5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前田智徳と戦うスレ in ゴー板

1 :名無しかましてよかですか?:2006/12/29(金) 20:39:04 ID:9x4VsMHc
    ,, -−'" ̄`"'ソノ、    
  /彡::::::ミ::::::::::::::::彡  
 /:::::::::,r'"~`ヾ)゙`ヾヽ)::ヽ
. i:::::::::シ:::..        l::|
 l:::::イ:: "'==、ハ,=="ソ   
 {`V::  `=・=` ':-・=' 〈 
 ヽ_:::::    , ヽ   |      ____________ 
.. ヽl::::::     `ー´   .'    /
   |: 、:::  , -−-、 /   <  かかってきんしゃい
 ,,-|::::::ヽ、.. ''"'' __/     \
'" (ヽ、_   ̄´ ̄,ノ)ヽ'ー、_    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
   `ー、_ ̄`''" ̄ノ      ̄ヽ
     `'ー、,ノ´       i  \
       ::|         ヾ   ヽ
  ,r',ニヽ  :::|      ,-,_   }:     ヽ
  //  '´ __,、cー-7 / 0 )   l::     /ヽ
 i. l  _,( 0 (ノ/7ι//'"´))   |:::     /  ,}
  '、ー',ノ`ニ゙ニ´-~イ_/=='´  イ::   /  __)
    ̄,r'" ,r'"~´  ∠~|    ノヾ,,/_,-´/
    ⌒ー' ::|     ||   i / ̄    /
        :::|     r__コ  く l/      /

2 :名無しかましてよかですか?:2006/12/29(金) 20:42:36 ID:9x4VsMHc
−お前に、言われんでも、分かっとるわ

98年に前田智徳(C)が発したとされている一言。
発信元は朝日新聞98年9月15日付朝刊のスポーツ欄「EYE」(西村欣也編集委員)。
通常は読点がついていない。(読点は記事のまま)
出だしこそ前田のセリーグ新記録となる1シーズン23回目の猛打賞を祝福するものだったが、
記事後半はファンの女性の「頑張ってください」の声にタクシーの座席から叫んだという
この一言を批難することに終始していた。
野球に関する前田の一匹狼的な姿勢もあって、この話は真実であるという説がある一方で、
全国紙の一記者が偶然にも前田が帰るその場面に居合わせる可能性はかなり低く、
また、あの前田が「タクシーの座席から叫ぶ」等不可解な情景表現等が疑惑を呼び
当時首位打者争いを繰り広げていた前田を貶めるため、股聞きした話を書いたという説もある。
また、紙上で「ファンの女性」と表現されていたファンは有名なオッカケだったという説もある。
真実か否かはさておき、あまりにこの台詞が有名になってしまったため、
前田に関連するスレ(ネタスレ、討論スレ問わず)には必ずこの一言が書かれている。
〜2ちゃんねるプロ野球板用語集より〜

3 :名無しかましてよかですか?:2006/12/29(金) 20:45:10 ID:9x4VsMHc
本スレ
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1165795867/l50

4 :名無しかましてよかですか?:2006/12/30(土) 14:46:05 ID:4sQg3ACx
    ,, -−'" ̄`"'ソノ、    
  /彡::::::ミ::::::::::::::::彡  
 /:::::::::,r'"~`ヾ)゙`ヾヽ)::ヽ
. i:::::::::シ:::..        l::|
 l:::::イ:: "'==、ハ,=="ソ   
 {`V::  `=・=` ':-・=' 〈 
 ヽ_:::::    , ヽ   |      ____________ 
.. ヽl::::::     `ー´   .'    /
   |: 、:::  , -−-、 /   <  ごーまんかましてよかですか?
 ,,-|::::::ヽ、.. ''"'' __/     \
'" (ヽ、_   ̄´ ̄,ノ)ヽ'ー、_    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
   `ー、_ ̄`''" ̄ノ      ̄ヽ
     `'ー、,ノ´       i  \
       ::|         ヾ   ヽ
  ,r',ニヽ  :::|      ,-,_   }:     ヽ
  //  '´ __,、cー-7 / 0 )   l::     /ヽ
 i. l  _,( 0 (ノ/7ι//'"´))   |:::     /  ,}
  '、ー',ノ`ニ゙ニ´-~イ_/=='´  イ::   /  __)
    ̄,r'" ,r'"~´  ∠~|    ノヾ,,/_,-´/
    ⌒ー' ::|     ||   i / ̄    /
        :::|     r__コ  く l/      /

5 :名無しかましてよかですか?:2007/01/04(木) 12:58:28 ID:O0z3znvx
         /    / ̄ ̄\    \
        |     \____,     |
        |              |
        |   /二二二二\   |
        /  //::::::::::::::::::::::\ \  |
       と二 ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::\二つ
        |/  ̄ ̄      ̄ ̄  | 
       「 ||  -=・=-  ハ -=・=-  )|ヽ  新年あけまして
        | Y      /         |||  おめでとうございます
         V /// /(   ) /// ||/    2007年も宜しくお願いします
         |  /  ⌒⌒ \   | 
          | (     U   )   |
           |      へへ    |
            \    ̄ ̄     /
            \     ̄    /
             \_____/
    ∩           .>   <                                 ∩
  ∩∪         ./ ヽ∨/ \                             .∩∪
  ∪.| |∩       ∧   〉/   ∧                             ∪.| |∩
.  | |.| |∪       |  、 //   / |                             .| |.| |∪
.  | |.| |.| |       l   Y二二Y   l                            | |.| |.| |
.(∩∩∩∩)      〉   \_/   〈       ∧c∧   ∧c∧    ∧c∧   .(∩∩∩∩)
.(∪∪∪∪)     / \∠と_ヽ/ \- 、   [δ_δ]   (`茶´)   (`仝´#) <ワシが主役じゃけんの!
. |≡≡≡|    〈   /´     ヽ  とノ  /;;;iyi;;;;ヽ  /;;;iyi;;;;ヽ /;;;iyi;;;;ヽ    |≡≡≡|
/ ≠≠≠\    ゙‐-ヘ.____ノ-‐'′  ./し;;=;;;;Jj ./し;;=;;;;Jj./し;;=;;;;Jj   / ≠≠≠\
.~~~~~~~~~~~                                        ~~~~~~~~~~~~


6 :名無しかましてよかですか?:2007/01/04(木) 19:21:17 ID:b1bFuqpD
http://hentaifactory.com/revshare/galleries2/03j.jpg
「やめてよ!Fくん!」 ある学生の家の浴室内にドクロの絶叫がこだました。
一糸まとわず、エスカリボルグも持たずに油断しきっていたドクロをFの激情が襲う!
気付くと逸物をそそり立たせ、欲望に血走った眼を不気味に光らせたFが背後に立っていた。
次の瞬間同じ場所に脚を払われて仰向けにひっくり返され、その陰唇に逸物を感じているドクロ自身がいた。
Fのペニスはそのままドクロの処女膜、膣を貫き、子宮口を直撃、何とその内部に突き刺さった。
Fのペニスは幹の太さこそ普通の学生レベルだったが、標準を超えて長く、亀頭が尖っており、それでいてしっかりカリはあり、しかも非常に堅かった。
ドクロは膣と処女膜の処女だけでなく、子宮の処女も一瞬にして失ってしまった。
出産時のように子宮口がメリメリと裂けていくのが自分でもよく分かった。

Fに激しく子宮を揺さぶられ続けるドクロからは天使の力が消えていた。
何もかも桜のなすがままだった。
やがて、大海嘯のように全身に襲い来る生まれて初めて感じる「感覚」…痛みに似て、全く異なる何か…にドクロは思わず失神した。
Fに押されて全開した両脚だが、その先は爪先まで真っ直ぐに硬直し小刻みに震えていた。
そして、Fに腰を持ち上げられた小さな身体全体も弓のように仰け反ってピクピクと痙攣していた。
ココロが拒絶してもオンナのカラダは正直なのだ。 そしていつしかココロも…
Fはドクロのあまりにもはしたない姿にますます興奮し、子宮の中にため込んだ大量の精液を発射した。
ドクロの小さなコブクロは渦巻く白濁で満たされ、入りきらなかった分は卵管から腹腔の中に溢れていった。
そのあまりに生々しい感覚にドクロは覚醒し、再び絶叫する。

人間と交わった、しかも子宮そのもので交わったドクロは永遠に天使の力を失い、その後はFのペニスを受け容れる肉便器となった。
しかし、天使は人間の子を宿すことはない(ちなみに人間の性病にかかることもないらしい)。
中瀉しし放題の毎日がそこに訪れた。
性に溺れるドクロはますます妖艶になっていった。

彼の親は今も2人の爛れた関係を知らない。

なお、この物語はフィクションです。


7 :名無しかましてよかですか?:2007/01/16(火) 23:18:14 ID:VK7+g+SV
狙い絞って振り抜け

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)