5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

よしりんの本でオススメ教えて

1 ::2007/03/30(金) 20:10:31 ID:EV0eDHUK
東大一直線
おぼっちゃま君

以外で

2 :名無しかましてよかですか?:2007/03/30(金) 20:24:38 ID:yv0bZLxu
「脱正義論」は傑作だと思ってるけど。
それと「新ゴー宣」〜「戦争論」あたりは表現者として
神懸かってる域に入ってると思う

3 :名無しかましてよかですか?:2007/03/30(金) 20:31:07 ID:d92NfYT6
私も「脱正義論」は好きだな。
ゴー宣を自己相対化した、最初で最後の作品という。

4 :名無しかましてよかですか?:2007/03/31(土) 15:23:54 ID:gWHdjoGr
つくる会脱退も同じパターンだな。

5 :名無しかましてよかですか?:2007/04/05(木) 02:30:13 ID:bh4/DR0M
>>1じゃないけど自分もゴー宣沢山ありすぎてどれ読んでいいかわからない
ゴー宣単行本派の人いたらおススメ教えてクリ!

6 :名無しかましてよかですか?:2007/04/05(木) 15:16:35 ID:FSJipiDY
ダイジェストなら「よしりん戦記」が上手くまとまっている。
基本的に興味ある巻を読めば良いと思うけど。
13巻、14巻のイラク戦争関連は絵解き漫画の度合いが高くて
漫画としてはイマイチ。

7 :名無しかましてよかですか?:2007/04/06(金) 00:08:31 ID:8IfzoOfe
>>6これといった関心事もあんまりないんでwダイジェスト版はありがたいな
教えてくれてどうもありがとう!読んでみるよ

8 :名無しかましてよかですか?:2007/04/06(金) 17:03:30 ID:88xV8fBP
>>4
つくる会脱退は「わしが正しい。皆がオカシイ」って感じだけど
脱・正義論は、小林が自分の作品に対し
「どうしようもないねー」
「運動の表面的な、都合の良い部分を最大限に美化して描いてしまった」←うる覚え
と明言している。そこが評価できる。
小林が批判する若者は、その手法でからめとられた部分も確実にあるんだから。

けどこの後から今に至るまでのゴー宣は、これが反省となるどころか
ますますその手法を、しかも意図的に強めている。それが許せない。

9 :名無しかましてよかですか?:2007/04/06(金) 17:55:01 ID:ajkeqKyh
今こそ旧ゴーマニズム宣言を読み返してみればいいと思う。

「蒲焼の日」とか、「デリカシーがあるとは思えない」とか
「先祖しか自慢できるものがないやつを許してやれ」とか
週刊金曜日に連載した「ザ・よしりん仮面」とか、
コヴァやネットウヨが読んでおくべきテーマが満載だぞ。


10 :名無しかましてよかですか?:2007/04/07(土) 22:07:01 ID:v1sFbTLv
蒲焼の日はさほど名作ではないと思うけどなあ。
主に作家のしての表現活動そのものをテーマにしたものは大抵名作

11 :名無しかましてよかですか?:2007/04/11(水) 08:55:44 ID:CTOu1QuS
最終フェイス

12 :名無しかましてよかですか?:2007/04/13(金) 10:13:51 ID:7YaHlpew
「反米」という作法

13 :名無しかましてよかですか?:2007/04/13(金) 12:08:34 ID:zAunALcS
蒲焼の日のオチはギャグとして面白いのか…?

14 :玉木宏似 ◆WegUUAONa. :2007/04/13(金) 13:23:12 ID:MafEt71J
蒲焼きの日は真面目な方だろう。

作品集で見たが
最終フェイスと異能戦士が俺は引っ掛かった。

15 :名無しかましてよかですか?:2007/04/14(土) 12:37:31 ID:hIcUEy1k
4巻の「朝生で見た凶暴な善意のファシズム」は思い出深い。

本当にあのまんまだったからなぁ。山羊ヒゲなんてそのまんまw
当時、朝生は試行錯誤してたようで頻繁に司会者が変わっていた。

ちょっと前までは薬害エイズで小林が最もテレビに出ていた時期で
色んな雑誌でも大学生と一緒に出てたりした。
仲良くやってるな〜と思ってたら、みんな逃げ出しちゃって読者の
方も軽い挫折感みたいなものを共有していた感じ。
SPA!からSAPIOに移って小林は終わったと言われてた。

今と違って左翼が勢力がある時期に
「失敗するかもしれん。 負けるかもしれん。わしが試しにやってみる!」
は新しい章が始まる期待と不安が混ざった読後感だった。


16 :名無しかましてよかですか?:2007/04/16(月) 18:44:15 ID:IAWoxaJt
ロフトブックス編 『教科書が教えない小林よしのり』

これお薦め。

17 :名無しかましてよかですか?:2007/04/16(月) 21:07:23 ID:xdvuev9u
当時より今のほうが左翼は勢いがあると思うが。

18 :名無しかましてよかですか?:2007/04/22(日) 00:22:44 ID:VB7X7Fm1
お勧めは、戦争論

19 :名無しかましてよかですか?:2007/04/22(日) 09:26:42 ID:9rp9SKfc
後にボロクソに書かれる西尾や藤岡を
愛国の英雄であるかのように持ち上げてた頃の
新ゴーマニズム宣言は大笑いしたい人にオススメ。

20 :名無しかましてよかですか?:2007/04/22(日) 12:08:28 ID:VNUPDmWG
左翼は今は過去の遺物でしょう

21 :名無しかましてよかですか?:2007/04/22(日) 15:00:30 ID:9rp9SKfc
>>20
それがすでに5年くらい前の発想

22 :名無しかましてよかですか?:2007/04/23(月) 14:39:32 ID:/jAoeCPe
10年前は旧社会党や筑紫や歴史問題を真に受けてる層が現在より多かったな

23 :名無しかましてよかですか?:2007/04/25(水) 01:07:40 ID:t1KZz90W
>>22
多かったね〜。
南京大虐殺、従軍慰安婦なんかは当然の事実として扱われてたね。
それが9年前に戦争論が出されてから少しずつ変わって行った。
一千万人位読んだんじゃないだろうか。
政治家や教育関係者は皆読んでると思う。
そう考えると戦争論凄いわ。

24 :名無しかましてよかですか?:2007/04/25(水) 12:20:31 ID:T73TdM1m
>>23
戦争の非人道性を経験し、語る戦争経験者が減って
マンガで戦争を理解した気になってる世代が増えただけだろ。

25 :名無しかましてよかですか?:2007/04/25(水) 14:17:26 ID:fZ+hCo4R
戦争論は何巻まで出ていますか?

26 :名無しかましてよかですか?:2007/04/25(水) 20:11:22 ID:2donPWz1
>>24
それが事実だったのか、誇張だったのか、プロパだったのか
ある程度ばれてきたからじゃなかろうか?

27 :名無しかましてよかですか?:2007/04/25(水) 22:23:40 ID:4wHUDV7N
>>24
>それが事実だったのか、誇張だったのか、プロパだったのか

南京なら
事実:10万±α万人の戦闘員、一般市民への不法殺害、暴行、略奪
誇張:30万の一般市民を虐殺
プロ:南京事件は幻

百人切りならば
事実:捕虜の据物斬りを中心とした殺害競争(数週間〜数ヶ月)
誇張:戦闘で100人早く斬る競争(1日〜数日)
プロ:新聞記者の捏造。2人の士官は殺害競争をしてないし、語ってもいない。

こんな感じ?


28 :名無しかましてよかですか?:2007/04/25(水) 22:59:32 ID:I75bVMTQ
あまり語られないが、個と公論かな。

戦争論批判への反論ってことがわかる題名にすれば良かったのに

29 :名無しかましてよかですか?:2007/04/26(木) 11:41:43 ID:zWzzO9Ej
古本屋でも見かけないオウム真理教についての『オウム的!』という
本も出していたなぁ。


30 :名無しかましてよかですか?:2007/04/26(木) 11:42:09 ID:aM8GwCdi
ミントGM代行と共に苦難をのりこえますわ26
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/kyozin/1177513869/l50


31 :名無しかましてよかですか?:2007/04/26(木) 20:35:04 ID:KwNvtZij
>>29
『オウム的!』と井沢元彦との対談本は文庫化してたと思う。

32 :名無しかましてよかですか?:2007/04/27(金) 12:10:40 ID:qZFdNNMx
対談本の中で一番面白かったのは戦争論争戦かな。
実質田原とのケンカだけど

33 :名無しかましてよかですか?:2007/04/28(土) 05:52:54 ID:H+D7FIca
>>1
中流絶滅

34 :名無しかましてよかですか?:2007/04/28(土) 14:40:04 ID:kds3kS7Q
結論、実際は海洋国ほど土人である

35 :名無しかましてよかですか?:2007/05/01(火) 20:57:04 ID:795J966t
本日の雑談は読んどいた方がいいな。
作品というより小林よしのりという人間そのものを知りたいのなら。

36 :名無しかましてよかですか?:2007/06/26(火) 09:45:47 ID:LMfGSPK5
戦争論1は頭の中が右翼(俗な言い方だが)になり、てか我々日本人としての基本を学び。戦争論2は頭の中が左翼(本来の)になり。戦争論3では世界の矛盾や混乱の原因、「犯人はお前だったのかー!」となる

37 :名無しかましてよかですか?:2007/07/02(月) 10:08:23 ID:bquQpPH+
>>32
あれはおもしろかったなあ。
個人的にあれで田原のファンになったよ。
ゴー宣の欄外に「田原は核に優しさがあるから認めている」と書いてあったけど
その優しさがよく表れていると思う。

38 :名無しかましてよかですか?:2007/07/06(金) 00:06:19 ID:thbB0IH+
漫画だけど「目玉の日記」と「遅咲きじじい」

面白かったよー。遅咲きじじいは連載中だよね。

笑ったー!

39 :名無しかましてよかですか?:2007/07/07(土) 21:35:11 ID:QGLyKmYj
新ゴー宣13巻の第195章とか、どうよ?(笑)

40 :名無しかましてよかですか?:2007/07/07(土) 21:50:21 ID:lYBWAfrF
全部面白いとおもうよ。



41 :名無しかましてよかですか?:2007/07/07(土) 22:34:16 ID:+YaOWI1+
西部との本日の雑談
西部がいかにサヨク体質であるかがわかってくるよ
保守の重鎮といわれているけどメンタリティーは根っからのサヨクなんだよね


42 :名無しかましてよかですか?:2007/07/10(火) 21:18:28 ID:/qhBb59/
目の玉日記
ほとんど盲目になった目を手術で鮮明に見えるようになったという話
目に人口のレンズみたいなのを入れる。
自分も老眼になったらやろうと思う。

43 :名無しかましてよかですか?:2007/07/14(土) 20:41:53 ID:08bUqNYP
戦争論争戦で印象深かったのは、日本のような富める国があるのは
極論すればその分を他から収奪しているからだっていう小林の認識かな。
飢餓に苦しむ国があってこそ、夜中なのに照明が明々とついたり無駄遣い
できたりする日本やアメリカのような国があるという。
戦争論にはそういう悲哀に満ちた感情も入っているからこそ名作なのに
その辺をわかってない人も多いね

44 :名無しかましてよかですか?:2007/08/18(土) 00:30:26 ID:Cg0kOxSW
>>42
買ってくる

45 :名無しかましてよかですか?:2007/08/18(土) 05:41:43 ID://ki1wy9
「目の玉日記」、自分の親に読ませたけど面白いって言ってたな。
高齢者にも薦められるんじゃね?
あとまだあがってないみたいだから、「個と公論」。
活字だけど読みやすいし、おすすめ。

46 :名無しかましてよかですか?:2007/08/20(月) 02:50:47 ID:K7cDpFdK
「戦争論争戦」でよちりんケチョンケチョンに論破されてるのが超うける。
あとがきがまた良い。

よちりん
「説得してやろうなんて甘いこと考えてしまったわしのバカ!
わしのバカ!…三回目になるともう取り返しがつかないほどに意見の
食い違いがはっきりしてきて…終わって酒飲んで、田原のバカヤロー!
と叫ばずにはいられなかった。…」

田原
「…二十歳近く歳の離れた小林との討論を終えた今、私は、
おそらく世界タイトル戦の十二ラウンドを闘い終わったボクサーが
抱いたに違いない疲労感と、そして大きな満足感を感じている。」

47 :名無しかましてよかですか?:2007/08/20(月) 21:42:30 ID:PMiZGquQ
今田原と対談したら内容的には間違いなく勝つだろうな
あとは田原がどうかわせるかというテクニックの問題




「個と公論」はいいね。活字でもメチャクチャ笑える

戦争論批判への反論本であり「ゴーマニズム宣言」スペシャルのロゴも入っているのに
タイトルのせいかあまり重視されてないのがもったいない
初心者が戦争論の次に読むべきなのは
台湾論ではなく「個と公論」


48 :名無しかましてよかですか?:2007/08/21(火) 01:27:35 ID:bKZrPXyF
映画なら傑作「逆噴射家族」は見ておかないと駄目でしょう。
小林先生原作脚本作品として。

49 :名無しかましてよかですか?:2007/08/21(火) 09:33:02 ID:j/MsulUO
鼻水を引っ張りながら
「どぼちて〜」って、やる漫画なんだっけ?

50 :名無しかましてよかですか?:2007/08/21(火) 09:48:49 ID:5gnpeCBh
樹海 だっけ?
ニートとフリーターとネットウヨが自殺しに樹海行く話
あの3人のやりとりがマジで笑えたw

コヴァだろ?コヴァ


51 :名無しかましてよかですか?:2007/08/21(火) 09:56:33 ID:Y14gQldU
ベタだが「戦争論(1・2・3)」は日本人必読。勉強になるし、泣けます。

52 :名無しかましてよかですか?:2007/08/21(火) 17:40:19 ID:Flhs3aFz
>>46
いや、論破されてないでしょ。
むしろあの本は、田原が論破されそうになると話を逸らしたりしていたように読めるぞ。
平行線で喧嘩して終わったともいえる・・・かな。

53 :名無しかましてよかですか?:2007/08/21(火) 20:17:41 ID:e1fUX4xH
今ウチに戦争論争戦があるから、数年ぶりにもう一度読んでみるかな

54 :名無しかましてよかですか?:2007/08/22(水) 00:09:37 ID:MOXu2YWS
小林よしのりは2流の作家なのでおすすめできる本はない
読んでも面白くないし心に残る作品はない
強いてあげるとすればやはり「おぼっちゃまくん」だろう
いくらゴー宣で話題になっても彼の代表作といえばこれだ

55 :名無しかましてよかですか?:2007/08/22(水) 01:53:06 ID:+UdKFwyx
宗教、暴力団等
裏の世界を取り上げて欲しい。
オウムで真相を究明し暗殺されかかった時、彼は全てのジャーナリストを超えた。
最後に一花咲かせてほしい。


56 :名無しかましてよかですか?:2007/08/24(金) 21:54:56 ID:5ud6CqfQ
>ベタだが「戦争論(1・2・3)」は日本人必読。勉強になるし、泣けます。

トホホホ…(涙

57 :名無しかましてよかですか?:2007/08/24(金) 22:12:25 ID:On+f0UIp
名探偵コナンは巻を重ねるごとにどんどん読みにくくなっていくが、
同様に字数が多いゴー宣の方はすらすら読める。

58 :名無しかましてよかですか?:2007/08/25(土) 08:46:04 ID:SPitoARw
ほんの少し前、小林が戦争論を発行する前までは、日本は左翼思想に
支配され、慰安婦も当然いたとういう風潮だったが、それを打破する
きっかけになったのは小林の戦争論だったと思う。
これがいかに凄いことかはちょっと考えればわかるはずだ。
まさに、小林の戦争論は全巻とも神がかっているとしか思えない。
それに、イラク戦争のことを書いたときにも思ったが、今、考えれば
先見の明は凄い。
小泉改革のことを書いたのもそうだ。
俺には小林は、神が日本を救うために送り出した切り札としか思えない。


14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)