5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漫画「風の谷のナウシカ」の主人公は朝鮮人?

1 :名無しかましてよかですか?:2006/12/07(木) 04:52:37 ID:LXs51t8B
3年ちかく2chやってるが既出という話は聞かないので立てました。
このスレの武運長久を祈る。

2 ::2006/12/07(木) 04:56:51 ID:LXs51t8B
ひょっとしたら公言されるのは日本ではじめて、世界で初めての珍説かもしれません。
関心ある人暇ある人はチェックしてみてください。

3 :名無しかましてよかですか?:2006/12/07(木) 13:46:24 ID:h7SEPePX
>>1ニ告グ
今カラデモ遅クナイカラ削除依頼ヲ出セ。
抵抗スル者ハ全部厨房デアルカラ無視スル。
オ前達ノ父母兄弟ハオ前ガ糞スレヲ立テタノデ皆泣イテオルゾ。

4 :名無しかましてよかですか?:2006/12/07(木) 13:54:27 ID:Lpv7fveT
昔このコヴァ板にあった「著名人を勝手にサヨク認定するスレ」みたいに
著名人を勝手に朝鮮人認定でもするか。

5 ::2006/12/07(木) 14:57:36 ID:QYWm7AH2
せめて単行本持ってる人に反論してほしいなあ
それに誰も宮崎駿が朝鮮人だなんて言ってねぇぞ

6 :名無しかましてよかですか?:2006/12/07(木) 15:08:33 ID:3ndOVUGU
http://www17.plala.or.jp/suigin/suki.html

7 ::2006/12/07(木) 22:24:33 ID:QYWm7AH2
やっぱりこの板じゃあ盛り上がらんな・・ まぁ気づいた奴が地獄を見るだけだが。
よそを当たるか。

8 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 00:53:56 ID:AVxsZ2G/
まあ、近い将来にそう言い出すんだろう。きっと宮崎駿も朝鮮人に
されるんでしょう。

9 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 00:59:29 ID:W/FJOH1N
単なる>>1の勘違いに1000点。

10 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 03:35:28 ID:5LPavyMZ
勘違いというかただの馬鹿の妄想だろ
せめてそう思う根拠くらい言え

11 ::2006/12/08(金) 05:23:52 ID:44NKB/oe
>10
たしかにその通り。すいません。まだ何も言ってないから叱られるのは当たり前ですね。

まず、気が付いたのは地図を見ていたときのことです。およそ東シナ海を中心とした極東の地図。
ぼんやりと眺めていたときふと思い立ってナウシカのコミックスの第4巻を手に取りました。
巻頭カラーページの裏側に載っている地図を見て下さい。これを右に90度回転してください。
この際東西南北は無視してください。 ・・わかりますか?



12 ::2006/12/08(金) 05:54:44 ID:44NKB/oe
コミックスの地図と現実の地図を無理を承知で比較すれば風の谷はおよそ北朝鮮の
日本海沿岸の都市ハムフンのあたりになります。
トルメキアの首都トラスはほぼソウルのあたりに位置します。

なおわたしの主張は仮定に仮定をかさねていく非常に危険なものです。
読む人の神経に多大な苦痛を与えるでしょう。その本質はカルト宗教と同じものです。
よってこのスレを読み進めることは精神の弱い方にはおすすめしません。
読み進められる方も定期的に荒らしを入れてください。
それが自己の精神に対する緩衝材の役割を果たすかもしれませんから。

13 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 08:12:07 ID:44NKB/oe
正直なところ心臓がバクバクです。
自分でもなにやろうとしてるのかわかりません。

14 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 09:10:41 ID:44NKB/oe
さて、>12の仮定を延長してゆくと、土鬼は中国であり聖都シュワはその中原、
現実の世界では古代中国で黄河文明が栄えた地域にあたります。
腐海はモンゴルや北方民族の出現地に位置します。つまり現実の世界で支那を
脅かしてきた勢力はこの時代(漫画のいわゆる「千年後」)すでになく
漫画があつかう世界は土鬼とトルメキアに限定されます。つまり中国と朝鮮です。

15 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 09:48:18 ID:44NKB/oe
ここでちょっと現実の歴史の方についてわたしの見方を述べておきたいと思います。
中国人の、モットー(社会集団や組織の日常の行動指針を表す言葉のこと)を一つあげるとすれば
それは昔から「一」になるようです。ちなみに日本なら「和」といったところでしょうか。
これは中華思想、四夷・華夷秩序などと密接に関係すると考えます。
かつて中国中原(河南省あたり)に古代王朝が誕生したとき、その地から四方を見わたしても
その中原文明に匹敵するような文明・文化勢力は存在しませんでした。世界ではじめて
誕生した文明は、自らが世界唯一の文明だと信じきりました。無理からぬことです。
(東アジア限定の話です。調べたらシュメールやエジプト、インダス文明はもうすこし早いようです。)
自分たちが農業をおこし天文を読み 青銅器をつくり、政治体制を整備しさまざまな思想を生み出していた頃
まわりの民族はいつまでもドングリ拾いや狩猟にあけくれていてばかり。中国人はそんな彼らをさげずみました。
これが華夷思想のはじまりでしょう。
やがて漢や隋の頃になってようやく周辺にも国をつくる動きがあらわれました。中国は
かれらにもみずからの文明の生んだ知恵をあたえてやりました。しかし自分たちより
数千年も遅れて文明を持ちはじめた民族に対等に接する気はさらさらありませんでした。
歴代の中国王朝は周辺国に貢物を要求します。そのかわりに恩寵というかたちで返礼をします。
朝貢国は中国の臣下としてふるまうよう期待されました。上下関係を固定しようとしていたのです。
文明が一方的に中華から四方へ出て行く当時の状況ではごく当然の、むしろ中国の深い愛情が感じられる
理想的な外交政策だったかもしれません。
でもひょっとしたらこれは2千年も孤独に捨て置かれた中国文明の、
ささやかな復讐の気持ちだったのかもしれませんね。それでもかなりエスプリは効いていますが。

そう、かつて世界に文明はひとつでした。 自分自身をそうとらえた中国。 この自己認識は
はるか後世にまで影響をおよぼす暗示となってはたらいてゆきます。

16 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 11:43:54 ID:aHhx8QIf
つうかさ、全くのゼロから全部創作したわけじゃなく過去の歴史物語などを参照してるんだろうから
どこかに似ちゃうのは当たり前だろ。

要するに、元ネタを見つけた。
ただそれだけのこと。

17 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 11:47:44 ID:44NKB/oe
いやまあ、それはそうなんですけどね。
まぁまだ書くことはあるので続けますよ。

18 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 11:52:29 ID:44NKB/oe
あ。 規制解けてる。

19 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 12:19:54 ID:44NKB/oe
我々人間は思春期以降 「自分は何者か」と自問することがあります。
これは当人のその後の運命に大きくかかわる作業です。

我々が自分自身を知ろうとするとき 必ずと言っていいほど自分の幼少期の記憶をさぐります。
「自分はかつてこうだった。だから今の自分はこうで、これからの自分はこうでなければならない。」
だいたいこんなふうに考えます。
これ自体は問題ない思考過程ですが、あまりフィードバックしすぎると自分の進路を猪突猛進するだけの
結果になります。そしてこの思考過程があまりに気持ちいいものだと、この、思考暴走の罠にかかりやすいのです。

とくに、過去の思い出を美化しすぎる人たちには。
栄光の日々はそのまま、悲しき日々は巧妙に脚色して。

そして中国は前者の思いが強いだろうと推測できます。
しかもその日々は孤独の中で過ごしたのです。思いは強化されます。
その後の歴史や昨今の対日外交の無礼さを見てもそうとうこの思考ルーチンがくせになっているに違いありません。

え? 日本人の方がふがいないだけ? ああ、たしかにそれは言えてますねぇ・・ 
何でも人のせいにしてはいけませんね。 ひょっとしたら中国政府の方が冷静かもしれませんね。

20 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 12:23:04 ID:44NKB/oe
でもまぁ 今は漫画の話をするつもりですので、多少のことは目をつぶって・・ ああ、すいません、
やっぱり適当に突っ込んでください。つたない知識で書き込んでいるのだから、脱線するのも覚悟しなくてはね。

21 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 13:25:17 ID:ltUMVrMP
>>15
民族適には当時の中国は関係なくね?
モンゴルかどっかの遊牧民族にのっとられなかったっけ?
まぁ、今の中国人がどんな考えしてるかどうかはそれも考えられるけどね

22 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 14:39:12 ID:U6lSNghO
ナウシカのモデルはフランス人じゃねえのかな
フランスはアジアの韓国とかいわれてるから
似てくるのはあるかもね


23 :名無しかましてよかですか?:2006/12/08(金) 14:41:40 ID:U6lSNghO
間違い
アジアのフランスは韓国だといわれている
に訂正

24 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 17:45:39 ID:44NKB/oe
続けますよ・・

25 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 17:47:26 ID:44NKB/oe
それで、華夷秩序、中華思想なんですが・・
親のふるまい子どもも真似る〜周辺国は外交のやり方も中国のやり方をまねようとしたようです。
しかし対等でない立場を固定した外交関係というものは
中国との間だけならまだマシでしたが、朝貢する側の国同士に適用しようとするとどうしても対立が起きます。
そして日本と朝鮮、韓国。
日本も古代に新羅などを「朝貢国」と呼んで貢物を受けていたそうですね。最近はそうでもないですが。
しかし朝鮮・韓国は今も日本と対等に接する気持ちはないようです。 これは「小中華思想」に起因します。
では「小中華思想」の起源とは何なのでしょうか。

小中華思想とは広義の「自らが中華文明の後継者との考えをもつこと」という意味で捉えると、江戸時代の日本、ひょっとしたら最近の日本も入るかもしれません。ですがここでは朝鮮のそれについて考えていきます。

26 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 17:49:41 ID:44NKB/oe
朝鮮の小中華思想が解説される場合 その根拠となるものは何か?

中国が「一」日本が「和」というように、 朝鮮のアイデンティティーを
一文字で表すならそれは「忠」だそうです。

これはどうも、日本語で言う「忠義」やら「忠誠」といったニュアンスにいたるまでの
プロセスが違うようです。かの国でいう「忠」とはまず 

「中の心」→「中心の心」→「中庸」、「公平」、「平等」
このような意味合いが大きいと思われます。

この根底にあるのは朝鮮半島の地政学的状況や歴史的影響から生じた、中国中華への
同一化願望の表れではないでしょうか。

27 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 17:51:15 ID:44NKB/oe
陸続きで1500kmも行けば中国の都というように、あまりに朝鮮は中国に近すぎました。
間をさえぎる自然の要害はこれといって何もありません。また北にはモンゴルや女真などの
強力な民族が控えており、半島は常に外敵からの侵略の脅威にさらされていました。
これら外部勢力の中でももっとも交渉相手として有益だったのは中国だったのでしょう。
朝貢さえしておけばその他の勢力が攻めて来ても庇護してもらえる場合すらあったのですから。

もっとも中国だって一属国の為にタダで大軍を動かしたくはありません。
しかしもともと産物の少ない半島からはいくらも手に入るものがありません。
せいぜいわずかな財産を絞ったり政治的権威をとりあげたりというくらいしかできませんでした。
しかし朝貢国の保全は中国の中枢でも重要な関心事でしたので中国は朝鮮を手放すつもりは
まったくありませんでした。

朝鮮も一方的に中国の庇護を受け続けるばかりでなく 時には中国を守ろうと立ち上がったことが
あります。明が清に滅ぼされかけたとき朝鮮は軍を起こしましたが逆に清に叩かれて清との
兄弟関係を結ばされる結果になっています。

ともかく2千年の昔から現代に至るまで朝鮮は中国を親と慕い続けてきました。しかし最近は
東北工程など歴史問題で両者はぶつかりはじめていますが。

28 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 17:54:20 ID:44NKB/oe
さて ところで、そもそも中国中原ではどうしていちはやく文明が起こったのでしょう?
この理由を示す決定的なものはわかりません。偶然? といったら言い過ぎでしょうが
必然というほどのものも見当たりません。世界4大文明の共通点といったら大河に面した比較的
肥沃な地域であったという事ぐらいのものでしょうか?
しかし現在のエジプト・イラク・インド・中国につらなるこれらの地域はその文明発生以来
平穏無事に歩んでこれたとはいえません。度重なる周辺民族の侵入や新興諸国にくらべての
文化や技術レベルの衰退や停滞、近代以降は西洋諸国の殖民地になったこともあります。
文明の曙の時代の勢いはどこへいってしまったのでしょうか?栄枯盛衰盛者必衰は世の掟、
永遠の繁栄などありはしないのかもしれまん。
文明誕生の力のもととなったのは幸運を運ぶ青い鳥のようなものだったのでしょうか?

29 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/08(金) 20:44:07 ID:44NKB/oe
そこへいくと朝鮮はいままでその青い鳥が訪れたことがない地域だったかもしれません。
おなじ半島国家でも古代ローマとは話が違います。ローマはそれ自体が政治の中心として
力を持っていました。近隣には中国のような強大な国家もありませんでしたし、その
最盛期には地中海沿岸のほぼ全域を支配、果てはイギリスやパレスチナまで勢力化に
おいていました。地政学的、地理的条件というのは国家の命運にとって支配的な力を
もつようです。

30 :ヒキサヨニート:2006/12/09(土) 00:48:24 ID:GOjeHg3m
主人公って、ナウシカ?

31 :名無しかましてよかですか?:2006/12/09(土) 01:25:09 ID:2VbsXjuM
ナウシカはユダヤ系フランス人だよ

32 :名無しかましてよかですか?:2006/12/09(土) 04:50:43 ID:FWDt3cU3
ナウシカの元ネタはギリシア神話のナウシカと堤中納言物語の虫愛でる姫君だろ
宮崎本人がそう言ってる
そういや宮崎はコナン作ってた頃、こういう事言ってたな
「インダストリアがソビエトをイメージしてるとかハイハーバーがアメリカだとか言う人が
いるが、そういう安っぽいアメリカ観ソビエト観を持ってるのがそもそも間違いだ」と

33 :名無しかましてよかですか?:2006/12/09(土) 05:46:49 ID:TrWtkHRO
つーか、そもそもの話、ナウシカの中に朝鮮は存在しないんだから
主人公が朝鮮人なのは100%ありえないだろ。モデルならわかるが。
主人公が朝鮮人かどうかよりもなんで1がこの板で板違いのスレを
立てたのかのほうが気になるわ。


34 :名無しかましてよかですか?:2006/12/09(土) 06:50:27 ID:KXcImes3
1の妄想ブログ
世の中いろんな人がいる。


35 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/09(土) 08:01:25 ID:ssycNSeH
いますぐ逃げ出したい・・ こんなスレ立てるんじゃなかった。

36 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/09(土) 09:24:49 ID:ssycNSeH
この土鬼とトルメキアの対立の構図は現実の国際情勢にもあてはまります。
土鬼はそのまま中国 新興のトルメキアはアメリカ合衆国です。となれば
そのアメリカと盟約をむすぶことでかろうじて存続を得ている辺境の弱小国家
つまり風の谷― 日本です。

ここまでは想像できた方も多いのではないでしょうか。

37 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/09(土) 09:27:11 ID:ssycNSeH
(この文は>36と順序差し替え)

そして漫画の世界ですが火の七日間と呼ばれる最終戦争から千年が過ぎ、それ以前の
歴史の流れから人類史は大きく断絶されます。中華を連想させる土鬼はかつて勢力を
誇った中国ほどの力はなく逆に半島の化身たるトルメキアは土鬼に匹敵するほどの
国力を備えています。(それにしても作中でトルメキア第三軍の総人員数が1万も
いないことが描かれていることなどから人口はトルメキア全体でも一千万に達しないと
思われます。)

38 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/09(土) 09:32:20 ID:ssycNSeH
ここから先は原作の内容を追いながら書き進めていきましょう。
まず第1巻。新世界の狂った自然の驚異が描かれると同時にトルメキア戦役が勃発します。
その初動の段階で風の谷をはじめとする辺境の諸国家とトルメキアの間にも軋轢が
あることが説明されていきます。ペジテ市はトルメキアの奇襲で廃墟と化してしまいます。
それはペジテの地下に眠る巨神兵の存在がトルメキアのヴ王に知られたからですが、
国同士の勢力関係を一気に逆転させかねない力の登場をヴ王がおそれたのは至極当然なことです。
現実の今の世界でも中国が開発中のMIRV(多弾頭大陸弾道弾)や日米のMD
(ミサイル防衛システム)などは世界のミリタリーバランスに少なからぬ影響があると
懸念されていますが、巨神兵はこの技術文明の衰退した世界にあって それらとはくらべものに
ならぬほどの突出した力をもつからです。ペジテ市が辺境国家をまとめあげ トルメキアをも脅かす
一大国家になることを予想したのでしょう。

39 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/09(土) 09:56:47 ID:ssycNSeH
そして戦争ははじまり 風の谷も心ならずながらガンシップで参戦します。

40 :名無しかましてよかですか?:2006/12/09(土) 11:22:39 ID:V2F12CQQ
小4の娘が読んでるんだが、理解でき無い模様

41 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/09(土) 13:07:29 ID:ssycNSeH
はぁぁ

42 :ヒキサヨニート:2006/12/09(土) 23:20:07 ID:EgYN4H5A
ちょっと1の喋り杉感がみて取れるが
ココの1はキモジバ林間等の話の出来ない(通じない)電波とは違って
話の通じる人間なのようなのでそれを加味して

お気づきの通り
確かにこのような話題で思想政治色の強い本板は不適切であると思われます。
1は結構色々考えていらっしゃる様で、書きたいことも多々あると思われますが
それはご自分の開設されたHPやブログで思う存分やられて必要に応じてリンクを
貼るのが妥当と思われます。

からかいと捉えられるかと思われますがオカルト板などは
この手の話題の食いつきは良く、1の話の進め方にしてもそちらのほうが
あっているように思われます。

43 :名無しかましてよかですか?:2006/12/10(日) 01:46:46 ID:hLGOkHwl
>いますぐ逃げ出したい・・ こんなスレ立てるんじゃなかった。
逃げろ逃げろ
逃げ時を誤ると死ぬぞ

44 :名無しかましてよかですか?:2006/12/10(日) 02:42:48 ID:oi6PUSKM
さっそくですがおまじないです。恋を語らず何を語?とゆう世の中ですがこのコピペ必ず5つのスレにかきこんでください。あなたの好きな人に10日以内に告白されます。嘘だと思うなら無視してください。
ちなみに、あなたの運勢が良かったら5日以内に告白&告白OKされます。






45 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/10(日) 10:42:19 ID:QG47V17K
>42
ご意見有難う。たしかに喋りすぎの感はありますがもともとこのスレは僕の自論を
とうとうと垂れ流すためのもので僕が喋らなければすべてが台無しにしなってしまいます。
なのでひととおり僕が話し終えるまでそこの所はご容赦ください。おそらくいまのペースなら
>200までもいかないと思います。

元はハングル板か東亜に立てるつもりだったのですが
IDが無くスレ立てができないのでやむを得ずここに立てました。
あえて政治関連の板を選んだつもりです。ここなら自分の幼稚な論でも耳を傾けてくれる人が
おられるかなと思ったので。しかしオカルト板は思いつかなかったなぁ。
ここでひととおり論の展開が終わったらそっちにコピペスレを立ててもいいかもしれませんね。
今のところまだ完成には程遠いのでむしろ反応の少ないここのほうがやりやすいかもしれません。

>43
ありがと♪ でもまだいけそうよん。

46 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/10(日) 10:51:02 ID:QG47V17K
舞台となる現実世界の極東の歴史談義
漫画の巻を追っての解説        ←いまこのへん
両世界の関係

原作者とナウシカの思考の変遷
まとめ

47 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/10(日) 10:54:05 ID:QG47V17K
つづき

辺境諸国家の兵力を指揮するのはトルメキアの第4皇女クシャナという人物です。
この人物はトルメキアの王室関係のなかでも不遇な存在で その母親はかつての夫に
毒を盛られて発狂してしまい しかも側近からその事件の真相を告げられており、
父であるヴ王には深い憎しみを抱いていたはずです。

48 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/10(日) 11:01:11 ID:QG47V17K
しかしながらそのヴ王に一軍の指揮をまかされたのはクシャナその人が若いうちから
王室のカリスマ的存在であり、人材に乏しいと思われるトルメキア軍では貴重だったからでしょう。
またクシャナ自身が王国トルメキアへの厚い忠誠を持っている事をヴ王が見抜いた結果
であることは間違いありません。恨みを買っていることを自覚しているヴ王にとっては
危険な選択でもありましたが 同時にチャンスとも考えていたようです。それは後の巻で。

49 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/10(日) 21:21:48 ID:3ecktKsA
1巻末から2巻にてさらに 世界を広く蔽う(おおう)腐海とそこに住む蟲たち(むし"たち"だってよ!)
についての描写があります。現実の世界ではとるにたらないカビやハエやらダンゴムシやらが
この世界ではとてつもなく巨大になって登場し、主役をはじめとする登場人物がそれらに翻弄される
姿を通じて 大自然の力を読む人の心理に焼き付けていきます。大と小が逆転していますが、
これは現代世界の人間社会が自然環境を圧迫していることの裏返しだとは後の巻で語られます。

50 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/10(日) 21:24:49 ID:3ecktKsA
さてナウシカ達は早々に土鬼と会敵して一時は捕虜になったりもしますが その過程で土鬼が
蟲や瘴気を兵器として利用しようとしていることを知ります。土鬼の僧会とよばれる国教組織は
複数の部族国家をたばねる帝国の必要から大いに権威をもとめます。どうも作中ではこの土鬼の
僧会はかなりのダーティイメージを背負わされているようです。最終巻のシーンにもあるように
僧会自体が帝国全土に独自の集金システムを持っているようで その中枢は奢侈に溺れ
 異教徒を敵視し また腐海や蟲の存在についても疎ましいものとしか考えていなかったようです。

51 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 02:05:38 ID:IlRJwCFt
結論から先にかけないのか?

52 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 07:24:44 ID:hA1LZHiv
プロセスってもんがあるのかもね

53 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 07:53:21 ID:hA1LZHiv
あんまり深く読まないでくださいね。なるべく努力しますけど。
話がとびとびだったり単語の重複があったりもうあれですから。

54 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 11:54:20 ID:y6zmgl/h
構成力ゼロだからなぁ 短文の随想の連打で勘弁してもらえますか


55 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 18:48:21 ID:JEMoBx19

>>1

てゆーか1巻の裏表紙読んだ〜?(*´〜`)




56 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 18:55:36 ID:i0LFpuun
人間は類似性を探す動物らしい。
天井のシミが顔に見えてくるように、全く関係ないものの間にも、
無意識のうちにパターンを見つけようとする。

生物学で、同じような形態を見つけたとき、
それが生物学的に類縁にあるのか(人間と猿)、
似た形態に収束したのか(クジラと魚)、区別することは難しい。

というわけで、今のところこのスレ、「なんかこじつけっぽいなあ」という印象が100%だ。
まずは「小出しのネタ」をどんどん出すのではなく、「これはホントっぽい」という大ネタをバーンと、
だされてはどうだろうか?

57 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 20:51:25 ID:BSnwmGtq
あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw
日本という国における「楽して稼げる職業」は在日・帰化人が握ってるし(笑)
金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレないw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆)
俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw
バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から月20万の金入ってくるしねw
今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。
つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。
今はもうその最終段階に入ってるわけ。
平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないがw
例えば韓国ブーム。あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。
自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人w
韓国ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。
そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。
つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。
たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人w
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよw
どう?ムカムカする?(爆)
でもせいぜい今みたいに2ちゃんで数十人ぐらいがチョン死ねって言うぐらいだろうね(爆)



58 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 21:21:57 ID:NgJQLxAw
57は反日じゃなく親日ですね。
あえてこの様な発言をして、右翼思想者&純日本人の感情を逆撫ですることにより
日本人本来のスピリッツを2ch住人に呼び戻そうとしている。
この発言で見てる人をイライラさせ在日連中の事を嫌いにさせるのが真の狙いである。


59 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 21:49:44 ID:UszD+ols
>56
とうぜんこじつけです。オカルト雑誌と同レベルです。いやそれ以下だな。

60 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 22:24:18 ID:UszD+ols
ちょっと前後するけどつづき

一方トルメキア軍のクシャナの戦隊はトルメキア王室の裏切りによって全滅してしまいます。
味方であるはずの王家に よりによって戦役の最中に部下ごと皆殺しにされかかって
それまで抑えていたクシャナの憎しみに再度火が付きます。

61 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 22:28:26 ID:UszD+ols
この物語の核となる人物はナウシカとクシャナでしょう。他の登場人物にくらべてこの二人の
心情は話が展開してゆくにしたがって大きく変化、もしくは揺らいでゆきます。実際二人の
心理描写は特別にコマを多くさいて語られてゆきます。

62 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/11(月) 22:30:18 ID:UszD+ols
第3巻以降ではサパタ城や土鬼領内での行程で読者はナウシカは戦争を通じて人間の行為の
残酷さ・醜さを嫌というほど思い知らされます。行く先々で目に触れる蛮行に
ナウシカは自分を含めた人間というものの存在に絶望を深めていきます。

63 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 23:35:19 ID:C2sDM6tD
そして話の中でひたすら憎悪と破壊を拡大する人間の愚行は土鬼のつくった粘菌の暴走に
 代表されていきます。粘菌の軍事利用を推進したミラルパとその兄のナムリスの
人間観は現実の中国のそれに似ています。
「この地では人間は簡単に生まれ簡単に死ぬのだ」(第5巻P-121)

侵略軍を撃退するためには土地や人民を多少犠牲にしても、また、生命倫理に触れてでも
かまわないとする考え方にほとんどの読者は嫌悪を感じると思いますし作者もそれを
意図していると思います。
これは国民の人権や自然環境にあまり配慮しない為政者の姿です。

64 :名無しかましてよかですか?:2006/12/11(月) 23:45:35 ID:C2sDM6tD
現実の中国においても どうも個々の人間、人間性の良的な可能性に対する為政者の関心は
薄いように思われます。これはひょっとしたらかの地での爆発的なペースでの
人口増加にまつわるさまざまな弊害を歴代の為政者が見てとったせいかもしれません。
人口密度が増えると周辺への人の流入、そこで再膨張、周辺の生態系を消費して
またさらに膨張・・ 平和な時期が長くなると人間の数はとめどもなく増え続けます。

王朝が変わる時の動乱の殺戮で中国の総人口はたびたび急減しました。その数は
歴史上大きな不幸の中で調整されてきました。そしてなんとか均衡を保ってきたのです。
しかし清帝国の時代以降は数百年も戦乱が無く人口5千万から3億に増えました。
第二次大戦直後には5億近く、そして現在は13億です。
歴代王朝を滅ぼしたのはこの無限の人口増加が原因なのではないでしょうか。

65 :名無しかましてよかですか?:2006/12/12(火) 07:46:18 ID:iK10PZlV
ではなぜ中国では このように 人口は増え続けるのでしょうか?
べつにこれは現代世界においては中国だけの問題ではありませんが。インドやムスリム諸国、
東南アジアや南米 アフリカ かつて第三世界といわれた地域では同じように人口増の
傾向があります。しかしかの地の問題は極東の地で最大級の不安要因です。
中国はいま国内の諸問題で逼迫しており、汚職、環境問題、
場当たり的な経済政策、所得格差の増大、衛生、教育など 共産党支配の限界すら感じさせる
ほど混乱ぶりを増大させ、その矛盾解消の矛先をいつ外に向けてもおかしくありません。
膨大な人口をひとつの政府で管理するのはむずかしいと中国政府の要人も気が付いているかも
知れませんがもはやどうにもなりません。
やはり人口問題は中国の歴史にそってジェノサイドで解決が図られなければならないのでしょうか。

なお漫画の世界では人口は増加ではなくその減少が問題となっています。

こういう現実の問題や事象を逆転させて書くのをなんていうんですかね? レトリック? 違う?

66 :巨匠石原延啓先生となる人物はナウシカとクシャナでしょう。:2006/12/12(火) 19:54:08 ID:v8IRvIrI
石原慎太郎東京都知事と三男・石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、
水谷建設元会長と料亭で会合をもっていた、500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html
552 :今週の4大週刊誌が一切、石原慎太郎都知事疑惑に触れない異常 :2006/12/12
慎太郎、こいずみ、あべ、昭一、etc
統一教会、稲川会、日本会議、靖国神社,,etc
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121124.html
挨拶に行くと、慎太郎はキッとなって、「あんたねえ、いま僕が壇の上で言った話、
聞いてなかったのか。日本郵船、日本郵船っていつまでいってるんだい」と声を荒らげた。
 そして支店長の名刺を見て、「この会社は何だい」と尋ねた。
支店長が、「荷役会社です」と答えると、慎太郎は「それならそれで、人足会社っていぇばいいじやないか。
ここに来てまで日本郵船をひけらかすなよ」と、相手のとどめを刺すようなことをいった。
 誰ひとりいい気持ちにさせない非寛容さと毒気ある物言いは、
慎太郎のふだん見せるマチズモな言動とは裏腹の狭量さと、裕次郎への稚気といってもいい劣等感とは全然別種の、日本郵船に対する根深いコンプレックスが両々顔を覗かせている。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


67 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 03:21:43 ID:u8iyTo6G
漫画の世界から少し外れます。

ここまでで現実と漫画の両方の世界は トルメキア戦役以前の状態でよく相似していると
理解していただけると思います。現実の極東でも次の戦争の気配は高まっています。
土鬼の中国とトルメキアのアメリカ。過去の技術文明の倉庫という意味でのシュワの墓所
のようなものは存在しませんが。いちど戦端が開かれればどのような事態がおこるか
わかりません。一度の短期戦ですべてのカタがつくとは思わない方がいいでしょう。
たとえば中国側の敗北、崩壊、それにともなう大量の難民の海外流出。
その処遇をめぐってのプロパガンダ合戦、再戦、世界規模での混乱。核戦争すらありえます。

68 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 03:23:14 ID:u8iyTo6G
またアメリカは中国との直接衝突をおそれて日本や台湾を見捨てるかもしれません。
アメリカはこの危機を乗り越えるために世界的信用を犠牲にする可能性すらあります。
ひょっとしたらもはやアメリカはイラク侵攻時のバッシングを経験したように 世界の信用を
買うことに興味を失っているかもしれません。信用よりは実益を、残りわずかな
化石燃料や地下資源の入手を優先する可能性はじゅうぶんあります、
となればアメリカの存在が担保していた中央アジアや南米の均衡も崩れるでしょう。
世界中で混乱の時代が幕を開けます。その後生き残ったアメリカは開き直って 単純に
軍事力で外交関係を再構築しようとするでしょう。最悪の時代はまだまだ続きます。

69 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 06:33:55 ID:u8iyTo6G
次の戦争 極東で予想される米中間戦争、もしくはその代理戦争、その原動力となるのは
中華の全球支配思想とアメリカの西進思想かもしれません。どちらも空間的、あるいは
それ以上の膨張志向です。世界が無限の広さを持っているなら両者にとって 両者に限って
それもありかもしれせんが 地球の大きさが有限であることはまぎれもない事実です。
アメリカのそれは資本の拡大というものに変化したかもしれませんが、その他の国々が
恐れるには十分なものです。軍事力と節操のない外交戦略はときにその同盟国さえも
辟易するほどです。しかしどちらにせよいずれそれも資源と市場の有限性という問題に
突き当たります。あとは超大国同士の共食い―もしくは互いの衛生国を犠牲にする―
になるのは避けられないでしょう。
どこまでも自分は拡大してゆける、どこへ行っても自分達を歓迎してくれる土地と資源が
存在している― 自分の存在を保証してくれている 許してくれている環境の限界と
いうものを十分に認識していれば しなければ この衝動はとめられないでしょう。
というより とめるにはこの認識を当事者がより深く持つしかないのです。
一度中国が地球のすべてを支配するか アメリカの資本支配がすべてを支配するか 
そうなってから気が付くようでは遅すぎます。

すくなくとも支配的な力を持つ存在は いや!人間は 自分が住む世界 自分をとりまく
環境について知らなければならないのです 自分がそれを食いつぶし 自滅してしまう前に。

70 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 06:34:40 ID:u8iyTo6G
環境についての理解の必要性― これはおそらく84年3月に公開されたアニメ映画の中に
見てとれる範囲のものであると思います。

71 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 10:18:08 ID:7o3MDBqU
しかし話が進むにつれて 腐海の植物や蟲たち、王蟲までもが 実は火の七日間前の
生命科学が生み出した、人類のテクノロジーの産物だと知って主人公ナウシカは
おどろきます。当時の人類は地球の自然と生命の本質についてきわめて多くの知識を
持っていたわけです。とうぜん自然環境のバランスやそれと人間の関係についても
ナウシカが地下の研究室で得たものとはくらべものにならないほどの理解を持っていました。
なのに人類は滅びの日を迎えたのです。これは一体どういうことでしょうか。

人間はいくら賢くなっても 己の欲望と野心をおさえきれぬものだというものなのでしょうか。
その結果が火の七日間というわけでしょうか。

72 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 10:23:50 ID:7o3MDBqU
「己の欲望と野心」→「己の利己心と野心」

73 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 10:25:38 ID:7o3MDBqU
ちがうな。
「己の正義と野心」に訂正。

74 :名無しかましてよかですか?:2006/12/13(水) 14:20:31 ID:jox+dbyY
しかし正義と野心― それは生への執着 というよりは 自分が生きることの意義を
見出したいという人間としてもっとも純粋な 根源的な欲望に由来するのではないでしょうか。

だとしたら 読み手が深くそう感じたりしたら
その人は絶望のどん底に突き落とされるかも知れません。

75 :名無しかましてよかですか?:2006/12/15(金) 11:36:24 ID:6Tgkc+FB
ここで話を変えます。
人間の意識は人生の道程の中で 生き方というものに二つの大きなファクターがあることに
気が付くときがきます。 それは自由と運命です。

自由とは・・ 突き詰めれば偶然性です。 どうにでもなってよい、どうでもいいことです。

76 :名無しかましてよかですか?:2006/12/15(金) 11:38:46 ID:6Tgkc+FB
そして運命とは 当事者の努力ではどうにもならない力です。 人間は天体の運行を
押し留めることができません。人間がどれほど願っても夜は来ます。季節の移り変わりに
干渉することはできません。人間は人間の寿命を超えて生きることはできません。

77 :名無しかましてよかですか?:2006/12/15(金) 11:41:48 ID:6Tgkc+FB
その数学的根拠 物理法則の上に さまざまな生命が生きるためのリズムを生み出し
鼓動しています。そしてそれらを基礎として、この世の存在すべてに重厚な階層構造が
存在します。クォーク、陽子、中性子、電子、原子、分子というように。
その階層自体はまるでタマネギのようです。そしてこの階層構造を生命は取り入れているのです。
いや、生命そのものが階層構造の産物だといえるかもしれません。
生命の場合前述の分子の上にタンパク質、細胞、生体組織、器官、固体としてのより高級な生物・・・

78 :名無しかましてよかですか?:2006/12/15(金) 11:45:19 ID:6Tgkc+FB
もしある生物が生きているとき、これらの階層でより小さい階層の存在はより大きな
階層の、その存在のためのリズムを狂わすことは許されません。いや、現実には
多少の狂いは生じるでしょうが、それが一定以上に狂い出すとその狂った部分は
排除されなくてはなりません。そして実際排除されるでしょう。
人体にはナチュラルキラー細胞などとよばれる、それをおこなう免疫組織というものがあります。
しかし個々の細胞にも意識があるかもしれません。その自由意識が大きくなったとき、
母体である生体組織に反逆を試みるかもしれません。

79 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/17(日) 09:51:08 ID:NVs7o5xl
やあめたあっと。
電波なんぞそこらじゅうにあるしい。

80 :名無しかましてよかですか?:2006/12/17(日) 21:46:18 ID:dBloODCV
>>79
おつかれさん。疲れるこたやめて正解さ。
いい目的なら元気が沸いてくるってもんだ。

81 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/18(月) 00:12:00 ID:EQA/kOLs
>80
ありがとう。 

まぁ結論としては それが敵なら相手がナウシカでも撃てと、そういうことさ。

82 :1 ◆FtIISAWhec :2006/12/18(月) 00:14:59 ID:EQA/kOLs
最後に一言。

超時空要塞マクロスは初代が最高! あとシラネ。

83 :名無しかましてよかですか?:2006/12/18(月) 00:46:40 ID:QHp+vv6x
原作ナウシカに半端な覚悟で攻撃したら
反撃で殺されるんジャマイカ?

84 :名無しかましてよかですか?:2006/12/18(月) 02:39:59 ID:EQA/kOLs
いまは2006年ですよ。

85 :草食民族:2006/12/31(日) 02:18:52 ID:A5Jj0YvN
元共産党員だけどね。ゴキブリさんだって生き物なんだから殺しちゃダメ〜ってのがあの人のテーマでしょ。まぁ日本人らしいと言えば日本人らしいけど。

86 :名無しかましてよかですか?:2006/12/31(日) 03:47:46 ID:MuMyU3NT
日本が誇る宮崎アニメにウヨ戸惑いを隠せません!

87 :名無しかましてよかですか?:2006/12/31(日) 08:02:38 ID:Xeen4jAR
こんな過疎板にお似合いの論文ですなw

88 :名無しかましてよかですか?:2006/12/31(日) 19:38:24 ID:HvHHD7DY
                 __  ヽ 、
          _、ー-‐"´   `` ‐ゞ `ト、
       , -‐`               ' └-、_,        _
      _フ                   ,、、く       ヽ. ` 、         風邪をひいた
       _フ            ,  , ,ィ ハ. } i        i  ヽ_ ..-‐- 、
     ´7         ,  ∠ ィ/ jノ   !'ハノ           !       :冫
      ノ         / /. ‐_‐   ,. ‐ 7′           ′       〉    ハナシカ♪
   、彡'        r‐v1  '{゚_j`  { ー' |}            {:.          }
    >‐ . . . .: .: .: .: l rヽ!       . 〉  |              〉:_,...   ヽ__ ,´
    `Z..__,. .. .: .: .: .:cゝ_;..、    、 __し  !              7.:     ,
      ∠:__: : : : : : : :,;:_;jヽ、   ‐  / _          /.:       ヽ
      ____,二ニニニ^'..⊥.-`‐:-...∠._ノ:::`::..、         f;:...__    O ヽ
     f´ r─‐-、 ,..イc¬、::::::::::::::;.- ‐`- _、:∠!        `゙┤   ̄ ̄``'P′
     ヽ ゝ- ‐'"′. . 、. .c_-`ーァ'"    /  , `ー‐---  、,_ r __      l
   ,.. '´ ". . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ァ-‐'"/        '           ``‐ 、     l  


89 :名無しかましてよかですか?:2006/12/31(日) 22:23:28 ID:S3XaTLIZ
こじつけだろうとなんだろうと論理的な整合性がとれている主張なら
賛成するなり反対するなり講釈する余地があるのですが、
スレ主が何を説明しようとしているのか、
書き込みにざっと目を通してもまるで掴み取ることができません。
このスレは「風の谷のナウシカの主人公は朝鮮人」か否かが主題ですので、
当然その構成要素として両者を結びつける説の存在が最低条件として必要になるでしょう。

そこでスレ主は大論文の起として、冒頭部分で
>コミックスの地図と現実の地図を無理を承知で比較すれば風の谷はおよそ北朝鮮の
>日本海沿岸の都市ハムフンのあたりになります。
>トルメキアの首都トラスはほぼソウルのあたりに位置します。
と述べているわけですが、
なるほど地理的な特徴を当てはめればトルメキアや風の谷は朝鮮であると。
もちろんそれだけなら講釈にも値しないただの思い込みなので、
後に続く超長い論証部分はその共通性を裏付けるための説明なのかと読み進めば、
>土鬼はそのまま中国 新興のトルメキアはアメリカ合衆国です。となれば
>そのアメリカと盟約をむすぶことでかろうじて存続を得ている辺境の弱小国家
>つまり風の谷― 日本です。
ふむふむ、風の谷は日本であると・・・・・ってどこいったんだ朝鮮は!
と、まるでわけわからん上、ほとんど直接関係のない話が延々と続き、
いったいこれはなんなのか、意味不明すぎて眩暈がしてきます。

90 :1 ◆FtIISAWhec :2007/01/01(月) 01:14:54 ID:XXTORO1U
スレタイなぞつかみに決まっとろうが。
さっさと初詣にでも行って来い。新年あけましておめでとう!

91 :1 ◆FtIISAWhec :2007/01/24(水) 22:02:12 ID:c3qTGzMw
そろそろ日本もイランに出陣してください。

92 :名無しかましてよかですか?:2007/02/06(火) 23:04:04 ID:UKcXCd1u
俺の嫁を朝鮮人扱いするなんて。なんて野郎だ。

93 :名無しかましてよかですか?:2007/02/07(水) 11:28:59 ID:2n/HHYiO
須藤元気乙

94 :1 ◆FtIISAWhec :2007/02/09(金) 15:07:52 ID:sCV2CtRq
なんのことかと思ったら
初恋の相手がナウシカだと公言している格闘家か。

95 :名無しかましてよかですか?:2007/02/17(土) 17:05:54 ID:JJpPtYfZ
木梨憲武も怒ってるぞ?…多分

96 :名無しかましてよかですか?:2007/02/17(土) 20:24:25 ID:uXf31ShX
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種は確実に存在している。日本人種に一番近い人種は確かに
朝鮮人ではあるが、朝鮮人の容貌や形質、頭示数、二重瞼率、発毛の具合
など、朝鮮人の身体的特徴は日本人種とはかなり違っている。

しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと60%くらいも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

更に、少数民族を除き、YAP+遺伝子を東アジアで唯一高頻度に持っているのは
日本人種だけである。YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという
決定的な証拠である。日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子がほとんど無い。
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

97 :名無しかましてよかですか?:2007/02/18(日) 01:25:15 ID:2XANBzzR
偶然このスレに来てしまったが1はなかなか面白いな。
明日にでもマンガ版をブックオフで探してくるお!

98 :名無しかましてよかですか?:2007/02/18(日) 09:51:46 ID:QLSraIt8
谷に住んでるんだから部落民だろ?

99 :名無しかましてよかですか?:2007/02/18(日) 11:04:00 ID:xEBlLbCd
盛山正仁、村岡龍夫、石井一 魔の一区トライアングル チョンコロパチンコ石井の秘書をした汚職悪党市議村岡の熱烈支援された官僚あがりの盛山。利権どっぷり史上最大赤字の神戸空港を盛山正仁と村岡はどうするつもりだ

100 :1 ◆FtIISAWhec :2007/02/18(日) 15:17:17 ID:4/fnbDgK
どうするの

101 :1 ◆FtIISAWhec :2007/02/18(日) 15:18:19 ID:4/fnbDgK
どうにかしなきゃ

102 :1 ◆FtIISAWhec :2007/02/19(月) 02:42:40 ID:kwugfonz
もういいよ・・
漫画の中の設定のモデルに気が付いたところで
なにがどうなるわけでも・・
それが本当のモデルだと証明できるものもないしね

嘘・・ しょせんなにもかも嘘

そのとき感じた俺の絶望も嘘ですか・・?

103 :136:2007/02/24(土) 11:30:44 ID:b22l6WIX
>漫画の中の設定のモデルに気が付いたところで

>>1はあくまで「モデルかもしれないことに気がついた」でしょ。
「モデルに気がついた」とは、とても言えない。両者は雲泥の差。
貴方の直感(?)は正しいかもしれないけど、他の人の賛同を求めるのは無理。

せめて、もちっと証拠固めができればいいのにね。
「証明」はできなくても、関心は持ってもらえるよ。

>そのとき感じた俺の絶望も嘘ですか・・?

嘘というか、たぶんカンチガイ。
「癌かもしれない」と思って絶望するようなもの。
たしかに絶望はするんだろうけど、絶望の元が本当にあるとは限らない。

104 :名無しかましてよかですか?:2007/02/24(土) 11:32:58 ID:b22l6WIX
あ、名前消し忘れててた。すまそ。

105 :1 ◆FtIISAWhec :2007/02/24(土) 13:19:11 ID:aHNs9Zz+
たしかに・・ どうも感情が高ぶるせいか 冷静になれなかった。

106 :1 ◆FtIISAWhec :2007/03/02(金) 08:48:05 ID:vl5FVg8e
【韓国】高畑勲が「火垂るの墓」で帝国主義を賛美したとされているのは皮肉。宮崎駿の方が軍国主義的だから [03/01]

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172769001/
>959
漫画「風の谷のナウシカ」の主人公は朝鮮人?
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1165434757/
どうしよう・・ どうしよう・・


もう我慢できなかった

監督が死んだ後日本人よりも先に韓国人が気が付いたら困ると思ったから。

107 :1 ◆FtIISAWhec :2007/03/02(金) 08:58:31 ID:vl5FVg8e
私が何言おうとしてるかわからないでしょう
思いつくままに書き込んでいたらメチャクチャになりましたから
構成なんか全然考えてませんから

108 :名無しかましてよかですか?:2007/03/02(金) 16:24:04 ID:qRglbez7
ただのコリアフォビア、怖韓だろ。

連中の悪辣さに初めて気が付いた時の、
正常な一過程さ。

そのうち笑韓や諦韓に移行すると思う。

109 :名無しかましてよかですか?:2007/03/04(日) 19:30:56 ID:K2n9Us/U
ナウシカのモデルは愛子様だろ

110 :名無しかましてよかですか?:2007/03/04(日) 20:47:13 ID:lwyS/yX8
>>1
思いつくまま書いてめちゃくちゃになるのは混乱している証拠だ。
混乱したまんまで正しい見方ができるわけがない。
たとえ見方が正しかったとしても、正しい対処ができるわけが無い。
おちつけ。深呼吸しろ。考えをまとめろ。答えはそこにある。
恐れるな。事実はただの事実だ。

111 :マック大好き:2007/03/05(月) 16:30:55 ID:GpuSOxGr
在日特権は差別と憎悪を煽るデマだった…!
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%DB%A5%F3%A5%DE%A4%AB%A4%A4%A4%CA%BA%DF%C6%FC%C6%C3%B8%A2&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1
検索で一番上に来るサイト
「ホンマかいな在日特権」のURLはなぜか2ちゃんにはコピペ出来ないようになっています。
誰かにとってよほど都合の悪い事が書かれているのでしょう…
URLをコピペして書き込むをクリックしてみると

112 :名無しかましてよかですか?:2007/03/06(火) 00:00:38 ID:7UwXyJU6
ナウシカの上映会が韓国で開かれた時の現地の評論記事は
「一人の王族が世界を救うという考え方は天皇崇拝を思わせる」

113 :1 ◆FtIISAWhec :2007/03/06(火) 02:44:14 ID:8opXIXRA
急速にどうでもよくなってきた。
このスレも落としたいが、超過疎板だからなここは。

114 :名無しかましてよかですか?:2007/03/06(火) 18:50:02 ID:Td8STlF/
                 強化版!きしめん臭プ〜ンだぎゃ♪
   ;;⌒ヽ;;(⌒;;(;ヽ         ハ ハ
 ;;(⌒〜 ⌒〜;⌒ヽ       /ノ/ノ
 (⌒⌒;;(⌒〜⌒;;(〜⌒〜   (*´з`)
(⌒;; (⌒⌒;;(⌒〜  ⌒ヽ  / つ つ
(⌒;;ムオオオワァ〜ン♪;;ゝ( ._ )
(⌒⌒; (⌒;; (⌒⌒;;(⌒(〜  し ∪
丶〜 '丶〜 '´丶〜 '´丶 '´プシュー
丶〜 '´丶〜 '´丶〜 '´



115 :名無しかましてよかですか?:2007/03/09(金) 09:14:31 ID:hOeVrWd1
>>113
糞虫晒しage

落とさせはしない

116 :名無しかましてよかですか?:2007/03/09(金) 18:30:50 ID:jSzkQFqt
まぁ宮崎さんもこんな風な形で批判されるとは思わなかったろうな

117 :名無しかましてよかですか?:2007/03/17(土) 02:45:07 ID:6mR1XubR
ほああああー

118 :名無しかましてよかですか?:2007/03/21(水) 17:06:00 ID:je96sAt7
朝鮮人で思い出したが、
宮崎監督はかつて「韓国人は大嫌いだ!」と言い放って物議を醸したことがある。

(理由は「未来少年コナン」が韓国で放映される時に韓国側に滅茶苦茶な編集をされたから)

119 :名無しかましてよかですか?:2007/03/25(日) 00:48:29 ID:DZ6BiC+5
在日特権を生んだ戦後の闇…“内戦”が始まった8月
http://dogma.at.webry.info/200701/article_19.html

在日特権を許さない市民の会
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)