、日本が世界トップ、米中上回る 16カ国の世論調査

・16カ国の市民に聞いた世論調査で、日本、米国、中国の3カ国を対象に信頼度を聞いたところ、「大いに」と「ある程度」を合わせ日本への信頼度は平均46%で、
米中を上回りトップだった。米シンクタンクが発表。

国別では、日本への信頼度が一番高かったのはインドネシアで76%。オーストラリア、米国が続いた。
日本を信頼しないとの回答は韓国が81%でトップ、中国は79%だった。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/opinion_poll/story/30kyodo2007053001000179/


381 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 20:01:14 ID:Ln/DDr0L
>>357
昔と比べたら団塊世代の今の年寄りはかなりひどいよ。
道路にたんやつばを平気で吐き捨てるし便器から離れた
位置で小便をし床を小便で汚し、手を洗わない。
若い世代と比べれてみればむごさが目立つ。

382 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 20:09:57 ID:RDtjS2bm
団塊の世代の時って、高度経済成長期で経済優先だった時だもんな。
しかも伝統的な価値観が壊れて教育が迷走していた時期。
ベ平連に代表される愚かな学生運動なんかやった世代だもんな。
ある意味仕方が無い。
この世代が引退すると同時に右傾化するんだから、いかに浮いていた
存在かわかるよ。年寄りを悪く言いたくはないけどさ。

383 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 21:03:18 ID:G+6b5oq/
俺の父さん団塊世代・・・

384 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 21:24:06 ID:1ysJGjh3
>>382
まぁ、その代わりといっては何ですが、DQNが増殖してるのはなんとも・・・


385 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 21:53:11 ID:NkEZmHmn
予想の付く暴走族、チンピラ系のDQNならいいんだがどうもそうじゃないからな。
一般人に見えて常識を知らない、習わなかった、習えなかった者、団塊世代と
違った種類のDQNが増殖中だ。
家庭の喪失はこの国に大きな損失をもたらしている。

386 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 22:30:47 ID:q/3VW/C8
>>379
シャア大佐もジャブロー攻略に先立って原住民を味方に引き入れていたな。

387 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 22:41:04 ID:LIIgioZV
団塊の世代と話して驚いたのは、彼らは昭和一桁を嫌っていて、
「奴ら(昭和一桁世代)は本当の意味での不安とか苦労を知らない」
とか言っちゃってんの。
自分たちは年金とか、オイルショックとか不安と苦労を体験してきた世代らしい。

そのことを昭和一桁の人に話したら、「ワシらの時はなあ、何にもなかったからなあ」
「オイルショックなんて、あるもんが無くなる。ある意味高度な悩みだよなあ」
「ワシらの場合、何かを作ろうにも全く何にも無かったからなあ」

それ聞いて、いかに団塊の世代が勝手な人間かよくわかった。



388 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 22:45:38 ID:v4Cmg9rr
まぁ団塊は上の世代の伝統やら格式、よくも悪くもおしつけがましい権力やら教育に反発したんだろうけど、
逆に自由にされた団塊の下の世代は何に反発することもできなく、
そして無知なまま世に放り出されたと。


389 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 23:01:00 ID:WNzYPNNG
最近の子供は常識をしらないモラルがないと高みから見下ろして
安心して喜んでるのが団塊の世代の特徴かも
この特徴は2chネラーの特徴でもあるけど自信の無さがそうさせるのでしょう

390 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 23:03:07 ID:yvzU9JyU
コンビ二の客なんかで横柄なのは50〜60台の人だね。
何か怒ったような顔をしてて、客とはいえ「ですます」調で話さない。
若い奴の方が礼儀正しい・・・・元気が無いような気もするが。


391 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 23:07:20 ID:+W3enw3P
多分、エストニアだと思うが、予備の「政府専用機」で着陸訓練、
そして、いざ本番で「陛下搭乗機」と「予備機」2機続けての着陸・・・・・。

いやはや、金が掛かってますな・・・・・。
しかし、偉く格好良い・・・・・・・・・・・笑

http://www.youtube.com/watch?v=QxjTbbFp9M0&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=hU-qBftIkVk&NR=1


392 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 23:07:27 ID:C0hbc5RH
世代間対立を煽るのはよそう。どの世代もそれぞれレッテル貼りに苦しん
できたのに、それを続ける悪習こそ絶たれなければならんと思うよ。

393 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 23:14:36 ID:1ysJGjh3
それより未来をどうにかしなくては、、、
増える一方のDQNはどうにかならないのか、といってみる

394 :日出づる処の名無し:2007/05/30(水) 23:43:55 ID:3Z/+3A08
李登輝さん、靖国神社に参拝するみたい。お兄さんが英霊として祀られているので、
今回の訪日が最後の機会だと考え、靖国に行く決心をされたようだ。

395 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:14:01 ID:dzjNuCZ9
しかし一国の国技の頂点である横綱2人が外国人なんだが、
まぁそれでもいいじゃないかという日本もすごいよね。

歴史上、モンゴルに支配されなかった日本だから、
逆に許せるのかなぁ。


396 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:20:00 ID:C5kFRBFv
団塊 って、日本における文化大革命世代なんだよなぁ。

397 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:24:59 ID:7zOCo4pk
>>395
テニスのウィンブルドンもずっとイギリスの選手は優勝してないんじゃない

398 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:25:50 ID:ausR8LF3
確かにコンビニで態度悪いのは大体団塊。
日本を復興させたのは昭和一桁世代だし、団塊は振り回されてるだけなのに
自分たちだけはすべて分かってるとでも言いたげなイタタっぷりがもう見てらんない……

李登輝さん無事に参拝できますように

399 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:26:42 ID:12uKyKAV
>>395
まあ、どちらの力士も実績はすごいし、認めざるを得ないでしょ。
朝青龍も白鵬も身内がモンゴル相撲の偉いさんだから、
何となく親近感があるし。

400 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:35:13 ID:kK7Y5Auq
>>395
許せるもクソも、相撲に国柄は関係ないからねぇ
強い奴が横綱

・・・・しかし日本の国技で日本人横綱がいない、
つーのもなかなか情けないのは事実だな
せめて日本人1人、他は外国人という状況になればいいのに

401 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:40:38 ID:wt3b26DD
李登輝さんの靖国参拝は絶対に実現してもらいたいね。


402 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 00:58:28 ID:QGBxd1YU
まぁ戦後の日本人に相撲部屋の制度は無理があるよな。
一般人に丁稚だの奉公だのが壊滅してる上に、
学校の教育が我慢を否定してるんだもん。

稽古すれば強くなるし、強くなれば稼げるし尊ばれる
分かりやすい世界なんだけどね。
野球やサッカー、格闘技系なんかよりのし上がりやすいと思うんだが。

403 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 01:03:07 ID:UvMnQ1Fy
>>402
上がりが見えてるし。
最強の朝青龍でも推定年収はたかだか2億円弱で
そこそこ以上の大リーガーとは比較にならない。
選手寿命は短いのに親方株が無いと引退後も大変。

404 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 01:06:42 ID:TLXwaFXI
飯が好きなだけ食えるという利点が飽食の時代じゃ効果ないもんな。

プロという視点なら他のプロ格闘技より優れた部分は多いが、アマなら
まず将来が安定している柔道・剣道に流れちゃうんじゃないのかな。

とりあえずはやらせないと底辺の拡大には繋がらないが、今は土俵がある
小学校も少ないしまずそこから始めないとね。

405 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 01:27:32 ID:JJtnaEEH
90年代以降の日本の低迷は戦中の人材損失(特に後継育成の面)と、
団塊世代の伝統否定、社会システム否定などの過剰な他者否定とともに強烈な自己肯定、
その中で残った拝金(経済)主義の行動の結果だと思ってるがね。
自分達が正しいと思ってれば、何も反省せずに、自分勝手にやれる。
特に他者の目の届かない核家族の中ではね。
経済、教育、治安全部そこに帰結するよ。

406 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 01:29:04 ID:qqCbDfN5
やっぱ、団塊を正面から否定できる頭数が揃ってる、
団塊ジュニアが立ち上がらないといけないな。


407 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:11:59 ID:oDCcgCxc
>352
昭和期には街中の道端でタバコを吸うような野蛮な風習があったしね。
その面ではだんだんよくなってるよ。


408 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:16:37 ID:oDCcgCxc
>>353>>358
>日本は狭い島国に多くの人間が住んでいて、「いかにして皆が仲良く平和に豊かに暮らすか」って
>事を建国以来考え続けた国だよね。

一向一揆の根切りとか
キリシタンの弾圧とかやってるし
特別に「平和にやっていこう」だなんてことは無いですよ。
あんたは日本に幻想持ちすぎ。

「切り取り強盗は武士の習い」なんていうサムライどもの行いや
戊辰戦争での酸鼻極まりない官軍の蛮行やら
ちょっとでも歴史をまともに学んでたらこんなお花畑なウリナラマンセー思想は持てないですよ。

409 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:18:23 ID:oDCcgCxc
>>360
中世の欧州の戦争は基本的に敵将を殺したりはしませんよ。
捕虜にして身代金を稼ぐんです。
フツーに殺すのは雑兵のみ。
貴族にとってはスポーツの一種でしたよ。

プロテスタントの誕生以前はむしろ「王侯貴族はみんな親戚」って世界ですしあっちは。

410 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:19:25 ID:Izehr9zA
幻想もってるわけじゃないが、平和お侵す相手にはそれ相応のやり方で対処するだろうさ。

キリシタンが穏健だったとでも思ってるわけでもないんだろ?

411 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:28:37 ID:oDCcgCxc
>>362
>大陸ってのは当然国土は広いし人口も資源も多い。いかにも無限にありそうだし、足りなければ
>他から持ってくればいい、と安易に考えてしまいがちなんだよな。

その発想は間違ってますよ。
たとえば16世紀の人物である織田信長は、常時10万人ちかい大軍を常備軍として動員することができました。
これに匹敵する大軍を維持できたのは、ヨーロッパでは18世紀末のナポレオン・ボナパルトを待たなければなりません。

>しかし日本は国土も資源も限られていた。この狭い国土ではひどい戦乱が起きると立ち直れない
>事を悟っていた。

これも大間違いです。
湿潤な気候のうえに稲という極めて生産効率のいい穀物を主食とする日本は異常なほど人口稠密であり、
(たとえば小麦は一粒の種子に対して20粒の実(種子)が得られるに過ぎませんが、稲の場合は
一粒に対して百粒の実が得られます)
土地の生産力はきわめて高いのです。

高度な人口集中はまた文化や技術の進歩のテンポも高めていくわけで、
1600年の関が原の戦いでは、当時の地球上にあった火砲の約半分が東軍西軍の中に存在したそうであります。
(しかしその技術文明は徳川幕府の鎖国政策の所為で進歩を凍結させられてしまうわけですが)

412 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:34:05 ID:JmzB8s8K
了解された世界では、
殺し合いにもルールがあるんだよ。

例えば、日本。
例えば、ヨーロッパ。

異なる連中が出会っちゃうと、
悲惨なことになる。

だから、相互理解が必要なんだわ。

413 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:34:39 ID:oDCcgCxc
>>374
>侍はというと、どこまでいっても人殺しは悪。

コッチにも夢見がちな子がいるなあ。

「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候」――朝倉宗滴
どんだけ敵をぶっ殺そうがOK、卑怯と呼ばれようが勝たなきゃ意味が無い、ってのが
武士の習いだったわけ。

そんな野蛮な個人事業主である独立戦闘者を
為政者のための行政官僚に作り変えようとしたのが徳川幕府であり、朱子学なわけ。
「君君足らずとも臣臣たれ」
なんてのは江戸時代のサラリーマン武士道なのよ。

414 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 02:42:27 ID:oDCcgCxc
>410
むしろ互いに「平和を侵す相手」だと思ってたわけさ。
家康はキリシタンを、信長は一向宗を。
官軍は幕軍を。
西郷軍は政府軍を。

それらの戦闘が凄惨きわまりない地獄絵図であったということは
世界の他の国の歴史とそう変わるものではないデス。


415 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 03:20:45 ID:SmSEhVjB
武士道とは死ぬことと見つけたり。
修羅道とは倒す事と見つけたり。
我、悪鬼羅刹となりて目の前の敵全てを…斬る!!

416 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 03:30:43 ID:JmzB8s8K
そういう、コチコチな人たちを、
切らずに済ませる方向に引っ張ってく奴もいるのよ。

日本には。

417 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 03:33:23 ID:oDCcgCxc
>416
欧州にも居たでしょ。
別に日本が特異なわけじゃあないですよ。

418 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 04:01:54 ID:JmzB8s8K
どこでも同じってことで、
いいことだ。

そうじゃなきゃ、
ほんと、無茶苦茶になっちゃうもんなぁ。
なんつーか、いいかげんな奴がいないと。

いいかげんは、良い加減。
坂本竜馬だって、そうだろ。
命がけで、ふざけてんだ。w

419 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 04:26:12 ID:PgTLf7ha
>>344
天使 「神様、それでは日本があまりにも恵まれすぎてます。」
神   「そのかわりに、隣に○国と○国を造っておいた。
     日本の中にも、○○人を紛れ込ませておいた。
     これで、御相子では無いかな?」
天使 「神様、それでは逆に日本があまりに不憫です。」

420 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 04:29:03 ID:PgTLf7ha
>>412
サミュエル・ハンチントンですな。

421 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 04:49:28 ID:KK0MIO9F
【広島】原爆投下は「日本の植民地支配から解放」とのアジアの声が根強い…原爆資料館展示見直しに中韓などの委員を起用へ★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1180547237/

422 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 06:33:16 ID:MzLIp76D
李登輝前総統の出迎えにたったの300人かよw おまえらほんとにここだけだな 

423 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 06:37:33 ID:R8zRxO/0
飼い犬の糞を片付ける習慣がないフランスでは
パリ市内だけでも年間に2億円の税金を使って犬の糞専門の掃除人を雇ってる。
財政が苦しいパリ市は受益者負担として犬の飼い主に税金を課そうとしたが
パリでは自由に犬を飼う権利まで奪うのかと抗議が殺到して廃案となった。
日本っていいなと思うよ。

424 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 07:23:26 ID:aB+UPYph
>>415
侍魂ですな

昔を思い出します。

425 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 08:39:36 ID:pc9ZC06P
> 1600年の関が原の戦いでは、当時の地球上にあった火砲の約半分が東軍西軍の中に存在したそうであります。
> (しかしその技術文明は徳川幕府の鎖国政策の所為で進歩を凍結させられてしまうわけですが)
これって凄くね?
米国なんて色々銃にまつわる悲惨な事件おきてるけど
移民だなんだとは言っても銃を捨てる選択肢は出てこないよな。

426 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 09:14:08 ID:UvMnQ1Fy
>>425
そりゃマジョリティーが銃の所持は当然の権利だと思ってるもの。
政府が暴走した時に自分達でぶっ潰す為の抵抗権。
お上(武士)が強制的に武士以外の武装を解除した日本と、建国の
時点で主権在民のアメリカという成り立ちの違いもあろう。




427 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 09:20:49 ID:30w/Fj0u
>>408
ただあの時「坊主は念仏唱えていれば良い」とした事が、後の世にどれほどプラスに働いたかは
計り知れないよ。日本人が今宗教で血を流さないのも、そうした積み重ねがあったからではないか。
確かに血は流れたけど、それは避けては通れない道で、結局は平和に繋がったと信じたい。
今でも韓国じゃ坊さん同士の武力衝突あるしな。

維新だって、国を割る内戦が短期間に収束したのは、特に幕府側が良識を持っていたからでしょう。
自分達が負けるとわかっていて、フランス等の支援を断るなんてなかなかできませんよ。

428 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 09:21:58 ID:30w/Fj0u
>>409
その分異民族にはひどい事をした気がしますね。

429 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 09:23:51 ID:30w/Fj0u
>>411
中国や大航海時代ならあてはまるかもしれませんね。

430 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 09:37:58 ID:8mlR0RnD
>>425
昔侍のシンボルといえば弓矢だったらしい。魔を払うまじないにも使われて、破魔弓とかになったとか。
事も弓から生まれた、なんて話も聞いた。
戦国時代になると銃が登場して、火力が勝敗を分けるようになった。
この時期の戦死者を調べると大半が銃、次が弓矢、最後が槍で、刀による死者はほとんどいなかったと。
つまりこの時期までは「刀は武士の魂」でもなんでもない。
関が原が終わり平和になると戦闘集団である侍は、武器を捨てなければならなくなった。しかしそれでは
自分達の精神が無くなってしまう。そこで大型の太刀を殺傷力を弱めて携帯性を高めた刀を持つようになった。


今アメリカができない、「精神を残しつつ武器を捨てる」という事を既に日本はやっているんだな。
アメリカも小口径の単発ライフルだけを許可して、あとは禁止するしかないはずなんだよね。それが難しいん
だろうけどさ。

431 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 10:21:44 ID:fstCO57O
いまだに「鎖国の所為で技術の進歩が遅れた」という認識を持っている奴が
いるのにビックリだ。鎖国ってのは要するに管理貿易であり、政府が貿易を
占有する政策に過ぎんのだが。得た情報は迅速に翻訳されて(もちろん検閲
は存在したが)いたわけだし。

ペリーが来航した当時、知識層のほとんど、在野の賢人に至るまでがアヘン
戦争の大筋について理解していたのは有名な話。

江戸期に武器の進歩が見られなかったのは「必要ないから」の一言に尽きる。
民間人が海外の文物に触れられず、その結果、官民一体となった技術革新が
得られなかった、ならまだわかるけどな。

432 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 10:48:55 ID:L9H5CLhK
>>430
「刀は武士の魂」でもなんでもない。

そうなの?
でも、源氏の嫡流は代々刀と鎧を受け継いでいたんでしょ?
それ以外の武士にはただの武器だったのだろうか。
天皇の三種の神器にも刀があるしなあ。

433 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 10:51:28 ID:N8umMUXd
>>432
そういった受け継がれる物とか儀式用の物はともかくとして、
普通の刀が武士の魂と言われるようになったのは江戸期からだそうだよ。
それまではカウボーイが自衛のために銃をぶら下げるようなもんだったらしい。

434 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 11:50:25 ID:RTvETvM2
>427
良識があったからではなく、まともな人材がいなかったから
あんなにあっさりと倒れた訳で。

435 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 12:26:47 ID:RTvETvM2
>430
「大半が銃」ってのは違うよ。
戦国時代の合戦の死者の死因の最大のものは実は投石。
次に多いのが弓矢で、火縄銃はそれ以下。

先込め式の火縄銃は一人の敵兵を射殺するのに
兵と同じ重さの銃弾を発射する必要があったらしい。
とは言え、銃の大音響で敵の士気をくじいたり隊列を乱すのに有効だったとか。

>431
海外から流入する書籍文物が制限されてる場合と
されてない場合

どっちが技術発展が進むかは明確だよね

436 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 14:59:49 ID:dzjNuCZ9
「平和度指数」世界ランキング、日本はG8最高の5位
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000402-yom-int

出ました、1位はノルウェー!w


437 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 16:27:24 ID:ppCJTyXu
>>391
なんで2機目はフルブレーキで着陸してるんだろう?

しかし、陛下達の乗った1番機の着陸は職人技ですな

438 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 16:38:14 ID:bEpxybHd
>432
単純に戦闘力の問題で、実戦じゃ飛び道具が一番強く
馬に乗って戦闘するんだから槍の方が強い
もちろん地面に降りてもリーチの差で剣より槍の方が強い

実戦で強い=槍の技術がスゴイで、強い武士なんかを何本槍とか
呼んだりするのはその名残

逆に雑兵なんかは、金が無いから安物の数打ちの刀を、数合わせで
持たされてた、もっと下の兵は竹ざおとかだったけど・・・

じゃあ、刀は武士の魂じゃないの?と言うとそうでもなくて
剣が神聖なもの特殊なものとされるのは、ドコの文化圏にもあって
日本独自のものでもないが、とうぜん昔から特別な感情を持たれていたし
刀が、どんどん芸術品的になっていくと、そこに独自の価値観、宗教観
なんかもついて武士道と切り離せない一部になっていく

江戸期になっても、やっぱり武士は強くなきゃ!と言う考えは当然残ってて
それで様々な武門なんかが、就職用ビジネス専門校化していくうちに
剣術が基本教科wとして盛んになっていった

まぁ、平和な時間が長すぎて武装や実戦技術が失われていった結果
幕末になって、ようやく刀が
【鎧とか銃とか槍とか持ち歩かない街中や狭い路地、建物の中という
限られたバトルフィールド】に於いて、初めてメインウェポンとして活用されたわけだが・・・

439 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 17:07:35 ID:RTvETvM2
刀は儀礼用だったり報償品に過ぎなかったわけで
「武士の魂」って言うほどのモノではなかったでしょう。
重視されだしたのは江戸時代に入ってからです。

440 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 17:11:27 ID:y1dSGcMn
>>438
雑兵でも槍がメインウエポンだ、一番槍ってのは敵と一番最初に戦った人間の事(或いは敵陣に
最初に突っ込んだ人)、名誉だし論功行賞に影響するが、強さは関係無いしそもそも戦場で個人の
強さなんて役に立たん。
武将の役目は兵の指揮統率。


441 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 17:47:50 ID:DQodQnqi
風が強かったのかな。終始右に切ってますね。

>>437
一番手前の、タキシングウェイ?に入るからじゃ?

442 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 19:00:26 ID:Ldze7b4q
刀に関しては、鎌倉の時代にも神聖視されていたよ。
源氏代々に伝わる刀が云々〜という話が色々残っている。
ただ、実用としては相手の首を切り落とす時などに主に使われていた。
実戦は普通は槍か弓だった。

443 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 19:21:26 ID:VGcKUll/
実物の日本刀を持ったことさえあれば、
騎乗で片手で日本刀を振り回すことが
いかに危険で怖くて意味のない行為かは、一度馬に乗ってみればわかる。
時代劇が馬鹿らしくて見てられなくなる。

444 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 19:24:19 ID:jjJ9RHkH
なんでジャポニスムスレでやらんかねえ。
馬鹿が馬鹿と相打ちになって消えてくれるかと思えばそうでもないし。

445 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 19:27:09 ID:fstCO57O
>>435
だぁら制限されてないっつうの。「開放」されてないだけ。ついでに
言うと、封建制国家の庶民階級に情報の「開放」がなされたところで
技術革新なんぞ起こらん。民衆の技術が文明を動かすようになるのは
近代以降。それ以前の「文明」は基本的に支配階級のもの。

イメージで語りすぎ。「制限されてないから優れたものが出来るはず」
なんてのは駄目人間の言う「僕はやれば出来る子」って理屈と変わらん。

446 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 19:29:01 ID:VGcKUll/
流れがあるからな。
話題でもないのにいきなり「ところで日本刀のことなんだが・・・」
なんてやるのか?

447 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 19:29:29 ID:N8umMUXd
>>443
どこだったか忘れたけど、
剣術師範が運営している剣術のホームページで言われているには、
太刀は騎乗で使う事を前提として片手で振り回すようにできてるそうだよ。
両手持ちだとまともに振る事はできないってさ。
江戸期以降に一般的となった平服の腰帯に刺す打刀の大刀は両手持ちとして作られているそうだ。
だから時代劇の描写はちっとも間違ってない。

448 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 20:01:13 ID:RTvETvM2
解放されてないならそりゃ制限されてるって事だろ(w
実際、必要な人間に必要な情報が到達してないんだから
この制限は有害以外のなにものでもない。
少なくとも技術発展という面においては。
(前野良沢のような化け物がいなかったらと思うと、ね……)

449 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 20:05:56 ID:FXTUJED6
まあ、長え槍を持ち歩くわけにもいかないしな。
男なら二刀流より両手持ちでエクスカリバーだよな。

450 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 21:20:10 ID:ixux0ful
>>445
江戸時代って鎖国のイメージのせいで、随分と過小評価されてるよな。
明治新政府の自己正当化史観かGHQのアメリカが開国してやった史観なのか知らないけど。
実際、金銀銅の産出は世界一だったし、特に清は日本の銅に完全に依存していたし、
ヨーロッパ銅相場にも、オランダを通じて影響を与えていたんだよ。
東南アジア貿易では、日本の銅や銀が現在のドルのような立場にあった。
鎖国って言うと、封建的で反進化的なイメージがあるけど、欲しい物は、一部を除いて
国内自給できてたから、可能だったんよ。
明治維新の遥か前から、日本は中国経済圏から自立していた(政治的にはもちろん昔から)。
これは、もう少し評価されてもいいと思う。特に世界史的観点で。


451 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 21:58:36 ID:X+H6RD2f
江戸時代に丸くなった武士だが、薩摩はその中での戦国時代の風習を残していたらしい。
薩摩名物の立ち撃ちというのは、敵に体を晒して立って撃つw
薩摩で飲み会といったら輪になった中央の囲炉裏に火縄銃を吊るし、いつ暴発してもおか
しくない状況で平然と酒を飲んで胆力を鍛えるという無茶ぶり。
これは武士のカテゴリーに入れていいのか迷うぐらいだ。

452 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 22:16:34 ID:aN2GHmNw
>>447
太刀と日本刀は違うって、知ってる?

453 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 22:18:38 ID:U22JMIG0



ここまで読みとばした




454 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 23:10:25 ID:N8umMUXd
>>452
同じ物ですが何か?
剣術の世界では、太刀(たち)、大刀(だいとう)、小刀(脇差)、長巻、長刀などを総称して日本刀と言いますが何か?
文献を見ろとまでは言わないけど、ウィキペディアくらいは覗いてから煽ってみてはどうだろう。

455 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 23:11:28 ID:AuPfqiML
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   日本はワシが育てた
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /   
   ノ `ー―i


456 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 23:53:36 ID:I/qHlBpx
自分の持ってる日本の知識をひけらかすスレですか

457 :日出づる処の名無し:2007/05/31(木) 23:56:24 ID:dzjNuCZ9


くだらんスレだ!




458 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 01:06:37 ID:UM6+0/dT
>>430
>今アメリカができない、「精神を残しつつ武器を捨てる」という事を既に日本はやっているんだな。
いやいや、支配階級である武士が農民から武器を取り上げたり、
徳川幕府が反乱を防ぐために各藩の武装を弱体化させていったりしただけですよ。

そして武器を奪われたから観念に走るしかなくなっただけ。
精神は残ったと言うよりは捏造されたと言うべき。

>>450
江戸時代はポトシ銀山が世界一の産出量だったはず。


459 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 01:13:41 ID:2p5QrkI4
どうも何が何でも「日本最高!!」にしたい夢見がちな人が多いようで。
スレの特性上仕方ないのかもしれんけど。少なくとも政治は人道では
動かず、基本的に打算と計算で形作られるって事は知っておいて損は
ないと思う。

「基本的に打算と」が「基本的ニダさんと」に変換された俺はだいぶ
特亜に毒されているようだw

460 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 01:53:30 ID:UcXDyWPZ
>>447
その剣術師範が誰かは知らないが、馬上戦闘を考慮してというのは
日本刀の湾曲のことを言っているのだろう。
(というか一般にはそういわれている)

江戸期以前の刀が両手で振り回すのが困難で、片手で振り回すように
できている?? 
まず重量からして片手で日本刀ふりまわすのは相当困難だけど、
具体的に構造がどう違うと言っているのかな。

いずれにしても、片手で馬を操り、片手で抜き身の日本刀で戦うというのは、
緊急時は除いてフィクションでの話。そういう状況も考慮してある、というだけで
実戦の馬上ではもっぱら弓が用いられた。

461 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 02:29:17 ID:YudVjfiF
長さ違うし厚さ違うし、時期によって日本刀もそれぞれだわな。

462 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 02:57:34 ID:TE/q9TvK
現代人と戦国時代の人間の身体能力の差もかなり有るだろ。

463 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 03:00:19 ID:UM6+0/dT
>>462
戦国時代の成人男性の平均身長は160cm未満

464 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 03:41:32 ID:cIRjxrtU
戦国は163じゃなかったか
幕末が158?とかで
幕末よりも戦国の時代の方が高かったらしいが

465 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 03:45:23 ID:TE/q9TvK
>>463
体格と身体能力はさして関係無いだろ。一流アスリートと比べるならまだしも、機械も
無く畑を耕し、自分の足で長距離を移動してた連中と現代人は持久力からして違うよ。

つーか160cmなら今より10cm低いだけじゃん。肉食が減って体が小さくなった江戸期
でも現代人より頑健だぞ。飛脚なんて急ぎの便ではリレーだけど江戸−上方を三日で
走り、明治の話だが人力車は東京−日光を交代無しで14時間半で走ったという話も有る。

466 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 03:45:53 ID:cIRjxrtU
半万年属国のどこかの国の大まかな歴史
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=2993012

467 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 04:19:15 ID:cIRjxrtU
誤爆した

468 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 07:52:11 ID:x8tln5eo
>>465

>機械も無く畑を耕し、自分の足で長距離を移動してた連中と現代人は持久力からして違うよ。

現代人より優れてる可能性があるのは持久力だけじゃないの?





469 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 08:49:28 ID:UM6+0/dT
>465
>体格と身体能力はさして関係無いだろ。

関係無いわけない。

470 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 08:56:26 ID:vaXv9Drq
>>468
現代の日本では子供の平均身長って伸びてるけど、
運動能力測定の結果なんかは悪くなっていってるよねー。
まあ、骨格である程度の運動能力って決ってくるけど、
それだけで決まるわけじゃないから。

471 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 08:57:49 ID:vaXv9Drq
>>465
>体格と身体能力はさして関係無いだろ。
つ「ボクシングなんかの階級制」

472 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 09:07:30 ID:2P1kTb+u
持久力だけじゃなくて、ここぞという時の精神力もかなわないと思う。
身体能力が高くたって、心がくじけたら崩れるのはあっという間だよ。
爺ちゃんや婆ちゃんの世代の心の強さみるだけでも敵わないなと思うのに、
困難を当たり前のように経験してきた昔の人の強さに、現代人はとても太刀打ちできそうにない。

473 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 10:15:33 ID:7E1U57IW
太刀だけにかw

474 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 11:07:33 ID:61SUrByK
渋谷・原宿がまだ農村だったころの子供なんて、今じゃ信じられない距離を
平気で歩いていたりするからな。平均的なスタミナじゃ全く敵わないだろう。

475 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 11:08:30 ID:mlBpzM6B
>>460
まあ前にも言ったとおりウィキペディアでもかまわんので、ちょっと調べてくれれば解ることなんだが…。
簡単に言うと太刀は分厚く重くそれ自体の運動エネルギーでぶん殴る使い方、
打刀は軽く細身で人間の筋肉で切る使い方。

握りの部分も違っていて、
太刀は切っ先から柄先まで全体的に湾曲し、片手で振り回すときに重心がぶれない構造。
対して打刀は切っ先からツバまでの刃部分が湾曲し、ツバから手前の握りの柄部分は直線になっているため、
両手で振ったときに刃に力が乗る構造になっている。

全体が湾曲している太刀は構えたときに左手が持ち上がるような形になってしまい、
十分に筋肉の力が伝わらないんだとさ。
もちろんやってできないことはないそうだが、少なくとも打刀とは雲泥の差があるそうだ。
だから太刀は柄元を基準にして刀の運動エネルギーでぶん殴るような振り方をするんだと。

日本刀で戦うというのは絵巻にも書かれている通り別にフィクションでもなんでもない。
遠い間合いでは弓で、接近してきたら刀槍でというのは基本だった。
一騎打ちが廃れて集団戦が進んでくると馬は騎兵、弓は弓兵、槍は槍兵、刀は通常歩兵と分業化が進んでいっただけ。
そして分業化が進むにつれて太刀は地上で両手持ちに適した打刀に変化していったってこと。
最も戦国時代のは打刀も相当の厚みがあったそうだが。

476 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 12:14:11 ID:54bUDbmK
頻繁に振り回す事考えるから
太刀は片手じゃ…とかの話になるのだろうな。

477 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 12:21:04 ID:9KmKQEL0
朝鮮でもエアーコンディショナーをエアコン、リモートコントロールをリモコンと略すんだな
本人達はそれが日本の影響だと知ってるんだろうか

478 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 13:10:38 ID:mlBpzM6B
>>476
そうそう。
振り回す使い方は打刀のみで、太刀はどちらかというと
鎧兜を力任せにかち割る戦斧のような使い方だったってことなんだよね。

ちなみに打刀の例
ttp://kyokusho.com/mikawaya/touken/images/I-011/tensho301.jpg
太刀
ttp://www.city.kobe.jp/cityoffice/06/014/genpei/bugu/img/pic18_h.jpg

柄の形状に注意してみると使い方の違いがわかると思う。
一見すると同じ刀だけど、ぜんぜん違う戦法思想のものによる別の武器なんだよね。

479 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 13:20:19 ID:x8tln5eo
>>470

>運動能力測定の結果なんかは悪くなっていってるよねー。

それは同じ現代人の、せいぜい数十年のスパンでの話でしょ。


480 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 14:30:49 ID:UM6+0/dT
>一騎打ちが廃れて集団戦が進んでくると馬は騎兵、弓は弓兵、槍は槍兵、刀は通常歩兵と分業化が進んでいっただけ。

通常歩兵ってなにさ?
足軽ですらメインウエポンは槍ですよ。
刀は合戦では敵の首を切り取る役にしか立ちません。

481 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 14:47:15 ID:vaXv9Drq
>>479
まあいいや、めんどくせ。
そもそも身体能力なんて、単純な筋力、瞬発力、反応のみ
から体育的なもので身につける運動技術を含む範囲まで結構定義がわかれそうだし。

482 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 15:09:36 ID:mlBpzM6B
>>480
「専門家」である武術家や歴史家がそういう戦い方の武器であり、
実際にそのように運用された記録があるといっているのだから、
あなたが何を言おうとも揺るがないと思うんだけど?
それともあなたが主張するような首切りにしか使われなかったということを
証明する絵巻物や戦史書があらたに発見でもされたの?

483 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 15:24:29 ID:QboOG6Te

ラララコッペパン〜♪ ラララコッペパン〜♪
         ♪ ∧,_∧
            (´・ω・`) ))
          (( ( つ ヽ、   ♪
            〉 とノ )))
           (__ノ^(_)



484 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 17:15:44 ID:b6WQGk05
>>482
騎乗で刀で白兵戦というのがそもそもフィクションなんだよ。
(成り行きでそうなってしまうことはあるにせよ)
身動きとれない馬上では格好の標的だし、
馬上で日本刀ふりまわしたところで下には届きもしないぞ?
槍で串刺しになって一瞬でおわる。
絵では日本刀を掲げてるって、そりゃ絵だからな。
文字通りフィクションだよ

485 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 17:24:55 ID:mlBpzM6B
>>484
そうかそうか。
では、専門家である歴史家の定説をも覆すだけの証拠の提示をどうぞ。

486 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 17:30:01 ID:mlBpzM6B
ちなみに無知からくるいくつかの誤解があるようなので指摘しておく。
騎馬による片手刀は平安時代初期などの太刀が主武器だったころのみの戦い方。
両手持ちの打刀が一般的になる新刀期になると、馬から下りて戦うのがメインとなったといわれている。
しかも当時の軍馬は非常に小型で、今で言うロバていどのものだった。
現代のサラブレッドを想定して物を語らないようにね。

まあ、少しは調べてから否定するなり煽るなりしてくれ。
無知すぎて指摘するのも疲れる。

487 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 17:49:25 ID:54bUDbmK
戦場でリーチがある武器ほど強いのは世界共通じゃないのか?
適材適所で刀は携帯性に優れるとか、小回りが効くとかの方が重要でしょう。
普段持ち歩ける武器だからこそ権威の象徴にもなり得る。

488 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 18:06:33 ID:54bUDbmK
む…議論の流れ勘違いしてた。
太刀が馬上で使われていたのは本当でしょう。
実用性が槍などより劣ったのも本当だろうね。実際廃れてるしな。

489 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 18:27:24 ID:4sywtypN
>む…議論の流れ勘違いしてた
ハッ!「議論」か!そういうのは別のスレでやってもらえませんかね!!!!!!

490 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 18:52:06 ID:B82ZqJDw
ちっぽけなプライドのためにスレチなカキコが続くのは止めてくれませんか。

491 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 19:05:00 ID:8kLr9gOi
>>487
リーチがあるほど〜ってのはよく言われるけど、根本的に勘違いしてる人がいる。
あれは集団戦での戦いのことだよ。つまり一団と一団が殴り合う場合。

個人戦ではそう単純な話ではなかった、純粋にリーチだけを比べられるならいいけど
重さやらバランスやらも問題になってくるしね。

んで、こっちは専門じゃないんで聞きかじりだけど正しい意味での集団戦が流行りだしたのは
戦国期後半らしい。
なんで不利不利いわれてる刀が廃れていかなかったかはここらへんが原因になってるんだよ。

492 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 19:17:44 ID:UM6+0/dT
>>491
乱戦でもリーチの長さは有効


つか、戦国時代には白兵戦てのはあまり行われてないわけで。
投石・弓矢・鉄砲といった飛び道具による死者が7割以上
槍・長巻・薙刀によるものが2割

刀は1割以下に過ぎないそうだ。

493 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 19:32:40 ID:8kLr9gOi
>>492
乱戦「でも」っていわれても、俺も集団戦ではリーチがあるほうが有利っていってるんだけどね。
俺がリーチがあるほうが有利だとは言い切れないって言ってるのは個人戦の話。例をあげていうなら、
由緒正しい一騎打ちでの話。

刀は他の武器と比べて取りまわしが楽だから個人戦ではリーチの差を補えるだけのものが有ったらしいよ。
とはいえ、槍より刀の方が絶対的に有利っ!なんていう気はないよ。
ただ武士の魂っていわれても別に不思議じゃないんじゃね?ってくらいには不利じゃなかったよって言いたいだけで。

494 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 19:32:59 ID:/DyepzQ6
それ専門のスレ行けば?
あやふやな知識の言い合いで無駄な時間過ごすこともあるまい。
ああ、それが楽しいのか。

それこそ雑談スレとかでやればいいんじゃね?

495 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 19:39:53 ID:mlBpzM6B
>>492
あれ?君は確か「刀は合戦では敵の首を切り取る役にしか立ちません」とかなんとかいっていたような?
へえ〜、それなのに一割もあるんだ〜?

だんだん君の主張が事実に基づかないものだということが
明らかになってまいりましたね。

496 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 20:05:51 ID:mkmpvbka
武道や軍事の話で荒れるのはいつものこと。
嵐が過ぎ去るのをじっと待つんだ。
新しい話題が振れればなお善し。

497 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 20:51:40 ID:x8tln5eo
常態とはいえ脱線しまくってるのでスレに沿ったネタを。

『「人」を食う中国人割を食う日本人』より
http://www.amazon.co.jp/dp/4847017129/ref=sr_1_1/250-1099439-2648240
http://plaza.rakuten.co.jp/chinalifecost/

少々古い話である。
中国なのに何故か韓国人との付き合いも多い私だが、こちらで最初に知り合いになった
韓国人はとある企業の社長だ。
歳は55歳くらいかな?
ちょっと疲れた感じで、おじいちゃんっぽいおじさんだ。
これまた日本商品のコピーをご多分に漏れずしているのだが(苦笑)ちょっとした
縁で知り合いになった。
ある日、用事があってその会社の近くまで出かけたところ社長とバッタリ遭遇。
「うちの会社でお茶でも飲んでいきなさい」と誘われお邪魔した。
なんてことない、下らない話をしていたのだが(社長の家族の話とか出してもらった
お茶の由来とか)、その当時こちらでも大きく報道されていた「新潟地震」のことに
話は及んだ。
社長「日本は地震が多いね。10年くらい前にも大阪で大きいのがあった。それに今年は
台風もたくさん来たね」
私「そうですね。今年は台風といい地震といいとても多かった1年で、私も心配しています」
と答えた。
すると、その社長がじーっと私の眼を見てこういい出した。
「僕はちっとも心配してない。日本は昔から地震が多い国だ。しかし大きな地震が起こる度に
日本はそこから這い上がり技術を向上させ進歩してきた。台風もそうだ。僕はね、今年台風が
次々に日本を襲うのを見て、まるで日本が台風を呼んでいるかのように感じた。もっと来い!
もっと進歩してやるぞ!と。僕は地震や台風のニュースを聞くたびに『ああまた日本が強くなる』
と思う。日本じゃないとあの数多い地震や台風にはとても耐えられない。叩かれても
叩かれても日本はあっという間に立ち直りさらに前へ進む。日本は本当に強い国で、日本人は
強い民族だ」


498 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 20:52:31 ID:x8tln5eo
(中略)
なんて答えていいのかわからなかったが、かろうじて「韓国はどうなんですか?」と返した。
すると社長は
「韓国はダメ。技術はないし我慢しないし、国を簡単に捨てる。日本人のように苦しい時も
じっと我慢して耐えて努力することができない。日本は長い間不況だと言われてるけど、
それで海外に逃げ出す人なんていない。韓国の経済だって悪いけど日本と違ってみな逃げる。
国を立て直そうという気がない。韓国にもし日本のような台風や地震が来たら韓国は
潰れてしまうよ。みんな国を見捨てていち早く逃げ出すだろうからね。」
こういってため息をつく社長に、私はまたしても返す言葉が見つからなかった。
無難に「そんなことないですよ」とかいった気がする。
しかし社長は
「君は日本人だからわからないんだよ。日本が、日本人がどれだけ強いかが。」
・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで聞いて、毎度おなじみの
お前だって海外逃亡組だろぉ!!
と突っ込みを入れたくなったのだが……、
今回はやめた。
素直に自分の国、自分の民族を褒めてもらって嬉しかったので。


ちなみにこの人によると、トンデモない中国人がほとほと呆れるほど超トンデモないのが韓国人だとか……。

499 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 21:46:14 ID:TR2/cdI2
>>497-498
それは、結構前から知られている有名な話なので
いまさら新しい話のネタと言われても食いつきにくいなあw

と、空気読めずに言ってみるw



500 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 21:56:53 ID:PodNkdRv
「わたしは後藤新平の台湾施政を民主台湾の政治の土台にした」
   李登輝前総統、後藤新平賞受賞記念スピーチで強調

http://www.melma.com/backnumber_45206_3690472/

501 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 22:30:58 ID:EA+DBkaS
リアディゾン 乳輪モロ出し
http://www.youtube.com/watch?v=28I4M4KKbcI

502 :日出づる処の名無し:2007/06/01(金) 23:37:54 ID:UM6+0/dT
>>493
>由緒正しい一騎打ちでの話。
まあ、そんなの滅多に行われてないから。


503 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 00:03:39 ID:6uNQk/KX
>>502
寝る前にと思って覗いてみれば、今ごろまぁ。

>まあ、そんなの滅多に行われてないから。
その程度の知識なら、もう変なこといわないほうがいいよ。

504 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 00:06:24 ID:vOqyTUFU
一騎討ちファンタジーが信じられてるスレはここですか?


505 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 00:15:55 ID:oynvsrLS
皆、時代をちゃんと断った上で会話したほうが良くない?

例えば「やあやあ我こそは」で始まる由緒正しい一騎打ち(平安・鎌倉)をファンタジー(戦国時代では)じゃあスムーズに会話も出来ない。


506 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 00:16:52 ID:6uNQk/KX
>504
ファンタジーって、室町より前は一騎討ちの方が主流だよ。
室町で徐々に廃れていって、戦国あたりではほぼなくなってる・・のかな?
専門は室町以前だから戦国期はいまいちわかんない。

いくらなんでも、ファンタジーで片付けるのは暴論だよ。

507 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 00:21:19 ID:6uNQk/KX
>>505
「刀は武士の魂」っていうのが適当か適当でないかって話だから、だれもどこかの時代に限定しては
いないんじゃないかな?と思ってたんだけど。

508 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 00:22:10 ID:FYqiupOg
ええ、脱線雑談スレ違いが40スレ近く続いているのはこのスレです。

509 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:03:56 ID:gQmiTt62
高さ12m!「なまはげ」観光案内所オープン…秋田・男鹿
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070601ic24.htm

「なまはげ」の伝統行事で知られる秋田県男鹿市の国道101号沿いに1日、高さ約12メートルもある
巨大な赤青2体のなまはげ像が登場、包丁などを振り上げる格好でドライバーの目を引いている。

同日オープンした男鹿総合観光案内所に完成した歓迎モニュメントで、なまはげの里をアピールするた
め市が約2億6000万円かけて案内所とともに整備した。軽食コーナーもあり、日本海に沈む夕日を観
賞する人に日没時間の情報も提供する。

孫たちと立ち寄った近くに住む鎌田諒子さん(57)は「なまはげ像は、地元の人でも『おおっ』と思う迫力」
と話していた。

http://www.yomiuri.co.jp/zoom/MM20070601233145946M0.htm

510 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:05:03 ID:Iyje7U4p
>>504
鎌倉時代は一騎打ちって習ったぞ?
「やあやあやあ、遠からん者は音にも聞け。近くにおらば寄って見よ。我こそは・・・」って
お互いに名乗りを上げてから差しで勝負したらしいよ。
で、元寇の時に先方はそんな習慣がないから日本側が名乗りをあげてる最中に
攻撃してきたから勝手が違うんで苦戦したとか。

511 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:14:46 ID:LfstROMn
鎌倉時代の戦闘は弓や槍による騎馬戦
刀で立ち会ったわけではないが、これは戦国時代も同じ

512 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:20:31 ID:gQmiTt62
>>511
あのな、戦国時代に足軽がいた事くらい知らんのか?

513 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:23:39 ID:LfstROMn
何が言いたいのか分からん
戦国時代の足軽は兵站などの運搬、弓や鉄砲隊を組織していた

だからなんだ?

514 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:24:41 ID:NA48mjsF
一騎打ちっていうのは、

にらみ合った状態の、双方の陣営から、
それぞれの英雄というか、戦士が出て行って、
口上を述べてから、一対一で戦うことだよ。

で、決着がつきそうだとか、あ、やばいなってところで、
両方がワッと飛び出してって、乱戦になる。

部族社会の戦争みたいに、儀礼的なとこがある。

515 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:25:07 ID:pcCJ50GI
>>511
弓はともかく槍が鎌倉時代で使われてたって、凄い新説だな

516 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:34:18 ID:pcCJ50GI
>>511
あー、長刀のことを言ってたのか?
少し大人げないツッコミだったかも。すまん

517 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:39:14 ID:LfstROMn
槍は鎌倉時代の中盤辺りから普通に使ってるだろ・・・
ぐぐって訂正したのかもしらんが

518 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:46:37 ID:hfz9DjFm
オタクの悪いところ:
自分が自信のあるジャンルについてはたとえスレ違いであろうと気が済むまで書き込み続ける。

519 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:48:17 ID:V2s2uPCU
>510
基本的に一騎打ちとかは無い
勝ってる側がわざわざそんな危険なことする意味なんてないし、負けてる側なら
言ってる間に撃たれて終わる

「やぁやぁ我こそは〜」も相手に対して言ったんじゃなく、射程圏外の安全な位置で
戦闘開始時に、一番乗りはウチの部隊ですよ?ちゃんと戦ってますよ?
だから給料ちゃんと払えよな!ボーナス込みで!!

という上司&味方陣営に対してのもの

美しい一騎打ちネタは、後世のフィクションから広がったもの

実際の戦闘を元にしていても、
こんな戦闘があって、こういう戦いで、最終的にボスと英雄同士の一騎打ちによって
正々堂々の名誉ある戦いの結果、○○が勝ちました
みたいに脚色されていったモノ

今みたいに敵将の顔とかどんな人物か分かってる訳じゃないから、旗印なんかを元に
とりあえず偉そうな奴等を手当たり次第に(雑兵たちが)ヌッコロして、グチャグチャの乱戦になって
とりあえず、倒した敵の首だけは手当たり次第に確保しておいて、後からコイツがボスじゃね?と
発見した首を、雑兵たちに報奨あたえて買い取って(口止め込み)、
で、「私が倒しました!」と、上みたいな脚色したものを上司に語り、それが英雄譚として
現代まで語り継がれていく

520 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:52:30 ID:pcCJ50GI
>>517
え?まじで言ってるの?
槍って言う新兵器が文献に登場するのは南北朝からなんだが
それを覆す文献をしってるなら日本史上の大発見だよ

521 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 01:55:54 ID:NA48mjsF
ちがうって。

効率優先で、勝利が目的ってのは、
あとから出てくる考えだよ。

隣村の部族と戦う状況を考えてみ。
みんなそろって、川のあっちとこっちでにらみ合ってる。
まず、兄貴が出てって、自分の存在を誇示するわな。
向こうも負けずに出てきて、言い返すわな。

そこで、取っ組み合いが始まるわけよ。
みんな見てるから、かっこわるいとこは見せられない。

で、兄貴が負けそうになると、こりゃ大変だってんで、わっと出てく。
相手も、あいつら出てきやがったってんで、わっと出てく。
それで、乱戦よ。

だから一騎打ちってのは、後の殺伐とした時代には、
古きよき時代の話、として語り伝えられるわけだわさ。

それが終わったのが、鎌倉か室町か、って話で。

522 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:05:27 ID:V2s2uPCU
隣村とのいざこざと、職業戦士による数千、数万規模の死人が出る戦争が一緒なのか・・・

記紀神話の国譲りなんかは、一騎打ちのように見せかけて、
実際は開戦前の話し合い&余興の力比べレベルで解決だったみたいだが・・・

523 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:08:01 ID:NA48mjsF
一騎打ちってのは、そういうもんなんだよ。
職業軍人が効率優先で戦い始める前の話。

義経が非戦闘員の船頭をねらったのだって、
「革新的」なことなんだからさ。

・・・まあ、鎌倉時代にはリアルすぎるんで、
室町ごろに話ができたそうだから、実際に義経がやったのか、
分からんけどね。

524 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:09:35 ID:pcCJ50GI
>>522
そっちに関わる気は無かったけど面白かったから一言だけ

数万ってどんな大合戦だよ

525 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:12:19 ID:S2sxBlCS
先生、この国に魅了された人達の話が聞きたいです…

526 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:13:26 ID:NA48mjsF
・・・なんつーか、

目的達成を第一に徹底する、ってのは、
ある意味で「洗練」された考えなんだわ。
同じ頃の大陸では、そこまで行ってただろうけど、

当時の日本では、まだまだ、古きよき時代が残ってた、
と言えば聞こえは良いが、要するに、
戦争というより、喧嘩の延長だったからさ。

一騎打ちが、伝説になる一方、
夜討ち朝駆け騙まし討ち、ってな具合になるわけだ。
こうして文明は、発達する。w

527 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:13:56 ID:JNxBzHzL
おーけー、すべらない話をしよう

3年ぐらい前の話、付き合い始めたばかりの彼女が居た。
二人で遊んで酒飲んで、その日俺は彼女の家に泊めさせてもらうことになった。
俺が半分潰れてたから。その子は一人暮らしだし俺を心配してくれてた。
彼女の部屋に着くと俺はベットに倒れこんだ。トイレに何回か行って胃液を吐ききって
1時間も横になってるとやっと体調が回復してきた。ふと横で彼女が寝息を立ててる。
かわええなあ…。この子を一生守ってやるぞウフフと静かに誓い安らかに眠りに付いた。
しばらくして急に眼が覚めた…何かがおかしい。なんだこのまがまがしいオーラは。
頭を起こすと足元に男が立ってる。不審男が俺を見つめてる。鍵をかけ忘れたか?
横にはすやすや彼女。かわいい…。そこで俺のオスとしての本能が目覚める。
オレには守らねばならぬ人がいるんだァッ!タオルケットをブバァッツと中空へと放ち、
ベットから垂直ジャンプで飛び起きる。「しゃおら〜〜っ!」雄たけび。
不審男はたじろぎ慌てて言った「あの、ドンキホーテどこすか!」

…意味が分からない。この不審男は不法侵入を犯してまで
ドンキホーテの場所を知りたかったと?しかも近くにドンキホーテはない。
すると横から俺の声に目を覚ました彼女が「ドンキホーテはこの近くにはありませんよ」
不審男は「あ、そうですか、すいません」と言って出て行った。もーまんたい。
あっさりと事件解決。怒りが収まってから恐ろしくなって震えた。
彼女も怖かったのか黙って一点見つめてる。そりゃ絶句だろうよ。

後日談、一生守ってやるとか思ったその子だったが、うまくはいかずすぐ別れた。
性格が合わないとかなんとか。別れてしばらくして街でその子を見かけた。
いつぞやの夏の夜の不審男と一緒に歩いてました。

528 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:15:49 ID:NA48mjsF
作り話だろう。

つか、マジだったら、うーん・・・。

529 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 02:42:23 ID:ISQR0v7+
>>525
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄ヽlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll /      ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii      あ   .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|      き   |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      ら    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     め   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|     .た   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|     ら    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、   ?  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.‐- 、 : : : :
                  廴ミノ
                 ///¨' 、
                 y':;:;:;:/⌒i!
                J:;:;:;:;};:;:/;},
      ;il||||li'       t`'---‐';:;:;:l
     ,.r'"''、,┘        7;:;:;:;:;:;:;:;「
    ノ4 (⌒i        .}:;:;:;:;:;:;;/
   /..,__彡{, |         `i:;:;:;:;:;}
   (  .ミi!} l、         .」:;:;:丿
  クュ二二`Lっ)        `===

530 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 03:05:18 ID:Bh3qrudl
171 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/06/02(土) 02:35:30 ID:74kZxArM
スレタイと違う話題を延々として、スレ住人を呆れさせてスレを葬る
これがいわゆる日本人のやり方ですか?
ある意味武力テロより恐ろしいですね。
陰湿な島国根性という奴ですね。

531 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 08:08:12 ID:pAkV+IlO
重い刀を方手持ちで戦うなんてフィクション。
一騎打ちなどフィクション。
刀なんて戦闘では使われてない首切りだけ。
馬上での刀の使用なんてフィクション。

すごい珍説が目白押しですね。
いつの間に歴史を覆す新発見がなされたんだ?
ちょっとはググって調べてから書き込めよホロン部(もしくはただの馬鹿)。

532 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 08:12:06 ID:eZRd3tnE
多分、どっかの小説家かマンガ家の信者だろ。
エンタテインメントはもっともらしいウソを書いて、箔付けするからなぁ。

533 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 09:02:52 ID:87fOefaG
当時の軍馬をサラブレッドみたいな大きな馬だと勘違いしてる人がいるような…
当時の軍馬はポニー並かポニーよりちょい大きいぐらいのサイズの馬だよ。
サラブレッドだと肩までの高さが160〜170cmぐらいだけど
大きいので有名だった木曽馬でさえ肩までの高さは125〜135cmだし
他の和種だと肩までの高さが100cm〜110cmクラスだったりする。

534 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 09:39:52 ID:ca+C7lfm
「存在していた」と「一般的だった」には天と地ほどの差があることを
理解できない人もいるようだ。

535 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 09:50:03 ID:2K2k/k8m
くだらない見栄の張り合いで、
昨晩から今朝まで言い合いしてるのかよ…
なんだコイツら。
日本の恥だねw


536 :533:2007/06/02(土) 09:54:47 ID:87fOefaG
馬は肩の部分よりも背中の部分が低いから大きな鞍を着けても馬の肩の高さになるかどうかだね。
当時の日本人の平均身長が150cmで足は短めに考えて座高が90cmぐらいだと
背筋を伸ばした状態でも馬上の顔の位置は地上から2mぐらいかな?
イメージ的にはサドルを一番上まで上げた自転車に乗ってる平均的な身長の中学生か高校生って感じかな?

537 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 09:57:27 ID:AGow/Dz4
何を根拠に150pと言っているのかと

538 :533:2007/06/02(土) 09:58:38 ID:87fOefaG
>>535
最近は侍とか武士道に興味を持つ外国人も多いからこの辺のことはちゃんと知ってたほうがいいよ。
そうしないとどっかの国みたいにご先祖様は格好よくて凄かったんだぞ〜ってなっちまうw

539 :533:2007/06/02(土) 10:03:47 ID:87fOefaG
>>537

あ〜ごめん。
誰かが150cmと書いてたような気がしてたんだけど
読み返してみたら勘違いだったみたいだね。
162cmだとすると馬上で背を伸ばした状態で2m10cmちょいか
高校生がサドルを一番上に上げて自転車に乗ってるぐらいだね。

540 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:09:01 ID:Z+wtHOwh
方や細かい分類としての武士の槍(南北朝時代〜)の話で
方や長柄に穂先という広義の槍だったりしてるな。こっちはとにかく古い。

541 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:12:41 ID:FQJgf0E+
ネットの議論は言葉足らずで混乱しがちだよなあ。お友達感覚で赤の他人と
話すからグチャグチャ。

542 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:41:34 ID:2K2k/k8m
>>538
>この辺のことはちゃんと知ってたほうがいいよ。

そうなん。
じゃ言うけど、槍は南北朝からでなく、
考古学では古墳時代からあるよ。

543 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:41:46 ID:pAkV+IlO
当時の日本人の身長に関してはあたりまえだが統計があるはずもないので推定しかないが、
実は面白い計測結果が残っている。
江戸期の歴代将軍の位牌があるのだが、その位牌は実はその将軍の身長に合わせて作ってあるそうだ。
もちろんあまりにもサンプル数が少ない上に幅が広すぎて統計とはいえないが。
暴れん坊将軍吉宗が180センチ、お犬様将軍綱吉が124センチ。

でも、推定とはいえ実はけっこう正確に平均身長を割り出すこともできている。
というのも、日本人ってすごく物持ちがいいので、大昔の着物とかがたくさん現存しているんだが、
当時の着物はオーダーメイドが普通だったので、そこからかなり正確に身長が割り出せるってわけ。
それによると江戸期の平均身長は159cmだそうだ。

544 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:44:10 ID:pAkV+IlO
>>542
古墳時代のは槍じゃなくて矛じゃなかったっけ?

545 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:44:28 ID:Y0kmuVE6
まとめ。

日本における火縄銃出現以前の集団的戦闘において
日本刀は若しくはそれに準ずるものは、両手若しくは片手において
馬上もしくはそれ以外で使用された。

主に使用された武器は刃物、鈍器及び飛び道具であり、その武器の
有効攻撃範囲はおもに目視できる距離であった。

戦死者の多くは、戦闘に起因する致命傷での死者が圧倒的多数を占め
その他においては自刃による死者もあった。

おわり。

546 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:45:51 ID:2K2k/k8m
>>544
日本は古墳時代から装甲長槍歩兵集団だよ。

547 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:55:44 ID:pAkV+IlO
>>545
ついでに投石も追加しておいてくれ。
意外かもしれないが、戦国期にいたるまで原始的な石つぶての戦闘における比重は非常に高かったそうだ。
手のひらに収まる程度の石でも高速で頭部に当たれば瀕死の重症になりますからね。

>>546
そうなの?
俺は矛、剣、石弓が主武器だと聞いていたが。
まあ俺が学生だったころから15年は経過しているので学説が変化していても不思議ではないが。

548 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 10:58:51 ID:2K2k/k8m
>>547
騎馬民族説の議論で見つけたソースね。

考古学者・岡安光彦

古墳時代前期・中期を通して、「倭」軍中核は装甲長槍歩兵集団です。
装甲長槍歩兵集団にとって、
騎兵がさしたる脅威にならないことは,ご存知だと思います。
まして、騎兵が短弓しか装備していないと仮定するならなおさらです。
しかも、「倭」軍は弓と長剣を装備した軽装歩兵も豊富でした。

549 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:01:05 ID:rGWxE3I/
日本会議系宗教右翼(カルト宗教)の狂信者が、敗北の現実を受け入れられず、
マントラのように同じ呪文を唱えてる最近の自滅例。(最新情報Fw)


@ 南京大虐殺なんてやっぱなかったな。。(汗笑い)
 =反論の余地を与えることなく南京大虐殺否定論完封される。世界中で南京虐殺映画を10本近く上映されそうな始末。
 
A チャンネル桜は無料化したから視聴者ふえて、ブサヨ涙目〜〜(タダの強がり)
 =破産寸前で放送時間縮小。なのにさらに高額視聴料変更という冒険w 「南京の真実」制作は鳴かず飛ばず状態w

B 従軍慰安婦なんて全員薄汚い売春婦じゃん! キ〜〜〜!!(情報遮断モード)
 =連日暴かれる証拠・証言の山の前に完敗。安倍晋三が前言翻して河野談話以上のお詫び記者会見三昧の日々。
  それでも世界中の非難は収束せず国連から3度も勧告を出される始末w 今後の展開に要注目!!

C 靖国の英霊(A級戦犯)バンザ〜〜イ!陛下バンザ〜〜イ! (池沼モード)
 =富田メモが昭和天皇のご発言であることが100%決定して、実情は深刻なイデオロギー・クライシスw

D 極右政治家サルコジがフランス大統領に当選! ブサヨ惨敗! (脳内勝利宣言w)
 =サルコジは、自国中心主義・他民族侮蔑の国粋主義者で他民族劣等扱い。当然、彼にとって日本も三流国。
  日本の国技“相撲”について「ポニーテールをつけた、ただのデブ。あんなものに興味はない」と切り捨てる。
  最近、宗教右翼惨敗続きで、ネタ切れ状態で有利な報道に飢えていたので、単純思考で「極右」の共通点に
  共感し、勢い余って反日政治家を応援?w

E 「石原慎太郎 都知事再選を果たす」ブサヨ脂肪!w (バカの早とちりw)
 =慎太郎が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」は超反戦映画で戦争指導者(大本営)を
  ケッチョンケッチョンに批判。映画を見た人は一様に「日本の戦争指導者はマジ国賊じゃんよ!」との感想 w

F つくる会の教科書採用実績が全国的にほぼゼロで扶桑社が三行半。カルト教科書の出版が暗礁に乗り上げるw

550 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:08:40 ID:Z+wtHOwh
分類上正確に言うなら確かに矛だ。中国の矛とも違う。
でも広義だと槍で問題ないんだよ。剣が刀を含むのと同じ。

551 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:11:05 ID:pAkV+IlO
>>548
へー、史学と考古学で意見が分かれているってことなのかな。
でも、その考古学者が槍と矛を混同しているってわけではない?
古代の遺物とかでも矛、剣、刀、やじり等はたくさんあるけど、
槍の矛先はないわけだし。
いや、俺は戦国期のことしか詳しくないので知らんのだが;;

552 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:33:15 ID:Z+wtHOwh
つーか本気で分類する気なら直槍とか鎌槍とか分けなきゃならん。
槍が正式名称な槍種ってあるのか?
あと石器時代の石槍は槍と呼ばれるんじゃねぇかな。矛よりは槍だろう。

553 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:44:46 ID:xQ2Ykx67
おまえらまだやってたのかよwwwwwwwwww
ネタがないなら別の話で埋めなくてもいいってば。

自分の持ってる知識に魅了されてどーすんだよ……

554 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:52:11 ID:IpgYOnrO
>>545
おまいのまとめなんかどうでもいいよ。チラシの裏にでもまとめとけw

だから騎馬武者の武器は弓だって。
これは常識なの
鎌倉時代から武士の作法といえば流鏑馬(やぶさめ)だろ?
日本刀が馬上での武器ならば、馬上剣術仕合みたいな伝統や流儀が
なぜ発達しない?
鹿島以来、剣術はすべて地上に立って行うのが基本だ。
もしも戦場で馬上で日本刀をふるうのが普通ならば、当然そのための
技術が研究されてきたはずだろ。
日本刀は馬上で戦うための武器ではない。
家康が東海一の弓取り者といわれたように、弓が実際の戦いにおける
武士の象徴だったのだ。

555 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 11:57:22 ID:zr0zy9yc

読む価値の無い議論が続いています。

無視してどうぞ


556 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 12:10:00 ID:xrQvEdU4
ねむたい

557 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 12:18:02 ID:H1Oxg9bV
読み飛ばされない文章書くのが先決だよな

558 :<>97:2007/06/02(土) 12:24:27 ID:h3cXzmJP
護拳のない日本刀を片手で振り回したら、どっか飛んでっちゃうだろうな。

559 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 12:49:46 ID:pAkV+IlO
なんかまた専門家である歴史家の定説を覆す新珍説をまくし立てる人々が…

560 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 12:51:04 ID:V2s2uPCU
自分の空想や思い込みベースのヤツと
歴史小説やらをベースに語ってる奴と
一部の資料だけを妄信してるヤツと
実際武道とかやってる現代の知識しかないヤツと

入り混じっててワケ分からん

561 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 12:52:53 ID:pAkV+IlO
>>560
君はさしずめ一つ目ってところですね。

562 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 14:27:07 ID:FYqiupOg

はっきりいってどうでもいいから、
よそでやってくれませんかね?

563 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 16:15:03 ID:Y0kmuVE6
>>554
皮肉ってわかる?

564 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 16:18:49 ID:IMabinjH
全世界の平均身長も200年ほどで10センチアップぐらいじゃないの?

565 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 17:13:00 ID:mPOGWAuN
結局は戦場に適した武器を使ってたんだろ。

566 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 17:25:26 ID:NxtTRvrV
■日本VSハンガリー クリック戦争】勃発!!■
ハンガリー国民総出の大逆襲、 捲土重来の猛攻撃!
現在、1位のハンガリーに3億クリックの大差で苦戦中!
奇跡の逆転優勝のために 集え2chクリッカー!!!

ハンガリー全国ニュースで国民に訴え、日本に宣戦布告
http://www.youtube.com/watch?v=rBLzW_8EsaI

☆☆ 一番クリックした国が優勝 ☆☆
【戦場】http://www.clickclickclick.com/default.asp
・戦場へ行き、CLICKボタンをひたすらクリック!
【まとめサイト】http://www33.atwiki.jp/clickvip/
【本スレはクリックで検索】http://wwwww.2ch.net/news4vip/

567 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 17:32:23 ID:2m83hKcE
VIPでやってろよカス

568 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 17:35:48 ID:woLOWpm+
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

569 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 17:37:39 ID:woLOWpm+


宝来mtDNAデータのトリックとその欠陥を簡単に説明してやると、

朝鮮半島にしろ中国大陸にしろ、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、データの中に北方アジア人に関するタイプの
データが一切出てこない。

しかも、調査サンプルにも北方アジア人のサンプルが一つも無い。

つまり、宝来mtDNAデータは、北方アジア抜きの偏向調査で出された単なる
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの非常に悪質極まりない欠陥データに過ぎないのである。



570 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 18:53:50 ID:XIROYByH
「マトリックス」の天才兄弟が放つ新作は日本のアニメ!世界22か国マスコミが集結!
http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFCN0010690/

『マトリックス』シリーズを世界的大ヒットに導いた、アンディ・ウォシャウスキー 、ラリー・ウォシャウスキー
のウォシャウスキー兄弟が放つ新作は、日本のアニメーション「マッハGOGOGO」を映画化した
『スピード・レーサー』だ。

 本作の製作発表記者会見がドイツのベルリンで開かれ、世界22か国からマスコミが集まった。
「LOST」のマシュー・フォックスやスーザン・サランドン、クリスティーナ・リッチ、韓国の人気歌手ピ(Rain)、
日本の真田広之も出演者として登壇した。ウォシャウスキー兄弟は、現在製作まっただ中のため欠席した。

 ウォシャウスキー兄弟に代わって、製作進行についての質問に答えるのは『マトリックス』シリーズで兄弟
とタッグを組んだ、プロデューサーのジョエル・シルヴァー。『マトリックス』シリーズの次に、なぜこの日本の
アニメを映画化したのかの質問に「ウォシャウスキー兄弟は、昔からこの作品の大ファン。彼らが一番最初
に観た日本のアニメがこの作品だったらしい。彼らは11年前から、この映画を作ることの構想を練っていた」
と明かした。

 現在、兄弟は念願の作品を映像化できることに大喜びで製作に取り組み、時折「マッハGOGOGO」のテーマ
ソングを口ずさみながら、寝食も忘れるくらい熱中して取り組んでいるらしい。

571 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 19:58:25 ID:iZK1dr6E
法則ってまだあんのかな?

572 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 22:32:44 ID:2anL7Xpj
>548死んでくれ人間のクズ
>547この板に書き込む権利があると思ってるのか?
>546お前はなにがしたいの?
>5452度とくんなボケ
>542-544ニートがえらそうに語るな
>536-541お前らの人生が不幸でありますように

573 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 23:37:29 ID:OX8NGVLW
>>543
結構、時代によって変動があったそうだよね。
一般に気候が寒冷になると体格・身長は小さくなり、
温暖だと大きくなる傾向があったそうな。

574 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 23:42:30 ID:0EKmoxgs
>>573
>一般に気候が寒冷になると体格・身長は小さくなり、
>温暖だと大きくなる傾向があったそうな。
ただ世界的に見ると、北欧系はデカイとかいう事実はあるし、
ここら辺どうなんだろう?

575 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 23:51:43 ID:T8HnZXZd
>>574
完全に逆
生物は一般的に寒い方が大型化する
理由は体積に対する表面積が小さくなり放熱効率が落ちるため
生存に有利だからといわれている

常識

576 :日出づる処の名無し:2007/06/02(土) 23:53:03 ID:US7eL7HK
寒冷地だと恒温動物の場合体格を大きくした方が体表面からの体温が逃げにくくなるので、
同じ種なら寒い地域に住む動物ほど総じて体格は大きくなると聞いてる。

577 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 00:03:57 ID:ajYB6c8s
日本に限って言えば、さむくなると米が育たんので
通常より喰うモノがなくなるから小さくなるんじゃないかな。

578 :573:2007/06/03(日) 00:08:15 ID:HLzGNLbo
>>575,576
いや、大型野生動物のそれは知ってるし、
その原則に反してるなとは一寸思ったけど事実ですから・・・
それにしても、わざわざ指摘してくる人が居たとは・・・


579 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 01:16:11 ID:4WItcq88
つか日本の生物って何かと小さいよねってことは
前々からいわれてるよね。

580 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 01:19:23 ID:MltGtEwR
そりゃ島国だからな。生存競争がさほど厳しくないから
大陸みたいに無理してまで大きく(小さく)なる必要が無い。

581 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 05:45:21 ID:RhSXRNmk
カルシウム不足なんでは?

582 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 08:12:21 ID:CP8FNdyJ
>>579
山がちな地形だから。大容積だと障害物に詰まるし、大質量だと滑落する。

583 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 10:36:46 ID:YKUWcMeQ
一番大きいのはクマ?

584 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 10:40:05 ID:mA82UPyH
>>583
北海道のヒグマが一番大きそうだね

大昔は象も棲んでたみたいだけど現存するのとなると

585 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 11:05:54 ID:XoMwY6NE
>>582
平野部が人間様に多い尽くされていない時代だったら、象さんもいたんだがな。
ナウマン象とかさ。

マンモスもそうだけど、それら平野部の大型草食動物で俊敏でないヤツは人間様の
格好の獲物になってしまい・・・・・・・・

縄文時代の縄文人は狩猟採集文化だったけど、その主力は漁労だった。貝塚の”貝”というネーミングが
示している通り、魚介類の骨ばかりゴミ捨て場にある。農耕も副次的にしていたそうだが。
陸上の獲物はその小型で山に生息する動物じゃないと、人間様という天敵に食い尽くされるだけのような
気がする。

586 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 11:09:29 ID:3YADiqZr
>>578
カッコワルイ

587 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 12:01:08 ID:pxg57Szu
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

588 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 12:14:42 ID:QazKhYtd
世界最大の両生類、オオサンショウウオ

589 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 14:59:21 ID:volBx2t6
2007年5月10日、なぜ中国人男性は外国人女性にモテないのかというテーマの報道があった。
最初にこの疑問を載せたのは、イギリスの留学生雑誌。それによると、
中国人留学生は学業成績優秀なのに、外国人女性は彼らとつきあおうとしないらしい。
中国社会科学院とアメリカの研究グループが共同でおこなった調査によると、
中国人男性の80%が野心を持たないのに対して、
アメリカ人男性の20%が野心を持たないという結果が出た。
実際、外国人女性が中国人男性に対して抱いている印象は、
「やさしい、礼儀正しい、恥ずかしがりや、まじめだが何かが足りない」だった。
足りないのは野心であり、覇気であり、男らしさだという。
インターネットの調査でも、
アメリカに住む白人女性にもっとも人気があるアジア人の
第1位は日本人、第2位は韓国人、第3位が中国人だった。
報道の中で、中国人男性が外国人女性に人気がないのは、
中国人という民族全体に魅力がないのと同じだと主張。
中国人男性にはもっと自分に自信を持ち、野心的で覇気があり、
世界中でモテる民族になってほしいとむすんでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000011-rcdc-cn

590 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:07:36 ID:I4BLYH00
「野心」が分からん。

この場合の外国人女性ってのは、
白人だろ。

591 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:12:22 ID:ds6xNW9P
>>589
なんかピンとこない調査結果だな。
真面目だが何か足りないってのは、むしろ日本人に当てはまりそうなものだが。
中国人のほうが「出世して他人を支配しろ。リーダーシップをとれ。一番になれ」と教えられているぶん、
野心がありそうなイメージ。
日本人は「みんな仲良く。和を大切に。チームで勝利し喜びは分かちあえ」と教えられるぶん
真面目だがいわゆる「覇気」はないってイメージがあるけどな。

まあ、中国人はまだ国際社会に出て間もないから、多少引っ込み思案なのもしょうがないのかも。
そのうち海外留学が珍しくなくなれば、自信もついて
前述した中国人の本性が現れる(発揮できる)だろうと思う。


592 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:15:16 ID:I4BLYH00
それより、野心のある男性を求める白人女性のほうがおかしい。

これじゃ、フェミがヒスるわけだよ。

593 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:17:16 ID:8jOW6CD9
>>591
たぶん党幹部やら富裕層の子弟の箔づけ留学組がまだまだ多いんじゃない?
安倍総理の昔の米国留学みたいなさ。ボンボン育ちで向学意欲もなく、
言葉も喋れるようにならず学位も取らず帰っていくような。

594 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:24:16 ID:I4BLYH00
いや、成績優秀な東洋系より、
スポーツで活躍するマッチョが好みなんだろ。

日本人が中国を警戒してるからって、
中国人を叩けばいいってもんじゃない。

バカにしてんのか。

595 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:49:05 ID:LWN9/+Tb
日本の高校生、「偉くなりたい」8%・米中韓と大差
ttp://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070426AT1G2501Y25042007.html

前述のとは違うな

596 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:49:56 ID:re1P57Yr
洋ピンで抜いたことのない俺にはどうでもいいことだなぁ。

597 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:51:59 ID:I4BLYH00
あと、念のため。

俺は学業も、スポーツもガタガタなんで、
コンプレックス云々って解釈は間違ってる。

ただ、殖民地支配のイロハを警戒してるだけ。

こっちを褒めて、あっちを叩く。
あっちを褒めて、こっちを叩く。

598 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 15:58:01 ID:rCMB9m8r
おさかなくわえた名無しさん sage 2007/06/03(日) 03:15:45 ID:08554rsL
これって、対象が日中韓の3国だけだったような?

599 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 16:31:16 ID:Iscrwazd
理化学研究所、巨大クラゲから化粧品原料
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070601AT1G0102001062007.html

海の厄介者から化粧品ができるかも?――。理化学研究所の研究チームは1日、日本海沿岸で
大量発生し漁業に深刻な被害をもたらす巨大クラゲ「エチゼンクラゲ」から有用な物質を取り出す
ことに成功したと発表した。回収しても産業廃棄物となり多大な処理コストがかかっていたが、化粧
品のほか医薬品や食品添加物など幅広い用途に活用できる可能性があるという。

 研究チームが発見・抽出したのは「ムチン」と呼ぶたんぱく質。抗菌や洗浄、保湿作用があることが
知られており、家畜の胃液や唾液(だえき)などから取り出したものが化粧品や胃腸薬の原料になっ
ているが、大量生産するのは難しい。

 エチゼンクラゲ以外にも日本近海に生息する様々な種類のクラゲに存在することもわかった。クラ
ゲ3トンから平均1キロのムチンが取り出せるという。


ハイブリッドとかソーラーパネルとか、エコなものを世界一製造している日本。
遂に、特定アジアが海洋汚染して大量発生したエチゼンクラゲすら人類の資源に!

600 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 16:31:58 ID:x/N8WS3h
>>599
こういうのもモッタイナイの精神なのかねー。

601 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 16:36:19 ID:04FA1tWp
3トンから1キロってコストパフォーマンス悪すぎじゃね?

発明そのものは凄いけど実用化するには・・・俺が経営者なら手を出さん。
今後に期待ってトコだな。

602 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 16:40:14 ID:Iscrwazd
食と道具の深いつながり 堺の刃物あればこそ
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/shoku/070601/shk070601000.htm

食は、素材や料理技術とともに道具にも影響される。こうした食と道具の深いつながりを示す
格好の例が大阪と堺である。

江戸時代、大阪に運び込まれた昆布は乾燥して硬く、切るにも削るにも道具が必要とされた。
その欲求に応えたのが堺だった。当時、堺はタバコの葉を刻む「タバコ包丁」を幕府公認で生
産しており、刃物をつくる技術には定評があった。そこで、その技術を応用し、硬い昆布を加工
するための包丁が開発された。

見方を変えれば、優れた包丁が堺でつくられたから、大阪でおぼろやとろろなど昆布の加工品が
生まれたといえる。また、堺産の優秀な包丁は魚を捌(さば)くことを容易にした。その結果、硬い
身や骨をもっていて食すのに敬遠されていたフグやハモが大阪で捌かれ料理として広まった。

603 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 16:49:21 ID:Z/EpBUaS
>>589
コピペにマジレスするが、野心云々は関係ないだろ。基本的に東アジア人は外国人女性(白人のことだろうが)には
モテない。外国(欧米のことだろうが)ポップカルチャーにおいても魅力的な人種としては描かれない。
そもそも、マスコミに意見を左右されるような女に日中韓の区別がつくか非常に怪しい。

白人の好み云々など、日本に住んでいる俺からしたらどうでもいいことだが、この記事というか調査の背景には
欧米での中韓コミュニティの孤立化があるでしょ。よく言われることだが、やつらは現地に全く同化しない。
逆に日本人の移民の時代などとっくに終わってて、現在では混血による日系人コミュニティーの消滅が歴史的、
文化的に喪失になるんじゃないか、という声も現地日系人の間で、論議されてるぐらい。

で、「なんで同化しないか、現地人と結婚しないか」ってところに、さすがにやつらも気づいて、「野心」とか
訳の分からんもん持ってきたってところじゃね?

604 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 17:13:21 ID:hmz7Sler
でもこういう自虐は日本人と合い通じるところがある。
韓国人にはありえない。

605 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 17:15:28 ID:I4BLYH00
自虐じゃないだろ。

なんで、白人女にもてなきゃならんのか。

606 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 17:28:45 ID:I4BLYH00
・・・って書くと、
なんか白人女を差別してるみたいだな。
いや、白人の女性ね。

女性にもてりゃ、うれしいだろ。
でもこれ、女性にもてるって話とは思えない。
白人に頭をなでられて、喜んでるイヌの話だろ。

萎えるぜ。

607 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 17:31:38 ID:y09gqFJX
>>603
俺は外国に住んだ事がないしリアル外人の友達もいないので知らないが、
あなたはいったいどちらのお住まいで?

608 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 17:35:34 ID:/3akMcLc
>中国人留学生は学業成績優秀なのに、外国人女性は彼らとつきあおうとしないらしい。

これって、ガリ勉君が「自分は頭が良いのに何でモテないんだ!」と叫んでいるようだw

609 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 17:56:29 ID:iIcOKdqq
>>594
「オタク・イン・USA」にこういう分類があったなあ。

ジョックス: スポーツで活躍するマッチョ、チアリーダー。
      人気者でモテる。明るく理想のアメリカ人。

ナード: 科学に興味があり、勉強が出来るが浮いている。
      ジョックスに憧れるが苛められる。

ギーク: 擬似科学(SFとかファンタジー)に興味があり、
      勉強は出来ない。オタクに近い。ジョックスに
      憧れるが馬鹿にされている。

610 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 18:34:39 ID:volBx2t6
【MLB】「紹介して」田口、ミス・ユニバースに一目ぼれしたチームトレーナーに付きまとわれる
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1180793261/

611 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 19:01:45 ID:I4BLYH00
そもそも中国は、文官優位が伝統なんだから、
知的で物静かなほうがもてるだろ。

612 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 19:32:15 ID:Mksf1duv
>>611
それはねーよw


613 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 19:36:00 ID:I4BLYH00
文官優位で物静かな大人がもてるはずの半島は、
影響うけて、マッチョ嗜好に変わっちまったが。

614 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:23:36 ID:H3nWRMkl
>>236
超亀だが、マスコミ的に言うと「ゆとり教育世代」は1992年以降に修学した世代の事だな。
わかりやすく言えば「円周率はたぶん3ぐらい」の世代だ。

来年にはこの連中から社会人第1号が出現するからマスコミが今から騒いでいる。

615 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:36:07 ID:Qkh4Urj2
円周率が3だろうが3.1415だろうが知的レベルには全く差はないよ。
証明できるかどうかが問題。
円周が直径の三倍くらいということを知っておくためには、
むしろ3だけのほうが印象深くていい。

ゆとり教育は深刻な問題ではない。
ぶっちゃけ社会に出たらどうせ忘れる無駄な知識が減っただけだ。
興味を持ち、自分で調べる気になった人間に時間を残しておくことのほうが
余程望ましい。

616 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:44:24 ID:x/N8WS3h
>>615
そんな次元の話じゃないよ。最近の教科書は薄く、文字も大きく、漫画も使われている。
あらゆる意味で内容が薄い。自分で調べるなら立派だが、ほとんどの人間は強制され
なければ勉強なんてしない。だから単純にレベルだけが下がる。
社会に出たら忘れる無駄な知識かどうか、なんて決め付ける事はできないよ。

ゆとり教育の問題は「考える力」を養うのが目的だったのに、それができていない事。
発想は知識から生まれるからね。

617 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:49:58 ID:8nQcuTB2
>>615
誰かがどこかに書いてたが、円周率を3としてしまうと、
正六角形の外周=正円の外周
と言う変な式が成立してしまうんだよな。

618 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:50:29 ID:4r1lougl
留学するような日本人には野心はあると思うよ。

ただその野心は他人を征服する野心というより自己実現欲求って感じ。



619 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:50:50 ID:6of03whW
>615
いや。
実際に三桁以上の掛け算ができない中学生がいるし
大問題でしょ。

620 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 20:54:02 ID:nvRlWGqm
>>601
くらげってほとんどが水分っぽくないか。
小さい頃に死んだくらげと水をビニール袋に入れてもって帰ったことがある。
翌日袋を覗いてみると水しか入ってなく「くらげが溶けたー!」と吃驚したw

621 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 21:04:30 ID:KVsLdNiZ
そういや、円周率ってどうやってもとめるんだ?

622 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 21:07:42 ID:nvRlWGqm
>>617
というか算数の世界じゃともかく数学の世界では
1兆分の1でも3より過不足があれば3ではなくなってしまう。
つまりほぼ3=3は間違いなのに数学を勉強するための前身である算数が
そんなことではいかんよな。

623 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 21:09:54 ID:Qkh4Urj2
でもゆとり教育でレベルが下がったといわれる日本の教科書も、
外国と比べると標準的なんだけどね。
少し前にアメリカの大学一年で使用されてる数学の教科書見たことあるけど、
日本の高校数学くらいだった。



624 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 21:38:22 ID:6of03whW
>>623
インドの小学生は九九を19×19まで覚えるぞ
下見てどーする

625 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 21:39:17 ID:HV09H9Vk
>>615
そのかわり、国家予算莫大につぎ込んで1%のエリートを徹底的に磨き上げる等の対策をしないと、
ただ単にその世代の生産性が激減するだけ。
日本に森林と海洋以外の資源はないんだよ。

ゆとり放置してたら、レジスターに表示された釣り銭すら正確に渡せない店員のような奴等だらけになるだけ。

626 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 21:55:18 ID:pBbvlbWS
ゆとり世代第一弾(70年代後半生まれ)としては、
バブル世代の受験競争の激しさで就職期の楽くらいは許してやれと塾の先生には言われたがな。
それより教科書薄くなってるんだろ?
公立まじで終わったな。

627 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 22:04:14 ID:DhEw97y/
外国の例を持ち出してもダメ。
外国ではちゃんとエリート教育によって、ちゃんと必要な人材を育ててる。
日本はそういうのなしに全体のレベルを下げちゃったんだから。

628 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 22:16:55 ID:6of03whW
>>626
それ、まだゆとりでもなんでもないから。

629 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 23:32:53 ID:b6LKIMu8
>>628
>>236を読めばゆとりと言えなくはない。
マスコミの報道を鵜呑みにする人なら、
平成12年以降じゃなきゃゆとりと認めないと言うのも理解できるけど。

630 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 23:34:57 ID:MltGtEwR
だから金銭的に余裕のある家庭は塾に行かせて
学力レベルを落とさないようにする。
時間が経てば経つほど家庭の収入の差が教育の差になってしまう。
これが本当の格差社会への道であり、ゆとり教育の最大の欠陥。

631 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 23:41:09 ID:iIcOKdqq
>>614
「およそ3」ですね。「およそ3世代」と呼びましょうや。
about three generations との区別が難しいが。

632 :日出づる処の名無し:2007/06/03(日) 23:41:29 ID:6of03whW
>>629
円周率が3なのがゆとりだろ。
狭義だろうがまあ実際そんなもんだ。

633 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:02:22 ID:9Qg+PrS+
ただねえ率直に言わせてもらうと
実感としては日本人がおかしくなってると感じるのは、
もう6,7年前からなんだよな。

入ってくる新入社員が年々異常なほど使えない。
年齢にすると、今の28、29ぐらいからもうおかしくなってる。
最近の刑事事件も、交通事故も、脱線事故も、電車が遅れるのも
全部、この世代が社会に出てきてから。






もちろん全部俺の主観。ソースなしw

634 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:17:20 ID:8rkZXY4A
>>633
エジプトのオベリスクには「最近の若い者は・・・」と嘆く言葉が掘り込まれてるんだってさ

635 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:46:23 ID:9Qg+PrS+
別にエジプトの例を持ち出すまでもなく、
何時の時代だって常に上の世代は下の世代のものに失望しているものだよ。
ただ、最近数年の傾向は、明らかに常軌を逸したレベルで
日本人が下等生物と化していっている様に肌で感じる。

そして問題はこの日本人の下等生物化は少なくともこの先15年は継続するという事。
その下等日本人が社会の中枢を占めるであろう数十年後、
本気で日本が滅亡してるんじゃないかと心配になる。

636 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:53:48 ID:8rkZXY4A
>>635
>ただ、最近数年の傾向は、明らかに常軌を逸したレベルで
>日本人が下等生物と化していっている様に肌で感じる。

プラトンも『国家』であンたと同じ事を言っているよ?

637 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:55:07 ID:yI8EdhPW
大丈夫。去年41年ぶりに日嗣の皇子が産まれたから。
日本はまだまだ終わらんぜ。

638 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:58:14 ID:4XRkM7jQ
どの世代にもどうしようもない連中ってのはいる。
確かにゆとり世代は他の世代に比べてそういうのが多いかもしれない。
けど彼らは「教えられていない」んだよ。
自分で気付くにこしたことは無いけど、
彼ら自身も自分らが何か足りてないことに気付いてると思う。
そのきっかけを与えてやるというか、教えるのが上の世代の義務だと思うな。
言うほど簡単じゃないけどさ。

639 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 00:59:36 ID:z/xxu7Gl
>>626
受験のピーク(受験者人口のピーク)世代とバブル売り手市場の世代は微妙にズレてるぞ。
激しい受験競争を味わって就職氷河期も味わった奴がこの日本には数百万人居る。
もっとも大学進学率が30%台だから、世代全員ってわけじゃないが。

640 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:02:08 ID:w/WDgPvQ
>>591
アメリカの鉄道創成期時にはチャイナマンがいっぱい働いてたんじゃなかった?

641 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:15:27 ID:z/xxu7Gl
>>634
いや、2,3歳の差で極端に差を感じるのは異常。
当時塾講師のバイトで学生をずっと見て来たけど、1998年高校卒あたりから学力とか言動の躾のレベルが急降下してきてた。
これも俺の主観ねw

>>635
経済学部の学生に高校数学の補習講義用意するなんて異常だろ。
そんなのが目立ってきたのはこの10年の間。

642 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:16:17 ID:9Qg+PrS+
>>639
はい、それは私ですorz。団塊ジュニアど真ん中ですよ。それは。

上の学年、下の学年と比べて小学校から高校まで自分の学年だけ一クラス多かった。

受験戦争の倍率もドンドン上がって、高校一年の時にチェックしためぼしい志望大学の偏差値と、
三年の時にチェックした偏差値とが軒並み10くらい跳ね上がっている。最高で15くらい上がってたな。

おまけに共通一次からセンターに変わった第一世代で色々混乱があって割食ったり、

そんな苦労して大学入った途端にバブルがはじけ、お先真っ暗。親父は開店休業で俺も大学中退の危機に。

ふと下を見てみれば、あれほど高騰していた大学の偏差値がわずか2,3年で逆に10から15急落。少子化突入。

就職氷河期、リストラ、格差、負け組、もうイヤになってくる。

その上、下の日本人が、次から次へとダメダメなのばっかりが社会に出てきて、
どんどん仕事の負担が増えてくる。

団塊ジュニアが踏ん張らなきゃ日本が危ない。それは解ってる。




でも正直くじけそうorz


643 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:24:57 ID:WB2BWgpE
>>641
訳のわからん理由で給食費を滞納するなどのDQN親とか
図書館の本の返却率低下や、勝手に書き込みや切り取りをするなどの異常行動も
ここ5年ほどで急激に顕著になってきたとかいう話もあるな。
本屋とか電車の中でも床にベタ座り阿呆共を見ると蹴り入れたくなる。
でも下手に手を出すとこっちが捕まるしなあ…。
昔なら大人による「教育的指導」は法的にも認められていたもんだが…。

644 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:34:19 ID:9Qg+PrS+
>>641
俺の主観に絶望を補強するのが、同じ感想を持っている人間が
かなりたくさん居るってことなんだよね。

仕事上、色々な会社に出入りしてるけど、雑談で
決まって最近の新入社員が年々酷くなってるって話題になっていつのまにか愚痴のこぼしあいになる。

ほうぼうの会社で、俺と同世代から上の様々な人が、下の世代のあまりの異常さに、
薄気味の悪い絶望感を味わっている。

「日本人が異常になっている」それが自分だけの思い込みではなく、
皆も感じている事実なんだとちょっと安心しつつも、
逆にそれが思い過ごしでは無い事が解りへこむ。

1998年くらいか、俺が異常を感じたのもそのくらい。
ちょうど高知県の知事が成人式で説教したのがその年だったか。
成人式という公の儀式すら大人しく出来ないしつけの出来てない獣が社会に出始めたのがその頃。
それから数年、毎年成人式をまともに出来ないアホ共がニュースで取り上げられる様になったな。

こいつらはいわゆるゆとり世代ではないけどね、
なんて呼ぶのが適当なのか、今の所、やっぱ下等日本人としか呼び様がない。

645 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:40:15 ID:c8upQMim
下等と言っても、それが大多数になったら一般日本人な訳で。

646 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:46:41 ID:9Qg+PrS+
>>645
その頃には日本が滅びてるw


647 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:48:45 ID:z/xxu7Gl
>>644
愚民化病とかネグレクト・ジェネレーションとか世代じゃなくて現象に名前がつけば、広く社会に認知されるんだろうけどね。
今はただ気味の悪い、しかし状況証拠ばかりが揃うわけのわからん状態だからなぁ。環境ホルモンの表面化直前みたいだ。
そういう意味で、鋭い分析を伴った社会派ライターや学者の本が出版されるといいな。
現象にキャッチーな名前つけてさ。

1998年に18歳なのは1980年生まれ・・・その親は1955年生まれを中心とした1945〜1962年生まれあたりの世代か。
ポスト団塊世代といえるのかな。

これ以上は社会学系の板に移動した方がよさげだね。

648 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:50:23 ID:c8upQMim
>>646
危機意識はよく解るけどね。2chでくだ巻いてるのは自分も含め
その世代以上でしょうな。
妹は97高校卒業世代だけど、下になればなるほど言葉が通じないと嘆いている。
もっと下だとどうなる事やら。

649 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:53:16 ID:8rkZXY4A
>>644
「新人類」とか言われた時代を知っているものにとってはもはや懐かしさすら感じる光景だぬ

650 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 01:57:44 ID:c8upQMim
人間という生き物は、経験した事でないと理解出来ないと思うんだよ。
そういう意味で、若い子達は可哀想だと思う。
すべて撤去された空虚な空間で、生きる理由を模索しなくちゃならなかったんだから。
個人的にはローマ帝国の没落と重なる様に思う。
でもどんな文化、文明も爛熟と衰退を重ねるものだろうし。難しい。

651 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 02:02:19 ID:z/xxu7Gl
>>642
団塊Jrは親が学歴問わずDQN率高し、受験戦争、就職難の三重苦でオ○ムにハマる人が多くなってもおかしくない苦行を味わってるねぇ。

>>643
5年以上前は普通だったと仮定すると、5年前に25歳くらいの世代(今20代後半)からおかしくなってきたのかね。


652 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 02:04:59 ID:8rkZXY4A
>>651
常におかしくなりつづけてますよ。

何千年も昔から、人類文明は退廃の一途をたどっているのです。年長者に言わせれば。

653 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 02:05:51 ID:4XRkM7jQ
宝島ムックで「子供がおかしい」って本がでたのは
92年ごろだったか・・・

654 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 02:18:55 ID:So3KCb1e
戦後60年が経過して、ようやく「戦後教育」の成果が現れただけだと思うんだけどねえ。
祖父母ですら戦前を知らない世代が育っているわけでね。

まあ本人らもレッテル貼りされて頭きた割には下の世代に同じようにするんだから、
人類って成長していないのは間違いないよw

655 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 02:49:25 ID:5icOF981
まぁちょっと上の世代を見ても、竹の子族だのヒッピーだのがシンナー吸ってたり、全共闘が
暴れまくって大学教授を吊るし上げてたり、仲間内で殺し合いをしてるのを、異常だとか言葉
が通じないとか言われてたわけだが。

馬鹿はいつの時代でも目立つし、真面目な奴は真面目。入社時にはこいつ大丈夫か?と
思ってた奴が意外と一所懸命やってたりもする。

656 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 03:05:40 ID:6CgeEENo
三十数年ほど前に福岡県で校則がない公立中学校が作られたことがある。
教員たちも本当の意味で自由な教育ができると最初は頑張っていたが
数年後には3年生の過半数が分数計算も二桁の掛け算もできない荒れた中学になった。
しかも左派の教員たちが間違った自由平等を教え込んだものだから3年生のほとんどが
校庭に集まって授業ボイコットの集会まで開いていた。
そのことを某女性月刊誌が三ヶ月連続の特集記事を書いたのだが
その時に女性月刊誌の記者が作った造語が「校内暴力」と言う言葉だ。


これが最初のゆとり教育のケースだと思う。

657 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 03:24:51 ID:bUr8cAy1
若者は若者で全ての年代の中で40以上のおっさんが一番終わってるってよく言ってるね
彼らは彼らでコンビニでレジ打ってるときとかに人のこと見てるよ

658 :日出づる処の名無し :2007/06/04(月) 04:53:51 ID:aDjb+JnE
この国の教育で欠落してるのが親への教育だろうね。

学校と家庭の両輪が機能しなきゃね。
そら片輪だけがんばってるんじゃ明後日の方向に行くのも必然だわな。

親が教育力向上のための勉強をどのくらいしてるか?調査して欲しいがなー。

659 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 05:55:20 ID:2YLCDCcZ
教師が腐ってるのもどうにかしないと

660 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 08:07:54 ID:uFKCi5Sc
>>636
今は高度情報化社会だから、十年一日だった頃と比べても意味無い。


661 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 09:01:20 ID:J3e97us1
団塊Jr.で医者してます。

大学病院勤務ですが、実習で回ってくる学生、明らかにここ数年で質が低下してきましたな。
今年の4年生あたりから下が(現役合格なら)いわゆる狭義のゆとり世代ですが、まぁ知識もないし態度も悪いしで、話になりません。
医療崩壊については、スレ違いどころか今話の流れでもないのでここでは触れませぬが、こういった低質な世代が医者たるべくゾクゾクと卒業し世に出ていったら…
大丈夫かよ?とうすら寒い思いを覚えます。


国土も狭い、資源も乏しい、災害も多いこの日本という国家の売りは『国民の平均値の高さ』にこそあるものだと考えていましたが…


662 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 09:08:05 ID:eK3hYfKD
資産も能力も、上が伸びるのは大いに結構。
問題は、最低ラインですわな。

それが確保できないと、どうにもならない。

百年、千年単位で国家を考えるなら、
基本的には国民の、自助自立が可能でなけりゃならんし、
そうでなければ、一時的に、本当に助けが必要なとき、
その人たちを助けることができない。

国民に、自分で立つ気が無くなったら、
そんな国は、早々に滅びる。

663 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 09:20:59 ID:zJ0r5GC+
「最近の若者は」 vs 「大人は分かっちゃいねぇ」

664 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 09:42:06 ID:ONN0IgQx
>>663
「最近の若者は〜」=若者に高い基準を押しつける

この逆がゆとり教育。連綿と続く人類の歴史に逆らう教育法だな。

665 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 10:22:56 ID:QCzEm1QP
だからといって、あの受験戦争時代の詰め込み教育を
復活させたからといって、まともに戻るとは思えないけどな。

666 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 11:05:25 ID:jjQRMAio
エジプトの遺跡の壁にも「最近の若い者は」と嘆く書き込みがあるなど、
古代より年寄りは自分の若い頃を棚に上げて今の若い者に顔をしかめるということを
現代と同じようにしていたのかも知れない。

だけど成人式の馬鹿騒ぎや、ねぶた祭りに乱入してメチャクチャにする若者、
自治会の清掃などの社会的義務の放棄、国民年金などの行政義務の放棄、
給食費の滞納、日常化する授業崩壊など
今まででは考えられないような事件が起きているのも事実だと思うぞ。

667 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 11:06:11 ID:QgvLhyOb
今思えば詰め込み教育で詰め込まれたのって、一部の上澄みだろ。
それ以外は、詰め込みって程じゃない。
キチンと学校の授業を受けて、家で宿題でもしとけばついてけるレベル。

正直、社会に出てからのほうが遥かに詰め込んだ。
もっと学生の時間のある時に詰め込んどいて欲しかった。

と、思い切り詰め込まれ世代が言ってみる。

668 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 11:11:31 ID:QgvLhyOb
あの世代の受験戦争は、単に世代人口の多さによるモノじゃね?
ゆとり詰め込み関係なく。


669 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 11:35:05 ID:oKFdu2kb
昔の受験戦争はあまりに熾烈すぎて学生は窒息寸前だった。
その弊害は明らかで、教育機関としてもなんとかしたいと考えたのだろう。
詰め込みが悪いのならばと、単純に教える内容を下げてしまった。
でもそれは受験戦争とは関係無かったんじゃないのかな。

670 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 11:41:31 ID:0/3H5zJW
詰め込みでも上手く詰め込めないと意味無いけどね。
基礎をおろそかにして応用に手を出しても意味ないし
教師自体に詰め込み型で教えられる技術があるかも問題だと思うが。

671 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 12:09:54 ID:USZhCiap
日本のテレビ番組をパクリまくる韓国
http://www.nicovideo.jp/watch/sm400271


672 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 12:14:13 ID:IVbj5teS
ゆとり教育もアレなのかもしらんが…

携帯の普及も結構子供の劣化の要因になってる希ガス

673 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 12:37:41 ID:AokdvgtV
社会に出たばかりの人間が使い物にならんのは昔から同じ。
でもいまじゃ、殴り飛ばして仕事教え込むなんてことしたらみんなやめちゃうからね。

674 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 12:46:04 ID:SUTfNX8r
昔子供同士でこんな事言われてなかった?

「ひとりっ子はわがまま」

あるいは、親が一人息子(娘)を心配して

「ひとりっ子だからわがままに育たないように気をつけなきゃ」

勿論全員がわがままなわけがないけど、そう言われがちだった。
兄弟が多い方が思い通りにいかない事が多いせいかね。
そろそろひとりっ子世代が社会に出てくるけどどうなるだろう。

675 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 12:48:49 ID:VK6eCEMn
>>672
まあ子供が携帯で書いた小説が初版20万部も刷られる世の中じゃあ・・・

676 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 14:50:06 ID:Mr5sMkvP
>>675
何が言いたいかサッパリわからん

677 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:03:10 ID:jjQRMAio
>>676
意味が分からないのだとしたら時代に取り残されている。
文章が分からないのだとしたら学問に取り残されている。

678 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:06:57 ID:hNPZ7mD7
>>677
うっ!!
俺は前者だ・・・・・(恥)

679 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:08:29 ID:IVGvQ3oA
>675
「小説なんか読むと頭が悪くなる」
「小説家になるくれえならくたばってしめえ」(双葉亭四迷)

なんて言われてた時代もあるんだよね

680 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:09:00 ID:f1CfbVrI
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

681 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:10:20 ID:f1CfbVrI


宝来mtDNAデータのトリックとその欠陥を簡単に説明してやると、

朝鮮半島にしろ中国大陸にしろ、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、データの中に北方アジア人に関するタイプの
データが一切出てこない。

しかも、調査サンプルにも北方アジア人のサンプルが一つも無い。

つまり、宝来mtDNAデータは、北方アジア抜きの偏向調査で出された単なる
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの非常に悪質極まりない欠陥データに過ぎないのである。



682 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:32:16 ID:ussrDtnA
>>675
あれ読んだこと無いんだけど、面白いのかね。
報道番組のコメンテーターらは
「物足りないものを感じるのは私がオジサンだからですかね〜」なんて
お茶を濁してたが、ようは「ツマラン」と言いたかったんだろう。

683 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 15:42:04 ID:0A4zz5qy
>>682
要はケータイの予測変換の出来の良さを測っている様なもんじゃ無いのかな。

684 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 16:01:59 ID:Vy1gzpVJ
携帯で長文を読むと目が疲れる。
小気味のいい短いリズムで、
ずばずばと早く展開していかなければ
「携帯で小説を読む」という鑑賞には堪えられない。

だから本の形式になったのを読んだとき、
「なんて薄っぺらいんだ」「深みがない」と思う。
以前にどこかのスレで、プリントアウトした縦書きの長文はいくらでも読めるのに、
横書きの掲示板のディスプレイ上だと、目がすべってしまう、というレスがあった。

文章は、媒体によって変節を余儀なくされるものなんだろうと思う。
冊子形態で読むととても鑑賞に堪えられないが、
携帯で暇つぶしには、あれくらいがちょうどよいのだろう。

きっと携帯で読んで感動した女子高生も、
その感動を再び、と思いつつ本を買ったが、
「あれ、こんなんだっけ」と違和感を感じたかもしれない……と思っておく。

685 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 16:46:17 ID:0bU7hd3H
例えそうでもあの内容はないわ・・・

686 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 16:49:00 ID:9m4fwwKG
短歌とか俳句はいいのかも。

687 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 16:50:14 ID:Vy1gzpVJ
>>686
それだ。

そういうのが流行ると個人的には嬉しい。

688 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 17:00:58 ID:tNmqKO8f
今の携帯3インチクラス320×240だと150dpiは出てるんだけどね。
(なんでVGA携帯なら300dpiいってる)
ただ、A6の文庫本と比べたら面積差6〜7倍はあるから。

いつかは出るんだろうけどいつになるんだろ>1600×1400A6サイズ300dpiブックリーダ

689 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 18:01:50 ID:oBVjkqKW
>>684
仕事で携帯用の文章を書いたことがありますが……アレはホントに、別物です。
1画面では、普通の書籍の文章を2行表示することもままならない。
読者にストレスなく読んでもらうには、詩を書くくらいの勢いで言葉を絞り込むか、
脚本なみに文章を簡素化するしかありません。

まあ、それでも携帯小説のヒット作に目を通すと、「いくらなんでも……('A`)」と
思ってしまうコトもあるわけですがw

690 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 20:39:17 ID:TvTnq/SK
携帯メールは連絡用かな。
電話するほどではないけれど、知らせておきたいことととか、
後で社内メール見てとかですごい重宝しているが。

思えば昔授業中(ってほど授業中にはやらなかったけど)
手紙を書いていろいろ折りたたんでこっそりまわしたりとかあったけど、
今はメールなんだよね。それ考えるとチャットのようにならざるを得ないかも。

で今の子はDSとかで、動物の森やってないと仲間内に入れないから
買ってあげたというバカ親が姉だけれども、
ああいうのやってる子もまた違った感性がでてくるのかな・・・・。

691 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 20:49:18 ID:eMc7EUyX
282 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:2007/06/04(月) 17:58:42 ID:uW5a5NlMO
今年52歳になるイギリス人の英語教師。
ものすごく紳士然とした態度で、我々生徒の個人的質問に答えて下さるのだが、

「日本料理は美しく、繊細で、どれを食べても美味しい。」
「しかし私は30年来のベジタリアンなので、寿司と刺身は食べたことがない」
「一番好きな日本料理? 強いて上げるなら、チャーシュー麺が好きだ」

……ジョンブルは真顔でこういうジョークを口走るから、やりにくい。

692 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 21:25:41 ID:jjQRMAio
>>691
読み終わって10秒くらいしてからじわじわキタw

693 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 21:37:46 ID:JPGPz5cG
>>691
> 真顔でこういうジョークを口走る
デッドパンって奴ですな。

694 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 21:45:53 ID:eK3hYfKD
生の魚は、食えないよ、
とは言わないのね。

論理的な矛盾を指摘するのは、
ヤボってことか。

695 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 21:53:04 ID:IVGvQ3oA
イギリス人はひとつのジョークで三回笑う。

最初はそのジョークを聞いたとき。
二度目はそのジョークの面白さを説明してもらったとき。
三度目は帰宅して就寝後ベッドの中でそのジョークを理解したとき。

696 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 22:04:42 ID:jjQRMAio
>>695
ちょwww

697 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 22:05:17 ID:zbGJomGn
ケータイって会話以外のネットの機能はダウンロードの待ち時間がやたら長くて、
無駄に時間過ごしてる感じがするわ。おれのケータイがしょぼいのかな(´・ω・`)ショボーイ・・・

698 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 23:17:27 ID:Z7bM8Kod
>>695
それはアメリカ人だろ・・・常識的に考えて・・・

699 :日出づる処の名無し:2007/06/04(月) 23:35:57 ID:tj+YXF8V
どっかの国際ジョークサイトでは日本人になってました><

700 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 01:13:01 ID:xetODYzu
携帯小説は時代のあだ花という気もするな。
自分はテキストサイト持っているのだけども、文字の表示には本当に迷う。
確か、文庫本の1ページは16〜17行×40字くらいが平均だったはず。
紙媒体なら大体、明朝体系の書体で縦読みで、実際それが読みやすい。
昔はさらに行数が多かったそうだが、今はそれでは読んでもらえないそうだ。
この間、昭和40年代の文庫と今の文庫本見比べて、文字の減りようにたまげた。
でもこれがパソコンのディスプレイだと、自分の場合はまずゴシック体のほうが
読みやすくなる。

文庫本は文字がスカスカだとバカにされてるようでムカツクけど、
これがディスプレイだと適度な文字間の余裕がないと辛くなる。
あとこれも自分主観になってしまうけど、段落ごとに一段開けたほうが
読みやすい気がする。でもこれは通常の文章表記ではないしな。

あとは画面表示だと真っ白な画面に黒い文字だと目が辛い。
だから2ちゃんの薄いグレーで明度を下げた画面に黒文字ってのは
俺は今のとこベストの方法ではないかと思う。

携帯小説は無理な画面に長文を押し込めてるこの段階で、
もう存在自体が無理なんだよ。これから先も携帯が電話機である限り、
というか、電話機の形を取り続けていく限り、携帯小説の進化はかなり苦しい。
携帯は小型じゃなきゃ意味が無い商品だし、小型であるかぎり、
携帯小説の文章はあのままだろうし。

今の時点でネットの文章は日常生活の文章と微妙に違い始めている。
でもその変化もある程度の文字を表示できるスペースが無きゃ
望めないと思うんだよね。
だから短歌や俳句がいいという上記の意見には大いに大賛成。

701 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 01:17:44 ID:tpGqq+UR
短歌や俳句だけじゃなく、漢詩もいいと思うが、
残念ながら戦後教育の俺らじゃ、読むことは出来ても
詩を作るとこまでは出来ない。

702 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 01:25:36 ID:oDePVZ+C
>700
携帯小説が流行って居る今だからこそedlin.exeの出番だな

703 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 01:27:05 ID:5IcgN+Mo
俳句や短歌とネット上の文章やギャル語にちょっと共通点が見えた。
制限された環境(ルール内)でいかに効率よく意思伝達・表現するか。
文章を圧縮してるってイメージだな。

件の携帯小説はただの出来損ないの文章にしか見えんが…。
携帯小説に合う世代が読めばなにか通じるところもあるんだろうか。

704 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 02:16:43 ID:cLO0h7mB
ネット小説では、行間を読んで想像力を働かせるのが好きだな。
理詰めの文章読むと頭痛くなる。

でも本の形態だとぎっしり詰まった文章が読みたくなるから不思議なもんだ。

705 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 02:41:26 ID:pOXiP2n5
で、手前らの駄文垂れ流しレス連鎖のどこら辺が日本に魅了された話なの?


706 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 02:43:59 ID:lUPjPj8P
いま
心臓を攻撃しているのか


707 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 02:53:47 ID:8hV4vI2G
>>705
このスレは何年も前にネタ切れを起こしてるから。

708 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 07:09:38 ID:Sc631AWk
ていうか「日本に魅了された」なんてはいて捨てるほどに
当たり前になったから。


709 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 07:12:30 ID:tnN3RcgZ
>>570とか>>610とか、ネタになりそうなやつは見事にスルーされてるねw
ネタがないと言うよりも、別の話をしていてスルーされることが多い気がする

710 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 07:46:56 ID:rAY9iMV2
そうえいば日本人女性が、ミスユニバースで優勝したんだっけ?
日本人は美しいんだな。
日本人でよかった

711 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 07:53:36 ID:5LJl6m2H
光浦靖子

712 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 09:00:34 ID:DWEVkVSE
おいら、金がもったいないし、
そこまで2ちゃんにはまりたくないという理由で、
ビューア?購入してないから過去スレ読めないんだよね。

過去スレ読める人にお願いなんだが、
もう一度「良い話題」をぶりかえしてくれないか?
例えば俺が覚えてるのは、中日にいた黒人野球選手で、
キャンプで露天風呂に入って感動したという話があったね。
日本人は黒人の俺と何で風呂に入ってくれるんだとかで…

そんな話をもう一度やってくれないか?
いい加減、知識自慢と雑談には飽きた。


713 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 09:13:34 ID:8hV4vI2G
>>712
そんな身勝手なクレクレ君が相手にされると思ってるのか?

714 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 09:35:54 ID:DWEVkVSE
>>713
おまえのクソくだらないレスより、昔のぶりかえしの方が良いと思ったまでだw

715 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 09:53:40 ID:K3Z2/r4n
すみません、もし良ければ手を貸していただけないでしょうか?

今、日本がハンガリーと優勝をかけて
ガチンコ勝負やってます。
だけど、今は1位のハンガリーから
ジリジリを差をつけられていて、かなりのピンチです。
1人でも多くの人の参加が
日本を勝利に導きます。
実質の最後の逆転のチャンスは、今日の昼間。

【本スレ】http://wwwww.2ch.net/news4vip/にいって「クリック」で検索

716 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 10:57:16 ID:xT/zipBD
ネタ切れというか、「普通のいい話」レベルではもうみんな心躍らなくなった
というか。

鳥山明が新連載する以上ドラゴンボール以上のものを求められるような、そんな
心境に近いムードになってんじゃないすかねえ。

717 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 11:17:48 ID:T1igkALR
>715
自分の都合で他人に迷惑をかけてもいい、って考えてるんだね
美しい日本のお前だな

718 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 12:02:54 ID:UNXX0LD2
>>715
必死になれるような事じゃないな。何でそんなに勝ちたいんだ?

719 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 13:08:15 ID:7hcLxxbw

【社会】小・中学生の8割が「最近の大人は幼稚」と回答
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news7/1180058074/

720 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 16:06:38 ID:HqlZY9y6
>>715
正直そのコピペはもうウザい
勝手にやってろ

721 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 17:51:41 ID:6ACde0ke
>>712 これか?

200 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:04/05/02(日) 20:49 ID:KbN2GcAc
マイナーな話だけど、昔、中日ドラゴンズにウィリアムズという選手が入団した。
その当時は、まだ名古屋ドームはなく中日スタジアムというとんでもない
オンボロ球場が中日の本拠地だった。今なら試合後はシャワーを浴びる、
これが普通だと思うが、その中日スタジアムは、浴室、つまり、お風呂。

ウィリアムズは躊躇した。何故なら黒人である自分がその中に入れるわけない、
と自己規制心が起こったためだ。
しかし、当時のチームメートが、なんのためらいもなく自分を浴室に招きいれ、
一緒に湯船に浸かって笑っている。

今から30年ほど前の話なのでアメリカの人種差別はまだ根強かった時代、
だからこそウィリアムズにとっては天地がひっくり返るほどの出来事だったと後々語っている。
とにかく人生の中でも素晴らしい出来事の筆頭に来るそうです。

---------
あと、過去スレ見たければ"この国に魅了された人たち"でググる事をオススメする

722 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 18:16:54 ID:tpGqq+UR
ここの過去スレだけじゃなくても、日本のいい話、感動する話を集めたサイトはいくつもある。
人を批判する前に自分で探してみようとは思わんのかね?

723 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 18:58:12 ID:6ACde0ke
>>722 すまない。サイト紹介しとく。

日本と日本人のなごむ話・いい話・感動した話・泣ける話
ttp://ameblo.jp/kuromaryu/

国際派日本人養成講座
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
ログ読みたければttp://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/

反日マスコミが伝えない親日の話
ttp://mikomo.hp.infoseek.co.jp/

あがとう!
ttp://agatou.at.infoseek.co.jp/
2002W杯関係

無法地帯
ttp://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adu-japan2.html

哈日(ハーリー)族 〜シンガポールにおける日本大衆文化の比較論〜
ttp://nna.asia.ne.jp/free/mujin/hari/hari_bn.html

ODAのエピソード[外務省]
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/nyumon/episode.html

724 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 19:19:19 ID:bHa/mXdO
オレは715より712がむかつくけどな
自分は金も使いたくないし2chに嵌りたくもないと見下しておいてよく頼めるな( ゚д゚)、ペッ

725 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 19:24:45 ID:4+6U+ydl
715はダメだな。
せめてurlか「クリック戦士」とかいうわかりやすい単語を入れてないとあぼーんできない。

726 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 19:48:35 ID:XffAzZfa
>>723
なんだ、この無法地帯というサイトは。アメリカの悪行にはだんまりか。
イラク戦争の件はどうなった。

727 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 19:53:58 ID:2YfuT/VX
中国ロビイストの研究 -Part3
So-TVで放送中! (←チャンネル桜インターネット放送)

★平成19年5月30日 初回放送★

既存メディアが報じることのなかった「中国ロビイスト」をめぐる驚くべき実態を、独自の視点と取材力で
異彩を放つ青木直人が様々な角度から斬っていきます!

【「河野洋平」特別版:媚中派の華麗なるチャイナ・コネクション】
「衆議院議長:河野洋平」は、いかにして   中 国 共 産 党 の 走 狗   となっていったのか?
大好評の第一弾に引き続き、河野洋平率いる「日本国際貿易促進協会」の実態を明らかにしていきます。

728 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 19:57:33 ID:3VdaxuP7
>>237
ODAのは、稀有な運命で救われた日本人と言うのがが良いなぁ。

729 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 20:07:12 ID:MnbHbOPF
前回の英語でしゃべらナイトで英TV番組のJAPANORAMAの短い紹介と、
日本長期在住イギリス人のゲストとトークしてたけど話題になってないね。
特に濃い話もしてなかったし、JAPANORAMAもゲスト達もこのスレ的には特に目新しい人達じゃないんだろ

うな。
外国人女性噺家の人のコメントとか、イギリスと日本はアメリカと日本より国民性が似てるとか言

ってたのは面白かった。

パックンマックンの頃はなんでハーバード卒の秀才(かつイケメン)が日本で芸人やってんだ?って思ったけど、
最近はそういう人も居てもおかしくないほど日本って面白いのかもなぁって思えるようになったね。

730 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 20:16:42 ID:Gm00NbSQ
上にあった携帯が学力低下を〜って話だけど、
自分は高校生の頃にポケベル全盛位の世代。
小学生の頃は、友達や家の電話番号は、特に使うものを中心に暗記してた。
漢字書くときは携帯で変換して、とか出来なかったわけだし。
あれって結構頭の訓練になってたんじゃないかな。
今の子供はそういうの出来なさそう。


731 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 21:20:47 ID:hC+zp6Cd
ポケモン暗記してるから心配すんな。

732 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 22:05:24 ID:+tGt0gYy
小学生は無駄な事覚えるの大好きだから。
長い国名・長い単位・漫画で見た謎の語呂合わせなど等。いまだ覚えてるよ。

733 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 22:18:42 ID:2YfuT/VX
初夏に華やぎ、所作磨く
京の五花街、公演へ合同初げいこ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007060500074&genre=M1&area=K1E

京都五花街の芸舞妓が華を競う初夏恒例の特別公演「都の賑(にぎわ)い」を前に、五花街合同の初げいこが
5日午前、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場で行われた。

けいこには、公演の終幕を飾る合同演目の「祇園小唄」に出演する舞妓20人がそろった。五花街各流派の師匠
から歩き方やそでの持ち方など細かな所作の手ほどきを受けたり、決めのポイントでは動きを合わせるよう指導を
受けた。

五花街合同公演は今年で14回目。上七軒の長唄「蓬莱(ほうらい)」で開幕し、先斗町の常磐津「松廼(まつの)羽
衣」、祇園甲部の上方唄「相模あま」、宮川町の長唄「船揃(ふなぞろえ)」、祇園東の長唄「俄獅子(にわかじし)」へ
と続く。フィナーレは「京小唄」と「祇園小唄」で華やかに飾る。公演は16、17日午後2時から京都会館(左京区)で開
演。1階席9000円、2階席5000円。京都伝統伎芸振興財団

734 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 23:02:44 ID:UQWkEpvA
ネタがないというより、スレ自体が時代遅れになってきてるのかもな。
日本に魅了される人はもうめずらしいことじゃなくなった

735 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 23:28:03 ID:LqxOkXO5
昔から肌の色が違う帰化人、妙に多いしな。

736 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 23:40:52 ID:DWEVkVSE
>>721
ありがとう。

>>724
>見下しておいて

スレ違いの雑談レスは見下されて当然だ、ボケ!

737 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 23:51:32 ID:4fM7jUKV
2chに染まりたくないなら来なきゃいいのにw

738 :日出づる処の名無し:2007/06/05(火) 23:53:22 ID:DWEVkVSE
>>737
ま、1日で数分だな。
悪いかボケ!

739 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 00:07:08 ID:4fM7jUKV
なにをそんなにファビョっているんだ?
随分余裕がないんだな。カルシウム不足?www

740 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 01:56:35 ID:R8hFsAAd
まぁまぁ。在日の皆さん落ち着いて・・・

741 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 09:13:52 ID:KC98IARu
数年前福島大学にアフリカのどっかの国の王女が留学してたらしい

742 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 09:23:22 ID:2Ile7/uP
>>732 俺も、国語の助動詞
「れる、られる らしい、まい だ です〜」意味も分からず
いまだに覚えてら

743 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 10:57:27 ID:HIbl07Tj
日本の文化が海外で人気ですって報道され始めたのって、いつ頃だっけ?
小学生だったからか、10年前はそんなでもなかったような。
最近、いきなりな印象がある。
遅まきながら、今月のクーリエ読んだが、日本文化は浸透力の高さと
各国で自文化と融合されたりして、独自解釈・発展された物が定着する
傾向があるってのも特徴だと思う。




744 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 11:04:02 ID:I6vQDrZD
他文化が自国文化と融合するなんて当たり前じゃん

745 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 11:12:34 ID:MgxMhdBh
>>743
80年代にも言われてた気がするぞ。

746 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 12:08:51 ID:fVhRcktC
80年代は、日本は自動車や電気製品などハード面はすごいけど、
輸出すべき文化(ソフト)がないじゃないかなどと言う欧米人の声もあったような…

747 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 12:36:37 ID:BvWyWWOl
>>744
そうなんだけど、し易さが違う。
控えめな日本文化は地元の文化と衝突しにくい。
だから簡単に少し取り入れる事ができる。しかも害がなく面白い。



748 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 12:50:34 ID:58bj/D4n
>>747
控えめてw
そりゃあ宗教の輸入とかよりはずいぶん吸収はしやすいだろうが、そんな
もんどこも同じだから。外国の文化に対するスタンスなんぞ国次第。別に
日本のそれが特別吸収されやすい、とかじゃないよ。

主要先進諸国の中で唯一文明の毛並みが異なるのと娯楽に特化してるから
注目はされてる、ってのは間違いないと思うけどね。

自虐もどうかと思うけど「日本は特別!」フィルターがかかってるのも問題
だなあ。

749 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 13:12:32 ID:5eVPZ66r
ホームレスの男性にサラダ油をかけ、火を付けようとしている大学生
http://www.youtube.com/watch?v=Ck0z7otb4I0

750 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 13:37:08 ID:9aE/1c7+
日本は他国の文明の文化もそのまま受け入れず、自分たちに合うように意識するとしないに
関係なく進化させたり、変化するよな。
漢字なんかはよく言われるように換骨奪胎して吸収したし。
つーか換骨奪胎って書き込んでて思ったんだけど、この言葉なんか怖えな。残虐な感じだw

751 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 14:08:57 ID:BvWyWWOl
>>748
いや、ハローキティが売れている理由の一つに「無国籍さ」があると言われたりしていたからさ。
アジアのエキゾチックな文化には興味があるけど、虫を食べたりってのはちょっと・・・。って
考える西洋人にしてみると、日本文化はエキゾチックでありつつ許容範囲なんだそうだ。
まあ日本の宗教ってのはある意味人間くさい哲学なわけで、だから抵抗がないのかもしれんよ。

752 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 14:11:13 ID:I6vQDrZD
>747>750
どんな文化だって他文化を輸入するときはカスタマイズするでしょう。
カレーがタイに行けばタイカレー
日本に来ればカレーうどん

フランスが中華を受け入れればヌーベルシノワ
アメリカが日本料理を受け入れればカリフォルニアロール

変質させて受容するのはごく普通の事だし
それを比較するのは難しい上に意味が無いだろう。

日本文化はとりわけ受容されやすい、とか言うのはある意味エスノセントリズム、
別のいいかただとウリナラマンセー臭いですね。

753 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 14:44:11 ID:WsWo6Gno
中国の文化はインドから、かなり影響受けてる。
仏教もインドから伝わった。

最近はこんな影響も。

【中国】「オレは死神だ、おまえらを呪い殺すぞ!」デスノート取り締まりに抗議、死神からの電話[06/02]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180773182/

英語版ウィキペディア検索の25%が日本のアニメ関連語句/SEXや音楽関連語句を大きく超える
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1181063958/

754 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 15:00:35 ID:wu7ZxC8u
中国w
貞子のときもテレビ壊したりしなかったか?

755 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 15:15:29 ID:jwR+zrtx
大本の日本ではデスノート騒ぎが起こってないんだから、中国のアレは民族性だな。
それも流通してるのは海賊版のみだそうだし。

756 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 15:34:32 ID:Oa1nZcee
最近の若者は…という感覚は
実は自分が若者に甘い、関心がないところから始まっている気がする
先輩風を吹かせたくない、部下に変に頭を下げられたくない
そんな接し方が

だおっ!!うわなにを(´・ω・`)

757 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 15:49:15 ID:PN3yalVp
>>748
いや言いたいことはわかるけど、他の文化と親和しやすい文化、し難い文化って違いはあると思う。
文化の性質って割と違いがあるみたいだし。

中華文明なんかは親和性っていうか取り込み力が強いみたいで、世界どこに行ってもアイデンティティを
失わないユダヤ人でさえ同化して飲み込んでしまったって例もある。
日本文明は余所からの文化を吸収する、というか日本に合うように変節させて取り込むって方面に長けて
いるとかいうのも、まあその通りなのではないかなぁ。

たしかに日本は「特別」って訳ではないけど、「特殊」ってのは言えると思うよ。
そういや、「欧米人からすると鬼子って意味合いの特別だ」とか論評されたことがあったw
まぁ欧米人だからこそ言える台詞かもしれないけど。


758 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 15:59:51 ID:YBBh/5G1
能面なんかが象徴的だけど、ごく控えめな表現で押さえることによって
見る側の想像力がかき立てられる、っていう方向が上手いよね。
従妹がアメリカ育ちなんだが、ものすごいJpop好きで、どこがいいの?って聞いたら
「これは私のことを言ってる!って思う歌詞ばっかりなのよ〜」
って言ってた。
ドラゴンボールやセーラームーンの絵が、
白人からすると自分たちの人種に見えるってのもそうで、
なんかシンプルに記号化してたら、思いもかけず普遍化してしまった、みたいな感じかな。

759 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 16:20:26 ID:Iq89UkU9
敗戦国の意地をかけた地球の未来を賭けた外交決戦が始まった。

【決戦】地球温暖化サミット
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/omnibus/summit.html

760 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 16:23:35 ID:yDJz9vjQ
>>758
俳句とかもそうだけどね>想像力
以前、東京芸大に師匠を追いかけて留学したヨーロッパ人音楽家(つまり、元々は日本文化について
特段の思い入れはなかった)人が
「西洋と日本の美の追求は正反対で、西洋は多くのものを付け加えて実現しようとするのに対し、
 日本は余計なものを削ぎ落とす形で実現する」と言っていた。

761 :日出づる処の名無し :2007/06/06(水) 16:55:20 ID:ENXn3qJq
>>760
料理での食材を生かすってやつも同じかな。

能面なんか、あらゆる感情を表現してるよね。
笑い、怒り、悲しみ・・・見る人やその時の感情・感性の違いで見える表情
が違ってくるのはほんと不思議。
あれを作った人はほんとにすごいわ・・・

762 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 17:06:41 ID:EL/i+N0+
>>757
ハァ?どこの国に行っても地域に馴染まず、チャイナタウンを作って自分たちで
孤立するのが中国人といわれているのだが。
親和性の最も低い民族が中国人だよ。

人口が多くてゴリ押しでどこにでも居つくから世界中でみかけるだけ。
親和性があるなどと勘違いするな。
その証拠に、世界中いたるところで中国人は移住先と対立して
揉め事をおこしている。
中国人が快く思われてる移住国はほぼ無いと言ってもよいくらいだ。

763 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 17:08:24 ID:IpFbai2b
どの文化も知れば知るほど面白いというのはあるんだけど、日本の文化は特に受け手側に
努力や知識を必要とするものが多いような気がする。

能にしろ俳句にしろ、それを完成させるのは鑑賞者っていう部分が大きいじゃん。
描かれていない事は自分で想像しなけりゃならないわけで。
それに落語なんかも、元ネタ知らないと笑えない話も多い。

暗黙の了解のレベルが、作り手も受け手もかなり高いと思うな。

764 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 17:11:56 ID:PN3yalVp
そういや、甘さを際だたせるのに塩を微量加えたりするけど、ああいうのって他の国でもあるのかな?
アメリカやイギリスとかだと、甘さを際だたせようとして更に砂糖をぶち込むようなイメージがあるw
マジであちらのケーキとか食い続けたら、日本人はすぐ成人病で逝くと思う。


765 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 17:13:35 ID:YBBh/5G1
中国のデスノート騒ぎなんて、典型だよね。
日本ではもっぱらライトとエルのキャラに萌えたり、
推理洞察合戦の面白さ、
あとは神とはなにか、みたいな哲学的な部分が受けてたのに、
中国韓国ではデスノート使ったいじめや、それもどきのノートの販売。
日本人にしてみると、盲点としかいえないような部分に捕われてる。


766 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 17:15:02 ID:PN3yalVp
>>762
うむ、親和性って表現が悪かったな。
何でも中華にしようとする、同化力という意味で言いたかったのだが。
でもま、そう熱くなるような話題でもないでしょ?


767 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 17:16:57 ID:SpFmiPQc
台湾人を叩く奴は全部チョン
悪い事は全部チョンのせい
李登輝を日本の総理大臣にしよう
日本人は台湾人が大好き
日本人は台湾が好き!朝鮮嫌い!
日本に来る台湾人歓迎!朝鮮人出て行け!
台湾人はマジでかわいい
ヴィック・チョウは日本女性に大人気
日本人種は在日チョン用語



金美鈴は絶世の美女



768 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 18:00:53 ID:4+6cooFU
ttp://www.randomdestination.com/members/koop/
candy pop作ったのこいつか

769 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 18:03:05 ID:R35cniRG
>766
親和じゃなく侵食

770 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 19:07:46 ID:BLW67UfF
甘さを際立たせるのに塩入れるのは
プリンでやってる

771 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 19:49:04 ID:EL/i+N0+
>>766
俺のレスのどこが熱くなってるのだ?

中国人の侵食の仕方は同化とか親和とは根本的に異なるものだ。
華僑にしても、中華系のファミリーという結束をいまだに捨てない。
移住先の社会に同化せず、ファミリーそのものの規模と権益、
コネを拡大させてゆくというのが中国人だ。

772 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 19:59:04 ID:ABUybnuU
中国人が増えて幸せになった国はないな
中国含めて

773 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:13:57 ID:VJbQkc1F
>>743
Japan’s Gross National Cool by Douglas McGray

http://www.chass.utoronto.ca/~ikalmar/illustex/japfpmcgray.htm

2002年(邦訳が邦訳が日本の雑誌に載ったのが2003年)
にこの論文が出た後しばらくしてから急に日本のマスコミが追随して
クールクール言い出した

ジャポニズムスレの最初の頃でも今みたいな感じの報道殆どなかったと思う

774 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:39:19 ID:XaJ+YGkI
五花街の芸舞妓 華やかに“競演” 京都で合同けいこ
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070605/wdi070605000.htm

京都五花街の芸舞妓(まいこ)が競演する特別公演「都の賑(にぎわ)い」の合同けいこが5日、
京都市東山区の祇園甲部歌舞練場で行われた。

合同公演は平安建都1200年を記念して始まり今年で14回目。各花街と京都伝統伎芸振興財
団などが主催し、16、17の両日に京都市左京区の京都会館で開かれる。

祇園甲部、宮川町、祇園東、上七軒、先斗町の各花街から約20人が参加。花街ごとに流派が
異なるため、指導を受けながら動きを確認しあった。

775 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:41:59 ID:M3IaZgl7
世界まる見えでたまに海外での日本人気を紹介してるけど
一番最初は何時ぐらいなんだろうな?
ヨーロッパでのアニメネタと鎧を手作りしている武将マニアネタが個人的には最古の記憶。

776 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:45:56 ID:XaJ+YGkI
狩野永徳の「国宝級」屏風絵、京の四季描いた名作を公開
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070605i515.htm

安土桃山時代を代表する絵師、狩野永徳(1543〜90)筆として、最近新たに紹介された
「洛外名所遊楽図屏風(びょうぶ)」が5日、京都国立博物館で報道陣に公開された。安土
城や聚楽第などを飾った永徳の障壁画は大半が戦火で失われており、専門家は「国宝級
」と評価している。この秋、同館で開かれる「狩野永徳」展に出品される。

屏風絵は右隻に京都の嵯峨・嵐山の秋冬、左隻には宇治・平等院一帯の春夏の情景を描
いた4曲1双。国宝「洛中洛外図屏風」に酷似していることなどから、永徳筆と判断された。

>>775
日本の浮世絵がゴッホに影響与えたり、日本の芸術品がアール・ヌーボーに影響を与えたり
というのが個人的には最古の記憶。

777 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:47:13 ID:XaJ+YGkI
縄文時代から「人間と犬」仲良し…乳児と子犬の合葬を確認
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070606i501.htm

愛知県田原市の吉胡(よしご)貝塚(縄文時代後期〜晩期)で、乳児と子犬が一緒に埋葬されていた
ことが同市教委の調査でわかった。こうした合葬は全国初のケースで、縄文時代の人間と犬との深
いかかわりをうかがわせる事例という。

778 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:48:23 ID:XaJ+YGkI
飛鳥の道「山田道」7世紀半ばに先進の土木技術を採用
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070605i514.htm

奈良文化財研究所は5日、奈良県明日香村の石神遺跡で見つかった古代の官道「山田道」が、
7世紀半ばから本格整備されていたと発表した。

大化改新(645年)後の激動期にあたり、飛鳥に中央集権化した都を建設するため、基礎部分に
小枝を敷いて強化する「敷葉(しきは)工法」など先進の土木技術を使っていたことが明らかになった。

7世紀後半から、8世紀初めにかけての山田道の遺構の下層を調べたところ、東西14メートル、南
北7メートルにわたり、長さ80センチから1メートルに切りそろえた、葉のついたままのサカキなどの
広葉樹の枝が南北方向に敷き詰められていることが判明。その上には砂質と粘土質の土を交互に盛
っていた。

今年3月に発表した時点では7世紀後半に整備されたとしたが、出土した土器などから、640〜660年
には工事が始まったことがわかった。日本書紀によると、古代最大の内乱、壬申の乱(672年)では、勝
利した大海人皇子(のちの天武天皇)が伊勢から飛鳥に入った。同研究所の小田裕樹研究員は「皇子が
凱旋(がいせん)した際に、この道を通った可能性は十分考えられる」と話している。

779 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:50:12 ID:XaJ+YGkI
日本人アーティスト史上初!絢香の新曲が世界10カ国で配信
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200706/gt2007060602.html

絢香、欧米へ進出−。人気歌手、絢香(19)の新曲「Jewelry day」(7月4日発売)のプロモーションビデオが、
6日午前10時から日本をはじめ米、英、仏など世界10カ国で先行配信されることになった。

iPodのパソコン用配信「iTunes Store ワールドプレミア」に選ばれたもので、世界10カ国や欧米への配信は
日本人アーティストでは初めて。ヒット曲「三日月」がMTVアジアで10カ国にオン・エアされた実績や海外在住の
ファンの強い要望で実現した。世界ではジャスティン・ティンバーレイク(26)、ビョーク(41)に続いて3人目の快挙。

全国ツアー中の絢香は5日、石川県の金沢市文化ホールでコンサートを行い、詰めかけた約900人のファンに快挙
を報告。「まだ誰も見ていないプロモーションビデオです。行ったことのない国ばかりで、違う生活をしている人の所に
届くと思うとすごいね」などと話し、自らも配信をチェックするようだ。この日は新曲など約20曲を歌った。また、100万
枚突破のアルバム「First Message」も同時に世界22カ国で配信。日本人としては過去最多国への配信となる。

新曲「Jewelry−」は今年初のシングルで、俳優の田村正和(63)が14年ぶりに主演した映画「ラストラブ」(16日公開)
の主題歌。

780 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 20:57:50 ID:ADi6m1Z0
>>775
>>一番最初は何時ぐらいなんだろうな?
東方見聞録でね?

781 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 21:13:39 ID:1Aku7yIF
>>780
魏志倭人伝だろ。

782 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 21:37:48 ID:9aE/1c7+
>>752
受け入れることができる姿勢と量と進化させる力がまるで違うじゃん。

783 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 21:40:48 ID:M3IaZgl7
>>780
ああ、まる見えの放送内でって事ね。
ヨーロッパのアニメ人気はニコニコで見たけど結構古い映像だったな(弘兼が出てるやつ)。
武将コスプレも結構昔に見た記憶があるけど。

784 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 22:28:43 ID:mmfsoJ3O
まる三重の話題からはズレるけど、海外のアニメ人気を
最初にレポートしたのは、ファンロードだったと思う。
1982年ごろ。

フランスでキャンデーキャンデーがヒットして、日本人が
「これ日本のアニメだよ」って言ったら、フランス人が怒って
「ウソ!日本にこんなアニメ作れるわけない!これはフランス製だ」
と言ったという話も、ファンロードがネタ元だし。
まだその号もってる。

785 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 22:55:30 ID:3SHpNGMJ
>>784
懐かしいなw
マンゴプリンとかタピオカを知ったのがその雑誌だった

786 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 23:01:24 ID:7K0qIFj5
>784
今思うとファンロードやOUTの持ってた外れ体質(傍流)、
インチキ臭さ、適度なエロ、煽り体質って今の2chの姿に似てたんだな・・・

2chネラの蓋を開けたら、殆どが元ローディストと元アウシタンだったりしても否定できない。

787 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 23:29:37 ID:aUI/Gi3s
ファンロードは懐かしいな。もう潰れたんだっけ?

788 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 23:31:33 ID:hZQIP2VH
まだ潰れてない。ラポートがつぶれたんだっけ?
腐女臭がキツくなってきたっていうか
腐感覚の標準装備が必要な雑誌になったから買うのはやめた。


789 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 23:33:53 ID:s4cftJa1
そうだよな。
どうでもいい議論好きのオタクくささがあったのにかなりロリやら腐女子くさくなって・・・・
ああいう媚びは適度にしてもらいたいもんだ。
かえってそういう層からもどんどん離れていくだけなのに。

790 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 23:46:45 ID:M3IaZgl7
今にして思えば海外(とくにアジア)のパクリの現状を初めて知ったのもファンロード

791 :日出づる処の名無し:2007/06/06(水) 23:48:40 ID:YBBh/5G1
台湾レポとかあったな。

90年代までしか知らんけど、事典作るとお約束でアミバ入ったり、
編集長のキャラ立てて遊んだり、てのは2ちゃんにもあるよな。

792 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 00:05:36 ID:IkrbgK7S
>>786
ついでに、ワロタのレスに命をかける
ビックリハウサーも加えといてくれ。

793 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 00:15:22 ID:636rnWIt
>792
スレ違いだけど、ビックリハウサーは自分の中ではサブカルの主流だなぁ。

ローディストとアウシタンはサブカルとしてもアニメファンとしても傍流、亜流で
辺境の原野(パロ、エロ、アニメのサブカル)の開墾に血道を上げてて
内輪ネタが特化しすぎで購読してると公言できない、
そんな2chのような雑誌で廃人という言葉がふさわしい三流感があった。

794 : :2007/06/07(木) 00:51:17 ID:fn9w64Ic
今日、会社の先輩に聞いた話なんだが、
うちの会社に侍が大好きで日本に来た外国人が働いていたらしい。
(友達の紹介経由で雇う事になったとか)
彼は本物の(刃のつぶしていない)日本刀が欲しくてたまらなかったが、
観光ビザでは許可が下りない。
この会社に入って就労ビザになったから手に入る!と喜んでいたそうだが、
もちろん許可なんてもらえるわけがない。

彼はあきらめず、居合いの道場に入り真面目に鍛錬し続け、
免許皆伝クラスにまでなって師匠から本物の日本刀を頂いたらしい。
大喜びでスクーターで背中に日本刀を背負って会社に来るほどだったとかw
(もちろん、皆大慌てで、日本で刃物持って歩くと捕まるからって説得)

そんな彼も、父親が病気で国に帰らなくてはいけなくなった。
日本刀は武器扱いなので国外に持ち帰れないと知った時は、
パニック状態だったらしい。

小船で密航でもいい!これは俺の魂も同然なんだ!!
とかなり嘆いていたそうだが、
結局師匠にお返して国に帰っていったという話を聞いた。

なごんだw

795 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 00:58:13 ID:ipZsIxIr
ウーム。
水をさすつもりではないのですが、刀の所持は外国人でもできるはず。
というか、銃と違って刀は許可制ではなく刀そのものへの登録制なので、
登録されている刀なら誰でも所有できるはず。
海外への持ち出しも、手荷物としてはもちろん持ち込めませんが、
美術品として貨物室に入れればちゃんと持ち出せたような…。
この辺はあやふやなので詳しい方の降臨を待ってみる。

796 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 00:59:58 ID:kXDUL8XY
日本の道場通って免許皆伝クラスになっても日本の銃刀法を知らなかったのか?
免許皆伝クラスにもなって、そんな時にパニクる程度の精神性なのかと小一時間(ry

797 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 01:03:50 ID:NDWLW/Dn
美術品扱いとしてなら輸出も可能。

798 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 01:04:51 ID:rpgUBDnV
>>795
確か海外に送る際には登録を抹消しなければならない。でもそんだけだった
と思うよ。後は送る先の国の問題。米軍人の例だと普通に買えたみたいだし。

799 : :2007/06/07(木) 01:07:02 ID:fn9w64Ic
あれ?そう聞いたんだけど……。
会社の小話程度にしか聞いてないから、詳しい話では知らないんだ。
ゴメン。

結構、頑張って手に入れようとしたけど駄目だった。としか。でも師匠がくれたってことは、何とかなるって事だよね。

違法ならそもそも、あげられないだろうし。
刃が潰してあったら美術品で持って帰れたのにね〜〜〜。
とか先輩と話して終わった。

持ち出せるのなら彼に送ってあげたいね。


800 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 01:10:45 ID:k52M86vp
うちには軍人だった祖父の遺品の日本刀が5、6本ある。
芸術的価値なんて全然無いから、ただの人切り包丁だ。

801 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 01:17:42 ID:636rnWIt
>800
手入れしないと速攻で錆びるから、5本もあると面倒だな。

802 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 01:28:26 ID:ipZsIxIr
>>799
多分あれかな。
今でも刀鍛冶がいるので、打ってもらおうとしたのかも。
ちなみにそれほど名のある鍛冶でなくても三年待ちとかはざらなので、
手に入れるのは非常に難しい。

輸出についてだけど、刃をつぶしてなくても輸出はできます。
単に輸出する際に書く書類の問題で、美術品と書けばおk。
国宝、重要文化財、重要美術品でないことが証明できれば、
ほぼ無条件で輸出が可能です。

本物の大刀で室町〜江戸期のものが30万円くらいから、
脇差で15万円くらいからありますよん。
いまどきはネットでも売っているところはけっこうあります。
店によっては英語ページも用意していて、海外発送をやっているところも。

しかし、室町時代とかの刀がかなりいい状態でリーズナブルに買える日本って、
けっこうすごいかもしれんw
本当、物持ちのいい国民だよ。

803 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 01:34:48 ID:2oXRJ1Zb
>>786、792-793
そこにビックリハウサーとちと被るがVOW、あとゲーム帝国&町内会を加えたら完成って感じだなw

804 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 02:13:23 ID:NDWLW/Dn
火縄銃はあんまり残ってないあたり、重火器は嫌いだったようだな。

805 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 06:52:54 ID:17OCLA1b
ファミ通は読者ページだけは最高だったw

806 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 08:36:11 ID:sNFb0+UK
>>800
芸術的価値があるから銃刀法において日本刀の所有が認められる根拠となっているのに、
所有者自らがそんなこと(人切り包丁)と言い出したら武器としての所有とみられて、
所有を認められなくなるぞw

807 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 10:41:33 ID:F6tX6xsq
> 日本のMCとアメリカのMCって内容が全く違うんですね。向こうのMC
> ってお客さんと距離を作るためのMC。ステージの上にいて神様みたい
> で、『あんたたち(お客さん)ってパンピー』って感じ。日本って逆ですよ。
> いくら大物でも(B'zの)稲葉さんでも、距離感を短くするためにMCするじ
> ゃないですか。最初は理解できなかったけど、最近は分かるようになり
> ました。みんな一緒に音楽楽しむために、って。
http://lazy-rock.jp/2007/06/003984.php

808 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 11:38:31 ID:EXIB+iZu
>>804のカキコを見て考えこんでしまった
う〜ん・・・何故なんだろう・・・

809 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 11:45:04 ID:1l3C8Ue9
>808
んなもん
規制されたから、溶かして再利用だろ
維持費用も馬鹿になんないし

それに、刀と違って、「信仰の対象」になりえなかったのもひとつ

810 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 11:51:58 ID:b+eROfof
>>809
信仰対象にならなかったのは確かだけど、維持費用はどうだろう?
蔵かどっかに放り込んどけば良かっただろうし。

811 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 11:53:09 ID:x5Rww1sz
ラーメンにはまった米国人が店主の新店、6/2開店
http://www.torasan.com/bbs/tbbs/tbbs50/messages/18147.html

投稿者:OOSAKI  2007/06/02 23:22:57

ラーメンバンクへの投稿を見て行ってきました。

映画「タンポポ」を見てラーメンにはまり、東京に来てラーメンを 食べまくった、という生粋のアメリカ人店主。
麺は自家製でラーメンには細麺、つけ麺は太麺。
スープは丸鶏ベースに魚介をプラス。野菜の旨味をとじ込めたタレ。
チャーシューは、バラ(塩ラーメン)、肩ロース(醤油ラーメン)、ももの3種類用意。穂先メンマを使用。

容器こそ若干洋食風ですが、十分日本のラーメンでうまいです。
塩ラーメン一杯しか食べておりませんので、再訪必死ですね。

アイバンラーメン
(店主がアイバンさん、片言の日本語なので修業先などの聞き込みは難しい)
世田谷区南烏山3-24-7
(京王線芦花公園駅徒歩5分)
(元「いち」があった場所、旧甲州街道沿い)
03-6750-5540 
月〜土曜18:00-23:00、日曜12:00-15:00、18:00-20:00
定休日:水曜
http://www.ivanramen.com/

812 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 13:36:46 ID:MhiOaEnh
生活全般板、日本びいきの外人を見るとなんか和むスレよりコピペ

457 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2007/06/06(水) 22:12:50 ID:IQbi4WfH
446ではないけども、英語圏の日本妖怪マニアが意見を交換しているフォーラム。
ttp://www.obakemono.com/cgi-bin/yabb/YaBB.cgi

「Creepiest Youkai(最キモ妖怪)」のスレッドが面白い。
ttp://www.obakemono.com/cgi-bin/yabb/YaBB.cgi?board=youkai;action=display;num=1137653565

「髪食いがキモい!私には悪の"どーも君"に見える」
「魍魎がキモい。死体食うのはともかくかわいいウサギ耳が逆にキモい!」
などの意見が。

…コアだ

813 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 13:43:28 ID:DxMvNPDL
>>811
近場の人、行ってやんなよ

814 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 14:02:19 ID:CxpRE0x4
歩いて5分の近所だから行ってみる

815 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 15:00:42 ID:uQi4PmEE
芦花公園か…なんでまたそんなラーメンらしからぬところに…近くだけどさ

816 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 15:20:42 ID:GnLqRaFG
うまそうだな。ラーメン好きとしてはぜひ試食したいとこだけど、
ここから行くのは無理だな。残念だ。

817 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 16:08:14 ID:Axbyoq5S

ラーメン桃太郎
http://www.momotaro.bz/


ラーメン二郎の食べ歩きしてたイラン人w

818 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 16:13:22 ID:2BjjEE7+
イラン人ってイスラムじゃないの?
豚いいのか?

819 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 16:21:26 ID:d3pmh+X0
日本に来たらいいんだって言ってる人多いけど、
大っぴらなのは珍しいかもねー。

820 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 17:45:50 ID:636rnWIt
>818
ブタもそうだがラーメン屋にはビールもあるし。

821 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:17:30 ID:L0Hmi1Fc
信念(信仰)において嫌いなのか、
生理的に嫌いなのか、人によるんじゃないか。

酒は平気だけど、ブタは生理的にダメ、
って人もいると思うんで、注意が必要だと思う。

イスラム教徒なら、豚肉は、
人肉の人糞漬けくらい気持ち悪いもの、
だと思っておいたほうが安全かも。

822 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:30:51 ID:JVdy4SDI
こないだアラブの技術者とトンコツラーメン食ったよ。
「宗教的に大丈夫なの?」
ってきいたら
「ここは日本デスから」
だって。
豚キムチ定食もうまいうまいと喜んで食ってたし。

まあ、イスラーム教徒にも色々いるんだろうな。

823 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:39:53 ID:4+zjRYdO
>>822
まあイスラムの教えって、ある意味生活の知恵の集大成みたいな物だからな。
あの地域だから豚肉の鮮度維持が難しいってのが主因だろうから、別の
地域ならば避ける必要はないというのも一理あるわけで。

824 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:40:18 ID:L0Hmi1Fc
誰でも同じだと思うと間違いが起こりかねないから、
気をつけたほうが、いいわな。

825 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:55:59 ID:o21TXKGt
現存世界最古のメロン、滋賀県の弥生遺跡から出土
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070531it11.htm

滋賀県守山市の下之郷(しものごう)遺跡で、約2100年前(弥生時代)のメロンの一種が出土したと、
同市教委が31日、発表した。専門家は「現存する世界最古のメロンとみられる」と話している。

メロンの果肉(長さ約10センチ)は、環濠(かんごう)跡の土中(深さ約1メートル)から見つかった。
表面は濃い茶色に変色していたが、水分を多く含んだ土が空気を遮断して、真空パックのようになり、
果肉が残ったとみられる。

総合地球環境学研究所(京都市)でDNA分析した結果、メロンと塩基配列が同じことが判明。
放射性炭素年代測定で、時期も特定できた。

メロンはアフリカ原産で、中東からインドなどを経て日本に伝わったと言われる。
これまで最古の果肉は、中国で発掘された4世紀ごろのものとされていた。

826 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:57:24 ID:o21TXKGt
トヨタ、ハイブリッド初の100万台超と発表
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070607/sng070607005.htm

トヨタ自動車は7日、エンジンと電気モーターで動くハイブリッド車の累計販売台数が今年5月末で
約104万7000台となり、世界で初めて100万台を超えたと正式発表した。ハイブリッド車の燃料節
約の効果で、少なくとも東京ドーム約1500個に相当する約350万トンの二酸化炭素(CO2)排出を
削減したという試算も公表。原油の高止まりと環境問題の深刻化を背景に、販売は勢いを増しそうだ。

海外が米国を中心に約70万2000台、国内が約34万5000台。車種別では世界初の量産ハイブリッ
ド乗用車として平成9年に売り出した「プリウス」が7割以上を占め、スポーツタイプ多目的車(SUV)
「ハリアー」などのハイブリッド版が続いた。

同社は2010(平成22)年代の早い時期にハイブリッド車を年100万台販売する目標を持っているが、
18年は約31万台にとどまっており、コスト削減による普通のガソリン車との価格差縮小などが課題と
なっている。

827 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 18:59:42 ID:o21TXKGt
歌舞伎界ホープ・片岡愛之助 上方舞・楳茂都流家元に
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070605/bnk070605002.htm

片岡愛之助さん
 長らく空白だった上方舞「楳茂都(うめもと)流」の家元後継者に上方歌舞伎のホープ、片岡愛之助(35)が内定したことが5日、
分かった。四代目楳茂都扇性(せんしょう)を襲名し、楳茂都流の四代目家元となる。関西で歌舞伎俳優が上方舞の家元を兼ねる
のは極めて異例。就任時期は未定だが、10日の楳茂都流総会で正式に決まる。

楳茂都流は、先代家元・陸平が昭和60年に亡くなって以降は家元を立てず、高弟らが理事制で運営してきた。
しかし、理事の高齢化や家元不在で求心力が弱まるなど、さまざまな理由から、理事トップの楳茂都梅咲を中心に新家元を立てる
ことが検討され、上方歌舞伎の愛之助に白羽の矢が立った。

愛之助は大阪生まれ、大阪育ち。56年、人間国宝・十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、平成4年、片岡秀太郎の養子となって
六代目片岡愛之助を襲名した。端正でさわやかな風貌(ふうぼう)。次代の上方歌舞伎を担う存在として期待されている。

【用語解説】楳茂都流
井上流、山村流、吉村流と並ぶ上方舞四流のひとつで、優雅ではんなりとした格調高い舞が特徴。初代扇性が江戸末期に大阪で創流、
二代目家元・二代目扇性が流儀を完成・発展させ、三代目家元・陸平は革新的な作品を次々と発表し、文楽や上方歌舞伎にも多くの振
り付けを残した。

828 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:01:21 ID:o21TXKGt
【きょうの言葉】「急速は事を破り 寧耐は事を成す」西郷隆盛
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070606/bnk070606000.htm

「急速は事を破り 寧耐は事を成す」書・婁正綱
 物事はあわてて取り組むと失敗するが丁寧に進めれば成功する。江戸城の無血開城を実現した
“明治の巨人”に心服した旧庄内藩士らが、西郷から直接聞いた教えをまとめた「遺訓」から。

【きょうの言葉】「我人に辛ければ 人また我に辛し」近松門左衛門
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070607/bnk070607000.htm

元禄期に活躍した人形浄瑠璃・歌舞伎作者の晩年の作「傾城酒呑童子」から。近松は義理と情のは
ざまで葛藤(かっとう)する人の姿を美しく力強いせりふで描き、多くの傑作を残した。

829 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:02:53 ID:o21TXKGt
【きょうの言葉】「為すべきは人にあり 成るべきは天にあり」杉田玄白
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070605/bnk070605000.htm

回想録「蘭学事始」から。努力はしなければならないが、報われるかどうかは天が決めるという意味。
玄白は江戸時代にオランダ医学を学び「解体新書」を刊行して医学の進歩に貢献した。


【きょうの言葉】「鶏鳴に起きざれば日暮に悔あり」楠木正成
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070602/bnk070602000.htm

鶏の鳴く早朝に一日をスタートすれば、時間がたっぷりあって気持ちに余裕も持てる。寝坊していては
一日はあっという間に過ぎて日が沈むころには後悔が残る。早起きは三文の徳だ。

830 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:05:00 ID:9sFrA/oK


>>ID:o21TXKGt

君ってやつは…



831 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:10:04 ID:Sbfao8no
2ちゃんねるが親台湾なのは、明らかにファンロードの影響だろ

832 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:13:09 ID:Sbfao8no
日本刀を買っても、あとのメンテナンスが面倒だよな

833 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:13:47 ID:2S3Vb68X
排骨飯うまそーだった

834 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:15:21 ID:Sbfao8no
火縄銃もけっこう残ってるぞ
戦国祭りみたいのでよく、試射やってるしな
火縄銃のほうが日本刀より購入が簡単なんじゃね?

835 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:19:26 ID:jqQqcnoW
>2ちゃんねるが親台湾なのは

日本人が親台湾なんだけど。

日本人なのにそんなことも知らないんだ?w

836 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:22:39 ID:d3pmh+X0
李登輝さんも靖国行ったしね。
認めて慕ってくれる人達には、こちらも好意しか覚えないよ。


837 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:29:09 ID:JVdy4SDI
>823
その理由だったら牛肉もダメでしょ>鮮度

破戒イスラーム教徒の彼は
「豚はうますぎるからですよ!」
って言ってた。
本当かどうかは知らない(w


838 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:34:52 ID:/M2BVzIG
>>808
火縄銃は刀と違って幕府によって厳重に管理されてたから、
一般に出回っている絶対数が桁違い。



839 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:39:12 ID:Sbfao8no
イスラム教徒にとってのブタ肉は、日本人にとってのネズミ肉みたいな感じ
ネズミを食べる国はたくさんある。野ネズミだから清潔だよって
いっても、日本人はドブネズミのイメージが強くて気持ち悪い。

ブタも昔はウンコや残飯で飼育して、不潔だったからな。
ブタを食べるヨーロッパ人がまた不潔で、一生フロに入らない。
イスラム圏は、風呂屋があるし、礼拝前に身を清めるとか
清潔を重んじるから、ヨーロッパ人も気持ち悪いし、ブタも気持ち悪かった

840 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:48:17 ID:h3GwTlLV
>イスラム教徒にとってのブタ肉は、日本人にとってのネズミ肉みたいな感じ
おいおい、ゲテモノ好きの日本人がネズミ食ったところで、別に宗教的禁忌は感じないよ。
ところがイスラム教徒はそうじゃないだろ。

841 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:56:42 ID:/btXOuKX
中国国境を越えてパキスタンに入ったが、バスに乗り合わせたパキスタン商人は
ビールラッパ飲みしていたよ。曰くアルコール禁止ってのはモラルなんだけど、
国に帰ると母親の目があるからね、との事。
まあイスラム教徒も人って事ですよ。

842 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:57:50 ID:6rc14cs6
>>831 そういえばゲゲボツアーって韓国は行ってないよな。何でだろ?

843 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 19:58:27 ID:L0Hmi1Fc
つまるところ、宗教的信念(信仰)なのか、
生理的嫌悪なのか、そのへんが微妙だろ。

844 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 20:00:37 ID:fBU2XdDy
もともと豚肉を食するのを禁止したのは
砂漠では燃やせるものがラクダの糞しかなく、
その弱い火力ではサルモネラ菌を殺せないからだ、と聞いたことがある。

わざわざ豚が汚れた動物だからという理由付けするのは、
そうでも言わないと食べたくなるからでしょ。

外国で豚肉を食するイスラム教徒は、
ある意味、柔軟で本質を理解していると言えるかもしれない。


845 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 20:06:42 ID:L0Hmi1Fc
そもそもコーランって、
解釈するな、実行せよ、
じゃなかったか。

846 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 20:17:39 ID:gw7WBvnd
>>837
生の豚肉には有鉤嚢虫が寄生してるからよく火を通さないと危険なんだよ。
そんなことも知らんのか・・・

847 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 20:52:20 ID:rpgUBDnV
少しズレているようだから言っておくと、例え当時が生活の知恵の部分で
禁止したのだとしても、今は宗教的戒律から禁止。

日本人には理解しがたいかもしれないが、これは基本的に「絶対」だから
黙って食わせたりするなよ。これが原因で殺されても仕方ないってレベル。

モスリムでも食べるヤツはいるがあくまで例外だからね。

848 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 21:00:50 ID:NnuUznj7
>>843
食べないイスラム教徒に聞いた感じでは、
信仰でもあり、生理的嫌悪感もあるって感じだった。

849 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 21:05:32 ID:rYl39eMy
たまたま理屈をこねて豚を食べるイスラム教徒がいたからといって
全てのイスラム教徒が、外国じゃ豚を食べると拡大解釈する輩がいるのはなんで?
しかもよりによって文化系のスレに出没するよな
敬謙な教徒だって、いい加減なのだっているのが想像できないのかね

850 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 21:09:15 ID:d3pmh+X0
仏教徒的に安心すんのよ。
戒律に雁字搦めにされてる人みると
救われなく感じるの。
なんというか、もうこれは血のなせる不安感だ。

851 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 21:24:52 ID:Bwd9VSCb
「戦場でメシを食らう」って本に書いてあったんだけど
イスラムが豚を食わないのは、弱くなるからだそうだ。

もともと遊牧民だったイスラム人は羊を飼っていた。
豚を飼うとなると豚小屋が必要で、遊牧民にとって
定住しなければならないのは弱くなる。
だから禁止にした。

って解釈をしていた。
まあ作者がそう解釈しただけなんだけど、一理あるなと。

852 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 22:22:20 ID:h3GwTlLV
>>851
>もともと遊牧民だったイスラム人は羊を飼っていた。
すまん、「遊牧民だったイスラム人」の定義を頼む

853 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 22:22:28 ID:2av8OXwX
>840
ビールの霊でわかるように、宗教的禁忌なんか簡単に無視できる
ムスリムは意外に多いんだよ。でも、生理的嫌悪はそうはいかない。
ブタはどちらかというと、生理的嫌悪のが比重が高いという話。

もうこれ以上スレちがい禁止な。反論も禁止

854 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 22:27:58 ID:rpgUBDnV
>>853
自分で振って身勝手なヤツだなあ

855 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 22:37:17 ID:JVdy4SDI
>853
禁止するのも禁止

ウチの職場に来る研修生や留学生なんかは
たいていそのうち豚食を気にしなくなるけどな。
一応インテリだからなのかな?

856 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 22:50:24 ID:A+pI1xAe
豚肉だめとかいうのは現在では合理性がないとおもってたんだろうね。
合理性がないことでほかの人(非イスラム)に無理いうのは忍びないということもあろうし。
母国では対外的にそんなこといえないだろうけど。

857 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 23:12:32 ID:GrXkRKo/
だが極東の島国までは偉大なるアッラーの目も届かない

858 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 23:26:42 ID:JGv3N004
っていうか、

信仰心が篤くて戒律にそむきたくない人もいるだろうし、
それ以前に、もう生理的に受け付けたくないって人もいるだろうし、
真面目な人もいれば、柔軟な人もいる、ってことで、
つまり、ムスリムも人間だわな。

相手の厳密さがわからない場合は、
最も慎重に対応しとくのが無難だろうね。
ひょっとすると、こっちに遠慮して戒律を破っちゃう人、
なんてのもいるかもしれないし。

無神経で戒律を破らせたら、寝覚めが良くない。
まあ、無神経に戒律を破らせて欲しい人も、ひょっとすると、
いるかもしれんけど。w

859 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 23:27:20 ID:Bwd9VSCb
>>852
すまん、本にそう書いてあるだけなんだ。
どうしても定義が欲しいならどうぞ

http://www.johgi.or.jp/

860 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 23:28:39 ID:BRNsClOv
アッラーの呪縛にうんざりしているムスリムにとって、日本は天国じゃないの?

861 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 23:32:54 ID:JGv3N004
・・・って言うかさ、

生まれたときからイスラムがあふれてると、
たぶん、束縛から逃れられることを喜ぶ人も、
少なくないと思うんだわ。

その一方で、非イスラムの中で成長した人は、
自分のアイデンティティを見失って、極端なくらいに、
信仰にのめりこんだりとか。

中庸は、大事な。

862 :日出づる処の名無し:2007/06/07(木) 23:39:12 ID:rpgUBDnV
>>860
それも日本人の勝手な思いこみだったりもするぞ。縛りがあった方がイキイキ
する人も多い。そんな人にとっては日本は堕落した国に見えるだろうな。

要はお互いを尊重すればいいだけの話なんだけどね。

863 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:13:26 ID:IFfXZeZF
でもイスラムはやっぱカルトだぜ
イスラム宣教師の日本での講演を文章化してるサイトがあったはずなんだが・・・

マジすげーよ
日本の文化がイスラム布教の障害になってますみたいなこと言ってる
ほんとにアッラーが唯一絶対になっちゃってるんだよね

864 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:25:41 ID:r5v1zI2X
お前ら、いいかげんにしろ。
これ以上スレちがいをつづけると

「マグナムとショットガンでは、どっちが威力がすごいか?」
という、もっとスレちがいな話題を始めるぞ?

確かGUN誌で読んだ記憶があるんだが、ふつうの散弾でも
(至近距離で、弾が拡散する前なら)44マグナムより強力と
書いてあったんだが。

865 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:27:13 ID:r5v1zI2X
407 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい 投稿日: 2007/06/07(木) 22:15:29 ID:w9xEmJzHO
>>402

散弾がマグナム弾より大威力って阿呆か?wwww


こんなこというやつもいる。
どっちが正しいのか?

866 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:28:31 ID:8ej42zaD
シラネ
それより、しょこたんとゆうこりんの人気投票でもしようよ!

867 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:47:05 ID:8lceX6fy
イスラムの戒律云々は気にする必要はない。戒律なんて守りやすい戒律は守って
守りにくい戒律は守らないものだ。
キリスト教はユダヤ教から派生したからチーズバーガーは食っちゃいけないハズなんだが、
キリスト教国アメリカで作られたわけだし。
それでも頑張って戒律を守ってきたムスリム達を堕落させたのが豚骨ラーメンの味、というわけだな。

868 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:48:33 ID:gJlpnO/k
つか、一神教徒ではない立場から率直な感想、

神に頼って無茶するよりも、
努力した結果を神に報告せんか。

869 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 00:54:26 ID:lVaHsv9J
芦花公園、烏山って昔からラーメン不毛の地だから難しそうだなぁ。
営業時間18時〜23時って、趣味程度にやってるのか

870 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 01:19:28 ID:yYSvbR0m
>>864
バキスレか?
弾一発の威力は44マグナムよりかなり下だが、弾のエネルギーの総量は
散弾の方が上(口径にもよるが大体3倍くらい)。



871 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 01:55:15 ID:6hN/S7wW
時間に難点があるね。夕食をラーメンにする人ってあんまりいないだろう。
酒飲んでから芦花公園まで電車で行く人もいないだろうし。

872 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 01:55:22 ID:5/u5Oidc
>>867
キリスト教に食に関するタブーはないよ。

>>868
言っている意味が良くわからんが、信仰内面にまで踏み込む発言は止めとけよ。
流石にそれは荒れる元。

オレが言いたいのは、文化風習習慣宗教の違う相手には食事などで気を遣え
ってことだけだ。自分らだって焼きネコなんかを食事に出されたらイヤだろ?

今も皆が気配りの出来る日本人だってことを信じているよ。

873 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 02:13:35 ID:7/VlYL9N
>>865
強いの意味が破壊力と言う事ならマグナム。
銃の威力はその速度と弾頭重量が大きいほど強い。

散弾は一発あたりの弾頭重量が小さいために貫通力が小さく、空気抵抗も受けやすいために
よほどの至近距離で撃たない限り相手を殺傷するのは難しい面制圧用の武器。
しかしマグナムが一般的に言われている44マグナムなどの事を言っているのなら、
射程内ならどこに当たっても相手の肉体を完全破壊する事ができる。
だからマグナムは強いということにはなる。

だが破壊力ではなく近距離で相手を制圧するという観点では、
面制圧に向いている散弾の方が強いといえる。
貫通力の低い弾でも当たれば激痛で無力化できるので。

874 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 02:16:31 ID:gJlpnO/k
だって、宗派が違う連中を殺して、
神の意思とか言ってる連中だぜ。

どういう神だよ。
恥ずかしくないのか。

875 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 02:20:36 ID:qQ9IVw/n
恥ずかしくないから教徒なんでしょ。
それで憐憫に陥って悦に入るという流れ。
そして神の許し。
まあおめでたいサイクルでできているわけだな。

876 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 02:21:08 ID:gJlpnO/k
殺すなら、神に責任をおしつけるべきじゃない。

877 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 02:33:40 ID:gJlpnO/k
・・・いや、ごめん。

ちょっと自制心が外れた。
信仰に口出しするのは正しくない。

ただちょっと、
殺し合いのニュースに、
ウンザリしてただけ。

878 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 02:36:05 ID:OsG/fMYv
>872
「ローマに行ったらローマ人のするようにしろ」、って諺がある。

日本語では「郷に入っては郷に従え」って言うよな

879 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 03:05:22 ID:6hN/S7wW
やらなきゃやられるような世界では、自分の身を守護してもらうことが
必然的に敵を殺すことにもつながるよね。
自衛というと穏やかだけど、そこには敵を殺すことも含まれるわけで。

880 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 03:22:03 ID:gJlpnO/k
うん。
それは分かる。

戦う以外に方法が無ければ、
戦う以外に選択は無い。

881 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 03:26:27 ID:ZGElkHnZ
>>873
ショットガンで至近距離から撃たれて、腹に大穴が開くような映画は大嘘ってこと?

882 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 03:38:41 ID:7/VlYL9N
>>881
ショットガンに使う弾にも色々あって、一般的な散弾にも弾の大きさによっていろんな物がある。
中には対人殺傷用のスラッグ弾という散弾ではない一粒弾がある。
スラッグ弾はとてつもなく弾頭重量がでかいので、そんな物を至近距離で撃たれたらそれこそ大変。
漫画みたいに向こうが見えるわけではないにせよ、大穴が開くのは事実。

883 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 04:58:05 ID:sOQnoJMG
>862
縛りがあったほうがイキイキって日本人?

>863
そんなんキリスト教徒だって同じ事言ってるお。


ショットガンつーと大きい銃を連想するのだが、
大きいって事はショットガンのがエネルギーデカいんじゃねーの?と素人考え。


884 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 05:24:39 ID:84eMhRrC
スレ違い云々より、兵器ヲタがウザイ

たまに別スレでもスレ違いの話題になるけど、
それでも日本の文化とか歴史とか比較対象として取り上げて、
その上での「それは正しい間違ってる」という話題なのに

スレ違いだ!厨の暴走なのか、空気読めないにもほどがある

どうしてもやりたいなら2ch内で最も幼稚、かつ精神年齢が幼い、
何から何まで人の話を、まるで聞かない必死杉なキモヲタしかいないサバゲ板逝け

885 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 05:27:19 ID:oFceweXw
>>792
ログインも忘れないで欲しい。高橋ピョン太とか松本おやじ君が居た頃の。
まぁ・・・・何だ、要するにヤマログですよ。

886 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 05:33:22 ID:oFceweXw
兵器、アニメ・SF、食い物は暴走しやすいが、
スレに全然関係なくても食い物だけはあまり咎められない。
要は人はスレ違いを咎めてるんじゃなくて、自分の理解できない
話題をされる不快さを嫌っているのである。多分。

887 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 06:00:34 ID:owSDNjtj
>>869
スープにこだわって時間がかかるため、営業時間が遅くなるかもしれんな。


888 :867:2007/06/08(金) 06:55:45 ID:8lceX6fy
>>872
Wikiによるとキリスト教でユダヤ教の食タブーを守ってるのは特定宗派だけらしい。
また金曜日は肉を食べない、とかそういうルールが各地にあるとも書かれている。
つまりタブーが無いわけではない。ジビエだって元々食タブーから来てるし。

889 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 07:00:21 ID:fsi+AT9o
http://www.nicovideo.jp/watch/sm418566

890 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 07:05:00 ID:8Gpg3r3f
>>864
体重100キロのマッチョにタックルされたらダメージでかいけど
体重59キロのおにゃのこ5人に飛びつかれたら・・・もう・・・

891 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 07:54:56 ID:yYSvbR0m
>>882
スラッグ弾は対人用ではなく、熊などの大型猛獣の狩猟用。
対人用の弾はバックショット(鹿撃ち用の9粒弾)。

892 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 08:15:23 ID:qGP9PcWt
>>890
女で59キロって身長高い方じゃないとピッツァじゃね?

893 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 09:44:52 ID:EtV4DMd3
このスレはスレ違いを延々と続ける衒学趣味者が多すぎる。
せめてスレに沿った話題でやれよ…

894 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 10:20:56 ID:unyJsn7n
ま、雑談の中からちょっといい話が出てくることもあるからちょっと大目に見ようぜ。
確かにそうスレ違いな知識をひけらかさなくてもいいよって思うことはあるけどねw


895 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 10:26:43 ID:SdMIvdTJ
ランキンの楽園
今がシーズン!鎌倉(秘)絶対得する無料グルメ&外国人ナゾの買い物大人気!

896 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 11:18:08 ID:vk+s0Dyp
旧日本軍機に魅力を感じてる外人もいるよね。

ゼロ戦を飛行可能な状態で保管してる博物館がロスにある。

とあるアメリカ人コレクターは戦闘機疾風を日本に返還してくれた事もある。

897 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 11:18:16 ID:/9UbhP4q
昨夜、「ZERO」ってニュース番組見てたら、
環境問題の話になってて、モデルの川原ナントカって女が、
フランスは環境先進国みたいな発言してたけど、
パリの裏通りの犬の糞さえ処理できないフランスのどこが環境先進国なんだよ!と思った。

898 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 12:00:25 ID:ZijjbM1p
犬のうんこを処理するほうが自然じゃないからw

899 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 13:20:52 ID:MGe0hJTO
犬のウンコはバクテリアを育てるエコマテリア。

900 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 13:29:26 ID:gi/A98TM
そういやもう犬のウンコが干からびて真っ白になってるの見ないなぁ
塩からトンボのような白いウンコを初めて見た時は衝撃だったぜ

901 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 14:37:35 ID:Mg8iCXty
川原亜矢子だね
スラグ弾ならもちろんだが、ふつうの散弾でも
キリスト教もイスラム教も、ユダヤ教の戒律を
南太平洋で核実験するフランスが、
至近距離なら、44マグナムより威力あるんじゃね?
どうして環境先進国なのか?
大幅に緩和してできた宗教

902 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 15:16:27 ID:/gq1T5IF
「腐乱臭人」って書くと臭いに耐性がありそうだな( ^ω^)

903 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 15:39:21 ID:IO96p/R7
>>897
フランス人にはペットが路上にした糞尿を飼い主が片付けるって習慣がない。
パリ市は年間に2億円ほどの税金を使って路上の犬猫の糞尿を掃除する専門の掃除人を雇っている。
あまりにもお金がかかるから飼い主に課税して糞尿の掃除費用を負担させようとしたが
動物愛護団体や犬好きの議員らの猛抗議で廃案にさせられたほどだ。

904 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 15:49:33 ID:wWr4PEz4
ゴミの分別もしてないんじゃね?
確か反対があったとかで。
独が環境大国って言われるのはわかるが
仏はそういう印象ない。
実践するより反対デモや討論の方がお得意だろ。

905 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 16:44:33 ID:U83Qz66I

> 710 名前:朝まで名無しさん [] 投稿日:2007/06/07(木) 17:09:34 ID:kE+pqpdB
>
> ★南京虐殺のプロパガンダ映画の嘘を暴いてます
>
> 同じ中国人同士の国民党の兵士が共産党の兵士を射殺!
> なぜか日本軍の責任になっております!
> とにかく日本人なら見て下さい。
> 英語と日本語の併記ですので外国人にも紹介出来ます!
> これ制作したのプロ?凄すぎる!
>
> ■THE FAKE OF NANKING - 1
> http://www.youtube.com/watch?v=uwqFOxmr2to


906 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 16:50:57 ID:al5HCgpM
>>903
その愛護精神と糞尿処理費用の負担とが、なぜ結びつかないのかねぇ
掃除業者が雇用を奪うなと講義するなら分かるけど


907 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 17:20:43 ID:3bPVjuhu
>>900
白いウンコは脂肪分が消化されず出てきてるんで、
その犬はあまり良い体調じゃないな。
最近は残飯よりドッグフードが主流のようだから、
出てくるウンコもドッグフードみたいに均一な色と形が多い。

フランス人はフランス人のやり方をすればよい。
日本では糞を放置するのは犯罪ですから。

908 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 17:25:19 ID:7/VlYL9N
>>905
何気なく開いてみて、最後でフイタw

909 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 17:48:51 ID:kaoNSsr1
ハンガリーからのメッセージ
Hi,

I have a message to You, Vippers. Can You post it in one of Your forums that all
Vippers can see?

Here's my message:
-------------------------------------------------------------
Dear Japanese friends,
I would just like to share with You and interesting fact about the attitude of
Hungarians on Japanes people. In february this year rumors spread about our
government planning to raise our 10.2 million population by immigrating one
million Asians to Hungary (I would like to note that Hungarians also came from
Asia and I have heard of more than one Japanese person who believes that we are
relatives). INDEX, our largest Internet news portal did not take this rumour too
serious but, just to get a picture of their readers' attitude on the topic,
declared a vote that from which Asian country they would welcome one million
immigrants
(Here is the article in Hungarian: http://index.hu/politika/belfold/asia7385/ ).
The results are as follows (showing yes/no answers):

Afghanistan: 364/4916
Philippines: 1221/2843
India: 655/2807
Irak: 252/2738
Israel: 880/2941
Japan: 3093/1097 (74% YES!!!)
Kazahstan: 435/1870
China: 496/1879
Turkey: 508/1664
Vietnam: 882/1955
(Only these countries were listed in the vote.)

910 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 17:49:47 ID:kaoNSsr1
As You can see, the score of the countries is not related to their economical
situation but to something which I think I can simply call sympathy. And all this
happened before the clicking game!

I just wanted to share this with You.

Shinto and Buddha bless You,
hupper Laszlo
from Hungary

元スレ ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1181080158/545

911 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 17:51:30 ID:/9UbhP4q


  >>901がスルーされてる件について…




912 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 17:55:54 ID:7/VlYL9N
>>911
君以外はそうだね

913 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 18:51:08 ID:0p5jK05c
【北海道】外国人観光客満足度調査 「また来たい」96% 店で言葉通じず不満も
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181253718/


914 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 19:09:53 ID:Gd5OQtCL
>911
これほど露骨な自作自演は見たことない


915 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 19:41:13 ID:C4eytTYC
日本は一番はじっこ。
http://ca.c.yimg.jp/news/20070608101939/img.news.yahoo.co.jp/images/20070608/jijp/20070608-05301036-jijp-int-view-001.jpg

やっぱり一番はじっこ。
http://images.ctv.ca/archives/CTVNews/img2/20070607/450_ap_summit_0706072.jpg

ドイツ紙、写真を間違えて掲載
http://www.minyu-net.com/newspack/img/PN2007060701000641.-.-.CI0002.jpg

ロイター世界配信写真。なぜか安部だけが後ろを向いてる写真。
http://ca.c.yimg.jp/news/20070608073128/img.news.yahoo.co.jp/images/20070608/reu/20070608-00000388-reu-bus_all-view-000.jpg

ドイツ紙、安部夫婦だけ見えない写真を掲載。
http://www.welt.de/multimedia/archive/00271/Gut_DW_Politik_Hohe_271400g.jpg

916 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 19:42:01 ID:uEygd9JD
>>907
<丶`Д´>ウリは?

917 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 19:48:19 ID:IapskAi7
やっぱ、いくら経済大国つっても欧米からみたら黄色い猿ってことか・・・
まだまだ日本をなめてるのかね
もっと精進せねばな

918 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 19:54:47 ID:+0QFa29G
>>907
道端の白いウンコは、雨が降ったあと乾燥したやつじゃないの?w

919 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 19:56:16 ID:7/VlYL9N
欧米コンプレックスという話を良く聞くし、それはけっこう事実だとは思うけど
>>917みたいなのを見ると、じつは日本においてコンプレックスというのは
きわめていい方向に作用しているような希ガス。
コンプレックスがあるからこそ良くしようと思うし、追いつこうと思う。
自分が優れていると思い込んでいる民族がどのような末路をたどったかを考えれば、
コンプレックスというのも悪くないなーと思う。

920 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:06:37 ID:XetgtZJm
イラク人女性医師2人、東邦大で研修へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070608i512.htm?from=main5

イラクで取材中に殺害されたジャーナリスト橋田信介さん(当時61歳)の妻幸子さん(53)が
副代表を務める募金団体は8日、イラクの女性医師2人を日本に招き、今月から東邦大学医
療センター(東京都大田区)で約3か月間の研修を受けさせることを明らかにした。

団体は同国中部ファルージャで戦闘に巻き込まれ左目を負傷したイラク人少年モハマド・サイ
ハム・サレハ君を支援する「橋田メモリアル・モハマドくん基金」。招かれたのはファルージャの
総合病院などで働く2人。

8日、都内の日本外国特派員協会で講演した幸子さんは「主人と中東地域を取材する中で女性
の地位向上や傷ついた子供の適切な治療が必要だと感じていた」と述べた。研修を受ける医師
のサミラ・アブダルガニさん(42)は「ファルージャでは爆弾テロが続き、病院まで無事にたどり
着くのも難しい。医師も薬も不足している」と話した。

921 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:08:25 ID:XetgtZJm
「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も〜」上杉鷹山
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070608/bnk070608000.htm

≪為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり≫

第9代米沢藩主の鷹山は財政が逼迫(ひっぱく)した藩政を立て直し、名君の
誉れが高い。この歌は藩主としての心得「伝国の辞」とともに、次期藩主の上
杉治広に伝えられたという。

922 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:09:37 ID:yYSvbR0m
>>919

>自分が優れていると思い込んでいる民族がどのような末路をたどったかを考えれば、

具体的にどの民族について言ってるのか分からんが、ぶっちゃけ欧米コンプレックスは
欧米人以外の(ほぼ)全ての民族にあると思うぞ。
>>497の本を最近読んだが、食事中に音を立てて食べる中国人の習慣について、
日本人に指摘されても気にしないのに、白人に指摘されるとムキになって否定する
中国人の欧米人に対する卑屈さが書かれてた。
大切ならのはそのコンプレックスにどう向き合うか。


923 :翻訳1/2:2007/06/08(金) 20:28:21 ID:DZU5yF5P
>>909
ども。

Vipperに伝えたいことがあるのよ。Vipperみんなが見られるフォーラムの
どこかに書き込んでもらえるかな?

ここからメッセージね。
-------------------------------------------------------------
日本のみなさん、どうも。
ハンガリー人の日本人への想いに関する興味深い事実を、皆さんに
お伝えできれば幸いです。今年二月にわが政府に関する噂が流れま
した。それは政府が100万人のアジア人をハンガリーに移住させる
ことで、我が国の1020万人の人口をもっと増やそうと計画している
というものでした(ハンガリー人も元はアジアから来て、私たちとは
親戚だと信じている日本人もいるらしいということをここに記しておき
たいと思います)。わが国最大のポータルサイトINDEXは、この噂をまとも
には取りませんでしたが、この話題に関するサイト読者の反応を調べるため
に、どのアジアの国から100万人の移民を迎え入れたいかという投票を催
しました。
(ここにハンガリー語の記事があります。http://index.hu/politika/belfold/asia7385/
結果は下記の通りです(表示は、はい/無回答 となっています)。
アフガニスタン: 364/4916
フィリピン: 1221/2843
インド: 655/2807
イラク: 252/2738
イスラエル: 880/2941
日本: 3093/1097 (74% YES!!!)
カザフスタン: 435/1870
中国: 496/1879
トルコ: 508/1664
ベトナム: 882/1955
(投票リストに入っていたのは上記の国のみです

924 :翻訳2/2:2007/06/08(金) 20:29:48 ID:DZU5yF5P
>>910
おわかりのように、各国の得票数はその国の経済状況に関係するものでは
なく、純粋に親しみと呼べるものに関連していると思われます。そして、
このことは全てクリックゲームの前に起こったことなのです!

このことをお伝えしたかっただけです。

日本の神さまと仏様のご加護がありますように。
フッパー・ラスズロ
ハンガリーより
-------------------------------------------------------------

元スレに概訳があるようだけど、全訳してみた。

925 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:37:04 ID:vk+s0Dyp
>917
安倍が軽んじられてるだけだろ

926 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:45:21 ID:xcIt1UWP
オラッ      ☆         ″  __ ヾ
 ヽ/  ノ~  / バチン!  _   //        ∧ ∧  えいっ!
  .∧∧⌒つ    _      く く   ̄   ≡⊂(゚Д゚ ,,)
 (゚Д゚;)ノ \        ̄     \\  ̄      \  ,)〜
 (ノ (ノ          ミ  ヾ  ̄   彡       ( ( |安部
菅      ″ /二二|        ミ          ∪
     ヒュン   |/     ソ   
      ゞ      彡     丶ズ  ブーメランw
          ヒュン   . ┌-┐ ク/  1997.1.1(平成9年)
               ヾ | | ̄. ッ  基礎年金番号実施時
               ィ'ミ,彡ミ 、    厚生大臣は小泉
              ミソ_、 ,_`彡
              ミj  ,」 彡
               i'<_一ノ

927 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:48:31 ID:d2WqKI2A
>>923
記事の原文を見たら、はい/無回答じゃなくて、はい(yes)/いいえ(no) だね。

928 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:50:41 ID:sy2E40vl
本当にアジア人移住計画が実地されたらそこに表記されて無い国の人間が押しかけるよ。

929 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:52:47 ID:DZU5yF5P
>>927
あ、そっちか
すいませんmOm

930 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 20:59:18 ID:4Gi1CwrP
>>929
でも、禿しく乙。

931 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 21:02:11 ID:7/VlYL9N
>>928
そうだよなあ。
わざわざ豊かな日本から異国に行こうだなんて人はそうそういないだろうし。
それに高所得者や高学歴者に限定しない無差別な大量の移民っていうのは
トラブルの元ってことをハンガリー人に気づいて欲しい。

932 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 21:04:47 ID:+XazOtbH
>>928
中国人もテンコ盛り押しかけそう。

933 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 21:12:00 ID:Po134q0f
>>922
あんな愚民の群れにどうやって劣等感を抱けるのかね?


934 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 21:50:58 ID:EdhDynnV
394 名前:代表戸締役 ◆jJEom8Ii3E [sage] 投稿日:2007/06/08(金) 20:11:07 ID:vKe4kjCS
>>390
外交上の序列で言えば、何もおかしくないです。
基本的にホスト国を中心にして、任期の古い順に並びます。
また、ホスト国と関係の深い国が中央に近い位置に来る場合も多いです。
今回のホスト国はドイツですので任期的には短いですがサルコジ氏が中央に近い
位置にいることは不自然なことではありません。
また、最後の参加になる方がホストに近い位置になる場合もあります。
安倍氏の場合、任期的にも初参加になりますしドイツとの関係は深くありませんので
自然と後方や端に近い位置に立つことになると思います。

935 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:17:33 ID:CP4tWl5E
スレ内で戦国時代には、一騎打ちなんて無いって話があるが、
本田忠勝が、姉川の合戦で、真柄直隆と一騎打ちしてたと思うが、
真柄は、五尺二寸の刀で、蜻蛉切りを持った本田忠勝

936 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:19:29 ID:CP4tWl5E
本当に一騎打ちしたかは別にしても、そういった風習とかは残ってたんじゃないかい?

937 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:21:44 ID:/gq1T5IF
一騎討ちはあったけど一騎打ちは無かった、ということじゃないか?

938 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:26:27 ID:+lKft7r0
しらじらしくスレちがいの話始めるんじゃねーよ
これ以上、一騎打ちの話つづけるなら
マグナムVSマシンガンをぶり返すぞ

939 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:29:50 ID:/gq1T5IF
やめてっ!お願いだからぶたないでぇ!

940 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:30:41 ID:IapskAi7
またお前かwww

941 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:34:57 ID:/9UbhP4q
面白くないんだけど。

942 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:35:38 ID:YhIAPBg2
>>923
>(ハンガリー人も元はアジアから来て、私たちとは 親戚だと信じている日本人もいるらしいということを
>ここに記しておき たいと思います)

そんな人いるのか?

943 :日出づる処の名無し:2007/06/08(金) 23:51:20 ID:58xFyACx
知らない人がいることのほうがちょっと驚きなんだが

944 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 00:06:49 ID:6cpe2oDb
ウンゲルン

945 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 00:09:45 ID:sXJRXC2Z
>>942
日本とお近づきになりたい人は多いって事だろう。
金がある、実力がある、面白い、徳がある。そんな人間には友達も多いものさ。

946 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 00:11:48 ID:6cpe2oDb
割合はともかく投票数自体の差は何なんだ

947 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 00:19:18 ID:pabNMcID
>>942

ザパニーズに違いない。

948 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 00:45:21 ID:2pNbG2eu
やっぱりここって朝鮮学校出ばかりなんだなw
日本では学校でマジャール人のこと習うんだが。

「ハンガリー人も元はアジアから来て」て、フン族のこと言ってるのだよ

949 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 00:54:18 ID:sXJRXC2Z
>>948
だから日本民族と親戚だってのは、普通に無理がある。

950 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 01:09:28 ID:QUD9hcnd
豆知識

「ハンガリー」は「フン族のガリア」って意味。

951 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 01:36:42 ID:RAMcrsBo
フン族って匈奴だっけ?
もうはるか昔の事で忘れたニダ・・・
どっちにしても日本とは親戚じゃないと思うけど。

952 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 01:38:02 ID:W/rixzEq
人類はアフリカから、

に比べれば、
親戚度は高い、
とか。

953 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 02:01:25 ID:V80J+XkX
ハンガリー人は蒙古班出るらしいよ。その程度には近いかも。
その昔匈奴って事はアングロサクソン追い出したのか。何気に凄いな。

954 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 02:18:52 ID:PpXAt6Rs
フン族はハンガリー人の祖先じゃなくて、単に影響を与えた「一要素」に過ぎないだろ。
中心はあくまでもマジャール人という独自の民族だ。

955 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 03:51:35 ID:2pNbG2eu
フン族がルーツということ自体も、言い伝え半分のとこはあるけどね。
ただ細かいことはともかく、ハンガリー人がアジアから来たと聞いて
フン族のこと言ってるのだろうなと思い浮かばないのはおかしい。

956 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 05:33:51 ID:yZPH2ecS
>922
なんか、コンプレックスについて、
日本人→西洋人 
って方向ばかりが話題になるけど、
西洋人→日本人
この方向のコンプレックスも根強いよ。
特に、白人主義者が一度は頭を悩ませるのが、
日本人をどう位置づけるかの問題。
80年代の日本絶頂期に、西洋人が日本について書いた本を読んでみろよ。
イギリス人もフランス人もアメリカ人も、涙無くては読めないほど、
強烈な対日コンプレックスが文章ににじみ出てる。
なぜ『NOといえる日本』が、あれだけ西洋で評判が悪かったか、考えてみればいい。

まぁ、謙虚な日本人と違って、奴らのコンプレックスは
たいがい、日本人に攻撃的になるんだけどね。
特にインテリ左翼連中が酷いね。ニューヨークタイムズとかw 

957 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 06:05:16 ID:D+w2tBvK
というか植民地をことごとく手を切らせなおかつ、経済やらあらゆる物を作らせれば売れた。
まさに絶好調だったろう。
まぁ一瞬のともし火だったが。(今はそれなりにいいけれど人口減るしということで)
華僑とか中国のうまいとこは実利で欧米儲けさせて裏では現地人煽ってるとこだろう。



958 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 08:21:07 ID:sXJRXC2Z
>>957
一瞬のともし火なんかじゃないよ。今日本経済は圧倒的に強いよ。
日本製品は独自技術を極めて、完成品ではなく部品や工作機械に特化している。
だから表にはでないが、デフレで価格競争の始まっている完成品より儲かるんだ。
人口も関係ないよ。日本の工場は機械化が進んで、コストに占める人件費はかな
り低い。これは日本だけが儲かる経済システムが完成しつつあるといってよく、
経済支配という言葉がぴったりくる。まあ支配なんてどうでもいいがな。

959 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 08:57:37 ID:HUkO7bjl
>>935
忠勝って戦場往来何十年で無傷という化物だろう。
真柄とやらが可哀相になってきた。

960 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 09:17:16 ID:gcKWrdyH
>>958
デフレなのに圧倒的に強い経済て

961 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 09:28:51 ID:sXJRXC2Z
>>960
いやデフレだから強いんだよ。失われた十年というのは日本企業がデフレに対応する
期間だった。世界的に見てデフレ基調は今後も続く。そこにいち早く対応できた意味は
ものすごく大きい。
完成品は価格競争に巻き込まれるが、日本でしか作れないような部品や素材は日本
から買うしかない。品質の良い日本製を使わなければ、完成品の競争力が無くなる。
つまり価格が下がらない。
GMなんかトヨタを恨んでいたりするけど、日本製の工作機械をべらぼうに使っている。
つまりどう転んでも国単位じゃ日本は儲かる。
国際特許の貿易では、日本は全世界に対して輸出過多。しかもその傾向はどんどん
強まっている。こんな国は当然日本しかないし、世界経済の中で特異な位置にある証拠。

962 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 09:36:59 ID:+U+1JDdE
いや帝国主義にしていえば日本は一瞬世界一かもってだけをいいたかったような。
円高でもなおかつ異様な強さだった。バブルはおばちゃんまでおかしな方向にいったのがおかしかったわけだけれども。
大英帝国的というかアメリカ帝国的というか中華、ロシア的という領土を経済に変えた場合というか。

もちろん日本人って別にそういうのを望んでなかったわけだが。
がんばるぞってだけでがんばってきたことが身を結んでよかったな。


963 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 09:37:26 ID:gcKWrdyH
んー、デフレが何故悪かってのを勉強したほうがいい
クルーグマンの「日本が嵌った流動性の罠」って記事があるから
そのへんから読むといいよ。

964 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 09:48:56 ID:sXJRXC2Z
>>963
いい悪いを論議しても、冷戦構造を崩壊で自由経済圏が拡大している以上デフレは
避けられないわけで。「世界的に」
その上でスエズ運河等の大型公共工事が行われたのもデフレ期だから、悪い事ば
かりじゃない。特に世界一の建設技術を持つ日本はね。

逆に長谷川慶太郎の著書とかどうかな。

965 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 09:56:27 ID:gcKWrdyH
デフレっつうのは金が回らない=投資先がない=縮小均衡で
未来がないんだよ。加えて少子高齢化で内需はボロボロになる。
一度、経済板で >>958 >>961 みたいな論を聞いてみたらいい
トンデモ論として一刀両断されるから。

966 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 10:08:19 ID:sXJRXC2Z
>>965
いや絡むつもりはないんだがちと見てみたらこうだった。

良いデフレ論争
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AF%E3%81%84%E3%83%87%E3%83%95%E3%83%AC%E8%AB%96%E4%BA%89

結論が出ていないんだね。

967 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 10:20:13 ID:gcKWrdyH
一応、経済板では「良いデフレ」なんてものは「無い」という意見が大方だよ。
良いデフレ論をとった日銀の速見優は世界の著名な経済学者から
「世界で最悪の中央銀行総裁」と言われた。
その次の福井総裁は「世界で最も優れた中央銀行総裁」と言われたけどね。

968 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 11:32:25 ID:wT/7Xdah
>>967
>福井総裁
余談だが2003年に阪神タイガースがリーグ優勝した時のBBCは
なぜか道頓堀ダイブを取り上げ、
「トラキチで有名な日銀総裁の福井さんにも影響して、日本の景気が
 よくなるといいですねぇ」
と、BBCの一般視聴者に分かるのかどうか微妙な伝え方をしていた。

969 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 11:42:17 ID:SR4EIKIK
技術革新と科学技術の発達速度以上に市場が拡大しないのが
デフレの原因だったような。
しかも、旧共産圏が崩壊して地球の単一市場化が猛烈な勢いで
進展しているから、これ以上の大幅な拡大は無理であるし。
世界史的には、こういう状態に陥った経済圏は、海の彼方の
未知の経済圏を侵略・植民地化して乗りきったのだが、もう「海の彼方」が無いしな。

・・・ここで、日本人がワープ航法を開発して、どこぞの地球型惑星を
発見すれば、あっという間にデフレなんぞ解消するのだが。

970 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 12:13:51 ID:HUkO7bjl
>>961
> 完成品は価格競争に巻き込まれるが、日本でしか作れないような部品や素材は日本
> から買うしかない。品質の良い日本製を使わなければ、完成品の競争力が無くなる。

それは良いんだが、その高度な部品を作るのに必要なレアメタルを
中国とかロシアが握ってるのは不安だな。あんな糞どもの国土に
そういうもんを集中的にバラ撒いたりした神様か何かに怒りが湧くな。

971 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 12:25:29 ID:SR4EIKIK
何年か前の日経産業新聞の一面トップが、日本企業が開発した
レアメタルを元素転換で製造するプラントだったような。
コストの問題があるんだろうけどね

972 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 12:26:57 ID:21oWiViy



 さ あ や っ て ま い り ま し た ス レ 違 い の 流 れ が !

973 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 12:45:55 ID:PpXAt6Rs
日銀の総裁が早見優だったなら世界の著名な経済学者から
「世界を魅了した中央銀行総裁」と言われたんだろうな。

974 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 12:48:53 ID:ixEr5KDX
名前だけなら「速見優」でも十分に萌える。

975 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 13:14:56 ID:CCzSIbYS
小泉内閣が経済学者からものすごく評判が悪いのはその為なんだよな
徳川吉宗の時代から、改革論者は庶民に人気で経済のプロからはボロクソいわれる
ただ、小泉内閣の凄いところは、ある程度日本経済を立て直してしまったことだ
5年前までは日本発世界恐慌がけっこうまじめにささやかれていた
世界最大の債権国で、世界第二位の経済大国の経済が崩壊したらシャレにならん
小泉改革の中身を見た経済学者たちは、本気で心配してたんだよ
ところが持ち直してしまった。正直、なぜ持ち直したのかだれにもわからん


976 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 13:20:07 ID:SR4EIKIK
時代の気分を変えたから・・・と、言うのは社会心理学上結構認められた分析である。
単に、その前までの経世会支配で日本人がやる気を失ってたからかもしれんけど。

977 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 13:29:12 ID:+U+1JDdE
小泉はまぁとにかくむちゃくちゃかき回して変な勢力とかも表にだしたわけだから
ある意味嵐って時には必要なんだなと。
後は企業がこのままじゃやばいという気概とやってやるという根性だろう。
欧米も一応応援してくれたみたいだし。

課題は少子化と失われた十年のたいした仕事してない下流とそれ以下のニートの扱いだな。


978 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 13:42:27 ID:tcx8SAXw
下流は生活に絶対必要な仕事が多いだろ?
たいした仕事じゃないのは中流

979 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 15:26:43 ID:zCk9k6e6
>975
スレ違いだけど、経済学者なんて事象に理由つけるだけの役立たず。
厳しい淘汰の時代を先送りさせないように先手を打っただけだな。

欧米や中国に資源の占有を放棄させられない以上、
連中に資源の消費三昧、保護政策に走られたら日本は干上がってしまうからな。

980 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 15:38:41 ID:UD4Ixlsb
っていうかね、経済学部が文系っつーだけで信用できないw

981 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 15:40:38 ID:tKXLa3C9
二流大でも無い限り、数学の素養の無い奴は入学してから涙目だがな。

982 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 15:47:29 ID:UD4Ixlsb
>>981
俺はよく知らんけど、外国も経済学徒は文系なの?
だとしたら只の占い師だな。

983 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 15:52:38 ID:tZwWSLR4
経世済民だから最初は政治学の一種という位置付けだったのかもな。
今やってるのは統計と数理分析だから高レベルの数学の素養がないとどうにもならないけど。

984 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 16:22:11 ID:+U+1JDdE
>>982
少なくともアメリカは文系も理系もなくSAT(共通一次っぽい??)のでは数学と国語(英語)のテストがある。
で後は学校の成績とかいろいろ。

80年代金融関係の職はMIT卒がかっぽしてた。
映画になるくらいだから昔から数学関係は重宝されているだろう。

日本だけだろ。数学の成績考慮せずまったくそのままいっちゃうのは。
最低限できないのは落とすべきだな。だから国立は本来正しかった。

985 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 16:56:35 ID:tS0UiMyl
ハワイから半年航海、古代カヌー「ホクレア号」横浜に入港
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070609i404.htm

古代ポリネシア人の遠洋航海カヌー「ホクレア号」(ナイノア・トンプソン船長、全長19メートル)が
9日午前、ハワイ島から半年に及ぶ航海をへて、横浜市西区の横浜港に入港した。

ホクレア号は航海技術の再現・検証のため1975年に建造された。船名は「幸せの星」を意味する。
今回は日本とハワイの交流促進や平和を訴える目的で1月に出発。天体や波のうねり、鳥の動きな
どを読みながら、太平洋を渡ってきた。4月に沖縄に到着後、長崎や広島を訪れながら、かつてハワ
イへの移民船が出港していた縁で目的地とした横浜港を目指していた。

この日、赤茶色の帆を広げた船体が姿を現すと、観光客などから歓声があがった。17日まで接岸し、
見学会などが予定されている。

986 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 17:04:53 ID:1br9s8Ut
・・・極めて重要で、
極めて高度な技術によって作られる部品ってのは、

天然資源と同じなんだわな。

987 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 21:43:19 ID:SOMi3PBn
(´・ω・`)小泉のせいで格差社会が広がったがな。

988 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 22:13:24 ID:vJ0D0GpA
広がろうとお前は最下層だろ
気にする必要などない

989 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 22:17:35 ID:tKXLa3C9
上への格差は当然あるべきだし、広がって結構だと思う。
けど、マックやネカフェで寝てる人たちのニュース等見ると、下が少し底が抜けてしまってるような気がする。

990 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 22:17:39 ID:wT/7Xdah
どっかの国で格差が縮小した処ってあるの?

991 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 22:21:54 ID:IWdfymQz
>>987
歴史上(日本史上)、最も格差が少なかった時期って何年から何年?

992 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 22:23:25 ID:o8lUNpmD
バブルの時のが感じたけどな。格差。

993 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 22:24:34 ID:zCk9k6e6
>989
スレ違いだが、昔はルンペン以上日雇い以下はドヤ以外に居場所がなかったから
繁華街で見なかっただけだな。目に付かない場所に居ただけで家無き人はたくさん居たよ。

994 :日出づる処の名無し:2007/06/09(土) 23:52:30 ID:RAMcrsBo
格差はあったかもしれんが、
生活は今より昔の方が楽だったな。

995 :日出づる処の名無し:2007/06/10(日) 00:20:23 ID:a3ms3st3
次スレ

【日本が】この国に魅了された人たち62【好きだ】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1181402252/

996 :日出づる処の名無し:2007/06/10(日) 00:35:39 ID:SyiuDqjp
ここはニセ保守どもの溜まり場か。

997 :日出づる処の名無し:2007/06/10(日) 00:37:55 ID:fPjsQ4EK
It is difficult to convey in words. Discrepancies may arise during the transmission of data.
Regardless....listen. Haruhi Suzumiya and I are not ordinary humans. I am not referring to
the absence of universally accepted personality traits. I means what I said. She and I are
different from the vast majority of humans like yourself. An organic life contact-purpose
humanoid interface created by the Data Integration Thought Entity which supervises this galaxy.
That would be me. In more common terminology, I would be classified as an alien.

My job is to observe Haruhi Suzumiya and report all obtained data to the Integration Thought
Entity. That is the task I have performed since I was born three years ago. During the past
three years, no uncertain elements appeared. The situation was extremely stable. However,
recently an irregular factor which cannnot go unheeded has appeared near Haruhi Suzumiya.
That would be you.





998 :日出づる処の名無し:2007/06/10(日) 00:39:30 ID:fPjsQ4EK
From the perspective of the Data Integration Thought Entity the third planet of this solar
system at the edge of the Milky Way held no significant merit. However, Earth, as it is
called by its present inhabitant life forms was home to the evolution of bipedal organic life
forms whom developed cognitive ability which could be considered entelligence and consequently,
this planet grew in significance. Perhaps, they possessed the potential to break free of the
cul-de-sac of autoevolution into which they have fallen. The emergence of self-awareness among
the universe's maldistributed organic life forms was a common phenomenon.however, Terrestrial
humans were the first instance of evolution to a higher order of intelligence.



999 :日出づる処の名無し:2007/06/10(日) 00:42:00 ID:fPjsQ4EK
the Integration Thought Entity carefully continued thorough observation. And three years ago.
We observed a data flare unlike any other witnessed on this planet. An explosion of data erupting
from a region of a bow-shaped archipelago instantly shrouded the planet and diffused into outer
space. At its center was....Haruhi Suzumiya. Over the past three years, a number of inquiries
have been performed examining the existence known as Haruhi Suzumiya from all perspectives.
However, her true identity remains unknown. Regardless, a sector of the Integration Thought Entity
believes that for humanity and furthermore, us data life forms Haruhi Suzumiya is the key to
our autoevolution and have thus commenced analyasis accordingly. They, as data life forms are
unable to directly communicate with organic life forms.For they possess no language. Humans lack
the means to transmit ideas without words. That is why human-purpose interfaces as myself created.
The Data Integration Thought Entity is able to come in contact with humans thought me.



1000 :日出づる処の名無し:2007/06/10(日) 00:44:41 ID:fPjsQ4EK
Haruhi Suzumiya holds hidden potential for autoevolution. It is likely that she possesses the
ability to control data in her surrounding environment as she wishes.

That is why I am here. Why you are here.


1001 :1001:Over 1000 Thread
 ″ ゝ ″ ヽ   ″ ヾ  ″ ゝ " ヽ丿〜    。
 ヽ ″ ゝ ″ ヽ ″ ゞ  ″ ゝ ノ 〜  ゚       ゚
ヽ ″  ゝ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ″ ノ     。
″ ゝ ″ ゞ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ノ 〜            ゚
ゞ ″ヽiiiiii;;;;:::::  ″ノ ″ノ ″ ノ 〜  ゚         。
  ゞ   iiiii;;;;;::::: )::/:/                。
  。   |iiiii;;;;:: :|:/  。 このスレッドは1000を超えました。
      |iiii;;;;;:: ::|     もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。
゚   。   |iiiii;;;;;:: ::|   。         ゚              。
      ,|iiiiii;;;;;:: ::|      。  __     。
     |iiiiii;;;;;::: ::|        ヽ=oノ          ゚
。  ゚  ,|iiiiii;;;;;;::: ::| ゚         / )゚Д  新スレで会おう ゚        ゚
    |iiiiiii;;;;;;:: :::|    。     ヽ  :|        ゚
。     |iiiiiiii;;;;;;:: ::|            |  :|    。   極東アジアニュース@2ch掲示板
,, , ,,/ヘ;;M;;;i;;iii;;ヾ、 ,,,,  ,,,,   しソ, , ,,,  ,, ,,   http://tmp6.2ch.net/asia/ 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


339 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)