5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教えて】皇室の存在意義【下さい】part42

1 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 10:13:31 ID:XGTuKmIU
副題【れ電波が大電波を放出するスレ】

れ電波が電波を垂流すスレです
本当に電波過ぎるのでご注意ください

れ電波取り扱い上の注意事項
※とてつもなく長い長文を出してきますが結論を明確にはしません
※電波なので読め理解しろと言います
※己の発言を記憶してません
※形勢不利だとDQN扱いします
※もっと形勢不利だと雲隠れします
※さらに形勢不利だと逆ギレします。

前の電波スレ
【教えて】皇室の存在意義【下さい】part41
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163171940/l50

2 :◆hxmKmcMOIg :2006/12/26(火) 10:17:21 ID:???
part-1 http://www.aaa-www.net/~log2ch/log/sisou/1030084784.html
1 名前:右や左の名無し様 :02/08/23 15:39 ID:SFidfegT
折れは元左翼で、活動をはなれてからもずっと心情的には
左翼でしたが(共産主義社会の実現はマルクスの誤算だっ
たと悟った後も)、最近気が付いたら転向してました。
理由はシナやチョソがあまりにも卑劣だからです。
今は
・ 自衛隊は国軍に
・ ODAは即中止
・ シナ人や鮮人は資産没収の後、強制退去
・ 不法入国者の一斉摘発&処刑を公安がすべし
・ 竹島、尖閣は武力をもってしても取り戻すべし
・ 拉致された国民は武力をもってしても取り戻すべし
と思ってますが、皇室の存在意義だけがよくわかりません。
国家元首は大統領ではだめですか?
思想右翼の方、その辺をわかり易く教えて下さい。

こちらをテンプレとしてお願いしておきます。ついでですが、俺はそろそろ・・・と言う感じですので
あしからずご了承ください。


3 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 10:18:10 ID:XGTuKmIU
前スレはれの親友である「ふ」の登場により
れの電波がウヤムヤにされた感がありました。

召喚魔法:「電波無限大」
おそるべしですw


4 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 10:35:21 ID:???
そろそろ飽きてきたな

5 :◆hxmKmcMOIg :2006/12/26(火) 10:41:36 ID:???
ふタンと親友ということはない。
つうか俺は「半島の民族」も、(好き嫌いは別として)ひとつの民族であり、其の存在は
尊重すべきだと思っているから、彼の言動には与しない。

ひとつの民族として尊重したいから、彼ら民族の起源・由来を彼らは何処に求めているのか
教えて欲しいのである。大陸との関係に基く「小中華思想」が彼らの民族の起源であるというなら
大陸が民主化された暁には大陸の一部となるべきだろうと思うが、どうもそうではないらしい。

いろんな人に聞くのだが「半島の人々の民族の起源・由来」は何処・何によっているのか
説明できる人がいないようだ・・・。明らかに朝鮮民族と呼ぶに妥当な人々がいるにもかかわらず
なぜ、「彼らの起源や由来が明確でないのだろうか・・・。
其のことを彼らはどう思っているのだろう。

知りたいのだが、教えてくれないか?

6 :◆hxmKmcMOIg :2006/12/26(火) 10:52:09 ID:???
俺は日韓併合は失敗だったといっている。それは半島の人々が民族という枠組みを持っており、ひとつの
国を作るに値するほどにに日本人と異なった価値観を有し、歴史や伝統を有し、ユニークだからだとも
思っている。(大陸とも、どうも異なるようだ)

日韓併合はよくないことだったと思う人は「半島の人々が日本人と同じ統治システムの中で生きることは
彼らのアイデンティティと対立する」と思っているのだと思うのだが、違うのだろうか・・・。
とすれば、、日本人は半島の人々と違うアイデンティティがあり、別の統治システムの中で生きること
が好ましい・・・とも言わなければ矛盾するのではないか・・・俺はそう思うなぁ。

つまり「理性に基く人類普遍の法則に基いた統治」というものを想起するならば、日韓併合を否定する
としても、いつかは日韓は同じ統治システムが可能である・・・。であるならば、ポ宣言において示されている
「より民主的な日本」が完成すれば、半島を別の国にする理由はない・・・ことになってしまう。

このあたりをきちんと説明できないと、「日本はユニークである(他国と同じぐらいに)」ということを
否定できないだろうし、したがって「人類共通のシステム」以外に「日本独自のシステム」も必要であることを
否定できないと思うのだが・・・。

7 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/26(火) 12:34:46 ID:TeVC7+ks
>>1-4

自分には先ず天皇制の廃止と言う言論展開自体が理解に苦しむ訳で、大統領制
より権限を弱めた議院内閣制と言う制度下の流れの緩い構造改革とかでも現在の様に
十分に痛みを伴い、其れ以前に元々十分以上の先進国の日本社会自体に随伴する
能力を持てず日本社会自体に異を唱えて居る他と比べ能力の劣る者が、天皇制と言う
恒久的存続を望む象徴を持たない、時勢に由る流動の損失の大きい社会で、今以上の
所得を得られる理由は殆ど無く、其れ自体に気付けない所がそもそも何かが劣っている
事の証明でしかない。

刹那的に人生を送りたいのなら刹那的な国で暮らせば良い訳だし、能力の高さが
自慢だと言うなら天皇制ではない国で暮らせば良い訳なので有って其れが出来ず廃止
等と唱える事自体が矛盾の極みで有ると言える。

8 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 12:55:30 ID:???
電波と基地害の共演


9 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/26(火) 13:32:56 ID:om5Y/uYH
>>8 気違いと言うのは健常者を気違いと述べてこそ完璧な気違いと言える訳なのだが
君みたいに反論も出来ず矛盾を脳内でループさせてるから気が違っちゃうんだろ?

10 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 14:11:49 ID:QYshUnuB
ふが使い慣れない単語を一生懸命並べ立てて意味ない作文をしてるのが痛々しい。

11 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 14:14:15 ID:???
電波と基地外にまともに反論ができるはずもなく…(以下略

12 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 14:15:36 ID:???
>>10
つーか、句読点の使い方がおかしくね。

13 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 14:26:19 ID:???
政治もITも知らない徹底した無智無教養な自称ダサイナーのふざけた奴!
この愚鈍なチョン系の山出し「のふざけた奴」(本名・ホントのアホ)が
今でも2chの政治思想欄に田舎臭い文章を載せている現状く。
この九州は熊本の朝鮮部落出身の変態は、異様な性癖と無能さの故に
2chコテハン仲間内でも悪評サクサクだったという事実は語りぐさになっているとか。
なにしろ、こののふざけた奴は実の肉親・家族からさえ蛇蝎の如く忌み嫌われていた
折り紙付きの変質者なのだから。
劣等感剥き出しの性格異常者で、有能な人々を中傷その他の陰険な手段で
次々と陥れ続けて、なんとか社内にしがみつき居座って来たようだが、
とうとう幼女に対する猥褻行為か何かが発覚して解雇されたらしい。
こんな狂人同然の者を平気で置いていたような2chを本気で購読してる
連中の気が知れないな!
中学生時代から口を開けば、喫驚するほど無恥・無学をさらけ出しては
みんなの嘲笑の的となっていた愚鈍下劣なのふざけた奴=ハゲマンコ! 
とことん無知無教養で品性陋劣な長のふざけた奴ごときゲスの駄文を今でも載せている
事実ひとつをとっても2ch政治思想ランの体質というものが分かるだろう!
こういう生きている価値が絶無の存在は即刻半島へ強制送還されるべきだな!!


14 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/26(火) 14:34:08 ID:om5Y/uYH
何時もと書いてるこた変わらないんだが結局残るなあ、何時も日本社会に不満を抱く穢多ばっかよ。

まあ穢多では仕方ない。

15 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 14:43:27 ID:???
>>13-14

自炎乙w


16 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/26(火) 16:50:21 ID:om5Y/uYH
>>15 君の自己紹介をされてもなw

17 :◆hxmKmcMOIg :2006/12/26(火) 17:44:45 ID:???
今年は品格などという言葉が流行ったようだが・・・。

18 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 17:55:44 ID:???
電波と基地害に 品格なし 教養なし 恥なし

19 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 18:46:43 ID:???
>>17
きみには縁のない言葉だねw

20 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 19:14:09 ID:???
  ⊂二 ̄⌒\    ∧∧        ノ)    (ヽ       ∧∧  /⌒ ̄二⊃
     )\   ( / れ\       / \    / \      / ふ \ )   /(
   /__   )  `ハ´)    / /^\)   (/^\ \   (`ハ´  (   ___\
  //// /       ⌒ ̄_/           \_ ̄⌒      \ \\\\
 / / / // ̄\      | ̄                   ̄|      / ̄\ \ ヽヽ )
/ / / (/     \    \___          ___/    /     \) ヽヽヽ
((/         (       _  )       (  _       )        \))ノ
            /  / ̄ ̄/ /         \ ヽ  ̄ ̄\  ヽ
           /  /   / /             \ ヽ__   \  \
         / /   (  /                 ヽ  )   \ ヽ
        / /     ) /                   ヽ (     \ \
      / /       し′                   し'       \ ヽ__
    (  /                                       ヽ  )
     ) /       ...::::::..:::...:...:..  ........     ........ ..:...:...:::..::::::...      ヽ (
     し′   .....:::::::::::::::::::::::::::.::::::            ::::::.:::::::::::::::::::::::.....   し'
     ..::::.::::::::::::::::::::::..::::::::::::::'                     '::::::::::::::..::::::::::::::::::::::.::::..




21 :鹿爪:2006/12/26(火) 21:59:57 ID:FTR5fpz5
■「皇室と日本を考える」第八回学習会@東京池袋

平成19年1月6日(土)13:20〜16:20

◎今月のテーマ:

「皇室典範とは何か?
   〜皇統護持運動はどう進めるべきか?/櫻井 雅輝」

小泉内閣下で女系を容認しようとした皇室典範改正問題は、
親王殿下がご誕生されたとは言え、根本的な問題は未だ解決されていない。
期が熟した今こそ、今後課題とすべき問題是正と皇統の安定化へ向う必要がある。
○憲法第二条、皇位規定の4大矛盾点
○皇室典範とは何か?明治典範と何が違うのか?
○皇室典範改正は、是か非か?
○皇室典範の本来あるべき姿とは?
以上、皇統護持運動を議論するうえで外せない項目を考えてみたい。

 参加費:無料 参加連絡:不要

■主催:「皇室と日本を考える」実行委員会
 (http://nihon.lar.jp/

詳しくは下記スレまでよろしく。

【皇位継承】万世一系の皇統を守る9【男系維持】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

工作員の皆様、ロムの皆さま、奮ってご参加ください。

22 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 22:35:39 ID:???
オナニー電波れに駄目祈りの歌「デムパ無限大」の副作用が起こった!

役に立たない召喚獣「基地外ふ」によって
信用度 −50UP
説得力 −30UP

ドロドロドロドーン!
さらに「ふの基地外が援護?プッ!」の呪いがかかった!


23 :右や左の名無し様:2006/12/26(火) 22:46:52 ID:A9kUOb/7
何があったかしらないが、>>13>>15>>22どうみても君のほうがキモチ悪いよ。
自分の意見はないのかい?

24 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 08:46:59 ID:kx1wTWmh
前スレから見てたけど、れに絡んでいる奴のほうが気持ち悪いに同意。

25 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 08:51:57 ID:0Xepr/uO
オマイはテンプレを読んでないのか
なんか電波臭いなw

26 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 09:13:57 ID:TzbHQZwe
>>23-24
ここは、れの電波をみんなで笑うスレです。
前スレから見ていたのであれば、れが電波ではないことを論証して下さい。
しかし、前スレでもれが電波であることは結論が出ています。

れ電波が電波という根拠
591 :れ大電波の嘘を笑う :2006/12/19(火) 21:01:24 ID:CRwtr3G/
数ある電波の中で
笑いの一等賞に輝いた次のれ大電波のレスに反論を書いておこう。
>>573
>正しさ・真理を見出すための、徹底的な矛盾追求の結果としての帰結(理性に基くそれ)よりも、
>妥協譲歩による全員一致に信頼を置く・・・というのが日本社会の特徴である。
全く論拠がない。
もし上の命題が正しいとするのならば、そしてれ大電波が−電波がいうところの−伝統的日本人
であるのならば、れ大電波は
「れ自身が大電波であるということに妥協、譲歩し、自分を大電波だと認めるしかない。」
第一根拠
 れ大電波以外のみんなは、れが大電波であることで一致している。
(れが大電波でなければれに同調するまともなレス(注)があるはずである。−背理法−」
第2根拠
 れ大電波によれば、「日本人は皆の合意に基づいたことには従う。」

よってれ大電波が自分を電波と認めないのであれば
「自らの落書きに基づき、れが電波ということを証明するだけである」
これも、れが大電波であるといことの立派な『論拠』となる。


27 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 09:20:05 ID:TzbHQZwe
>>25
>なんか電波臭いなw
統計学上、前スレは11.11〜12.26の45日間(ふ以外れに同調するレスはほとんどなし)
今回はたった1日
れ電波を擁護するレスが2つ続けて現れる。
しかも、内容なく感想のみが2つ。

だから電波って視野狭窄で頭が悪いと言われちゃうんかな(大藁

28 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 12:01:26 ID:???
>>23>>24
電波自炎乙

29 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 19:29:37 ID:Dl3koTvj
電波って何やっても見苦しいニャー

30 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/27(水) 19:58:45 ID:z0WWk24f
>>27 他は知らんが漏れは面白いから蝿が集るのを生暖かい目で生温く見守ってた訳だが、
最近は他のスレが暇に成ってなw

31 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 22:20:32 ID:79XOf2E0
>>27
れ氏にしろ、ふ氏にしろ同意できない事は沢山あるが議論は成立する。
君はただ逃げているだけでしかないのでは?

天皇制と民主主義が共存する社会の危険性について少しでも考えた事がありますか?

意見をうわべでしか読めない様では勉強不足。
君の議論は議論の為の議論でしかないと感じます。

32 :右や左の名無し様:2006/12/27(水) 23:27:10 ID:???
>れ氏にしろ、ふ氏にしろ同意できない事は沢山あるが議論は成立する。
本気でこれまでのレスを読んでそう思ってるとしたら、
あなたも電波の仲間入りだよ。
彼らは典型的な「会話が成立しない」変わった人たちだ。


33 :まとめ:2006/12/28(木) 01:06:24 ID:???
れのデムパ

※民族の統合と国家の統合を混同して発するデムパ。
 国家は国民の自覚が無くとも世界共通の理念で構成されユニークでもなんでもない。
 民族はユニークなアイデンティティーを持ち枠組みを形成する。
 だから統合されない複数の民族の存在する国が存在する。

※近代国家が理性に基く人類普遍の法則に基いた統治システムであるというデムパ。
 近代国家は利益追求において人類普遍の法則に基づいているだけ。
 利益追求に支障があるから異なる国家は同じ理念でも統合されない。

※『国という共同体』というデムパ。
 民族は共同体。
 国は民族が資本を出し合って自らの利益を護る為に作った機関です。

※妥協譲歩による全員一致に信頼を置くというのが日本社会の特徴であるというデムパ。
 単に力関係から慣習が出来上がっていっただけで全員一致に信頼を置いてはいない。

34 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 01:08:51 ID:18dkzxdy
>>31 民主制のみの場合だと国家元首のみの権限だけが強く成ってしまいブッシュを始め
フセイン・ミロシェビッチ・プーチン・金豚と弊害が発生する事が多い、しかも権力
が一カ所に集中してしまう為に権力闘争も激化してしまい、其の為の人的・経済的損失も計り知れない。

つまりは安定した社会を形成しにくく成ってしまう事に成る、まあ衆参両院や上院下院
の他にもう一つ強制はイクナイと言ったりするセーフティーが有る形だ、
それならば愛国だのと少し位面白い事を言っても笑って見てられる訳で
一時の多数の感情で国が右往左往するべきではないと思う、長所の裏には短所が付く。

>>32 議論が成り立たないと議論自体を放棄してるのは他ではなく君自身なんだが。

漏れね、そ言う民族性の病気持ちの人を政治思想板で良く見るよ。

35 :まとめ:2006/12/28(木) 01:09:53 ID:???
「積極的に国という枠組み維持をする動機」 は外圧から枠組み内の民族の平穏な生活を護ると言う事。
「積極的に国という枠組み維持をする動機」 は外圧から枠組み内の民族の平穏な生活を護ると言う事。
「積極的に国という枠組み維持をする動機」 は外圧から枠組み内の民族の平穏な生活を護ると言う事。
「積極的に国という枠組み維持をする動機」 は外圧から枠組み内の民族の平穏な生活を護ると言う事。
「積極的に国という枠組み維持をする動機」 は外圧から枠組み内の民族の平穏な生活を護ると言う事。

「日本国という国における秩序に関する一定の一致」は
価値観に基づいた平穏な生活の安全保証の予算を得る為に価値観に無い自由と平等を一定の代償とする資本主義を受け入れる事。
価値観に基づいた平穏な生活の安全保証の予算を得る為に価値観に無い自由と平等を一定の代償とする資本主義を受け入れる事。
価値観に基づいた平穏な生活の安全保証の予算を得る為に価値観に無い自由と平等を一定の代償とする資本主義を受け入れる事。
価値観に基づいた平穏な生活の安全保証の予算を得る為に価値観に無い自由と平等を一定の代償とする資本主義を受け入れる事。
価値観に基づいた平穏な生活の安全保証の予算を得る為に価値観に無い自由と平等を一定の代償とする資本主義を受け入れる事。
価値観に基づいた平穏な生活の安全保証の予算を得る為に価値観に無い自由と平等を一定の代償とする資本主義を受け入れる事。


36 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 01:14:47 ID:???
>>34
れやふと一度でもレスを交わした人ならオレの言ってる意味は分かると思うよ。
まあ、彼らの場合議論と呼べる代物ではないがね。


37 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 01:21:53 ID:18dkzxdy
>>36 悪気は無かったんだがコテを入れ忘れたわ。

で?意味がなんだって?(笑)

38 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 01:29:55 ID:???
>>36
同意。
れは執拗に論点を反らしてレスしてくる。
相手の文章を引用しないので全く反論になっていないなんて日常。

39 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 01:34:06 ID:???
ふのばあい理論的に落ち着いてレス出来れば議論になる。
少しでもレスに稚拙な部分があると面白がってあげあしをとり
刺激的なレスが帰ってくる。

40 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 01:36:17 ID:???
れはレスのたびに発言内容が変わるからねえ。
自分のスタンスも明確にしないことも一度や二度じゃない。
オレはかなり以前からこのスレを見てきているが、
レスが噛み合ったやり取りを見たためしがないよw


41 :れ電波を読む=27:2006/12/28(木) 09:42:54 ID:QDb3j3rv
>>31
>れ氏にしろ、ふ氏にしろ同意できない事は沢山あるが議論は成立する。
>君はただ逃げているだけでしかないのでは?
逃げたのはれ電波のほうですが、何か?
氷山の一角に過ぎないけど、>>26もその逃げた証拠の一つね。

また、れ電波やふと議論が成立すると言うのであれば、自ら実践することだね。
れやふは、夜郎自大でコミュニケーション能力が著しく欠如しているから、
(これは、心理学者の速水が今年の初めに上梓した新書の通り。)
自分の間違いや矛盾を訂正なり謝罪することはないよ。
そういった、自己愛−自己愛自体は誰でも持っている−が極端に強い人達は
議論を望んでいるのではなく、自分の論−根拠なくただ思い込んでいることが多い−が
どれだけ共感者を集められるか、ないしどれだけの人を言いくるめられるかに
終始しちゃうんだよね。
それが適わないと、ふのように差別用語を乱発して、他者を卑下することにより
自分が上位にいることを確認するという戦法になる−これは彼らの性質からすれば本能なんだろう−
(例えば、佐世保で起きた小六女児の殺人事件の犯人のHPを見よ。ふのレスと同質の言語に溢れている。)

逆に言えば、私が彼らをして、他者を貶め自分の優位を保とうとするように映るかもしれない。
しかし、問題は−2チャンと言えども−公共空間において、非学術的・非科学的言論さらには、史実を捏造したり
日本語の定義を勝ってに変えたりする言論は電波だと指摘するのが
人として正しい道だと思うところです。


42 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 10:01:37 ID:oed5eSOc
>>41 だからね、問題なのは君が皇室の存在意義に対して明確なビジョンを語れないのに
ただ反対なんだか面白いスタンスを提示しつつ反論されると電波と言い出す側の集団側に
居ると言う事実なんだが。

43 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 10:03:06 ID:QDb3j3rv
>>31
>天皇制と民主主義が共存する社会の危険性について少しでも考えた事がありますか?
このような表面的なことを唐突に言われても、
「考えたことはありますよ。」と表面的に回答するしかありません。

あなたが件の命題について議論がしたいのであれば、あなた自身がそのスタンスを
明らかにしていただかないと困ります。
例えば、憲法(憲法典)の明文と民主主義の理念−先行学説の内どの民主主義論なのか
或いは、民主主義の一般的解釈なのか−が根本的矛盾を内包しており、それゆえに
−例えば皇室の特定男子以外天皇になれないのは機会平等原理に反する−社会混乱が
起き、現在の民主主義は瓦解する危険性がある。
つーような議論の展開をお願いします。

でなきゃ、あなたも議論ができない分類に属してしまいますよ。

44 :皇室は世界遺産!:2006/12/28(木) 10:10:26 ID:???
結論:皇室は世界遺産!

45 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 10:14:08 ID:QDb3j3rv
>>42
いやはや。
私はコテ名の通り、れ電波の電波を指摘して、言論の正常化を目指したいだけですよ。

あなたが言うとおり、確かに私は明確なビジョンを提示する能力はありません。
しかし、各種社会学の見地から、各種の疑問にお答えすることはできます。
そもそも、皇室の存在が現代社会において非合理的性質を持つ以上これを
合理的に解説するのは難しいですな。

だからといって、電波レスを放置する理由にはならないでしょう。


46 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 10:20:26 ID:oed5eSOc
>>43 皇室の存在意義に付いての大枠に措ける「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性について」
は都合悪くて議論したくないので、些細な重箱の隅の部分にし付いてしか議論したく有りませんとか
言われても「議論が出来ない分類」なのは君其の物なのだが・・・

>>45 結局自己の欠点を他人に擦り付ける障害者じゃねえかよ喪舞。


47 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 11:00:38 ID:???
>>46
電波とお前が「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性について」議論してみろよ
お前はそれについてここで何も出してない
議論する気もなく邪魔しに来てるだけか?

それとも電波の言っていること全てに賛同するのか?

48 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 11:43:12 ID:FMxh3Hxw
>>46
>>43の通り。(あ、ループだね。

>結局自己の欠点を他人に擦り付ける障害者じゃねえかよ喪舞
私はあなた達のように自己肯定や自尊心が肥大化した異質者ではありませんので
欠点のない人間だとは、露ほどにも思ったことはありません。

議論とは互いの欠点や間違いを補って新たな地点に昇華させるために行うものだと考えています。
よって、あなたらのようなエゴイストと議論が成立することはないでしょう。

あ、また一つ論拠が増えましたね。

49 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 12:10:45 ID:FMxh3Hxw
>>47
れ電波の
「合意とは武力によって従わせることを内包します。」
この電波語は日本語としてすら成立していない。
それすら認められない電波とどんな学術的な議論ができるというのだろうね。

ふは上記命題に賛同するんだろうが、それは
「私は日本語での議論はできません。電波語でお願いします。」
と言ってるのに等しい。それくらいには気付いて欲しいものですな。

50 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 12:15:40 ID:oed5eSOc
>>47 コテを入れ忘れはしたが>>34で書いたし、コテを入れ忘れた事に付いては>>37で書いて
居るよ短いスレさえ全部読めないのか?

>>48 だあかあらあ(笑)安定した社会を構築出来ずに後から渡って来た喪舞裸が、日本の
社会に対して折衝案を持ち掛ける事自体が話しに成らないんだよ。

アパートを借りるのに家賃や条件を大家と大幅に交渉すんのか喪舞?大家と住民は民主的でないから
大家は辞めろとか言う訳か?文句が有るなら他のアパートに行けっつの(笑)。

51 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 12:19:23 ID:oed5eSOc
>>49 喪舞のは議論ではなく交渉(笑)。

52 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 12:26:20 ID:FMxh3Hxw
>>50
あらら、自己の肥大化が過ぎて自己抑制できない典型だね。

一応>>34
>民主制のみの場合だと国家元首のみの権限だけが強く成ってしまいブッシュを始め
>フセイン・ミロシェビッチ・プーチン・金豚と弊害が発生する事が多い、しかも権力
>が一カ所に集中してしまう為に権力闘争も激化してしまい、其の為の人的・経済的損失も計り知れない
ブッシュはおくとして、フセイン等がいた国家が民主制のみの場合?
あのー、ネタなのか電波なのか(多分後者だろう)判らんが、その認識はヤバイぞ(苦笑

53 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 12:27:16 ID:oed5eSOc
>>49 だいたい分裂し内紛を繰り返し追い出され他社に転向して来た馬鹿の話を新しい
会社で誰か聞く訳か?欠点とか言う問題ではなく喪舞はマジ頭悪いだろ?

54 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 12:27:59 ID:FMxh3Hxw
それにしても、れ電波はまたまた凄い電波を飼ってるみただね

55 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 12:36:55 ID:???
ふは無教養だから、大統領制を民主制と言ってるんだと思うよ。
どうしてそこに北朝鮮が含まれるのかは知らないけど。
いずれにしても、最低限の教養がないから語彙の摺り合わせからやらなければならない。
こんなレベルで議論など成立すると思っている方がどうかしている。


56 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 12:36:59 ID:oed5eSOc
>>52 フセインでさえ多数の者の支持を取り付けて大統領と言う地位に就任
した訳だし、金豚に至っては90%以上の信任が有るんだろ?喪舞裸に言わせれば
民衆に拠る都合の良い革命ならば民主的なんだろ?(笑)

57 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 12:39:19 ID:oed5eSOc
>>55 喪舞裸に言わせるとチョンが行えば民主制な訳か?そうすんと喪舞裸の祖国南北どちらを
見ても喪舞裸の言う民主制てのは確実に糞だな。

58 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 12:48:11 ID:???
ほらね。
間違いを指摘すればチョン認定で罵倒するだけ。
こんなバカが議論の相手になるはずがないよね。
民主制体がいかなるものかすら知らないんだから。


59 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 12:58:05 ID:oed5eSOc
>>58 だあかあらあ(笑)、出自の偽りと言う責任に対する義務を放棄し
他の者や物を最初に否定して居る喪舞自身が民主主義を語るなっつの糞嘗め乞食。

あはははは、腹痛い。

60 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 13:47:51 ID:FMxh3Hxw
>>58

>>41の再掲になるけど、彼の価値にとって最下位のものに他者を例えることが
彼の自尊心を満足させるんだろうね。

彼は気付けないかも知れないけど、2ちゃんのような匿名性の強い掲示板では
そういった自己肯定の肥大化が人間社会にとって一番の害悪なんだけど。

そういえば、佐世保の小六女児は級友の頚動脈をカッターナイフで切りつけたけど・・・
ふのような輩が近所にいないことを、心から祈るよ。


61 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 13:50:17 ID:FMxh3Hxw
×
彼は気付けないかも知れないけど、2ちゃんのような匿名性の強い掲示板では
そういった自己肯定の肥大化が人間社会にとって一番の害悪なんだけど。


彼は気付けないかも知れないけど、2ちゃんのような匿名性の強い掲示板では
そういった自己肯定の肥大化により仮想と現実の区別がつかなくなってしまう。
それが、人間社会にとって一番の害悪なんだけど。


62 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 13:54:59 ID:???
召喚獣「基地外ふ」は暴走した!
オナニー電波れは自分の電波レベルが下がるのを期待したが
「ふの基地外が援護?プッ!」の呪いで下がらない・・・





63 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 15:07:25 ID:???
れやふは民主主義の意味も知らないで議論したいと思っているのか
これじゃあ、議論のスタートさえ切れんだろう

64 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 15:23:15 ID:???
逝ってみな、一般参賀へ。

そうすると分かるから。物凄く感動する訳でもなく、かといってつまらなくもなく、なんか居心地の良い楽しげな気分に成れるから。






65 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 16:01:59 ID:oed5eSOc
>>60-61 はははははは、だあからね別に漏れは喪舞裸を最下位とは言ってないし
最下位とか勝手に逝ってるのは君自身なんだよ、そいで其の君自身で仕立て上げた
最下位の者と言う立場を利用してそして他者の存在を否定してるのは君自身なんだね。

要するに、君の発言を匿名性の強い掲示板の無責任な発言として議論を否定されたく
ないのなら出自も名乗り、朝鮮民族の君として発言可能な内容で発言しろって言う事
なのだが、朝鮮民族として発言出来る様な内容ではないから君は出自を隠す訳だろ?

君は最初から権利に対して義務を果たして居ない訳よ、其れで民主主義?日本じゃ
喪舞みたいなのは乞食て言うんだよ糞嘗め。

66 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 16:08:53 ID:oed5eSOc
>>60 佐世保の事件がどうしたって?あれは珍しく日本人による犯行だったのか?
ぶどう酒の事件も喪舞裸の仲間だって?どうりで再審請求が何度も出てて変だなと
思ってたんだよ、他人の権利を奪う様な馬鹿は死刑死刑あはははは。

67 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 16:17:40 ID:8Tc3B10s
>>65
蘇我入鹿を謀殺した共同正犯が天智天皇で、その血が今に継がれておる。

つまり殺人犯のDNAを有しておるわけだよ。

68 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 16:35:37 ID:yooI798o
ふは気が違っているんだろう(苦笑
自ら議論を放棄していることにすら気がつかない。

ふの出自がなんであろうと
例えば私が秀郷流に連なる者であろうと
「天皇制と民主主義の共存する社会の危険性」の議論とは全く関係ない。

心理学から推察するに、論点をすり替えて、他者を貶め自己肯定−客観的に見れば単なる馬鹿−
を強調するのは、よほど相手のレスによって、−根拠の無い−自尊心が傷ついたからなのだろうか?

ところで、ふは議論する気があるのかないのか、
あるのならば >>43
ないのならば、潔く『議論する気はない』と言ってくれへんか。


69 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 16:40:22 ID:yooI798o
>>66
>佐世保の事件がどうしたって?
犯人の女の子が開設していたHPの言論と
きみの言論とが酷似している。ということだが。

やけに外国人にコンプレップスを抱く割には
日本語で書かれている本とかを読んでも理解できないことが多いでしょ。

なるほど、外国人コンプレックスは逆なのか・・・・。なるほどね(苦笑


70 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 17:26:20 ID:18dkzxdy
>>67 そんな無茶苦茶な事言われても漏れの所は天ちゃん所と関係は無いし
つうか漏れの所は水戸藩だったんだから戦争の時にゃ散々切っただろ。

71 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 17:33:40 ID:18dkzxdy
>>68-69 藻舞と違って殺人に興味が無いから、そんなHPを態々見に行かないよ趣味悪いな。

事件後の家宅捜査とかで、以前から殺人に興味を示して居たと書かれるタイプだな藻舞。

72 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 17:45:34 ID:yooI798o
>>71
まあ、きみやれ電波ほどひどい事を書かれたことはないよ。
どんな風にお茶を濁してみても
犯人の女の子が開設していたHPの言論と
きみの言論とが酷似している。ということは『事実』だからね。

で、何を逃げているのかな

ところで、ふは議論する気があるのかないのか、
あるのならば >>43
ないのならば、潔く『議論する気はない』と言ってくれへんか。

れとふが同質なのは知ってるけど
逃げっぷりまで真似なくてもいいんじゃない?

73 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 18:00:32 ID:18dkzxdy
>>72 事実なのは君が他者を否定する為にこのスレに居る事と殺人犯に興味を持ったと言う事で
君の被害妄想は君の幸せニダリンに因る妄想でしかない。

(・∀・)ニヤニヤ

74 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 18:06:41 ID:???
ふの基地害は、れ電波同様日本語が読めないらしい

75 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 18:18:44 ID:C/KFj7Jx
>>74 >>46で答えてやってるだる?喪舞も殺人犯に興味を持つ面白い奴と同様の
思考回路らしな。

76 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 18:33:07 ID:yooI798o
要するにふは
皇室の存在意義に付いての大枠に措ける「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性について」
は都合悪くて議論したくないので
ということかな?

>>31さん、この通り、ふやれとは議論が成立しません。

77 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 18:35:03 ID:???
どうやら自分が書き込みしたものが議論提示とでも思っているようだな
>>46のどこが議論をする内容なんだかなーwww
>>34にしてもどこに天皇について答えているのか判らないし、れ電波に賛同するのかすら分らない
それにあれ日本語を習得した人物が書く内容か?
議論したいなら分りやすく書けよ

78 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 18:43:51 ID:yooI798o
そういえば>>31さんがこないね。(来てたりして ぷ

で、私が他者を否定しているといっているイっちゃってる人がいるみたいだが
コテ名の通り、れ電波の電波を否定しているだけである。
まあ、れ電波とは議論が成立しないことは証明済みだが
ついでに、ふとの議論が成立するか、忍耐強く試してみたところ
案の定、『無理ぽ』でした。
つまり、手前味噌ではあるが、れやふのように何ら根拠なく他者を貶めて
自己肯定する仮想的有能感とは違い、実績に基づく有能感の事を自負という。
ここまで、辛抱強く議論の展開を切に願ったが、それが適わなかったのは
ふのコミュニケーション能力が皆無だったからに他ならない。
このような経過をもってしても、ふを肯定しなければならないほど自分を卑下する
必要はあるまい。自信をもって言おう。(多少なりとも討議能力を有する者であれば)

「ふは馬鹿だ」と。

79 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 19:28:15 ID:???
皇室に対する気持をわざわざ語る意味が有るのだろうか?

感動するとか違うし、もっと深く言葉で語るものと違うはず。理屈で語るものではないのかも。





80 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 20:35:12 ID:C/KFj7Jx
>>76 だあからあ(笑)>>34のカキコが漏れだと>>37 >>50で書いた訳だが、結局君は
安定の難しい永続性の無い一時の政権で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る
一極集中型の政権に対する「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」に付いて
語りたくないと言うか流石は殺人に興味を示す異常性格の君だから、「安定の難しい
永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る一極集中型の政権」
の危険性に付いて議論したくないと言う事でfa?

>>77 喪舞も電波を読むだかの異常性格者と変わらん様だな。

>>78

>ふとの議論が成立するか、忍耐強く試してみたところ案の定、『無理ぽ』でした。

最初から話題を逸らしてトンズラぶっこいてるのは喪舞なんだが(笑)、流石性格異常者。

81 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 21:11:10 ID:yooI798o
>>80
えーーー!
ネタじゃなかったのか。
北朝鮮やフセイン時代のイラクが民主制(byふ)

ま、そういう政権は民主制とは言わないから勉強してきてね。
っていうか、小学生の公民レベルでも言わんだろう、普通 ぷ

もう電波以前に日本語ですらないんだが、一応添削してあげるね。

>安定の難しい永続性の無い一時の政権で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る
>一極集中型の政権に対する「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」に付いて

「一極集中型の政権は、不安定で一過性であり、それは無責任な政権である。
 これに対する「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」について」

>「安定の難しい
>永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る一極集中型の政権」

 「ポピュリズムが増大してしまう危険性」

で、天皇制との関係はどこ?
つーか、これに−日本語もどき−反論して欲しいの?
ま、強いていうなら、「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」は
私は一言も言っていません−ふには見えるのかも知れない−が何か?
(なんか、壮大な自作自演−いや、狂言−に付き合わされたなあ。(面白かったけど

あと、ふはちゃんと日本語学校を出た方がいいぞ。
例のコンプレックスを抱いているのはバレバレだけど…。

82 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 21:20:32 ID:???
>>79
スレタイ見ろよ

83 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 21:28:52 ID:???
基地害ふ→北朝鮮やフセイン時代のイラクが民主制
れ電波→投降勧告が和平交渉や和議

こいつら妄想頭脳の持ち主の類友もしくは同一人物


84 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 22:21:54 ID:C/KFj7Jx
>>81 ?イラクや北朝鮮でも選挙成り国民の投票は行われて居るさ、しかも90%以上の支持率で(笑)
では一応まともな民主主義国家で有る筈の盧武鉉の韓国はまともか?(笑)まあ単一民族で有るにも関わらず
蛮行を繰り返す馬鹿共と一緒にされても堪らんけどな。

物事には必ず表裏が有る訳で「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」に対しては
「安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る一極集中型の政権」
と言う懸案が発生してしまう訳だよ、まあ「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」としては民意が
直ぐに反映されにくい、レスポンスの悪い行政に成り兼ねない一面は持つが国政と言う場面に於いては熟慮が
必要な訳で日本が「安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る
一極集中型の政権」の場合、国内や近隣に永続性が無く質の悪い何をやらせても駄目で愚劣な民族が居て
何ぼかは国際的に認められつつ有る朝鮮人の愚劣さだが理解の早い日本人が最悪の場合は彼等の挑発に乗り
世界に先駆け徹底的に排除してしまう可能性が有る等の問題が残る訳だよ。

>ま、強いていうなら、「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」は
>私は一言も言っていません−ふには見えるのかも知れない−が何か?

都合悪い事は議論したくないとか言われても・・・喪舞其の物が何度も言う様だが議論から逃げ出してる訳で・・・


だいたい議論てか?(笑)

自己の一般社会との相対性や物事に対する功罪さえ、殺人者の思考を知る事を欲した喪舞自身が自己検証出来ない事を
証明してしまって居る思考する能力が激しく劣る喪舞と議論てか?しかも都合悪い話題の言及を避け
只管逃げる喪舞と何を議論してくれと?(笑)幾ら著名掲示板とは言えあんまりだよ・・・

85 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/28(木) 22:25:38 ID:C/KFj7Jx
>>83 降伏勧告ではなく講和w喪舞裸は遥か昔から属国民だったから降伏
も講和もケンチャナヨなだけw

86 :うざけた奴 ◆pUURtZZAw2 :2006/12/28(木) 22:30:53 ID:aWvHNg6M
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |  
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |  ケンチャナヨってなに?
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |  
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !


87 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 22:43:59 ID:yooI798o
>>84
どーでもいいけどさあ
意味不明の長文−特に何かの翻訳調−をだらだらと書込む前に
早く天皇制との関係を書いてくれんかね(苦笑

で、
>イラクや北朝鮮でも選挙成り国民の投票は行われて居るさ、しかも90%以上の支持率で(笑)
これを民主制とは言わないの。きみは小学校も出ていないのかい?
佐世保の小六女児でもわかりそうなものだorz

また、きみが掲げる「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」から
逃げている訳ではなくて、『そんなもんはない』と私は言ってるんだが…
れ電波もそうだが、きみも人のレス−日本語−が理解できないみたいだね。

88 :れ電波を読む:2006/12/28(木) 22:48:24 ID:yooI798o
>>85
島原の乱に講和なんて存在しないよ ぷ

どこの国の昔話やら…

89 :ふざけていない奴:2006/12/28(木) 23:36:34 ID:6yLZujCy
>>84
おいおい。 オナニーのおっちゃん。 
もう何を言いたいのかさっぱり判らん。
お前は精神異常者かよ。 あっ、そうでしたね。


奈良時代、東北地方の異民族・蝦夷(えみし)と国内に移配された俘囚は日本人に合流したとされる。
蝦夷とは異民族への当時の差別用語。 
俘囚(ふしゅう)とは、その昔、大和朝廷側に服従し皇化に従った奴隷で徹底的に差別された者達。


90 :右や左の名無し様:2006/12/28(木) 23:37:33 ID:zZvftqxx
【速報】
イラクの米軍基地を武装集団が強襲、サダム・フセインの奪還に成功
ソース:CNNhttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1166498286/l50

91 :皇族に「様」を付けて平気な感性の破廉恥漢:2006/12/29(金) 00:18:51 ID:EEXxZXoC
糸山英太郎元自民党衆院議員の元秘書が家族ともども“行方不明状態”2006/12/25 夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
(前略)日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。
金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山になんでそんな高額な金をもらう下賤な奴になりさがったのかと思いきや、
もともと金にはきたなかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに
政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。
東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
小泉改革と同じだ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html


92 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 00:30:29 ID:???
>>84
知ったかぶりのコピー
これからが正念場だ


93 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/29(金) 00:58:30 ID:pLLt29kW
>>87 日本語が理解出来ない癖に出自を名乗りもしない糞嘗めに態々優しく書いてやる義理自体が
漏れに発生しないんだよ糞嘗め君(笑)

権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ

イラクと北朝鮮が民主主義でなかった?どうせメディアを使って国民を騙しても後世の歴史では
メディアを使い国民を欺いたと書かれるだけなのだから現在に於いて民主主義なのかより
後世に於いて賢かったと言われる事が大事なんだよ、世の中には藻舞みたいな異常性格の
馬鹿も居るんだからさ(笑)

>>88 島原の乱?降伏でも講和でもなく制圧だっつの糞嘗め

94 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/29(金) 01:08:09 ID:pLLt29kW
>>89 なるべく藻舞裸に近い境遇に有ったと思われる者を書き物や妄想や勘違いの中に
一生懸命捜したんだね、同情はしないよ藻舞裸は自業自得なんだから。

95 :ふざけていない奴:2006/12/29(金) 01:37:07 ID:LFM8rhhm
>>94
意味不明。何か勘違いしてねいか?
84のお前の母国語が判らないので85の書き込みで返事した。このボケ。
うんこ臭せーんだよ。 おっちゃん。


96 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 03:13:53 ID:???
>>84
>まあ「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」としては民意が
>直ぐに反映されにくい、レスポンスの悪い行政に成り兼ねない

あー、天皇制にそこまでの効果はない。
間接民主制や二大政党制は、人々の欲望が政治的決定にダイレクトに反応しないようにする工夫として存在するが
天皇制は主権者である国民の権力を示す国民の機関として存在すし
内閣総理大臣や最高裁判所長官を任命や憲法改正、法律、政令及び条約の公布を行うだけ。

ポーランドでは1990〜1995のワレサ元大統領時代に大統領と議会との関係が悪化した際
大統領は首相候補をなかなか出さず、議会は信任を与えず、内閣が長期にわたって発足できない状況が続き
国政の停滞を招いた事があるが天皇制にはそういった心配は無い。

明治憲政の様な「政策は国会で決める」という事実と「天皇が全てを決める」という
民衆の認識の間にギャップがある「顕密体制」と呼ばれる状態になった場合
天皇側の立憲君主制や民主主義の為の機関として振る舞おうという意志に関わらず
テオクラシーに落ち入り逆に混乱を引き起こす可能性も秘めてはいるが
そこまで民度が下がるには現代の情報網を完全に破壊して人々をメクラ状態にしないと無理。

97 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/29(金) 08:00:07 ID:xGsr2pne
>>95 卑しい物に一々判り易く書いてやる理由が漏れに存在しないと何度書けば・・・

>>96
>間接民主制や二大政党制は、人々の欲望が政治的決定にダイレクトに反応しないようにする工夫
此れでは駄目なんだよ、全員が似た様なマスコミ等に因る社会的背景や教育を受けかねない国民なんだから。

>民度が下がるには現代の情報網を完全に破壊して人々をメクラ状態にしないと無理。
マスコミ・教育・政治共にアホが侵入して民意なんざメクラ状態じゃんかよ、所が畏れ多き所だけは
そんなに簡単に潜入出来んから連中は必死で何とかしようとかする訳だろ?

98 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 08:23:32 ID:DrFRJBgR
>>93
>権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ
権力の分散が天皇制に関係する???
これは小学生の公民や歴史の教科書にも出ているはずだが、
『三権分立』って知ってるかい?
ふは、日本で義務教育を受けてないのかも知れんが
モンテスキューと天皇はまったく関係ないです。

>イラクと北朝鮮が民主主義でなかった?
うん。違うよ。
信用しないのは勝手だけど、私の知っている人でそんな事を言う人はいません。
ふで初体験なんだけど、きみ友達はいるのかい?
もしかして、れ電波?

>島原の乱?降伏でも講和でもなく制圧だっつの糞嘗め
そうだよ。
その台詞は投降勧告=和平交渉と言ってたれ電波に言ってあげてね。ぷ

99 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 08:51:05 ID:DrFRJBgR
>日本語が理解出来ない癖に出自を名乗りもしない糞嘗めに態々優しく書いてやる義理自体が
>漏れに発生しないんだよ糞嘗め君(笑)

ふって面白いね。
言語は性格を−全てではないけど−表出する。
ふは何回自己紹介すれば気が済むんだろうか?ぷ

みんな充分、きみの事を知っているんだけどね。
そうか、匿名掲示板だから常に自分の存在を知ってもらいたのか。
ふが自己紹介を繰り返す優しい人なのはわかったけど
−れ電波もそうだが−まず、自分の間違いを認められる人(出自に関係なく)に成長してもらいたいですな。


100 :◆r0FmiN9ADk :2006/12/29(金) 09:15:11 ID:???
議論じゃなく、相手を貶めることを目的にしている人が
>言語は性格を−全てではないけど−表出する。
と自己紹介ですか?

101 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 09:24:44 ID:DrFRJBgR
うん。
その自分の自己紹介は終わってますよ。
「人を貶めるときは、れやふのように何の論拠にも基づかない言説
 −例えば、権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ−
 ではなく、実績をもって行う。それは電波の仮想的有能感ではなく、自負とい呼ぶ」
とね。


102 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 09:29:53 ID:O1tyhOrg
ごめん。打ち間違えました。

自負とい呼ぶ(「い」は余計

それはそうと
れ電波さんも、ふにすら否定されちゃったね

 「島原の乱?降伏でも講和でもなく制圧だっつの糞嘗め」


103 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 09:31:29 ID:Zrh474Q0
朕が居なければ、日本は「烏合の衆」ってことだ!!

104 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 10:28:44 ID:???
>>97
あー、だから似た様な駄目な教育を受けた連中の欲望が
ダイレクトに反映されないのが間接民主制と二大政党制。
逆に民主・資本主義の自由と平等という理念が損なわれると
経済的な動向にダイレクトに反映され不景気になる。
これは経済学の基本中の基本だぞ。
当然、アダム・スミス位は知ってるよな。

つまり政治家や高級官僚はある程度の不正行為を行っても
自らの収入の為に必要以上に民主主義の理念を侵すことはないし
駄目な国民の駄目な民意は国政に反映されないという事。
駄目な日本といってもたかが知れている。
無理に民度を上げようとすれば負け組は現実から目を反らして
格差が広がるだけだがその辺をうまくやっているのは北欧三国位だぞ。

105 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/29(金) 10:54:54 ID:xGsr2pne
>>98 三権分立なんてな皇室の存在意義に関係無いんだよ見事な迄に馬鹿な糞嘗めだな
其の存在意義は一過性の物と違うと言う事に昔から存在意義が有る訳で、まあ
喪舞裸、馬鹿な糞嘗めと言うのは世界でも稀に見る一過性に特化した民族だからなw

イラクに関すればでは今の方が民主的で良い治世が行われて居ると君は言う訳なんだな?
まあ君みたいな馬鹿な糞嘗めでも判れば良いんだ、北朝鮮が民主主義でないって?
馬鹿を言っちゃいけないよ、現在の北朝鮮こそが朝鮮人民に因る正しい民主主義だ
何故ならば国家を動かして居るのは豚ではなく其の愚令を実行して居るのは軍人と言えど
君と同じでコテでさえ他人に依存する一過性を望む朝鮮人其の物に他ならない訳なのだからな。

友人?漏れは殺人に興味を持つ異常性格者ではないから殺人に興味を持つ異常性格者なんか
居ないよ、ははは

降伏勧告は和平交渉だが降伏勧告を受け入れないから制圧に成るんだよ、流石殺人に
興味を持つ異常性格者は言う事違うな。

>>99 匿名掲示板だから自己紹介に効力が無いのはお互い様なのだが、君の事例からはっきりと
言える事は、君のコテ自体が他人のコテに依存した一過性の物を付けたと言う事実と
殺人事件を起した者の思考を共有しようとした言う君の志向性だ。

>>102 頭可笑しいだろ?喪舞。

>>103 どうかなあ、明治では逆に国民の枠の中に組み込まれたとも言える訳だが、日本として
冷静な判断を失い腐れ半島を併合してやっちゃったからな。

106 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 11:03:21 ID:???
降伏勧告は和平交渉と言い切り北朝鮮をやたら擁護する基地害ふ
やはり、れ電波!そして北の工作員なのか?


107 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/29(金) 11:32:32 ID:xGsr2pne
>>106 ん?チョンだとチャンコロの和平交渉を受け入れても皆殺しだったり
すんから降伏韓国は和平交渉の内に入らないのか?まあもし漏れがチャンコロ
だったらチョンの命乞いなんか聞かねえわな。

北朝鮮が民主主義でないとか言ったって北朝鮮があんなに馬鹿なのは朝鮮人の
所為だよ豚も馬鹿だが国民も馬鹿で勧告も在日やB民も自分達では何とかしようと
せずに只管物乞いを繰り返すだけなんだら。

108 :◆r0FmiN9ADk :2006/12/29(金) 12:15:40 ID:???
何も否定されていませんけど・・・。
否定されたのは「お馬鹿なヤシとそれにつるんだ馬鹿」の
「島原の乱における幕府の目的はキリシタン殲滅」というばかげた言論だけです。

 和平交渉という表現は、申し上げたとおり「キリシタン殲滅の君」の和部常の検索を
 容易にするために出した、「あるサイトの表現」であり「せん滅目的でない」ことを示す
 史実があれば、議論としてそれで終わり・・・です。和平交渉か投降勧告かなど
  「キリシタンせん滅目的というどうしようもない歴史認識」の前では堂でもよいこと
 なので、表現をお借りしたとすでに書いています。

 こんな事にしか拘泥できないとは、情けなくも、お気の毒な状況ですね。www
 キリシタンせん滅目的であるという認識に組した人が、それを隠すために必死だなぁ
 と言う印象です。 

まぁ、それはともかくとして、残念ながら、仕事の関係で、来年からは、「毎日のように」
というわけにはいかない状況になりまして、又、それを押して議論すべきレベルの人も
いませんので、その様にご理解ください。(つまり読み解くべき電波w」がないので
コテを変更したほうがよろしい・・・ということです。)





109 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 12:59:10 ID:???
れはまだ言い訳を繰り返すのかw

最後まで見苦しいやつだなwww

110 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 13:58:02 ID:???
>和平交渉という表現は、申し上げたとおり「キリシタン殲滅の君」の和部常の検索を
>容易にするために出した、「あるサイトの表現」であり「せん滅目的でない」ことを示す
>史実があれば、議論としてそれで終わり・・・です。和平交渉か投降勧告かなど
>「キリシタンせん滅目的というどうしようもない歴史認識」の前では堂でもよいこと
>なので、表現をお借りしたとすでに書いています。

大嘘
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163171940/425
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163171940/427
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163171940/449
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163171940/457
れ電波の大嘘は、これらを読めばわかる!

>まぁ、それはともかくとして、残念ながら、仕事の関係で、来年からは、「毎日のように」
>というわけにはいかない状況になりまして、又、それを押して議論すべきレベルの人も
>いませんので、その様にご理解ください

ここまで電波であることが浸透してしまっては逃げるしかないために、いい訳し始めた
もしくは仕事中?2ちゃんやっているのがバレて左遷されたかな?
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1163171940/496
で片手間だと言っていたがこれが大嘘になる

111 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 14:01:28 ID:9WKvUXfv
>>105
>権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ
              ↓
>三権分立なんてな皇室の存在意義に関係無いんだよ見事な迄に馬鹿な糞嘗めだな

なんつーか、私は分裂症のカウンセラーではないので・・・・。

>イラクに関すればでは今の方が民主的で良い治世が行われて居ると君は言う訳なんだな?
誰もそんなこと言ってないよね。
きみはすぐ「相手こう考えているはずだ。」と思い込むみたいだけど
そんなんじゃあ、議論以前に会話すら無理ぽ。

>現在の北朝鮮こそが朝鮮人民に因る正しい民主主義だ
民主主義という基本用語(基本であるが故に奥が深いんだが)すら
互いの認識のすり合せが不可能みたいだね。

>友人?漏れは殺人に興味を持つ異常性格者ではないから殺人に興味を持つ異常性格者なんか
>居ないよ、ははは
誰が殺人に興味あるんだろうね。
連呼しているのは、よほど佐世保の小六女児の件が図星だったんだね ぷ

>降伏勧告は和平交渉
れ電波の電波用語が理解できる人は違う。さすがだね ぷ


112 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 14:09:21 ID:9WKvUXfv
>>109-110

上のほうで、彼らは自己愛の肥大さゆえ、自己肯定にやっきになる。
というような事を書きましたが、どうやら訂正が必要なようです。
−無論誰でも持つ−自己愛は、羞恥心や自尊心を内包しますが
彼らは、『自らを自らによって貶めている』のです。
このような自虐的言論によって自らのコンピテンスを感じているとしたら
単なる基地外です。
基地外でないとしたら、よほど自分たちのことが嫌いなんでしょうね。
ま、コンプレックスは誰にでもあると思うけど、ここまで酷いと、なんだか引いちゃいます。

113 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 14:09:29 ID:???
>>107
前スレ見て来いよ
お前のことだから降伏勧告は和平交渉ではないと言ったやつすべてチョンになるんだろうがな

それにしてもお前も電波も同じように漢字もろくに使えないようだな
まったく良く似ているよ
そろそろ吐けよ同一人物だってなwww

114 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 15:39:13 ID:pLLt29kW
>>111 判らない糞嘗めだな、三権分立は国民の側の話しなんだよok?

イラクの話しでは、ではフセイン政権の方が良かったと言う訳か?言い逃れはさて置き
つまり君は民主政治を否定するのか?まあ君は朝鮮族だから仕方ない。

北朝鮮に関しては民主主義の問題ではなく、藻舞裸朝鮮族のみの問題だからw

佐世保の事件に興味を持ったのは君な訳で、何故そんな物に心理学上、藻舞自身が態々興味を
抱いたのかと言う議論から逃げて居るのは藻舞な訳で。

降伏韓国てなあ交渉なんだよok?まあ決まり事を守らない朝鮮族には意味の無い話しだと言う
証明が君自身だね、藻舞は又言い逃れを重ねるだろうが、つまり朝鮮族に言わせれば
約束は守らないので交渉も制圧も同義と言う訳だ。

実に朝鮮族らしい答えが導き出せた訳だが、朝鮮族の民主主義?ははは片腹痛いわ。

115 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 16:56:11 ID:???
>>114
お前どうしようもない馬鹿だな
三権分立とは国の統治権の分類
それと投票するからなんでも民主主義とは言わない
民主主義とは主権が民にあることを指す
降伏勧告も和平交渉とは言わない
勧告の意味知っているか?
お前がされたリストラも勧告だが一方的だろ?

お前はこのように指摘しどう間違いだと言っても無駄なんだろうがな
基地外のお前にはな



116 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 16:57:42 ID:6oDetMBY
>>114
>判らない糞嘗めだな、三権分立は国民の側の話しなんだよok?
三権分立とは、立法、行政、司法という国民に対峙する国家権力の分散の話なんだけど…

>イラクの話しでは、ではフセイン政権の方が良かったと言う訳か?
私の予想よりも遥かに頭が悪いみたいですね ぷ
誰もそんなこと言ってないよね。
きみはすぐ「相手はこう考えているはずだ。」と思い込むみたいだけど
そんなんじゃあ、議論以前に会話すら無理ぽ。
世の中表か裏かという二元論ではすまないんだよ。特に思想・哲学はね。
知識も教養もないのに背伸びしようとするから馬鹿な発言しかできないんだよ。
で、フセインや北朝鮮が民主主義国家ではないことは理解できたの?←これ重要ね ぷ

>佐世保の事件に興味を持ったのは君な訳で
そりゃあ、何度も書いてるけど、客観的にみてきみと小六女児がクリソツだからさあ。
これは、きみのように妄想で書いてるわけじゃないよ。
AERA2004年6月14日号が根拠ね。

>降伏韓国てなあ交渉なんだよok?
和平交渉じゃないよ。きみは何の話をしているのかすら判らないみたいだね ぷ

そろそろ、義務教育もろくに出ていないだろうきみに色々と教えてやるのも
疲れてきたんだけど…。
それでも、この会話もどきみたいなのを続けたいの?
それとも私に何て言ってもらいたいの?

117 :れ電波を読む:2006/12/29(金) 17:03:42 ID:6oDetMBY
>>115
ありゃ
かぶってしまいましたね(笑

彼って本当は小4か小5くらいの年代なんじゃないかと思い始めてきました。
文章力の拙さ
読解力の皆無
知識のなさ
行儀の悪さ

じゃなきゃ、かなりヤバイ人生を送ってるんだろうね。

118 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 17:05:44 ID:fkaq1Tss
09031296606 Call me

119 :<ヽ`⊥´>:2006/12/29(金) 18:13:29 ID:wJuPRnZb
>彼って本当は小4か小5くらいの年代なんじゃないかと思い始めてきました。
サル以下のレベルですよ。


120 :<ヽ`⊥´>:2006/12/29(金) 18:32:11 ID:wJuPRnZb
ふざけた青木さんに民主主義とは自然権の行使権者であるとする、
ルソーやホッブスの言説を理解しろと求めるのは無理です。
犬くらいの頭脳を持つ者が言語を使えるようになったと考えてみて下さい。


121 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 19:14:26 ID:???


腐がボコボコにされて半べそかいてるスレはここでつか?

122 :右や左の名無し様:2006/12/29(金) 21:17:03 ID:???
>>117
気にしないで下さい
あまりに基地害ふが馬鹿だったので口出してしまいました
基地害ふは、れ電波の強化版
この思想板でこれほど間違いを指摘される人物はこの二人だけですよ

123 :右や左の名無し様:2006/12/30(土) 08:12:28 ID:???
れも薄情な香具師だよな。
お友達がbokobokoにされててもダンマリ

124 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/30(土) 09:02:39 ID:KVXG5rTl
>>115-123 あ?>>114は俺様だからな喪舞裸、だっすっら民族性を政治形態の所為
にすんのは辞めろっつうの見苦しい(笑)。

>>116 AERAなんて駄目駄目なのも読まないし其の議事に興味を持ったのは君自身
なのだから言い訳には成らない。

降伏勧告と言うのは攻撃側も損害を出したくないので条件を付けて交渉する訳だから
殲滅してしまう場合は降伏勧告なんか必要無い訳だよ、理解出来ます?まあチョンは人を
騙してなんぼだから降伏勧告も殲滅も大差が無いてなあ理解すたよ。

>>123 喪舞裸なんか漏れ様一人で十分だし。

125 :右や左の名無し様:2006/12/30(土) 12:37:01 ID:???
>>124
俺様一人では>>104に反論出来ないじゃないか(w

126 :右や左の名無し様:2006/12/30(土) 14:23:38 ID:???
>>124
>>114がお前なのは分っている
三権分立が国民の側の話、北朝鮮やフセイン政権が民主主義、降伏勧告が和平交渉などと
日本人とも思えない発言するのは、お前とれ電波ぐらいしかいないからな
だから>>115で基地外だと言っているだろ?
そしてまだ説明してやったのにやっぱり基地外には無駄だったかwww
お前、小学校から勉強しなおせ
それとな、いいわけじみた反論するなよ
お前は「交渉」と言って誤魔化そうとしているようだが、お前が言ったのは「降伏勧告は和平交渉」
「和平」が付いていることを忘れるなよ
ここで指摘しているのは、降伏を促す一方的な通告は和平を目指す交渉だと言うのは間違いだということ
基地外には、これほど分りやすく言っても理解できるとは思わんが一応説明してやったぞ

127 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/30(土) 17:05:02 ID:qv5iU2x8
>>125 だあからあ(笑)三権は分離しようがしまいが所詮はマスコミや時勢に流される
国民性の反映された時の物でしかない訳ok?でね天皇家は三権に基本的に
関与してないの理解出来ます?

>>126 だあからあ、平和交渉だろうが降伏勧告だろうが何らかの条件は付く訳だから
権利に対して義務が発生する訳ok?権利に対して義務が発生しないなんて勘違いしてるなあ
馬鹿で有史以来属国で糞嘗めの藻舞裸チョウセンヒトモドキだけなんだよ、理解出来た?まあ乞食には理解不能だろけどな。

128 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/30(土) 17:09:00 ID:qv5iU2x8
>>125-126 下げて書くなよ、見落とすだろ乞食野郎、見落として欲しいなら
哀号て泣いて最初から書くな糞嘗め。

129 :右や左の名無し様:2006/12/30(土) 17:58:31 ID:???
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w
ふざけた奴は>>104に反論出来ないじゃないか(w

ふざけた奴の>>84の発言はデタラメだろ(w

130 :ふざけていない奴:2006/12/30(土) 19:34:11 ID:OdYaSgtD
オナニーのおっちゃんは中卒ですよ。 無理、無理。
哲学者で経済学者のアダム・スミスの「国富論」は理解できないでしょ。


131 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2006/12/30(土) 19:44:14 ID:???
>>130
キミ、学歴で人を差別しちゃ駄目だよ。
ま、あのオッチャン、俺より十歳以上年上なのに無知杉だけどな。

132 :右や左の名無し様:2006/12/30(土) 20:09:58 ID:???
まあその辺は国富論に対して答えれば解るんでないの?

>>84
>自己の一般社会との相対性や物事に対する功罪さえ、殺人者の思考を知る事を欲した喪舞自身が自己検証出来ない事を
>証明してしまって居る思考する能力が激しく劣る喪舞と議論てか?しかも都合悪い話題の言及を避け
>只管逃げる喪舞と何を議論してくれと?(笑)幾ら著名掲示板とは言えあんまりだよ・・・

『殺人者の思考を知る事を欲した』と言うのは
>「安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る一極集中型の政権」
と言う発言からふにそのまま当てはまるな(w

『しかも都合悪い話題の言及を避け 』というのは>>104に反論しない事に当てはまる。

133 :れ電波を読む:2006/12/30(土) 22:54:56 ID:2f2R9N6s
>>124
>あ?>>114は俺様だからな喪舞裸
あちゃー。あれがきみじゃないと気付かないきみより馬鹿なやつ
−むろん、れ電波以外−はナカナカおらんと思うぞ。

>AERAなんて駄目駄目なのも読まないし
だから何?
っていうか、小学生(と思われる知性)にはまだ早過ぎたみたいだったね。
きみが高校生くらいになったら分かると思うけど、何か断定的に意見をする時などは
客観的事実として、どの根拠に基づいて言っているのかっていうのが大事なのね。
俗に言う「ソース」って奴ね。
ほら、きみやれ電波−れ電波の場合はソースそのものの読み方が間違ってる−が人から
信用されないのは、そのためなんだよ。分かるよね。

>殲滅してしまう場合は降伏勧告なんか必要無い訳だよ
投降勧告が和平交渉じゃないってことには、やっと気付き始めたみたいだね。
れ電波は最後まで気がつかなかったけど…。
『殲滅』については別掲しとくね。

>喪舞裸なんか漏れ様一人で十分だし。
こういう台詞は、例えギャグだったしても−むしろ読む方が−恥ずかしいからヤメレ。
既に>>41 >>99 >>112 >>117と書いてきたけど、まだ分からないの?


134 :れ電波を読む:2006/12/30(土) 23:05:25 ID:2f2R9N6s
>>127は、
私に対するレスじゃないみたいだね。
もう、私−その他大勢−との議論、もとい会話もどきみたいなのは『無理』と気がついたかい?
だけど、一応レスしておくね。

>でね天皇家は三権に基本的に関与してないの理解出来ます?
うん。多分みんな最初から理解してるよ。
理解できてなかったのは、
>>93
『 権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ 』
と電波を飛ばしていた人だけだよ ぷ

>平和交渉だろうが降伏勧告だろうが何らかの条件は付く訳だから
>権利に対して義務が発生する訳ok?
だからね、投降勧告は平和交渉とは言わないの。
北朝鮮が民主主義国家じゃないって理解できたきみなんだから、きっと分かるよ。ガンガレ。

135 :れ電波を読む:2006/12/30(土) 23:44:32 ID:2f2R9N6s
>>133で別掲と言った「島原の乱−殲滅の巻−」

結論:島原の乱における幕府の目的はキリシタンの殲滅である。
   (殲滅とは、皆殺しにし滅ぼすことを言う。)

第一根拠
矢文のやり取りの一例(http://shiro228.web.infoseek.co.jp/
 (城中→松平伊豆守)
城中3人の大将がいます。この3人だけいかようにも成敗くださり、残りの者は助けていただけないでしょうか。
  (松平伊豆守→城中)
一人も助けることはできない。
  (城中→松平伊豆守)
それならば男だけ成敗され、妻子は助けていただきたい。
  (松平伊豆守→城中)
虫でも助けることは出来ない。
いくらでも堅く城を取り囲むつもりだ。

第二根拠
 幕府(将軍徳川家光)への報告(或いは家光の指針の結果とも読み取れる)
−家光が島原の乱で「死人の下に隠れ居り申し候者、又は女・わらべ、物陰に居り申す者は
廿八日一日懸かり折々殺し申され候」「生き残り候者は廿九日まで殺し申し候」と
徹底的な殺戮を尽くした。−(日本の歴史16−横田冬彦−15ページ)

第三根拠
 軍勢の数
 動員大名17家・12万超
 (関が原の東軍・7.5万)

136 :れ電波を読む:2006/12/30(土) 23:51:44 ID:2f2R9N6s
第四根拠
 矢文の応酬等による松平信綱の囮作戦(動揺作戦)の最大の理由
−二度目の上使松平信綱は「ねつき(執拗な)城攻め」を行った。
築山を築き、井楼をあげ、防御柵を次第に寄せていくことは、攻城戦の常套手段
であるが、違っていたのはそれが
「土人に歴々の武士を損じ申すことは否ものに候」と
百姓ごときに武士は一人も死傷させないという方針で、その準備が一ヶ月以上かけて
徹底して行われたことである−(前掲129ページ)

他にも禁教政策や宗門改政策さらには、英・西・葡・蘭(明・朝鮮その他東南アジア諸国)
との外交政策についても横田教授は精緻に論じていますね。
ま、電波さんたちもたまには、まともな文献−むろんイザワの電波本じゃないよ−に
あたって自分を見つめ直しす時間くらいもって欲しいですね。

137 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 00:35:38 ID://HqpzE8


★★ 日本の左翼を馬鹿にだけはするな ★★


http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1167492608/l50




138 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 01:44:39 ID:KTjuTlnF
>>129 だっからあ、天皇制自体が元々あんまし政治に関係ねえんだから此処のスレ
自体に元々関係ねえの。

>>130 アダムスミスは中学で習ったろ?特民学では違うのか?

>>131 喪舞の出自を語る知識を自慢されても・・・・・

>>132 漏れは欲してねえし当て嵌まらんぞ、どんな妄想だ?
>『しかも都合悪い話題の言及を避け 』というのは>>104に反論しない事に当てはまる。
だからなあ、天皇が元々立法権・行政権・司法権に関与してねえんだからこのスレ自体に
関係ねえっつんだよタコ。

>>133 殺人者の思考を共有しようとした喪舞の言い訳をされても・・・

139 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 01:45:49 ID:KTjuTlnF
あー俺俺。

140 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 01:46:35 ID:KTjuTlnF
>>134
>もとい会話もどきみたいなのは『無理』と気がついたかい?
喪舞は此処のスレに巣食ってる屑チョンの中でも突出して酷いの認める。

>うん。多分みんな最初から理解してるよ。
アダムスミスだとか言ってるんだから理解はどうたがな、聞いてあるいたんか?
喪舞の妄想なんざ聞く気ねえぞ。

>『 権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ 』
>と電波を飛ばしていた人だけだよ ぷ
首相でさえ一国民でしかない訳だが、国民の意見とは違う意見として聞く事が出来るんだよok?

>だからね、投降勧告は平和交渉とは言わないの。
まんどくさいチョンだな!

チョンは投降勧告は平和交渉とは言わない。

日本人は投降勧告は平和交渉の一部。

だから喪舞裸チョンと戦争に成ったら投降勧告はしないで殲滅するし、投降勧告にも応じる事は無い、
これで良いだろ?

>>135-136 立て篭もった者は許さなかっただけの話で、戦の足手纏いに成るし巻き込みたく無いならば
最初から城の中には入れないの、日本の城は中国の城みたいに城郭が町を覆わないから城中に入った
時点で戦う意思が有ると看做されても知らんがな。

           つ う か 、

 登 校 韓 国 て な あ 攻 め る 側 が す る 物 だ か ら ( 超 大 笑 ) 。

何を言うかな馬鹿チョンは。

141 :ふざけていない奴:2006/12/31(日) 03:40:06 ID:FS24Fy7f
>>138
俺のこと、不勉強の腐と勘違いしてやんのw あほ。 HNを読みなさい。
ところで俺の時代は大学になってからだ。
中学で出てきたか覚えていない。高校は世界史は選択してない。

>>140
チョンだのエタだの吠えていると気持ちが良いらしいな。 おっちゃん。
駅でオナニーしちゃダメよ。


142 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 09:24:02 ID:l70QuLeb
>>141 意味判んないからパス。

143 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 09:29:12 ID:mIHfzGzq
ふと会話−言葉のキャッチボール−ができないのは、日本語を共有し得ていないから
なんだろう。日本語が共有できないのは、
1 ふは日本語(国語)をあまり勉強していない。
2 そもそもふは日本人ではない。
3 先天的にアレである。
2と3であればそのまま納得できるが1の場合次のことが考えられる。
1-1 ふは義務教育を受けていない。
1-2 なんらかの事故で、頭を強く打った。
1-3 社会的にハブられており、ネットでしか自身の存在を認識できない。
いずれにせよ、保護してあげなきゃいけない対象だが、残念ながらネットでは不可能である。

>殺人者の思考を共有しようとした喪舞の言い訳をされても・・・
共有? 言い訳?
もう一度書いとくね。
また、れ電波やふと議論が成立すると言うのであれば、自ら実践することだね。
れやふは、夜郎自大でコミュニケーション能力が著しく欠如しているから、
(これは、心理学者の速水が今年の初めに上梓した新書の通り。)
自分の間違いや矛盾を訂正なり謝罪することはないよ。
そういった、自己愛−自己愛自体は誰でも持っている−が極端に強い人達は
議論を望んでいるのではなく、自分の論−根拠なくただ思い込んでいることが多い−が
どれだけ共感者を集められるか、ないしどれだけの人を言いくるめられるかに
終始しちゃうんだよね。
それが適わないと、ふのように差別用語を乱発して、他者を卑下することにより
自分が上位にいることを確認するという戦法になる−これは彼らの性質からすれば本能なんだろう−
(例えば、佐世保で起きた小六女児の殺人事件の犯人のHPを見よ。ふのレスと同質の言語に溢れている。)

144 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 09:42:08 ID:mIHfzGzq
>>140
もとい会話もどきみたいなのは『無理』と気がついたかい?
>喪舞は此処のスレに巣食ってる屑チョンの中でも突出して酷いの認める。
潔くないね。
会話もできないってなんで言えないの?(ま、会話すら成立していないのは火を見るより明らかだけどさ)

それで、思うんだけど、「屑チョン」とはきみの中では褒め言葉なのかい?
もしこれが侮蔑の言葉であるとすると
「屑チョンよりも知識・知能・討議能力が遥かに低いふ」はどういった存在になるのかなあ?

>アダムスミスだとか言ってるんだから理解はどうたがな
>>96は私じゃないけど、ふは書いてある日本語が読めないみたいだから一応引用しておくね
>あー、天皇制にそこまでの効果はない。

でね、
>でね天皇家は三権に基本的に関与してないの理解出来ます?
うん。多分みんな最初から理解してるよ。
理解できてなかったのは、
>>93
『 権力の分散が天皇制に関係しない訳か?糞嘗めは馬鹿で困るよ 』
と電波を飛ばしていた人だけだよ ぷ

という事。理解できたかな?

145 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 10:08:30 ID:mIHfzGzq
>>140
>日本人は投降勧告は平和交渉の一部。
根拠は?もう一度いうね。
きみが高校生くらいになったら分かると思うけど、何か断定的に意見をする時などは
客観的事実として、どの根拠に基づいて言っているのかっていうのが大事なのね。
俗に言う「ソース」って奴ね。
ほら、きみやれ電波−れ電波の場合はソースそのものの読み方が間違ってる−が人から
信用されないのは、そのためなんだよ。分かるよね。

それでね、島原の乱では最終的に幕府軍の攻撃とその後の処刑によって老若男女3万7千人が死亡した。
生き残ったのは内通者であった山田右衛門作一人であった。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E3%81%AE%E4%B9%B1
ってゆう風に投降−武器を捨てて降参−した人も殺されてるんだよね。
ふ−非日本語文化圏−の中では「和平交渉」ってどういう意味なの?

>立て篭もった者は許さなかっただけの話で
キリシタンは立て篭もらなくても、キリシタンというだけで許されない時代なんですけど…

>登 校 韓 国 て な あ 攻 め る 側 が す る 物 だ か ら ( 超 大 笑 ) 。
そうだよね。
でね、日本語だとね「和平交渉」は−攻守に関わらず−『双方』がするものだからね。ぷ
なんつーか、きみとは笑いのつぼが違う見たいだなあ ぷ

146 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 10:14:19 ID:BWOztTYm
>>141
>チョンだのエタだの吠えていると気持ちが良いらしいな。 おっちゃん。
>駅でオナニーしちゃダメよ。
彼ってわざと発狂しているのか、
つまり、体をはって笑いを取ろうとしているのか
それとも、本物なのか・・・・。

後者なら、彼の犯罪を未然に防止するのは、日本人の責務のような気がするけど
無理なんだろうなあ。彼って日本語が理解できないしね。orz


147 :<ヽ`⊥´>:2006/12/31(日) 10:18:40 ID:zJN5peOV
大晦日になってまで頭の悪さを指摘される、ふざけた青木さんが哀れに思います。
彼の設定キャラクターである「子持ちの30代」が本当なら驚愕しますよね。


148 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 10:52:35 ID:KTjuTlnF
>>143 まあ漏れは知能指数が実測で130以上しか無いので先天的にアレなのは認める所だが
殺人者の思考を共有しようと君の言い訳を聞いてやる理由には成らないし、文化・思考・生い立ち
等が多義に依って差異が有り過ぎる物と議論と言に因る譲歩を行ってやる積もり等端から毛頭無い。

漏れの此処に存在する理由は喪舞裸が別の物で有ると言う指標を示す為の物だ、思い上がるのも大概に
して置け殺人者の思考を共有しようとする穢れた者め。

>>144 殺人者の思考を共有しようとする幸せニダリンに因る妄想を聞いてやる理由が漏れに存在しない。

まあ「屑チョン」と言うのは君に対する漏れの評価だから有り難く受け取り給へ。

>>145 投降韓国ってのも手続きに差異は有れど守備側も応じた物で、お互いの合意なんだよ
しかも先に投降は認めないと言っやってるだろ?全く朝鮮人てな契約に関して激しくケンチャナヨだな。

>>146 チョンや穢多と区別するのは当然の話で、区別されたくなければ区別されずに済む行いを行え、
まあ喪舞裸朝鮮人てなあ言っても判らないから面白い。

>>147 ああそう?漏れは喪舞みたいな穢多が何故何百年も経てもさんなに馬鹿なのか理解出来ん、
単純に資質の問題だな。

149 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 10:55:19 ID:djgyztOG
オマイの自己紹介は秋田犬

150 :<ヽ`⊥´>:2006/12/31(日) 11:16:11 ID:zJN5peOV
精神障害と知能指数は関係ありません。

自閉症の子は潜在的には正常な知能あるいは優秀な知能を持っており、決して知恵遅れではないが、
その知能がうまく引き出されていないというわけです。自閉症の原因は、親の性格や子育ての仕方に
あると言われていました。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/ask/ask-koen/koen-6.html

151 :ふざけていない奴:2006/12/31(日) 12:01:08 ID:FS24Fy7f
自称「子持ちの30代」のおっちゃんは、本当はもっと年齢が高いのではないでしょうか。
平日の昼間深夜関係なしにバカの書き込みをしているし、
大晦日でも奥さんや子供の世話、腐の両親兄弟と付き合いすらなさそう。

オナニーのおっちゃんの知識不足なのは、義務教育時代に勉強いていなかったのも解りますけどね。


152 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 12:06:45 ID:KbVsSNre
>>149
彼って、常に自己紹介をせずにはいられないんだよ。
もう、相手のレスの内容なんて関係ないらしいね。

>>150
彼の自己紹介の繰り返しから分析すると、高機能自閉症と診断できますね。
それにしても、彼がIQ130以上なら、彼以外−むろん電波を除く−のIQは
250以上ないと釣り合わないことぐらい自明なんですけどね。
一体、どこの国でIQテストを受けたんだろうね?ぷ

153 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 12:06:54 ID:l70QuLeb
>>150-151 漏れ様がうんこや買い物の合間に書いてやってるのに藻舞裸は暇そうで良いな。

154 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 12:09:00 ID:l70QuLeb
>>150 ついでに寛容な親の教育と漏れの資質で自閉しなかったんで悪しからずw

155 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 12:19:17 ID:KbVsSNre
>>151
>自称「子持ちの30代」のおっちゃんは
なんか普通だね。それにしちゃあ

>漏れの此処に存在する理由は喪舞裸が別の物で有ると言う指標を示す為の物だ
もはや人ですらなく『物』と自己紹介したり(ぷ
ふと他の人が別の者(ふは物)なんて事は、ふ以外誰でも知っているのにね。
それでも、ふは他者とは特別な別の物と自己紹介をしつこく繰り返すのはなんなんだろう?
無論、彼がバカなのは自明ですが…高機能自閉症かあ、なるほどね。

156 :<ヽ`⊥´>:2006/12/31(日) 12:38:28 ID:zJN5peOV
>寛容な親の教育と漏れの資質で
そのために歪んだ人格や稚拙な日本語が生成されたのですね。
納得しました。


157 :<ヽ`⊥´>:2006/12/31(日) 12:52:42 ID:zJN5peOV
>合間に書いてやってるのに
別に誰も書いて欲しいと求めてはいませんよ。
ふざけた青木さんの稚拙な文章や破綻している理屈を検証して楽しんでるだけです。


158 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 13:04:42 ID:l70QuLeb
>>155 別の「物」と言うのは藻舞裸穢れ多きチョウセンヒトモドキの事のみを指して居る訳で
こちら側が「物」だなんて何処かに書いたか?人様と人様のコテにさえ依存する
独立出来ない寄生虫のチョウセンヒトモドキとの対比なので有って物と物との対比だなんて
書いてねえ訳だから完全に藻舞の幸せニダリンに因る幸せ妄想だ(笑)。

コテから他人に依存してしまう体質は瓜二つだが、藻舞はふざけていない奴以上に
低機能な様だなw恨むならこんな国に渡って来た藻舞の祖先でも恨めや糞嘗め。

159 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 13:32:44 ID:KbVsSNre
>漏れの此処に存在する理由は喪舞裸が別の物で有ると言う指標を示す為の物だ
この日本語モドキには『物』しか現れない。

いいじゃないか、ふが物だって ぷ
みんな知ってんだからさ。

160 :れ電波を読む:2006/12/31(日) 13:36:05 ID:KbVsSNre
そうしてふは
「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性について」
という命題に基づく議論から逃げ出しました。
あとは、自己肯定のために、相手をチョンと思わなければいられない衝動を
抑えきれず、意味不明の日本語を書き続けることでしょう。ぷ

ま、ふのような物にも正月はやってくる。
ガンガレよ。

161 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 14:20:04 ID:KTjuTlnF
>>159-160 楽しそうに妄想してるな、まあ喪舞裸が何時まで経っても糞嘗め
なのは其の妄想が原因なんだけど、そろそろ喪舞みたいにふざけていない奴も
歯が臭いとかウンコがはみ出してるとか喪舞みたいに妄想を始める頃なんだけどな。

ちょっち日向ぼっこでもして来いや。

162 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 14:54:35 ID:???
ふざけた奴にもう一度聞いてやる

>>84
>まあ「天皇制と民主主義が共存する社会の危険性」としては民意が
>直ぐに反映されにくい、レスポンスの悪い行政に成り兼ねない

あー、天皇制にそこまでの効果はない。
間接民主制や二大政党制は、人々の欲望が政治的決定にダイレクトに反応しないようにする工夫として存在するが
天皇制は主権者である国民の権力を示す国民の機関として存在すし
内閣総理大臣や最高裁判所長官を任命や憲法改正、法律、政令及び条約の公布を行うだけ。

逆に民主・資本主義の自由と平等という理念が損なわれると
経済的な動向にダイレクトに反映され不景気になる。
これは経済学の基本中の基本だぞ。
当然、アダム・スミス位は知ってるよな。

つまり政治家や高級官僚はある程度の不正行為を行っても
自らの収入の為に必要以上に民主主義の理念を侵すことはないし
駄目な国民の駄目な民意は国政に反映されないという事。
駄目な日本といってもたかが知れている。
無理に民度を上げようとすれば負け組は現実から目を反らして
格差が広がるだけだがその辺をうまくやっているのは北欧三国位だぞ。

つまり
> 「安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る一極集中型の政権」
なんてものはよっぽどの事が無いと発生しない訳。
解ったかな?

163 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 15:34:33 ID:l70QuLeb
>>162 では「強制はイクナイ」と仰られる方の助言には感謝せず、日の丸や君が代反対だの
言う穢多教師や穢多の欠勤市職員の免職や首相に因る靖国参拝も民主的政治の範疇なので
当然不問て事でokなのだな?つまりは現状の推移で問題有りませんて事な訳だ?
いやあ年末に成って同意が得られて今年は良い年だった。

万歳\(^_^)/万歳\(^_^)/万歳\(^_^)/

164 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 16:12:54 ID:???
>>163
安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性とは関係ない

165 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 16:15:52 ID:???
つうか>>163は、いったい何が言いたいのだ?

166 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 16:29:56 ID:???
>>163

>>162
>つまり政治家や高級官僚はある程度の不正行為を行っても
>自らの収入の為に必要以上に民主主義の理念を侵すことはないし
>駄目な国民の駄目な民意は国政に反映されないという事。

167 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 17:33:15 ID:???
負ざけた奴は基地害
議論や意味ある反論を彼に求めるのは間違いです
ある程度、彼とやり取りすると同じことしか言わないので飽きます

168 :<ヽ`⊥´>:2006/12/31(日) 17:35:20 ID:6izM1F+u
今年もふざけた青木さんは頭の変なおじさんのまま
年を越すのですね。少し哀れみを憶えます。


169 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 18:34:15 ID:KTjuTlnF
>>166
>駄目な国民の駄目な民意は国政に反映されないという事。
そ言う事だ。
日の丸や君が代反対だの言う穢多教師や穢多の欠勤市職員の免職や
首相に因る靖国参拝も民主的政治の範疇なので全く駄目な民意は反映
されないと言う事だ、いやあ年の瀬に来て良い流れに成たな。

170 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 19:32:23 ID:???
腐は自分のバカさ加減に恥ずかしくならないのか?


171 :ふざけていない奴:2006/12/31(日) 19:49:21 ID:FS24Fy7f
腐は知能指数が低く、無知なおっちゃんなので、人に聞かせる文章が書けないのでしょう。
日本語の文法が変。
たったの3、4行の文章でも理解不能。


172 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 19:55:20 ID:???
ふはすぐ自分の殻の中に逃げ込むからなw
ある意味幸せいっぱいなんだろうwww

173 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 21:28:57 ID:???
>>163
万セー、万セーうるせーチョソだなw

174 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 22:16:18 ID:l70QuLeb
>>171 IQが130以上しか無い漏れ様には、戦国時代以降神道に成っただとか言う藻舞の思考回路がさっぱり理解成らん。

175 :右や左の名無し様:2006/12/31(日) 22:25:45 ID:FS24Fy7f
>>174
クックックックックックッ、クックックックックックッ、クックックックックックッ、

「IQが130以上しか無い漏れ様」って、どういう日本語の文法なんだよwwwWWW. このボケ。
比較級文法がメチャクチャじゃねーか。
オナニーのおっちゃんの小学校時代の国語は何を学んだんだよーー!!!


176 :ふざけていない奴:2006/12/31(日) 22:28:15 ID:FS24Fy7f
まあ、大晦日まで笑わせてくれる腐。


177 :ウエりんトンを破ったジャクソン将軍:2006/12/31(日) 22:52:51 ID:???
ばかざかなのんでよいますくれのせき


178 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 00:45:57 ID:UZ72tJne
今年こそ皇族全部死ねよ。ゴミなんだからよ。

179 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 01:42:33 ID:???
>>84
>国政と言う場面に於いては熟慮が
>必要な訳で日本が「安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る
>一極集中型の政権」の場合、国内や近隣に永続性が無く質の悪い何をやらせても駄目で愚劣な民族が居て
>何ぼかは国際的に認められつつ有る朝鮮人の愚劣さだが理解の早い日本人が最悪の場合は彼等の挑発に乗り
>世界に先駆け徹底的に排除してしまう可能性が有る等の問題が残る訳だよ。

つーかさ、ふって結構長くこの板にいるよな?
この程度の知識で今まで通してきた訳?
誰にも論破されなかったの?

180 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 02:24:02 ID:???
>>179
腐はれ電波と同じで話が通じないから、誰がどう指摘しようと駄目
腐はチョン、れ電波はDQNのレッテルを反論した奴に貼り付けて議論から逃亡を図るだけ

181 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 09:23:57 ID:BGeItZur
>>175 藻舞みたいな糞と違うからもっとないと納得が如何。

>>180 祖国を逃げ出し他国に住み着きコテさえ他人に依存する自主性の無さを晒し対等な事を自ら捨てて来た
藻舞裸チョン共と何を議論しろと言うんだ?(笑)冗談は生き方だけにしとけ。

182 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 09:38:05 ID:???
↑なあ、ほんとにその程度の知識でこのスレに乗り込んできたの?

>>130 アダムスミスは中学で習ったろ?特民学では違うのか?

やっぱり中卒程度の知識なのかな?
国富論の内容くらい解ってるでしょ?

183 :ふざけていない奴:2007/01/01(月) 13:27:12 ID:pSKp4Bf+
腐のおっちゃんの174や181の日本語文法のメチャクチャぶりを見れば、
自然と、どういう外国人か想像がつく罠。


184 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 16:29:41 ID:???
れたんは逃げたの?

185 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/01(月) 17:12:30 ID:BGeItZur
>>181にコテを入れ忘れた・・・

>>183 戦国時代以降神道に成っただとか言う藻舞と一緒にすんな(笑)神道は宗教
ではなく風習だっからw

参道の真ん中を歩くチンドン屋と同じだよ藻舞(笑)。

186 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 18:41:02 ID:???
>>185
お前同じことしか言わないなw
お前が言う戦国時代以降神道に成ったとは誰が言ったんだ?
ばかの妄想の出来事か?
かってにお前がわめいているだけだろ

187 :右や左の名無し様:2007/01/01(月) 21:41:01 ID:???
元旦早々から頭の悪さを嗤われてる腐
今年も気狂い腐の馬鹿に期待あげ

188 :ふざけていない奴:2007/01/01(月) 22:45:57 ID:pSKp4Bf+
腐のおっちゃん。都合が悪くなったか逃げたなw


189 :てん ◆WkIINgKQD6 :2007/01/02(火) 11:49:00 ID:???
>>5
>ひとつの民族として尊重したいから、彼ら民族の起源・由来を彼らは何処に求めているのか
>教えて欲しいのである。

 おかしなことを言う。その直前に

>つうか俺は「半島の民族」も、(好き嫌いは別として)ひとつの民族であり、其の存在は
>尊重すべきだと思っている

 誰よりもまず言い出しっぺのれ氏が尊重すべき根拠を示すべきであろう。

 普通の人なら根拠があるから尊重するのだが、れ氏の場合尊重したいから根拠を求めるらしい。

>いろんな人に聞くのだが「半島の人々の民族の起源・由来」は何処・何によっているのか
>説明できる人がいないようだ・・・。明らかに朝鮮民族と呼ぶに妥当な人々がいるにもかかわらず
>なぜ、「彼らの起源や由来が明確でないのだろうか・・・。
>其のことを彼らはどう思っているのだろう。

 れ氏もそのうちの一人ではないのか?
 根拠を示してほしい。


190 :てん ◆WkIINgKQD6 :2007/01/02(火) 11:50:38 ID:???
>>6
>半島の人々が民族という枠組みを持っており、ひとつの
>国を作るに値するほどにに日本人と異なった価値観を有し、歴史や伝統を有し、ユニークだからだとも
>思っている。

 半島の人の起源や由来を「知りたいのだが、教えてくれないか?」と言っている人の発言とは思えない。
 根拠をしめしてほしい。
 これでは

>俺は日韓併合は失敗だったといっている。

 も単なる結果論である。
 知りたいのだが、教えてくれないか?


 私は日韓併合は失敗だったとは思っていない。よくないことだったと思ってもいない。併合とはそういったものであり、日本は敗戦国になったから失敗した(分離した)ことになっているに過ぎない。

 いつかは日韓は同じ統治システムが可能である・・・勿論である。
 であるから、
 ポ宣言において示されている
「より民主的な日本」が完成すれば、半島を別の国にする理由はない・・・そのためには天皇制なんか要らないのである。半島も「より民主的な半島」に成ることが前提だが。

 「日本はユニークである(他国と同じぐらいに)」と否定するほど現代日本は「日本独自のシステム」も必要であるとは思えない。
 「人類共通のシステム」を基調にして起草され制定されたのが日本国憲法。故にアイデンティティやら愛国心、歴史や伝統が軽視されてしまった。
 これらは教えずとも当然残るものであるとされてきた。ところが、半世紀が過ぎこれらが残っているとは言えない状況にある。
 これは「国を愛する心」で揺れる現代日本をみれば分かる。天皇制も存在意義が薄い(あってもいいが、なくてもよい)。

 戦後、米国の庇護のもとそういったユニーク性を限りなく蔑ろにしたツケである。安倍はそういったユニーク性を取り戻そうと必死だが、果たしてうまく行くのか?

 別に日本が今後元のユニーク性を取り戻しても構わないし、現状のままユニーク性をどんどん失くしていくのも選択肢としてあると思う。
 ただ、れ氏みたいに現状は「日本はユニークである(他国と同じぐらいに)」とは言い切れない。逆説的にユニークであるとは言えるかもしれないが。

191 :右や左の名無し様:2007/01/02(火) 23:57:52 ID:???
ほんと長文ばっかりだなw
スレタイみて、なんか説得力のあることかいてあるかとおもったが・・・

192 :右や左の名無し様:2007/01/03(水) 12:31:53 ID:???
腐とれの電波ユニットに根拠を求めても無理でせう。

193 :右や左の名無し様:2007/01/03(水) 18:53:38 ID:rHHbwAaO
確かに>>5を読むと、れはチョンをどのように捉えてるのか分からなくなるな

194 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/03(水) 20:58:41 ID:C7jfVheG
>>186 戦国時代以降神道に成ったとは「ふざけていない奴」本人が語ったんだよ。

195 :右や左の名無し様:2007/01/04(木) 03:39:58 ID:???
>>194
どこで?
それほどはっきり言うのだから、その箇所教えてくれよ?
お前の信用性を上げるためにもな

196 :右や左の名無し様:2007/01/04(木) 12:54:31 ID:???
北朝鮮のことを民主制の国と語っていた「腐」なら知ってるよw

197 :右や左の名無し様:2007/01/04(木) 19:17:43 ID:Rae+8tjp
>>196
ふは自分のことは棚にあげてまた人を無根拠に非難しているのか。

ふは義務少しもを果たさず権利だけを叫んでるアナーキーよりもカスだな

198 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 00:21:59 ID:???
腐晒しage!

199 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/05(金) 00:35:22 ID:MQqkD6D8
>>195 過去ログが落ちてて見れん、復活したら探して置いてやる、其れに反論もログが落ちる迄全く
してこなかった、ふざけていない奴の対応を見て理解出来ぬ喪舞如きの支持なぞいらん。

>>196 糞嘗め乞食共が自分達で国を起こすとあんな物だって事だよ、何処が喪舞裸らしくないって言うんだ?
とても朝鮮人に依る朝鮮人の為の朝鮮人らしい素晴らしい国じゃないかw

>>197 君に理解力てのが足りないつか欠乏してるだけなんだが、sageられなければ毎回説明はしてるよ。

>>198 サンキュ♪

200 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 11:10:04 ID:???
>>199
前スレ413(12/9)のレスから623(12/24)のレスの間まで「神道」という言葉は出てこない。

その後、「神道」と書き込んだのはこいつだけ。

712 名前:ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY 投稿日:2006/12/25(月) 15:44:47 ID:79s4Zmkx
神道は習慣で仏教は哲学でしかないのだが、習慣や哲学で腹の膨れないニダと朝鮮人の言う事て電波と言うか、
乞食の物乞いにしか聴こえて来ない。


つーか、前スレには『ふざけていない奴』は登場していない。

201 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 11:15:04 ID:???
前スレでは『ふざけていない奴』が登場していないという事は
このスレで『戦国時代以降神道に成った』という発言があったという事になる。
しかしこのスレで『神道』という言葉が出てきたのは>>174が一番最初wwwwwww

174 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2006/12/31(日) 22:16:18 ID:l70QuLeb
>>171 IQが130以上しか無い漏れ様には、戦国時代以降神道に成っただとか言う藻舞の思考回路がさっぱり理解成らん。


スゲーデムパだ(w

202 :◆r0FmiN9ADk :2007/01/05(金) 12:07:43 ID:WPNC/55E
半島の民族のことで何か言っている香具師がいるが
おれがどう判断しているか・・・と、彼らがどう「由来・起源」を認識しているかは別問題というか、次元が違うことさえわからない程度の香具師しかいないのか?

俺が現在の半島の人々を民族であると認識する時代的事象や現状というものはある。
それとは別に半島の人々にとってのそれはあるだろう。
俺が知りたいのは、半島の人々にとって自らを民族と呼ぶにあたって根拠・由来・起源をどう捉えているかということなんだが・・・。

まぁ回答は望めないだろうけど・・・。

203 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 12:22:40 ID:rk1NlB/p
>>202
簡単だろ

ともに中国や日本に支配されたり奪われたりして来た・・という
共通の被害者意識を持ち合わせてること
それが半島の人々が自らを民族と呼ぶ根拠よ

ほかには無い

204 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/05(金) 12:46:36 ID:15+e0HqA
>>200 前スレとかじゃなくて10月前頃の他スレだよ、て言うか戦時中の話しとかに疎いみたいだから
在日か?在日も穢多も罪の擦り付けあいでしかないからな。

まあ藻舞裸も在日風な事して散々反日して来たんだから藻舞裸はお互い様だろ?

205 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 13:20:29 ID:???
>>84
>国政と言う場面に於いては熟慮が
>必要な訳で日本が「安定の難しい永続性の無い一時の社会風潮で無責任な政権の発生してしまう危険性の有る
>一極集中型の政権」の場合、国内や近隣に永続性が無く質の悪い何をやらせても駄目で愚劣な民族が居て
>何ぼかは国際的に認められつつ有る朝鮮人の愚劣さだが理解の早い日本人が最悪の場合は彼等の挑発に乗り
>世界に先駆け徹底的に排除してしまう可能性が有る等の問題が残る訳だよ。

つーかさ、ふって結構長くこの板にいるよな?
この程度の知識で今まで通してきた訳?
誰にも論破されなかったの?

206 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/05(金) 13:37:26 ID:15+e0HqA
>>205 だからさあ、穢多の藻舞の恨み辛みの話しや知識なんざどうでも良いし知ったこっちゃねえよ、
他で書いてやったろ?藻舞の下らない内容の無い駄文で一々乞うなよ穢多野郎。

207 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 14:41:17 ID:???
>>84はふざけた奴の駄文だがどうかしたか?
自分の駄文がいつまでも晒されるのが辛いのかな?

208 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/05(金) 16:13:06 ID:15+e0HqA
>>207 はあ?そんなんが藻舞裸穢多に対し「穢多」て使う事の対価に成るとでも思ってる訳か?
流石在日にも負けじ劣らずな幸せニダリン妄想だな、藻舞じゃねえから上げ上げで
okだよ穢多郎君w

209 :右や左の名無し様:2007/01/05(金) 17:07:30 ID:???
対かなんて思っていない。
明らかに>>84の『無知=ふざけた奴』の方が下。

210 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/05(金) 19:23:33 ID:15+e0HqA
>>209 上とか下とか又随分と頭悪く来たな、流石は平等ってのが端から理解出来てない
平等障害民族朝鮮乞食の末裔の穢多丸君だ。

211 :x:2007/01/05(金) 21:57:42 ID:LBqjI2a6
天皇とはくそジャップスの象徴であるとジャップス憲法に書いてあるぞ

212 :てん ◆WkIINgKQD6 :2007/01/06(土) 21:37:46 ID:???
>>202
>おれがどう判断しているか・・・と、彼らがどう「由来・起源」を認識しているかは別問題というか、次元が違うことさえわからない程度の香具師しかいないのか?

 次元が違うから聞いている。別問題だから聞いている。あなたの判断基準が、一般に彼らが認識している「由来・起源」と同一であったらわざわざ聞かない。
 あなたの視点がユニークだから聞いている。

>俺が現在の半島の人々を民族であると認識する時代的事象や現状というものはある。

 もしかしてその程度の認識で

>>つうか俺は「半島の民族」も、(好き嫌いは別として)ひとつの民族であり、其の存在は尊重すべきだと思っている(>>5

>>明らかに朝鮮民族と呼ぶに妥当な人々がいるにもかかわらず(>>5

 こう断言していたのか。はてや

>>俺は日韓併合は失敗だったといっている。それは半島の人々が民族という枠組みを持っており、ひとつの国を作るに値するほどにに日本人と異なった価値観を有し、
歴史や伝統を有し、ユニークだからだもも思っている。(大陸とも、どうも異なるようだ)(>>6

 「由来・起源」を明確には理解していないのに、よくもまぁ、「民族」と呼べたものだ。

213 :てん ◆WkIINgKQD6 :2007/01/06(土) 21:38:50 ID:???
>それとは別に半島の人々にとってのそれはあるだろう。
>俺が知りたいのは、半島の人々にとって自らを民族と呼ぶにあたって根拠・由来・起源をどう捉えているかということなんだが・・・。

>まぁ回答は望めないだろうけど・・・。

 その高慢な物言いはれ氏のギミックか。
 多くは檀君朝鮮を根拠にしている。これは伝説であり文献的根拠はなく、実在は疑われているが。
 実際には半島を統一した新羅が現在の半島の人々のルーツとするのが一般的。日本と違って大陸国だから、明確に根拠を提示するのは難しい面もある。高句麗は中国との歴史的な帰属問題にある。
 いずれにしても四方を海に囲まれた島国と大陸国を同一の感覚で見るのは危険だね。
 日本だってアイヌ民族や琉球民族がいるわけだし。


 私はあなたの主張に徹底的に反論したんだが、レスがしにくかったかい?
 例えば、日韓併合に関して民族的に異なるから失敗だったというあなたの主張に対して私のそれは結果論であるということへの返事くらいできない?
 何だか偉そうで一家言ありそうな態度だったのに、単なる見かけ倒しか。そりゃ次元が違うわなw

214 :右や左の名無し様:2007/01/10(水) 11:30:00 ID:???
電波サルベージュage!

215 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/10(水) 15:10:51 ID:Cj6AwLQu
>>213 ちっと良い?
>日韓併合に関して民族的に異なるから失敗〜結果論 ?

明治以前は穢多として区別して来た訳だし常識で考えりゃどんなに教育したって
同化が不能なのは理解出来るんじゃないか?

全く併合してやろうなんつったのは何処の馬鹿だ。

216 :右や左の名無し様:2007/01/10(水) 16:06:34 ID:fVvfIYRm
>>84
民意が直ぐに反映されにくいとか、レスポンスの悪い行政に成りかねないっていうのと、天皇制は無関係だと思うけど。むしろそれは他の国でもよくある問題なんじゃない?

217 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/10(水) 16:20:59 ID:Cj6AwLQu
>>216 行政はレスポンスが悪くて良いんだよ、感情で行うべき物ではない。

218 :右や左の名無し様:2007/01/10(水) 21:14:17 ID:fVvfIYRm
>>217
いゃ、そこじゃなくて、天皇制とは無関係って事が言いたいんだけど・・・どう思う?

219 :らびっと:2007/01/10(水) 23:07:52 ID:FVH/SVDM
天皇制といっても色々ある。

ここで「天皇制」と言ってる人は、どれが理想?

1.古代のような神権政治(悪くするとイスラム原理主義?)

2.平安時代などの貴族制度(優雅だが、身分制度と巨大な官僚制度)

3.武家社会の中での権威(西欧の教皇のような役割分担)

4.明治のような近代絶対君主的な存在

5.戦後のような「良きファミリー」的な存在

220 :てん ◆WkIINgKQD6 :2007/01/11(木) 01:02:51 ID:???
>>215
>同化が不能

 だから、それが失敗なのか?
 差別は別に朝鮮人だけじゃなしにアイヌ人や琉球人だってあったでしょうよ。
 差別があるから同化が不能=併合に失敗なんてこりゃまた人道的な意見だね。

>全く併合してやろうなんつったのは何処の馬鹿だ。

 もっともドライに見てみたら?
 差別があっても併合するメリットが大きければ併合される。民族や差別なんて国の枠組みとは全然スケールが違うと思うがw

 不能なのはふ氏だったりして・・・

221 :右や左の名無し様:2007/01/12(金) 00:56:56 ID:T1E1zi8M
れ そろそろ戻ってこい。ウジ虫は消えたぞ

222 :右や左の名無し様:2007/01/12(金) 03:38:31 ID:gH8FVxiX
http://www.youtube.com/watch?v=qK58Zka0tEM

223 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/12(金) 08:45:01 ID:ZWepBG9z
>>220 同化するメリットがないし、無理に同化しなければ成らん物でもないだろ?
自活出来ずに物乞いすんのは同化ではなく隷属化とか言うべきだろ?
そいで侵略だとか言われちゃ心外だ。

見せ物小屋てのは珍しいから人も見に行く訳だし。

224 :<ヽ`⊥´> :2007/01/12(金) 09:34:57 ID:0Kiw6fxp
地政学的なメリットがあると判断したから、当時の日本は朝鮮を併合したのです。


225 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/12(金) 11:38:41 ID:ZWepBG9z
>>224 そりゃ藻舞裸朝鮮人の地政学だろ、国境線を増やす事に地政学上のメリットなんかないぞ穢多野郎、
朝鮮人なんか教育しても無駄だ、もう騙されないからな。

226 :<ヽ`⊥´> :2007/01/12(金) 12:06:11 ID:3ZzrY+jh
その運営の賛否は別として、戦前の日本は明確な目的を持って植民地政策をしました。
朝鮮半島は日本の防衛ラインとして、満州国は満鉄利権の確保と維持のため、また
国内の貧農層への不満の捌け口として。東南アジア一帯は資源確保を目的としました。
また、占領地統治の施策としては無用な対立をなるべく起こさない様に最新の注意を
喚起しています。満州の傀儡政権は言うに及ばず、親日勢力の養成や場合によっては
独立運動を支援してもいます。


227 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/12(金) 12:27:56 ID:PMO+fz/W
>>226 をいをい鉄道利権て満鉄は日本が実質設立運営してた訳でチャンコロ
が近代化に寄与した訳じゃねえんだぞとうとうサヨク剥き出しだな
気違い親子の在日朝鮮人の振りしたりする丁賤穢多のチンチン大好き新風自炎工作員の
ホモ三島大好き2.26マンセー右翼の新聞配達員のレイシズムを受ける側の外食の妬ましい
乞食大日本報靖會◆lZCvso1D7U(笑)。

228 :右や左の名無し様:2007/01/12(金) 15:13:56 ID:SFlEiZkc
9条は日本人の心の故郷です。変えさせません。

故郷を変える人は居ないでしょう。

http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50

229 :右や左の名無し様:2007/01/13(土) 08:59:29 ID:dODZ82Tr
>>228
変えさせません ←て、国民を縛ってど〜するw

      「共産かっw !! 」



230 :右や左の名無し様:2007/01/13(土) 16:45:50 ID:???
天皇がいないと幕府を開けないじゃないか!

231 :右や左の名無し様:2007/01/13(土) 21:58:56 ID:bxUstzH0
>>223
 日本語読めない?

>同化するメリットがない

 誰も、同化のメリットなんて言っていないぞ。よく嫁。

>自活出来ずに物乞いすんのは同化ではなく隷属化

 だったら隷属化でもいいよ。俺は差別とか同化とか隷属化、そんな低レベルで日韓併合を見ていないんでね。

 侮蔑している時点で、君はまともに相手にしてるお人好しなんだよ。いい加減気付け。

>>227
>をいをい鉄道利権て満鉄は日本が実質設立運営してた訳でチャンコロ
が近代化に寄与した訳じゃねえんだぞ

 満鉄の経営に同化を絡ませる発想が基地外。べつに半島の人が寄与しなくても利権が確保できたのはなぜだ?
 同化が不能であろうと利権確保できたのはなぜだ??

 同化は無関係なんだよw

 きみが「鉄道利権」の存在を認めてるね。それが併合や(半)植民地政策のメリットなんだよ。同化のメリットではない。

 なんか戦後生まれの典型だな。甘ちゃんなんだよ。

232 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/13(土) 23:21:12 ID:mxxtpTco
>>231 喪舞が>>220で同化のメリットを語ったんだろ何を書いてやがんだ喪舞。

233 :右や左の名無し様:2007/01/13(土) 23:25:48 ID:???
同化の話題を言い出したのは「れ」だろ。
「ふ」はバカだからそこまで読めてないだけ。


234 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/13(土) 23:32:32 ID:mxxtpTco
>>233 れたんが言い出したのでも、メリットを語ったのは君。

235 :右や左の名無し様:2007/01/13(土) 23:48:45 ID:834b3zDx
>>232
 「同化のメリット」はどこで語られてる?
 何言ってんの、君。

236 :右や左の名無し様:2007/01/13(土) 23:52:27 ID:834b3zDx
すまないな。
 >>220のどこで、に訂正するよ。

237 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/14(日) 00:02:35 ID:PVZ+Qb8k
>>236 「メリットが大きければ」て君がさもメリットでも有るかの様に
書いた訳だが何か。

238 :右や左の名無し様:2007/01/14(日) 00:11:24 ID:???
220が言ってるのは「併合するメリット」。
ふが「同化するメリット」を言い出した。


239 :右や左の名無し様:2007/01/14(日) 01:10:44 ID:fLnLnovS
>>237
 読解力がないなw

 差別があっても併合するメリットが大きければ併合される。民族や差別なんて国の枠組みとは全然スケールが違うと思うがw(>>220

 「メリットが大きければ」には「併合する」がかかる。つまり、「メリットが大きければ」ではなく、「併合するメリットが大きければ」で一括り。
 で、ここが君のわるいところだが、併合するメリットは同化とは無関係なんだよ。

 きみが(「は」の間違い)「鉄道利権」の存在を認めてるね。それが併合や(半)植民地政策のメリットなんだよ。同化のメリットではない。(>>231

 鉄道利権である「満鉄は日本が実質設立運営してた訳でチャンコロ
が近代化に寄与した訳じゃねえんだぞ」(>>227
 つまり、鉄道利権はチャンコロが同化して近代化に寄与しようとしまいと日本が確保したメリット(=併合、植民地政策のメリット)である。な、同化とは無関係だろw
 だいたい、君の主張は同化が不能なんだから、存在が可能だった鉄道利権についてどう思ってるんだよ。それは同化とは無関係だから存在かのうだったんじゃないのか?

 俺は最初から同化なんて問題にしていない。それを問題にしてる時点で、君は人道的、お人好し、甘ちゃん、、、なんだよ。

240 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/14(日) 15:28:27 ID:PVZ+Qb8k
>>239 同化と言うのと併合は言葉は違っても意味に大差は無いよ、例えば会社間で
併合と言えば同化に近いが子会社化つまり植民地化とは違う訳だ、言葉をグネグネ誤魔化して
何が言いたいのかと思ってたら併合された側の言い分か喪舞w

鉄道利権が植民地化のメリット?そうすんと自動車会社やプリンター会社やセメント会社が
自動車利権とかプリンター利権とかセメント利権だとか言って海外進出すんと植民地化な訳か?
何を糞寝惚けた事を言って、人道的でお人好し甘ちゃんとか言ってやがんだ喪舞、只の糞嘗め乞食の
物乞いじゃねえか、笑かすなっつのボケ。

241 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 00:32:47 ID:3jF6YzML
>>240
>同化と言うのと併合は言葉は違っても意味に大差は無い

 全然違うだろうが。
 君の例えの企業合併についていえば、併合は企業の利益追求という目的のためにくっつくこと。同化は一方がもう一方を淘汰すること。
 同化が目的で併合するのではない。利益が目的で併合する。

>例えば会社間で併合と言えば同化に近いが子会社化つまり植民地化とは違う訳だ、

 さあ、君が具体的に反論する番だよ。
 なぜ併合と言えば同化に近いのか?
 なぜ子会社化つまり植民地化とは違うのか?

>併合された側の言い分

 これも発言した記憶がない。レス番と該当箇所の提示を。

>利権だとか言って海外進出すんと植民地化な訳か?

 そうだよ。名目はどうあれ実質的な「植民地化」。ホントに甘ちゃんだね。

>只の糞嘗め乞食の物乞いじゃねえか

 根拠は?


 いい加減気が付けよ。別に差別や侮蔑を否定しないが、それで全てを判断するなよ。

242 :ぱとりおっと:2007/01/15(月) 00:58:05 ID:???
同化-本来異なるものが同じくなる
併合−いくつかのものを合わせて一つにする

 日本語は朝鮮人に理解し難い^^

243 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 00:58:44 ID:ILKMVA30
>>241 淘汰すんのが目的なら殲滅で良いんだよ、未だ病身舞とかを禁止された事を恨んでいるのか?
あんな愚行は先進国として認める訳には行かないんだよ、冗談がきついな本当に。

そいとも超賤では併合てなあ淘汰なのか?まあ喪舞裸あ嘘を吐くのが民族性だからな。

244 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 01:04:36 ID:ILKMVA30
>>242 何で喪舞裸みたいな穢多で同化は不能て事が証明されてたのに明治政府てアホだったよな、
近代化てので何とか成るて思ったんだろな。

245 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 01:33:58 ID:jpc6dATC
>>243
>淘汰すんのが目的なら殲滅で良いんだよ

 だから、淘汰=同化が目的じゃなかったと言っている。。だから殲滅もしなかった。

>あんな愚行は先進国として認める訳には行かないんだよ

 日韓併合が?
 認めないのは最悪である。だから理由を愚行と行為自体に責任転嫁してしまう。

>併合てなあ淘汰なのか?

 これも言っていない。

>まあ喪舞裸あ嘘を吐くのが民族性だからな。

 レスが返ってくる度に君は嘘を吐いてるが。自分の血を憎むんだなw

246 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 01:37:50 ID:ILKMVA30
>>245 ぶちゃぶちゃうるせえなあ文句有るなら祖国に帰れよ。

247 :ぱとりおっと:2007/01/15(月) 02:16:45 ID:???
>>245の祖国は日本だよ。

248 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 02:20:00 ID:ILKMVA30
>>247 見たんか?又妄想かよ、言ってる事がチョンじゃねえかよ出自丸出しだな喪舞。

249 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 02:24:32 ID:???
>見たんか?又妄想かよ
それは、そっくりそのままふざけた青木さんに返ってくる言葉ですよ。
あなたが決めつける根拠は何もないのです。


250 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 02:29:33 ID:I7pmA3KO
>>249 カキコは見てるが何か?

251 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 02:31:39 ID:???
レスをみてるのは私もぱとりおっとも見ています。
あなたは根拠無く決めつけているだけ。


252 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 11:02:07 ID:/2NHTjR1
>>251 麗しい同胞愛だな、ハウスw

253 :ぱとりおっと:2007/01/15(月) 14:12:01 ID:???
異民族虫^^

254 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 14:17:19 ID:/2NHTjR1
>>253 喪舞みたいな穢多と一緒にされちゃ堪らん。

255 :土佐焔:2007/01/15(月) 14:24:15 ID:???
最近右翼の言説に違和感を感じ左翼陣営の方々、在日コリアの日本に対する批判に我が意を得たり!とよく思う。
なぜだろう?
http://adgjm.net/ura/ua.cgi?ul=http%3A%2F%2Fm-pe.tv%2Fu%2Fm%2Fprofile%2F%3Fuid%3Dfreeasia%26id%3D1%26PHPSESSID%3D56cfb6eaed2bae0f3348a593a8c597e0&ua=ajgmj
僕は右翼だけど他の右翼よりも天皇に対する思い入れはない。
だけど右翼の看板を掲げてる手前しばらくの間国民の天皇ではない君側の奸を肥太らす天皇は斬る!というような発言は不本意ながら自粛する。
しかし天皇を無条件に崇める気にはなれない。
その複雑な気持ちを日記に書いた。
http://adgjm.net/ura/ua.cgi?ul=http%3A%2F%2Fwww5.diary.ne.jp%2Fuser%2F524892%2F&ua=ajgmj
全右翼人士に訴えたい!
『天皇盲従は止めよ!!!』と…

256 :ぱとりおっと:2007/01/15(月) 14:51:53 ID:???
 似非右翼、潰すぞ!

257 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 15:09:03 ID:/2NHTjR1
喪舞が似非じゃねえかよ・・・

258 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 15:12:38 ID:???

喪舞は似非日本人だけどなー

259 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 15:17:21 ID:/2NHTjR1
>>258 チョンの穢多と違って面白い妄想出来ないからな漏れ。

260 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 15:21:12 ID:???
さるがなにをいっているんだよ

261 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 15:24:59 ID:???
>>260
ふざけた青木さん(通名)とおさるさんを一緒にしたらおさるさんに失礼だろ

262 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 15:25:01 ID:/2NHTjR1
>>260 ヒトモドキはしゃべんな。

263 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 15:28:07 ID:/2NHTjR1
>>261 喪舞裸が一緒にしてたんだろ?全く舌の根も乾かぬうちから賤人てな・・・

264 :土佐焔:2007/01/15(月) 19:29:31 ID:???
>>256それは君の自己告白ですか?

日記追加した。
君へのレクイエムだ。
http://adgjm.net/ura/ua.cgi?ul=http%3A%2F%2Fwww5.diary.ne.jp%2Fuser%2F524892%2F&ua=ajgmj

265 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 19:43:31 ID:???
嫌韓厨ではなく嫌ふざけた青木さん(通名)厨ではないでしょうか?

266 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 19:46:20 ID:DkRAnA+x
>>246
 くやしくないの?負け犬がp。君にも人権がある。溝鼠やゴキブリみたいな君にも生きる権利がある。
 人道的な世の中でよかったな。甘ちゃん(劇藁

267 :土佐焔:2007/01/15(月) 19:47:21 ID:???
彼は神社にかこつけて韓国人を迫害しました。

268 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/15(月) 23:16:30 ID:ILKMVA30
>>266 何喪舞もしかして(劇藁君?

なつかすいな。

269 :右や左の名無し様:2007/01/15(月) 23:42:33 ID:cPtQ6Z+W
俺が小学生の時は天皇なんて気にも留めなかったけど
ネットをやりだして色んな情報を吸収していく内に、今じゃなんか恐れ多い
なぜだろう

270 :右や左の名無し様:2007/01/16(火) 22:00:13 ID:nCG6solQ
>>269
小市民だってことよw

人に左右されやすく、権威に弱く、、付和雷同、、、
典型的な日本人なのよ、、、田舎のネw

271 :ふざけた奴 ◆tQzbm.gGxY :2007/01/16(火) 22:04:04 ID:XkRBNTZ2
地球市民の乞食に言われる覚え等

272 :右や左の名無し様:2007/01/16(火) 22:10:27 ID:nCG6solQ
>>271
      「社民かっw !! 」           欧米かっw !! みたく読んでねw

273 :右や左の名無し様:2007/01/17(水) 00:25:04 ID:nZBdbPLb
地球市民の乞食以下のふ

274 :右や左の名無し様:2007/01/17(水) 21:06:03 ID:???
「れ

275 :右や左の名無し様:2007/01/18(木) 19:19:28 ID:7u0JaqvH
>>1
>皇室の存在意義を教えてください

あいよ、、、
皇室の存在意義だが「あると思えばある、思わなければ無い」
わかったら寝ろ

276 :右や左の名無し様:2007/01/21(日) 21:56:57 ID:7kxiujhP
2ちゃん閉鎖。最後のれれれ祭age

277 :ぱとりおっと:2007/01/21(日) 22:14:51 ID:???
 熱湯浴は単なる反共にとどまってはいけません。反共なら層化も統一教会も反共です。
 今ちくま文庫から「文化防衛論」が復刻されています。ほんたい¥780とお買い得です。
 是非一読を薦めます。

278 :右や左の名無し様:2007/01/21(日) 23:11:24 ID:W9AoGf/t
>>271[
ししし
藻舞ブログ書いてんよな
うまい棒だとかなんとかで




279 :右や左の名無し様:2007/01/22(月) 00:12:49 ID:???
ちょっと教えてくれ。2、3ヶ月ぶりにここに来たので状況がさっぱり分からないのだが、

無敵の電波大王「れ」が、ふざけた青木さんによってついに退治されたと言うことでOKなのか?
現在の状況は。

280 :右や左の名無し様:2007/01/22(月) 02:04:13 ID:???
いや、ふざけてない奴とれ電波を読むとリック?に反論できなくなって消えた
















のではなくリストラされて会社のパソコンを使えなくなったらしいよ。

281 :右や左の名無し様:2007/01/22(月) 06:24:09 ID:9M0dsJ+0
れはコテを変えてニュー議に引っ越したらしい。

282 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/01/22(月) 08:21:06 ID:ctYsLl4E
>>280 れ電波を読むとふざけていない奴の類似依存コテは漏れに潰された?嫌だなあ、
何か漏れが容赦ない奴みたいジャマイカ(笑)。

283 :右や左の名無し様:2007/01/22(月) 23:27:34 ID:A1OWpW7k
>>281
...何年駄文を書きまくったのだったけ?

284 :右や左の名無し様:2007/01/23(火) 04:29:51 ID:Kyoe8ImI
第14訂詭弁テンプレ@天皇制廃止
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1168984573/24-31

285 :右や左の名無し様:2007/01/23(火) 10:20:57 ID:oZQgoMKS
part42で死んだのけ?

れの無責任にも程がある。
論駁されて、すたこらさっさと逃亡するとは・・
女々しい意気地なしなのかなぁ。


286 :右や左の名無し様:2007/01/25(木) 21:24:38 ID:???
天皇陛下には
万世一系だから尊いのではない。

尊いゆえに万世一系なのだ。
尊くなければ二千年以上続くわけがないのは当たり前のことだ。
物事の真実は極めて単純な場合が有る。
あれこれ考える必要はない。





287 :\___________________/:2007/01/26(金) 01:34:56 ID:???
                            V
           <うるせえよ前立腺ジジイ_,___
   ____     __         /   __`ヾ),_
  /       ))   〈〈〈〈 ヽ      /〃 (⌒゛`ヾv"ヽミ、
  / /((( ̄ ̄ \   〈⊃  ノ      i / /´ _ニ=-=ニ .i l|
. / /     ▲  ▲  |   |       | 彳  --‐'   _ヾ!/
| |      /  \)ノ   !       | _ !" ,_;:;:;ノ、 く´゚`l
 (6        つ |   /   、   (^ゝ "  ,r_、_.)、 |
J| |    \____) / ,   ,,・_  ヽ_j   /二―-、 リ
   \    \__/ /   , ’,∴ ・ ¨  〉 (_二─-┘{/
    \ШШШШШ     、・∵ ’  /、 ` ー--ィ´
                       /   // |//\
                      /    //   /\ /

288 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 04:24:58 ID:1Eq1pYmK
>>286
ならば、昭和天皇がマッカーサーと肩を並べた時点で廃止するべきだったな。

289 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 04:54:14 ID:???
皇室やヨーロッパの王室がなぜ必要なのか、それは国民に直接権力者を選ばせないため。
議員内閣制の方が大統領制より安全だからだ。特にこの国のようにナショナリズムや国家の
プロパガンダに弱く、それに異論を唱える者に容赦ない罵声を浴びせるような国民に大統領を
選ばせたらすぐに戦争おっぱじめるに決まってるからな。

290 :\___________________/:2007/01/26(金) 08:58:36 ID:???
                            V
           <だから死ねよ前立腺ジジイ__
   ____     __         /   __`ヾ),_
  /       ))   〈〈〈〈 ヽ      /〃 (⌒゛`ヾv"ヽミ、
  / /((( ̄ ̄ \   〈⊃  ノ      i / /´ _ニ=-=ニ .i l|
. / /     ▲  ▲  |   |       | 彳  --‐'   _ヾ!/
| |      /  \)ノ   !       | _ !" ,_;:;:;ノ、 く´゚`l
 (6        つ |   /   、   (^ゝ "  ,r_、_.)、 |
J| |    \____) / ,   ,,・_  ヽ_j   /二―-、 リ
   \    \__/ /   , ’,∴ ・ ¨  〉 (_二─-┘{/
    \ШШШШШ     、・∵ ’  /、 ` ー--ィ´
                       /   // |//\
                      /    //   /\ /

291 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 09:02:13 ID:???
>>289
必要性があって王制が採用されたのではなく、王制が最初にあってそれを抑制する
方法論として立憲君主制が発展したんだよ。君の書き方は君主制の歴史を無視したもの。


292 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 10:05:41 ID:Dw+EZ0Jq
共和制よりも、

立憲が先にきて、君主もいるという
立憲君主制は、法の下の平等と、権威だけ君主に集中できて
権力者たちに権威は及ばない=金正日やフセインのように、個人崇拝体制にはならないという
危険性を回避するうえで、よい体制だと思う。権威と権力の分離体制ともいえないかな?

293 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 19:33:51 ID:???
>292ハゲ同
権威と権力がバランス良く両者を止揚する日本独自の政治体制。

極端な独裁者の出現を抑止するとか聞いたことが有る。
個人的には今の日本の体制に著しい不満は無い。






294 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 21:58:08 ID:KUW36vWL
■第九回「皇室と日本を考える」学習会

東京都 豊島区勤労福祉会館第六会議室
2月3日(土)17時40分〜20時40分くらい(最大延長30分)

◎二月のテーマ「A)日本建国の理念/B)古代日本の正義と悪」

※今回は、学習会の冒頭に、当日その場で参加された皆さんに、
 二つのテーマのうちどちらを聞きたいか選んでいただきます。

A)神話と歴史から考える日本建国の理念

「紀元節」を前に、日本の建国を考える。
神武天皇の実在性は?皇紀2600年は事実なのか?
「天壌無窮」の神勅と建国の理想「八紘一宇」からみた国家観。

B)「大祓」の行からみた古代日本の「正義と悪」

六月と十二月に行なわれる神道の「大祓」の行。
そこから古代思想における正義論・悪魔論・人生論・幸福論を導きだし、
日本人の倫理と生き方を考える。

○参加費:無料 (懇親会参加者は飲食代適宜)

■主催 皇室と日本を考える会(http://nihon.lar.jp/

詳しくは下記のスレをご覧ください。
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1147608766/

295 :右や左の名無し様:2007/01/26(金) 22:00:24 ID:OPIMWJUc
悪あがきのれは何処いった?

296 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 00:21:19 ID:qzh2FWzS
もし日本のような歴史に裏打ちされた権威=皇室関係者とその子孫
が存在する国が、立憲君主制から共和制になったら
制度として共和制だろうが、大統領という直接民主制において
権威と権力の一極集中がおきるのではないだろうか?

共和制のほうが、君主制より、いいなどとは思えない。
フランスやドイツだって、結局は各地の名家が幅を利かせ、しかも表面には見えない

もちろん、君主集中制はチョットいただけないとは思うがw

297 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 01:14:14 ID:QacP67aN
選挙に出たければ出れば良い、この利権社会であるニッポンでなにかができるが、あがいてみせるのも
一つの人生であろう。

298 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 09:08:36 ID:???
>>296
日本は君主制ではないよ。


299 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 09:36:01 ID:bszwzglp
>>298
馬鹿だなおまえw

ニッポンは立憲「君主制」だよ
「君主制」国家の1種なのよ
それがイヤならサッサと象徴天皇制を廃止しろ

300 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 09:45:22 ID:???
>>299
人を馬鹿扱いするなら、先ずは君が最低限の知識を身につけてね。
日本は「象徴天皇制」であって「立憲君主制」ではないから。


301 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 10:42:49 ID:qzh2FWzS
日本は国際的にいって、
立憲君主制であり、君主より法の下の平等を優先させ、主権者の国民が選んだ政治家が立法機関に赴き
司法も日銀も分離し、
 し か も 権威を政治家に集中しないように、 あ え て 君主を憲法=法より
下位に置いているわけである。 ただしまだベストな体制とは思わない。 以下の理由だ

1、アカまみれの地球市民たちが暴れている対処=諜報機関・スパイ防止法など不整備

2、官僚の世代申し送り硬直化には何も手立てがない。

3、いまや、一番の権力機関であるマスコミをチェック、相互に押さえ込む三権分立的なメディア界バージョンの不備

302 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 10:50:46 ID:???
>日本は国際的にいって、
国際的って・・・・w
何、その根拠のない理由は。


303 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 11:22:16 ID:pB1GIWn1
いろんな電波が集まるスレもどうぞw

天皇制廃止 32
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1169371068/l50

304 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 11:26:58 ID:qzh2FWzS
国際的な分類では、日本は立憲君主制
ただし実質は共和制とも 小泉政権からはなおさら、

305 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 13:40:52 ID:HkHnA1ef
>>303

ちょっと覗いてみたが、かなりのデムパがウヨウヨいるね(w

306 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 14:36:23 ID:???
「れ」や「ふ」に比べれば電波度はかなり低いよ。



307 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 16:22:06 ID:???
>>303
電波系はあっちに逝ってもらって、専門家達に帰ってきてもらおう!

308 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 17:14:52 ID:qzh2FWzS
皇室の存在つうか、立憲君主制であると、つまり歴史的な

王室や皇室など、平民とは違う層が存在する国 = 遅れたクニという前提なんでしょ?

その点、共和国なら みんな平等だから素晴らしい。日本も日本共和国になるべきだと?

でも立憲君主制支持者は、安定を望み、共和国化における
実際の権威=その国の歴史における日本でいえば皇室関係者周辺
などに、権威と権力の集中やらが、派閥をもって衝突するよりも
立憲がさきにきて権威を次点に順序つけて、国民主権を担保する現状のほうが
実際には安定して、民が幸せであるという事ではないかな?

309 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 17:42:29 ID:qzh2FWzS
天皇制廃止 32
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1169371068/
13 名無しさん@3周年 New! 2007/01/21(日) 18:30:17 ID:jWQ65l1L
まぁ結論から言えば「天皇は日本国民ではない」がFAだ。

だいたい「天皇制」という特殊な地位に世襲で就いてる事自体、「国民は法の下に平等」に違反してるのは
アホでもわかる事だ。
国民に与えれラてる自由が制限されてる天皇は日本国民とは言えない。

こういう価値観の方がテンノーセー反対なんでしょ?

310 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 18:42:53 ID:???
>>309
こんなデムパもいますよw

457 :(○´ー`○)はカワイイ ◆k5svYop9G. :2007/01/25(木) 21:56:23 ID:tZN4C38X
因みに遠山美津男の説では、継体天皇で王朝交替があったとゆ〜モノね。
この辺の認識はかなり妥当だろ。

510 :278:2007/01/26(金) 00:41:41 ID:0RCR2PEm
>>508
いや、現代の古代史研究では王朝交代の否定は神道の国体思想サイドの学者が唱えているだけ。
常識的に考えて、先進地域の古代中国であれだけ頻繁に王朝交代が起きているのに、
後進地域の日本で、ぬくぬくと「特定の王朝」が続いていましたとさ、なんてあり得る訳がない。
また、東漢氏、秦氏が応神朝で半島から渡来したのも四万戸(約20万人)と日本書紀に記され、
人数については誇張があったとしても、これは明らかに武力制圧に来たのであろう、と見られている。
当時の半島の進んだ武器、兵力を考えれば、後進国の日本の制圧など容易いものだったろう。
それとは別に、天皇の諡号についての研究で、「X神天皇」とおくられた天皇の代には王朝交代が起きた、
とするものがあり、秦氏武力侵攻説はここでも符合する。

また蘇我氏大王家説も、秦氏を配下に置いていたと伝えられ、
蘇我系の聖徳太子が仏教受容に異様に熱心であったこと、
などもそれらを裏付ける。


311 :右や左の名無し様:2007/01/27(土) 18:55:59 ID:qzh2FWzS
>>310 シナが先進だった半島が先進だった。なぜかモンゴルや契丹の話はないがw
んで、日本は進んでないから。。。。。。。。。のはずとか、思い込み主観を言われてもねえw

古代朝鮮は古代日本と関係あるが、古代朝鮮にあった勢力と現在朝鮮人に関係ない
古代日本と現在日本はつながりがある。古代シナ大陸の勢力と現在シナ政府とは関連はない。

これは古代エジプト文明勢力と、現在のエジプトアラブ国民とは関連がないという
単なる土地が共有されているだけという基本がわかってないのだろうね

312 :右や左の名無し様:2007/01/28(日) 15:16:01 ID:2T4iMsUd
>>281
 そのスレとコテは?

313 :右や左の名無し様:2007/01/28(日) 17:35:01 ID:puo4UJVM
れとふは、あっちに引っ越してくれ

314 :右や左の名無し様:2007/01/28(日) 17:50:07 ID:???
「ふ」はハングル板に入り浸ってるよ。あちらでも基地害扱いされているが
ここでオモチャにされてるより、それなりのレスが帰ってくるから夢中のようだ。
時々軍事板や政治板にも行ってるようだが、あまり相手にされてない。


315 :右や左の名無し様:2007/01/28(日) 17:55:55 ID:hYMLSW0D
朝鮮系に限って、喜んで天皇が朝鮮から来たというのな
んで古代朝鮮といういまは古代日本人が住まなくなった(古いアパート)の
現在の住民が、古代の日本は南朝鮮も版図であったというだけの関連性なのに
まるで、現在の朝鮮人と天皇が関係あるような言い草w

考えてみな、おまえらが引越しを続けて、昔住んだ事のある
ボロアパートの住民に、あんたとわたしは関係あると言われてみろ、
そのボロアパート=朝鮮の土地にはユカリもあるが
現在住んでいるボロアパート住民と、現在のあんたがなんの関係があるんだ?
床屋政談でもよくありがちな話、天皇は朝鮮から来た=暗黙的に天皇は朝鮮系=朝鮮人

古代南朝鮮人ならまだわかる。その古代南朝鮮人の支配者階級技術者集団と、現在の朝鮮半島住民とは
関係がないことくらいは、
古代エジプト文明人と、現在エジプトアラブ国民が関係ないことが
理解できる脳みそなら判断できる事であろう。いいかげん、一般化してほしい話である。

316 :右や左の名無し様:2007/01/28(日) 18:53:09 ID:5WiUiEh+
>>313
これ以上電波はいらん。
とくにふの様な障害者が来るのは迷惑千万

317 :右や左の名無し様:2007/01/30(火) 19:32:42 ID:CyOt6+WV
雅子様は未来の天皇陛下をお産みになられる機械であらせられます

318 :右や左の名無し様:2007/01/31(水) 20:14:50 ID:2rBWw+fE
     ,-― ー  、 
   /ヽ     ヾヽ
   /    人( ヽ\、ヽゝ
  .|   ノ ⌒,,  ⌒,,`l  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   /   (o)  (o) | | うちなぁ、全ての女性を代表して、
   /ヽ |   ー   ー | | 天皇制を廃止したいねん。
   | 6`l `    ,   、 | | 改憲するなら1条から8条を削除したいねん。
   ヽ_ヽ   、_(、 _,)_/ | 天皇は伊勢にでも行ってもらって、
    \   ヽJJJJJJ < 皇居はセントラルパークにして、
     )\_  `―'/    | アジア平和記念館を建てたらいいねん。
    /\   ̄| ̄_    \________________
   ( ヽ  \ー'\ヽ

憲法調査会の議論について
辻元 清美(衆議院議員、衆議院憲法調査会委員)
本当は1条から8条はなくしたい
ttp://homepage2.nifty.com/goken-osaka/1027zdoi.htm

【韓国】日本の過去史清算を求め「アジア平和議員連帯会議」が開幕。日本からも辻元清美議員らが参加
 http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129960510/
【政治】 "慰安婦に、日本の謝罪と金銭を" 民主・共産・社民、法案提出へ
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142783196/
【靖国参拝】民主「違憲判決出たのに」「日本、軍国主義に」、共産「驕りがある」、社民「アジア無視」
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1129554601/
【元日本赤軍】辻元容疑者、元日本赤軍関係者に現金 秘書給与プール口座から
 http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1060149626/
【社民】辻元前衆院議員を逮捕 秘書給与詐取の疑い 土井党首の元秘書も
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1058618232/
【政治】 辻元清美の秘書は北朝鮮のスパイ?
 http://news.2ch.net/newsplus/kako/1016/10165/1016566399.html
【北朝鮮拉致問題】 辻元清美 「補償してないのに「返せ」ばかりフェアじゃない」
 http://news.2ch.net/newsplus/kako/1016/10163/1016366526.html

319 :右や左の名無し様:2007/01/31(水) 20:21:45 ID:NlRnAbtA
元気だよな、あのショックは乗り越えたらすい。

320 :右や左の名無し様:2007/01/31(水) 20:34:26 ID:91+slxc0
れの悪い癖は、論破されそうになると突然、
ファビョリ病を発症することだ。
このスレを家族に隠れて毎日ながめては、独り言を
呟いているのだろう。
「それでも天皇の存在意義は途方もなく大きい・・」
と、ガリレオ?気取りでニヤついているに違いない。

321 :右や左の名無し様:2007/02/01(木) 20:06:13 ID:rcYVlV2K
れはショックを乗り越えられなかったか...

322 :右や左の名無し様:2007/02/01(木) 20:33:39 ID:9mvbYGfV
れにはプライドというものが爪の垢ほども無いのだろうか?
今迄あれだけ偉そうに知ったかぶりしてきたものだから、
完敗宣言を出すにも出せないのだろうかね。
誤字脱字が異様に多かったのは、やはりオツムに問題が
あったからだろうw
健常者には間違おうとしても絶対に不可能なミスというものが
あるものだが、れはいとも簡単に脱糞するのである。
またどこかの板で、迷惑をかけまくる姿を想像すると、
心底、人間とは因果な生きものだと思う。


323 :◆r0FmiN9ADk :2007/02/01(木) 22:00:17 ID:???
仕事の環境が大きく変わったんで忙しいんだが、
それはともあれ、
反論すべきそれも見当足らないわけだが・・・。

324 :右や左の名無し様:2007/02/01(木) 22:20:37 ID:rcYVlV2K
おお、生きてたよ!

325 :右や左の名無し様:2007/02/01(木) 22:39:11 ID:???
税金で遊ぶために存在します

【皇室】 「彼氏→三角関係」「年下(男ね。)に飽きてきました」 高円宮承子女王?の赤裸々サイト、週刊文春報じる★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170336063/

326 :右や左の名無し様:2007/02/01(木) 23:32:52 ID:o0bF7eAH
日記まとめzip

232 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2007/02/01(木) 21:53:11 ID:sRz5euSv0
http://www.alfoo.org/diary1/ybluesea/index.php?
↑を全部実父でまとめた。

http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1170334321.zip




【皇室】 「彼氏→四角関係で泥沼」「年下(男ね。)に飽きてきた」 高円宮承子女王?の赤裸々サイト、週刊文春報じる★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170339226/



327 :右や左の名無し様:2007/02/02(金) 04:21:12 ID:???
高円宮家 承子とバカ親まとめ

・「プラダの財布欲しいんだけど」→「買ってもいいわよ。税金だし」
・「携帯料2万なんだけど」→「別にいくらでも構わないわよ。税金だし」
・「クラブの入場料テラタカス」→「別にいくらでも、何度行っても構わないわよ。税金だし」
・「学習院行きたくないから退学してイギリス行きたい」→「行ってもいいわよ。税金だし」
・「18でタバコ吸ってますが?」→「気にしないで。皇族には刑法が及ばないの」
・「制服エッチしたい」→「あなたが生まれたのも、パパとママがエッチしたからなの。大いにやりなさい」
・「留学したけど毎日が休日です」→「授業料は気にしないで。税金だし」
・「エスカーダの香水欲しいんだけど」→「買ってもいいわよ。税金だし」
・「エスカーダの香水欲しいんだけど」→「買ってもいいわよ。税金だし」
・「エスカーダの香水欲しいんだけど」→「買ってもいいわよ。税金だし」
  【愛用の香水】エスカーダのアイランドキス。もう3つ目。
・「国籍によってキスやHの仕方が違うのかどうか検証中。ってかマジで違うから」→「好奇心旺盛なのね。皇族には重要な資質だわ」
・「胸にヤモリの刺青入れたいんだけど」→「入れてもいいわよ。施術料金も税金だし、何より"あなただけ"の体なんだから」
・「弱点はクリトリスなんすけど」→「ママもそうよ。恥ずかしがらずに快感を貪りなさい」

328 :右や左の名無し様:2007/02/03(土) 15:10:29 ID:???
皇室潰せよ

329 :右や左の名無し様:2007/02/10(土) 19:28:05 ID:GS2j90JT
結局電波大王のれは逃げ出したってことでok?

330 :自由将校団:2007/02/10(土) 19:53:14 ID:u/fJs0U3
>>327
ナセル待望論者?

331 :右や左の名無し様:2007/02/17(土) 20:07:43 ID:???
でも、やっぱりこのスレはれがいないとさみしい。

332 :◆H2Lt/2Zw6M :2007/02/18(日) 09:24:11 ID:???
いなくなったわけじゃないけど、ネタもないじゃん。

333 :◆r0FmiN9ADk :2007/02/18(日) 09:25:12 ID:sw4euAsr
トリップ間違えた。

334 :右や左の名無し様:2007/02/18(日) 12:13:43 ID:???
332 名前: れ ◆H2Lt/2Zw6M [sage] 投稿日: 2007/02/18(日) 09:24:11 ID:???
いなくなったわけじゃないけど、ネタもないじゃん。
333 名前: れ ◆r0FmiN9ADk 投稿日: 2007/02/18(日) 09:25:12 ID:sw4euAsr
トリップ間違えた。

335 :◆r0FmiN9ADk :2007/02/18(日) 15:49:53 ID:sw4euAsr
間違えたんだよ。

336 :◆r0FmiN9ADk :2007/02/18(日) 15:51:05 ID:sw4euAsr
両方出しておくから・・・トリップ。ID同じだからわかるでしょ?

337 :右や左の名無し様:2007/02/18(日) 19:29:33 ID:cyYyQbPT
>>332
天皇制廃止 35
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1171372563/l50

こっちの方が盛り上がってて楽しいよ

338 :右や左の名無し様:2007/02/20(火) 20:19:29 ID:???
>>337
ちょっと見てきたが、あっちは結構低次元だよな。
ま、ここも最近は低次元だが。

339 :右や左の名無し様:2007/02/24(土) 11:59:50 ID:dZnYpJ5P
日本は天皇制を廃止して下さい。過去をすべて捨てて未来に向かうことが大事です。
そしてしっかりと謝罪して下さい。いつまで逃げるのですか?

340 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/02/24(土) 12:07:51 ID:OXZkghak
>>339 戯言はどうでも良いから朝鮮人は過去の現実を全て受け止めて首吊って下さい。

何時も哀号て逃げ出して居るのは貴方方朝鮮人なのですが。

341 :右や左の名無し様:2007/02/24(土) 12:57:25 ID:8nKi6sgm
>>339
ソケは近所でもソケと呼ばれている。

342 :右や左の名無し様:2007/02/24(土) 17:57:08 ID:clI3dLc8
>>340
クッ....

やられたわ、負けたよアンタにはな
水戸流罵倒術免許皆伝の実力を見せ付けられては引かざるをえんよ。
まぁいいさ,捲土重来を期して厳しい修行を積むからな
そのときは容赦せんから首を洗って待っとれや!

343 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/02/24(土) 18:03:59 ID:x9cOQTk2
>>342 真実を書いてるだけなのだから何度挑んでも無駄。

344 :あかね:2007/02/24(土) 18:20:08 ID:???
まあ 芹沢さん
かもみたいね
まんこして沖田にやられたのね
ケツのアナ大丈夫?

345 :ふざけていない奴:2007/02/24(土) 19:53:30 ID:UFm7EnKq
今日の猿は威勢がいいのう〜。 角砂糖、一杯食べたかい?

春が近いな(藁


346 :<ヽ`⊥´> :2007/02/24(土) 20:54:44 ID:HnhTApf6
ふざけた青木さんの頭の中は
エブリデイ、満開の春なのです。


347 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/06(火) 01:14:46 ID:L4Mh0Vk8
 天皇および皇族は、職業選択の自由や居住および転居の自由、言論の自由など自己決定権にかかわる多くの人権を制限されており、またプライバシーを侵害されることもある。
 これら非自然人的立場から解放するためにも天皇制そのものを廃止すべきだ。

348 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/06(火) 09:02:05 ID:qy4UveJj
>>347 藻舞が日本国憲法に遵わさせられて人権を奪われてるみたいだから、日本人辞めたら?
つか帰れ。

349 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/06(火) 09:04:03 ID:???
「天皇および皇族は、職業選択の自由や居住および転居の自由、言論の自由など
自己決定権にかかわる多くの人権を制限されており、またプライバシーを侵害される
こともある。 」と思うなら
「これら非自然人的立場から解放するために、人権を尊重する制度に改めるべきだ・・・」
と考えるのが普通だと思うが、なぜ突然 廃止 という結論になってしまうのだろう。

350 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 01:17:20 ID:???
人権を尊重する制度に改変した途端に、現行象徴天皇制度の根幹部分が壊れてしまいかねないから、無理だろ。
例えば、天皇に国民統合の象徴たるに相応しくない行為を行う自由を認めるわけにはいかないだろう。象徴天皇制を維持するかぎり。

351 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/09(金) 09:55:50 ID:???
>>350
>現行象徴天皇制度の根幹部分が壊れてしまいかねない
具体的に・・・。

裁判官や大臣なども一定の制限があることでもわかるように
公務員には人権上の制限が許容される(人権侵害とまではいえない)範囲がある。
その、合理的な理由により許容される人権の制限の範囲を越えた制限を課さないと
皇室制度の根幹が壊れてしまうという事象を具体的にご教示ください。

352 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 11:57:21 ID:???
『教示』なんて大袈裟なもんじゃなくて、普通に考えれば分かるだろ。
例えば天皇が会社勤めをしたいと言っても、それを認めるわけにはいかないよな。
国事行為をするなどの職責を果たしてもらわなければならないのだから。

それと、裁判官などの公務員は自らの意志で就任しているのだから比較にならんよ。

353 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 13:35:53 ID:+aCBjEgl
>>352
だったら自らの意思で即位する制度にすれば?
そうしたからといって、皇室制度の根幹は壊れないと思うが・・・。

354 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 13:59:51 ID:???
いや、血統に重きを置いている制度である以上、事実上そんなの不可能だろう。
男系男子でしかも長子が即位しなければならないことになっているのだから。

355 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/09(金) 14:40:18 ID:???
>>354
ん?即位の際に本人に意思を確認する(=即位しない選択が可能)な制度に改めることが
不可能だとは思えないし、長子相続(男系という意味で言っているんだろうけれども)が壊れても
皇室制度の根幹が壊れるということはないと思うが・・・。

356 :中道:2007/03/09(金) 19:24:47 ID:I2mZdd49
まっ、天皇はいてもいなくても支障はないと思いますが。
イギリスでゆう王子みたいなもの、外交には必要かと思います。

357 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 20:34:08 ID:???
皇室が存在する有難さも理解出来ぬ阿呆が多過ぎるなw
我が国が独立しているという象徴だろうに。阿呆は書き込む
前にもっと本を読んで、人間という存在の辿った道を知るべき。

358 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 20:40:03 ID:???
>>356
右も左も理解出来ない阿呆に「中道w」、真ん中は解かるまいw

359 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 21:45:40 ID:???
トントントンカラリンと隣組
何件有ろうと一所帯
心は一つの屋根の月
助けられたり助けたり


360 :右や左の名無し様:2007/03/09(金) 22:27:26 ID:???
>>355
いや、そんな意思表示をしなければならず、拒否の意思表示をしなければ強制的に天皇に即位させられるというのは、やはりそれでも人権侵害状況にあるというべきだろう。

また、天皇に即位するかどうかの決定権を皇位継承権者に与えるということは、日本国及び国民統合の象徴たる地位に誰が就任するかという極めて重要な政治的決定権を皇位継承権者に与えることになり、
これは民主主義に対する重大な制限であり、また国政に関する権能を有しないとする現行象徴天皇制を大きく逸脱することにもなるので採り得ない。

それと、皇統に属する男系男子の長子が皇位を継承するというのは現行天皇制の根幹部分だろう。
これを放棄してしまっても構わないというなら、天皇制にそこまで拘っている理由は何?

361 :萌える二次元美少女天皇:2007/03/09(金) 23:53:50 ID:+gLoz6bM
「萌える天皇陛下はいないかな・・・・・・」と思いの方々。
今回もやってきましたっ!!
久しぶりに萌える天皇陛下を堪能しましょう!
ではいきますよ!

第一弾
http://gazoubbs.com/2jia/img/1117275772/377.jpg
天使と悪魔が織り成す二人の天皇陛下もいいね☆

第二弾
http://gazoubbs.com/2ji2nd/img/1172690873/63.jpg
こんな天皇陛下だったら、毎日の散歩も楽しいかもね☆

第三弾
http://gazoubbs.com/2ji2nd/img/1173264280/3.jpg
こんな天皇陛下に見つめられちゃうと赤面しちゃうね☆

第四弾
http://gazoubbs.com/2ji2nd/img/1171637306/8.jpg
ちょっぴりHな天皇陛下もいいかもね☆(18歳未満の方は見ちゃだめよ)

ではまた会いましょう〜♪

362 :右や左の名無し様:2007/03/10(土) 09:24:59 ID:Ddlg91DW
>>360
意思表示(拒否ができる)制度を強制的と捉えるのは、日本語としておかしい。
二段目に付いては論外で、意思表示段階では、天皇ではない。皇族は時に政治的意思を
適法に表明できる。(例:皇室会議)
最終段は、どこをどう読めばそうなる?長子・男子でなくとも男系皇族が継承すれば
それは伝統的な皇室制度と乖離せず、根幹は揺らがない。

理屈にもならない人権などを上げ、人権上配慮した制度に改める検討もせずに
【廃止】にこだわる理由こそを知りたいものだ。



363 :右や左の名無し様:2007/03/10(土) 10:11:19 ID:ERPHsk/z


小沢でも安倍でもない!社民党の福島氏を忘れるな!
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1158502590/l50

安倍政権退陣後に総理になるのは福島瑞穂さんだ。
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1158575612/l50

土井たか子さんが総理になれば必ず日本は救われるのである。
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1173011282/l50

民主党と社民党が連立を組んで自民を粉砕せよ!
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1162367220/l50

★辻元清美総理誕生とヒラリー大統領誕生★
http://money5.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1163307933/l50



364 :右や左の名無し様:2007/03/10(土) 22:22:13 ID:???
>>362
だから、そんな意思表示をすることを強いられること自体が人権侵害だといっているのだが。
ましてや未成年者が天皇に即位する場合には、誰がその意思表示をするのかといった更にややこしい問題が発生する。

また皇室会議のメンバーの一人として発言が出来るというのと、民意を全く反映していないたった一人の皇位継承権者の意志で日本国及び国民統合の象徴に誰が就くかを決定できる権限を持つというのでは全く次元が異なる。
それに皇室会議で決定できる事柄というのは皇族の婚姻といった極めて私的な問題が中心だ。
そのような私的な問題ですら、首相などがメンバーの皇室会議での決定が要求されているのに、
「主権の存する日本国民の総意に基く」必要がある日本国の象徴であり日本国民統合の象徴たる地位に誰が就任するかという重大な問題で、皇位継承権者の独断に委ねるというのは明らかに民主主義に対する重大な制限であり現行象徴天皇制を逸脱するものであり採り得ない。

>最終段は、どこをどう読めばそうなる?
皇室典範1条・2条

>男系皇族が継承すれば
つまり第一順位皇位継承権者のほかに男系皇族が他にいない、若しくは他の男系皇族が全員拒否している場合は、拒否権の行使は認められないということだね。やはり人権侵害じゃん。
それとも、その場合にも拒否権の行使を認めるということ。だったら現行象徴天皇制に拘っている理由は何?

365 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/11(日) 09:43:00 ID:???
>>364
公的立場にある人(たとえば裁判官)が、その地位(たとえば最高裁判事)に就任するかどうか
意思表示を求められること自体が、人権侵害・・・・よくわからんが・・・。
裁判員制度などは、まったくの私人が「裁判員になるかどうか」の意思さえ自由に表示できず
特段の理由がない限り裁判員にさせられる制度だと聞いたが、これも人権侵害かいな。
(合理的理由があれば人権侵害とまではいえない。)
未成年は法定代理人がいる。戸籍に関する意思表示は未成年でも求められるし。

>皇室会議で決定できる事柄というのは皇族の婚姻といった極めて私的な問題が中心だ。
違うと思うよ。典範13条・18条は「誰が天皇・摂政になるのか」を決める内容。

>拒否権の行使は認められないということだね。やはり人権侵害じゃん。
空位にすればよいと思うが・・・。男系男子の跡継ぎ(男系男子の養子も可能性はある)が出るまで
摂政が国事行為を行うことも可能。そのようなことが人権に配慮したあなたなら当然に思い浮かび
検討すべきだと思うけど。

俺は養子や意思表示などが好ましいといっているのではなく「人権に配慮した制度は可能」なのに
あなたはぜんぜん検討している「様子が伺えない」うえに「廃止」と短絡思考しているので
その動機をお聞きしている。

366 :右や左の名無し様:2007/03/11(日) 21:34:09 ID:???
何でコテ付けたり名無しになったりしてんの?

>>365
普通の裁判官が最高裁判事になっても人権に対する制限の度合いにほとんど変化がないのだから、天皇に即位するということとは比較できない。
また仮に人権侵害度合いが増すとしても、意思表示をしなければそういう地位に就くことはない、というのと拒否の意思表示をしない限りそういう地位に自動的に就任してしまうというのとでは違う。

裁判員と天皇では人権侵害の程度が全く違う。
労働基準法58条の趣旨を鑑みる限り、天皇という職責に未成年者を就かせるに当たって法定代理人にその意思表示をさせるのは問題があるだろう。

日本国及び国民統合の象徴が一時的にでも空位なのは問題が大きいだろう。
摂政にも人権に関する問題があるのは、天皇と同様。

天皇制が存在する限り人権に関する問題を完全に取り除くのは不可能なんでな。
別に、「天皇制を廃止すべきという結論さえ出ればなんでもいい」といったことではないよ。

367 :右や左の名無し様:2007/03/11(日) 23:02:48 ID:P2smiPaf
■●◆論客募集◆●■

■募集対象■
日本を良くしたい人
日本を愛している人
政治に興味がある人
経済に興味がある人
外交に興味がある人
国際問題に興味がある人
社会問題に興味がある人
地方自治に興味がある人

以上の項目に一つでも当てはまった方は、

こちらへ
↓↓↓↓
■日本討論■
http://jbbs.livedoor.jp/news/3098/



368 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/12(月) 09:55:32 ID:???
>>366
一行目:ごめんね、専ぷら今は使っていないのよ。仕事の環境が変わったから。

二段目:制限があり違うということは事実だけれども、人権上の侵害とまで言えるほどのことではない。
そもそも軍人などは、突撃命令を受けた直後に、職業選択の自由を行使して退職しようとすればw
海外では重罪です。公務員の人権制限は「公務員であること」「自由意志に基づいてその地位についていること」
を理由に、一般より制限があってもただちに「人権侵害」とはならないのです。

>天皇という職責に未成年者を就かせるに当たって法定代理人にその意思表示をさせるのは問題があるだろう。
問題があると思うなら、成人に達したときに退位できることとし、または未成年者しか該当者がいない場合は
その実務を摂政が行うという制度に改めるなどすれば問題は解決する。(空位を許容する選択肢もある)
そういう、容易に解決がつく検討を、あなたはしていないね。

制限を完全に取り除くことが不可能なのは「裁判官を含む公務員」と同じ。(廃止の動機にはならない)
「自由意思によりその地位につく制度」ならば致命的な人権の侵害はないと思っている。



369 :右や左の名無し様:2007/03/13(火) 00:44:16 ID:???
>>368
>専ぷら今は使っていないのよ
理由にならんね。IEでもケータイでもコテは付けられる。

>一般より制限があってもただちに「人権侵害」とはならないのです
いや、合理性のある必要最小限の制限じゃなければダメだよ。いまどき特別権力関係理論なんて採用するような論者はいない。

>成人に達したときに退位できることとし
何言ってんの。w 成人するまで在位させられることだけでも十分問題なんじゃないか。

>空位を許容する選択肢もある
日本国及び国民統合の象徴が存在しないというのは問題が大きいだろう。(2回目)

>自由意思により
あと法制度上は拒否権が保障されていても、例えば自分以外に皇位に就ける男系男子がいないという場合などにおいて、
事実上の様々なプレッシャーによって拒否権の行使ができなくなるということもありうるだろうね。
日本の場合はこれがかなり大きい。

370 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/13(火) 10:24:04 ID:???
>>369
合理性のある必要最小限の制限の範囲だと俺は言っているわけだが・・・。

空位と、象徴が存在しないことはイコールではないと思うが・・・。
>日本国及び国民統合の象徴が存在しないというのは問題が大きいだろう。(2回目)
廃止論者のお言葉とも思えないが・・・。

そういう広義の強制性wというのは、この場合私は考慮しない。



371 :右や左の名無し様:2007/03/13(火) 18:54:47 ID:4om2NiEt
あれれれが復活してんよ。

372 :右や左の名無し様:2007/03/14(水) 01:14:15 ID:XNqf+rpC
>>370
 じゃ、天皇が空位だった場合、象徴はどこに存在するの?


373 :右や左の名無し様:2007/03/14(水) 02:41:51 ID:???
>>370
>廃止論者のお言葉とも思えないが・・・。
だから、「日本国及び国民統合の象徴」は、空位になる危険があったり、人権侵害度合いの大きい制度を維持しなければ存続し得ないようなものではないほうがいいのだろうね。

374 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/14(水) 10:45:49 ID:???
>>373
「人権上」は自由意志の表示で解消するし、空位の危険性があるから廃止という理屈は
成立しない。廃止して何とかなる理屈なら、空位も何とかなる理屈でしょ。

はじめに廃止という結論があって、後付で人権を持ち出している印象は否めないね。





375 :XYZ:2007/03/14(水) 16:33:34 ID:???
空位はない…はずだけど。


376 :右や左の名無し様:2007/03/15(木) 01:51:36 ID:???
>>374
>空位も何とかなる理屈
『皇室の存在意義』を君が否定するとは、いやはや・・・

377 :右や左の名無し様:2007/03/15(木) 09:35:12 ID:???
>空位も何とかなる理屈
は、れたんのいつもの言い逃れでしょう。突っ込まれると訳の分からない事をいいだして
余計に苦しくなる悪循環は復帰しても変わってないんだね。空位を許すと言うことは
天皇の国事行為は意味のないことであると認識しているのと同じ。つまり天皇の存在意義を
否定しているのと同義なんだというところまで思い至らない様だ。
そもそも「世襲の象徴」であることそのものが、憲法学的にも人権規定の唯一の例外である
というのが通説なのに、小手先の空位論なんて言い出すから支離滅裂で収拾がつかなくなる。


378 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/16(金) 14:49:53 ID:???
天皇の国事行為を意味がないものとして廃止を主張している人が、食い意を拒む理由がわからないと
俺はいっている。

俺は空位など認める必然もないと思っているし、国事行為は意味があると何度もいっている。



379 :右や左の名無し様:2007/03/16(金) 20:07:47 ID:NR/ScGEH
>>378
意味があると主張するなら、理由を簡潔に述べよ!

380 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/17(土) 10:11:57 ID:???
>>379
国として、みなの決定をみなの決定として表現する必然。

381 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 10:19:46 ID:???
進歩がないねえ。
れたんの「皆の決定」って大昔に論破されてるのに、
まだ同じ事を言い続けるんだねw


382 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/17(土) 10:40:31 ID:???
馬鹿が理解できないことは達観しているが・・・

しかしいまだに「論破」などといっていて恥ずかしくないのだろうか、しかも他人を頼っているw

383 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 10:55:39 ID:???
達観した人は人を馬鹿呼ばわりしないよ。
れたんが下品な俗物だなんて知っている。


384 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/17(土) 12:05:59 ID:???
○○については(限定)達観している≠私が(全般に)達観している

この程度の日本語さえできない香具師がいることについて、私は達観している。

385 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 12:29:29 ID:???
子供だなw
いい歳したオッサンなのに。


386 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/17(土) 12:35:19 ID:???
自己紹介乙

387 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 12:44:05 ID:???
れたん、かなり劣化したね・・・


388 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/17(土) 13:36:26 ID:???
相手の劣化にあわせることにしたんだ。
まじめにやる気力が出るような相手は、今のところいない。

389 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 13:38:20 ID:???
多分相手もそう思ってるよ。


390 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/17(土) 14:31:46 ID:???
馬鹿にどう思われようと痛痒さえ感じない・・・相手もそう思っていただければ
クダラネーレスがつかなくて助かるのだが・・・。

391 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 15:35:23 ID:SLZ5XdzJ
>>380
それがどうして天皇でないといけないのか?

392 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 16:39:42 ID:???
三権分立の為に議院内閣制の国では何処でも
君主か、あるいは権能の小さい大統領が存在します。
現在では日本でも天皇の権威とは主権者である
国民の権力を示す国民の機関として維持される物となっており
内閣総理大臣や最高裁判所長官を任命や憲法改正、法律、政令及び条約の公布を行います。

ポーランドでは1990〜1995のワレサ元大統領時代に
大統領と議会との関係が悪化した際
大統領は首相候補をなかなか出さず、議会は信任を与えず
内閣が長期にわたって発足できない状況が続き
国政の停滞を招いた事があります。

こういった私情や党利党則から国家機関が混乱を起こす事を予防するには
慣習に雁字搦めにされ俗世間から隔離された人間が行うのが一番有効でしょう。

しかし明治憲政の様な「政策は国会で決める」という事実と
「天皇が全てを決める」という民衆の認識の間にギャップがある
「顕密体制」と呼ばれる状態になった場合
天皇側の立憲君主制や民主主義の為の機関として振る舞おうという意志に関わらず
テオクラシーに落ち入り逆に混乱を引き起こす可能性も秘めています。

393 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 16:46:43 ID:???
>>392
象徴大統領制なら全ての問題が解決するね。


394 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 17:12:07 ID:???
れたんは人気者だから、クダラネーレスは必ずつくと思うよ。
れたんのレスそのものがクダラネーレスなんだからw


395 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 20:01:19 ID:KogLNuKz
【韓国】市民団体「活貧団」、対馬島(テマド)奪還国民運動を開始。対馬に上陸して韓国国旗を掲揚、領有を宣言へ [03/17]

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174127766/l50#tag278
超賎人のこれ以上の侵略を許すな!

396 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 23:06:47 ID:ac1IrJdO

役に立たない天皇廃止!
役に立つ「核兵器」を持て!!


397 :右や左の名無し様:2007/03/17(土) 23:15:12 ID:ac1IrJdO
天皇のおかげで韓国など特定アジアにナメラレッパナシじゃないか!


398 :右や左の名無し様:2007/03/18(日) 02:34:33 ID:ppA+J8iF
ここはクーデター起こして日本政府転覆、皇室を追放?

399 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 09:53:06 ID:???
>>393
おっしゃるとおりです。ただ、象徴大統領制は君主がいない国の「代替」でしかないと
私は思います。

もう一点は「象徴大統領」は民選なのでしょうから「国政に関してまったく無権能」
という形態は非現実的です。(選挙公約実現さえ国政でしょう?)
一言で言えば「多少権能を有した象徴大統領」と「まったく権能のない君主」の比較です。

人気投票の横山ノックみたいな人に国事行為?の危険もありますわな。

400 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 11:04:59 ID:???
現在の天皇制の最大の必然性は「国の枠組み」に関する継続意識んぽ表現です。
国の枠組みとは「領土・国民・統治機構」に関する枠組みです。
新たに作られた国も有るでしょうし、継続性を有している国もあります。わが国は後者です。
少なくとも1000年以上にわたって継続している国です。何が継続しているかといえば
「国民の統合が」継続しているのです。

領土は他国との関係で決定しますが、そもそも他国という意識はわが国という意識が存在して
生じるものです。つまり「わが国と他国がありその間に領土の境界線の定立が必要だ」と
意識するのなら、すでに枠組みの意識は存在している。外延はともあれ、中心は確定している。

それは統治機構に 支配される・統治を受ける・機構を共有する(表現は何でもよいのですが)
なかでの「人々の帰属意識」なのでしょう。そしてそれが1000年以上にわたって継続している。
「統治機構の正統性(≠正当性)」があるわけです。

ここは結構重要なところです。朝鮮半島は別の国である・大陸も米国も別な国であることが
「自明」なのは、この継続性に根拠しているのでしょう?
わが国半島の一部ではないことは「過去の歴史とそのことから来る人々の意識」によって
自明なのです。であるならば、わが国はそのことを何らかの形で表現しておく必要はあります。
敗戦によって「まったく新たな国になったわけではない」のですから、「国民の統合が歴史的に継
続している象徴としての天皇」に意義はあるのです。

401 :右や左の名無し様:2007/03/18(日) 11:53:25 ID:???
>>399
>(選挙公約実現さえ国政でしょう?)
これは間違いだね。例えばドイツ大統領は、連邦議会と各州議会から比例代表で選出された
代表からなる連邦会議によって選出される。


402 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 12:54:54 ID:???
ドイツの大統領が日本と比較において同等の「国政にまったく無権能」な存在ですか?
きわめて限定的ではあるが、政治的発言は許容されそこに対して「選挙の争点」になりうる。

多少なりとも、国政に権能があるでしょ?

403 :右や左の名無し様:2007/03/18(日) 14:43:15 ID:???
政治的発言をどう捉えるかで違う。
天皇の「お言葉」も政治的発言といえばいえる。
どりたにしても政治的権能と政治的発言を混同するのは間違いだよ。


404 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 14:55:06 ID:???
>>403
「混乱した議会を 収拾するための発言」が日本で許容されているのかね。

混乱した議会を収拾するための発言が許容されている場合(わずかな権能だが)
混乱状況であるとの判断と収拾に関する自主的は発言の能力に関する選挙が可能。

おことばが政治的発言であるかどうかはともかく、内閣の助言承認なしにはできない
のであれば、お言葉は自主的かつ独立した意志に基づく発言ではないのだから、
そのお言葉に関する能力は象徴を選ぶ選挙の争点になりえない。

405 :右や左の名無し様:2007/03/18(日) 15:15:10 ID:???
>混乱した議会を 収拾するための発言
法的拘束力はないよ。
このへん、天皇の「お言葉」とさほど変わらない。


406 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 16:54:38 ID:???
だから、法的拘束力がない発言を「自主的に行うこと」が天皇に許容されているのか?と聞いている。

さほど変わらないという君の評価は、一般的な視点における権能の比較において妥当だろうが
「選挙争点」という視点においては妥当ではない。

407 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 17:17:50 ID:???
つうか廃止論者の言い分は今まで
「国事行為に意味はない」→「誰がやってもよい」→「ロボットにだってできる」
だったと思う。

象徴的大統領が必要であるとする人は「国事行為に意味がある」と考えているのであり
誰かを複数人から選挙するかある特定の人を認めるかどうかの投票をするのだろうから、
一定の能力が必要だという考え方でも有る。

その意味では「象徴的大統領」を支持する人はまともであろうとは思う。
「国事行為には意味がある」→「誰がやってもよいというものではない」→「世襲の地位はNG」
→「象徴的大統領の選挙」という考え方なのだろうから・・・。

408 :右や左の名無し様:2007/03/18(日) 17:38:51 ID:???
ちがうよ。象徴大統領が置かれた意味というのは「国事行為」にあるのではなく
間接的とはいえ民選元首を存置することに意味があるわけ。だから法的拘束力は
ないとはいえ「混乱した議会を収拾する発言」が許されるんだな。ここはある意味で
君主との違いでもあるが、「お言葉」と同じと言ってるのはその影響力について。
どちらも法的な意味はないが、統治権力に与える影響力はある。そういった理由で
同じと言っているのであって象徴大統領の議会発言と天皇のお言葉が同じ性格のもの
だと言ってるんじゃないよ。どちらにしても「国事行為」そのものは儀礼の範囲。


409 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 17:51:50 ID:???
>>408
国事行為は儀礼の範囲であるというのはそのとおりだが、「国の儀礼・儀式」は
重大な意味を持つ。

おれは「法的拘束力の有無」ではなく「当該元首の自由意志」によってなされるかどうか
について論じており、天皇のお言葉は自由意志ではないのだから「選挙との関係性」に
おいて「ぜんぜん別物である・・・」といっている・・・。

ついでに言うと「選ぶ」ことに意味がある」とするなら「選んだ人の行為」は意味があるんだろ。
意味のない行為をする人の地位だけが意味があるなんてことはないんだから。
国事行為が儀礼「的」であるとする人は「意思決定こそ新見がある」と考えるからに
ほかならない。「国政に権能を有さない」ということは「意思決定に関与せず、かつ影響さえも
及ぼさない」ということである。

ところが実際は「意思決定」だけでは物事は動かない。「決定したことが表現される必要」がある
わけで、「わが国の決定」は「わが国のヘッド」が表現する。
総理は政府行政機関の代表だし、議長は国会という独立機関の代表であって、わが国ヘッドで
はない。ここに「国家元首的地位の必要性」が見出され、その行為は「儀式手続き的」に重要な
意味がある。



410 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/18(日) 18:02:11 ID:???
訂正
国事行為が儀礼「的」であるとする人は「意思決定こそ意味がある」と考えるからに
ほかならない。枠組みが了解した

411 :右や左の名無し様:2007/03/19(月) 23:13:09 ID:???
>>409

>天皇のお言葉は自由意志ではないのだから「選挙との関係性」に
>おいて「ぜんぜん別物である・・・」

>「国政に権能を有さない」

と言う事は国事行為は政治思想的な意味をもたないと言う事だな。

政治思想に対して
>「意思決定に関与せず、かつ影響さえも及ぼさない」ということ
が国事行為なわけだ。

412 :右や左の名無し様:2007/03/19(月) 23:58:46 ID:???
政治思想的な視点から見て国事行為は儀礼である。

413 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/20(火) 09:21:07 ID:???
 「政治意思決定」≠「政治思想」

意思決定だけ価値があるわけではない。

414 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/20(火) 10:21:20 ID:???
つうか、まぁ法律の学問をする人が、法律的な意味はないというのは、よく理解できる話である。

法律はある決定が「法的に正当であるか」について重要な関心を示す学問である。
その意味において、「決定した後の行為」が「決定が正当であるかどうか」に無関係であるということは
できる。そこに俺は異論はない。

法学における「決定の正当性の検討に」国事行為は意味がないといっている「」の限定を取っ払って
「国事行為に意味がない」との全般的な記述であると勘違いすれば、道を誤る。

415 :右や左の名無し様:2007/03/20(火) 12:24:22 ID:???
国事行為に『政治的』な意味や価値はない=政治思想的視点
である事に変わりない。

416 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/20(火) 16:24:20 ID:???
とりあえず、2chとしては「政治思想板」は「テンノー・ウヨ・サヨなどを語る場所」のようだ。

417 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 01:36:47 ID:???
法学における「決定の正当性の検討に」国事行為は意味がないといっている「」の限定を取っ払って
「国事行為に意味がない」との全般的な記述であると勘違いすれば、政治思想の道を誤る。

国事行為が儀礼であるというのは「政治思想的な視点」から考えていると言う事にほかならない。

「政治思想的な視点」から考えて総理は政府行政機関の代表で
議長は国会という独立機関の代表であり
『国民共同体(ネイション)』は我が国のヘッドである。

政府行政機関は「意思決定」を我が国のヘッドである
『国民共同体(ネイション)』に対して表現する必要がある。

その表現を『民族共同体(エスニックグループ)』の表象である
天皇によって行うのが国事行為である。

『国民共同体(ネイション)』は「政治思想的な概念」であるが
『民族共同体(エスニックグループ)』とは「民俗学的な概念」である。
つまり国事行為には民俗的な意味や価値があると言う事。

418 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/21(水) 11:52:18 ID:???
国民共同体はそもそも民族から構成されているのが日本だと思うが。
(無論単一民族であると主張する気はないが)

天皇が正統性を付与する統治機構に、統治された・支配された・統治機構を共有した(表現は
道でもよいが)地域の人々とその子孫が「国民」となっているわけで・・・。
日本の場合それを分ける意味がさほどにはない。

419 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 12:38:30 ID:???
国民共同体は民族(ネイション)から構成されているが
民族(エスニックグループ)からは構成されていない。
語義としては曖昧な『民族』の定義だが政治思想的に考えると
明確に二つの別の概念として区別される。

つまり、天皇が統治権力の正統性を付与したという事に
政治思想的な意味はないという事。
民俗学的や人文学的にはあるだろうけどね。

420 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 12:59:23 ID:???
天皇は神聖な存在であり俗社会の政治の外側に存在する。
だから政治思想の枠組みの内側には入らない。

421 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 13:08:07 ID:sTabgZPh
政治的、法的、歴史的、民族的にどうであれ、人権蹂躙の可能性のある天皇制を廃止して、その代わりに民選元首にしたところでなんの支障もない。
枠組みが変わるでも国民が変わるでもない。れは何が言いたいのだろうか?

422 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 14:44:19 ID:???
天皇は国民ではないので人権なんて無い。
無いものは侵害出来ない。

423 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 15:11:36 ID:???
天皇は広義の意味では国民ですよ。もちろん自然権としての人権もあります。
ただ、特殊な地位によってその人権がせいげんされているだけですから。


424 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 15:26:45 ID:???
>>418
あのさ、天皇が正統性を付与する正当性は誰が認めたわけ?
所詮、国の枠組みは統治した範囲が国であり国民は、それに取り込まれたものでしかない
日本はたまたま天皇が今だにいるだけの話
天皇がいなくとも、国はいくらでも出来上がる

425 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/21(水) 15:54:26 ID:???
>>424
>天皇がいなくとも、国はいくらでも出来上がる
おっしゃるとおりかと・・・世界中の国家の中でたった一つの国にしかないんで。

統治機構の正当性ですか?誰かが認めないと「正当性はない」んですかねぇ。
つうか「正当であるかどうか」というのは、どういう基準?(
徳川幕府が正当かどうかなど考えても仕方がないと思うんだけど・・・。)

ある政府が当該国家の基本法から見て正当であるかどうか・・・これは検討に値しますよ・・・えぇ。

正統かどうか・・・というのは「国として継続しているかどうか」の問題ですから、単に
天皇が継続性を表現してきていて、それは「国という枠組みの継続性」ですよね。
半島や大陸と別な国であるという意識、そして日本の人々の帰属意識・・・それが国の枠組みの
根幹であり、それは統治機構が継続していて、その枠組みの中にあったからこその帰属意識で
はないかと。

国民国家といったって・・・あなた、帰属意識がなければ「国民の範囲」はどう決めるのよ・・・という
基本的な問題に立ち戻ってみてくださいな。

426 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/21(水) 16:38:03 ID:???
俺は天皇がわが国の継続に寄与してきたとは思っているが、
 天皇がいなかったらわが国は出来上がっていない
 天皇こそがわが国の本質である
 天皇がいたればこそわが国は継続した
などといっているわけではない。

大陸や半島と一緒になろうとしなかった、なることを拒んだ時期に
確かに天皇が存在し、そしてそのころは明らかにわが国ヘッドであったことは違いないだろうが
それが正解だった(よかったこと)かどうかさえ俺は言及していない。
そのような歴史の結果として「わが国という枠組み」が現在有ることは否定しようがないし
わが国が継続してきた事実については「肯定的」に捉えて、かつ今後も独立の維持と発展」を国民が
望んでいるのも事実でしょう。

じゃぁ、わが国の基本法とか、気候の中心的な位置で「天皇」というものが規定されていても
それは 「わが国が歴史的に継続して統合している象徴」 として、何も問題はないといわざるを
得ないわな。

無論、「わが国が今後も継続すること、過去に滅びなかった、あるいは大陸などへ吸収されなかったこと」
を「否定的に捉える人々」ならば、「問題だ」というのだろうけど。

427 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 17:01:52 ID:???
>>426
そろそろ、政治思想の話しをしようぜ。

428 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 17:19:19 ID:???
異常者のふざけた奴を叩き殺すべし!
2chには元ハゲキヨのふざけた奴(本名・大日本XXX)とかいう変態が
今でも政治思想欄にヨタ文を書いてるから、絶対にやめたほうがイイ!
なにしろ、未成年に対する猥褻行為か何かで逮捕された変質者で
その後、厚顔無恥にもデザイン会社とかいう五流小企業下請けに拾われて
CADの助手になりすましているとかとう噂だ。



429 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 18:44:13 ID:???
>>425
だからさ、天皇が統治機構の正統性を付与するのは、誰がそれを認めたのか聞いているのよ
結局、支配者であった天皇もしくは一部の支配層がその取り決めを決めただけでしかなく、あなたはそれを有難がっているだけ
日本と言う国の継続性は、天皇がいることによって成り立っているわけでなく、昔から国があるから継続性があるだけ
世界の国だって他国に侵略されようとも、独立すれば昔からの国の継続性を言う
そしてそこに住み続けるからこそ国民になる
天皇がいて国民が出来上がるわけではない
日本の継続性と天皇の継続性は別

430 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 19:33:53 ID:???
これは検討に値しますよ・・・えぇ。
立ち戻ってみてくださいな。


 れの言い回しがキモい。



431 :右や左の名無し様:2007/03/21(水) 21:44:25 ID:???
>>429
>だからさ、天皇が統治機構の正統性を付与するのは、誰がそれを認めたのか聞いているのよ

これが伝統なのよ。
天皇の伝統とは日本というくに=領域の中で自らを最強者だと思う者が
天皇の一筆を貰いに行き天皇も自己保身のために強そうな田吾作に一筆書くというもの。
当然ながら実力の無い者に対して天皇が一筆書く様であれば
稀少価値が無くなり天皇の権威も消失して自己保身にならんくなる。
こういったロジックが天皇の権威を支えている訳。

432 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 06:12:46 ID:???
>>429
>天皇がいることによって成り立っているわけでなく、昔から国があるから継続性があるだけ
>天皇がいて国民が出来上がるわけではない
>日本の継続性と天皇の継続性は別
俺はそのことに異論はないけどねぇ。

正統性を付与してきたのは「歴史的事実」であって、それ以上でもそれ以下でもない。

天皇は日本国が継続してきたこと(その事実)を象徴する存在であるといっているだけで
それ以上でもそれ以下でもない。ありがたがっているとかそういうことではなく
どこの国も君が言うように「歴史的継続性」を主張することが多い。
そしてわが国では「基本法における天皇」が「唯一歴史性を表現している」わけだ。

別にありがたがる必要もないが、「関係ない」というほどに無関係でもない。
天皇が継続していることと日本の継続はイコールではないが、少なくともここ1000年間の継続に
おいて天皇が正当性を付与してきた事実があり、その事実は「わが国の継続性を象徴するに足りる」
事実でしょ?
別にそのことを認めたからといって、必ずしも天皇以外に継続性は表現できないといっているわけ
でもないんだが。



433 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 06:14:40 ID:???
で、>>429氏は、いったいわが国の由来はどこにあると思っているわけ?


434 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 06:35:04 ID:???
>>431
そういう発想がおかしいのよ。

わざわざ徳川が上位権威を残しておいた理由というものを考えましょう。
同列の大名だった徳川が上位に君臨するためには「天皇という上位権威からの
何らかの任命」以外にどんな方法がある?

武力制圧が「統治機構の正当理由」となるんだったら「永久に下克上」ですよ。


435 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 10:44:11 ID:???
>>433
わが国の由来?
天皇に由来を求めること自体が、既に有難がっていると言うこと
人が作る、多くの人そこに存在したから国が出来上がり成り立つだけ
由来を求めるのは、天皇に何かしらそれこそ正統性をもたせたいからに過ぎない
それこそ、>>431が言うように伝統だとすることで、見せかけの権威がある天皇を利用し、武力によっての統治の正当化でしかない

436 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 11:51:06 ID:???
>>434
>わざわざ徳川が上位権威を残しておいた理由というものを考えましょう。
これは違うよね。
徳川が朝廷を存置したのは積極的な解体の理由がなかったから。むしろ存置して利用した方が
幕府にとって都合が良いと考えたからだ。まあ、多分信長が本能寺で死ななければ、朝廷を解体した
可能性はあるだろうね。家康の場合、無力化して都合よく利用したと考えて良いんじゃないかな。
実際に、戦国大名というのは下克上という習わしからしても分かるが、極めて現実的にものごとを
考える人が多かったからね。そしてその様に考えてる人が最終的に生き残った。


437 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 12:31:20 ID:???
>>434
下の者が上の者より弱ければ下克上は起きないという事が
徳川の統治権力を支えてきたというのが史実だがどうかしたか?。

天皇は統治権力の正統性を表現しただけ。

438 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 14:12:07 ID:???
>>435
俺はわが国の由来を天皇の存在に求めていないが・・・。w
バイアスがかかっているみたいだね。

>>436
>徳川が朝廷を存置したのは積極的な解体の理由がなかったから。
え?信長にさえ抵抗したことを家康は知っていたよね。
で、実際に尊王によって大政奉還が行われたよね。積極的理由がなければ、
解体するでしょ、自分の上位権威だぜ。

>>437
>下の者が上の者より弱ければ下克上は起きないという事が
>徳川の統治権力を支えてきたというのが史実
鶏卵の話だと気づいている?弱体化させたから弱い状況が維持できたわけで、
弱体化政策が武力のみでできていたというのは、相当に史実と違うでしょ?(朱子学)

439 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 14:32:40 ID:???
つうか武力による制圧を「正当化する必要」が徳川にある=天皇の権威がどうしても必要

武力による制圧は悪いことなんだ・・・という価値観が戦国にあったわけ?
それはないでしょ。戦国時代だもの・・・。
逆に「武力によって征圧した人が天下をとって問題ない(みなが従うべき)」という考え方も
ないわな。あれば「天皇」は排除できる。

武力による制圧は「統治者の条件」ではあるが、それだけでは十分ではない。
清秋の将軍に(いやいやでも)従わせるためには、従うべきだというロジックを用意する
「必要」があったのです。徳川はそれを「日本型の朱子学」に求めました。

朱子学は忠誠を求める論理です。日本型朱子学では「天皇による任命」によって
初めて「忠誠を誓われるべき対象」になりえます。
(徳川が有徳であったというにはあまりに無理がありすぎですよね・・・そして前為政者の不徳
を言い募るのも、もともと秀吉は家康の主君なのですから、朱子学的にはNGです。)

440 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 14:41:06 ID:???
>>438
あなたは自身が由来を何か言わなくてそれですか?
初めからバイアスかかっているのはそちら
それと教えてやるが、朝廷や天皇が自らを弱体化させたではなく、弱体化させられたが正しい
まあ、見方としては貴族自体が貴族以外の人々が従うのが当たり前だと思った傲慢さが招いた結果

441 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 14:41:29 ID:???
信長であれば「前為政者の不徳(最終的に戦国時代をもたらした)」がゆえに
天下を武力によって制圧したこと以外に、そのことが「為政者としての根拠」となりうる
わけです。だから天皇を排除する可能性は有った。

秀吉は、そもそももともと大名よりも下位だったわけで、かつ、信長を肯定するところからしか
出発できないわけで、信長と同じ論理を持ち出せば、信長の血統が為政者となるしかない。
家康は「前為政者の不徳を言い募ればその過信であった自身に批判が跳ね返る」
わけで、共に天皇という権威の任命に基づく「忠誠を誓うべき上位者」という位置づけが「必要だった」
のですよ。



442 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 14:52:54 ID:???
>>440
俺は語っているんだけど・・・パート1からいるんだから・・・。
再度申し上げるにやぶさかではありません。

弱体化については「大名のそれ」であって、朝廷云々は言及していませんけど・・・。

で、わが国の由来ですか?
天皇以前(呼称の成立という意味ではなくそういう地位・・・雄略よりずーと前)にすでに
弥生時代には、大陸とは異なる言語を持ち異なる文化を持つ複数の集団が形成されていた
と私は考えています。(理由:外部から入った稲作に関する言語に、半島・大陸との一致がない)

そして、特に半島から列島にやってきた人々も「半島の言葉を話す独立した集団」ではなく
列島の人々に同化して行ったからこそ「言語や文化が異なる」のだと考えています。
で、そういう中で、れ等の人々が統一されてきた。現代でも残る東西の文化の違い(網野氏の研究)
画示すように複数の民族が徐々にひとつにまとまってきて、最終的には天皇をヘッドとする
わが国が形成され、圧倒的に遅れていた文化の状況を克服しながらも「独自の価値序列」を
維持し、最終的に明確に「大陸の一部・大陸の属国・冊封」を拒否したのは「天皇が存在する時代」
です。しかしこれは天皇がそうしたということではなく、古き時代からの文化化置換の違いが
それを拒否させる動機となったと考えています。

443 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 15:43:33 ID:???
>>438
鶏卵の話はどちらが先かという話でけんとうちがい。

結果的には武力の強い者が弱体化政策を実行出来る事に変わりない。

444 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 15:49:28 ID:???
おっと、武力を維持するのは『経済力』。
最後は金がものをいう。

445 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 15:58:04 ID:???
天皇をただの象徴としか思ってなくて、この間天皇が公布した
道路交通法を破ってしまった俺は日本民族として認められないのか?

446 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 16:47:39 ID:???
>>443
武力は必要な条件だが、それだけwでは十分ではないという意味さえ理解しない?

俺は武力は必要な条件だといっている。ただ、武力だけでは長い期間の平安は無理。

だってそうでしょ、武力で政権を掌握し、武力による掌握が正しく、だから武力の弱い
お前らは従え!というロジックは
「いつでも武力で相手になってやる、政府転覆は悪きことではない、国に戻って準備しろ」
といっていることと同じで、政府転覆はいけないことですよ、罰しますよ・・・といえないし
言ったとしても誰も聞き入れない。俺は生まれながらの将軍だ!といっても「だから何?」だろ?

生まれながらの「将軍」に価値はある。ただ納得できない香具師は相手になってやる・・・
家光がいったことはそういう意味で、君は後段だけで何とかなると思っているようだが
それは「長い期間の平安のための条件のひとつ、一要素」にしかならないのだよ。

447 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 17:18:57 ID:???
>>446
武力と経済力は長い期間の平安の絶対条件です。
これさえ確であるから『損したく無ければ俺に逆らうな』と言えるわけ。

これに比べれば上位の存在からの任命なんて体裁を整えるための
微々たるものだと言っている。

448 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/22(木) 17:28:52 ID:???
・・・経済力もひとつのファクターですね。w

微々たることであるという評価をする人はいますが、それはそう思いたいだけの、根拠のない
ことである以上に、要素であるかどうかの検討に、大きいか微々たるかは考慮されない
というlことさえ理解していないので、論外ですー。






449 :右や左の名無し様:2007/03/22(木) 21:50:02 ID:???
>>446
それでも、「武力で俺を倒して天皇に認められようとは思うなよ」とは言えないと思うが
それでも政権安定するのか

>>448
微々たることは、あってもなくても殆ど同じ気にする必要のないことだろ


450 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 05:17:18 ID:???
為政者が武力による制圧を永久的に続けようとすれば、疲れきった兵士の反発を招き
其の武力は 為政者に向くと言うのが史実。

戦争が続けば『浪費による不満』が募るだけである。
天下が統一され秩序が回復され安定し落ち着いた生活が維持できれば武力は必要とされなくなり
下克上は回避される。

し、か、し、支配階級である士族の腐敗によって不景気に陥れば
『浪費による不満』から再び下克上の時代へ突入する事となる。

同列だった大名達の反発は武力による弱体化政策によって押さえ込めるが
一般の士族達の怠慢は力では押さえつける事は出来ない。

徳川が自分の部下では無かった者に質素権益、刻苦勉励、財形貯蓄を遂行させるには
「天皇から征夷大将軍の任命を受け忠誠を誓われるべき対象」になる必要があった訳。

>>446
>といっていることと同じで、政府転覆はいけないことですよ、罰しますよ・・・といえないし
というれの主張は飛躍し過ぎのデンパに他ならない。


451 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 08:32:53 ID:???
ちょっとズレてるよねえ。
徳川が盤石な統治システムを築き、朝廷を無力化できたのは武力による優位性もあったが
「天子諸芸能ノ事、第一御学問也」として天皇を政治の場から閉め出し、
「武家ノ官位ハ、公家当官ノ外タルベキ事」として朝廷による武家に官位を授ける権能を
削いだことが大きい。このことで、それまでは朝廷に親和性の強い武家に対して官位を授け
取り込む様なことをやり、政治を左右できる権力を持っていたがこれで出来なくなった。
「禁中並公家諸法度」により、もはや朝廷には権限がなく政治権力は幕府に一元化されたという
一種の宣言でもあり、諸大名は徳川に従うしか無くなった。正当性の付与は徳川が握ったのだから。


452 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/23(金) 09:57:06 ID:???
あのさ、武力によって天下統一をした人々は、次に何をする?
「秩序を構築する」んだろ?

武力というのは何も生産しないどころは浪費する。(上でもいっている人がいる)
で、為政者は彼らを「いつまでも武力の担い手として浪費させておく」わけには行かないのよ。
(戦争が納まれば軍人は失業する・・・失業させないためには海外派兵しかない・・・唐入りも米国のそれも同じ)
しかし、為政者の権威が武力であるならば、常に「浪費させておく」しかないわな。しかもそのモチベーション
は維持しなければならない。軍人が命を欠けて戦うモチベーションは忠誠か出世・利得です。

戦争で勝った香具師が一番偉いんだという論理で為政者が秩序を作るなら、けんかを収める秩序はできない。
現実に武力を所持している人が「戦争が終わったからさぁ地道に働こう・平和が一番だ」と「常に思う」と
考えるのは間違っているよ。「戦争がなくなってしまって、このもてる武器が無駄になり栄華出世の道も閉ざ
された・・・何とか戦争状況にもう一度ならないか・・・」と思う人がたくさんいて当然。

武力を所持し「力こそ正義」の時代に生きた氷魚とびとが、官僚として必ずしも優秀でないことは
実際に「秀吉の時代」も「徳川の初期の時代」も「武将と官僚の対立」として史実に学ぶことができる。
(名選手必ずしも名監督に非ず)

さぁ、どうしましょう。武力で押さえ込んでも「武力で勝った香具師が一番の国」なら常にチャレンジャーが
でてきますよ、何で徳川の命令を聞かなくちゃならないのか・・・を提示しないと・・・。

平安の構築は、微々たる話ではないんですよ・・・。そしてなぜ「もともと同列の大名の一人が大名から
忠誠を誓われる対象の権威となれるのか」のロジックが、征夷大将軍と朱子学です。

453 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/23(金) 10:11:54 ID:???
勘違いしてもらっては困るんだけど、「征夷大将軍と朱子学」いがいに「平安を構築する道はない」
といっているのではない。

天皇を排除して、かつ何らかの主義思想を提示して平安を気づける可能性はある。
家康の場合は「同列の大名であった」ことが「征夷大将軍となって、大名とは別格となる」必要性
だね。とつぜん「俺は別格だ」というためには、ほかの方法としては「宗教的権威」からの認証
という手段もあったかもしれないが、「宗教勢力」を「武力で排除してきた」のは、信長・秀吉であり
家康も「宗教一揆」で相当ひどい目にあっている。家康にとって宗教はNGだったはず。
(まぁ上位権威の民名という意味では同じだけど)

自分が最上位権威になるというのは、まぁ、非常に困難だね。(信長ならやりかねなかった・・・成功した
かどうかは定かではない・・・唐入りして天皇は大陸に・・・という発想があったという人もいる・・・俺は否定的
だね、信長は上位権威のを残すタイプではない気がする)

最上位権威になることが可能な論理として一番都合のよいのは「天命思想・中華思想」なんだが「前為政者
を否定しなければ天命が革まらる理由に欠ける」から、家康はこれも採用できない。
徳川としては「源氏に倣う」以外にはなかなか道はないかもしれない。秀吉の政権が数代にわたって継続すれば
太陽の子としての神格化ができて天皇の権威が不要になった可能性も有るが、日本では「神」さえも
天皇サイドが認証するのだから、なかなか神格化はできても「最上位権威」となるのは難しい。
(まぁヨーロッパでも教皇の権威なくその国の為政者になるのは容易ではなかったしね)

454 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/23(金) 10:26:16 ID:???
「武力で勝利した香具師が権力を掌握するのは当然だ」と考えてしまいがちだが、
それは、秩序構築の困難さをわかっていない人の思慮不足です。

というか、そもそも、武力で天下を取るという動機をどう説明するのかは「武力で天下を取る」
ために非常に重要です。(その動機が不純だと思われたら、そもそも人が付いてこない)
栄華出世などの利得だけなら好条件に常に寝返られる恐れがある。
「武力で天下を掌握する・そういう意思」がはじめから家康や秀吉にあったかといえば疑問でしょ?
あったのは信長です。秀吉や家康はその意志に基づく結果を継承しただけ。
彼らは天皇の権威によって別格とはなったが「最上位権威」になることはできなかった。

信長がどのような意思を持っていたかは、俺にはよくわからないが「天皇家を弱体化させ自由に
コントロールしようとした」ことは史実でしょうし、「仏教などの宗教的権威を否定」も史実。
どういうロジックで新たな権威の創出をしようとしていたのか・・・それをどのように継承しようと
していたのか・・・興味があります。しかし簡単にはいかなかったでしょう。
何らかの価値観を是とすることは「歴史的に育まれるもの」なのですから・・・。

455 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 11:30:19 ID:???
無駄に長い夢の話?

456 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 13:03:17 ID:???
結局、天皇の任命には部下の反乱を押さえる機能は無いけど
怠慢を叱咤するときの建前としては丁度良いと

457 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 15:43:55 ID:???
昔は知らんが、現代じゃ憲法第一章に支えられた天皇に権威を感じる人などいないだろうよ。

458 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/23(金) 16:06:26 ID:???
自分が感じない≠感じる人がいない

感じる人がいない≠権威がない

否が応でも「総理に任命は国事行為」ですー。べつに「感じる人が要るかどうか」など
関係ありません。

459 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 16:22:27 ID:???
上は同意、少なくとも一人はいる

権威を感じる人がいないのなら、天皇による内乱の防止も総理の権威増加も無理なわけで
天皇の意味がないのではということだと思いますが。


460 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 16:22:35 ID:???
天皇そのものに権威があるかどうかは極めて宗教的な認識であるから、
それ自体はひとまずどうでも良い。日本国憲法において天皇が国事行為を行う蓋然性は、
歴史的な存在であるという一点のみで象徴と位置づけられる。憲法にもあるとおり、
その権威の由来はあくまで国民にある。天皇は表象するだけである。だから国政上の権能は
本来的に発生しない。これが憲法による天皇の位置づけ。天皇に権威を見いだすかどうかは、
それぞれが好きに解釈して構わない。神聖であると思ってもただの小柄なおじいさんと思っても
受け取る側の自由。逆に言うなら日本を最も表象できるツールがあるなら、天皇制を排して
別なツールに置き換えても構わない。その選択肢は国民に委ねられている。


461 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 16:44:27 ID:???
天皇の権威あっての憲法だろ、天皇が権威がないなら天皇が公布した憲法も権威がないってことになる。

462 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 17:10:42 ID:???
>天皇の権威あっての憲法だろ
それは明治憲法の存立概念であって、日本国憲法の権威の由来はあくまで国民。
天皇は公布という手続きを象徴として行ったに過ぎない。


463 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/23(金) 17:17:33 ID:???
>>459
総理の権威増加?そんなことを俺は言っていないし、ない乱防止?そんなことも行っていない。
ろんがいですー。

統治のロジック(価値序列と秩序をもたらす)のは思想です。
それを提供する側の何らかの支持できる絶対性の根拠として「天皇の、正統な統治機構であると証
の任命」が必要なわけで・・・ついでに言うと「総理」は武力などの物理的力を背景として人々を従わせる
行政のトップですから権力者であって権威者ではありません。

>>460-470
別なツールの要素が重要だよね。日本という枠組みを肯定して選択すべき国民は誰なのかという
枠組みも肯定しておいて「天皇を否定する」というのはなかなか困難だわさ。
無論天皇を否定しないで、別の象徴を・・・という理屈も(たとえば憲法そのものを象徴的存在とするなど)
の意見も有るけれども、じゃぁ、その象徴の権威の根源は何かという問題だよね。

国民という枠組みは、そもそも天皇がヘッドとなっていたときの戸籍簿に由来しているわけで
その戸籍簿は「天皇がヘッドとなっていたときの統治機構の及ぶ範囲の人々」でしょ?
そこには歴史性があるわけで、それを肯定しながら天皇を否定するのは困難だし、そこから
枠組みを新たに立ち上げられる歴史的存在が別にあるとも思えないよね。

無論象徴は民選として多少なりとも権能を持たせることとし、現在天皇が象徴している
枠組みは継承するという手法はないでもないが、そうすべき積極的理由は見当たらないしねぇ。

464 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/23(金) 17:24:46 ID:???
>>462
国民という枠組みの由来がそもそも天皇の統治と無関係じゃないわけですよ。

そこを無視して、初めからあるかのごとき「国民という枠組み」を無条件に出されても
じゃぁその「国民という枠」の正当性はどこから来たの?なぜ、その国民にハワイやフィリピンや
半島や大陸の人々は含まれないの?という疑問に回答が出ないわな。

国民という枠組みから新たの創出できる権威など理屈的にはありえても実際に無理ですよ。
それとも、「天皇を通じて象徴されてきたもの、枠組みなどは無条件に利得として確保した上で
天皇だけを排除するの?

現憲法は「国民がその権威の根源」ですが、その憲法は「ポ宣言受諾」を契機として
草案ができています。さてポ宣言を受諾したときの日本のヘッドは誰でしょう。
天応否定は「現憲法の否定です。」という表現は間違いではない。
単に交付しただけでなく、その計北ルポ宣言を受諾したし、それ以前に現憲法の正当性は
かろうじて「明治憲法下の普通選挙によって構成された国会の承認」があるからこそ主張でき
その憲法がすでに60年にわたって維持されてきたことで正当であると認識できるんだと思いますよ。

465 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 18:02:42 ID:???
一口に国民と言っているが、国民の定義はどの様な概念による見解かで異なる。
憲法学上考えられる国民の定義は以下の通り。

・国家の構成員としての国民
 日本国民とは日本国を構成する成員の総称。広義では天皇や皇族も含まれる。

・主権者としての国民
 君主主権と相対する意味。君主主権VS国民主権

・国家機関としての国民
 国家の統治に参加する資格・権利のある者として国民。

国籍法は国民を定義する要素のひとつではあるが、あくまで相対的な定義の中で勘案されるべきであろう。
また、戸籍の由来が天皇との関わりに置ける身分の証明として機能した歴史的経緯があるにしても、
日本国憲法を用いた今日的な意味での「国民」とは、上記の三通りによる定義以外は検討される対象には
ならない。現行憲法では策定基本概念上国民主権を規範条項として採用しているから、宗教的規範の範囲である
天皇そのものの権威は、勘案されない仕組みとなっている事に留意すべきであろう。


466 :右や左の名無し様:2007/03/23(金) 18:02:53 ID:???
天皇は所詮、昔からの支配層の名残
それをれのような人が権威だ何だと言っている話
天皇が国民にとって害になれば排除
「国民という枠」なんて、天皇関係なしに機能している
天皇いない国だっていくらでも有るのだから
それを正当性を求めようとするバカがここにいるがな

467 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 03:07:03 ID:uZ3aTEAl
相変わらずちまちました議論してますな、本質をズバッといこうよ。
日本国憲法は国民主権、民主主義。
てことは民主的で正当な手続きを踏んで天皇制は無くす事が出来るのよ、でも無くならないのは何故?
少なくとも今の国民の半数以上は天皇制に対してなんらかの権威や意義を感じているからが正解。

でもね無くす事は出来るのよ、事実国政レベルでも皇室典範改正憲法改正にかこつけて大統領制を敷こうと画策していらっしゃる党の一派は、天皇制を自然消滅させる事も視野に入れて動いているはず。

ただよく考えて、天皇制を無くす事のメリットと、無くす為に起きる国内の政治混乱、国民生活に与えるデメリット、どっちをとるべきかは明白だよね。

天皇制を敷きつつ民主主義を掲げている日本って国は政治的には非常に不安定。
だから権威なんて感じてない人にも感じているふり位してほしい。

まぁ日本国民が分裂してくれた方が都合のいい方々もいるのでしょうが、天皇制を政局にするのはちょっとお下品かと。

468 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 08:40:17 ID:???
民族(エスニックグループ)が国民の枠組みだというデムパと
徳川の権力を天皇が正当化したというデムパのループが
またはじまりました。

469 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 10:23:41 ID:???
電波認定しても結構だが、ではわが国の枠組み、国民の枠組・領土の枠組を

「肯定する」ための根拠を「天皇を除外して説明すれ」ば?


民主主義は「人類普遍の理念」なのだろうから「国の枠組みを説明するための論拠に
ならないんだぜ。人類普遍の理念ならば、(たとえ武力を行使し手も・・・かどうかはさておき)
世界中に広めることが正しいという結論に導かれるわな。
それじゃ、「わが国が今後も独立を維持していく動機」は日本型民主主義を「世界中に広めるため」
であって、「昭和憲法版八紘一宇」になってしまうぜ。

おれは「日本は他国と同等に他国と異なるユニークな価値観を持っているから、同様に他国を尊重し
わが国も独立を維持すべきだという風に考えるし、そのユニークな価値観は「歴史的に育まれた
結果だ」とするんだが・・・。(正義・正しさ・人類普遍の理念ではなく、日本の独自性)

470 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 11:41:38 ID:???
>>469
何が言いたいの?
天皇という日本の独自性に拘りでもあるの?
国の枠組みは支配から始まるだけ
それにもっともらしい正統性を持たせ正当性を謳うのは、お手軽な宗教と同じ

471 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 12:24:41 ID:???
>>469
我が国の枠組みは世界的な視野で見た歴史的経緯で定まっている。
それを成文化したのが国際法。

天皇に国の枠組みの根拠を求めると話が政治から外れる。

その辺は>>465が説明している。

472 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 13:47:43 ID:???
>>470
え?日本国憲法前文でも読んでみれば?日本国は今後も独立を維持し
世界の中で名誉ある地位を得たいと表明しているよ。

その日本国独立の維持の積極的理由(肯定的な理由)というものを説明するに
「歴史的に継承され育まれた価値観」を除外してできるわけもなく
「歴史的に継承された枠組み」は天皇によって象徴されることも事実だと
いっているわけだが・・・。

>>465は説明になっていないのよ、わが国の人々がその枠組みを
し継承しようという意思があって初めて「歴史的経緯」が生じ
それを好ましいとする肯定的理由があるから「今後も維持したい」と
考えるわけだろ。

継承しない選択肢もわれわれにはある中で、なぜ継承しようと思うのか・・・

それは歴史的経緯を生じた枠組みがはぐくんだ価値観が好ましいからに
他ならないだろうよ。そういう根源的なことを考えてみなよ。

それともアメリカ様から与えられた民主主義だから敗戦国は無条件に受け入れ
子々孫々まで従うべきだとでも思っているのか?
われわれ現代の国民としてどう考えるのか・・・それは政治思想としては
重大な過大だろうよ。

473 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 14:15:06 ID:???
>世界の中で名誉ある地位を得たいと表明しているよ。
前文に記されている「名誉ある地位を得たい」というのは、「平和を維持し」と
「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去」に掛かる文面であり、
ここから導き出されるのは日本国憲法が平和主義を謳う意味での宣言である。
いわば国際社会と協調することなく孤立化した旧憲法を反省し、平和を標榜するという
精神を明文化したものであると考えるべき文面である。従ってこの前文の文面を根拠に
天皇の正当性や国の独立性を導き出すのは間違い。であるから、以降のレスも適性を欠く。

>「歴史的に継承された枠組み」は天皇によって象徴されることも事実だと
>いっているわけだが・・・。
ここの理解は完全に憲法から導き出せない主観の域を出ない発言と受け取れる。
憲法によって示されているのは「国民主権」であり、すべての統治権力が国民に由来する
権威であるという事を明確化するために用いられている。天皇が象徴であると位置づけられる根拠は
歴史的に日本を象徴するのに適正があると認識されているからであり、国民がそう認識しなければ
適正を欠く存在としてその意義を失うという事でもある。つまり、憲法制定時のマジョリティーが
天皇を象徴として適切と認めたに過ぎない。この認識がマイノリティとなれば天皇制はその意義を
失う。分かりやすく言うなら、天皇の歴史よりも民選元首の方が象徴として相応しいと国民が
判断するなら天皇制維持の根拠は失われるという事だ。


474 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 14:21:04 ID:???
つまり市場のインフラを国民が自分達の価値観に基づいて
コントロールできる事が好ましいというのが
日本国独立の積極的理由となるわけだ。
だから国民共同体を経済的市民社会(ゲゼルシャフト)という。

ぶっちゃけて言うと自分達の価値観を維持する為に
自分達の価値観に基づかない合理的に利益を追求する枠組みが
国の枠組みとなる別け。

その自分達の価値観に基づかない範囲が政治的な部分。
そこからはづれるれの主張は政治的なはなしではない。

475 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 14:28:02 ID:???
>>473
気味物事を整理して考えられないタイプなの?

前文は「日本国が今後も独立を維持していこうとしている事実」の例示です。
(それ以上でもそれ以下でもない)

そして維持していこうとするならば、「その理由」が必要でしょ?その理由は何でしょうと
問うている。(おれは歴史的にはぐくんだ価値観が他国と同等にユニークであり、その価値観が
好ましいものであるがゆえに、わが国は独立を維持すべき」と考えている。きみはどうかんがえているの?と)

で、そういう歴史的に育まれた価値観を持つわれわれ国民という枠組みについて
「象徴できる」としたら「天皇である」といっているのよ。

話をきちんと分けて考えられるようになってから、レスしていただくと、俺は面倒でなくてうれしい。


476 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 14:45:43 ID:???
>自分達の価値観に基づいて
>コントロールできる事が好ましいというのが
>日本国独立の積極的理由となるわけだ。
こんな馬鹿なことを言う香具師が誰かを推測するのはたやすいが、それはともあれ
「自分たち」とは誰なのか、自分たちという枠組みはどこから来るのか・・・という話の回答として
成立していると思っているなら、相当にDQNではある。w

「質問」 自分たちとは誰なのか、その枠組みが好ましい理由は何か・・・がなぜ独立を維持する必要があるのか
     の回答である。君はどう思っているのか・・・という質問
「DQN回答」 インフラを自分達の価値観に基づいてコントロールできる事が好ましいというのが理由だ

どう?DOQだろ?放置するしかないだろ?

477 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 14:58:35 ID:???
いいかね、表現を変えてみるよ・・・。

自分たちとは日本国民のことだろ。日本国民というのは日本国の統治下に入っている人々のことだな。
厳密には在日外国人も統治されているわけだから、表現としては十分ではないが意味はわかるよな)

その統治下に入らない自由は「国籍離脱の自由」として全面的ではないが保障されている。

そして「その統治下に入っている人々(われわれ・自分たち)は、一定の(たとえば平和主義とか民主主義なども
ふくめた)価値観を共有しており、みなの決定によってその国を(インフラも含めて)動かすことができるわけだ。
ソシテその地位は「血統によって得られる」わけだから、「血統などの継続性によって継承される価値観」で
あるわけだな。しかし血統が価値観を継承するはずもないので、結局その統治機構の中で歴史的に継承されていく
価値観があり、その価値観を保有しているであろう人々に「国(インフラ・政策なども含めた)をうんえいする権限が」
もたらされる(いやなら出て行く自由があるが)のだろう?

じゃぁその歴史的な継続性を有した血統に基づく人々の枠組みは度0個に由来するの?
そういう価値観はどうやってはぐくまれてきたの?ということを考えるとき「歴史性を否定する」のは
戦後にまったく新たな国の枠組みが生じそれ以前と断絶していると考える以外にないわけで
そう考えるなら、枠組みの根拠を新たに創出して維持しなければならないよ・・・といっている。

そして、新たに提示しないならば継承していると考えるしかなく、そうであるならば、その象徴として
天皇はひとつの選択肢であるだけから、他に象徴とできるものがあるならば提示しましょうね・・・と。

478 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 15:08:15 ID:???
>前文は「日本国が今後も独立を維持していこうとしている事実」の例示です。
>(それ以上でもそれ以下でもない)
これは明らかに間違い。憲法に対して無知であるか意図的に誤解してるかのどちらかであろう。
日本国憲法の前文が表明しているのは国民主権主義、人権尊重主義、平和主義理念である事は
法学を少しでも囓った経験がある人であれば明らかな事である。ここで謳っている理念には
「日本国が今後も独立を維持していこうとしている事実」などという理念は示されておらず、
前文が法規範性を有するとする根拠もここで説明しているとおりの理由からである。
そもそも、憲法というものは国家の独立を前提に制定されるものであり、そうした概念を
前文に織り込む憲法などあり得ぬ。


479 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 15:31:44 ID:???
さて、日本という国家が何故作られたかと言うと
日本固有の価値観を守る為に西洋の機械的技術である
民主・資本主義を輸入して作ったというのが史実。

つまり、日本人が自分達と言った時の枠組みは
日本固有の価値観に基づいたエスニックグループと
価値観とは関係無く西洋の機械的技術に基づいた国民(ネイション)
という二つの意味をおびる。
日常的にこの二つの概念を分けて考える必要や意味はないが
政治思想的には西洋的なネイションを意味する。

れの主張は政治的な意味を持たないエスニックグループを
国民と混同した馬(ry

480 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 15:49:57 ID:???
>>478
別に理念以前に「独立国として憲法を公布しているのだから、独立維持の前提があって
「普遍的に継続する理念」が述べられているのは当然だろ。

法学というのはそもそも、そういう枠組みや独立国であることを前提とした基本法の内容を
検討する学問であって、それ以前の話をしているの非方角を持ち出すんだから、論外だよね。

>>479
そういいきったところで、それを証明するためには、その景気とそれが事実であることを物語る
事象を歴史の中から提示しなければ何の説得力もない。

つうかそんな経済以前に国という枠組みがあり、日本の経済は「江戸時代」にその思想的な裏づけ
が形成されていることは史実として明確なわけだが・・・。

何度もいうようだが、「人々が一定の価値観を共有している」がゆえに「信用に基づく経済活動」
は可能なわけで、「約束など破ってもかまわない」とか「人の権利など奪ってかまわない」とか
「商売自体がいやしむべき行為で何も生み出さないのは悪だ」などという価値観の場所では経済は
成立しない。

経済活動がいやしむべき行為ではないという価値観は日本ではいつ生まれたのかね。

481 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 16:14:42 ID:???
西洋では民族自決 racial self-determination がコンセンサスを得ていますよね。w



ヨーロッパでは「人種的同一性・宗教的同一性・言語的同一性」などがありますから
「エスニックという意味においての民族」とネイションを分けて考える必然はありますが、
日本の場合そのグループは他国との関係において「民族的にも分別できる」のであって、
分けて考える必然性はないと申し上げています。

ある議論においてそういう分別が必要だというなら、その必然性を説明するのが議論の常道でしょ?
、まぁそういうことさえできないなら放ry



482 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 16:33:06 ID:???
人々が「何も生み出さず利益を上げる行為」を正当な利益として認めるには
葛藤があるでしょ。三大宗教も中華思想も葛藤しているよね。

ここをすっ飛ばして経済に関する主義主張論理などを、経済以外の部分に持ち込むのは
オコチャマレベルなんですよ。
何度も行っているが「金を貸して利息を取る」ということにさえNGな宗教は存在するし、
その戒律からのg晴れるためには「株式投資」は有効な手段だわな。
ユダヤ人が金融の中枢を握っているといわれている米国は、異教徒に対しても金を貸して
金利を取ることはいくない!としているキリスト教との国だわさ。

イスラムの各国では「実質的には金利を取っている」が「建前上は金利を取っていない形式の
複雑な手続きがそんざいする」野も事実。

つまり西洋型の資本主義などといっても、そこには「宗教などを根源とした人々の価値観」が影響
しているし、その価値観の共有が「経済システム・経済秩序」を構築しているのであって、
経済活動は「普遍の行為」ではあるだろうが、その秩序は「普遍じゃない」のだよ。

じゃぁ、その価値観の共有は経済活動の効率から生まれたかといえばそうじゃなくて、宗教などに
基づく基本的根源的な価値観の共有の中で、いわば派生的に生まれてきた枝葉末節なんですよ。
それを基本原理みたいに言い募るのは、馬鹿みたいだよ。

483 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 16:44:49 ID:???
>>482
「神の意志は人々の価値観を超えた所にある」と言う所から資本主義は導きだされた。
だから基本原理として言い募る事が出来る。

価値観と機械的構造を混同してる所が問題外。

484 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 17:13:07 ID:???
>>480
>つうかそんな経済以前に国という枠組みがあり

その国に西洋のステイトの概念を後から当てはめた事も明確。
元々、日本にあった国(レルム)という枠組みに
西洋の機械的構造である国(ステイト)と言う政治思想的な枠組みを重ね合わせた
「和魂洋才」のものが現代使われている国と言う概念。

隣国の大国清がアヘン戦争でイギリスと戦い敗北したという情報は
日本に大きな衝撃を与えた。
しかし、江戸幕府はやがて日本に迫ってくる西欧の軍事力を背景とした
開国要求にどう対応するのか態度を決めかね具体策ももち得なかった。
そのような中で、佐久間象山は清国の敗北を「学問」が「実用に乏しく」「紙上の空論」であることに求め、
日本の道徳・秩序を守りながら、西洋の砲術・艦船などの技術(芸術)を積極的に摂取すべきだと主張
「東洋道徳・西洋芸術」という定式を示した。
この姿勢が近代日本の西洋文明への基本的な対応様式である「和魂洋才」になる。

485 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 18:10:18 ID:???
>>472
天皇の継承を国民の意思に一度として問うたことはない
それは当たり前なことで、支配から国の枠組みが成り立っているから
天皇が尊いものと言う考え自体、もともと人を支配する為に出来上がったシステム
たまたま現在までその名残が有るのは、その時代ごとの支配者・支配層がそれを利用する方が新たなシステムを作るより楽だからに過ぎない
それなのに、その残ったこと自体が国民の意思だと言うのは大間違い

486 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/24(土) 19:10:03 ID:???
つうか俺にレスしているようだが、俺との会話は成立していない。

下がってよろしい。

487 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 20:40:48 ID:???
俺の価値観と俺の親の価値観は違ってた、
俺と親どっちが日本人じゃないんだろう。

488 :右や左の名無し様:2007/03/24(土) 23:41:27 ID:???
>>463
>日本という枠組みを肯定して選択すべき国民は誰なのかという
枠組みも肯定しておいて「天皇を否定する」というのはなかなか困難だわさ。

 天皇制廃止と天皇の否定は別なんだよ。これが分かってないから君は天皇制を廃止できないんだよ。
 権力が次々と継承されて行ったように、権威も継承できる、という発想がない。

>じゃぁ、その象徴の権威の根源は何かという問題だよね。

 反動主義じゃないんだから、なぜ前の権威を否定しなきゃならないんだよ。
 「天皇は今までよく権威者として働いてくれました。でも、理由はともかく(人権蹂躙でも時代遅れでもよい)天皇制を廃止して国家の最高権威として民選の大統領制にします。」
 と新憲法前文にでも宣言すれば根源を天皇に求めつつ民主主義に則った国家に移行できる。国家の最高権威としての天皇の存在価値を否定せずに、ね。
 権威なんて実体がないんだから、形式さえ整えばどうにでもできる。

>そこには歴史性があるわけで、それを肯定しながら天皇を否定するのは困難だし、そこから
枠組みを新たに立ち上げられる歴史的存在が別にあるとも思えないよね。

 ここは政治思想板。歴史板ではない。
 前の権威を否定しなければ別の新たな歴史的存在は必要ない。


>そうすべき積極的理由は見当たらないしねぇ。

 人権蹂躙。時代遅れ。国民国家としての矛盾。

489 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 04:54:20 ID:???
>>486
お前が毎度会話になってないから、れ電波
またどうせ逃げるんだろ?

490 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 09:19:52 ID:???
れは天皇制を廃止すると天皇がなかったことになると思っているのだろう

491 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 09:55:30 ID:???
>>488
> 天皇制廃止と天皇の否定は別なんだよ。
十分わかっていまっすよ。そういう選択肢も論理的にあると・・・。

>人権蹂躙。時代遅れ。国民国家としての矛盾。
理由になっていないじゃない。人権の侵害(あるいは過度の制限)があるならば、それを改める
手段はあるわけで廃止の理由にはならない。(何度目だろうね)
時代遅れという表現は「進歩主義者という時代から置き去りにされた人々w」の妄言ですよ。
時代が進むとなにかが進歩するなら、遅れるということはありうるが、実際の話
「リボリューション」さえ「戻る」ことを意味するはずだぜ。

国民国家としての矛盾?じゃぁ、国民国家という考え方が間違っているという余地もあるよね。
どんな矛盾なの?



492 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 10:07:19 ID:???
>>490
おそらくパート5ぐらいで「廃止の仕方による」と回答しているはず。

過去を否定して廃止する形式も有れば・・・(新たな枠組みの創出が必要)
過去は肯定するが天皇という存在は否定的に捉える手法・・・(新たな由来の創出が必要)
歴史的な経緯や天皇は肯定するが国政のみならず国事からも除外する手法もありうる。

最終段は必然性がないだけ。

493 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 10:50:34 ID:???
おれは、「天皇に関する制度を国民が廃止するという意思を示して廃止することはやむをえない」
と初期の段階で表明していて、それは変わっていない。

日本という国はそういう国である。ソシテ歴史的にいっても可能だった時期は有るといっている。
にもかかわらず継続している。これを偶然やその時々の為政者の都合の結果であると考えるのは
国づくりという意味においてあまりにも楽観主義過ぎると俺は思っている。

それは「わが国という枠組みの危機」が「先の大戦の敗戦」以外になく、それも乗り越えてしまったがゆえに
日本という枠組みは「ありてあるもの」のように感じてしまっている人が多いせいであるだろう。

実際は「日本が分断される恐れ」は何度もあったわけだ。先の大戦の敗戦のときだけでなく
明治維新でも「他国の軍事的援助」を受けてしまっていれば、、、また戦国時代でも「キリスト教布教に
寛容であった」ならば、、、枠組みの危機は増したわけだ。
危機が生じていない時期に無関心でいることはやむをえないかもしれないが、政治思想という場所で
そういう態度は論外。

で、歴史の板ではないとか言う香具師がいるが「枠組み」の話が歴史と無関係にできるわけもなく
また「今のわれわれが変えてはいけないこと」と考えられていることは多数有るわけで歴史を無視して
政治思想が語れるわけもない。

494 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 13:28:17 ID:???
れ電波が答えれない問題点
「天皇に関する制度を国民が継続するという意思を示して継続したことがある」のか?

そしてもっとも電波なのが
「 偶然やその時々の為政者の都合の結果であると考えるのは国づくりという意味においてあまりにも楽観主義過ぎると俺は思っている。」 と言っている点
これでは、天皇は絶対必要だったと言っているようなもの

天皇は統治システムにおいてもっとも歴史上、極々ありふれたシステム
その証明は現在北朝鮮で金を祭り上げているシステムと同じだ解釈すればよい
または満州帝國で日本がどのようなシステムで統治をしていたか考えればよい

そして、れ電波が歴史を知らない証明は「明治維新でも「他国の軍事的援助」を受けてしまっていれば、、、」と言う言葉だ
武器の供給が他国からあったこと知らないらしい

天皇は一種の宗教である
これはれ電波自身が「また戦国時代でも「キリスト教布教に寛容であった」ならば、、、枠組みの危機は増したわけだ。」と言っている
れ電波は認めたくないだろうがな

495 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 13:30:34 ID:???
>>494
>「天皇に関する制度を国民が継続するという意思を示して継続したことがある」のか?
現憲法の制定過程も知らないのか?
明治憲法下の普通選挙により選ばれた国民の代表たる国会で承認が得られているだろう。
無知は哀れだよね。

496 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 13:55:56 ID:???
>明治憲法下の普通選挙により選ばれた国民の代表たる国会で承認が得られているだろう。
バーターだろうな。
アメリカは民主化しろというし、国民からしても軍国主義が維持されるよりは民主制の方が
はるかに望ましい。天皇条項が天皇の政治的権能を剥奪しているなら国の機関に残すのは
許容範囲という事だったのだろう。実権がなければ、悪用される可能性もない訳だからね。


497 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 13:58:19 ID:???
>>496
そんなことをいい始めたら、そんな事情がなくなってから憲法改正論が出ていないなどの事象も
「実質的に認めてきたことになる」とかいくらでもいうことはできるわけだが・・・。


498 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 14:03:59 ID:???
れ電波復活記念パピコ

499 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 14:04:38 ID:???
つうか、国民の意思を得られていないと思うなら、「天皇制を残すことについての国民投票」でも
呼びかけてみればいいじゃない。w「象徴天皇制」について「憲法調査会の調べ」では
圧倒的多数が支持していると記憶しているが・・・。

事実、天皇制廃止を公約に掲げる政党もないし・・・。

500 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 14:06:29 ID:???
れ電波が答えれない問題点
「天皇に関する事は政治思想の範囲外」ということ。

「政治思想でいう国とはステイトの事だが、れのいう国はそこからはみ出している」ということ。



501 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 14:10:31 ID:???
>そんなことをいい始めたら、
憲法制定史の常識だよ。君がそれを知らないからって噛みつくなよ。
天皇の無力化は日本国憲法制定の根幹の一つだったんだから。


502 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 15:00:28 ID:???
この議論でそんなことを言い始めたら・・・といっているわけだが・・・w

つうか現憲法無効論でもいい始める気なのか?www
無効な憲法の天皇制などどうでもいいだろう、それとも何か?現憲法は正当だけども
それは国会決議と関係がない・・・とでも言うのかね。

米国様がくれたから正当なのか?それともポ宣言が正義だからか?www
現憲法がわが国において正当だといえる根拠は「国会の承認の上で交付されている・前憲法
との継続性がある・それ以降60年にわたって無効を訴える勢力がほとんどないなどの複合的な要素で
かろうじて正当である」というか「人類普遍の理念に基づいているから正当だ」というかどっちかだろう。

後者なら単なる馬鹿だし、前者なら、黒海の決議はひとつの重要な要素だろうよ。

つうか「国民に認められたことがあるかと聞くから、有ると回答してやっているわけで、
天皇の無力化も制定史もなど何の関係もないだろ。

503 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 15:08:39 ID:???
やけにハイテンションだね。
何かに取り付かれてるみたいなレスだけど、大丈夫?


504 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 15:28:15 ID:???
大丈夫。

505 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 16:32:00 ID:???
499 名前:れ ◆r0FmiN9ADk メェル:sage 投稿日:2007/03/25(日) 14:04:38 ID:???
つうか、国民の意思を得られていないと思うなら、「天皇制を残すことについての国民投票」でも
呼びかけてみればいいじゃない。w「象徴天皇制」について「憲法調査会の調べ」では
圧倒的多数が支持していると記憶しているが・・・。

事実、天皇制廃止を公約に掲げる政党もないし・・・。



 ↑この発想は政治思想じゃないだろ。強制力のないアンケートに何ら説得力はない。
 すぐこれだよ。逆ギレ電波れ

506 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 16:58:47 ID:???
アンケートに説得力がないから「国民投票」デモすれば?と書いてあると思うが・・・。

大丈夫じゃない○○は、どうにもならないなぁ。www

507 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 17:08:03 ID:???
つうか、うえのほうの議論でもわかるわけだが、>>505のような虫並みの香具師は別として
天皇制を廃止する意見」には「過去の歴史などに育まれたわが国の枠組み」は肯定するが
「天皇に関する公的な制度は廃止する」という意見の人と、
そうではない意見の人(俺にはよくわからないが枠組みは別の何かから創出する、あるいは創出されたと
考える人)がいるわけで、まじめな議論なら、まず自己の立脚点を提示してステハンでもつけてくれないと
深い議論など望めないよね。

あるときは「過去を継承して天皇制廃止論、あるときは過去の全否定」の人がいるとしたら
こっちはやってられない罠。一緒くたに見られて痛痒さえ感じない人なら真摯な議論を求めているはずも
ないしねぇ。

508 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 17:23:02 ID:???
506 名前:れ ◆r0FmiN9ADk メェル:sage 投稿日:2007/03/25(日) 16:58:47 ID:???
アンケートに説得力がないから「国民投票」デモすれば?と書いてあると思うが・・・。

大丈夫じゃない○○は、どうにもならないなぁ。www


 していないものを勝手に空想するのが君の政治思想かい?

 大丈夫じゃないれ電波は、どうにもならないなぁ。www


509 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 17:26:05 ID:???
意味が不明になってきたなぁ、していないのだから、すればいいじゃない?と
いっているわけだが・・・。虫並みの読解力に付き合うのはやめておこうかなぁ。

510 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 17:56:30 ID:???
>>495
かわいそうに無知な人だね
明治維新が尊皇攘夷で天皇祭り上げて行ったことも知らないの?
大義として掲げたのだから、その後出来上がる新たな統治システムからはずすことはない
それは国民の意思ではない、それこそ国民投票で決まったのか?
国民が決めたのは議員までで、それ以降の議員の行動まで国民の意思だとでも思っているのか?
簡単に統治するために今までの見せかけの権威を利用しただけ、北朝鮮と同じシステムなんだよ電波

ノミ並の知能では、理解できないか?

511 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 18:02:22 ID:???
 意味が判らない・・・    | ここか? ここがええんか かんじるか? どこや ここか? !
 ぶうっ!|   阪京 ◆bezF5JWhVY          ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___
        ヽ_ .ィ,/ノ    'f´;;;;;`i'  u     ./  ニニ',
           `‐-へ,_ (:⌒ };;;;r‐;{ ⌒,ヽ  /ヽ. ト.二ニ'´
             `'ー--};;__;;;;;}---―.'´   `'
     自分も入らず、入ろうとしている人々をも入らせないのだ
              (:.. r− |;;;y;;;;;イ
          みかんを食べても味がしない・    ト-‐―-イ          !
 ぶうっ!|   ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
ノミ並のマラでは、のみこめないか? いやあニダー君、君の発言こそが正しい朝鮮人其の物だ。
、、、亜紀ちゃんは手の平に収まるくらいでちょうどええか。


512 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 18:05:01 ID:???
>>510
 現  憲  法   の制定過程  と書いてあるんでそのレスは明治維新のはなしはしていません。
虫並みの読解力がまたもや炸裂ですねぇ。ニヤニヤ

513 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 18:15:26 ID:???
>>510
悪いが少し引っ込んでいてくれ。

514 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 19:37:24 ID:EHhUNBnB
自分は30代までは天皇には意義を感じなかった。
40代になり世界中に行き来しているうちに考えが変わった。
ヨーロッパ、アメリカ等の先進国だけでなく、南米、アフリカ、アジアの諸国
の人達は皆口をそろえて言います。
「日本には偉大な皇室があって羨ましい」と。
最初は何故?とも思いましたが、世界中何処に行っても皆本心から言う。
そして皇室のことは日本が自ら宣伝しなくても、外国ではよく知られています。
何故「良い」のか?「羨ましい」のか? は簡単には言えないけれど。


515 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 19:53:07 ID:???
509 名前:れ ◆r0FmiN9ADk メェル:sage 投稿日:2007/03/25(日) 17:26:05 ID:???
意味が不明になってきたなぁ、していないのだから、すればいいじゃない?と
いっているわけだが・・・。虫並みの読解力に付き合うのはやめておこうかなぁ。


 「すればいいじゃない?」って現実にはしていないんだから、根拠にすることはおかしいと言っているのだよ。
 「国民の意思」をアンケートに頼るれ電波。大手新聞やテレビのアンケートを鵜呑みにするれ電波。
 国民投票がなされていないのだから、国民の意思は得られているとするのはおかしい。得られていないとするのもおかしい。国民の意思確認は得ていないが。

 それに、国民投票ってのは、国民皆が皆、君のよう那崇高なる政治思想を持って投票するものではないのだから、そこに政治思想的根拠を持ってこられても、そんなのは政治思想ではない。

516 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/25(日) 20:38:00 ID:???
>>515
根拠にしていないんだから何の問題もないわけだが「根拠にしていると読解している」から
未詩歌に降格かなwww もう相手にしないかも。


>>514
やっぱり、国としての伝統が継続しているというのは大きいんじゃないでしょうかね。
ここの議論でもよ〜くわかるんですが「日本人」「日本国民」という枠組みについて
天皇制に批判的な人さえ無条件に有りてあるものだと考えていて揺らぎがない。

わが国のことはわれわれが決めるんだ!というときに、わが国というフレーム、国民という
フレームについて一切の疑念が生じない国というのは、なかなか貴重ではないかなぁと
思うわけです。別にそれが直接的に天皇の寄与によって成っているなどというつもりは毛頭
ないけれども、そのような一切の疑念を持たないほどに確立してしまっている枠組みは歴史
的継続性によっているんだろうし、それを象徴しているのが皇室であると考えれば、足元の
不安定な国ではうらやましがられるのは当然という気がしますね。

考えてみれば、英国だって足元は不安定なわけで・・・。

517 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 20:58:55 ID:???
>>512
おい「明治憲法下の普通選挙により選ばれた国民の代表たる」と言っていることも忘れたか?
つまりお前は、国民の意思を前憲法をもっていっているわけよ
明治憲法まで遡っているのにその成り立ちを無視か?
現憲法も、国民の意思が反映した結果のものではない
この現憲法の成り立ちも知らないのか?れ電波?
揚げ足でも取ったつもりだろうが、ノミ並知能では深くは考えないようだな

518 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 21:50:49 ID:???
516 名前:れ ◆r0FmiN9ADk メェル:sage 投稿日:2007/03/25(日) 20:38:00 ID:???

根拠にしていないんだから何の問題もないわけだが「根拠にしていると読解している」から
未詩歌に降格かなwww もう相手にしないかも。

 国民の意思を得られたと思ってるんじゃないの?その根拠は?
 国民の意思を得られていないのなら、廃止しかないよw

519 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/25(日) 22:23:54 ID:???
>>491
> 十分わかっていまっすよ。そういう選択肢も論理的にあると・・・。

 でも、認めようとしないじゃない。

>人権の侵害(あるいは過度の制限)があるならば、それを改める
手段はあるわけで廃止の理由にはならない。(何度目だろうね)

 血統を根拠に継承順位を決定しているのが天皇制。国民は血統を根拠にそこまで決定されていない。つまり人権蹂躙。
 そして、血統を根拠にする決定こそが天皇制の存在意義である。そこを改めたら天皇制を維持する意味はなくなってしまう。だったら廃止しかないのです。

>時代遅れという表現は「進歩主義者という時代から置き去りにされた人々w」の妄言ですよ。

 進歩主義者が進歩し過ぎちゃってる、ってのには同意だけど、ここではその対立軸で論じていない。勝手にレッテルを貼らないで下さいな。

>「リボリューション」さえ「戻る」ことを意味するはずだぜ。

 その時に戻らなかったら時代遅れです。一方方向に進歩するんじゃなくて、其の場その場で変わらなかったら時代遅れです。

>国民国家という考え方が間違っているという余地もあるよね。

 私は皇族も日本国の一員なんだから国民と同等の権利と義務を付与すべきという考えなんだけど、それは間違ってる?

520 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/25(日) 22:24:56 ID:???
>>493
>おれは、「天皇に関する制度を国民が廃止するという意思を示して廃止することはやむをえない」
と初期の段階で表明していて、それは変わっていない。

 この表明では>>492でいう「廃止の仕方による」には一切触れていないんだけど・・・
 どの廃止の仕方でもやむをえないと受け入れるなら、それでは別の名無しが指摘してるように政治思想ではないよ。
 国民の意思と政治思想とは必ずしも連動していない。国民の意思こそが絶対であり、政治思想的にも正しいとする態度は(だから受け入れるのだろう)論外。

>これを偶然やその時々の為政者の都合の結果であると考えるのは
国づくりという意味においてあまりにも楽観主義過ぎると俺は思っている。

 偶然ではない。必然でもない。蓋然。
 大王、摂関政治、武家政権、明治政府、象徴・・・天皇がその都度存在意義を変えてきたのは為政者の都合の結果である。

> それは「わが国という枠組みの危機」が「先の大戦の敗戦」以外になく、それも乗り越えてしまったがゆえに

 乗り越えていない。昭和天皇の戦争責任は乗り越えたのではなく、GHQの高度な政治的判断によって灰色のまま。白黒付けて残ったならまだしも、デモシカで残っているに過ぎない。乗り越えないまま有耶無耶。

>で、歴史の板ではないとか言う香具師がいるが「枠組み」の話が歴史と無関係にできるわけもなく
また「今のわれわれが変えてはいけないこと」と考えられていることは多数有るわけで歴史を無視して
政治思想が語れるわけもない。

 突っ込んでほしいの?
 >>492で君が言ってるように廃止の仕方によっては「今のわれわれが変えてはいけないこと」ではないんだよ。
 歴史を重んじ、過去に囚われるのは構わないが、君は過去しか見ていない。今の天皇制をみていない。
 国鉄も郵便局も民営化した。皇族も民営化した方がいいんじゃない?

521 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 23:03:08 ID:???
れ電波が答えれない問題点
「天皇に関する事は政治思想の範囲外」ということ。

「政治思想でいう国とはステイトの事だが、れのいう国はそこからはみ出している」ということ。

「天皇は政治の枠組みの外の存在なので憲法や法律で行動を規定できない」ということ。


522 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 23:12:01 ID:???
>>519

れと議論するにはレベルが低すぎる。

憲法は統治権力の行動を規定するものである。
つまり現代の天皇制は統治権力が天皇に何をお願いできるか書いてあるだけ。

明治憲法から君臨しても統治せずというのが天皇の国家に対する一貫した態度。
「政策は国会で決める」という事実と「天皇が全てを決める」という
民衆の認識の間にギャップがある「顕密体制」と呼ばれる状態になった場合
天皇側の立憲君主制や民主主義の為の機関として振る舞おうという意志に関わらず
テオクラシーに落ち入り暴走したのが先の大戦。

523 :右や左の名無し様:2007/03/25(日) 23:59:57 ID:JfBKPXfs
>>522
れ氏の言説や思想には同意できない部分も多々あるが、彼の秀逸な部分は保守思想でありながら確信犯的に天皇を政(まつりごと)の御輿には乗せようとはせず、天皇は政治の範囲外の存在として規定していること(多分)。
これは保守思想としてはかなり秀逸。

ただし、国民をアイデンティフィケーションさせる対象を天皇に求めないが故、国家の同一性を保つ為の価値観について思想的矛盾はちらほらみられるが、それでもそこらの右翼より説得力はあるし、彼と議論をするだけでも2ちゃんに入る価値はある。

天皇制をなくすべきだと考えるのならば、国家の同一性を保つ為に何が必要なのかを右翼の方々にも説得力ある形で提示しなければならない。
まぁそれが出来れば立派に学者やれますけど。

524 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 00:06:24 ID:JsnTtudM
>>523
アンカー間違えた。

525 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/26(月) 00:57:27 ID:???
>>522
 何についてレスを付けているの?
 憲法については私は何ら言及していないんだけど。

>憲法は統治権力の行動を規定するものである。

 これは恣意的だね。憲法とは国家を規定するもの。統治権力だけではないよ(大部分だけど)。
 天皇は国事行為をする地位にあり、国家機関。だったら規定の対象にある。

>つまり現代の天皇制は統治権力が天皇に何をお願いできるか書いてあるだけ。

 具体的に。バイアスがかかってますよ。

> 明治憲法から君臨しても統治せずというのが天皇の国家に対する一貫した態度。

 大日本帝国憲法ではその規定はなかった。

>テオクラシーに落ち入り暴走したのが先の大戦。

 ならば統治していたんだよね。

526 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/26(月) 09:01:17 ID:???
>>519
認めるも認めないも、必然性といっている。
蹂躙という言葉の意味からはじめましょう。w
変化する前提は進歩主義です。変わる必然があるかどうかが問題で、変わる必然が
「人権蹂躙」なんだから論外。血統で日本国民たる地位を受けている人が何を言うw

>>523
俺は現憲法下の「国政に権能を一切持たない状況」が皇室の伝統の本質を最も純化した
状況でと考えている。(そこまで純化することが好ましいかどうかはともあれ)
「みなで決めてみなで行うと」いう、日本の人々が優位とする根源的な価値観のなかで、
それを「みなの決定として表現する地位」として天皇を位置づけている。
決定の手段は「話し合いによる合意」が最も好ましいとしても、武力による決定も決定であり
決定の手段さえ皆にゆだねてきた。「みなの決定であるかどうかの状況判断」はするものの
決定内容に異論は挟まない・・・そういう意味で現憲法は本質に近い。

歴史を見るときに「朝廷」と「天皇」を厳格に区分すれば、天皇の本質はそこにある。

527 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/26(月) 09:19:29 ID:???
>>519
>私は皇族も日本国の一員なんだから国民と同等の権利と義務を付与すべきという考えなんだけど、
>それは間違ってる?
別にそう考える人を間違っているなどとは言いませんよ、えぇ。
ただ現実に「公務員」は自由に発言ができなかったり(裁判官など)、自由に居住地を選べなかった
り(兵士や警察官)、プライバシーがなかったり)総理大臣)、仕事を許可なくやめられなかったり(議員)し
ますよね。そういう合理的理由がある制限の限界を超えているという証明と、その限界を超えないように
是正したらっ天皇制が維持できない証明をしないと「廃止」に説得力がないとおもいます。

つうか、国民国家という話とずれちゃっているし。

>>520の一段目は論外ですよ。政治思想とは価値の序列を語ることなんで、皆が決定したことが一番
大切であるという価値観について語るのは、政治思想ですよ。

二段目は「為政者の都合なら排除する選択が最も正しいでしょ?明治維新を見れば理解できるはず。
排除することが最も安定するはずなのに上位権威を残すんだから、為政者の都合というのは間違い。

後のことはレベル以下なんで放置。

528 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/26(月) 09:31:24 ID:???
ポ宣言の受諾について最も重要だったことは国体の維持です。
国体とは文字通り国の体のことでわたしの言う「国の枠組み」のことです。

わが国という枠組みを維持することを明治政府は求めています。
我が国の枠組みが明治憲法下においては「皇統」とされてきたことは事実です。
明治立憲の際の伊藤博文の「国家機軸」の公式発言がそれを物語っています。

さて、ひるがえって、私の言う国の枠組み・伊藤博文が表現するところの国家機軸
そして人によっては国柄などとも表現されているそれは、現憲法においては
どこに求められるのか・・・ということです。いまだに皇統であるといっているつもりはありませんし、
明治立憲までの公文書を見ても「皇統に象徴される古きよき時代への回帰・復古」が
述べられていますから、明治憲法においても皇統が国家機軸ではなく、皇統が象徴する
古きよき時代(いつのことだという突込みをする人は、社会契約説における契約の時期を明示し
たうえで突っ込みましょうw)の状況こそが、明治憲法における国家機軸であるといえます。

現憲法における国家機軸は何なのか・・・それは我が国が我が国の独立を維持しなければなら
ない必然の説明になっているはずです。日本人がユニークな価値観を有志、その価値観が好ましく
その価値観に基づいて歴史的に継続しているとしたら、その価値観とは何でしょう・・・という話でも
あります。こういう話に耐えられる言論をお待ちします。

529 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 12:28:55 ID:???
>>526
>俺は現憲法下の「国政に権能を一切持たない状況」が皇室の伝統の本質を最も純化した
>状況でと考えている。(そこまで純化することが好ましいかどうかはともあれ)
天皇制を積極的に肯定する姿勢を取る側からすればそうした認識になるのは理解できるよ。
しかし、それと対峙した姿勢の発言をしたところで対立軸が鮮明になるだけで余り意味はない。
君のように積極的支持者もいれば、積極的不支持者もいるというのは議論の命題としては
あくなき平行線をたどるだけで、いささか客観性に欠ける。現実としては大多数の無関心層が
キャスティングボードを握っている訳だ。政治思想としての天皇制を語るなら、そうした
マジョリティーの存在を踏まえて考慮しなければ絵に描いた餅になる。


530 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 12:40:35 ID:???
>>525
天皇は国家機関ではない。
だから天皇が行うのは国政ではなく国事という。

また、国家とは排他的統治権、国民、国土の三要素に規定されるもので
憲法では規定されない部分も含まれている。
政府が天皇に頼んで良いことが憲法に書いてあるだけで
天皇が「国事行為なんてやりたくないです」と言ったらそれでおしまい。
天皇は国家に一切縛られていない。

531 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 12:46:25 ID:???
>>528
国家機軸となる宗教があってもその社会工学的なシステム
は政治思想ではない。

532 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/26(月) 13:03:30 ID:???
>>529
存在意義スレで皇室制度の本質の議論に意味がないといわれても・・・w

>>530
天皇という地位が行う」国事行為は「国家機関としての行為」です。
国務は国政と国事に分かれます。(これ常識です。)

>>531
政治に関する価値の序列を論ずるのが政治思想なんですから、宗教や
さまざまな価値観によって構築された社会的なシステムは政治思想の
領域ですよ。w
社会工学などといったって、何かしらを好ましいとする価値観と無関係に
構築できるはずがないということを、DQNはもう少し考えて見ましょうね。

533 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 13:35:40 ID:???
>>532
天皇=国家機関という訳ではなく
国家機関に天皇がかかわっているだけのはなし。

あと、政治とかかわっていても宗教思想は政治思想ではない。

534 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/26(月) 15:46:45 ID:???
>>533
国家機関でないという説明がない。
国務を公的に行う地位が国家機関でないという理屈を頼む。

政治思想と宗教は密接である。宗教的価値観からくる政治思想などいくらもある。
そもそも、「理性という概念・自然法の概念」さえ宗教的であり、キリスト教の教えに
矛盾しないものになってはいる。矛盾しないというだけの話でそれ以上でもそれ以下でもないが
その価値観が採用されているのはキリスト教国が中心である事実はある。
(少なくともイスラムの社会において是とはされていない)

535 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/26(月) 16:48:32 ID:???
もう一回言っておくが「理性」とは宗教的な概念である。

「理性的」であることは好ましいと俺は思う。それは理路整然としていて冷静なさまを言うのだろうし
そういう態度が必要なことは理解している。(理解しているとしても常に俺がそうであるといっている
わけではないw)

しかし理性とは「人間に与えられた能力」のことである。冷静に物事を思考すれば正しい結論が得ら
れるという能力が人間個人に備わっているという考え方である。俺はこのことに同意しない。
すでに証明されているとおり、三つ以上の要素が関係する運動の結果は、予測できないのである。
複雑系である人間社会において「法則や正しさ」などないと知るべきである。

仮に正しいことがあるとするならば、そこに向かって一直線に進歩すればよく、世界はひとつの
法則によるシステムに収斂されてしまう。

われかならずしも聖にあらず。かれかならずしも愚にあらず。ともにこれ凡夫のみ。是非の理、
たれかよく定むべけんや。あいともに賢遇なること、鐶の端無きごとし。
を、俺は支持する(これは理性を否定している・・・ことはわかるよな。)

536 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/26(月) 22:13:51 ID:???
>>526
>認めるも認めないも、必然性といっている。

 歴史は蓋然性です。そこに必然性を求めるのは結果論。

>実際は「日本が分断される恐れ」は何度もあったわけだ。先の大戦の敗戦のときだけでなく
明治維新でも「他国の軍事的援助」を受けてしまっていれば、、、また戦国時代でも「キリスト教布教に
寛容であった」ならば、、、枠組みの危機は増したわけだ。
危機が生じていない時期に無関心でいることはやむをえないかもしれないが、政治思想という場所で
そういう態度は論外。(>>493

 先の大戦の敗戦のときに分断されなかった必然、明治維新で「他国の軍事的援助」を受けなかった必然、戦国時代でも「キリスト教布教に
寛容でなかった必然。
 君の論だとそこに必然がなければおかしい。「恐れ」を認めてる時点で・・・

537 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 22:47:42 ID:???
>>534
>国家機関でないという説明がない。
>国務を公的に行う地位が国家機関でないという理屈を頼む。

日本の国家機関は、日本の官公庁・国会・裁判所を一覧にしたもの。

国家行政組織法において「国の行政機関」と定める省とそれらの外局(委員会、庁)
および、内閣府設置法に定める内閣府とその外局(委員会、庁)。
衆議院、参議院、裁判官訴追委員会、裁判官弾劾裁判所、国立国会図書館で構成された国会。
裁判所、会計検査院、日本銀行。
以上が日本の国家機関。

国務を公的に行っても国家機関ではない。




>政治思想と宗教は密接である。宗教的価値観からくる政治思想などいくらもある。
密接であって一体では無い。
自ら政治思想と宗教思想は別物だと認めているじゃないか(w

538 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/26(月) 23:14:38 ID:???
>血統で日本国民たる地位を受けている人が何を言うw

 血統を根拠に継承順位を決定しているのが天皇制。国民は血統を根拠にそこまで決定されていない。つまり人権蹂躙。
 単に血統で地位を保障されるのと、職業選択の自由までも奪われるのでは人権侵害の度合いが違い過ぎる。人権という言葉の意味からはじめましょう。w

>変化する前提は進歩主義です。変わる必然があるかどうかが問題で、変わる必然が 「人権蹂躙」なんだから論外。

 人権は重要ですよ。人権が考慮されない君の態度こそが人権蹂躙です。

>ただ現実に「公務員」は自由に発言ができなかったり・・・・(議員)し
ますよね。そういう合理的理由がある制限の限界を超えているという証明と、

 ポイントがずれている。
 公務員、裁判官、兵士、警察官、総理大臣、議員、いずれも、職業選択の自由の結果自らが選択した社会的地位。選択するのも自由だし、そこにある制限がイヤなら選ばなきゃよい。
 ところが皇族には最初から選択する自由がない(血統で決定してしまっている)。最初から自由な発言はできず、自由に居住地を選べなかったり、プライバシーがなかったり、仕事を許可なくやめられなかったり。
 皇族という地位にそういった制限があることが合理的かではなく、皇族に生まれたら自らの意思に関わらずそういった制限が最初から課せられることが問題。


539 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/26(月) 23:17:42 ID:???
>その限界を超えないように
是正したらっ天皇制が維持できない証明をしないと「廃止」に説得力がないとおもいます。

 皇族という地位にこういう制限があるのは象徴という地位の性格上個人的には妥当であると思う。だいたい
>「みなで決めてみなで行うと」いう、日本の人々が優位とする根源的な価値観のなかで、
それを「みなの決定として表現する地位」として天皇を位置づけている
 なら、それは通常の国民とは隔絶した想像を絶する以上のプレッシャーですよ。制限も当然あってしかるべきです。
 問題はそれをどうやって選ぶかです。血統によれば人権上問題ありです。最初から社会的にプレッシャーのある地位に追いやられ、しかもその地位には制限があり自由がない。明らかに合理的理由がある制限の限界を超えている。
 皇族にそういったことを問題にした人はいない、だから納得しているというのは、虐められている人がいるのに訴える機会がないからいじめはなかったとするのと同様、全く無意味な論調である。そういったことをする機会が一切ないのだから。
 皇族が皇族でいることに納得しているというなら、本当に皇族の自由意思に委ねるべきである。
それを証明するには、現状のように制限を課した上で皇室会議で審議するのではなく、国民と同様、当然に権利と義務を付与されていなければならない。(君が皇族と、公務員、兵士と同列にみたように)

 君は皇族の職業選択の自由についてどうおもっているのか?参政権がないことをどう思っているのか?
 君がこうやって天皇制を自由に論議できるのも人権のおかげなのですよ。それができないのが皇族本人たちです。

540 :右や左の名無し様:2007/03/26(月) 23:31:23 ID:???
>君は皇族の職業選択の自由についてどうおもっているのか?

皇族が国民ではない証拠。

541 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 00:35:21 ID:???
「現憲法における国家機軸は何なのか・・・それは我が国が我が国の独立を維持しなければなら
ない必然の説明になっているはずです。日本人がユニークな価値観を有志、その価値観が好ましく
その価値観に基づいて歴史的に継続しているとしたら、その価値観とは何でしょう・・・という話でも
あります。こういう話に耐えられる言論をお待ちします。 」
↑ ↑ ↑
電 波 だ

天皇を価値観とすること自体、すでに共通価値観電波
国の枠組みに天皇を持ってくるのも皇統電波
国民の意思だと平気で言うことも歴史オンチ電波
天皇がどの時代においても最上級の上位だというのもポチ電波

542 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 00:53:56 ID:E7aXp4bn
>>541
そうか?それなりにまともな事言ってると思うが。

543 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 00:58:10 ID:???
>>542
まともか?
それ以前に何が言いたいのか明確ではない無駄に長い文章
>>1の注意事項通り


544 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/27(火) 00:58:16 ID:B2kMQzQS
種族が違うから。

545 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 04:55:07 ID:???
つまり少なくとも3種類の種族がいるわけだな?w

546 :散歩中:2007/03/27(火) 13:05:44 ID:???
>>536
今後の改変について必要性を検討しないでどうするの・・・。w
結果に対して必然性を俺は述べていない。  読解の瑕疵なのかな?

>>537
>国務を公的に行っても国家機関ではない。
だからその説明・理屈を頼む。w
政治思想と宗教思想はいったいではないが、宗教思想としての政治思想の存在は
排除していない。
>>538
血統によって遺産分配などの順位を決定されていますよね、国民も・・・。w
血統に基づく身分によって、扶養義務の順位も決定されています。

>公務員、裁判官、兵士、警察官、総理大臣、議員、いずれも、職業選択の自由の結果
>自らが選択した社会的地位。選択するのも自由だし、そこにある制限がイヤなら選ばなきゃよい。
いや、だから、皇族からの離脱や天皇即位の拒否権などを盛り込んだ典範改正の理由には
なるけれども、廃止の理由にはならないと何度も言っている。

いろいろと書いてあるが、プレッシャーなら最高裁判事だろうが国会議長・総理だろうが有る。
その地位に着くに自由意志が表明できるのならば何の問題もないという結論だろう。
プレッシャーはあるがその地位に着くことで公に貢献したい意思が、総理であり最高裁判事の
職に就く動機だとすれば、同じ動機を皇族が持ち得ないという思い込みは論外。
 はっきり言うと、皇室離脱の自由と即位拒否の自由を付したとしても皇室の伝統と何の
 矛盾も生じないし、皇室は維持され続ける余地がある。(維持できるよう皇室典範における
 皇族の範囲を広げることも視野に入れれば、人権の問題など解消する・・・ただし人権の侵害が
 あり、限界を超えていると仮定しての話である。)そう考える人権至上主義者たちは、憲法改正に
 よらなければできない天皇制の廃止より、皇室典範の改定を望み、そのような運動が起きるは
 ずであるが、そんな動きは聞いたことがない。つまり、本気で人権侵害が有り問題であると考える人が
 きわめて少数で、初めに廃止ありきの結論の上での 人 権 利 用 でしかないだろう。)

本気で皇族の人権など考えていない似非人権主義者の屁理屈など、聞いていられない罠。

547 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 13:06:45 ID:???
ありゃ、HN]間違えた。


548 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 13:26:48 ID:???
しかし「似非人権主義」のいんちき議論にはあきれるばかりである。

「皇族や天皇の人権を守りたい」ならば、「財産権の侵害」もしやに入れるだろうよ、普通。
つぶさに検討していないことは見えミエなんだよな。

われわれ国民の意思が憲法に反映しているとするならば、皇室財産を国庫に編入したこと
さえ、財産権の侵害だろうよ。人権と騒ぐ香具師は、まず財産権についてコメントしろよ。
 「憲法制定以前の状況に原状回復が妥当」だろ?60年間の利息と使用料を付して
皇族に返還し、また内廷皇族以外には「報酬的費用の支出はない」のだからそれも計算して
支払うべし・・・と人権至上主義者なら言うはずである。
プレッシャーのある地位につけておくことが侵害であるならば、そのことに対する慰謝料
(人権侵害は慰謝料が発生するよな)も支出を見込まねばならない。

「血統による継承」も「皇室財産の国庫編入」も国民が憲法で決めた何じゃないのかよ。
それならば、現状からの開放だけで許されるわけもないだろう。(本気ならばそういう始点に立てるはずだ。)

549 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 15:08:24 ID:???
また電波が、トチ狂ったことを言ってるよ
元々天皇の財産は搾取の結果
そんなことを言うなら、明治以降徳川に財産全て返したか?
慰謝料?これまた電波な事をwww
逆に国民から不当な優遇差別と声が出ないだけでも、有難いと思え

「血統による継承」も「皇室財産の国庫編入」も国民が憲法で決めた何じゃないのかよ。

さらに電波
国民が憲法決めた?国民投票でもあったのか?本当に無知だなww



550 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 15:15:54 ID:???
>>549
>元々天皇の財産は搾取の結果
具体的に証明せよ。
>そんなことを言うなら、明治以降徳川に財産全て返したか?
徳川の人権・財産権を認めるなら、そうすべきかも知れないなぁ。

お馬鹿な君に言うが、おれは「仮に人権に基づいて皇族天皇を解放したいとおまえらが本気で
望むならば」そう主張すべきだといっている。何、頓珍漢なことを言っているのだね。

>国民が憲法決めた?国民投票でもあったのか?
国民主権国家において国民が決めていないと思うなら、守る必要もないし、人権規定も
天皇制規定も関係ないのだろうから、ここに出入りする必要さえない。
国民主権国家の基本法は国民が決めたとみなすしかないだろうよ,ヴォケ!

おまえ、はっきりいっておいてやるが、俺に批判的な人の中でも、きっと迷惑だと思うぞ。w

551 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 15:29:01 ID:???
人権と旧皇室財産は関連づけて語る内容じゃないな。
そもそも旧憲法下では皇室財産は曖昧な国庫扱いもされていて、
大正期から昭和初期に急激に増やしたなんて経緯もあるからね。
あまりほじくり出すと、そこの問題を指摘される羽目になる。


552 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 15:39:26 ID:SScB1gHQ
>>545 南方や北方も居る訳だし適当に分けても4種類位が適当に妥協点を持って暮らして居る訳だが
後から参入した特定種が既存種を排除しようとする事は認められないだろう、共同体の中に於いて他の者の
存続権は自分の其れと同義だ、結果が見てみたいのなら試して見るがいい。

553 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 16:09:31 ID:???
まあ、常識的に考えれば、仮に皇室が民営化された場合、
現在の国で管理している皇室財産をどうするかという議論であれば妥当性はあるね。


554 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 16:40:30 ID:???
>>551
財産権は認めようと人権はなら言うはずだし、財産形成について何か問題があるようなことがあるなら
指摘すればよいが、あいまいだった・何か不正があったという指摘は当たらないんじゃない?

明治憲法下でも「皇室経済」は国庫と明確に分かれていて、皇室財産は自己完結可能だった制度
なんだから、やましい金のふやし方という指摘は聞いたことがない。

>>553
いや、仮に人権の視点から民営化(w)するなら、返還しかないだろうといっているんだよ。
財産権も重要な権利だからねぇ。60年間も侵害していたなら原状回復が「人権派」の人々の
 当 然 の 主 張 のはずだが・・・。

555 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 17:04:22 ID:???
>>546

>>537
>日本の国家機関は、日本の官公庁、国会、裁判所を一覧にしたもの。

天皇は国家機関に含まれない。

556 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 17:08:24 ID:???
>>554
やれやれ・・・
戦前の皇室財産というのは国庫とある意味で同義の使われ方をしたんだよ。
それを天皇家の個人資産と認定することは合理性がないだろうと言ってるの。


557 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/27(火) 17:55:36 ID:SScB1gHQ
>>545 ああ、漏れ漏れ、コテを入れ忘れた。

558 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 17:55:53 ID:???
>>555
いや、だから・・・
国家機関とは何かと聞かれたときに「官公庁・国会・裁判所」だと答えるのは常識的だけれども
「天皇は国家機関ではない」と断言する材料にはならないでしょ?
国家機関といえる要素は何?天皇はその要素の当てはまらないの?という理屈を聞いているんだが・・・。

>>556
少なくとも「天皇家の財布」などでは俺の言うような表現をしているよね。
「国家予算が厳しかったり予算成立しなかった場合などに、皇室財産が当てられる余地がある
という意味で同義の使われ方をする可能性はあったわけだが、しかし、投資家と同じように「皇族」が
投資してもよいだろうし、林業もやっていた。事実さまざまな株式を引き受けてもいた。
インサイダー的な行為があったならばともかくも、そういう事象はないのだから、
それが不正なことであるという証明がない限り、単なるいちゃもんでしょうよ。



559 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 17:58:43 ID:???
>>550
ならば、皇室の財産はどのように作られたか説明してみ
彼らは朝廷が出来て以来、税を納めてきたか?
民から税を摂取することで、財をなしている
電波には皇室の財産は天から授かったものにでも映るのか?

さらに電波は己の言ったことも忘れたようだな?
「われわれ国民の意思が憲法に反映しているとするならば、皇室財産を国庫に編入したこと
さえ、財産権の侵害だろうよ。」

このことに対し、徳川を出したが痛い理解しかしないなwww

さらに
「国民主権国家の基本法は国民が決めたとみなすしかないだろうよ」

これも痛いなw
つまり「みなし」であって、実際は違う
現憲法で国民主権が出来上がったのであって、それ以前は国民主権ではないのよ
それ以前に国民主権であったならその次に出来上がった憲法は、国民の意思と言えなくもないがな
それすらも、憲法に何を含め何を省くかそれこそ一つ一つ賛否を問えば、完全に国民の意思がある憲法と言える
前憲法も統治する者が決め、国民に与えたに過ぎない
それすら国民の意思だと言うのなら致命的な奴だと理解するがな

はっきり言ってやるが、お前はカルト教団の信者と同じ

560 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 18:02:40 ID:???
「英国王室」などのほうがはるかに「私的な投資」などを行っている。

明治憲法時代でも「厳格」に皇室財産は国庫と分別されており、国の予算の問題から
皇室財産が使われる余地は有るが、国庫から自由に皇室が支出できるわけもなく、そのような
事実もない。国会で議決できない皇室費用ではあるが、その支出の経緯はけして蓄財などを
国庫から行ったというような状況ではない。

搾取なんていう馬鹿がいるんだから始末に終えない。そんな事実があるなら、GHQは見逃さないだろうよ。
本来的には天皇制は廃止したかったわけで、血税で私服を肥やしていた事実が仮にあれば、間違いなく
それを喧伝し天皇制廃止をもくろむに決まっている。

561 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/27(火) 18:02:49 ID:TtfXJ6/Z
>>556 ほうほう、そうすんと国庫を取り上げられてしまった分の補償を
天ちゃんにしてやれて話しかあ?漏れでも其処まではちょっと・・・

562 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 18:05:53 ID:???
>>559
何を言っているの?搾取という意味からはじめなきゃならんのか?
税金をすべて搾取という香具師は論外だよ?

>憲法で国民主権が出来上がったのであって、それ以前は国民主権ではないのよ
笑いすぎて、腹が痛い。

563 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 18:05:58 ID:vwfIwIH/
共産党


黙ってろ

564 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/27(火) 18:09:13 ID:TtfXJ6/Z
>>559 そんなん言う前に藻舞がどうやって税を納める社会基盤を甘受して来たかを説明しやがれ。

はっきり言ってやるが、お前は社会基盤を用意された日本に密入国して来た挙句に日本社会に文句を言ってる
カルト教団の信者のチョンと同じ


565 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 19:34:14 ID:???
>>560
だから皇室の財産はどのように作られたのか説明してみ電波
それと国民主権が現憲法以前に有ったのか無かったのかも、はっきり言ってみろよwww

電波は何も答えないで、電波だけ飛ばすから電波なんだけどなwww
まあ、電波なお前には酷な質問だったなw

お前の代わりに同類の「ふざけた青木さん」が答えてもいいぞ
どうせ基地害な事言い始めるだろうがな

566 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 19:41:57 ID:???
>>565
俺はあんたの教師じゃないんだから「自説を述べたい」なら史実を元に開陳したまえよ。
いつのどういう史実が「搾取に該当する」のだね。www

少なくとも「明治憲法下の最後の選挙」は国民主権にのっとっていると思うけどね。

567 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 19:51:33 ID:???
よく「何も回答しない」とか言われることがあるが、別に回答する義務などない。

回答がもらえるレベルでないとあきらめることだ。何を甘えているんだろうといつも思う。
回答を得たかったら、回答をせざるを得ない、あるいは回答してみたくなる質問をすればよい。
自分のアフォさ加減を開陳しておいて、回答を求めること自体が「そもそも甘え」である。

しかし、それにしても粘着力だけは評価できるほどにしつこい。まぁ、粘着がないと
さびしい気持ちになみんでもない。w 今後も馬鹿をさらしながら電波認定をし続けてくれ。


568 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 19:52:03 ID:???
>>566
やっぱりなww
答えれないとそれか?

それと俺は「国民主権が現憲法以前に有ったのか無かったのか」と聞いているのよ
明治憲法は国民主権か?国民主権でない憲法の下で行われた選挙は、国民主権の選挙と言えるのか?
電波は「思うけどね」と断定できないようだな

569 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 19:54:45 ID:???
>>568
米国の占領下の主権者は誰なんだね。憲法は誰が制定(草案じゃないぞ)したのかね。
質問に回答がないという君は、俺の質問にも回答しようぜ。

570 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 20:05:50 ID:???
>>567
回答も出来ない電波の垂れ流しだものなwww
回答が出来ないイイワケ言って自分がさも正当だとか言っているの?

回答できもしないで、人に物言うなよ
主張だけならブログだけやっておけ電波なブログをな

>>569
憲法停止状態で米国の占領下の主権者はすくなくとも国民ではない
あるとすれば米国政府、さらに制定したのは暫定日本政府(イラクと同じ)
答えてもお前は俺の質問には、一切答えないのだろ?
それとも皇室の財産はどのように作られたのか説明出来るのか?








俺に質問を繰り返すことで、答えれないことを誤魔化すとみるwww

571 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 20:10:01 ID:???
明治憲法の主権者は国民ではないなぁ。で、誰がいつ日本に国民主権をもたらしたと考えているのかね。

例:明治憲法は天皇が主権者である。その明治憲法下の主権者たる天皇がポ宣言を受諾し、米国の草案を
  もとに天皇主権の明治政府が立案し、天皇主権の国会で承認されたから天皇が国民主権をもたらした。
  (違うよな)

例:明治憲法は天皇が主権者ではあるが、ポ宣言受諾・敗戦によって天皇は主権者ではなくなった。
  米国が主権者かどうかはさておき、米国指導の下に現憲法は制定されたから、米国が国民主権をもたらした。
  (」これもおかしいよな、こう考えてしまえば明らかに米国は国際法違反になり、不当な憲法に成り下がる。
   そう主張している右よりの人も多いけど)

例:明治憲法は天皇主権である。主権者が交代する改憲はありえない。形式的には明治憲法の改正だが
  主権者の交代はありえない以上、敗戦を革命と捉え(八月革命説)、それ以降 主権者たる国民の手に
  よって民主憲法が制定された。
  (俺はこれも違うと思うなぁ、君も、革命によって国民主権状況が存在したとは思っていないのだろ?
   天皇制廃止論者が最も好む理屈だけどね。)

さぁ、見本を書いておいたから、自分の意見を開陳しよう。


572 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 20:14:21 ID:???
憲法を停止し米国主導で改憲したなら、米国は国際法違反になるし、そんな憲法は無効に
なってしまうわけだが・・・。暫定政府といったって、正式文書に「大日本帝国憲法の改正である」と
明言されているんだし、それを米国と暫定政府が認めたということ?

大爆笑だね。

573 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 20:18:06 ID:???
>それとも皇室の財産はどのように作られたのか説明出来るのか?
いや、だから、君は搾取の結果といっているのだから、その根拠たる史実を出したまえよ。
(搾取であれなんであれ、)ないことを証明することはできない。(これ常識)
搾取があったと君が言っているんだから、人にないことを証明させず、あなたがあることを証明するのが
議論の常道。

こんなことも理解できないんだから、相手にするのは気が向いたときの気まぐれでしかない
わけだ。何かを他人に要求できるレベルじゃないだろ。廃止論者の中にはこういう場かもいるという見本として
当分粘着していてくれ。www

574 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/27(火) 20:38:34 ID:SScB1gHQ
>>565 藻舞には関係の無い歴史の中で作られた物だから大きな御世話なんだよエラ付き、
財産なんつったって、其の多くは土地が大半だろ?もし日本が藻舞裸チョウセンヒトモドキの国に
成ったら其れだけで価値は百分の一以下なんだよ、藻舞裸自体が
まともに相手する価値の無いつうか居るだけで物の価値が下がる病原体だ。

575 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 22:03:32 ID:???
>>571
はっきり俺は>>559で説明しているのに読めないか?
電波は読めないらしいなwww
>>572で慌てて説明していることに気付きでもしたのか?
それにな大元の前憲法を全て変えたわけではないのだから改正なんだよw
GHQにいろいろ指摘され、現憲法は出来上がったことはちょっと歴史知っていれば誰でも知っている
電波は日本が主導で現憲法が出来上がったとでも思っているのか?
さらに占領された状況とは独立を認められてない、ならばその政府が前憲法を振りかざせない状況下
こんなの判らないからなー電波はwww

>>573
何の根拠があって天皇は朝廷が出来て以来、税を取っていた?
これは一方的な支配において定まったこと
ならばそれは搾取

それで「皇室の財産はどのように作られたのか」の説明は?
皇室の財産があると電波はその過程を、説明できるのだろ?
やっぱり説明出来ないと、誤魔化し逃げる気だなwww
次スレの注意事項に追加要件だなw

>>574
基地害なことこの上なし

576 :右や左の名無し様:2007/03/27(火) 22:44:57 ID:???
>>558

>国家機関とは何かと聞かれたときに「官公庁・国会・裁判所」だと答えるのは常識的だけれども
>「天皇は国家機関ではない」と断言する材料にはならないでしょ?

は?
国家機関とは何かと聞かれたときに「官公庁・国会・裁判所」だと答えるのは常識的だから
「官公庁・国会・裁判所」に含まれない天皇は国家機関ではない。

>国家機関といえる要素は何?天皇はその要素の当てはまらないの?
国家機関といえる要素は「官公庁・国会・裁判所」
天皇は「官公庁・国会・裁判所」に含まれない。

天皇が国家機関だと言う根拠が無い。

『国事行為を行うべき国家機関』としての地位を天皇が有する。
この日本語からも天皇が国家機関と言う訳では無いってのは解るでしょ(w

577 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/28(水) 03:44:24 ID:k+WLuyQu
>>575 藻舞いに気違いて言われるて事は大丈夫そうだな、漏れは穢多を一匹
保健所に送ったし。

578 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/28(水) 12:14:27 ID:???
だめだこりゃ

579 :右や左の名無し様:2007/03/28(水) 12:33:18 ID:???
前回同様れ電波がまた逃げていく

580 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/28(水) 12:47:32 ID:???
馬鹿は妄想だけが信条だな。

581 :右や左の名無し様:2007/03/28(水) 13:35:13 ID:???
>>580
自己紹介ですか?

『国事行為を行うべき国家機関としての地位を有する天皇』であって
『国事行為を行うべき国家機関としての地位が天皇』
の区別がつかないんだから馬鹿だよね。

582 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/28(水) 14:37:03 ID:???
>>581
w 天皇という言葉を地位の名称と捉えるか、それとも、その地位にある人と捉えるか、あるいは
国事行為を行うと規定されている機関の名称と捉えるのか・・・そういう言葉の遣い方の問題
であって、お前がそういう、場面ごとの用法の違いを理解していないだけだろうよ。

摂政や臨時代行は、天皇の行為を行うことができるが、象徴性まではない。この意味がわかるなら、
お前の言っていることは頓珍漢・・・つまり時場所場面における天皇という言葉の用法の違いを
理解せず一元的に自分流の解釈だけでいちゃもんをつけていることが理解できるはずだが・・・無理だろう。

583 :右や左の名無し様:2007/03/28(水) 14:45:39 ID:???
地位は「象徴」、やるのは「天皇」だね。
天皇という地位は言わば皇族の地位の事であり、国家の仕組みに位置する役割としては
「象徴」と捉えるべき見識で正しい。単に「象徴」の地位が「天皇」だけに与えられている
実態があるというだけ。つまり、象徴という役割は天皇以外で可能であるなら、
他のスタイルを統治システムにしても問題はないんだよね。今のところ天皇が適任だと
考えられているからそうなっているという事だから。


584 :右や左の名無し様:2007/03/28(水) 14:56:39 ID:???
>>582
『国事行為を行うべき国家機関としての地位を有する天皇』だから
天皇は国家機関としての地位の名称ではない。

『国事行為を行うべき国家機関としての地位が天皇』
という日本語の場合天皇は国家機関としての地位の名称となる。

解釈以前の問題。

585 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/28(水) 14:57:24 ID:???
地位の名称が「象徴」ならば、「総理大臣は象徴が任命する」といわなければおかしいだろう。

つうか、それなら、なぜ摂政は象徴性がないことになるんだ? 摂政や臨時代行が任命するときに、
象徴たる地位を代理するならば、摂政は国事行為を行う場合に象徴という地位でなければまずいだろ。
しかし摂政は天皇の国事行為を代行することができるが象徴ではないとされているね。
(少なくともそういう議論がある)・・・象徴とは地位の名称であるということが一般的ならば、そんな議論
などおかしいだろうよ。

自分勝手な屁理屈を並べて、恥ずかしくないのか?

つうかこんな低レベルのことさえ書かないと逃げたとか言われるんだから、馬鹿は御しきれないなぁ。

586 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/28(水) 14:58:25 ID:???
>>584
一人でやっていろ。

587 :右や左の名無し様:2007/03/28(水) 15:08:34 ID:???
憲法に天皇は民族統合の象徴と定めてあるから
『国事行為を行うべき国家機関としての地位は民族統合の象徴』であり
天皇がその地位にあるとなる。


天皇が国事行為を行う国家機関であるという根拠がない。

588 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 00:26:45 ID:???
国家機関とは何かから始めるべきだと思うよ。

589 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 00:27:33 ID:???
つうか、れタン久しぶりでお疲れ様ですな。

590 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/29(木) 01:51:07 ID:???
>>546
>今後の改変について必要性を検討しないでどうするの・・・。w
結果に対して必然性を俺は述べていない。

 述べてないと言うなら

 先の大戦の敗戦のときに分断されなかった必然、明治維新で「他国の軍事的援助」を受けなかった必然、戦国時代でも「キリスト教布教に
寛容でなかった必然。

 について結果に対しての必然性でない必然性を述べてもらいたいね。
 君がその必然性を説明できたら、こっちも必然性を説明しますから。
 郵政民営化だって必然性があってなされたわけではなく、賛否両論あってなされたもの。拉致問題も国家としての存在意義に関わること(必然)だが、当然に強硬に主張し続ければ孤立するだけ。必然ってどこにあるの?って思うよ。
 どうも天皇制も白黒付けたくて存続or廃止という必然を求めるのが君の態度だけど、その態度はどうだろ?


591 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/29(木) 01:59:33 ID:???
>血統によって遺産分配などの順位を決定されていますよね、国民も・・・。w
血統に基づく身分によって、扶養義務の順位も決定されています。

 誰も「血統」を否定はしていませんが・・・。

>皇族からの離脱や天皇即位の拒否権などを盛り込んだ典範改正の理由には
なるけれども、廃止の理由にはならないと何度も言っている。

 そもそも、なぜ皇族と国民は別個で考えなければならないのですかね。ともに日本国を構成する一員なのだから一緒でいいじゃないですか。
 皇族は、国民にはない制限が課せられ、なぜ違う形(皇室典範)で人権を規定されねばならないのですか?

 国民の場合、最高裁判事や国会議員(両院議長)、総理大臣になることは決定していない(自由)。皇太子は天皇になることが決定している(不自由)。
 自由権というのは人権において最も基本的な要素の一つであり、自由だから意思に基づいて拒否できるのであり、不自由だから拒否できるという発想は本末転倒です。
 自由であることが前提であって不自由を拒否するのではない。皇族はなぜ不自由であることを強要されるんですか?自由であるためにわざわざそれを拒否しないといけないのですか?
 そう考えると制度の維持そのものが反自然人的、それが廃止の理由です。

>いろいろと書いてあるが、プレッシャーなら最高裁判事だろうが国会議長・総理だろうが有る。

 だから、自由な意思の結果プレッシャーの中にあえて身を投じるのと、最初から社会的にプレッシャーのある地位に追いやられ、しかもその地位には制限があり自由がないのとでは、前提が異なるでしょう。明らかに合理的理由がある制限の限界を超えています。


592 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/29(木) 02:01:09 ID:???
>プレッシャーはあるがその地位に着くことで公に貢献したい意思が、総理であり最高裁判事の
職に就く動機だとすれば、同じ動機を皇族が持ち得ないという思い込みは論外。

 誰もそんなこと言ってませんよ。
 持つか持たないかは皇族個人の自由意思。
「皇族が皇族でいることに納得しているというなら、本当に皇族の自由意思に委ねるべきである。(>>539)」
 どこをどう読めば・・・

>皇室典範における皇族の範囲を広げることも視野に入れれば、

 これ以上、反人権的な存在を増やさないでください。

>そう考える人権至上主義者たちは、憲法改正に
 よらなければできない天皇制の廃止より、皇室典範の改定を望み、そのような運動が起きるは
 ずであるが、そんな動きは聞いたことがない。

 そりゃそうでしょ。普通なら皇族は国民と違って自由じゃないって思うし、自由を当然のように与えようと考えるなら廃止しかないという結論になります。

>つまり、本気で人権侵害が有り問題であると考える人が
 きわめて少数で、

 いや、大部分の人は人権侵害だと思ってるでしょ。可哀想だとも。
 ただ、伝統やら費用対効果、見えない圧力やらを総合的に見て支持している。人権的には支持できないでしょう。

>初めに廃止ありきの結論の上での 人 権 利 用 でしかないだろう。

 きみは存続ありきです。

>本気で皇族の人権など考えていない似非人権主義者の屁理屈など、聞いていられない罠。

 「皇族からの離脱や天皇即位の拒否権などを盛り込んだ典範改正」なんか、ホントに似非人権主義者そのものだよね。君自身のことです。笑ってしまいました。


593 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 09:44:50 ID:???
>>590
ある必然性によって政策や方針は決定されるんだとおもうねぇ。
結果の必然性って日本語として成立していないと思うんで、そんなことは記述の前提ですよ。

皇室が維持されたのは、「偶然や為政者のその都度の都合」ではなく、国を治めるには
何らかの「絶対性」が必要なわけでしょ。欧州ならばカトリック・イスラムなら宗教指導者の
「一定の根源的価値観に関する絶対性」と「それを是とする権威付け」がないと「武力による制圧」
だけでは平安は維持できない。

その「何がしかの価値の絶対性」を提供できる権威が安定した国には必要だということ(必要性)が
結果として「皇室が維持され続けた理由である」と、俺は言っているわけだ。

その「一定の絶対的価値観」が日本では何なのか・・・が重要なことなんだが、それ以前にそういっ
たものが必要であるという認識をもてない人が多い。もてないのも当然だよ。そこが我が国の
「他国と同等にユニークな部分であり、一定の絶対的価値観」なんだから・・・。

「何がしかの絶対性を否定する」という絶対性を有しているんだね、日本は。
人はみな賢愚併せ持ち、誰が聖・賢・愚であるかわからない・・・という人間観に立脚すれば、
何がしかの正義・正しさ・絶対性は「人にわかることができない」わけだ。しかし何事かを決定して
国を運営しなければならない。だから「みなの決定に価値がある」と考える。みなで「民主主義で行こう」
ときめれば、それが「ゲームを支配する根本ルール」にはなる。ソシテみながどう決定したかは
誰かが権威を有して表現する必然がある。ここが皇室制度の肝なんだが・・・。

594 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 09:53:16 ID:???
後のことはいつの間にか「皇族や天皇の人権を守る話」から「国民の平等」の話にずれてきている。
皇族や天皇の人権を守るならば、典範改定で十分である。(十分でない人権の侵害を具体的に
あげられない以上そう結論付けてよいだろう。あとは平等の問題である。(問題を的確に要素に
分けてろmんじらレナ伊ならば、誰かが言っていたようにレベル以下である)

我が国が独立を維持する必要性(つまり何がしかの絶対性のある価値観の維持の必要性)と
皇室は緊密に関係すると俺は言っている。平等という「我が国の国民という枠組み内部の問題」と
「その枠組みの維持に関係する問題」は同列ではない。

仮に合理的理由があるならば、一定の差は致し方ないだろう。問題は国という枠組みを
維持すべき理由(何がしかの価値観の絶対性の維持の必然性)が国民という枠組みを
生じさせている中で、その「一定の価値観の絶対性とは何なのか」さえ論じず、無条件に
「国民という枠組みを好ましいものとして了解した上で内部の平等を説くという行為が
いかに浅はかであるかを知るべきである。

595 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 10:10:32 ID:???
俺が言っていることは以下のようなことだよ。


A:日本の基本的な人間観・世界観
  1、人は「みな」凡夫であり、誰も「聖・賢・愚」をわかることができない。
  2、アマテラスの上位の神であっても「占い」をやるほどに、物事は八百万の神々の
    複雑な関与によって結果が生じる(複雑系の社会)。

B:社会を構築するための一定の理念の必要性
  1、社会を安定させるためには、一定の理念(仏教とか朱子学とか民主主義とか)が必要。
    これっがないと、整合性あるルールが作れない。(一定危難の場の根本ルール)
  2、人は話し合いや武力抗争によって物事を決定するわけだが、必ずしも決着しない。
    (現在の野党だって、いうことは「まだ十分に議論が尽くされていない」という)
  3、だから、決定したことを決定したと表現し、十分議論や武力抗争が終了したとして
    収める「権威」が必要。

C:この権威は、どこの派閥にも属さない「中立的=どのような決定にも意をはさまず表現する」
  立場である必要が有り、かつ人々を「武力などの物理的力を背景とせず」従わせる力(権威)
  が必要である。

つまり1、の人間観、世界観を是としそういう価値観を有志継続している日本人という枠組みが
今後の維持されることっ画必要である・・・という意味なのだが・・・。(これが霊的権威論の政治的視点)

596 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 12:26:50 ID:???
政治思想や国会の理念ではないからスレ違い。

597 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 12:52:39 ID:???
政治思想ではないね。
どちらかと言えば宗教思想だ・・・・


598 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 13:09:14 ID:???
国の理念である『自由と平等』は合理性を追求することによって
利益を増大する事を目的としている訳だ。
ここまでが政治思想の枠組み。

「じゃあ、何故利益を追求しなければならないの?」
という質問が出てきた場合にようやく民族の価値観の話が出てくる。

このへんを理解してないと子供の(ry

599 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 13:39:33 ID:???
天皇・右翼・左翼を語る場合に「政治思想板」が2chでは妥当なんだから、そんなことを言われてもねぇ。
つうかDQNは、違うことを語りたいなら、スレでも建てて、維持しろや。

600 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 14:58:31 ID:???
>>599
お前は>>575でこちらが要求した説明も出来ないで主張しかしない電波なのだから、電波ブログでも立てて1人で叫んでいろよ

601 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 18:10:31 ID:???
じゃぁ、代わりに議論を提起してスレを維持してみれば?

君には読まないという選択肢があるんだよ。それがいやなら、そうすればよい。

602 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 19:05:54 ID:???
なぜ俺に回答の義務があるんだ?どこをどう妄想すると、親でも教師でもない
見ず知らずの俺に質問をし、回答を迫り、回答がないなら書き込むんななどといえるのか
不思議で仕方がない。(そんなことを言われても聞かないことぐらいわかっているだろうw)

不愉快だ、回答もしないどうしようもない香具師だと「れ」を思うなら、ここを見なければ
よいだけである。そのほうが精神衛生上好ましい結果になるだろうし、君がここを見なくとも
(もう少し言うと俺がどんなことをここで書こうとも)君の人生に何の影響もないはずだ。

いや影響があるというなら、俺以外の人に議論を提起して俺を無視して盛り上げればよい。

おそらくずいぶん以前にでも、私怨の対象となるような出来事でもあったのだろうが
「転んでも泣かない」が2chの鉄則だぜ。

603 :ネオ・ヤマト:2007/03/29(木) 19:32:25 ID:e3Q0oGBU
天皇一族を抹殺しましょう。
これは日本人の使命でもあります。
世界唯一の皇帝、天皇を殺れるのは我々日本人だけの特権です。
そして国歌【君が代】を彼ら天皇一族のレクイエムとして唄いましょう。

−微笑には刃を、悲しみには微笑みを−

604 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/29(木) 19:52:02 ID:wQlb36Wo
>>603 自衛と有らば致し方ないが、藻舞裸とは異なり殺生は嫌いだから。

605 :ネオ・ヤマト:2007/03/29(木) 20:01:22 ID:e3Q0oGBU
>>604
意味のない殺生なら私も叫ばない。
天皇抹殺を望むのはそれなりの意味があるから。

606 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/29(木) 20:07:21 ID:wQlb36Wo
>>605 殺すも殺さないも理由なんざ何とでも付けられるさ、藻舞裸は一方的な
殺生が好きな種族なんだよ、対して漏れは自衛が大好きなんだが、これはたぶん血なんだろうなあ。

607 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 20:14:14 ID:???
意味のある殺生なら叫んでもかまわないという理屈が、よくわからん。

半島の消滅に意味を感じる人もいるだろうし、大陸の共産党指導者抹殺に
意味を感じる人もいるに違いない。つまり、「意味は個人の中にある」わけだ。

それを「叫ぶ」からには何がしかの「同意を求めての社会的行為」なのだろう。
しかし「殺生に合意が得られる社会」で叫ばなければ、まったく無意味である。


608 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 21:05:05 ID:???
>>602
これをみろよ電波

550 :れ ◆r0FmiN9ADk :2007/03/27(火) 15:15:54 ID:???
>>549
>元々天皇の財産は搾取の結果
具体的に証明せよ。

これはなんだ?
お前は人に対しては、義務があるように書いているがなww
回答は>>559にてしてあるが、お前は質問・要求をするのみ
議論する気がないなら文句垂れる前に、また消えてろ

お前は絶対「皇室の財産はどのように作られたか?」を答えれない
答えれば、お前の言う皇室財産の件が崩壊するから
だから、都合悪い点は「義務がない」「教師ではない」と、あたかも自分には落ち度もないと見苦しい言い逃れで議論自体をしない
私怨?私怨ならふざけた青木さんのように基地害なことを書くだろう
一々電波に反論したりしないwww

れ電波よ、一方通行の主張のみならお前個人でブログでも作っとけ
答えなければ批判があるのも、2chの鉄則だぜ
ちなみにこのスレはお前が立てたのではない
40番以降はお前に対して注意事項が入っているだろうがよwww

609 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 21:15:18 ID:???
皆さん,
わたくしはにはげの反響を天皇陛下にしたらどうかと思いますそしてふざけたやつを小物を購入するのです。
そうすればこの報告は最も併用で平和な国になるでしょう。
皆さんも憲法を改正一二人の爆音天皇皇后に衰退いたしましょう。

610 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 21:15:19 ID:???
れ様…眩しすぎます

611 :右や左の名無し様:2007/03/29(木) 21:17:31 ID:???
れもはげてんのか?w

612 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 21:48:10 ID:???
>>608
証明のない言説は「取り上げるに値しない」わけで「根拠を求める」のは議論として
当然である。

問題はその後のことであると指摘している。質問するのはこっち(そっち)の自由。
回答するかどうかはそっち(こっち)の自由。回答しなければ、取り上げるまでもないと、俺は放置。
おまえは

「回答がないのはイヤダー回答しないのに2ch「似書き込むのはズルイヨ〜〜〜とだだをこねる。

ここの違いだと説明しているつもりなのだが。まだ理解できないのか?俺が回答するかどうかも
回答を求めるのも、ここを見るかどうかも俺の自由。お前にもその自由がある。わかるよな。無理か?


>>611
美しい妻には「素敵なロマンスグレー」といわれている。

613 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/29(木) 22:15:15 ID:???
>>595をもう少し詳しく言うと、

複雑系の社会においては、「神がかり的(宗教的)な確信」たる「理性・・・人間の特質・・・個人が冷静に論理的に
考えれば正しい選択ができる」ということはない。要素が三つ以上あれば「予測ができないのが現実社会である。

したがって
「人みな凡夫、誰が聖・賢・愚を定めることができようか・・・できるわけがない」という人間観は、正しい
と俺は考えている。

しかしである、人が社会を構築し秩序を維持し社会生活を送るためには「理念」が必要である。
では「何が正しいかわからない人々」がどうやって「世代を超えて継承される理念を決定できるか」といえば
「みなの合意」である。当然全員一致が好ましいと日本人は思う。なぜそう考えるのか、人々の話し合いの結果は
一定の信頼性がある、単なる個人の思いつきより価値が高いと考えているからである。

ではなぜ価値が高い(信頼性が高いのか)といえば「決定した人々がそれを守ろうとするから」に他ならない。
実際に「ゲームを提供された人々」よりも「ゲームを構築した人々」のほうが、ルールに厳格であるに違いない。
建前が維持される社会は、秩序ある社会になりやすいだろう。つまり、合意事項は信頼性が高い・・・のである。

だから日本は「みんなで天皇を国家元首とした君民共治の近代国家で行こう」と決めれば、そのようになるし
「今後は民主主義でいこう」ときめればそれが「致命的な状況」になるまで維持されてしまう。
これをして「無分別・無原則」というのは妥当だが「柔軟であり洋才和魂の精神である」といっても妥当なのである。
原理原則など建前に過ぎない・・・人々の話し合いの結果としての合意としての建前であるがゆえに価値がある。

正義や人類不変の真理・理念など建前に過ぎないと俺が言うのは、このような考え方があるからである。

614 :◆ozOtJW9BFA :2007/03/30(金) 00:38:38 ID:???
>>593
> 結果の必然性って日本語として成立していないと思うんで、そんなことは記述の前提ですよ。

 「結果の必然性」って何?誰が言った?

615 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/30(金) 09:08:35 ID:???
>>614
意味がわからない?

616 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/30(金) 10:16:19 ID:???
>先の大戦の敗戦のときに分断されなかった必然、明治維新で「他国の軍事的援助」を受けなかった必然、
>戦国時代でも「キリスト教布教に寛容でなかった必然。
>について結果に対しての必然性でない必然性を述べてもらいたいね。

結果に対しての必然でない○○野必然を述べてもらいたい・・・といっているのだろうが、つまりなぜ、
「分断されないようにする必然があったのか」「他国の軍事援助を受けない選択をする必然があったのか」
「キリスト教に寛容でない政策を選択する必然があったのか」を述べろといっているわけだろうと、普通は思
うが、俺はそのことについて、散々「日本という枠組みを維持するため」と書いているわけだし、
「日本が二つ以上に分割」されたり、他国の軍事援助を受け続けることで、「他国の支配(植民地などになる)
を受ける・分断される」ことになることや、キリスト教の布教を受けその後に来る「カトリック国の(南米などで
現実にあった)征服の危機にさらされる」ことを避ける必然はあった・・・といっている。

さらに、なぜ外国の支配を受けあるいは我が国が分断されることを拒否する必然があるかといえば、それは
日本人の持つ価値観が他国と同等にユニークであり、それを維持すべきだからだし、それを意識しているか
どうかはさておき、我が国の独立の維持の継続はコミットされていること。

ここまではすでに説明をしているわけだが、何を聞きたいかさっぱりわからんので・・・。レベルいか?

617 :萌える二次元美少女天皇:2007/03/30(金) 10:29:59 ID:AGsvON4f
「萌える天皇陛下に会いたい〜><」と思っているあなた。
はい、やってきました「萌える二次元美少女天皇」のコーナーです☆
今月に入って2回目の登場ですよ〜♪

今回は萌え燃えの『メイド二次元美少女天皇』です。
コメントは今回は致しませんのであしからず。
では始めますよ。

第一弾
http://gazoubbs.com/2jia/img/1119964285/261.jpg

第二弾
http://gazoubbs.com/2jia/img/1119964285/271.jpg

第三弾
http://gazoubbs.com/2jia/img/1119964285/319.jpg

第四弾
http://gazoubbs.com/2ji2nd/img/1167368498/82.jpg

第五弾
http://gazoubbs.com/2ji2nd/img/1167368498/113.jpg

どうでしたか?楽しめたかな。
ではまたお会いしましょう♪

618 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 12:28:53 ID:???
『神皇正統紀』や『大日本史』等の歴史書が水戸学の聖典となって
天皇の正統性を定めている。

話し合いより前例から善悪を定めるのが日本固有の価値観。

619 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 16:07:11 ID:???
>>612
『皇室の財産がどのように作られた』か説明出来ない必死の言い逃れだなwww
お前は人に「何々については言った本人が証明しなければならない」と言いつつ、自分自身が言ったことについては常に都合が悪いと証明や回答を一切避ける

皇室の財産を主張するのであれば、その財産の出所をお前は説明しなければならない
これ、お前の考えではそうなるはずwww
出来なければ、その主張はしない事

何かを書き込んだからには、それに対して反論されることを想定出来ない、さらに回答も出来ないのなら書き込むな
電波なお前は、送信するだけで一方通行www
ここは仮にも「政治思想」議論になることは必然なんだが、それが理解できないようなwwwwww

620 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 16:33:20 ID:UQo7PIzF
>>619 自活さえ困難な乞食の糞舐め難民がどうして税金を納められる社会基盤の恩恵を授かってるのかはヌルーか?

621 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 17:05:00 ID:???
>>620
基地害、糞舐め難民とはなにか説明しなよ
それともお前は生活保護者の否定をしているのか?


622 :XYZ:2007/03/30(金) 17:24:04 ID:???
すまん、アゲるかもしれないが、

ココは最近は言葉遊びが流行っているみたいだ。


質問として、みなさんはどちらを優先する?

天皇の伝統か?
憲法上の天皇か?

改憲賛成派の私は伝統を優先する。



623 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 17:30:50 ID:UQo7PIzF
>>621 乞食の糞舐め難民て穢多やチョン以外に居ないだろ?

生活保護者の否定?別に藻舞の境遇を聞いてる訳では無いのだが(笑)、日本社会から
金を恵んで貰った者と認めてやってる訳だが、今度は事実を歪めた評価を乞うのか?

乞食として認められるのが嫌なら生活保護は受けなければ良いだけなんだぜ(笑)。

624 :金規雄:2007/03/30(金) 17:46:58 ID:???
嫌韓厨が増殖した日本は腐っている。
天皇制にその根源があるのでは?

625 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 17:54:57 ID:UQo7PIzF
>>624 強制はいくないとか言うから、うっさいなとかは思うし、あんま関係無いな、
実際はあいつが居ない方が好きにやれるのだが、藻舞裸みたいな乞食チョンと同調するのが
人類として耐えられない。

626 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 18:02:47 ID:???
>>623
基地害、「乞食の糞舐め難民て穢多やチョン」というその根拠は?
それと自立さえ困難とお前は書いてること忘れるなよ
それで、それがどうだと言うのだ?
それと乞食と言うのは、現代は差別用語でお前は人権問題で訴えられることも覚悟で書いているんだよな?
見る人が見たら、お前は民事訴訟ものwww

ちなみに難民認定日本最低なんだがそんなに影響あるほど、難民がいるのかよwww
難民が何人いて、どれほど影響が有るのか基地害なふざけた青木さんは説明してくれよw

627 :金規雄:2007/03/30(金) 18:03:47 ID:???
>>625正義は勝ちますよ。

628 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/30(金) 18:05:41 ID:???
>>622
質問の意味がわからないが、伝統という言葉の問題のような気がするねぇ。

店頭を「世代を超えて引き継がれた体系的様式」と捕らえるならば、別に様式は変化して差し支えない
だろう。というか常に変化している。その様式の根源たる「体系的な価値序列・精神」のことを
伝統、あるいは伝統の本質と捕らえるならば、それが変化すれば、伝統ではなくなるのだし
そこに価値があるかどうかは、変化の仕方によるとしか言いようがない。

保守が維持したいのは精神であって、様式ではないと思うが・・・。

629 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 18:25:03 ID:UQo7PIzF
>>626 藻舞裸は自国で自活出来ないから日本に渡って来て物乞いしてるんじゃねえかよ、
自活出来る乞食じゃないとか言うなら生活保護を受けるのを止め祖国に帰れ。

否定すんのか?と情けを乞いやがんから認めてやりゃあ事実を歪めた評価を乞いやがって。

因みに漏れの所の親は父親が事故で他界した為に母子家庭だったので戦前でさえ生活保護を勧められたが
祖母は国の世話には成らんと言って突っぱねたんだよ、それなのに藻舞裸みたいに
日本に寄生する乞食連中と一緒にされたのでは堪らん。

630 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 18:33:49 ID:UQo7PIzF
>>627 正義?ウィルスや黴やゴキブリにでも正義は有るからな。

631 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 18:53:10 ID:???
がふざけて二世紀もありません。
ゴキブリやアブラムシは人類の敵です。ふざけたやつです。早急ないもなきましょう。海峡

ぜひ早急ない早急ない早急歌い早急だ早急ない早急に在早急ないう割増牧野氏は来ましょう
女子早急に対応は一.九打差を示さ中だが仲間価格がこの一体どうしたことはこの一体どうした

632 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 18:54:29 ID:???
>>622
「伝統か憲法か」という命題はあまり意味がないよ。
君にとっては重要なのであろうが、天皇が憲法に定められた存在である限りは
制限規範の対象となる。その場合、伝統を根拠に憲法の定める規範から逸脱すれば
正に「法治主義」から逸脱であり、当然の事ながらそんな仕組みは許されない。


633 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 18:55:15 ID:UQo7PIzF
┐(´ー`)┌

634 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 19:08:16 ID:???
南朝鮮の猿山を追い出され日本に寄生してるふざけた青木さんが自分語りをしている様ですね

635 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 21:30:07 ID:???
>>629
乞食の糞舐め難民て穢多やチョンという根拠は?難民についての説明は?どうした?
お前も言うだけの奴www
さらに日本に寄生する乞食連中という根拠は?
仮にも生活保護は国が認めた制度、その基準に満たなければ受けられはしないwww
お前は、自分の嫌いな人種が正当な手続きで保護受けるのが嫌なだけで、基地害地味た書き込みをしているだけ
「一緒にされたのでは堪らん」とは、これは笑うwww
保護受けた奴と保護受けれない奴もしくは受けない奴は初めから同じではないぞww
お前もれ電波と一緒、いやそれ以上に妨害電波
害にしかならないwwwwwww

636 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 21:35:41 ID:???
ふざけた青木さん(通名)は脳みそが足りない朝鮮猿なのでまともな返答は期待しない方が良いですよ

637 :右や左の名無し様:2007/03/30(金) 22:34:58 ID:???
の温床だったリンナイサルが解決をし騒いでふざけたやつそれが青木さんですか。
修吉はなかったふざけた奴の敵もなかった。
もちろん期待なんかしています。でも電鉄のニホンザルは今や台湾、侵されつつあり絶滅の危機に支持しています。
ふざけて氏はもちろん半島から来たサルであります。

638 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/03/30(金) 23:01:35 ID:6RceGiYD
>>635

>乞食の糞舐め難民て穢多やチョンという根拠は?難民についての説明は?どうした?
>お前も言うだけの奴www
>さらに日本に寄生する乞食連中という根拠は?

違うと言うなら一匹残さず今すぐ原産地へ帰れよ、勿論後述の様に言い訳ばかり並べ出来ないのだろ?

>仮にも生活保護は国が認めた制度、その基準に満たなければ受けられはしないwww
>お前は、自分の嫌いな人種が正当な手続きで保護受けるのが嫌なだけで、基地害地味た書き込みをしているだけ

生活保護受給者でも気違いでも国が認めた制度の範囲内ですが何か?しかし喪舞裸朝鮮乞食と来たら分け前を
増やして貰いたくて歴史を捏造したり、こうやって反皇室スレに粘着してる訳で、君達みたいな朝鮮乞食を嫌い
に成るのは当然の結果だよ、ははは。

>保護受けた奴と保護受けれない奴もしくは受けない奴は初めから同じではないぞww

だから区別してやってるんじゃねえかよw ┐(´ー`)┌

>>636-637 うざいんだよ、猿がライバルのチンチン9センチの気違い親子の在日朝鮮人の
振りしたりする丁賤穢多のチンチン大好き新風自炎工作員のホモ三島大好き2.26マンセー右翼の
新聞配達員のレイシズムを受ける側の外食の妬ましい乞食だから何時も必死で藻舞もIQが80に
決まってるて言いネカマにも成るけど指摘されると止める面白い大日本報靖會◆lZCvso1D7U(笑)。

639 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 00:04:37 ID:???
政治板の左翼=朝鮮人
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1173433720/

640 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 00:49:24 ID:qt3SIIjH

政治板の右翼=間抜けなヤー。



641 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 01:37:19 ID:???
この二るのはみんなバカですから

642 :◆r0FmiN9ADk :2007/03/31(土) 09:47:55 ID:???
な・・・なんかよくわからんが、どっちもがんばれ!

643 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 10:48:17 ID:5mhKYY8J
さすがのれもふには呆れるのか?

644 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 13:52:57 ID:???
>>638
基地害なお前に聞いているのは、その言っている根拠・説明
マンネリな「帰れ」の連発しか出来ないのか?
生活保護が国の制度であり、基準も有るのにバカなことしか言えないのか?
それにお前は「一緒にされたのでは堪らん」と言うから初めから違うがと言っているのだがなwww

俺がお前に答えるように言っているのは
1.乞食の糞舐め難民て穢多やチョンというその根拠
2.日本の難民認定は最低なんだが、その難民がどれほどいてどのように影響が有るのかの説明
3.追加だ、生活保護者をお前は「乞食」と言うのか?

早く答えろ、ワンパターンな基地害なふざけた青木さんwwww
>>642の電波、お前も説明はどうした?逃げるなよw


645 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 15:13:11 ID:???
れに政治哲学を求めても無理だよ。
本人はそのつもりでも、実際に語り出すと宗教規範の話題になっちゃうからw



646 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 20:46:58 ID:7Ln+jieV
れや半島猿は学習能力が根本的に欠落しているからな。

だから、飽きもせずに毎度同じデンパを垂らし続けられるのだろうな

647 :右や左の名無し様:2007/03/31(土) 20:55:20 ID:???
中環審が、治らないと申します。
たかがなぜ死なないと治らないのでしょう丸
だからはおしなべて云ノーランの一はああ。
サルは一度始めるとしもうそこからは抜けられないのです猿の本能はなのです。
それに廃止人間は反省の心が芽生えてきます。そしてその行為を修正していくのです。


648 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/01(日) 02:51:13 ID:bgExyLmY
>>644 天皇制と言う日本国の制度に異を唱える藻舞が生活保護と言う日本の制度だけ
を乞いたいてか?義務は果たさないが権利だけは恵んでくれニダあて、其れこそが乞食で
なければ何だと言うんだ?

死刑や措置入院だって「国の制度であり、基準も有る」ぞ、余り笑わせるなw

だいたい何でこの漏れ様が藻舞みたいなチョウセンヒトモドキの糞嘗め乞食如きに一々態々
答えを恵んでやらにゃあ成らん訳?数少ない民族芸能の一つだからて物乞いすんのも大概にしておけ乞食野朗。

逃げる?「右や左の旦那様哀れな乞食にお恵みを」とか言ってるチョンを、しかとして火病られた
としても逃げた事には成らんよ、馬鹿馬鹿すい。

649 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/01(日) 11:55:08 ID:???
>>643
あきれるほどがんばっているなぁ・・・と。w



650 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/01(日) 12:48:59 ID:???
忠誠という価値観について。

愛国心とかいう話になるのはカンベンしてほしいのだが、人が社会的な生活の中で
事故を実現したり幸福を追求する場合に、それを可能にする社会的整備(秩序やシステムなど)が
存在する。こういったものは、世代を超えて継承されてきたものである認識して間違いはないだろう。

われわれの世代は、そういったものを継承しているわけだから、その社会基盤などを「無償で利用し
ている」のは事実で(まぁ税金などを払っているにせよ構築したわけではないという意味)、したがって、
血統的承継のない人が、それを利用することを自体を「乞食のようだ」と批判するのは当たらない。

血統により日本国民の地位を得ているわれわれが、過去の日本人の構築したものについて
無償で利用する権利が有ると考えるにしても、それはなぜなのかを論ぜず「排他的」になるのは
政治思想板としては妥当ではない姿勢だろう。

仮に、税金などを払い、また当該社会が要請する社会秩序維持のための行動を引き受けていれば
その過去の人々が構築したそれを自由に、かつ排他的に利用できると考えるなら「外国人の参政権」
を否定するわけには行かなくなる。

651 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/01(日) 13:01:57 ID:???
さて、では、さまざまな国家が「外国人を排他的に扱うことの正当性」は、どこにあるのかということである。

ここを真剣に考えなければならない。ここを説明できなければ「先人の財産を利用する乞食」と揶揄
されても文句を言えないではないか・・・。一言で言えば国への忠誠心の問題である。
忠誠心というと、すぐ軍国主義とか言い出す輩がいるが、移民などが国民となる要件として
国への忠誠心を先制するなどが歩くには多い。

そりゃそうだろう、戦争とは相手の国の秩序・伝統文化などをも破壊する行為である。その戦争において
出身国の味方する人間が、当方の社会秩序を「自由に利用できる」と考えるのは、いささか疑問だ。

なぜ自由に利用できないかといえば、「先人たちはこの国を良くしみらいに継承したいがために
よりよい社会を構築してきたから」に他ならない。したがって、国への忠誠心とは、当該国をよりよくして
みらいに引き継ごうとする心・・・ということでありその心を持っている人以外を排他的に考えるのは
当然である。

国への忠誠心とは「我が国という枠組みを維持しよりよくして未来の人々に引き継ごうとする精神」のこと
であり、その精神もなく「現在のシステム上の利得のみを得ようとする人々」が批判されるのは
(法的に権利があるかどうかはさておき)ある意味、当然のことであると思う。

みらいの子供たちのために構築された社会であるがゆえに、それを継承し引き継ごうとするのは
その、引き継いだ社会に価値があると考えるのなら当然だし、よりよくする改変は、どのような社会を
引き継いだのかの考察なしには提言できない。(だからおれは「枠組みの話を続ける」のである)

652 :右や左の名無し様:2007/04/01(日) 14:20:57 ID:???
>>648
基地害は知能がノミなみだから騒ぎまわるだけで、何も答えることが出来ないのみたいだなwwww
自分の低脳ぶりアピールしておけwww

>>650
電波!お前は説明しないで主張しかしないのなら自分だけの電波ブログ立てておけ!
お前は自分に不利な質問は必ず受け付けない卑怯な奴なんだからなwww
それと「忠誠」の意味を勝手に変えるなよ電波w
辞書すら持ってないのかよwwwwww

653 :右や左の名無し様:2007/04/01(日) 16:24:01 ID:???


4月1日、9時からチャンネル桜、完全無料放送。   スカパー! Ch.241  

ハッピー241 
http://www.241ch.jp/timeschedule/index.html


日本よ、今...「闘論!倒論!討論!2007」
http://www.ch-sakura.jp/weeklypg/program.html?yymmdd=20070401


21:00-00:00
新装開店特番−闘論!倒論!討論!2007
http://www.skyperfectv.co.jp/prog/ProgramSheet?list=241&list=201&FROM=4-1-2007&x=66&y=16




654 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/01(日) 19:14:21 ID:???
【調査】 日本の誇りは「歴史伝統」が1位…国を愛する心、「もっと育てる必要がある」は8割と変わらず多数派★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175375792/l50


655 :右や左の名無し様:2007/04/01(日) 22:41:31 ID:???
有効回収数(率) 5,071人(50.7%)
調査不能数(率) 4,929人(49.3%)

国に対する意識について
1.国の政策への民意の反映程度
 「反映されている」(24.1%)(「かなり反映されている」(1.8%)+「ある程度反映されている」(22.3%))
 「反映されていない」(71.2%)(「あまり反映されていない」53.1%+「ほとんど反映されていない」18.1%)となっている。
1-2.国の政策への民意の反映方法
 「政治家が国民の声をよく聞く」(25.3%)「国民が国の政策に関心を持つ」(23.0%)「国民が選挙のときに自覚して投票する」(16.3%)
 「国民が参加できる場をひろげる」(14.8%)「政府が世論をよく聞く」(12.3%)「マスコミが国民の意見をよく伝える」(4.8%)
2.日本の誇り※
 「長い歴史と伝統」(42.4%)「美しい自然」(41.0%)「すぐれた文化や芸術」(40.4%)「国民の勤勉さ,才能」(27.9%)
3.国を愛する気持ちの程度
 「強い」(51.1%)(「非常に強い」(15.1%)+「どちらかといえば強い」(35.9%))
 「弱い」(10.0%)(「どちらかといえば弱い」8.6%+「非常に弱い(全くない)」(1.4%))
 「どちらともいえない(わからない)」(38.9%)
4.国を愛する気持ちを育てる必要性
 「そう思う」(80.4%)「そうは思わない」(8.8%)「わからない」(10.9%)
5.良い方向に向かっている分野※
 「医療・福祉」(23.1%)「科学技術」(17.9%)「通信・運輸」(16.9%)「景気」(16.9%)「ない,わからない」(28.0%)
6.悪い方向に向かっている分野※
 「治安」(38.3%)「国の財政」(33.2%)「外交」(31.3%)「雇用・労働条件」(28.9%)

実はこの調査、内閣府が行ったもので答える内容は限定されている
一応書き込む為空欄もあるが、書き込むものはほぼ無し
※印は複数回答出来るもの
電波が出したリンクの資料は今現在見れない
俺がこのもとなった内閣調査報告書を出しておく
http://www8.cao.go.jp/survey/h17/h17-shakai/index.html

656 :右や左の名無し様:2007/04/01(日) 22:54:18 ID:???
さて、>>655を見て判ると思うが有効率50.7%のうちの42.4%が「長い歴史と伝統」を挙げただけである
それもこれは複数回答での調査結果
電波は内容まで確認したのであろうか?
もっと言ってしまえば、教育基本法にて強制愛国心を組み込んだ側の調査である
ヤラセタウンミーティングまでして、さも今現在の必要性をアピールした側である

657 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/02(月) 01:29:41 ID:SGDEGXS0
>>652

>>648
>基地害は知能がノミなみだから騒ぎまわるだけで、何も答えることが出来ないのみたいだなwwww
>自分の低脳ぶりアピールしておけwww

>>650
>電波!お前は説明しないで主張しかしないのなら自分だけの電波ブログ立てておけ!
>お前は自分に不利な質問は必ず受け付けない卑怯な奴なんだからなwww
>それと「忠誠」の意味を勝手に変えるなよ電波w
>辞書すら持ってないのかよwwwwww

---------------------------------------------------------------------------------

お前等みんな気違いて、泣きながらドナドナされて行き措置入院させられた穢多を思い出して笑ってもた。

658 :右や左の名無し様:2007/04/02(月) 03:08:15 ID:???
>>657
お前が低脳だってもっと頑張ってしないと駄目だぞ(´_ゝ`)プッ!

659 :右や左の名無し様:2007/04/02(月) 06:13:20 ID:5lLWeWpV
>>1
それは聞いてはいけない。なぜと聞かないという事が正統性を保つ担保だからだ。

660 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/02(月) 08:31:27 ID:gds1iwCk
>>658 「もっと頑張ってしないと駄目」?・・・

頑張れよw

661 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/02(月) 10:46:25 ID:???
>>656-657
ありがとね。もちろん内閣府のHPまで見ているよ。こういうニュースがあるよという「事実」を紹介しただけ。
つうか公的機関がやった調査に疑義があるなら、税金の無駄遣いなんだから、きちんと正した
ほうがよいし、全面的に信頼するのはオコチャまだから・・・。

公的機関のアンケートなどの調査より、たとえば新聞社などのアンケートのほうが信頼できるとも
俺は思わないし、アンケートは「質問の記述」に誘導されやすいとも思っている。

愛国心を一定程度絶対視するのは、国側としては当然だし、ひとたび戦争になったときに
理的行為をするような国民を育ててもらっては、先陣に申し訳が立たないことは、上のほうで
述べたとおりである。

国というものは、他国民を排他的に扱うのは一定程度当然のことだし、国の独立の維持のために
国防や教育や基盤の整備をやってもらわなければ、先人から譲り受けたこの価値ある枠組みを
みらいの子供たちによりよくして引き継ぐこともできなくなるじゃない。


662 :右や左の名無し様:2007/04/02(月) 14:14:18 ID:???
>>660
お前がもっと低脳さを曝け出さないとなwww
もっと頑張って食いついてこいよ( ´_ゝ`)プッ!

>>661
「事実」ではあるが、見出し自体は意図的なもの
1位と8割の強調である
一方は率を書かず、一方は率で表すような不徹底さ
タイトルつけた奴が意図してやった事だが、それを平気で注釈もつけず利用するお前もバカ
それと電波は「長い歴史と伝統」がお前のわけの分らない「枠組み」と同一だと思うなよ
何一つその内容にどのようなものを含んでいるか書かれていないのだからなwww
天皇制が日本の枠組みだという世論調査でももってこいよw

それより早く「皇室の財産はどのようにして作られた」か説明しろよwwww

663 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/02(月) 14:25:59 ID:???
>>662
んなことは、ニュー速+の記者に文句を言ってくれ。つうか、誰に何を要求すべきかがわかっていないのは
相変わらずだが・・・。www


664 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/02(月) 14:29:39 ID:2vmtv3Fu
>>662 お前みたいな乞食に施しを続けてやる理由は別に無い。

665 :右や左の名無し様:2007/04/02(月) 17:59:45 ID:???
>>663
引用したのは電波なお前www
資料が繋がらないのに、その部分だけ持って来たのもお前
書き込めば議論されることがあることを分らないのもお前
議論や反論が嫌なら書き込むな
掲示板がそのような場所だから成り立つのも分らないのなら自分だけの電波ブログを書いとけwww

早く「皇室の財産はどのようにして作られた」か説明しろw

>>664
電波が現れると続いて基地害が出てくる
もっと頑張って低脳な書き込みしないと駄目だぞ( ´_ゝ`)プッ!

666 :右や左の名無し様:2007/04/02(月) 18:05:36 ID:cK7gQxgt
>>657

▼・・△ ドナドナドーナ ドーナの?

667 :ぱとりおっと:2007/04/02(月) 20:00:20 ID:???
 成るものと作られた物の区別がつかないのは知恵遅れ^^

668 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/03(火) 08:08:05 ID:UmGlWwgW
>>667 人間扱いして欲しいのなら早く人間に成れよwまあ知恵も余り無いみたいだが。

669 :ぱとりおっと:2007/04/03(火) 09:41:58 ID:???
朝鮮猿に言われたく無いね^^

670 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2007/04/03(火) 11:40:08 ID:???
>>669


コラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

671 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/03(火) 12:21:27 ID:ImUuG1v6
>>669 喪舞自身が朝鮮猿と言う漏様に人として認めてニダあて乞いやがった
訳なんだがw

なんだあ穢多右翼ってえなあ猿に迄乞うのか?流石w

672 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 12:53:20 ID:???
>>671
電波が出てこないと基地害は勢いが落ちるなwwww
電波をお前は頑張って援護しても、電波はお前を一切援護もしない
すれば、お前と同類と思われ損だからwww
もっと頑張って低脳な書き込みしないと電波に認めてもらえないぞ( ´_ゝ`)プッ!

673 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 13:14:02 ID:ajuUliFf
いつもたいへんですね
ふざけた奴さん


674 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 13:42:26 ID:eJAl+lwz
自分は一般的に右翼といわれる人種ですが、
はっきり逝って皇族の存在意義がどうしても見出せません。


675 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/03(火) 14:25:35 ID:ImUuG1v6
>>672 勢いが落ちてるのは喪舞だる?生活保護を乞うのは乞食では無いニダあ!!
とか朝鮮人を区別すんのは人種差別ニダあ!!!とかもっと火病れよ乞食野朗(笑)。

>>673 こいつら結構面白いよ。

>>674 皇族に存在意義なんか感じたら右翼じゃなくなっちゃうだろ?ははは

676 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2007/04/03(火) 15:48:01 ID:???
私のスレで啓蒙されっろ!!!!!!!!!!!!!!

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5/1167489330/l50

677 :ぱとりおっと:2007/04/03(火) 18:05:15 ID:???
>>674 じゃあ統一教会に行けば?反共だけなら草加でも。
 日本の右翼の根幹は尊皇ですから。

678 :金規雄:2007/04/03(火) 18:17:28 ID:???
>>677尊皇ファシズムに反対します。

あなたは一君万民の理念をねじ曲げている。

天皇がなんだ。
天皇に頼らない僕のような右翼もいるぞ!

679 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/03(火) 18:26:45 ID:UmGlWwgW
>>677 尊皇なら勝手に天ちゃんの所の家紋を使わないだろ?風習が違うのか?

680 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/03(火) 18:32:56 ID:???
【国際】 「人類は神が創造した」 米国民の半数が回答…「神の関与なし」は13%★9
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175574988/l50

宗教は無視できない是よ・・・。

681 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/03(火) 18:36:29 ID:UmGlWwgW
だいたい、ウリだけ尊皇ニダあとか言って、はみ出してる時点で標準外w嫌皇は論外w

ほいでもって区別すんなニダあとか評価を乞うて火病りやがんから朝鮮乞食w

682 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 19:03:54 ID:???
>>675
ほらほら、お前の援護に電波は出てこないwww
逃げるのだけは得意だからな電波はww
>>680で電波が語りたいことを貼り付けるのみwwwwww
お前はもっと低脳さらしていかないと、電波も食いついてくれないぞ( ´_ゝ`)プッ!

>>680
電波は結局、日本神話が歴史だとでも言いたいのか?
新たな電波飛ばす前に、皇室の財産はどのように作られたのか説明しろよwww
基地害にスレ荒らさせて、このスレ前判同様にほとぼり冷めるの待っているのか?
姑息な手だけは向上する奴だなwww

683 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 19:08:06 ID:???
尊皇=朝鮮人なんて発想をするのは世界でもふざけた青木さん(通名)だけでしょうね。
まあ朝鮮猿の思考は我々人間には理解不能ですがね

684 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/03(火) 19:08:20 ID:???
神話は神話、歴史は歴史、日本神話が歴史・・・という日本語は成立しない。

他国ではどうだか知らないが、日本語では「神話」と「歴史」は厳格に区別される。
むろん白○山云々という神話を信じ、歴史であると認識している某国民がいる以上
そのような人には、厳格な区別がつかないだろうが・・・。

まさか違うよな。

685 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 20:51:36 ID:C9j4jIKl


左のKoei右のれ、どちらもスカラー電波全開が共通項

686 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 21:13:27 ID:???
>>684
ならなぜ>>680を出して来た?
人間が神によって作られたなど神話でしかないwwww
皇室スレに関係ないものを出す必要はないはず
電波は>>680をだすことで、このスレでのそれなりの主張があるはず
目的は何かをはっきり言ってみろよwww
ついでに、全然説明しない「皇室の財産はどのように作られたか」も答えろ

687 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/03(火) 21:14:44 ID:???
ふタンとか、Koueiさんなら、思想板にいればいやでも目に入ることはあるだろうがw
おれは主張らしきことは一部のスレでしか書かないのだから、電波だと思うなら
見なければよいと思うのだが、一定程度の説得力を認めるから「電波認定行為」
をしているのかしら・・www

電波書き込みを、見たくない人は せんようぷらうざwの導入とNGワード設定という方法もある。

そうしないで電波認定をしている人は「揶揄したいか、一定程度の説得力を危惧しての
貶めるための記述」なんだろうと思う次第である。

私ごときの記述を「少しでも説得力がある」と評価いただくのは幸甚だし、揶揄するなら、もう少し程度を
あげていただかないと「電波認定」のほうが「揶揄すべき低レベルだ」と認定されかねませんよ。

688 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/03(火) 21:18:28 ID:???
>>686
書いてあるとおり「宗教は無視できない」と俺が思うからだが、日本語も読めないのか?

上のほうに有るように「政治思想と宗教は別物」と考える日本人は多いが、少なくとも米国では
「神が創った人間だから神の前では平等」だし、「神が作り科かで特別な存在である人間
だから理性という能力が唯一人間だけにあるんだ」と思っている人が多いということだよ。

つうか日本語さえ読まないお前に説明しても無駄なことだが・・・。www

689 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 21:35:39 ID:???
>>687
要約してやるよwww

「俺の主張に反論するな」

これが>>687で、お前の言いたい事だろう?
だから、発信するだけの電波www
反論されるのが嫌なら、ブログか広告の裏に1人で書いておけよwwwww

>>688
「宗教は無視できない」と言って皇室スレに乗っけるのなら、天皇制は宗教だと認めるのか?
宗教語りたいのなら宗教版行けよ電波、どうせまた電波扱いされるだけwww
「日本では」と言いながら米国の例を出して何言ってるのだかなー

明確に説明すら出来ないお前に、「日本語さえ読まない」と言われたくないわい

「宗教は無視できない是よ・・・。」とまでで、こっちは「で何?」となるんだよ
電波は「理解しろ」で終わりかよwww

690 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 21:38:49 ID:???
もう一つ言ってやる
お前以外に、電波認定されているコテはなし
ふざけた青木さんは、基地害認定www

691 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/03(火) 21:41:54 ID:???
>>689
反「論」w 論など君は書いたことがないだろう。

それに引き換え君は俺の記述を「論」と認識しているから、それに対抗している
自身の書き込みを、論「論」と勘違いしている・・・w 論がなければ反論はありえないだろ?

君は俺の書き込みを「論」ととらえ、おれは君の書き込みを「論」ととらえていない。


さぁ、ある記述を論であるとする要素は何なのか、&君の書き込みが「論」と呼ぶに値するかどうかから
「論じて」みてくれ。www

692 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/03(火) 22:07:03 ID:???
つうか頭が悪すぎて、人が何を言いたいのかをまったく理解できないことは明白なんだが、
なぜここにいるんだろうねぇ。

日本人には「政治と宗教は別物だ」という思い込みがある。しかし現実に米国などでは
宗教と政治は別物じゃない。

されにいえば、「イスラムの国々」でも宗教指導者が政治的な影響を極めて強く持つし、
英国然りである。

散々平等とか人権とかいっている人がいるが、そもそもそういう絶対性のある価値観と「宗教」
は無関係ではありえない。

さらにいえば、社会秩序構築には一定の理念(つまり絶対性を帯びた価値観)が必要なわけだが
そもそも、「絶対性を帯びた価値観」が正しい、正解である、人々に貢献する、幸福への期待値が高い
と確信することは、論理的には説明のできない絶対性を確信だろうよ。

何らかの絶対性の確信は、おおむね宗教心に影響されることが多いし、日本人の「何らかの絶対性
を否定して」人々の話し合いの結果の合意に価値を置く(期待値が高いと確信する)ことさえ
「人間観と世界観の共有」という意味ではきわめて宗教的ではある。(宗教が何らかの絶対性を有する中で
それを否定して見せても、何らかの絶対性を提供する以上、自覚の有無にかかわらず「宗教性」を
帯びているという認識を持つところから始めなければ話にならない・・・といっているわけだ。




693 :右や左の名無し様:2007/04/03(火) 22:30:50 ID:???
>>691
じゃあ、「反論」でないなら何かを明確に言ってみろよwww

>>692
何らかの絶対性を提供するのが「宗教性」を帯びるのだな?
それで天皇制をお前は何らかの絶対性があるとし「宗教性」が含まれるとするのだな?
ではその『何らなの』を明確にしろよwww
これも、答えず逃げるのだろ?
それにしてもお前は「他国ではどうだか知らないが、日本語では「神話」と「歴史」は厳格に区別される。」と言いながら、今度は「宗教性を帯びる」と言う
ここは政治思想、宗教なら宗教版に行けよ電波 w
それと忘れず「皇室の財産はどのようにして作られたか」も答えろ

694 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/03(火) 23:27:17 ID:us3/ICIF
>>682 乞食の物乞いをしかとしても逃げた事には成らないからさ、まあ物乞いした乞食は
逃げられたて言うんだろけど。

>>683 尊皇ではなく其の立場を認めて居るだけだよ、しかし認めて居るからと言ってチョンみたいに
ウリの方が尊皇等と媚びる訳でも勝手に他所の家紋を使う訳でもないな、家紋は自分の家のが有るからな。

>>686 伊弉諸尊が矛先で日本を作ったと言う神話は有るが、神が人間を作ったとか言うのはキリスト教とかだよ、
日本の神々は子供を産んでるから単に昔話の比喩と捕らえるのが常識的。

>>690 火病野朗には気違いと言われて普通。

>>693

>「皇室の財産はどのようにして作られたか」

行いの対価に得た利益だよ、藻舞裸みたいに物乞いして来た訳ではない。

695 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 00:04:52 ID:6ENjkM3Y
ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc に反論する!! 論破してやろう!!


http://life8.2ch.net/test/read.cgi/yume/1175612549/l50





696 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 08:34:33 ID:???
>>688
人によっては宗教と政治を混同したがる傾向があるからと言っても
宗教と政治思想は別物である事には変わりない。


697 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 09:33:57 ID:???
>>693
天皇制に宗教性が有るかときかれればあるという。
天皇制が絶対性を帯びているかと聞かれれば、俺はそんなことを言ったことがないと答える。
これを華から矛盾と思う人は、まぁ、ry

宗教なら政治思想板じゃなくて宗教板だろうという意見に対して、政治思想で扱う平等理念
や理性の結果といわれるさまざまな西洋の説も、宗教と無関係ではないといっているのだが
「論旨」さえつかめないんだから、どうにもならない上に、「論と呼べるための要素」と、それに
君の書き込みが合致しているかの検証を論じてみるべしとの要請に、まったく応えず
程度の低い質問返ししかしないのでは、論とは呼べないだろうよ。

>>696
俺は 宗教と政治思想が別物ではない といっているの意ではないことは明白だろう。
宗教を無視して政治思想は語れないといっているのだよ。政治思想・・・つまり
政治に関する価値の序列・・・を語るに当たって、宗教を無視することができようはずが
ないだろ?

価値観の序列・・・つまりたとえば「忠」と「孝」でも、ある場面で対立をする。対立をしたときに
どちらかを選択しなければならない・・・どちらを優先すべきかという規範が「一定の秩序」を
構築するのだろうよ。価値に序列をつけるということはそういう意味で、どちらが優先さ
れて然るべきなのかは、つまるところ、その社会が同意する「共有する人間観・世界観から導かれ
る」わけで、共有する人間観・世界観は宗教に影響されているといっているのだが・・・。




698 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 10:55:58 ID:???
少なくとも、日本においては「宗教的な確信」を根拠にした政治思想に同意は得られない。

たとえば。「人間は神から創造されたものであつ」との確信を根拠に「その意味で平等である」
と論じても、受け入れてもらえない。しかしたとえば、イスラムの国々で「コーランのこの記述は
人が平等であることを示している」との根拠で(あくまでたとえ話であって、コーランにそういう記述が
有るかどうかさえこの際はどうでもよい)「人は平等である」というようなことをいった場合
受け入れてもらえるかどうかはさておき、コーランが根拠であるという子と自体を否定されない。

宗教的確信を根拠に、ある価値観の序列を語ることは日本では受け入れられないということである。

そして、西欧では「低調に議論を重ねて「神」を「自然に置き換える作業」をかさね、あたかも
「宗教とは別物の、正しい論理である」かのように装ってはいるが、しかしそもそも、人が
「正しい論理を見つけることが可能である」との確信さえ「神の創造したすべては理解できないに
しても神の創造した世界は(シンプルで美しい法則に基づいて動いているはずなのだし、)特別な
存在である人間は、その一部を理性によって解明することが可能である。」という宗教的確信に
基づいての前提があるではないか・・・と。

日本人にそのような確信があるかといえば、ないでしょう?彼らの(西洋・欧米)の思想はそのよう
な確信に基づくものであるけれども、日本でそれを採用するのは、そのような確信をも採用したのではなく
そのような建前で今後は行きましょうか・・・というみなに同意されたゲームの根本ルールに
過ぎないでしょ?あるとき大陸からわたってきた仏教理念を根本ルールとしたり、日本型に改変した
朱子学を根本ルールにしたり、近代国家としての天皇を厳守とした立憲君主制を根本ルールにしたことと
マインドとしては同じでしょうよ・・・と。そこが日本のユニークなところだよ・・・と。


699 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 12:27:08 ID:???
>>697
宗教を無視しても政治思想を語ることは出来る。
政治思想の起源を語る場合に宗教抜きに語れないだけ。

まあ、人々の価値観とは関係無く目の前に起きる現象に
政治思想は翻弄されてしまう訳だ。

700 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 13:34:25 ID:???
>>699
じゃぁ、何か語ってみてくださいよ、政治思想を・・・。そこに宗教が関係していることを
提示してあげますから・・・。政治思想・・・価値の序列ですよ、語るのは。

複数の価値観を提示して、その序列を語るんですよ、わかります?

ではどうぞ。(こういう作業を検証といって、論じる際に最も重要な要素のひとつですよね。)

701 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 14:02:27 ID:???
>>698
「何らかの絶対性を提供する以上、自覚の有無にかかわらず「宗教性」を帯びているという認識を持つところから始めなければ話にならない」
↑↑↑
一日もたってないのに物忘れが激しい電波だな
さらに>>593で何といっているか見てこいよwwww

「要請に、まったく応えず程度の低い質問返ししかしないのでは、論とは呼べないだろうよ。 」
↑↑↑
こう言うこと言う癖に、>>602で良くあんなこと言えたもんだなwww
さらに俺がお前に反論している事を、「反論ではないから反論でない事の証明」を書いた俺に証明しろとは、お前はバカか?
だから俺が書いた事が反論でないのなら何かを、「反論ではない」と言うお前に聞いているのだろにwwww

それに俺は、お前からの質問には答えている
だからお前からここまで、俺にこれに答えろと言ってきたのは、俺が答えた事さえ忘れたお前が請求してきた勘違いの一件のみwww

お前がずっと答えないのは「皇室の財産はどのように作られたか」の説明だ!

702 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/04(水) 14:05:38 ID:YvLVjGQZ
>>701 また物乞いしてるのか?

703 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 14:08:49 ID:???
>>694
行い?どんな行いかも書かなければ意味が無いだろが基地害よ
強盗して自分の物にすることも、「行い」
他人に恵んでもらうのも、「行い」
さあどんな「行い」なんだ、お前は「報酬」とは言わず「利益」と言っていることも忘れるなよ

お前はもっと低脳さらしていかないと、ここにいる存在意義がなるなるぞ( ´_ゝ`)プッ!

704 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/04(水) 14:18:19 ID:YvLVjGQZ
>>703 強盗だの物乞いだのしたら穢多とかチョンて区別されちゃうジャマイカ(笑)。

漏様の所は先祖代々文句も不満も言って来なかったのだから御先祖様の方針に従うよ。

金持ちは恨めしいニダあとか言ってる朝から晩迄働かされると強制労働させられたニダあとか宣う
働きもしない馬鹿チョンじゃ有るまいし、ははは

705 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 14:26:31 ID:???
ふざけた青木さん(通名)は日本人は強盗や物乞いをしないとでも思ってるみたいですね。
戦後街頭で芸をして生活費を稼いでいた負傷した軍人なんかも穢多、朝鮮人呼ばわりしそうですな

706 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/04(水) 14:33:07 ID:KhtLCb9z
>>705 喪舞自身が「街頭で芸をして生活費を稼いでいた負傷した軍人」て
対価を得て居たと書いて居るジャマイカ、まあ傷痍軍人さんにはそんなん
しなくても国の戦争で体の一部を失ってしまった事に対する代償を早急に
支払って貰うべきだったけどな。

707 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 14:35:54 ID:???
↑ふざけた青木さんもたまにはまともな事を言うみたいですね
それでもあなたが朝鮮猿であるという事に変わりはありませんがな

708 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/04(水) 14:38:09 ID:KhtLCb9z
>>707 対価や平等と言う君達の大嫌いな当然の事を書いた迄、普段は当たり前すぎる
当然の事だから書き連ねる必要さえ薄い、漏れ様は喪舞裸の為に書いて居る訳では無いからな。

709 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 16:41:31 ID:ej6NUqau
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html
上を読めば丸分かり。昭和天皇マジカコヨス。

710 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 16:42:30 ID:???
>>700
関係があるから何?
別に宗教抜きで政治思想を語る事が出来る事には変わりない。

711 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 17:21:41 ID:???
>>710
何を言いたいかわからんが、俺に宗教板で話すべきことだという主張をしているアフォに対して
関係が有るんだから、政治思想板で語ってよいことなんだよと説明しているわけだが、
宗教抜きで語ることが可能な範囲が有るということと、すべてにおいて語ることが可能である
ことは別の話だとわかるよね。

で、別に宗教抜きで政治思想を語る事が出来る場合も多々あるけど、だから何?

712 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 17:24:58 ID:???
>>704
「行い」の説明はどうしたよ?
お前はまたかよ、説明も出来ないくせに出してきて逆ギレするなよwww
れ電波と同じだなー

さらに他のスレにお前が書いた「頭のおかしな人の判定基準」

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

こんなこと言っている奴が、「漏様の所は先祖代々文句も不満も言って来なかったのだから御先祖様の方針に従うよ。」と、お前とは別人であるはずの先祖と同じと言うwww
特に「自分の意見が通らないとコピペや荒らし」とはお前自身
「他の人もそう思っている」が、気に食わないようだが事実、他の人もお前を基地害と思っている
そうでないなら、お前を「本当に」絶賛する奴を出せばよいwww

おらおら、もっと一生懸命低脳なこと言って頑張らないと駄目だぞ( ´_ゝ`)プッ!

713 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 17:29:21 ID:???
>>712
俺はお前のことを○○だと思っている。

つまり、他人様の印象は、どうでもいいことなんだよ。たとえ多くがそう思っていても、
それでも地球は回っていることもある。

みんなの意見があることを提示することと、その評価が妥当であるかどうかは別、つまり
みんなの意見の検証によるんだよ。

714 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 17:40:26 ID:???
>>711
お前何言っちゃっているわけ?
米国の人間創造の意見を出して来たのは電波なお前だろwww
日本では歴史と神話は区別されると言いながら出して来ただろうがよ
だから、「何のため」に出したか質問すれば何かしらの絶対性が宗教性を帯びるとか言って、曖昧な事言い初めて俺が天皇制の絶対性を言えば言ってないと、お前は言い始める
ならなぜ、人間創造の話題をわざわざ貼り付ける?
関係がない話題なら貼り付けるなよ
前のお前の世論調査の貼り付けは「長い歴史と伝統」が、お前は皇室をさすとお前は考えたから貼り付けたんだろうが?
だから、俺はお前に言ったよな?それが含まれたいると思っているのかとな
お前は何も言わず無視しているがなwww

それより関係が有るはずの「皇室の財産はどのようにして作られたのか」の説明まだ?

715 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 17:43:37 ID:???
ついでに言っておくと、フタンが基地外だと思っているなら、そいつを放置できないお前も
同様の香具師だということになる。

2chではアラシあおりは放置が原則、放置できない人は同類である。

はっきり言えば、俺が電波だと思っているなら、それにかまっているお前も電波なのだよ。

俺はひたすらに「議論のネタ」を提示しているが、一向に議論にならない。
ただ馬鹿の反応が、新たなネタを提示する契機になるなら、俺はそれで一向に構わない。
きちんとした議論が始まれば放置するということである。


716 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 17:48:56 ID:???
>>713
何だよ?
お前「ふざけた青木さん」なわけ?
他のスレで奴を相手している人のは見てないわけ?
ここ長いくせに、他も見れよ電波
それが「ふざけた奴」にたいしての意見の検証だろ?
見てきたらその評価してみろwww

それとお前はよくここで「皆の意見」と使っているだろ?
お前は「皆の意見」であることを言うだけで、検証を提示したこと一度もないがなwww

717 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 17:59:42 ID:???
>>716
他の人がやっているから、他の場所では何も言われないから・・・こういう考え方の人が
政治思想を語れるとは俺は思っていない。そういう馬鹿に何かを回答する必要性を
俺は感じない。

みなの意見といっていない、「みなの決定」といっている。みなの決定とできる要素は何かと質問されれば
解答する用意はあるが・・・一行目に戻る。



718 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 18:00:37 ID:???
>>715
その言葉よく言えるなwww
お前すぐに自分の主張に反論する奴はDQN扱いするくせに、そいつと今まで議論してきた事すら忘れているわけな
お前、一度自分が過去書き込んだ事読み返せよ

さらに「一向に議論にならない」とは、偉く傲慢だなwww
お前が「議論」だと認めなければ「議論」にならないのか?
「反論でなければ何か」の回答も出来ないくせにか?

「きちんとした議論が始まれば」←始まった途端、お前はDQN扱いするだけ
議論を打ち切っているのは、お前だと認識しろよwww
「皇室の財産はどのようにして作られたのか」の説明も打ち切られたままだぞ!
早く説明しろ電波




719 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 18:06:13 ID:???
>>718
いや、だから論とは何なのか、その要素を提示しろよと要請しているぞ、俺は。
君が提示すればそこに俺の意見はつけられるわけで、さすれば一定の基準(つまり議論とは
何であるかのの俺としての基準・・・放置したりする対応する基準・・・)が提示されるわけだ。

そこに矛盾しているというなら追及すればいいじゃないか。

なおおれがDQNと書く場合、ある特定の人であろう推測を書いているのであって、
DQN扱いとは、DQNタンであるという扱いに過ぎない。
いっぱい議論して、もうおなかいっぱいなのだよ彼とは・・・。

720 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 19:05:10 ID:???
>>717
お前、言いたいことは明確に言えよ
無駄に書き込み多過ぎ
ここだけでも「ふざけた青木さん」の検証できるだろうがよwww
お前はチョン、穢多、乞食など言う奴の評価も出来ないのか?

「天皇は皆の合意であることを表現する権威者」とは、お前がかつて書いた言葉
合意の意とは何かも知らないとは言うなよwww
「皆の決定」でも同じ、「皆の何を決定」するのか答えてみろよ電波

>>719
お前は俺が書き込んだことを「反論」でないと言っていることを忘れたのか?
反論でないのなら「何なのか」を言わなければならないのが分らないのか?
論を辞書引いて調べろよ電波、「意見」を表し、反論は反対の意見を示し、議論をする事をも指す
つまりこうやってやり取りしている事も、議論であり、お前がいくら否定しようとも議論なのである
いい加減、言い逃れの言葉遊びするなよ電波
それに追及しているのに、一向に進ませないのはお前だ!

さらにDQNについても、お前は過去書き込んだことを忘れているなwww
お前がDQN扱いした奴、全てお前が推測する特定の人かよ?
皇室スレpart30あたりからでも、読み返せよ電波
この前のスレはお前ほとんどいないから、見ても無駄だぞ

721 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 19:09:34 ID:???
それにしても電波はこれほど書いているのに「皇室の財産はどのようにして作られたか」の説明を一切しないな
よほど都合が悪いのかよww
話逸れすのが目的で、電波があれこれ言っているのが良く分るぞーwwwwwww


722 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 19:15:46 ID:???
>>720
議論に足りる言論ではないから、検証する必然性がないし、俺は君のような多少なりとも
会話の成り立つ人を相手にすることはあるが、会話が成り立たない人の発言ををあげつ
らう趣味はない。

二段目は日本語になっていない。

三段目
>反論でないのなら「何なのか」を言わなければならないのが分らないのか?
いや、「反論じゃなく無駄で無意味なあおり」と評価しているが、言うのも気の毒だし、いっても
しょうがないのだがしつこいから、今回は回答しておくよ。www

四段目:何を言いたいかわからんが、馬鹿を馬鹿というDQNをDQNといったからといって、
お前がきずつくのか?仮に傷つくなら申し訳ないと思うが、事実じゃしかたがない。
事実じゃないなら、傷つくお前がどうかしている。

つうか、スレタイに多少は即して書けよ。おれをたたきたいという趣旨なら、才覚板でやれ。それが2chの
ルールだよ。
議論から逃げるなというなら、まともな議論を吹っかけてこいよ、なぁ?


723 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/04(水) 20:27:12 ID:???
でだ、皇室の財産形成・・・といったって、時代が1000年以上にわたっているわけだ。
ついでに言うと質問者は「税金である以上搾取だ」といっている人なので、そもそも論外なのだが
どういう風に論じればいいのだろうと思案ロッポウである。w

ただ、基本的に「土地の所有と果実の権利」という問題は相当に根が深い。
いや実際古事記でも「境界杭の神様」は相当のはやく誕生しているのだから、古代から重要なこと
だったんだろう。鎌倉幕府のそもそもの動機も「土地に関する裁判権」の問題である。

ある、土地なりからの作物を召し上げることのできる[領地」を搾取といい始めたら
江戸時代の神社仏閣も「搾取していた」ことに違いはない。w 江戸城も搾取の結果であり
その結果を国が召し上げている現状を、どう正当化するのだろう。
搾取したものだから、所有権を認めないという論法なら、国の所有も正当性はないだろうという意味である。

まぁ、それはさておき、江戸維時代には朝廷貴族も困窮していた史実があるのだから、天皇家のそれも
然りだったと見て間違いではあるまい。では明治時代はどうだったかといえば、その財産形成に大きく
寄与したのは林業である。そもそも山林は江戸時代領地であって、誰か個人の所有に帰すものではない。
だから国が国有地として、同様の財産形成をすればよかったという言い方はできると思うが、そもそも
前為政者の公的財産は新為政者の財産となってしかるべきである。(大政奉還したのだから・・・。)

仮に、明治維新の際の制憲権力者・主権者が天皇であったとするならば、その権力に基づいて決定し
たことは正当というしかない。そして、制憲権力者・主権者が国民に代わったなら、公的財産は国民の手に
わたってしかるべきである。

問題は私的財産である。前為政者の私的財産まで新為政者の手に渡るためには、前為政者を
否定して新為政者が誕生する必要がある。しかし日本では、前為政者を否定せず主権者が交代している。
したがって、本来個人財産は維持されるべきであるが、そうされていない。
ここで天皇制を否定するならば、以前にも申し上げたとおり江戸城などは別としても、完全な天皇家の
個人財産は返還されるべきだろう。




724 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 22:03:53 ID:???
>>722
「議論に足りる言論ではないから、検証する必然性がない」とは、それが評価というものだろ

「二段目は日本語になっていない。」と言うなら、言い直そう
「天皇は皆の合意であることを表現する権威者」とは、お前が書いていた言葉だ
では、その中で使われている合意の「意」とは意思を表す
「みんなの意見があることを提示することと、その評価が妥当であるかどうかは別、つまりみんなの意見の検証によるんだよ。」と言うからには、検証をしなければ成らないが、お前は検証をした事があるのか?

「反論じゃなく無駄で無意味なあおり」と評価するのはいいが、お前は俺の質問に答えないだけ
>>602でなんとお前は言っているか読んでこい

お前がDQN扱いで議論放棄していることを、言っているのだが分るか?
それにしても俺がお前を電波扱いしているのが、お前は傷付くのか?
>>715でガキ思考で書き込むぐらいだからなww

「議論から逃げるなというなら、まともな議論を吹っかけてこいよ、なぁ?」と言うが、議論から逃げ打ってきたのはお前
「まとも」とはお前の価値観、こっちはお前の質問に対して>>559>>570>>575で答えているが、お前からの最終回答は>>578
お前が「議論」に成らない回答し、それ以降「回答する義務がない」とか言い始めているんだよwww
お前にとって「まとも」ではなくとも、こっちは「まとも」に質問し説明もしている
それにどの部分が「まとも」でなく、議論にもならないのかも言えないのか電波は?

725 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 22:05:16 ID:???
>>723
「税金である以上搾取だ」だけを取上げているが、説明はそれ以降もしている
>>575を読んでないのだろ?新たにもっと詳しく言ってやるよ
何の根拠があって天皇は朝廷が出来て以来、税を民から取っていた?
支配したから税を取るのが当たり前だと言う何の正当性がある?
土地の所有もそれは支配において、定まったにすぎない
つまり支配側からの一方的な決まりであり、搾取の結果でしかない
そしてその結果で、国が維持されているのだから、皇室の財産と言えども大きく言えば国を形成する国民のものである

また、お前が皇室の固有財産を言いたいのなら、徳川にも領地返還や資産返還をしなければならない
憲法88条で、すべてすべて皇室財産は,国に帰属するとなっている以上、彼らに精々認められるのはの預金ぐらいのものである
また、皇室の費用はすべて税金であることも忘れるなよ電波www

726 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 22:08:53 ID:04T3qK97
また前の保守の公有財産を一体の。特に無料地銀にも敏感な三年間をしなければならない店舗は知事は器用ですべてこうした財産を国に帰属するため、きょう解除に整然と日本の預金量のめどはた古紙の費用はすべて税金であることも忘れてはならないとし

727 :右や左の名無し様:2007/04/04(水) 22:56:36 ID:???
>>711
> で、別に宗教抜きで政治思想を語る事が出来る場合も多々あるけど、だから何?

>>697でおまいさんが言った
> 宗教を無視して政治思想は語れないといっているのだよ。
つーのはデタラメだと言いたいんだよ。

728 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/05(木) 00:27:09 ID:fGGhemiA
>>725 だあかあらあ、皇室も有ってこそ日本の土地や円にも付加価値てのが生ずる訳でえ
乞食なんかと目先の利益を分け合えば其の歴史的信用は藻舞の祖国同様に地に落ちるて訳さ。

乞食て馬鹿だなあ。

729 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 00:38:14 ID:eqDvSzpn
意義なんて言葉に出来る程単純だと思うか?
もう少し考えてからスレを立てろ。


730 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 01:06:46 ID:???
しかしまあ次から次へと良く釣れるな。
電波おやじの釣りのうまさだけには感心する。

731 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 07:09:55 ID:???
電波親父と朝鮮猿のツートップは最強だなw



732 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/05(木) 10:01:25 ID:???
>>724
意見と意思は違う日本語です。

「みなの意思であること」についてのギ荻が有る事象があるなら提示すればよい。
それを検証の第一歩としよう。
 徳川・明治政府・現憲法については「みなの意思である」といって差し支えないと思うが
違うというなら、その理由を添えて提示しましょう。いや、別の事象だというなら、それなりに。

質問については、無駄で無意味なあおりと俺が評価すれば、当然に回答しない。

>お前がDQN扱いで議論放棄していることを、言っているのだが分るか?
議論ができる人をDQN扱いしたというなら、具体的にスレッドとレス番号を示せ。
無論俺の自由なのだから、何の問題もないが・・・。

支配者側からの一方的決まりが搾取であるという理屈は、まったくうなずけないなぁ。w
そもそも、明治時代について言えば、税金から受領しているのは、報酬的支出などであって、
それ以外については、皇族は自己完結できる財政だったんだぜ。
いったい誰から搾取したというのだろう。仮に明治政府が勝手に決めて税金を取っていて、それが
搾取であったとしても、皇室財産とはまったく無関係だが・・・。
それとも、税金から支出された報酬も「不当な搾取の結果だ」といっているなら、
公務員だった人のの財産は、すべて国庫に編入されなければならないだろう。www
まずm、民主党の鳩山にでもその旨言ってみたらよかろう。

>>730
最近が雑魚が多い。w



733 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 12:10:32 ID:???
>>732
徳川、明治政府、時代の天皇が表したのは皆の合意ではなく
『神天正統紀』や『大日本史』を聖典とした権力の正統性。

現実的には権力に都合の良い歴史観を作り上げる道具な訳だが(w

734 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/05(木) 12:50:06 ID:???
>>733
話を蒸し返されても、権力にとってもっとも都合がよい歴史は「上位権威を排除した歴史」に
決まっているだろうよと、すでに述べている。



735 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 13:35:54 ID:???
>>732
言葉が違うが自分の考えが「意思」であり、それを伝えるのが「意見」だ

「徳川・明治政府・現憲法については「みなの意思である」といって差し支えないと思う」には、既に俺は回答している
>>510>>517>>559>>568>>570>>575で、すでにしているが打ち切ったのはお前

それで「質問については、無駄で無意味なあおりと俺が評価すれば、当然に回答しない。」と、逃げる準備はするなwww
お前は都合が悪いと回答しないことを、「あおりだ」と評価してしまうだけだろ
まあいい、お前が答えないとき「逃げ」での回答回避をしているかを評価し、「逃げ」で回答回避ならその質問をし続けるからな

「無論俺の自由なのだから、何の問題もないが・・・。」と、お前はバカか?
結局、お前は議論放棄に何の問題も無いと言っているのだぞ
俺にも、言っているのだからわざわざ他の実例出す必要は無い

「搾取」が気に入らないか?
税を納めるなど、何の権利があって古代からやっているのだ?
元々支配する側からの取り決めであって、自然発生ではない
皇室財産はそうして作られた上で、成り立っている
違うというなら、お前はどこから降って沸いたのか説明しろよwwww
「自己完結」で終らせるなよ、元がどこから出ているのかお前は言う必要があるだろ?
いいか、俺は税が不当と言っているわけではない、作られた過程を言っているのだ
それにお前憲法88条はどうした?「すべての皇室財産は、国に帰属する」となっているのだから、皇室の解体しても財産問題は無いはず
これを否定すれば、それこそお前のお得意な「皆の決定」はどっかに飛ぶがなwww

736 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/05(木) 13:41:29 ID:RszKWY2K
乞食の物乞いを無視したからと言って逃げたと言われる訳では無いと何度書けば・・・

737 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 13:43:13 ID:???
>>728
お前の母国では、ブタ将軍の動向に付加価値がつくのだったなwww
だから信用ががた落ちなんだろ?
お前の評価、電波が>>722しているからそれでもよんどけ

おらおら、もっと低脳なこといってないとお前は存在意義も付加価値もなくなるぞ( ´_ゝ`)プッ!

738 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 13:47:53 ID:???
>>736
おおそうか、お前を無視してもいいのだな?
次回から無視しちゃおうか?

低脳なんだから、無理して援護しようなんて思うなよ、お前にはどうせ答えれないのだから( ´_ゝ`)プッ!

739 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/05(木) 13:57:49 ID:RszKWY2K
<`⊥´>社長が金持ちなのは平等でないニダあ

(´∀`)金が欲しいの?

<`⊥´>社長の財産はどうやって作ったニダあ!

(´∀`)藻舞が創設した訳じゃねえじゃん

<`⊥´>社員から搾取したニダなあ?

(´∀`)藻舞は新入社員じゃねえかよ、給料分も働いても居ねえじゃんか。

<`⊥´>答えず逃げるニダかあ?

(*´Д`)=з

740 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/05(木) 14:10:01 ID:/Uh7sPr+
>>737-738 喪舞裸の作った評価は喪舞裸自身の物で、違う評価を喪舞が物乞いしてんじゃねえかよ、
援護?親父同士の玩具の取り合いだよ、勘違いすんな。

741 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/05(木) 17:02:22 ID:???
>>735
君が回答しているつもりになっていることと、回答であるかは罰の話である。

古代から権利概念があるというのも、お笑い種である。


742 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 17:49:40 ID:???
>>741
ほらな、お前は結局回答から逃げるだけwww
回答が違うならどう違うか言えばよい

権利ではないなら、義務概念でも有るのかよwww
支配側からの強制なんだから、搾取と言うのが妥当、徴収と言い換えても「取りたてる」なのだからそれは強制

電波、お前は俺の教師でもなんでもない、掲示板にてお前が言うことが俺が違うと思うから俺は反論している
それが「反論するな」「回答はしない」というなら、お前がここにいる意味は何もない

743 :とと、回答であるかは罰である:2007/04/05(木) 17:54:38 ID:g+O0T+Nj
>>742
れに論破されたのか?

744 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 18:04:57 ID:???
>>743
論破されもしないし、それ以前の問題
こちらの反論に対して、「お笑いの種」「回答ではない」などと言う電波にどう論破されるのか?
れに論破される奴など誰もいないだろ?


745 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/05(木) 18:29:15 ID:RszKWY2K
>>742 嫌なら出てきゃ良いのに・・・後から入って来て今迄の税金分も払わずに
整備された道路を歩いて是だ。

746 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 18:41:18 ID:???
朝鮮猿のふざけた青木さん(通名)は早く本国に帰りましょう。
人里を荒らしたら保健所で薬殺ですよ

747 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 18:43:58 ID:g+O0T+Nj
>>745
))))乙!
なんでもいいから、韓国や北朝鮮の悪口はやめとけよ。
おまいがジジになってだ、あっちのヘルパーさん
来たらどうするよ。
それにだ、
ジャイアンツの趙さんや中日の落合さんもこまとるぞ。



748 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 18:55:54 ID:5slRt0wp
イボ松井も怒ってるぞ!

749 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/05(木) 19:06:39 ID:???
>>742
彫らな、お前は反論じゃなく、具にもつかない質問をしているだけなんだよ。
ソシテ回答がない、回答がないと騒ぐ。

そもそもその質問が当該議論とどう関係が有るかも示さず、自分の脳内だけで結びついていると思い込んで
追求している気になっているだけの質問に回答するほど、私は妙な趣味を持っていない。

権利概念と義務はいったいだろうよ。ばかだなぁ。
強制的に税は取り立てられる。そのことの何が悪いかもよくわからない。なせ悪いんだ?
で、書いているとおり、税の徴収と天皇の蓄財にどこがどう関係するのか
「 具 体 的 事 象 」(まったく何度言わせるんだよ)を提示して説明しろよ。

もう一回言っておく、お前の書き込みは「反論」じゃなく「悪く見積もればまったく無意味なあおりなど」
だし、「よく見積もれば脳内で何らかの妄想などによってつながっていて、お前は関係があると
考えているが、どこがどう関係あるのか、俺にはさっぱりわからないという意味で、愚にもつかない質問」
似すぎない。

なぜ皇室財産と、古代の税金が関係あるのかを「具体的事象を提示して」説明しろよ。
仮に、天皇は天皇として領土を持ち、税は国としての運営にのみ使っているとしたら、その税が搾取で
あるかどうかに拘りなく、皇室財産とは無関係となってしまうだろ?
でだ、すでに述べたとおり、仮に古代においてそうだったとしても、皇室は江戸時代いったん財政的に
困窮していたわけで、明治における蓄財こそが主たる要因であると考えるのが筋なのだから
明治時代の税金と皇室財産の起案系も「具体的事象を提示して」のべないと、
税金との関係が不明確で、検証しようがないだろ?

「 具 体 的 事 象 」(まったく何度言わせるんだよ)を提示しの説明だぞ・・・。
「 具 体 的 事 象 」(まったく何度言わせるんだよ)を提示しの説明
「 具 体 的 事 象 」(まったく何度言わせるんだよ)を提示
「 具 体 的 事 象 」(まったく何度言わせるんだよ)
「 具 体 的 事 象 」 わかったな

750 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/05(木) 19:34:41 ID:???
具体的事象といってもわからないかもしれないし、「税と無関係につく剤で着た尚か?その証拠を出せ」とか
言いかねない馬鹿だから、少し説明しておいてやろう。

たとえばである、たとえば明治時代に「天皇税」というものが有って、それは天皇の蓄財に回されていたとする。
この「点納税」は具体的事象であるが、そういったものはない。

また、明治時代の財政システムとして、仮に天皇が自由に支出できる財源があったとしよう。(いや、国会を通さず
決めることができる財源はあったわけだが)この財源が合理的理由もなく支出され、蓄財に当てられたというなら
それはその財源の名前を挙げれば、具体的事象ということができるな。
(しかしこれは税が搾取であるかどうかとは無関係な事象だな、まぁその支出のために是率が引き上げられた
事実があるならば、無関係とはいえないが・・・。)

実際は、明治憲法下の皇室財産は自己完結(つまり自分で稼いで自分で使途すること)が可能な制度で
国家元首としての報酬的支出などは合ったし、それは「政治の道具にならないために」国会で議決する予算からは
除外されてはいたが、その形状を見る限り合理的で節度がある金額だった。
(無論、皇室財産を形成するための税金など一切ない)

勘違いしてもらっては困るが、まったく清廉潔白で非の打ち所のない経済を皇室が行ってきたというつもりは
おれにはない。時に首をかしげるような寄付を受けたこともあったかもしれないし、そこまでは俺も知らない。
しかし不正に、あるいは人々を搾取した結果としての蓄財など、聞いたことがないと、いっている。



751 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 22:05:27 ID:???
>>749
電波は日本語もまともに書けないのかよwwww
俺は、お前の質問には答えながらお前は、「具にもつかない質問」と言っているだけだ
お前は、毎度毎度回答出来ない理由をもっともらしく言っているが、ただの逃げである
お前が答えない理由に「香具師」「DQN」扱いをお前がする事を、こちらが指摘すれば今度はこれだよwww

それとお前は「権利」と「義務」が一体だとほざくほどの電波www
「権利」とは要求できる資格を指し、「義務」とは課せられる拘束だ
税ならば義務は相手側に課したものであって、それが課せられる側の権利ではない
「納税の義務」はあるが「納税の権利」などと言うのか?

「強制的に税は取り立てられる。そのことの何が悪いかもよくわからない。なせ悪いんだ?」と言うが、お前は俺が書きたこと読んでないな
「俺は税が不当と言っているわけではない」と書いているはずだ電波www
さらにお前は税が皇室の財産に関係ないと言うのかよバカだなww
今でさえ、皇室の経費は税で賄っている
古代の皇室の食い物はどこから涌いてきた?天からでも涌いたか?と、バカなことをいうなよ電波
これこそ、お前が言う「具にもつかない質問」だwww
彼ら朝廷及び皇室を含め支配層の生活を支えていたのは、税を納める側
それ以外にあるのなら、お前が具体的事象をだせ!
税が有るから彼らの生活は維持され、その上で財産を維持し増やしていける
江戸時代に財政的に困窮と言うが、それ以前にその前触れはある
支配層が代われば、その税を直接納める所が違うのだから当たり前
しかし、支配層が代わっても皇室維持に必要なものは、その時の支配層が最低限支給している
なのに、お前は「明治における蓄財こそが主たる要因」だと言うが、どちらにせよ税によって維持されている
税で維持しているのではないと電波はいうのか?
また、財産が明治になると降って涌いたわけではない、古代から続いたものが残っていたからこそ、それを元に蓄財が出来る
古代を切り離し明治に言及するのは、過程の無視でしかない

752 :右や左の名無し様:2007/04/05(木) 22:07:59 ID:???
ここで短く言ってやるが、お前は皇室財産が皇室がもともと発生した時いや明治以降でもよいが、元から持っていた固有の物というのは間違い
支配し搾取した結果出来上がったものでしかない
それ以外に、財産が発生したと言うのなら、それこそ具体的事象を出せよwww
まあ、どうせ皇室財産は憲法88条によって国に帰属するのだから、固有などないがなw

753 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 08:30:04 ID:ZswKs0OO
>>747 乙、無駄に関わろうて気は更々ないが、乞食共が不当な分け前を欲するのだから仕方なくない?
それに彼等の民族自体の評価に傷が付かないと理解出来ないみたいだし、傷つくのが嫌なら
彼等自身がそう言った輩を自浄すれば良い訳で彼等の安定を考えてやる義理は漏れに無いよ。

チョウセンヒトモドキのヘルパー?殺して預金通帳を持ってちゃうのはヘルパーじゃ無いんじゃね?

生活保護を乞い働きもしないで無駄な努力に重ねた挙げ句に「ウリ達がうんこ嘗めてた時に
この預金はどうやって作ったのか説明しろニダあ、後進国から搾取して作ったニダあ」
とか言うんだよきっと。

754 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 09:35:24 ID:???
>お前は「明治における蓄財こそが主たる要因」だと言うが、どちらにせよ税によって維持されている

いや、だから・・・この記述の根拠を具体的事象を提示して説明しろと・・・。
報酬的支出は、当然に受け取る「権利」があり、
仮に、それを蓄財しようと、また、それを運用して利益を上げ蓄財しようと、正当な蓄財だろう?

君の脳内はどうでもよいから、この記述についてのみでよいから、具体的な事象を挙げて
説明をしろよ。

755 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 09:51:39 ID:???
>それ以外に、財産が発生したと言うのなら、それこそ具体的事象を出せよwww
面倒なんで「天皇家の財布」という書籍名も挙げている。それ程度読んでからじゃまいと、
議論じゃなく俺の一方的なレクチャーだろ、それじゃ。
林業以外で言えば、株式・牧場の経営もうひとつはすでに申し上げたとおり「寄付」がある。

具体的な事象を挙げましたよ。

756 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 11:05:49 ID:???
まぁ、一応資料的なものも示しておきましょうかねぇ。

まず、立憲までの間に、地租改正、耕地・宅地・市街地の私有化が行われ、あわせて、
所属の不明であった山林や河川地、入会山や入会地などの共同利用地が官有・民有地
に区分されます。(大体明治10年ぐらいまでに)
 つまり、所属不明の土地と、共同利用されている土地の一部が官有(国・地方公共団体などの所有)
になったわけです。所属が明確な土地は私有地になったわけです。

で、明治13年ごろから皇室財産の設定が行われます。このときの設定では、日本銀行・横浜正金銀行
・日本郵船などの株式1,000万円、佐渡・生野鉱山、350万町歩を超える山林・原野などです。

で、今度は国から支出される経費ですが、皇室財産令で規定されているとおり帝室経済会議で
決定され皇室財産令に基づいて管理されています。国家機関としての機能維持と報酬的支出は
別に不当利益でもなんでもなく、かつきちんと管理され明確に私的財産と分別されていたことは
明白です。

そうすると、不当利得が仮にあるとするならば、明治13年ごろからの皇室財産の設定自体に不当性が
あったという以外にはないのですが、少なくとも私有財産から皇室財産に移行されている実態はありません。
また「立憲以前」なのですから、不当という場合に、どういう基準で正当不当を分けるのかが問題になります。
ただ、公的財産の一部を天皇の財産とすることは、天皇の当時の位置づけからして当然の行為です。
私は先にも言いましたとおり「皇室財産」は「私的財産」と「公的財産」があったことが、「皇室財産」から
国庫に編入されたものは、実は、天皇家の財産だけで「皇族の私的財産」は国庫に入っていない理由だと
考えています。本来は天皇家の財産も「私的財産と公的財産を明確に分けて、公的財産のみを
国庫に編入しないとおかしいわけです。そこに天皇という立場の財政上の特殊性が発生してしまったわけです。

仮に、人権という立場で天皇制を廃止するということになれば、そのような政策も誤っていると考えざるを得ない
のですから私的財産は原状回復しなければ、人権屋さんとしては納得しがたいのでしょうね・・・という話です。



757 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 12:19:18 ID:???
>>754
お前、何か勘違いしているだろ?
搾取が不当など俺は言ってないのだぞwww
皇室が財をなす過程が、民からの搾取で成り立っていると説明しているのだ
いいか搾取階級の意味を考えろよ、これは支配層を示す
支配するとは、利益が無ければ誰も行わない
支配しても、誰からも強制的に徴収できなければ国の維持すら出来はしない
具体的事象を出せとお前は「具にも付かない」質問をするが、皇室の維持管理は税によって行われていないのか?
これをお前が否定し、彼らの報酬・貯蓄のみで維持管理が成り立っていると言うのか?

俺は既に、具体的事例として「皇室の維持管理」を出している
あとはお前が、この事例を否定するのかしないのかではないのか?
さらに皇室の財産については憲法88条で「すべての皇室財産は国に帰属する」と説明している
お前はここで人権を持ち出すのが、皇室財産自体が税の上で成り立ったもの
税によって維持管理されているのなら、それは皇室私的財産とは言わない
仮に、皇室が人権を持たされ一国民になったとしたなら、今まで税で維持管理されたものは一切それが出来なくなる
無論のこと、税を納めなければならないが、それを皇室は彼らの蓄財だけで出来るのかよwww
相続税も死ぬたびに、とてつもないが金だろよw

お前がいくら私的財産を言おうと、彼らの報酬だけでそれが維持されないのなら、国に帰属するのみ
お前は税によって維持管理されているものまで財産と認めたいようだが、そこでよく考えろよw
一国民が税によって維持管理されている家を、そいつの私的財産と言うのか?
赤坂の議員宿舎は議員の私的財産かよwww

758 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 12:29:33 ID:???
>皇室の維持管理は税によって行われていないのか?
何度も書いているとおり、報酬的支出や国家機関として維持するための経費は支出され
ていて、それは正当だ。また、さまざまな運用などで「自己完結する」財政制度だったから、
国家の経費だけで維持されていると考えるのは間違いだと、すでに言っているのだが・・・。

で、搾取といったって、私有財産から皇室財産に「強制的に組み入れられた」財産は
存在しないから、搾取という表現は妥当ではない。
何度でも言うが、明治憲法下においては、国家元首としての仕事の対価と、その仕事を
するための経費以外は国家から支出されていない。したがって、その報酬などを搾取と
いってしまったら、公務員の収入はすべて搾取結果だということになる。

公務員を無償で働かせることのほうが、国家としての搾取だろう。

もう一回言う、皇室経済は明治憲法下では「自己完結可能な財政システム」であり、国家から
の経費がなくとも、皇室は維持される程度の収入はあった。

どうか、俺の提示した本は薄くて簡単に読める代物だから、それ程度は読んでから
何かいってくれ。俺は君の先生じゃなく、これはレクチャーであって、議論ではない。



759 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 13:36:18 ID:ZswKs0OO
<`⊥´>蓄財は搾取ニダあ

┐(´ー`)┌

760 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 13:54:14 ID:???
 まぁ、搾取というのは 資本家(生産手段を所有する階級)階級が労働者階級に対して行うものなんだがなぁ。

【搾取】 [名](スル)

1 乳などをしぼりとること。 (←まぁ、牧場で搾取はあったかもしれない。www)
2 階級社会で、生産手段の所有者が生産手段を持たない直接生産者を必要労働時間以上に働かせ、
 そこから発生する剰余労働の生産物を無償で取得すること。




761 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 14:01:17 ID:ZswKs0OO
<`⊥´>もっと生活保護くれないと搾取ニダあ

(´∀`) え゛?

762 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 14:23:10 ID:???
ふざけた青木さんは生活保護ではなく畑や果樹園を荒らして生活をしている
非常に性質が悪い朝鮮猿ですがね

763 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 14:30:39 ID:ZswKs0OO
<`⊥´>生活保護を日本社会から搾取するより猿の方が質が悪いニダあ

┐(´ー`)┌争わねえだろ?

764 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 14:33:13 ID:???
朝鮮猿のふざけた青木さんは在日朝鮮人がみんな生活保護をもらってるとでも思ってるのでしょうか。


765 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 14:51:55 ID:g69Hj3HY
<`⊥´> 生活保護を全員にくれないと搾取ニダあ

┐(´ー`)┌ 猿がライバルで寄生虫の9センチの気違い親子の在日朝鮮人の振りしたりする
丁賤穢多のチンチン大好き新風自炎工作員のホモ三島大好き2.26マンセー右翼の新聞配達員の
レイシズムを受ける側の外食の妬ましい乞食だから何時も必死で藻舞もIQが80に決まってるて言い
ネカマにも成るけど指摘されると止める面白い大日本報靖會◆lZCvso1D7U(笑)は何が言いたいやら。

ああ、又物乞いか・・・


766 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 14:56:25 ID:???
>>758
お前バカだな、「国家機関」であるならそれは公的なものを指すのだぞ
それにお前、肝心な財産が明治に確立された事で、述べてない事があるだろ?
明治14年までの皇室料地はわずか634町歩でしかない、さらに土地以外の株券と貨幣による皇室財産は15年まで当時の金額で171万余円現代の金額で670万ぐらいでしかなかったはず
「自己完結」とお前は言うが、それ自体が明治政府がいかに自由民権運動が広まっても、代わらず皇室の維持をすることで国家維持を狙った結果
『我国今マサニ憲法ヲ建定セントセバ先ヅ皇室ノ基礎タル実質ヲ鞏固ニシテ以テ千万歳後、大権動揺ノ弊ヲ今日ニ防遏セザルベカラズ』と有るようになwww
もう1つおまけに、言っておいてやろう
お前が出した皇室財産の設定の続きに、「経常的な皇室費は国家予算の中に組み込まれ、年間300万円でした。従って皇室財産からの収益は、皇室の尊厳と慈愛を示すための出費と皇室財産の自己増殖に充てられました。」と書かれているはずだ

それでまだお前は正当だとか不当だとか言っているのか電波www
俺には正当も不当もないのだよ
憲法88条読んでいるのかよ?お前がいくら明治の設定での私的財産だと言おうと、今平成での憲法が優先される
俺、言ったよな「精々認められるのは預金ぐらいだろ」とな
おまけで、京都御所付けようか?

【搾取】(名)スル
(1)階級社会において、生産手段の所有者が生産手段をもたない直接生産者から、その労働の成果を無償で取得すること。
 資本主義社会では、資本家が労働者から剰余価値を取得する形で表れる。マルクス経済学の基本概念の一。
(2)動物の乳や草木の汁などをしぼりとること。

お前は、何捏造しているのかwww
階級社会と資本社会で分けて意味が載っているのを、合体させるな電波!

767 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 14:57:22 ID:g69Hj3HY
>>764 だいたい喪舞裸あ何時生活保護を貰える様な税金を納めたんだよ?
刑務所や精神病院だけで済まずに生活も面倒見てくれニダあてか?自活出来ずに
飢えて死んどけよ其れが喪舞裸本来の姿なんだからよ、喪舞裸の祖国を見りゃあ
頭の悪い喪舞裸でも理解出来んだろ?

768 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 15:03:56 ID:g69Hj3HY
>>766 で?其れが喪舞に何の関係が有るんだ?もし喪舞の祖先が其の時日本政府に税金を納めてて
文句が有るなら、喪舞の一族が日本のインフラや日本社会の恩恵に預かった分差し引いて日本政府に
訴えでも起こして日本社会との関わりを清算して日本から出てきゃ良いだろ?

769 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 15:04:49 ID:???
>>766
すでに書いていると思うが、いまだ基本法がない状況下において、一定の公的財産を
君主に移すことに不当な部分はないだろう?

自由民権運動が広まっても、「明治憲法における我が国の機軸立つ皇室」が維持されようとする
ことに、不当な部分もないと思うが・・・。

正当な財産なら、人権派の皆さんなら「返還すべき」と考えるだろう。・・・といっているわけだ。

辞書のことは、辞書を作った人に言えばよいが、支配者階級と被支配者階級の問題ではなく
資本家階級と労働者階級間の話なんで、税金と搾取は関係ないということについては
その辞書の定義でも同じことで、お前のとんまな引用の間違いを補完しているだけだな。www

あまりに気の毒で、この際悲しみさえ覚えるよ。
税金と搾取の関係を述べてみろよ、もう一度・・・。

770 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 15:05:43 ID:???
>>768の基地害よ、お前俺に相手して欲しいのか?
>>736であんなこと言うから、無視していいと受け取ったがなwww

もし相手して欲しいなら、訂正して来いや
低脳なお前でもそれぐらい出来るだろ( ´_ゝ`)プッ!




771 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 15:09:30 ID:g69Hj3HY
>>770 物乞いしてる乞食にどんな暴言を吐こうと文句言われる筋合いなぞ無いな。


772 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 15:56:30 ID:MKLoyoJV
愚鈍な田舎者を態々そこまで言わなくともよいと思われるが。
やはりふざけた奴は、まっとうな人々から嫌悪されているのか
と今さらながら納得。


773 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 15:57:10 ID:???
>>769
だから、何度言わせるのだお前はよwww
「不当」だと、俺が言ったか?
いいか俺は過程を言っているだけに過ぎない
それに俺は人権屋ではない、仮に人権を天皇にと俺が言っても明治に制定された国家維持の為の財産を認めたりしない
だから精々預金ぐらいだろと言っている
お前が明治で制定されたものまでも、皇室財産だと言うのか?これぐらいは答えれるだろ?

そして俺は税の成り立ちからお前に教えないといけないのかよwww
お前は古代、国が確立していく中で、自主的に物を収める流れになったと思っているのか?
一体誰が税を納めると決めた?支配層からの強制でしかない
生産したものを取って行くのだから搾取である
「税」とは名を変えた「搾取」でしかない
基本的な事で説明してやるが、荘園で誰も働かなければ、貴族はどうやって食っていける?
荘園が貴族の土地だと言うと思うが、これは支配した結果にすぎない
土地を広げる為には、支配を広げるしかない
だが支配に利益が無ければ支配そのものは生まれない
では利益とは何かと言えば、搾取するものである
それが時代が進む事で、税と名を変える
これでも分らないのなら、マルクス経済学でも読めよwww

その上まだ違うと言うのなら、税とはどのように発生したのか言ってみろ電波

774 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 16:18:21 ID:???
>>773
不当でない搾取などあるのか? 君が搾取だといったときから、不当なものだといっていることに
なるんだが・・・。w

で、だから、「明治で制定されたもの」というようなよくわからない言語を使って質問されても
回答の仕様がないし、いちいちレクチャーされるのは君も本意じゃないだろ?
で、皇室財産というのは、私的な財産と公的な財産の二つで成り立っているんだから、
明治憲法下で形成された財産は、すべて皇室財産ではあるだろう。
もう少し、脳内で君だけにわかる質問ではなく、他人様がわかる言語で質問しろよ。

お前が人権派でないなら、べつに、この話はどうでもよいはずだ。

税を自主的に納めるなら、それは【税じゃない】だろうよ。税とは強制的にとられるもの
だぜ。現代でも、自主的でなくとも、たとえその法律に反対していようとも、差し押さえなどの
強制力を行使してとられるものなわけだ。
つまり自由意志に無関係にとられるのが税なのだから、税の正当性は、自由意志による支払いという
要素とは無関係だということぐらい理解して書けよ。(いいたいことがわからないではないが、
議論できるレベルでないことは、この一点だけでも十分に証明されているぜ。

搾取とは君の言うように、資本家階級が労働者階級から搾り取ることであって、
荘園がある時代に、資本家(つまり生産手段を持つもの)が存在していたのかね。
マルクスは、封建社会化の支配に基づく簒奪を「搾取」とは呼んでいない気がするが・・・。www

【搾取】:階級社会で、生産手段の所有者が生産手段を持たない直接生産者を必要労働時間以上に働かせ、
 そこから発生する【剰余労働の生産物を無償で取得すること】。
【剰余価値】:資本の生産過程において、労働者の労働力の価値(賃金)を超えて生み出される価値のこと。
 これが資本家に搾取され、利潤・利子・地代などの源泉となる。マルクス経済学の基本概念。


775 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 16:22:26 ID:???
>>771
ああそうか、お前の言っていることは暴言なんだなwww
なら無視しても問題ないようなんで低脳な基地害は無視な( ´_ゝ`)プッ!

謝っても許してあげないぞーっとwwww

776 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 16:24:30 ID:g69Hj3HY
>>772 <`⊥´> まっとうな朝鮮人は喪舞なんか嫌いニダあ

┐(´ー`)┌ 嫌いで結構コケコッコウ、だったら物乞い難なんかすんなよ猿がライバルで
寄生虫のチンチン9センチの気違い親子の在日朝鮮人の振りしたりする
丁賤穢多のチンチン大好き新風自炎工作員のホモ三島大好き2.26マンセー右翼の新聞配達員の
レイシズムを受ける側の外食の妬ましい乞食だから何時も必死で藻舞もIQが80に決まってるて言い
ネカマにも成るけど指摘されると止める面白い大日本報靖會◆lZCvso1D7U(笑)。

あいたたたたML奴隷だったか>>773、今時未だそんなん居たのかよ、乞食+強盗じゃんか正にチョン。

777 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 16:28:55 ID:g69Hj3HY
>>775 乞食に何を発言しようが何も問題は発生しない、何故なら乞食は
対価と言う平等を排除しようとする強盗と同義だからだ、ただ喪舞は其れ
以下の居直り強盗のML奴隷だからもっと最悪だけどな、人権必要?

778 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 16:58:24 ID:???
>>774
お前は搾取も税も共通している事は、強制だと分っているのか?
もともと搾取としていたのが税に代わったと、説明してやっているだろwww
そうじゃないのなら、税の成り立ちを説明しろよ電波

それと一々詰まらん揚げ足取るなよ
「明治で制定されたもの」の「もの」が何が当てはまるかぐらい、ふざけた奴のような日本語の不自由でなければ分る
でだな、俺はなお前に聞いているのは現代でも明治憲法で制定された皇室財産が有効だとお前は言うのかと言っているのだ
明治憲法制定下では皇室財産なのは当たり前だ
支配側が決めた強制ルールだからな

俺は人権屋ではないが、お前が皇室財産を私的財産のように言うから出てきているのだよ
例え人権屋であっても、そんな無茶言うのかよ
国民の財産権はどこへ行った?皇室のみ財産権が発生を言うのであればそれは、皇室の崇拝屋

マルクス経済学では、「封建制では領主階級が農奴階級を搾取するとされる」となっている

「搾取が発生し始めた社会、人間が栽培植物を発見し、本格的な植物栽培に乗り出したとき、つまり農耕の発生が始まった社会であり、
そこから多くの余剰生産物が発生し、本来共同体全体の労働による余剰生産物であるにもかかわらず、
一部の者がそれを私有として消費した時点が、他者の労働の一部を私有化したということになる、そのことが搾取の始まりと言える」
これが分るか?
私有化することで、支配層が生まれそしてやがて国という形が出来上がる
では搾取と言う形は無くなるかと言えばそうではなく、税と名を替えただけである
支配層が税を取ることでその生活を維持している、あるいは荘園のように労働者から非労働者である支配層に利益を受ける形で維持される

779 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 17:16:37 ID:ZswKs0OO
マルクス主義で成り立ってる強盗乞食の国に行きゃあ良いだろうになあ。

こちとらだって誤字位見逃してやってるのに。

780 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 18:12:37 ID:???
>もともと搾取としていたのが税に代わったと、説明してやっているだろwww
古代から税はあるんで、資本家階級発生以前の税が、なぜ、搾取から代わることができるのか
俺には到底理解できません。

>お前が皇室財産を私的財産のように言うから出てきているのだよ
私的財産は今でもありますから、日本語でお願いしますよ。

>これが分るか?
いや、だから君の提示した「搾取の定義」とそれさえも違っているんで・・・。
そこをまず理解しましょうよ。ね・・・

【搾取】(名)スル
(1)階級社会において、生産手段の所有者が生産手段をもたない直接生産者から、その労働の成果を無償で取得すること。
 資本主義社会では、資本家が労働者から剰余価値を取得する形で表れる。マルクス経済学の基本概念の一。
(2)動物の乳や草木の汁などをしぼりとること。

↓と↑では、意味が違うでしょ?両方、あなたの発言だよね。

「搾取が発生し始めた社会、人間が栽培植物を発見し、本格的な植物栽培に乗り出したとき、つまり農耕の発生が始まった社会であり、
そこから多くの余剰生産物が発生し、本来共同体全体の労働による余剰生産物であるにもかかわらず、
一部の者がそれを私有として消費した時点が、他者の労働の一部を私有化したということになる、そのことが搾取の始まりと言える」

で、強制的に取られる税金はすべて搾取だというのは、単なる馬鹿ですよ。

共産主義国にも、税金はありますから・・・。 www 共産圏でも「強制されます」から・・・。
つまり、もう一回言うと「強制される税」でも、君の言う「搾取w広義」と「搾取でない税」があるということに
なるね。それとも共産主義社会が完成すれば税などはなくなるということ?ちがうよね。
余剰価値が吸い上げられないということですよね。であるならば、余剰価値を吸い上げるのが、搾取といえるかどうかの
用度ですよね、君の言論から言えば。そこに、「強制」という要素は必要ないわけですよ。
強制でなくとも余剰価値を搾り取られれば、それは搾取だ。広義の強制とか言い出さないでくれよ。www



781 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 18:23:20 ID:???
「明治で制定されたもの」の「明治で制定」というのがわからないんだが・・・。

皇室財産は明治憲法以前にそのベースはできているわけで、それをさしているなら
>現代でも明治憲法で制定された皇室財産が有効だとお前は言うのかと言っているのだ
については、何度もいっているとおり、人権派なら私的財産は返還すべきというだろう、いや財産権は
重大な権利のひとつだから、現憲法課の天皇制を否定するならば、そういわなければ矛盾だといっている。

さらにいえば、俺は現憲法課の天皇制を支持していて、皇室経済に関する憲法上の決まりに、
まったく異論はない。べつに不当な財産だから国庫に編入されたわけでもなく、それなりの私有財産は
認められている。

皇室経済については二つ、「大嘗祭」が私的行為であるとするならば、国庫からの支出はおかしいと思うし
であるならば、私的財産としての大嘗祭などにかかる経費の備蓄は認めてもよかろうと思うしだいである。
また皇族の私的経済活動の自由度を、運用上もう少し認めるか、あるいは皇族費だけでなく、報酬的支出を
公務に応じて支出するべきだな。建前上の問題。現行は皇族としての威厳を維持する費用のみ支出されていて
報酬的支出は内廷皇族以外には支出されていない。公務はさせる、金は出さないではそれこそ人権問題である。
総額は換わらないにしても、きちんとすべきという意味。

782 :金規雄:2007/04/06(金) 19:18:57 ID:???
漢人や朝鮮人の天皇がいてもいいのでは?

それより天皇家の存続について一から議論しませんか?

783 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/06(金) 19:31:11 ID:???
勝手に始めれば? 面白い話なら人が集まってもりあがっるだろうし、そうでなければ
それなりなのが2chだから・・・。

784 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/06(金) 21:05:50 ID:b8iL7dIB
<`⊥´> 税金は強制されたニダあ

┐(´ー`)┌ 別に出て行きたきゃあ何時でも

>>782 何時帰るの?

785 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 21:38:45 ID:???
>>780
俺は、税の発生自体が搾取する事から始まったと言っているのだ
それが違うと言うなら、お前は「こうだ」と言うものを出せよwww
出さないと、検討の余地もないだろ?

それでだな、皇室の私的財産がある事は俺も認めているがな
だから「精々認められるのは預金ぐらいだろ」と言っている
読めよなwww

搾取でまだ言っているようだが、搾取の意味とその始まりだが何か?
お前は搾取から税に名が変わったと言うのすら、納得できんのか?
ならばお前の考えは税は搾取と別物で唐突に税と名が付くものが、発生した事になるが説明できるのかよ?
唐突になかなか物事は発生しない、特に強制されるような事は自ら進んで起きはしない
余剰価値は蓄えとなる部分だが、一部分のものが取ってしまえば差が生じる
そして差が開いていく過程で支配層と非支配層が生まれ、やがて国となる土台が出来る
搾取と言う過程がなければ、差が生じないがその集団は共同体止まりだ
さらに、お前は税は正当だ搾取は不当だと分けるが、実際は「一揆」などが起こっている
税が正当であるなら「一揆」など起こることはない
また搾取が不当であるなら国は成り立ちない
不当や正当の問題ではない、人が集団化していく上で必然的な事情なのだよ
共産がどうなど俺の知ったことではない、人が自ら率先して余剰価値を差し出す事などありえはしない
自ら率先するのだなどと、バカなことはいうなよ

786 :金規雄:2007/04/06(金) 21:52:05 ID:???
>>784日本列島は日本人だけのものじゃないよ。
アジアの万民の共有物だ。
私の一族のルーツは朝鮮半島だが生まれは日本だ。帰るも何もない。

787 :右や左の名無し様:2007/04/06(金) 22:10:45 ID:???
>>781
「明治13年ごろから皇室財産の設定が行われます」とは、お前が言ったことだろ?
「明治で制定」されてないのかよwww
それにだな、再設定以前の皇室財産は俺が書いているだろ?
まあそれはそれとして、お前に俺は明治憲法下で定められた莫大に膨れた皇室財産を今の世でも認めるのか」と聞いているの
誰も人権屋の話を出してくれと頼んでいない
一応その下にお前の回答は現憲法での支持で異論はないようだがな

それとな、お前の大きな俺に関する間違いは、現天皇制を俺が否定していると思っている事
俺、それに一言も触れてないぞwww

でだな皇室経済についてお前は言っているが、皇室に掛かる維持管理に国庫がどれぐらい出しているか知っているよな?
その上でまだ増やせと言うのか?
それに経済活動の自由度を上げるというが、それが現憲法に添った象徴の役割から逸脱しないか?
皇室が「これ」使ってますだけで、その製造元は注文が殺到しているのだぞ
それは無理だろ?
そこまでして皇室が財産を作りたいのなら離脱すべきだ
それを認めないのはそれこそ人権問題だろ?

788 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/07(土) 04:06:24 ID:pl3VB3iY
<`⊥´> 皇室が人気有るのはずるいニダあ

┐(´ー`)┌ そんなんチョンに関係ないし、日本人の自由じゃんか

>>786 日本の発展は日本人が行って居る物で藻舞裸朝鮮人は関係ない、人は誰かの物と言う訳ではないので
藻舞裸に其の発展の所有権も当然ながら発生しない。

789 :右や左の名無し様:2007/04/07(土) 04:28:48 ID:???
朝鮮猿のふざけた青木さん(通名)は畑や果樹園を荒らしたりして日本の発展を阻害し
ニホンザルとも交わって日本の生態系を破壊していますがね。
保健所で処分した方が日本のためである事は間違いありません

790 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/07(土) 07:38:51 ID:???
皇室財産の半紙から、搾取の話・税の話になりそうなので、皇室財産と無関係なら
やる場所を決めて誘導してくれ。

皇室財産の話も、すでに言葉遊びの粋に入っているか。預金程度という私的財産の
話は大笑い(何度も寄付という話をしているが知らないらしい)だが、私的財産は
人権派において(おだ外に人権派ではないようだ)、返還すべきと考えるだろうところは一致
しているようだし、これ以上レクチャーを続けても意味がなさそうである。

>その上でまだ増やせと言うのか?
総額は換わらないにしても、きちんとすべきという意味。 (二度目)

>余剰価値は蓄えとなる部分だが、
いや違うから・・・。利潤・利子・地代などの源泉となる。マルクス経済学の基本概念。
利潤が配分されて蓄えになることもあるだろう。

>税が正当であるなら「一揆」など起こることはない
不当な税は一揆を起こす・・・これは正解だが、必ずしも不当でない税は一揆を起こさないとは
言い切れないことぐらいさえ理解できないで、「議論」ができるのかねぇ。まぁ、期待はしないが。

>人が自ら率先して余剰価値を差し出す事などありえはしない
ありえなくはないと思うよ。

どうも程度が低すぎて、ねぇ・・・。

791 :阪京 ◆bezF5JWhVY :2007/04/07(土) 14:02:50 ID:6OUt+WyO
>>782
アホ丸出しだな。漢人なら支那皇帝、鮮人なら半島で朝鮮王やってろ。天皇家の存続だと〜? チョンになど
干渉されたくもねーよ。

>>786
人のものは俺のもの、俺のものは俺のものってか? 流石クソ厚かましい鮮人だな。帰るところもなけりゃ
遠慮しながら細々と暮らしてろ。全く、あの国の連中だけは謙虚さのかけらもない。

792 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/07(土) 14:21:33 ID:???
まぁ、我が国で生まれているからといって、直ちに我が国の先人から譲り渡されたこの価値ある社会を
自由に享受してよいという理屈は、確かにへんだな。

793 :右や左の名無し様:2007/04/07(土) 21:55:15 ID:k0cM9N6x
ハゲキョンがふにつられて出現したよ。

794 :右や左の名無し様:2007/04/07(土) 22:04:09 ID:divlqeYQ
日本だけは核武装するべきではない




http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1175950986/l50



795 :阪京 ◆bezF5JWhVY :2007/04/08(日) 03:43:24 ID:oCt6SxBA
日本こそが核武装すべきである。チョンは黙れ>>794

796 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/08(日) 07:34:11 ID:???
アジアにおいて、核武装して世界が一番安心なのは日本だろうね。

797 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2007/04/08(日) 08:41:08 ID:???
いまの政府が頼りないから、個人で核武装するとしたら、どれくらいの
費用がかかるのかな?

798 :右や左の名無し様:2007/04/08(日) 09:29:29 ID:9wv1gwiP
                    ィ ‐―- 、__
                ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
               〃 _,':  /-―――-\ ヽ      <皇族でムネにデカイ、トカゲの刺青入れてる承子様は
      〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
     |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
     |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ  皇族の伝統的にはどうなるんだ?
.     l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
     l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./
      l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /   外人さんの○ンコシャブリが上手だって
      l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
       ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./   評判だけど。
        ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
          丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /     私らの税金で外人さんと「おファック」ですか?
          |~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
          |  | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´     SPもバカらしくって、やってらんないよな!
             ヽ_| ヘメ  | |l   |   l. || !/

799 :◆ozOtJW9BFA :2007/04/08(日) 17:49:58 ID:???
阪京 ◆bezF5JWhVY
れ ◆r0FmiN9ADk
大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U

 こうなると思想でもなんでもないね。

800 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/08(日) 18:52:18 ID:???
雑談は「思想でもなんでもない」に決まっているよ・・・君のその書き込みも同じ。

で?

801 :右や左の名無し様:2007/04/08(日) 22:02:08 ID:???
>>790
「皇室財産と無関係ならやる場所を決めて誘導してくれ」と言うのは「雑談」を平気でやる奴は言う言葉ではない
そして、お前は自分に反論する奴にしか言わないようではなwwww

所得税法で「内廷」費と「皇族」費は非課税だが、相続税や贈与税は免除規定はないが皇室は払っているか?
寄付を皇室の私的財産だと言いたいのなら、そういった税を納めたのか?
それ収めずに、私的だと言うなよwww
相続税は国に相続皇族が寄付し納める形で、引き続き国が皇族用財産として使用が可能な形を取っているのが現状
憲法88条があるため、これでも良いわけだがな
大笑いは電波なお前の方だ

「総額は換わらないにしても、きちんとすべきという意味」と、総額が変わらず皇室への報酬的支出を増やすなど魔法のような事言うなよwww
それとも、お前は無駄な部分があるからそこを減らしてと言いたいのか?

「いや違うから・・・。利潤・利子・地代などの源泉となる」www
>>780を読んでないのか、搾取が始まった時代にもそんなものが発生しているのかよwww
本来は蓄え。余剰は全てを差し引いてもあまるもの
税は本来、人間が単純に生活する上では必然的に発生しない
ならば、本来位置するのは余剰価値に含まれると考える

802 :右や左の名無し様:2007/04/08(日) 22:03:02 ID:???
「不当な税は一揆を起こす・・・これは正解だが」と、まだ不当正当と言っているようだがバカか?
俺は不当であろうと正当であろうと関係はないと書いているが、それが理解できないようだなwww
だから「不当でない税は一揆を起こさないとは言い切れないことぐらいさえ理解できないで」と言うのだろうがな
強制であるからこそ、「一揆」が起こる
自主的なものであるなら納得の上だから、起こりようもない
不満はどこから起こるか、考えろよな電波
必要価値として取られるのならば、納得出来るが余剰価値まで食い込むから不満が募る
これすら理解できないのだろ?

「ありえなくはないと思うよ。」と、バカなことをwww
それはその人にとっての必要価値だからだ
自分自身の自己満足の為のな

お前な、税が搾取から始まったのではないと言うなら、まず税は何から始まったのか言えよな
何度も聞いているが一向に答えないよなwww
これだから電波は・・・・


803 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 01:03:16 ID:PsEh3nBQ
┐(´ー`)┌ 別に出て行きたきゃあ何時でも、出て行きもしねえ癖に・・・

804 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 02:05:49 ID:???
ふざけた青木さんは南朝鮮の猿山に帰るべきですがね
ああ猿山を追い出されて帰るに帰れ無いんでしたっけww

805 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 02:48:38 ID:mad/jK2c
┐(´ー`)┌ チョンの四方山話を何で俺様が聞いてやらにゃあ・・・

806 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 02:54:56 ID:mad/jK2c
ああ、短小包茎はチョンつか穢多だっけwまあどちらもチョンw

807 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 03:06:10 ID:???
なるほどふざけた青木さん(通名)は包茎で朝鮮猿の中でも短小なのですね。
だから恥ずかしくて本国へ帰れないのですか

808 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 06:28:15 ID:???
>うのは「雑談」を平気でやる奴は言う言葉ではない
潔癖すぎるのもいかがなものかと。要はバランスですよ。w
その潔癖さを、他人に向けるのではなく、自身の議論の際の言葉の定義の厳密さに向けたほうが、
あなたの場合はよいかと。

>相続税や贈与税は免除規定はないが皇室は払っているか?
君、調べてから書けばいいのに、相続税は今上天皇において、支払っておられる。

>総額が変わらず皇室への報酬的支出を増やすなど魔法のような事言うなよ
報酬的支出(内廷費)「と同じ性格の支出を「内廷皇族以外」にも支払うこととし、
その分だけ皇族費を減額するという意味だと気づけないようでは、この議論も
単なるレクチャーに終わるな。(恥ずかしくないか?)

後のことは、君の言葉に対する定義のあいまいさによる言葉遊びだから・・・。
搾取とは搾り取ることで、マイナスのイメージ以外にないんだよ。古代の税を搾取と捉えるのは
結構だが、でhが搾取という言葉を使うとき、君はどのように定義して使っているのかを
まず示さないと・・・。君が示した辞書的意味と、そもそも違っているんだから。(苦笑)

809 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 06:52:34 ID:???
>お前な、税が搾取から始まったのではないと言うなら、まず税は何から始まったのか言えよな

回答して理解できるレベルだとも思えんが・・・。
基本的に搾取とか言う考え方は、余剰利益は本来生産を担った人に処分権があるという前提によっている。
しかし、農耕社会における作物や、集団的漁法を取る漁業の収穫物など、収穫物と人との間に1対1の関係が
ない果実の所有権は、その社会の人間観と社会観によって決定付けられる。
つまり、何がしかの生産物や収穫物に関する所有の権限が個人にあるという概念が生じないと、搾取なり
略取なり、現代的な意味における税という概念さえ生じない。
考えてみれば、人間以外の動物でも共同作業により「獲物の取得」や「収穫のエリアの探索」を行うわけで
その獲物の分配や収穫エリアの分配はその群れ社会のリーダーが担う場合も多く見られる。
そういったことを考えるに、人は人以前に税的な供物・貢物が発生したと考えて差し支えないだろう。

税が何から発生したかではなく、そもそも存在した人以前からある共同社会におけるリーダーの収穫物の
処分権始まりで、所有の権原の概念の発生と共に個人から社会への税などの概念が生じたと考えるほうが
妥当だろうな。

農作物で考えればよろしいが、たとえば米を生産するに必要なのは、まず、土地がある。次に種籾である。
さらに家族共同体による労働力、そして村落における水供給のインフラが必要である。
さて、収穫を分配するにどのように考えるべきなのか・・・はその社会ごとの人間観と世界観によるだろう。
土地は誰のものなのか、村落の水共有のインフラは誰の所有なのか・・・という話である。
さらに重要なことは、暦・種籾の管理などのノウハウの提供である。ここにもその分配を受ける権原が生じる
余地が有る。・・・そういうことを考えて論じて見なさい。w

810 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 07:04:09 ID:???
誰かさ何が言うせりふではないが、暦の提供・種籾などの管理に関するノウハウ、生産のノウハウ
社会インフラ・そして土地などは、ありてあるものとして無償で享受し、生産物は個人の所有であると
いう前提にたつのは「乞食根性」といわれても差し支えないだろう。

本来自己の所有であるべき生産物(特に余剰利益)を支配者は搾取するのが税であるという発想は
乞食根性とも言うべき発想が隠れている。
無論余剰利益ではなく、必要な経費の部分を余剰利益の搾取であると考えてしまうという部分である。

日本における古代の支配者(天皇につながると推定される彼ら)は、暦の提供を行っている。
また、種籾の管理や農地の管理、ソシテ生産作業におけるノウハウを八百万の神々という概念を
通じて提供している。また鉄製品などの新たな技術を海外から得て、提供もしている。
さらに、争いいさかいを収める裁判を行い、平安以前は国防も担っている。

これを、収穫物から搾取する税でまかなっていると捉えるのは、乞食根性である。

811 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 08:25:13 ID:IjYvCCg4
天皇が税金を納めないのはあたりまえだよ。
日本で税を取り始めたのが天皇なんだから。

812 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 08:54:36 ID:8h/ZsWI1
<`⊥´> 日本も儲けたら税金を払えニダあ!

┐(´ー`)┌

813 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 09:38:04 ID:8h/ZsWI1
日本で税を取り始めたのが天ちゃん?居るんだよなあ、飲み会とかで何だかんだ言って
会費を払おうとしない奴、友達がチョンかお前て突っ込んでた、顔が顔だけに笑えないとか思った。

だいたい文句有んなら飲みに来なきゃ良いのに・・・

814 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 10:15:33 ID:IjYvCCg4
>>813
ん?身に覚えがあるようだな。
飲み会ではちゃんと自分の分は払わんといかんよ。


815 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 10:36:54 ID:8h/ZsWI1
>>814 ん?人が集まって生活するには共同で支出する必要が発生するて事を書きたかっただけなんだが。

816 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 14:51:16 ID:???
>>808
お前は、人に偉そうにいえた立場かよwww
言えるのは自分自身で襟を正せる奴だけだ、お前は無論違う

「君、調べてから書けばいいのに、相続税は今上天皇において、支払っておられる」と、笑わしてくれるな電波
お前は、天皇が一部分の相続税しか払ってないの知っているくせに、情報を一部分のみしか書かないからなwww
天皇は土地の相続税は払ってない、払ったのは12、3億で美術品関係のみ
三種の神器などについては、払ってないだろによwww
お前こそ調べて書けよ、いやお前の場合は知っていて隠す卑劣な方だろ

>報酬的支出(内廷費)「と同じ性格の支出を「内廷皇族以外」にも支払うこととし、
お前はバカだな、減らせる皇室費があると言う事はその分無駄があると言うこと
そしてそれは税金が無駄に使われているとお前は言っているのと同じ

「後のことは、君の言葉に対する定義のあいまいさによる言葉遊びだから・・・。」と、これお前が答える事も言い返すことも出来ないときの、お決まり言葉┐(´ー`)┌
それとも、原理の説明が出来ないで「搾取」ではマイナスイメージだから言わないでくれと言ってるのか?

「回答して理解できるレベルだとも思えんが・・・。」と、結局お前は税がどのようにして作られたかの根本は答えれないのなwww
人間以外の動物でお前は考えているが、それがどうして成り立っているのかは考えない
根本はここにある、支配側だからより多くの余剰価値を搾取すると言うこと
生きていく上で必要なことは最低限必要なのは、消費食物の確保
これが必要価値である、それ以外は余剰価値で搾取できる部分である
そもそも必要価値が税にまで及ぶのであれば、「王の悪政による民衆の反乱」は起きない
余剰価値に位置するからこそ不満が募る、そしてその支払った価値が等価値の取引なら誰もが納得出来る
それ以上の価値があるなら、支持が得られそれ以下なら支持は得ないが不満となる

社会が出来上がった後の処分権を持ち出し税への概念とするのは、その発生自体の無視である
支配と言う過程をへて出来たことこそ、それが発生した事を考えてないとしか言いようがない

817 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 15:01:59 ID:???
>>810
「乞食根性」と言い切るあたり、基地害なふざけた青木さんと代わりがないなwww
人が人を支配することに慣れきって、それが家畜と何ら代わらないとも気付かない
「奴隷根性」と言っても過言ではない

「奴隷根性」の持ち主に、「不満」が存在するわけもなく「受容」しかないのだから、全ては支配者からもたらされ恩恵を我々が受けていると考えるのが普通のことなんだろwww
目的があるからこそ支配し、支配したから目的を持ったではないことに気付けよ電波
万年たっても理解はしないだろうがなw

818 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 15:08:12 ID:???
>天皇は土地の相続税は払ってない、払ったのは12、3億で美術品関係のみ
払っているじゃない。www

財産総額は18億6900万円。ほとんどが戦後天皇家に残された現金1500万円を運用した金融資産で、
「その他の財産は美術品で800件」である。
遺産相続人は天皇陛下と皇太后さまのお二人で、陛下は相続税の約4億2千万円を金融資産から支払われ、
皇太后さまは非課税でゼロだった。
また相続に際して、陛下と皇太后さまは、日本赤十字社に5千万円を贈られた。

なお三種の神器など皇位継承する「由緒ある物」は 600点で非課税扱いとなる。
http://www.sousai.com/index.html

二段目は単なる馬鹿の妄言。じっしつてきに「報酬的支出」と「皇族費」が支払われているから
そのように名目を改めるべしといっていることさえ理解でないらしい。

後のことは、結局、おおむね98.65032%ぐらいについて理解していないようなので、放置。

819 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 15:12:11 ID:???
つうか法律の要請により相続させられたものについて、相続税が発生するという考え方は
そもそも、論外である。

基礎的な素養がないことを、これ以上なくさらして、君はドMかね。www

820 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 15:21:24 ID:???
まぁ、天皇が土地を所有していないことさえ理解していないんだから、恐れ入るしだいである。



821 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 15:32:33 ID:8h/ZsWI1
<`⊥´> 無銭飲食じゃなくて支配からの卒業ニダあ

(´∀`) 飲み食いした金は払おウヨ

822 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 15:35:01 ID:8h/ZsWI1
(´∀`) て言うか先に食券を買って下さいよw

じゃなきゃ裏に残飯が有りますんでw

823 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 17:37:31 ID:???
16 名前:ふざけていない奴[] 投稿日:2007/01/02(火) 11:06:01 ID:HR2eKBG6
つーか、オナニーのおっちゃんの書き込みは日本語じゃないよ。 
日本語の文法も漢字の使い方もデタラメ。 ついでに常識感覚もデタラメ。

おととし、腐が参加した五七五の俳句で、漢字を一文字にして計算してたのはワロータ、ワロータ。

ふざけた青木さんはやはり朝鮮猿みたいですね。

824 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/09(月) 17:43:59 ID:j/XMdzfw
>>823 を?穢多右翼のパッパラパトリオット君かな?とうとうコテ落ちっすか?(笑)

825 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 17:58:29 ID:???
まあ朝鮮猿のふざけた青木さん(通名)はまず類人猿に進化できるようにしないといけませんね。

826 :右や左の名無し様:2007/04/09(月) 18:56:16 ID:???
>>818
「払っているじゃない。www」 と、まだバカなこといってらwww
高松宮家の相続の場合は、政府の説明によると、実際には一部を払わないですむ措置がとられ、遺産の一部(評価額約350億円)を国へ寄付し、国会の議決で承認されると巨額の遺産が消え、その部分の相続税も消滅する
がしかし、宮家の場合は、国会で承認され寄付される土地等は皇室用財産として、引き続き皇室の使用とされる
分るか?これ税金対策でそのような措置になっているのだよ電波
お前のリンク先にも書いているだろうがよwwww

「まぁ、天皇が土地を所有していないことさえ理解していないんだから、恐れ入るしだいである。」とバカがバカらしいことをまた書いて
皇室と書いていたのに唐突に天皇限定して、お前は言い逃れか?
俺は「皇室財産は預金ぐらいしか認められない」と書いているだろうがよ

「名目を改めるべしといっていることさえ理解でないらしい」と、当初自分自身が書いた言葉すら忘れたか?
お前は、「増やせ」と言っているのだよww


>つうか法律の要請により相続させられたものについて、相続税が発生するという考え方はそもそも、論外である。
お前が論外だよ電波
相続税、贈与税は免税ではないと定まっているのに、バカなこというなよなwww

「後のことは、結局、おおむね98.65032%ぐらいについて理解していないようなので、放置」wwww

お前が最後には、必ず放置宣言100%なw
「理解していない」と宣言すれば、相手の所為にできるものなwww
だから、>>1で書かれた注意事項通りだと誰しも納得するんだよ

827 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/09(月) 20:46:39 ID:???
>>826
一段目:そこにある皇室財産というのは、国が所有し皇族が使用する財産のことだ。
 国の財産=皇族が所有しない=相続していない=相続税はかからない・・・これ常識。

>相続税、贈与税は免税ではないと定まっているのに、バカなこというなよなwww
お前が馬鹿なことを言っているのよ。由緒ある品々については「法律の要請がある相続」だから
相続税は発生しないと決まっているんですよ。

最愁段:だって実際に理解していないジャン。

828 :ぱとりおっと:2007/04/10(火) 01:31:22 ID:???
 皇室から税金を取ろうなんてのは、勘違いも甚だしい。そんな事より在日から税金をまともに取るほうが大事。
今まで日本を食い物にしてきた在日。税務署に押しかけて税金を払わなかったのは朝総連。
 皇室から税金を取ろうなんていう考えは、在日の責任転嫁、猫騙しに過ぎない。

829 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 02:04:53 ID:???
在日から税金をまともに取るというのは賛成ですがふざけた青木さんは在日朝鮮猿なので
税金を取り立てようが無いばかりか畑や果樹園を荒らして農家に損害を与えているので
保健所に送り込んだ方が良いと思います

830 :ぱとりおっと:2007/04/10(火) 02:15:28 ID:???
 その場合、有害駆除で弾いたほうが手っ取り早いと思います^^

831 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 08:18:34 ID:LS0YjCvK
とっても基本的な疑問なんだが・・・
税金ってのはどこに払ってるんだ?

832 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/10(火) 08:19:12 ID:nMzbtWZK
>>828 >>830 話が終わってから恥ずかしげなくよくもノコノコ書ける物だな。

833 :<ヽ`⊥´> :2007/04/10(火) 08:25:46 ID:Ie70sNiS
なるほど。
ふざけた青木さんは人に迷惑を掛ける朝鮮猿だから、駆逐されるべきなのですね。
毛が三本足りない猿は害獣として扱われる宿命にあるのです。



834 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/10(火) 09:06:15 ID:nMzbtWZK
>>833 を?パッパラと一緒に反皇室派の手伝いか?チンチン9センチの気違い親子の在日朝鮮人の
振りしたりする丁賤穢多のチンチン大好き新風自炎工作員のホモ三島大好き2.26マンセー右翼の
新聞配達員のレイシズムを受ける側の外食の妬ましい乞食だから何時も必死で藻舞も
IQが80に決まってるて言いネカマにも成るけど指摘されると止める面白い大日本報靖會◆lZCvso1D7U(笑)
藻舞がフォローすんと「レイシズム」とか言いだして弱ってるチョンが即死しちまうから
漏れスレで遊んでやんから漏れ専スレでも拾って来いよw

835 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 13:02:33 ID:???
ふざけた青木さん(通名)のIQは朝鮮猿の基準で80ぐらいと言ってるのですがね。

836 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 13:47:02 ID:???
>>827
一段目 お前、人が書いていることオウム返しするしか脳がないのか?
莫大な相続税を払わないで国の所有にし、そのまま使用していると書いているのが理解できないのか電波はよwww

「由緒ある品々については「法律の要請がある相続」だから相続税は発生しないと決まっているんですよ。」と、言うがその具体的な「法の要請」を出してみな
そして法律の要請があると言うことは、由緒ある品々は国のものだと言うことなんだがな

「最愁段:だって実際に理解していないジャン。」と「理解しろ」しか言わない奴の典型だな
まあそう言うことは、漢字をまともに書けるようになってから言って欲しいものであるwwwww

837 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 13:53:59 ID:???
>>828
在日からまともに税金を取ろうぜ
が、だがな皇室にそれをつなげるなよwww
だいたいな、在日特権を決めたのは一体誰なんだよ?
そしていまだにそこに触れないのは与党だろがよ
あいつらの中に在日特権で旨味を得ている奴がいる
そいつらをまず狩り出せ!
そして、いかに不法なことか一大キャンペーンを繰り広げろ


838 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/10(火) 14:09:18 ID:???
>>836
そりゃそのまま使用するだろうよ、皇族なんだから。つうか皇族が使用するから、皇室財産
というのよ。わかる? 江戸城なんかが典型だね。

>言うがその具体的な「法の要請」を出してみな
はぁ?そんなことも知らないで皇室経済について語っているのか? 大爆笑だな。
「皇室経済 由緒」でググって見やがれ、あふぉぅ!


839 :XYZ:2007/04/10(火) 15:41:11 ID:???
もはや、天皇…云々ではなく、「れ氏とあそぼうー1、2、3(仮)」に成り果てたか。

840 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/10(火) 16:09:56 ID:???
高松宮家の相続について

つうか面倒くさい話をレクチャーさせるなぁ。

いいかな?君がある土地を持っていたとしよう。先祖代々すみ続けている土地だ。
で、あるとき、君の一家を狙い撃ちした税金で、その土地を国に取られたわけだ。
で、このままでは他人の土地になってしまうと危惧した君が、自分の稼ぎでもう一回
その土地を相場で国から買い戻した。

その土地を君の意思で「皇室用財産として使う条件で寄付した」わけだ。
無論寄付だから、国としては断る自由もあるが、国会で寄付を受けるという議決をした。

いったいどこに相続税が発生する余地が有るのかね。
代金は国が受領した。土地は結局国のもの、さらに相続税を払え・・・などというのは、
追い剥ぎ野郎でもいえないなぁ。

由緒ある云々の品々に相続税がかからないという決まりは、相続税法12条にある。
この法律も国会の議決を通っている。君、民主主義を否定するのかね。

841 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/10(火) 16:12:42 ID:???
>>839
君が話題を盛り上げればいいじゃない。天皇云々について。

何で人に依存するかなぁ。自分でがんばれ、必要があると思うなら。
どうでもよいなら、生暖かく、なが〜〜〜〜い目で見ていればいいじゃん。

842 :XYZ:2007/04/10(火) 16:39:29 ID:???
せっかくの誘いの言葉を頂いたが、
天皇については自己完結した。
人間、「核」たる思想が出来れば、次に進むモノ。
れ氏のこれからの発展を期待しながら、終わりとする。

頑張れよ。れ。


843 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/10(火) 16:47:00 ID:???
がんばるほどのお相手は、当分期待できないでしょ。w
継続は力なりともいうが、モチベーションは相当低いですー。「ざー」とやっているだけ。

>頑張れよ。れ。
!いやなこったい!お前ががんばれ。
核たる思想が確立できるとは、まぁ、その確信に疑義を持たないとwww



844 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 18:00:07 ID:SuAIitZJ
>>1
オウムの信者が教祖の為に出家して修行に励むとき、彼らは生甲斐を感じている。
それと同じで、日本の労働者もry

845 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 18:10:30 ID:OPJenm6M
>>843
また敵を殲滅したのか?
以前から言ってるように、お前は頭がよすぎるから困る。
あんまりやりすぎるなよ、恨みを買うからな。

ほどほどにしとけや。


846 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 18:15:21 ID:OlQswSDU
 カマヤンどこ? | ここか? ここがええんか かんじるか? どこや ここか? !
 ぶうっ!|   阪京 ◆bezF5JWhVY          ,' ぶりぶり
        恐らく405とは点と線で繋がりがあるはずですね^          ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
        .{_ ィもはやドクター中松は敵ではない    /___
        ヽ_ .ィ,/ノ    'f´;;;;;`i'  u     ./  ニニ',
           `‐-へ,_ (:⌒ };;;;r‐;{ ⌒,ヽ  /ヽ. ト.二ニ'´
             `'ー--};;__;;;;;}---―.'´   `'
     自分も入らず、ほどほどにしとけや 入ろうとしている人々をも入らせないのだ
              (:.. r− |;;;y;;;;;イ
          みかんを食べても味がしない・    ト-‐―-イ          !
 ぶうっ!| 在日と穢多のふざけた奴 ◆AQw1P14YHc ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
       伊400をサルベージしてください    / ぶりっ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___


847 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 19:23:05 ID:???
>>838
「そりゃそのまま使用するだろうよ、皇族なんだから」←国の決議が有って始めて使えるのwww
「皇室なんだから」、当たり前ではない

「はぁ?そんなことも知らないで皇室経済について語っているのか」www
お前は俺の教師でもなんでもない、お前が「法律の要請」と出してきたから具体的に書かれているものを出せと言っているのだよ
なにか出すことに抵抗でもあるわけだったのか?
俺は始めに「三種の神器は払われていない」とまでしか書いてないのになwww
お前「相続税は払っている」としか始め書かなかっただろ?
だが、お前は突かれると本当に嫌なのは、お前が謳う皇室の私的財産に「寄付」を含めたこと
私的財産に「寄付」を含めてしまうと贈与税が発生する
発生しないのは公益に係わる時まで

>>840でまた電波さんの電波飛ばしかよ?
一般人が国会議決でまた自分が使用することが出来るのかよwww
いいかよ電波、その高松宮家だが、350億もの土地の相続税が掛かる為に国への寄付と言う形で相続税を免除となった
しかし、「皇室用の財産」として使う目的を条件としてだ
自分達が使っていたものをまた、自分達が使う目的で寄付しただけなの

お前が死んだ時、お前が教祖な電波教団にお前の家族がお前名義の土地を寄付し、お前の家族が寄付以降も使用し続けると同じだと言うこと

848 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/10(火) 19:45:41 ID:???
>私的財産に「寄付」を含めてしまうと贈与税が発生する
www 贈与税は国税です。

もしかして贈与税は贈与したほうにかかるとでも・・・???

>350億もの土地の相続税が掛かる為に国への寄付と言う形で相続税を免除となった
だから、>>840。二重取りしているだぜ、国は・・・。


849 :散歩中:2007/04/10(火) 20:05:23 ID:???
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/108/1140/10805211140005a.html より

 高松宮殿下は昭和五年二月に御結婚をされたわけでございますが 当然殿邸を御用意をする必要があるために、
昭和三年の九月に当時皇室が管理をいたしておりました高輪の御料地の一部を殿下が殿邸用地として拝借をいた
しまして、その拝借地に殿下御自身の費用で殿邸を建築されて昭和六年十二月からそこに御入居されまして、
以来ずっとそこでお住まいになっておったわけでございます。
 戦後、財産税が課されることになったわけでございますが(皇族狙い撃ちの税金)、皇室も当然この財産税の
対象になりまして、『昭和二十二年四月に高松宮邸のございます高輪の御料地もその大部分は財産税のための
物納財産として国に納付をされた』わけでございまして、殿下の拝借地のうち庭園敷の大部分もその物納により
まして国有となったわけでございます。
 なお、昭和二十二年の五月に現在の憲法が施行されまして、殿邸が建っていた部分で物納にはされなかった
土地が若干あったわけでございますが、それは憲法八十八条の規定によりまして同じく国庫に帰属することに
なったわけでございます。このような状況で、現在の高輪殿邸の約六割方が憲法八十八条によります国有地、
それから四割方が物納財産によって国に帰属する、こういう状況になったわけでございます。

つづく


850 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/10(火) 20:06:43 ID:???
 この物納された土地につきましては、その後、物納財産につきまして国が地方公共団体や民間等に逐次売り払い
処分がなされておりまして、そのまま放置をしておきますと、物納された庭園敷の大部分がこれは従来と同様の使用
ができなくなりまして、場合によりましては民間等に所有権が移っていく、こういうような事態も予想されましたので、
高松宮殿下は引き続きその土地をやはり殿邸用地としてお使いになっていく必要がございましたので、
『殿下みずからの費用によりましてその物納されました庭園敷部分を国から払い下げを受けよう』ということで、
昭和二十三年十一月に『有償で殿下がみずからのお金をお出しになりまして国から払い下げを受けて』
それを確保いたしたわけでございます。
さらに、若干庭園に隣接します不整形の小さな部分がございましたが、それも三十六年に国の方からこれを有償で
払い下げを受けたわけでございます。
 このようなことによりまして、今回国の方に寄附をいたしたいという遺贈対象とされております土地は、このような
経緯で殿下が必要上御自分の費用で取得をされた土地でございまして、これは沿革的にもそれから形態的にも
古くから一貫して殿邸の庭園という形で御使用になっておったわけでございます。
そのようなことから高松宮殿下といたしましては、この御自分で御所有になっております庭園敷の部分につきまして
将来とも皇室用財産として一体的に使用していってもらいたい、由緒ある殿邸の敷地として使っていっていただきたい、
こういう御遺志かと思いますが、御遺言がございまして、皇室用財産として使用するということで国に寄附をする、
こういうことになったわけでございます。

自分のものを、GHQの意向で狙い撃ちにされた税金で取られ、それを自費で買い取ったが、周辺の国有地との関係で
一体的に利用すべきものでもあるから、再度無償で贈与した。国の二重取りである。
(これを相続税逃れなどという香具師は「追いはぎ以下の精神である。追剥さえ二重取りはしないw)

851 :右や左の名無し様:2007/04/10(火) 21:35:10 ID:???
>>848
「贈与税は国税です」←なにこれ?
皇室に寄付したものまでお前は私的財産だと言っただろうがよ
贈与税は贈与された方にかかるのなんて当たり前だろ?
いいかこれは高松宮の件とは別件だ

何がどう「二重取りしているだぜ、国は・・・。」なんだかなwww
物納された土地を買い戻した、本人死亡で本来相続税が取られるのを国に寄付し、また自分たちが使う目的で皇室用の財産にし使用し続ける
今度は国に帰属するから維持から税金を使うようにした
これのどこが、俺の言う「お前が死んだ時、お前が教祖な電波教団にお前の家族がお前名義の土地を寄付し、お前の家族が寄付以降も使用し続けると同じだ」と違うと言うのか?

さらに「皇族狙い撃ちの税金」をお前は言いたいがために二重取りといっているだけwww
明治以前は雑魚大名クラスの石高しかなかった皇室を、明治以降に天皇=国にするために世界でも有数の財閥に仕立てた財産を、主権が国民に移った国に財産が移ったのは当たり前
それを否定するのなら、明治に莫大に増えた皇室財産も否定しろよなwwww

二重取りでもなんでもないのだよ電波
だいたいなお前はリンク先出しながら、抜き出して何やっているの?
(皇族狙い撃ちの税金)の内容はそこに入ってないだろうがよwwww
お前は明治で皇室の財産に制定されたものは正当だと言ったことを忘れるなよ
占領下で実質支配側が決めたことも正当だと言わないと、明治から崩れるぞwwww

852 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 03:11:15 ID:KJzDaIj4
そうだ、その通り。
維新のドサクサで俄か資産家になっておいて、後から雀の涙ほど開放した、
かつての大名屋敷跡などの庭園をいちいち、恩賜庭園なんて、、、馬鹿馬鹿しい。
近代史だけ見て、伝統、伝統と浅はかなこと、言うんじゃねえよな。
今の皇族どもなんか、裕仁がイギリスに遊びに行ったあと、西洋の王族の真似事してる
だけだし、宮中三殿なんて、あんなもん、明治以降の創作で、日本の伝統というには
余りにお粗末。

853 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 07:12:17 ID:Kf8oHYeH
>>850
れよりひどい悪文だな。
こういうことで〜そのようになりまして〜予想されまして
だらだらと区切りのない、ふざけた文章を載せるな!

854 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/11(水) 08:41:17 ID:???
>>851
おれは国会でどのように説明され、どのように議決されたか、そしてそれはまったく不当なものでないことを
説明している。

予想通りまったく読み取れていない。

いいかな?
A、庭園敷の大部分もその物納で国有
B,殿邸が建っていた部分で物納にはされなかった土地は憲法八十八条の規定で国庫に帰属
4/10がA、6/10がB。 Aについては「公共団体や民間等に逐次売り払い処分する対象」であり
ではBは・・・というと「皇室用財産であり処分対象ではない」=そもそも使っていた。

Aを民間などに売り払ってしまうと、一体的な利用ができず財産価値が下がってしまう・・・皇族が自費で
買取。また相続対象となり物納すると、処分対象となる。ゆえに、寄付という形式をとり一体的利用の継続を
可能とした。一体的利用の価値があるが故の行為であり、なんら批判対象ではない。
建物敷地はそもそも皇室用財産。その庭(庭園の」一部)の話である。

せっかくわかりやすいように提示してやっているのに、まったく読解できないでいるんだから
気の毒な脳である。




855 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/11(水) 09:12:47 ID:???
まぁ、これで十分にわかっただろう。

でだ、そもそも皇室財産を国庫に帰属させるということは、私有財産に関する「財産権」の侵害な
わけだ。そして国の所有物として皇室用財産にしている現実が有る。
そりゃそうだろうよ、国が勝手に「象徴であると天皇を規定」して、国が勝手に「私有財産を没収」し
しかしその象徴天皇という世襲制を維持するために、国が勝手に皇族という枠を設定して、
国が勝手に公務を行わせているのだから、国有財産のうちから「皇室用財産」を提供するのは
当然至極である。

だから、その「皇族・天皇」という規定を「人権的配慮」から廃止するなら、そもそも「財産の国庫帰属」さえ
間違っていたという結論になるのだから、原状回復が妥当だろう。

明治憲法下の皇室財産は、べつに税金や国からの補助で大きくなったわけじゃないんで、単に
国の公務を担う報酬や国として必要な一定程度の威厳を維持する経費が支出されていたに過ぎないし
経費支出は現在も同じである。皇族の明治憲法下の財政は、自己完結型で国に依存していない中で
増えているのであって、なにか「不当利得」でもあるというなら「具体的に事象を提示せよ」と何度も
提案しているのに一切提示がないから、もういい加減

「単なる気の毒な脳の内部での想像である」と

決め付けてもいいだろうと思うしだいである。

856 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 15:19:02 ID:???
>>854
「そしてそれはまったく不当なものでないことを説明している。」( ´_ゝ`)プッ!
その割には、抜き出しにわざわざ(皇族狙い撃ちの税金)と入れたり、最後には二重取りとか言っているがなwww

あとな、財産価値が下がろうと関係はない
廃棄物処理場ができることで町の地価が下がる事がわかっても作るだろ?
一般にとっては財産価値が下がるわけだが、それでも住み続けるわけよ
皇室財産の価値が下がる、一体的活用など最もらしい事言うなよwwww
嫌なら、住むな!自分達の使用目的に限定した寄付だと?相続税が免除されないから法の抜け道使って相続税を回避しただけだろうがよw

いいか、もう一度もっと分りやすく詳しく説明してやる
「お前が死んで、お前が所有していた土地をお前の家族が引き続き住み続けるのに相続税を払うのを回避する為に、お前が作った電波教団にお前の土地を寄付し、またお前の家族が住み続けるのと同じ」

「国が勝手に「象徴であると天皇を規定」して、国が勝手に「私有財産を没収」し
しかしその象徴天皇という世襲制を維持するために、国が勝手に皇族という枠を設定して、
国が勝手に公務を行わせているのだから、国有財産のうちから「皇室用財産」を提供するのは
当然至極である。」

ついに本音が出たな、お前現憲法を支持すると言いながら結局不当だと言っているのだぞwww
だいたいな、「国が勝手に」と言うなら明治に制定した皇室財産も「国が勝手に」したことなんだよ電波
ここのような言葉が出ること自体、お前は現憲法の否定だと気付けよ


857 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 15:19:59 ID:???
そしてまた人権かよwww原状回復なら「国が勝手に」決めてない時代に遡れよ
実力時代末期に遡れ、雑魚大名クラスの石高にするか?それとも戦国時代の実効支配に戻すか?

さらに、明治の莫大な財産膨張に「不当利得」と言い始める始末w
不当など俺は言ってないのにな┐(´ー`)┌
何か後ろ暗いことでもあるのか電波よ
『我国今マサニ憲法ヲ建定セントセバ先ヅ皇室ノ基礎タル実質ヲ鞏固ニシテ以テ千万歳後、大権動揺ノ弊ヲ今日ニ防遏セザルベカラズ』
>>766でどう言った状況で増えたかの説明してやっただろ?忘れるなよw
もっと簡単な説明は「国=天皇」にするためだとも、言っているだろ?

もっと突っ込んでやろうか?
「必要な一定程度の威厳を維持する経費が支出されていたに過ぎない」と、お前は言っているがお前は以前からどの時代でも、天皇が上位の存在だと言っている
明治に莫大に皇室財産が増えたのが、このお前が言う理由だとすると雑魚大名クラスの石高では、とても上位の存在として維持されてはいないと言うこと
電波の自白だなwwwww

858 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/11(水) 16:21:33 ID:???
>>856は単にわめいているだけで、なんら論理的なことが書いていない。
>>857は そして まで読んだ。

何を話しているのかさえ見失っているようで、まともな議論をもってこいとだけ言っておく。



859 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 16:22:48 ID:???
    爼醴醴醴醴‡ .                    ‘『層醴醴匝 )llig$ .
    爼醴門醴鬱` . _y444egj,...      、,,,ggg,,,_'『攜醴齔j,.,..']][l .
    、{[醴jカ.層¶'         . `~ヲ    、 !f~゚^``゙゚゚シ.. ‘層醴麈躍「 .
    . ‘醴齔ll]][|、   _d#鰤醴$ .      油靦幽,   淺栩鬱¶’
      層鬮.゚'';,}',.        . ゙゚゚゚ .    . ‘゚゚゚゙` .. ゙゙^ .  .l}]ぽ
      .']]醴$ .'l|_                            i「゙゙I゜
      、 ゙濁髟. |i                            ′$ .
 カマヤンどこ? | ここか? ここがええんか かんじるか? どこや ここか? !
 ぶうっ!|   阪京 ◆bezF5JWhVY          ,' ぶりぶり
        恐らく405とは点と線で繋がりがあるはずですね^          ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
        .{_ ィもはやドクター中松は敵ではない    /___
        ヽ_ .ィ,/ノ    'f´;;;;;`i'  u     ./  ニニ',
           `‐-へ,_ (:⌒ };;;;r‐;{ ⌒,ヽ  /ヽ. ト.二ニ'´
             `'ー--};;__;;;;;}---―.'´   `'
     自分も入らず、ほどほどにしとけや 入ろうとしている人々をも入らせないのだ
              (:.. r− |;;;y;;;;;イ

860 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 16:55:59 ID:???
    ふざけた奴、う〜まん、阪京 きんまんこ〜
\_____  ________________/
         ∨
         _-=─=-
 / ̄ ̄ヽ=≡///:: ;; ''/ ̄ヽ
 |   /   ''     |    \-─~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  \_|     U    \_|/:::::\                丶
   |  U            彡::::::|                 ヽ
  ≡     , 、    U   |:::::::::|                  .|\@
  ≡_≡=-、__, - -=≡=_ 、 |:;;;;;/                  |
   || ,ー> |   | <ー |─´/  |                  |   ブリブリッ
   |ヽ二_,(0 0)\_二/  >6 |                   |●
  | ////(     )ヽ////   |__/                  |
  .|  /  ⌒`´⌒   U   ) |                  .|
  | U     ノ       /   |                  /  ●
 (   |_/ヽ_'\_/      ..|            |      |
  \  、\ ̄  ̄/ヽ   U   /            |      |    ●
   \ |   ̄ ̄    __/ .|_         \     /
     \ヽ____/  |   |  ~──────' |    /     ●
      |__|      .|__|      |__|   .|__ /     ●●●
      / / /     / / /      / / /   / / /     ■●■ ●


861 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 17:57:49 ID:???
>>858
お前は電波垂れ流しているだけwwww

「何を話しているのかさえ見失っているようで」と言うがお前に俺は反論しているだけ
お前が何を話しているのか見失ったならそれは、お前の話から見失っているのだよwww

「まともな議論をもってこい」「議論になってない」のお前の言葉飽きたなwww
逃げるのに最適な捨て台詞なんだろうけど、毎度毎度「ふざけた奴」同様に誰構わず言っていては暴言にしか受け取られない

862 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/11(水) 18:00:12 ID:???
はいはい、 お までよんだ。

863 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/11(水) 18:28:41 ID:ASIQA4ZY
散々物乞いし、指摘される度に逃げ回った挙げ句に、自分を見失ったの迄、
他人にけつを拭いて貰おうと物乞いし、火病り出すから始末に悪いと言うか、面白い。

864 :<ヽ`⊥´>:2007/04/11(水) 18:32:02 ID:pGHzEpTR
ふざけた青木さんの様に、物乞いで生活してる猿は他にいませんから
安心してバナナを恵んで貰ってください。



865 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/11(水) 18:55:46 ID:fKbhyAIi
<`⊥´> 猿は餌を貰えるのにチョウセンヒトモドキだと物乞いて言われるのは差別ニダあ。

(´∀`) 知るかよ馬鹿らしい。


866 :右や左の名無し様:2007/04/11(水) 21:51:24 ID:???
>>862
全部読んでから言って来い
未だ、>>856>>857も読みきってないのだろ?
反論もする気もないなら、何も言うな
見苦しいぞ電波wwww

しかしまあこの行動、基地害のふざけた青木さんとお前はよく似ているな( ´_ゝ`)プッ!
いくら隠しても同じXXXX

867 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/11(水) 22:35:52 ID:rYsxpN/H
<`⊥´> 藻舞裸皆基地外ニダーあ

(´∀`) 散々物乞いした挙句煮詰まって是かよ。

868 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/12(木) 13:41:01 ID:???
xxxxだけ読んだ。

869 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 13:52:22 ID:???
>>868
くだらない奴www

870 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 21:36:36 ID:nosysryv
「男たちの大和」見たよ、昭和天皇が「もう船は無いのか?」の一言で大勢の大和の
乗組員が死んだって内容だったよ。

871 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 21:43:03 ID:???
>>870陛下も大和の乗組員も立派だったな。

なのにお前ときたら…

872 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 21:44:22 ID:nosysryv
昭和天皇のあの一言が無かったら、あんな悲劇も無かったろうに、って映画でしょ?
どこが違うって??

873 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 22:10:11 ID:/H4XnF6i
天皇陛下とは中心だという。
これが日本的な考え方。


874 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 22:17:51 ID:???
戦略も、引き際も知らず、無謀な拡大侵略と無謀な戦闘で無駄に人を死なせただけの日本
責任者一同は日本の伝統に則り、切腹じゃ!
打ち首もあるでwww
外国に裁きを依存する前にそうすべきであった
天皇も例外ではないぞ!

875 :右や左の名無し様:2007/04/12(木) 22:22:55 ID:nosysryv
>>873
そんな妄想のために、大和乗組員は無駄死にしたのか?

876 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 00:59:43 ID:bZMgwLEo
はあ?大和特攻のお陰で沖縄の撤退戦で優位に運べた局面も有った訳で、
沖縄を只見殺しにしろとは大した人権家連中な事でw

877 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 06:43:00 ID:41MSm+4O
>>876
沖縄を見殺しにしたのは昭和天皇なのだが...

878 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 06:46:36 ID:41MSm+4O
沖縄戦など必要無かった、広島原爆も必要なかった、長崎原爆も必要なかった
必要だったのは、昭和天皇の保身の放棄だけだったのに。

「日本にもう船は無いのか?」

この一言で、大和は戦闘機の護衛無しの無意味な出撃をした。

879 :ヤマと評論家:2007/04/13(金) 07:11:19 ID:???
>この一言で、大和は戦闘機の護衛無しの無意味な出撃をした。

大和は開戦いらい暖冷房の完備した快適なホテル生活をしており司令部として
贅沢な食事をしていた。 レイテ沖海戦では真っ先に遁走し失笑をかったが功績第一と
宣伝し将兵の反感をかった。
沖縄でも出撃をしぶり、大本営若手参謀が一緒に死のうと督促されて伊藤長官が
わかったと答えている。
特攻の責任者の伊藤長官は出撃の意味をよく知っているのである。





880 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 07:16:21 ID:/MRtoa5K
 意味が判らない・・・    | ここか? ここがええんか かんじるか? どこや ここか? !
 ぶうっ!|   阪京 ◆bezF5JWhVY          ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___
        ヽ_ .ィ「日本にもう船は無いのか?」 ./  ニニ',
           `‐-へ,_ (:⌒ };;;;r‐;{ ⌒,ヽ  /ヽ. ト.二ニ'´
             `'ー--};;__;;;;;}---―.'´   `'
     自分も入らず、入ろうとしている人々をも入らせないのだ
              (:.. r− |;;;y;;;;;イ
          みかんを食べても味がしない・    ト-‐―-イ          !
 ぶうっ!|   ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
      庶民の王者と会ってくださってうれしい  / ぶりっ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___


881 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 08:02:39 ID:bZMgwLEo
<`⊥´> 皇族が私利私欲で軍を保身の為に使うのは普通ニダあ

(´∀`) お前等ん所の常識に興味ねえよ

882 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 08:11:44 ID:41MSm+4O
>>879
将だけで出撃すれば良かったのにな、兵を無駄死にさせることは無かった。

883 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 08:12:56 ID:41MSm+4O
>>861
昭和天皇は日本史上最悪クラスの天皇と言いたいわけだ。

884 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 08:19:37 ID:bZMgwLEo
<`⊥´>将だけで船なんか動くニダあ、対空砲火も主砲もokニダあ

<`⊥´>私利私欲で動かない奴は最低ニダあ

(´∀`)

885 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 08:24:43 ID:41MSm+4O
>>884
海軍の将を全員集めれば動かすぐらい出来たでしょ。

886 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 08:33:52 ID:bZMgwLEo
<`⊥´>理解も訓練も要らないニダあ!

(´∀`) そんなん沖縄に出す意味がねえだろがよ、県民に死ねてか?

<`⊥´>県民死ね

(´∀`)

887 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 09:03:05 ID:???
 意味が判らない・・・    | ここか? ここがええんか かんじるか? どこや ここか? !
 ぶうっ!|   阪京 ◆bezF5JWhVY          ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
  | : : : : :(,  _ )  __ )!:_ノ      | 彳  〃_.   _ヾ!/
  ヽ :(aイ  ´゚   i | . ゚`〈       | _ !"  ´゚`冫く´゚`l
   \:_|  " . ノ 、_)、 ゙.ノ       (^ゝ "  ,r_、_.)、 |
    (_ソ人   l ー=‐;! ノ        ヽ_j   、 /,.ー=-、i リ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___
        ヽ_ .ィ「日本にもう船は無いのか?」 ./  ニニ',
           `‐-へ,_ (:⌒ };;;;r‐;{ ⌒,ヽ  /ヽ. ト.二ニ'´
             `'ー--};;__;;;;;}---―.'´   `'
     自分も入らず、入ろうとしている人々をも入らせないのだ
              (:.. r− |;;;y;;;;;イ
          みかんを食べても味がしない・    ト-‐―-イ          !
 ぶうっ!|   ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
      庶民の王者と会ってくださってうれしい  / ぶりっ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___

888 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/13(金) 10:35:03 ID:???
広島長崎の原爆実験は、確かに必要なかった。
特に長崎の原爆は、仮に米国の言い訳たる「早期終戦」が目的なら
東京の近くの無人島にでも落としたほうが効果はあった・・・と英国などでは言われている。

つまり、市街地を選択肢攻撃をした目的は「実験」にあったわけだ。
広島と長崎の効果の違いなどを比較する動機が米国にはあった。

天皇制などを批判したり、戦前の体制を批判するのは、その人の政治信条としてありえても
そのような実験を肯定してまで戦前・戦中を否定する人々の「心根」は、理解しがたいものがある。
(むろん、自分が忠誠を示す対象が 日本国以外 にある人々にとっては、どうでもよいことかも
しれないが)

889 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 11:32:32 ID:???
>>888
電波全部読んで来たののかよwww
新しいネタに無理に参加しなくていいぞ
お前いなくともスレは埋まるしな
またどうせ反論しても、一方通行なんだからな

原爆を誰も認めてもないし、原爆落とされるまで戦況が悪化したのに敗北を認めもしない戦中の体制を批判しているのだよ
沖縄を犠牲にし、それでも敗北を認めたがらない
民衆が原爆で焼かれようと空襲で吹き飛ばされようと、自分達に直接被害が及ぶ可能性が出ないと敗北すら認めない体制
こう言った体制を批判せず、ただただ天皇制批判するな戦前の体制を批判するなとする人の「奴隷根性」には、理解しがたいものがある
忠誠などと言い切る点で、電波がいかに天皇制に陶酔しているかが解かるwwwww

890 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 11:34:26 ID:41MSm+4O
>>888
君、文意を取れて無いでしょ。
その実験を否定した立場で、その惨い実験を許した

 「日本にもう船は無いのか?」

発言を題材に話をしている。

891 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 11:35:29 ID:41MSm+4O
>>888
禿同!

892 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/13(金) 11:49:04 ID:???
>>890
どうぞお続けください。別に、誰かの発言に関する何らかの推測に俺は興味がない。

国という枠組みを維持する必然性に関すいる認識の差が有るようだし、おれは結果としての
ポ宣言受諾を評価しているが、もっと早く終戦が向かえられたはずという希望的観測は
「軍人を抑えられる確証の提示」がない限り所詮さほどの意味があるとも思っていないんで。



893 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 12:08:24 ID:ssi0Ei/m
<`⊥´> 自分達の損益で戦争するなあ普通ニダあ。

(´∀`) 糞舐めの話しなんか聞いてやる義理ねえんだが。

894 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 13:16:42 ID:41MSm+4O
>>892
私は君に興味が無い。

895 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/13(金) 13:20:30 ID:???
つうか許されない実験が、被害者側の行為で許されるということになりうる余地が有るのか?

たとえ、日本がどのような態度に出ようとも、一般市民を攻撃対象とした実験的殺戮が
許されるわけもないし、そのような行為を誘発したなどと捉えうる感性が、俺には理解できない。
どんな言い訳も許されない、戦争行為の一部でさえない愚挙に関して、戦争相手がこういう
行動・発言をしたからだという考察が、何らかの意味を持つなどとも思えないしねぇ。

はっきり言えば無辜の一般市民に対するテロ・・・しかも人体実験を動機としたそれ・・・と天皇なり日本軍の
行為や発言との関係性を探るという発想自体が、まったく下劣だと思うんで、俺はその議論に興味はない。


896 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 13:27:39 ID:41MSm+4O
>>895
何を話しを逸らしているのだ。
男たちの大和を見てからコメントしろよ、ウザイよおまい。

897 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 13:30:46 ID:???
 意味が判らない・・・    | ここか? ここがええんか かんじるか? どこや ここか? !
 ぶうっ!|   阪京 ◆bezF5JWhVY          ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
       'y',//, '.)    '、 " ,'           / ぶりっ
  | : : : : :(,  _ )  __ )!:_ノ      | 彳  〃_.   _ヾ!/
  ヽ :(aイ  ´゚   i | . ゚`〈       | _ !"  ´゚`冫く´゚`l 糞舐めの話しなんか聞いてやる義理ねえんだが。
   \:_|  " . ノ 、_)、 ゙.ノ       (^ゝ "  ,r_、_.)、 |
    (_ソ人   l ー=‐;! ノ        ヽ_j   、 /,.ー=-、i リ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___
        ヽ_ .ィ「日本にもう船は無いのか?」 ./  ニニ',
           `‐-へ,_ (:⌒ };;;;r‐;{ ⌒,ヽ  /ヽ. ト.二ニ'´
             `'ー--};;__;;;;;}---―.'´   `'
 ‘`  ,,イノ'ヘ      .rニi、\ l
_,,,―'゙_,_      ‐_,゙l、 ".l
  -ニ`ヽ「'-   .l" ヘ.゙‐' ,|i、 ,l 
   ---ー  ゙‐ ゙l、'ー-、゙゙l.〃 男たちの大和を見てからコメントしろよ、ウザイよおまい。
           ゙i、    l
.    ,,,,,、    .゙i、   │    
   .,/ ヽ---,、  .,!   .,i
.., '″., .、.,、.,.ミ'''゙" i、 ,/
     自分も入らず、入ろうとしている人々をも入らせないのだ
              (:.. r− |;;;y;;;;;イ
          みかんを食べても味がしない・    ト-‐―-イ          !
 ぶうっ!|   ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc ,' ぶりぶり
        | .,、-‐ォ、   ノ i {l} ,.ヽ           ,'
      庶民の王者と会ってくださってうれしい  / ぶりっ
        .{_ ィ,'//_  U  u_,,,_,  }l        /___

898 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/13(金) 13:30:53 ID:???
回答しているジャン。

国という枠組みを維持する必然性に関すいる認識の差が有るようだし・・・と。
もっと早く終戦が向かえられたはずという希望的観測は「軍人を抑えられる確証の提示」がない限り
所詮さほどの意味があるとも思っていない・・・と。

必ずまける先頭にも赴かなければならないことはあるし、それを回避して必ずしも「国の枠組みの維持」
や早期終戦が得られるとも思えないと・・・。

899 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 13:44:18 ID:MpeRMwgy
何で映画を題材にして議論しようとしてるんだw

900 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 15:20:42 ID:???
>>898
お前出てくるなってwww
国という枠組みを維持するのに天皇がどうしても必要だと言いい、責任回避に「軍人を抑えられる確証の提示」を出すようなバカに用はない
お前な「軍人を抑えれる」のは天皇、抑えれないのならもう天皇に権威も糞もないのだと分らない?
ならばその瞬間、お前が言う国の枠組みはもう維持されてないと言うことwww

それとな>>895のような誰も言いもしないことを勝手に妄想して、書くな
許されると誰が言っているのだ?
天皇や日本軍の批判されるべき点を批判しているだけだろ?
お前は天皇や日本軍には「常に盲目になれ」と言っているだけの電波
お前のような奴が、「死ににいけ」と平気でうら若き者に指図して、自分は安全第一に身を潜めて責任から逃れようとするのだよ

901 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 16:09:54 ID:bZMgwLEo
<`⊥´> 日本の構造が理解出来ないニダあ

(´∀`) 乞食野郎に理解出来る構造なんか主従関係位だろ。

902 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 17:56:19 ID:???
うぇ

903 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 17:58:35 ID:???
朝鮮猿の精神構造など人間に理解できるはずもありませんがね

904 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 18:24:06 ID:bZMgwLEo
>>903 珍しく意見の一致を見たな、とうとう諦めたのか?俺様には何故同意ですら
一々乞うのかサーパリ理解出来ないんだよね、もうさあ朝鮮産の本能的な物?(笑)

905 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/13(金) 18:47:06 ID:???
>>900
自分の意に沿わない意見は「出てくるな!」と排除するような感性なんだ・・・へぇ〜〜〜
書き込みを制限できるような場所じゃないんで、スルーすることも覚えればいいのに。

まぁ、例によって読解できない「悲しくも情けない脳」を露呈しているんで
面白いんですが・・・。

906 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 18:51:05 ID:41MSm+4O
>>905
私は君を排除しないよ、ただ繰り返しになるがウザイね、君。

907 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/13(金) 18:54:54 ID:???
華麗にスルー・・・

908 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 19:22:52 ID:RbdDD7BE
天皇なんていらないと思う。国民の象徴なんて、ばかみてぇ。
あんな裕福に暮らして。
税金からでてるから、つぶしたら結構いろんなことに使える。

909 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 20:04:22 ID:???
コテハンがウザいと思ったら、2ちゃんねる専用ブラウザ でNGワードを登録!
これで解決です。

http://webmania.jp/~2browser/

人大杉でもOK!2chの負荷負担を軽減する2ちゃんねる専用ブラウザ!
ぜひこの機会にインストールしてください。


910 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 20:33:16 ID:41MSm+4O
盛時の時そうすれば、いきなり1/5になるな。

911 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 20:55:44 ID:???
なったっていいじゃないか、ウザいんだもん。

912 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 21:08:49 ID:???
>>908
共産党でさえ天皇制打倒を完全に諦めてる状況で、
つぶせるもんならつぶしてみろよwww

913 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 21:41:52 ID:41MSm+4O
そう、共産党はおまいらの仲間だ、良かったな。

914 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 21:43:13 ID:???
お前らに仲間がいねえだけだろチョン

915 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 22:35:57 ID:???
>>905
だって電波垂れ流すだけで、「議論にならない」と言って逃げ出す奴がいても邪魔だもん
ふざけた奴のようにな邪魔
それとなお前は「俺はその議論に興味はない」と言うぐらいなら、なお出てくるなwww

>>912
打倒はしないよ
天皇制は無理に継続する必要はない
それに国民投票で象徴だと決まったわけではない
どれほどの税金が使われ、維持するのにどのような特権を与えるのか提示し、それを国民が投票によってもまだ継続を臨むのであれば続ければよい

さて、今日ニュースにて秋篠宮の娘がフィギアスケートで優勝したそうな
すべりを見たが、どこがよかったのだ?
あれは正当な評価か、または仕方ない評価か、はたまた計画的な評価なのか考えて欲しいものだwww

916 :ふざけた奴 ◆AQw1P14YHc :2007/04/13(金) 22:42:45 ID:bZMgwLEo
<`⊥´> 逃げてるんじゃなく邪魔なだけニダあ

(´∀`) 俺様の突っ込む所がねえだろ・・・

917 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 22:49:34 ID:???
>>915
国民投票するまでもねえよバーカ。www
天皇制廃止を声高に主張して当選した議員がほとんどいない。
というか天皇制廃止自体を主張している候補者も全然いない。
それは何故か、それは票を獲得する上でプラスにならないから。
それどころかマイナスになるかもしれないから。
つまり国民は天皇制廃止を望んでいない。
これも十分に民意を表してるだろ。
まずは天皇制廃止を強く主張する議員を議会に送り込んでから
国民投票なんて夢物語を口走れよバーカ。www

つーかサヨク連中は国民投票法案自体に反対なんだろ。www

918 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 22:58:16 ID:???
現行憲法じたいが国民投票で決められたわけじゃないじゃん

919 :右や左の名無し様:2007/04/13(金) 23:57:27 ID:???
民主主義を否定する反日ブサヨw

920 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 00:32:52 ID:???
>>917
バカだな
主張しなければそこに問題がないと言うなら、今までの憲法にもさほど問題があるわけではない
知っているか?国民の関心事項は憲法改正なんて優先度低いの
それでもなぜするの?

すればいいじゃん
やって決まればそれが民意
象徴天皇制今現在90%の国民が支持しているが、継続に女性継承支持もかなり高い
民意で動くなら女天皇が生まれてもおかしくないのだがな

>>918
そうだよ
国民投票でもなんでもない
でも憲法改正を堂々と掲げ、天皇制同様に選挙に臨んだのか?
自民が党の方針にあると言っているが、なら堂々と掲げていたか?
だからお前らはそれが民意だと、言うのだろ?

921 :金規雄:2007/04/14(土) 00:41:22 ID:???
>>908同感です
景気も回復しますよ。
庶民が贅沢できます。
(^ー^)

922 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 02:32:38 ID:???
>>920
結局なぜ天皇制を国民投票にかけるべきとお前が主張してるのか全然わからんな。

お前は国民投票にかけられていない現行憲法はいいのか?
しかしなぜ天皇制は国民投票にかけるべきとしてるんだ?
ダブスタじゃないのか?

923 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 04:54:04 ID:SzC8v5Nw
>>922
良く判らないが...
憲法1から8条を国民投票にかければ、双方納得できるのじゃないか?

924 :イランジン:2007/04/14(土) 08:21:55 ID:rv8ywHwa
天皇が、皇室が、2000年の歴史がと言ったところで、
何の意味があるのか非常に疑問だ。
それより、やらなければならない政策が山積している状況では、天皇や
皇室に時間を掛ける暇や予算はない。



名言です。



925 :意見爆発隊:2007/04/14(土) 08:49:17 ID:41+8P3q+
>>924
同感。
年間どんどん増えていっている国の借金。
天皇の分を引けば、少しはましになると思う。

>>915
確かに。いったいどこがよかったかわからん。
審判も1位にしないと怖かったんだろう。

926 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 09:00:53 ID:???

天皇は「権力」ではなく、「権威」




民意による決定事項等を権威づける。
天皇は伝統的日本精神の体現者で、まつりごとの総祭司。

その大御心を政治にあらわすのが日本の国体で、それを否定する一切の勢力を左翼といい、護持する勢力を保守主義者という。
政治を日本では(まつりごと)と言い、祭政一致というのが日本の基本的な国体であるという。

日本国民は天皇の民であり、天皇は国民の天皇であるという。
天皇と国民は一体であり、対立する関係ではない。なぜなら、天皇は強権的な歴史上の皇帝等と質を異にしているからだ。


927 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 09:03:13 ID:???
>>925
おいおい、天皇の予算は国会が決めているんだから、「削減する余地がある」ならば
国会で審議すればよいことだよ。
つうか、天皇制をやめたら財産の原状回復をたとえ一部でも認めざるを得ず、それは
借金を増やす方向にしか動かないぜ。(一部が10%なのか99%なのかは別として)
おれは、財政的問題が山積しているなら、天皇に関する制度に時間をかけている
暇はないと思うぞ。所詮後付の理屈だな。

ついでに言うと、国家元首的地位が代わりに存在する(象徴的大統領)なら、その威厳を
保つ費用と報酬的支出と家族を含めた警備費用などはかかるし、皇室財産のうち
歴史的価値があるものについて文化財的保護をするならば、その経費もかかる。

国家元首的地位を作らないとしても絶対的に必要な業務の質と量があるわけで、それを
担う人が総理大臣だったとしても、その仕事の増加分は、結局総理の部下などが担うの
だろうから経費節減といっても・・・なぁ、具体的にいくらぐらい節減できるんだ?

928 :926:2007/04/14(土) 09:15:21 ID:???
そのシステム的なものは、他国にはない日本独自のものである。

それは日本民族が発見した叡知と言える。
だから、日本のナショナリズムみたいのは、外国のナチズム等とは全く異なるものである。





929 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:03:49 ID:???
>>922
>>923が言っているが、両方かければよいじゃんwww
何か問題あるのか?

>>924
名言だ

>>925
やっぱり無言の圧力かな?
まあ秋篠宮人気ないし男子生まれたけど影薄いし、それ以上に皇太子の嫁に対して同情が集まっているからな
今、旬なもので注目浴びようとしているのかもwww

930 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:13:45 ID:???
>>929
憲法全条文じゃなくて、憲法1〜8条だけか?
結局お前が天皇制を国民投票にかけるべきという理由がまったくわからん。

国内世論を割ろうとする工作のつもりなんだろうな。

931 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:14:02 ID:???
>>926
「日本国民は天皇の民であり、天皇は国民の天皇であるという」だから天皇のために死ねと?
政治は民意の反映でなければ民主主義とは言わないのだよwww

「そのシステム的なものは、他国にはない日本独自のものである」これ嘘
同じシステムは現在北朝鮮で進行中
ローマ法王も似たりよったり

932 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:16:27 ID:NlxUFSKO
腐ってるブログ

http://mihopooh7.4.dtiblog.com/blog-entry-263.html#comment

933 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:17:12 ID:???
>>930
なら全部かけたら?

「国内世論を割ろうとする工作のつもりなんだろうな」wwww
なら憲法改正で国民投票をしようとする自民党は一体なんなんだ?


934 :金規雄:2007/04/14(土) 13:24:44 ID:???
うち以外の右翼諸君に一言

尊皇反対!

やっぱりもう一言

在日同胞を苛めるな!

935 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:25:27 ID:4owGot2v
法の下の平等を謳うのであれば、在日特権はもはや違法である。
60年は十分な時間と考えて良い、在日は自らの故郷に帰るべきだ。

本日放送 MBS、TBS系列 「地球へ…」 w

936 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 13:25:44 ID:???
国民投票って憲法改正のためにかけるもんだろ
変えない憲法の条項をどうやって国民投票にかけるんだ

937 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 13:28:15 ID:???
改正は国会議員の三分の二の賛成がなければ国民投票まで行かない。

国会議員を構成する政党で、天皇制廃止をマニュなんとかに入れているところはない。
にもかかわらず天皇制を国民投票にかけるというのは、まぁ、くだらない議論だし
実現性がない。

実現性について議論し始めると天皇制廃止など夢のまた夢なのだから、
そいつを言っちゃーおしまいだが・・・。

938 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 14:07:18 ID:???
>>933
全部かける→全部改正する→自主憲法制定?
死ねよクソウヨチーム施行

939 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 14:13:15 ID:???
>>936
天皇制は憲法で決められているので国民投票で問えばよい
今、国民関心度が低い憲法改正を与党はしたくてしたくて国民投票法案をさっさと通したじゃん
憲法改正とは別に9条のみを対象にしてないのよ
他にも色々変えたりするのが目的なんだよwww
ついでに天皇制も問うことは可能なの

940 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 14:18:29 ID:???
>>938
全条項を国民に問うと駄目なのか?
結果自主憲法になるか、そのまま現行憲法の改定になるかは民意しだいなんだがな
無論リスクや利益をそれぞれの条項で提示すれば、なおよい
それこそ自分達が作った憲法と胸張れるだろ?

941 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 14:22:37 ID:???
>>939
国会議員の三分の二の賛同を得て提出される憲法改正案が、国民関心ごとではないという
希望的観測は根拠がないだろう。

いろいろ換えたほうがよいと思うよ、国民の知る権利やプライバシー権、私学補助に関する
文理的な齟齬、無論国防に関しても無理な解釈改憲など必要ないぐらいに明確に位置づけ
ないとまずいでしょ。
だいたい、軍人の敵前逃亡を厳罰にできないという「軍法不存在」さえ、おかしなことなんだから。
他にも利敵行為(スパイ行為など)に関しての憲法上の人権とのかかわりの問題とか
信教の自由と犯罪宗教団体の規制との関係とか、いっぱい議論すべき事柄は有る。

まぁ、憲法を祝詞として他国に発信し平和憲法としての権威を高めれば平和でいられるという
言霊主義者なら、まぁ、変えること自体を「何らかの災いがある」として忌避するだろうが。

942 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 14:32:37 ID:???
>>939
だから憲法改正の国民投票ってのは
「この憲法のこの条項をこのように変えたいのですが、あなたは賛成ですか反対ですか」
というようなことを国民に問い、それに対して〇か×を書くんだろ

天皇制を国民投票にかけるとしたら、第一章のいずれかを改正する形にしなければ
国民投票にかけれないのではないかと言ってるんだが

943 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 14:45:19 ID:???
濃い区民投票という制度の意味から教えてあげる君は、なんて素敵なんだ。

944 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 15:12:01 ID:???
皇族は性器を露出して公務しなければならない

↑憲法に追加してほしい

945 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 15:25:53 ID:???


   濃い区民投票

946 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 15:44:45 ID:???

>>931

北朝鮮の人民のあの不自然すぎの笑顔に、自発的な敬愛の念は感じられない。


思想教育による強力な統制国家といえる。
ローマ法王は、それを批判する訳ではないが、カトリックという宗教の代表者で宗教には教義がある。
ところが、日本の惟神の道には教義などない。
日本は「言挙げせぬ国」だという。しかし、思想にしても宗教にしても言挙げしなければはじまらないものと言える。


947 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 16:16:09 ID:???

人間観と世界観の問題ですよ。

カトリックは人間中心主義という人間観を提示し、神が創造した世界である、その世界は神が定めた法
によって動いているという世界観を提示していますよね。

神道は「人みな賢愚併せ持つ、誰もが神になりえるし、神と人は同一線上にある」という人間観と
八百万の神々の複雑な関与によって世界は動いている複雑系であるという世界観を提示しているんですよ。

で、神が定めたほうのうちその一部を人は理性により知ることができるという人間観や、その法は
シンプルで美しいものであるという世界観から、理性・論理・正義・などなどが生み出されています。
(無論、カトリックだけでなくユダヤ教やプロテスタントさえ内容は違えども、人間観や世界観の根源は
同じですよね。神が創造している世界である・人は特別な動物であるなどなど)

日本神道は「複雑系であるがゆえに正解正義正しさなどに一定の義捐を持ち、人々の合意(できる限り
平穏な話し合いによる全員一致)にたいして、八百万の神々のよからぬ影響を極力少なくする手法として
一定の評価を与えるというシステムが生じたわけです。

それでも地球は回っている的なことは排除されうるんだけれども、他国・他民族を武力で制圧し正しい真理
であるところのキリスト教徒与えることは正義だ!という「それでも正しいことは正しい」というような暴挙も
排除される。(違いであって、優劣ではない)

948 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 16:48:00 ID:???
まぁ面白いから続きを・・・。

日本の神道は「複雑系でさまざまな神々の影響で世界は動いている」という世界観です。
そしてでは神社仏閣ではどうなるかというと、その神社仏閣内での建前はそれなりに尊重しないと
その神社仏閣の神々が、社会に悪影響をもたらしかねない・・・と考えるわけです。

ここに日本の宗教観が生じています。その領域ごとの神々と人々の関係を、そのt領域内では
尊重する、つまり場の空気を読んでそれなりに尊重するという社会です。
だからお宮参りや結婚式を神道で、お葬式を仏教で・・・などという無原則な宗教状況が存在しうる
のですけれども、それは根源的には浸透がもたらす世界観に共鳴しているからといえます。

ところが、そもそも政治というのは、裁判権が根源にあるわけで、白黒をはっきりつける振る舞い
なわけです。つまり一方に有利なら、一方にうらまれる・・・これは神道の期待する状況とは
異なりますけど、どうしても白黒はつけざるを得ない。そこで、神道の最高の神官であるところの
天皇という存在と、朝廷が分かれてくるわけです。さらに、そういう歳晩や行政という現実とのかか
わりが武家などに移管していくという敬意を取り、天皇は神道の最高神官としての機能であるところの
五穀豊穣と平安を祈るという存在となっていくわけです。

で、人々が話し合ったり武力衝突を起こした結果として治まったりするときに、かならず(国民投票法
案におけるブーメラン党のように)、まだまだ審議が尽くされていない中での決定が暴挙だ!とか
もうひと戦!などと、いつまでも収まらない人たちが出てくるので、五穀豊穣と平安を祈る中立的な
存在が「はいはい、もう決定したんですよ」と従わせる権威として必要となってくる。



949 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 17:44:39 ID:41+8P3q+
天皇制を支持する国民も馬鹿らしいが、ニュースキャスターとかが天皇の孫とかだからとか理由で十分すぎる敬語を使う意味がわからん。
バッシングが来るのは確実だが、マスコミが代わらないと国民の意識も変らん。
あと、80くらいのばあさんとかが、TVのインタビューとかで、敬語を使っているのも変。自分が人生の先輩だから堂々と話すべきだ

950 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 18:15:32 ID:???
まぁ、確かに韓国などには、○○様(顧客・上司などなど)のお嬢さん・・・にたいして敬語を使う
風習はないらしいから、日本のそれは違和感があるだろうね。

先輩だから敬語を使わなくてよいというのは、確かに儒教国においては正しいのかも
しれない。しかしちょっと待ってほしい。w

別に堂々とすることと、敬語を使うことは対立しないんじゃないだろうか。
目上の者が、正しい敬語の使い方を示すというのは、間違いなく正しい姿勢だ。
公の席で、序列に従った言葉遣いは、大変難しいもので、年齢という要素で単純に
序列を決めることは、まぁ、わかりやすいのだろうけれども・・・文化が違う。

結婚式では、新郎新婦の親は最も下座に位置し、みなに儀礼を尽くすのが日本社会だから
年齢だけでわりきれるしゃかいがおのぞみなら、ry

951 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 18:26:22 ID:???
>>942
改正とは、変えるのは勿論、加筆、削除も含める
削除が気に食わない?なら「天皇は象徴ではないただの人」と変えたら?
国民投票法案で、色々決めようとしているだろ?
全項目に渡って、○×形式で選択するよ
でもこのように変えると、提示はしないの?するでしょ?
そこに天皇の継続や象徴制を変える項目があってもいいわけよ

952 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 18:53:45 ID:???
     ::|     /ヽ                r‐r==ヾ 、
     ::|  ,,,,,イミミミミミミ彡          ,,. --ヘ.ヾ、r、  \
     ::|. 巛/(ミ ゞゞゞゞゞゞヘ       / : : : : : \\§§|:| ヽ
     ::|.ヽ/:::::::::::::ゝミミミミヽ|_     / : : : : : : ソ⌒゙ヾ、 ヾ=' ノ
     ::|ヽ〈/ ̄ ̄ ̄ ̄丶l ̄./     ! : : : : : : ) ⌒   ⌒ヾ:て,
     ::||:::||:::::::::::::::/|:::::::::::::| /      | : : : : :(,  _ )  __ )!:_ノ
     ::|.|:::||__,/"|ゝ__| ../      ヽ :(aイ  ´゚   i | . ゚`〈
     ::|.ヾ/.::.   二   //        \:_|  " . ノ 、_)、 ゙.ノ
     ::|ソ ヽ';:ヽ  ̄  //          (_ソ人   l ー=‐;! ノ
     ::|.___〉ヾ Y二Y/              /\ヽ__,ノ
     ::|.│ ::::::::` ̄ ̄´:ト、       /⌒l─‐(_/_/‐⌒ヽ
     ::| │:::::::::::::::::::::::::│`|:⌒`ヽ  ..{  |   \ノ §i ノ
     ::|. │::::::::::::::::::::::::│ │i::::::::::ヽ  | \|     o)  .| |

953 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 18:59:10 ID:???
なんか春だなぁ。

954 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 19:25:33 ID:???
>>946
システムは同類だと言っているの
一定の人物にさも妄想の権威を持たせるやり方がなwww
神でもなんでもない、ただの人なのにな

>>949
俺もそう思うぞ!
なぜただのガキに様付けなんだ?ちゃん付けで十分
それに老人は天皇以外にも俺たちが選んだ議員にも感激する
あの感覚、俺にはまったく理解できん

955 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 19:32:52 ID:???

>>247で言っているのは「教派神道」の事でこれは宗教。



しかし、ふつう神道と言われるものは
カトリックではかつて「日本の神道は民俗習慣であり、宗教ではない」と決議されている。
俺も戦後の人間だから「人間主義」という概念は刷り込まれているが。
但し人間は、絶対の善でも絶対の悪でもない。当然両方を合わせ持つが、みんなが好き放題やれば治安は崩壊する。
そこで宗教や道徳等は必要なのではないか?と、そんな気がする。


956 :◆r0FmiN9ADk :2007/04/14(土) 19:41:43 ID:???
天皇は神ではない。

そんなことは常識だし、戦前戦中の一時期の『国体の本義』の時期以外に、そんなことをいっている
書物もないしなぁ。明治憲法下の基本は「天皇機関説」だから美濃部は「勅撰議員」なんだし、
そういうほんの一時期の、しかも、政党人が軍人を政治の場に引っ張り込んだその時期のことを
明治憲法下の全部だと思っていては「歴史認識w」を誤る。



957 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 20:03:32 ID:HKq36ACJ
>>956
その常識が通用しないのが宗教の怖さだよ、君。

958 :955:2007/04/14(土) 20:07:19 ID:nds79d0v

日本のカミを「god」と翻訳したのがそもそもの間違い。


全然概念が違う。
それが未だに曲解されている
「天皇は神聖にして侵すべからず」とは人間は神聖だから尊重せよ。という事。

学者という人達は物事を定義づけたがる。時代が要求して自然に出来上がったそのシステムを「天皇は国家機関」と定義したのだろう。
天皇は人間に決まっている。
しかし、日本的な意味で精神的にカミであられると見なす人が居てもおかしくはない。
それを何かの抵抗勢力と見る人々は曲解している。なにしろ、そういうものとは一切質を異にしているのだから。

959 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 20:11:10 ID:???
>>951
誰も削除が気に食わないとは言ってないのだが
削除するにしても、「天皇は象徴ではないただの人」などと変えるにしても、
いったいどういう勢力がそのような改正を行うのか
どこからの党からそのような発議が出ているか?
出ていないよな

1条〜8条の条項を変えることは可能か不可能かで言えば可能だろう
しかし実現するかしないかでは、実現しない可能性が遥かに大きいな

960 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 20:27:40 ID:???

森 元首相が「日本は天皇を中心にした神の国」と発言したら、大騒ぎになった。



それは日本的な意味での神なのだが、外国人や日本の感覚を持たない人々が勝手に神=godと見なし、曲解、誤解して過剰反応を示したのだ。



961 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 21:37:54 ID:HKq36ACJ
んなことはない、森の能天気さに呆れただけだ。

962 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 21:57:23 ID:???

本当の事だ。
日本的な意味でのカミを外国では「god」と未だに直訳されている。



日本人でも、そう信じ込む人が多い。
前に起きた森元首相の「神の国発言」は日本のカミの概念を理解している者から見たら、別に騒ぎ立てる様な事でも何でもないのだ。

その概念が理解出来ない、又は完全に曲解した者が騒いだのだ。


963 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:23:34 ID:???
>>958
日本神話にgodの概念は含まれてないか?
そもそも神道と一くくりにすべきでない
明治以前なら民俗習慣と言える部分もあるが、明治以降の新たに作られた神道は別物
明治以降のはどう考えても北朝鮮とシステムが同じ

日本的カミ?分りやすく言うとキリストは神ではなく神の使徒であるが、神として崇めているようなものか?
それともカミという言い方より「妄想権威の御輿」と言い換えた方が正しいか?


964 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:35:36 ID:???
日本の神は本居宣長の言を借りれば「畏きもの」
畏きものは自然現象から動物達まで、人間を超越した力を持つもの達を含める
絶対の存在である一神教の神とは違うということか

965 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:38:35 ID:???
明治以降、自然にそうなったのだ。

カミの概念、それは

あしはらの瑞穂の国はかんながら
ことあげせぬ国

仏教のコトバを借りるなら「不文立字」。。。



966 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:46:00 ID:???
>>959
かけることが出来ないとお前はずっと言っていたのではないのか?
俺はひたすらそれを否定しているのだがなwww

俺が象徴天皇制を問題提起にすべきだと言う理由は他にもある
憲法改正の投票率もあがるから
ただ単なる憲法全般的な改正○×にはしにくくなる
各条項ごとの○×式になる
どさくさにまぎれて改正しようとしたものまで提示しなければならなくなる
本当に民意を幅広く取り入れたいのなら、天皇制を持ち出して問題すれば国民は飛びつくぞ

まあ妨害活動はあるだろうなwww
自民は絶対に出すことも問題として取り上げようともしない
例え野党から出ようとも
改正にそれを含めると憲法改正自体が、改正できないかもしれないから

967 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:51:16 ID:???
>>960
それ「神の国」発言と当時略していっていたのだがなwww
バカ森が妄想めいた「神の国」などと言ったことに反応したのだよ

>>964
妖怪?

968 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:57:22 ID:nds79d0v
俺から見たら、トーダイセー等みんなカミだ。

そーいやー、「軍神」というのも有ったな。

まえに有った殉職警官も日本的意味ではカミと言えるだろう。

969 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 22:57:30 ID:???
>>967
そう、まさに古くから伝えられている妖怪などは「畏きもの」、つまりカミだ
馬鹿のくせによくわかったじゃねえか

970 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:05:54 ID:???
>>969
>>967は貶めたつもりだったんだろうなw

971 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:23:58 ID:???

神道の側から見たら、お釈迦様は




「トナリグニノカミ」とか呼ぶそうだ。実際外国人をまつった神社が有るし。
数百年後は金髪の外国人をまつった神社が出来るかも。
専門的な詳しい事は分からない。神主さんにでも聞いて

972 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:24:05 ID:???
>>969
ほうwww天皇をカミと捉える概念は妖怪つまり一般人と異なる異能者を表すのだな?
ただの人の天皇をお前らは、そう受け取っているわけだな?
やっぱり神(god)扱いと同じやんwww
胡散臭い新興宗教の教祖を異能だと言って崇めるのとたいして代わらんなw


973 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:28:54 ID:???
本当は「ただの人間」に成りきる事ほど難しい事は無いと思うね。

974 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:29:42 ID:???
>>970
貶める?妖怪の方が古い世より人に接した関係なんだがなwww

975 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:32:51 ID:???
>>973
「ただの人間」ではなく「ただの人」な
簡単だろ?お前異能な力でも持っているのかよwww


976 :右や左の名無し様:2007/04/14(土) 23:35:02 ID:???
>>966
> かけることが出来ないとお前はずっと言っていたのではないのか?
は?レスもまともに読めないバカか?
俺は「改正をしなければ国民投票にかけれない」と言ってたんだが
>>942を読めよ
「天皇制を国民投票にかけるとしたら、第一章のいずれかを改正する形にしなければ
国民投票にかけれないのではないか」

> 憲法改正の投票率もあがるから
> ただ単なる憲法全般的な改正○×にはしにくくなる
> 各条項ごとの○×式になる
意味不明
1条〜8条を改正する場合だけには「各条項ごとの○×式」になって、
他の条項の改正では「各条項ごとの○×式」にならないのか?
というか、あまりに多くの改正案に〇×を書くことになれば、
「面倒くさい」と思う人が多くなり、逆に投票率が下がらないか
> どさくさにまぎれて改正しようとしたものまで提示しなければならなくなる
どうやれば「どさくさに紛れて改正しようとしたもの」とやらを提示できなくなるんだ?
「憲法全般的な改正○×」でも改正案は全て提示されるだろ

> 天皇制を持ち出して問題すれば国民は飛びつくぞ
そう言い切れる根拠は?お前の希望的観測以外の根拠な
> 自民は絶対に出すことも問題として取り上げようともしない
だろうな、憲法9条に直結する国防問題と違って喫緊している問題でもないしな
> 例え野党から出ようとも
だからどこの党が出すんだよ
共産党か?社民党か?
憲法改正のための国民投票法案にさえも反対してた党なのに

977 :973:2007/04/14(土) 23:37:02 ID:???
>>975
そんなもん、ちんぽのでかさに決まっているじゃないか

978 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:02:04 ID:???
>>972
いいか、一神教の神(God)は「絶対」のものだ。
モーセの十戒に「ヤハウェが唯一の神であること」と記されているように、
それ以外に神はなく、神(God)は絶対の存在であり絶対の力がある。

それに対して神道のカミは至極相対的なもであり、それこそ「八百万の神」と言われているように、
世界にある全てといっていいほどの対象がカミとして崇められるということになる。
もちろん人もその対象となる。菅原道真や平将門、豊臣秀吉に徳川家康も死後カミとなっている。
これは怨念を残して死に、その後災害をもたらしたことなどを「畏きこと」と考え、
また豊臣秀吉や徳川家康などの生前の業績も常人に真似できない「畏きこと」とされたのだろう。

「畏きもの」はただ単に超能力的な力を備えているものに対してのみ付けられることではなく、
常人には真似できない才能を持っていたり、とてつもないことを成し遂げたりした者にも使われるのだ。
今でも手塚治虫を「漫画の神様」と呼んだり、松下幸之助を「経営の神様」と呼んだりするのも、
常人には真似できない偉業を達成したということに対する畏怖の念を持って呼んでいるのだ。

このように、日本のカミはとても身近な存在であり、一神教における神(God)とはかくも違う
というのは明白である。

979 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:08:19 ID:???
続き
>>972
俺は天皇がカミかどうかわからないが、お上という言葉も神から転じたとされるように、
漠然と偉い人、高いところ(地位や実際の高度の高さ)にいる人も神とされていたようだ。

長い伝統を受け継いでいるということも、ある意味でとてつもなく「畏き」ことかもしれないが。

980 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:08:56 ID:???
>>976
「改正をしなければ国民投票にかけれない」ではなく、「改正するかを国民投票で決める」のだろ?
改正した後に国民投票してどうするの?

「他の条項の改正では「各条項ごとの○×式」にならないのか?」と、お前はバカか?
改正するならそれも○×式だろ
改正しない項目もそのままでいいのか問えば?
「「憲法全般的な改正○×」でも改正案は全て提示されるだろ」と言いつつ、「1条〜8条を改正する場合だけには「各条項ごとの○×式」になって」と言葉遊びでもしたいのか?
多くの改正項目に○×付けるのがめんどくさい?
付けなくてもいいのさ、自分の関心がある項目に○×付ければな
投票率の過半数の同意がなければ、改正自体が潰れる仕組みが今の法案だからな
どさくさにいたらないものの改正阻止にはもってこい

「そう言い切れる根拠は?お前の希望的観測以外の根拠な」www食い付かないのなら国民は天皇に興味はないと言うことだ
そして象徴だとすら思ってないことが露呈するだけだろ
国民が本当に天皇を日本の象徴だと思っているなら、改正には×をつけるだろう?

「だろうな、憲法9条に直結する国防問題と違って喫緊している問題でもないしな 」と言うが、憲法改正自体が切迫した国民の関心事項ではない

どこから出すかのなんて憲法改正反対の党から問題提起すればよい
改正阻止したいのなら、この手を使えば有効に作用するがバカだから考えつかないのだろよwww

981 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:24:43 ID:???
知ったかでスマソが、
柏手というのは、何か神秘的な儀式ではなく、昔の日本における礼儀作法だという。
更にノリトは呪文とかお経ではなく、日本の昔の言葉づかいだそーだ。

982 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:32:29 ID:???
>>977
極小でもいいのでないか?
一応種付けはできるから、気にするなよww

>>978
「常人には真似できない偉業」と、これは絶対的なものを指すのだがなwww
>>963でも言ったが明治以降の神道は別物だ
明治以前なら民族習慣のカミでもいいだろう、所詮は妖怪なのだからな
だが明治以降は「神聖にして侵すべからず」と言う言葉に上げられるように絶対性が付属する

「お上」とは自分の身分の「上」に立つから来ているのだろ?だから、対義語が存在しない
つまり支配者を表すに過ぎない
身分が高いから偉いのか?バカもいるがな
お前は「王の子は王」と血統支配が全ての奴か?
国会議員は喜ぶだろうな、二世や三世がごろごろだからなww

983 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:40:48 ID:???
>>981
俺は術的なものがこもっているだと聞いていたが違うのか?へえーボタン5つ連打




984 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:44:50 ID:???
> 改正しない項目もそのままでいいのか問えば?
> 多くの改正項目に○×付けるのがめんどくさい?
> 付けなくてもいいのさ、自分の関心がある項目に○×付ければな
無理
投票用紙自体の問いが「憲法改正案に賛成(反対)するときは、次の欄内に〇(×)の記号を書くこと」
という問いになってるから↓
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g16401030.htm
まさかいくつも問いがあるアンケート用紙みたいな紙に〇×を書くとでも思ってたのか?
ひとつひとつの改正案に〇×を書いていくにしても、莫大な時間と紙の量がかかるだろw
どれだけの有権者が投票所につめかけると思ってんだよ、常識で分かれバカw
> どさくさにいたらないものの改正阻止にはもってこい
ちょっとでもそのような改正があるのなら、×を書けばいい話だろw
政党もそうすれば慎重な改正案を作ろうとするだろうしな
> 食い付かないのなら国民は天皇に興味はないと言うことだ
> そして象徴だとすら思ってないことが露呈するだけだろ
> 国民が本当に天皇を日本の象徴だと思っているなら、改正には×をつけるだろう?
棄権は「象徴だとすら思ってない」ということにはならない
棄権は「象徴であってもなくてもどっちでもいい」、「私は多数の人の意見に従います」ということだ
そして興味がないということも「象徴だとすら思ってない」ということにはならない
第一むやみに投票率を上げたいのであれば、自分の生活に直結する問題である
憲法第13条の幸福追求権を廃止するとでも入れてあったほうが、投票率上がるんじゃないかw
まあ、「天皇は象徴ではないただの人」などという改憲案同じく、愚にもかからないことだが
> 憲法改正自体が切迫した国民の関心事項ではない
「国民の関心事項=国家にとっての重要案件」ではない
> どこから出すかのなんて憲法改正反対の党から問題提起すればよい
> 改正阻止したいのなら、この手を使えば有効に作用するがバカだから考えつかないのだろよwww
泡沫政党の社民・共産か?戯言と見なされて相手されないのがオチw
支持者からも見放されたりしてな

985 :977 ホーケー:2007/04/15(日) 00:49:15 ID:???
>>982
ところが、日本人は古代から「中心」を尊ぶのだ。
最初に出現したという「造化三神」は天御中主之神。

天皇は「お上」であるが、中心でもある。


986 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 00:54:40 ID:???
>>983
>へえーボタン5つ連打
オッサン古すぎ(´,_ゝ`)プッ
加齢臭プンプンだぞw

987 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 01:10:15 ID:???
>>982
「常人には真似できない偉業」はいくつもあるだろ。
漫画における偉業、経営における偉業、スポーツにおける偉業、芸術や音楽における偉業。
またその分野の中でも「常人には真似できない偉業」は相対的なものだ。
スポーツにおける偉業でもサッカーで偉業を成し遂げた人、野球で偉業を成し遂げた人などある。
野球の神様でも長嶋を野球の神様と言う人もいるだろうし、王を野球の神様と呼ぶ人もいるだろ。
阪神ファンの中にはいまだにバースを神様・仏様と同列に崇めてる人も多い。
ちなみにwikiに書いてあったことだが、ジーコも日本ではペレと同じように「サッカーの神様」
と言われたりしているけれど、ジーコはカトリック教徒なのでこの呼称を好んではいないそうだ。
キリスト教徒と日本人の宗教観を端的に理解できる例だな。

>明治以前なら民族習慣のカミでもいいだろう
明治以前にも、豊臣秀吉や徳川家康が神になっている。
まあ、これもお上だから神になったのかもしれないけど。w
ただそれだけでは崇めらるわけもなく、生前の偉業も畏怖の対象となったから
カミさんになったんだろう。

>身分が高いから偉いのか?
その共同体の中ではそうだろうな。頭の良し悪しは関係なく。
>お前は「王の子は王」と血統支配が全ての奴か?
俺は長い伝統を絶やさずに継承し続けたことも、他の者には真似できない
「畏き」ことと言えるのではないかと言ってるだけ。

988 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 01:15:44 ID:???
クソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ね
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね

989 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 01:37:28 ID:???
>>984
ならなおよい、問えばよい
全般的なもので○×でも
象徴天皇制が問題になれば関心事項になるだろ?
国民90%が支持だと俺は>>920でかいているのだがな

「常識で分かれバカw」www>>976の自分の書いたの読めよw

「ちょっとでもそのような改正があるのなら、×を書けばいい話だろw」と言うが、選択には白票も存在する
いくら法案で決めようと防げはしない

棄権は確かに「象徴であってもなくてもどっちでもいい」、「私は多数の人の意見に従います」もある
だが、90%支持がある中で天皇制の象徴や存続を問題提起するのだよ?
行かないは、顕著な「構わない」となるわけよ

「憲法第13条の幸福追求権を廃止」したらいいやん

「「国民の関心事項=国家にとっての重要案件」ではない」のなら、民意に沿った憲法改正でもないのだがな
民主主義はどこ消えた?

「泡沫政党の社民・共産か?戯言と見なされて相手されないのがオチw」と、それでもいいじゃんww
憲法改正阻止したければ、それぐらいやらないと阻止は出来ない
奴らが、その結果潰れようが本望だろ?

990 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 01:43:56 ID:???
>>985
上から見たらだろ?横から見たら山だろw

ホーケー大丈夫!日本人の割合は高いから

>>986
古いと言えるお前も加齢臭プンプンだぞ(´∀`)

991 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 02:07:57 ID:???
>>989
ん?「各条項ごとの○×式」はあきらめたのか?www

> 選択には白票も存在する
白票は結局棄権と同じだろ
「抗議の白票」とか何とかなんてのは結局オナニーと同じだぞ
> 90%支持がある中で天皇制の象徴や存続を問題提起するのだよ?
だからどこの政党がその問題提起をするんだよ?
90%支持がある象徴天皇制を、わざわざ変えたり廃止したりすることを発議するバカ政党はない
憲法9条を改正しようという今の動きは、一定の支持があることを見込んで改正しようという意見が出てるんだろ
> 「憲法第13条の幸福追求権を廃止」したらいいやん
切羽つまって暴論かw
だから国民から支持も得られないのに誰も発議しねえよw
「天皇は象徴ではないただの人」改正と同じくなwwwwww
> 「「国民の関心事項=国家にとっての重要案件」ではない」のなら
「国民の関心事項ではない=国家にとっての重要案件ではない」ではない、に訂正
日本国民は冷戦構造にドップリつかってた影響か、いまだに安全保障に関心が薄い。
しかし、だからといって日本国が絶対に安全かといえばそれも違う。
まあ、これはスレ違いのことだが
> 憲法改正阻止したければ、それぐらいやらないと阻止は出来ない
そんなことやっても阻止できねえよwww逆効果だろwww
連中も流石にお前ほどのバカじゃないだろうから、
そんなことで巷の失笑を買うよりも、「ケンポーカイアクハンターイ」「センソウハンターイ」
と絶叫してるほうがよっぽどマシだってわかるってw

992 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 02:23:46 ID:???
>>987
ならな、畏怖をお前がそう解釈するなら天皇なんてのも時の運しだいで誰でも出来ることとなるのだがな

「明治以前にも、豊臣秀吉や徳川家康が神になっている。」と言うが、お前神道が国家神道を除いて四つに大きく分けられるの知っているだろ?
民俗習慣を指すのは主に民間神道、そうでなければ妖怪の話はなくなる
菅原は将門に共通するのは、死後の祟り
豊臣、徳川は一族の守護安泰で自らもしくは関係武将の発案で、今で言えば銅像建てるようなもんだろ?

「その共同体の中ではそうだろうな。頭の良し悪しは関係なく。」だから悪政が発生する

「俺は長い伝統を絶やさずに継承し続けたことも、他の者には真似できない「畏き」ことと言えるのではないかと言ってるだけ。」と言うが、お前の家系は2、3代に唐突に地球上に現れたのか?
違うだろ?ずっと脈々ち血は継続されている
なのに血統にこだわるほど愚かなことはない
それも男子女子の血にこだわるなんてナンセンス
今の天皇は北朝・南朝からいけば北朝だ
血にこだわるりそれを正統だというのは早計なのだよ
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1392415
これはおもしろかった
これと同じようなことが今の北朝鮮でどこからともなく旧ソ連が連れてきた奴に「お前が大将」と言って統治さす
裏で糸引いてなwww

993 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 02:34:48 ID:???
>>992
>「明治以前にも、豊臣秀吉や徳川家康が神になっている。」と言うが、お前神道が国家神道を除いて四つに大きく分けられるの知っているだろ?
>民俗習慣を指すのは主に民間神道、そうでなければ妖怪の話はなくなる
>菅原は将門に共通するのは、死後の祟り
>豊臣、徳川は一族の守護安泰で自らもしくは関係武将の発案で、今で言えば銅像建てるようなもんだろ?
なるほど、で?

>だから悪政が発生する
そうした場合は「畏きもの」じゃなくなくなるんだろうな

そりゃ俺にも当然先祖がいるだろうが、はっきり言って3,4代前は誰で何やってたか知らん。
君もそうだろ?
そういう意味で、遺伝子を受け継いではいるだろうが「長い伝統」を受け継いでいるかと言えば違うだろうな。
今の天皇は、ご先祖さんと同じように三種の神器やら儀式やらなどの有形・無形の伝統を受け継いでいる。
5代どころか数十代前のご先祖さんも誰で何やってたかわかる。
こういうことがなかなか他に例をみないこと、「畏き」ことなのではないかと思うんよ。

ちなみにそこのサイト、「明治天皇=大室寅之祐」なんてデンパ論をまともに扱ってるのを見て
読む気をなくした。

994 :右や左の名無し様:2007/04/15(日) 02:37:17 ID:???
クソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ねクソウヨ死ね
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね天皇死ね

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)