5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【31日まで】小沢民主党研究第129弾【ぼくのなつやすみ】

861 :高千穂 ◆VyZKkSDatc :2007/10/30(火) 19:18:55 ID:U27krvqG
<自民・民主党首会談>小沢代表が対テロ新法反対伝える

・福田康夫首相(自民党総裁)と民主党の小沢一郎代表の初の党首会談が30日
 午前10時から、国会内で行われた。インド洋での海上自衛隊による給油活動が
 11月1日に期限切れを迎えることから、首相は新テロ特措法案の今国会成立に向け、
 小沢氏に理解と協力を呼びかけたが、小沢氏は「一般論として協力できることは協力
 するが、特措法は認められない」と述べ、反対する意向を伝えた。首相は小沢氏に
 週末の再度の会談を要請、小沢氏も了承した。

 会談の冒頭は自民党から伊吹文明幹事長、大島理森国対委員長、民主党から
 鳩山由紀夫幹事長、山岡賢次国対委員長が同席したが、その後退席。約80分の
 会談は大部分が二人だけのさしの形式で行われた。

 首相は参院で与野党が逆転した「ねじれ国会」に言及したうえで小沢氏に「特措法に
 賛成してほしい」と呼びかけたが、小沢氏は「原理原則がある」と反論。自衛隊派遣は
 国連の平和活動の枠内であることが必要と強調し、譲らなかった。

 会談後、首相は記者団に対し「きょうのところはまとまらなかった。きょう話したことを
 引き続きやっていこう、ということになった」と語った。

 小沢氏は記者団に「特措法について、私たちの主張を明確に申し上げた。その点に
 ついては平行線」と説明。年金問題についても協議したことを明かした。会期延長問題や
 衆院解散については「そういう類のことは話していない」と否定した。

 会談は首相から呼びかけたものだが、自民党内では会談に先立ち小沢氏に対する
 警戒感が強まった。伊吹幹事長は30日朝の臨時役員会の席上、大島国対委員長と
 ともに首相に「小沢氏との党首会談を1対1で行うべきではない」と伝えたことを明らかにした。

 伊吹氏は党首会談直前にも首相に面会を求め、仮に小沢氏が衆院の解散・総選挙や
 大連立を打診しても拒否するよう、首相に念押しした。

 ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000036-mai-pol

303 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)