5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

童話「首がもげたキリン」

1 :名無しさん:2006/04/07(金) 22:50:42 ID:JvKi03pC
ある朝キリンのアゾルカが目を覚ますと、目の前にキリンの足がありました。
(おや、寝惚けているのかな。起きたんだから首を起こさなくちゃ)
ところが、いくら力を入れても、視界が横に動くだけで、ちっとも首が上に
上がりません。ざわざわと地面の草が首を撫でてとてもむず痒いです。
(どうしたことだ。何かの病気かもしれない)
と、アゾルカは思いました。
そこへ、アゾルカの母キリンがやってきました。とても哀しげな目付きで
アゾルカを見下ろして、こう言いました。
「坊や、あなたの首はもげてしまったの。じきにあなたには「死」がやって
に捕らえられるわ。キリンは首がもげたら死んでしまうの。私にはどうすることも
出来ないの。新しい子供を作るために旅立つわ。さようなら坊や」
そう言うと母キリンはアゾルカの首を置いて去ってしまいました。首のないアゾルカの
胴体は、母キリンを慕ってついていきます。母キリンは始めアゾルカの胴体を
追い払っていましたが、根負けしたのか、首がないとはいえ可愛い息子だからか、
一緒に連れていってしまい、アゾルカは首だけでひとりぼっちになってしまいました。(続)

2 :無職:2006/04/07(金) 22:56:58 ID:xM1j7D5k
駄目だ、面白い。

3 :名無しさん:2006/04/07(金) 22:57:42 ID:ficP9CqD
>>1=ごま子

4 :名無しさん:2006/04/07(金) 23:05:13 ID:JvKi03pC
×じきにあなたには「死」がやってに捕らえられるわ。
○じきにあなたは「死」に捕らえられるわ。

5 :名無しさん:2006/04/07(金) 23:06:52 ID:JvKi03pC
×母キリンは始めアゾルカの胴体を
○母キリンははじめアゾルカの胴体を

風呂入ってくるのです。


6 :名無しさん:2006/04/07(金) 23:08:10 ID:QryvKwnh
肺魚の小説よりは期待できる

7 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/07(金) 23:37:56 ID:fjdZLNtn ?
面白いね

8 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/07(金) 23:42:34 ID:fjdZLNtn ?
不条理モノを上手く仕上げるコツは、矛盾してるが筋がとおってることと、一握りの情緒にある

9 :名無しさん:2006/04/08(土) 00:44:37 ID:a2ZIm5Ak
(母さんがいなくなって、これから僕はどうしたらいいのだろう)
アゾルカは首をもぞもぞと動かしながら、とりあえず周りの草を食べてみました。
高い枝の葉を食べていた時と違って、晴れやかで楽しい気持ちがやってきません。
土が歯に挟まっても、取ることが出来ませんでした。喉が渇いたけれど、
首だけではとても水辺まで辿り着けそうにありません。アゾルカは泣きたくなりました。
そこへ、死んだクモを運んでいるアリの集団が通りかかりました。アゾルカはそれを
見て、(そうか、僕もああして運んでもらえばいいんだ)と思い、アリに頼んでみました。
「ねえ君たち、僕もそうやって運んでくれないか。池のほとりで降ろしてくれないか」
アリたちはケラケラと笑います。

10 :名無しさん:2006/04/08(土) 00:45:45 ID:a2ZIm5Ak
「大きな坊や、残念だがあたしらじゃとても坊やを運べない。坊やがちゃんと
死んで、腐って崩れ落ちて、小さな肉の欠片になったら、運んでやらんことも
ない。だけどその頃には、他の動物たちがあらかた坊やを食べ尽くしているだろうね」
と、一番賢そうな、大きな頭のアリが言いました。
「『ちゃんと死んで』ってどういうこと? 母さんも『死』について何か
言っていた。でも、僕にはそれが何かわからないんだ」
「分かってないから、そうして首だけになっても生きていられるんだろうね。
坊やは、お仲間のキリンや、シマウマやヌーなんかが、ライオンやチーターに
倒されるところを見たことはないのかい?」

11 :名無しさん:2006/04/08(土) 00:46:58 ID:a2ZIm5Ak
「母さんは、近くで誰かが襲われると、僕の眼を塞いで、見せないようにして
くれていたんだ。残酷なんだって。子供は見ちゃいけないって」
「それは残念だったね坊や。君の母さんはとても優しい。だけどその優しさの
おかげで、坊やは大切なことを見ないで来てしまった。これからは、しっかり
眼を開けて世界を見るんだ。あらゆることから、決して眼を逸らしちゃいけないよ。
おじさんたちはもう行かなきゃいけない。小さな子供たちが待ってるんだ」
アゾルカと話している間にも、アリの行列はずんずん進んでいっていたのです。
「また会えるかな。僕はまだまだいっぱいおじさんに教えてもらいたいことが
ある気がするんだ」

12 :⌒(..tora)⌒ ◆9eTigeR8aA :2006/04/08(土) 00:47:01 ID:N3bM3vQn
これでごま子も首がもげたら死ぬっツーことが勉強できるわけだね

13 :名無しさん:2006/04/08(土) 00:47:55 ID:a2ZIm5Ak
「言ったろう。眼を開けて世界を見るんだ。おじさん以外にも、坊やにとって
大切な友達になってくれる動物は、まだまだいるかもしれない。それじゃあさよなら」
頭でっかちのアリは行列に戻ってしまいました。その頭のおかげで、他のアリとの
区別がつき、おじさんを見ていられるのが、アゾルカにはとても嬉しかったのですが、
おじさんの言葉を思い出して、少しよそ見をして草原を見渡し、それから視線をアリの
行列に戻すと、遠ざかっていく行列の中の頭の大小なんてもうわからなくなって
いました。(続)

14 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/08(土) 01:13:28 ID:jzH4xm++
ごま子と同一視する理由がわからん。失礼だし馬鹿なんだろうな

15 :名無しさん:2006/04/08(土) 01:21:13 ID:a2ZIm5Ak
いや、元ネタがごま子の
「キリンは首もげると死ぬいう」て書き込みと、
「いや、キリンじゃなくても首もげたら死ぬから!」という誰かのツッコミだから。

16 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/08(土) 01:24:14 ID:jzH4xm++ ?
そりゃ失礼。がんばって続き書いてね〜

17 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:24:10 ID:a2ZIm5Ak
やがて夜になりました。アゾルカは喉が渇き、お腹が減ったにもかかわらず、
眠くなってきました。「母さん、おやすみなさい」と言ってみました。勿論
アゾルカの母はどこにもいないのですが、そう言えば「おやすみ、坊や」と案外
近くから答えてくれるような気がしたからです。だけどどこからも優しい声は響いて
こなくて、アゾルカはそのまま眠りにつきました。
翌朝、アゾルカは口に触れた水の冷たさで眼を覚ましました。辺りの腐臭に
驚きました。いつの間にか、ハイエナの群れがアゾルカを囲んでいたのです。
水は、その中の一匹が口移しでアゾルカに与えたものでした。

18 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:24:52 ID:a2ZIm5Ak
「気付いたようね」
「助けてくれてありがとう。僕はアゾルカ」
「ガジェットよ」
アゾルカはガジェットいうそのメスハイエナにいろんなことを話しました。
朝起きたら首がもげていたこと。母さんがアゾルカを置いていったこと。
寝ながら食べる草の味は立っている時と全然違ったこと。『死』というものを
を知りたがっていること。アリのおじさんから「眼を開いてよく世界を見ろ」と
言われたこと。でもどうしようもなく眠くなって眼を瞑って眠ってしまったこと。
そして眼を開けたらガジェットが目の前にいて、水を口移しで飲ませてくれたこと。

19 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:25:56 ID:a2ZIm5Ak
ガジェットは臭いこそ酷いものの、優しい笑顔で頷きながらアゾルカの話を
聞いてくれました。そして
「私たちは、あなたに『死』を教えてあげられるかもしれない」と言いました。
アゾルカは喜びました。わからないままでいたら、いつまでもこの不自由な首だけの
生活を続けなければならないと思っていたので、早く『死』を見つけて、
元の元気に草原を駆け回れる身体に戻りたかったのです。
ガジェットは自分たちのことをアゾルカに話し始めました。
両親はヌーの大群に返り討ちに合い、死んでしまったこと。幼い弟妹たちの
ために、ガジェットが一生懸命獲物を狩って、食べさせてやっていること。
だけどもうガジェットは疲れ切ってしまい、限界が近付いていたこと。

20 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:26:36 ID:a2ZIm5Ak
ちょうどその時、何日分の食糧にもなりそうなキリンの首を見つけたこと。
その首にまだ息があるのに驚いたこと。食べきれない量の餌に急いで噛みついて
みすみす腐らせるのではなく、しばらく生かして、数日分の食糧とすることに
相談がまとまったこと。などを、その食糧そのものであるアゾルカに聞かせました。
アゾルカは、常に微笑を絶やさないガジェットの話し方をただ見ているだけで
何だか幸せになって、哀しい話にもかかわらず嬉しそうに聞いていましたが、
ガジェットのいう食糧というのが自分のことだと分かった時、顔が真っ青になりました。
「それじゃあ、僕は君たちに食べられるの」
「そうよ。そうして、あなたを全部食べてしまうと、あなたは無くなるの。
それが『死』ということだと私は思うわ」

21 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:27:19 ID:a2ZIm5Ak
「でも、食べられてしまっては、もう元の身体に戻れない。考えさせてくれないか」
「でも、実は」
ガジェットは顔を赤らめて、恥ずかしそうに言いました。
「もう、少し食べてしまったの。首の根元の方を」
アゾルカは驚いて、懸命に首を曲げて、首根っこを見てみました。僅かですが、
肉が少なくなっています。アゾルカとガジェットから少し離れたところで
無邪気にじゃれあっている幼いハイエナたちは、時折アゾルカの方を物欲しげに
見ています。

22 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:27:54 ID:a2ZIm5Ak
(起きている時に食べられると、きっとすごく痛いんだろうな)
アゾルカは思いました。でも目の前の優しいガジェットの顔を見ていたら
(でも、彼女らにだったら、食べられることもそう悪くはないかもしれない)
と思いました。
そうしてアゾルカは、なるべく少しずつ食べてもらうことを条件にして、
ガジェットたちに肉を提供することを承知しました。アゾルカは少しでも
長くガジェットの話を聞いていたかったのです。ガジェットも、苦労の多かった
生活に一息をついて、首だけのキリンと楽しく話をして過ごすのがとても
愉快でした。ガジェットはこれまでに倒した獲物の味や、ライオンに獲物を
横取りされた話や、目の前で家族が殺された話などをアゾルカに聞かせました。

23 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:28:40 ID:a2ZIm5Ak
アゾルカは、母さんに教えてもらった美味しい葉の見分け方や、美しい夕陽が
見られる場所や、一度だけ見た、途方もない首の長さを持った老キリンの話をしました。
そうしている間に、アゾルカの首は少しずつ食べられていきました。
アゾルカの為に、ガジェットはいつも口移しで水を飲ませてくれました。(続)

24 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:32:24 ID:a2ZIm5Ak
>>20 一行目
×ちょうどその時、何日分の
○ちょうどその時、何日分もの

25 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:35:31 ID:lgMNGWu/
なんかこわいけど本当は怖いグリム童話っぽくていいねーいいねー

26 :名無しさん:2006/04/08(土) 02:38:45 ID:ds8zqd1J
どうせあれだろ、愛とか芽生えちゃうんだろ!?

27 :ま・り・ぃ@ふたりはブリキヤmax鳩 ◆JcP82GanDE :2006/04/08(土) 02:40:56 ID:RyXh/0j8
深い愛が嵩じて その死体をパクリ ぱく〜りと

28 :名無しさん:2006/04/08(土) 05:48:48 ID:H2mggL/s
ジャン=ジャック・ベネックスの映画でありましたネ>首のもげたキリン

29 :名無しさん:2006/04/08(土) 10:30:13 ID:Lu4Hlz/x
いいなあ!この才能、いいなあ

30 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:07:27 ID:DPSPNi7H
アゾルカの肉は日毎に減っていきました。
「明日でもう、あなたのことを食べきってしまうかもしれません」
ガジェットは寂しそうに言いました。
「好きなひとたちに食べられるのだから、僕はとても嬉しいんだ。もっと
いろんな世界を見たい気もあったけど、ガジェットがたくさん話を聞かせて
くれたから、もう充分かもしれない。できれば、朝目覚める前に僕を食べきって
くれないか。起きて君の顔を見ていたら、まだ死んでしまいたくないと思って
しまいそうだから」

31 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:08:12 ID:DPSPNi7H
ガジェットは頷き、アゾルカの首をぺろぺろと丁寧に舐めた後、二匹は並んで
眠りにつきました。
(広い世界を見ることは出来なかったけれど、僕は幸せだった)
アゾルカはそう思いました。

32 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:08:52 ID:DPSPNi7H
翌朝アゾルカはまだ目覚めることが出来ました。ガジェットと弟妹たちが
ひどく脅えているのが見えます。オスのライオンが一匹、ガジェットたちが
暮らしていた岩陰に入り込んできたのです。
「おまえたちを見なくなったからおかしいと思ったら、こんな所に隠れて、
こんなものを食ってやがったのか」
と、ライオンはアゾルカを蹴り転がしながらガジェットたちを脅しています。
「大人しく獲物をよこせば、俺も手荒なことをしないですむんだ」
よく見ると、ガジェットの弟妹のうち一匹が伸びています。きっとこの乱暴な
ライオンに弾き飛ばされたのでしょう。まだ息はあるらしく、ガジェットが
しきりに鼻先を舐めていました。

33 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:09:30 ID:DPSPNi7H
「やめてください。小さな子供たちに乱暴するなんて、百獣の王がすることじゃ
ないですよ」とアゾルカは言いました。
ライオンは、足下の首だけキリンが突然口をきいたのに驚きましたが、すぐに威厳を
取り戻して、
「死に損ないが偉そうなことを言うな。何も穏やかに話し合いをしなくたって、
こいつら全部噛み殺してしまうことだって出来るんだ。ただ、ハイエナの肉なんて
不味くて食えたもんじゃないから、代わりにお前を持っていこうとしただけだ。
それをあのチビが突っかかってきやがるし、そのメスもお前を渡そうとしない。
どうやらお前の為に、こいつらを皆殺しにしなけりゃならないようだ」

34 :⌒(..tora)⌒ ◆9eTigeR8aA :2006/04/09(日) 02:10:00 ID:0xQybLGF
あ、あぶない!!

35 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:10:47 ID:DPSPNi7H
アゾルカは胸が締め付けらる想いでした。もっとも、胸なんてとっくにないの
ですが。
(もう一日早く僕がガジェットたちに食べられていたら、こんなことには
ならなかったのに)
「ライオンさん、僕を食べてください。だからガジェットたちを傷付け
ないでください。どこかへ行った僕の身体が見つかったら、それも食べて
しまって構わない」」
「何を偉そうに」とライオンは言いましたが、素直に食べられる気持ちになっている
アゾルカと、敵意を向けるハイエナの群れとを見比べると、アゾルカを咥えて
岩陰から出て行きました。

36 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:11:48 ID:DPSPNi7H
ガジェットはうらめしそうにライオンを眺めていましたが、やがて諦めて、
新しい獲物を探しに行くのでした。

ライオンはアゾルカを咥えてしばらく歩くと、アゾルカを降ろし、フーっと溜息を
つきました。先ほどガジェットたちを脅していたのと同じ動物とは思えないくらい、
弱々しく、頼りない姿の、老いぼれたライオンの姿が現れました。
「ライオンさん、どうしたんですか」
「俺の名前はドレン。百獣の王なんて言葉からはほど遠い、人の獲物をかすめ取らなきゃ
生きていけん、情けない老ライオンさ」

37 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:12:40 ID:DPSPNi7H
アゾルカは驚きました。凶悪な面構えが今は一変して、日向ぼっこが似合いそうな
優しい顔を見せているのです。
「ドレンさん、どうしてさっきはあんなに酷いことをしていたんです」
「俺は昔から狩りが下手でな。まともに餌にありつけなくて、群れからも
追い出された。そんな俺でも、見掛けがライオンだというだけで、ハイエナたちは
獲物を譲ってくれるんだ」
「ハイエナが、苦労してやっとの想いで手に入れた獲物を?」
アゾルカは心底驚きました。ライオンといえば、狩りの名手で、みんなの
手本となるような、王者の名にふさわしい立派な動物だと思っていたからです。

38 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:13:23 ID:DPSPNi7H
「そうさ。ガジェットとかいったな、あいつの両親がヌーの群れに突き殺された時、
俺は何日も悲しんだ。俺に何度も獲物を譲ってくれた、優しい奴らだった。だから、
娘たちはその後どうしてるのかと心配で追いかけてきた。しかしいざ見つけてみると、
おまえが眼に入って、途端に腹が減っていることを思いだした。脅したりしたくは
なかったんだが、空腹だけはどうしようもない」
「小さな子供に手をかけることはなかったのに!」
「手加減はしたさ。小さすぎて、まだよくわかっていなかったんだろう。俺が
軽くあしらっただけで、あいつらには致命傷になりかねないことを知らなかったんだ。
死んではいないさ。多分な」

39 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:14:15 ID:DPSPNi7H
アゾルカはこのドレンというライオンのいうことが、分かるような気も、
分からないような気もしました。本当はドレンだって、獲物を横取りしたり、
他の動物を傷付けたりはしたくないようなのです。だけど腹が減っては
どうしようもないと言います。アゾルカはこれまで、母親やガジェットに
助けられてものを食べていたので、空腹の本当の辛さを知らなかったのです。
「本当はあいつら全員でかかってこられたら、俺だって危ないかもしれない。
何とかあいつらを全員噛み殺すことが出来ても、こちらも眼を潰されたり、
腹の皮を破られたりするだろう。だから俺はあいつらを無理やり獲って食おうとは
しないし、あいつらも本気で抵抗したりはしないんだ」

40 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:15:04 ID:DPSPNi7H
「でも、今よりずっとずっとお腹が空いたら?」
「その時は、争いで出来た怪我が元で翌日死ぬとしても、その日生きるために
あいつらを襲うかもしれないな」
「聞いていると、生きるってとても大変なことみたいだね。僕はずっと
『死』を理解したくて、それで悩んでいたのに」
「そんなことも知らなかったのか。どうやらお前は、さっきのハイエナの
ガキなんかより、ずっとずっと子供みたいだな」
ドレンは何だかとても嬉しそうに笑いました。笑うと皺でくちゃくちゃに
なって、とても恐がることなんて出来そうにない顔になるのです。(続)

41 :⌒(..tora)⌒ ◆9eTigeR8aA :2006/04/09(日) 02:16:48 ID:0xQybLGF
ブックメイキング
ブックメイキング
ハイギョハイギョ

42 :名無しさん:2006/04/09(日) 02:22:30 ID:DPSPNi7H
>>28
http://www.coda21.net/eiga3mai/text_review/MORTEL_TRANSFERT.htm
この映画かな。観たことないけど。ぬいぐるみのキリンなんだね。

43 :カヤバ ◆r5Z1XuPh8s :2006/04/09(日) 02:31:14 ID:azjcBrPe
いい話だ・・・

44 :名無しさん:2006/04/09(日) 11:56:40 ID:Rezj8ERH
絵をつけてみたよ。自己満だけどね。

45 :名無しさん:2006/04/10(月) 01:10:52 ID://CRLq2+
自己満足でもアップしたら他満足になるかもよ

46 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/10(月) 01:16:40 ID:0tnbybXq ?
とりあえず完結したら読みますね

47 :名無しさん:2006/04/10(月) 01:18:32 ID://CRLq2+
ペースダウンする予定だから読んどいてよ

48 :名無しさん:2006/04/10(月) 01:46:32 ID:rYyPGfgJ
紙に書いた絵だけどアップしてもいいの?しかもへたっくそだ。PCがあったら取り込んだりして文章とか組み合わせられるんだろうけどね。
この話しって、元ネタってか、ちゃんとした原作あるの?

49 :名無しさん:2006/04/10(月) 01:51:30 ID://CRLq2+
>>15にも書いたけど
15 名前:名無しさん[] 投稿日:2006/04/08(土) 01:21:13 ID:a2ZIm5Ak
いや、元ネタがごま子の
「キリンは首もげると死ぬいう」て書き込みと、
「いや、キリンじゃなくても首もげたら死ぬから!」という誰かのツッコミだから。

で、「首のもげたキリン」というモチーフは、ジャン=ジャック・ベネックスの
「青い夢の女」という映画にあるらしい。ごま子がそれを踏まえて発言したかは不明。

50 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:01:58 ID:rYyPGfgJ
あぁ、元ネタは>>15ね。
青い夢の女で、首のない青いキリンがでてくるのは知ってる。
それを見て思いついたのかな。この物語。
いずれにせよ、原作なしで>>1が考えたんだったらすごいよね。

51 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:03:28 ID://CRLq2+
いや、その映画見たことないし、アゾルカって名前はドストエフスキー
「虐げられた人々」に出てくる犬の名前だけど、他は何も参考にしてないよ。

52 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:14:43 ID:rYyPGfgJ
そうなんだ。その才能を尊敬するよ。
ちょうど今、ケガして自宅療養中でさヒマで絵本(自己満)にしてるんだけど、出来上がったら誰かに見せてもいいかな。もちろん作者はあなたにするから。

53 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:15:52 ID://CRLq2+
どうぞお好きに

54 :きよしさん:2006/04/10(月) 02:19:02 ID:6k+SlU1v
44以降は、蛇足というか粋ではないと思うのさ
そういった強がりが欲しいのさ
したら、ホントだとぼくは勝手に想像をふくらませられるからさ
つまりは甘えてばかりでごめんねなのさ

55 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:26:09 ID:nGj0vVOs
きよしはときめいてしまうほどにピュアだな

56 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:29:13 ID:rYyPGfgJ
>>53
ありがとう。

57 :ユニシキ ◆WWW/NiXO.o :2006/04/10(月) 02:30:43 ID:LTl4SaOI
飲むヨーグルトの薄い版みたいなのはピョアだな

58 :ユニシキ ◆WWW/NiXO.o :2006/04/10(月) 02:31:58 ID:LTl4SaOI
まちがえた。ジョアだな

59 :名無しさん:2006/04/10(月) 02:33:53 ID:wx3i2FSP
だっせえ

60 :ごま子携帯:2006/04/10(月) 10:29:26 ID:FEXgcZsK
わ。わ。わ。おもしょいの。おもしょいの。絵本も読んでみたいな。
あのね、自分も映画は初耳なのよ。なんかの本かNHKだかでキリンは首がもげたら死ぬ言う風に
やっててね、その時はほほーっと関心したのだけども、ロビで書いて突っ込まれて
アイヤ。アイヤしった。お話なったは凄いの。
ちなみに蛙さんも木にのぼるのよ。プチトリビアなのです!

61 :名無しさん:2006/04/10(月) 11:13:23 ID:Fm66QzB5
けっこうおもろい

62 :肺魚 ◆KAKWpMAjds :2006/04/10(月) 16:49:22 ID:P8weEX9C
これに応募しよう
http://compe.japandesign.ne.jp/ap/01/art/shinpusya13/

63 :コウモリ ◆LpppppNqDQ :2006/04/10(月) 19:54:50 ID:MYs7NfYF
じゃぁ、面白い、で。

64 :名無しさん:2006/04/11(火) 02:04:49 ID:TYYvP31F
ドレンはアゾルカに、群れを持てないライオンのみじめさを教えてくれました。
メスを求めて群れに近付いても、力強いボスライオンに脅されて逃げるしかありません。
まだ若い頃、近付いた群れの中に、ドレンの母ライオンを見つけたことがありました。
その時ばかりは、ボスライオンに、威嚇だけでなく爪で傷付けられても、母ライオンの
方に向かっていったのですが、母ライオンはドレンには気付くことなく、新しい子供に
乳をやっていました。涙を流しながら、深い傷を負って命からがら逃げ出した
ドレンは、もう二度とライオンの群れになんか近付かないと心に決めました。
だけど、少し時間が経つと、吸い寄せられるようにまた群れに寄っていって
しまいます。メスのライオンと触れ合いたいのもありますし、いつも返り討ちに
あおうとも、ボスライオンと戦うことが楽しくもあったのです。

65 :名無しさん:2006/04/11(火) 02:06:08 ID:TYYvP31F
「ここでこいつに殺されても本望だ、と思うことが何度もあったよ。その方が
楽だしな。でも、はぐれライオンなんかに情けをかける奴はいないから、
最後には俺を嘲笑いながら逃がすんだ」
ドレンは遠い眼をして言います。
「それは、ボスライオンたちはみんな優しかったからじゃないのかな」
「そうかもしれんな。だが、優しさが相手を傷付けることだってある」
そう言うドレンは、アゾルカの言葉に何か傷付いたようにも見えました。
「それより、腹が減った。悪いが、お前を食うぞ」
ドレンは、アゾルカの耳の間にある、2本の角をぽきりと折って食べ始めました。
「僕は、美味しい?」アゾルカは聞きました。

66 :名無しさん:2006/04/11(火) 02:06:48 ID:TYYvP31F
「俺がもっと狩りが上手くて、腹が今ほど減ってなくて、ヘビでもネズミでも
今すぐ捕まえることが出来るのなら、ほっぽり出してしまいたいくらいの味なんだ
ろうな。だが、もう腹がぺこぺこでスカスカで、肉食のプライドを捨てて木の根まで
食べてしまいたいような今では、お前のようなものでも、美味しく感じるんだ」
「何であれ、美味しく食べられることは嬉しいよ」
アゾルカはそう言って笑うと、ドレンはアゾルカの頭を優しく撫でてくれました。
それは健気なアゾルカを誉めるようにも、次はどこを食べようかと探っている
ようにも見えました。
「最後まで話を聞いていたいから、耳はとっておいてよ」とアゾルカは言いました。

67 :名無しさん:2006/04/11(火) 02:07:50 ID:TYYvP31F
その時、プシュっという音がしたと思ったら、ドレンはゆっくりと地面に倒れて
しまいました。
「やったぞ」
遠くから3人の人間がやってきます。ドレンはぴくりとも動きません。
「ドレンさん、どうしたの? 何故動かないの? あいつらは何?」
ドレンは答えてはくれません。
「かなり弱ってるなこいつは。売り飛ばせる代物じゃないぞ」
「働けないなら働けないで使い道はあるさ。中身を抜いて詰め物をすれば、
充分立派に見えて、飾り物になる」
「麻酔銃なのに、ショックでもうくたばっちまったかもしれん」

68 :名無しさん:2006/04/11(火) 02:08:48 ID:TYYvP31F
「とにかく運ぼう」
もの言わなくなったドレンを、人間たちは網や車を用いて運んでいきました。
アゾルカは人間を見るのが初めてだったので、ドレンが突然動かなくなった
ことと合わせて、あれが『死』なのかなと思いました。人間たちは
草に隠れているアゾルカを見ることなく行ってしまいました。
『死』にまた捕まえられ損なったのだとアゾルカは思いました。
そうしてアゾルカはひとりぼっちになってしまいました。(続)


69 :名無しさん:2006/04/11(火) 02:14:13 ID:WFKUDX/l
コウモリや肺魚よりおもしろい

70 :toraイモデ ◆9eTigeR8aA :2006/04/11(火) 04:57:12 ID:r31xs2Df
すげーあもしろい

71 :名無しさん:2006/04/11(火) 06:55:19 ID:5SGhe1Qw
今もっとも熱いキリン、アゾルカ

72 :名無しさん:2006/04/11(火) 08:23:35 ID:gu92SYrw
これは良いな

73 :名無しさん:2006/04/11(火) 21:50:36 ID:C0WAUE1V
先が読めないからドキドキする

74 :名無しさん:2006/04/12(水) 01:22:33 ID:up0UaA88
今日はおやすみ。

75 :水橋(;:´:π;.`;:)博士 ◆KenjI..DPM :2006/04/13(木) 00:55:09 ID:tyA2RCcQ
続き書いてくれ

76 :名無しさん:2006/04/13(木) 01:21:43 ID:x8pFocxm
さっき風呂の中で考えてたから今日は書くよ

77 :名無しさん:2006/04/13(木) 02:01:57 ID:x8pFocxm
アゾルカは母親に話し掛けました。だけど母親はもういません。
アゾルカは頭でっかちのアリに話し掛けました。どこにもアリの姿は
ありません。
アゾルカはガジェットに話し掛けました。ガジェットの臭いは届いて来ません。
アゾルカはドレンに話し掛けました。アゾルカを噛む鋭い牙は光っていません。
アゾルカはとてもとても寂しくなりました。
アゾルカはみんなに会いたいと思いました。でももう首もかなり短くなって、
角もなくなって、ほとんど動けないので、誰に会いに行くことも出来ません。

78 :名無しさん:2006/04/13(木) 02:02:52 ID:x8pFocxm
誰でもいいから、話をしたいなあ。食べられてもいいから、誰か近くに
来てくれないかなあ、とアゾルカは思いました。もっと自由に動けていた時に、
いろんなところを駆けて、いろんな動物と友達になっておけば良かったなと思いました。
ハイエナやライオンに近付くのは、きっと母親が止めていたでしょうが。
アゾルカの眼から涙が落ちました。アゾルカは舌を伸ばしてそれを舐めとろうと
したのですが、あと少しのところで届かず、そのことで悲しくなってまた涙を
流し、また舌を伸ばしたりしているうちに疲れてきて、眠り込みました。

79 :名無しさん:2006/04/13(木) 02:03:40 ID:x8pFocxm
アゾルカは顔に何か当たるのを感じて眼を覚ましました。
それは、細くて長くて赤い舌でした。目の前に大きなヘビがいました。
「おはよう!」アゾルカはとても嬉しくなって元気よく答えました。
「やあおはよう。おまえはまだ生きてるんだな。そうすると毒を使った方が
いいのかな」
「毒だって! そんなもの使わなくたって、僕は身動き出来ないよ。
君はヘビだね。ガジェットに聞いたことがあるよ。細くて長くて、牙から出す
毒で相手を動けなくするんだってね」
「首だけ角なしのキリンのくせに物知りだな」

80 :名無しさん:2006/04/13(木) 02:04:44 ID:x8pFocxm
「うん、母さんといる時は、地面に君みたいな動物がいるなんて考えた
こともなかったけれど、首だけになってから、いろんなものが見えてきたんだ」
「あちこちかじられてるようだが」
「ガジェットっていうハイエナや、ドレンさんっていうライオンに食べられたんだ。
ねえヘビさん、君の名前を教えて。それで、僕を食べるのなら、その前にいろんな
話を聞かせておくれ。耳は最後に残しておいておくれ」
「優しい相手ばかりに出会ってきたんだな。だが俺はもう何週間も餌にありついて
いないから、おまえの相手をしている余裕はないんだ」
そういうと、ヘビは大きな口を開けて、アゾルカを一口で飲み込みました。

81 :名無しさん:2006/04/13(木) 02:05:36 ID:x8pFocxm
「悪いがこれでもうお前とは話を出来ないな」
「じゃあ僕は、飲み込まれながら話をする初めてのキリンになるよ!」とアゾルカは
ヘビの腹の中から言いました。
ヘビは思わず笑いそうになりましたが、お腹がパンパンに張って、身動きがとれなく
なって、うまく笑うことが出来ませんでした。(続)

82 :きなきな ◆kXuo0Xlkqo :2006/04/13(木) 02:08:47 ID:l97mKi/Z
つまんね

83 :名無しさん:2006/04/13(木) 02:09:48 ID:x8pFocxm
>>79三行目
×元気よく答えました。
○元気よく言いました。

84 :名無しさん:2006/04/13(木) 08:11:53 ID:tZhZqko/
( Д ) ゜゜

85 :名無しさん:2006/04/13(木) 08:48:32 ID:BoYVUuv4
アゾルカは消化されながらも話しを楽しみました。
ウンコになっても話し続けましたとさ(終)

86 :名無しさん:2006/04/14(金) 01:09:35 ID:TAMD2lJH
もうちょっと続くから

87 :名無しさん:2006/04/14(金) 06:27:39 ID:7fk7eXki
>>86周りなんか気にしてくていいよ。


少なくともうちは好きだから

88 :名無しさん:2006/04/15(土) 00:39:49 ID:K0uOXgD7
アゾルカはパンパンに張って薄くなったヘビの腹の皮の中から、もう二度と
出ることのない外の世界を眺めました。暑さでゆらめく大気の中から、
見覚えのある姿がこっちに近付いて来るのが見えました。
「ガジェットだ! ヘビのおじさん、僕の友達がこっちに来るよ!」
ヘビは慌てました。何しろアゾルカを飲み込んだおかげで、お腹が重くて
ろくに動けないのです。ガジェットの姿をヘビも認めました。ハイエナは
ヘビだって食べます。お腹の中の獲物だって食べ尽くされるでしょう。
ヘビはむざむざ自分がハイエナに食べられることよりも、久し振りにありついた
獲物を見知らぬ相手に取られてしまうことが悔しくてなりませんでした。

89 :名無しさん:2006/04/15(土) 00:40:32 ID:K0uOXgD7
「よお、腹の中の坊や。あのハイエナがお前の友達だっていうのなら、
ここから立ち去るように言ってくれないか。それか、少し黙って、隠れる
手伝いをしてくれないか」
しかし、ヘビの腹の中でアゾルカの耳はもう溶けてしまっていて、ヘビの声は
アゾルカには届きませんでした。
「ガジェット! 会いたかったよ、ドレンさんも悪い人じゃなかったよ。
君のことを心配していたんだ。でも変な連中に連れ去られてしまった。
僕はここだよ! ヘビさんの腹の中さ!」

90 :名無しさん:2006/04/15(土) 00:41:25 ID:K0uOXgD7
ガジェットはかすかに聞こえる聞き覚えのある声に首を傾げ、アゾルカの
臭いがするのに気付きました。ヘビは早くアゾルカを消化したくて、
いきんだりむくれたりしてみるのですが、口からアゾルカの臭いが洩れて
行くのはどうしようもありませんでした。
アゾルカはもう眼も口も溶けて見えなくなる前に、ガジェットがこちらに
向けて走ってくるのが見えました。

91 :名無しさん:2006/04/15(土) 00:42:29 ID:K0uOXgD7
(僕はもう話が出来ないみたいだけど、ガジェットはきっとヘビのおじさんと
友達になって、僕の話をしてくれるだろう。僕はこのまま全部溶けて無くなって、
『死』にようやく捕らえられても、誰かが僕のことを思い出してくれるのなら、
それだけでもこれまで生きてた甲斐はある気がする)
そうしてアゾルカの意識は途切れました。(続)

92 :名無しさん:2006/04/15(土) 02:53:58 ID:WxzJydjY
ぶべ!

93 :名無しさん:2006/04/15(土) 12:55:00 ID:MdTzR7z5
続きまだかな

94 :名無しさん:2006/04/15(土) 12:55:47 ID:jnBR0wEK
早く削除して下さい。

95 :名無しさん:2006/04/16(日) 02:08:27 ID:60sTXcKJ
気がつくとアゾルカはガジェットとその弟妹たちがヘビをむさぼり食っているのを
眺めていました。当然ヘビの腹の中のアゾルカも一緒に食べられていました。
(おや、どうして僕は、僕が食べられているのを、少し離れた場所からこうして
眺めていられるのだろう)
よく見るとアゾルカの横には、もうお腹の膨らんでいないヘビがいて、「ちくしょう、
ちくしょう」と喚いていました。よく見るとヘビの身体は透けていて、その先の
草原が見えています。
「おじさんどうしたの、身体が透けてるよ」とアゾルカが言うと、
「何言いやがる、おまえもだろ。俺たちは食われて、死んじまったんだよ」
言われてみると、確かにアゾルカの足もお腹も透けています。

96 :名無しさん:2006/04/16(日) 02:09:33 ID:60sTXcKJ
足? お腹? そうです。アゾルカはもう首だけではなくなって、
以前と同じように、しっかりと五体揃って大地に立っているのでした。
「首がもげる前に戻ってるよ! すごいやおじさん、『死』ってこんなに
素晴らしいことだったんだね。でも身体が透けてるのはどうしたらいいの?」
しかしヘビはアゾルカに哀れみの眼を向けて首を振りました。
「そんなものとは、すぐにさよならだ」
とヘビが言った途端、背後から巨大なキリンの首が伸びてきて、ヘビを
咥えてあっさりと飲み込んでしまいました。

97 :名無しさん:2006/04/16(日) 02:10:15 ID:60sTXcKJ
アゾルカがいつか見たことのある、首がとても長い老キリンなんかとは
比べものにならない、アゾルカの10倍はありそうなキリンが、ヘビを
飲み込んだ首を鳴らしながらアゾルカに笑いかけました。
「やあ、アゾルカ。私が『死』と呼ばれているものだ」
巨大キリンの出現に脅えているのはアゾルカだけで、ガジェットたちは
ぴちゃぴちゃとアゾルカとヘビの死骸を食べていて、アゾルカたちの
ことは全く見えていないようでした。

98 :名無しさん:2006/04/16(日) 02:10:48 ID:60sTXcKJ
「『死』の正体は、僕らと同じキリンだったの…?」
「いいやアゾルカ。お前には自分と同族のキリンに見えているだけで、さっき
飲み込んだヘビには、巨大なヘビに見えていただろうな」
「どうして僕の名前を知ってるの?」
「お前の母親に頼まれていたからだ。『あの子は『死』を理解していません。
首だけになって草原を彷徨っていることでしょう。早く見つけて飲み込んで
やってください』ってな」
「母さんと会ったんですか」
「ああ、行き倒れていた。もう飲み込んだぞ」

99 :名無しさん:2006/04/16(日) 02:11:45 ID:60sTXcKJ
アゾルカは、母親が『死』に飲み込まれたことを聞いて悲しむよりも先に、
母親が最後まで自分のことを気にかけてくれていたことで嬉しくなりました。
思わずそのことをガジェットに話してみたくなって、アゾルカの首を食べている
ガジェットたちの方を振り向いたのだけれど、何だかさっきよりもずっとずっと
遠くの方に行ってしまったように見え、もうあそこには二度と戻れないのだと
いうことが直感で分かりました。(続)

100 :阿藤怪 ◆AK4448090. :2006/04/16(日) 02:19:15 ID:+reAmbjp
/ミ ̄' ヽ、  
| ノ 二 <(●  
| /(● 、>、| 素晴らしいなこれは。
| @ノ -=ヲ ノ 絵本になったら甥っ子と姪っ子に見せてあげたい。
\ヽ__ ,ノ  

101 :名無しさん:2006/04/16(日) 02:24:28 ID:60sTXcKJ
首がもげた時点でしっこじゃーじゃーになっちゃうよ。

102 :名無しさん:2006/04/16(日) 05:42:00 ID:JQG2Rt+2
ベルセルクばりのグロ描写で絵本化したい

103 :名無しさん:2006/04/17(月) 00:41:19 ID:H/Qqy2Yl
アゾルカは言いました。
「アゾルカ学習腸」
そうです。腸が出ていたのです。

104 :名無しさん:2006/04/17(月) 00:42:56 ID:iz1bQU5I
http://rosso.1717.info/upload/data/kiririn.JPG

105 :ウンコの王様:2006/04/17(月) 00:54:54 ID:yEplNdvb
   人
  (__)
  ( ・∀・)絵がキモイ

106 :名無しさん:2006/04/17(月) 00:58:11 ID:Li7fbpYU
懐かしのギコ絵だな。話のために描いてくれたのかな?

107 :名無しさん:2006/04/17(月) 07:31:40 ID:RgxUxzmk
絵本って名称が付いてるけど


別に絵なんかいらないんじゃない?

108 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:22:07 ID:Z5iz+nzv
「もっとガジェットと話していたかったのに、もう無理なんだね」
アゾルカは『死』の暗くて深い眼を見つめて言いました。身体が震えて仕方
ありません。怖いのでした。恐ろしいのでした。自分が消えて無くなって
しまうのが突然嫌になったのでした。透けてあやふやになったアゾルカの身体は、
震えると煙のようにゆらめいて、少しずつ霧となってばらばらになっていく
ようでした。
「あのハイエナとも、おまえの母親とも、ドレンというライオンとも、おまえを
飲み込んだヘビとも、もうおまえは会うことも話すことも出来ない。死ぬとは
そういうことだ」

109 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:24:04 ID:Z5iz+nzv
「ドレンさんとも会ったの?」
「ああ」
アゾルカはそれが何を意味するか分かってしまったので、ドレンについてはそれ
以上尋ねませんでした。
アゾルカは逃げ出したくなって、久し振りに得た足で駆け出そうとしました。
だけどちっとも大地を蹴ることが出来ず、その場で空回りするだけで、前へ
進むことも、飛び上がることも出来ませんでした。悪い夢の中にいるようでした。
「逃げられるもんかね」『死』は笑いながら言いました。
アゾルカも冗談に紛らわせたくて笑おうとするのですが、うまく笑えません。

110 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:24:36 ID:Z5iz+nzv
「生き直すことが出来たら、もっといろんな人と話をするのになあ。いろんな
ところへ行って、毎日夕焼けや朝焼けを眺めて楽しむのになあ」
アゾルカは、失ってしまった『生』が、ようやくかげがえのないものだと気付きました。
「好きなように、いつだって自分の思い通りに生きているやつなんていないのだよ」
『死』がそう言うと、アゾルカは少し慰められました。
アゾルカが首だけでなかったら、ガジェットやドレンたちとあんな風に話が出来たでしょうか。
首だけになってからアゾルカが見たことや聞いたことと、首がもげずに生きて
いられたら見れたことと、どちらが素晴らしいものだったかは確かめる術は
ありません。それなら、今まで自分が生きてきた道のりこそ最上のもので
あったと、せめてそう信じてアゾルカは死んでいきたいと思いました。

111 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:25:14 ID:Z5iz+nzv
アゾルカが覚悟を決めたのを見ると、『死』はアゾルカを優しく包み込むように
くわえ、飲み込みました。アゾルカは飲み込まれながら「また、会えるかな…」
と思いました。誰に会いたいのかということを考える前に、アゾルカは消えて
なくなってしまいました。

112 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:26:23 ID:Z5iz+nzv
『死』はアゾルカを飲み込んだ後も忙しそうに、巨大なハゲタカになったり、
巨大なクジラになったり、巨大な人間になったりしながら、ありとあらゆる
ところで死んでいく生き物たちを飲み込んでは走り、飲み込んでは走りました。
「おまえたちと同じ名前の者はいつか生まれるかもしれん。同じ姿かたちのものが
草原を走るかもしれん。同じ性格のものが海を泳ぐかもしれん。しかしそれらは
おまえたちと同じものではない。別物の『生』であり、『死』に行き着くまでの
違う道のりを辿る、新しい物語だ」
『死』は誰にともなく言いました。本当は『死』もいつか誰かに飲み込んで
もらいたいと思っているのかもしれません。

113 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:27:10 ID:Z5iz+nzv
走りながら『死』はいたるところに糞を撒き散らしました。糞は様々な生き物に
形を変え、世界中の母親たちの腹の中に向かい、新しい命へと生まれ変わりました。
その命は、アゾルカに似た名前で、似た性格で、キリンであったりするかも
しれません。あるいは人間であって、同じ人間のガジェットという少女と恋を
するようになるかもしれません。ガジェットをデートに誘おうとして、ガジェットの
父親にどやされるかもしれません。その父親はドレンという名前かもしれません。
だけどそれは別のお話。アゾルカたちに似ているものたちの物語です。

114 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:28:17 ID:Z5iz+nzv
『死』を知らなかったアゾルカというキリンの物語はここでおしまいです。
なぜなら、もうすぐそこまで、このお話を飲み込もうとしているものが
来ているからです。これまでアゾルカのことを書いてきた作者の私もまた、
アゾルカと同じように「また、会えるかな…」と言いながら消えていくことに
しましょう。会いたいのは、アゾルカやガジェットやドレンや、頭でっかちの
アリや、欲の深いヘビや、『死』だったり、あるいはこのお話を読んでくれた
人たちかもしれません。
それじゃあ、また……。(完)

115 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:30:28 ID:T68IHXtS
早く削除してください。

116 :けむり:2006/04/18(火) 02:31:16 ID:bhVCFiH/
>「好きなように、いつだって自分の思い通りに生きているやつなんていないのだよ」
>『死』がそう言うと、アゾルカは少し慰められました。

凄いねここ

117 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:32:44 ID:Z5iz+nzv
とりあえず寝るさ。

118 :けむり:2006/04/18(火) 02:35:21 ID:bhVCFiH/
お疲れ
おやすみ
最後だけ(続)ってのを付けてなかったのは
やっぱり最後は気合入れたのかな

119 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:35:39 ID:C9tnS3MT
とてもおもしろかったです。作者さんありがとうございました。

120 :名無しさん:2006/04/18(火) 02:40:04 ID:lTUFFBf+
おもしろかった。
ごま子のレスからよくここまで書けるね。
すげーなぁ。

121 :名無しさん:2006/04/18(火) 03:32:34 ID:M9hvIahn
そしてアゾルカは幻獣キリンとして生まれ変わる
ビールのあのキリン

122 :⌒(..tora)⌒ ◆9eTigeR8aA :2006/04/18(火) 03:48:12 ID:iWxC3HqZ
おいビール飲みたくなったぞ
ざけんな

123 :きみちゃん ◆9kOh18ZCrA :2006/04/18(火) 03:53:06 ID:NnWGjDJZ
ビールは酒じゃないよ。炭酸水だ。

124 :⌒(..tora)⌒ ◆9eTigeR8aA :2006/04/18(火) 03:56:26 ID:iWxC3HqZ
だれもそんなこと言ってないぜ

125 :きみちゃん ◆9kOh18ZCrA :2006/04/18(火) 03:58:41 ID:NnWGjDJZ
それは俺が今ビールを飲んでるからさ!

126 :名無しさん:2006/04/18(火) 16:28:05 ID:DGmpULww
すごく面白かったです。

127 :(' 水`) ◆KenjI..DPM :2006/04/18(火) 20:35:49 ID:qgE9J979
ブログに残しておくか

128 :名無しさん:2006/04/18(火) 22:32:59 ID:NfEHOpxz
昨日から見た。
この類のスレで初めて最後まで読んだ。
面白かったです

129 :名無しさん:2006/04/18(火) 22:41:57 ID:Z5iz+nzv
1に誤字があるという致命的な欠陥があるので、ブログや何やに貼る場合は、
後のレスで訂正指示があるところは直しておいて頂けると嬉しいです。

130 :名無しさん:2006/04/18(火) 23:14:14 ID:5fK/hgMk
じゃあ1はキリン男な

131 :名無しさん:2006/04/18(火) 23:24:12 ID:5OkLXWaC
首もげ子でいいよ。

132 :名無しさん:2006/04/18(火) 23:36:05 ID:Z5iz+nzv
首猛夫なら「ぷふい!」て声で笑わなきゃいけませんね。

133 :ウンコの王様:2006/04/19(水) 00:03:28 ID:dqCQsb8y
   人
  (__)
  ( ・∀・) すごいなぁ
        これだけの文章が書ける能力が欲しいなぁ

134 :名無しさん:2006/04/19(水) 00:11:59 ID:LmdbWQSL
流れとしては、新訳の「星の王子さま」(ちくま文庫 石井洋二郎訳)を
読んで、この話って確か最初の方だけ覚えてるけど、後は尻切れじゃなかったっけ、
と思ったら、後半も結構よくて。
童話を書いたらどうだろう、と思い、そこで浮かんだのがごま子の「キリンは
首もげたら死ぬいう」(ここじゃなくて避難所だったか)という発言で、
それから発展させて書くなら、ロビーにじゃないと、となって。
後はまあ書いてるうちに自然に。何度も展開を変えて書き直したのは最後だけでした。

135 :名無しさん:2006/04/19(水) 00:13:42 ID:DCzMfD6R
絵本だしなさい

136 :名無しさん:2006/04/19(水) 00:14:42 ID:LmdbWQSL
絵は描けません。

137 :ミュウ限定:2006/04/19(水) 00:15:17 ID:hFIFU5Jd
すごく良かった!
感動した!

138 :けむり:2006/04/19(水) 00:15:26 ID:X6zVMjXz
続くってやってた時はリアルタイムでかいとったん?
タイムスタンプみちょらんけど

139 :名無しさん:2006/04/19(水) 00:17:46 ID:LmdbWQSL
いや、リアルタイム更新はやってないよ。一日分ひとまとめに書いてから、
一応省略されない程度の長さに切って貼って、一段落ついたところで
(続)にした。


140 :けむり:2006/04/19(水) 00:20:29 ID:X6zVMjXz
そうなんだ
実は最後しかよんじょらん
僕も読んでみるよ

141 :ウンコの王様:2006/04/19(水) 00:20:51 ID:dqCQsb8y
   人
  (__)
  ( ・∀・)ここでロビー同人部ですよ

142 :けむり:2006/04/19(水) 00:40:03 ID:X6zVMjXz
おもしろかった
>>110
やっぱりここが好きだな

143 :ミュウ限定:2006/04/19(水) 00:41:29 ID:hFIFU5Jd
ウンコの王様こんばんは

144 :名無しさん:2006/04/19(水) 00:47:52 ID:LmdbWQSL
でも書き終えた反動か、自分では今は全然読み返したくないんだ。

145 :けむり:2006/04/19(水) 00:49:57 ID:2RZtBsPC
コーラでも飲めば良いさ
ビール弐本とコーラ狩ってこよう

146 :名無しさん:2006/04/19(水) 01:12:33 ID:mZ2iOYAk
認めるよ・・・まぢ面白い!!

147 :(' 水`) ◆KenjI..DPM :2006/04/19(水) 01:21:19 ID:iV5vu9d/
ブログに載せたからこのスレッドが落ちても大丈夫だな

148 :名無しさん:2006/04/19(水) 03:06:05 ID:XgyqwNfq
じゃあ俺もブログに乗せるわ

149 :名無しさん:2006/04/19(水) 03:09:15 ID:DCzMfD6R
人多すぎで読めない…
と思ったら解除されてるじゃん!

150 :ヘボラヤーナ ◆oywuHEBORA :2006/04/19(水) 04:45:13 ID:88nigw7Q

 よかった。


151 :名無しさん:2006/04/19(水) 04:54:00 ID:IGmSmFS3
>>1さんウチで出版してみませんか?

152 :中途半端にリライトしてみた(1とは別人):2006/04/19(水) 09:47:08 ID:fwR5oD2u
ある朝キリンのアゾルカが目をさますと、目の前に自分のお尻がありました。
(おや、寝ぼけているのかな。起きたらまず首を起こさなくっちゃ)
ところが、いくら力を入れてもちっとも首が上に上がりません。
それどころか地面の草がちくちくと首に当たってむずがゆいだけです。
(なんだか様子が変だぞ。これは一体どうしたことだろう。)
なんとかして首を起こそうとじたばたしていると
そこへアゾルカの母親がやってきました。
そして悲しそうな目でアゾルカを見下ろしてこう言ったのです。
「よくお聞き坊や、
あなたの首は昨夜ゾウに踏まれてもげてしまったの。
もうじきあなたを捕まえに『死』がやってくるでしょう。
キリンはね、首がもげたら生きてはいられないの。
母さんは新しい子供を作るために旅立つわ。じゃあね、さようならアゾルカ」
言い終えると母キリンは首だけのアゾルカに背中を向けて歩き出しました。
すると急に、首のないアゾルカの胴体が立ちあがってよたよたと母親の後をついていこうとします。
母キリンは、はじめのうちはその胴体だけのキリンをうるさそうに追っ払ったりしていましたが
あまりにしつこいので疲れ果てたのか、はたまた首がないとはいえやっぱり可愛い我が子だからか、
ついにはその胴体だけのキリンを連れて草原の彼方へと去っていってしまいました。

そしてアゾルカは首だけでぽつんとに一人ぼっちになってしまったのです。(続)

153 :名無しさん:2006/04/19(水) 17:30:14 ID:VzjFHDUR
>>152
リライト!?WWWWW
なんか作者から邪悪なオーラを感じるwwwww
ちゃんとフィニッシュしろよWw
楽しみ

154 :名無しさん:2006/04/19(水) 17:42:43 ID:CKDYnn3c
キリンは立って寝るんだから象に首なんか踏まれない

155 :名無しさん:2006/04/19(水) 17:47:35 ID:VzjFHDUR
キリンはヘビみたいにまるまって寝るんじゃないかなぁ
だってその方がかわいいじゃん

156 :名無しさん:2006/04/20(木) 01:07:16 ID:6HoQ8VkP
そもそもアゾルカは「生」を実感して生きていなかったから首がもげたわけで、
ほんとに物理的衝撃によってもげちゃったら、そもそも話が成り立たなくなるというか。
なんというか別にいいんだけど。むにゃむにゃ。

157 :名無しさん:2006/04/20(木) 03:32:35 ID:bHuaalcC
日刊良スレガイドに載っていたので来ました
>>1凄すぎ
これ普通に出版できないのかな?

158 :名無しさん:2006/04/20(木) 03:45:17 ID:QyulTnSM
なんねその日刊良スレガイドゆうのんは

159 :名無しさん:2006/04/20(木) 04:09:08 ID:Hr8rzVDz
http://blog.livedoor.jp/guideline/
これっぽい、ちょとおもひろい

160 :toraイモデ ◆9eTigeR8aA :2006/04/20(木) 04:13:33 ID:0mLZhIB/
人大杉で読んでなかった。
ちゃんとアゾルカに感情移入して読み進められる。すげーおもろい。

161 :あゆみ ◆ewrQmtaeIQ :2006/04/20(木) 04:20:55 ID:MpuV9Gjt
人大杉解除でようやく読めた。
よくできたストーリーだね。

162 :名無しさん:2006/04/20(木) 04:28:29 ID:2/s6fHb6
おもしろかった、ロビーまで流されてきて良かった

163 :名無しさん:2006/04/21(金) 01:15:41 ID:U8qoF3/C
おもしろかった。2点。

164 :名無しさん:2006/04/21(金) 08:07:28 ID:/jNLihbO
これはすごいわ

165 :名無しさん:2006/04/21(金) 09:36:58 ID:ZC/En82G
著作権を主張したほうが良いのでは、と思うくらい

166 :名無しさん:2006/04/21(金) 09:37:59 ID:lG7M+qx6
おもしれ

167 :名無しさん:2006/04/21(金) 09:40:11 ID:ygsvLdwp
面白いな。

168 :名無しさん:2006/04/21(金) 09:42:11 ID:yZjGEirA
臭い少女か
これは来るかもしれんね

169 :名無しさん:2006/04/21(金) 12:35:13 ID:RGPdiEpE
>>1 sugeeeee!ネ申!!
出版したら教えてくれ。買うからマジで

170 :名無しさん:2006/04/21(金) 15:04:23 ID:pS0uMDN3
レス読んでないけどこれはおもしろい。

171 :名無しさん:2006/04/21(金) 16:56:24 ID:iJgagamh
>>170
それはおかしい

172 :名無しさん:2006/04/21(金) 17:21:18 ID:VYbOZlzL
最後まで全部読みました!!すごい…なんか…おもしろかったです(≧∀≦)他にも何か書いたらまた読みたいな〜

173 :名無しさん:2006/04/21(金) 18:52:35 ID:pS0uMDN3
最初から全部読んでないけど、おもしろかった。

174 :名無しさん:2006/04/21(金) 20:03:53 ID:9z3/Y/nX
著 作 権 な ん て く だ ら な い 言 葉 だ

175 :名無しさん:2006/04/21(金) 22:04:39 ID:ygsvLdwp
俺が出版する

176 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:13:23 ID:qUa3nrLb
朝目新聞で紹介されてた。
ロビーが朝目で紹介されんのって初めてじゃね?

177 :ウンコの王様:2006/04/21(金) 23:23:11 ID:1fAusDiU
   人
  (__)
  ( ・∀・)え?まじで!?

178 :ウンコの王様:2006/04/21(金) 23:24:42 ID:1fAusDiU
   人
  (__)
  ( ・∀・)朝目っていうか他の人の紹介を朝目が取り上げたというか

179 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:28:10 ID:WUgoE0Cw
首もげ三部作のおかげで
ロビーもにわかに活気づいてきましたね!

180 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:31:53 ID:LXEuvsQq
三部作だったのか

181 :(^ω^) ◆KenjI..DPM :2006/04/21(金) 23:34:15 ID:JyezG5HD
朝目新聞ってはじめて知ったわ
あんなのあったのか

182 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:36:45 ID:qUa3nrLb
勝手に載せちゃうせいで、マッドギアソリッドの存在がコナミにバレて、
おしかりを受けるキッカケを作った罪深いサイトでもあるけどね

183 :(^ω^) ◆KenjI..DPM :2006/04/21(金) 23:36:59 ID:JyezG5HD
ぼきのほうがブロブのせるのはやかったお

184 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:37:12 ID:KLhtU3uE
朝目にタレコンだやつと、朝目のコメント欄にこのスレさらしたやつと、>>176っておんなし奴だろ。

185 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:37:53 ID:KLhtU3uE
と思ったら全然違うな。

186 :1:2006/04/21(金) 23:41:24 ID:LXEuvsQq
なんか怖いなあ。
誉め言葉とかあまり間に受けてないけど。
一応メアド出しときます。
「インドの童話だよ」ってコメントがすごく面白かった。

187 :名無しさん:2006/04/21(金) 23:44:30 ID:ijQ9nlwe
「インコの坊やだよ」

188 :みのり杉崎:2006/04/21(金) 23:45:50 ID:+cU0VrqB
このあと首もげ出版権争奪でロビー分裂で1000までいくよ

189 :ウンコの王様:2006/04/21(金) 23:48:09 ID:1fAusDiU
   人
  (__)
  ( ・∀・)次は「チンポがもげた男」でお願い

190 :(^ω^) ◆KenjI..DPM :2006/04/22(土) 00:09:32 ID:QcjDy0ge
トリップつけときなよ、今のうちに>>186


191 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/04/22(土) 00:15:54 ID:5UUeEtBW
トリップなんて使い方覚えてないからトップページに調べにいっちゃったよ。


192 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/22(土) 00:16:31 ID:zG7eXS/C ?
ああ、完結したのかい。お疲れさん

193 :みのりかわ:2006/04/22(土) 00:17:17 ID:lFSZDxh0
まあすでに偽物の1なんですけどね

194 :名無しさん:2006/04/22(土) 00:18:38 ID:wjIPxEzJ
これはなかなか面白かったな。時間をかけて推敲したら
1は金持ちになれるのかもわからんね・・・

195 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/04/22(土) 00:23:17 ID:5UUeEtBW
>>189
http://mimizun.com:81/2chlog/lobby/saki.2ch.net/lobby/kako/1001/10010/1001087100.html

196 :ヘボラヤーナ ◆oywuHEBORA :2006/04/22(土) 02:33:51 ID:1F5rMZ+z

 ひょうしでけたー。
http://rosso.1717.info/upload/data/sam_Kirin_001_Titole.jpg

197 :肉茎平均:2006/04/22(土) 02:46:44 ID:CyDc29Lx
まだらナメクジかと思った

198 :名無しさん:2006/04/22(土) 02:56:13 ID:qFOfpxH6
そういや一時期自分の小説が出版されるって天狗になってたやついたな。

199 :('水`)博士 ◆KenjI..DPM :2006/04/22(土) 03:03:56 ID:DFfrizpM
着ぐるみのような隙間はなんだろう

200 :('水`)博士 ◆KenjI..DPM :2006/04/22(土) 03:06:54 ID:DFfrizpM
200ずさー

201 :名無しさん:2006/04/22(土) 03:21:25 ID:cNubLuxr
酔いどれが生き生きしているのが気に食わない

202 :(^ω^) ◆KenjI..DPM :2006/04/22(土) 05:03:08 ID:wxZFYRCS
今キラキラだおー

203 :名無しさん:2006/04/22(土) 14:32:00 ID:cQdFm9F+
読み易く
分かり易くて
なかなかに奥深い
そして、何より読んだ後に残る物がある
子供に読ませてやりたいなぁと思わずにはいられない出来の良さに>>1に拍手
良い物読ませてもらいました、本であっても不思議じゃないよ(`・ω・´)

204 :ヘボラヤーナ ◆oywuHEBORA :2006/04/22(土) 14:58:55 ID:+OFB/ZyS

 キラキラしようぜ!

205 :名無しさん:2006/04/22(土) 17:45:54 ID:iMqrqox3
50レス前から読んだけど、面白かった

206 :名無しさん:2006/04/22(土) 19:17:26 ID:cn6LFx14
面白かったぜうっひょー!

207 :名無しさん:2006/04/22(土) 21:03:28 ID:IWhgB+27
>>196
なめくじにしか見えない

208 :名無しさん:2006/04/22(土) 21:25:30 ID:52pnQTFh
マジ買うよ。面白い!

209 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:30:52 ID:oErJY9mp
君も早く死と対話を理解したまえよ。
君は世界との交流を誤解したまま、ここまで来てしまったから
死んでいる事に気づかずにいるのではないかね。(@wぷ

210 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/22(土) 22:34:13 ID:zG7eXS/C ?
読んだ。面白かったよ
最初、死をそのまんま『死』と書いたのでなんだかダサイと思ったけど
自分の同種に見えるというアイデアがよかった。
ラストで作者が顔を出すのも童話ならではですね

211 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:38:42 ID:zF3UMjFM
童話というより寓話やね

212 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:40:55 ID:9p/EHXNX
出版して売れたら金貸せよな

213 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/22(土) 22:41:32 ID:zG7eXS/C ?
うん。体裁は童話だけど内実は寓話ですね
この手のお話は、実は投稿するとこあらへんのよね。子供が読めるわけじゃあないし

214 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:46:01 ID:KKns76QR
大人向け絵本ていうジャンルがあるらしいよ。

215 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/22(土) 22:49:10 ID:zG7eXS/C ?
大人向け絵本というのはね、リラックマみたいなものを言うのよ。
大人の女性向け、ですね。

極少数、海外の絵本作家などでこの手のはみられるけど、まぁ多くはない
潜在層は多いような気がするけどねぇ


216 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:50:10 ID:oErJY9mp
寓話というなら、もう一ひねりほしいな。
死を理解したつもりで、物事を看破したふうに物語ってるアゾルカが死に直面するとかね(@wぷ

217 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:51:35 ID:9p/EHXNX
そういうならば貴様が書け。


218 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/22(土) 22:52:52 ID:zG7eXS/C ?
まぁ、ちょっときみらも褒めすぎと言う気はする

219 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:53:13 ID:6lJqssLv
@とかつけてる時点でセンス0

220 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:53:32 ID:oErJY9mp
ヲマエについて、なんか書きたくないよ(@wぷ
ヲレの時間はもっと貴重なんだよ(@wぷ

221 :名無しさん:2006/04/22(土) 22:54:43 ID:9p/EHXNX
き・・・貴様ぁー!!エンシューツネトシの茶坊主の分際で!!

222 :残りもの人生 ◆JnidJSJ.Uw :2006/04/22(土) 22:55:46 ID:zG7eXS/C ?
リラックマなんかより全然面白いと思うけどね
オレはこういうのがもっと世の中に増えてほしいかなぁ

223 :名無しさん:2006/04/22(土) 23:00:14 ID:oErJY9mp
歴史上いくらでも書かれただろ
ただ、埋もれただけ。
必要とされなかったから。

224 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/04/23(日) 00:43:11 ID:RuNMZ1Q6
1の誤字を訂正してブログに載せてくださった方々、また、読んでくださった方々に
感謝します。
正直、誉められすぎて、くすぐったいというより怖いというか、作品が憎たらしいというか。
たとえるなら、自分の子供を誉められているような。その子をいい子に育てたのは
自分だけど、自分が誉められているわけではないような。
というか、色々なものを書いて試していこうとした(発表するしないかはともかく)
第一弾だったので、これを終えたらすぐ次に取りかかるつもりだったのですが、
思わぬ反響でそっちに眼を奪われて、次に踏み出せません。
そんな近況でした。

225 :名無しさん:2006/04/23(日) 00:46:53 ID:gfOx1ofY
いいぞ平城山がんばれ幸助

226 :ヘボラヤーナ ◆oywuHEBORA :2006/04/23(日) 03:59:43 ID:LpmAQGdF

 そうだよ。褒めてる奴らなんか槍でつきころしてしまえ!

227 :名無しさん:2006/04/23(日) 11:16:58 ID:qjyY7AWA
新しい命=糞 って・・・

228 :名無しさん:2006/04/23(日) 11:39:12 ID:hnCQGEWA
ブベだな

229 :名無しさん:2006/04/23(日) 18:08:56 ID:bj4TwOlM
この手のスレうんざりしまくってたんだけど、この物語は原作があるんじゃないかと思うくらいよかったです。
もう少しねらー続けよっかなww

230 :名無しさん:2006/04/23(日) 19:10:00 ID:9cyFf3+c
感動した

231 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/04/25(火) 18:34:43 ID:HKvqJ2QH
>キリンは立ったまま寝る。危険を回避するためだ。
>しかし安全が確保された場所では座って寝ることもあるようだ。
>睡眠時間は一日20分、しかも、そのうち熟睡時間はたったの2分。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s03832mh/info07/sweet-giraffes1.html
>キリンは天地創造のときに神様が寄せ集めて創った動物だといわれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3

とりあえず自分は全く絵が描けないと分かった最近。

232 :名無しさん:2006/04/26(水) 03:21:52 ID:b77ndrv8
子供に読んで聴かせたい話かもしれないなぁ。

233 :名無しさん:2006/04/26(水) 04:32:31 ID:IBYFY8GB
どっかに送れ!
絶対何らかの反応はあるよ

234 :名無しさん:2006/04/26(水) 07:35:26 ID:acPSVGea
>>233断固としてそしする。



この話はここで読むかは面白いのだ

235 :魔裟鬼 ◆2XwiVo0D5s :2006/04/26(水) 17:20:01 ID:NWuonFk7
面白い

236 :名無しさん:2006/04/28(金) 01:24:31 ID:kJdhJzFk
すげー面白かったよ

237 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/04/29(土) 01:46:15 ID:7brTr/M0
ハイエナ動画
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/k1dou/k1nek/k1hye/IPA-dou450.htm
説明とか
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1920/Hyaena.html
ライオン対ハイエナ
http://big_game.at.infoseek.co.jp/combat/combat10.html

238 :ひげおやじ:2006/04/29(土) 03:32:06 ID:5dIf3wLi
おもしろかたです。
まとめて読みたかったので、俺もブログに載せさせて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/higeoyaji/archives/50229314.html

 んじゃ

239 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/05/01(月) 00:33:32 ID:gZ0c9HCN
ひげおやじさんありがとうございます。ちなみにどこからもメールは来てません。
http://amor1029.exblog.jp/2292574/ (ややグロ注意)
>13フィート(3.9m)のパイロン(ビルマニシキヘビ)は6フィート(1.8m)
>のアリゲーターを丸呑みにし、勝負あったと思いきや・・・
>消化されそうになったアリゲーターが腹部を爪で引っかき、アリゲーターが
>飛び出てしまったのだろうとMazzotti教授は推測する。(ちなみに両者死んでしまいました)

240 :名無しさん:2006/05/01(月) 02:55:46 ID:nAEM+32+
マンガでたとえると楳図かずおぐらいおもしろかった

241 :名無しさん:2006/05/01(月) 19:55:32 ID:lCxXTS/6
面白かった
頑張って生きるよ

242 :名無しさん:2006/05/02(火) 02:00:24 ID:z3pYsttS
>>240よく分からんが同意だww

243 : ◆MiMIZUNCjA :2006/05/03(水) 03:27:24 ID:CG5dKm4x ?#
おもしろかったよ!

244 :名無しさん:2006/05/03(水) 03:41:52 ID:IhH1r90S
みみずんまじで39歳なの?

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/lobby/1146492307/14
14名前: 名無しさん投稿日: 2006/05/01(月) 23:13:47 ID:xQzUN2IB
みみずん・・39歳
目黒ゑびす・・・29歳
ビデオ勃起・・・25歳
東京kitty・・・41歳
わー太・・・34歳
DTI利用者・・・32歳
酔いどれ・・・33歳
あゆみ・・・30歳

245 :DTI利用者:2006/05/03(水) 04:02:20 ID:IrTMSm/v
私が32の時点で間違いに気づけ。

246 : ◆MiMIZUNCjA :2006/05/03(水) 04:20:37 ID:CG5dKm4x ?#
39才なんて6年後ですよ

247 :1 ◆jOUz3EEUkg :2006/05/04(木) 00:40:52 ID:zIV5BOnc
もう落ち着いたかなと思った頃にまたブログで紹介されたりと、息が長いですね。
みみずんさん、ありがとうございます。
思わぬ反響のおかげで自分でもこの作品に憑かれたようで疲れてたんですが、
完結から二週間が経ち、そろそろ落ち着いてきました。
(だからこれからどうするかということも何も決めてはおらず)

248 :名無しさん:2006/05/04(木) 20:40:42 ID:03fMpefl
新作期待してるよん

249 :名無しさん:2006/05/08(月) 00:17:08 ID:uc9lRFkj
新作なら別のスレ立ててくれ

250 :名無しさん:2006/05/12(金) 03:16:59 ID:rnwCN4tr
保守させてもらう

251 :名無しさん:2006/05/13(土) 08:01:48 ID:FNd35NkN
旭山のキリンが「ひきこもり」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060512-00000131-mai-soci

252 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/05/18(木) 00:22:16 ID:n0pizonp
 

253 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/05/20(土) 20:43:40 ID:u3279IRV
 

254 :名無しさん:2006/05/23(火) 11:32:29 ID:k/bIjPCi
新作書くの?

255 :名無しさん:2006/05/24(水) 22:49:31 ID:cuWpkPUM
age

256 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/05/27(土) 22:53:13 ID:m/UFYAVL
 

257 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/05/28(日) 14:41:09 ID:QrE/oujO
 

258 :(..・_・.)テイエム君 ◆ltDr.....2 :2006/05/28(日) 18:53:22 ID:/6YMA7Df
ほしゅしますか

259 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/05/29(月) 19:56:44 ID:tZ81ybwu
 

260 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/06/01(木) 20:04:15 ID:uFZ4ABuX
 

261 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/06/04(日) 18:56:15 ID:meoYSPoF
 

262 :名無しさん:2006/06/05(月) 01:06:49 ID:m5yglWrB
スカパで僕らの七日間戦争やってる
宮沢りえが奇跡的にかわいい

263 :\(^o^)/ ◆KenjI..DPM :2006/06/05(月) 21:13:32 ID:bUZ4W0EH
 

264 :名無しさん:2006/06/06(火) 00:37:34 ID:1QLBI4dK
m9(^Д^)プギァー

265 :名無しさん:2006/06/07(水) 22:36:34 ID:yH805SuZ
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)