5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカと戦争した日本はやっぱりバカ

1 :名無しかましてよかですか?:2006/02/05(日) 06:46:24 ID:24gaSGPc
勝てるわけないのに
アメリカと戦争なんかした日本ってキチガイですか?
そりゃ1%でも勝てる可能性があるならともかく
大日本帝国がアメリカに勝てる可能性なんて0%だったしどう考えても(笑)

2 :名無しかましてよかですか?:2006/02/05(日) 07:02:21 ID:/Ff3KfNf


3 :名無しかましてよかですか?:2006/02/05(日) 08:00:06 ID:RNxGBv86
だが…無理が通れば道理は引っ込むッッ!

4 :名無しかましてよかですか?:2006/02/05(日) 13:58:09 ID:n3wJtThj
釣れますか

5 :名無しかましてよかですか?:2006/02/05(日) 14:55:28 ID:cuaafwDR
http://ameblo.jp/pureevil/

↑糞ブログを叩き潰せ!!!


6 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 02:48:57 ID:nklhvlWj
黒船着たときの日本はまだよかったよなぁ
アメリカに勝てるはずないから不平等条約を結んででもアメリカと敵対することは避けた
昭和のバカどもはアメリカに勝てるはずないのにハルノートを蹴って
アメリカに攻撃した
あーあバカすぎるねまったくwww

7 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 03:01:22 ID:cdyV8ynd
大東亜開戦時の日米GDPの比は1対10
現在は1対3
つまり今の日本がアメリカに戦争をしかけるのよりも愚かな行為だった

8 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 07:41:28 ID:nklhvlWj
>>7
コヴァはアメリカが日本を追い詰めたって言うけど
当時の日本国民にとって日本を追い詰めたのはむしろ日本だな(笑)

9 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 08:40:54 ID:XsqiJbjN
日本の先人達に感謝しつつ 乾杯! (神の動画)

http://f45.aaa.livedoor.jp/~crazy/1941128/1941.12.8.htm


・長編フラッシュ 大日本帝国の最期
 → (p)http://www.teiteitah.net/

http://04.members.goo.ne.jp/www/goo/n/p/nipponnippon_2005/main.html
↑の大和@AB

なんとなく良い。

http://yamato.dip.jp/misa/dearm.wmv


10 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 14:53:47 ID:uQwJb8M+
米が戦闘機作ってる時に日本は軍艦作ってるんだから…


11 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 16:24:25 ID:i1w6zazG
さすがのコヴァもアメリカに戦争しかけた
戦前の日本がバカだったってのは反論できないようだな(笑)

12 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 18:28:20 ID:MWcOhdPu
戦争しかけたのはアメリカっしょ?


日本は大東亜戦争を闘い、
立派にその目的を遂げ、
アジアの開放を実現したのです。

真の勝者は日本だという事が、
50年後、100年後の世界の教科書に
記される事でしょう。

13 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 18:52:15 ID:QA3xMTJz
アメリカは真珠湾攻撃前から宣戦布告でもしてたのかね?
あと日本がアジアを開放したとか本気で言ってるのか?

14 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 18:58:01 ID:SD8FDKdG
つ【フライングタイガース】


15 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:01:00 ID:MWcOhdPu
>>13
武器を持たない戦争っつーのもあるんだよ。坊や。
兵糧攻めとかね

16 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:20:24 ID:QA3xMTJz
ばーかw
どれも日本が身の程を知らず
大陸に進出したからアメリカに敵対視されたんだろうがw
どうしてもアメリカと戦争避けたければ大陸から撤退してればよかったじゃんw

17 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:23:59 ID:QA3xMTJz
とにかく日本はいくらアメリカが挑発してこようと真珠湾攻撃は絶対してはいけなかったのよ
どうにかしてアメリカと仲良くなる方法考えて
どうにもできなければハルノートぐらい受け入れればよかったんだよ
真珠湾攻撃をした日本はバカ

18 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:32:52 ID:QA3xMTJz
もういいかげんコヴァも真珠湾攻撃が日本の大失敗だったって認めろよ
ハルノート受け入れて何が悪かったのよ
それで日米不可侵条約が結べたなら安いもんだろーGA

19 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:36:42 ID:SD8FDKdG
まぁ誰かの奴隷であるQA3xMTJzには永久に理解できないだろうなw


20 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:37:59 ID:QA3xMTJz
>>19
んじゃ君はハルノートを蹴って真珠湾攻撃した日本をどう思っているのですか?
ぜひ僕を理解させてくださいw

21 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:40:54 ID:8sQMIXlN
フライングタイガースと日本軍(航空隊)の初交戦は開戦後。
最も、11月にはシェンノートによって集められた義勇兵が中国に渡っているようだが。

22 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 19:50:00 ID:QA3xMTJz
おっとっとこのままじゃ俺が反日親米の人とコヴァに思われるな
俺もハルノートが酷い内容だったとは思うよ
日本にとってマイナスなるのは
真珠湾攻撃>>>>>>>>>>>>>ハルノート受諾だったわけじゃんw
早くコヴァはハルノートを蹴って真珠湾攻撃をした日本がバカだったって認めろよ

23 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:01:00 ID:3bukS/++
ハルノート受け入れたら北からソ連がどーっと攻め寄せてくるだろ

24 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:03:31 ID:SD8FDKdG
十分反日親米です。有難う御座いました

因みに当時のアメの有色人種観はどうだったか知ってる?


25 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:06:04 ID:8sQMIXlN
1941年4月に日ソ中立条約が結ばれてます。
つーか、1941年6月の時点で独ソ戦が始まってるんで、
2〜3年はソ連は極東で軍事行動するほどの余力はありません。

26 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:08:51 ID:QA3xMTJz
>>23
はぁ?
なんでハルノート受け入れてソ連が日本に責めてくるんだよ?
日ソ不可侵条約って知ってるか?

27 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:11:47 ID:SD8FDKdG
露助は条約破りが当たり前だからなぁw


28 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:12:02 ID:QA3xMTJz
おっとっと独ソ不可侵条約とダブらせてしまってたぜw

29 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:14:54 ID:QA3xMTJz
>>27
少なくとも日ソ中立条約を結んだときは日本はソ連が裏切るとは思ってなかっただろ
戦争末期にもアメリカへの仲介役にソ連を頼りにしてたんだしw

30 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:16:10 ID:duSo5E0g
独立を保つための真珠湾攻撃だろ?それすらわからんアフォは逝ってよし

31 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:18:11 ID:QA3xMTJz
>>30
独立を保つためってw
ハルノートには日本はアメリカの植民地になれってでも書いてたんですね君の頭ではw

32 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:25:12 ID:SD8FDKdG
んじゃ>>31はハルノートをどうとったんだろう?

因みにパル博士は「アレを突きつけられたらモナコでも戦うだろう」と
言われたそうだ。


33 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:30:16 ID:QA3xMTJz
>>32
>んじゃ>>31はハルノートをどうとったんだろう?
アメリカが日本と不可侵条約を結ぶ条件として
日本が日露戦争以降に東アジアで築いた権益の全てを放棄することを求むものでしょ?

>因みにパル博士は「アレを突きつけられたらモナコでも戦うだろう」と
あー絶対にパール判事のその発言引用してくると思った
んな根拠のない発言よりも
戦っても絶対に勝てるはずのない国に後ろ盾もない状態で戦争に突き進んだ国をあげてくれっつーの

34 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:33:11 ID:QA3xMTJz
つかコヴァって日本がアジアを開放したってことについても
個人が日本のおかげでアジアは独立できたって言ってる発言を引用してばっかりで
資料なんかは絶対に出さないんだよね
んな個人の発言であー日本はアジアを開放したのかって思うのってバカすぎ

35 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:49:25 ID:SD8FDKdG
で、馬鹿相手に粋がってるおまいも相当馬鹿だろw
しかもそういうおまいも資料なんかは絶対に出さないんだよね
都合よく切り取り書き込んでるだけ。
そういやコヴァって何処にいるの?脳内仮想敵かw

しかも何が悲しゅうてゴー版に来るのかね。極亜版には行かないチキン?



36 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:53:37 ID:QA3xMTJz
>>35
あっ戦っても絶対に勝てるはずのない国に後ろ盾もない状態で戦争に突き進んだ国を探しに行ったけど
見つからないまま戻ってきたんですね
んで中傷とは見苦しいw


37 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:56:11 ID:SD8FDKdG
>>36
イエイエ。我が国を中傷する基地外に答える義務など無い、と
愚考したまでですw

資料はまだですか?


38 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:57:00 ID:QA3xMTJz
つかハルノートの資料なんて探せばすぐに出てくるし
わざわざ俺が出すまでもないと思ってたんだがな
http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/halnote.htm

39 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 20:57:51 ID:QA3xMTJz
>イエイエ。我が国を中傷する基地外に答える義務など無い、と
はい逃げたwwwwww

40 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:00:37 ID:SD8FDKdG
それクグルとすぐ見つかるけど。で、何故あの時代は決裂したんだろうね?

で、当時のアメの有色人種観は答えてくれないんだw
見つからないまま戻ってきたんですね。逃げてるのは君。見苦しいw


41 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:01:53 ID:SD8FDKdG
因みにwを多用すればするほど必死とされる事も知らない
無知な方の様だ。お気の毒に

42 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:04:07 ID:QA3xMTJz
>>40
六、 日本人のアメリカへの移民を禁じている一九一七年と一九二四年の両移民法を廃止する法案を提出するべく議会に要請する。
これにより、日本人及び中国人を他の諸国民と同等の立場に置くこととする

http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/halnote.htm


ハルノート受け入れれば有色人種観もまともになっていただろうに・・・

43 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:08:43 ID:QA3xMTJz
おっと間違えたこれはハルが考えた段階での話しだったな
まぁ当時のアメ有色人種観は悪かっただろうよ
でもそれがハルノートを蹴って真珠湾攻撃した日本のアホだったって話には関係ないな

44 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:09:09 ID:SD8FDKdG
それまで何故排日移民法等で排斥されたの?
最初から有色人種を見下してた連中と仲良くできる??
メルヘンだねー。


45 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:11:21 ID:QA3xMTJz
>>44
アメリカは中国を支援したりして仲良くしてたんだけど?

46 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:12:17 ID:SD8FDKdG
あぁそうか、おまいは今の観点でしか批判できない人間だったな。
何も努力も影響も与える事が出来ないおまいに過去の人を中傷できて?
どうせ此処で呪詛を吐くしかできないおまいに何が出来る?


47 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:13:19 ID:S2QSeTHR
>>40
アメリカは日本の特殊権益を認める気がない。
日本は特殊権益を守りたい。

48 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:13:53 ID:QA3xMTJz
>>46
当時ではハルノートを蹴って絶対に勝てない戦争をやるのが一般的だったんですか?w

49 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:15:27 ID:SD8FDKdG
因みに市場としてだな>支那
つ「中国人排斥法」ってのもあったり。
しかもアカに優しいルーズベルトだったしな。


50 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:16:26 ID:SD8FDKdG
>>48
さぁ?
闘うべくして闘ったとしか言えんけどそれが何か?


51 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:17:12 ID:QA3xMTJz
ハルノートを受諾してアメリカと不可侵条約結ぶのと
アメリカと戦って国中ボロボロにされて憲法まで変えられるのとではどっちがいいかな?w

52 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:19:27 ID:SD8FDKdG
結果論だわな。それ。
が、結果論なら「東亜の解放」の引鉄にはなった訳だが。

53 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:25:55 ID:S2QSeTHR
ハルノートには、アメリカの条件を呑んだとしても、石油の禁輸を部分的にも緩和するとは書かれていない。
元々あった禁輸の一部解禁は中国の反対で削られ、のんでも石油は入ってこないことになっている。
大陸権益を失い欧米からはブロック経済で締め上げられている状況では、そもそも臥薪嘗胆しようがない。

54 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:33:15 ID:MWcOhdPu
>>51
ハルノートを受諾していたら
アジア人も日本人も黒人と同じ運命をたどったでしょうな。
いまだにアジアにアパルトヘイトが存在したに違いない。

アジア人の独立は与えられたものではなく勝ち取ったものだ。
そこが未だに差別を受けている黒人との大きな差だ。

55 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:36:45 ID:QA3xMTJz
石油禁輸も日本にも原因あったのはここ見てればわかる

http://homepage1.nifty.com/SENSHI/book/objection/6S_NERAI.htm

56 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:40:15 ID:QA3xMTJz
>>54
フィリピンは独立を与えられてたんだけどね
日本が戦争する前から

57 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:42:25 ID:QA3xMTJz
あとハルノート受諾で日本以外のアジア人がアパルトヘイト受けるってのも意味不明

58 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:43:04 ID:SD8FDKdG
>>56
独立の約束じゃなかったっけ?
で、経済は白いの牛耳られ貧しい比国民、と。


59 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 21:43:56 ID:SD8FDKdG
で、>>53には答えないQA3xMTJzなのでしたw


60 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 22:03:04 ID:S2QSeTHR
>>55
日蘭会商は日本の需要を満たすほどではなかったから締結できなかったけど、
オランダが認めた範囲内までは輸入できるようになっている。
勿論それじゃ全然足りないんだけど(特に石油)。


61 :名無しかましてよかですか?:2006/02/07(火) 22:15:02 ID:SD8FDKdG
何だ。QA3xMTJzはと学会信者だったのか。どうりで・・・


62 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 13:37:03 ID:EvSx0qUD
煎餅とは会話するだけ無駄。
反日が信仰になってるんだもの、学会を辞めるまで目覚めない。

63 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 13:51:20 ID:V9PH1TNa
>>56
アメリカの約束なんて意味あんのかよ?

64 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 18:58:36 ID:5ezTonYQ
>>60への反論マダー?

65 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 19:43:54 ID:i23bj80W
>>62
なるほど。QA3xMTJzは煎餅という反日が信仰になってる変態だったのか。
痛い香具師やねw

66 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 19:55:18 ID:V9PH1TNa
今直ぐ12ch観てみろ。>>1が出ている。

67 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 19:59:01 ID:i23bj80W
>>66
大隊長!漏れは地方でありまつ!!・・・orz


68 :名無しかましてよかですか?:2006/02/09(木) 22:47:00 ID:8ljd5BA2
この人の漫画読んだけど分析に浅い部分があった。
会田教授の本を引用している部分があるのは評価できるけれども、
もっと会田教授の本をもっと読み込んでその真意を汲んでもらいたかった。

69 :名無しかましてよかですか?:2006/02/10(金) 11:40:03 ID:50aTC5/x
会田教授の本ってアーロン収容所のこと?

70 :名無しかましてよかですか?:2006/02/13(月) 21:03:33 ID:HNPG5CNU
ここの住人はアメリカに勝てないと思い込んでいるけど、
戦勝の定義によっては日本の勝利もあり得たよ。
もちろん、ワシントンの占領は無理だろうけど、
東アジア一帯の勝利を和睦の目標にしていれば、
痛み分け程度の終戦を迎えられたはずだよ。
今の自衛隊員が一人でも指揮をすればミッドウェーでも勝てたかも。
そして、すぐに停戦合意に持ち込めたと思う。

71 :名無しかましてよかですか?:2006/02/14(火) 10:23:57 ID:aztf9yY2
俺がアメリカなら講和なんか飲まないよ。
反攻を試みる力が腐るほどあるのに。

72 :名無しかましてよかですか?:2006/02/14(火) 20:44:50 ID:+bj33+HG
>>71 真珠湾さえ攻撃しなければ、フィリピン、インドネシア程度は取れたよ。
日本が宣戦布告しなければ、アメリカの本格参戦は無かったんだよ。
三国同盟さえ破棄すれば、スムーズに交渉できたと思う。
アメリカ国民はドイツの降伏までは、日本と戦うのを嫌がっていたんだ。
満州鉄道の共同開発程度で話はまとまると思うよ。

73 :名無しかましてよかですか?:2006/02/14(火) 22:35:39 ID:n4wrJPks
朝鮮半島と台湾、プラスαで我慢すべきだろ。
フィリピンインドネシアまでは望みすぎだと思う。

74 :名無しかましてよかですか?:2006/02/15(水) 00:37:02 ID:fWncnBQb
>>72ルーズベルトが共産主義者で且つユダヤ人だったから戦争回避はムリだろう。
当時が共和党政権なら衝突はなかっただろうが・・。

75 :名無しかましてよかですか?:2006/02/15(水) 15:53:14 ID:8UqIv4tS
>勝てない戦争をするのは馬鹿(ry

日本人もここまで落ちたか…('A`)
いじめられっこは勝てない反抗などせずいじめられ続けろってことか。

一線こえたら闘うだろフツー
信念すててゴマすって生きたくねーよ。



76 :名無しかましてよかですか?:2006/02/15(水) 18:47:16 ID:383Zkco8
>アメリカ国民はドイツの降伏までは、日本と戦うのを嫌がっていたんだ。

で、ドイツの次に日本と。
いや油がないんだから戦争も無理か。

77 :名無しかましてよかですか?:2006/02/15(水) 23:26:13 ID:Wb13Pu2g
>>75
いや、勝てない戦争はバカのする事だ。
おまけに、勝つ事ができたのに、愚かな政治と軍事作戦で
かっこ良く玉砕したつもりになっているのもバカだ。
ハルノートなんて無視してもアメリカは何もできない、まとまりの無い国なんだ。

78 :名無しかましてよかですか?:2006/02/15(水) 23:35:43 ID:Xs9mzPLA
>>77
仮想敵国を過小評価するのもバカの所業w


79 :名無しかましてよかですか?:2006/02/16(木) 00:28:33 ID:JZSmvKrE
,、-‐‐- 、        _,、-‐ー‐-、._
     \   ,、-''"´::::::::::::::::::::::::::::`‐、
 い  ボ `、/..  ::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::ヽ
 う  .ク   ',:::::::::::.....,.../ |';......::..........:..::. ',
 ん  に   ',:::::::イ:/.;/  |.';ト:::|l:l';::::::::::::::::i
 で  何    i::::::;'lヘ/   | l リ_レi::::::::::::l
 す  を   |::::;'.「ト:iヽ  -‐7'iフ‐、 l::::::::::l
 か. す    |';l:l  L;!     l::::::ノ l::::',ヽ
 ?  る   .|  ',   、     `‐ ノ|l 丿 ,、-‐ー、
    っ   l   ヽ  r-‐ー、   ニ-く /     ヽ
     て   l     >、`‐--' .,、 '    7         ',
',       /    i  `‐- '´ 、 ノ _,、'´        ',
..ヽ、__.,ノ       ',     ヽ ,' ´    ヽ,     ',
             ', ヽ            ',    '、
             ',  ',              `、.   `、
                `、. `、       ,     `、     `、
               `、. `、‐    .. ``    'i、     ',
                ヽ ヽ     ::::.....    lヽ    i
                 ',  ヽ             l'´   ノ
                 ヽ. ヽ          l   /
                  `‐、.i          l_,、ァ'´
                    ノ、 丶    __lニ/
                   / `〉`‐--‐''"´    .l'´
                 /i  /   l       l
               ,、-'´  l/\  /_      l
            , -'´     l   >'´   ``‐、   l
           /        ゝ'´       \ l
           /        /             y'
       /        /            /


80 :名無しかましてよかですか?:2006/02/16(木) 12:15:29 ID:fDV1W4Za
>>77
>勝つことができた

可能性が0とはいわんが米国=連合国に枢軸側が勝つのはまず無理だったとオモ。

漏がいいたいのは白人至上主義の時代に初めて有色民族の国家が闘いを挑んだコトがそんなに馬鹿なコトだったかと。



81 :名無しかましてよかですか?:2006/02/16(木) 13:03:56 ID:ojwSvxUn
>>55
交渉打ち切りというのは、和蘭側の要求を日本側が飲んだという意味。

82 :名無しかましてよかですか?:2006/02/16(木) 17:09:46 ID:q7hb/U7s
>>80
>漏がいいたいのは白人至上主義の時代に初めて
>有色民族の国家が闘いを挑んだコトがそんなに馬鹿なコトだったかと。
初めてじゃにゃーだろ。

んで、勝てない戦争するのは確実に馬鹿。
いじめと同列に扱うものもいるがそれも見当はずれ。
いじめなら警察でも何でも打開する手段はあるんだから。

83 :名無しかましてよかですか?:2006/02/16(木) 20:14:14 ID:fDV1W4Za
>>82
初めてじゃなかったのか
漏の無知テラハズカシス
(ω`;)

逝ってくる…orz

84 :名無しかましてよかですか?:2006/02/17(金) 21:27:42 ID:ZcfcbCLc
トルコがロシアと何度か闘ってるし、日本もロシアと戦争したな。
清はベトナムでフランスと戦争した。

85 :名無しかましてよかですか?:2006/02/17(金) 21:51:14 ID:pCFp5FoB
で?
何故、広島と長崎に落とされたのかと考えれば

あるキーワードが浮かんでくる
アメリカの奴が手を下した?
うんにゃ、違うね
男と女の愛のもつれだよ

な、なんだってぇぇーーーっ!
ってか、いつの世も男と女の物語
モテない男が絡むと複雑に工作するだけ

真実は、突き詰めると、当たり前のように恋愛
それは不変

86 :名無しかましてよかですか?:2006/02/17(金) 21:58:47 ID:XPRmMGtd
アングロサクソンの頭脳には黄色人種の劣った脳では勝てないね。
コンピューターだってアングロサクソンだから発明できた。


87 :名無しかましてよかですか?:2006/02/17(金) 22:25:35 ID:pCFp5FoB
クレオパトラがどうしたって?
ベルサイユがなんだって?

突き詰めれば中国
たぶらかされた日本
そして勝てない戦へ

では何故、日本が昔から狙われるのか?
実は人類最大の謎

みんな日本に何かがあると本能的に知っているから
そう、それは暗闇を怖がる人類と同じ思考
なんて、とんでもな説もあるのだよ

88 :名無しかましてよかですか?:2006/02/18(土) 12:54:56 ID:q3TO+laU
ま、フィリピン独立が米の口約束だったとしても、だ
日本の占領地域の「独立」(大東亜会議だかの面子とかね)と
どの程度違うというのか。

89 :名無しかましてよかですか?:2006/02/18(土) 14:25:05 ID:AeGf2vQU
日本側は戦時下の部分の評価しかないからなぁ。
それ以上は仮想戦記になる。

90 :名無しかましてよかですか?:2006/02/18(土) 16:19:15 ID:2Z5SdGNg
結果的に戦争目的を果たしたのは日本だ
あの戦争でアジアのすべての植民地は解放された
大東亜戦争は正しかった
日本の勝利だ

親米工作員はクソスレ立てるな、あほ

91 :名無しかましてよかですか?:2006/02/18(土) 17:09:19 ID:nyL8YL//
ヒント:自衛戦争 焦土

92 :名無しかましてよかですか?:2006/02/18(土) 20:25:56 ID:2+FEUKPx
大東亜共栄圏建設が戦争目的
大東亜の諸国諸民族を欧米の植民地支配から「解放」し
大東亜十億の民と共に大東亜共栄圏を建設するのが戦争目的

「解放」だけでは、戦争目的を達成したとは言えない

いうまでもないが戦後アジアの秩序形成に関し、占領下にあった日本は何の寄与もしていない

93 :名無しかましてよかですか?:2006/02/19(日) 20:52:47 ID:6c6XQWgI
戦前にアジアの秩序を目指していたかと言えばなにもやってない、言葉すらない。
大東亜共栄圏はきれいな言葉だけど必然性があまりにも乏しい。
そんな事の為に太平洋戦争に突入した大日本帝国が愚か者であろう。

94 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 08:06:32 ID:7R+ZhP1Y
>>93
パリ講和会議にて人種差別撤廃条項の事は無視、か。

95 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 13:16:09 ID:HTgC70k8
ハル=ノート呑んでいたら、今の状況が更に酷くなって60年早く到来して
いただけ、だろうと思うけど。

96 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 13:49:13 ID:hUu48XRt
日本と戦争した中国はやっぱりバカ

戦後、反日という口実で内政への不満を外に向けさせ、政権延命を計って来たが、やりすぎて自爆状態。


97 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 14:59:01 ID:Y94Pchrb
俺が中国を乗っ取るYO!

98 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 15:36:00 ID:3koHKhvT
戦後の中国は中国共産党。
日本と戦争始めたのは国民党。

99 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 17:42:14 ID:7R+ZhP1Y
漁夫の利を得たのが中国共産党。
今も利用されるのが国民党。

100 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 18:21:28 ID:yE9vzEDV
>>94
無視しれ。
んなもん無くとも日本は列強の一員としての地位を確立できてたんだから。
他の有色人種、つまり外人がどうなろうと知ったこっちゃねー。
日本政府の目的は日本の利益のみ。
そこを勘違いすると今の北朝シンパみたいな事をやっちまうことになる。

101 :名無しかましてよかですか?:2006/02/20(月) 20:11:11 ID:iLTm1ISF
>>100
人種差別撤廃はアメリカとイギリスの工作によって、過半数決議がひっくり返ったんだよね。
アジアじゃなくて世界の過半数の国々が賛成してくれたすばらしい物だよ。
しかし、大東亜共栄圏とは、、、何の関係もない。
中国侵攻後、アメリカ宣戦布告後の後付け理論が共栄圏なんだ。
その共栄圏の民族を2等民族と定義付けたのも日本国家の理論なんだ。
共栄圏の中身は新しい人種民族差別に他ならなかったんだ。残念だが、、

102 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 03:26:55 ID:6wyS6YhW
>中国侵攻後、アメリカ宣戦布告後の後付け理論が共栄圏なんだ。

中国侵攻後っていつから?
満州事変? 日中戦争?

>その共栄圏の民族を2等民族と定義付けたのも日本国家の理論なんだ。

その定義ってどこでなされたの?

103 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 03:27:15 ID:L+Zr+Use
五十六さんは頑張って止めようとしたんだがなぁ
もう少し冷静な人間が多ければ……

104 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 03:33:46 ID:6wyS6YhW
いや、全然してないよ。
手記とかでは対米戦反対を唱えてるけど、実際は「一年や二年は暴れてご覧に入れる」とやっている。
どうしても戦争を止めたいなら「海軍は負けます。戦争したくありません」と、
政府と陸軍と国民に対して泣きを入れるべきだった。
いかに陸軍といえど、海軍が「できない」といえばどうしようもないのだから。

105 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 05:42:13 ID:2Y4+Yfml
>「海軍は負けます。戦争したくありません」と、
>政府と陸軍と国民に対して泣きを入れるべきだった。
そうぶっちゃけて言えば殺されかねないのが当時の状況でねぇの。
「左翼」の五十六はただでさえ右翼から脅迫受けてたんだし。
だから婉曲的に「1年は暴れて見せるがその後は全くわからない」つったんよ。
五十六の誤算は「では、1年のうちに勝てば良い」とかミラクルな解釈する連中がいた事。

106 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 08:45:31 ID:r6ojDMkQ
>>95
ハル・ノートを飲んだら、国民・マスコミの圧倒的な支持の元
クーデターが起きて、結局アメリカと戦争してただろうな。

107 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 13:39:51 ID:FYqryDes
>>105
自分の命惜しさに大戦争の引き金を引いたわけだね。
まあ誰だって命は惜しいもんね。しょうがないか。

108 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 13:57:28 ID:FYqryDes
>五十六の誤算は「では、1年のうちに勝てば良い」とかミラクルな解釈する連中がいた事。

主戦派の解釈としてはミラクルでもなんでもない。
五十六さんは勝敗不明といってるんだよ。
最初は有利だろうけど、そのあとは勝つか負けるか分からないと。
それでは陸軍主戦派はまず引き下がらないし(なんで海軍が勝敗不明と言ってるのに俺たちが降伏しなきゃならない?)、
南進から対米英戦を煽ってきた海軍主戦派にしても同様。

109 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 20:15:47 ID:2Y4+Yfml
>>107
いくらなんでも滅茶苦茶な物言いだろそれは。
引き金引いたのは開戦派。
で、五十六に自由に発言できないようにしたのも開戦派。
五十六になんか恨みでもあんのか。
>>108
>最初は有利だろうけど、そのあとは勝つか負けるか分からないと。

「それは是非やれと言われれば初め半年か一年の間は随分暴れて御覧にいれる。
しかしながら二年三年となれば全く確信は持てぬ。
三国条約が出来たのは致方ないが、
かくなりし上は日米戦争を回避するよう極力御努力願いたい」

日米の国力比を鑑みて「一年以上はわからない」って言ったら、
普通「それ以上は負ける」つー風に解釈するだろ。
どういう解釈したら「勝つか負けるかわからない」になるんだ。

110 :名無しかましてよかですか?:2006/02/21(火) 23:23:24 ID:5NdENMvA
まあ次に勝ちゃあいい!
でFA?

111 :名無しかましてよかですか?:2006/02/22(水) 01:01:25 ID:RgN25GUZ
>>108
五十六どんは海軍のトップですよ。
海軍のトップが、「負けます。海軍は戦争したくありません」と衆目に訴えれば、
少なからぬ影響力はあったはずです(もちろん暗殺されるでしょうが)。
でも彼はしませんでした。

>>109
だったら、なんで「確信がもてぬ」じゃなくて「負けるから勘弁してください」と言わない。
あれですか? 山本五十六の心中を察してくださいというやつですか?

112 :名無しかましてよかですか?:2006/02/22(水) 14:43:40 ID:FToNr+Ee
ないね。暗殺後開戦派のヤツたてて終わりだろ。
五十六一人で止められるんなら止めてる。

113 :名無しかましてよかですか?:2006/02/22(水) 18:46:53 ID:1DwoPgox
>>111
下手に勝てませんなんて言い切っちゃうと、海軍予算を陸軍に持って行かれる。
陸軍は大陸で事起こしてるから要求がうるさい。(つーか予算やポストや功績獲得のために
事起こしたんじゃないかと・・・)
トップなればこそ派閥の論理ってしがらみもある。
また、ホントに予算削られるとなると海軍力が低下して、マジに国防の危機。
まあ、実は1935年に軍縮条約を破棄した時点で、日本の勝ちは無くなっていたんだが。

軍縮条約破棄を予定して計画を進めていた大和級、翔鶴級は米に先んじて建造に取り掛かれたが、
後が続かない。アメリカを相手にするなら陸軍予算を全部海軍に回したって追いつかない。
実は真珠湾の時は翔鶴級の完成で日米の戦力が最も縮まった瞬間だった。ある意味あそこで戦争
始めたのは正解。ただし、短期決戦ですぐ終われるよう、仲介国などの根回しをしていればの話。

米は1940年からエセックス級の量産を始めているし、戦艦もサウスダコダ級建造中、アイオワ級起工
済み。せっかくアメリカの巨大な建艦力を押さえ込んでくれていた軍縮条約を破棄したりするから・・・ 
建艦競争で太刀打ちできないのは八八艦隊vs3年艦隊の時で実証済みなのに。(ほぼ同時に16隻の
建造計画がスタートしてワシントン条約までの4年間で、日本が2隻完成6隻建造中に対し、米は完成こそ
1隻だが、15隻が建造中だった。ワシントン条約は建造中6隻で米の建造中13隻を相撃ちにしたわけで、
不平等どころか大戦果である。)
やっぱり陸軍が大陸で格下の中国相手に派手に勝ってるように見えたのに引きずられたんだろうか。
海軍の相手のアメリカは中国とは格が違いすぎると言うのに。

114 :名無しかましてよかですか?:2006/02/22(水) 18:52:24 ID:1DwoPgox
追記
ワシントン条約の「戦果」だが、日米ともに廃棄戦艦の内2隻を空母に転用したから、4隻で11隻を
潰したともいえる。

115 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 01:48:41 ID:hDq1nIp0
>>111
理屈を言えば戦争を始めるかどうか決定するのは政治家の領分、軍人が口出しする事じゃない。
軍人は戦った場合の状況を説明すれば、それで良い。判断は政治家がする。

116 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 06:12:38 ID:4rYZIZAN
>>115
まぁそうなんだけど、226や515の例を持ち出すまでも無く無限ループの悪寒。

117 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 13:09:34 ID:Kw3uLafg
>>115
陸海相現役制が復活しちゃってるし、何より首相が現役陸軍大将でしょうが。

118 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 14:47:34 ID:a+FB/KfP
>>117
連合艦隊司令長官山本五十六大将が1940年9月に東京荻窪の荻外荘で説明した相手は近衛文麿首相

119 :ネオ緑茶:2006/02/23(木) 15:44:34 ID:+ef618lm
ここのスレの連中は、開戦当時の日本にいたら
開戦回避できたんだよなw


120 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 15:48:35 ID:W3zmjEPK
9条のような、戦争放棄の条文は一カ国のみでは効力がないと考えています。
日本のみが9条を死守するのではなく
「戦争放棄」の条文を全世界に広める方が良いのではないのでしょうか?
中国もアメリカもロシアも日本も韓国も北朝鮮も・・・全世界が同じ「戦争放棄の」の条文を有してこそ、効力が発揮されると思います。

121 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 17:11:00 ID:iHtwY9Fb
>>120
そうなりゃいいな・・・

122 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 17:22:36 ID:Kw3uLafg
>>118
いや、政治家と軍人を峻別できる体制になってなかったと言いたかったのですよ。
石原莞爾みたいに勝手に戦争始める軍人もいたし。

123 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 17:43:16 ID:4rYZIZAN
>>120
・好戦的性向・好戦思想を有する者を取り締まるため、特別平和警察を設置。

・悪しき日本軍の流れを汲む自衛隊は解体。
 九条の精神を世界に輸出するため九条護憲軍を設置。

・世界中の紛争地域に対し、積極的に護憲軍を派兵。紛争解決のためではなく、
 九条の精神を世界に広めるためなので無論合憲。

・米帝との最終平和決戦に備え、護憲軍は質・量ともに対米200%を維持。

・さらなる平和思想徹底のため、政府直属の治安機関としてピース・ユーゲントを設置。
 基本的に憲兵だが、「恒久平和を実現するまでのやむを得ざる措置として」
 民間人に対する警察権も無制限に付与。

・特警及びピース・ユーゲントによって逮捕された者に再教育を施すための
 「特別平和学校」を設置。「入学者」に対しては九条の条文を一日五回五体投地を
 しながら大音声で唱え、挨拶は「全ては恒久平和のために!」以外言えなくなるまで
 丹念な教育を施す。

・好戦思想の持ち主を探すため、密告を大いに奨励。

・戦争、兵器、軍事などの知識は平和を追い求める目的のためだけに学習・利用を許可。
 娯楽、あるいは単なる興味本位でこれらの知識を入手した場合、「学校」へ
 強制入学とする。

これくらいやればきっと世界は平和になる。
問題は平和になるまでが平和じゃないことくらいだから全然大したことない。

124 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 18:34:02 ID:QnfPcXGp
>>120
でも現実的には不可能かなあ。
そうなれば良いと思ってるけど中国辺りは無視しそうだし。
国連が動いてくれれば多少どうにかなるけど全てってわけにはいかないだろうし。

125 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 19:00:04 ID:4rYZIZAN
トップの事務総長は汚職まみれ、末端のPKF兵士は援助物資の横流し&強姦の腐り切った国連に何を期待すんのよ?

126 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 19:20:00 ID:yiH2wJMC
>>125
またまた、ずいぶんナイーブな事をおっしゃるね。

127 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 19:32:00 ID:QnfPcXGp
>>125
国連に期待してるというより「国連が発令した」という
事実が欲しいんです。
形だけでもいいんで言ってくれれば各国への牽制になると思います。


128 :名無しかましてよかですか?:2006/02/23(木) 20:42:19 ID:4rYZIZAN
>>127
そもそも9条の本家本元の日本国内においても形骸化して死文となっとる物をどう説得材料に使うのだ?
日本はイージス護衛艦4隻、F15戦闘機200機、対艦ミサイルの保有数アメリカに次いで2位
通常戦力では世界最強の米軍以外は侵略出来ない戦力を持つ「自衛隊」を保有しとる。
自衛隊を戦力でも軍隊でも無いというのは単なる言葉遊び。
まあこれでも読んでみてくれhttp://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2004/08/post.html
自衛隊が違憲であるという考えは俺と社民党と同じだが違うのは俺の考えは改憲して言葉遊びを止めるという点

129 :らびっと:2006/02/23(木) 22:29:44 ID:f6lY1BZB
>>127
> 形だけでもいいんで言ってくれれば各国への牽制になると思います。

こう言うのも気の毒な気がするが、現実の国連は加盟国の事務機関にすぎないわけで、
人権宣言とか理想を掲げるのは大事だけど、
下手に現実と遊離した事を言うと、逆に浮いてしまいかねない。

実際に米国は前から国連を不要扱いしてるし、最近その米国と協力してる筆頭が日本だ。

130 :127:2006/02/23(木) 23:06:37 ID:QnfPcXGp
>下手に現実と遊離した事を言うと、逆に浮いてしまいかねない。
個人的には日本は既に浮きかけてると思います。あくまでも個人的意見ですけど。

国連に力が無いことは知っていますがだからと言ってまったく無視も出来ないでしょう。
127に書いてるようにあくまでも牽制ですから、日本は平和を訴える国として認識されれば
イメージは上がるし、平和の為の自衛隊と称して軍事拡大なども出来ます。


131 :1< 別の政党だと思い込んでる厨房:2006/02/23(木) 23:56:10 ID:yCDueLG7
前原民主党と小泉自民党が別の政党だと思い込んでる厨房が
大量に湧いてるスレだと聞いて
すっ飛んで来ましたですよ。

永田メール極秘提供・振込み↓
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/01_02.html
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/tuzimoto44.htm

永田町で踊るNへの工作
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/tuzimoto33.htm
久保田はこれを、老壮会系の右翼で、U調査部にいたS三郎という男のもとに持って行った
S会としてはさしあたりNに対してなんとか報復しなければならなかった。
それには、Nの演説そのものを否定し、かつNを傷つけることになれば、この上ないわけだ。
S会はつながりのあるこういう右翼団体に金をだして騒がせたのである。
小泉氏は、一方ではその説の怪しげなことを述べているが、結論としてはNが,,秘密,,であるということを強く印象づけている。


132 :らびっと:2006/02/24(金) 00:22:52 ID:XUtlvSF/
>>130
いやー、でも「自衛隊」なんて呼称を使ってるのは、世界で日本人(と、親日家)だけだよ。
欧米の新聞じゃ「ジャパニーズ・アーミ、ネイビー(日本陸軍、海軍)」だしね。

事実を知らないのは日本人だけ。「社外秘」ならぬ「国内秘」

133 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 09:46:55 ID:IDl+6jN6
>>128
>俺の考えは改憲して言葉遊びを止めるという点
漏れの考えは、自衛隊の指揮権を国連に移譲して常設国連軍にしてしまうと言うもの。
国連の立場強化も出来る一石二鳥。

134 :うーん:2006/02/24(金) 10:28:04 ID:Kk6jYvua
「座して亡国より、戦って亡国を選ぶ」
実際は勝つと言うよりハルノートは飲めないし米軍に被害を与えて少しでも有利な講和に持ち込みたかったんじゃね?
戦後教育はめちゃくちゃだけど、もし死ぬ覚悟で戦った過去がなかったらみんな半島人みたいなコンプレックスの塊になってたよ。

135 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 10:45:31 ID:BtHTCqVm
>>133
ほう、すると紛争地域に殴り込んで当事国両方の軍隊を鎮圧するわけですな。
喧嘩する奴を殺してしまえば確かに喧嘩は減るわな

136 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 12:04:16 ID:yuFGEcev
>>135
>ほう、すると紛争地域に殴り込んで当事国両方の軍隊を鎮圧するわけですな。
実行すればいろんな国から嫌われるけどね

137 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 13:35:25 ID:IDl+6jN6
>>135
警察が喧嘩を鎮圧するのと一緒でしょ。
少なくともアメリカ一国が世界の警察を気取ってる現状よりはマシでないの?

>>136
その際の責任は一応は国連にあるよ。日本は人と機材を提供しただけ。

138 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 13:46:15 ID:IDl+6jN6
>>134
ハルノートっって、満州事変を起こす前に戻れって内容で、飲めないものじゃ全然無いのだけど。
単に満州や中国戦線で利益を得ている国内の派閥が不利になるだけで、亡国なんかしないよ。
対米貿易こそが日本の生命線だったんだから。

>戦後教育はめちゃくちゃだけど、もし死ぬ覚悟で戦った過去がなかったらみんな半島人みたいなコンプレックスの塊になってたよ。
逆でしょ。負けた事を受け入れて妙な信仰やプライドや思い込みから解放されたから、半島人
みたいにならずに済んだんだ。林間とかの戦前礼賛派の半島人モドキのコテハンみれば解るでしょ。

139 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 15:32:06 ID:qbH8A/xp
>>138
1ヶ月以内に北海道を侵略する前に戻れ!

と言われて戻れるか?

140 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 16:25:06 ID:IDl+6jN6
>>139
やる気になればできるでしょ。w)

なお、ハルノートには実行期限はありませんでした。
反論としては的外れ。

141 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 17:32:23 ID:qbH8A/xp
>>140
実行期限が無い??
ウソつけ!

何箇月以内か忘れたが期限はあったはずだ。
第一、期限無しの要求など要求ではない。

無期限の融資は上げるのと同じだ。

142 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 17:34:15 ID:qbH8A/xp
期限は6ヶ月だ。

IDl+6jN6 嘘つき野郎。

しかも1ヶ月で北海道から全員を移民できるなどと言い張る馬鹿野郎。

いい加減にしやがれ


143 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 17:40:46 ID:7JoyRNKl
>>138
ハルノートを飲んでも石油が入ってこないから駄目。
中国の要求で禁輸一部解禁の条項が削られている。
石油が入ってこなければ戦争か全面降伏かの二択しかなくなる。
油がなくなれば陸海軍が行動できなくなるからだ。
逆に言えば、石油が輸入され続ける限り日本には選択の自由があった。
最悪、アメリカと冷戦を続けつつ、情勢の変化を待つ事もできないではない。

144 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 20:06:18 ID:niiCdxPj
貼るのーとの条件がいくら厳しいたって対米(プラス英中蘭豪その他大勢)戦よりは遥かに易いっしょ。
なんでわざわざ茨の道を進むかね。
マゾなのか?

145 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 20:40:05 ID:xPhbOOhj
>>144
奴隷生活が大好き?

146 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 21:16:58 ID:niiCdxPj
なんでハルノート受け入れすっと奴隷になんの?
アメリカの大陸進出への橋頭堡としての日本の価値を売りこみゃそーそー悪い待遇は受け無いっしょ。

147 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 21:51:22 ID:xPhbOOhj
その根拠の無い楽観論はどうだろうか?

当時の米国に於ける日系人の扱いを考察すると
とても良い待遇は望めんでしょ。それにシナがそれを阻止するのに
40銭。奴等のロビー活動を舐めてはいかん。


148 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 22:31:56 ID:niiCdxPj
米国における日系人の扱いと日本国の扱いは一緒には出来ないでしょ。
日系米人は「アメリカに侵入した異邦人」なんだから。
それと、中国の目的は中国大陸からの日本の追い出し。
ハルノート受け入れでそれは達成されるよ。
それを達成した中国が日本と戦争する必要性が見当たらないし、
ロビー活動ってもそもそもアメリカ人の目的に合致した事だからこそ、その活動が功を奏すわけで、
元々アメリカの目的になりえない事(=アメリカに恭順した日本を潰す事)は、
いくらロビー活動したって主流にはなりえんよ。。

149 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 22:34:37 ID:3CsOqfDt
当時の白人以外に対しての態度見てれば大体予想できるでしょ

150 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 22:39:12 ID:niiCdxPj
予想できるね。
白人同士での潰し合いも盛んだった当時。
感情的にはどうあれ、その生き残りゲームで勝ち抜く為に協力的な非白人は優遇してた時代。

151 :名無しかましてよかですか?:2006/02/24(金) 23:01:44 ID:3CsOqfDt
損得勘定で戦ってたのはヨーロッパ辺りで
アメリカは白人至上主義でしたよ。

152 :らびっと:2006/02/24(金) 23:38:15 ID:scRhWhCQ
>>133
> 漏れの考えは、自衛隊の指揮権を国連に移譲して常設国連軍にしてしまうと言うもの。

これはあると思うね。ただ、現状だと親・国連軍の指揮官は、アメリカかもしれんけど。


153 :らびっと:2006/02/24(金) 23:40:25 ID:scRhWhCQ
ハルノートを受け入れしても、日本本土も朝鮮も台湾も安泰。満州も国益は認められるだろう。

フセインや北朝鮮が「核査察を受け入れる事は、未来永劫、アメリカの奴隷となると言う事だ」と言うのと同じ。

154 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 00:24:56 ID:iLIENszn
>>144
ハルノート呑んでも茨の道。
油がなくなれば日本軍は動けない。航空機も輸送船も動かないからだ。
その後でアメリカが戦争する気になれば、物資欠乏状態のままいきなり本土決戦になる。
むろん朝鮮・台湾・満州なぞ維持できるわけがない。

155 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 00:37:29 ID:BLxss8eA
>>142
ttp://www.ogaki-tv.ne.jp/~youtetsu/bun/hal.html
どこに6ヶ月以内なんて書いてある?

北海道の人口は565万。観光ピーク時の北海道への人員輸送量は160万程度。既存の交通機関で物理的に移動不可能な数じゃない。やる気ならできるさ。受け入れ先だとか、経済的損失の問題は、要は人間の都合なのだから、「その気になれば」何とでもなる。w)

なお、満州の日本人人口は1937年で20万。
北海道から6ヶ月で撤退できるかと言う設問が、ハルノートの期限を示さない軍の及び警察力の撤退に当てはまらない不適切なものである事は明らか。

156 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 00:38:27 ID:BLxss8eA
>>143
ハルノートは交渉中に南印進駐をやった日本に対しての、交渉継続の条件。石油禁輸の話はそれから。「合衆国及日本国間ニ通商協定締結ノ為メ協議ヲ開始スヘシ」とある。ハルノートを蹴れば石油解禁交渉も出来なくなる。

>逆に言えば、石油が輸入され続ける限り日本には選択の自由があった。
その選択の自由で、満州、華北、南京、北印、南印と侵略を続けて来たんだよ。当時既に侵略禁止、主権と領土の尊重は国際合意だったのに。
日本は侵略を続けると言う「選択の自由」を行使し続けてきたんだ。それを止めるために「選択の自由」を制限すると言う、米側の名分は正当性を持つよ。日本は自分で自分の首を絞めたんだ。

>最悪、アメリカと冷戦を続けつつ、情勢の変化を待つ事もできないではない。
日本はそれをする気が無い事を、日米交渉中の南印進駐で自分で表明しちゃってるんだよ。

157 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 00:43:54 ID:BLxss8eA
>>154
なんでハルノートで交渉終わりと思い込んでるの?
ハルノートを受諾した後も交渉は続くんだよ。
「合衆国及日本国間ニ通商協定締結ノ為メ協議ヲ開始スヘシ」

158 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 00:50:29 ID:iLIENszn
>>155
>北海道の人口は565万。観光ピーク時の北海道への人員輸送量は160万程度。
>既存の交通機関で物理的に移動不可能な数じゃない。やる気ならできるさ。
>受け入れ先だとか、経済的損失の問題は、要は人間の都合なのだから、「その気になれば」何とでもなる。w)

君が言ってるのは理論的には可能ってことに過ぎないよ。
現実を無視すればどうでも何とでも言える。

>なお、満州の日本人人口は1937年で20万。

1934年に60万人弱で、最終的には155万人に達している。

159 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 01:07:22 ID:iLIENszn
>>157
日本側は、南部仏印撤退とシナからの段階的撤兵を提案したが無視されている。
つまりアメリカは、シナからの即時撤退以外呑む気はない。
これ以上なにをどう議論すればアメリカから譲歩が引き出せると言うのよ。
備蓄石油をすり減らしつつ延々と交渉を続けるのが正解だと思う?

160 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 01:22:29 ID:uMxtkctb
>>156
印てインドですよね?
日本はインドを侵略してないですよ。

161 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 02:56:22 ID:eLpJ4pWP
>>160本気で言ってる?インドシナってインドのことだと思ってるの?

162 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 03:53:44 ID:BLxss8eA
>>158
>現実を無視すればどうでも何とでも言える。
日本にとっての本当の生命線がアメリカとの貿易であると言う現実を
無視してないからこそ、ハルノートの受諾、大陸からの撤退を主張
するのだが?

>1934年に60万人弱で、最終的には155万人に達している。
それは朝鮮人込みの数字では? まあ確かに当時は朝鮮人も日本人だったけど。

>>159
>日本側は、南部仏印撤退とシナからの段階的撤兵を提案したが無視されている。
交渉中にさえ侵略地域の拡大を続けてるんだ。段階的撤退なんて信用される
わけが無い。

>つまりアメリカは、シナからの即時撤退以外呑む気はない
名分的にも実力的にもそれを要求できる立場にアメリカはあったんだ。
当時の国際秩序からしても日本の支配地域拡大に正当性はないからね。

>これ以上なにをどう議論すればアメリカから譲歩が引き出せると言うのよ。
別に譲歩しなくても、通商条約が再締結されれば石油も解禁されるよ。
アメリカは自由貿易を名分にしているんだし。日本との貿易で利益を
得ている米企業は少なくなかったのだから。それらを押さえてまで
禁輸措置が実行されるような口実を与えた時点で日本の負けだったんだよ。

>備蓄石油をすり減らしつつ延々と交渉を続けるのが正解だと思う?
正解。既にあの時点で戦略的に敗北している。あとはいかに速やかに、
傷が浅く敗戦処理をするかだった。引き際を誤った。

163 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 04:44:07 ID:ZwSsCAq8
北海道と満州をダブらせてる人がいるけどさ、
当時の満州の経済規模なんて北海道とは比較にならないくらいちっぽけ。

当時の日米の国力差は、およそ10倍。
現在の日本の10倍というと、日本以外全部。

つまり、今の日本に置き換えると
「北海道の北半分から出てけ、さもなくば世界中が敵に回るぞ」
って言われてるようなもの。

頭では絶対に敵わないのは分かるけど、
いざ「民族の誇り」って言われると、考えちゃわないでもない。

って感じですかね?

164 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 04:58:55 ID:vl49gGR9
>>156
>その選択の自由で、満州、華北、南京、北印、南印と侵略を続けて来たんだよ。当時既に侵略禁止、主権と領土の尊重は国際合意だったのに。

それは誤解だよ。満州は日系人を中心に、生活権・生存権を守るために独立しただけ。アメリカ合衆国も英国から独立した。

華北、南京は蒋介石率いる国民党から不当な先制攻撃を受けたため、日本軍が自衛のために反撃したもの。

北印、南印はフランス政府と協定を結んでの正当な駐留、今のイラク駐留自衛隊と同じ。

165 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 11:36:40 ID:iLIENszn
>>162
>日本にとっての本当の生命線がアメリカとの貿易であると言う現実を
>無視してないからこそ、ハルノートの受諾、大陸からの撤退を主張
>するのだが?

ハルノートを受諾しても石油は入ってこないという現実は無視するの?
大陸から帰ってきた100万人を超える無職文無し集団の口をどうやって養うんだ?

>名分的にも実力的にもそれを要求できる立場にアメリカはあったんだ。
>当時の国際秩序からしても日本の支配地域拡大に正当性はないからね。

国際秩序?
国際連盟にも加入しなかったアメリカがそれを言うなら笑うね。

>別に譲歩しなくても、通商条約が再締結されれば石油も解禁されるよ。
>アメリカは自由貿易を名分にしているんだし。日本との貿易で利益を
>得ている米企業は少なくなかったのだから。それらを押さえてまで
>禁輸措置が実行されるような口実を与えた時点で日本の負けだったんだよ。

当時の日本の首脳部で、南部仏印進駐が対米英戦に繋がる事を指摘したのは松岡洋右ぐらいしかいない。
他はみんな認識が甘かった。

> 正解。既にあの時点で戦略的に敗北している。あとはいかに速やかに、
>傷が浅く敗戦処理をするかだった。引き際を誤った。

交渉続けました。石油備蓄は尽きました。もう陸海軍動けません。
でもアメリカはまだ石油売ってくれません。
となったら?
というか、戦いもせず軍事力も同盟国もなくなった日本の要求なんて誰が飲むんだ。
先にあるのは全面降伏だけじゃないか。

166 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 21:35:33 ID:g7t1Uc2L
キミの奥さんと別れて
給与も70パーセントカット
現財産は没収 今の土地、家を手放せば
反省したと見て
喧嘩(戦争)は避けてやろう。
これがハルノート

167 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 22:06:56 ID:frPXhFCX
>>166
>現財産は没収 今の土地、家を手放せば
ハルノートの何処に、上記の様な『財産の没収』と『日本列島の放棄』が
書かれているのか、『アタマの良い』キミなら、当然説明できるよね(笑)

168 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 22:36:25 ID:R2Th9D9M
>>167
大陸の権利と莫大な投資の放棄の事だろ?

日本による大陸投資と発展(写真集)
http://photo.jijisama.org/BeforeAfter.html

169 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 22:43:33 ID:frPXhFCX
>>168
>大陸の権利と莫大な投資の放棄の事だろ?
誤魔化して逃げるのかね(笑)
>>166
>現財産は没収 今の土地、家を手放せば
と言っているんだから、それじゃ話が合わんよ。
>大陸の権利と莫大な投資の放棄の事だろ?
なんて事を本気で言っているんなら、

現財産『の内一部だけ』は没収『するが別にアメリカが取り込むわけではなく』、
今の土地、家『のうちごく一部で、隣の家から力ずくで奪った部分』を『隣の家に
返すために』手放せば

と表現すべきだったね(笑)

170 :名無しかましてよかですか?:2006/02/25(土) 23:25:24 ID:EPxuv4gj
で、なんでfrPXhFCXは日本側より米側の肩を持つのかな?

やっぱりアレか。奴隷根性?w


171 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:04:24 ID:mW12ZPdW
肩を持つも持たないも、それ以前に事実だからだろ。

172 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:08:03 ID:4sHulGlL
「その気になれば」とかいって国内世論を無視できるなら、
どんな絵餅な理想論でも吐ける。

173 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:23:56 ID:UX/6t+7v
そうそう。
当時の民度の低い日本の世論が理想的な外交を受け入れる筈が無いよ。
指導者からして無視どころか煽ってたからな。

174 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:29:06 ID:4sHulGlL
すると、太平洋戦争から20年もたって国内の制約から北ベトナムごときに敗退したアメリカは、民度が低いどころではないな。

175 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:33:09 ID:4sHulGlL
で、そこまで言うなら聞きたい事がある。
当時の大陸権益を重視陸軍と国民、そして勝手に南進したがる海軍に、
理想的な外交とやらに受け入れさせるためにはどうすればよかった?

176 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:33:53 ID:4sHulGlL
修正
重視陸軍→重視する陸軍

177 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:36:56 ID:UX/6t+7v
>>174
敗退したっても大日本帝国みたく無条件に近い降伏して占領されたわけじゃーないからねぇ。
領土も削られてないし爆撃等で焦土になったわけでもない。
決定的な破滅を迎える前に自分から引くだけの理性もあった。
>>175
馬鹿をいくら説得しても無理。
現代の日本人としては過去を反面教師にするだけさ。

178 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:41:00 ID:UX/6t+7v
>>174
つーかむしろ「北ベトナムごときに敗退して引いたアメリカ」を褒め称えるべきだと思うぞ。
んなもんに拘って泥沼の戦争続けても意味無いと気づけたんだから。
大日本帝国は、アメリカよりはるかに国力が小さく、
また敵も強大だったのに原爆2発落とされるまで気づけなかったが。

179 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:45:18 ID:2OKF54bN
死んだ者が浮ばれないな。米にしても日にしても・・・

で、>>177の様に考えた結果、領土は侵略されたままの日本、かw
痛いねぇ。


180 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:49:22 ID:4sHulGlL
>>176
自国の危機でもないよその戦争に首を突っ込んだ挙句、
国内世論も抑えきれずに逃げ出す羽目になったアメリカに理性があったとはねぇ。

>>177
なんだ、代替案も出せないのに馬鹿とか民度が低いとか言ってたのか。
かわいいやつだな。

181 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:56:32 ID:4sHulGlL
ベトナム戦争では、アメリカは65年から73年の撤兵まで数十万の軍隊を送り続けたわけで、
はっきりいって日中戦争以上の泥沼だぞ。

182 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 00:59:16 ID:UX/6t+7v
>>180
>自国の危機でもないよその戦争に首を突っ込んだ
これに気づける程度の理性はあったのさ。
大日本帝国には無かったが。

>なんだ、代替案も出せないのに馬鹿とか民度が低いとか言ってたのか。
代替案なら当時からいくらでも出されてっだろ。
いまさら書く必要があんのか。
で、それを非国民だの売国奴だの平和主義者だの左翼だのレッテル貼って
否定しまくった当時の日本人(今でもたくさんいるが)を民度が低いつってんの。

183 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:02:29 ID:UX/6t+7v
>>181
しかしアメリカは、日中戦争の日本よりはダメージ受けんかったと。

184 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:06:29 ID:2OKF54bN
そりゃ技術も戦術も違う時代だしな。
比較するのもあんまり意味が無いw
ぶっちゃけ、インドシナの赤化を止められなかったアメはだめぽだろう。


185 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:11:08 ID:4sHulGlL
ベトナム戦争時のアメリカは、国内世論がもともと戦争反対だったから、勝てる戦争であっても続けられなくなった。
日中戦争のときの日本はその逆。

186 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:13:12 ID:UX/6t+7v
>>184
技術と戦術が違っても
「無駄な戦争はさっさと止める」ってのは原則だぞ。
で、大日本帝国は1945年まで止めなかった。
>>184
>ぶっちゃけ、インドシナの赤化を止められなかったアメはだめぽだろう。
別に駄目じゃないだろう。
アメリカはアメリカの国益を追求するというアメリカ本来の目的だけ考えてりゃ良いんだから。
別に連中に赤化を止める義務など無い。
インドシナの一部が赤化しようがその「本来の目的」からしてみればどーでも良いこった。
無駄に戦争続けて金と人命浪費するよりかな。

187 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:14:40 ID:UX/6t+7v
>>185
そう、逆。
これがアホと多少はマシなアホの違い。

188 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:21:11 ID:4sHulGlL
>>182
>>自国の危機でもないよその戦争に首を突っ込んだ
>これに気づける程度の理性はあったのさ。

ないよ。あったら最初から派兵しないし、戦争するとしても全力でやる。
国内情勢の制約で理想的な戦争ができずに泥沼になり、
結局戦争目的を果たせずに敗退したのがベトナム戦争のアメリカ。

>代替案なら当時からいくらでも出されてっだろ。
>いまさら書く必要があんのか。
>で、それを非国民だの売国奴だの平和主義者だの左翼だのレッテル貼って
>否定しまくった当時の日本人(今でもたくさんいるが)を民度が低いつってんの。

当時すでに、陸海軍と国民を抑えられる具体的方法が提案されていたって?
俺はそんなもの寡聞にして聞いた事がないので、一つ教えていただければありがたい。

189 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:22:27 ID:4sHulGlL
>>187
アメリカのベトナム戦争介入の目的を何だと思ってるわけ?

190 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:27:28 ID:UX/6t+7v
>>188
そして無駄な人命、金の浪費を抑えられたわけだ。
ボロ負け敗戦まで意味無く突っ走った大日本帝国とは大違いだね。

>当時すでに、陸海軍と国民を抑えられる具体的方法が提案されていたって?
>俺はそんなもの寡聞にして聞いた事がないので、一つ教えていただければありがたい。
なんか読み間違えたようなので整理するが。

んな方法は無い。
馬鹿を説得する方法は無い。
説得に耳を貸さないのが馬鹿=低民度なんだから。

191 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 01:32:03 ID:UX/6t+7v
>>189
共産主義拡散の抑制と、西側(=親米)ベトナム政府の樹立だろ。
で、それにかける労力がめんどくさい事になったのでさっさと諦めた、と。
インドシナの一部くらいなら赤化されてもどーって事無いし。

192 :名無しかましてよかですか?:2006/02/26(日) 08:05:29 ID:Gc46Fkwi
大体が、ハルノートなんてアメリカ一国の反日外務大臣が作った個人的な物。
こんなもんは、無視してゴミ箱行きで良いんだがな。
国連のリットン調査団報告を真剣に国際社会と議論すべきだった。
今も昔も、日本外交はグダグダだ。
満州が問題になっているが、満州利権は麻薬利権と直接結びついている。
第2のアヘン戦争だったんだ。(お米が取れないので麻薬の巨大生産地となった)
満州はヤクザな土地だったんだ、麻薬に溺れて日本軍は手を引けなかった。残念。

193 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 09:00:35 ID:7MVopNRM
共産主義者に躍らされて日本を戦争に追い込んだアメリカも馬鹿。

194 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 13:37:29 ID:L8keDrpS
真の勝利者はソ連?

195 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 14:33:27 ID:2ne04yHh
ほんとバカだよな。
米英と敵対しなけりゃチャンコロなんて消滅してたのに。
日本がチャンコロを助けたようなもんじゃん。
日英同盟が続いてればなー。

196 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 15:52:18 ID:tx8ivP1r
>>184
>ぶっちゃけ、インドシナの赤化を止められなかったアメはだめぽだろう。
えっと。インドシナ戦争時のアメリカはベトミンに対しては比較的好意的
というか、そんな感じだったんで。
そもそも、最初にコケたのはフランス軍ですけどね。

197 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 19:15:40 ID:Ib/8+S8c
uum

198 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 19:17:08 ID:Ib/8+S8c
しかけたのではなくて、せんそうをしなければならないじょうきょうに
おいこまれたからしたんじゃないですかね。




199 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 20:04:14 ID:FOB5n6ZO
>>196
結果論やね。だめぽだったのは・・・


200 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 21:06:25 ID:AKhYOV8f
共産主義なんて今下火なんだから、長い目でみたら結局アメリカの勝ちなんじゃねーのー。
たなぼた的勝利かもしんねーけど。
カンボジアやベトナムなんてほっておきゃ良かったんだよ。
どうせ中ソ関係の悪化でお互い戦争することになったんだから。
まっ、無理もないか・・・。大統領が能無しのジョンソンやニクソンじゃなー。

201 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 21:15:06 ID:d/cnKWU1
>>200
アメリカの兵器産業の思惑で、
アメリカはベトナムにはまり込んでいったんだが?
ほっとくなんてできるわけない。

202 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 21:27:24 ID:FoBJCrcf
>>201
ドミノ理論の間違いでしょ。

203 :名無しかましてよかですか?:2006/03/04(土) 21:39:48 ID:6N/Lx2T3
溜まると射精しなければならない。それといっしょ。

204 :らびっと:2006/03/04(土) 22:24:17 ID:Z0ppf8Rb
>>200
ま、結果的に言えばそうだね。

南ベトナムの反政府運動は、独裁政権の汚職反対などが大半で、本当の共産主義者は一部だけだった。
アメリカは南ベトナムに、よりマシな政府を支援すれば、いずれは親米政府ができた可能性も高い。

ところがアメリカは国内はマッカーシズムで
「共産主義は悪魔だ」「ドミノ理論で東南アジア全体が赤化する」「一撃すれば楽勝」との極論が横行。

ジョンソンやニクソンは冷戦を煽って政敵を次々に抹殺。

猛烈な爆撃や虐殺事件でアジア諸国や国際的な反発を招き、
南ベトナムの民主主義勢力は潰されてしまった。

日本の「中国人やアメリカ人は腰抜けだから、大和魂で一撃すれば楽勝」てな発想と同じ。


205 :地上の楽園:2006/03/07(火) 19:14:10 ID:C/5evWiX
日本がアメリカと戦争して一番悲惨な目にあったのは北朝鮮の国民。
アメリカ占領がなければ南北断絶も金一族の独裁もなく、日本の統治から
単一国家として独立でき、飢えて死んでいくこともなかったろうに。

206 :名無しかましてよかですか?:2006/03/07(火) 23:23:11 ID:302+6qZo
ソ連が、火事場泥棒を遣ったの原因だろう。後朝鮮人自身の
内ゲバもそうだ。

207 :名無しかましてよかですか?:2006/03/08(水) 20:33:15 ID:w/+O5hqv
そのソ連に火事場を与えたのが日本だし。
ついでに言うと中国共産党を追い詰めていた国民党の足を引っ張ったのも日本。
アジア赤色化の原因は大日本帝国だったんだよ。

208 :名無しかましてよかですか?:2006/03/08(水) 23:22:20 ID:wNATrWUT
赤化阻止に必死の日本
赤化させたのはアメリカ
スターリンの謀略に乗せられたルーズベルトが馬鹿でした

209 :らびっと:2006/03/09(木) 00:47:08 ID:akrl2Kfx
歴史の仮説は色々できる

【戦争が無かった場合】
ハルノート後の交渉で妥協し、日本は朝鮮・満州国を持ったまま。中国のみから撤退。
二次大戦には本格介入せず、戦後も大日本帝国憲法のまま、スペインのフランコのような道を歩む。
しかし民族運動・独立運動の高まりで国論は分裂し疲弊。満州・朝鮮は順次独立へ。


210 :名無しかましてよかですか?:2006/03/09(木) 02:18:45 ID:Siap3vvD
ギャンブルの世界でも、仮説はいろいろできる。
でも、一度切った牌は、もう戻せない。

211 :名無しかましてよかですか?:2006/03/09(木) 02:25:22 ID:2X/2QRMz
ゴーマニズムって何やねーーーーーーーーーんっっっ!!!!!!!!!

212 :名無しかましてよかですか?:2006/03/09(木) 02:47:16 ID:wFtBWujY
>>210
何を切れば良かったか、何を切らなければ良かったか省みる事は出来るぞ。
親のダブリーに手も出来る見込み無いのにドラ一発切りとか、
反省してもらわんと大いに困るわけだしさ。

213 :名無しかましてよかですか?:2006/03/09(木) 05:05:44 ID:ODBUAfe8
>>208
>赤化阻止に必死の日本
中共撲滅に取り組んでた国民党の足を引っ張ったのは日本だよ。

214 :だつお:2006/03/09(木) 18:43:52 ID:a78bIXtO
>ボロ負け敗戦まで意味無く突っ走った大日本帝国

でも皇軍の97式中戦車は性能がいいから、中国人が大勢犠牲になったよ。

大陸打通3000キロで、97式中国チンピラゴロツキ大量殺戮マシーンは、
機械的信頼性と走行性と燃費効率の三拍子揃った、世界で最も優秀な自動車
製造技術力を披瀝したのだからな。このように皇軍の97式中戦車に勝る
中国チンピラゴロツキ大量殺戮マシーンは、世界のどこにも存在しなかった。
やはり近代化された先進工業国と土人の格差がくっきり表れてしまったのだろう。

他にもっと効率のよい中国チンピラゴロツキ殺戮法があったなら教えてくれ。

215 :だつお:2006/03/09(木) 18:48:22 ID:a78bIXtO
>国民党の足を引っ張ったのも日本。

それは単に遅れた土人の集団が、近代化された先進工業国に
太刀打ちできずに滅んだってなだけだろ。

世界初の空母機動部隊を編成した先進工業国の軍隊を相手に、
チンピラを駆り集めてドイツ式アメリカ式の武装をしても
到底歯が立たないのだという、当たり前の証明。

216 :だつお:2006/03/09(木) 18:51:21 ID:a78bIXtO
>世界初の空母機動部隊を編成した先進工業国の軍隊

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありません
でした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、興隆県の中でこの13年の間に5万人
くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの
区に対する不完全な統計によると、人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人
が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は16万人
くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。
6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

平成14年5月、中国のサンフランシスコ駐在総領事が、サンフランシスコ
大学での「日本の戦争記憶問題と対決する」というシンポジウムで演説。
「日本軍は対中侵略で中国人民3500万人を殺した・・・それにもかかわらず
日本の政治家も政府も、口頭でも法的にも謝罪することを一切、拒んでいる
・・・日本政府は犠牲者への賠償支払も拒否した・・・侵略や残虐の記述を
教科書から削除し、また侵略戦争を始めるのではとの懸念がある」と述べた。
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa02/tushu6.htm

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

217 :210:2006/03/09(木) 20:19:24 ID:saZTYR8W
>>212
それは承知の助でし。
言いたかったんは、たとえそれが最善の手だったとしても、
振ったら振ったで責任払いしなきゃいけないな、ってこと。
一部で「当時としては妥当な判断だった」=「戦争責任は放棄してもいい」みたいな風潮があるんでね。

218 :だつお:2006/03/09(木) 20:32:21 ID:a78bIXtO
支那事変で中国軍の標準装備は最新鋭ドイツ陸戦兵器であったが、
皇軍はというと舶来兵器のコピー生産さえ間に合っていなかった。

これはその当時の皇軍とドイツとの工業力のレベルが云々以前に、
中国人の知能障害がその程度の格差では覆せないほど絶望的であった
というふうに解釈しないと、ドイツに対して失礼だ。

チンパンジーに何を教育しても、人間の知能には及ばないのと同じ。

219 :名無しかましてよかですか?:2006/03/09(木) 21:58:21 ID:1eYsU4VH
で、責任って何のこと?


220 :名無しかましてよかですか?:2006/03/10(金) 19:23:44 ID:w7DzBBw8
ふんぐるい むぐるうなふ るるいえ くとぅるう うがふなぐる ふたぐん


221 :名無しかましてよかですか?:2006/03/10(金) 19:50:54 ID:K7x9omP9
東條英機が「人間のクズ」であることを示すこれだけの証拠

(1)
戦時中、批判的な記事を書いた毎日新聞記者を二等兵として招集し、
37歳という高齢にも関わらず、硫黄島へ送ろうとした。

(2)
逓信省工務局長の松前重義が、東条反対派の東久邇宮に接近したために、
報復措置として彼を召集し、43歳という高齢にもかかわらず、南方戦線に送った。

(3)
陸軍内の反東条派だった前田利為を、報復措置として南方戦線に送った。
彼は、搭乗機を撃墜されて死亡したが、東條はわざわざこれを戦死ではなく
戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額した。

(4)
東條政府打倒のために重臣グループなどと接触を続けた衆議院議員・中野正剛に対して、
いちゃもんを付けて強引に検挙。
中野は釈放後、陸軍に入隊していた子息の「安全」と引きかえに、
憲兵隊の監視下で自殺に追い込まれた。

(5)
また中野を容疑不十分で釈放した43歳の中村登音担当検事には、
その報復として召集令状が届いた。



222 :名無しかましてよかですか?:2006/03/10(金) 20:04:44 ID:mGR2EijZ
嘘を書くな外道。後は知らんが
Bは前田氏&東條氏の名誉の為、之だけは否定する物なり。
前田利為氏が陸軍内部で東条氏と対立していた事は事実ですが、【東條はわざわざこれを戦死ではなく戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額したといわれている。】は、事実誤認であると指摘させて頂きます。

以下『ある華族の昭和史:上流社会の明暗を見た女の記録』著者:酒井美意子(前田利為氏の長女)より引用

P173より引用

>当初、父の死は゛陣歿゛と発表され、後日゛戦死゛の訂正発表がなされた。陣歿であると相続税を払わねばならないが、戦死だと免除される。
 百万石の相続税は莫大だから、故意に陣歿扱いにしたのではと国会で問題になり、河田大蔵大臣「陸軍のお指図次第」と答弁して、戦死に変更されたのである。<

と書かれています。

拠って、貴方が書かれた様な【東條はわざわざこれを戦死ではなく戦傷病死扱いにして遺族の年金を減額したといわれている。】という事はありませんでした。

又、搭乗機の『墜落原因』については以下の様に書かれて居ます。

P169〜P170より引用

>太平洋戦争が始まると、父はボルネオ方面陸軍最高指揮官を拝命して軍務に服したが、十七年九月五日、司令部のあるクチンからミリに向け飛行中に消息を絶った。
以来、陸海軍合同の捜索の末、十月十七日ビンツル沖の海中から飛行機の残骸とともに遺骨も引き揚げられた。
父が愛用の「陀羅仁勝国」の軍刀が゛く゛の字に曲がり、衝撃のすさまじさを物語っていた。
 墜落の原因は一人の目撃者もないことから、エンジン故障説、落雷説、敵機の襲撃説などが憶測された。
戦後になってアメリカ太平洋艦隊の某提督の、「ジェネラル・マエダはB29の編隊が撃墜した」との話が伝えられたが、それとてもさだかではない。<

と書かれていますので『墜落原因は不明』だと思われます。

私の解釈は、故意に『陣歿』とされたと謂うより、『墜落原因が不明』で有るが故に、一度は機械的に『陣歿』とされたが
遺族の事を考え『戦死』に変更するという温情の決断が下されたものと解釈致しております。

223 :名無しかましてよかですか?:2006/03/10(金) 20:05:31 ID:mGR2EijZ
東條叩いてるやつは、
基本的に現代日本の感覚でしか物事を考えられない池沼だ。

人種差別が無く、有色人種にも人権が保障されてて、
あらゆる国家は最初から独立してて、裁量権が自国にあって、
奴隷制度も植民地も存在しなくて、輸出入が自由に出来て、
そんなお花畑な世界観で60年前の事を裁いてやがる。

話が通じるわけがない。

224 :名無しかましてよかですか?:2006/03/10(金) 20:34:41 ID:EEVibgcY
当時の世界の仕組みは、
支配民族(白人)が被支配民族(有色人種)を搾取している状況が
まだ続いていたと言って良い。
イギリスのインド、ミャンマー(ビルマ)支配。
フランスのベトナム支配。
世界の有色人種は長らく差別され、搾取されてきた中で、
日本が立ち上がり、白人支配に断固反対したのだ。
様々な独立運動が太平洋戦争後に頻発したのも、
「有色人種でも、白人と対等に戦える」ということを日本が示したからだ。

225 :星滝院天大路:2006/03/10(金) 21:36:08 ID:A93ahPu+
遺言:東條総理

(前略)
不幸にして我が國は力不足のために彼の國に敗けたけれども、
正理公議は厳として我が國あるということは動かすことのできないことである。

力の強弱を、正邪善悪の基準にしては絶対にいけない。
人が多ければ天に勝ち、
天が定まれば人を破るということは、
天道の法則である。
(後略)

226 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 03:40:41 ID:vsaBGSc1
まっ、いまさら東條を叩いても何も変わらないがな


227 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 07:40:02 ID:tBt2dRSp
>>224
日本のその支配我する側で、支配領域は列強と相互承認していた
のだが。日本を頼って来た独立運動を、列強との関係を優先して
見捨てた事もある。白人支配の打破なんてのは後付の理屈。目的
は日本の国益の追求。

228 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 08:19:56 ID:dqkJZnpI
その後付に意義がある訳だがw


229 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 12:35:41 ID:P6swl+sX
>>227
日本の国益を優先するのは当然と思うけど?

230 :だつお:2006/03/11(土) 14:08:04 ID:OQtcE3g7
皇軍兵器はどれも技術水準が高く品質がいいから、中国人がドイツ製
アメリカ製兵器で向かってきても、虫けら同様に殺戮されていったよ。
要するに日本人と中国人では、人間と動物くらいの知能格差が存在した。

大陸打通作戦3000キロで、中国国民党エセ抗日チンピラゴロツキ団は、
ハイパーインフレを起こして轟沈してしまった。

これで日本人の中国人に対する圧倒的優越性を証明することができた。
この気持ちのいい優越感はいつまでも噛みしめておきたい。

231 :だつお:2006/03/11(土) 14:30:56 ID:OQtcE3g7
中国のチンピラゴロツキ相手に死傷16万も出して朝鮮の
南半分しか取れなかった米軍が、なぜに皇軍相手だと勝てる?

そもそも皇軍は大陸方面では百戦無敗・常勝無敵だった。
大陸打通3000キロ。中国人なる生き物は皇軍に虐殺
されるために湧いてきたウジ虫だった。

中国人という中国人を、見つけ次第片っ端から殺戮していく。
湧いてきたら殺し、殺しては大陸打通。殺戮しても殺戮しても、
代わりはいくらでも湧いてくるがそれでもひたすら殺戮する。
中国は人口が多すぎるから、皇軍に虐殺されないとチンピラゴロツキ
が国外に流出して、地球上がチンピラゴロツキだらけに汚染される。

232 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 21:33:25 ID:mBTf/s16
>>231 支那相手ではそれで良いかもしれないが、
東條は日本の国力、アメリカの実力を知った上で、
半年か1年は戦えると戦争に突入した、
天皇が頭を下げて内閣に迎え入れた人物だ。
責任の取り方があると思うが。

233 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 21:38:28 ID:Tc4nVa7z
穏やかじゃない人がいますね。
いくらネット上の性格とはいえ、現実では会いたくない。

234 :だつお:2006/03/11(土) 21:44:32 ID:OQtcE3g7
 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。

ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著

235 :だつお:2006/03/11(土) 21:53:09 ID:OQtcE3g7
>ドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント

支那事変における中国国民党の標準装備はドイツ製で、88ミリ砲や
チェコ式機銃などは日本がコピー生産さえも難航するくらいだった。

明らかに兵装はドイツ製が上であり、中国軍の敗退を兵装に帰するのは、
あまりにドイツに対して失礼であろう。いくらなんでも当時の陸戦兵器
製造技術において皇軍がドイツを上回っていたなどとは考えにくい。

そうではなくて、兵器性能の優位を生かしきれなかった中国人の
絶望的な知能障害にこそ原因を求めるべきであろう。知恵遅れの
障害者にいくら良い武器を持たせても、鍛え上げられた素手の
格闘家に太刀打ちできるはずはない。

チンパンジーを武装させて人間に対抗させようというのが間違い。

236 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 22:07:12 ID:W0Hxibzt
だつおって真性キチガイゴミは軍板以外にも出没するのかw

237 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 22:30:17 ID:wCAIT8e+
資料の羅列はもういいから、
『どうすれば日本は負けなかったか』を
誰かシミュレーション・考察して欲しいな

アメリカと戦わずに済んだ方法、
仮に戦っても停戦せざるを得ない方法、とか

238 :名無しかましてよかですか?:2006/03/11(土) 22:34:56 ID:0feNsxi4
人かな?

239 :だつお:2006/03/11(土) 22:44:21 ID:OQtcE3g7
>ボロ負け敗戦まで意味無く突っ走った大日本帝国

◇計算できない物質的財産の破壊
 「日本の侵略戦争が中国に与えた財産上の損失も、莫大で驚くべきものだ」、
戦争中、日本軍はいたるところで、狂気のように公共や個人の財産を略奪し、
文化遺産を破壊し、鉱物・森林資源を採掘、伐採し、偽札を発行し、
軍事・民生施設を焼き払い、爆破し、中華民族の物質的精華は日本侵略者
によってほとんど全部奪い去られた、卞博士はこう指摘した。
 この数年、抗戦時代の損失問題を研究し続けてきた卞博士は、当時、
直接戦禍にみまわれなかったチベット、新疆の両省クラス行政区を除き、
残りの省は全部または部分的に陥落するか、一部が戦場になり、多くの都市、
郷・鎮が日本軍の盲爆にさらされたとみている。
 卞博士は、近年の研究結果で、全戦争期間中、中国が受けた直接の財産
損失は1000億ドル、間接的損失は5000億ドルに達することが明らか
になったと語った。
 「むろん、戦争状態という制約から、抗戦の損害調査は、時間的完全性
からも、空間のカバーという点からも、極めて不完全なものである」、
「日本の侵略戦争が中国に与えた巨大な物質的財産の破壊と壊滅ぶりに
ついて、正確な回答をみつけるのは不可能に近い」、卞博士はこう語った。
 そして日本の侵略戦争がもたらした大きな傷が、中国の近代化プロセスの
重大な障害になったことは、学術界で突っ込んで研究する必要があると強調した。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/qqq115/t202631.htm
日本の侵略戦争は中国にどれだけの損害を与えたか 新華社解説

240 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 00:12:33 ID:Wdc4fe0F
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

http://ime.st/www.hozokan.co.jp/rekikon/kanto/kanto149.html
史上最凶の軍隊日本軍

日本軍にとらわれた英軍の死亡率はなんと25%! これは四人に一人が死ぬ割合である。(ナチでさえ5%)
当時、日本軍は「ナチより残虐」「囚われれば死あるのみ」というのは当時世界の常識であった

241 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 00:35:29 ID:MiqWsBIh
>当時、日本軍は「ナチより残虐」「囚われれば死あるのみ」というのは当時世界の常識であった

あ、俺それ聞いた事あるな。
731って事実なのか?
信じたくないが・・・

242 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 11:46:18 ID:WmhVwN7x
そもそも>>1が一番戦争の中身を知らないんだろ

243 :らびっと:2006/03/12(日) 14:09:53 ID:5ecqV5QD
>>241

ナチスドイツも日本も、時代と相手によって使い分けていた事を忘れはいけない。

ドイツは西部戦線(英仏ベルギーなど)の捕虜は大体ちゃんと扱ったが、
東部戦線(ソ連など)の捕虜は、その場で射殺したり強制収容所で殺す場合も多かった。
(相手に合わせたということもあるが)

日本は日露戦争では、捕虜を相互にちゃんと扱った。
しかし中国戦線では、現地での勝手な処刑が放任されていた。
ところが対米戦の前半では「卑怯な行為」を厳しく禁じた。
対米戦も後半では、B29から脱出したパイロットを殺したり、生きたまま生体解剖したりもした。

どちらも人種差別が根にあると言われて仕方ないだろう。
(ドイツと日本だけじゃないけどね)

アメリカの対日戦を描いた映画では、ジャングルの中で日本兵が撃たれると
「キィー」と叫んで飛び出て死ぬシーンが続出。サルかショッカーですな。


244 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 14:24:44 ID:u9iZ87oH
みんなよくこんな >>1 なんか相手できるなあ。
犬に芸を仕込むほうが簡単だ

245 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 17:33:11 ID:QA/9mHk+
>生きたまま生体解剖
ソース。

246 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 17:54:38 ID:ZZ64EqbK
>>245
九州大学の生体解剖事件も知らんの(笑)
「海と毒薬」で検索してみたまい。
念のために言っておくが、「海と毒薬」は小説だが、元になった史実は
ちゃんと存在しとるからな。

247 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 17:58:07 ID:RDongWb5
日本人は自分達の過去の行為を誤魔化す為に朝鮮を誹謗しているにすぎない!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142152345/l50
日本人は自分達の過去の行為を誤魔化す為に朝鮮を誹謗しているにすぎない!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142152345/l50

日本人は自分達の過去の行為を誤魔化す為に朝鮮を誹謗しているにすぎない!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142152345/l50
日本人は自分達の過去の行為を誤魔化す為に朝鮮を誹謗しているにすぎない!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142152345/l50

日本人は自分達の過去の行為を誤魔化す為に朝鮮を誹謗しているにすぎない!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142152345/l50
日本人は自分達の過去の行為を誤魔化す為に朝鮮を誹謗しているにすぎない!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1142152345/l50

248 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 18:21:11 ID:1eUEfdPP
>>237
満州事変を起こさず、ベルサイユ体制、ワシントン軍縮体制を遵守。
大陸では国民党と手を組み、共産党を叩き、満州の張政権も牽制する。
軍事費を削減し、産業構造の構造改革と再編成と育成に回し、国際
競争力をつけて貿易立国を目指す。

249 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 18:53:29 ID:jcwbV1ON
>>248

国際社会に於けるカモへの道、一直線。

250 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 21:06:12 ID:QA/9mHk+
>>246
だからソースw
書き込めばいいのに何故逃げるのー?ww


251 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 21:08:44 ID:VjQ6hKVE
喧嘩はやめて!みんなで平和を祈ろうよ。

252 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 21:47:52 ID:NfyK68O/
ttp://www1.ocn.ne.jp/~sho1948y/kaibou.htm
九州大学生体解剖事件について

253 :名無しかましてよかですか?:2006/03/12(日) 21:55:37 ID:vNv2H8+8
>>249
戦争でボロカスにされた上でカモにされるよかだいぶんマシだろ

254 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 00:30:35 ID:OB3lJ24W
>>248 満州事変の国際社会での批判はたいしたことない。
日華事変も勝つ事が分かっていて調子に乗って蒋介石を追いつめなければ、
世界的評価は落ちなかった。やはり、太平洋戦争だよな。
アメリカも日本も自国民を犠牲にしたが、
結果はいつの間にか朝鮮の独立、中国の領土拡大、なんじゃこりゃ。
アメリカも日本も戦争目的のぼやけた、戦争の為の戦争をしたわけだ。
満州をアメリカと共同開発していれば無駄な戦争をしないで済んだかもね。

255 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 00:53:09 ID:iu5tRDUy
>>254
そんなナイスな抜け道があったとは・・・

256 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 00:53:40 ID:agdj73Rt
>>249
国際社会からハブにされる方がカモになるよ。

>>254
>世界的評価は落ちなかった。
いや、やはり国際連盟脱退はボディーブローのようにじわじわと
効いていたのではないかな。
英仏は戦争を恐れて、連盟への復帰を期待して追求の手を控えて
いたのではないかな。ヒトラーに妥協し続けた様に。

>満州をアメリカと共同開発していれば無駄な戦争をしないで済んだかもね。
全く同意。

257 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 02:03:26 ID:Q/bBdi2d
ハルノート蹴って勝てなくてもアジア開放のために戦い、
見事目的を果たした旧日本軍を馬鹿扱いするとは・・・
これでいいのか日本人

ハルノート受け入れてたら戦争もなく
原爆も落とされなかったかもしれないが、アジア諸国は
植民地のまま、日本も占領されて今みたいに
2chに書き込む生活はなかったぞ

258 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 03:05:35 ID:agdj73Rt
>>257
>ハルノート蹴って勝てなくてもアジア開放のために戦い、
いや、目的はアジアの解放じゃなく、日本が資源地帯を確保することだよ。

>見事目的を果たした
果たせてないし。

>アジア諸国は植民地のまま
ドイツが英仏本国を疲弊させているからやがては自力で独立できるだろう。
フィリピンはアメリカから独立の約束もらってるし。

>2chに書き込む生活はなかったぞ
北朝鮮みたいになってる可能性もあるから、これは当たってるかも。

259 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 03:10:33 ID:NJydycDH
> 北朝鮮みたいになってる可能性もあるから、これは当たってるかも。

共産革命政権が樹立したらそうなってたかも知れないが、当時の日本は共産主義を厳しく取り締まってた。大丈夫だよ。

260 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 07:53:06 ID:eRjhNuYv
>>257
ハルノートに行くまでが馬鹿ということだろ。特に陸軍なんて何の見通しも
戦略もなく、戦線を拡大させ、戦力の逐次投入という戦争の基本からはタブー
とされることをやっていたんだからな。

それと小林なんか、果敢に戦い、欧米の白人社会に一撃を加えたということを
評価しているが、甲子園大会じゃあるまいし、戦争ってのは絶対に負けては
ならんものを、そういう自己満足でごまかすなんてのは愚の骨頂だな。

261 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 08:16:43 ID:BnK+nmw8
現在のお花畑な価値観でしか
過去を考察できない池沼多し、だなw


262 :だつお:2006/03/13(月) 09:40:12 ID:4mRoZVAc
>特に陸軍なんて何の見通しも戦略もなく、戦線を拡大させ、

ドイツ陸戦兵器装備の中国チンピラゴロツキどもを大量殺戮していくのは、
皇軍の輝かしい戦果だろ。中国人は数が多すぎるから、大量虐殺でもして
おかないと地球上がチンピラゴロツキだらけで汚染されるぞ。

チンピラゴロツキの3500万では殺し足りないのか?

世界中がチンピラゴロツキだらけになってもいいのか?

263 :だつお:2006/03/13(月) 09:45:51 ID:4mRoZVAc
大陸打通作戦は敵にとっては甚大な損害であるが、皇軍にとっては
絶好のチンピラゴロツキ殺戮練習場だった。

敵に与えた損害が甚大であったのを、あたかも日本にとっての悪で
あったかのように宣伝されるのは、敵味方の立場を混同した論理だ。
先進工業国の軍隊が後進国の土人を大量殺戮したのは、敵にとって
の悲惨であって、皇軍にとっては栄光の戦果だったのだ。

264 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 09:55:28 ID:XvOq7Zlq
>>261
特高とか治安維持法だのが残ったままでどうやったら
今現在のように例えば2chに自由に書きたい放題でいられるのか
まったくわからん。
どっちがお花畑の平和ボケなんだかw
>>262
いつも思うが、この手の言い草と
「五族協和」だの「大東亜協栄圏」だののお題目ってどう両立するんだ?

265 :だつお:2006/03/13(月) 10:00:42 ID:4mRoZVAc
>「五族協和」だの「大東亜協栄圏」だののお題目ってどう両立するんだ?

戦争は生存が第一で、理念は二の次三の次。アメリカでさえも、
「大西洋憲章」だの「カイロ宣言」だののお題目とまったく両立
しないことをいくつもやってるんだ。

ま、チンピラが金目の物を奪って逃げただけの「抗日戦争」なる
お題目よりは遥かにマシだったのかもしれんがな。

ヤルタ密約協定だって、皇軍戦力が強大でソ連の支援が不可欠ゆえ。

266 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 11:44:09 ID:BnK+nmw8
>特高とか治安維持法
対共産主義者、社会主義者用法案に何故脅威を抱くのかkwsk

267 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 13:03:53 ID:guhaZ3Zb
特高が設置されて治安維持法が施行されたのは戦時の話なんだが…。

268 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 16:49:13 ID:6cz0sFtR
>>266
今で言う人権擁護法案みたいなもんだから。
お題目は良いが、悪用しようと思ったらどーとでも出来る。

269 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 18:02:56 ID:NJydycDH
> 対共産主義者、社会主義者用法案

アメリカだって「赤狩り」してたしな。

270 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 18:37:56 ID:BnK+nmw8
ふむふむ。という事は
アカ以外のタイーホで執行された事があるのかいな?
kwsk

つか、>>268って「道具があるから人を殺す」という論理みたいな希ガス。


271 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 19:02:14 ID:6cz0sFtR
有名どこでは大本教事件とか横浜事件。
>つか、>>268って「道具があるから人を殺す」という論理みたいな希ガス。
危険な道具は慎重に取り扱わねばならない。
免許制にしたり。重機とか薬物とかそうだろ。
で、治安維持法はまさにそれ。
正しく使われた場合、いくら道具として有用であっても
悪用された場合の危険性がそれよりはるかに大きい。

272 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 19:18:46 ID:NJydycDH
>>268
>今で言う人権擁護法案みたいなもんだから。

この例えは違うだろう。人権擁護法案に良い面は無い。全くの悪法。

273 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 19:45:37 ID:6cz0sFtR
同じだよ。
本当に差別主義者(共産主義者)だけが逮捕されるなら両者とも良法。
でも、容疑者を差別主義者(共産主義者)と認定する立場の人間が偏向していれば
レッテル貼りなんか容易く出来てしまうわけで。
あえて言えば「拷問による自白」という要素があった分、治安維持法の方が更に悪法だろうさ。

274 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 22:15:31 ID:BnK+nmw8
>>273
だからその事実があったかという事だ罠。
無ければ杞憂、つか被害妄想。
有れば問題だな。


275 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 22:20:04 ID:R8nsIpLU
今日のwbc見てたら真珠湾攻撃せざるを得ない所まで追い込まれた気持ちがよくわかる

276 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 22:28:13 ID:6cz0sFtR
>>274
あったんだよ。

277 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 22:34:29 ID:6cz0sFtR
>>275
俺も良くわかる。
ギャンブルで負けが込んでるときなど。
小さな負けを取り返そうとやっきになって次々大金つぎ込んで、
最終的には最初の小さな負けなど比較にならない大損。
熱くならず早いうちに止めときゃよかったのに。
間抜けな話だ。

278 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 22:52:28 ID:BnK+nmw8
>>276
ソースを提示して頂きたい。
それほど頑なにあったと云うのであれば
当然根拠を示すべき。


279 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 22:59:26 ID:6cz0sFtR
>>278
横浜事件つってんだろ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

280 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:01:59 ID:BnK+nmw8
・・・今初めて出したな。お疲れさん。


281 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:04:11 ID:GOywJ8c0
>>1の理屈によるとインディアンもただのバカだったということになる。

282 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:05:51 ID:BnK+nmw8
しかし証拠となる物も今や無し。
地裁レベルではイデオロギーに染まった裁判官も多い。
弁護団とやらもある一定の思想をお持ちのようで。

胡散臭いな、ヲイヲイw


283 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:07:42 ID:BnK+nmw8
そういや赤いマス塵が持ち上げてたな>横浜事件
勝訴がどうのこうの、と。
本当に信用できえるかしらん?


284 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:08:52 ID:/ok8sRxp
戦争=長期戦という現在の常識に当てはめて考えるのがそもそもの間違い。
第二次大戦以前の世界で長期戦と呼べるものは第一次大戦だけで戦争=短期決戦というのが当時の常識だった。
確かに今から見れば圧倒的な物量を持つ米国に小国日本が挑むのは単なるアホ以外の何者でもない。
しかし短期決戦を前提とした当時の戦争観からすれば必ずしも勝ち目の無い戦争とは言い切れなかった。

285 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:15:50 ID:6cz0sFtR
>>282-283
ま、そーゆー否定の仕方をするしかないわな。
>赤いマス塵が持ち上げてたな>横浜事件
君にとっては残念ながら、右翼側も自らに対する「言論弾圧」には引き合いに出す事件なんだがな。
「7.7横浜事件」とか。

286 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:32:20 ID:BnK+nmw8
と、言うかウヨサヨキモイな。

単にどう見ても偏向した報道機関が持ち上げてた事に
疑問を抱く訳だが・・・あんた、やっぱその手の構成員?


287 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:35:24 ID:6cz0sFtR
>>282-283
だいたい、おかしいじゃないか。
>地裁レベルではイデオロギーに染まった裁判官も多い。
「イデオロギーに染まった裁判官」と、司法をばっさり捨ててるのに
同じ司法が運用する治安維持法、人権擁護法にはそれをしない。
何故に前者の場合は不審を抱き、後者は信用するのかね。

288 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:39:39 ID:6cz0sFtR
>>286
そりゃ偏向した報道機関が持ち上げようが、事実は事実だからね。
つーかどこの報道なら信用すんの?

289 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:42:01 ID:BnK+nmw8
つか、戦時若しくは旧時代と
現在を混同する貴君の脳内こそ
おかしいと思うが。当時は当時の事情。そして
現在は現在の事情なだけの事。御分かりかな?


290 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:43:43 ID:BnK+nmw8
>事実は事実
係争中にそれでは・・・先が思いやられるぞ。
数年後事実ではないという展開も無きにしも非ず、だな。


291 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:51:40 ID:6cz0sFtR
>>289
で、どーゆー事情があれば政府の方針に異を唱えた者を弾圧して良いって事になんの?

292 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:55:27 ID:BnK+nmw8
で、誰もそういう話はしていない訳だが。
アレか?「論点のずらし」か。

政府及び国家を転覆させかねない非合法な組織を排除するのは
当然だろうけど。今で言う「テロリスト・過激派」か。


293 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:58:01 ID:6cz0sFtR
>>290
係争中たって
「免訴にするか、無罪にするか」程度の話だからな。
事実関係はほぼ確定して覆えらんだろうよ。

294 :名無しかましてよかですか?:2006/03/13(月) 23:59:34 ID:BnK+nmw8
そりゃもう存在してない法だしな。

で、ある事無い事過去に押し付けてオナニー、か
ご苦労なこったw

295 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 00:06:29 ID:k+DpYucR
>>292
>>289自体が意味の取りづらい文だからさ。
勝手に「事情があったから、冤罪も可」つーふうに意味を取ってああ書いたわけだが。
違うってんならもうちっと詳しく説明しとくれ。
>政府及び国家を転覆させかねない非合法な組織を排除するのは
>当然だろうけど。今で言う「テロリスト・過激派」か。
で、治安維持法にはそーゆー考えを持たず、
ただ意見の食い違うだけの人間も犠牲にしてしまったってところに問題があるんだよ。
>で、ある事無い事過去に押し付けてオナニー、か
>ご苦労なこったw
そりゃ君だろ。
君はある事無い事戦後に押し付けてオナニーしてるだけじゃんか。

296 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 00:14:54 ID:k+DpYucR
>>294
>そりゃもう存在してない法だしな。
そう。
検察「存在しない法だからお願い無かった事にして。」
弁護「いや、しっかり冤罪だと認めれ。」
つー構図。
判決がどうなるかはともかく、冤罪である事はもう決定的だろ。

297 :だつお:2006/03/14(火) 13:24:16 ID:tmYjk3dd
そもそも支那事変の当時は、ドイツ陸戦兵器が世界最高であった
と断言してもよかったと思う。ドイツは列強で最も早く軍拡に力
を入れており、従ってその軍事技術開拓は最先端であったはずだ。

中国人にドイツ陸戦兵器を装備させドイツ式軍事訓練を施したのは、
豚に真珠とか、馬の耳に念仏とか、チンパンジーに機関銃とかいう
のと同じたぐいのレベルであったといえよう。

刃物持ったチンピラの群れを、鍛え上げられた素手の格闘家が
たった一人で壊滅させるってのは萌えるよな!

298 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 13:34:39 ID:WtK0KmBO
原爆落としたムゴイ国アメリカと仲良くしている今の日本が、悲しい!

299 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 14:14:56 ID:Zrd/1HKX
そういう米国が作ったシステムで私たちは今こうして
遊んでいるわけだがww

300 :報国:2006/03/14(火) 14:15:38 ID:jhiMUaDH
 戦争は国の意地の見せ所。

301 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 14:19:17 ID:w0xVgS1F
>>299
システムに罪は無し。君が嫌うシナ産の安物を
君が使うようにw


302 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 16:22:21 ID:gMvOWC1u
こういう問題が起きている間にも
税金で国民の生活を守るべき国会議員
一年目の数ヶ月。新人議員は最も勉強しなければいけない時期に
杉村タイゾー先生は新しい彼女を見つけ結婚に漕ぎ着けました。

おめでとうございます

303 :だつお:2006/03/14(火) 19:10:34 ID:tmYjk3dd
皇軍は無敵かつ最強だよ。本土決戦なら負ける理由は皆無だったよ。

皇軍が大陸打通作戦で中国人に加えた暴行の数々は、伝説的でさえある。
中国人なる生き物は、皇軍に虐殺されるために湧いてきたようなものだった。
中国人は大量虐殺でもしておかないと、人口過剰で地球環境が汚染される。
近代化された先進工業国の軍隊と、土人の群れとの格差がこんなにくっきり。

304 :名無しかましてよかですか?:2006/03/14(火) 23:23:52 ID:APLPzrU7
>>303
無茶言うなよ。竹やりで機関銃に勝つ事が出来るか?

305 :名無しかましてよかですか?:2006/03/15(水) 00:14:18 ID:6eKZenrn
>>303
つーか暴行とかいっている時点でお前皇軍だいっきらいじゃねーか

306 :名無しかましてよかですか?:2006/03/15(水) 08:17:00 ID:y5gKelg/
>>279
>「横浜事件とは、第2次世界大戦末の1942年、総合雑誌『改造』の論文「世界史の動向と日本」を共産主義の宣伝と」

実際そこは左翼系の出版社で内容も左がかってたらしい。もちろん当時非合法の共産主義を堂々と語ることは無いにしても
その方向へ世論を誘導しようとしてたのでは?

307 :名無しかましてよかですか?:2006/03/15(水) 10:17:17 ID:SQMXaNro
ハル=ノート呑んでいたら、今の状況が60年早く到来&弱小国は
未だ列強にやりたい放題されまくっていただけ、と思うけど。

BSE問題やらWBCのアメパイヤっぷりと言い、
「ざけんなメリケン!いつか一矢報いてやる!」
と思いたくなる香具師急増しているだろうね。

308 :名無しかましてよかですか?:2006/03/15(水) 13:13:09 ID:7hdGfpMx
>>303
チンピラゴロツキのコピペって明らかに中国を仕向ける国家反逆工作ですよね
しかし日本人が米人に極東のチンピラゴロツキ扱いされてたのには触れないのですね
チンピラゴロツキのコピペはアメリカの核投下すら正当化しかねないのでやめましょう
また暴行と書かれてますが交戦意思のある敵との戦いなら問題ないはずです
捕虜問題に関しても旧日本は捕虜の人道的取り扱いの国際条約に参加していませんでした
確かにこれにより旧日本兵が米兵や八路軍に殺されても文句は言えませんが
彼らに捕虜の扱いについて文句を言われるのは筋違いです
日本に来た米人が家に土足で上がって何が悪いと怒りくるうのと同じですね
よって本当の戦犯は明らかに日本市民大虐殺狙いの本土空襲と核投下を命じた奴

309 :名無しかましてよかですか?:2006/03/15(水) 17:28:22 ID:JnNxzspE
>>307
いや、ハルノートの時点で欧州大戦は始まってたし、ハルノート受諾で米の参戦が遅れれば、
英仏蘭の疲弊や痛手は史実以上。アジア諸国の独立は史実より容易になっていたかも。
しかも、日本が戦力を維持していれば、独立したアジア諸国が日本との関係強化を求めて
来たかもしれず、日本からの押し付けでなく、アジア諸国からの要望で大東亜共栄圏が
達成できていたかも知れない。

310 :名無しかましてよかですか?:2006/03/15(水) 23:14:31 ID:1rY2F/Zc
>>306
>実際そこは左翼系の出版社で内容も左がかってたらしい。
だから、罪をでっち上げて拷問にかけても宜しい、とおっしゃるのですかな?
なかなかユニークなご意見の持ち主とお見受けいたしました(笑)

311 :名無しかましてよかですか?:2006/03/16(木) 20:48:16 ID:sRhlB/4U
つ「当時は共産主義は非合法」


312 :名無しかましてよかですか?:2006/03/16(木) 21:13:46 ID:jmEdbHgR
>>311
「拷問にかけて共産主義という罪をでっち上げた」だべ。
横浜事件の被疑者の主張は。
だからそりゃ関係ねぇべ。

313 :名無しかましてよかですか?:2006/03/17(金) 02:42:24 ID:s0OWS9ZL
>>312
>罪をでっち上げた

問題は当の「改造」誌の記事が、ソ連を賛美し共産主義を宣伝する内容かどうかだな。そうなら有罪。


314 :名無しかましてよかですか?:2006/03/17(金) 02:53:36 ID:s0OWS9ZL
> 横浜事件

>  細川嘉六の「世界史の動向と日本」という論文が雑誌「改造」にかかげられたのは、一九四二年の八・九月号の誌上であった。
> 
> その論旨は「民族の自由と独立を支持するソ連の新しい民族政策の成功に学べ」

315 :名無しかましてよかですか?:2006/03/17(金) 05:34:14 ID:qOYO5oVx
しかしその論旨は一旦は検閲を通った程度の代物。
他に共産主義に関する記述は見られず、また雑誌「改造」編集者以外の罪の証拠には成り得ない。
ましてや拷問など言語道断。

316 :名無しかましてよかですか?:2006/03/17(金) 10:41:30 ID:Mjmq5ZLM
しかし明らかにソビエト連邦の民族政策を賛美しているな。

今なら「民族の自由と独立を支持する中国の新しい民族政策の成功に学べ」
とか言ってチベット・ウイグル他民族に対する中国共産党の政策(実態は弾圧・拷問・虐殺)を賛美するような話。

317 :だつお:2006/03/17(金) 16:56:02 ID:1PH94XyC
とはいえ97式中国チンピラゴロツキ大量殺戮マシーンは国産工作機械
で高品質な精度で量産され、中国人という中国人を虫けら同様に大量殺戮
していったわけだがな。皇軍兵器は性能いいから、中国人が沢山死んだよ。

皇軍のメインは何と言っても日中戦争の中国チンピラゴロツキ狩り。
列強でも皇軍だけが憎まれるのは、皇軍ほどに効率よく大量の中国人
を殺戮した軍隊は他に類を見ないからだ。

明治以来培ってきた、磐石な基礎工業力と確かな品質性の結果だった。

アメリカの陸軍なんて、朝鮮戦争ではその「チンピラゴロツキ」
相手に死傷16万も出して、朝鮮の南半分しか取れなかった。

そもそもアメリカの陸軍兵は、質が悪すぎるのだ。

「チンピラゴロツキ」相手に、仁川上陸成功なんて喜んでるが、
それで日本本土上陸したら、皇軍相手に何ができたかと言いたい。

318 :名無しかましてよかですか?:2006/03/18(土) 00:35:52 ID:dAKoGiIp
チンピラゴロツキってwww

319 :だつお:2006/03/18(土) 17:17:06 ID:vJbT1Xvp
皇軍が大陸方面でやった数々の中国人に対する暴行は、中国人に孫の代
にまで癒しがたい恐怖と苦痛の傷跡を残したという認識があるだろうか。
日本人という近代工業国の国民からすれば、中国人は動物に等しかった。

      9 7 式 中 戦 車 チ ハ

自動車というのは、動いてナンボだ。故障が少なく荒地を縦横無尽に
疾走してしかも燃費が掛からない、97式中戦車チハは世界で最も
進んだ自動車製造技術を結集した、阿鼻叫喚の地獄車だった。

こうして中国チンピラゴロツキ3500万が、血肉の塊にされた。

320 :名無しかましてよかですか?:2006/03/23(木) 20:10:15 ID:e6NnFv1v
>>316
内容を読んだ上で

>しかし明らかにソビエト連邦の民族政策を賛美しているな。

と言ってるんだろうね? まさか引き写された見出しだけで判断しては
いないだろうな?

321 :だつお:2006/03/25(土) 00:52:09 ID:gKm2RIBA
皇軍兵器はどれも技術水準が高く品質がいいから、中国人がドイツ製
アメリカ製兵器で向かってきても、虫けら同様に殺戮されていったよ。
要するに日本人と中国人では、人間と動物くらいの知能格差が存在した。
皇軍兵器の強さは、カタログスペックや生産量だけでは語れない。
例えば97式中戦車チハがいかに恐ろしい中国チンピラゴロツキ
大量殺戮マシーンだったかは、旧日本軍弱小論では到底説明できない。
それに中国人がドイツ陸戦兵器なぞ持ち出してこようが米陸空軍の支援
を仰いだりして「日本基礎工業水準の低さと浅さ」をあげつらっても無駄。
97式中戦車チハがやってくれば抜群の機械的信頼性と燃費効率と走行性
を生かして大陸打通3000キロを駆け抜ければみんなイチコロ。
なお弾薬が不足なら銃剣で斬りつけたり97式中戦車チハの走行性を
生かして強引に轢き殺していったりすればいい。

大陸打通作戦3000キロで、中国国民党エセ抗日チンピラゴロツキ団は、
ハイパーインフレを起こして轟沈してしまった。

これで日本人の中国人に対する圧倒的優越性を証明することができた。
この気持ちのいい優越感はいつまでも噛みしめておきたい。

322 :名無しかましてよかですか?:2006/03/25(土) 08:04:09 ID:IHQfmv2h
この人は頭がおかしいのですか?

323 :名無しかましてよかですか?:2006/03/25(土) 08:13:17 ID:tvx30Lsw
>>322
シベリアでご苦労があった方だから

324 :名無しかましてよかですか?:2006/03/25(土) 14:15:10 ID:hbpyHBRf
生きるのが楽しいならアメリカに住めよタコ

325 :だつお:2006/03/26(日) 00:21:16 ID:mU2x4X49
皇軍は何故に広大な大陸打通作戦3000キロ勝利行軍を完遂し、
中国のチンピラゴロツキ3500万を殺戮することができたのだろうか?

それは皇軍の四式戦闘機疾風が高品質で、大陸打通作戦の大空を
縦横無尽に飛び回って制空権をしっかりカバーできたからだ。

ただし米陸軍・米陸空軍主力は欧州方面に釘付けにされており、
中国人を救済するためにアメリカがオーバーロード作戦を諦める
わけにはいかなかったという事情も考慮する必要があるかも。

中国人は湧いてきたら、棄てればいい。死ねばいい、殺せばいい。
国際的にみても、中国とか中国人とかはそのようにみなされていたのだ。
動物愛護のためにオーバーロード作戦を諦めるほどヒマではないし、
動物愛護にしてもいくらでも湧いてくる中国人は保護の値打ちもない。

326 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 03:48:08 ID:jg2AAz4u
皇軍の戦闘機は攻撃や運動性能に関して高品質だったかもしれないが、防御に関して劣悪だった。
もしも故障や被弾した場合の事も想定せず、またパイロットの生還も蔑ろにし、工場職人の自己満足の代物でしかなかった。
われわれは日露戦争に勝ってアグラをかいてたんだよ。

327 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 03:59:52 ID:MhMrcHmi
ハルノート承諾しても、イラクのように「時間稼ぎ」と言われるだけ。
奇襲した方がいくらかまし。

328 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 05:54:55 ID:hjErqZ4x
てゆうかハルノートを受諾していれば戦争しなくて済んだのか?
当時アメリカは日本と戦争したがっていたからイラク戦争
のように理由をでっち上げてきそう。

329 :だつお:2006/03/26(日) 15:11:40 ID:mU2x4X49
>242 :名無し三等兵 :2006/03/19(日) 01:11:17 ID:???
>1個戦隊が機種改変したくらいで制空権とれれば苦労しない。
>米軍にとってもどうでもいい第ニ戦線だったから大した戦力を投入せず
>この時点ではまだ混沌としてただけ。
>しばらくすれば日本航空隊事実上駆逐されるわけだが。

中国とか中国人とかいうのは、米軍にとってもどうでもいい第二戦線
だったというだけでなく、チンピラゴロツキが沢山湧いてくるだけで
何の国際的評価も認められない汚物の吹き溜まりだった。

従って皇軍が中国人を大量殺戮するのは、動物屠殺に等しいものと、
国際社会ではそのように了解されていたとも言える。

この動物屠殺を「侵略戦争」などと、誰がそんなことを言った?

330 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 17:07:49 ID:YDrD+QOD
>>328
戦争したがっていたのは反抗的な日本の鼻っ柱を折って言う事を聞かせるため。
日本が従順になれば、戦争する意味はないよ。

331 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 17:56:46 ID:L/T6FxyP
でもかつての日本には従順になる道はなかった。
今の日本はある意味狗だがw


332 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 19:25:03 ID:JDzLIU9F
太平洋戦争は米国と英国が仕掛けたのが事実
日本が亜細亜での主導者となるのを恐れ中国への進出を理由に経済制裁を加えた
それをされた日本は資源を得る為に連合国の東南亜細亜の植民地解放をせざるを得なかった
これにより一番不利益を受けたのは米国連合軍側参戦のきっかけを作られた独国
ただし伊国と違い独国降伏後も民族の生存の為に戦った日本は誇らしいと思う
もしもあっさり降伏していたら亜細亜は今も白人の植民地だっただろう

333 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 19:55:48 ID:bGGwtif0
素朴な疑問。
中国人3500万人殺しを旧軍の功績なりと嬉々として語るだつおと、
南京はじめ旧軍は虐殺などしてない、あるいは中国軍自身がやった云々と
主張する人々は矛盾せず共存できてるのか?

334 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 20:13:14 ID:jg2AAz4u
>>332
まあ、律儀に三国同盟を守ったのでしょう。
一度、約束したら、どんな不利益や苦痛があろうとも、裏切らない日本の精神が災いしたのだと思う。
何万人が原爆や無差別爆撃から回避するために、いくらでも独国が降服する前に三国同盟を裏切る事ができたはず。

335 :名無しかましてよかですか?:2006/03/26(日) 21:46:40 ID:JDzLIU9F
皇軍兵器や皇軍が無敵なようなことを書いてるが
どうしたらその無敵の皇軍から米兵補充兵相手に1:6のありえないレートが出たのだろうか
装甲車や機関銃、M1やBARに対して弾のない単発ライフルでの無理な白兵戦
戦車はブリキ、戦艦はネジから全て一から設計して作る超芸術品
戦闘機の機動力は凄かったが装甲は紙で中は脱出不可能の棺桶
補給は末期には全くなく戦闘よりも飢餓や疫病に苦しんだ
海軍と陸軍は仲が悪く石油はいつも奪い合い、お互いの情報交換もままならない
日露戦争から全く学ばない軍に精神力だけで戦わされた先祖を思うと辛い
だつおが本土決戦でも勝てるようなことを唱えていたが
竹槍でシャーマン戦車が壊せただろうか・・・
それこそ非軍人であれ攻撃して来るなら屍体の山にされただろう
そして大和民族が白人からチンピラゴロツキイディオットスーサイダー扱いされていたことを忘れてはいけない

336 :だつお:2006/03/26(日) 21:51:52 ID:mU2x4X49
>中国人3500万人殺しを旧軍の功績なりと嬉々として語るだつおと、
>南京はじめ旧軍は虐殺などしてない、あるいは中国軍自身がやった云々と
>主張する人々は矛盾せず共存できてるのか?

矛盾せず共存できてるとも。

つまりそれはチンピラゴロツキの、チンピラゴロツキによる、
チンピラゴロツキのための数字っていうんだよ。

337 :名無しかましてよかですか?:2006/03/27(月) 01:00:09 ID:GpfPCiAY
だつおはどう見ても反日だから
そうゆうことも見抜けるためにはある一定の良識が必要だ
そんなあなたにゴー宣、ゴー宣でございます
本当にありがとうございました

338 :名無しかましてよかですか?:2006/03/27(月) 11:18:28 ID:NA9M8E+8
>>332
>太平洋戦争は米国と英国が仕掛けたのが事実
日本の中国進出->経済制裁->資源を求めて南方侵攻 なんだから
発端は日本だろ。

>もしもあっさり降伏していたら亜細亜は今も白人の植民地だっただろう
んな事は無い。植民地解放は歴史の趨勢。
フィリピンも1945年には独立の予定だったし。

339 :名無しかましてよかですか?:2006/03/27(月) 15:24:13 ID:cs3tXxJM
>>338
欧米が来なけりゃ、日本は鎖国のままで幸せに暮らせてたんだぞ

フィリピンの独立なんてアメリカの詐欺だしさ

340 :名無しかましてよかですか?:2006/03/27(月) 18:43:04 ID:QjKC7X9+
>>388
布哇侵略も詐欺の上えぐいやり方だお。

元々先住民を殺戮・弾圧して出来た国だからな。


341 :だつお:2006/03/27(月) 19:45:56 ID:uSeTpyUS
>だつおが本土決戦でも勝てるようなことを唱えていたが
>竹槍でシャーマン戦車が壊せただろうか・・・

そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍
そ の チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 痛 い 米 軍

342 :名無しかましてよかですか?:2006/03/27(月) 19:47:56 ID:sb9pR6cb
左翼のバックには中国がついているのだぞ!

本気で敵に回しても良いのか!

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1143449404/l50

343 :名無しかましてよかですか?:2006/03/27(月) 20:28:11 ID:dmKiMJMm
>>335
ほとんど事実ですね。
壊れた時、ネジ一つ、メーカーが違えば、他の部品は流用できなかった。
なんて言うか、最悪の事態を想定する余裕がなかった。成功する為の事しか考えなかった。
今の日本の自動車業界を見ても、安全性を考えだしたのは外国メーカーより遅れてた。
日本人の悪い所だね。

344 :だつお:2006/03/27(月) 21:59:47 ID:uSeTpyUS
ちなみにドイツ軍の戦死者数についてのデータ。

注目すべきは、東部戦線だけで戦死400万で残り86万が西部と地中海。
特に大英帝国決戦の北アフリカ戦線で戦死したドイツ軍は僅か1万6千。

チャーチルの誇大宣伝にだまされるのはアホ。

Losses per theater
Theater Dead %
Africa 16.066 0,3
Balkans 103.693 1,9
North 30.165 0,6
West 339.957 6,4
Italy 150.660 2,8
Eastern Front (- Dec 1944) 2.742.909 51,6
Germany (1945) 1.230.045 23,1
Various 245.561 4,6
Total 4.859.056
http://www.axishistory.com/index.php?id=3612

345 :名無しかましてよかですか?:2006/03/28(火) 12:49:50 ID:5blQRG1Q
>>338
>日本の中国進出 >発端は日本だろ。

今の日本も中国に進出してるし自衛隊も海外に派遣してるが? 当時の「進出」も合法的な行為だよ。

346 :名無しかましてよかですか?:2006/03/28(火) 13:23:21 ID:BKAPCfa4
>>345
今の日本は他国の土地を軍事占領して支配下においてなどいませんが?
中国の主権と領土の保全と現状維持は、九ヵ国条約などで国際合意となってます。
満州事変以降の進出は明らかに非合法。

347 :名無しかましてよかですか?:2006/03/28(火) 13:33:12 ID:5blQRG1Q
>>346
>今の日本は他国の土地を軍事占領して支配下においてなどいませんが?

米軍基地が他国の領土に有っても条約に基づく限り合法。日本も同じで、
今のイラク暫定政権や当時の中華民国政府と結んだ協定に基づいて駐留してる。

満州国の独立戦争は微妙かも知れないが、中国側が先に九ヵ国条約に違反して軍拡を進め
在留邦人を迫害したのだから、住民は生命財産を守るため独立する権利がある。

348 :名無しかましてよかですか?:2006/03/28(火) 13:47:39 ID:5blQRG1Q
>九ヶ国条約違反

ちなみに違反したのは「九ヶ国条約付属第十号決議第十号決議」(支那の兵力および軍事費の削減)を履行しなかった中華民国の方。

満州独立に関する参考意見

『九ヶ国条約は満州に対し、その独立宣言を禁ずるものではない』 
  イギリス政府見解 昭和七年六月二十二日

349 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 09:47:29 ID:fjsyTjfa
>>347
去年の中国での騒乱で邦人に死者が続出する事態になって、かつ
中国政府がそれを沈静化する行動に出なかった状況になってたら、
同じような事をせざるを得なかっただろうな。無為無策で同胞を見殺し
にし続けるようだったら、間違いなくその政権切腹モンだぞ。

350 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 10:56:21 ID:wU12JVBb
中国の場合、どこまでが「同胞」なのか分からない。

351 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 11:25:08 ID:0M8Iuq+G
>>347
>当時の中華民国政府と結んだ協定に基づいて駐留してる。
その範囲を遥かに超えて占領している。

>満州国の独立戦争は微妙かも知れないが
日本軍が自作自演の柳条湖事件を起こし、権益保護との嘘の口実で満州全域を
日本政府の停止命令を無視してまで占領した後に傀儡政権を立てたのであって、
満州国及びその前身(そもそも存在しないが)は一切、独立戦争などやってない。

>住民は生命財産を守るため独立する権利がある。
中国国籍を持っていればね。一時滞在者に過ぎない外国人に独立の権利など無い。
君は在日韓国人や出稼ぎ外国人などが迫害を理由に日本国内を占拠して独立
宣言すれば、それを正当として認めると言うのか?
さらに、独立したはずの日本人は満州国籍も取得してない。

>>348
>「九ヶ国条約付属第十号決議第十号決議」(支那の兵力および軍事費の削減)
これは列強の権益返還と同様の努力目標でしかない。

>『九ヶ国条約は満州に対し、その独立宣言を禁ずるものではない』 
>  イギリス政府見解 昭和七年六月二十二日
これは既に国際的にその流れが形成されていた民族自立の原則を確認しただけ。
実際にはイギリスも傀儡政権と断じたリットン調査報告書の採択に賛成し、満州国を
承認していない。

352 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 11:33:43 ID:0M8Iuq+G
>>349
その場合邦人は引き揚げさせるのであって、引き揚げ援護のために兵をを出し、
一時的な占領ぐらいまでなら正当な自衛行為と言えるだろうがあるだろうが、
勝手に国を立てたりは出来ないよ。

353 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 21:53:43 ID:E4cCNOTH
>>351
> >当時の中華民国政府と結んだ協定に基づいて駐留してる。
>その範囲を遥かに超えて占領している。

どの程度、協定で定められた範囲を超えていると?

354 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 22:02:49 ID:E4cCNOTH
>>351-352
> 君は在日韓国人や出稼ぎ外国人などが迫害を理由に日本国内を占拠して独立
> 宣言すれば、それを正当として認めると言うのか?

> 勝手に国を立てたりは出来ないよ。

母体となった国が認めるも認めないも無い。独立は独立だよ。

英国からアメリカ合衆国は独立したが、英国は当初認めなかった。だからこそ
アメリカは英国に対し戦争を挑み勝利し独立した。

また迫害され生命財産の危機に立った人間は、独立して「勝手に国を建てる権利」がある。

ナチに迫害されたユダヤ人が(仮に相当の軍事力が有ったとして)ドイツから独立して国を建てても構わない。自由。
いま現在中共に迫害されているチベット・ウイグルなどの諸民族が、中国から独立して国を建てても構わない。自由。

355 :名無しかましてよかですか?:2006/03/29(水) 23:37:41 ID:KlmrPCOE
…で、満州人は当時そこまで迫害されてた訳なの?

356 :名無しかましてよかですか?:2006/03/30(木) 09:10:46 ID:aBvvJGOD
>>354
満州について言えば関東州と南満州鉄道の付属地のみ。実際は満州全域を占拠。
長江流域の南京、武漢、漢口などには駐留権など無いが、武力侵攻して制圧。

>>355
>母体となった国が認めるも認めないも無い。独立は独立だよ。
論点をずらすな。一時的滞在者に過ぎない外国人、外来者が、他国内で独立国を作る
権利など無いと言っている。母体国の承認など一言も触れてない。

それはそれとして、君は、在日朝鮮人が日本国内で独立国を立てる権利を正当なもの
として認めるんだね。北の将軍様はさぞやお喜びだろう。

>ナチに迫害されたユダヤ人
>チベット・ウイグルなどの諸民族
彼らは一時的に滞在した外国人、外来者ではない。ドイツ国民だったり、何世代もその
地に住む土着の民だ。

357 :名無しかましてよかですか?:2006/03/31(金) 00:32:22 ID:Thma4m0f
>>356
> 満州について言えば関東州と南満州鉄道の付属地のみ。実際は満州全域を占拠。

満州国独立後に、満州全域が満州国領土となるのは当然だが?

> 長江流域の南京、武漢、漢口などには駐留権など無いが、武力侵攻して制圧。

支那事変勃発してからだろ? 平和に駐屯していた日本軍が、支那軍から不法な
先制攻撃を受けたため、自衛として支那を制圧しただけ。

358 :名無しかましてよかですか?:2006/03/31(金) 00:47:11 ID:Thma4m0f
>>356
> 一時的滞在者に過ぎない外国人、外来者が、他国内で独立国を作る 権利など無いと言っている。

君が”人間の生きる権利”を決められるのか? 君は神様なのか?

迫害され虐殺されるなら、たとえ母国を持たないユダヤ人や流浪の民ジプシー達が
自分たちの国家を建設するのは自由だし当然の権利。

> 北の将軍様はさぞやお喜びだろう。

下手な煽りはイイよ(w そんな国は関係ない。

実際に「外国人、外来者が、他国内で独立国を作った」事例は有る。アメリカ合衆国が実施してる。

359 :名無しかましてよかですか?:2006/03/31(金) 11:42:50 ID:g+m435p8
中国人女性の見事な英語、宣伝と外交に負けた。はめられた。やられた。
また同じことにならないこと祈る。


360 :名無しかましてよかですか?:2006/03/31(金) 12:26:01 ID:4TaFB7Zg
>>359
なぬおぬし中国系アメリカ人だと思ったら中国人のスパイで
寝たところを写真に撮られて脅されたのか

361 :名無しかましてよかですか?:2006/03/32(土) 03:41:09 ID:BGxLh3uB
【芸能】深田恭子さんが妊娠3ヶ月できちゃった婚・・・3
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1143822829/

362 :名無しかましてよかですか?:2006/04/02(日) 12:55:43 ID:w09/ZvHg
>>358 満州独立は微妙なんだよな。
皇帝フギはもともと、清国の皇帝だから、満州には一時避難しただけの事だ。
清国を取り戻せば清国に帰る人。
今で言うと、ダライラマの亡命政府程度に該当するだろう。
満州自体は部族が無政府状態で乱立していたから、国家ではないし、
きちんとした国家は、日本とロシアしか無かったからな。
満州は日本国で良いと思うが。

363 :名無しかましてよかですか?:2006/04/02(日) 13:18:37 ID:zvcHnkwE
>>362
> 皇帝フギはもともと、清国の皇帝だから、満州には一時避難しただけの事だ。 清国を取り戻せば清国に帰る人。

いや満州は清帝国の祖地だよ。皇帝溥儀ら満州族の住んでいた土地。

溥儀を始めとする満州族は、元々女真族と呼ばれ、後に満州族と名乗る。彼等が1616年に満州に建国した国が「後金国」。
その「後金国」は、支那(明)・蒙古・チベットなどを支配し大帝国を築き上げた。それが清帝国。

中国・チベット・モンゴルなどは「後金国」に支配されていた国々と言える。たとえるなら、イギリスと世界各地の植民地。

364 :名無しかましてよかですか?:2006/04/02(日) 20:27:21 ID:w09/ZvHg
>>363 あれ?満州族は当時満州を統治していなかったよ。
部族が入り乱れ軍閥による無政府状態だった。
満州族は満州に住んでいる人の事じゃないよ。
日本軍が統治して初めて安定政府が誕生した。
ということで、満州は日本国の領土なんだな、これが。
だいたいが、清国の皇帝が認めたんだからね。

365 :だつお:2006/04/02(日) 21:05:28 ID:qBNLqZp9
皇軍の百万なんてドイツ軍の百万とは比べ物にならないという意見もあるが、
それでも実際、支那派遣軍百万に航空支援が付けば大陸打通作戦で南北縦貫
3000キロを敢行することも可能だった。中国人が中国本土で何億人と
束になってかかろうとも、支那派遣軍百万には全く歯が立たなかった。

中国人が四億人で「抗日戦争」に挑んでも、支那派遣軍百万は
びくともせずに無敵皇軍であり続けた。

これに対しアメリカは朝鮮戦争で中国人相手に引き分けだった。

皇軍がいったいどれだけすごいキルレシオで中国人を殺戮したか。
皇軍がいったいどれだけすごい損害を中国国民党に与えたか。
皇軍がいったいどれだけすごい勝率で中国軍を圧倒したか。

ただ抗戦意欲のないチンピラの群れが勝手に四散しただけといえばそれまで。

366 :だつお:2006/04/02(日) 21:13:58 ID:qBNLqZp9
近年、また靖国神社参拝問題が騒がれている。

問題の本質は決してA級戦犯云々、侵略戦争云々ということではなく、
皇軍が大陸打通作戦3000キロを進撃して、中国チンピラゴロツキども
を虫けら同様に大量殺戮して、無敵皇軍の名をほしいままにしたことだ。
97式中国チンピラゴロツキ大量殺戮マシーンは、磐石な基礎工業力に
裏打ちされた世界最高の自動車製造技術の集大成だった。

皇軍のあまりの強さに、靖国問題は何十年にもわたって放置され、
今なお小泉首相は靖国問題を外交問題に取り上げないとしている。
これも「民にできることは民に」で、民間施設である靖国神社は、
中国人がどんなに恨みつらみをぶつけようがのれんに腕押しだ。

367 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 03:02:28 ID:6yO6e/VX
>>364
> 満州を統治していなかったよ。 > 軍閥による無政府状態だった。

それは今の内戦状態のイラクにも似てるが、無政府状態であってもイラク国民の土地。

一時的に内乱状態であっても満州は清国・満州族の領土。

368 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 09:12:20 ID:TjzJFpSm
>>367
清朝が滅亡し中華民国が新たな正統政府として清朝を継承した事も、
満州が中華民国領である事も、日本も含む列強すべてが承認している。
一時的に内乱状態であっても満州は中華民国の領土。

369 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 09:27:16 ID:LDC9EdjE
>>368
でも権益はしっかりゲットじゃなかたっけ?
で、約束破りまくりのシナに業を煮やし建国?


370 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 10:53:08 ID:NObOnwDu
>>368
> 中華民国が新たな正統政府として清朝を継承した事も、

従って満州国は、一時中華民国の支配下にあった清国が、日本の支援の元で再び独立した国とも言える。

371 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 11:44:55 ID:TjzJFpSm
>>369
いや、権益を維持するために承認していた面もあるのだがね。
列強の中国権益の大半は租借権だから、貸主が消滅するとそれぞれの
占有権の根拠もまた失われる。他列強から自国権益の正当性を主張し
維持するには、貸主の存在が必要だった。

372 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 11:49:06 ID:TjzJFpSm
>>370
先に独立宣言があって日本が援軍を送ったならまだしも(それだって内政干渉だし)、
別件で日本が占領(それも自作自演の柳条湖事件でいいがかりをつけて)している
土地に、日本主導で政権作って自主独立とは通らないよ。
現に国際連盟で圧倒的多数で否定されたし。

373 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 12:00:33 ID:NObOnwDu
>>372
> 先に独立宣言があって日本が援軍を送ったならまだしも > 日本主導で政権作って

国家の独立にそんなルールは無いよ。独立戦争を始めてから独立宣言して全然問題ないし
他国の軍事支援があっても全く問題ない。

> 圧倒的多数で否定

政治的な理由で満州国を承認しない国も居たけど承認した国々も沢山ある。

満州国を承認した国々

日本・中華民国南京国民政府・ドイツ・イタリア・スペイン・ヴァチカン・ポーランド・クロアチア・ハンガリー・
スロバキア・ルーマニア・ブルガリア・フィンランド・デンマーク・エル-サルバドル・エストニア・リトアニア・
ドミニカ・タイ・ビルマ・フィリピン・蒙古自治邦(内モンゴル)・自由インド仮政府

374 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 13:43:14 ID:TjzJFpSm
>>373
>独立戦争を始めてから
満州は独立戦争なぞしてませんよ。強いて言うなら日中戦争が満州独立戦争に当たる。
日本が講和条件に満州国承認を中国に要求してる。(満州国軍が参加しない満州独立
戦争ってのも無理がありすぎるが。) 
それ以前に満州政府は中華民国と全く交渉していない。タンクー協定も関東軍と中華
民国軍の間で結ばれた停戦協定であり、満州国とは無関係。

>他国の軍事支援があっても全く問題ない。
自分達で始めているわけでもないし、そもそも満州事変は満州独立を支援するために
行ったものではないし。

>政治的な理由で満州国を承認しない国も居たけど承認した国々も沢山ある。
その中で、枢軸国及びその占領下、影響下の傀儡政権でないものが一体幾つあるのかと・・・
そうでない国も後に承認取り下げている国も多いし。

375 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 14:12:49 ID:NObOnwDu
>>374
> 満州は独立戦争なぞしてませんよ。

してるが? 満州事変。日本人の住民が中心となっての独立戦争。

> タンクー協定も関東軍と中華民国軍の間で結ばれた停戦協定であり、満州国とは無関係。

それを言い出したら朝鮮戦争も北朝鮮・中国とアメリカとの休戦協定で、韓国は無関係と言うことになる、

> その中で、枢軸国及びその占領下、影響下の傀儡政権でないものが一体幾つあるのかと・・・

なら満州国に反対する側も「連合国及びその占領下、影響下の傀儡政権でないものが一体幾つあるのかと・・・ 」

376 :名無しかましてよかですか?:2006/04/03(月) 23:23:13 ID:RvyX1aHh
と、いうことで、満州は日本固有の領土として統治していたんだが、
ここからが、本題、陸軍の為の領土であって、決して民衆の五属共和の
理想郷にならなかったんだよな。
インチキプロバガンダに踊らされ、
軍事政権の政策失敗の代表作となったんだな。
返す返すも残念でならない。
満鉄、アジア号の誇り、今は昔、、

377 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 06:41:30 ID:TBATwISI
>>375
>してるが? 満州事変。日本人の住民が中心となっての独立戦争。
満州事変は、日本の権益保護を名目としており、満州国独立など
一切うたっていない。起こしたのは関東軍であり、住民ではない。
しかも、始める口実の柳条湖事件は日本の自作自演だった。
(しかし、想定の範囲内ではあったが、本当に満州事変を満州独立
戦争とするとは・・・ 無知なのか無恥なのか・・・ あきれる他無い。)

>それを言い出したら朝鮮戦争も北朝鮮・中国とアメリカとの
>休戦協定で、韓国は無関係と言うことになる。
違うね。北朝鮮・中華人民共和国と国連軍の休戦協定で、韓国軍は
国連軍の一員だ。

>なら満州国に反対する側も「連合国及びその占領下、影響下の
>傀儡政権でないものが一体幾つあるのかと・・・ 」
当時、自らも合意していた国際秩序に反すると非難され、国際連盟
を除名あるいは脱退したり、軍事占領して傀儡政権を作ったりと
言うような真似をしている枢軸(日独伊ソ)と、その他の国を同列に
扱えない。 

378 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 08:15:22 ID:grp7qLdO
そういや張作霖爆殺事件は露助かもしれんそうな?


379 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 09:35:17 ID:Ft3mYJQ1
現時点では根拠に乏しい、ロシアの一歴史家の妄言。
例えば東京裁判で犯行を認める証言をした関東軍元幹部がソ連に抑留され
たとしているが、終戦時、田中隆吉は日本におり、抑留などされていない。
日本謀略説は、計画担当者河本大佐の自白、実行担当東宮大尉の日記、
昭和天皇にまで河本大佐によるものと認識していたと言う昭和天皇独白録
など、複数の一致する証拠がある。


380 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 10:23:15 ID:grp7qLdO
まぁ東京裁判そのものに疑念がありまくりなんだが・・・
とりあえず情報待ちか>張作霖爆殺事件

381 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 11:00:31 ID:Ft3mYJQ1
>まぁ東京裁判そのものに疑念がありまくりなんだが・・・
東京裁判での証言が嘘かどうか以前の部分の事実関係に誤認があると言ってるんだよ。
抑留されたか否かがね。ゆえに信頼性は低いと言っている。



382 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 12:50:48 ID:Jwco1Fr6
蒋介石の国民党が毛沢東の共産党による中国統一への道を作った
蒋介石は毛沢東を利用して事が治まったら粛清かけるはずが利用されてしまった
国民党は打倒日帝を掲げ日本兵捕虜の虐殺、内通疑惑者の公開処刑、民間人からの略奪、
地主の優遇、小作人からの搾取、一揆首謀者の家族ごとの公開処刑などを行った
抗日闘争で死ぬよりも同胞である国民党に殺された方が多いらしい
一方共産党は八路軍を山中に隠し兵力を温存し抗日兵や小作人、日本兵捕虜に共産主義を教えて時を待っていた
そして大戦終結と共に各地で一揆を起こさせ元抗日兵士と共に国民党と中国軍を攻撃し大陸から追い出した
そして毛沢東共産主義に洗脳させた日本兵捕虜を日本に送り返した
事実9割のこの元捕虜達が後に日本共産党員として活躍した
そして追い出された国民党は台湾の現地人と日本人移民を粛清し台湾に住み着いた

383 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 21:48:40 ID:esjzdxDF
>>377
> 満州事変は、日本の権益保護を名目としており、

それはそうだろう、何にでも動機はある。アメリカ合衆国も独立の動機は英国の税金に対する不満。人は自分自身の権利を守る。

> 起こしたのは(略)、住民ではない。

満州国住民の独立運動

「復辟運動」、元清国系の人々の独立運動で溥儀を皇帝に復帰させようとしていた。
また溥儀自身も満州に戻り、皇帝として復活したがっていた。(ソース「紫禁城の黄昏」 英・ジョンストン卿 )

国民党の無法な排日運動に対抗して、満州建国運動を展開した主要団体は、
全満日本人連合会、大雄峯会、満州青年連盟。

諸民族の協力
千沖漢 「建国の意見書」を作成。中華民国と絶縁し新政権樹立を目指し、満州建国に尽力する。
煕沿(東北辺防軍副司令官公署参謀長) 張学良派を追放し吉林省独立を宣言。
張景恵(東省特別区のハルビン市長) 治安維持会を組織し独立宣言


一九三二年二月 全満建国促進運動連合大会が奉天城内自治指導部大講堂で開催。
(各省代表及び、モンゴル、満蒙青年同盟、吉林省朝鮮人、東省特別区など代表七〇〇名が参加し満州国建国を宣言した。)

一九三二年三月 満州国政府は公式に建国を宣言。

384 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 22:00:51 ID:esjzdxDF
>>377
> >それを言い出したら朝鮮戦争も北朝鮮・中国とアメリカとの
> >休戦協定で、韓国は無関係と言うことになる。
> 
> 違うね。北朝鮮・中華人民共和国と国連軍の休戦協定で、韓国軍は 国連軍の一員だ。

実は大韓民国はこの休戦協定に調印していない。・・・議論の流れとは違うし単なる事実だから反論無用。

> 国際連盟を除名あるいは脱退したり、(略) 枢軸(日独伊ソ)と、その他の国を同列に扱えない。 

こう言う論法は、さほど意味を持たない。↓ の様にも言えるからだ。

「枢軸国の一員に加えても貰えず、多くの国々を植民地にし先住民を奴隷・虐殺した連合国側(米国や英国他)と、その他の国を同列に扱えない。」

> とするとは・・・ 無知なのか無恥なのか・・・ あきれる他無い。

こちらの言うことに神経を逆なでされると言いたいのだろうが仕方ない。

中共の日本罪悪史観に洗脳されてる君と、そんなタブーを持たない自由で合理的な思考を持つ側とでは
大きな格差があるのは当然だからな。

385 :名無しかましてよかですか?:2006/04/04(火) 22:06:29 ID:Dd2S+blt
そんなに積極的な独立運動だったんなら、どうして戦後60年
チベットのように独立回復を求める動きが見受けられないんだろう。

386 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 00:57:07 ID:IhvazepS
>>385 日本国民と日本政府が、
満州の領土返還をもとめれば返って来るよ。(独立ではない)
朝鮮は植民地だから返ってこないけど、
満州は日本固有の領土なんだ。
歴史的に見て満州全土を正式に領有したのは日本だけ。

387 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 01:49:19 ID:WPtLjv3z
>「枢軸国の一員に加えても貰えず

ねえ?ここは笑うところだよね?

388 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 02:14:46 ID:zFv4RQcd
>>387
しっ! 目を合わせちゃダメですよ!

389 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 05:02:54 ID:ut9okDFZ
>>386
「日本」と「満州」を「イラク」と「クウェート」に置き換えると
16年前のフセインイラクの言い草にクリソツになるのだが…

390 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 12:22:25 ID:MMe03gPk
>>383
>アメリカ合衆国も独立の動機は英国の税金に対する不満。
アメリカは、英領土の英国籍の住民が、課税自主権を求めて独立した。
他国籍の人間が勝手に建国したわけではない。
ところでアメリカ独立のような苦しい例を出すなら、よほど適切な例がある
のだが、知らないのかな? TやHの例を。某国は否定するだろうが、あれは
やはり侵略だね。侵略禁止が国際合意になる前だから大した攻撃材料には
ならないけど。

>人は自分自身の権利を守る。
中国領の日本国籍の居留者が勝手に国を建てる権利は無い。基本的に外国人に
他国の主権を侵す権利は無い。生命と財産を守るために母国軍の介入を要請
する権利ぐらいは容認されるだろうがね。満州事変も満州建国さえせずに、
リットン調査団の勧告の通り、中国の主権下での自治政府樹立に留めておけば
まだ正当化出来たのだが。

>復辟運動
これは清朝復興運動であり、満州独立運動ではない。また、満州国も
建国宣言にあるとおり、「新国家」であって、復活した清朝ではない。

>全満日本人連合会、大雄峯会、満州青年連盟。
これらは全て日本人の組織。現代日本における朝鮮総連のようなもの。
やはり、朝鮮総連が北朝鮮軍を呼び込んで日本を占拠して建国しても
良いとのお考えのようだ。

>諸民族の協力
全部満州事変が起こってからであり意味はない。新たな支配者の意を受けて
恭順の姿勢を示しただけ。

391 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 12:23:15 ID:MMe03gPk
>>384
>実は大韓民国はこの休戦協定に調印していない。・・・議論の流れとは違うし単なる事実だから反論無用。
まあ、だからこそ現在に至るまで韓国軍は臨戦態勢にあるわけだが・・・
それはさておき、満州国は中華民国と交渉していないと言う私の主張の
反論になってないので、確かに議論の流れから外れているね。
とは言え、韓国は協定に調印を求められて拒否したわけだが、タンクーでは
満州国は調印を求められてもいない。満州国が日本からも実は独立国扱い
されてなかったと言うことだね。

>枢軸国の一員に加えても貰えず
当時の国際秩序から離反したのは枢軸国側なのだが・・・

>中共の日本罪悪史観に洗脳されてる君と
北朝鮮の手先かも知れない君に言われたくは無い(w)

>そんなタブーを持たない自由で合理的な思考を持つ側とでは
裏返せば無知か無恥を自白していると言う事だが。 タブーを打破するにはそれなりの
根拠が要る。自由で合理的な思考は、根拠と論理によって成り立つ。 君の論にそれが
欠けている事はこれまでで十分に示されていると思うが。

392 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 20:10:16 ID:/z+i05FX
>>390
> アメリカは、英領土の英国籍の住民が、課税自主権を求めて独立した。

中華民国国籍の住民の独立運動の事例は出しているが?

> 中国領の日本国籍の居留者が勝手に国を建てる権利は無い。

誰でも、どんな立場の人間でも、生命財産を守る権利が有る。迫害されて生命財産を侵害されるなら
生きる権利の行使は当然。国籍が有っても無くても関係ない。>>358

>  最も効果があったのは、排日侮日運動です。利権回収といっても、条約上の権利はなく、実力で取り返そうとしても、
> かえって日本の武力にやられてしまいます。そこで日本に武力行使の口実を与えないギリギリの範囲で、
> 在留邦人、とくに女性、学童に、唾を吐く、石を投げる、殴る、小売を拒否する等のいじめで、満州にいたたまれないようにする方策です。
> 
>  重光によれば、これを国民党指導の下に国策遂行の手段として行いました。
> 
>  幣原の信念は、全ての国が既存の条約、法律を守り、その変更は話し合いによることです。当時の
> 米国公使マクマリーによれば、日本はワシントン会議の条文と、その精神を最も忠実に守った国であり、
> ワシントン体制を守れるかどうかは、実際には中国の自制と、それをはっきりと中国に要求すべきだった
> 米、英、とくに米国の態度にかかっていました。
> 
>  しかし、排日侮日という形で、日本の権益が損なわれるのは、幣原の平和外交をもってしても
> どうしようもありません。東京裁判では、日本が自衛のために戦ったと主張したのも、この歴史的背景があったからです。
> 
> 外交官 岡崎久彦  「百年の遺産-日本近代外交史(40)」

393 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 20:22:01 ID:/z+i05FX
> >復辟運動
> これは清朝復興運動であり、満州独立運動ではない。また、満州国も
> 建国宣言にあるとおり、「新国家」であって、復活した清朝ではない。

領土は清国時代より小さくなったが、日本軍の力を借りておいて清国領土全部を
要求するのは贅沢。これで我慢すべき。
それに皇帝溥儀の「復辟」(一度退位した君主が再び位に就くこと)は実現してるし
同じ皇帝が国家を引き継ぐなら清朝を継承しているとも言える。

> これらは全て日本人の組織。

日本人も満州の住民だから当然の権利。

> 全部満州事変が起こってからであり意味はない。

中華民国内部で秘密組織を作り上げ、独立工作を行って、一挙に独立へと持っていったもの。
独裁国家で堂々とデモを繰り広げる愚か者は居ない。いても直ぐ投獄され処刑される。

394 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 20:26:20 ID:amyqEtKN
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1131200100/l50
八巻先生のお言葉。

「いわゆる靖国問題で、さまざまな意見が噴出しています。参拝推進派の人たちの口からは、やたらと「日本人(にっぽんじん)」という言葉が聞かれます。
要するに偏狭なるナショナリズムです。困ったことだなぁ・・ オリンピックでもあるまいに・・ 沖縄と同じように、東京にも『平和の礎』を建設すればよいのに、そう思うのですが・・  」

しかし、小泉首相は信念を持って、参拝されました。トホホ。


395 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 20:29:28 ID:/z+i05FX
>>391
> 当時の国際秩序から離反したのは枢軸国側なのだが・・・

それなら当時、国際連盟に加盟してないアメリカやソ連も批判すると良い。

> 北朝鮮の手先

詰まらない煽りはイイよ(w どうせならアメリカ合衆国に文句を言いなさい。

396 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 23:25:09 ID:ULNjwIFc
>>392
>それなら当時、国際連盟に加盟してないアメリカやソ連も批判すると良い。
ソ連は1934に連盟に加盟し、1939に除名されてる。その後、
日独と不可侵、中立条約を結ぶなど独ソ戦開始前までは枢軸側
の一員。前にも枢軸側にカウントしていたはずだが。
米はモンロー主義の影響で国際連盟には加盟していないが、
9ヵ国条約、4ヵ国条約、海軍軍縮条約、不戦条約などには参加
しており、当時の国際秩序の一員であった事は明らか。
少しは勉強してくれ。まあこちらとしては、>>391で指摘した通りに
基礎知識不足を露呈してくれて、こちらの主張を補強してくれてる
ので有り難い面もあるが。(w)

397 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 23:38:48 ID:ULNjwIFc
>>392
>中華民国国籍の住民の独立運動の事例は出しているが?
満州事変以前に復辟運動以外に独立運動など起きていない。そして
復辟運動は独立運動ではない。

>生きる権利の行使は当然。国籍が有っても無くても関係ない。
なぜ「生きる権利」があれば「他国領で独立国を造る権利」がある事に
なるのか。いい加減説明してくれないか。
ちなみに「生きる権利」は否定していないよ。

>排日侮日という形で、日本の権益が損なわれる
正当な権益を守るだけでなく、何十倍にも拡大したのでは、自衛の
範疇を越える。日本の権益は関東州と南満州鉄道とその付属地であり、
満州全域に及ぶものではない。

398 :名無しかましてよかですか?:2006/04/05(水) 23:44:21 ID:IhvazepS
>>396 ん?国際秩序??面白い言葉だ。
当時のアメリカも今のアメリカもアメリカの為の国際秩序だから、、
日本にとって、日本の為の秩序も認めないとね。
満州国はロシアの脅威から身を守る為でもあったからね。
海戦ではかろうじて勝ったけど、陸戦では日本軍は押されっぱなしだから。

399 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 00:02:02 ID:wLvSJjI2
>>393
>領土は清国時代より小さくなったが、日本軍の力を借りておいて清国領土全部を
>要求するのは贅沢。これで我慢すべき。
領土の大小を言っているのではない。 運動の性質を言っている。

>それに皇帝溥儀の「復辟」(一度退位した君主が再び位に就くこと)は実現してるし
この「復辟」はあくまで清朝皇帝への復辟。満州国皇帝と言う別の
地位への即位ではない。溥儀の満州国皇帝は即位あるいは就任であり、
公式に復辟とされた事はない。

>同じ皇帝が国家を引き継ぐなら清朝を継承しているとも言える。
繰り返すが、満州国が清朝の復興であるとした事は無い。

>日本人も満州の住民だから当然の権利。
国籍も取得していない、満州生まれでもない外国人が、独立運動を
起こすのが当然の権利? 何度も問うのに答えを避けているようだが、
朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を
造って良いと、君は言うのだね? こういうのは独立ではなく、侵略
と言う。

>中華民国内部で秘密組織を作り上げ、独立工作を行って、一挙に独立へと持っていったもの。
その独立工作を外国である日本が行い、その後の実権も全て日本が
握ったから、傀儡だと言われているのだが。

なんと言うか、君は自分で満州国の正当性を否定する事ばかり言ってる
のだが、それを理解できないらしいね。

400 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 00:13:35 ID:wLvSJjI2
>>398
その国際秩序、特に海軍軍縮が無ければ日本は滅びていたのだが。
当時の国際秩序は、資源を貿易に頼らざるを得ない日本にとっても、
都合のいいものだったのだが。日本の真の生命線は対米貿易であり、
満州などは陸軍と満鉄に連なる派閥益のためのものでしかなかった。

ロシアの脅威? 1930年代前半には具体的には存在しませんが?

>海戦ではかろうじて勝ったけど、陸戦では日本軍は押されっぱなしだから。
とすると、大陸軍国のロシアとわざわざ国境を接するのは馬鹿と言うもの。
その後世界3位にまで躍進した日本海軍に比べロシア海軍は凋落する一方。
下手に陸で接するより、海と言う防壁を海軍で守る方が利口。国防の観点
からは満州の価値はあまり無い。

401 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 15:30:20 ID:XyQ7nmJ0
>>396
> > 国際連盟に加盟してないアメリカやソ連も批判すると良い。
> ソ連は(略)除名されてる。 > 米は(略)国際連盟には加盟していない

少しは理解してるらしいな。他の、誰でも知ってる豆知識を得意気に語ってるところは関係ないから悪いが無視する。

>>397
> なぜ「生きる権利」があれば「他国領で独立国を造る権利」がある事になるのか。いい加減説明してくれないか。
> ちなみに「生きる権利」は否定していないよ。

他の手段では人々の生命財産を守れなかったからだよ。これ以上の説明は無用だろう。
それとも女性や子供に対し暴行を加える支那人を応援するのか? 「反日無罪」か?

> 正当な権益を守るだけでなく、何十倍にも拡大したのでは、自衛の 範疇を越える。

正当な自衛の範囲さ、迫害を受けた人々の生存権の確保。

402 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 15:31:05 ID:XyQ7nmJ0
>>399
> 「復辟」はあくまで清朝皇帝への復辟。満州国皇帝と言う別の地位への即位ではない。

国名が多少代わっているが皇帝は皇帝。それに満州は溥儀ら満州族の祖国の有った土地。
たとえば日本が支那全土を支配下に置き、その後撤退し、日本列島に戻ったようなもの。

> 繰り返すが、満州国が清朝の復興であるとした事は無い。

いや同じ王朝なら清朝の復活とも言える。王朝とはそう言うもので清の朝廷(溥儀ら皇帝達の機関)の復活には違いない。
ただし国家制度は清国時代のような専制君主では無い。溥儀らが、それを期待してたとしてもダメ。

> 外国人が、独立運動を起こすのが当然の権利? 

仮に何処かの国で人々が迫害され生存権が侵害されたなら、生命財産を守るため相応の行動をして良い。
また人間には、その権利がある。特定の人種・国民・民族に限らず人間なら誰もが持っている権利。人権。

特定の○○民族・○○国民なら遠慮なく暴行し財産を略奪し虐殺して良い、などと言う事は無い。それとも君はナチか?

> >中華民国内部で秘密組織を作り上げ、独立工作を行って、一挙に独立へと持っていったもの。
> その独立工作を外国である日本が行い、

迫害されている側の当然の権利。生存権・人権の行使。

> 君は自分で満州国の正当性を否定する事ばかり言ってる

中共の日本罪悪史観に洗脳されてる君だから、当然の事を理解できないんだ。
洗脳されている者は、自分で自分の思考を制限し、縛り、しかもその自覚がない。哀れだが仕方ない。

403 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 17:12:43 ID:Faw601dM
で、どうして終戦以来現在までの満州住民(あるいは女真族)の間では
満州国復興の運動やら蜂起といった話がとんと聞かれんわけ?
また、当時の在留日本人が所謂独立戦争に走るほどの迫害ってどんなの?

404 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 17:22:37 ID:Imb1/7CW
朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?
(Yes/No)

これの答えが聞きたいな。

405 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 18:48:04 ID:szf/HVTb
>> >中華民国内部で秘密組織を作り上げ、独立工作を行って、一挙に独立へと持っていったもの。
>> その独立工作を外国である日本が行い、

>迫害されている側の当然の権利。生存権・人権の行使。

とおっしゃってるからには迫害されてる朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで
日本領を占拠して独立国を造るのは当然の権利であり生存権・人権の行使なんでしょうな。

この北の手先がw


406 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 18:50:03 ID:szf/HVTb
そもそも迫害されてるのなら中国に居座ることないじゃん。
日本に帰ればいいのに。

407 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 19:07:03 ID:Faw601dM
まあこんにちの総連あたりの「迫害されてる」てのはかなり誇大自己申告としても、
例えば関東大震災時の例の流言から起きた朝鮮人多数の殺害事件について
これがもとで国内の一部地域を武力占拠して独立を宣言とかしていたら
これを認めていたのかね?
また当時の在留日本人の受けていた迫害というのが日本軍連れて来て
武力で建国までもっていかざるを得ないほどのものだったのかも
ソース込みで聞きたいね。

408 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 19:12:58 ID:a5CGaBFM
つか、当時の満州は中華民国の影響圏にはいってたっけ?
確か権益は中華民国には無かったような・・・??


409 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 19:16:48 ID:9CIIs14A
>>408
無かったも糞も、諸外国の満州における権益は中華民国から借りてる事になってたんだが。
当時の大日本帝国も、そういう条約を結んでる。

410 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 19:25:22 ID:9CIIs14A
だから当時は、満州=中国の領土だったの。
満州の権益を借りるには「中華民国との契約」が必要で、
日本の満州権益もそれを経て初めて日本の権益として認められたんだから。
この状況は他の列強も同様。

だからこそ、その建前を根底から覆す満州建国は方々から非難を浴びたわけ。

411 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 21:42:59 ID:a5CGaBFM
契約を破りまくりんぐの中華民国に非難はしないんだ。


412 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 21:49:17 ID:9CIIs14A
>>411
具体的にどのどういう契約を破ったん?

413 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 22:36:10 ID:a5CGaBFM
・満州事変の発端は、1931(昭和6)年9月18日、関東軍による柳条溝(柳条湖)における満鉄爆破事件(柳条溝事件)である。関東軍は満鉄の線路を爆破して
それを張学良軍の仕業だとでっち上げ、その本拠地である北大営を攻撃し、事変の火蓋は切られた。
戦後この真相が明らかになり、日本でも弁解の余地のない、日本の中国侵略の謀略として捉えられている。だが、この事件は満州事変の原因というより、中国の激烈な排日攻撃が生んだ結果であった。

・日本の満鉄が産業の基幹とみてとった張作霖は、張学良と二代にわたって満鉄包囲鉄道の建設に着手し、満鉄の東西に日中間の条約に違反する平行線を敷設し、満鉄に大打撃を与えた。

・1905(明治38)年の条約で日本人に認められた商工業、農業に必要な土地の商租権も、中国官憲によって侵害された。1915(大正4)年には、「日本人に土地を商租した者は売国罪として死刑に処する」との法律まで制定している。
翌年には奉天省政府が、日本人に「担保として地券(土地証明書)を使用し、あるいは担保の名目で土地を売却した者は売国犯として扱う」との法令を下している。こうした法令が、過去に遡ってまで適用され、日本人の南満州における商租権はまったく不可能になってしまった。

・南京の汪兆銘の国民政府では排日侮日運動が国是となり、満州では中国兵による侮日行為、鉄道妨害、その他の反日事件が頻発し、満州事変発生の時点で、満州における日中間の懸案は300件以上に達していた.
事変直前には万宝山事件や中村大尉殺害事件も発生していた。これには関東軍も出兵を計画したものの、本国の反対で実行できなかった。
 
・日中間は緊迫し、むしろ事実上の交戦状態だったといってもよい。関東軍としては武力解決を行うか、さもなければ満州を放棄するか、という瀬戸際の選択を迫られるかたちとなった。
その結果、条約、法令を蹂躙し、日本人の生命財産を迫害し、満州住民を搾取してやまない中国側のやりたい放題に、そして現地の状況を弁えない本国外務省の対支不干渉主義に穏忍自重を重ねてきた関東軍が、満州という国防上の生命線、満州における日本の正当な国益、
そして在満日本人を守り抜くため、打って出たのが柳条溝の謀略だった。

414 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 22:50:40 ID:q9KiuhMX
やっぱり北朝鮮が謀略戦を仕掛け、日本国内に独立政府を打ち立てるのもOK、ってことか。

415 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 22:55:51 ID:a5CGaBFM
現在と過去を意図的に混同するのは馬鹿か
若しくはそうしたいと願う>>414の場合は北朝鮮の走狗だなw


416 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 23:05:58 ID:q9KiuhMX
>>415
問われてるのは「論理の整合性」だろ。過去だろうが現代だろうが、
そんなモノは関係ない。

417 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 23:09:39 ID:a5CGaBFM
>>416
いや、過去の事柄を現在の価値で無理矢理整合化しようとするから
齟齬が生じてるのに気付こうともしないのは変だろ。
論理だけじゃ世の中は出来てないぞ?理論倒れの416。


418 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 23:18:22 ID:9CIIs14A
>>413
それで、それが何故借り受けた他国領土の独立の理由になんの?

419 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 23:22:18 ID:9CIIs14A
>>417
当時も現在も、外国籍の人間による他国領土の勝手な独立は許されるものじゃないよ。
この件に関しては現在の価値はそのまま当時の状況に当てはめられる。

420 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 23:40:12 ID:a5CGaBFM
そんじゃとりあえず全ての
「外国籍の人間による他国領土の勝手な独立」を否定しててくれ。
日本だけじゃなくて、なw


421 :名無しかましてよかですか?:2006/04/06(木) 23:45:58 ID:9CIIs14A
>>420
否定するよ。
で、勿論日本がやったそれも否定する。

422 :国家:2006/04/06(木) 23:59:23 ID:RhA/mFpw
>>413
反国民党の張作霖を国民党の枠に入れるとは面白いですね
>>419
彼は偉大な将軍様の人民解放革命を日本へ予告でもしてるのでは?

423 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 00:10:10 ID:AK/M0mHj
>>421
がんがれ
>>422
出たな北朝鮮の狗。金豚の尻穴でも舐めてろってのw
とりあえず何処がどう【彼は偉大な将軍様の人民解放革命を日本へ予告でもしてるのでは?】
になるのかkwsk。


424 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 00:23:59 ID:HpLp1Knu
>>423
別に俺が頑張らなくても今まで書いた歴史観は既に主流だよ。
頑張るべきは君じゃないのか?
>とりあえず何処がどう【彼は偉大な将軍様の人民解放革命を日本へ予告でもしてるのでは?】
>になるのかkwsk。
「在住外国人に何らかの不利益があれば独立しても良い」
って事は
「在日朝鮮人は日本に独立国を作っても良い」って事になるからさ。

425 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 00:51:26 ID:4wva+9j3
>>417
ある出来事をある理由で正当化するなら、おなじ理由で同じような出来事も
正当化することも可能だ、という思考実験だな。
「過去だ」「現在だ」という時間軸など、免罪符にはならん。

で、結局北朝鮮の謀略戦と日本国内における独立国家建設は否定しないわけだ。
北朝鮮の手先だな、貴様。

426 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 09:03:45 ID:2w/yuDcf
>>413
中国側の条約違反があるなら、国際連盟に提訴するなり、九ヵ国条約会議にかけるなり、
あるいはそれを理由に宣戦布告するなり、と言った正規の手続きを踏むべきだろ。
自作自演のの柳条湖事件の濡れ衣を中国に被せる理由にはならん。
そういう真似をした時点で、日本の正当性も失われている。

つーか、そういう謀略を仕掛けたと言う事は、「条約違反」とやらは満州を武力制圧する
口実としては不足だったと、当時の軍部も認識していたと言う事だろう?

リットン報告書などを見る限り、国際連盟に提訴すれば、日本主導の自治政権など
なら造れていたようにも思える。つくづく、石原莞爾は馬鹿な真似をしてくれた。

427 :国家:2006/04/07(金) 17:08:01 ID:T67Dt5i/
当たり前だが外国を呼び込んで国家を転覆させる事は重罪である
そのような行為を仕掛ける事を問題としない組織や国が信頼されることは絶対にない
某大国がテロ組織の撲滅を掲げて各国に民主主義革命を与えているが
おかげで中東、特にイラクは世界のテロ組織が集結した無秩序の国と化している
自由民主主義は弊害もあれど素晴らしい社会体制ではあると思う
しかし何千年もかけて作られた根深い文化を全面否定する真似をしては秩序は保てない
誰かの私欲の為に存在し他国に麻薬を売り付けてる国家は論外
だからと言って論外国家に勝手に制裁を下す真似は国際社会では今も昔も認められない

428 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 18:43:20 ID:da9Y6rFO
>>426
>中国側の条約違反があるなら、国際連盟に提訴するなり、

永田某国会議員並に世間知らずのおぼっちゃまだな。竹島問題や尖閣問題で国連が何かしてくれたか?

429 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 18:46:42 ID:da9Y6rFO
>>425
>で、結局北朝鮮の謀略戦と日本国内における独立国家建設は否定しないわけだ。

北朝鮮が独立国を建設した事例は無いから例に成らないが、何処の国も否定するに決まってる。
反政府ゲリラ・テロ組織は退治する。

差し当たり自衛隊の強化と法整備、現在の平和憲法(占領法)の破棄だな。

430 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 18:55:22 ID:da9Y6rFO
>>419
許されないのは、特定の人々に対する無法な迫害。迫害を受けた人々が、生き残るために「何らかの手段」を
取ることは当然の権利。
たとえ迫害する側の法律に違反しても構わない、大人しく迫害され財産を奪われ虐殺される必要は無い。

>>421
否定するなアホ(w 迫害され弾圧される人々が生命財産を守るために相応の行動を取るのは人間としての権利。「人権」。

431 :国家:2006/04/07(金) 20:26:42 ID:T67Dt5i/
あぁ、日本人に迫害されたと思った民族が抵抗と称してテロや革命起こしても当然なのか
また北朝鮮が停戦後祖国統一革命として大韓民国に何度か草を送って革命を起こそうとした事や
中ソに留学した同胞の知識人を粛正した公然の事実についても否定できるのだろうか
では弾圧された人々が改善を求めて立ち上がるのは当然の権利と言っていますが
その行為は反政府活動なので粛正されて当然なのですね?
規制緩和と言っておいて規制強化してるのですね

432 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 20:47:37 ID:csLNYJUG
>>431
> あぁ、日本人に迫害されたと思った民族が抵抗と称してテロや革命起こしても当然なのか

中共の弾圧を受けているチベットやウイグルの人々が「抵抗と称してテロや革命起こしても当然」。
自由で民主的な日本は関係ないが。

> また北朝鮮が停戦後祖国統一革命として大韓民国に何度か草を送って革命を起こそうとした事や
> 中ソに留学した同胞の知識人を粛正した公然の事実についても否定できるのだろうか

遠慮なく北朝鮮を批判すれば?

> では弾圧された人々が改善を求めて立ち上がるのは当然の権利と言っていますが
> その行為は反政府活動なので粛正されて当然なのですね?

確かに中共はチベットやウイグルの独立派の人間を捕まえ拷問にかけ虐殺している。
独立派は中共にとって反政府組織だが、しかし独立派こそ正しい。圧制国家の中共が悪。

残念ながら諸外国の軍事支援を受けられないため、彼ら独立派は酷い迫害を受け続けている。

433 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 20:56:59 ID:csLNYJUG
> 今もそこにあるシナ人のチベット蹂躙
> http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/487967b5386641ceb5cccde100e26856

434 :名無しかましてよかですか?:2006/04/07(金) 22:37:13 ID:4wva+9j3
やっぱりこいつは北朝鮮の手先だったな。
外患誘致罪で死刑。

435 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 14:46:08 ID:01IYRrHM
コイツら皆、
社会主義派自民党員の工作員乙マスメディアや芸能界は皆、
創価学会公明党派与党員で構成された同和利権の同和と在日
人権擁護法案は、コイツら同和利権強化を目的にした国民搾取法案です。
一般国民たる、我々平民、庶民を奴隷化する小泉帰化在日総理の目論見を阻止しないとふざけたコイツらに我々は手玉に取られ
抵抗すれば公安警察にデッチアゲ微罪から逮捕後更成るデッチアゲに、頭と尾鰭が付き、
国民口減らし死刑が待っている!!
戦勝国の日本国民への醜い
半世紀の工作員活動の総括が
小泉改革だったのです!!

436 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 15:14:46 ID:wvhFuUan
中国人が日本人や満州人を迫害する事を、
許せなかったんですよ。
漢民族の人種差別ったらもう、凄いのなんのって。
満州は日本固有の領土です。
関東軍はもっと本気で防衛すべきだった。

437 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 15:33:00 ID:VyBtSwD0
でも日本が戦争したのは正解でしたね
戦争したからこそ欧米諸国の植民地しはいをまぬがれた
という考え方もあります


438 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 15:41:55 ID:RPxCTgis
日本占領はなんだったの?

439 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 16:01:46 ID:ZF+JDRLh
  
@@がアクセル踏んだ加速

440 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 16:27:07 ID:/tQA6cJa
売ブンヤの浅ましい匪賊の事かね?>@@

441 :名無しかましてよかですか?:2006/04/08(土) 22:53:07 ID:1uLOssVs
>>401
>少しは理解してるらしいな。
ああ、すまない。>>396はレス番を間違えていた。>>395に対するものだ。

>他の手段では人々の生命財産を守れなかったからだよ。
>迫害を受けた人々の生存権の確保。
日本に帰れば済んだ事。国籍は日本のままなんだから。日本人が他国領に独立国
を造る権利は無い。その権利があるのはその地の先住民、累代の永住者、その地の
国籍を持つ者などだ。他国籍の一時的な滞在者にそんな権利は無い。

>>402
>国名が多少代わっているが皇帝は皇帝。それに満州は溥儀ら満州族の祖国の有った土地。
>たとえば日本が支那全土を支配下に置き、その後撤退し、日本列島に戻ったようなもの。
>いや同じ王朝なら清朝の復活とも言える。王朝とはそう言うもので清の朝廷(溥儀ら
>皇帝達の機関)の復活には違いない。
君が勝手に決め付けても、当の溥儀らが新国家と名乗っているのだが。公式に清朝の
復興であるとしたソースでもあるのなら示して欲しいね。

>仮に何処かの国で人々が迫害され生存権が侵害されたなら、生命財産を守るため相応の行動をして良い。
何度も言うが、他国内において外国籍の一時滞在者が独立国を造る事は「相応の行動」などではない。

>特定の○○民族・○○国民なら遠慮なく暴行し財産を略奪し虐殺して良い、などと言う事は無い。それとも君はナチか?
中国に迫害を受けているなら、遠慮なく軍事占領し、領土を奪っていいと君は言っているのだが?
その迫害とやらも、中国に言わせれば侵略と言う迫害を受け、生命財産を守るための
「相応の手段」と言う事になるのだが。

442 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 02:28:15 ID:wbWRmkXt
>北朝鮮が独立国を建設した事例は無いから例に成らないが、何処の国も否定するに決まってる。

満州国も当時の世界の他国から否定されてましたなあ。


443 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 12:47:35 ID:No+2Us2i
親米も親中も戦勝国だろが!
社会主義下の同和利権で裕福層化した奴らの言い分らしいなww
社会有力者の子息ばかり
雇用するマスメディアや一流企業
大多数の国民、平民庶民敵だから総選挙でマスメディアや企業家の 子息たるテレビアナウンサーの一流企業の子息らが与党を
支持し、偏った報道が成された報道機関は裕福層に悪用される機関で、昨日のトム・韓屑の
仕込み総理官邸訪問も又…
独裁社会主義国家の金正日らのハリウッド俳優を招いた
宣伝工作と何ら違いは無いのだ

444 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 13:46:24 ID:No+2Us2i
小狡く醜い言動を繰り返す
商人一家2ちゃんネラー与党派 ってのーが醜い2ちゃんネラー工作員の正体だね!
商人ききおやさんの小狡い与党工作員はみっともないくえぐいえぐいんだよ同和商人工作員共親米も親中も戦勝国だろが!
社会主義下の同和利権で裕福層化した奴らの言い分らしいなww
社会有力者の子息ばかり
雇用するマスメディアや一流企業
大多数の国民、平民庶民の敵だから総選挙でマスメディアや企業家の子息たるテレビアナウンサーの一流企業の子息らが与党を
支持し、偏った報道が成された報道機関は裕福層に悪用される機関で、昨日のトム・韓屑の
仕込み総理官邸訪問も又…
独裁社会主義国家の金正日らのハリウッド俳優を招いた
宣伝工作と何ら違いは無いのだ

445 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 18:33:10 ID:5gzPU84m
>>442
そうなんか?
漏れは満州国の設立は現地の治安が安定するという理由で事実上
黙認されていたと聞いたことがあるが、それはガセか?

446 ::2006/04/09(日) 18:57:27 ID:FLNFj3Xj
東條B型説
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/ron/2005/ron051001.htm

東條A型説
http://aluckys.sytes.net/


447 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 21:46:27 ID:lHfF7Stb
>>445
「満州建国は日本の侵略であり、不正義だが起こっちまったモンは仕方がないし、
元の状態に戻そうとすればさらに酷い事になる可能性がある。
曲りなりにも五大国の一つである日本と対立するのも面倒くさい。
満州国は百歩譲って認めてやるから、これ以上横暴してくれるな。」
つー意味では黙認されたよ。

448 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 22:28:50 ID:EQTJMThK
>>445
日本の満州における軍事行動は、自衛の措置とは認めがたい、
満州国は満州人民による自立ではなく日本の傀儡に過ぎない
としたリットン報告書は国際連盟で賛成四十二、反対一、
棄権一、欠席十二で採択された。

449 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 22:41:17 ID:EQTJMThK
>>428
>竹島問題や尖閣問題で国連が何かしてくれたか?
あのね、正当性を主張するには実力行使に至る前に正規の手続きを踏んで
おくと言う形式が必要なんだよ。
竹島だって、日本が国際司法裁判所で決着を付けようと言ってるのに、
韓国は応じないからさ。この事は日本に有利な材料なのだがね?

>>430
>許されないのは、特定の人々に対する無法な迫害。
中国からすれば、武力恫喝による租借権の獲得や延長、つまりは侵略と言う
無法な迫害を受けているわけだ。それが彼らの主張であり、それによれば
抗日行動は正当化されてしまう。「条約破り」も当然の権利ということになる。
日本が迫害して来るので「何らかの手段」を取ったと言う主張が成立して
しまう。君の理屈ではね。

>生き残るために「何らかの手段」を取ることは当然の権利。
無制限に「何らかの手段」が許されるわけではない。過剰防衛と言う言葉
を知らないのか? 自衛にも正当な範疇と言うものがある。
先住権も永住権も無い外国人が他国領で独立するなど、正当な「何らかの
手段」とは認められないんだ。
国民の権利は原則としてその所属する国家が保証する。所属国家がその
義務を怠る時、抵抗権に基づき、クーデターや独立をする権利が生ずるが、
基本的に外国人の生命財産を保証する義務はない。外国人の権利は、
母国が他国に依頼する事で守られるものだ。
つまり、外国に居住すると言う事は、それなりのリスクを負っていると
いう事だ。その国と母国の仲が破綻したり険悪になれば保護を受けられ
なくなるのは当然な時代でもあった。命が惜しければ出て行くしかないし、
財産を侵害されれば母国を通じて補償を求めるしかない。
ちなみに世界人権宣言はまだ成立していない。

450 :名無しかましてよかですか?:2006/04/09(日) 22:43:48 ID:EQTJMThK
>>429
>何処の国も否定するに決まってる。
満州国も国際連盟で否定されたけど、君は正当だと主張しているよな。
それに、論点は他国が否定するか否かじゃないんだよ。誤魔化そうとしても無駄。
君が正当と考えるか否かだ。さっさと答えてね。

朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?
(Yes/No)

451 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 02:46:28 ID:R95yfN3F
とりあえず以下嫁

マティアス・ラス博士の告発
危機的状況にある歴史

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/matthias_rath.html


医者なんてのは対症療法薬を売るだけの末端の売人でしかない

そして・・・                    アメリカは糞以下だ

452 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 07:58:01 ID:gv5o+ilv
>>441
> >他の手段では人々の生命財産を守れなかったからだよ。
> 日本に帰れば済んだ事。

日本人は無法な支那人に財産を全部奪われ着の身着のままで出ていけと? 
君がそう言われたら素直に従うのか?

> >同じ王朝なら清朝の復活とも言える。王朝とはそう言うもの
> 清朝の 復興であるとしたソースでもあるのなら示して欲しいね。

ソース 

> 辞書 【王朝】
> 1 同じ王家に属する帝王の系列。また、その王家が支配している時期。「ブルボン―」

昔の後金国と清国と満州国は国名が変わっているが「同じ王家に属する帝王の系列。また、その王家が支配してる」国で間違いない。

453 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 07:58:49 ID:gv5o+ilv
>>441
> 何度も言うが、他国内において外国籍の一時滞在者が独立国を造る事は「相応の行動」などではない。

いや「相応の行動」だよ。緊急避難に正当防衛。大人しく土地や財産を略奪される必要は無い。

> その迫害とやらも、中国に言わせれば侵略と言う迫害を受け、生命財産を守るための 「相応の手段」と言う事になるのだが。

相変わらず中共に洗脳されたままのアタマだな。平和に生活してる日本人の財産目当てに「侵略」してるのは中国側だぞ。
日本人は対価を支払って土地を購入し移住し、豊かな経済活動で地域の発展に大いに貢献してただけ。

また日本軍は中華民国との協定に基づいて駐留しているだけ。イラク駐留自衛隊と同じこと

454 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 08:25:07 ID:gv5o+ilv
>>449
> >許されないのは、特定の人々に対する無法な迫害。
> 
> 中国からすれば、武力恫喝による租借権の獲得や延長、つまりは侵略と言う 無法な迫害を
> 「条約破り」も当然の権利ということになる。

う〜む、法も条約も無視する支那人の論理だね。君のアタマは支那人と化しつつあるらしい。

これは多分1915年に調印され成立した日華条約の事だろう。日中間の懸案事項として議題に上がったのが21項目あった。
交渉で内容を吟味し必要な箇所は修正され、うち16項目が承認され、正式に日華条約として締結された。

日中二ヶ国で普通に条約が締結されただけなんだが、中国側に都合の悪い部分があったので言いがかり付けて来てる。
正当な条約を結んだ結果を口実にした露骨な排日運動が起こったのは、彼ら支那人には契約の概念が
未成熟だからと考えられる。依然として前近代国家の住民。

フランスの政治家の言った言葉らしいが「ロシア人は条約の意味を知りつつ破る。支那人なら条約の意味も理解しない」。

近代国家と前近代国が対等に話し合ったり交渉したりする事は、なかなか困難なんだ。
相手が条約とか国際法とか、ろくに理解しないから。無知な無法者に教え諭すには棍棒も必要なんだよ。

455 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 08:26:40 ID:0Mrkrxme
>日本人は対価を支払って土地を購入し移住し、豊かな経済活動で地域の発展に大いに貢献してただけ。
他人の国でどう思われるかどうかは、その国次第だな。
そんなことは、移住するときに分かってたはずだけど。
イラクの3人組じゃないけど、自己責任じゃないの?

456 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 08:48:16 ID:gv5o+ilv
>>449-450
> 過剰防衛と言う言葉 を知らないのか? 自衛にも正当な範疇と言うものがある。

当然、正当防衛。

> 基本的に外国人の生命財産を保証する義務はない。外国人の権利は、

国際法に、そんな条項は無い。人権は人種・国籍・民族問わず。外人なら財産を奪い取り、虐殺し
生命を奪って良い、などという法は無い。某国にそんな法律があるなら、その「法律」自体が違法。

> 朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?

どうも余程北朝鮮が好きらしいな(w 話に付き合うなら、北朝鮮には多くの日本人妻の問題がある。
彼女ら日本人は北朝鮮に住み、しかし多くの人々は厳しい生活を強いられている。
それも単に貧しいだけでなく、日系人は「成分が悪い」とかで酷い扱いを受け、下手をすると
強制収容所に送り込まれ、拷問・虐殺の運命が待ちかまえている。

また多くの日本人が拉致・誘拐され、今でも捕らわれ続け、殺害された者も多いと言われている。

もしも君に人権を守る気持ちが有るのなら、北朝鮮の共産主義体制を崩壊させ新たな「独立国」を
作るよう運動するか、少なくともそうした運動をする人々を支持すべき。

457 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 08:50:49 ID:gv5o+ilv
>>455
> 他人の国でどう思われるかどうかは、その国次第だな。

法を守り生活してるのに、「その国次第」で財産を略奪されたら困るだろ?
日本は今でも大陸に莫大な投資をしてるけど、没収されて良いのかい? 約20兆円ほどだが。

458 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 08:59:22 ID:0Mrkrxme
>>457
>法を守り生活してるのに
あくまで、相手の国の法だからねい。

>日本は今でも大陸に莫大な投資をしてるけど、没収されて良いのかい? 約20兆円ほどだが。
たとえ没収されることが無くても、んなもんは為替レートの変動で瞬殺されるわけだが、
そこまで日本国政府は面倒見てくれるか?

459 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 09:04:14 ID:gv5o+ilv
>>458
> 為替レートの変動で

そんな事は外貨を保有する国内企業でも同じだし、関係ない話だし

460 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 09:44:41 ID:hCz+WVuY
>>456
>> 朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?

>どうも余程北朝鮮が好きらしいな(w 話に付き合うなら、北朝鮮には多くの日本人妻の問題がある。 (以下略)
論点の全然違う話をはじめました。質問から逃げています。論点ずらしです。話に付き合ってなどいません。
論点は以下の行為を君が正当と考えるか否かだ。逃げてないでさっさとYES/NOで答えるように。

朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?
(Yes/No)

461 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 09:54:31 ID:gv5o+ilv
>>460
> 論点の全然違う話を

とんでもない。主旨は始めから一貫してるよ。「人権」。

共産主義国家の北朝鮮の国家制度は「人権侵害」。打倒すべき国だな。
むろん北朝鮮軍の侵入は許さない。

・・・異論ないだろ?

462 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 13:27:32 ID:hCz+WVuY
>>461
>>461
>とんでもない。主旨は始めから一貫してるよ。「人権」。
違うね。論点は外国人が他国領内で独立国を作る権利があるか否かだ。
君は人権侵害があればそうしていいと、主張しているだけだ。
賛同者はほとんどいないようだけど。

それでは、人権侵害があれば

朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?

(YES/NO)

はい、答えをどうぞ。

463 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 15:31:42 ID:hqaVDk9S
>>462
>人権侵害があれば

まあ「北朝鮮」を出す辺り、煽りだな。仮定の論議なら、特定の国名を出す必要もない。

仮に自由で民主的な国と、共産主義による独裁国家が有ったとする。
前者が「北朝鮮」という名前の国で、後者が「日本」と言う国だったらどうするか?

・・・と言うことを言ってるに過ぎないのだよ。君は。無意味な仮定

464 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 15:34:59 ID:hqaVDk9S
仮定の話なら

○○国で××人が迫害され財産を奪われ虐殺されていた。人権侵害を受けた××人は生きるために
相当の行動をしても良い。

その「行動」の内容は状況次第。反乱・クーデターでも良いし独立国を作っても良い。人間の生きる権利の行使。

465 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 17:09:10 ID:hCz+WVuY
>>464
>まあ「北朝鮮」を出す辺り、煽りだな。
実際に我が国には他国籍のまま居住している人たちがいるからさ。空理空論を避けたいから
現実味のある話をしているだけ。韓国より北朝鮮の方が「現実味」があるしね。
君の人権侵害とやらも抽象化しちゃってるからねえ。

>○○国で××人が迫害され財産を奪われ虐殺されていた。人権侵害を受けた××人は生きるために
>相当の行動をしても良い。
やはりどうしてもYES/NOで答えられないんだね。しかも独立と具体的に言ってるのに、
相当の行動とぼかして答えようとしている。逃げてる逃げてる。

ほらほら、逃げずにはっきり答えてよ。

朝鮮総連あたりが北朝鮮軍を呼び込んで日本領を占拠して独立国を造って良いの?

(YES/NO)

466 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 17:36:46 ID:hqaVDk9S
あのね、何回も繰り返し説明してると思うが ノー と

467 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 17:43:55 ID:hCz+WVuY
え、外国人でも人権侵害されてる事にすれば、独立国作って良いんじゃないの?
矛盾だね。 ダブスタだね。 君の理論は破綻したね。

468 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 17:49:44 ID:LD8UWH+4
つか、単に中狂に対する策の一つだろうに?
何故hCz+WVuYは粘着榴弾並みに食い下がるのだろうか?
実は工作員?ホロン部??


469 :名無しかましてよかですか?:2006/04/10(月) 18:44:54 ID:LHmuj8It
まあいずれにせよ、関東軍が逃げ出して崩壊した後で
住民レベルで再独立を目指す動きが全く起きなかったというところに
満州国の哀しい本質があるわけだが。
本当に五族協和の理想が実現するよう努めていたならば、その後相手が
国民党でも共産党でも、チベットのように不屈の独立闘争が今なお
続いていそうなものなのだが。

470 :名無しかましてよかですか?:2006/04/11(火) 17:08:42 ID:c0ZErRUT
>>469
>住民レベルで再独立を目指す動きが全く起きなかったというところに

でも当然だけどね。ソ連軍は怖いし逆らえない。シベリアの少数民族も独立運動は全く見られないし。

それに沖縄に本土復帰運動が有っても、北方領土にそんな運動は全くなかった。
住民が全員追い出されているから。
満州在住の日本人もみんな捕らわれるか、追い出されるか、虐殺されるか・・・

471 :名無しかましてよかですか?:2006/04/11(火) 18:29:59 ID:h6EqTKb0
いや、触れ込みどおりの五族協和の王道楽土だったんなら
日本人が追われた後にも残る満蒙漢朝系の住民達が踏ん張って
独立の維持、あるいは再興をめざしてたはずじゃないかと思うんだわ。
それが見受けられんという事はつまり、チベットと違って命懸けで
独立回復したいとする価値があったのかどうかという…

472 :名無しかましてよかですか?:2006/04/11(火) 18:37:17 ID:c0ZErRUT
>>471
たった13年の歴史しかない国だから、チベットの様には行かないだろう。

473 :だつお:2006/04/23(日) 23:48:14 ID:Mcg+eDGG
皇軍は日中戦争では51勝1敗1引分という無類の勝率(By伊藤正徳)
だったから、皇軍を弱小だと嘲えば中国人がますます惨めになるだけ。
欧米技術の優位を言い立てても、それで中国人の知能障害を補える
ものではなかった。米英独ソの中国支援は、ますます皇軍が中国人を
効率よく大量殺戮するための口実を与えただけのこと。世界有数の
先進工業国で近代化された皇軍と、チンピラゴロツキを駆り集めた
だけの中国軍とでは、人間と動物ほどの差があったといえる。

中国人はみんな死ねばいい、殺せばいい、棄てればいい。
そもそも中国人を人間とみなす発想自体が間違ってる。

日中戦争とは要するに、戦争というよりは動物屠殺だった。
こうして中国チンピラゴロツキ3500万が犠牲になった。

474 :名無しかましてよかですか?:2006/04/24(月) 21:57:46 ID:tQs59NtW
http://www.ww2guide.com/usab.shtml
欧州戦の米爆撃機
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
中国大陸のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
マリアナ方面のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html
朝鮮戦争のB-29

大東亜戦争でB-29は延べ28550機出撃で喪失518機、
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機。

帝国陸軍の火力水準は、少なくともチンピラゴロツキの十倍以上。
チンピラゴロツキも撃破できない米軍に、日本上陸戦など夢のまた夢。

それとも日中戦争の中国人はチンピラゴロツキだったが、
朝鮮戦争の中国人はそれとは違うのか?

そもそもチンピラゴロツキでない中国人なんて存在するのか?

475 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 00:02:30 ID:ptmpwmMZ
初期の頃は日本が優勢だったんだし、勝てる見込みが0%ということはなかったんじゃないか?

476 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 01:17:22 ID:ssH+wMmu
>>475
>初期の頃は日本が優勢だったんだし、

笑うところですか?

477 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 07:44:13 ID:ja4x9OT1
台湾と朝鮮を支配下においたところで止めておけばよかったんだよな。
そこまでが必要最低限なことだった。
中国なんぞに関わったのがすべての間違いの元。
必要最低限のことだけやっておいて、中国なんぞは西洋人のやりたいようにさせておけばよかったのに・・・・。


478 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 12:17:52 ID:DuQk1RFy
それだとロシアが南下してくるわけだが

479 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 14:31:31 ID:19xmj+Kt
>>478
それなら国民党をバックアップ。武器を売ってウハウハ。
満州より南下すれば、米英が黙っていないだろうし。
朝鮮を取られても、日露時代と違ってソ連に日本本土に侵攻する
力は無い。日本海の制海権は完全に日本が抑えており、それを
突破して渡海上陸する海軍力がソ連には無い。

480 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 14:54:00 ID:DuQk1RFy
> 満州より南下すれば >朝鮮を取られても

日本はドンドン後退すべきと言いたいワケね。ロシアと中共の工作員さん?

481 :名無しかましてよかですか?:2006/04/27(木) 22:14:09 ID:OvuQbov4
>>480
満州とか朝鮮は既に不良債権。抱え込み続ける方が馬鹿。

482 :名無しかましてよかですか?:2006/04/28(金) 02:54:39 ID:aw3R54da
>>481
日本の莫大な大陸投資の成果を中共とロシアに差し出すの?

483 :名無しかましてよかですか?:2006/04/28(金) 04:06:59 ID:8oXX2Qen
>>482
砂漠にじょうろで水を振りまいても無駄だ。
コンコルド錯誤だな。

484 :名無しかましてよかですか?:2006/04/28(金) 04:11:57 ID:aw3R54da
>>483
成果は相当上がってるが?

貧しい地域の発展状況 写真
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea2.html

485 :名無しかましてよかですか?:2006/04/28(金) 10:48:35 ID:8oXX2Qen
Webの情報をそのまま信じちゃうかわいらしい人ですね(・∀・)ニヤニヤ


486 :名無しかましてよかですか?:2006/04/30(日) 17:51:13 ID:+Cltr7L8
>>485
まぁ証拠として認められるのは少なくても、写真を撮った人物や
場所が特定できるものですから、この写真を丸々信じるのは微妙
だけどな。

487 :名無しかましてよかですか?:2006/05/01(月) 09:14:32 ID:7m0cnmPj
>>486
?意味不明
要するに何が言いたいの?
もっと自分の意見をはっきり堂々と言おう!

488 :名無しかましてよかですか?:2006/05/05(金) 02:36:44 ID:tei/188O
アメリカの挑発を、そのまま放っていたらインディアンと同じ運命だったさ、俺ら。
アメリカなんてアジアの植民地支配が日本のせいでうまくいかなくなって卑怯な手を使いやがった。
まんまと罠に嵌った日本も哀れだった。
でもアメリカなんて今でこそ偉そうに自由を世界になんて言っているが、
当時植民地支配するため日本は戦争を起こしたなどと決めつけたせいで
自らは植民地支配の機会が無くなってしまってさぞ残念だったことだろう。
日本が抵抗して勝たせてやったから欧米列強の植民地支配を自己批判させることが出来た。
アメリカが自由の国としてアピールしているのも自らの過去のアメリカ大陸の侵略、奴隷制度、
一般人を何百万人も殺した原爆や絨毯爆撃、東京裁判の嘘で固めた判決などを正当化するためのもの。
アジアを欧米列強の支配、有色人種への差別から解放したのは日本の当時の若者の御陰だ。
日本は戦争には負けたが実際は欧米が自らの矛盾に耐えられずアジアからの撤退を余儀なくされてしまった欧米の負け戦だったというのが正しい。
アジアの良識のある国の良識ある人はその事を知っている。
知らないのは中と朝と韓と一部の洗脳された日本人だけだ。
       


489 :名無しかましてよかですか?:2006/05/05(金) 09:49:04 ID:xktPuHf1
>>488
アメリカでも日本を追い詰めすぎた、って反省はあるみたいだな。
でも、日本の外交が幼稚すぎた事実は曲げられない。そもそも満州のリットン
調査団報告だって日本の立場を理解して、かなり玉虫色だった、と言われているな。
日本人ってのは過剰反応しやすい国民なんだよ。

490 :名無しかましてよかですか?:2006/05/05(金) 13:45:29 ID:cndvsaS+
>1
なりゆきなりゆき。
戦争なんてそんなもんだ

491 :名無しかましてよかですか?:2006/05/06(土) 21:49:42 ID:sb+reXg0
非白人からは尊敬されるよ。世界でまともにアメと戦ったのは日本だけ。
負けたが 40年後に経済で勝った。欧州人はどうしてもアメリカに勝ちたかったが、
それをアジアの日本人がやった。欧州人は日本に嫉妬しているんだそうだ。

492 :名無しかましてよかですか?:2006/05/06(土) 22:39:29 ID:C8Cmq9vd
>>491
つ ベトナム

493 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 01:30:12 ID:NCYwhq5U
>>488
>知らないのは中と朝と韓と一部の洗脳された日本人だけだ。

知らないのは中朝韓の全部と大部分のアジア人と洗脳された大部分の日本人だろ。
日本が負けたてる以上それが現実w

494 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 02:05:05 ID:UJL/bm4S
ビルマ戦線1942-1945 における損害
日本軍    戦死187500 戦傷4500         合計192000
連合側
英本国軍   戦死7500 戦傷24000  行方不明307
英印軍    戦死8235 戦傷28873  行方不明8786
アフリカ軍  戦死 858 戦傷3208  行方不明200
米軍     戦死3349 戦傷2177  行方不明1417  合計89110
中国軍             不明

http://www.regiments.org/wars/20ww2/burma.htm
Burma 1942-1945 Forces and Casualties

495 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 02:42:50 ID:17o/jR8K
なんだ、この馬鹿ばっかなすれw
知識はゴー船だけかよw
司馬遼太郎1冊読んだだけの奴が
歴史をかたってるようなもんだな・・

496 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 06:18:05 ID:THod674r
>>495
お勤めごくろうさん。

497 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 13:08:55 ID:KvidwrRU
女は皆、サディストの自民党の旧帝国社会主義者で、金の亡者中国社会共産党員の気違いと変わらない異常者。
少子化はタカラズカベルバラメルヘン少女漫画ヲタレズ気違い個人主義が原因!
与党圧勝で与党小泉に米国日和見にさせ、イラク人虐殺に日本を参戦させたのは、共謀罪小泉と社会個人主義タカラズカベルバラ少女漫画ヲタレズ気違いの女どもだ!
黙れ自民党的論理すり替え女ども!
日本の女どもは皆、総マリーアントワネット化で日本を食い潰す、「雌鳥鳴く時、国滅ぶ!」を今、正に実行する旧帝国社会主義のタカラズカ気違いばかり国賊売国奴氏ね!イメルダ婦人は逝ね!

498 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 13:13:32 ID:kpOk8b5a
↑新種の気違い?それともどっかのコピペ?

499 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 13:16:33 ID:KvidwrRU
正に日本の女どもは、黄泉に堕ち、黄泉戸喫(よもつへぐい)と言う米ドル、米国人のペニスを喰らい売国奴化した
伊弉冉尊(いざなみのみこと)=地獄の悪魔で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)に伊弉冉尊は伊弉諾尊の子たる日本国民衆を、
1日に千人殺すと罵声した事を自で行う国賊売国奴なのだよ!
与党支持で、与党自民党に売国支持する、
国賊売国奴の現代の女どもはな!
元黄泉支配者、大禍津日神(おおまがつひかみ)が伊弉冉尊に黄泉戸喫を進め、唆した事からだから大禍津日神=米国が元締。
後に、素盞鳴尊(すさのおのみこと)も地に下ったが、これが天皇家な話で、伊弉冉尊の命で夜な夜な民衆を喰らいに来るのが、八雷神(やついかづちのかみ)=ヤクザ、チンピラ詐欺師の神道自民党な話だね。

500 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 14:22:24 ID:DtuTBNke
↑新種の気違いがどっかのコピペを垂れ流してるんだろうw



501 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 15:15:54 ID:KvidwrRU
それもこれも皆、与党派マリーアントワネット化女=中国社会共産党女社会化が原因!
共謀罪、人権擁護法案も奴ら
鬼畜女の支持する小泉政権の罪。
女は詐欺師犯罪与党の共謀罪で国外追放だね!
まだ、ロシア女の方が数億倍マシだから嫁をロシアから輸入汁べきだw

502 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 15:30:07 ID:B/xmwvFj
能登麻美子、電撃入籍
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1143460207/

503 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 16:09:41 ID:KvidwrRU
それもこれも皆、与党派マリーアントワネット化女=中国社会共産党女社会化が原因!
共謀罪、人権擁護法案も奴ら
鬼畜女の支持する小泉政権の罪。
女は詐欺師犯罪与党の共謀罪で国外追放だね!
まだ、ロシア女の方が数億倍マシだから嫁をロシアから輸入汁べきだw
その方が現代女性も嬉しい筈!日本男児が皆、白人ハーフやクォータの美形12頭身に変わりベルバラ少女漫画男ばかりに成っているから期待していろよな!
日本は女追放後、鎖国し100年から300年間、白人と交配を繰り返して、今の女が望む男に成ってから開国します。
それまで ユダヤ人のように彷徨って居て下さい!
必ずや日本男児は皆、美形に成り、貴女方性格ブス女の前に現れますから、期待して数百年間彷徨って居て下さいませ。
ww

504 :名無しかましてよかですか?:2006/05/07(日) 18:28:45 ID:KvidwrRU
米国=大禍津日神の色香に惑わされし地獄=黄泉の使い魔の女ども!
今度はイラン人の家族の生活を奪う参談を米国とする気かぁ! 鬼畜人で無し与党女派ども! いい加減にしろ!!
頃すぞ!
身内の不始末は、我々日本男児が着けなければ成らないようにさせたいのか?!
不良大和撫子らめが!

505 :名無しかましてよかですか?:2006/05/08(月) 01:20:36 ID:WfsMzYG9
アメリカは第一次大戦と恐慌の後、帝国主義に見切りをつけて
早々に離脱し始めているんだぞ…
善隣外交やプラット修正条項やフィリピン独立法はその成果だ。
元々資源が豊富で広大な国土を持つアメリカは植民地の保有に執着していない。
さらにアメリカは戦後、欧州列強の帝国主義を阻害する動きを見せているんだが。
例えばインドネシア独立戦争では、戦況はオランダ優勢にも関わらず、
アメリカはドル援助の停止をちらつかせてオランダに撤退するように呼びかけ、
インドネシアは独立できた。また、スエズ戦争でもエジプトのスエズ運河国有化に
反発して侵攻した英仏両国に撤退するように要求した。
どちらも列強側が戦争に敗北する直接の原因になっている。
インディアンと同じ運命とか、勝たせてやったとか現実逃避だろ。
勝たせるつもりで戦争に突入したんなら日本政府が300万人殺したことになるなw
あと、第二次大戦を白人と有色人種の人種間戦争に括りたい奴が多いんだな。
帝国主義国家同士の縄張り争いだろ?幻想抱きすぎ。

506 :名無しかましてよかですか?:2006/05/08(月) 16:31:13 ID:5eh68il/
> 元々資源が豊富で広大な国土を持つアメリカは植民地の保有に執着していない。

ウソ。今も中南米などアメリカに政治支配されているも同然の酷い政治状況。

507 :名無しかましてよかですか?:2006/05/08(月) 22:49:51 ID:f2YLUIrd
>>506
南米が資源調達国家群だとは、過分にして知らなかったよ。
なにか画期的な資源鉱脈でも見つかったのかい?

508 :名無しかましてよかですか?:2006/05/08(月) 23:14:26 ID:rhAHAwab

アメリカの中南米政策は、1950−60年代には、米軍やCIAが左翼ゲリラ掃討の名目で中南米各国の軍隊をテコ入れし、
各国の軍部がその国の政治を支配する構造を作ることで、アメリカが中南米を支配する「冷戦型」だった。

1980年代末からは、冷戦という名目が立たなくなったため、中南米からアメリカに密輸される麻薬を取り締まるという
新たな名目で中南米に介入する「麻薬戦争」が展開された。

 同時期にアメリカは、経済的な中南米支配を重視する政策も開始(略)
スペインの権益を奪取して以来、中南米を支配し続けているのはアメリカである

http://tanakanews.com/f0306LaAm.htm

509 :名無しかましてよかですか?:2006/05/09(火) 00:45:01 ID:KF2upRkJ
>>506
同時代(30年代)の他の列強諸国に比べた話なんだけど?
外資系企業による産業支配とか、軍事介入によるような意味じゃなくて
一般的に言う(例えばインド帝国とかの)植民地のことだよ。

510 :名無しかましてよかですか?:2006/05/09(火) 09:18:55 ID:9Umix/ED
>>505
イギリスも植民地の整理にかかってはいる。
中東の委任統治領には自治政権を作り、中国でも租借地の一部
返還をやっている。大英帝国を英連邦に改組したりもしている。
旧来の植民地帝国主義が立ち行かなくなってきている認識は
あったのだろう。

511 :名無しかましてよかですか?::2006/05/10(水) 02:21:56 ID:vVSvvXWm
幕末の生き残りの人たちが血反吐吐きながら脳漿を絞って
ロシアに勝つ方法を考えて勝ったのに俺らは強いと勘違いして
アメリカに宣戦しちゃったのが昭和の軍人。
日露の時はイギリスからの情報といい頃合で行司役のアメリカが出てくる
って体制でも勝機が何%かって状況だったのに
日本人1人分でアメリカ人2人分の魂とか電波な事を言いながら
突撃していったわけですな。
脳漿絞って勝つ方法考えた奴なんかいないだろうな。
日露会戦の前段階で陸軍の作戦参謀が2人も心労で死んで
戦後も陸軍の児玉が力尽きたように死んで、海軍の秋山は壊れた。
太平洋戦争でこれ位やったって話を聞かない。
兵卒を死に追いやる無能な司令官ばっかり。
こんなんであのアメリカに勝てるわけないよ。

512 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 02:52:50 ID:ji3qw04Z
>>509-510
アジア・中南米諸国を政治的・経済的属国にする、より進歩した支配形式に移行していったんだろう。欧米列強は。

513 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 13:07:46 ID:V921bK55
>>512
そんな時代に、武力制圧による支配領域確保と言う一周遅れの
手段に出た、当時の日本の愚かさは変わらないよ。

514 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 14:47:04 ID:62zUd2H7
>>513
最初に圧倒的武力で支配して、その後、名目上独立させたんだから
方法としては間違ってないよ。

それにアメリカによるフィリピン共和国独立より、日本の満州国独立の方が早いし。

515 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 15:33:51 ID:V921bK55
>>514
満州国は政治的、経済的属国どころか、日本人による直接支配だよ。
官僚の半分が日本人だし、それ以前に近代国家としての形を成してない。
>>512の言う「より進歩した支配形式」にはあてはまらない。
フィリピンとは比較の対象にならないよ。

516 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 15:38:37 ID:62zUd2H7
>>515
だがフィリピンだってマッカーサー一族の直接支配だったし、独立の約束だって名目上だろう。

517 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 17:13:20 ID:V921bK55
>>516
君はフィリピン共和国と満州国を比較しようとしたのであって、アメリカ統治下のフィリピンと
満州国を比較したのではなかろう? 対象がすり替わっているぞ。

518 :名無しかましてよかですか?:2006/05/10(水) 21:34:39 ID:V+nEoyze
>>517
まあ、フィリピンと満州国とではずいぶん違う。マッカーサーが大戦中に”アイシャルリターン”とか言って
上陸した島は、アメリカ合衆国が植民地にした頃、住民を一人残らず虐殺した島とされる。

こうした陰惨な植民地支配の歴史を持つフィリピンと、五族協和のスローガンの元で新しく誕生し
急速な発展・近代化を遂げていった満州国とを比べるのも難しい。

満州国の発展は日本の直接統治に近い間接統治と、莫大な経済投資に依るものだが
フィリピンのように植民地支配の長い歴史を持たないので良くも悪くも同じようには行かないだろう。

519 :名無しかましてよかですか?:2006/05/11(木) 09:30:58 ID:YhOYbMfV
>>518
>マッカーサーが大戦中に”アイシャルリターン”とか言って 上陸した島は、
”アイシャルリターン”は脱出する時のセリフだが?

それはさておき、結局アメリカ統治下のフィリピンと 満州国を比較しているよ。
論点はすりかわったままだ。

ついでに言うと、何をやろうと制止する法的根拠の無い一次大戦の前の米比戦争と、
植民地拡大の禁止が諸条約で成立している一次大戦後の満州事変じゃ話が違う。


520 :名無しかましてよかですか?:2006/05/11(木) 16:06:24 ID:ACcmyh6F
新たに誕生した国と、旧植民地とでは条件が違いすぎるから、まるっきり同じ扱いにするには、
同じ程度植民地支配の歴史を継続してないと比較にならないな。

521 :名無しかましてよかですか?:2006/05/13(土) 09:23:16 ID:VojctgRH
>>510
イギリスは確かに植民地の見直しを迫られたが、第二次大戦中、チャーチルは
イギリスが保有している全ての植民地を支配し続けることは無理にしても、
支配を続けていく意向であったのに対し、ルーズベルトはそのような「帝国主義」
には批判的であった。フランスのド・ゴールとルーズベルトの仲が悪かったのは
有名な話だが、ド・ゴールも植民地の保有を続けていく考えであった。

505には書かなかったが、アメリカには帝国主義に反対する理由があった。
第一に市場の開放という理由。先進国はすべからく商売上のライバルである。同じ様な
工業製品を作り、市場に輸出するからだ。イギリスやフランスは比較的早く
植民地政策を開始したため、海外には広大な植民地(資源調達地兼、市場兼、
軍事拠点兼、経済拠点)があった。大英帝国の最盛期には世界の陸地の1/6を
支配したほどである。一方アメリカが植民地に関心を持つようになったのは
1880年代にフロンティアが消滅してからである。この頃までには殆どの重要拠点や
大きな市場は先発組に取られ、アメリカに獲得できそうな地域は限られていた。
植民地では宗主国の製品ばかりが流入し他国の製品には高い関税がかかる。
また、帝国主義の時代では外交に於いて列強との関係に大きなウェイトがかかる。
つまり、植民地が全てバラされて独立している現代と、19世紀から20世紀前半を
支配した帝国主義の時代を比較すると資源や食料などの輸入について常に列強との
関係を良好に保っておく必要があるということだな。関係が悪化すると
輸入が出来なくなったり、滞る危険性をはらんでいるためだ。
アメリカにとって欧州列強の植民地は目の上のこぶだったのだ。
もう一つは冷戦に対抗するという理由。植民地各地では左派ゲリラや共産党が
独立運動の旗手になることがままあった。つまり民族主義と共産主義が手を
組んで、その地域に共産党の政権が樹立される恐れがあったんだな。
ベトナムやカンボジア、アンゴラなどはそんな例だ。だから、アメリカは
このまま独立されるよりは反共親米の政権を樹立させる必要があった。
ために、各地の独立運動や、独立戦争を加速させる役割をしたわけだな。

522 :名無しかましてよかですか?:2006/05/13(土) 23:40:40 ID:VlmFncLY
なんか、満州で混乱してるけど、
日本が満州国を成立させるまで、
満州に国家と呼べるものも政府も無かったから、
何処の何に対する侵略かが分からない。
清国に対してなら、皇帝として迎えている。
つまり、満州国は日本の固有の領有地である。

523 :名無しかましてよかですか?:2006/05/13(土) 23:47:41 ID:XZ+TepT9
>ルーズベルト
つか、共産主義者の狗だろ。部下にアカが多く
後の赤狩りで大分狩られたそうな


524 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 00:24:07 ID:mqEYuXRF
スレ違いかと思いましたが……百人斬り訴訟ほど有名でない、この訴訟、ぜひ皆さんの力で知らしめてください(コピペ大歓迎)

http://blog.zaq.ne.jp/osjes
沖縄集団自決冤罪訴訟

原告
梅沢裕 赤松秀一

被告
株式会社岩波書店 大江健三郎



525 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 00:39:51 ID:l/fcnhJ6
>>523
当時はまだ冷戦のような状態じゃ無かったしな。
最も、それを元に「日米開戦は共産主義者(ソ連)の陰謀!」などど
小林が抜かすから困る。
それにインドネシア独立戦争は後任のトルーマンの時代だったし、
スエズ戦争はアンゼンハワーだ。ルーズベルト以降も
帝国主義を止めさせる動きを示している。
やはり経済的な理由が大きかったのではないか?
NATO・CENTO・SEATO・ANZUS・日米、米比、米韓安保条約
が共産圏包囲網の役割を果たしていたわけだが、それらの地域は
往々にして植民地があったところだからな。

526 :カマヤン:2006/05/14(日) 00:40:56 ID:SKFFnUYW
戦前の日本人ほど愚かな民族は世界史でも見つけるのが難しい

527 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 07:33:46 ID:0Wqnhucw
太平洋戦争から得た教訓
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1146275426/


日中戦争について論争中! みんなきてみてくれー!!

528 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 20:39:51 ID:aVF0mJpO
>>526
おまえがな

529 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 21:05:16 ID:KXdi9ewM
まあ所詮、日本の敗走後に国民党や共産党相手取ってでも再び独立を目指す…
という民意が 全 然 起きなかったのが満州国の本質を雄弁に語っているわけだが。

530 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 21:24:05 ID:DmKAwJm5
・・・そう言えばナチス政権下のユダヤ人も独立とか全然・・・

本当の抑圧国家ではそんな甘いこと不可能なのに、何も知らない人は幸せで良いな〜

531 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 21:55:48 ID:KXdi9ewM
チベットはどうなんだ?

532 :だつお:2006/05/14(日) 22:28:43 ID:UUhLeKfQ
中国の財閥層にとっては、優れた日本製品が国内に流入すると、
自分たちの粗悪品が売れなくなって文字通り破産になってしまう。
これは一大事であり、ドイツと結んで日本を締め出さねばならない。
先進工業国とマトモに市場競争したら「破産」は火を見るより明らか。
だがドイツ陸戦兵器をもってしても、中国人の絶望的な知能障害
と動物的な痴呆性はどうすることもかなわなかったのだ。

塚本誠氏「ある情報将校の記録」より 

 昭和十年十一月、日本の工作により華北に段汝耕を主班とする冀東政権
が樹立された。これは段汝耕という留日学生出身の、中国ではあまり高く
評価されていない男に、通州を中心とした停戦地域内に地方政権をたてさせ、
そこを通じて日本の商品を合法的に中国に「密輸出」しようとしたものである。

日本の商品は大連に陸上げされると、鉄道で満州を通ってこの政府の
「領土」にはいる。その時、その商品はごく安い税がかけられる。冀東政権
は中国のなかにある地方政権ということになっているから、ここで一度税を
かけられた商品はそこから中国のどこに運ばれようと、中国では二度と税
はかけられない。いや中国があえてそれに税をかけようとすれば
日本から厳重な抗議が出ることを覚悟しなければならない。

だからこういう合法的密輸品が中国の市場に大手をふって汎濫すれば、
中国の商工業は破算するしかない。もし中国政府にそれを阻止する力
がないとすれば、中国はもはや国家の破算を待つばかりだ。これが中国
の愛国者を捉えた切迫した感情だった。
この感情で一番ゆさぶられたのは若い学生たちだった。

 十年十二月、北京の学生が冀東政権に反対して起ちあがると、それに
つづいて上海では学生が蒋政府に対して対日抗戦の請願デモを行った。
これは必然的ななりゆきである。この運動はたちまち全土に波及した。

533 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 22:34:08 ID:IeTExkM4
>>522
>日本が満州国を成立させるまで、
>満州に国家と呼べるものも政府も無かったから、
えーと、じゃあ、日本は誰から関東州の租借権や満鉄の経営権を
租借したのかな? 満州は清国領であり、その後継の中華民国領。
その事は日本も条約で認めていた事。

534 :だつお:2006/05/14(日) 23:26:05 ID:UUhLeKfQ
>満州は清国領であり、その後継の中華民国領。

中華民国といってもそれは単にチンピラゴロツキを駆り集めて
アジ演説していただけだよ。国際的にも国家とは認められてないし、
さらには国民党自身が中国大陸の統治者であることを放棄してる。
論より証拠、大陸打通作戦では連戦連勝南北縦貫3000キロ。

それとも97式中戦車チハが強すぎか?

そりゃ世界屈指の先進工業国が生産した、機械的信頼性と燃費効率と
走行性を兼ね揃えた、恐るべき高性能大量破壊兵器だったからな。

535 :だつお:2006/05/14(日) 23:30:08 ID:UUhLeKfQ
>当時はまだ冷戦のような状態じゃ無かったしな。

 日本側が「先の戦争では申し訳なかった」といった内容のことを述べると、
ケ小平は発言をさえぎるようにして「われわれは日本軍をそんなに悪く思
っていませんよ」と切り出した。あっけにとられた一行を前にしたケ小平
の説明はこうだった。
 「あの戦争が始まる前、われわれは井崗山(せいこうざん)から、
長征の途についた。延安にたどりついたときは気息奄々、靴もちびはて、
人数も2万人に減って、全滅寸前でした。ところが日中戦争が始まり、
われわれを包囲していた蒋介石軍は日本軍によって次第に南部に押され
ていく。袋のネズミだったわれわれはそれで息を付くことになり、
日本軍の後ろに回って、着々と工作をしていった。そして戦争終結時
には数百万の正規軍を擁する軍事勢力にのし上がった」

http://www.yorozubp.com/9806/980606.htm
日中戦争のおかげで全滅を免れた中国共産党−ケ小平語録

536 :名無しかましてよかですか?:2006/05/14(日) 23:46:15 ID:hjGCujc/
黒船四隻 → 米日和親条約 → 英日同盟 → 原爆二発 → 米日安保同盟
訳  逆らってヤラれる → 協力して褒められる → 逆らってヤラれる

537 :名無しかましてよかですか?:2006/05/15(月) 01:29:25 ID:/hgbGEsP
>>519
植民地拡大の禁止が諸条約で成立している>
誰が作ったのか知ってるのか?
【早い者勝ちで食べ放題】だったのに、『もう僕達おなかいっぱいになったから、今からは【食べ放題終了】です』ってことだろ。
『まだご飯食べてないんで、残っている分だけでも食べさせてよ』って言うのは、普通だろ。

538 :名無しかましてよかですか?:2006/05/15(月) 02:08:41 ID:5NXwFJ+6
>>537
>誰が作ったのか知ってるのか?
日本もその一員ですが?
日本も台湾、朝鮮、満州の一部(関東州と満鉄付属地)、南洋諸島、
など、結構食べてますが? 食べて無いと言うよりは、食い足りない
と意地汚かっただけでしょ。海軍力では世界3位、国際連盟の常任
理事国、ここまで登りつめていてまだ食い足りないと? 日本は
餓鬼道にでも落ちていたのかね?

539 :カマヤン:2006/05/15(月) 15:16:12 ID:MIiue/yr
だから戦前の日本人は世界史でも有数の愚民だったんだって

540 :名無しかましてよかですか?:2006/05/15(月) 18:41:51 ID:L/sBABU4
>>535
アメリカの話をしているのに、何故中国が?
ロシア革命から、アメリカも共産主義の危険性は認識していたが、
具体的な対立点があるほどではなかった。
勿論、革命の輸出と称した戦後のソ連外交の目的がはっきりするようになると
アメリカも危機感を出して冷戦激化に繋がるのだが。
ルーズベルトの在任中にはソ連の承認までしているしな。

>国際的にも国家とは認められてないし
昭和三年(1928)の11月3日にはアメリカが、12月20日には英国、
12月22日にはフランスが国民政府を正式承認していますが?
さらに昭和四年(1929)6月3日には日独伊が国民政府を承認していますしね。

541 :名無しかましてよかですか?:2006/05/15(月) 19:10:59 ID:mCo1qsbh
>>540
>国民政府を正式承認していますが?

でも今は「中華民国」を承認してない。時と場合によって変わるモノ

542 :名無しかましてよかですか?:2006/05/15(月) 19:33:49 ID:L/sBABU4
>>541
一体何の話ですか?敵も味方も常に移ろうことは自明の理でしょう。
ここで話している「中華民国」は、国共内戦以前までの中華民国国民党政府ですよ?
一体誰が現在の中華民国の話をしろといっているのかと。

543 :名無しかましてよかですか?:2006/05/15(月) 22:16:52 ID:XwwrBCqi
バカって言う奴がバカなんだよ



小学生は頭いいよね

544 :だつお:2006/05/15(月) 23:31:38 ID:rTKCPQMw
岸信介の戦時統制経済こそが日本の高度成長基盤だったって知ってるか?

 のみならずここにもう一つ御参考になるように申し上げますが、われわれ
のところの工作機械というものは、戰前全国で十二万台ぐらいあつたものが、
戰時中七十五万台で、六倍になつた。それが戰後の今日におきまして三分の一、
約二十五万台ぐらいが動いておるというのが現状であります。これでわれわれ
業者の生きて来ておる戰後の状態が、ほとんどおわかりくださることと思う
のでございますが、かような状態でございまして、ここに持つて来て取引高税
というものは、一応これを拂いますけれども、需要者の方に別に請求書に書
き入れて、当然拂うべきものとして扱われたので、これは大した負担という
ほどのものではなかつた。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/007/0342/00704100342001a.html
第007回国会 地方行政委員会公聴会 第1号
昭和二十五年四月十日(月曜日)

545 :名無しかましてよかですか?:2006/05/16(火) 07:00:36 ID:MaB278Kv
俺もしょうがなかったって思ってたけどハルノート受け入れてたほうが
今よりマシだったんじゃ・・・って最近思うよ
だって、受け入れてたら日露戦争以降得た領土とか放棄するだけで済んだんじゃん。
結局戦争に負けて領土を放棄しただけではなく、国内にアメリカ基地作られておまけに軍放棄・・・
絶対に受け入れてたほうがマシだったね。ただ受け入れたらナメられてもっと色々要求されるっていう懸念はあるけど。。。

まぁあの戦争は打撃与えてイーブン(休戦)に持ち込む作戦だったんだろうが・・・
成功したらよかったけど、失敗したからな。
結果論としてはハルノート受け入れてたほうがよかったね。

みんなはそうは思わないかな?


546 :名無しかましてよかですか?:2006/05/16(火) 07:11:22 ID:B8Ne+ZGR
莫迦の考え休むに似たり、だな。


547 :名無しかましてよかですか?:2006/05/16(火) 07:14:45 ID:MaB278Kv
>>546
何それ?

548 :名無しかましてよかですか?:2006/05/16(火) 09:21:31 ID:cz4azmdY
               __,,,,_
               /´      ̄`ヽ,
               / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
            i  /´       リ}
             |   〉.   -‐   '''ー {!
             |   |   ‐ー  くー |
              ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
            ヽ_」     ト‐=‐ァ' !
             ゝ i、   ` `二´' 丿
                 r|、` '' ー--‐f´
            _/ | \    /|\_
          / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\
  君  が  代 が オ リ コ ン で 勝 つ わ よ!
      「 君  が  代 」  大 好 評 発 売 !
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20236347
http://www.shinseido.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Catalog.woa/wa/detail?r=COCG-15881
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=c&cf=0&id=cocg15881
【前スレ】http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1147688001/l50
【MIDI】http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fd/Kimigayo70.mid
【概要】日本国国家「君が代」(きみがよ)をオリコン1位にする
【決行日】5/22 (詳細未定)
【注意事項】
1.これは国歌に対する侮辱ではありません。一国民がその国の国歌を愛すること。またその国歌のCDを購入することは誰にも束縛はされません。
2.まとめ買いはいくら買っても1枚としかカウントされません。面倒ですが、一枚一枚予約・購入して下さい。
ゲーマーズ、アニメイト、アマゾンなどはデイリーチャートには入りません。デイリーは気にしないでウィークリーに賭けてください。
なお、オリコン加盟店は右記のサイトで参照できます→http://www.oricon.co.jp/rank/index2.html
3.振り付けhttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader160435.png


549 :巨大軍需利権の一翼としての共謀罪:2006/05/16(火) 20:29:35 ID:3635tD73
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士と
その共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を
繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。
侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が
免罪されると本当に思っているのか。靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!


550 :名無しかましてよかですか?:2006/05/16(火) 23:13:24 ID:GPpszoP4
「1911年11月辛亥革命で翌年2月清が滅亡すると、
清の直轄地であり女真族の故郷たる満州も統治者を失った。
満州の地は1912年以降は無主の地となった。」
こんな感じです。
やっぱり、満州は日本固有の領有地でした。清国と条約なんて無いよ。
フギを皇帝に立てただけ。

551 :名無しかましてよかですか?:2006/05/17(水) 09:43:26 ID:NSb6+MWG
>>550
無主の地となったとすると、租借権も消滅し、日本の権益も消滅します。
それを避けるため日本は満州が中華民国領であり、租借権は継承されて
いるとしていました。租借権延長を中華民国に要求したのもその現われです。

552 :名無しかましてよかですか?:2006/05/17(水) 10:01:22 ID:/ntJyMHI
>>551
租借権延長の「日華条約」 >>454

553 :名無しかましてよかですか?:2006/05/17(水) 13:07:17 ID:NSb6+MWG
>>552
意味不明。454の内容が551の論点にどう関係しているというの?
日本が中華民国を租借主と認めていた事に違いは無い。

554 :名無しかましてよかですか?:2006/05/17(水) 13:14:35 ID:EixAgDBe
何にせよ独立したら中華民国の満州権益も消失するわな。チベットや台湾・モンゴル・ウイグルの独立にも期待したいんだが。

555 :だつお:2006/05/21(日) 21:05:01 ID:CI2gPXl9
日本製の高品質性に、中国人がどれだけ号泣したか知ってるか?
皇軍の精強さに、中国人がどれだけ大量虐殺されたか知ってるか?
それは中国人がドイツ製アメリカ製兵器で武装すれば対抗できる
といったレベルではなかったのだぞ。
日本が日中戦争のことで中国人から恨まれるのは、97式中戦車チハ
が優秀で中国人を虫けら同様に大量殺戮して無敵を誇った証であって、
日本製品の高品質性は胸を張って優越感に浸るべきことなのだ。
比類なき大規模な侵略戦争を発動したというのも、われらが四式戦闘機
疾風が大陸打通作戦の大空を飛び回ってエアカバーを完遂したおかげ。
大陸打通3000キロ。皇軍は常勝、皇軍は最強、皇軍は無敵。
日本鬼子はその優秀な近代科学兵器で広大なアジアを占領下に置き、
中国チンピラゴロツキ3500万を血祭りに、その爪痕を確固たるものにした。
チンピラゴロツキの中国人は湧いてきたら殺せばいい、死ねばいい、棄てればいい。
それは無間地獄で亡者が無限に湧いてきては鬼に虐殺されるのと同じ。
中国人は数が多すぎるから、片っ端から殺戮しておいたほうがいいのだ。
その方が97式中戦車チハの高品質性を世界に向かってアピールできるし、
なによりチンピラゴロツキの人口爆発は地球環境を汚染するから。
すごい、すごい、あまりに凄すぎる皇軍の大陸打通3000キロ大作戦!

http://p2.chbox.jp/read.php?host=tmp5.2ch.net&bbs=asia&key=1120186708&ls=all
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1120186708/all
大陸打通作戦〜大地を駆ける3000`の雄叫び

556 :名無しかましてよかですか?:2006/05/21(日) 23:01:56 ID:IbRhHGRA
共産主義と公明党の違いを厨卒の漏れにもわかるように説明してけれ!公明党は宗教って聞いたんでつが…

557 :名無しかましてよかですか?:2006/05/21(日) 23:55:46 ID:gtm+JoDJ
中卒はそんな難しいことを考える必要はありません。
選挙にも行く必要はありません。

558 :名無しかましてよかですか?:2006/05/23(火) 01:04:51 ID:wzdfwPUD
http://www.worldforum.jp/

559 :名無しかましてよかですか?:2006/05/27(土) 08:53:03 ID:SEXo1v1O
>>555
お前、バカ?本気で言ってんの?
3500万を殺したのは毛沢東だろ?

560 :名無しかましてよかですか?:2006/05/27(土) 19:52:56 ID:GbR92QHb
つか敵と味方間違ったよな。
朝鮮半島を併合して、朝鮮人を近代化して米国と戦ったのは間違い。
米国と組んで、朝鮮半島を収奪しまくれば良かったんだよ。
つくづくそう思う。

561 :名無しかましてよかですか?:2006/05/28(日) 07:55:23 ID:I0vS5Gh6
収奪する物が無い。
まぁイギリスを見習えば良かったのだな、つまり飴と鞭で支配階級を使って間接統治、
日本人移住者の住む付近だけインフラ整備、朝鮮人は両班だけ優遇

562 :名無しかましてよかですか?:2006/06/11(日) 01:29:23 ID:je3YoWN4

>>555
だつおだって プギャー
日本人のふりしたシナ人だろおめ
バレバレなんだよ
デタラメばかり並べやがって

相変わらずの雪だるま式捏造のオンパレードだなシナ人は


563 :名無しかましてよかですか?:2006/06/12(月) 23:01:52 ID:dLIpD9x6
>>561
おおむね賛成、
だが、ロシア防衛線を張らなければいけなかったから、
結局、満州事変となり、アメリカと対立は避けようも無い。
朝鮮人を世界史に絡めて考えても歴史に影響を与えないね。
もし、イギリスを見習っていて、日英同盟を続けていれば歴史は変わった。

564 :名無しかましてよかですか?:2006/06/13(火) 19:21:28 ID:dux7+SK3
昔のじじ、ばば、が決めたことだ。
今こうして暇してるのは幸せだ!!
でも、アメリカとはやるべきではなかったと思うよ。


565 :名無しかましてよかですか?:2006/06/13(火) 22:15:51 ID:OkOnec+I
>>1
真珠湾は攻撃せずにイギリス、オランダ、フランスの植民地だけ攻撃すればよかったのでは

566 :名無しかましてよかですか?:2006/06/14(水) 21:16:42 ID:FB3eMBxF
ハルノート無視してたらどうなってたの?

567 :名無しかましてよかですか?:2006/06/14(水) 22:13:05 ID:Wf0owRJp
戦争した結果海外の領土は全て奪われ残虐な行為をした国とレッテル貼られた。
あげくのはてに米軍基地は置かれるは、周辺に反日国はできるは。
やむをえず戦争をしたって意見もあるが、なんとか回避できる方法無かったのか?
いくら勇敢に戦ったとは言え、結果から見れば当時の政治は非難されるべき。
歴史にifは無いとは言え、今の悲惨な日本を見てると歯がゆい。

568 :名無しかましてよかですか?:2006/06/14(水) 22:18:21 ID:UUAp7VhL
>>567
それだけ当時は何も考えなかったし、いまもそういう人間がいるってコトじゃないスカね。
捲土重来を期するなら、ほんとやり方ってモノがあるだろうに。

569 :名無しかましてよかですか?:2006/06/14(水) 23:08:24 ID:aF8EjlIe
痛い大学教授を晒します



サッカーとナショナリズム
 いやー。4年ぶりにサッカーW杯の季節が巡ってきました。
日本ちゃちゃちゃとか、無邪気に叫んでいる若者を見ると
反吐が出るね。安易に、ナショナリズムに手を貸すなっつーの。
安易に同一化するなっつーの。怖いな〜〜。自己保存は、不気味なんだよ、おまえら。
『大衆の恐怖』って感じ。エチエンヌ・バリバールでも読んで欲しいが、
きっと読んでくれんじゃろ。そもそも、フランス語で論文が読める学生は皆無だし。。。
フランス語でバリバールの本が読めるようになってから、ナショナリズムの問題は論じなさい。
 やっぱ今求められているのは、「選挙に行くな!」という運動だね。
若者が選挙に行ったって、間違えるからね。行かなくていいよ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=154591907&owner_id=809541

570 :東条:2006/06/14(水) 23:53:35 ID:UWoMLha+
お前らは、歴史に無知だなぁ〜。
日英同盟はアメリカに破棄させられたんだよ!
それにアメリカは日本人を動物みたいにみていた。だから日本人に平気で原爆落としたんだよ。
ちなみに戦争でも民間人を殺したら国際法違反です。

571 :東条:2006/06/15(木) 00:12:14 ID:ytucHfEE
大日本帝国の航空戦力はトップレベルの戦闘力だった。
零戦や柴電などの航空機はアメリカのグラマンの40倍近い戦闘力だったようだ。(熟練パイロットの不足でほとんど使いこなせなかった)
国力では圧倒的に不利なのに大日本帝国は白人を恐れず立ち向かったのだ。そんな日本を私は誇りに思う!
(日本の南方侵攻とアジアの独立は関係があることは確かだが、日本がアジア独立を目標としていたかどうかは不明)

572 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 01:04:34 ID:Iyu+FALY
日帝は自惚れてたんだよ
日露戦争で奇跡的に勝利してしまったから

573 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 01:21:32 ID:VLU9k1Tp
日露戦争で日本を救ったのは、英国よりも共和党アメリカ。(C・ルーズベルトの仲裁)
にも関わらず、日本は直後のハリマンの満鉄共同経営案を断った。これで、日本移民は
中国移民排斥後も守られて たのに、アメリカで日本移民への反発が起きた。
それで20年代に排日移民法が成立。

これが戦争に向けての一番大きな要因。満州だって、アメリカと共同経営してれば、
手放すことを強要(リットン調査団、ハルノート)されることはなかった。

それに、南印を宣戦布告抜きで攻撃かまして、フランスを追い出したのもミス。
今でこそ反米のフランスだけど、1914〜45年まではアメリカの友国。
アメリカに石油禁輸の理由を与えてしまった。この作戦は東条陸相(当時)の責任。


574 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 05:08:35 ID:mXs4B200
結局、戦争始めてたとしてもさっさと短期決戦が失敗した時点で降伏
しといたほうがよかったのでは?
こっちが兵力を温存してたら、無条件降伏の受け入れなんて要求してこないっしょ?

575 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 05:10:23 ID:mXs4B200
結局、政治家が敗戦の責任取らされるのを先延ばしにしたいから、
降伏しなかったのかな

576 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 08:55:02 ID:f/DoAPh7
つか降伏するなら本土決戦の前にしろよ。
空爆されたり原爆落とされたり大損害蒙ったんだし。
本当は政治家らは南方で負け続けた時点で勝ち目が無いとわかってたんだろ?
だったら戦力保持した上で降伏すれば良かったんだよ。
自国の憲法をGHQ監督の上作らされるなんて屈辱的な扱いを受けなかっただろうし。

577 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 11:45:44 ID:N2STxQdc
>>573
アメリカ様と仲良くしなかった日本が悪い、か
何でアメリカの肩ばかり持つの?w


578 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 13:26:10 ID:8W6XvkiN
たとえ何をされたとしても、仲良くする心が大事なのです。

とにかく、自分から相手に心を開く。

そうすれば、悪いようにはなりません。


他国とのいざこざは、全て日本に責任がある。

それぐらいの考えで外交努力をすべきなのです。


わかりましたか?


579 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:05:52 ID:VLU9k1Tp
>>577
日露戦争でのルーズベルトの仲裁努力はすごいもの。サハリン攻撃だって、
ルーズベルトの指示だぞ。そうすればロシアが折れるって。日本軍の作戦にまで関与
して、日露戦争で日本優勢の時点で日本勝利ってことにして手打ちにしてくれたわけ。

その直後に鉄道王ハリマンの、満鉄共同経営案(共同施設案)を断ったんだよ?
(政府内はおおむね賛成だったが、小村寿太郎の独断で断った)
それで、親日ムードが消えて、反日運動がアメリカで極度に盛り上がった。
結局、このミスは終戦を迎える40年後まで、日露戦争後生まれた、「JAP」という言葉
とともに、響いてくるわけだ。

アメリカの肩を持つってわけじゃないけど、日本政府がアホすぎるって思っただけ。

580 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:10:55 ID:N2STxQdc
>>579
十分アメリカの肩を持ってます。そして単に日本を叩きたいだけの
祖国に甘えながら祖国を叩く痛い人間ですな。
普通「JAP」なんて日本人が使うものではないし。尻尾が見え見えですよ。


581 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:16:19 ID:VLU9k1Tp
いつJAPって言葉を自分が日本人に対して使った?自分自身が日本人なのに、
JAPなんていうのは、松井秀樹ぐらいだろうw
どこらへんがアメリカの肩を持ってるんだよ?小村寿太郎が突っ走り過ぎたこと
は事実だろうが。

もう1点付け加えるが、日露戦争で賠償金が得られなかったことを、朝日新聞が
煽りまくったことが小村の強硬姿勢の背景にある。
「冷静になれ」と諭してた徳富蘇峰の国民新聞は、朝日新聞に煽られた馬鹿によって、
火をつけられてる。(以後、国民新聞の論調が明白に変化した)

こんな状況下での小村強硬外交。朝日新聞の責任は大きいな。

582 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:24:21 ID:N2STxQdc
>>581
どうやら骨の髄まで祖国に甘えながら祖国を叩く痛い人間のようですな。
反論不能の相手を叩いて自慰行為ですか。お気楽極楽の様ですな。

何故か日本側の行動に難癖を付ける割には米国の行動や排日移民法など人種差別は頬かむり。
ここらへんがアメリカの肩を持ってるんだよ。御分かりか?


583 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:32:03 ID:VLU9k1Tp
>>582
そこが不思議なんだよ。何で排日移民法を叩く?日本には強力な移民制限があった。
それに対して、アメリカは80年代の中国移民排斥後も、1920年代までは、日本移民の
受け入れしてたんだぞ?
日本は不平等条約下でも、移民を極端に制限して、単に在留するだけの外国人に対して
も住んでいい場所の制限も与えていた。移民排斥を叩ける立場にないじゃない。

それと、予備自衛官をやってるから、いざとなったら、貢献できるかと思う。
まあ、予備自衛官が実際の戦闘に駆りだされるなんて考えにくいけどね。

584 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:34:44 ID:VLU9k1Tp
日本が移民を受け入れたのは、歴史的に見て、朝鮮人だけ。今でもアメリカ人に
対しては、「永住権」は与えるものの、「通名」や「特別永住権」は与えられない。
当然、移民も帰化も激しく制限されてる。
それに対して、アメリカでは日系移民は今やユダヤを超える、米国最高位の富裕層に
なってる。(もちろん日系移民の努力の賜物だけど)

585 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 14:51:15 ID:N2STxQdc
予備自衛官ねぇ・・・役に立つのか?
精々任務を果たしてる自衛官の足を引っ張らないで下さいヨ?

さて日系移民だが、WW2時に独・伊系移民はノータッチの割に
日系だけは強制収容所送りになった件はどう考えますかな?
>米国最高位の富裕層に
ソースが必要でっせw


586 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 15:33:07 ID:VLU9k1Tp
>>585
強制収容所の話はアメリカでも暗黒史として、西海岸地方を中心に教えられてる。
その点についての怒りはあなた同様だ。

しかし日本の捕虜扱いの悲惨さも同時に問題。アメリカは強制収容所の件を認めて
暗黒史としてるが、日本は捕虜扱いの悲惨さを認めようとしない。
(日本の捕虜扱い http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mia.html

在米日系人の平均所得
http://www.allon.info/jp/resources.html

レーガン政権による謝罪と賠償。日系人はアジア系移民で最大の経済的成功を
収めてる。
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/~adachi/keiro_1.htm
http://www.tcp-ip.or.jp/~ainuzuka/nichibei/USA3HP/p092.pdf

日系人の平均所得は白人より上だが、ユダヤより下で、アメリカ社会における
2番目の富裕階層だった。ユダヤを超えたとか言ってすまん。そこは間違いだった。
何と勘違いしたのかと重いきや、カリフォルニア州における階層別平均所得と
誤解してた。

587 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 15:37:40 ID:Ru87dqZz
>>585
>WW2時に独・伊系移民はノータッチの割に

収容所送りこそなかったが伊系移民も監視対象にはいってましたが?
漁師は船取り上げられたり(船による利敵行為防止の為)してるわけだが
ノータッチは言いすぎでは?


588 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 18:47:31 ID:N2STxQdc
>>586
ふむ、了解。だがしかし頭蓋骨を土産にする気違い加減は
無かったですな・・・
>>587
ソースぷりーずですな。因みに確かブッシュ(父)やニミッツ提督も独系移民ですが
やはり監視下だったと?


589 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 19:04:10 ID:dBxBZd9h
>>585
>予備自衛官ねぇ・・・役に立つのか?
>精々任務を果たしてる自衛官の足を引っ張らないで下さいヨ?

予算がないんだからしょうがないだろ。
駄目だってんなら国防費と入隊志願者を増やす案を出せ。

590 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 20:05:25 ID:w/OcRq8E
ID:N2STxQdcは「いざとなったら」、
一体何の役に立つんだろうね?

591 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 21:04:02 ID:N2STxQdc
>>590
何もたたんだろうな。当然、w/OcRq8Eは一国民以上に
役に立つのだろう?w

592 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 21:20:11 ID:wxF+a2Mh
>日本の捕虜扱い http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mia.html
俺には単にB29撃墜記録が載ってるようにしかみえない。
当時の軍指導者がB29の捕虜をこう扱えという命令書でも
でてこないと、現場の暴発の積み重ねなんかしこしことっても
国家責任を問えるレベルとは到底思えない、ただ「へぇボタン」を押すのみ

家燃やされて怒り狂った民衆の只中に落っこちて
良くこんなもんですんだな、米パイロット
が俺の評価、
軍事機密を聞き出すまではリンチの中に放り込めず
可及的速やかに確保したんだろうか・・


593 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 21:25:14 ID:1DimCiQX
>>591
(自称かもシランが)「予備自衛官である」人間に難癖つけたのはおまえだろ。
役に立たん人間が口だしすんな。

594 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 22:18:50 ID:34cj7pxr
>>593
予備自衛官も一般市民も皆、役に立つに決まってるじゃない。
俺のようなイッピーでも、何かの役には立つんじゃないかな?

アメリカの日本人移民強制収容は確かに黄色人種差別だが、
人種差別がきっかけで、大東亜戦争になったわけじゃないし、
結果論として日本が戦争に負けた為、
アジアの国々が弱った連合国の各国から独立したにすぎないからね。
日本が負けたおかげで、なんと、朝鮮まで独立してしまった。
負けちゃおしまい、、。

595 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 22:45:09 ID:N2STxQdc
>>593
おや?税金納めてる人間が国防に関して文句の一つも言っては駄目という事?
んな共産国じゃあるまいに、ねえ?


596 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 23:08:39 ID:VLU9k1Tp
>>593
自称ではないよ。予備自衛官であることは本当。大学2年の時からで、満3年ちょい。
でも、予備自衛官が役に立つのかというと、実際、微妙だけど。最低限の訓練しか
受けれんし、自衛官のような覚悟もない人が多い。ほぼ、学生やサラリーマンだし。
軽めのアルバイトみたいなノリの人が多いな。最近では、広報センターでも、そんな感じの
勧誘してるぽいし。自分の場合は、もっと熱い思いみたいなのもって志願したけどねw

597 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 23:46:48 ID:f/DoAPh7
兵隊はよく頑張った。英霊として国が弔う。
そこまではいい。でも上層部の判断はどうなのか?
最近の保守反動?って言うの?
こういう雰囲気のせいなのか、その辺の考察が疎かになってる気がする。
後から結果論で物言うなってのもそうなんだが、考察は必要だろやっぱ。
バカとまでは言えないが、悪い結末を招いたのは事実。

598 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 23:52:14 ID:1DimCiQX
>>595
アホか。「役に立たないんじゃないの」と他人をはかり、罵声を浴びせる人間が、
こともあろうに「役立たず」ってな話はねえよ。

おまえみたいな役立たずが国防に関して口だしすんのも論外だが、そもそも
これはそんなレベルの話じゃねえ。

599 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 23:56:48 ID:XKO6wbJ7
>>597
個々の事例の検証が必要だってのは同意。
でも結果論は排せよ。

600 :名無しかましてよかですか?:2006/06/15(木) 23:59:21 ID:VLU9k1Tp
>>597
自分の考えも同じようなもの。特攻隊員のことを英霊として弔うのは当たり前だけど、
昭和天皇も嫌っていた、松岡洋佑なんかは英霊とは思えないな。

601 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:02:32 ID:zP9AxX05
昭和天皇個人の好き嫌いじゃないかそれは。

602 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:07:21 ID:5P02UJuM
>>598
感情論だな。んじゃ595より役に立つのって話だ罠?
1DimCiQXは批判する事を許さない痛い人間だという事が証明された。

脳内国士もいいがハロワへも行けよ?


603 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:11:37 ID:zP9AxX05
批判は結構だが、代案は何かあるの?
文句をつけるだけなら子供でも出来る。
予備自衛官は役に立たない。ではどうするか?
その辺の意見をお聞きしたいな。

604 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:13:11 ID:4tYvNdpA
>>1
おまえ、くるくるパーなんは100%じゃダボ
なに結果みてから1%もなかったとかぬかしとんねん
おまえウンコたれやし知性は朝鮮と同等やの
無知すぎて話なってへんのや、親の顔見てみたいわ

605 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:14:54 ID:IY3hFOPz
愛国心に燃えて予備自衛官やり出したわけだけどw、予備自衛官たちに毎月バイト代
払うのと、本職自衛官を定年まで面倒みるのとで、どっちがコスト的にいいかだね。
おそらく、予備自衛官100人に対し、自衛官1人ぐらいの経費の差はあると思うよ。
それでも、後者の方が、国の役に立つだろうね。予備自衛官はあくまで予備だから。

606 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:16:45 ID:IY3hFOPz
予備自衛官についての広報HPがあったよ。
http://www.jgsdf.go.jp/reserve/seido/

607 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:19:22 ID:IY3hFOPz
なぜかフォトギャラリーまであったw 89式銃(いわゆる機関銃)はお気にです。
http://www.jgsdf.go.jp/reserve/seido/photo/index.html#

608 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:25:11 ID:bKXpKcsL
>>602
ホントにバカだなおまえは。「役に立つのか?」とあざけっている人間が、そいつより
全然役に立たないなんて、喜劇にしかならん。と、そういっておるのだよ。
だいたいおまえのは「批判」とかそういうレベルのもんではない。ただの言いがかりだ。

ていうか、脳内国士ってのはまさにおまえだろう。予備自衛官にもならず、そういう
人間をあざけることで気持ちよくなれるんだから、まあ、愛国オナニーっては安上がりだな。

609 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 00:27:48 ID:IY3hFOPz
>>607のリンク先の訂正w http://www.jgsdf.go.jp/reserve/seido/photo/index.html

610 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 06:10:52 ID:5P02UJuM
>>608
で、お前は何の役に立つのかと?w
それには答えないんだな。役に立たないから。

611 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 11:21:11 ID:4tYvNdpA
予備自衛官?そいつの人間性はしらんが行動は立派や いうといたるオレはちょっと前までバリ左翼汚染されまくり戦争なったら金でオーストラリア逃げよう思とったアホンダラじゃ
そやけどいうといたるオマエらスレ違いなんじゃダボ>>1は最低のカスいうとうんじゃ

612 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 12:22:28 ID:bKXpKcsL
>>610
オレのことなんか関係ねーよ。真症のアホだ。

少なくとも軍事に関して、オレは予備自衛官ほど役に立てるはずがないから、
相手をあざけったりいぶかしんだりはしない。でも、おまえはそうした。
であれば、相手より役に立つ存在でなきゃおかしいのに、そうではないという。

なるほど、自己肥大性の精神分裂症だな、と。そういう話だ。

613 :名無しかましてよかですか?:2006/06/16(金) 13:13:41 ID:5P02UJuM
>>612
なるほど、関係も無いのにしゃしゃり出て他人を貶すと言う点において
お前も自己肥大性の精神分裂症だなと言うわけだ。同じ穴の狢の癖に何奇麗事を言ってるのか?

ちゃんと税金納めろよ?w

614 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 00:40:55 ID:gEv7dpqS
ま、当時、「絶対に負ける」と言い切れない雰囲気がまずかったんだよな。
そんなこと言ったら即殺される、あるいは非国民扱いでしょ。
今ワールドカップで日本を応援しないと非国民扱いされるけど、
将来戦争をしたら同じ過ちを繰り返すな、この国はw

615 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 13:19:01 ID:w8/4VQ4h
東条英機とかはさすがに戦力差を把握してたはずだよね?
それでも貼るノートだっけ? つきつけられてブチキレ開戦した判断はやっぱアホだし
それを決断させたのって悪い意味での侍精神なんじゃないの? ぜんぶ憶測だけど

なんか司令官のシャブ中ノリ侍精神みたいなもんが、日本には伝統的にあったと思うんだよな〜

616 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 13:22:35 ID:w8/4VQ4h
シャブ中のヤクザって、日本刀で意味もなく自分の腹をかっさばいて病院に運ばれたりするじゃん。
あーいうノリが織田信長とか、古来からの武将にはあったっぽしいw

617 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 14:42:12 ID:zwIJ4IIR
>>615
ハルノートでの最も譲れなかった点は、「満州撤退」。
元々、日露戦争後のハリマンの満鉄共同経営案に乗っておけば、ハルノートも
ありえなかったのがよく分かるよな。戦犯は、小村寿太郎と、煽った朝日新聞。

618 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 14:52:28 ID:XMSQ3YNl
あれ?朝日は左じゃなかった? 方向転換でもしたの?

619 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 18:08:47 ID:zwIJ4IIR
戦前はアジア主義丸出しの右。今も昔も、アジア主義で反米なとこだけは変わらない。

620 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 19:03:45 ID:B39BiHXg
なるほど

621 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 19:22:54 ID:0cZw3E+v
よくわからんが、何で日英同盟を解消したんだ?
日英同盟を維持してたら米国も日本にハルノートみたいの突きつけられなかったはず。
それと何でドイツと組んだんだ?
英国との関係維持じゃまずかったのか?

622 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 20:11:39 ID:5e89SYNA
 アメリカ陸軍参謀本部の計画作戦部長はアイゼンハワーであったが、
彼はこうした状況に直面してアメリカ独自の解決策を摸索していた。
一九四二年二月二八日に彼はマーシャル参謀総長に研究結果を報告した。
彼は分断された弱い方の敵から最初に撃破すべきであるとの軍事的な公理を
援用しつつ、次のような見解を主張していた。すなわちドイツは日本と比べれば
より大きな戦闘能力を持っているものの、独ソ戦によって日本よりも相対的に
弱くなっている。そしてドイツはイギリスから攻撃しやすく、太平洋にアメリカ
軍部隊を輸送して維持することは大西洋で同じことをする三倍から四倍の船舶
が必要である。そしてイギリス本土の基地機能は他のどこよりも優れている。
したがってアメリカの戦略の基本任務はイギリスを確保し、ソ連を戦争に
とどまらせ、ドイツと日本の結合を阻止することにあると論じていた。
<第二次世界大戦の政治と戦略 赤木莞爾 P74>

In dealing with the first of these three points, the memorandum applied the
"strategic axiom" that the commander should first attack and defeat the weaker
force of a divided enemy. Eisenhower reasoned that although Germany and its
satellites were stronger in total combat power than Japan, Japan was still
"relatively stronger" since it was not at war with the Soviet Union and much less
accessible to attack by the main forces of the other Allied powers. Moreover, it
took three to four times as many ships to transport and maintain a given American
force in the Pacific as in the Atlantic. Therefore, Eisenhower concluded, "logistic
reasons, as well as strategic axiom, substantiate the soundness of the decision
to concentrate against the European Axis.
http://www.army.mil/cmh-pg/books/wwii/Sp1941-42/chapter7.htm

623 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/06/17(土) 21:18:54 ID:R2SyuY+n
まず、日本と言う統率された国家があったと思ってはならない。
政府と軍部が別々の意志決定機関として存在するという
近代国家としてあるまじき状態だったのが昭和初期の日本。

政府の公約を軍部が無視して作戦決行するから外国から見ると
現代の北朝鮮並みの嘘つき国家になってしまっていたのが
本質的な戦争の原因。

624 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 21:31:10 ID:zwIJ4IIR
>>621
4カ国同盟による、自然解消だった希ガス。これ自体は、アメリカの対日戦略という
説がある。満鉄共同経営を蹴ったことで、よほど怒り心頭だったようだ。

625 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 22:39:21 ID:IaArFGw4
自然解消つか満期になって、メリット無しという意見が両国にでており
アメリカが更に日米英仏の4カ国の内の二国だけで
軍事同盟を結ぶ様な事は好ましく無いと両国に圧力を加えまして

延長無という事でオワタ

626 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 22:44:59 ID:hNudXbcw
>>623はえらくある思想、イデオロギーに汚染の予感
>>624は事実&それから考えられる仮説の予感


627 :名無しかましてよかですか?:2006/06/17(土) 23:46:18 ID:0cZw3E+v
>>624-625
サンクス。
両者とも米国の圧力を考えてるのが面白い。
戦後の占領政策といい、歴史浅い割りにやけに狡猾というか駆け引きがうまい国だな、米国は。

628 :だつお:2006/06/18(日) 01:08:38 ID:Hamk4FnI
日本海軍の通信技術がドイツ空軍より圧倒的に勝るから解読不能
などと主張したいやつには何をかいわんやだが・・・

その中、数学者のアラン・チューリングを中心とするチームが、電磁石を
使った電気式計算機「ボンベ」を開発し、1940年11月、見事にエニ
グマ暗号の解読に成功したのだ。
さっそく傍受したドイツ軍の暗号を解読した結果、ドイツは攻撃目標を
ロンドンから別の都市へ変更。最初の標的はロンドンの北西にあるコベン
トリーという町で、攻撃の日は、11月14日と判明した。
http://inochi.jpn.org/hitoiki/H05.htm

 アメリカ側は真珠湾攻撃前には日本の海軍暗号を破ることができ
なかったという説に対しても、《スティネットは昨年5月に初めて
公開された4千点以上の諜報通信関連の記録文書のなかから、
新資料を提示している。フィリピン、コレヒドール島の無線監視局
CASTの局長、ジョン・M・リートワイラーはワシントンの海軍省
に宛てた41年11月16日付の書簡で、まったく新しい暗号解読
システムを発見したことともに、こう報告した。「われわれは二名の
翻訳係を多忙ならしめるのに十分なほど、現在の無線通信を解読している」
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/byakuya/290.htm

250 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)