5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女子高生コンクリ−ト詰め殺人事件(本スレ)70

1 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:14:17 0
裁判記録
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/0/AA7836E2A5E1E03449256CFA0007BACA/?OpenDocument
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP40EAC32C83857
http://www.geocities.jp/zenbo_txt/
http://www.geocities.jp/zenbo2005/

前スレ
女子高生コンクリート詰め殺人事件(本スレ)69
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1142599111

2 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:14:50 0
36 :少年法により名無し :2006/03/18(土) 00:59:20 0
ググって修正してみた、こんなとこでおK?

(A)宮野 裕史
   S45.4.30生/この事件で唯一服役中だが法務省は
   刑期満了前に保釈を検討中。出所に備え養子縁組して改姓予定
   東海大附属高輪台高の柔道特待生。身長160cm
(B)神作 譲(旧姓は小倉)
   S46.5.11生/出所後、再び暴行・監禁
   事件を犯し裁判中。「1人殺すのも2人殺すのも同じ」と発言。
(C)湊 伸治
   S47.12.16生/自宅に被害者を監禁 渋谷区に潜伏?
   父=靖人、 母=ます子、 兄=恒治 (両親は元共産党員)
(D)渡邊 恭史
   S46.12.18生/事件当時 姉は宮野の女 
(E)岩井 哲夫(旧姓は中村)
   S47生/酒場でこの事件をおもしろく語る。無反省 
(F)垣東 孝一(旧姓は伊原)
   S48生/短い刑期のみ、出所後結婚して子供2人、
   長女は小学校高学年。今年2月さいたま市浦和区木崎に転居。

3 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:15:34 0
前スレの容量が少なくなったんで新スレでつよ

4 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:28:00 0
みやのひろし        1970.4.30
かみさくじょう        1971.5.11
みなとしんじ         1972.12.16
わたなべやすし      1971.12.18
いわいてつお         1972
かきひがしこういち    1973

5 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:35:32 O
しっかり覚えたぞ!どこでも簡単に働ける職種の友人に教えよー。運ちゃんとか建設現場って勤めやすいんだよね?

6 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:35:40 0
●このスレにレスしようと考えている小犯新人住人さんへ●
まぁこんな感じですわ。このスレは自演房が元々自分でスレ立てて。存在しない住人を
作って加害者への罵詈雑言被害者への同情を一日中書き込み、作られた流れに感化された
少年犯罪板新人さんがレスし始めると今度は逆の事をして煽り、反応を面白がる。
それが病みつきになって立て続けてる真性キチガイスレッド。
住人が居ない上にID不可視をいい事に自演し放題(4年以上)
訳の分からん住所を加害者の所在だTELだと書き込みしてはイタズラ電話やらビラ貼りを
煽り、影で面白がる。
終いには加害者降臨ごっこやら探偵ごっこ。
煽りに都合のいいようにガセ情報ネット中に書きまくり。
このコンクリ自演房が架空住人を作って人気スレに見せ掛けているのが判明したのが去年の
9月。
http://makimo.to/2ch/tmp5_youth/1126/1126178367.html
スルーしても何してもやめやしねぇ。
とりあえずこのスレに書かれることは何も信用するな・・・。

何か書く時は絶対にsageて書け。
自演があげまくるから少しでも自演の架空住人と見分ける目安になる。

7 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:36:10 0
※ ※ ※ コンクリ事件遊びをする自演荒らしについて ※ ※ ※ 
●少年犯罪板にて●
少年犯罪板コンクリスレに加害者によるスレ潰しが発生と一日中毎日
大騒ぎ。荒らし加害者派が圧倒的に見える。
しかし 荒らしが加害者かニートかを話し合うスレにはいくら待って
も加害者派は現れず、それでいてコンクリスレは不自然な盛り上がり
をみせる。呼びかけを続けてやっと話し合いに現れた加害者派は「話す
事など無い」と屁理屈を並べて逃走。加害者派と話している間コンクリ
スレではレスがピタリと止まり、一人の異常な自演だった事が発覚。
http://makimo.to/2ch/tmp5_youth/1126/1126178367.html
その後荒らしのトリップを付けたままスレ立てし、スレ潰しどころか
釣り、騙りの為に自分で立てていた事も発覚。考えてみればコンクリ
スレではそれまでに1乙も次スレ頼むも一度も無かった。
http://makimo.to/2ch/tmp5_youth/1126/1126531550.html
●雑誌板にて●
自称コンクリ犯岩澤がヤフーのオークションで偽造サインを販売している
と自称被害者の”広島の安藤”が被害者を減らす為と称しミリオン出版
関係スレをコピペ荒らし。抗議する住人は岩澤扱い。岩澤の勤務先住所・
電話番号・実家の電話番号などを貼っては抗議の悪戯の電話を煽る。
しかし運営で掘られたIPから安藤=岩澤であることが判明。
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1133968568/
さらに武蔵野署に確認に電話をした住人によって被害届けが出ている事
自体が嘘である事も発覚。
問い詰めるとそれ以降荒らしはダンマリ。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1134629663/

8 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:36:40 0
きらい

9 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:36:41 0
※ ※ ※ 自演嵐の主な特徴 ※ ※ ※
(新人さんは必ず読んでね。嵐は他のスレにも出張するよ)
特徴)あちこちにコンクリスレを立てて好奇心を引こうとする
   (最終的には自演しやすい少年犯罪板へ誘導)
特徴)「お前加害者か?」「お前○○(加害者の名前)か?」等のレスパターンが好き。
特徴)トリップHNが大好き
特徴)芝居がかった鼻息の荒いレスが多い
特徴)架空住人を作ってスレの95%を一人で埋める(ライフワーク)
特徴)加害者100人をやたら誇張 !
特徴)被害者に同情するレスも付けスレ住人を増やそうとする。
特徴)悪戯電話を要求するのが好き
特徴)関係者、情報通を装って妙な事を言い始める
  (酷い時には日代わりで関係者を降臨させる事もある)
特徴)話にガンダムを絡めることがある。
特徴)有り得ない非常識さを晒すことがある
特徴)レスの前半の話と後半が繋がらない時がある。
特徴)面倒になるとコピペ (粘着し始めるとスレと無関係なコピペが増えてくる)
特徴)土日祭日平日関係なく一日20時間自演。
特徴)(荒らす時は)自分で自分を攻撃するレスを付け
    『みんながやってる』
   ように見せスルーを困難にする。
特徴)初心者を装ったレスで質問してくる。
特徴)古いアニメネタが多い(80年代後半〜90年代、集英社アニメ化作品が多い)
特徴)age房である
特徴)自身が管理人と思われるガセ情報発信サイトへ誘導する
http://myweb.kingnet.com.tw/aoi102/no1.html
※基本的に幼稚だが時間と量にモノをいわせてガセや釣りの種まきをする。

10 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:37:13 0
◎このスレに頻繁に書き込まれる嘘 ◎
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
●レイプに参加した加害者は100人もいる。
(加害者があちこち自慢してた為、拉致を知っていた人が100人もいたというだけの話)
http://ppcfan.at.infoseek.co.jp/backstage/20030415.html
●被害者が『ゴキブリ』『ウンコ』を食べさせられた。
●加害者が飲み屋で「本当はもっと色々やった」と自慢してたという話
●暴走族わら人形が関わっていた(暴走族わら人形は30年近く前1976年9月9日に解散している)
https://orange.mynethost.com/~usr126795/nenpyo.html
●裁判記録の一部が残酷過ぎてスミで塗りつぶされていた。
●加害者の父もレイプに参加していた。
●スマイリー菊池や飯島愛が事件に関係している(菊池聡という加害者は存在しません)
(飯島愛は被害者の顔に落書きした女性とイニシャルが同じ事から流れたガセ)
●遺体からオロナミンCの瓶が2本発見された云々 (発見されたのは,あくまで「ドリンクビン」です)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/josikousei.htm
●被害者は処女だった(ソース無し)
●その他多数
 自演の狙いは新人です。ガセを真に受けたり、煽りに乗ることのないようお願いします。


ホントはこんなレスもしたくない・・    : | スレそのものが釣り!
                             |
      ∩___∩             |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ: | とにかくだなぁ
     /  ●   ● |         (=)     | 小犯コンクリスレにレスする
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))  | こと=自演を喜ばす事だから
    彡、   |∪|  ノ               < コンクリスレは2ch
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ            | に沢山あるから
  \ ヽ  /         ヽ /             | レスしたい新人は
   \_,,ノ      |、_ノ              | そっちに行ってくれ
     /       |                 \________

11 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:38:18 0
少年法に関する意見はいろいろありますが、少年法に関しては犯罪加害者少年(少女)
に厳罰を望む意見は数多くありますが、反対する意見としては厳罰化は冤罪を呼ぶこ
とや厳罰にすることでは本当の解決にならない。ことがあります。そもそも少年法と
いうのは犯罪加害者少年の更正を計ることを第一の目的にしていることです。もちろ
ん凶悪な事件についてはそれなりの処罰が必要だと思います。
山口県の母子殺害事件について加害者の少年が1審2審ともに無期懲役の判決を受けた
ことについて、被害者の夫の本村さんが少年に死刑を望むことについて、彼(本村さ
ん)は少年に対する恨みだけで死刑を望むわけではないでしょう。少年が死刑の判決
を受けて慟哭し反省することを願っているようです。現在の日本の法律では18才未満
の人間に対する死刑は認められておりません。この事件の加害者の少年は18才を過ぎ
たばかりの時の犯行でした。だとすれば少年の更正を計るのが良いのか、極刑を求め
るのが良いのか判断が分かれるところです。
しかし、僕の考えとしては死刑の判決を受けてから反省し慟哭しても、それは世の中
にとって意味のないことになってしまいます。
先日テレビの番組で、本村さんが、アメリカテキサス州の死刑囚犯行時20才未満の死
刑囚と面会し彼は死刑の判決を受けて反省しもう2度と犯罪を犯さない自信がある。
と言っていました。そしてその死刑囚に対する死刑は番組放送時もう執行されていた
ということ。
確か今年テキサス州で犯行時17才の死刑囚に対する死刑が執行されたというニュース
が入ってきました。このことは国際的に大きく非難を浴びていますが・・・・
更正の期待をかけ犯罪者を生かしておくのか、死刑判決を宣告させ反省し慟哭をさせ
るのか、どちらが正しいのか、僕は正しい答えなんてないと思います、数学のような
ものと違って答えは一つではありません。

12 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 13:39:13 0
死刑については廃止するべきか存続するべきかいくつかの意見があります。
人の貴重な生命を奪ったものを死刑にしてやむを得ない、死刑は凶悪犯罪の防止に役
立っている。被害者や遺族の感情を考えると死刑は実行するべきである。
反対意見としては死刑は人の貴重な生命を奪うことなので、どのような場合でもさけ
るべきである。
死刑は凶悪犯罪の抑止力となっていない。
死刑は間違いが判明しても取り返しがつかない(冤罪)
死刑にするよりも、更正させて社会に奉仕させるべきである。
この冤罪については日本では死刑確定後再審によって無罪になった事件は4件あります。
免田事件、財田川事件、松山事件、島田事件、この事件で無罪になった人たちは30年
以上にわたる獄中生活を強いられました。
彼らのこの間の時間はどうしてくれるんでしょう。
それ以外にも再審請求中の名張ぶどう酒事件や1審で死刑判決を受け先日(7月15日)控
訴審が結審した冤罪事件の鶴見事件
(控訴審判決は10月30日)があります。それ以外にも今まで何人の人が無実の罪で死刑
判決を受けたでしょう。(執行されてしまった人も何人いるのか)
冤罪の現因として見込み捜査、不当な別件逮捕、代用監獄(国際的に批判を受けてい
る)自白強要の取り調べ、取り調べ期間の長さ
自白中心型裁判などがあります。この日本の刑事司法の現状を何とかしてほしいです。
死刑は冤罪の可能性が絶対になければ必要だと思いますが、今の日本の刑事司法の現
状では冤罪を生む可能性は十分あります。
少年事件としては先日(7月16日)被害者の遺族が起こした民事訴訟の差し戻し審が結
審した「そうか事件」があります。
この事件は1985年埼玉県草加市で女子中学生の遺体が発見された事件です。
この事件で犯人とされ逮捕された少年達は警察の脅迫的な取り調べを受けその中の一
人が嘘の自白をしてしまいました。
この自白が証拠とされ少年達は少年法上の有罪にあたる保護処分を受け彼らは高裁、
最高裁にも抗告しましたが棄却され有罪が確定しました。(少年法上の再審は認めら
れていない)保護処分は刑事上の刑罰ではないため。
その後被害者の遺族が少年達に起こした民事訴訟で、1審の浦和地裁(現さいたま地
裁)では少年達の無実を認め原告の請求を棄却しました。

13 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:01:15 0
葵 龍雄氏のサイト

http://www.dreamhome.com.tw/freeweb/user/aoi122/josikouseikankin.htm

14 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:03:29 0
家庭のしつけとか親の権威とかといった事については
色々なところで色々な人が語ってますから、重複する事は書きません。
私の見聞したこと、私の知人が見聞したことを書きます。
・私が昨年、自宅のあるマンションのエレベーターに乗っていた時
 40歳くらいの男性と10歳くらいの少年が乗ってきました。 2人の会話で親子だとわかりました。
 少年は楽しそうに学校での出来事を父親に語っていました。
 少年は、自分と友人達がどんなに授業中騒ぎまくり
 暴れまくり、先生がどんなに困っていたかを楽しそうに
 話していました。父親はそれを「ふーん、そうか」と微笑みながら聞いていました。
・私の知人が自宅で塾をやってます。通ってくる子供達と
 休憩時間に色々な話をするそうです。まだ幼い子供達
 の話にはやはり「お母さん」のことがよくでてくるそうです。
 しかし、何人かの子供の話には「お母さん」という単語が
 ほとんど出てきません。かわりにテレビに出てくるタレント
 の名前がひんぱんにでてくるそうです。その子達は使う言葉
 まで、タレントと同じで、小学校の3,4年生の子供が
 深夜のお笑い番組のような言葉で話している様子は、 薄気味悪い、とのことです。
・前にも登場した、他県の高校教師が数年前に体験したことです。
 数人の生徒が、たばこを吸っている現場を先生に発見され、停学ということになったそうです。
 ところが、その停学の「申し渡し」をするため、親を学校に
 呼んだ所、何人かの親は「忙しいから」「具合が悪いから」
 と、来ることを拒みました。朝でも夜遅くても昼間でも
 そちらの都合に合わせますから、と言っても、あーだこーだ
 と理由をつけて拒み続けました。 学校に来た親たちも、・・・
 ある親は「停学にされて子供が家にいたら仕事にも行けない。
 停学にしないで学校で指導して欲しい」と言い、
 ある親は「子供の教育を受ける権利の侵害だから、停学には
 反対だ。授業を受けさせながら指導しろ」と言い
 ある親は「ほかにもたばこを吸ってる生徒はいっぱいいる
 のになぜうちの子だけ罰せられるんだ」と言い
 ある親は「先生が校内を巡視していて見つけたというのは
 最初から生徒達を疑いの目で見ている証拠だ。

15 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:04:00 0
そういう生徒を信頼しない学校が生徒を指導する資格があるのか」と言い、・・・・。
 さすがに、このときは校長先生が切れて親たちを一喝したそうです。
 そして、そういう言動をとった親たちの実態は、・・・
 高校生の子供を連れてパチンコ屋に行き、一緒にパチンコしている母親、
 子供の食事も作らず毎晩のように飲みに行く母親、
 子供の部屋に入ることもできず、子供が部屋に友人を集めて
 飲み会を始めると自分の部屋に閉じこもって布団に潜り込む父親、
 口ではきびしいことを言いながら、実際には子供の言いなりになっている両親
 生活保護を受けるほど暮らしに困っていながら、子供の
 携帯電話の料金(1カ月に6,7万円以上)を黙って払っている親、
 ・・・・そして、そういう親が年々増加しているのだそうです。
このような「家庭」の有様に共通しているのは
子供から逃げている親、の姿です。
本当に真剣に子供と向き合わず、モノや金や情報を介してしか
子供と接しようとしていない親の姿です。
子供を育てるということは、「子供」の面倒を見るだけでなく
「子供」を「大人」にする、ということです。それは、
とても根気とエネルギーのいる仕事です。
多くの場合、子供に憎まれ、罵られ、攻撃すらされるでしょう。
子供にとって親は、最初に自分の前に立ちはだかる理不尽な大人
でなければならないのです。
そこから逃げ、子供に愛されたがり、いつまでも可愛い子供で
いて欲しいと願う親たちの姿は悲しいものがあります。
子供との楽しい暮らしは親が作り、
子供との苦しい戦いは学校や警察に「外注」?。
子供は定期預金のようなもので、
学校・塾に預けておけば何年後かに
しつけと進学・就職という利子がついて返ってくる?
もちろん、昔と今では家庭の状況も家庭を取り巻く環境も大きく変化しました。
だから、単純に「親が悪い」と言うのことはできません。
家庭の子育てをバックアップする社会環境が必要でしょう。

16 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:04:21 O
>>5 ありがとう。コピーしといたよ!ThankYou☆コイツらあんな残虐な強姦リンチ殺人しといて死んで詫びる気もないようです。◇生きていてはイケない奴らです。誰か「男性論女性論」カテゴリーにも、コンクリスレを立てて下さい。私はスキルなくて立てれない。

17 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:04:30 0
刑罰における感情の肥大化、と言う物は公正な審理の阻害になると考えます<不公正
な裁判になど裁判としての権威も意味もないでしょう>。機械的に裁け、というつも
りでは毛頭ありませんが、<もっとも、機械の方が公正に出来るんなら機械にやって
もらうでしょうが>何度も言うように全ての事情をくみ、その中で軽視されがちで
あった被害者の側の意識を醸成しよう、と言うのが私の考えです。
感情って、刑罰の中でそこまで重視されてさてよいものでしょうか。感情のみに基づ
く刑罰など、リンチに他ならない、と言う私の考え方はさて違っているのでしょう
か。資本主義とか社会主義とか、また民事裁判と違い、人が人を裁く言うなれば神
<ここでは絶対力量者としての神>の領域です。裁くに当たっては裁く者の裁かれる
者に対しての絶対的優越が必要なんですから。もっとも、そんな神は存在してはくれ
ない、かと言ってやらないわけには行かないので人がやるわけですが、そこに踏み入
ろうとする人間が、裁く者、極論すれば神の代理人としての厳格さを忘れ、ただただ
感情のみに走ってその上での判決を出してよいものでしょうか?
とにかく被害者の感情だけ!という人を私は感情派と呼びますし、「被害者、犯人、
社会などのもろもろの利益を複合した上でそうすべきだ」と考え、またそうした攻め
ぎあいの上での意見を述べている人を私は感情派などと呼ぶ事は致しません<被害者
寄りだな、とは思いますがが>。また、逆の場合人権屋<人権「派」ではない>とも
呼びません。そこに多少の違いがあることは当然ですから。議論がまた一段進むだけ
の事です。そうした攻めぎあいが一致した時こそ、私が前回投稿した理想が成立した
時である、と考えております。<なお、「感情派」の反対語を敢えて申すならば、
「人権屋」です。>あと、私が我慢するのはそうした意見を公にして、感情だけを露にして突っかかるよ
うなやり方だけです。もちろん、理知的に見ておかしいと思ったらそう言うでしょう
が。死刑にして欲しいとか、思わない事があるでしょうか。そんな酷な事は私には出
来ません。出来もしない事をやらなかったからと言って非難したりはしません。た
だ、私は皆さん人間なのだから、前述の考え方に身を置く事が出来る、と考えている
のですが違うでしょうか。

18 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:05:02 0
もし私には出来ないんだとなれば、所詮私の言ってた話は全部虚言を自分で信じ込んで
いたと言う事です。
なお、私が被疑者問題を出したのは国選弁護の段階を広げようという動きに被害者団
体が「何故悪い奴を弁護するのに46億使って被害者給付は5億なんだ」と言う意見
を出し、また1年ほど前、テレビでそういう事を言ってたのをはっきり覚えているか
らです。言ってたのはアナウンサーでしたが。そのわずか2日後に被害者問題に関し
ての朝日の社説がのってて、<確か2000年1月29日>そこでそうした主張があ
る、という指摘を見たからです。もし被疑者に噛み付いて被害者の感情的満足をさせ
ようと言う意志がないのならば、もうその点に関して言及する事は致しません。
犯罪こそ最大の人権侵害行為である、という事に関しては異議をはさむつもりは毛頭
ございません。そもそも、「きちんとした人権意識」があれば犯罪行為に手を染める
事はまずないでしょうから。もう一つ、少年と言えども決してそれを免罪符扱いされ
ているわけではない、ということも。犯罪行為そのものを許すつもりが毛頭ない事を
ご確認頂きたいと存じます。これって大前提の一つだと思ったから敢えて言わなかっ
たんですけどね。
馬鹿だとはとんでもございません。私が暴走を止められたのもあな
たの御意見によるところが大きいところですから。
基本的人権を「享受」する気はあるんじゃないか、と思うんです。ただ、「それにつ
いてくる艱難辛苦の類」を我慢する事を知らない、いざとなったら「公共の福祉」に
逃げ込んで素知らぬ顔をしている、それが私が今最も非難している人間である、と
言ってもよいでしょう。で、その原因はというと、例によって人権教育を怠った日弁
連や日教組だと思ってる。
あと、何ヶ月前だったかな、英国高等法院で少年犯罪で、実名や写真を公開された少
年に出所後偽名を用いる権利を法的に認める判決が出ました。これって晒し者報道の
後にでもまだ救う手がある、という事なのではないですか?

19 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:05:32 0
被疑者でなく、はっきりと加害者であることがわかっても、「更正」に重点を
置いている事が間違いなのだ。
だいたい感情派などというが、そもそも盗まれようと、目を潰されようと、顔
に塩酸を掛けられようと、殺されようと何も感じる事がないならば、法律なぞ
定めても意味がないだろう。まるで空気を吸って吐いているかの如きものなら
ば、そんな事々で一々騒がないし、大部分の人はそれほど酔狂ではないのである。
法が盗みを禁じるならば、ひもじいが故に食べ物を盗んだとして、それを理由
に撃ち殺すのも良いのである。ただそれではあまりに「かわいそう」だから、
法律違反した場合でもある程度は、感情を加味して、しかも撃ち殺しにも秩序
を与えて法の権威を維持しようとしたのである。ほんの少し肩をこずいただけ
で、生体実験にでもかけるが如き拷問をするようなことを防ぐためにある。だって、それではあまりに「ひどい」でしょう。
感情があったればこそ、かつては奴隷には「かわいそう」とも「ひどい」とも
いう仕打ちをしても何も感じない冷たい人種や貴族と闘ったのである。法がな
いなら、あとは力あるのみであって、強盗しようとレイプをしようと人の顔に
塩酸を掛けようとかまわないし、そういうことをする連中を逆に拷問したうえ
でゆっくりと嬲り殺そうとどうでもいいわけである。
それゆえ法治において大事なのは、どういう種類の人間が、その法律の存在に
よって利益を得るかなのである。ただそれがかつては特定の人種と貴族を守る
為の秩序であったが為に、その法は破壊されねばならなかった。いままた少年
や刑法39条者は、特別に守られている。たぶん大げさである、それとこれと
を結び付けるなんて不謹慎だ、といわれるかもしれないが、被らないでもよい
害を多大に受けていながら、我慢を強いられた上に更にそのうえ加害者(被疑
者ではありません)の未来と権益を用意することまでも強制されているので、
私はその手の常識を憎悪せざるえない。
>人権派への「もしあなたなら・・・」の質問はずいぶん多「ですが私は既に自分が
被害者になってもその感情を自分の中に押しこむ覚悟くらいはしていますし、
ここにいる少数ながらの人権派の皆さんもそのつもりでしょう。

20 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:06:03 0
そのつもりでない人権派では困るのです。
本当にそう思っているなら、まず殺されてみれば。そのうえで意見が言えるも
のならいえばいい。覚悟という言葉はそういうことだ。ふためと見れぬぐらい
のぐちゃぐちゃの顔にされてみな、バットで。ただしこんな顔にされるなどと
いう気構えなんか無いのに、こういう目にあったんだから、そのような気構え
を前もって持ってもらっては本当のところとは違う事になるが。そのうえであ
なたの感情は一切考慮にいれず、加害者の人権を教育を論じてみたいが、実現
はなかなか難しいところだ。
なぜなら自分一人では成立しえないから、あなたがどんな気分でいようとも、
あなたを害する意思をもった貴族がいないとどうにもならない。
貴族というのは、人に害を与えても、その身分によって手心を加えた処理を施
してもらえる存在の事です。法律が全てであるものには、少年や刑法39条者
である事は十分過ぎるほどの理由になるのであろうが、その優先ゆえに搾取を
受けるものには犯人が少年や刑法39条者だからっていうのは理由にならない。
ましてや覚悟なんかしていない犠牲者においては、理由と認める必要も義務も
ない。法が彼らを保護する以上、その法を採用している国そのものが敵である。
人を殺したり、バットで顔をめちゃくちゃに出来るぐらい力があるの
なら、十分過ぎるぐらいでしょう。まして、手心を加えてもらえるなら。
そして法にだけ刑罰の決定権があると考えているのならまちがっている。
とある国々の法の下では、白人が黒人を、自分の所有物であれば殺そうと拷問
しようと勝手だった。人間を所有物として扱うことを認める法だってあったの
ですから。そんな法律は白人だけが利益を受けるのに、黒人もそんなもんを法
律であり、法治主義だからといって守る義務や必要があるなぞとは、わたしは
思わない。法律なんてしょせんはそんなもんです。
その法律がどんな連中のために存在しているのかが判る。殺人や傷害などを成
した人間にだけ有利にはたらく法律は、そういうことを成さないものにはナン
の役にも立たないばかりか、その犠牲者になった場合には不利にはたらく事を
みてみれば、特にその身分によって特別に保護を受ける者がある場合には

21 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:08:47 O
誰か「男性論女性論」カテにも、コンクリスレ作って下さい。私はスキルないので立てられないんです。コイツらの情報はもっと広めなければいけません。

22 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:12:52 0
「垣東孝一」本人の数年前のインタビューは↓です。

「世間の人は僕たちのことをもう許してくれていると思います。事件のことは残念ですが、
被害にあわれた女の人のぶんまで精一杯生きて、親子で幸せになることが供養になると思ってます。
どうか私達のことを暖かい目で見守ってください。」

23 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:20:04 O
頼むから「男性論女性論」カテにもどなたかコンクリスレ建立して下さい。

24 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:21:36 0
私が生に社会と接している、とは言えないでしょうね。人と付き合う事は苦手です
し、あらぬ疑いをかけられたとあれば相手が先生と言わず誰と言わず逆に怒鳴り返す
くらいしますし・・・。いつも図書室にいるような感じ。もちろん、親しい人とはとて
も親しく付き合っているのですが、そうでない人とのコミュニケーションは苦手、そ
んな人間ですよ、私は。
しかし、不合理な感情を受け止められない、それがなぜか、ここは法の問題だからで
すね。また、そうした感情も見て、心に留めるようにはしております。もちろん、た
だの噴出感情・私的意見を口を極めて非難したりする事は致しません。<もっとも、
以前はやっていた事は認めます>ただ、それが被害者の人権擁護にとっていい事なの
かどうかにはやはり疑問符がつきますね。
法律によって世の中を動かし、必要なら法律を改正する。これって、今の日本の鉄則
でしょう。また、法を第一義に考えなければならないからこそ、ここで、きちんとし
た観点からの議論をしよう、と言っているわけです。もし私の意見に分からない事が
ある、批判がある、そうなのならもっとびしびしと言ってくださって構いません。私
は気に入らぬ論客を悪魔化し・・・<前科はあるな・・・>ともかく、そうする事はしない
様努めますし、そうなっていたらまた指摘してください。
まず断っておきますが、私は別に浅野教授を「尊敬」しているわけではございませ
ん。反対の部分は報道とか破防法問題に関しては見当たらないんですが、国際問題と
なるとそうとは言えない部分もあるので、それだけは覚えといてください。そうそ
う、今度「冤罪−日本の黒い夏」公開されますね。浅野教授と河野さんは「松本サリ
ン事件報道の罪と罰」を共著するなど、結構一緒に行動する事が多いです。しかし、
こうした事を自分の事として考えると、はっきり言って最も現実味があって恐ろしい
ホラー映画のようなものになるのではないか、そう恐れています。冤罪を他人事と考
える人の中には、「制裁報道は民主主義を補完するための「村の掟」として是認され
る」<小林よしのり氏>等と言う事を平気で喋る人もいますね。少年問題も冤罪はよ
り問題となりやすく、以前その番組を見た時の事を投稿した事もありましたね。

25 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:22:29 0
 少年犯罪等の特徴的傾向
1  少年犯罪の概要
(1)  非行少年数の推移
○  過去10年における長野県の非行少年数は、平成9年をピークに僅かに増減するも、全体的に減少傾向
○  平成16年における非行少年の総数は2,275人(前年対比-507人)で、過去10年で最小
○  刑法犯少年は2,209人(前年対比-514人、-18.9%)、特別法犯少年は60人で前年とほぼ同数、ぐ犯少年は6人
(2)  刑法犯少年比率の推移
○ 過去10年における長野県の刑法犯検挙人員全体に占める少年の割合(占有率)は平成9年をピークに減少傾向
○ 平成16年の占有率は37.9%で、過去10年において初めて40%を切る。
○ 少年人口(14歳〜19歳)1,000人対比の占有率は13.9人で、前年対比-17.3%と減少するも、少子化が進む中で依然高率で推移
(3)  学識別の刑法犯検挙人員の推移
 刑法犯少年の学職別では、過去10年を通して高校生が約6割、中学生が約2割を占め、非行の中心
2  平成16年中の少年犯罪の特徴

(1)  初発型非行の状況
○  刑法犯少年のうち、「万引き」「オートバイ盗」「自転車盗」「占有離脱物横領」の初発型非行が7割強を占める。
○  万引きが最も多く、刑法犯全体の約4割、窃盗犯の約6割を占め、少年非行総量抑止の鍵となっている。
(2)  街頭犯罪の状況 (図表36)街頭犯罪における少年の構成比
○ 街頭犯罪総数のうち、6割を少年が占める。

○ 特にオートバイ盗が93.8%、ひったくりが83.3%と高率を示す。
(3)  共犯率の状況
○ 共犯率を検挙件数で成人と比較すると、凶悪犯・粗暴犯の約半数が共犯事件で、罪種間での差がない成人と比べ、差が顕著
○ 人員の比較では更に成人との差が顕著
3  刑法犯被害少年の状況
○  被害少年の総数は減少傾向
○  凶悪犯、強姦・強制わいせつでは、僅かな増減はあるが、ほぼ横這い。特に小学生の強姦・強制わいせつの被害者は13人で、前年より7人増加

○  児童虐待に関連する事件の検挙は3件(被害児童5人

26 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:23:00 0
近年では、少年犯罪と言うべき犯罪が目立つようになりました。

同じ少年犯罪でも少し前ならば、例えば戦後などでは生活の問題で、
生きていくために仕方なく盗みを働いたりするという犯罪が多かったとは思いますが、
近年では傾向ががらっと変わってきていますね。

●遊び感覚で犯罪を犯す少年
この場合は、平和な日常に満足できずにスリルを求めて万引き等の犯罪に及ぶケースですが、
ちょっとしたモラルや認識が足らない場合、あるいは犯罪ソレ自体を楽しんでいる場合が多いそう
ですね。

●ゲーム感覚で犯罪を犯す少年
上記の遊び感覚と似ているよ様ですが、そのまま「ゲーム感覚」な訳です。命を軽視していたり、
また、自分の考えたアイデアを推理小説や推理アニメと同等に考え、それを犯行に及んでしまう
ケースですね。

●自己確認型犯罪を犯す少年
更に近年では、自己の存在感等を示す為や、自己の征服感を満たすために行われる犯罪が
目立っています。何不自由なく育ち、自身の希薄な存在を何とか示したいと言う欲望による
犯罪です。彼らは空虚な思いを秘めていて、それを内に溜め込んでしまうそうですが、
それが外に出てしまった時に、人を殺して自分自身の存在を確かめるとか、
TVに報道されることによって存在を確認するとか、そういった犯行に及ぶそうですね。

ここ数年での少年犯罪の「動機」や「理由」などが、大人からしてみれば理解しがたい理由だと、
「動機なき犯行」と言われますが、少年達にはきっと何しらの理由があっての犯行であるという考
えは常に持たなければならいと思います。犯行に及んだ経緯は、きっとどこかにあるはずです。
少しでも少年達の犯行の動機を知ることが出来れば、あるいは少しでも解決につながるのかなぁ?
となんとなく思ったりしました・・・

27 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:23:32 0
犯罪は発展途上国型と成熟社会型という大きな2つの分類がある。食うため、
生きるために物を盗んだり人を殺すのが、発展途上国型だ。
これに対し、成熟社会型とは社会の行き詰まりから来る矛盾が原因の犯罪だ。
当然、現在の少年犯罪は後者である。

 つまり、今の時代、子供たちば将来に対するサクセスストーリーを描くことすらできないのだ。
しかし、そんな現実を生きていかねぱならない。そこで何を考えるかといえば、
他者と同質化することである。ガキのころから"護送船団方式"の社会にどっぷりつかっている
といってもいいだろう。周囲の目を過剰に意識し、群れから排除されないことがすぺてに優先する。
そのためには犯罪さえも辞さない。沖縄の事件がその典型である。
すべては小さな組織内での保身。それが成熟社会型犯罪の傾向なのだ。

 しかし、ここでより重要視すべきは、実は少年犯罪自体は減少傾向にあるという点で・ある。
殺人などの凶悪犯罪に隈れば、現在は終戦直後の10分の1。
世界的に見ても、最野蛮国のアメリカが日本の10倍なのは人口から換算して当然としても、
オランダやスウェーデンに比べても半分以下だ。これは異常なことであり、欧米の学者の中には
「日本はどうしてこれだけ犯罪が起こらないのかを研究すべきだ」という意見まであるという。

今の日本の若者は犯真も犯せないほどバフ一ダウンしており、
それが結果 的に社会の停滞につながっているということなのである。
 若者がこれほど腑抜けになってしまったことに は明快な理由がある。
それは団塊の世代と呼ばれる一団があまりに元気がよすぎるからであろう何かにつけて
「俺たちが若いころは・・」と昔を自慢されるのだから、下の世代はたまったもんではない。
知らず知らずのうちにエネルギーを吸い取られて、社会全体が疲弊してしまったことは否めない。

 極論すれば、少年犯罪も多いが社会に活力がある状態と、犯罪も少ないが社会も停滞
するのとではどっちがいいかという問題となる。今回の2つの事件を擁護するつもりは毛頭ないが、
俺の意見は断然、前者である。昭和30年代の不良高校生は、喧嘩は自分と同等ないし、
より強い者を打ち倒すことで精神的充足感を得ていたという。

28 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:24:02 0
私は現在の悪いことをした人間がやったもん勝ちみたいの世の中は悲しく変更が
急務だと思います。特にこの前刑法改正法案が国会に
提出されることになったそうですが、まだ妥当性を欠いた法改正だと思います。
というのは例えば集団強姦にしても下限が2年から3年に引き上げられたのですが、
果たしてそれで国民一般の方感情を満たしていると思っているのか非常に疑問です。
長い時間議論を重ね謝金や人の労力を考えるとこの改正にかかり大きな予算が動いていると
思います。その結果が1年の差というのでは能力無い人間の集まりと言わざるを得ません。
一番感じるのは先ほども少し述べましたが、一般国民の法感情と法改正にかかる専門家との
意識の莫大な乖離です。本当に常識ある人間が改正に携わってるとは思えません。
無能力であり常識を欠いた人間の集まりではないでしょうか。刑法が作成されたのは戦前であり、
いわゆるdueprocess法律の手続きが整っていないときの話でした。フランキー堺が主役で
あったドラマ「貝になりたい」のようにろくに犯罪をしたという証拠もないのに警察官がでっち上げ
で捜査を行い、それが判決になったあまりに妥当性を欠いた部分がありました。ところが現在では
凶悪犯罪が激化し、警察の捜査も現在の刑事ドラマにあるような、脅しのようなやり方の捜査は
実際ほとんどなく、不祥事を起こす一部の警察官のみが違法な捜査をしているのが実情です。
つまり今の刑法は現在の実情には全く合わないものであるわけです。
凶悪犯罪がさまざまと移り変わる中で、何十年も刑法の改正が行われないのは異常としか
言い様がありません。それを一部の専門家が気づいているのかは非常に疑問ですが、
相当の能無しといえるのではないでしょうか。少し言葉が汚くなりました。現在の刑法の根本は
社会の秩序維持と加害者の応報にあります。応報であるからこそ被害者を除外した冷静な裁判を
目指しているのでしょうが、本当に被害者は全く除外すべきなのでしょうか。
民事訴訟においては当事者主義が中心に据えられ双方の意見が重要視されます。
同じようにとはいいませんが、根本は被害者の気持ちではないかと思われます。
過ちを犯した人に対して死んでしまえというのが被害者の親族の率直な願いでしょうが、

29 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:24:38 0
そこまでいかないまでも、過ちを犯した人間に対して相当な量刑を課し、
責任をとるというのは普通の常識人からすれば反論の余地はないのではないでしょうか。
つまり今の法律では妥当な量刑は得られず、また出所してきても前科のプライバシーで
守られます。なぜ加害者はこんなに人権が保護されるのでしょうか。それはひとえに被害者の
気持ち意識からあまりに裁判官等が乖離しているからでしょう。親族でなければ自ら死刑を
はじまとした重罰を課したくないのが本音かもしれません。しかしそれでは司法界に携わる
プライドはどこへ行ったのかと思います。実際死刑はなかなか執行されないらしいです。
最後の法務大臣の押印もなかなかされないのもありますが、裁判官もやはりよほどの犯罪者
でない限り判決したくないのもあるのでしょう。しかしそれこと被害者の気持ちを度外視している
といえるのでしょう。私はどんどん死刑をしろと言っているのではありません。あまりに妥当性を
欠いた量刑を改革し加害者に相当な責任を負わせるべきと言っているのです。また裁判は
やはり被害者のためにあると思います。今の裁判制度からは考えられないですが。
やはり根本は被害者のためにあるのではないでしょうか。確かにだからといって違法捜査や
誤審は断じて許されませんが、それと妥当性ある判決相当な責任をとらせることは
別個なことなのです。またわたしはルールをたくさん作り日本をがんじがらめにしようとなんて
思っていません。要は最低限のルールは必要ではないか。特に凶悪犯罪をしているのだから。
わたしは今国民の法感情と法律家の意識を少しでも埋められるように司法界を目指しています。
少年法も全て少年だから保護されるのは常識的におかしいと思います。
法律家は国民の常識がたまに間違っているようなことを述べますが、
私は間違っているのは法改正に携わる専門家であると信じています。
少しでも被害者の人権を守る暖かい世の中にしていく必要があるのではないでしょうか。
被害者はいまだに捜査においてもマスコミの取材においても第二の被害にあうことが多いと
思われます。被害者が一番守られるべきなのに。何かがおかしいと考えるのが常識人の
常識でしょう。

30 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:50:23 0
どの少年犯罪も いや、全ての犯罪者に言える事は『反省で戻る命無し』です。  
ふと、PCを持った時犯罪関連を興味本意で見ました。あれこれ目にして気分が悪くなり
ました。犯罪行為の内容では無く、自分の興味本意な感情に気分が悪くなりました。
これ程までに辛く悲しく無念な人生の幕引きとなった被害者はもとより、その御家族に
ひどく失礼な興味という感情を持った事、まずはお詫び致します。     
私にも、二人のまだ幼い子供がおります。とても愛しいです。しかし私自身親の愛情に
恵まれぬ環境に育ち、決して順調な養育環境や精神衛生を保てぬ中生きてまいりました。
しかし今だ一度たりとも人を傷つけた事はありません。そんな私からすれば今何故これ程までに
少年犯罪が増え、また普通の家庭や普通の子と言われる人が償いきれぬ凶悪かつ残虐な
行為の果ての殺人を事も無げに容易く犯すのか理解出来ません。
昔の盗みは食うや食わずの生活の果てや、殺人も理不尽な処遇の結果が大半でした。
しかし、いかなる事情の答えであっても全ての罪に言い訳は無いと思います。   
私の子供が同じ不幸にあったなら地の果てまでも追い掛けて同じやり方で加害者を殺すと
思いましたふとそんな情景を4歳の息子の寝顔に重ねて見ました。物書きである想像力が災い
して余りにリアルに映像化された無惨な我が子が浮かんだ瞬間吐きそうになりました。
心臓の奥がキリで突かれた様に痛み息を吸う事さえ辛くなりました。
これが現実ならば復讐出来る気力などなく簡単に精神を病み壊れて現実逃避しか
出来ないと思いました。それを今現実に受け止めて日々をお暮らしの被害者の御家族の心情は、
何を以てしても想像もつかない程辛く厳しいものです。そして次に浮かんだのは加害者が本当に
更正してまともな感覚を取り戻し罪を悔やんだなら各施設を出た後生き続ける気持ちが有るなんて
全く理解出来ない。死にたくなるだろう。気が振れるだろう。自分の恐ろしさに気付き、
被害者の痛みや苦しをありありと感じたら謝り、反省してもどうにもならないと思い死を
自ら選ぶだろう。            
誰も反省してない。加害者は反省しても命は戻らず、悲しみと苦しみは消えない。

31 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:51:37 0
よく「被害者遺族」というものを盾に法曹批判をする人がいるが、
遺族つまり「家族」の絆って、一般に思われてるほど絶対的なものなのだろうか?
家族なんて恋人と違い、好きな相手を選んでくっついているものじゃない(配偶者は例外)。
子どもだって、どんな人間に育つか分からないままとりあえず生んで育てているものだ。
ここまで偶発的な人間関係に、言われるほど強固な絆なんてものがあるか疑問。
確かに犯罪被害者の遺族は普通「犯人が憎い」と口にするが、逆にマスコミの前で
「別に憎んでませんよ。俺は被害者と仲良くなかったし」なんて堂々と言える人間がどこにいる?
家族愛なるものがないとはもちろん言わないが、マスコミはそれを利用して
「法曹」や「最近の若者」への差別意識を煽り、過激なことを言ってみせて儲けているだけだろう。
だいたい、裁判に時間がかかることと遺族の気持ちは本当に関係があるのか。
マスコミの本音は「判決というイベントを、大衆が飽きる前にやって欲しい」んだと思う。
裁判が長く続くことはむしろ被告人にとって嫌なことの方が多いし、
日本では一般人が思ってるほど引き伸ばし戦術ってのは(刑事では)使えない。
1・無実の人間を罪人として告発したり、無実の人間を裁判中ないし報道過程において責めた場合
2・無実の人間を警官が捕まえた後、取調べ等で人権無視な行動をとった場合
3・無実の人間を犯罪者として訴えた検察官
4・悪し罪人を無罪にしようと行動する弁護士
5・善悪の判断が出来ず結果的に冤罪を課した判事
6・冤罪者を犯罪者のレッテルを張り報道した報道機関

これら全てに責任が伴う。
責任の取り方は罪の大小に寄り様々。謝って済めばそれで良し。
済まなければ金銭や物品で賠償、謝罪広告の掲載、被害者側が加害者側をリンチにかける(やれれば一番いいが)等で
受けたダメージを償わないとならないシステムを構築すべき。

これにより
警察も取り調べの過程に於いて被疑者の人権を立てるし
検察官や裁判官や弁護士もよくよく調べた上行動をするし
報道機関もワイドショー的、日刊ゲンダイ的な報道を慎むし
それに伴い一般市民も根拠の無い噂だけで人に悪しきレッテルを張り迫害しなくなる。

32 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:52:09 0
事件などを起こしたり、不登校・引き篭もりなどに至る経緯というものがあると思います。
まったく普通の子供たちが事件を起こすワケはありません。
僕も、色々経験してきましたが、ある程度の歪んでしまった感情・性格の闇の部分が作られる
のは、中学校に入ってからだと思います。僕の場合も、中学校の時にクラスと馴染めずに、
そのはけ口として、何か学校以外の生活とか趣味を見出そうとしました。
小学校の時には学校に馴染めなかったり、授業について行けなくても、まだそれぞれの生徒の
自我があまり無いので、いじめや非行や、思い通りにならない自分の学校生活から逃げるための
歪んでしまった闇の部分は芽生えたりしないと思います。無邪気というものが、まだあると思います。
しかし中学校になると、ある程度の自我が芽生えるし、小学校の長い間続いた環境からも急に離
れ、全然違う雰囲気に置かれます。もちろん、そのまま普通に学校生活に馴染んでいくような、明
るい子や、安定した家庭環境の子、自分を認めてくれる人を持った子らは不自由はあっても、何と
か卒業し、就職、高校、大学、専門学校などを目指してゆくものだと思います。しかし、暗い感じの
性格で友達ができない、勉強・運動について行けない、集団生活について行けない、家庭環境が安
定していない子らは、どうしても、普通の生活は出来ないんだと思います。クラスの中に、元気で、
いわゆる態度の悪い子らが多い場合も、そのクラスの中で弱気な子は必ず、いじめられ、
不登校になったり、歪んだ性格が形作られてしまうんでしょう。問題なのは、そういう、普通の学校
生活が送れない子たちが、つねに少数だということです。
もちろん、教師も親も、万能では無いですから、最終的にはその子自身が何とかしないといけないんです。
非行も不登校も引き篭もりもいじめも、暴行事件や、殺害事件なども、つねに少数の立場
に置かれた子が、今の自分の嫌な状態から、脱出したくて、やってしまうんでしょう。
大多数が学校生活をうまく、楽しく送れている中で、自分だけがうまく学校生活を送れない、
これはどうしようも無い苦痛・絶望です。
しかも、「中学校は、行かないといけない」という大前提のようなものが、どうしてもあるので、
これは教師や親などは察する事はムズかしいでしょう。

33 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:52:42 0
少年犯罪・・・・我が家の場合死に至る事もなかったし被害に遭ったのも主人と大人です。
が、ものすごく警察にも腹が立ったし・法に対しても。。。。
残業して自転車で帰宅途中の主人をお酒を買うお金が欲しい・・・という理由から少年7人が自転車で追いかけてきて主人を殴りました。
主人は自力では帰ってこれたものの顔面骨折で手術となりました。
が、殴った相手の事は皆目わからない。
警察に連絡を入れても教えられないが補導はしましたというのみ。
れからしばらくして、一通のFAX。
3人の加害者のうちの一人の弁護士でした。
こちらは加害者の年齢・名前・住所もわからないのに・・・・
主人は入院中にて話し合うことはできないとの旨を弁護士の留守番電話に入れましたが、
それ以降1度も連絡はありませんでした。
もう一人の加害者の親も来ていたようですが私の留守中で手紙が入っていました。
息子は反省し今大学受験にむけて頑張ってます。と・・・・余計に腹が立って・
腹が立って3人目・・・・・いまだに誰だか不明のまんまです。
その時警察に電話を入れ、どうしてこちらは加害者のことは何も教えてもらえないのに向こうは
我が家のこと、名前・電話・住所・職業・家族構成を知っているのか??
おかしい!!と言いました。
その時の返答は、相手はあなた達に謝りたいと言ってきたし弁護士さんだったから教えましたよ。
何かそれがいけませんでしたか??でした。
謝りたい??弁護士が???
何かおかしくないですか??と尋ねると、その警察の方・・・・・怒っていいました。じゃぁ、教えませんよ!!ガシャン
もちろん、弁護士さんにも相談にいきました。
本にも書いてあったのですが、用意で仕事ができません。が、入院でかなりの間仕事を
休んでいたのでこれ以上は無理だと判断し、裁判はあきらめました。
今、思うと本当に熱心になってくれる弁護士さんに出会っていたら・・・・・
持っていないものの勝ちですものね〜
やったら必ず勝つよ。でも、賠償金を取りたてるのはあなた達だよ。それでもする?
相手は未成年でしょう〜??
親は保護責任には問えないよ。
と・・・・・お願いしに行くほど悲しくなるばかり
絶対におかしい!

34 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:53:13 0
今私は学校(高校)でディベートの授業をやっていて、議題が「刑罰の対象年齢を下げる
べきだ」です。私はその反対派で、いろいろ資料を読みました。そこで私が感じたこと。
非常に難しい問題だな、ということ。どの人の言い分もよくわかります。賛成派も反対派も中立も。
でも気になったのは、多くの人が一面だけを見て意見していること。そこでちょっとその人たちに、言いたいです。
 一番怒りをおぼえたの。少年で犯罪(特に人殺し)を犯した子は、一生娑婆に出てくるな、という
意見。それでは、一回でも過ちを犯した人は死ねと言っているようなもの。それはあまりにも
ひどすぎます。遺族としてはもっともな意見だけど、心が狭すぎる!!
私は被害者の遺族にはなっていないけれど、被害者にはなりました。
そのせいで長い間、精神がおかしくなるほど苦労しました。でも不思議と犯人に対する恨みとかは
ありません。むしろあわれに思ってます。犯人には犯人なりの理由があったのだと思います。
少年犯罪にしても、少年たちは、家庭が崩壊しているだとか、抑圧をうけているだとか、
居場所がないだとか。加害者の事情を知ればなるほどと思います。私もそんな環境に育ったなら、
犯罪者の仲間入りをしていたかもしれません。
 少年でも大人と同様に扱え、ということについて。子供はあらゆる面において、
大人と区別されて扱われているのに、刑罰に関してだけ大人と同じというのはおかしいと思います。
子供は精神面において、身体面と同様、まだ成長過程にあります。最近の子供は早熟だと言う人がいますが、私は反対だと思います。
成長してないから、善と悪、悪戯と犯罪の区別がついていないんです。それがきちんとわかってて
分別ついた人なら、こんな残虐な犯罪は犯しません。大人でも精神面で子供の人は大勢います。
そんな子供大人になるために、未熟な少年はしっかりと親や地域の人々が大人にしてやるべき
です。少年院でも半分くらいは反省に効果があるみたいですが、結局はきちんと更生できない
場合が多いので、親だけではなく、周りの人々が協力し合っていくことが大切だと思います。
法律にたよるよりも、まず自分たちが積極的に関わっていくことが必要だと思います。
 生意気言っちゃってごめんなさい。でも「私」というひとりの「子供」のひとつの見解です。

35 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:53:43 0
加害者擁護派の論法は、
1. “子どもには判断能力がない、従って責任能力が無く、大人によっていかなる場合も保護され
るべき存在だ”、
2.“権利と責任は一体だ”ということです。“命の愛の掟”における論議で見たとおり、“価値の返済”
に関しては、それらの論法が一切通用しないことを誰もが理解できるはずですが、これらの欺瞞と
矛盾についても、述べることにしましょう。
1.については、わが民法に、子どもという存在への現代社会の考えや姿勢が示されています。
すなわち満20歳に満たない者は、未成年者という限定的な意味での子ども(子どもという
言い方には、色々な意味があることに注意)とされています。前述の婚姻適齢と異なるのは、
これが人間の成長段階のうち、生物学的部分より社会的部分に大きな比重を置いているから
でしょう。民法における未成年者の“保護”の意味は、“金銭面の利益・不利益を伴う法律行為に
ついて、親権者などの法定代理人の同意が必要であり、その過程を経なかった行為については
後で取り消すことができる(同4条2項)”ということです。

つまり損得について判断する能力(意思能力)には一定の社会的経験その他が必要であり、
それは大人でも個人差や困難が伴うが、大人は公共の福祉の範囲で自己責任に基づいて、
それを行なうしかない。しかし、子どもにも個人差があるにせよ、その差は一目瞭然で判るもので
もない。損得に関する判断能力があろうとなかろうと一律・一般的に子どもを、また“相手をも”
保護するための規定が必要だということになる。“保護”とは本来このような意味です。
だから、同4条から6条にかけて、ひもつきでない経済利益を得るだけの法律行為には、
親の同意などは必要なく、また日常の買い物や家業の手伝いなどの軽易な経済行為については、
責任ある自立が許され期待されてもいます。

子どもは、加害者擁護派が言うように、“すべての決定権を我々大人が担保しなくてはならない”
ほど無能な存在だとは、子どもたち自身思っていない(その判断でさえ擁護派は認めずに、
自分たちの考えを“子どもの視点”とするのでしょうが)でしょう。もし、それほど無能な存在で、
しかも獣以下のことをするほど危険であれば始めから外に出すわけにはいきません。

36 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 14:54:38 O
誰か別カテゴリーにコンクリスレ作って下さいよ!

37 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:11:02 0
民法の冒頭である通則には、権利と義務には信義と誠実が伴わなければならないということ、
権利の乱用は許さないということが警告されています。そしてその延長として、
同19条から20条にかけて、“行為無能力者に騙された者の保護”もちゃんと規定されています。
経済利益に関して騙された者が保護されるなら、命という最大の価値を理不尽に残虐に奪われた
者に関して、最も手厚い保護が行なわれ、奪った者やその保護者には返済と処罰が科されるのは
法理からも当然のことです。また、善なる心の性向を持つ人間でさえあるなら誰でも
判ることですが、“保護”には次の意味も含まれる。つまり邪悪さと無関係な本来の子どもは、
邪悪さを実行し、擁護する勢力(未成年者を含む)から護られなければならない。
真に善良な大人も、邪悪さを実行する勢力から護られなければならない。それが義務を護る市民・
国民としての当然の権利だということです。そうでなければ、この社会は存続することができない。

ちなみに犯罪が“命の返済”に関わらない場合でも、大人と子どもを問わず、
“価値の返済”の観点がもっと重視されるべきだと思います。続発する犯罪が被害者と社会に
もたらす損失をその責任者に、損失と責任の程度に応じて支払わせる手立てが必要です。
罪を犯した者の償いが、経済循環のなかに適正に組み入れられることが望ましい。
子どもの場合は当然、責任は保護者と一体で考えられる必要があります。
失われたすべての価値が、可能な限り元どおりにされなければならない。
矯正は罪を犯した者の魂の価値を取り戻すことです。充分な償いに伴って充分な矯正が
図られなければ、更生が被害当事者と社会に認められるはずがありません。
2.については、“権利と責任とは一体”とは、先の民法通則にもあるとおり、
“権利も義務も誠実に、良心と責任をもって、行使し履行しなければならない”という意味です。
ところが、加害者擁護派は、既に見たように、“制限のない権利をくれなければ、
物を盗もうと、強奪しようと、誰をどんなやり方で殺そうと、責任は取らなくていいはずだ”
という意味で、使っています。まさに、まともな大人の言うこととはどうしても思われない、
魂の邪悪さと幼稚さ、つまりそのような心の性向から来る信念なのではないでしょうか。

38 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:11:33 0
命の愛と血の涙を見ている人、つまり行動と発言に責任感のある人たちが、それらを無視し、
軽視する論理・論法に、一瞬とまどうのは解らないでもありません。いきなり拳骨を浴びせられ
れば、まともな人なら目を白黒させるのは当たり前。まして刃物でグサリとなれば、覚めない悪夢。


どうしても解らないことがいくつかあります。なぜ人は悪を選ぶのかということ。環境は一分の理。
環境のために、例えばレ・ミゼラブルのジャン・バルジャンのように、極度の貧困により家族のため
パンを盗まざるを得なくとも、彼は良心と涙を忘れてはいなかった。本質的に善なる心の性向を持
つ者は、例え不条理のために大きな罪を犯そうとも、値しない相手を選ぶはずがない。罪の瞬間で
さえその心には愛への大きな飢えと悲しみ、良心の灯火が宿っていたはず。卑劣なやり方で理
不尽な罪を犯すはずもない。罪を犯した後の行動も卑怯なものであるはずがない。涙の味、涙とは
何であるか真に知っている者なら、他者の涙、まして血の涙が分からないはずがない。
不条理ゆえの罪人なら、罪悪感のなさ、図太さ、幼稚さからではなく、良心を捨てていないという
意味において“正々堂々”としているはず。奪ったものの返済も当然に理解するはずです。

また、邪悪さを擁護する勢力、身勝手な一方向からしか見ることのできない人々が、なぜこれほ
ど多いのかということ。そして、命の愛と血の涙を無視し、軽視することだけで既に誤っている彼ら
の論理に、なぜ法律家、教育者さえその矛盾を明らかにしようとしないのかということです。
そんなことさえできないのか?なぜ?

私事かもしれませんが、私自身は大した教育など受けていません。みなが貧しかった時代に育
ち、ある事情で、極貧とは言えないまでも惨めさも味わった。教育に関して私に影響を与えた人間
など誰もいない。少なくとも親身に私を導いてくれたという意味では、いない。私は自らを教育した
。人知れず悩み、苦しみ、数々の屈辱も味わい、心に穴が開くほどに、考えた。人は私を教えな
かった。(私はいかなる宗派にも属したことがないが)目と目があった聖書(簡単なことさえ本当に
理解している人は少ない。その奥行きは世界よりも深い)が私を教えた。そして、自然から、反面
的な意味も含めて人から学んだ。

39 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:12:04 0
命には重さ、形と大きさがある。命は同じく尊重しあうとき同じ重さとなる。
軽んじる者は自らをも軽んじる。人が大漁を歓ぶ時、海の底では魚の弔いがあるなら、
その側ではもっと小さな命の悲しみが歓びに変わる。歩くとき蟻の命を気遣える者はい
ない。人は屠殺する者を責め、その肉を愛の幻想と共に食べる。すべての命には循環の
なかの位置がある。人の命を頂点に置かない者は、人の命を犬の命より軽んじる。人の
命を軽んじる者を重んじる者は、無残に殺された命を軽んじる。命の循環を乱して小さな
命を軽んじる者は、経済の循環を乱して盗む者と同じである。すべての命は、その重さと
形と大きさと位置に応じて尊重される。やさしさも裏を返せば無責任、時には歪みである。

無理やりの個性、自己表現は歪みを生む。必要な僅かの範囲で私が自らの世界を話し
ただけでも、おそらく私に個性がないとは誰も言わないだろう。私は個性など求めたことは
ない。個性とはむしろ普遍性のこと。人間の身体の個人差も、人種差も、人間とサルにし
ても、遺伝子の違いはほんの僅かに過ぎない。命の愛に基づいて自ら考え、自然と人間の
普遍性を見出し、あるいは懸命に生きる過程だけで歪みのない個性が生まれていく。それ
をしない結果の特徴を、個性がないと言っているに過ぎない。
普遍性は、充分すぎるほどの個性を生み出す。命の愛を心とする世界は多様性に満ちて
いる。普遍性を歪めたものに何の意味があるだろう。命の愛を持たない妄想が生み出した
ものに何の価値があろう。自他を傷つけ、妄想と妄想が共感し、共鳴しあって死を生むだけ
ではないか。

自らの血を命の愛のために捧げえない者に、人を戦地に追いやることも、愛を語り平和を
語る資格もあるのか?憎しみや狂気、絶望のために命を捨てる者は多くとも、命の愛のた
めに自らの命を捧げる者は少ない。至る所に血の涙がある。命の愛を軽んじる者たちがい
る限り、血は河となって流れ続ける。命の愛がすべての人の心を支配するまで。

40 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:12:39 0
 刑法というような法律は、社会の治安と秩序を維持する為にこそ必要なものなのであるから、
法を犯した者を裁くには、常に社会との関連のなかで裁かなければ成らないのであって、現状のように
違反者個人の人権とか更生とかいう面にだけ目を向けていたのでは駄目なのである。
過失や情状の酌量にあたいするような犯罪者は兎も角、故意に犯行に及んだ者に対してまで、
その人権の擁護や更生を優先するあまり、社会に悪影響を及ぼすような裁きをなす現状のごとき司法官の態度は
、明らかに間違っているのである。
よって司法にたずさわる者は、犯罪者個人の人権擁護や更生などという事よりも、裁きの結果が社会に与える影響と
いう事の方に重点をおいて考えることが必要だという事を、念頭に置かなければ成らないのである。
人間という者が孤立的な存在で、社会とは全く関わりのない無人島のようなところで独り暮らしをしている存在ならば、
たとえ法を犯そうが何をしようが構わぬのであるが、我々人間はそういう存在ではなく、常に社会という場において共同の
生活を営んでいるのであるから、罪を犯した者は厳しく処罰しなければ法を定める意味がなく、社会の治安や秩序を
維持することも出来なくなってしまうのである。
 今日、我が国の司法関係者は、いたずらに犯罪者に温情をかける事で、自らが「如何なる悪人をも許せる心の広い
人間」であるかのような錯覚に陥り、自己満足しているのではないかと思えるような節が見受けられるのであるが、
そういう自画自賛的な自己陶酔によってなされる「犯罪者擁護の温情的判決」が、第二、第三の犯罪者や被害者を
生み出すもとに成っている事実に対しては、まったく目を向けていないのである。
 犯罪者には犯罪に見合った厳しい罰を科すことが必要で、たとえ犯罪者が悔悛の情を示したからといって、
たゞそれだけのことで刑罰を軽減するというような温情をかけては成らぬのである。
なぜなら刑罰というものは、犯罪者個人に対する罰であるということ以上に、社会という共同生活の場において
「法を犯した者が受けなければならない罰則である」という面に比重を置かなければ成らぬものであるからだ。
 故に、犯罪者がどういう刑罰を受けたかという事を、世間の人々に対して周知徹底させることが必要なのである。

41 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:13:09 0
余談は扨措き、上述したように犯罪者の人権擁護だの更生だのと温情をかけることは、一見、慈悲深い崇高な心のように
受け取られがちであるが、そんなものは慈悲でも何でもなく、単なる甘やかしであり、社会を一層混乱におとしいれるだけの
無分別な行為であるに過ぎないのである。
 この度の少年の起こした犯罪にしても、十二歳といえば、やって善い事と、悪い事の判断くらいはできる年齢なのだから、
たとえ十歳の子供といえども、犯した罪に対しては相応の責任を取らせるべきなのである。
そうしなければ少年法の温情主義を逆手にとって、ゲーム感覚そのまゝに犯行におよぶ少年が後を絶たない事に
なってしまうのである。
 今日、犯行に及ぶ少年たちは、自分が何を遣っているか充分に心得ており、仮に捕まっても自分が処罰されないくらいの
ことは先刻、承知のうえで犯行におよんでいるのであるから、たゞちに刑法や少年法などの見直しが必要なのである。
我々はもっと現実を直視して、少年法や刑法に対する根本的な見直しを要求する声を発し、法律の改正に向けて世論を
高めていかなければ成らないように思います。
 誤った人権思想や人道主義に傾倒し、現実を認識する事のできない司法官や弁護士先生などが目覚めるのを待っていた
のでは、この国は安心して暮らす事のできない犯罪王国になってしまうのであるから、我々一般国民の側から声を発する
事によって、法律のことしか解らぬ司法関係者のエリート意識を打ちやぶり、法律の見直しや裁判制度の改革を迫っていく
べきであろうと考えます。
また、この度の少年犯罪の場合も然うであるが、このような犯罪が生じた場合、すぐに犯人の精神状態が問題にされ、
精神鑑定が実施されることになる。 その結果、精神に異常がみとめられ、犯行当時に善悪の判断ができない状態にあった
となると、途端に犯した罪を法律で裁くことが出来なくなって無罪になるという扱いも、納得のいかないところである。
精神の錯乱によって善悪の判断がつかなかったのだから仕方がないと言うのなら尚のこと、善悪の判断もできぬ精神異常
者を野放しにする事の危険性は、判りそうなものではないか…
一見、常人と区別しがたい精神異常者が、すれ違いざまにいきなり刃物を取り出して襲い掛かって来たとしたら、誰がそれを
避けられるであろうか…

42 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:13:38 O
男性論女性論カテにもコンクリス建立して!

43 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 15:13:40 0
 少年犯罪・・・
 きっと、昔からトップニュースにはのぼらなくとも少年の犯す犯罪はたくさんあったはずですよね。
でも、昔とは犯罪の質が変わった。近年の少年による犯罪の質の変化について、私なりに色々と
考えをめぐらしています。その根本的原因は何なのか。
もちろん様々な要因があるだろうと思います。そしてその要因の一つに、「映像の変化」というものが
考えられる様な気がします。
 私は何年か前に少年という枠をはずれたばかりですが、4歳になる娘がいます。その娘を見ていて思います。
娘が発する言葉や娘の見るアニメやCM。その全てが私の幼少時と変わりすぎている、と。ほんの20数年前の
私が幼少の頃は、アニメで殺しあうものや血が飛び散るものはほとんど見れませんでしたし、CMで下着姿はもちろん、
キスシーンは見れませんでした。ゴールデンの時間に罵倒が飛び交う番組や、自殺をテーマにしたドラマは
全く見れませんでした。しかし今現在は・・・。当たり前の様に見ることができます。聴くことができます。
普通に生活をしているだけで、この様に親としては避けたい情報が娘の記憶として保存されていってしまっています。
インターネットや映画、ビデオにゲーム。今後、娘の周りには余りある程の情報が溢れてくるわけですが、
こういうものを皆さんはどう思われますか?映画の内容も映像も随分変わりました。視聴者が物足りないからです。
”映像や情報が溢れてくると、物足りなくなる。だから実際に行動にうつしたくなる。”この事実が非常に
切実な要因になっているような気がしてなりません。
ゲームももちろん変わりました。映像がリアルになりすぎてしまっています。モンスターを倒して進んでいく
かわいい英雄が、人間を切って、殴って進んでいく、しかもどの人間もリアルな映像なのです。
このようなものを仮に毎日見ていたら、物足りなくなるかもしれません。未熟な想像力の少年達ならば。
まあ、成人していたとしても、未発達な想像力の持ち主はたくさんいるのかもしれませんが。
 このような映像を規制する法律ってないんでしょうか?R指定位ですか?
私は声を大にして、映像や情報を規制することに、もっと政府は敏感になるべきだと思うのですが。
何かが起きてからその原因をあれやこれやと考え、結局何一つ改善されない。

44 :秋葉系1号 ◆A0tIfw/K7U :2006/03/19(日) 15:15:51 0




とにもかくにも、垣東は改心済みw

45 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:00:10 0
私自身、20年も前、専門家といわれる人たちが、実際こう言っているのを聞きました。「日本人は特別な民族であり、
現実と虚構の区別くらいちゃんとできるから、暴力番組にもビデオなどにも影響されない。
アメリカみたいな規制は考えなくていい」私は、その時、「この国はおそらくそのうち地獄を
みることだろう」と思いましたが、残念ながら、そのとおりになってしまいました。精神分析や教育理論、
法律その他の専門家の意見も参考にはなるのでしょうが、それに支配されるべきではありません。
正しい場合もあるかもしれませんが、彼らほど間違いを犯し、またそれを認めなかった人種もないのですから。
オカルトじみて強欲を秘めたものは論外として、良識に叶う原因と結果の法則を無視すべきではありません。
優先すべきは、社会と個人のあり方を共に問い直し、良識に叶った予防措置を講じることです。原因は、
ひとつだけではないでしょう。大人社会自体が、情報や事件など醜い有様を呈していること、子どもを
食い物にする大人も多いこと、そんななかでも真剣にあるべき教育に努めない親が多いこと、
子どもといえど容易に悪魔になりうることを認めず、実際に犯罪を犯してもなお本人と親の責任を
問わず甘やかす仕組みを改善しなかったこと、数えればきりがありません。状況を放置しているうちに、
しつけがきちんとしている親にとってさえ悪影響を排除することが困難なほど、状況は悪化してしまった世の中で、
少年が幼稚なまま大人の醜さだけ身に付けて、犯罪に走ることが不思議なことでしょうか。犯罪の責めは、
本人と親、社会のいずれもが負わなければなりません。親と社会全体の責任とは、犯罪に応じてふさわしい罰と
自覚を本人に与えること、犯罪を生み出さない社会をつくることに渾身を傾けることです。
犯人の個人的な特徴や生い立ちに関する報道や受取り方については、注意が必要です。本質は何かを
忘れてはいけません。犯人が、学校の成績がいいとか悪いことは犯罪と関係はありません。
また見かけは大人しいとか、元気とか陰気とかいったことも。真面目に目的を持って頑張った結果、
例えば優秀な成績の子が、印象だけで犯罪予備群と思われたら、その子と日本の将来は一体どうなるのでしょう。

46 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:00:41 0
インチキ人権主義者」の人々は、加害者の更正の機会がどうのこうのと言うけれど、
世間に後ろ指さされることくらいで更正できないのなら、そんな人は最初から更正するなんて無理なのだと思います。
人を殺しておいて自分は生かされているのだからそれで十分ではないですか?
後ろ指さされながら生きる事に耐えられないなら死ねばいい。
彼らにはその選択の自由があります。
でも、被害者には選択の自由はなかったのです。
被害者にだって、これから未来があったのです。それらを勝手に奪っておいて、更正するために世間ぐるみで
協力してくれというのはちょっとムシがよすぎる気がします。
更正できないのなら、最初から加害者にならなければいいでありませんか!!

もし私の子供たちが被害者になったら?
考えたくもないし、考えられないけれど、加害者には、単なる極刑なんかではなく、想像できるありと
あらゆる苦痛を味わった跡で、「死にたくない」と叫びながら死んでいってほしいと願うでしょう。

加害者になったら?
それも考えたくもないし、考えられないけど、そうなることのないように、今から、命の大切さ、
悪いことをしたら必ず罰せられる、ということを教えていきたいと思っています。
今回の事件の後で、息子にも、どこに行っても絶対に私から離れてはいけない、といい聞かせました。
いつも行っているスーパーでお隣の売り場に行ってもいけない、と。
そして今度の事件のことを話しました。気をつけない悪い人は大人だけじゃない、子供にもいる、
犯人は中学校に行っているおにいちゃんだったと言いました。そして、「そのおにいちゃんは、
とても悪いことをしたんだから、ずっとずっと牢屋に入っているんだよ。おとうさんにもおかあさんにも
会えないんだよ。大人になって、おじいさんになって、死ぬまで、ずっと牢屋に入っているんだよ。だって、
殺されちゃった4歳の子は、もう、おとうさんにもおかあさんにも会えないんだからね。」と言いました。
息子がどこまで理解できているのかはわかりません。でも、話しながら、本当に、そうであってほしいと、
犯人には死ぬまでずっと苦しんでほしいと強く願いました。

47 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:01:11 0
 犯罪を犯した少年のうち、十四歳以上二十歳未満を「犯罪少年」、
十四歳未満を「触法少年」という。「犯罪少年」は当然少年刑務所にブチ込まれるところだが、
つい最近まで、少年法に「刑事処分可能年齢は十六歳以上」という特例があったため、
たとえ犯罪少年であっても、それ未満の少年は罪を問われることはなかった。
「つまり、十六歳未満の犯罪はチャラになるんだ」
 平成九年(1997)、この特例を逆手にとった凶悪犯罪が起こった。
 神戸連続児童殺傷事件である。
 当時十四歳だった犯人の少年は、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」なる奇怪な名を語り、
いたいけな三児童を殺傷、うち一人を小学校の前にさらし首にした。
 少年は逮捕され、医療少年院に送られたが、この秋、この社会へ帰ってくる予定である。
 事件後、少年法改正が論議され、平成十三年(2001)の改正少年法では、「刑事処分可能年齢は
十四歳以上」に引き下げられた。
 ところがこの規定も、平成十五年(2003)七月に長崎幼児殺害事件を起こした十二歳の犯人には、
適用されることはない。
「犯人に適用できないなら、その親を市中引き回しの上打ち首にすればいい」
 鴻池祥肇(こうのいけよしただ)防災担当相がそんなことを言って批判されたが、少なくとも被害者
の親は、それ以上に憤慨していることであろう。
 七月には、沖縄でも少年たちによるリンチ殺人事件が起きた。
 また東京では、少女四人が身勝手極まりない男の最後の晩餐(ばんさん)の犠牲になる事件も発生した。
 被害少女の一人が言ったという。
「私たちが悪いんです」
 とても被害者の言葉ではないが、彼女らは自分たちが「危ない橋」を渡っていたことに気付いたのであろう。
うまい話にはリスクが付きものである。
 大人は信用できないものである。
 初めからそう思っていたほうが無難である。
 特に「信じろ」などと強制する大人ほど信じられないヤツはいない。

 大人を信用してはいけない。
 だからといって、無視しろと言っているわけではない。

良きにせよ悪しきにせよ、自らの手本とするのである。大人をよく観察し、分析し、習得すべきものは吸収し、いらないものは切り捨てるのである。

48 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:01:57 0
 今日、犯行に及ぶ少年たちは、自分が何を遣っているか充分に心得ており、仮に捕まっても自分が処罰されないくらいの
ことは先刻、承知のうえで犯行におよんでいるのであるから、たゞちに刑法や少年法などの見直しが必要なのである。
我々はもっと現実を直視して、少年法や刑法に対する根本的な見直しを要求する声を発し、法律の改正に向けて世論を
高めていかなければ成らないように思います。
 誤った人権思想や人道主義に傾倒し、現実を認識する事のできない司法官や弁護士先生などが目覚めるのを待っていた
のでは、この国は安心して暮らす事のできない犯罪王国になってしまうのであるから、我々一般国民の側から声を発する
事によって、法律のことしか解らぬ司法関係者のエリート意識を打ちやぶり、法律の見直しや裁判制度の改革を迫っていく
べきであろうと考えます。
また、この度の少年犯罪の場合も然うであるが、このような犯罪が生じた場合、すぐに犯人の精神状態が問題にされ、
精神鑑定が実施されることになる。 その結果、精神に異常がみとめられ、犯行当時に善悪の判断ができない状態にあった
となると、途端に犯した罪を法律で裁くことが出来なくなって無罪になるという扱いも、納得のいかないところである。
精神の錯乱によって善悪の判断がつかなかったのだから仕方がないと言うのなら尚のこと、善悪の判断もできぬ精神異常
者を野放しにする事の危険性は、判りそうなものではないか…
一見、常人と区別しがたい精神異常者が、すれ違いざまにいきなり刃物を取り出して襲い掛かって来たとしたら、誰がそれを
避けられるであろうか…
 そんな危険な人物は、たとえ一生涯を費やそうとも、精神の異常が完治するまで完全に社会から隔離しなければ成らぬの
である。
今の世の中は麻薬や覚醒剤によって精神が錯乱している人間や、ホラー映画や俗悪なコンピューターゲームなどの悪影響を
受けて、邪悪な心の世界に陥ってしまった精神異常者が至るところに存在するのであるから、いつ何どき危害を加えられない
とも限らぬのである。
 けれども、そのような精神異常者が事件を起こしたとしても、彼らの行為は犯罪とは見なされず、刑罰を科される事がない。

49 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:02:27 0
仮令、一時的に医療機関に送られる事にはなっても、事実上は無罪放免に等しい扱いになるのであって、以後、
医師の判断により数年を経ずして社会に復帰してくるのである。 こんなバカげたことを放置しておくのは、明らかに
国の落ち度なのであるから、国民は同志を募り、団結して此のような状況を放置している国を告訴して、責任を追及すべきだと
思うのだが…
 それは兎も角、本当に加害少年の更生を願うのなら、罰を免除して遣るのではなく、犯した罪の重さを認識させ、
それを償わせて、心からなる更生の道を歩んでいく人間になるよう教育してやる事こそが、正しい裁きであるように思いますが
、皆様はどうお考えでしょうか?



擁護派の方々はここに来られる人も、メディアに出てこられる人も、話を聞いてると分かるのですが、
”痛み”を非常に忌避しています。
変革には痛みを伴うのは必死、しかしそれを受けるのも、与えるのも避けたい。
議論のパターンとしては相手の意見を封殺、もしくは有耶無耶にし聞こえの良い理想論を唱えるのが常です。
(大半の人がここで何となく納得させられてしまいます)そして絶対と言えるほど対処法を提示しません。
最後には、責任を個人から集団へ拡散させる発言で締めくくります。

結果、現状維持に陥ります。

↑ 結構この事に気づいていない人が多いんですよ。
彼らの意見を通すと必ずと言っていいほどこの結論に陥ります。
まぁ、本人たちに聞いても否定されるでしょうが。

彼らは未成年を罰するという事に抵抗があるというより、”個人が権力によって罰せられる”事に酷くアレルギーを
感じている、そんな印象を強く受けます。
勿論未成年加害者を案ずる持ちも無いわけではないでしょうが、殆どイデオロギーからの行動が本音でしょうね。

何が言いたいのかと言いますと、彼らに未成年加害者の凶悪さや、被害者の悲惨さ、法改正云々を語っても
あまり意味がないと言うことです。
何度も議論されてきた方々は、もうお気付きかもしれません。
そんなことを何度真摯に訴えようが、馬耳東風なんですね。
擁護派は何でこんな事が理解できないんだ?と首を傾げていた方々が多いでしょう。

50 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:02:58 0
未成年犯罪者の気持ち、私には分かるような気がします。
ただ、もちろん全ての件に関して、と言うわけではありません。
私は現在、成人している学生の身です。時代が変われば、子供達の気持ちも変わりますから、私の年代とは、違うのかもしれません。
ですが、私は小学校時代。俗に言う小学校上級生の間に虐待を受けていたと感じる時期があったのです。
それゆえに、犯罪に走ってしまう、子供の気持ちが・・・正確には気持ちではないのかもしれ
ません。走ってしまった理由が分かる・・・これも言葉として適切とは思えません。言葉にするのは難しいですね。私が20数年生きてきた中での経験を元に、なんとなく感じとってしまったこと。と言う感じです。

どんなことがあったかって言うと、ある日、あの時、あの場所でーーー私の家族に不幸なことが起こったんですね、これが。(途中は省きます。身内の恥をさらすようで嫌なので)
結果、どうなったと言うと、父親は外に愛人を作り、週に2〜3回は家を留守に、母親はその怒りを私にぶつけるようになりました。父親には腕力ではかなわなかったらしいのでね。
色々あって、塾にもいかされていました。
さて、どうですかね? 小学校高学年の多感な時期、ほとんど毎日塾にいかされながら、家に帰っては暴行を受け、両親におまえの父・母とは暮らしていけない。離婚する。と愚痴をこぼされて生きていました。
リストカット。あれも、やろうと何遍も手首にカッターを当てました。まぁ、幸いにして臆病者だったので、切れませんでしたが。
塾にいかされながら、と書きましたが、これも嫌だ!と言う度に殴られるので、御話しになりません。
いつしか、私立の中学校にいくのが当たり前だと思ってました。
ですが・・・なんなんでしょうね。六年生のある日、両親が正気に戻ったのか・・・
私に悪いと思ったのか・・・
何があったのかは分かりません。ただ、とにかく二人に心境の変化があったのは確かなんです。
私はその日、いつものように塾にはいきたくない!私立の中学にはいきたくない!と親に泣きながら反発しました。

51 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:20:11 O
犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●

52 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:23:39 0
18 名前: 垣東孝一妹編@ 2005/09/09(金) 01:15:13

803 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:51:49
俺が一番呆れたのは、こいつが「てめぇがこないなら妹さらうぞ」って宮野に脅された時のエピソード。
こいつ、慌ててその職場の人に訳話して早退してったんだけど、その後どうしたと思う?
妹のいる実家に戻るわけでもなければ、自分が宮野の所に行くわけでもない。
警察に通報もしなければ、妹にすら危険を伝えない。
一人閉じこもって隠れてたんだってよ。
こんな、自分の妹すら守ろうとしないカスが、彼女を救える筈もなかったんだけどさ、
それでもいっちょまえに、「彼女の惨めな姿が妹とダブってゾッとした」なんて、
二重の意味でムカつくことをのたまわってたけどな。

805 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:54:59
803いつコイツしんでくれんの?

807 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:57:55
もう当たり前になってきたけど、ヘタレだわ〜。またママの所に行けば良かったのに。
再び本人に聞いてみたいなあ。隠れててどう解決すると思ったのか?
答えて!のび太くん


808 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 22:00:09
垣東のバカはテレビだけでなく、あちこちの関連本でのインタビューにもでしゃばって答えてるから、
本人談として載ってるよ
面白い事に、その時々によって都合の悪い話は正当化されてたりするけどw

810 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 22:02:24
807 マジレスすれば、妹が生贄になることで、自分が助かることを願っていたのでは。

53 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:24:08 O
犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○

54 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:24:32 0
19 名前: 垣東孝一妹編A 2005/09/09(金) 01:18:03

815 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 22:18:13
810 ほぼ100点満点でその推理は正解だろうね。信じたくないけど状況を考えてそれが当たりだと思います。卑怯者!被害者だけじゃなく血を分けた妹まで見捨てたんだ。

830 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 22:59:15
こいつ、もしほんとに妹が拉致られてたらどうしてたんだろ、
また、逃げることになりますからとかやりべきことをやってましたとか自己弁護しながら、
親戚宅で仕事してたのかな?

834 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 23:12:58
830 マジレスすると多分、宮〇や神〇に命令されたら、妹の客を集めてたんじゃないかな。整理券を配ってたと思うよ。

837 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 23:23:26
自分も客に混ざって率先して妹レイプするんじゃない?

841 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 23:28:59
837 俺気持ち悪くてさっきそこまで書かなかったけど、命令なんてされたら確実じゃないかな。

845 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 23:44:26
841 俺も気味悪いけどそう思う。
少なくともこいつ、妹の手足抑えるぐらいは絶対やりそう。

55 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:26:56 0
20 名前: 垣東孝一、母親同伴編@ 2005/09/09(金) 01:19:17

704 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 13:40:46
垣東の母ちゃんって言えばあいつ、神作と宮野からの呼び出しに母ちゃん連れで行ったんだってなw
そんで母ちゃんの前でボコられてちゃ世話ないっていうか、普通こういう時に頼るのはその道の先輩で、
まさか自分の母ちゃん同伴したりはしないよな。

768 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 20:57:57
704 この話しは腹抱えるね。ママァ怖いよ〜殺されるよ〜。ってな感じかね。こいつの母親の気持ち伝わるよ。うっとおしい餓鬼

771 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:01:07
768 そのエピソードに補足するとね、垣東はその後一週間、眼帯が外せないくらいボコボコにやられたらしいよw

772 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:03:54
771 なんで母親の付き添いなのか?ここに居るなら聞いてみたい。
俺こいつの母親の気持ち考えると涙出る位笑えるわ〜

773 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:04:14
更にその後、道で神作と偶然会っちゃった際にも、乗ってたバイクごとボコられたってよw
それも神作は一人で、自分は友達と二人連れだったのにw

775 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:08:22
772 文字通り自分から泣きついたんだよ、一緒に行ってくれって。
親がいれば何とかなるんだろうとタカくくったんだろうけど、
ドショッパツからファミレスの中で神作の鉄拳が顔面に炸裂、テーブルの下からは宮野の足が飛んできて、
お母ちゃん、「やめて下さい!」って叫んだってよ。
んで、駐車場まで引きずっていかれてボコられたわけだけど、それでも許してもらえず、
高校やめて親戚の家に逃げたんだよ。
そこにも電話かかってきたらしいけどね。w

56 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:32:51 O
犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな●犯人名のスレタイ復活したら嬉しいな○

57 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:36:55 0
>>36
カテゴリ−は同じだけどコンクリスレ作っといたよ


忘れてはいけない女子高生コンクリ−ト詰め殺人事件

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1142753626/

58 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:37:38 0
さて、何を言いたいかと言うと、現在の日本で親と言う立場にいる(もしくはそれに相応す
る年齢)人間の精神の未熟さです。
低すぎますよ・・・はっきり言って。
読んでる方もそうは思いませんか?ここの掲示板にも書いてありますが、公式の場でそぐ
わない発言をしている人が多いですよね。
今の私が、当時、父と母の年齢だったなら、絶対にどちらの立場でも譲歩していました。
もしくは、相手を納得させることができたでしょう。まぁ、私は男ですから、女性の気持ちが
100%理解できるとは言いませんけど。
ところで、過去ひどい扱いを受けた人間が他人に関して、寛容になると言う事象を知ってい
ますか?
私もそれに漏れないようです。他の人に比べると、そうですね、古き良き日本人らしさ、で
すか?と言うよりも人間として、できて当たり前のことをやっているつもりです。
簡単な所でいうと、電車の中での席の譲り合い、とかです。
あれは・・・なんなんでしょうね。大人と呼ばれる年齢の人が、私は立ったのを見たことが
ないのですが。逆に髪を金髪に染めてる人やら、ピアス空けてるのやら、バカップルやら
が譲ってるのはよく見ます。
年齢の低い人が譲るべき、ですか?そうではありませんよね?
私は、40代だろうが、50代だろうが、譲ると思いますよ。例え、疲れてようが、腰が
痛かろうがね。なんで、どうして、こんなことができないんでしょうね?
私が見ていることで判断しているだけですから、他の大人達はそうでないのかもしれ
ませんが。
こんなことを見たり、経験したりで思うのですが、現在の大人達は他人に対する思い
やりにかけていませんか?我が子に対しても、同じではないですか?
今日は、仕事で疲れた。なんて言って、子供のことをおろそかにしていませんか?
子供の頃、生き物を飼った経験が多くの方にあると思いますが、生き物を育てるのはとても
大変です。それをちゃんと生かしていれば、子育てをおろそかにすることなどできないはず
だと思うのですが・・・。
心ない飼い主が増えた。なんて言われる昨今では、無理ないのかもしれませんね。
『そうだな、悪いことだな。じゃあ、君達が大人になった時に、偉くなってそれを直してくれ』

59 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:38:26 0
最近事件のなかみがひどすぎる、、被害者は凄く傷付けられてるのに対して
加害者はベールで包まれすぎている。アメリカでは州によって罪の年数も違
うし少年であっても懲役80年とか当たり前のようにある。そうであっても少年犯
罪は減ってはいないけど日本は甘いのが原因なのかどうかはわからないが年
々増えるし残虐なのが多くなってきている。子供達もどうせ罪にはならないしと言う
気持ちがあって軽くとって犯罪を犯すのだと思うんですよ。自分の子供を殺されて犯
人が少年なんで罪に問われない誰も納得しないできないと思う。更正更正と言うはれ
ていますがはたして人間1人の命を奪っておいて更正ってできるものなのか疑問に思
います。反省も後悔もあるとは思うでもずっと同じ心かと言えば嘘になると思う
んですよ。そう言う言葉を口に出すのは自分がかわいいからそういう言葉なり裁判
の時だけは見せる言う。生まれ変わろうとしてもまわりがそうはさせない環境にある
とも思われる気がします・そうであるのならもっと厳しい処分の方が被害者も加害
者も本当の意味で少しは気が納得いってもらえるのではないでしょうか?被害者の
家族の方は加害者が死刑になったとしても本当の意味の納得はできないと思いま
す。でも罪が重たければ心の中で納得をさせようと言い聞かせるんじゃないですか
?でも罪に問われなければ被害者家族の心の叫びをどこにぶつけるんでしょうかど
うすれば納得に近い心境になるのかないじゃないですか。。そのぶぶんをもっと深く取
り上げて改正してほしいです。そうでなければ又 被害者も少年加害者も増やしてしま
う事になる! 今ほとんどの方が少年に文句を言っては反対に殺されたり殴られたりする
から危ない  という言葉をよく耳にしますが  それも変ですよね。本当にどうなる日本で
すよ。この時代の子供が大人になった時の日本は怖い。。。と思います。今未来に向けて
改正しないといけない時だと思います。

60 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:38:51 0
垣東孝一、母親同伴編A 2005/09/09(金) 01:20:16

776 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:08:24
その眼帯だってさ、もうこれ以上イジメられない為に大袈裟につけてたんじゃないかな?
こいつ自分を守る為なら一生懸命言い訳考える奴だからな。

781 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:16:14
こういう垣東みたいなクズに限って弱い者には強くでるからな。
こいつが藤井氏の本の中で、暴力やリンチに意味はない、ただむしゃくしゃするからヤるだけ、
みたいにカッコつけてたのにはマジ笑った。小学生でも苛めてたのかな??w

783 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:19:09
なんで母親の付き添いなのか?本人に聞いてみたいなあ。
ままぁ、ままぁ、みんなが孝ちゃんのことイジメるの・・。
アフォーな奴

791 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:36:35
本当にこの親子のエピソードは笑えるわ〜
まあ親戚一同の面汚しなんだな
母親何してんだろ

813 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 22:05:03
わかる、わかる!先輩に呼ばれて母親同伴なんてする奴は、どんな事も恥ずかしいとは思わないだろな。
呼んだ方だって笑っちまうわ。

814 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 22:08:17
助けてママ〜

61 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:38:57 0
人間の手になるもの、あるいは人間がゆがめてしまったものには、言うまでもなく
作為・不作為を問わず常に誤りや不完全さを伴います。本当に誠実な人は、そのこ
とを先ず認め、そして必要な範囲の現実全体を直視する過程で確認されあるいは
予想される諸々の問題を解決しようとします。いかなる分野・立場の人であろうと、そ
の姿勢を欠くことじたい既に、考えるための基本的な資格を失っています。これはき
わめて大事なことです。

人間は、言葉の生き物です。それは、法律家など専門家といわれる人々にしても全
く同じです。そして自分自身で、また他者とともに人間全体の関心対象について考え
るための基本の言葉はあくまで、万人に通用する普通の言葉です。専門家といわれ
る人々が使う専門用語と呼ばれる特殊な言葉は、対象をより厳密に深く追求する場合
に限って有用です。その分を超えると、専門用語はむしろ危険性を生じます。普通の言

葉の定義では対応できない場合にのみ、専門用語の定義が必要なのです。専門用語や
自分たちだけに通用する虚構の論理を、人々を煙に巻き、自らをも欺くために使うことは
、傲慢さと愚かさの為せる業です。まして、そういった職業的利害や面子、付き合いなどを
、人の命や愛、正義、財産などゆるがせにできないことより優先させるようなことは、むしろ
邪悪さから来ると言ってもよいほどの許されない業です。真に専門家と呼ばれるに値する
人なら、そのことを常に深く意識しているはずです。このこともきわめて大事なことです。

さて、少年犯罪に拘わらず、現実の犯罪の細かな態様は、千差万別という表現をも超え
るほどです。被害者と加害者、訴える側と訴えられる側という一つひとつの構図の裏には
、愛と憎しみ、血と涙、悲しみや苦しみ、身勝手な論理や残忍さやゆがんだ喜びや狂気(未
熟さとの区別は不可能)などの複雑な要因が関わり、最終的には、必ずしも単純ではない
善と悪との闘いという問題に戻っていきます。犯罪に関わる処罰と償いと更生の問題には、
一律的外形要因のみによるのではなく、容易に見えるとは限らない、隠れた要因にまで可
能な限り踏み込んで当たらなければなりません。そして、その解決は、被害側の救済と加
害側の処罰と償いと更生が、“正義の天秤”上で釣合いを保たない限り

62 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:39:28 0
ところで、“行為と罪と罰”、またそれらの関係とは何でしょうか?ある行為は罪と
みなされ、別の行為は罪とみなされないのは、なぜでしょうか?人間は、顕在意識
と潜在意識という二つの意識領域を持っています。そして、それらの領域は、知情意
などの働きを司ります。これらの働きが人間の行為を生み出します。数え切れない人間
の行為のなかには、直接・間接に他者の心と身体または財産を損傷し、あるいは命を
奪う効果を持つものもあります。ある行為が実際にそれらの結果を生んだ場合、行為者
の意識のありようによって罪の程度が分かれます:1.そのような結果に至らしめる明確な
目的意識をもって、為された場合―故意犯。犯行に至るまでの準備や犯行の経過から
みて、その間に明確な目的意識は見出されないにも拘わらず、望ましくない結果を避け
ようとする当然の努力も見出されない場合―未必の故意犯。行為経過において、いかな
る目的意識も見出されないが、もし行為者が、自らの立場と善良さと責任に基づく可能な
限りの注意を払っていたなら、望ましくない結果を避けることができたであろうと推測され
る場合―過失犯。行為経過において、社会通念上も実際の精査に基づく判断によっても、
不可抗力としかみなされない場合―原則無罪。(このような場合でも、遺族は行為者に対
して恨みを抱くのは無理からぬことであり、旧約聖書において、そのようなときのために神
は“逃れの町”を設けられたとある)

ところで人間の行動を司るのは、狭い顕在意識領域より、むしろ遥かに広大な潜在意識
領域であり、両者の間には明確な境界が無いのですから、本来は双方の領域における意
思によって罪が問われなければなりません。そうでなければ、催眠術犯罪という特殊なケ
ースを含め、悪の巧妙さと多様性には充分に対抗できません。それにも拘わらず、精神、
特に潜在領域については、人間は一般に認められた知識をいまだ殆ど持たないので、結
果とともに自律的な意思能力や証明を重視する近代法では、心身喪失者や心神耗弱者、
一定年齢以下の犯行者などを罪に問えないとするわけです。

63 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:39:58 0
その措置が正しいかどうかはここでは別として、罪と罰の関係を考えるために、
盗みや略奪という罪を取り上げます。正当な理由無く何かを奪われた者は、まさ
に奪われたのと同じもの、または同等の価値のものを返すように相手に要求する
でしょう。そして、奪った者がその要求に応じることはまずありえないので、奪われ
た側は実力に訴えることでしょう。

ところが、掛け替えのない命の愛を奪われるということが起きた場合の被害者側の
救済は、その命の愛を元どおり返すこと以外にはありえません。しかし、人間にはそ
の力はないので、遺族にとっては同等ではなくても、人間全体としては同等の価値を

持つとみなされるもの、すなわち罪を犯した者自身の命でその罪を償うことになります。
現に、加害者が、殺人という罪の深さを真に自ら認めた場合、せめて私の命をもって償わ
せてください、ということもまれには起きえたわけです。この考えには、法解釈における、い
わゆる勿論解釈(小さな場合において当然なら、大きい場合はそれにもまして当然とする
解釈)からも理があります。それにも拘わらず、命の代わりに金銭価値による賠償が行なわ
れることがあるのは、罪を犯した者が自分の命を金銭で贖っていると考えるのが正当だと思
います。

ここで注意しなければならないのは、不当に命を奪った者の命の重みじたいは、そ
の時点で軽くなっているという点です。なぜなら、自分と同等であるはずの他者
の命を軽んじたことで、自らの命をも同時に軽んじたからです。それが自らの命に
よる償いの際の“せめて”の意味の一つです。また、それを拒否したなら、自らの命
については、かけがえのないものだと思っていることになります。ならば、もし金銭でそ
れを贖おうとするなら、地球をも買えるほどの額を提示するのが当然だということにな
らないでしょうか?この部分の賠償は厳密に言えば、むしろ刑事罰的な性格を持ってい
ると言えます。一方、民事罰としての賠償は、被害者が生きていれば得ることができたで
あろう逸失利益に相当するはずです。とにかく、殺された者の命の愛自体が金銭価値に
換算されることなどありえません。

64 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:40:29 0
この部分の賠償は厳密に言えば、むしろ刑事罰的な性格を持っていると言えます。
一方、民事罰としての賠償は、被害者が生きていれば得ることができたであろう逸失利
益に相当するはずです。とにかく、殺された者の命の愛自体が金銭価値に換算されるこ
となどありえません。


そして、被害者と加害者が国家等の同じ集団に属する場合は、集団全体の秩序を維
持するという集団の関心事に従って、罪を犯さなかった者との差別化及び本人と社会
全体に対する犯罪抑止効果を目的として、罪の程度に応じた制裁を行なうでしょう。刑
事裁判を通して決められる刑罰というのは、そのような理由によるべきものです。近代
においては、その後でその者が生きているときは、本人の更生を万全のものとするため
に、社会による矯正教育(懲役などの刑と平行して行なわれるほうが効果的)が施される
かもしれません。

しかし、司法という国家権力が、罪を犯した者に対して刑罰を科さず、罪を犯した者と犯

さなかった者との差別化を行なわないということが、法治国家として許されてよいでしょう
か?命の愛に限って言えば、明らかに国家の求める命の刑は、被害者側の求める命の
償いの代わりとなる措置としての性格をも有します。なぜなら、被害者側は、事実関係
の誤りがない限り当然に持つ返済請求権を奪われているからです。
いずれにせよ国家には、正義の天秤皿二つの上に正義の手によって、ケースに応
じた処罰と償いと更生を、被害者側の救済と均衡を保つように厳正に決める責務が
生じたわけです。法律家の事務所等にはよく、天秤をかかげる象徴としての正義の女
神像が飾られていますが、法律に携わるすべての人々は、その像を単なる飾りに終わ
らせるのではなく、それが持つ意味を改めて熟考するべきです。正義の女神は、自分自
身着飾ることもなく、個々の事件とそれに関わるすべての人々をいつも見つめています。
その像は、世と人のすべてのゆがみに憂いの表情を浮かべ、その目はすべての痛みに
涙を、無残に殺された人々には血の涙を流してはいないでしょうか?天秤はデジタル秤
のように一瞬にしては値を指し示しません。それは、外形的要因に惑わされることなく、
血の涙の溢れる目と正義の手の先で暫し揺れ続けた後、ピタリと止まるのです。

65 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:40:53 O
>>57 ありがとう。みんなで書き込もう!

66 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:43:24 0
埋めてる人へ
こっちも埋めてくれない?

▲旭川女子中学生校内集団レイプ事件▼
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1142743717/

コンクリに負けず劣らずの中傷スレだから。

67 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:43:58 0
22 名前: 垣東孝一、親戚編@ 2005/09/09(金) 01:21:18

687 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 10:11:25
682 そうだった、三月の末だった、スマソ。
けどさ、今確認してたんだけどさ、
「17歳の殺人者 藤井 誠二 (著) ワニブックス 」の230Pにさ、

「とにかく、被害者の方に対して申し訳ないという。
自分を責めても責め足りない。
自分もこの目で(被害者を)見ていますから……。
仕事もあまり手につきませんでしたが、だからといってなにもしないわけにはいかないですから、
それはまた逃げることになりますから、
いま自分がやらなきゃいけないことをとにかくやっていました。
警察が来たのは、事件をニュースで知ってから二週間くらいあとです。
職場に来ました。」

…なんていう、胸糞悪い自己弁護はほんとに載ってるんだよ。

694 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 10:35:14
687の正しい本音は↓だ。

「とにかく、なんで宮野くんや小倉くんなんかと関わっちゃったのかという。
自分を責めても責め足りない。
自分もこの手で(被害者を)姦っていますから……。
仕事もあまり手につきませんでしたが、だからといってなにもしないわけにはいかないですから、
それだと余計に怪しいと勘ぐられちゃう恐れがありますから、
「逮捕されませんように!」と、毎日とにかく祈っていました。
警察が来たのは、事件をニュースで知ってから二週間くらいあとです。
職場に来ました。」

695 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 10:42:08
正直にそう言えばいいんだよ。小物のくせに大物ぶりやがって。

68 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:44:35 0
本スレが荒らされている時はこちらへ
       
         ↓
忘れてはいけない女子高生コンクリ−ト詰め殺人事件

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1142753626/


69 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:45:11 0
少年問題に関する本も書いているらしい、ある女性弁護士が、「子どもの視点から少
年法を考える情報センター」というHPのなかで、一応は尤もな大人社会のゆがみの
一部を簡単に挙げた後、少年の犯罪は大人の犯罪と違って、常にこのゆがみからくる
病の結果だ “と思えてならないのです”と述べています。そして、あたかもそれが実証
済みの事実であるかのように、さりげなく“病には処罰ではなく治療が必要です”という
展開に結びつけます。そして、“罪の深さを知り、悔悟の念を持ち、被害者に心の底か
ら謝罪して、再犯に陥らないことを決意するという意味での責任は、何としてもとってもら
わなければならないと思います”とした後、刑罰が科されない(当人は“課されない”と書い
ている。罰を課するという言い方なら、庭掃除くらいの罰もあるからニュアンスとして大きな
違和感もないが、いやしくも法律家が、刑罰を課するというのは、当人の少年犯罪を含
めた刑罰全般に対する姿勢の表れかもしれない)のはおかしいという声に対するわか
りやすい反対根拠として、“もし大人と同じ形で責任をとれというのであれば、大人と同じ
だけの社会的権利を認めなければおかしいということです。政治への参加についても、
経済活動についても、結婚や妊娠についても、大人と同様の社会人として、子どもを認
められますかと問いたいと思います。そうしたことになると、子どもにはまだまかせられ
ない、子どもはまだ未熟だと逃げ腰になるのではないでしょうか。”

これは一見尤もらしい理屈に見えます。しかし、やはりどこかおかしい。何がおかしいの
でしょうか?理由は直ぐに解ります。これは、比較的簡単な言葉のトリックなのです。
しかも、当の本人もおそらく気づいていない、法律家特有の無意識のトリックと言って
もいいと思います。

先ず、少年犯罪はすべて病だという認識については、病とは、本人の体質や生活
態度が大きく関わっているのが普通ではないかと思います。それに、いきなり理不尽
に残虐に他者を、個人あるいは集団で殺し始める病気など聞いたことがありません。
例えだけならいざ知らず、犯罪そのものは誰が行なおうと悪であり、病気ではありませ
ん。悪という名の病気はありません。

70 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:45:42 0
みなさんは、「被告人は、その刑罰に服する義務がある」という言い方に違和感を覚
えないでしょうか?そうです。罪に対する罰は義務ではないのです。まして殺人に関
する罪と罰は、既に分析したとおり逃れようのないものです。これは聖書全体の記述
とも間違いなく一致します。人間という存在の根本的あり方にも関わる問題なので、そ
の詳細を説明してもいいのですが、ここにはそういった論議に関心がない人も多いかも
しれませんし、この紙面では済まなくなるので今のところ割愛します。

殺人という罪に対する刑罰(償いを含む)に服するのは、義務によるのではありません
。それに服さないのが、義務違反でもありません。真の遵法精神を持つ人にとって殺人
の罪は、(罪刑法定主義の求めにより)法律に書かれているから悪なのでも、また罰があ
るから殺人を犯さないのでもありません。その行いが愛や良心の法、神の法に反すればこ
そ、行なわないのです。法律に違反しなければ何をやってもよいという人は、法律をも護り
ません。社会的権利にしても、参政権は歴史的にみても、その名のとおり権利でしょうが、
経済活動、まして結婚、妊娠(命を未来につなげるための行為)は、本来的に人間が持つ生
存権(権利以上のものだが、適切な用語がないため)の一種です。国家の関わる社会的権
利などではありません。それらの年齢制限は、生存権の制限というより生物学的、社会的
成長段階に基づく合理的調整と捉えるべきです。

以上のような理由で、犯罪に関わる少年本人の責任は、年齢に基づく権利義務の問
題ではありません。殺人を行なった少年は、生存権の合理的調整に関わる年齢に至
っていないため愛と良心の法を理解できないのではなく、大人同様、その法を捨てるか
忘れているのだと考えます。忘れているだけなら、思い出すこともあるでしょう。そして、真
にそれを思い出したときは、当人の心の性質に応じて、あるいは良心の炎に焼き尽くされ
、あるいは良心の命ずるところに従っていかなる非難にも耐え、以前より強い人間となって
、償いと苦しみの十字架を背負いながら一生を過ごすでしょう。

71 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:46:17 0
23 名前: 垣東孝一、親戚編A 2005/09/09(金) 01:22:33

696 :682 :2005/09/02(金) 10:49:03
687
いやいや、謝らなくていいよ。
ニュースから警察来るまで二週間はあったんだな。
ただただ我が身の無事だけを祈ってたんだろうな。

787 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:27:53
高校辞めるのはいいけど、逃げ込まれた親戚も迷惑だよ。心の中では出ていって欲しかったんだろうけど
ただ親戚だっていうだけでずうずうしい事言ってくる奴っているよなあ。

789 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:32:56
しかも、ツテで入った職場の中で逮捕されちまったんだからな。
事件をニュースで知って二週間もそこに居たと言うが、他人に迷惑をかけてはいかん、なんて事、
ものの一瞬たりとも考えなかったんだろうね。
ただただ、自分の保身を考えるのみで、、、

794 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:41:20
仕事世話してくれた人の顔に泥を塗ったんだ。でも垣東に職場を紹介するなんてちょっと迂濶だったね。

796 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:43:22
794
凄い良い人で更生したと信じたかったんじゃん?

797 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:44:21
人に迷惑かけないと生きていけないなんて ヘタレの習性なんだな

801 :少年法により名無し :2005/09/02(金) 21:51:24
俺が垣東の親戚だったら本当に死んでくれって思うだろうね。キチンとした会社なら出世コースから外されるよ。

72 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:46:20 0
一言で言えば、このような事件が起きた時、被害者と家族の苦しみと悲しみを、我が事のように感じて涙を禁じえ
ない人ばかりであれば、解決を阻む障害はありません。
何より事件そのものが起きないでしょう。最大の障害は、見かけはどうであれ内心では、被害者側への共感に立っ
た問題解決への自分自身の関わりを痛感していない人々があまりに多いということだと思います。

このような世の中になった最も大きな要因は、家庭を始めとする大人社会が全体として、子どもたちにある
べき模範を示してこなかったことにあります。人間にとって本当に大切なものは何か?命と愛。愛と命。
命を愛し慈しみ、共感によって一つの命が他の命と結びつき、人間の命全体が大きな一つの命となる。
そのような命の一つとして、自己と他者の命を愛し守り、時には、そのために自分の命をも顧みず、
愛する者の命を通して生きる。それが人間の人間たるゆえんなのだと思います。人間として本当に大切なものを
大人自身が理解し、子どもに自らの生き方とことばを通して教えることが必要なのです。人間としての
基礎を学んだ子どもは、自ら判断する力や責任感などを身につけています。もし、僅かでも命としての愛を
持っている人は、人を殺すことのいけない理由が解らないなどという邪悪な問いは発しません。人間としての
基礎を学んだ子どもは、勉学の必要なことも自覚し、ちゃんとした目的をもって努力することでしょう。その結果、
個人差があったとしても、本当に力を尽くした結果なら、みんなが等しく親と国の宝でしょう。本来の人間は、
自己と他者全体にとって価値ある何かを生み出す力を、少なくとも一つは持っていますから、花を育てるように、
それぞれの性質に応じて忍耐をもって育てるなら、いつか立派に咲き誇ることでしょう。あるべき社会とは、
各自がそれぞれの天分と役割に応じて力を尽くし、尊重しあいながら、一つの身体のように存在する形だと思います。
そうでない社会は、ゆがみと矛盾を増大させ、何時の日にか終焉を迎えることになります
「善と共感に基づいて」に続いて
すべての犯罪と無縁の社会、ましてこれからの日本と世界を担わなければならない少年たちが、犯罪に関わることのない
社会を作るために、事態はもはや一刻の猶予も許されない状況に至っています。

73 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:46:58 0
 よく「人権派」という言葉が登場していますが、人権とはそもそも何なのでしょう
か?憲法で保障されているとか、普遍的なモノであらゆる人に生まれながらに備わっ
ている、とかいわれていますが、本当にそういう理解でいいのでしょうか?
 人権を語るとき、よく『自然権』という言葉がでてきます。
 天賦人権論という言い方もあります。人権は、人間に生まれたときから自然に
備わっているモノだ、という考え方で、アメリカの独立宣言やフランス人権宣言
なんかで明確に述べられています。日本国憲法も、「国民固有の権利」「永久不可侵
の権利」という表現で、この考え方を踏襲しています(と私は思います)。
 しかし、もともと自然権にせよ何にせよ、権利というものは、最初からそのような
抽象的な理論としてうまれたものではありません。人権の考え方は、ヨーロッパに
おいて、特に国王や皇帝、あるいはローマ教皇といった「公権力」にたいして、
相対的に弱者となった地方領主、自治都市、ギルドといった封建的な勢力が、
自分達の私権を守るために作り出した思想だったのではなかったでしょうか?
時代の変化とともに、人権思想の担い手は、封建領主やギルドから、ブルジョワジー
に変わって行きましたが、人権が、公権力に対して「弱者」である人々が、自分たち
の利益を守るための、有用な道具である、という点は変わらなかったのです。
そして、公権力の側がキリスト教や、「民族の伝統」といった普遍的な価値を
後ろ盾にしていたので、それに対抗するために、人権もまた、単なる慣習とか
法律でなく、普遍的なモノなのだと主張されたのです。
 人権は、決して、宇宙を支配する物理学の法則のように、具体的な人間を
離れて超然と存在しているわけではないのです。
 人権は、その普遍性・不可侵性もふくめて、人間が作り出した「道具」
にすぎません。素晴らしい道具ですし、その価値や重要性をいささかも
否定するつもりはありません。しかし、道具は道具です。
 道具は、よい使い方をしなければ凶器になります。
 では、人権という道具の正しい使い方は何なのか?
 人権がヨーロッパの歴史の中で、公権力に対して弱者となった人々が
自分達の利益を守るために利用され、発展したものであることを考えれば

74 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:47:29 0
やはり人権は「弱者」のために用いるべき道具だと思います。
 18世紀から19世紀にかけて、弱者として権力とたたかったブルジョワジー
は、産業革命・市民革命とともに地位を向上させ、今度は自分達が、新たな強者とし
て弱者を抑圧しました。今度の弱者は、劣悪な労働条件で酷使される労働者でした。
労働者達が、法律で労働時間や最低賃金などを保障するように政府や議会に
要求したとき、彼らの前に立ちはだかったのが「経営の自由」「契約の自由」という
人権でした。
 企業を経営するブルジョワジーは「経営者と労働者がどのような雇用契約を
むすぶかは、経営者と労働者の自由な話し合いによってきめるべきで、
公権力は干渉するべきでない」と主張したのです。
 これを屁理屈と断ずることはできません。実際に、ヨーロッパでは市民革命以前
封建的なギルドの規制や国王と結んだ特権商人によって、経営者たちは自由に
人を雇うことが出来ずに苦しめられたのです。
 彼らの言う「経営の自由」「契約の自由」という人権の主張は、20世紀の
初めまである程度の説得力をもっていたのです。
 しかし、資本と労働手段をもつブルジョワジーと、自分の能力以外に持たない
労働者とが、自由で公正な話し合いを持つことが出来るでし?うか。明らかに
ブルジョワジーのいう「経営の自由」「契約の自由」は、労働者という弱者を
犠牲にすることによって全うされるものになっていたのです。
 弱者を犠牲にしなければ守られない人権とは一体何なのか?
 労働者のもっと切実な、最低限人間らしく生きる権利は、どうなるのか?
 長くきびしい道のりの末に、労働者の権利は、保障されるようになりました。
 その結果、逆に経営者の権利は大幅に制限されることになりました。
それでも、それが受け容れられたのは、人権は弱者のためにこそある、という
暗黙の了解があったからではないでしょうか?
 弱者には人権以外に自分を守るモノがないのです。力を保つ者は、その力で
自分を守れます。ならば、人権は、弱者のために優先的に使うべきものなのです。

75 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:47:59 0
 そして、少年の事件・・・
 私は、同じように考えます。弱者を犠牲にすることで守られる人権とは何なのか、
と。
 判断力が乏しく、大人の無責任な言動に傷つき、警察のきびしい取り調べに
さらされる少年たちは、弱者なのでしょう。しかし、彼らが犯したかもしれない
犯罪の犠牲者とその家族よりも弱者だと言えるのでしょうか。
 あるいは、犠牲者・家族は、強者だとでも言えるのでしょうか。
 裁判あるいは少年審判で有罪と決まるまでは、「加害者」でないから保護されるべ
きというのも正論でしょう。しかし、その裁判・少年審判のあり方そのものが
犠牲者・家族という弱者の「真実を知りたい」という人権の犠牲のうえに成り立って
いるのではなでしょうか。
 犯罪が起きたとき、一番の弱者は被害者とその家族であることは言うまでもありま
せん。その弱者を犠牲にしなければ守られない人権があるのなら、その人権は
制限されるべきです。「弱者」と呼ばれる少年の被疑者には、弁護士がつき、少年法
でまもられます。被害者・家族には弁護士もなく、名前や顔を伏せてくれる法律もな
く、立ち直るための支援もありません。どちらが弱者ですか。
 人権は弱者のためにこそあるのです。弱者が人権のためにいるのではありません。
 憲法に書かれているからとか、人権は絶対的なものだから、とか言って
人権のために弱者を苦しめるのは、あまりに教条的な態度でしょう。
 最後に、・・・
 どなたかが、「人権をきちんと保障するためにはある程度犯罪が増えるのは仕方が
ない」というようなニュアンスのことを書かれていました。(間違っていたらすみま
せん)
 私は、そのような考えには疑問を感じます。
 犯罪が増加し、治安が悪化すれば、「安全に生活する」という最低限の権利は
どうなるのでしょうか。私達には、健康で文化的な最多限度の生活をする権利がある
と、日本国憲法にもあります。犯罪におびえ、犯罪によって命や財産を破壊される
危険と隣り合わせの生活は、健康で文化的な最低限度の生活といえるのでしょうか?
そして、そんな治安の悪化した社会では、高額なセキュリティシステムをつけた家に
住み、自費でガードマンを雇い、財産を銀行の貸金庫に預けるような人たちが、

76 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:50:29 0
カキ東 

「とにかく、なんで宮野くんや小倉くんなんかと関わっちゃったのかという。
自分を責めても責め足りない。
自分もこの手で(被害者を)姦っていますから……。
仕事もあまり手につきませんでしたが、だからといってなにもしないわけにはいかないですから、
それだと余計に怪しいと勘ぐられちゃう恐れがありますから、
「逮捕されませんように!」と、毎日とにかく祈っていました。
警察が来たのは、事件をニュースで知ってから二週間くらいあとです。
職場に来ました。」

〜アホかお前は!「事件をニュースで知ってから・・」だと?
 知ってからも何も、お前も積極的に参加してんじゃねえか、
 この変態強姦殺人犯!!!!!!!!!!


                    早く氏ねよ。うっとおしい 

77 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:58:14 0
1989年、一人の少女が41日間に渡り拉致、監禁、強姦、拷問、殺害され、
その遺体がコンクリート詰めになって発見される凶悪事件がありました。
2006年現在、主犯をのぞき全員出所してます。

自分の大切な人が同じ目に遭遇したらどうしますか?
それを考えながら少年法を見直すメールです。
犯人と事件の詳細
http://www.geocities.jp/zenbo2005/
これを許せない人は URLを貼って、知人・友人にメール転送して下さい。

78 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 16:59:59 0
この間新聞とテレビで栃木リンチ殺人事件の主犯格の男の控訴審が無期懲役に
なりましたがまた再控訴するのではと思います。あくまでも自分は主犯格ではないと
主張してますがそんなことは通る話ではありません。あまりに軽すぎます殺人事件の
立件だけですね。はっきり言って被害者から多額のお金を取っているのだから窃盗罪
もどうしてつかなかったのか納得いきません。検察側がどうして求刑を死刑にしなかっ
たのかそれから残りの3人のうちの1人は確か少年院送りになりましたが大人と同様
な刑にしてもらいたかったです。すでに1人は無期懲役そしてもう1人は5年〜10年以
下ですが須藤さんのお父様が極刑にしてほしいという気持ちには変わりはおっしゃりま
したが自分もなぜ全員死刑にしなかったのか疑問に残ります。やはり少年法の壁が
あったからでしょうか?少年法で片付けてほしくないです。もう少年法を廃止すべきで
はないかと思います。これが海外だったらこの男は死刑は間違いありません。
もし再控訴するようでしたら今度は死刑を下してほしいですね。小学生でも犯罪に走る
時代になりました。去年少年法を改正したからそれで終りと考えないで再度廃止を検
討してもらいです。それと裁判所に陪審員制度を設けてもらいたいのと無期懲役と死刑
の差があまりにありすぎます。だから終身刑制度を再度検討してもらいたいですね。そ
れから去年バスジャック犯と愛知主婦殺人事件の犯人は医療少年院送致ですが精神
鑑定にそった形になってしまいました。検察側は刑事処分相当の意見をつけても精神
鑑定がつよいのですね。5年以上収容するとなってましたが真面目に勤めていたら5年
以下で出所するのではないかと思います。そして何食わぬ顔で生活しているそう思うと
刑事処分を受けて罪をきちんと償ってもらいたいという気持ちでいっぱいです。もっと被
害者の立場に立って判決を出してほしいです。このままじゃ犯罪大国日本のレッテル
をはられてしまいそうです。

79 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:00:30 0
 厳罰化しても、犯罪の抑止力にならない、という意見がありますが、僕はそうは思
いません。
 そもそも、法律は、”ものを盗んではいけない”、”人を殺してはいけない”な
ど、世間の常識や社会のシステムを示すもので、犯罪においても、罪を犯せばこれだ
け刑に処すと、示めしたものです。所詮、紙切れ一枚で、破ろうと思えば、誰でも破
ることができ、犯罪の抑制が本来の目的ではありません。
 犯罪の抑制には、教育が重要です。つまり、教育によって、どれだけ分別のある人
間を育てられるか、それによって犯罪が減少する。反対派の人たちの意見は、こうい
う具合ではないかと感じました。しかし、それだけ十分でしょうか?
 例えば、”泥棒をしても、日本の法律は甘くて大した刑はならないが、泥棒は悪い
ことなのでやっていけない”などという理屈が成立するでしょうか? 
 正しい教育をするためには、正しい法律が必要不可欠です。どんなに立派な教育を
しても、その裏づけとなる正当な法律がなければ意味がない。逆に、どんなに立派な
法律を作っても、それを教える人間がいなければ役に立たない。
 つまり、正しい法律を、正しく伝えてこそ、犯罪を減らすことができるのだと思い
ます。
 だから、”厳罰化は、犯罪の抑止力にならない”という意見も、ある意味では正し
い。どんなに立派な法律があっても、それだけでは犯罪の抑止力にはならない。
 しかし、彼らの主張が正しいとは思えません。厳罰化反対者たちは、教育の力だけ
で犯罪の抑止しようと考えているように感じます。しかし、正当な法律なくして、教
育は成り立ちません。そして、こういう甘い考え方ができるのは、犯罪被害を経験し
たことがないからだと思います。
 逆に、被害者のみなさんが厳罰化を望むことを、反対派の人たちは、”法律さえ厳
しくすれば、犯罪はなくなる”という主張だと、間違って解釈しているのではないで
しょうか?
 この辺りが、意見が食い違う原因ではないかと思います。
 罪に対して、不当に重い、あるいは不当に軽い刑罰を科すことが間違いなのであっ
て、重い罪に対して、重い刑罰を科すことは必然です。そして、現在の日本の法律は
少年法を含めて、明らかに甘いものが存在する以上、適当な刑罰まで厳しくすべきだ
と思います。

80 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:01:08 0
 私は88年から10年ほどテキサスで過ごしましたが、少年犯罪の激増により厳罰
化に移行する時期を目の当たりにしてきました。
 確かに、数だけの比較をすれば「微増」といえるのでしょう。しかし、アメリカは
広いのです、州が違えば人種構成も違うし、宗教や文化でも「異国」といえるくらい
差のある国なのです。ホームレスが野垂れ死んでいても放っておかれるスラムもあれ
ば、植木鉢が盗まれたくらいで新聞に載ってしまう片田舎もあります。総体数を見て
「増減」を云々するのは、いささか早計に思えます。
 これらのデータを州ごとに見ると、カリフォルニア、テキサス、ニューメキシコ、
フロリダは厳罰化のプロセスを経ても、いっこうに犯罪は減ってません。人口が多い
から? と思いきや、シカゴやニューヨークでは劇的に減ってるのです! 更正プロ
グラムや住民ボランティアの功績も大きいでしょうが、私個人は「移民」の存在が最
大要因と感じました。カリフォルニアやテキサスは、一時期ほどではないですがヒス
パニックの流入が続き、彼らが人口増加率を上げてるのが現状です。だから厳罰化の
効果を見極めようにも「総体数」では意味ないのです、人口100人あたりで見れば確実に減ってはいます。
刑期の長期化は、獄死やリンチの多発といった新たな不条理も生み出しましたが・・・
もちろん「罰則化だけでは意味がない」と大半のアメリカ人も感じていて、ヒスパ
ニックへの語学教育や職業訓練にも力を入れての結果です。
 だから「アメリカを見れば、厳罰化に効果がないのは明らか」などと言ってのける
人権派には、鼻白む思いがしますね。数年前まで被害者やその遺族との対面を頭から
拒否しておいて、今頃になって「リストラティブ・ジャスティスを知ってますか?」だもの・・・
自分達の主張を通すためなら朝令暮改はおろか、手段を選ばない彼らの本質が見事に
出てるなあと感じました。
 もう、いい加減「厳罰化で犯罪が減りますか?」だの「重刑で遺族が癒されますか?」
などという、すり替えた問いかけはやめてもらいたい! 
「腹一杯食べたんだから、あと一週間メシ抜きでもいいでしょ?」と言われて、うなずく
バカがどこにいる? 普通に食うことが始まりなわけで、それだけで充足に足りるは
ずがないだろう。・・・

81 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:01:43 0
バトルロワイアルという映画がありますね。暴力映画だ!少年犯罪を助長する!自民党の
議員が騒ぎました。R-15指定になりましたね。このHPにも反対者がおられます。
僕も「こんな時期にこんな映画なんかつくるなよ!」と思っていました。
でも見に行きました。映画好きということもありまして、興味があったので。すると
・・・。感動しました。はっきりいって。
(ちょっとあらすじ)
ごく、近未来の日本。失業者は1000万人を超え、不登校児は80万人を超える。家庭崩壊、
学校崩壊がすすみ、少年犯罪の嵐が吹き荒れる。子供を恐れた大人たちは国会である法案を
可決する。 新世紀教育基本法(通称B,R法=バトル・ロワイアル法)である。
これは、全国の中学校からランダムに一クラスだけ選び、最後のひとりになるまで「殺し合い」
をさせようという法律である。 そして、修学旅行を楽しんでいたあるクラスが不運にもB.R法の
対象クラスに選ばれた。そして・・・・。
なんか・・。少年法改正と似ていますね。これほど過激な法律ができるとは思いませんが。
さて、映画のなかでは残酷なシーン、暴力シーンがこれでもかというようにでてきます。
バタバタと中学生が死んでいきます。
でも、あまり現実感はありませんでした。なんせ、ほとんどが銃器による殺し合いですから。マシンガン
でクラスメートを撃ち殺すシーンを、「子供が真似をする!」といわれてもなあ・・。マシンガン
なんてどうすれば手にはいるのかな?いまの日本ならムリですね。
さて、大事なのはこれは「大人が子供たちに殺し合いを強制している」映画だと言うことです。
子供たちは好きで殺し合いをしているのではありません。(一人だけ、殺しがすきなバケモノが
いましたが)3日以内に優勝(他の全員を殺す)しないと首輪が爆発して全員死亡し
てしまうのです。
ゲーム(映画ではそう呼ばれています)の場所は無人島で、銃を持った自衛隊の部隊に監視され
逃げ出すこともできません。
映画のなかでも、少年の一人が「なぜこんなことをするんだ!」と叫ぶとビートたけ
しが扮する進行役の
教師が「おまえらのせいだよ!」と答えています。つまり、少年犯罪に対する大人たちの報復という
テーマがこの映画の大前提にあるのです。ご存知でしたか?放映反対のみなさん。

82 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:02:13 0
毎週、人が死んでます(笑)。アニメで。しかも謎解きがメインだから人殺しの理由
がおざなりです。人を殺すということは大変なことでしょう。人を殺さなければならないほどの憎しみ、悲しみ
があるはずです。(もちろん、快楽や金が目的で人を殺す悪魔もいることはわかっています。そういう少年たちにはさっさ
とこの世から消えてもらうべきでしょう。)そういうことを深く考えない。これは危ないと思います。
たまには、冷静になって自分と反対の意見も考えて見ましょう。けんかせずに
(笑)。また、他人の意見を鵜呑み
にするということも気をつけましょう。映画を見もせずにバトル・ロワイアルを反対
している人はビデオがレンタル
されたら一人でみてみたらいかがでしょう?
ほんと、世の中ひとつの考え(一方だけの情報)だけではわからないものですね。1
・15のある番組でもそう思いました。
例のショートコント・加藤の乱での松波議員の水撒き事件です。松波議員が野党のや
じに怒ってコップの水を
野党議員にぶち撒いた事件です。最初、おとなげないこんな男がなんで国会議員なん
だ?こんなおとながいるから・・・。
と思っていましたが、そのやじの内容は・・・。下品で恐縮ですが・・・、「扇党首
と何発やったんだ!」「やってる、やってる」
だったそうです。VTRの音声解析でも聞こえています。そりゃ怒るよなぁ・・・。や
じったとされる若手議員はわけの
わからない言い訳してるし・・・。世の中、一方の考え(情報も)だけではわかりま
せんね。まったく・・・・・・。

83 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:02:44 0
私自身高校生で、少年からの観点で少年犯罪について述べさせてもらいます
まず、一番最初に問題にすべきなのはなぜ少年犯罪が起きるか
「キレる17歳」などと言う言葉が出回っていますが
キレ「させた」のは、何歳でしょうか
大体、30代後半〜50代ぐらいだと思います
まず第一に、親が親としての教育をしていない
教育とは学校に行かせることではないのです
かといって、学校に行くなと言うわけじゃないです
親や教師が子供に、現実性ある論理的な勉強を施すのが教育です「現実性ある」と言った理由は
大抵の親が、現実性無い、受験用の勉強をしていると言うことです
受験用の勉強が出来る者を、社会が求めていると思いますか?
次に「論理的な」と言った理由は大抵の親、そして教師は
理由無しに「それはそれ、これはこれ」と言った風に考えを埋め込む形だからです
子供は納得しないし、それに対して疑問、嫌悪感を感じるのもムリないですなぜなら、理由がないからです
この「現実性」「論理的」、これが親、または教師などの教育者が
果たしてない、あるいは勘違いしているせいで、子供にはストレスがたまっているのです
私自身、リアルタイムでそう感じているのです
また「子供だから」と言うセリフを、子供は一番嫌がります
それは、逃げであり、自分が子供レベルまで落ちることを避けているからです
もし、そのセリフで喜ぶ子供がいるのなら、子供と言う立場にすがっているだけです
また「誉める」「同情する」と言う行為も
自分が上に立ち、子供を自分より下の位置に置く行為なのです
もちろん、全ての行為がそうだとは言いません
しかし、たとえ悪意無いとしても、そうゆう副作用があるのは覚えておいて欲しいです
まず、これがキレさせる原因の一つです次は社会です
形成されてから時間が経ち、複雑、巨大な社会になった現在の社会は
一言でどうゆう物か説明することが出来ません
それが問題なのです先ほども申した通り子供は理由が無い物は嫌いなのです
「社会で生きていけないぞ」とか、そうゆうセリフには拒否反応を示します
全員がそうとは言いませんが、疑問を持たない方がおかしいです
社会とは誰が、あるいはどういった団体が、何のために作ったのか
説明できますか?

84 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:04:10 0
カキ東 

「とにかく、なんで宮野くんや小倉くんなんかと関わっちゃったのかという。
自分を責めても責め足りない。
自分もこの手で(被害者を)姦っていますから……。
仕事もあまり手につきませんでしたが、だからといってなにもしないわけにはいかないですから、
 
「逮捕されませんように!」と、毎日とにかく祈っていました。
警察が来たのは、事件をニュースで知ってから二週間くらいあとです。
職場に来ました。」

〜アホかお前は!「事件をニュースで知ってから・・」だと?
 お前も積極的に参加してんじゃねえか、
 この変態強姦殺人犯!!!!!!!!!!


                    早く氏ねよ。うっとおしい 

85 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:17:36 0
民法の冒頭である通則には、権利と義務には信義と誠実が伴わなければならないということ、
権利の乱用は許さないということが警告されています。そしてその延長として、
同19条から20条にかけて、“行為無能力者に騙された者の保護”もちゃんと規定されています。
経済利益に関して騙された者が保護されるなら、命という最大の価値を理不尽に残虐に奪われた
者に関して、最も手厚い保護が行なわれ、奪った者やその保護者には返済と処罰が科されるのは
法理からも当然のことです。また、善なる心の性向を持つ人間でさえあるなら誰でも
判ることですが、“保護”には次の意味も含まれる。つまり邪悪さと無関係な本来の子どもは、
邪悪さを実行し、擁護する勢力(未成年者を含む)から護られなければならない。
真に善良な大人も、邪悪さを実行する勢力から護られなければならない。それが義務を護る市民・
国民としての当然の権利だということです。そうでなければ、この社会は存続することができない。

ちなみに犯罪が“命の返済”に関わらない場合でも、大人と子どもを問わず、
“価値の返済”の観点がもっと重視されるべきだと思います。続発する犯罪が被害者と社会に
もたらす損失をその責任者に、損失と責任の程度に応じて支払わせる手立てが必要です。
罪を犯した者の償いが、経済循環のなかに適正に組み入れられることが望ましい。
子どもの場合は当然、責任は保護者と一体で考えられる必要があります。
失われたすべての価値が、可能な限り元どおりにされなければならない。
矯正は罪を犯した者の魂の価値を取り戻すことです。充分な償いに伴って充分な矯正が
図られなければ、更生が被害当事者と社会に認められるはずがありません。
2.については、“権利と責任とは一体”とは、先の民法通則にもあるとおり、
“権利も義務も誠実に、良心と責任をもって、行使し履行しなければならない”という意味です。
ところが、加害者擁護派は、既に見たように、“制限のない権利をくれなければ、
物を盗もうと、強奪しようと、誰をどんなやり方で殺そうと、責任は取らなくていいはずだ”
という意味で、使っています。まさに、まともな大人の言うこととはどうしても思われない、
魂の邪悪さと幼稚さ、つまりそのような心の性向から来る信念なのではないでしょうか。

86 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:18:07 0
命の愛と血の涙を見ている人、つまり行動と発言に責任感のある人たちが、それらを無視し、
軽視する論理・論法に、一瞬とまどうのは解らないでもありません。いきなり拳骨を浴びせられ
れば、まともな人なら目を白黒させるのは当たり前。まして刃物でグサリとなれば、覚めない悪夢。


どうしても解らないことがいくつかあります。なぜ人は悪を選ぶのかということ。環境は一分の理。
環境のために、例えばレ・ミゼラブルのジャン・バルジャンのように、極度の貧困により家族のため
パンを盗まざるを得なくとも、彼は良心と涙を忘れてはいなかった。本質的に善なる心の性向を持
つ者は、例え不条理のために大きな罪を犯そうとも、値しない相手を選ぶはずがない。罪の瞬間で
さえその心には愛への大きな飢えと悲しみ、良心の灯火が宿っていたはず。卑劣なやり方で理
不尽な罪を犯すはずもない。罪を犯した後の行動も卑怯なものであるはずがない。涙の味、涙とは
何であるか真に知っている者なら、他者の涙、まして血の涙が分からないはずがない。
不条理ゆえの罪人なら、罪悪感のなさ、図太さ、幼稚さからではなく、良心を捨てていないという
意味において“正々堂々”としているはず。奪ったものの返済も当然に理解するはずです。

また、邪悪さを擁護する勢力、身勝手な一方向からしか見ることのできない人々が、なぜこれほ
ど多いのかということ。そして、命の愛と血の涙を無視し、軽視することだけで既に誤っている彼ら
の論理に、なぜ法律家、教育者さえその矛盾を明らかにしようとしないのかということです。
そんなことさえできないのか?なぜ?

私事かもしれませんが、私自身は大した教育など受けていません。みなが貧しかった時代に育
ち、ある事情で、極貧とは言えないまでも惨めさも味わった。教育に関して私に影響を与えた人間
など誰もいない。少なくとも親身に私を導いてくれたという意味では、いない。私は自らを教育した
。人知れず悩み、苦しみ、数々の屈辱も味わい、心に穴が開くほどに、考えた。人は私を教えな
かった。(私はいかなる宗派にも属したことがないが)目と目があった聖書(簡単なことさえ本当に
理解している人は少ない。その奥行きは世界よりも深い)が私を教えた。そして、自然から、反面
的な意味も含めて人から学んだ。

87 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:19:15 0
命には重さ、形と大きさがある。命は同じく尊重しあうとき同じ重さとなる。
軽んじる者は自らをも軽んじる。人が大漁を歓ぶ時、海の底では魚の弔いがあるなら、
その側ではもっと小さな命の悲しみが歓びに変わる。歩くとき蟻の命を気遣える者はい
ない。人は屠殺する者を責め、その肉を愛の幻想と共に食べる。すべての命には循環の
なかの位置がある。人の命を頂点に置かない者は、人の命を犬の命より軽んじる。人の
命を軽んじる者を重んじる者は、無残に殺された命を軽んじる。命の循環を乱して小さな
命を軽んじる者は、経済の循環を乱して盗む者と同じである。すべての命は、その重さと
形と大きさと位置に応じて尊重される。やさしさも裏を返せば無責任、時には歪みである。

無理やりの個性、自己表現は歪みを生む。必要な僅かの範囲で私が自らの世界を話し
ただけでも、おそらく私に個性がないとは誰も言わないだろう。私は個性など求めたことは
ない。個性とはむしろ普遍性のこと。人間の身体の個人差も、人種差も、人間とサルにし
ても、遺伝子の違いはほんの僅かに過ぎない。命の愛に基づいて自ら考え、自然と人間の
普遍性を見出し、あるいは懸命に生きる過程だけで歪みのない個性が生まれていく。それ
をしない結果の特徴を、個性がないと言っているに過ぎない。
普遍性は、充分すぎるほどの個性を生み出す。命の愛を心とする世界は多様性に満ちて
いる。普遍性を歪めたものに何の意味があるだろう。命の愛を持たない妄想が生み出した
ものに何の価値があろう。自他を傷つけ、妄想と妄想が共感し、共鳴しあって死を生むだけ
ではないか。

自らの血を命の愛のために捧げえない者に、人を戦地に追いやることも、愛を語り平和を
語る資格もあるのか?憎しみや狂気、絶望のために命を捨てる者は多くとも、命の愛のた
めに自らの命を捧げる者は少ない。至る所に血の涙がある。命の愛を軽んじる者たちがい
る限り、血は河となって流れ続ける。命の愛がすべての人の心を支配するまで。

88 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:19:49 0
 刑法というような法律は、社会の治安と秩序を維持する為にこそ必要なものなのであるから、
法を犯した者を裁くには、常に社会との関連のなかで裁かなければ成らないのであって、現状のように
違反者個人の人権とか更生とかいう面にだけ目を向けていたのでは駄目なのである。
過失や情状の酌量にあたいするような犯罪者は兎も角、故意に犯行に及んだ者に対してまで、
その人権の擁護や更生を優先するあまり、社会に悪影響を及ぼすような裁きをなす現状のごとき司法官の態度は
、明らかに間違っているのである。
よって司法にたずさわる者は、犯罪者個人の人権擁護や更生などという事よりも、裁きの結果が社会に与える影響と
いう事の方に重点をおいて考えることが必要だという事を、念頭に置かなければ成らないのである。
人間という者が孤立的な存在で、社会とは全く関わりのない無人島のようなところで独り暮らしをしている存在ならば、
たとえ法を犯そうが何をしようが構わぬのであるが、我々人間はそういう存在ではなく、常に社会という場において共同の
生活を営んでいるのであるから、罪を犯した者は厳しく処罰しなければ法を定める意味がなく、社会の治安や秩序を
維持することも出来なくなってしまうのである。
 今日、我が国の司法関係者は、いたずらに犯罪者に温情をかける事で、自らが「如何なる悪人をも許せる心の広い
人間」であるかのような錯覚に陥り、自己満足しているのではないかと思えるような節が見受けられるのであるが、
そういう自画自賛的な自己陶酔によってなされる「犯罪者擁護の温情的判決」が、第二、第三の犯罪者や被害者を
生み出すもとに成っている事実に対しては、まったく目を向けていないのである。
 犯罪者には犯罪に見合った厳しい罰を科すことが必要で、たとえ犯罪者が悔悛の情を示したからといって、
たゞそれだけのことで刑罰を軽減するというような温情をかけては成らぬのである。
なぜなら刑罰というものは、犯罪者個人に対する罰であるということ以上に、社会という共同生活の場において
「法を犯した者が受けなければならない罰則である」という面に比重を置かなければ成らぬものであるからだ。
 故に、犯罪者がどういう刑罰を受けたかという事を、世間の人々に対して周知徹底させることが必要なのである。

89 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:20:55 0
余談は扨措き、上述したように犯罪者の人権擁護だの更生だのと温情をかけることは、一見、慈悲深い崇高な心のように
受け取られがちであるが、そんなものは慈悲でも何でもなく、単なる甘やかしであり、社会を一層混乱におとしいれるだけの
無分別な行為であるに過ぎないのである。
 この度の少年の起こした犯罪にしても、十二歳といえば、やって善い事と、悪い事の判断くらいはできる年齢なのだから、
たとえ十歳の子供といえども、犯した罪に対しては相応の責任を取らせるべきなのである。
そうしなければ少年法の温情主義を逆手にとって、ゲーム感覚そのまゝに犯行におよぶ少年が後を絶たない事に
なってしまうのである。
 今日、犯行に及ぶ少年たちは、自分が何を遣っているか充分に心得ており、仮に捕まっても自分が処罰されないくらいの
ことは先刻、承知のうえで犯行におよんでいるのであるから、たゞちに刑法や少年法などの見直しが必要なのである。
我々はもっと現実を直視して、少年法や刑法に対する根本的な見直しを要求する声を発し、法律の改正に向けて世論を
高めていかなければ成らないように思います。
 誤った人権思想や人道主義に傾倒し、現実を認識する事のできない司法官や弁護士先生などが目覚めるのを待っていた
のでは、この国は安心して暮らす事のできない犯罪王国になってしまうのであるから、我々一般国民の側から声を発する
事によって、法律のことしか解らぬ司法関係者のエリート意識を打ちやぶり、法律の見直しや裁判制度の改革を迫っていく
べきであろうと考えます。
また、この度の少年犯罪の場合も然うであるが、このような犯罪が生じた場合、すぐに犯人の精神状態が問題にされ、
精神鑑定が実施されることになる。 その結果、精神に異常がみとめられ、犯行当時に善悪の判断ができない状態にあった
となると、途端に犯した罪を法律で裁くことが出来なくなって無罪になるという扱いも、納得のいかないところである。
精神の錯乱によって善悪の判断がつかなかったのだから仕方がないと言うのなら尚のこと、善悪の判断もできぬ精神異常
者を野放しにする事の危険性は、判りそうなものではないか…
一見、常人と区別しがたい精神異常者が、すれ違いざまにいきなり刃物を取り出して襲い掛かって来たとしたら、誰がそれを
避けられるであろうか…

90 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:21:10 0
1989年、一人の少女が41日間に渡り拉致、監禁、強姦、拷問、殺害され、
その遺体がコンクリート詰めになって発見される凶悪事件がありました。
2006年現在、主犯をのぞき全員出所してます。

自分の大切な人が同じ目に遭遇したらどうしますか?
それを考えながら少年法を見直すメールです。
犯人と事件の詳細
http://www.geocities.jp/zenbo2005/
これを許せない人は URLを貼って、知人・友人にメール転送して下さい。

91 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:21:26 0
 少年犯罪・・・
 きっと、昔からトップニュースにはのぼらなくとも少年の犯す犯罪はたくさんあったはずですよね。
でも、昔とは犯罪の質が変わった。近年の少年による犯罪の質の変化について、私なりに色々と
考えをめぐらしています。その根本的原因は何なのか。
もちろん様々な要因があるだろうと思います。そしてその要因の一つに、「映像の変化」というものが
考えられる様な気がします。
 私は何年か前に少年という枠をはずれたばかりですが、4歳になる娘がいます。その娘を見ていて思います。
娘が発する言葉や娘の見るアニメやCM。その全てが私の幼少時と変わりすぎている、と。ほんの20数年前の
私が幼少の頃は、アニメで殺しあうものや血が飛び散るものはほとんど見れませんでしたし、CMで下着姿はもちろん、
キスシーンは見れませんでした。ゴールデンの時間に罵倒が飛び交う番組や、自殺をテーマにしたドラマは
全く見れませんでした。しかし今現在は・・・。当たり前の様に見ることができます。聴くことができます。
普通に生活をしているだけで、この様に親としては避けたい情報が娘の記憶として保存されていってしまっています。
インターネットや映画、ビデオにゲーム。今後、娘の周りには余りある程の情報が溢れてくるわけですが、
こういうものを皆さんはどう思われますか?映画の内容も映像も随分変わりました。視聴者が物足りないからです。
”映像や情報が溢れてくると、物足りなくなる。だから実際に行動にうつしたくなる。”この事実が非常に
切実な要因になっているような気がしてなりません。
ゲームももちろん変わりました。映像がリアルになりすぎてしまっています。モンスターを倒して進んでいく
かわいい英雄が、人間を切って、殴って進んでいく、しかもどの人間もリアルな映像なのです。
このようなものを仮に毎日見ていたら、物足りなくなるかもしれません。未熟な想像力の少年達ならば。
まあ、成人していたとしても、未発達な想像力の持ち主はたくさんいるのかもしれませんが。
 このような映像を規制する法律ってないんでしょうか?R指定位ですか?
私は声を大にして、映像や情報を規制することに、もっと政府は敏感になるべきだと思うのですが。
何かが起きてからその原因をあれやこれやと考え、結局何一つ改善されない。

92 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:21:48 0
カキ東 

「とにかく、なんで宮野くんや小倉くんなんかと関わっちゃったのかという。
自分を責めても責め足りない。
自分もこの手で(被害者を)姦っていますから……。
仕事もあまり手につきませんでしたが、だからといってなにもしないわけにはいかないですから、
 
「逮捕されませんように!」と、毎日とにかく祈っていました。
警察が来たのは、事件をニュースで知ってから二週間くらいあとです。
職場に来ました。」

〜アホかお前は!「事件をニュースで知ってから・・」だと?
 お前も積極的に参加してんじゃねえか、
 この変態強姦殺人犯!!!!!!!!!!

93 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:25:41 0
私自身、20年も前、専門家といわれる人たちが、実際こう言っているのを聞きました。「日本人は特別な民族であり、
現実と虚構の区別くらいちゃんとできるから、暴力番組にもビデオなどにも影響されない。
アメリカみたいな規制は考えなくていい」私は、その時、「この国はおそらくそのうち地獄を
みることだろう」と思いましたが、残念ながら、そのとおりになってしまいました。精神分析や教育理論、
法律その他の専門家の意見も参考にはなるのでしょうが、それに支配されるべきではありません。
正しい場合もあるかもしれませんが、彼らほど間違いを犯し、またそれを認めなかった人種もないのですから。
オカルトじみて強欲を秘めたものは論外として、良識に叶う原因と結果の法則を無視すべきではありません。
優先すべきは、社会と個人のあり方を共に問い直し、良識に叶った予防措置を講じることです。原因は、
ひとつだけではないでしょう。大人社会自体が、情報や事件など醜い有様を呈していること、子どもを
食い物にする大人も多いこと、そんななかでも真剣にあるべき教育に努めない親が多いこと、
子どもといえど容易に悪魔になりうることを認めず、実際に犯罪を犯してもなお本人と親の責任を
問わず甘やかす仕組みを改善しなかったこと、数えればきりがありません。状況を放置しているうちに、
しつけがきちんとしている親にとってさえ悪影響を排除することが困難なほど、状況は悪化してしまった世の中で、
少年が幼稚なまま大人の醜さだけ身に付けて、犯罪に走ることが不思議なことでしょうか。犯罪の責めは、
本人と親、社会のいずれもが負わなければなりません。親と社会全体の責任とは、犯罪に応じてふさわしい罰と
自覚を本人に与えること、犯罪を生み出さない社会をつくることに渾身を傾けることです。
犯人の個人的な特徴や生い立ちに関する報道や受取り方については、注意が必要です。本質は何かを
忘れてはいけません。犯人が、学校の成績がいいとか悪いことは犯罪と関係はありません。
また見かけは大人しいとか、元気とか陰気とかいったことも。真面目に目的を持って頑張った結果、
例えば優秀な成績の子が、印象だけで犯罪予備群と思われたら、その子と日本の将来は一体どうなるのでしょう。

94 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:26:11 0
インチキ人権主義者」の人々は、加害者の更正の機会がどうのこうのと言うけれど、
世間に後ろ指さされることくらいで更正できないのなら、そんな人は最初から更正するなんて無理なのだと思います。
人を殺しておいて自分は生かされているのだからそれで十分ではないですか?
後ろ指さされながら生きる事に耐えられないなら死ねばいい。
彼らにはその選択の自由があります。
でも、被害者には選択の自由はなかったのです。
被害者にだって、これから未来があったのです。それらを勝手に奪っておいて、更正するために世間ぐるみで
協力してくれというのはちょっとムシがよすぎる気がします。
更正できないのなら、最初から加害者にならなければいいでありませんか!!

もし私の子供たちが被害者になったら?
考えたくもないし、考えられないけれど、加害者には、単なる極刑なんかではなく、想像できるありと
あらゆる苦痛を味わった跡で、「死にたくない」と叫びながら死んでいってほしいと願うでしょう。

加害者になったら?
それも考えたくもないし、考えられないけど、そうなることのないように、今から、命の大切さ、
悪いことをしたら必ず罰せられる、ということを教えていきたいと思っています。
今回の事件の後で、息子にも、どこに行っても絶対に私から離れてはいけない、といい聞かせました。
いつも行っているスーパーでお隣の売り場に行ってもいけない、と。
そして今度の事件のことを話しました。気をつけない悪い人は大人だけじゃない、子供にもいる、
犯人は中学校に行っているおにいちゃんだったと言いました。そして、「そのおにいちゃんは、
とても悪いことをしたんだから、ずっとずっと牢屋に入っているんだよ。おとうさんにもおかあさんにも
会えないんだよ。大人になって、おじいさんになって、死ぬまで、ずっと牢屋に入っているんだよ。だって、
殺されちゃった4歳の子は、もう、おとうさんにもおかあさんにも会えないんだからね。」と言いました。
息子がどこまで理解できているのかはわかりません。でも、話しながら、本当に、そうであってほしいと、
犯人には死ぬまでずっと苦しんでほしいと強く願いました。

95 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:29:36 0
 犯罪を犯した少年のうち、十四歳以上二十歳未満を「犯罪少年」、
十四歳未満を「触法少年」という。「犯罪少年」は当然少年刑務所にブチ込まれるところだが、
つい最近まで、少年法に「刑事処分可能年齢は十六歳以上」という特例があったため、
たとえ犯罪少年であっても、それ未満の少年は罪を問われることはなかった。
「つまり、十六歳未満の犯罪はチャラになるんだ」
 平成九年(1997)、この特例を逆手にとった凶悪犯罪が起こった。
 神戸連続児童殺傷事件である。
 当時十四歳だった犯人の少年は、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」なる奇怪な名を語り、
いたいけな三児童を殺傷、うち一人を小学校の前にさらし首にした。
 少年は逮捕され、医療少年院に送られたが、この秋、この社会へ帰ってくる予定である。
 事件後、少年法改正が論議され、平成十三年(2001)の改正少年法では、「刑事処分可能年齢は
十四歳以上」に引き下げられた。
 ところがこの規定も、平成十五年(2003)七月に長崎幼児殺害事件を起こした十二歳の犯人には、
適用されることはない。
「犯人に適用できないなら、その親を市中引き回しの上打ち首にすればいい」
 鴻池祥肇(こうのいけよしただ)防災担当相がそんなことを言って批判されたが、少なくとも被害者
の親は、それ以上に憤慨していることであろう。
 七月には、沖縄でも少年たちによるリンチ殺人事件が起きた。
 また東京では、少女四人が身勝手極まりない男の最後の晩餐(ばんさん)の犠牲になる事件も発生した。
 被害少女の一人が言ったという。
「私たちが悪いんです」
 とても被害者の言葉ではないが、彼女らは自分たちが「危ない橋」を渡っていたことに気付いたのであろう。
うまい話にはリスクが付きものである。
 大人は信用できないものである。
 初めからそう思っていたほうが無難である。
 特に「信じろ」などと強制する大人ほど信じられないヤツはいない。

 大人を信用してはいけない。
 だからといって、無視しろと言っているわけではない。

良きにせよ悪しきにせよ、自らの手本とするのである。大人をよく観察し、分析し、習得すべきものは吸収し、いらないものは切り捨てるのである。

96 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:30:10 0
 今日、犯行に及ぶ少年たちは、自分が何を遣っているか充分に心得ており、仮に捕まっても自分が処罰されないくらいの
ことは先刻、承知のうえで犯行におよんでいるのであるから、たゞちに刑法や少年法などの見直しが必要なのである。
我々はもっと現実を直視して、少年法や刑法に対する根本的な見直しを要求する声を発し、法律の改正に向けて世論を
高めていかなければ成らないように思います。
 誤った人権思想や人道主義に傾倒し、現実を認識する事のできない司法官や弁護士先生などが目覚めるのを待っていた
のでは、この国は安心して暮らす事のできない犯罪王国になってしまうのであるから、我々一般国民の側から声を発する
事によって、法律のことしか解らぬ司法関係者のエリート意識を打ちやぶり、法律の見直しや裁判制度の改革を迫っていく
べきであろうと考えます。
また、この度の少年犯罪の場合も然うであるが、このような犯罪が生じた場合、すぐに犯人の精神状態が問題にされ、
精神鑑定が実施されることになる。 その結果、精神に異常がみとめられ、犯行当時に善悪の判断ができない状態にあった
となると、途端に犯した罪を法律で裁くことが出来なくなって無罪になるという扱いも、納得のいかないところである。
精神の錯乱によって善悪の判断がつかなかったのだから仕方がないと言うのなら尚のこと、善悪の判断もできぬ精神異常
者を野放しにする事の危険性は、判りそうなものではないか…
一見、常人と区別しがたい精神異常者が、すれ違いざまにいきなり刃物を取り出して襲い掛かって来たとしたら、誰がそれを
避けられるであろうか…
 そんな危険な人物は、たとえ一生涯を費やそうとも、精神の異常が完治するまで完全に社会から隔離しなければ成らぬの
である。
今の世の中は麻薬や覚醒剤によって精神が錯乱している人間や、ホラー映画や俗悪なコンピューターゲームなどの悪影響を
受けて、邪悪な心の世界に陥ってしまった精神異常者が至るところに存在するのであるから、いつ何どき危害を加えられない
とも限らぬのである。
 けれども、そのような精神異常者が事件を起こしたとしても、彼らの行為は犯罪とは見なされず、刑罰を科される事がない。

97 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:30:51 0
仮令、一時的に医療機関に送られる事にはなっても、事実上は無罪放免に等しい扱いになるのであって、以後、
医師の判断により数年を経ずして社会に復帰してくるのである。 こんなバカげたことを放置しておくのは、明らかに
国の落ち度なのであるから、国民は同志を募り、団結して此のような状況を放置している国を告訴して、責任を追及すべきだと
思うのだが…
 それは兎も角、本当に加害少年の更生を願うのなら、罰を免除して遣るのではなく、犯した罪の重さを認識させ、
それを償わせて、心からなる更生の道を歩んでいく人間になるよう教育してやる事こそが、正しい裁きであるように思いますが
、皆様はどうお考えでしょうか?


擁護派の方々はここに来られる人も、メディアに出てこられる人も、話を聞いてると分かるのですが、
”痛み”を非常に忌避しています。
変革には痛みを伴うのは必死、しかしそれを受けるのも、与えるのも避けたい。
議論のパターンとしては相手の意見を封殺、もしくは有耶無耶にし聞こえの良い理想論を唱えるのが常です。
(大半の人がここで何となく納得させられてしまいます)そして絶対と言えるほど対処法を提示しません。
最後には、責任を個人から集団へ拡散させる発言で締めくくります。

結果、現状維持に陥ります。

↑ 結構この事に気づいていない人が多いんですよ。
彼らの意見を通すと必ずと言っていいほどこの結論に陥ります。
まぁ、本人たちに聞いても否定されるでしょうが。

彼らは未成年を罰するという事に抵抗があるというより、”個人が権力によって罰せられる”事に酷くアレルギーを
感じている、そんな印象を強く受けます。
勿論未成年加害者を案ずる持ちも無いわけではないでしょうが、殆どイデオロギーからの行動が本音でしょうね。

何が言いたいのかと言いますと、彼らに未成年加害者の凶悪さや、被害者の悲惨さ、法改正云々を語っても
あまり意味がないと言うことです。
何度も議論されてきた方々は、もうお気付きかもしれません。
そんなことを何度真摯に訴えようが、馬耳東風なんですね。
擁護派は何でこんな事が理解できないんだ?と首を傾げていた方々が多いでしょう。

98 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:31:21 0
未成年犯罪者の気持ち、私には分かるような気がします。
ただ、もちろん全ての件に関して、と言うわけではありません。
私は現在、成人している学生の身です。時代が変われば、子供達の気持ちも変わりますから、私の年代とは、違うのかもしれません。
ですが、私は小学校時代。俗に言う小学校上級生の間に虐待を受けていたと感じる時期があったのです。
それゆえに、犯罪に走ってしまう、子供の気持ちが・・・正確には気持ちではないのかもしれ
ません。走ってしまった理由が分かる・・・これも言葉として適切とは思えません。言葉にするのは難しいですね。私が20数年生きてきた中での経験を元に、なんとなく感じとってしまったこと。と言う感じです。

どんなことがあったかって言うと、ある日、あの時、あの場所でーーー私の家族に不幸なことが起こったんですね、これが。(途中は省きます。身内の恥をさらすようで嫌なので)
結果、どうなったと言うと、父親は外に愛人を作り、週に2〜3回は家を留守に、母親はその怒りを私にぶつけるようになりました。父親には腕力ではかなわなかったらしいのでね。
色々あって、塾にもいかされていました。
さて、どうですかね? 小学校高学年の多感な時期、ほとんど毎日塾にいかされながら、家に帰っては暴行を受け、両親におまえの父・母とは暮らしていけない。離婚する。と愚痴をこぼされて生きていました。
リストカット。あれも、やろうと何遍も手首にカッターを当てました。まぁ、幸いにして臆病者だったので、切れませんでしたが。
塾にいかされながら、と書きましたが、これも嫌だ!と言う度に殴られるので、御話しになりません。
いつしか、私立の中学校にいくのが当たり前だと思ってました。
ですが・・・なんなんでしょうね。六年生のある日、両親が正気に戻ったのか・・・
私に悪いと思ったのか・・・
何があったのかは分かりません。ただ、とにかく二人に心境の変化があったのは確かなんです。
私はその日、いつものように塾にはいきたくない!私立の中学にはいきたくない!と親に泣きながら反発しました。

99 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:37:47 0
婦女暴行犯を構成員として使う極東会

星 寿和 → 埼玉在住。 神作と今も親しい。
         被害者に対し、ライターで足首を炙るなど、数々の暴行、陵辱行為に及ぶ、反省の余地無し。
         現在は暴力団事務所、極東会(新宿)に所属
都築 洋 → 同じく極東会所属。一時期、東とも名乗っていた。足立区綾瀬1丁目に住居。

※裁判記録より抜粋
1 昭和63年12月中旬ころ、被告人4名のほか極青会仲間の
  星寿和(当時17歳)が湊伸治の部屋に集まっていた際、
  被害者が「家に帰して。何でも言われたことをするから。」
  などと哀願したところ、宮野がまず、被害者に命じて全裸になって
  音楽に合わせて踊らせ、さらにオナニーをさせた上、続いて、
  宮野、星、小倉および伸治において順次長さ30センチメートルくらい
  直径3センチメートルくらいの鉄棒の先にコンドームをつけ、これを
  被害者の陰部に各数回づつ挿入する行為をし、さらには、伸治および星において、
  オロナミンCドリンクのビンを被害者の肛門に、前記の鉄棒を被害者の陰部に
  同時に挿入し、また、宮野においてその陰毛をハサミで切るなどして皆で面白がった。
  それから、宮野は、被害者に対し、「家に帰ったら母親になんて言うんだよ。」などと詰問し、
  被害者が「今まで新宿で遊んでいました。」などと陳弁に努めるや、
  「新宿で制服のままそんなに長く遊んでいられるかよ。」
  などと言って、星と共に持っていたライターで被害者の足首等を焼き、火傷を負わせた。

100 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 17:54:10 0
この2人のうじ虫は、おとがめ無しか。 納得できねえな。

101 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:15:03 0
去年、垣東がTVで「日本の更生プログラムは未だ未解決だ」とか抜かしやがって、マジムカついた。
コメンテーター達も「なぜ、F君は更生できなのに、神作被告は構成出来ないのか?」ってまるでのうのうと生きてる垣東が立派だ!見たいな事、言いやがって・・・。
いくらこの事件が酷いって知っても、周りの思考能力を考えない限りまた第2のコンクリ殺人が起きないとも限らないぞ。

102 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:17:30 0
長文の人一日中やってるの?
暇人?

103 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:20:18 0
人間の手になるもの、あるいは人間がゆがめてしまったものには、言うまでもなく
作為・不作為を問わず常に誤りや不完全さを伴います。本当に誠実な人は、そのこ
とを先ず認め、そして必要な範囲の現実全体を直視する過程で確認されあるいは
予想される諸々の問題を解決しようとします。いかなる分野・立場の人であろうと、そ
の姿勢を欠くことじたい既に、考えるための基本的な資格を失っています。これはき
わめて大事なことです。

人間は、言葉の生き物です。それは、法律家など専門家といわれる人々にしても全
く同じです。そして自分自身で、また他者とともに人間全体の関心対象について考え
るための基本の言葉はあくまで、万人に通用する普通の言葉です。専門家といわれ
る人々が使う専門用語と呼ばれる特殊な言葉は、対象をより厳密に深く追求する場合
に限って有用です。その分を超えると、専門用語はむしろ危険性を生じます。普通の言

葉の定義では対応できない場合にのみ、専門用語の定義が必要なのです。専門用語や
自分たちだけに通用する虚構の論理を、人々を煙に巻き、自らをも欺くために使うことは
、傲慢さと愚かさの為せる業です。まして、そういった職業的利害や面子、付き合いなどを
、人の命や愛、正義、財産などゆるがせにできないことより優先させるようなことは、むしろ
邪悪さから来ると言ってもよいほどの許されない業です。真に専門家と呼ばれるに値する
人なら、そのことを常に深く意識しているはずです。このこともきわめて大事なことです。
さて、少年犯罪に拘わらず、現実の犯罪の細かな態様は、千差万別という表現をも超え
るほどです。被害者と加害者、訴える側と訴えられる側という一つひとつの構図の裏には
、愛と憎しみ、血と涙、悲しみや苦しみ、身勝手な論理や残忍さやゆがんだ喜びや狂気(未
熟さとの区別は不可能)などの複雑な要因が関わり、最終的には、必ずしも単純ではない
善と悪との闘いという問題に戻っていきます。犯罪に関わる処罰と償いと更生の問題には、
一律的外形要因のみによるのではなく、容易に見えるとは限らない、隠れた要因にまで可
能な限り踏み込んで当たらなければなりません。そして、その解決は、被害側の救済と加
害側の処罰と償いと更生が、“正義の天秤”上で釣合いを保たない限り

104 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:20:49 0
ところで、“行為と罪と罰”、またそれらの関係とは何でしょうか?ある行為は罪と
みなされ、別の行為は罪とみなされないのは、なぜでしょうか?人間は、顕在意識
と潜在意識という二つの意識領域を持っています。そして、それらの領域は、知情意
などの働きを司ります。これらの働きが人間の行為を生み出します。数え切れない人間
の行為のなかには、直接・間接に他者の心と身体または財産を損傷し、あるいは命を
奪う効果を持つものもあります。ある行為が実際にそれらの結果を生んだ場合、行為者
の意識のありようによって罪の程度が分かれます:1.そのような結果に至らしめる明確な
目的意識をもって、為された場合―故意犯。犯行に至るまでの準備や犯行の経過から
みて、その間に明確な目的意識は見出されないにも拘わらず、望ましくない結果を避け
ようとする当然の努力も見出されない場合―未必の故意犯。行為経過において、いかな
る目的意識も見出されないが、もし行為者が、自らの立場と善良さと責任に基づく可能な
限りの注意を払っていたなら、望ましくない結果を避けることができたであろうと推測され
る場合―過失犯。行為経過において、社会通念上も実際の精査に基づく判断によっても、
不可抗力としかみなされない場合―原則無罪。(このような場合でも、遺族は行為者に対
して恨みを抱くのは無理からぬことであり、旧約聖書において、そのようなときのために神
は“逃れの町”を設けられたとある)

ところで人間の行動を司るのは、狭い顕在意識領域より、むしろ遥かに広大な潜在意識
領域であり、両者の間には明確な境界が無いのですから、本来は双方の領域における意
思によって罪が問われなければなりません。そうでなければ、催眠術犯罪という特殊なケ
ースを含め、悪の巧妙さと多様性には充分に対抗できません。それにも拘わらず、精神、
特に潜在領域については、人間は一般に認められた知識をいまだ殆ど持たないので、結
果とともに自律的な意思能力や証明を重視する近代法では、心身喪失者や心神耗弱者、
一定年齢以下の犯行者などを罪に問えないとするわけです。

105 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:21:20 0
その措置が正しいかどうかはここでは別として、罪と罰の関係を考えるために、
盗みや略奪という罪を取り上げます。正当な理由無く何かを奪われた者は、まさ
に奪われたのと同じもの、または同等の価値のものを返すように相手に要求する
でしょう。そして、奪った者がその要求に応じることはまずありえないので、奪われ
た側は実力に訴えることでしょう。

ところが、掛け替えのない命の愛を奪われるということが起きた場合の被害者側の
救済は、その命の愛を元どおり返すこと以外にはありえません。しかし、人間にはそ
の力はないので、遺族にとっては同等ではなくても、人間全体としては同等の価値を

持つとみなされるもの、すなわち罪を犯した者自身の命でその罪を償うことになります。
現に、加害者が、殺人という罪の深さを真に自ら認めた場合、せめて私の命をもって償わ
せてください、ということもまれには起きえたわけです。この考えには、法解釈における、い
わゆる勿論解釈(小さな場合において当然なら、大きい場合はそれにもまして当然とする
解釈)からも理があります。それにも拘わらず、命の代わりに金銭価値による賠償が行なわ
れることがあるのは、罪を犯した者が自分の命を金銭で贖っていると考えるのが正当だと思
います。

ここで注意しなければならないのは、不当に命を奪った者の命の重みじたいは、そ
の時点で軽くなっているという点です。なぜなら、自分と同等であるはずの他者
の命を軽んじたことで、自らの命をも同時に軽んじたからです。それが自らの命に
よる償いの際の“せめて”の意味の一つです。また、それを拒否したなら、自らの命
については、かけがえのないものだと思っていることになります。ならば、もし金銭でそ
れを贖おうとするなら、地球をも買えるほどの額を提示するのが当然だということにな
らないでしょうか?この部分の賠償は厳密に言えば、むしろ刑事罰的な性格を持ってい
ると言えます。一方、民事罰としての賠償は、被害者が生きていれば得ることができたで
あろう逸失利益に相当するはずです。とにかく、殺された者の命の愛自体が金銭価値に
換算されることなどありえません。

106 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:21:51 0
この部分の賠償は厳密に言えば、むしろ刑事罰的な性格を持っていると言えます。
一方、民事罰としての賠償は、被害者が生きていれば得ることができたであろう逸失利
益に相当するはずです。とにかく、殺された者の命の愛自体が金銭価値に換算されるこ
となどありえません。


そして、被害者と加害者が国家等の同じ集団に属する場合は、集団全体の秩序を維
持するという集団の関心事に従って、罪を犯さなかった者との差別化及び本人と社会
全体に対する犯罪抑止効果を目的として、罪の程度に応じた制裁を行なうでしょう。刑
事裁判を通して決められる刑罰というのは、そのような理由によるべきものです。近代
においては、その後でその者が生きているときは、本人の更生を万全のものとするため
に、社会による矯正教育(懲役などの刑と平行して行なわれるほうが効果的)が施される
かもしれません。

しかし、司法という国家権力が、罪を犯した者に対して刑罰を科さず、罪を犯した者と犯

さなかった者との差別化を行なわないということが、法治国家として許されてよいでしょう
か?命の愛に限って言えば、明らかに国家の求める命の刑は、被害者側の求める命の
償いの代わりとなる措置としての性格をも有します。なぜなら、被害者側は、事実関係
の誤りがない限り当然に持つ返済請求権を奪われているからです。
いずれにせよ国家には、正義の天秤皿二つの上に正義の手によって、ケースに応
じた処罰と償いと更生を、被害者側の救済と均衡を保つように厳正に決める責務が
生じたわけです。法律家の事務所等にはよく、天秤をかかげる象徴としての正義の女
神像が飾られていますが、法律に携わるすべての人々は、その像を単なる飾りに終わ
らせるのではなく、それが持つ意味を改めて熟考するべきです。正義の女神は、自分自
身着飾ることもなく、個々の事件とそれに関わるすべての人々をいつも見つめています。
その像は、世と人のすべてのゆがみに憂いの表情を浮かべ、その目はすべての痛みに
涙を、無残に殺された人々には血の涙を流してはいないでしょうか?天秤はデジタル秤
のように一瞬にしては値を指し示しません。それは、外形的要因に惑わされることなく、
血の涙の溢れる目と正義の手の先で暫し揺れ続けた後、ピタリと止まるのです。

107 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:22:22 0
少年問題に関する本も書いているらしい、ある女性弁護士が、「子どもの視点から少
年法を考える情報センター」というHPのなかで、一応は尤もな大人社会のゆがみの
一部を簡単に挙げた後、少年の犯罪は大人の犯罪と違って、常にこのゆがみからくる
病の結果だ “と思えてならないのです”と述べています。そして、あたかもそれが実証
済みの事実であるかのように、さりげなく“病には処罰ではなく治療が必要です”という
展開に結びつけます。そして、“罪の深さを知り、悔悟の念を持ち、被害者に心の底か
ら謝罪して、再犯に陥らないことを決意するという意味での責任は、何としてもとってもら
わなければならないと思います”とした後、刑罰が科されない(当人は“課されない”と書い
ている。罰を課するという言い方なら、庭掃除くらいの罰もあるからニュアンスとして大きな
違和感もないが、いやしくも法律家が、刑罰を課するというのは、当人の少年犯罪を含
めた刑罰全般に対する姿勢の表れかもしれない)のはおかしいという声に対するわか
りやすい反対根拠として、“もし大人と同じ形で責任をとれというのであれば、大人と同じ
だけの社会的権利を認めなければおかしいということです。政治への参加についても、
経済活動についても、結婚や妊娠についても、大人と同様の社会人として、子どもを認
められますかと問いたいと思います。そうしたことになると、子どもにはまだまかせられ
ない、子どもはまだ未熟だと逃げ腰になるのではないでしょうか。”

これは一見尤もらしい理屈に見えます。しかし、やはりどこかおかしい。何がおかしいの
でしょうか?理由は直ぐに解ります。これは、比較的簡単な言葉のトリックなのです。
しかも、当の本人もおそらく気づいていない、法律家特有の無意識のトリックと言って
もいいと思います。

先ず、少年犯罪はすべて病だという認識については、病とは、本人の体質や生活
態度が大きく関わっているのが普通ではないかと思います。それに、いきなり理不尽
に残虐に他者を、個人あるいは集団で殺し始める病気など聞いたことがありません。
例えだけならいざ知らず、犯罪そのものは誰が行なおうと悪であり、病気ではありませ
ん。悪という名の病気はありません。

108 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:22:53 0
みなさんは、「被告人は、その刑罰に服する義務がある」という言い方に違和感を覚
えないでしょうか?そうです。罪に対する罰は義務ではないのです。まして殺人に関
する罪と罰は、既に分析したとおり逃れようのないものです。これは聖書全体の記述
とも間違いなく一致します。人間という存在の根本的あり方にも関わる問題なので、そ
の詳細を説明してもいいのですが、ここにはそういった論議に関心がない人も多いかも
しれませんし、この紙面では済まなくなるので今のところ割愛します。

殺人という罪に対する刑罰(償いを含む)に服するのは、義務によるのではありません
。それに服さないのが、義務違反でもありません。真の遵法精神を持つ人にとって殺人
の罪は、(罪刑法定主義の求めにより)法律に書かれているから悪なのでも、また罰があ
るから殺人を犯さないのでもありません。その行いが愛や良心の法、神の法に反すればこ
そ、行なわないのです。法律に違反しなければ何をやってもよいという人は、法律をも護り
ません。社会的権利にしても、参政権は歴史的にみても、その名のとおり権利でしょうが、
経済活動、まして結婚、妊娠(命を未来につなげるための行為)は、本来的に人間が持つ生
存権(権利以上のものだが、適切な用語がないため)の一種です。国家の関わる社会的権
利などではありません。それらの年齢制限は、生存権の制限というより生物学的、社会的
成長段階に基づく合理的調整と捉えるべきです。

以上のような理由で、犯罪に関わる少年本人の責任は、年齢に基づく権利義務の問
題ではありません。殺人を行なった少年は、生存権の合理的調整に関わる年齢に至
っていないため愛と良心の法を理解できないのではなく、大人同様、その法を捨てるか
忘れているのだと考えます。忘れているだけなら、思い出すこともあるでしょう。そして、真
にそれを思い出したときは、当人の心の性質に応じて、あるいは良心の炎に焼き尽くされ
、あるいは良心の命ずるところに従っていかなる非難にも耐え、以前より強い人間となって
、償いと苦しみの十字架を背負いながら一生を過ごすでしょう。

109 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:36:28 0
人間社会を維持するためには、ルールが必要だということに反対する人は、そういないでしょう。では、
社会を維持するとは、一体どういうことなのでしょうか?社会全体のルールがなかった時代には、年齢に拘わらず、
心身と財産つまり個人の権利を誰かが傷つけられた時、傷つけた側への個人的報復がなされてきました。
目には目、歯には歯というバランスが、自然法として適用されてきました。宗教上の根源的な理由を別にすれば、
それが罪に対する罰の本来の理由でしょう。しかし、そのバランス自体は道理に叶っているものの、
法に基づく国家が形づくられると、個人的報復に任せることは、争いの原因などへの誤解や過剰な報復の連鎖や
社会不安を生むことへの懸念から、国家が被害者の裁く権利を奪い取る形態に変わりました。もともと権利を奪っ
たのですから、国家には公平な裁判をする大きな責任が生まれました。それと共に国家の関心事、
つまり本来の報復に加え、社会秩序への影響、被害者側と社会への償い、更正と社会復帰、事案間の判決内容の
バランスなども加わりました。しかし、国家といえども、実体は誤りを犯す人間の集まりです。国家が裁く権利を奪い
取ったこと自体には、このような一応の合理的理由があるものの、まだ問題は残ります。偏らない正義と社会的要請を
被害者側の苦しみと悲しみを体して実現する責務を、当事者でない国家の委任を受けた人間が充分に果たせるかと
いうことです。

罪に対する罰は適正か?公正と社会の将来的安全は守られているか?罪に対する罰の必要性を理解できない人が
もしいるなら、試しに「自分の命と財産を、誰も見ていない所で、どうにでもしてください。文句は一切言いませんから」と
公言してみなさい。たちまち、その必要性を実感できるでしょう。良心自体が、罪を犯さないことの抑止力になっている
人もいますが、多くの人は、法律や個人的制裁によって罪に対する罰が加えられることを恐れて、罪を犯さないだけです。
それでも犯す人は、自分の悪運の強さを信じたり、一時的に罪と罰の関係を忘れていたり、処罰は脅威でないと
感じたり、あるいは罪を犯すこと自体が快楽になっているほど悪魔に魅入られていたり、またはそれらの複合的理由です。
合理的かどうかは別として、理由のない犯罪など存在しません。

110 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:36:59 0
 私には今年20歳と19歳とまだ小さい子がいますが、馬鹿な親子なので、被害者の親、加害者の親の
両方になってしまいました。

 被害者の親になった事は(みなさんのようにとても残酷な辛く悲しい事ではなく、暴行や恐喝や根性焼きなどなど
なのですが)ありますが、自分の子供を殺された訳ではないのですが怒り、や「なんで??」と、とても複雑な思いで
今も民事の方で(刑事事件では、もう裁かれました)裁いて貰おうとしたり、弁護士と一緒に裁判をしている途中の段階です。
その他の件でも、恐喝の方は加害者の子供にも(当時18歳)その親にも会ったり電話で話したりしたのですが、
どうにもならずに私が告訴をして去年少年院に行きました。
でも、やはり謝罪(電話では母親が謝罪するとは言ってたのですが)はなくもちろん弁償もないので今やはり弁護士に
依頼して話してる最中です。

 もう1つの根性焼き(煙草での故意にさせた火傷)の親も訳が分からない事を言っているので、
やはり弁護士に依頼して話してる最中です。
 成人した加害者、未成年の加害者、そして加害者の親は、みんなちゃんとした謝罪がありません。
形だけの謝罪がある人もいましたが、話しにはなりませんでした。そしてやはり今だに謝罪のない人もいます。
正直、なぜなのか理解が出来ない気持ちで一杯です。 
 
 そして、複数の子供を恐喝して(子供が激しい恐喝にあってたので馬鹿だから今度は自分が恐喝を
してしまいました。)加害者の親になったのです。

今は子供も中等少年院を仮退院をして1年になります。
 正直被害届が出てとても感謝しました。
「何か絶対にしてる」という確信は私はありましたし、逮捕してもらったのが子供が家でシンナーを
吸ってた時に自分で警察を呼んで逮捕をしてもらったのです。
毎日回りの人に危害を加えてると思い喧嘩もしたし怒鳴りちらして生むんじゃなかった」「出ていけ」など
親では言えない言葉を毎日のようにお酒を飲んで言っていました。
そんな馬鹿な親な私ですが自分でも「どうにかしないと」とは思っていたので被害届をだしてくれた被害者の方達には
本当に感謝をしました。

111 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:37:30 0
 子供が逮捕されてまず1日目はショックで何も考えられなかったのですが2日目からは「やっと安心しておいと
おける所にいるんだから自分をまず考えてみよう」と思い3日目にやっと「お酒をやめよう、逃げては駄目だ」と
それだけしか考えられなかったのですが、この逮捕は子供がなにかを私に教えてると思い考え続けました。
 そんな事がなければ分からなかったのですが、子供が非行に走ったのは絶対に親の責任です。なぜなら子供と
対等に話してないからです。
「親の気持ち」だけを話しているからなのです。
私はいつもいつも親の気持ちだけで話し、押しつけ、怒り、そして「なんでわかってくれないのだろう??
なんでこんなに悩んでるのに!!」と自分だけが悩んでると思いこんでしまい自分だけが苦しいと勘違いを
してしまい目の前の事だけで精一杯になり半分以上子育てを放棄してしまいました。現実や子供の叫びから
逃げてしまいました。
 ですから子供は当たり前のように坂を転がり落ちてしまい、少年院に行きました。

 もちろん、自分の更正、子供の更正はありましたが、捜査が終わったと警察から電話があった時に、
家に人がいて100%の謝罪は出来なかったのですが(二,三日後に100%の謝罪ができなかった事を謝罪しました)
「とにかく謝罪をしたい」と思い電話をして謝罪をしました。
その後も連絡がとれる被害者の親の方にも連絡をし、もちろん会ってくれる人達には会って謝罪をさせて頂きました。
その中で、この事件の事は自分が知っている限りは被害者の親の方達に話しましたし、もちろん審判の日にちや
結果など「知りたい」と言う被害者の親の方達には連絡をいれ結果を言いました。
その後、弁償や慰謝料などでなかなか上手くは(被害者の方の意思に添うような)いかなかったのですが、
誠心誠意(弁護士を入れて話しては?という意見も貰いましたが子供の罪は自分の罪です。
自分の子供が勝手に恐喝をしたのですから私の出来る限り自分で謝罪を続けたかかったのです)
自分なりに考え最後までやらせて貰いました。
もちろん少年院の仮退院の日も被害者の方達に連絡をしました。
その後も「本人と謝罪をさせて頂けないか」と連絡もしました

112 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:38:11 0
罪に対する罰は適正か?公正と社会の将来的安全は守られているか?罪に対する罰の必要性を理解できない人が
もしいるなら、試しに「自分の命と財産を、誰も見ていない所で、どうにでもしてください。文句は一切言いませんから」と
公言してみなさい。たちまち、その必要性を実感できるでしょう。良心自体が、罪を犯さないことの抑止力になっている
人もいますが、多くの人は、法律や個人的制裁によって罪に対する罰が加えられることを恐れて、罪を犯さないだけです。
それでも犯す人は、自分の悪運の強さを信じたり、一時的に罪と罰の関係を忘れていたり、処罰は脅威でないと
感じたり、あるいは罪を犯すこと自体が快楽になっているほど悪魔に魅入られていたり、またはそれらの複合的理由です。
合理的かどうかは別として、理由のない犯罪など存在しません。大人、子どもを問わず、言葉の解る者なら皆同じです。
このように、様々な理由があるのですから、抑止力としての死を含む罰に意味がないとするのは、犯罪を擁護している
ことにさえなります。それに、罪に対する罰には、本来の意味である報復と正義の実現も含まれているのですから、
犯罪の理由や責任能力の有無に拘わらず、罪には原則としては罪と同様の罰が適用されるのが、理に叶っています。
個々の事情については、その上で考慮されるべきです。責任能力だけで罪を云々するなら、処罰年齢と法律能力の
年齢とを一致させる必要があるし、あるいは、親のきわめて大きな責任が問われなければなりません。

また年齢その他に拘わらず、原則として同じ決まりが適用されるのでなければ、社会的混乱と不信を招きます。
子どもについては、「まだ何も判らないのだから、今のうちは間違いを犯してもいいよ。ただ成人年齢を越えたら、
責任をもってやっていきなさい」というメッセージは、子どもの自立を必ず妨げます。あるいは、「自分たちは、
国家によって犯罪が免除されているのだ。さあ、今のうちに一人ででも大勢ででも、気にいらない奴を殺してしまおう」
というように、邪悪な子どもを育てることにつながります。法律は何のためにあるのですか?この社会には、
越えてはいけないルールがあり、もしそれを破れば、この社会の誰もが平等に罰せられなければならないということ
を子どもたちは、もともと知っていたはずなのに、

113 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:38:42 0
そんなことはないんだよと、直接・間接に子どもたちを惑わせたのは、
一体誰でしょうか。そんな大人のバカさ加減と偽善と矛盾を植え付けられた多くの子どもは、大人以上のゆがんだ
価値観に加えて幼稚さだけを身につけたまま、年齢だけが大人になるという結果が生じます。それは悪循環となり、
やがてこの社会は、後戻りのできない破滅的状況を迎えるでしょう。聖なる悪魔を作ってはいけません。

すべてのことには、責任が伴います。死んだ者はもう生き返らない。罪を犯したといっても、子どもの顔をした人間に、
死や苦しみを与えることはできない、と人は言うでしょう。しかし、罰を与えることと同様、許すことにも本来、
大きな責任が伴います。加害者にも親にも罪はない、あるいは、許すべきだと言う人々は、社会など何かを憎んで
いるかどうかは別として、加害者に共感を持ち、また愛しているということなのでしょう。それなら、残された
問題―被害者の遺族への償いや社会に対する責任、加害者の誰もが認める更正など―を自分の命や財産に
代えてでも解決する覚悟が必要でしょう。それさえできずに、問題を放置して、ただ許すというのは、
道理を弁えた大人の言うことやすることとは、どうしても思われません。

社会のすべてに目を覆うばかりの無責任と理性の欠如が蔓延しています。罪を罰することさえ放棄した大人の
無責任さも、少年犯罪の大きな原因の一つだと思います。子どもを罰することにためらいがあったとしても、
親や擁護する人々も含めて社会全体は、遅ればせながら、時には涙を飲んでも罰する必要があるのです。
あなたの無責任は、子どもの無責任とつながっているのです。もう一度言います。原則として、罪には罰が伴います。
その上で特に考慮すべき点があれば、責任をもって考慮すればいいでしょう。殺人が、原則として無罪などというのは、
無法社会そのものです。文明国ではありません。問題には、種々の要素がからんでいますから、
理由と責任の所在を明らかにしたバランス表のようなものが不可欠でしょう。そうでないと、
判断に当たった人間の恣意に流れるおそれが多分にあります。また確かに、加害者であるからといって、
人権をまったく失ったわけではありません。新たな便乗犯罪の被害者になっても何も言えないわけではないのです。
何事につけ

114 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:39:13 0
自分がどういう者であるかを正しく知るのは、極めて困難です。考えている主体そのものである心の状態をすべて
知ることは、自らの身体を解剖することよりも難しいかもしれません。そのあらましを知るには、すべてを映し出す鏡の
ようなものが必要でしょう。しかし、そういうものを見出すこと自体、知恵が必要です。現実的な方法は、外界のことばと
行いから、謙虚な姿勢で学ぶことでしょう。ところが、専門家のように奢りを持ち、自分たちの狭い世界に閉じこもりがち
な人たちは、知に溺れ、自らの関心の対象に引っかかり、自らの利益を優先させやすい結果、鏡を見る目自体が曇って
しまいます。私は、この世で最も美しく大切なものは、澄んだ涙だと思っていますが、曇った目には、それが見えません。
見えたと思っても、それは、その場逃れの涙や単なる激情の涙や自分の運の悪さを嘆く涙であったりします。また、
そういう目には、一方向、一つのものしか見えません。物事の原因を考えるとき、人間とは、心の生き物であり、外界から
心が影響を受け、心のあり方が外界の印象を変え、外界そのものを変えるということを、あまり考慮に入れません。
それほど心とは、究極の謎であり、他者から最も触れられたくないものです。しかし、外界や行動に対して、決定的な
影響を与えるのが、心のあり方である以上、思想教育などではなく、人間として最低限の倫理観は、誰もが持って
いなければ、世の中は根本的には良くなりません。ところが、基礎教育でも、世の中の表現媒体でもそれは排除され、
代わりに、知らず知らずのうちに、あるいは巧妙に、無責任な商業主義も手伝って、最低限の倫理観さえ否定する
ような情報が広められています。そして、それら負の情報は、それ自体は善でも悪でもない科学技術の進歩によって、
力を与えられ、かくして犯罪社会が形づくられていきます。人間としての最低限の倫理観を基礎教育や情報媒体で
広めるのと、犯罪につながる負の情報をそれらで広めるのと、一体どちらが実質的で有害な洗脳なのでしょう?
外界の形あるものやシステムは、もちろん精神に無視できない影響を与えます。しかし、それらはひとつではありません。
心のあり方は千差万別とはいえ、心自身はひとつです。ですから、現在の悲惨な状況を変えるには、
各分野の人々が、望ましくないと思われる

115 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:53:07 0
いいかげん誰か削除依頼出せよ
おれは出さん

116 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:53:28 0
http://uldb.s11.x-beat.com/

117 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:53:34 0
神戸の事件の時は「特異な事件」と言われていましたが全然、特異なケースではないと思っていました。
どんな子供でも被害者になる可能性だけでなく加害者になる可能性、要素というのは持っているような気がします。
だから、どんなに法律が厳罰化されても、こういった犯罪が全く無くなるという事は悲しいことに有り得ないでしょう。
ただ、今の少年法はあまりにも甘すぎる。
同じ子供でも命を奪われた子供には未来が無いのに加害者である子供には未来がある。それだけでも不公平なのに
少年法はまだまだ被害者よりも加害者の未来を優先している。
そしてそのことを分かった上で犯罪を起こす性質の悪い子供もいる。

14歳という基準は何を基準にしたものなのでしょうか。
14歳未満は凶悪・残虐な犯罪は起こさないと言いたいのでしょうか。
中学生だろうが小学生だろうが犯罪の中身によっては実名公表、顔出しもさせるべきです。
犯した罪の重さを頭ではなく、心と肌で感じさせるべきです。
「報復・復讐」からは何も生み出されないのは確かですがでも殺された被害者と同じくらいの痛みを実際に感じなければ
本当の更正はできない気がします。

子供を持つ母親として、まず自分の子供が被害者になったら、、、と被害者になったときの立場で考えますが、
どんなに愛情をかけて育てても自分の子供が絶対に犯罪者にならないとは言い切れないと思います。
万一自分の子供が長崎の誘拐事件のような事件を起こしたとしたら自分の子供であってもやはり厳罰に処罰して欲しいと
私は思うと思います。
みんな自分の子供は可愛いし、まさか自分の子供は犯罪など起こさない加害者にならないと思ってる親が多いでしょうが、
そういう親に限って子供のことをよく見ていないものでしょう。

なんとか法改正されないものでしょうか。
このままでは犠牲者は減らないでしょう。
14歳未満は逮捕されないということを悪用しようとする子供もまだまだ出てくるでしょう。
そういう犯罪者予備軍である子供たちを野放しにしておかない為にも厳罰化、年齢の見直し、声を大にして訴えたいです。

118 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:54:05 0
神戸市須磨区児童殺傷事件を起こした少年が、年内にも医療少年院を出るという。小学生の頭部を切り取り、
小学校の校門の前に置くという残虐きわまりない事件を起こし、6年間で退院というのは、やはりどう考えてもおかしい。
本当に治療が進んでいるのでいるのか疑問である。これほどの事件を起こしているのであるから、
最低医療少年院で26歳(現罪の法律の限界の年齢)までは、退院させてはいけない。少年の心の
治療だけでなく、このような事件を起こしたことの反省をして、出てくるというのであれば、最低でも30年くらいは
社会に出してはいけないと思う。生きていれば、悩みもあるが喜びもまたやってくる可能性がある。生きていら
れることの感謝を思えば当然である。最低そのくらいの期間反省してでてきてもらわなくては、社会的に認められ
ないと思う。だいたい一部の弁護士や加害少年の人権を声高に言う知識人は、社会通念というものに対して無知
であるか、応報感情はよくないし野蛮であるという蔑視を持っている。被害者の苦しみなどそのような人々にはわからない。
このような少数派にかき回され、罪のない多くの人々が泣き寝入りしている世の中を正すべく行動起こすときが
来たと強く思う。
何故このような世の中になってしまっているか考えてみると、やはりその背景に死刑反対を主張する、
声の大きな少数派の存在に気がつく。朝原被告や宅間被告でさえ、死刑にしないということは、そのような残虐な人々の
命を国が守り続けることを主張している。このような主張を持つ人々は、ほとんどの人が、少年法改正にも反対であった。
これらの人々は、善悪というものを曖昧にする、高等な理論を身につけ、刑罰の持つ応報の部分を巧みに否定する。
このような人々にミスリードされてはいけない。刑罰の目的については、法律の専門家のなかでも意見の相違は多少
あるようであるが、基本的に刑罰は応報であると考えられているのである。今のように、加害者への刑罰があまりに
軽ければ、アメリカのように報復の殺人が起こらないとも限らない。
加害者の身勝手な理由で、他人の命を奪う事件が多発している現在において、死刑反対とは断じて容認できないと
思う。このような流れは必ず少年法を再び緩味なものにし、いっそう被害者の立場をつらいものに変えていくと思われる。

119 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:54:36 0
犯罪ではありませんが最近の10代の
連中の行動は目に余るものがあります。
    @電車内でジュース等を飲み、その空き缶を電車内にわざと置いていくやつ。女性もいます。
(ただ、おじさんもいます)
     そして、注意するとすぐに逆ぎれする。
    A祭りに集団で押し寄せ大騒ぎをする。やはり注意すると逆ぎれする。
等数えきれないくらのものがあります。私は第二点の結論としては少年法は厳罰化すべきであると思います。
それにプラスして両親に対する刑事的責任も
追求できるようにすべきです。
監督不行き届けがあると思います。具体的には殺人及び傷害致死については成人同様に扱うべきです。刑事事件
として扱える年齢も満12歳以上にすべきです。徹底的にワルガキどもは駆除すべきです。更正なんかしなくてもいいと
思います。あと親についてですが子どもを育てる資格のない親が余りにも多すぎるのではないでしょうか。まず、
親からして犯罪者だったり社会的なルールの守れない最低人間である場合です。この場合は当然ごとく子どもも
同じような人間になります。こういう親に限って、「子どもが悪さをして先生にしかられると、逆ぎれして怒鳴り込んで来ます。
自分の子どものやったことを棚に上げて他人を攻めます」。わたしはもっと先生は子どもをしかりつけるべきだし、
それでもきかないときには出席停止を含めた断固たる措置を取るべき。教育委員会もマスコミなんかに遠慮せず
学校側を擁護すべきだと思います。今の小学生はいったどうなっているのでしょうね。
髪の毛は茶色、教師に悪態をつく。弱いものしか相手にしない。おちつきがない。昨今、自由とか平等とかが叫ばれて
います。しかし、子どもの学校生活に自由なんか必要でしょうか。学校は勉強するところであるとともに、集団生活の
場でもあります。つまり、自宅同様のわがままなんか通用させてはいけないのです。髪も黒で十分、なにも染める
必要性なんかないんです。それを子どもの自由を制限するのかと文句を言う馬鹿な親がいる。
そういう親は大体金髪(日本人)である。最低!長くなってすみません要は子どもが悪くなったのは両親の責任が
非常に大きいことを言いたかったのです。だからこそ、両親に対する刑事責任も追及できる制度の確立が必要で
あると思うのです。

120 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:55:07 0
はじめまして。私は家裁調査官をめざす学生です。
私は少年は少年法によって保護されるべきだと思っていました。(今でもその考えは変わっていませんが)しかし、
最近の少年犯罪の残虐性は大変遺憾に思います。
ここにはやはり少年法を撤廃すべきとの意見や現行少年法に対する不満、意見などが多数あげられていますね。
そんな皆様に一言だけ申したいのですが、当然皆様の意見やご指摘はごもっともで少年法は私も改正が必要だとは
思います。しかし、撤廃は反対です。
確かに、少年の残虐な事件は最近目にあまるものがあります。しかしそれでも更正の余地は残されているのです。
更正の余地がある限り少年を更正させるべきだと私は思います。かれらには確かに責任もあり大人と変わらない知能も
有しているでしょう。
しかし彼らの多くは多感な時期にあり変化の激しい時期でもあります。それだけ、更正の余地があるという事です。
なんでもかんでも処罰すれば良いわけではありませんしね。被害者感情を考えると心苦しいのですがそれでも私は
少年は少年法によって守られるべき存在だと思います。審判も非公開が妥当だと思います。ただ、被害者の
身内だけは傍聴もできる様になればいいのですけど。現在の様なマスコミがいる限り公開には絶対反対です!
それともう一つ、これはお願いなのですが回りに少年院に行った事のある人がいたら少年院から出てきた少年を
差別しないで下さい。せめて、挑発したり邪魔しないで下さい。
彼等の中にはしっかり反省している人間が大勢いるのです。しかも社会に復帰したばかりで社会に溶け込むのが
彼等にとって非常に難しく気持ちも高ぶっています。彼等はこれから自分の犯した犯罪と被害者の事を一生に
わたり背負って生きていくのです。「あたりまえだ」とおっしゃる方もいるでしょうが彼等にとっては大変な事なのです。
考えてみて下さい15、6歳で人を殺した事を背負って生きていくのも大変な事です。被害者の方がツライのは
よくわかります。しかし、せめて更正しようとしている人間の邪魔をしないで下さい。お願いします、彼等も人間なのです。

121 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:55:38 0
罪を罰することさえ放棄した大人の
無責任さも、少年犯罪の大きな原因の一つだと思います。子どもを罰することにためらいがあったとしても、
親や擁護する人々も含めて社会全体は、遅ればせながら、時には涙を飲んでも罰する必要があるのです。
あなたの無責任は、子どもの無責任とつながっているのです。もう一度言います。原則として、罪には罰が伴います。
その上で特に考慮すべき点があれば、責任をもって考慮すればいいでしょう。殺人が、原則として無罪などというのは、
無法社会そのものです。文明国ではありません。問題には、種々の要素がからんでいますから、
理由と責任の所在を明らかにしたバランス表のようなものが不可欠でしょう。そうでないと、
判断に当たった人間の恣意に流れるおそれが多分にあります。また確かに、加害者であるからといって、
人権をまったく失ったわけではありません。新たな便乗犯罪の被害者になっても何も言えないわけではないのです。
何事につけ、バランスと良識に欠け、分がよくなれば、したい放題をして、すべてをぶち壊すどうしようもない
人々がいますから、気をつけなければいけません。

事は少年問題だけには限らないと思います。今日の日本の閉塞感は、殆どが形なき不安から来ているの
ではないでしょうか。善良な価値観の目を覆うような欠如、倫理性を欠いたままでの匿名社会の広がり、
将来を託すべき世代の広範な変質、外国人犯罪の多発、予想と理性の枠外にある犯罪の頻発、経済不安、
テロ国家と勢力の不安、巨大地震の不安…。すべての犯罪とルール違反に対して、毅然と対応すべきです。
職業としてそれを取り締まる立場にある警察等も、良識ある国民のための責任感に満ちた組織として、
無理な手械足枷を取り払い、質量ともにいっそうの犯罪抑止力にならなければならないでしょう。
人間として最低限必要な倫理性が、指導的立場にある者はもちろんとして、社会全体に行き渡るようにすることが、
道理を弁えた人々から始まる国民多数の合意事項となるようにしなければなりません。道理を弁えない人々が多
数派となれば、もう回復力はありません。まだ道理を弁えることのできる人々が、今のうちに自分の生き方を含めて真剣
に取り組まないと、巨大地震など不測の事態が起きても絶望的な無法状態となり、対処しようがありません。

122 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 18:56:09 0
真剣に考え、予防措置を講じることが必要です。
私自身、20年も前、専門家といわれる人たちが、実際こう言っているのを聞きました。「日本人は特別な民族であり、
現実と虚構の区別くらいちゃんとできるから、暴力番組にもビデオなどにも影響されない。
アメリカみたいな規制は考えなくていい」私は、その時、「この国はおそらくそのうち地獄を
みることだろう」と思いましたが、残念ながら、そのとおりになってしまいました。精神分析や教育理論、
法律その他の専門家の意見も参考にはなるのでしょうが、それに支配されるべきではありません。
正しい場合もあるかもしれませんが、彼らほど間違いを犯し、またそれを認めなかった人種もないのですから。
オカルトじみて強欲を秘めたものは論外として、良識に叶う原因と結果の法則を無視すべきではありません。
優先すべきは、社会と個人のあり方を共に問い直し、良識に叶った予防措置を講じることです。原因は、
ひとつだけではないでしょう。大人社会自体が、情報や事件など醜い有様を呈していること、子どもを
食い物にする大人も多いこと、そんななかでも真剣にあるべき教育に努めない親が多いこと、
子どもといえど容易に悪魔になりうることを認めず、実際に犯罪を犯してもなお本人と親の責任を
問わず甘やかす仕組みを改善しなかったこと、数えればきりがありません。状況を放置しているうちに、
しつけがきちんとしている親にとってさえ悪影響を排除することが困難なほど、状況は悪化してしまった世の中で、
少年が幼稚なまま大人の醜さだけ身に付けて、犯罪に走ることが不思議なことでしょうか。犯罪の責めは、
本人と親、社会のいずれもが負わなければなりません。親と社会全体の責任とは、犯罪に応じてふさわしい罰と
自覚を本人に与えること、犯罪を生み出さない社会をつくることに渾身を傾けることです。
犯人の個人的な特徴や生い立ちに関する報道や受取り方については、注意が必要です。本質は何かを
忘れてはいけません。犯人が、学校の成績がいいとか悪いことは犯罪と関係はありません。
また見かけは大人しいとか、元気とか陰気とかいったことも。真面目に目的を持って頑張った結果、
例えば優秀な成績の子が、印象だけで犯罪予備群と思われたら、その子と日本の将来は一体どうなるのでしょう。

123 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:15:21 O
順子、万引き常習者で補導歴あったのは事実らしいな。

124 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:16:09 0
社会では処罰年齢の引き下げを望む声もあります。しかし、こればかりはどこまで引き下げればいいのか・・・
たとえ5歳の幼児でも、生まれたばかりの赤ちゃんを殺すことはできます。それなら、
5歳の幼児を裁判所に立たせるのか、刑事罰を与えるのか・・・というところまで行きます。
被害者の方々の怒りは、波紋のように広がり、社会の怒りへと発展します・・・
感情と理論が行き違い、ひずみを生んでいきます。
ある政治家が、殺人を犯した少年の親を「市中引き回しの上、打ち首に処するべきだ」と
発言しました。処罰を厳しくし、見せしめに極刑にすれば、少年犯罪は少なくなるのか・・・
感情を度外視して考えれば、処罰を厳しくする前にすることが沢山あるように思えます。
例えば、犯罪の元凶が社会やコミュニティにあるとして、犯罪を未然に防ぐ社会作りをするという考え方です。
今の社会は、少年を恐れる大人たちで溢れています。私も、少年が怖い。町では決して目を合わせないようにします
「叱れない大人が多いからだ」という意見もあります。しかし、今の「不良」と呼ばれる少年には叱りは逆効果です
。注意したがために、暴行を受けた・・・・という話は後を絶ちません。
では、どうするべきなのか・・・
ニューヨークはここ数年で犯罪が激減しました。これは、市を上げて「ブロークン・ウィンドウ理論」を
実践したからだと言われています。一枚の窓のガラスが割れているいだけ、壁に落書きがされているだけで、
その近辺には犯罪者が集まってきて、最終的には殺人などの重犯罪が起きてしまう・・・という理論です。
重犯罪をなくすために、まず徹底的に落書きを消していったそうです・・・
これが、少年犯罪、ひいては大人の犯罪にも当てはまるのではないかと想います。
少年の万引きや喫煙といった軽犯罪は暴走行為や暴行へと発展し、最後には殺人に行き着きます。
暴走族員は暴力団員へとエスカレートします。
ですから、まず、万引きや喫煙を「徹底的」に排除するという方法で、とにかく少年の軽犯罪をなくすのが
先決だと想います。これは、国が率先しまず学校や親の教育から始めなければならないでしょう。
少年犯罪が起こると、どうしてもその残虐性がクローズアップされますが、その根元は小さな軽犯罪なんだと想います。
いじめ、万引き....

125 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:16:40 0
罪に対する罰は適正か?公正と社会の将来的安全は守られているか?罪に対する罰の必要性を理解できない人が
もしいるなら、試しに「自分の命と財産を、誰も見ていない所で、どうにでもしてください。文句は一切言いませんから」と
公言してみなさい。たちまち、その必要性を実感できるでしょう。良心自体が、罪を犯さないことの抑止力になっている
人もいますが、多くの人は、法律や個人的制裁によって罪に対する罰が加えられることを恐れて、罪を犯さないだけです。
それでも犯す人は、自分の悪運の強さを信じたり、一時的に罪と罰の関係を忘れていたり、処罰は脅威でないと
感じたり、あるいは罪を犯すこと自体が快楽になっているほど悪魔に魅入られていたり、またはそれらの複合的理由です。
合理的かどうかは別として、理由のない犯罪など存在しません。大人、子どもを問わず、言葉の解る者なら皆同じです。
このように、様々な理由があるのですから、抑止力としての死を含む罰に意味がないとするのは、犯罪を擁護している
ことにさえなります。それに、罪に対する罰には、本来の意味である報復と正義の実現も含まれているのですから、
犯罪の理由や責任能力の有無に拘わらず、罪には原則としては罪と同様の罰が適用されるのが、理に叶っています。
個々の事情については、その上で考慮されるべきです。責任能力だけで罪を云々するなら、処罰年齢と法律能力の
年齢とを一致させる必要があるし、あるいは、親のきわめて大きな責任が問われなければなりません。

また年齢その他に拘わらず、原則として同じ決まりが適用されるのでなければ、社会的混乱と不信を招きます。
子どもについては、「まだ何も判らないのだから、今のうちは間違いを犯してもいいよ。ただ成人年齢を越えたら、
責任をもってやっていきなさい」というメッセージは、子どもの自立を必ず妨げます。あるいは、「自分たちは、
国家によって犯罪が免除されているのだ。さあ、今のうちに一人ででも大勢ででも、気にいらない奴を殺してしまおう」
というように、邪悪な子どもを育てることにつながります。法律は何のためにあるのですか?この社会には、
越えてはいけないルールがあり、もしそれを破れば、この社会の誰もが平等に罰せられなければならないということ
を子どもたちは、もともと知っていたはずなのに、

126 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:17:10 0
そんなことはないんだよと、直接・間接に子どもたちを惑わせたのは、
一体誰でしょうか。そんな大人のバカさ加減と偽善と矛盾を植え付けられた多くの子どもは、大人以上のゆがんだ
価値観に加えて幼稚さだけを身につけたまま、年齢だけが大人になるという結果が生じます。それは悪循環となり、
やがてこの社会は、後戻りのできない破滅的状況を迎えるでしょう。聖なる悪魔を作ってはいけません。

すべてのことには、責任が伴います。死んだ者はもう生き返らない。罪を犯したといっても、子どもの顔をした人間に、
死や苦しみを与えることはできない、と人は言うでしょう。しかし、罰を与えることと同様、許すことにも本来、
大きな責任が伴います。加害者にも親にも罪はない、あるいは、許すべきだと言う人々は、社会など何かを憎んで
いるかどうかは別として、加害者に共感を持ち、また愛しているということなのでしょう。それなら、残された
問題―被害者の遺族への償いや社会に対する責任、加害者の誰もが認める更正など―を自分の命や財産に
代えてでも解決する覚悟が必要でしょう。それさえできずに、問題を放置して、ただ許すというのは、
道理を弁えた大人の言うことやすることとは、どうしても思われません。

社会のすべてに目を覆うばかりの無責任と理性の欠如が蔓延しています。罪を罰することさえ放棄した大人の
無責任さも、少年犯罪の大きな原因の一つだと思います。子どもを罰することにためらいがあったとしても、
親や擁護する人々も含めて社会全体は、遅ればせながら、時には涙を飲んでも罰する必要があるのです。
あなたの無責任は、子どもの無責任とつながっているのです。もう一度言います。原則として、罪には罰が伴います。
その上で特に考慮すべき点があれば、責任をもって考慮すればいいでしょう。殺人が、原則として無罪などというのは、
無法社会そのものです。文明国ではありません。問題には、種々の要素がからんでいますから、
理由と責任の所在を明らかにしたバランス表のようなものが不可欠でしょう。そうでないと、
判断に当たった人間の恣意に流れるおそれが多分にあります。また確かに、加害者であるからといって、
人権をまったく失ったわけではありません。新たな便乗犯罪の被害者になっても何も言えないわけではないのです。
何事につけ

127 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:17:44 0
バランスと良識に欠け、分がよくなれば、したい放題をして、すべてをぶち壊すどうしようもない
人々がいますから、気をつけなければいけません。

事は少年問題だけには限らないと思います。今日の日本の閉塞感は、殆どが形なき不安から来ているの
ではないでしょうか。善良な価値観の目を覆うような欠如、倫理性を欠いたままでの匿名社会の広がり、
将来を託すべき世代の広範な変質、外国人犯罪の多発、予想と理性の枠外にある犯罪の頻発、経済不安、
テロ国家と勢力の不安、巨大地震の不安…。すべての犯罪とルール違反に対して、毅然と対応すべきです。
職業としてそれを取り締まる立場にある警察等も、良識ある国民のための責任感に満ちた組織として、
無理な手械足枷を取り払い、質量ともにいっそうの犯罪抑止力にならなければならないでしょう。
人間として最低限必要な倫理性が、指導的立場にある者はもちろんとして、社会全体に行き渡るようにすることが、
道理を弁えた人々から始まる国民多数の合意事項となるようにしなければなりません。道理を弁えない人々が多
数派となれば、もう回復力はありません。まだ道理を弁えることのできる人々が、今のうちに自分の生き方を含めて真剣
に取り組まないと、巨大地震など不測の事態が起きても絶望的な無法状態となり、対処しようがありません。
そういった努力こそが、この国の自信と安心を取り戻す道だと思います。一般的に言って、責任があるはずの人ほど、
何かのせいにして、自分自身は、本当に事態を改善するのに役立つことを何もしないという傾向がみられます。
実際の苦しみと悲しみを無くすための、自分自身の内面の問い直しを含めた一人ひとりの地道な努力こそが
大切ではないでしょうか。

128 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:18:15 0
自分がどういう者であるかを正しく知るのは、極めて困難です。考えている主体そのものである心の状態をすべて
知ることは、自らの身体を解剖することよりも難しいかもしれません。そのあらましを知るには、すべてを映し出す鏡の
ようなものが必要でしょう。しかし、そういうものを見出すこと自体、知恵が必要です。現実的な方法は、外界のことばと
行いから、謙虚な姿勢で学ぶことでしょう。ところが、専門家のように奢りを持ち、自分たちの狭い世界に閉じこもりがち
な人たちは、知に溺れ、自らの関心の対象に引っかかり、自らの利益を優先させやすい結果、鏡を見る目自体が曇って
しまいます。私は、この世で最も美しく大切なものは、澄んだ涙だと思っていますが、曇った目には、それが見えません。
見えたと思っても、それは、その場逃れの涙や単なる激情の涙や自分の運の悪さを嘆く涙であったりします。また、
そういう目には、一方向、一つのものしか見えません。物事の原因を考えるとき、人間とは、心の生き物であり、外界から
心が影響を受け、心のあり方が外界の印象を変え、外界そのものを変えるということを、あまり考慮に入れません。
それほど心とは、究極の謎であり、他者から最も触れられたくないものです。しかし、外界や行動に対して、決定的な
影響を与えるのが、心のあり方である以上、思想教育などではなく、人間として最低限の倫理観は、誰もが持って
いなければ、世の中は根本的には良くなりません。ところが、基礎教育でも、世の中の表現媒体でもそれは排除され、
代わりに、知らず知らずのうちに、あるいは巧妙に、無責任な商業主義も手伝って、最低限の倫理観さえ否定する
ような情報が広められています。そして、それら負の情報は、それ自体は善でも悪でもない科学技術の進歩によって、
力を与えられ、かくして犯罪社会が形づくられていきます。人間としての最低限の倫理観を基礎教育や情報媒体で
広めるのと、犯罪につながる負の情報をそれらで広めるのと、一体どちらが実質的で有害な洗脳なのでしょう?
外界の形あるものやシステムは、もちろん精神に無視できない影響を与えます。しかし、それらはひとつではありません。
心のあり方は千差万別とはいえ、心自身はひとつです。ですから、現在の悲惨な状況を変えるには、
各分野の人々が、望ましくないと思われる

129 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:18:45 0
「いじめはした人間が悪い」これはいつの時代も未来永劫普遍の価値観であると思っております。

加害者、また、その加害者を永きに渡って養育してきた親や学校、事実を歪曲した報道、警察、

これ全て鬼畜でありこの世の中で生きる価値、少なくとも「健康で文化的な最低限度の生活」を

保障されるに足る価値はないと率直に感じております。

少年法により軽い罪で社会復帰し、また、再び通常の社会生活を送らせることに価値は

まったくないと思います。無期懲役で十分ではないでしょうか?

懲役であれば作業等で少しは役に立ちますし、社会から隔離しておくことで再犯は確実に
予防できます。そしてなによりこういった少年犯罪加害者予備軍への見せしめとして社会へ、
いうなれば「児童の健全な育成」に貢献できると思っています。法によって物事の道理が規定
できないのであれば法としての役目は全くございません。書籍の中であげられたどの事件に
おきましても「落とし前がつかなくなった社会」に対しての無力感を感じさせられるばかりです。
私が卒業しました福岡県立太宰府高校におきましても在学中いじめの問題があり、
いじめ主犯格とその数人が停学処分を受けました。いじめこそしなくはなりましたが、
その後もこのときの連中の態度は一向に改まることはなく、被害者の生徒は学校の片隅で
背中を丸めた学生生活を余儀なくされておりました。書籍のような命にかかわる大きな事件に
ならなかったことを考えれば、この状況はまだ許せるのかもしれませんが、悪いことをした人間が
「犯した罪と等価値の罰」に対してけじめをとったかということが常に私の胸中にささくれのように
残っております。私が卒業しすでに15年以上経過しておりますが今の世の中、ことこのいじめの
問題につきましてはなんら根本的な解決策が講じられていないものと痛感します。
大人の嫉妬社会がそのまま刷り込まれた「子供のいじめ問題」、まずは大人自身が他人に
嫉妬することなくよりよく生きることができるよう努めるべきであると思っています。

130 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:21:24 O
俺はただ二回目破産すると裁判官からきつく言われるかどうかとその後借りるとき業者に破産二回がばれるかを聞きたかっただけ。くろう、セブン、た、はアホか?お前らも破産してんだろ、えらそーにすんな、役にも立たないくせ。釣りバカ、あみも常識者ぶるな。このスレ終了。二

131 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:27:06 O
俺はただ二回目破産すると裁判官からきつく言われるかどうかとその後借りるとき業者に破産二回がばれるかを聞きたかっただけ。くろう、セブン、た、はアホか?お前らも破産してんだろ、えらそーにすんな、役にも立たないくせ。釣りバカ、あみも常識者ぶるな。このスレ終了。二

132 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:31:49 0
子供はいろんな環境の中学び成長しています。
家族が10あれば、10様の生活、躾、教育があることでしょう。
しかしながら、その中から不幸にも犯罪に手を染める人間が出てきてしまいます。
犯罪が一度発生すると、その行為者は法的に処罰を受け反省を求められたり、また、反省の余地がなければ極刑に処せられるのは当然の社会行為です。
その行為者が未成年だから軽くしてやるとか、許すとかはどう考えてもおかしい。
学校の中に於いて校則違反で厳しくするとか、温情で処置するとかなどと、社会の中の法律を同等に見ている人が多いことに驚きを隠せません。
悪意を持って行った身勝手な犯行が、自動車事故等の過失によって発生した加害者の受ける罰より軽いのが理解できないと言うことです。
乱暴にも交通事故と比較しましたが、まだ交通事故は保険によって賠償もなされます。

その上に、過失に応じて懲役も科せられます。
しかし、今のままでは少年犯罪は法があって無いようなものとしか言いようがない。
少年が犯ろうと、成人が犯ろうと罪は同じ、刑罰も同じが本当じゃないですか。
ただ、少年犯罪は成人犯罪と区別して行かなければならない事は罪を暴き刑を科すだけでなく、
その背景を厳密に調査し、原因を解明し、次の犯罪を防ぐべく教育のあり方、社会の中の少年のあり方を考える事が必要だと思うのですが。
みんな子供はもともと良い子ばかりと言っている人もいらっしゃいましたが、どんな悪いと言われる大人も、もともとそんな子供のうちの一人だったと思うのですが?
年齢で境をもうけ犯罪を区別するのは、正常とは思えない。
もし、低年齢の犯罪を考える時、その意志があったか無かったか、善悪の区別が付いたかつかなかったか、それを、裁判等で明らかにする方が現実的じゃないのかと思います。
長くなりましたが、これからどんどん犯罪の低年齢化が進みそうな中、生ぬるいことばかり言っていたら、混乱した怖いあれた社会になってしまうのでは。
最近の子供達を見ていると少し恐怖を覚えるのは私だけでしょうか?
私は正確に調べたわけではありませんが凶悪犯罪で未成年によるものが年々増えているように思
えてしかたありません。しかもその内容があまりに残虐すぎます。
私個人としては未成年の犯罪が起こるたびに、かつて東京都の綾瀬で起こった

133 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:32:17 0
2ちゃんねるにて犯行に関わったとのたまう怪人物たちのまとめ
スレ攪乱の張本人?

浅野 コウジ → 千葉県松戸市幸田1丁目に在住。被害者に暴行、強姦に参加した。
             中野で目撃情報(キャバクラの呼び込み)あり。
             風貌は口の下に銀のピアスが有り、前歯がほとんどない。
             ゲーセン&動物虐待が好きでいつも同じ服を着ている。
             西沢裕司◆g3ABDh/dQk と名乗る。
木立 龍介  →  大田区蒲田8丁目在住。神作のバイク仲間。
              zvp00704のIDでオークションにて俳優の偽造サインを販売していた。
              2ちゃんねるで犯行自慢した過去あり。サノディン ◆SANOBidPPE と名乗る。
岩澤 寛之  →  横須賀市林4丁目在住。○イヤルホスト逗子店勤務? ホストとの情報も。
             DDTという草野球チームにいたが、宮野の知り合いということで追放。
             nobody_rides_for_free99の名でオークションにてコピーソフト販売。
             ◆V4T.oU6rRs ◆jvBtlIEUc6 のトリップ使用。

134 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:32:20 0
 学校でのいじめが問題化するようになったのは1980年代以降であり、校内暴力が鎮静化した1983年ころから
注目されるようになった。1985年には発生件数がピークに達し、いじめに起因すると見られる自殺も増えていった。
特に「葬式ごっこ」でその異様さが注目された中野富士見中学校の鹿川君事件(1986年)、山形県新庄市での
児玉君マット死事件(1993年)、愛知県尾西市での「同級生にいじめられ、110万円以上の現金をとられた」と
いう遺書を残して自殺した大河内君事件は衝撃的で、以来、衆議院文教委員会での「いじめ問題集中審議」、
旧文部省の「いじめ対策緊急会議」の緊急アピールと報告、首相官邸での「児童・生徒のいじめ問題に関する
関係閣僚会議」の開催など、政府・文部省をはじめ関係各省庁や各教育委員会の対応が活発化することになった。
 1997年10月に埼玉県鳩山町町長が町の広報誌上で「いじめの標的になる子は意志薄弱」「いじめられっ子には
友達がいない」といった持論を展開し、いじめられる側に問題があると主張して波紋を広げた。ここでは、
「いじめの標的になる子を見ると意志薄弱で、生活に独立独歩の毅然たる態度がない」「いじめに全く反抗しないから
いじめ甲斐があり、エスカレートする」「いじめられた時、直ぐ相手に飛びかかっていける子には、二度と手を出さなくなる」と
書かれてあり、保護者の間から「いじめ被害者への責任の押し付け」「町長の考え方は強者の論理。基本的な
人権意識さえ欠落している」という非難が出た。これに対して町長は、「批判は結構だ。きれいごとだけではいじめは
なくならないので本音を書いた。いじめられる側に問題がないというのは建前論。必ずいじめられる原因があるのだから、
それを取り除くのが基本だ」と話している。ちなみに旧文部省の「児童生徒の問題行動等に対する調査研究協力者会議」が
1996年にまとめた、いじめ対策の報告書では、いじめられる子にもそれなりの理由があるという考え方を
「一掃しなければならない」としている。
 いじめやいじめに起因する自殺が頻発した1980年代、いじめは日本特有の現象で、過激な受験競争や
管理主義教育のプレッシャー、弱者や異質性に対する不寛容さや思いやりのなさ、人権意識の未成熟などに
原因・基盤があると言われた。

135 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:32:51 0
1990年代になると、ノルウェーやイギリスなど他の先進諸国でも同様に見られる
現象だということが知られるようになり、1996年6月には旧文部省と国立教育研究所の主催で「いじめ国際問題シンポ
ジウム」が開催された。例えば、ノルウェーでは1970年前後からいじめが深刻な問題となり、1978年には心理学者の
オルウェーズの研究が公表され、旧文部省の主導で全国的ないじめ対策が講じられてきている。
また、イギリスでも1970年代後半から問題化し始め、1980年代にはいじめによる自殺が相次ぎ、シェフィールド大学の
いじめ防止プロジェクトを始め、多数の調査研究が行なわれて、教育省もいじめ防止のための教育指導書を作成・
配布するなど、種々の対策が講じられているのである。いじめは日本固有の現象ではなく、人間としての弱さ・犯罪性に
関わるものであると言える。
 年間30日以上学校を休んだ不登校の小中学生が1997年度に初めて10万人を超えた。不登校が増えた背景として、
いじめや学業不振などの問題の他に、学校も家庭もそれほど登校にこだわらなくなりつつある点が指摘されている。
また、従来からの引きこもり型の不登校だけでなく、ささいな理由から学校を休み、不登校に罪悪感を持たない子供たちも
増えていると学校関係者は見ている。ちなみに旧文部省は1992年に、「問題行動の1つ」と見ていた不登校を「どの子にも
起こりうるもの」と定義し直し、「学校は児童生徒の心の居場所としての役割を果たすことが求められる」などの見解を
各都道府県に通知、さらに校外の公的機関や一定の条件を満たす民間のフリースクールに通う子供たちを出席扱いに
認めるなど、不登校に比較的「柔軟」な路線に転換している。これを機に現場の指導は、「ともかく学校に戻す」から
「無理に学校に来なくてもいい」というスタンスに徐々に変化していき、「明るい不登校」(学校を欠席しながら塾には通ったり
、友達と遊び、買い物に出かけたりする)が増えていったものと考えられている。
 いくつかの教育機関では不登校の子供像をいくつかのタイプに分けて分析しているが、かつて多かった
(1)まじめで過敏、緊張しやすく内向的、(2)逃避的で幼く、耐える力がない――という2つのタイプに代わり、
両者の特徴を併せ持った子供が増えているという。

136 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:33:30 0
教師が後の席の子を叱っただけでショックを受けるほど
傷つきやすい一方、わがままで我慢することができない子供もいる。
 不登校の子供達のタイプも様々なだけに、子供達が学校の代わりに通う民間のフリースクールが、
情報交換のネットワーク化を図る動きも出ている。
 旧文部省の「学校不適応対策調査研究協力者会議」は、1992年に「登校拒否(不登校)問題について−児童生徒の
『心の居場所』づくりを目指して−」と題する最終報告書をまとめ、「登校拒否はどの子にも起こりうる」という視点に立って、
学校が子供にとって自己の存在感を実感でき、精神的に安心できる場所(心の居場所)となることが重要である、と指摘した。
また、「登校拒否の子供にとって重要なことは、単に学校に復帰することではなくて、自らの努力で問題状況を克服し、
自立する力を身につけることである」として、家庭・地域社会や学校外の諸施設と連携することの重要性を強調した。
 一方、保健室登校が増えてきており、ある中学校では生徒が1時限の間に保健室へ100人も押しかけるという事態も
生まれている。何らかの心的理由による場合がほとんどであるため、不登校と同根の事象として、保健室・養護教諭の
役割に対する期待が高まっている。
 また、学校で児童生徒の生活上の問題や悩みの相談に応じ、指導・助言を行なう存在として、スクールカウンセラーがいる。
アメリカの学校では、進路指導と学習面の問題を担当するガイダンスカウンセラー、生活上の諸問題を担当する
スクールカウンセラー、精神的問題を担当するスクールセラピストが区別されているが、近年の日本では2番目と3番目の
意味で用いられており、いじめや不登校への対応として導入されている。
増え続ける小中学生の不登校対策で、構造改革特区への対応を検討していた文部科学省は、引きこもりの子どもに
限ってインターネットを活用した自宅学習を認める方針を出した。同省は1992年から学校復帰を目指すフリースクールなどに
通う場合は、校長裁量で出席扱いにしてきたが、今回の弾力化でインターネットの学習を提供する場合も含まれることになる。
小中学校は対面授業を前提にしていたが、その枠を緩める意味もあり、これによって自治体が取り得る対応策の幅を
広げることとなる。

137 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:34:00 0
 同省ではまた、「復帰促進」方針を緩和し、不登校児のために柔軟なカリキュラムを持った小中一貫校について、
学習指導要領の適用外として開設を認める方針も出している。同省はすでに、民間フリースクールの一部に調査研究費として
財政援助を行なっているが、この新方針は公立フリースクールの認可を意味している。
 文部科学省の「不登校問題に関する調査研究協力者会議」は、2003年4月11日に最終報告をまとめ、子どもを見守る
姿勢を打ち出した前回報告(1992年)から軸足を移し、「自分の力で立ち直るのをただ待つだけでは改善にならない」と
働きかけの大切さを訴えた。この報告は今後の不登校施策の指針となる。この報告では、教育委員会が学校復帰を目指して
設けている適応指導教室の充実や、実績のある民間施設との連携を提言しており、小中学校でも「留年」を活用したり、
児童虐待が原因の不登校の場合には、保護者への「出席督促」制度を活用したりするなど、既存制度の有効活用も
強調されている。
「長年築いてきた指導方法が、今の子供達に通用しない」とベテラン担任教師達が悲鳴を上げ始め、小学校における学級
崩壊の実態が次第に明らかになり始めた。学級崩壊は児童の立ち歩きや私語などで小学校の授業が成り立たなくなる
現象で、1990年代半ばから各地で問題化してきた。旧文部省は「学校の取り組みが先決」として、正面から受け止めて
こなかったが、1996年ぐらいから地方議会で取り上げられるなど、全国各地で表面化し、この問題が原因と見られる教師の
早期退職や途中休職も目立ってきた。これらのことなどから、放置しない方針に転じ、学校教育上の大きな課題と
位置付けるようになった。実際、人口約40万人、30数校の小学校がある首都圏のある市の場合、授業が成り立たない日が
続き、親が動き出したことのある学級が1つでもある学校は、全体の3分の2以上に及んだという。クラス単位で数えれば
40以上あり、1学年全部が荒れている例もある。一方、公立中学・高校では校内暴力が1万件を超えて、「荒れる学校」
「新しい荒れ」と呼ばれる状況を呈しているが、1980年代にツッパリの生徒達が集団で学校の管理に反抗したのと違い、
一人で突然「ムカつき」を爆発させる生徒が増えているという。

138 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:34:31 0
 森昭雄日本大学文理学部教授(脳神経科学)によれば、テレビゲームを毎日2〜7時間する子供は、脳の活性を表わす
脳波のβ波が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」からほとんど出ておらず、この状態をゲーム脳と呼んでいる。「前頭前野」は
創造性や理性、道徳心など人間らしさを生み出す部分で、注意力やコミュニケーションなどを担う部分でもあり、感情を
コントロールする役割もあって、活性化すれば注意力が増し、情緒豊かになるとされる。「ゲーム脳」ではこの働きが悪く、
キレやすい性格につながる恐れがあるという。
例えば、コンピュータ・ソフトウェアの開発者はコンピュータを長時間使うために脳の働きが弱まり、β波がほとんど出てい
ないという。痴ほう症のお年寄りでも、前頭前野の働きの低下が実証されている。ゲーム脳、半ゲーム脳の特徴は、
まず表情に乏しく、物忘れが激しいことであり、次に感情のコントロールがきかず、キレやすいことであるという。
ゲームの影響は脳の成長が著しい幼児・学童期が最も大きく、また、高校生のデータを取ると「携帯電話がないと生きて
いけない」という異常状態も出てくるが、携帯電話の画面を見ていると前頭前野がほとんど働かず、ゲームの時よりも
もっとひどい状態になるという。
 授業中に教室を歩き回る、話に集中できない、友達の邪魔をする…。以前なら「行儀が悪い」「わがまま」といったレッテルを
貼られていた子供達の中に、注意欠陥多動性障害(ADHD)という脳機能の発達障害のケースがあることが知られてきた。
米国では1970年代から研究されてきたが、日本で知られるようになったのは1990年代であり、
それに伴って診断も増えてきている。
 ADHDの原因は詳しく分かっておらず、行動や思考をコントロールする脳の機能の発達が未熟で、
不注意で落ち着かない行動が目立つとされる。欧米の調査では、児童の3〜5%に見られるという。
ADHDの3大特徴は、不注意、多動性、衝動性であり、米国精神医学会の診断基準の典型的な症状は、
不注意を示す「細かいことに集中できず、学業などで不注意ミスが多い」「毎日の活動を忘れる」や、多動性・
衝動性を示す「手足を落ち着き無く動かす」「質問が終わるまでに答える」などが挙げられている。

139 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:40:02 O
長文コピペの粘着に関して… キモい

140 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:45:16 0
神戸の事件の時は「特異な事件」と言われていましたが全然、特異なケースではないと思っていました。
どんな子供でも被害者になる可能性だけでなく加害者になる可能性、要素というのは持っているような気がします。
だから、どんなに法律が厳罰化されても、こういった犯罪が全く無くなるという事は悲しいことに有り得ないでしょう。
ただ、今の少年法はあまりにも甘すぎる。
同じ子供でも命を奪われた子供には未来が無いのに加害者である子供には未来がある。それだけでも不公平なのに
少年法はまだまだ被害者よりも加害者の未来を優先している。
そしてそのことを分かった上で犯罪を起こす性質の悪い子供もいる。

14歳という基準は何を基準にしたものなのでしょうか。
14歳未満は凶悪・残虐な犯罪は起こさないと言いたいのでしょうか。
中学生だろうが小学生だろうが犯罪の中身によっては実名公表、顔出しもさせるべきです。
犯した罪の重さを頭ではなく、心と肌で感じさせるべきです。
「報復・復讐」からは何も生み出されないのは確かですがでも殺された被害者と同じくらいの痛みを実際に感じなければ
本当の更正はできない気がします。

子供を持つ母親として、まず自分の子供が被害者になったら、、、と被害者になったときの立場で考えますが、
どんなに愛情をかけて育てても自分の子供が絶対に犯罪者にならないとは言い切れないと思います。
万一自分の子供が長崎の誘拐事件のような事件を起こしたとしたら自分の子供であってもやはり厳罰に処罰して欲しいと
私は思うと思います。
みんな自分の子供は可愛いし、まさか自分の子供は犯罪など起こさない加害者にならないと思ってる親が多いでしょうが、
そういう親に限って子供のことをよく見ていないものでしょう。

なんとか法改正されないものでしょうか。
このままでは犠牲者は減らないでしょう。
14歳未満は逮捕されないということを悪用しようとする子供もまだまだ出てくるでしょう。
そういう犯罪者予備軍である子供たちを野放しにしておかない為にも厳罰化、年齢の見直し、声を大にして訴えたいです。

141 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:45:47 0
神戸市須磨区児童殺傷事件を起こした少年が、年内にも医療少年院を出るという。小学生の頭部を切り取り、
小学校の校門の前に置くという残虐きわまりない事件を起こし、6年間で退院というのは、やはりどう考えてもおかしい。
本当に治療が進んでいるのでいるのか疑問である。これほどの事件を起こしているのであるから、
最低医療少年院で26歳(現罪の法律の限界の年齢)までは、退院させてはいけない。少年の心の
治療だけでなく、このような事件を起こしたことの反省をして、出てくるというのであれば、最低でも30年くらいは
社会に出してはいけないと思う。生きていれば、悩みもあるが喜びもまたやってくる可能性がある。生きていら
れることの感謝を思えば当然である。最低そのくらいの期間反省してでてきてもらわなくては、社会的に認められ
ないと思う。だいたい一部の弁護士や加害少年の人権を声高に言う知識人は、社会通念というものに対して無知
であるか、応報感情はよくないし野蛮であるという蔑視を持っている。被害者の苦しみなどそのような人々にはわからない。
このような少数派にかき回され、罪のない多くの人々が泣き寝入りしている世の中を正すべく行動起こすときが
来たと強く思う。
何故このような世の中になってしまっているか考えてみると、やはりその背景に死刑反対を主張する、
声の大きな少数派の存在に気がつく。朝原被告や宅間被告でさえ、死刑にしないということは、そのような残虐な人々の
命を国が守り続けることを主張している。このような主張を持つ人々は、ほとんどの人が、少年法改正にも反対であった。
これらの人々は、善悪というものを曖昧にする、高等な理論を身につけ、刑罰の持つ応報の部分を巧みに否定する。
このような人々にミスリードされてはいけない。刑罰の目的については、法律の専門家のなかでも意見の相違は多少
あるようであるが、基本的に刑罰は応報であると考えられているのである。今のように、加害者への刑罰があまりに
軽ければ、アメリカのように報復の殺人が起こらないとも限らない。
加害者の身勝手な理由で、他人の命を奪う事件が多発している現在において、死刑反対とは断じて容認できないと
思う。このような流れは必ず少年法を再び緩味なものにし、いっそう被害者の立場をつらいものに変えていくと思われる。

142 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:46:26 0
山形のマット殺人事件について(私がもっとも頭にきている事件です。これについては個別事件として意見を述べます)。
 考えなくてもわかると思いますが、1人でマットにロール状になりしかもうまく立つことができるでしょうか。まずムリですよね。
 どう考えても誰かが児玉君をマットに頭から突っ込ませるしかありません。(他にも方法はあるが要は1人では出来ない。)
 その時の児玉君の気持ちを考えてください。昔、自分もマットに巻かれその上に何人も友人たちに乗られたことがあります。
 とても苦しくて窒息死しそうになりました。友人たちはふざけ半分だったと思いますが私は必死でした。
そうです、山形の事件もたぶん、いじめをしながらふざけていたのでしょう。だから「本当に死ぬなんて思ってもいなかった。
こんなことで自分の人生が台無しにされてたまるか。」
と思ったのでしょう。そして全員で口裏を合わせて知らぬ顔をしているのだと思います。
こんな人間たちが日本を背負っていくのでしょうか。
あと、少年たちの親も結局は「もし、子どもがかかわっていると損害賠償をしなければならないからそんなの関係ない
ことにしろ」と子どもに言いふくめたに違いありません。私は一体誰が犯人なのか本人はもちろんのこと、同級生、親、
学校は知っていると思います。
それをみんなして口をつぐんでいるにすぎないのではないでしょうか。被疑者たちはいま大学生になっている人間もいると思います。
1人の人間の人生を台無しにした奴らが何が大学だ、ふざけるのもいいかげんにしろ。といいたいです
第二に少年法について
 私は少年法は勉強したことがないのでよくわかりませんが、基本的には自己責任が大原則です。
アメリカのように凶悪犯罪については成人と同様に扱っている州もあると聞きました。日本の少年犯罪凶悪化の
最大の要因は、親の教育能力の低下となんの抑止力にもならない軽い刑によると思います。少年たちは自分たちが
どんなに悪いことをしても新聞にも載らないし、1年から2年ですぐに社会復帰できることを知っているのです。
だから成人になる前にやりたいほうだい、他人の迷惑など顧みず傍若無人な行動をとるのです。だって少年法が
極甘な法律になっているのだから彼らの言い分からすれば当然かもしれません。

143 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:47:00 0
犯罪ではありませんが最近の10代の
連中の行動は目に余るものがあります。
    @電車内でジュース等を飲み、その空き缶を電車内にわざと置いていくやつ。女性もいます。
(ただ、おじさんもいます)
     そして、注意するとすぐに逆ぎれする。
    A祭りに集団で押し寄せ大騒ぎをする。やはり注意すると逆ぎれする。
等数えきれないくらのものがあります。私は第二点の結論としては少年法は厳罰化すべきであると思います。
それにプラスして両親に対する刑事的責任も
追求できるようにすべきです。
監督不行き届けがあると思います。具体的には殺人及び傷害致死については成人同様に扱うべきです。刑事事件
として扱える年齢も満12歳以上にすべきです。徹底的にワルガキどもは駆除すべきです。更正なんかしなくてもいいと
思います。あと親についてですが子どもを育てる資格のない親が余りにも多すぎるのではないでしょうか。まず、
親からして犯罪者だったり社会的なルールの守れない最低人間である場合です。この場合は当然ごとく子どもも
同じような人間になります。こういう親に限って、「子どもが悪さをして先生にしかられると、逆ぎれして怒鳴り込んで来ます。
自分の子どものやったことを棚に上げて他人を攻めます」。わたしはもっと先生は子どもをしかりつけるべきだし、
それでもきかないときには出席停止を含めた断固たる措置を取るべき。教育委員会もマスコミなんかに遠慮せず
学校側を擁護すべきだと思います。今の小学生はいったどうなっているのでしょうね。
髪の毛は茶色、教師に悪態をつく。弱いものしか相手にしない。おちつきがない。昨今、自由とか平等とかが叫ばれて
います。しかし、子どもの学校生活に自由なんか必要でしょうか。学校は勉強するところであるとともに、集団生活の
場でもあります。つまり、自宅同様のわがままなんか通用させてはいけないのです。髪も黒で十分、なにも染める
必要性なんかないんです。それを子どもの自由を制限するのかと文句を言う馬鹿な親がいる。
そういう親は大体金髪(日本人)である。最低!長くなってすみません要は子どもが悪くなったのは両親の責任が
非常に大きいことを言いたかったのです。だからこそ、両親に対する刑事責任も追及できる制度の確立が必要で
あると思うのです。

144 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:47:35 0
 長崎幼児誘拐殺害事件は、加害者が12歳であったことから、社会は大きな衝撃を受けました。
 1997年に起こった神戸連続児童殺傷事件の加害者が14歳の少年であったあの日から、
大人は特別の響きで思春期という言葉を受け取るようになりました。
「透明な存在の僕」という言葉とともに、思春期の子を持つ親を不安にしました。あれから凶悪な
少年犯罪は後を絶たなくなり、今後も、子どもたちの置かれた状況が変わらなければ、
こうした少年による凶悪犯罪は増え続けるでしょう。 今回は少し少年犯罪と思春期について考えたいと思います。
 思春期は、第二次性徴期といわれ、性ホルモンの分泌が盛んになり、分泌量が安定しないために情緒が不安定になります。
特に男子は思春期以降、主に性ホルモンとして、アンドロゲン(アンドロゲン以外にも数種の性ホルモンがある)を
放出し、このホルモンは骨や筋肉の成長を促進。また、性欲を高め性行動が活発になる。攻撃性(縄張り意識や闘争本能)
に関わるホルモンでもあるため、自意識の目覚めと相まって、イライラすることも多く、親や教師の干渉にややもすれば
暴力的な言動が見られる時期です。男子が性欲と怒りの感情をコントロールするのに苦労する時期です。
 ここまで書くと、思春期の男子は誰でも危うい存在に見えるかも知れません。
確かに、反抗期の非行が少年期を象徴していた時代もありました。しかし、非行に走った多くの少年は
少年時代の決別と同時に、大人の社会に順応して行きました。
こうした多くの非行が、放任・貧困・父親の暴力など家庭に問題があったため、思春期の犯罪はわかりやすい
図式で説明出来ていたように思います。
 しかし、昨今の少年犯罪における『特別な家庭に育った子どもではない。ごく普通の家庭の子』このキーワードが
私たち思春期の子を持つ親を不安に陥れています。 ましてや、「犯罪者の親は市中引き回しの上、つるし首」など
といわれると、両親、特にいつも身近にいる母親の不安は募る一方です。普通の家庭のどんな子が凶悪事件を起こすのか、
私たちは性急にそれを知りたいとここ何年も思い続けたように感じます。
 凶悪少年犯罪の多くは、思春期に突然現れるけれど、ある日突然加害者になるわけではありません。

145 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:48:09 0
一昔前の少年非行のわかりやすい図式と今の少年犯罪の違い。普通の家庭の普通の子の犯罪。
もう既にこの時点で、私たちは思い違いをしているのではないでしょうか。
 私たちは今まで人間が経験したことのない、時代に突入しました。大人でさえ耐えられないストレスに、
産まれたときからさらされている子どもたち。そう考えると、もう既に普通と思っていた家庭が社会が、
普通ではないことに気づきます。
 現代の子どもたちが赤ちゃん時代からどんな世界で生きてきたかが、もっと問題にされるべき時期にきているでしょう。
ここ数年来の凶悪な少年犯罪は、単に思春期のイライラが起こした事件とは考えられません。
 この世に人類が出現して以来、一度も経験したことのない刺激にさらされ、幼い時から、誰かと比べられ、
体を使った子どもらしい遊びも出来なくなった今、ごく普通にみえて、もう普通ではない状態の子ども達。
本来動物としてのあらゆる経験を積む子ども時代を奪われ、社会からの虐待を受けている子どもたちを思う時、
この凶悪な少年犯罪との関わりを分けて考えることができないと思いませんか。
社会は責任を押し付け合い、親は予防線をはり、子どもの10年後20年後を見据えた関わり方をしていない。
その日その日の行動におろおろと方向転換をしてしまう。
  思春期の、心身をコントロールするということは、その後の長い人生をコントロールすることでもあり、
それは一朝一夕に出来ることではありません。生まれ出た瞬間からはじまる長い訓練のたまものなのです。
 そのために子どもたちが安心して、真に子どもらしい時代(笑い、泣き、転び、ものを取り合い、けんかをしながら、
皮膚感覚を刺激し、大地の上にしっかりと立って生きているという実感を持つための時間)を過ごせる社会を私たちが
用意出来ないなら、少年の凶悪犯罪はこれからも社会問題となり続けるでしょう。
 私は、この一連の少年犯罪を社会全体が変わらなければますます増えると思っています。
しかし、社会が変わるまでには、今後何年も待たなければならないでしょう。今すぐ子どもを守れるのは、
やはり親しかないと思っています。

146 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:48:16 0
忘れてはいけない女子高生コンクリ−ト詰め殺人事件

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1142753626/


147 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:50:31 0
綾瀬壊れたセブンティ−ンたちコンクリ−ト

         ↓
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1137464259/

148 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:52:25 0
【犯人を】女子高生コンクリ詰め殺人【許すな!】

             ↓
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1137147592/


149 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:53:49 O
1000までやれ
ヤスムナヨ
どうせネタきれで終るんだろ

150 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:56:33 0
綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件パート2
          
             ↓

http://totomail.jp/bbs/test/read.cgi/news/1089623695/


151 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:56:51 0
罪を罰することさえ放棄した大人の
無責任さも、少年犯罪の大きな原因の一つだと思います。子どもを罰することにためらいがあったとしても、
親や擁護する人々も含めて社会全体は、遅ればせながら、時には涙を飲んでも罰する必要があるのです。
あなたの無責任は、子どもの無責任とつながっているのです。もう一度言います。原則として、罪には罰が伴います。
その上で特に考慮すべき点があれば、責任をもって考慮すればいいでしょう。殺人が、原則として無罪などというのは、
無法社会そのものです。文明国ではありません。問題には、種々の要素がからんでいますから、
理由と責任の所在を明らかにしたバランス表のようなものが不可欠でしょう。そうでないと、
判断に当たった人間の恣意に流れるおそれが多分にあります。また確かに、加害者であるからといって、
人権をまったく失ったわけではありません。新たな便乗犯罪の被害者になっても何も言えないわけではないのです。
何事につけ、バランスと良識に欠け、分がよくなれば、したい放題をして、すべてをぶち壊すどうしようもない
人々がいますから、気をつけなければいけません。

事は少年問題だけには限らないと思います。今日の日本の閉塞感は、殆どが形なき不安から来ているの
ではないでしょうか。善良な価値観の目を覆うような欠如、倫理性を欠いたままでの匿名社会の広がり、
将来を託すべき世代の広範な変質、外国人犯罪の多発、予想と理性の枠外にある犯罪の頻発、経済不安、
テロ国家と勢力の不安、巨大地震の不安…。すべての犯罪とルール違反に対して、毅然と対応すべきです。
職業としてそれを取り締まる立場にある警察等も、良識ある国民のための責任感に満ちた組織として、
無理な手械足枷を取り払い、質量ともにいっそうの犯罪抑止力にならなければならないでしょう。
人間として最低限必要な倫理性が、指導的立場にある者はもちろんとして、社会全体に行き渡るようにすることが、
道理を弁えた人々から始まる国民多数の合意事項となるようにしなければなりません。道理を弁えない人々が多
数派となれば、もう回復力はありません。まだ道理を弁えることのできる人々が、今のうちに自分の生き方を含めて真剣
に取り組まないと、巨大地震など不測の事態が起きても絶望的な無法状態となり、対処しようがありません。

152 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:57:22 0
真剣に考え、予防措置を講じることが必要です。
私自身、20年も前、専門家といわれる人たちが、実際こう言っているのを聞きました。「日本人は特別な民族であり、
現実と虚構の区別くらいちゃんとできるから、暴力番組にもビデオなどにも影響されない。
アメリカみたいな規制は考えなくていい」私は、その時、「この国はおそらくそのうち地獄を
みることだろう」と思いましたが、残念ながら、そのとおりになってしまいました。精神分析や教育理論、
法律その他の専門家の意見も参考にはなるのでしょうが、それに支配されるべきではありません。
正しい場合もあるかもしれませんが、彼らほど間違いを犯し、またそれを認めなかった人種もないのですから。
オカルトじみて強欲を秘めたものは論外として、良識に叶う原因と結果の法則を無視すべきではありません。
優先すべきは、社会と個人のあり方を共に問い直し、良識に叶った予防措置を講じることです。原因は、
ひとつだけではないでしょう。大人社会自体が、情報や事件など醜い有様を呈していること、子どもを
食い物にする大人も多いこと、そんななかでも真剣にあるべき教育に努めない親が多いこと、
子どもといえど容易に悪魔になりうることを認めず、実際に犯罪を犯してもなお本人と親の責任を
問わず甘やかす仕組みを改善しなかったこと、数えればきりがありません。状況を放置しているうちに、
しつけがきちんとしている親にとってさえ悪影響を排除することが困難なほど、状況は悪化してしまった世の中で、
少年が幼稚なまま大人の醜さだけ身に付けて、犯罪に走ることが不思議なことでしょうか。犯罪の責めは、
本人と親、社会のいずれもが負わなければなりません。親と社会全体の責任とは、犯罪に応じてふさわしい罰と
自覚を本人に与えること、犯罪を生み出さない社会をつくることに渾身を傾けることです。
犯人の個人的な特徴や生い立ちに関する報道や受取り方については、注意が必要です。本質は何かを
忘れてはいけません。犯人が、学校の成績がいいとか悪いことは犯罪と関係はありません。
また見かけは大人しいとか、元気とか陰気とかいったことも。真面目に目的を持って頑張った結果、
例えば優秀な成績の子が、印象だけで犯罪予備群と思われたら、その子と日本の将来は一体どうなるのでしょう。

153 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:57:53 0
社会では処罰年齢の引き下げを望む声もあります。しかし、こればかりはどこまで引き下げればいいのか・・・
たとえ5歳の幼児でも、生まれたばかりの赤ちゃんを殺すことはできます。それなら、
5歳の幼児を裁判所に立たせるのか、刑事罰を与えるのか・・・というところまで行きます。
被害者の方々の怒りは、波紋のように広がり、社会の怒りへと発展します・・・
感情と理論が行き違い、ひずみを生んでいきます。
ある政治家が、殺人を犯した少年の親を「市中引き回しの上、打ち首に処するべきだ」と
発言しました。処罰を厳しくし、見せしめに極刑にすれば、少年犯罪は少なくなるのか・・・
感情を度外視して考えれば、処罰を厳しくする前にすることが沢山あるように思えます。
例えば、犯罪の元凶が社会やコミュニティにあるとして、犯罪を未然に防ぐ社会作りをするという考え方です。
今の社会は、少年を恐れる大人たちで溢れています。私も、少年が怖い。町では決して目を合わせないようにします
「叱れない大人が多いからだ」という意見もあります。しかし、今の「不良」と呼ばれる少年には叱りは逆効果です
。注意したがために、暴行を受けた・・・・という話は後を絶ちません。
では、どうするべきなのか・・・
ニューヨークはここ数年で犯罪が激減しました。これは、市を上げて「ブロークン・ウィンドウ理論」を
実践したからだと言われています。一枚の窓のガラスが割れているいだけ、壁に落書きがされているだけで、
その近辺には犯罪者が集まってきて、最終的には殺人などの重犯罪が起きてしまう・・・という理論です。
重犯罪をなくすために、まず徹底的に落書きを消していったそうです・・・
これが、少年犯罪、ひいては大人の犯罪にも当てはまるのではないかと想います。
少年の万引きや喫煙といった軽犯罪は暴走行為や暴行へと発展し、最後には殺人に行き着きます。
暴走族員は暴力団員へとエスカレートします。
ですから、まず、万引きや喫煙を「徹底的」に排除するという方法で、とにかく少年の軽犯罪をなくすのが
先決だと想います。これは、国が率先しまず学校や親の教育から始めなければならないでしょう。
少年犯罪が起こると、どうしてもその残虐性がクローズアップされますが、その根元は小さな軽犯罪なんだと想います。
いじめ、万引き....

154 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:58:27 0
「平成15年版犯罪白書」によると、平成14年の少年刑法犯検挙人員は20万2417人(前年比1.7%増)。少年一般刑法犯の
罪名別構成比では、窃盗(60.1%)が最も多く、次いで横領(22.9%)であるが、横領の内容はほとんどが遺失物等横領である。
 白書では犯罪傾向の変化として、
(1)少年を中心とした路上強盗の増加
 深夜営業店舗等の増加に伴う市民の深夜外出機会の増加、家庭の指導力低下、就業の困難化、少年の意識の変化
(2)成人を中心とした屋内強盗の増加
 不況による無職者の増加、経済的破綻者の増加、生活困窮・債務返済を動機とする犯行の増加
(3)暴力団と来日外国人強盗犯の増加
 暴力団関係者等による恐喝に代わる金品獲得手段としての強盗、正規滞在者と不法滞在者の犯行の増加と強窃盗団の登場
(4)強盗の大都市圏への集中と近隣地域への拡散の兆候
(5)被害の深刻化(重傷率の上昇と女性・未成年者・高齢者等の被害者の増加)
 エスカレートしやすく共感性の乏しい少年や来日外国人等による荒っぽい犯行の増加
 これらの対策と課題として、
(1)防犯活動面での対策と課題
 街頭緊急通報装置(スーパー防犯灯)の設置、パトロール強化・犯罪に関する情報の市民への提供等の施策の充実
に加え、官民連携した防犯活動の更なる充実・発展が重要である。
(2)検挙・捜査面での対策と課題
 迅速・的確な検挙と徹底した捜査による事案の真相解明が不可欠である。少年犯罪については、早期かつ的確な
対処が重要である。暴力団及び外国人による犯罪については、銃器の取締り、収益剥奪等を活用した組織の弱体化、
捜査情報の集積と共有化、不法入国者等を水際で阻止する対策が重要である。
(3)処罰面での対策と課題
 悪質重大な事案に対しては、厳しい量刑で望むことが必要である。
(4)矯正及び更生保護における対策と課題
 矯正施設では、被害者の視点を取り入れた教育の実施、罪の意識を覚せいさせる指導等地道な処遇の充実が、
また、更生保護では、学校や地域社会等との協力関係の維持拡大が重要である。
(5)刑事司法関係以外での対策と課題
 少年犯罪に対しては、家庭、学校、地域社会が関係機関と協力すること、また、薬物、手錠、催涙スプレ
ー等犯罪に悪用されがちな物品の拡散に留意する必要がある。

155 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:59:01 0
斎藤は中学時代は暴走族などの集団グループには属してなかった。
(その当時はM中学には暴走族はいなかった)
中学を卒業してからの間、斎藤に何があったのだろうか? どういう変化があったのだろうか?
詳しくは分からない。 進学した高校に更なるワルに囲まれ、感化されたのであろうか?
分かっているのは逮捕された斎藤は、少年院送りになりしばらく塀の中で過ごしたという
事だけだった。
事件から三年後の秋 私は地元の駅を歩いている時、突然後ろから呼び止められた。
聞き覚えのある声に振り返ると斎藤であった。階段に座って煙草をふかしていた。
私は恐る恐る彼の話を聞いたが、多くは語らなかった。 ただ「少年院は地獄だった」と
言っていた。 今はトラックの運転手をしていて、彼女(中学時代の同級生で非常に美人)と同棲している
と話していた。 話し方や表情 全てがとても3年前に凶悪事件を起こした人間とは
思えないほど穏やかなもので、むしろ好青年という印象さえうけた。 人は表面上の姿
とは裏腹になにをしでかすか分からない と改めて恐怖を感じた。

同時に同級生が
善良な市民を襲い金を強奪するという陰惨な事件をしでかしたことに、大きな失望を感じた。


去年の2月にM中学校の同窓会があった。 計100人近く集まったが、なんとその
同窓会を発案した者は、他ならぬ斎藤であった。 主催者であり幹事であった斎藤
はハイテンションで騒いでいた。 まるで昔自分が起こした事件などなかったかのように。

しかし、と思う。 斎藤が事件の事を忘れても、襲われて瀕死の重傷を負った被害者は
事件の事は死ぬまで忘れないだろう。 突如、身に降りかかった圧倒的な暴力・なすすべもなく
血の海に倒れこんだ瞬間、彼は何を思っただろうか? 

斎藤は少なくとも私の見た限りでは「まっとう」な人格には直っていた。少年法の
概念からすれば「更正した」 という事になるのだろう。 しかしわずかな期間で出所し
今は大手をふるって道を歩いている。 わが世を謳歌している。 そんな姿を見て私は
本当にやり切れない気分になった。

156 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 19:59:32 0
 数年前から、青少年犯罪の増加、凶悪化が叫ばれています。しかし、警察当局の統計資料から浮かび上がってくるのは、
青少年ではなく「中高年層の犯罪」が急速に増加し、かつ凶悪化しているという姿です。確かに、人権的な配慮もあり、
特に青少年の具体的な犯罪に関しては、なかなかその実体を把握することができません。しかし、公表されている犯罪の
統計データを、新たな角度から分析するだけでも、かなり有益な情報をくみ取ることが可能です。
 警察当局の統計とは、犯罪の実態を調査したものではなく、あくまでも警察活動の記録を纏めたものです。そのため、
それらの中には青少年や外国人といった社会的弱者に加えて、警察当局にとって不都合な分野においても、無視できな
いほど偏った情報を発信している可能性があります。さらに、警察当局は自身の活動重点をコントロールすることで、
意図的に、あるいは無意識的に、警察が利益を得るようなデータを「獲得」している可能性さえ存在します。例えば、
余罪の追求を重視すれば少ない検挙人数で検挙事件数を稼ぐことが可能であり、その反対に余罪の追求よりも個別
被疑者の立件を優先して警察力を温存すれば、逮捕者はそれほど減らなくても検挙事件数は急激に減少するという
「操作」が可能なのです。
 そのため、市民生活や社会的弱者に関する様々な権利を護りつつ、治安を維持するためには、司法や青少年問題の
専門家ではない、一般の人々にもわかりやすい形式で、より正しい情報を広く共有することが重要だと考えます。
その他、個々の犯罪や治安状況を報道する際にも、過去の類似した事件や治安状況の変化に関する社会的文脈も
含めて紹介し、極端な部分だけを取り出していたずらに感情を煽るような事が無いよう、関係各方面に求めていく
必要があるでしょう。
 2004年4月26日に文部科学省が発表した、『安全・安心な社会の構築に資する科学技術政策に関する懇談会
報告書』の『安全・安心に関する調査データ集』(参考資料・2)に記載されている資料2−2『世界経済フォーラム
「安全と経済的繁栄に関する国際世論調査」』によると、日本国民の68%が「次の世代は今よりも安全でない
世界で暮らすと思う」と回答し、なんと86%が「10年前より安全ではなくなった」と回答しています。

157 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:19:09 0
「いじめはした人間が悪い」これはいつの時代も未来永劫普遍の価値観であると思っております。

加害者、また、その加害者を永きに渡って養育してきた親や学校、事実を歪曲した報道、警察、

これ全て鬼畜でありこの世の中で生きる価値、少なくとも「健康で文化的な最低限度の生活」を

保障されるに足る価値はないと率直に感じております。

少年法により軽い罪で社会復帰し、また、再び通常の社会生活を送らせることに価値は

まったくないと思います。無期懲役で十分ではないでしょうか?

懲役であれば作業等で少しは役に立ちますし、社会から隔離しておくことで再犯は確実に
予防できます。そしてなによりこういった少年犯罪加害者予備軍への見せしめとして社会へ、
いうなれば「児童の健全な育成」に貢献できると思っています。法によって物事の道理が規定
できないのであれば法としての役目は全くございません。書籍の中であげられたどの事件に
おきましても「落とし前がつかなくなった社会」に対しての無力感を感じさせられるばかりです。
私が卒業しました福岡県立太宰府高校におきましても在学中いじめの問題があり、
いじめ主犯格とその数人が停学処分を受けました。いじめこそしなくはなりましたが、
その後もこのときの連中の態度は一向に改まることはなく、被害者の生徒は学校の片隅で
背中を丸めた学生生活を余儀なくされておりました。書籍のような命にかかわる大きな事件に
ならなかったことを考えれば、この状況はまだ許せるのかもしれませんが、悪いことをした人間が
「犯した罪と等価値の罰」に対してけじめをとったかということが常に私の胸中にささくれのように
残っております。私が卒業しすでに15年以上経過しておりますが今の世の中、ことこのいじめの
問題につきましてはなんら根本的な解決策が講じられていないものと痛感します。
大人の嫉妬社会がそのまま刷り込まれた「子供のいじめ問題」、まずは大人自身が他人に
嫉妬することなくよりよく生きることができるよう努めるべきであると思っています。

158 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:19:41 0
子供はいろんな環境の中学び成長しています。
家族が10あれば、10様の生活、躾、教育があることでしょう。
しかしながら、その中から不幸にも犯罪に手を染める人間が出てきてしまいます。
犯罪が一度発生すると、その行為者は法的に処罰を受け反省を求められたり、また、反省の余地がなければ極刑に処せられるのは当然の社会行為です。
その行為者が未成年だから軽くしてやるとか、許すとかはどう考えてもおかしい。
学校の中に於いて校則違反で厳しくするとか、温情で処置するとかなどと、社会の中の法律を同等に見ている人が多いことに驚きを隠せません。
悪意を持って行った身勝手な犯行が、自動車事故等の過失によって発生した加害者の受ける罰より軽いのが理解できないと言うことです。
乱暴にも交通事故と比較しましたが、まだ交通事故は保険によって賠償もなされます。

その上に、過失に応じて懲役も科せられます。
しかし、今のままでは少年犯罪は法があって無いようなものとしか言いようがない。
少年が犯ろうと、成人が犯ろうと罪は同じ、刑罰も同じが本当じゃないですか。
ただ、少年犯罪は成人犯罪と区別して行かなければならない事は罪を暴き刑を科すだけでなく、
その背景を厳密に調査し、原因を解明し、次の犯罪を防ぐべく教育のあり方、社会の中の少年のあり方を考える事が必要だと思うのですが。
みんな子供はもともと良い子ばかりと言っている人もいらっしゃいましたが、どんな悪いと言われる大人も、もともとそんな子供のうちの一人だったと思うのですが?
年齢で境をもうけ犯罪を区別するのは、正常とは思えない。
もし、低年齢の犯罪を考える時、その意志があったか無かったか、善悪の区別が付いたかつかなかったか、それを、裁判等で明らかにする方が現実的じゃないのかと思います。
長くなりましたが、これからどんどん犯罪の低年齢化が進みそうな中、生ぬるいことばかり言っていたら、混乱した怖いあれた社会になってしまうのでは。
最近の子供達を見ていると少し恐怖を覚えるのは私だけでしょうか?
私は正確に調べたわけではありませんが凶悪犯罪で未成年によるものが年々増えているように思
えてしかたありません。しかもその内容があまりに残虐すぎます。
私個人としては未成年の犯罪が起こるたびに、かつて東京都の綾瀬で起こった

159 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:20:12 0
僕は殺人を犯した罪人に人権はいらない、極刑もやむをえないと考えます。確かにこの意見には反対を思う人も
多いと思いますが殺された人の人権についても考えて欲しいです。殺された人は誰だって死にたくなかったわけだし
これからの人生をもっと楽しみたかったはずです。そんな人々の生きる権利をほんの些細な理由で奪った犯人には
当然それ相応の罰が必要です。
僕には夢があります、大きな夢です、僕はあるとき死ぬのが怖いと思いました。それは何故か?
それは死ぬと言うことで自分の夢が断たれるからです。僕は一回そのせいで一種のヒステリーのようなものに
陥ったことがあります。そのとき僕は本当に悩みました死の恐怖に自分が飲み込まれそうになり溢れんばかりの
絶望感が頭を支配します。精神的にかなり参りました。今考えるとそういった経験が逆に命の大切さを僕に教えて
くれることになったと思います。逆にこういう事件を聞くと本当に心が痛みます、と同時に怒りの感情が現れます。
犯人の少年たちに「お前ら殺された人の気持ち考えたことあるんか!!」と怒鳴り散らしたくなります。そういった
被害者を供養する意でも犯人の極刑はやむをえません。
マスコミ等が少年法についていろいろ騒ぐため少年たちは少年法の存在を知り悪用に走る。ということは少年法を
改正し殺人→極刑とすればそのことについて当然マスコミ等が触れる、そうなればマスコミを通じてまた人を殺したら
極刑になると言うのが少年たちに伝わる。少年犯罪は減る。この意見を聞いてこれでは暴れる少年たちをただ法律と
言う名の鎖で縛り付けているだけだと感じる人も多いだろう、しかし生まれたときから殺人→極刑と言う意識を一般常識と
して埋め込めばなんら問題は無いだろう単純な考えだが的は得ていると思う。
もちろんこれはあくまで僕の考えであって反論も認めるしむしろ反論してくれるほうが嬉しい。
僕みたいな中学生がこんな偉そうなこと言うのは10年早いとか言われそうだけど最終的に言いたいのは命の
尊さを知れと言うことだ、命は尊く少なくともそんな些細な理由で奪っていけない、奪ったものにはそれ相応の償いを
してもらう、何もそれは少年犯罪に限ったことじゃない。そしてできれば死について深く考え悩んで欲しい

160 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:20:45 0
 まさに、「人権」を唱える弁護士は、悪の化身でしかない。 
目には目を、そういうつもりはありませんが、犯罪者の人権のみを主張する「人権擁護」派にうんざりします。
 犯罪者にも人権はある、当然です、しかし被害者にも人権はあるし、東洋の文化は、死者の人権を決して軽るんじては
きませんでした。しかし、かの自称「文化人」達は、死んだ者はしかたがないと言わんばかりです。
 人権の最たるものは、人の命です。民主的な人権擁護の社会は、この「人の命」がもっとも大切にされなければ
ならないし、決して犯してはならない、これは人類の昔からの不文律です。
 だから、犯罪者の人権といえども誰も犯すことはできないと言うのが彼らの主張ですが、不文律を守れない者の
存在を許すことができるのだろうか、たとえ子供でも!
 泥棒のはなしではないし、交通違反のことでもない、「汝殺す事なかれ」、3つの子供であっても教えなければなら
ないことであるし、破ることは許されるべきではない!
 「人権擁護」派は、犯罪者の人権を擁護し、少年犯罪者や「精神病」犯罪者の人権を擁護することで、人の命を
軽んじている。すべてではないが、少年犯罪や衝動殺人は、些細な・自己中心的な理由から人殺しが行われていることに
問題があるのであって、悩みや葛藤の中で行われてほとんどない。
 しかるに、かれらはその犯罪者の葛藤を言い立てる、人を殺して何も感じなければ、鬼畜である。
 少年法は改正されるべきだ、それは命を奪う事に対しては、一切の免責をしてはならない、子供にペットの動物を
殺して良いと教える親がいるだろうか、分からない子供がいるだろうか、「理論」とやらを唱えるから分からなくなる、
物事はそんなに難しくはない。
 人の命は山よりも重い、故人はそう言った、彼らは「人権擁護」派ではなかったかもしれないが、人の命と大切さを説いた、
頭をかいてすむことではないのだ。
 償わなければならない!
 自動車事故で人を死なせた加害者が、墓参りをする。聞いたことはある。
 しかし、殺人者は、少年であることや心神耗弱を理由に、無罪を勝ち取ること、人権派弁護士が加害者にさせていることは
こうした「償い」である。
 加害者は、人の命の大切さを思うのだろうか、確かに自分の命だけは大事にするかもしれない。

161 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:21:16 0
東京の中野富士見中学の鹿川君が,盛岡駅で首を吊った事件.これは当時,悲惨ないじめ事件として話題になりましたが,
ところが,ご両親が訴えた裁判では,一審判決で『成長過程のエピソード』として敗訴。次の東京高裁では覆されたものの,
人の命の尊さを教えるべき教師が『葬式ごっこ』の悪ふざけに荷担していたことを追及しないのが『法の番人』なのか,
と思わせられる奇妙な判決です.教師は法律上の有資格者です.特別な責任を課せられているわけですから,
そういった教師から教員免許を剥奪するくらいの判決をするのが,司法の任務です.
それから,山形マット殺人。山形県新庄市の中学で起こった,マットに巻かれて児玉有平君が亡くなった,いや殺された
事件.容疑者として捕まった7人のうち4人が仙台高裁で無実を主張事件は驚くことに『少年の冤罪事件』として注目を
浴びることに.無論彼らを真犯人と断定することは出来ないかも知れないが,だからといって亡くなった児玉君のことを
問題にせずに捕まった少年の行為だけが世間の注目の的となるのは事件の経過としては通常とまったく異なる
扱い.事件の真相追及は本来,被害者の権利回復のために行われるものであるはず.ところが学校で起こった事件に
関してはこの点があいまいにされやすい.マットが勝手に動いて人を巻き込むなどということはありえないのだから
児玉君の死は誰かの行為による被害であるはず.その加害者が誰かということを明らかにするという当然の目的を
逸脱してまで冤罪性のみを追及するマスコミは『子どもの権利のために』平気で他の子どもの権利を犠牲にしている.
大阪梅田の阪急百貨店で山形県の食品のイベントがあったとき,たまたま新庄から来た店の人にこの事件について
たずねたところ,本当に嫌な顔をして『あれは事故』と言い切っていた.

今の犯罪被害者支援活動は果たして,こういう人を救済するのでしょうか?

そもそも『犯罪』とは何でしょうか.『法に触れる行為』というのが最も一般的な定義と思われます.が,
実際の日常生活では,法に触れるすべての行為が犯罪とみなされるとも限りません.
(例えば,事故にかかわらない信号無視とか,18歳の学生の飲酒とか)駅に行くと『痴漢は犯罪』,人里離れた山中の
道路には『不法投棄は犯罪』と書かれてあります.

162 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:21:46 0
かっては、少年が、金を脅し取った後に
、被害者に暴行を加えたときは、窃盗および傷害の容疑で検挙されていた。しかし、警察は「悪質な非行には厳正に対処、
補導を含む強い姿勢で挑む」(1997年6月3日の全国警察少年担当課会議での関口警察庁長官の発言)という方針を
打ち出して、強硬方針をとるようになった(服部朗・佐々木光明、2000年、668頁)。それを受けて、警察庁は、
8月には「少年非行総合対策推進要綱」を制定し、少年事件に係る捜査力の強化を掲げ、悪質重大な少年犯罪に
対しては、まさに組織として取り組むことを宣言した。そこで、少年を検挙する場合でも、より重い罪名で行うようになった
のである。例えば、中古のCD(Compact disk)を売っている店で、19歳の少女が、CDを万引きしたのが見つかり、
逃げるときに店員を突き飛ばした場合でも、事後強盗で被害者を負傷させたという理由で、強盗致傷で検挙するように
なったのである(寺尾史子、1999年、224頁)。このような重い罪種の適用という形のrelabelingを通して、警察は、
実態以上に、統計の上で強盗の数を増やして、社会に少年犯罪の凶悪化を強く警告したのである5)。そのために、
普通の人が「凶悪な強盗」と考えないような事件も、犯罪統計の上では、強盗事件に含まれるようになっている。
日本では、強盗といっても、前述の事例のような些細な事件が、多く含まれているのである。
なお、1995年から1998年にかけて、少年警察活動のnet wideningで、主要な罪種の多くが激増しているのに、
恐喝は6.8%しか増加していないことが注目される。これは、おそらく、relabelingによって、これまで恐喝とされていた事件が、
強盗として処理されるようになったことを反映しているであろう。その典型が、「ひったくり」事件である6)。
 殺人については、神戸市の14歳の中学生が、1997年の2月から5月にかけて、2件の殺人事件と3件の傷害事件を
起こし、それが社会的に大きな注目を集めた。特に被害者の小学生の首を切断し、それを校門に晒すという、
前代未聞の行為をしたので、人々に大きな衝撃を与えた。この凶悪な犯罪を犯した少年に対しては、
厳罰で対処すべきという声が、高まつた。しかし、現在の少年法の下では、16歳未満の少年の場合には、
検察官送致が出来ないことになっていた。

163 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:27:53 0
「特に深刻な被害を受けている性犯罪等身体犯の被害者、殺人事件・死亡ひき逃げ事件の遺族及び
少年の被害者に重点を置くこと」という方針が打ち出された(『平成9年版警察白書』1997年、262頁)。
これを受けて、各都道府県の警察は、被害者や遺族を対象とする相談およびcounselingの体制を整備することになった。
 特に性犯罪については、「身体的な被害にとどまらず精神的にも極めて重い被害を与える犯罪であるが、
羞恥心等から被害者が警察に対して被害申告をためらいがちになるため、被害が潜在化する傾向にある」
(前掲書、264頁)という 認識から、積極的に対策を採ることになった。被害者と同性の警察官によって、
事情聴取や鑑定を行うようにしたほか、日本にはUnited KingdomのVictim Supportというような
被害者支援組織が未整備なので、同性の警察官が病院への付き添いなどをするという、
被害者の精神的負担を緩和する施策も講じることになった8)。また、被害にあった女性が、
被害届を出したり、相談を受けやすくするために、女性の警察官が駐在する女性相談交番を、
設けることにした。さらには、適正で強力な性犯罪捜査を推進するために、
性犯罪捜査指導官及び性犯罪捜査指導係を設置した。このような体制の整備により、
従来潜在化していた強姦の被害が顕在化し、その結果、強姦によって検挙された少年の数も、
増加したものと思われる。
 日本では、不況の1990年代においても、性風俗産業が繁栄を続けており、そこでの売春は、
一層巧妙となっていった。売春の蔓延と、性の自由化の意識の広がりによって、女子少年の側でも、
売春への抵抗感が薄れていった。その中で、女子少年による援助交際という形での売春(男性と断続的な
性関係を持ち、小遣いをもらうという形の売春)が、社会的に注目されるようになった。「遊ぶ金欲しさ」を
動機とする性の逸脱行為で検挙・補導された女子少年の数は、1993年の818人から増え続け、
1996年には2,517人とpeakを迎えたのである(『平成10年版警察白書』1998年、114頁)。
 最近、特別刑法違反で注目されるのは、薬物事犯である。1995年と1998年の少年検挙人員を比較すると、
覚醒剤事犯は1,079人から1,069人へ、大麻事犯は189人から125人へ、thinner等の乱用は5,456人から
4,496人へと変化している(『平成8年版

164 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:28:24 0
 最近、特別刑法違反で注目されるのは、薬物事犯である。1995年と1998年の少年検挙人員を比較すると、
覚醒剤事犯は1,079人から1,069人へ、大麻事犯は189人から125人へ、thinner等の乱用は5,456人から
4,496人へと変化している(『平成8年版警察白書』1996年、104頁、『平成11年版警察白書』1999年、77頁)。
1995年から1998年にかけては、刑法犯で検挙された少年の数が増加したのであるが、薬物事犯で検挙された
少年の数は、増加していなかったのである。薬物の乱用は、victimless crimeの一つであり、被害者からの通報を
期待できないので、その検挙数には、大きな暗数が存在していると思われる。そのために、断言は出来ないが、
おそらく、thinner等の乱用は、実態においても、1983年の非行の第3のpeak以降、減少しているのであろう。
 1990年代の後半では、少年の覚醒剤事犯の動向が注目された。覚醒剤で検挙された少年の人員は、
1994年の827人から、3年連続して上昇し、1997年には1,596人に達したのである。この時の増加は、
警察活動の活発化というよりも、実態を反映していたものと思われる。薬物というような禁製品の取引は、
需要と供給の関係を考慮する必要がある(Yokoyama, 1991:2)。まず、供給の面から分析すると、
1990年からの長期の不況で、良い働き場所を失った来日外国人、特に、Iran人が、覚醒剤の密売に
携わることになった(Yokoyama, 1999b:203)。当初は、暴力団の密売末端組織で覚醒剤を売り始めたが、
その後、彼らの独自の密輸および密売の組織を持つようになった。従来覚醒剤の密売をしていた、
暴力団関係の日本人の売人は、任侠道の精神の影響のためか、少年に積極的に覚醒剤を売るようなことをしなかった。
しかし、そのような文化を共有していないIran人の売人は、覚醒剤を少量に分けて、それを比較的安い価格で、
駅前や繁華街において少年に積極的に売りつけた。他方、日本の少年は、西欧の文化へのあこがれがあるので、
好奇心から、「S」とか「speed」とか言う名前で呼ばれるようになった覚醒剤を、覚醒剤とは認識せずに
、Iran人の売人から買い求めることになった(『平成9年版警察白書』1997年、111頁)。また、女子少年の間では、
「diet効果がある」ということで、覚醒剤が乱用されるようになった。

165 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:28:54 0
 彼らは少年育成の更生等と綺麗事ごとで罪を清算できるような人間ではありませ
ん。彼らはいかに逃げ道を作るか、そして、いかに自分のいいようにこれからを生き
ていくことししか考えていません。(確信を持って)彼らは弁護士という存在を都合
のいいものとしか考えておらず、裁判官、少年院ではいかにも更生してこれから真面
目に生きていくと言っておきながらしゃばにでれば、もと通りに戻ってしまいます。
以上の事から考えても、人の生命を奪った人間及びそれに近い行為(強姦、監禁等)
を犯した人間には死刑を与えてるべきです。そして実名公表を!!自分のやったこと
は家族、親戚にも迷惑をかけるのだということを絶対しらしめるべき。また、民事裁
判においても彼ら自身に損害請求をおこなうべき。暴走族の行為で迷惑のかかる車
(特に運搬関係)には会社自体彼らの行為で倒産になりかねない。これほど泣き寝入
りしている被害者が多い国は資本国では日本ぐらいではないか?極端なことを言えば
彼らは人間の血が流れていない悪魔といっても過言ではない。こんな悪魔を助長させ
てしまえばそう遠くない将来日本は必ず滅びる。 今の不況、治安の悪化は無責任な
人間(訳のわからない権利意識の高い、協調性のない人間)の増長がもたらしている
部分もあるのではないか?その象徴がいまの少年だと思う。学校でも昔は間違った方
向に行けば、先生が顔を殴ったものだった。いま、それをすれば、親がしゃしゃりで
てきて教育委員会、最悪、マスコミに報道され教職生命がいとも簡単に奪われてしま
ういまの日本。これでは、思い切った仕事ができない先生はあまりにも気の毒である
し、ますます、つけあがる子供が絶対増えてくる。学校のルールを守れない奴に世間
のルールが守れるのか疑問だ。今、日本はすべて(警察、学校等)において悪化の一
途をたどっている。いまこそ、みんなが団結、助け合って日本全体を救わなければな
らない。それには将来を担う少年の健全育成は不可欠である。いまこそ(特に治安の
悪化に手を貸しているとしか思えない一部の弁護士は特に)みんな目をさましてみん
なが笑って生活のできる環境を築いていこう。

166 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:29:28 0
 近年、正義を否定する言論人たちは、大概「『正義』は価値観の絶対化だ」という
文脈で正義の概念を批判します。しかし、実は正義とは、価値観の絶対化にはあたら
ないのです。

 正義について研究しているアメリカの哲学者ジョン・ロールズをとりあげた『現代
思想の冒険者たち23 ロールズ──正義の原理』(講談社)という本があります。
(この本を書いた川本隆史氏という人は、東大で博士号をとった文学博士だそうです)
 この本によると、ロールズが言う「正義」とは、良心の自由(←ここでは信仰の自
由のことを表す)、思想の自由、政治的自由、言論や集会の自由といったものを、平
等に人々に分配することが「正義」なのだそうです(これはロールズの「正義の二原
理」の一原理目)。
このことはこの本の裏表紙のカバーにかかれていますし、本のなかのあちこちにも書
いてあります(290ページなど)。

 つまりロールズは「正義は『信仰の自由』『思想の自由』を平等に人々に分配する
ものである」としているのです。
 多くの言論人たちは、「価値観の絶対化だ」といって正義を批判します。
しかし、ロールズが言うように「信仰の自由」「思想の自由」を平等に与えるのが正
義だとなると、正義は価値観の絶対化にはあたらないでしょう。正義否定論者の言い
分は、やっぱり筋がとおらないといえます。
 多くの今の言論人は、このことを知らないで正義否定論を世に広めてしまい、結局
は少年犯罪の遠因を作ってしまったのではないでしょうか。
 いま出ている『週間金曜日』という雑誌で、宮崎駿氏と筑紫哲也氏の対談がのって
います。この二人は、ここでまた正義否定論をとなえています。この批判も、「『正
義』は価値観の絶対化だ」というような文脈の批判です。ロールズの正義の原理を考
慮すれば、この2人の意見はおかしいことがわかります。
 国民的映画監督の宮崎駿氏がこういうことをいわれると、この意見が青少年、ひい
ては社会全体に与える影響はおおきいでしょう。なので、これは問題ではないでしょ
うか。

167 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:29:58 0
少年犯罪はヤリ得を生んでいます。
このヤリ得は、次の犯罪を誘発します。
これを防ぐには、刑法を厳しくすることも大切ですが、なかなか法律を変えることは
大変で、法律家も保守的なものらしいです。

そこで、少年犯罪の刑事裁判としての甘さを、民事事件の損害賠償請求で補うことを
徹底化することも一策ではないでしょうか。
もちろん、お金で悲しさ、悔しさを補いきれないことも事実でしょう。

しかし、少年が少年であるが故に罰が甘いなら、その責任は親、あるいは将来のその
少年自身にあるのではないでしょうか。

親や少年自身に損害賠償請求をしてください。
そうすればヤリ得を考え、法を厳しくしたがらない人も法を厳しくすることを考える
と思います。ここが重要です。
刑事裁判の欠陥を民事裁判で補った判例は、沼津のイジメ恐喝自殺事件や、先日も、
女性の殺人放火事件でもあります。
多くの少年犯罪被害者が、一斉に少年の親や少年自身に損害賠償請求をすれば、他人
に無関心な人達に衝撃を与え、世論が動きます。
賠償請求の目的をはっきり明言して、請求すれば、少年法改正に一役割します。
それが次の少年犯罪被害者の賠償請求や闘う気迫につながり、ヤリ得は減り、少年犯
罪減少にもつながると思います。それが目的です。
人を殺した子供は、やがて大人になり、結婚して子供をつくります。
人殺しの親は孫の顔を見ます。
殺された親は、子を失い、孫も失うのです。こんな理不尽が当たり前に通してはいけません。
加害者は一生を犠牲にして、被害者に償うのです。
自動車事故でさえ、一生を捧げて償っているではありませんか(保険に入っていない場合)
あくまで、甘すぎる少年法に抗議するためです。
ヤリ得させてはいけません。泣き寝入りもいけません。
また、ただ刑罰を重くしろと叫んでいるだけでも物足りません。
加害者の一生は、被害者に捧げられるべきなのです。この辺りの法律は整っていると
思います。

168 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:30:29 0
 少年犯罪に対する司法の対応において、私が一番疑問に思っている事は、加害者の
人権のみが不当なほど保護されているという点で
す。「少年には未来があるから守らなければ!」とでも、賢い自称・人権派の方々は
思っていらっしゃるのかな?私に言わせれば、それ
こそただの自己満足としか思えない。ならば、殺されたり、傷害を受けた者には人権
はないのか。特に少年同士の事件の場合、報道機関
もニュースソースの不足に困るのか、被害者の交友関係とか私生活の部分を面白おか
しく書き立てる傾向が強いですね。最近では「神戸
の酒鬼薔薇聖斗事件」の時それを強く感じました。これでは、どちらが被害者かわからない状態ですね。
 「信賞必罰」この概念で少年法を改正しない限り少年犯罪の凶悪化を止める事は不
可能でしょう。極論を言えば未成年の時に10人殺し
ても20才になれば犯罪記録は処分され、書類上は「前科なし」となるのですから。
戦後の「日本国憲法」施行後、未成年の時に起こし
た刑事事件で死刑になったのは「連続ピストル射殺事件」で5人を殺害した永山 則
夫(死刑執行済み・犯行時19才だった。)ただ一
人なんですから。未成年者の場合、他人を2〜3人殺害しても死刑を求刑される事は
ほぼ100%ないでしょう。実名を報道される事も
なく、どんなに凶悪な犯罪を起こしても死刑になる事はない。これでは、「悪い事は
未成年の間にどんどんして下さい。」と奨励してる
ようなものです。江戸時代に5代将軍 徳川 綱吉が発布した「生類憐れみの令」と
同じぐらいの悪法ですね。これからは、現行の少年
法は「未成年者憐れみの令」とでも呼びましょうか。
 実例をひとつ、私の昔の顔見知り(あまりにも性質が悪すぎるので間違っても知り
合いなどとは呼びたくない。)「H」としておきま
しょうか。彼の場合、借金癖というか寸借詐欺の常習犯だったのです。何回も警察に
検挙されてもやめない、いや一種の習性みたいにな
ってしまっていたんです。親しい人間相手でも平気で寸借詐欺を繰り返していまし
た。Hを見て私は思いました、「世の中には社会生活に先天的に向かない奴がいるんだなあ。」と。

169 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:32:34 0
人間の屑
生きていてはいけない生物

宮野裕史小倉神作悦子譲湊靖人ます子恒治伸治渡邉恭史
垣東孝一岩井哲夫星寿和・・・

地獄へ落ちろ
自殺をして損害賠償金を払え





170 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:35:08 0
 少年犯罪に対する司法の対応において、私が一番疑問に思っている事は、加害者の
人権のみが不当なほど保護されているという点で
す。「少年には未来があるから守らなければ!」とでも、賢い自称・人権派の方々は
思っていらっしゃるのかな?私に言わせれば、それ
こそただの自己満足としか思えない。ならば、殺されたり、傷害を受けた者には人権
はないのか。特に少年同士の事件の場合、報道機関
もニュースソースの不足に困るのか、被害者の交友関係とか私生活の部分を面白おか
しく書き立てる傾向が強いですね。最近では「神戸
の酒鬼薔薇聖斗事件」の時それを強く感じました。これでは、どちらが被害者かわからない状態ですね。
 「信賞必罰」この概念で少年法を改正しない限り少年犯罪の凶悪化を止める事は不
可能でしょう。極論を言えば未成年の時に10人殺し
ても20才になれば犯罪記録は処分され、書類上は「前科なし」となるのですから。
戦後の「日本国憲法」施行後、未成年の時に起こし
た刑事事件で死刑になったのは「連続ピストル射殺事件」で5人を殺害した永山 則
夫(死刑執行済み・犯行時19才だった。)ただ一
人なんですから。未成年者の場合、他人を2〜3人殺害しても死刑を求刑される事は
ほぼ100%ないでしょう。実名を報道される事も
なく、どんなに凶悪な犯罪を起こしても死刑になる事はない。これでは、「悪い事は
未成年の間にどんどんして下さい。」と奨励してる
ようなものです。江戸時代に5代将軍 徳川 綱吉が発布した「生類憐れみの令」と
同じぐらいの悪法ですね。これからは、現行の少年
法は「未成年者憐れみの令」とでも呼びましょうか。
 実例をひとつ、私の昔の顔見知り(あまりにも性質が悪すぎるので間違っても知り
合いなどとは呼びたくない。)「H」としておきま
しょうか。彼の場合、借金癖というか寸借詐欺の常習犯だったのです。何回も警察に
検挙されてもやめない、いや一種の習性みたいにな
ってしまっていたんです。親しい人間相手でも平気で寸借詐欺を繰り返していまし
た。Hを見て私は思いました、「世の中には社会生活に先天的に向かない奴がいるんだなあ。」と。

171 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:35:39 0
私は正確に調べたわけではありませんが凶悪犯罪で未成年によるものが年々増えているように思
えてしかたありません。しかもその内容があまりに残虐すぎます。
私個人としては未成年の犯罪が起こるたびに、かつて東京都の綾瀬で起こった「女子高生コ
ンクリート詰め殺人事件」が常に思い出されます。当時私は高校生でしたので被害者や加害者と
ほぼ同年齢でした。「同年代の人間がそんな酷いことをするのか」とショックを受けました。
しかし、当時報道された事件の内容はあまり詳しいものではなかったかと思います。
私の憶測になりますが、その内容があまりに残虐すぎて、当時報道できる範囲をはるかに超えてい
たためだと思います。また事件を掘り返すことにより被害者とその遺族をさらに苦しめることを避けたとも思えます。
ですが、一般はおろか被害者の遺族でさえ加害者の顔も名前も知らないのが現状で、今現在も
それについては全く変わっていないようです。
少年少女加害者の更正後、社会に復帰する弊害にならないよう法が定められているのは分かり
ます。ですが、昨今の凶悪犯罪を思い返すと率直に「更正などするはずがない」と思ってしま
います。それに被害者の遺族の立場で考えれば「更正などして欲しくもない」と思ってしまいま
す。私の主観的な意見なので
ですが、あまりに残虐な手段によって人権を侵害して更正などする権利などはないと思えて仕方ありません。
それと、少年少女の責任能力に関しては、現在においては十分にあると思います。現在では
沢山の情報が色々な手段で入手でき少年少女の思考能力は十分に善悪を判断できるレベル
ではないでしょうか。過去に起こった数々の事件でも加害者は十分に大人のレベルで物事の善
悪を判断できたのではないかと思います。年齢だけで判断してしまうのはナンセンスに思えて仕
方ありません。「性的な欲求」「ストレス」「家庭内の不和」など衝動的な原因はあっても、それが
決して犯罪に結びつくとは思えません。これまでに起こっている凶悪犯罪はほとんど計画的と
言えるのではないでしょうか
加害者が被害者に被害を加える際それによって被害者はどうなるか?ある程度予測がつい
ているケースがほとんどです。この時点で既に衝動的ではなく計画的だと思えます。

172 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:36:09 0
幾つかの事件の概要を拝見させていただき、ここしばらく寝付けません。
悲しみ、悔しさ、憎しみ、後悔、いろんな感情が入り乱れます。でもきっと毎日のようにおこる事件
に流され、だんだんに過去の記憶へと変わっていくのだと思います。被害に合われた当事者の方だ
けが、いつまでも癒えぬままに、ずっとそこで止まってしまったはずです。もうたわいも無く笑うこ
とも奪われたのではないでしょうか。
せめて早期に法の改正をと願ってやみません。私は死刑でも軽いと思っています。命を奪ったの
だからという理由の元で死刑になるのですから、死に対して納得もできるでしょう。しかし理由無く
命を奪われた方の無念はそんなもので補えるはずもありません。
死刑廃止論などを唱える方もいます。しかし大半は死刑肯定といいます。ではなぜすぐに変わら
ないのでしょう。もし未成年者の死刑など法の改正をした場合に何か不備が生じて、皆その責任を
負うのが嫌だから、少しずつ様子を見ながらしか事が進まないのでしょうか。
誰を守るための法律なのでしょか。実験のように、誰かがまた尊い命を奪われなければ変えてい
くことが出来ないのでしょうか。
いっそのこと「殺人者は全て死刑」と大々的に法を改正して、どう変わるか見てみたらいいのにと
投げやりに考えてしまいます。

それから・・これは一案ですが、被害者の方の寄付をインターネットのトップページで行うように、
どこかの企業に協力を要請してみてはいかがでしょうか。被害者の方が金銭的にも不利な立場
におられると最近になって知りました。無知ですいません。しかし私のように知らない人が大勢居
ると思います。逆に言うと、犯罪者へは税金が使われていると言うこともご存じない方はおられる
のではないでしょうか。
津波の募金で、欧米では一週間足らずで、日本国家の支援以上の金額の募金が集まったと新聞
か何かで読んだことがあります。その理由は募金への呼びかけの徹底にあったと。中でも私が
驚いたのは、ネットのトップページに募金の呼びかけがあり、クリックするだけで、100円ないし300
円程度の募金が出来るという手軽さが要因になっていると。
日本ではヤフーが募金を呼びかけたりはした

173 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:36:43 0
私は現在の悪いことをした人間がやったもん勝ちみたいの世の中は悲しく変更が
急務だと思います。特にこの前刑法改正法案が国会に
提出されることになったそうですが、まだ妥当性を欠いた法改正だと思います。
というのは例えば集団強姦にしても下限が2年から3年に引き上げられたのですが、
果たしてそれで国民一般の方感情を満たしていると思っているのか非常に疑問です。
長い時間議論を重ね謝金や人の労力を考えるとこの改正にかかり大きな予算が動いていると
思います。その結果が1年の差というのでは能力無い人間の集まりと言わざるを得ません。
一番感じるのは先ほども少し述べましたが、一般国民の法感情と法改正にかかる専門家との
意識の莫大な乖離です。本当に常識ある人間が改正に携わってるとは思えません。
無能力であり常識を欠いた人間の集まりではないでしょうか。刑法が作成されたのは戦前であり、
いわゆるdueprocess法律の手続きが整っていないときの話でした。フランキー堺が主役で
あったドラマ「貝になりたい」のようにろくに犯罪をしたという証拠もないのに警察官がでっち上げ
で捜査を行い、それが判決になったあまりに妥当性を欠いた部分がありました。ところが現在では
凶悪犯罪が激化し、警察の捜査も現在の刑事ドラマにあるような、脅しのようなやり方の捜査は
実際ほとんどなく、不祥事を起こす一部の警察官のみが違法な捜査をしているのが実情です。
つまり今の刑法は現在の実情には全く合わないものであるわけです。
凶悪犯罪がさまざまと移り変わる中で、何十年も刑法の改正が行われないのは異常としか
言い様がありません。それを一部の専門家が気づいているのかは非常に疑問ですが、
相当の能無しといえるのではないでしょうか。少し言葉が汚くなりました。現在の刑法の根本は
社会の秩序維持と加害者の応報にあります。応報であるからこそ被害者を除外した冷静な裁判を
目指しているのでしょうが、本当に被害者は全く除外すべきなのでしょうか。
民事訴訟においては当事者主義が中心に据えられ双方の意見が重要視されます。
同じようにとはいいませんが、根本は被害者の気持ちではないかと思われます。
過ちを犯した人に対して死んでしまえというのが被害者の親族の率直な願いでしょうが、

174 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:37:14 0
 重大な非行・犯罪の発生を促進あるいは阻止する条件を、三つのレベルにわけて考えることが、
非行・犯罪発生の原因を探るために有効だと思う。主体的条件のレベル、
発生の直接契機(きっかけ、引き金)あるいは阻止の契機(引き留め)のレベル、
実行への方法や道具のレベルの三段階である。
 第一に非行・犯罪の主体的条件である存在意味喪失感は小さくなっていない。
 第二に非行・犯罪発生の直接の契機となる葛藤と孤立は少なくなっていない。[11]
 第三に、上のような条件や契機があって非行・犯罪実行に近づいたとしても、それを実行するため
の道具を獲得できなければ、実行は成功しない。非行・犯罪実行方法としてのイメージや言語、
実行手段としての凶器などの道具によって、非行・犯罪の発生件数も質も変わってくる。
犯罪イメージや言語の情報はあふれている。今後もしも銃器が容易に手に入るようになったら、
凶悪犯罪発生は急増するであろう。
 常識的感覚的凶悪化論ではなくて、少年の非行・犯罪について、もっと詳細な情報を整理する
必要がある。
ところが七〇年代になって、高校進学率は九〇%を超え、高度経済成長も終わる。
経済的豊かさは、実現されれば当然の日常となり、高校卒業も当たり前のことになる。
他方では、過剰な生産と過剰な消費が自然環境と社会を蝕みつつあり、そういう事態がハッキリ
してきたのに、どうすることもできない。社会の次の課題、歴史の課題が、見えなくなる。
青年が参加するに足る価値ある社会が見えなくなる。見通しを失った青年の新たな苦しみが、
ここから始まったのである。
 家庭で子どもたちの役割がなくなったことも、存在意味喪失感をもたらしているに違いない。
一世代前までは、ほとんどの家庭で、子どもは一〇歳にもなれば家族生活を支えるために
どうしても必要な仕事を割り当てられていた。その仕事を子どもは嫌々やっている場合でも、
自分が必要とされ、当てにされているんだと感じたし、親から喜ばれれば、存在の充実を感じた
であろう。しかしいまや、子どもは愛情の対象ではあっても、役立たずであり、厄介者である。
 しかも進路・職業選択は制度的形式的条件からすれば自由になっているのに、
偏差値という幻想の怪物ににらまれて心も体も動きがとれなくなっている。

175 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:44:00 0
少年法という稀代の悪法に守られて悪ガキがやりたい放題、其れを阻止すべき警察官が似非人権屋の横槍で手足をもがれ、拳銃を取り出しただけで、懲戒免職させられる(長野県警)始末では、犯罪者の高笑いだけが響く世の中に成ります。
 まったくもってその通り。少年法は未成年者の犯罪の免罪符になっている。
 少年法が適用されるのは小学校低学年までで十分。イギリスでは10歳から大人の法律が適用、実名報道もされる。
 それと同時に似非警察官・裁判官ばりのテレビ局も規制する必要がある。
 これらテレビ局はいまや殺人などをじゃんじゃん放送する犯罪ゲームセンターに成り下がっている。
 こんなテレビ局に犯罪者を糾弾・非難する資格などないのだ。
 自分たちの放送する番組は視聴率稼ぎ、金儲けのために表現の自由を悪用して逃げ回り、自分たちはすべて正しいかのごとく振舞っている。
 よくゲームの内容が残虐だからと言って自治体で年齢制限を要求するがテレビに関しては全くそのような動きはない。普通はゲーム以上に身近なテレビこそ規制されるべき存在のはずだ。
 いくらゲームを規制しようともテレビで犯罪をじゃんじゃん流している以上、ゲーム規制など効果があるはずがない。
 今、日本の家庭はゲームがなくてもテレビ局という「犯罪ゲームセンターを何の危機感もなく受け入れている」ことを認識しなければならない。
賛成です。
でもメディアで犯罪情報の垂れ流し、これは見落としていました。
そういえば、以前にTVドラマを参考にした犯罪があったと記憶しています。
メディア規制法で犯罪に関する番組等を規制するようにする必要が
そろそろ必要ではないかと思います。
そして、メディアの番組の中から参考にした犯罪が出た場合は、そのメディアも
同罪として罰を受けるようにしたらいかがでしょうか。
犯罪のヒントを垂れ流し、その結果については知らん振りのメディアも問題があることを認識させるために重要なことだと思います。

176 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:44:31 0
「子供」がいないと言う事は、「子ども」や「その親」に対し、冷静な見方をすることも事実です。
事件が発覚する度に「私(親)は知らなかった」「うちの子は悪くない」「うちの子を信じてる」
とただ繰り返す、親たち、、、以前の黒磯の事件では、殺人に手を下した餓鬼(子どもと言え
ません)の親(公務員)がテレビで「殺された、、君が一番の被害者でうちのお子様は二番目の
被害者です。うちのお子様は気の弱い子です。これから裁判で真実を明らかにすれば判ります。」
と信じられない事を言っています。被害者の遺族は必ずと言って損害賠償請求を起こします。
通常、判決はそれなりの金額の支払いを本人やその親に命じます。
しかし、何人の餓鬼や親が支払うのでしょう。本人が月々僅かな金額を30−40年無利息払い、
親は自己破産、はまだ良いほう、知らん顔で払わない、行方不明の例が多いと聞いた事があります。
裁判所はその回収に対し、何の責任も持ちません。
先ほどの黒磯の例はどうなったのか知りません。
しかし、「」の事を言う親なら、多分払わないでしょう。
「うちのお子様の全ての罪がなくなる出所後の更正とこれからの将来に金が掛かるので、
賠償は払えない」とこう来るような気がします。
すぐにでもしてもらいたい法の改正は難しいと思います。せめて、その親の財産を差し押さえ、
被害者に対し払わせたい。そして、足りない部分は本人に何年掛けても支払わせたい。
そうすれば、せめて、守るものがある親にだけにでも警告になるのではないのではないでしょうか?
もうひとつ、、追加です。事件が起こると必ずその学校の担任、教頭、校長が入れ替わり出てきて
オウムのように同じ事を繰り返します。「まったく気づきませんでした。遺憾です。
以後はこのような悲しい事件は二度と云々、、と これは明らかに嘘をついていると思います。」
 ただ、世間を騒がす(世間が騒ぐ)凶悪事件を起こす少年、少女は、その多くは歯止めが
かかりません。罪を犯した少年、少女は、家庭、学校などの社会的要因に大きく影響され、
凶悪犯として“追いやられて”います。彼、彼女らが追いやられる前に、我々社会で、
事前に守ってあげなければならないと、そしてそれが我々の義務であると、自分は思っています。
起きる前に

177 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:45:01 0
『追い詰められた子供は、弱い者だとされる人(例えば、社会的に「弱者」だと認知されているような
ホームレスの方、より小さな子供、少女)に刃を向けます。自分に刃を向ければ・・・それは自傷行為
であるリストカットや薬物の過剰摂取になります。それを外に向ければ・・・
それが人であるならば殺人・暴行・いじめになるのでしょう。』

この部分は本当にその通りだと思うのですが、追いつめられたからといって、
他人に刃を向けてもよいという理由は何一つなく、正当化される理由は何もないということなのだと
思います。
また、いじめというのも状況によって、十分に犯罪だと思いますので、いじめの被害者がまた
加害者になるという悪循環を立つためには、小さな罪のうちに厳しく指導及び処罰されて、
絶対してはならないものだという認識をさせる必要があると思います。
私は、いじめのせいで不登校になったり、転校を余儀なくされている生徒がいるとうことを、
報道等でなされている現状から、この部分においても、現状では加害生徒に甘いことが、
次の犯罪を誘発することにつながっていると思うのです。

『そんな切羽詰っている子供に「死刑は必要」としてもあまり意味はないのではないでしょうか。
「自分なんかどうなってもいい、死んでも良い」そこまで自分の価値を否定する子供が、
「死刑があるから・・・殺人はやめておこう」と思うでしょうか?』
少年事件の背景をよく見つめていくことは、大切なことだと思います。
少しでも犯罪を少なくしていくには、事件の背景を分析して、事件を誘発しにくくするということと、
起こしてしまった事件については、起こした罪に相応の罰を受けて責任をとるという両方が大切で
あると思われるからです。
私は、この掲示板に投稿されている皆さんが感じられていることは、両面が大切なのだが、
相応の罰を受けるということおいて、まだまだ不十分であるということだと推察致します。
その後もこのときの連中の態度は一向に改まることはなく、被害者の生徒は学校の片隅で
背中を丸めた学生生活を余儀なくされておりました。書籍のような命にかかわる大きな事件に
ならなかったことを考えれば、この状況はまだ許せるのかもしれませんが、悪いことをした人間が

178 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:45:35 0
 新聞の投稿欄などにも「最近の若者は・・・」という記事はよく目にします。
しかしそんなことを言ったら○阪市職員の厚待遇問題、社○保険庁の年金の無駄遣いなどに代
表される大人のモラルはどう説明するのでしょうか。
4月に起こったJR西○本の脱線事故では、会社の不祥事が次々と問題になり、会社は日本中
から批判を浴びています。
しかし我々はあの痛ましい事故を一つの会社の問題としてでなく、日本社会全体の縮図として
一人ひとりが当事者意識を持ち、真剣に考えていく必要があると思います。

 時代の流れと共に代わったのは明らかに子どもを育てている大人であると感じています。
もちろんその大人とて昔は育てられる立場にあった訳ですから問題の根元はもっと過去にさか
のぼると思いますが・・・。
要するに大人が子どもの見本にならなくなったということだとおもいます。
物事の商品化が進み、介護はおろか育児に関しても外注意識が高まってきた昨今。
河合隼雄氏は『父親の力 母親の力』(講談社+α)の中で家庭が家でやるべきことを何もせず、

その役割を学校に押しつけている親の状況を指摘しています。
「子どもの同級生が家に遊びにきたので、おやつをごちそうしたところ、おやつを期待してくるよう
になり、負担でたまらない。うちの子どもも学校でおやつに関して注意を受けたことがないと言っ
ているから、学校から、人の家に行ったときにはおやつを食べないように、という文書を全家庭に
対して出してもらいたい」
ただ少年犯罪という問題を考えていく上で、少年犯罪だけを切り離して考えることはできないのでは
ないかと近頃考えています。
私は今、仕事で障害を持った子供たちと接しています。
この仕事を始めて今年で3年目になりますが、仕事をしてつくづく感じることは「子どもはいつの時
代も変わらない」ということです。
十代半ばかそれ以降に凶悪犯罪を犯した少年だって、純粋無垢な時代は必ずあったということ
です。
懲役であれば作業等で少しは役に立ちますし、社会から隔離しておくことで再犯は確実に
予防できます。そしてなによりこういった少年犯罪加害者予備軍への見せしめとして社会へ、
いうなれば「児童の健全な育成」に貢献できると思っています。

179 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:46:06 0
皆さんの意見等を拝見して賛成反対いろんな思いが脳裏に渦巻きます。
子供はいろんな環境の中学び成長しています。
家族が10あれば、10様の生活、躾、教育があることでしょう。
しかしながら、その中から不幸にも犯罪に手を染める人間が出てきてしまいます。
犯罪が一度発生すると、その行為者は法的に処罰を受け反省を求められたり、また、反省の余地がなければ極刑に処せられるのは当然の社会行為です。
その行為者が未成年だから軽くしてやるとか、許すとかはどう考えてもおかしい。
学校の中に於いて校則違反で厳しくするとか、温情で処置するとかなどと、社会の中の法律を同等に見ている人が多いことに驚きを隠せません。
悪意を持って行った身勝手な犯行が、自動車事故等の過失によって発生した加害者の受ける罰より軽いのが理解できないと言うことです。
乱暴にも交通事故と比較しましたが、まだ交通事故は保険によって賠償もなされます。

その上に、過失に応じて懲役も科せられます。
しかし、今のままでは少年犯罪は法があって無いようなものとしか言いようがない。
少年が犯ろうと、成人が犯ろうと罪は同じ、刑罰も同じが本当じゃないですか。
ただ、少年犯罪は成人犯罪と区別して行かなければならない事は罪を暴き刑を科すだけでなく、
その背景を厳密に調査し、原因を解明し、次の犯罪を防ぐべく教育のあり方、社会の中の少年のあり方を考える事が必要だと思うのですが。
みんな子供はもともと良い子ばかりと言っている人もいらっしゃいましたが、どんな悪いと言われる大人も、もともとそんな子供のうちの一人だったと思うのですが?
年齢で境をもうけ犯罪を区別するのは、正常とは思えない。
もし、低年齢の犯罪を考える時、その意志があったか無かったか、善悪の区別が付いたかつかなかったか、それを、裁判等で明らかにする方が現実的じゃないのかと思います。
長くなりましたが、これからどんどん犯罪の低年齢化が進みそうな中、生ぬるいことばかり言っていたら、混乱した怖いあれた社会になってしまうのでは。
最近の子供達を見ていると少し恐怖を覚えるのは私だけでしょうか?

180 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:46:36 0
て、焼き討ちや差別、やる奴が悪い、と言うのは簡単ですし、何よりその通りだと
思うんですが…。まあ差別はともかく、焼き討ち!なんてことは日本では起こらない
でしょう。<集団で家を取り巻いて罵声を浴びせる連中はいるようですが>しかし、
外に出てくると拒絶反応を示してしまう、これが社会ですよね。匿名報道が市民的支
持を得ているスウェーデンでも、名前が知られたために家族が差別するケースは実在
しているそうですし、今実名報道が始まれば受け入れるのではないか、前回も挙げた
トシュテン・カーシュ氏の言葉です。
確かに、そういう事が起こらない社会なら実名報道してもいいでしょう。しかし、そ
れが実現できるでしょうか。そんな社会は私たちの生きている間には実現しないだろ
う、と言ったのは例によって浅野教授でした。例えば、部落差別の問題は、戦前から
全国水平社があって、戦後は日弁連や政府が本格的に差別撤廃に乗り出しました。そ
うして、「表向きは」差別がほとんどなくなりました。しかし、まだまだ根っこの問
題は深いものです。結婚差別などは今だってなくなっていません。アメリカでも、性
犯罪者の実名を公表する一部の州では焼き討ちが発生していると耳にします。
これでは、きちんと罪を償って出てきた人が差別されるのは当然でしょう。また、
「ニュース性のある犯罪だけが報道で暴きたてられ、殺人でもニュース性のない事件
は見過ごされる」と言う矛盾はどう解決するんでしょうか。例えば、麻薬を吸っただ
けでワイドショーにあれやこれやと叩かれた芸能人の息子さんとか、隼君の業務上過
失致死事件とかも、被害者問題に一石を投じる結果となったにせよ、その他のより大
きな犯罪<殺人や傷害致死など>に比べれば罪と比べて騒がれすぎだと思います<遺
族の皆さんには不快感お許し願いたい>。制度を設ければその矛盾は解決するかもし
れませんが…。
また、何より忘れてはならないのはこんな状態ですから、家族への差別が起こるのは
自明だと思うのです。「匿名報道」学陽書房には、夫の暴力にカッとなって包丁で刺
して死なせてしまった<因みに、詳しい死因は医療ミスらしい>妻の子供が学校の校
長から学校をやめるべきだとあからさまに言われるなど、社会的に随分な制裁を受け
てしまっているんです。

181 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:46:50 O
俺はただ二回目破産すると裁判官からきつく言われるかどうかとその後借りるとき業者に破産二回がばれるかを聞きたかっただけ。くろう、セブン、た、はアホか?お前らも破産してんだろ、えらそーにすんな、役にも立たないくせ。釣りバカ、あみも常識者ぶるな。このスレ終了。二

182 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:55:02 0
子供に本来教えなければいけないことを学校も親も教えていません。親は自分の子供に有利な事だけしか考えずに
悪いことを自覚できない子に育てています。これはある意味子供が社会的に出世してもその子は年老いた
親を邪魔者扱いにし、自分に有利なことしか考えられない子供になります。そう育てたのは当の親です。
それぐらいのことは親はわかっているべきです。あるケースで小学生高学年ぐらいの子が私にぶつかるふりをして
蹴りを入れてきました。そしてうす笑うを浮かべ自分の父親の腕をしっかり抱いていました。これは強い父親を見方に
付け手を出されないように計算して取った行動です。もし私が中高生であればその子が1人になったときに集団で
暴行を加えているかもしれません。これは中高生レベルであれば相手が卑怯者で正義はこちらですから徹底的に
やるでしょう。しかしやられた子供がもし親の躾で『謝れない子供』あったならどうでしょう。暴行を加えている少年達の
理由は『こいつが悪いんだ』とさらに正当化し、暴行はエスカレートするでしょう。これは被害者の方々ことでは
ありませんので誤解無きようお願いしますが、暴行を受けた側にも極わずかでしょうが発生因子があることもあるのでは?
こういった因子も加害者、被害者、オブザーバーを含め参加するべきと思っています。またテレビのニュースでも手口を
紹介し犯罪を増加させているように思います。いい例がバイクでの引ったくりです。発生件数に対し検挙率が低すぎるのです。
(成功率の高さを報道しています)こうすればつかりません。こうやれば逃げ切れます。複数でやれば加害者意識が無くなり、
俺は何もしてない、○×君がやったなど責任転換をする。その親も子供の社会的将来を守ることだけしか考えてません。
全て大人が正さないといけないと思います。この戦いを代表して戦って頂いている方々を私は応援しますので
頑張ってください。 追伸、もし私の子供がそのような状況に合えば、私は何のためらいも無くその少年を拉致して
発狂するまでの長い苦痛を与えた後殺害します。私の人生で子供だけが全てですので状況経過を待つほど人間が
出来ていませんし、そんな十字架を背負って生きようとは思いません。おい!日本!こういった心境を我慢され戦って
おられる人に耳をもっと傾けろ!

183 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:55:32 0
 10〜15年前なら殺人事件そのものが驚愕することであり、理由なき犯行は考え
られなかったと思います。
 しかし、物質的に豊かになり一律に教育を受けれる中で、子供達の取り巻く環境は
大きく違います。親達の世代そのものが豊かな時代に生まれ育った中で、子供達に思
いやりや善悪の判断の仕方、そういった心の成長時に一番必要なことを教えることの
できる親が大人がどれだけいることでしょう。残念ながら現在の教育制度では出来て
ないですし、我々もそういった心の教育に時間を費やした記憶がないと思います。そ
んな学校の状態では「死」や「生」に対してリアリティーがなく、そういった大事な
体験、経験数の圧倒的に少ない子供達だらけです。

 少年法をさらに厳しくする必要はあると思います。加害者に対する更正を促す法律
ではなく、犯罪を犯したらどのようになるのか、それを掲示するためにも大人達と同
じ法律に近づけるべきです。ゲーム感覚で犯罪を犯した子供を保護することが彼らに
とって本当に良いことだとは思いません。現代にはミスマッチです。
 
 それと同時に重要なのは今の学校教育にもっと心の教育、哲学などを取り入れるべ
きだと考えます。人として生きることそのものの意義と誇りを子供達に教えていかな
ければ、凶悪犯罪は増える一方だと思います。
 ゆとりゆとりと叫ばれてますが、ゆとりをとって失われる教育内容は体験、課外授
業、道徳だったりと一番あの世代に必要なことが削られるのです。必然的にそうなっ
てしまう受験中心の学習ばかりでは、「心」を失った子供達が出来るのは当然だと思
います。犯罪を犯す子供達を作り出している原因に我々大人達も関わっていることを
忘れてはいけないのでは・・・。子供達に対して、明るい未来、ビジョンを示し生き
ていくことがどんなにすばらしいことか、そしてそれがどんなに難しいことか、自分
一人で生きてるのではなく、家族や社会に自然に、生かされているのだという自覚を
もった大人も少なく、また子供達にそのことをきちんと伝えているかどうか社会や地
域全体で取り組まなくてはいけない問題だと思います。閉塞感漂う社会を作り出して
しまったのは大人たちなのです。

184 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:56:03 0
ひとつの命を消してしまった罪を、「少年院2年」で償えるのでしょうか?
そして、それだけで社会に戻ってきた少年を本当の意味で社会が
受け入れられるのでしょうか??
「加害少年」にとっては、社会が与える罰のほうが、法律が与える罰よりすいぶん重いはずです。
暖かく迎えよう・・、罪は償ったのだから・・そう社会に感じさせるには
それ相応の罪の償い方があるように思えてなりません。
どんなに、仮名や匿名で報道されても社会は本人の特定など簡単に
してまいます。それゆえに、仮名、匿名にするのでしょ。
法律や親の愛情がそれを阻害しているのが現状ではないでしょうか?
私にも子供がいます。近頃はただただ「人を傷つけない子」に育ってくれれば
いいと思うようになりました。
自分の子はかわいい。だけど、万がいち人を傷つけた時、正当な罰を受けて
欲しい、でないと、社会からもっと重い罰を与えられるような気がしてならないのです。
順番でいくと親は子より先に死にます。その時、その子が社会からの罰を受け続けて
いたとしたら、死んでも死に切れません。
ならば、自分達、親が少しでも子供の盾になってあげられる間に正当な罰を受けて
欲しい。少しでも親が守ってやれる間に・・
そう思うのはまちがいなのでしょうか?
「被害者のご遺族」が「被害者の方達」に感じる愛情の深さと、「加害少年の親」が
「加害少年」の感じる愛情になんの違いも無いのは判るつもりですし。
自分の子供が重い罰を受けるのは、親にとって非常につらく、できるなら
その罰から我が子を救い出したいのも判るつもりです。
ですが・・社会は法律より甘くはないのです。
皆さん建前は奇麗事のように、「加害少年を受け入れなければ」とか「更正の可能性」
少年犯罪の場合、「加害少年の人権」、「被害者、遺族の人権」・・等、
成人の犯罪より「人権」という言葉があふれています。
私は「加害少年の人権」の中には正当に罪を償う人権も含まれていると思うのです。
それを、「更正」という言葉に隠して、正当に罪を償わせないほうが
よほど「人権侵害」にあたるのでは・
「少年法」という法律がある限り、その範疇で罰を受けるべきなのでしょうが
はたして、本当に正当な償いであるとは到底思えないのです。

185 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:56:38 0
19歳以下を保護する少年法… 14歳以下は刑事処分なし…
前々から思っていたのですが、犯罪者を保護してどうするのでしょうと思います。
なぜ、暴走族は20歳になると暴走行為をやめるのでしょう?それは、未成年者なら、
名前を公表される事も無く保護されるからです。今回の長崎の事件もそうですが、14歳以下なら人を
殺しても刑事処分されないんだと思って事件を起こす少年が出ないと言い切れるでしょうか?
確かに犯罪者の人権はある程度守らなければならないでしょう。警察官の暴行や復讐などあるかもしれません。
しかし、殺人と言うものは被害者にとってはこれから生きることを強制的に奪われた、最強の人権侵害ではないでしょうか?
こんな殺人を犯した人間が生きていて、更に、何年かして社会に復帰しているかと思うと街も歩きたくありません。
良く考えてください、隣を歩いている人間が人殺しかもしれないのですよ… しかも、彼らは人間を殺すと言う一線を
超えているのです。
いつも思うのですが、少年法改正反対やら死刑反対している人たちが居ますが、彼らの愛する人が未成年者に暴行、
強姦され無残にばらばらにされ海や川、さらにはダンボールに詰められ自宅や学校・会社に送られてきても、
その人たちは「少年だから、死刑は反対だから」と言えるのでしょうか?
掲示板にもハムラビ法典の引用が間違っていると書かれていましたが、私は過失致死以外の”人殺し”は
全て死刑でいいと思っています。人を殺したら自分の命で償えと思います。
仮に、道路交通法が改正されて10Km/h異常のスピード違反は死刑となったらどうなるでしょうか?
 恐らく、スピード違反はいなくなるでしょう。死刑は犯罪の抑止力とは必ずしもならないとの意見もありますが、
逆に100km/h以上のスピード違反までは取り締まらないとなったらどうですか? 恐ろしいことになるでしょう。
私は刑の重い軽いに関わらずスピードは必ず守ると反論するあなた、それでは実際に40km/hの道を40km/hで
走っていますか?コンビニや駐車場に入る為に歩道を横切る時に一時停止していますか? 
警笛鳴らせの区間で警笛を鳴らしますか?
住所が変わったら更新前に免許証の住所訂正に警察署に出向きますか?
もし、これらの行為の罰則が死刑だったら… みんな守るでしょうね…

186 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:57:09 0
よって司法にたずさわる者は、犯罪者個人の人権擁護や更生などという事よりも、裁きの結果が社会に与える影響と
いう事の方に重点をおいて考えることが必要だという事を、念頭に置かなければ成らないのである。
人間という者が孤立的な存在で、社会とは全く関わりのない無人島のようなところで独り暮らしをしている存在ならば、
たとえ法を犯そうが何をしようが構わぬのであるが、我々人間はそういう存在ではなく、常に社会という場において共同の
生活を営んでいるのであるから、罪を犯した者は厳しく処罰しなければ法を定める意味がなく、社会の治安や秩序を
維持することも出来なくなってしまうのである。
 今日、我が国の司法関係者は、いたずらに犯罪者に温情をかける事で、自らが「如何なる悪人をも許せる心の広い
人間」であるかのような錯覚に陥り、自己満足しているのではないかと思えるような節が見受けられるのであるが、
そういう自画自賛的な自己陶酔によってなされる「犯罪者擁護の温情的判決」が、第二、第三の犯罪者や被害者を
生み出すもとに成っている事実に対しては、まったく目を向けていないのである。
 犯罪者には犯罪に見合った厳しい罰を科すことが必要で、たとえ犯罪者が悔悛の情を示したからといって、
たゞそれだけのことで刑罰を軽減するというような温情をかけては成らぬのである。
なぜなら刑罰というものは、犯罪者個人に対する罰であるということ以上に、社会という共同生活の場において
「法を犯した者が受けなければならない罰則である」という面に比重を置かなければ成らぬものであるからだ。
 故に、犯罪者がどういう刑罰を受けたかという事を、世間の人々に対して周知徹底させることが必要なのである。
刑法というような法律は、社会の治安と秩序を維持する為にこそ必要なものなのであるから、
法を犯した者を裁くには、常に社会との関連のなかで裁かなければ成らないのであって、現状のように
違反者個人の人権とか更生とかいう面にだけ目を向けていたのでは駄目なのである。
過失や情状の酌量にあたいするような犯罪者は兎も角、故意に犯行に及んだ者に対してまで、
その人権の擁護や更生を優先するあまり、社会に悪影響を及ぼすような裁きをなす現状のごとき司法官の態度は
、明らかに間違っているのである。

187 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 20:57:39 0
誤った人権思想や人道主義に傾倒し、現実を認識する事のできない司法官や弁護士先生などが目覚めるのを待っていた
のでは、この国は安心して暮らす事のできない犯罪王国になってしまうのであるから、我々一般国民の側から声を発する
事によって、法律のことしか解らぬ司法関係者のエリート意識を打ちやぶり、法律の見直しや裁判制度の改革を迫っていく
べきであろうと考えます。
元々、法を犯し、守られるべき人間としての権利を自ら放棄した者の人権を守るために、被害者や社会の人々が
不利益を受けなければ成らないような現状は本末転倒であり、即刻、改められなければ成らない事なのである。
今日の日本国憲法の下では、人間は誰でも平等に生きる権利があり、法によって誰もが平等の扱いを受けることが
出来るように守られているのであるが、それは社会という場で共同生活を営む我々が、自ら憲法に定めた約束事であり、
法律というものを遵守する前提のもとに、与えられる権利なのである。
 それなのに法を犯した者も、犯さぬ者も同等の権利を認めている現状は、法を遵守している一般国民に対し、
甚だしい不平等を押し付けているのである。
別言するなら「法を遵守する者と、犯した者」とを分かたずに、同等の権利を認めるなどということは、平等という
理念を根底から解し損ねた間違いなのである。
 そういう誤りを正さずにいるところから、親も子も一緒(平等)だ… 先生も生徒も一緒(平等)だ… 
と考えるような悪平等の思想が生まれてきて、社会の秩序が乱れてくるのである。
余談ながら申せば、親子や師弟などの関係は、人権という面からみれば共に平等の扱いを受けるべき同等の存在では
あるが、その人間関係の上からみれば「人間としての平等」ということを超えた厳然たる差別があるのであるから、
幼少の頃からその差別を教えなければ成らぬのである。
 それを教えず、たゞ人間としての平等という面ばかりを教えるところから、社会の秩序が乱れ、統制がとれなくなって、
学級崩壊のような社会問題が引き起こされて来ることになるのである。
 然るに、それを受刑者の人権を無視した悪事であるかのように考えて除外してしまったならば、刑罰を定める意味が
無くなってしまうのである。

188 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:04:49 0
子供たちを少年法で守らず、成人と同じ刑法で裁き、闇雲に刑務所に入れてみても何時かは出てきます。
その時、罪を繰り返しては本末転倒です。成人を刑務所に入れることでペナルティーを科すのだとしたら、未成熟な
子供に同じ手段で同じ効果が期待できるでしょうか。
事実成人の再犯率でさえ、かなりの数字です。
十代、二十代にただ刑務所に入れて、刑務官に育成の責任を一手に負わせるのは不合理です。
また、子供たちに殺人はいけないと教え込むことは我々の子供時代よりも簡単かも知れません。これだけの
情報を処理している彼らにとって、殺人さえ犯さなければいいのかと断言できるでしょうか。
成人した者にとっても、殺人罪と傷害致死罪の区別を正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。
殺人はあってはならないと思います。しかし問題の根底は、罰則の軽重だけでは説得力もないのです。
我々大人は、子供たちに夢を語れるでしょうか。
犯罪に手を染めた子供、染めようとしている子供に、将来の夢を描かせられるでしょうか。
良い学校、良い会社、良い結婚。それだけを念仏のように繰り返すだけの時代は終わりました。
犯罪に手を染めることの無意味さを理解させるには、その正反対にある社会が魅力ある場所でなくてはなりません。
正直者が損する時代を作り、小手先のビジネスの為にモラルを棄てたのは、間違いなく我々大人です。
子供たちが、懸命に努力した結果、失敗に終わったことを悲しんだりしていませんか。努力を褒めましたか。
結果主義の大人社会に、早いうちから子供を参加させても、いい結果は出ないと思います。
少年法の検討は必要だと思いますが、撤廃は反対です。
そして同時に、子供たちにもっと大人がきっかけを作らなくてはならないと思います。
大卒のフリーター。特に夢があるわけでもなく、何となく選んでしまう先に、犯罪に手を染める若者もいるのだと思うのです。
夢をもつ意味を大人も一緒に考えていくことが、少年犯罪の糸口になると思います。
殺人はどうして、悪いのでしょうか。幼い時には虫を平気で殺し、動かなくなった死骸をみて、罪悪感を学んだのでは
ないでしょうか。もちろん、殺人によって悲しむ遺族の方の気持ちを逆なでするつもりもありません。

189 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:05:20 0
子供たちを少年法で守らず、成人と同じ刑法で裁き、闇雲に刑務所に入れてみても何時かは出てきます。
その時、罪を繰り返しては本末転倒です。成人を刑務所に入れることでペナルティーを科すのだとしたら、未成熟な
子供に同じ手段で同じ効果が期待できるでしょうか。
事実成人の再犯率でさえ、かなりの数字です。
十代、二十代にただ刑務所に入れて、刑務官に育成の責任を一手に負わせるのは不合理です。
また、子供たちに殺人はいけないと教え込むことは我々の子供時代よりも簡単かも知れません。これだけの
情報を処理している彼らにとって、殺人さえ犯さなければいいのかと断言できるでしょうか。
成人した者にとっても、殺人罪と傷害致死罪の区別を正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。
殺人はあってはならないと思います。しかし問題の根底は、罰則の軽重だけでは説得力もないのです。
我々大人は、子供たちに夢を語れるでしょうか。
犯罪に手を染めた子供、染めようとしている子供に、将来の夢を描かせられるでしょうか。
良い学校、良い会社、良い結婚。それだけを念仏のように繰り返すだけの時代は終わりました。
犯罪に手を染めることの無意味さを理解させるには、その正反対にある社会が魅力ある場所でなくてはなりません。
正直者が損する時代を作り、小手先のビジネスの為にモラルを棄てたのは、間違いなく我々大人です。
子供たちが、懸命に努力した結果、失敗に終わったことを悲しんだりしていませんか。努力を褒めましたか。
結果主義の大人社会に、早いうちから子供を参加させても、いい結果は出ないと思います。
少年法の検討は必要だと思いますが、撤廃は反対です。
そして同時に、子供たちにもっと大人がきっかけを作らなくてはならないと思います。
大卒のフリーター。特に夢があるわけでもなく、何となく選んでしまう先に、犯罪に手を染める若者もいるのだと思うのです。
夢をもつ意味を大人も一緒に考えていくことが、少年犯罪の糸口になると思います。
私の夢は、弁護士です。来年始めての司法試験に向け勉強している身です。
何故、犯罪者の弁護をするのか。弁護士という仕事に疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

190 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:05:50 0
先日テレビの番組で、本村さんが、アメリカテキサス州の死刑囚犯行時20才未満の死
刑囚と面会し彼は死刑の判決を受けて反省しもう2度と犯罪を犯さない自信がある。
と言っていました。そしてその死刑囚に対する死刑は番組放送時もう執行されていた
ということ。
確か今年テキサス州で犯行時17才の死刑囚に対する死刑が執行されたというニュース
が入ってきました。このことは国際的に大きく非難を浴びていますが・・・・
更正の期待をかけ犯罪者を生かしておくのか、死刑判決を宣告させ反省し慟哭をさせ
るのか、どちらが正しいのか、僕は正しい答えなんてないと思います、数学のような
ものと違って答えは一つではありません。

死刑については廃止するべきか存続するべきかいくつかの意見があります。
人の貴重な生命を奪ったものを死刑にしてやむを得ない、死刑は凶悪犯罪の防止に役
立っている。被害者や遺族の感情を考えると死刑は実行するべきである。
反対意見としては死刑は人の貴重な生命を奪うことなので、どのような場合でもさけ
るべきである。
死刑は凶悪犯罪の抑止力となっていない。
死刑は間違いが判明しても取り返しがつかない(冤罪)
死刑にするよりも、更正させて社会に奉仕させるべきである。
この冤罪については日本では死刑確定後再審によって無罪になった事件は4件あります。
免田事件、財田川事件、松山事件、島田事件、この事件で無罪になった人たちは30年
以上にわたる獄中生活を強いられました。
彼らのこの間の時間はどうしてくれるんでしょう。
それ以外にも再審請求中の名張ぶどう酒事件や1審で死刑判決を受け先日(7月15日)控
訴審が結審した冤罪事件の鶴見事件
(控訴審判決は10月30日)があります。それ以外にも今まで何人の人が無実の罪で死刑
判決を受けたでしょう。(執行されてしまった人も何人いるのか)
冤罪の現因として見込み捜査、不当な別件逮捕、代用監獄(国際的に批判を受けてい
る)自白強要の取り調べ、取り調べ期間の長さ
自白中心型裁判などがあります。この日本の刑事司法の現状を何とかしてほしいです。
死刑は冤罪の可能性が絶対になければ必要だと思いますが、今の日本の刑事司法の現
状では冤罪を生む可能性は十分あります

191 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:06:24 0
 神奈川県の24歳の僧侶が、暴走族集団に襲われ殺された。
 直接の死因は、頭を鉄パイプのようなもので強打したことが原因らしい。
 これは警察の取締りが甘いせいだ。
 近年の暴走族は、狂暴化しており、他人を殺すことなど平気でやるようになっている。
 ところが、警察の取り締まりは十分に行われていないし、検挙されたとしても、軽
い処罰で済まされてしまう。
 特に未成年の場合には、異常ともいえるほどの甘い処罰で終わる。
 このために抑止効果がなく、狂暴化が進行している。
 殺された24歳の僧侶と暴走族集団グループとには、何の関係もなく、ただ徒歩で通行していたところを襲撃された。
 前途有望な若者の未来を奪った罪は大きい。
 それに聖職者を殺害したり、侮辱したりすると、地獄に落ちるとされているし、特
に罪悪が大きいといわれている。
 バイクについては、特定の公共利用以外は、全面的に製造販売を禁止するべきだ。
 未成年にはバイクの運転をさせないなどの対策が必要である。
 また暴走族に襲撃された場合にも助かるために、事前にいろいろな対策を取るべき
だし、武器の携帯も許可するべきだ。
 正当防衛の教育を行い、不当に自分もしくは、他人の生命が脅かされた場合には、
相手の命を奪っても、罪には問われないことを周知徹底するべきである。
 また正当防衛の適用を広範囲に認め、自分の身を守る自由を確保しなければならない。
 何よりも、無能な警察以外の民間の治安維持組織の設立が必要であろう。
 それは、警備会社ではなく、組織的な公益のための活動で、権限も与えるべきだ。
 アメリカでは、そういう組織があるし、公的権限も与えれており、しかも多くはな
いが、補助金も支給されている。
 日本でもそういうことを導入するべきだ。
  神奈川県開成町の24歳の僧侶が、暴走族集団に襲撃されて殺された事件で、犯人
らしき少年が自首してきた。
 またしても17歳の未成年であった。同じ神奈川県に住む、小田原町の17歳の少年
が、母親に連れられて警察署に出頭してきた。
 ただしこの少年一人だけが犯人ではなく、他にもいたはずだ。
 これで一挙に解決に向かうだろうが、もはや殺された僧侶は生き返ってこない。
 

192 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:06:55 0
 なぜ殺害しなければならなかったのかわからない。
 自分達が、集団で暴走行為をしていたので、徒歩で通行していた被害者が、口頭で注意したのかもしれない。
 違法行為を指摘され、叱られたので逆上して襲ったのだろう。
 この暴走族集団は、バイクだけのグループではなく、乗用車も含めた10台以上の規模だった。
 人数は不明だが、要するに10人以上ということになる。
 最近の警察は、暴走族対策をきちんとしない。
 見て見ぬふりをして放置する。
 住民が通報しても、対応しないで、無視することもある。
 未成年が犯人であることが多いので、検挙しても、まともに処罰ができず、すぐに釈放される。
 初犯の場合は、口頭注意ぐらいだ。
 人を傷つけたり、物を破壊した場合には、それなりに捜査もするが、そうでないと
きには、泳がせておくことが多い。
 つまり次の犠牲者が出るのを待っている状態だ。
 死人が出ないと何もしないのが警察だ。
 こんなことでは安心はできない。
すべての暴走族メンバーの個人情報を全面公開し、住民が被害にあわないようにして欲しい。
  暴走族に対して直接抗議したくなるのは人情ですが、非常に危険な行為です。
 いくら抗議しても、説教をしても、従順に言うことを聞くような連中ではありません。
 迷わず警察に通報しましょう。
嘘の110番通報をすると処罰されますが、事実である限り通報するのは違法ではありません。
 ただしできるだけ110番通報ではなく、地元の管轄する警察署に直接通報したほうが良いです。
 110番通報すると都道府県の警察本部に繋がりますが、結局そこから地元の警察署
に連絡が行くだけのことであり、同じことです。
 もちろん緊急事態のときには110番通報するべきです。
 何が緊急事態になるのかという判定が難しいのですが、明らかに危機的状況のときです。
 ひき逃げや当て逃げを目撃したときにも通報するべきです。
 自分の住居を管轄する警察署の電話番号だけは知っておきましょう。
 暴走族と直接交渉をすると、たとえその場では制裁に成功したとしても、仲間を集
めて復讐されることは確実です。
 暴走族というものは、いじめ犯罪者のようなもので、やることは強暴ですが、卑怯
で、どんな汚い手口でも使用します。
 

193 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:07:25 0
Yahoo掲示板に載ってました、ある非行少女の話ですが、
彼女らの、自己中心的で周りの他人すらばかにした考え方をしている実態を知ってもらいたくて、転載します。
(その少女の親?からの発言より)
>万引き・カツアゲについてはどうしてやったらいいのか迷うところなんです。
>結婚に反対されること等では伝わらないと思います。
>そんな親のいる相手は選ばない。で一笑に付されるような気がします。
>結婚も失敗だったら別れればいいぐらい軽く考えているので
(直面することになればそうは思わないでしょうが)。そういう感覚は別に構いませんが。
皆さん、これを聞いてどう思いますか?
「前科持ちになったって、女だし世間は甘く見てくれるわ。
男なんか、ちょっといい顔してSEXやらせたら、ホイホイと結婚するところまで簡
単にだましおおせるものよ。
うっかり出来ちゃったら、相手の男ちょっとゆすっったらオドオドしてお金出してく
るし、かなり利用できていいかも。
さんざん搾り取ってから、子供なんかおろしちゃえばいいし。
とにかく、私の前科持ちの過去を理由に、結婚に反対するやつらが悪いんだよ。
あはははは〜。」という人を人とは思わない、世間をなめてる態度がみえみえだと思
いませんか?
前科持ちの少女って、所詮性根腐りきってるヤツなんです。
大人に成ったって、ちっとも良くはなりませんよ。
それどころが、大人の「ズベ公」として、一生立ち直れずに、悪女街道まっしぐらに
なることがほとんどだと聞きます。
これも、日本社会が犯罪少女に対し少年のそれよりもはるかに
甘すぎる政策や世間の目があるのではないでしょうか?
女は前科持ちになることでの社会的な立場でのリスクは男のそれよりかはるかに少ない。
仮に就職できなくても、風俗業界に身をやつすことがまだ「最後の選択」として残さ
れているし、「男にこびを売る」という女の武器で比較的簡単に結婚に持ちこめる
し、それによって戸籍も洗える(名前を変えられる)し、それによって「過去」を抹
殺して生きていける。
(まぁ、彼女らにしたら風俗業界にいく事自体、一般企業への就職と同じ位軽いこと
に思ってるんでしょうが)
こんな理不尽を許していいですか?

194 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:16:32 0
「被害者遺族」というものを盾に法曹批判をする人がいるが、
遺族つまり「家族」の絆って、一般に思われてるほど絶対的なものなのだろうか?
家族なんて恋人と違い、好きな相手を選んでくっついているものじゃない(配偶者は例外)。
子どもだって、どんな人間に育つか分からないままとりあえず生んで育てているものだ。
ここまで偶発的な人間関係に、言われるほど強固な絆なんてものがあるか疑問。
確かに犯罪被害者の遺族は普通「犯人が憎い」と口にするが、逆にマスコミの前で
「別に憎んでませんよ。俺は被害者と仲良くなかったし」なんて堂々と言える人間がどこにいる?
家族愛なるものがないとはもちろん言わないが、マスコミはそれを利用して
「法曹」や「最近の若者」への差別意識を煽り、過激なことを言ってみせて儲けているだけだろう。
だいたい、裁判に時間がかかることと遺族の気持ちは本当に関係があるのか。
マスコミの本音は「判決というイベントを、大衆が飽きる前にやって欲しい」んだと思う。
裁判が長く続くことはむしろ被告人にとって嫌なことの方が多いし、
日本では一般人が思ってるほど引き伸ばし戦術ってのは(刑事では)使えない。
1・無実の人間を罪人として告発したり、無実の人間を裁判中ないし報道過程において責めた場合
2・無実の人間を警官が捕まえた後、取調べ等で人権無視な行動をとった場合
3・無実の人間を犯罪者として訴えた検察官
4・悪し罪人を無罪にしようと行動する弁護士
5・善悪の判断が出来ず結果的に冤罪を課した判事
6・冤罪者を犯罪者のレッテルを張り報道した報道機関

これら全てに責任が伴う。
責任の取り方は罪の大小に寄り様々。謝って済めばそれで良し。
済まなければ金銭や物品で賠償、謝罪広告の掲載、被害者側が加害者側をリンチにかける(やれれば一番いいが)等で
受けたダメージを償わないとならないシステムを構築すべき。

これにより
警察も取り調べの過程に於いて被疑者の人権を立てるし
検察官や裁判官や弁護士もよくよく調べた上行動をするし
報道機関もワイドショー的、日刊ゲンダイ的な報道を慎むし
それに伴い一般市民も根拠の無い噂だけで人に悪しきレッテルを張り迫害しなくなる。

195 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:17:02 0
「氏か育ちか」を考えてみよう。氏は遠くの原因であって、その人の正当化の理由ではない。育ちは近くの原因である。実際その人となりは遠くの
原因と近くの原因の混合である。では、この二つは原因に分解できるか。力学の変化はその原因を局所的に分解できるが、変異の原因は分解できない。
したがって、ある人をその氏と育ちに分解することはできない。これは「氏か育ちか」という問いそのものが無意味なことを意味している。実際の人為選択の
問題は自然と人為の混合である。したがって、そこに自然と人為の区別ができなくなることを不可避的に想定しなければならない。心理的な利己性、利他性と
進化的なそれらの間での区別ができないことは、人為選択に対して基本的な事柄である。このことをまとめると次のようになる。
1.進化的、心理的な利己性、利他性は概念的には独立している。
2.人為選択の際の利己性、利他性は心理的な性質である。
3.その性質が自然、人為の選択の過程を通じて進化的な利己性、利他性に影響する。
4.その結果、進化的、心理的な利己性と利他性は実際には互いに区別できなくなる。
この結論に一概に悲観する必要はないのかもしれない。区別は重要でないという統一的な視点を採用するなら、当然の結果であろう。
西脇与作『現代哲学入門』慶應義塾大学出版会、2002年、326-327頁
性差を無くしたら、結果的に貴女達女性陣も、私達男も、お互いがしんどくなるだけですよ。そんな無理
を自分や私達に押しつけるよりも、互いの得意分野で得意な事を発揮し、互いの不得手な分野を補って助
け合って生きる方がよっぽど幸せに楽しく満足のゆける人生になると思いませんか?もういいかげんに、
自分達、女性自身を不幸にするヒステリー運動はおやめになったほうが、貴女達も幸せで満足した人生が
送れると思いますよ。果たして貴女達の運動をしている女性の何%が「女に生まれて良かった」と思えて
いるのでしょうか? 生まれながら持っている自分の性をなくそうなどと運動する方達が自分の性を謳歌
できているとはとても思えません。今現在の性を謳歌できているなら、性差をなくそうなどとアホな運動
をするはずが無いでしょうからねえ。

196 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:17:34 0
 それは、1993年(平成5年)3月1日に、東京都調布市の京王線調布駅南口で起きた暴行・
傷害事件であった(調布駅前事件と呼ばれている)。
 この事件は、全く別件で補導されて取調べ中に、友人と一緒にこの事件をやったと供述した
とされ、同年5月3日に主犯格と準主犯格の2人の少年を逮捕。その後、捜査官は、
主犯格とされる少年に「もう一人が自白したぞ」と言って「自白」させるとともに、
準主犯格とされる少年には主犯格の少年が自白したぞと言って「自白」させたのである
(切り違え尋問である)。その後、この事件で五人の少年を逮捕した。
 少年たちは、少年審判までには最初に別件取調中に自白した少年を除いて全員否認に転じた。
東京家庭裁判所八王子支部において、1人は非行事実なし不処分決定を受けたが、
五人は非行事実をやったと認定されて少年院送致の判断を受けた。
その後、東京高等裁判所に対する抗告が認められて、東京家庭裁判所八王子支部に差し戻され、
うち1人は非行事実なし不処分となったが、それ以外の3人については、
警察は大々的な補充捜査を行って、東京高等裁判所の判断を覆して検察官送致とされ、
非行事実なし不処分とされた少年を含めて、傷害罪等で東京地方裁判所八王子支部に起訴された。
この事件は、その後、起訴の有効性が争われて、最終的には起訴時少年だった被告について
起訴が無効であるとして公訴棄却となり、それ以外の4人の被告についても検察官が起訴を
取り消して公訴棄却となって終了している(服部朗・佐々木光明編『少年法ハンドブック』
〔明石書店〕373頁以下参照)。
 少年事件については、少年に付添人が選任される割合は極めて低い。平成11年のデータでは
、全体の4.4パーセントの少年にしか選任されていない。
ただ、この割合は昭和63年から年々少しずつ増加している(最高裁判所事務総局家庭局
「家庭裁判所事件の概況(二・完)−少年事件−」法曹時報53巻1号53、54頁)。
増加傾向にあるのは、弁護士会が当番弁護士制度を実施していることと関係があるように思われる。

 これは、成人事件の場合に国選弁護人制度があり、起訴後の被告人にほとんど弁護人が
選任されている実例と比較するとこの4.4パーセントという数字がいかに少ないかが良く判る。

197 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:18:07 0
TVに出たある作家が、小さな子どもたちがみんなで一人の子を殴ったり蹴ったりした理由を、「悪い奴をこらしめただけ」と
言った事を引用し、その後で、文学は悪を受け入れ、共存するテーマで満ちている、許すことを知らなければいけない、
と言っていました。私は首をかしげました。この作家は、一体何を言おうとしているのだろう?少年犯罪の動機は正義感に
よる悪の処罰だ、悪をみんなが許せば少年犯罪は無くなる、また少年犯罪の加害者も許されるべきだとでも言いたいので
しょうか?この例で、リンチの被害者(何かの容疑がかけられている者、ホームレスの人など)と加害者と、どちらが悪であるか
が判らないこと自体、異常であるはずなのに。圧倒的な悪はいざ知らず、通常の悪は、決まって自分のほうに分があると見て、
相手を殺し、傷つけます。その裏には、物欲、肉欲、ゆがんだ正義感など利己的な想いの満足があります。本質をすり替えて
はいけません。私たちは、善の文学を愛しますが、巧妙に悪を擁護する文学など必要としません。
また、物性科学の生産分野で世界的な成果を挙げたある人がTVで、エントロピー増大の法則という物理の概念を引き合いに
出して、子どもたちや親のエネルギー状態を安定させる、つまり大学受験を全廃すれば、事態は改善されるという持論を
力説していました。しかし、最も安定したエネルギー状態が望ましいというのなら、意志も努力も捨てて運と成り行きに
任せ、果ては荒廃するに任せ、すべてを無に帰してしまえばいいということになります。何事によらず価値ある成果は、
エントロピー増大の法則ではなく、意志と不断の努力が少しの偶然を呼び込んだ結果のはずですが。
現在の大学受験などには、本来の教育とかけ離れている状態やゆがんだ競争が含まれているのはその通りですが、
それでも、ある種の競争自体は、必要でしょう。要は、人間として最低限の倫理的価値観(それこそが価値観の本質)
さえ備わっており、それぞれの天分と役割に応じて力を尽くしているなら、その結果の優劣そのものを階級的に扱うのは
、間違っているということです。しかし、自らの心のあり方や本当に大切なものについて、一人で考える時間や環境さえ
極めて少ないような現在の状況は、確かに異常だと思います。

198 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:18:39 0
善と共感に基づいて」に続いて
すべての犯罪と無縁の社会、ましてこれからの日本と世界を担わなければならない少年たちが、犯罪に関わることのない
社会を作るために、事態はもはや一刻の猶予も許されない状況に至っています。誰が何をどうすればいいのか。
すべての人が謙虚に原点に帰って、被害者側と加害者側の扱い及び社会と個人のあり方について、見直すべき時が
来ています。時には、これまでの思い込みや立場をすべて清算してでも、有効な対策を講じることが必要です。

一言で言えば、このような事件が起きた時、被害者と家族の苦しみと悲しみを、我が事のように感じて涙を禁じえ
ない人ばかりであれば、解決を阻む障害はありません。
何より事件そのものが起きないでしょう。最大の障害は、見かけはどうであれ内心では、被害者側への共感に立っ
た問題解決への自分自身の関わりを痛感していない人々があまりに多いということだと思います。

このような世の中になった最も大きな要因は、家庭を始めとする大人社会が全体として、子どもたちにある
べき模範を示してこなかったことにあります。人間にとって本当に大切なものは何か?命と愛。愛と命。
命を愛し慈しみ、共感によって一つの命が他の命と結びつき、人間の命全体が大きな一つの命となる。
そのような命の一つとして、自己と他者の命を愛し守り、時には、そのために自分の命をも顧みず、
愛する者の命を通して生きる。それが人間の人間たるゆえんなのだと思います。人間として本当に大切なものを
大人自身が理解し、子どもに自らの生き方とことばを通して教えることが必要なのです。人間としての
基礎を学んだ子どもは、自ら判断する力や責任感などを身につけています。もし、僅かでも命としての愛を
持っている人は、人を殺すことのいけない理由が解らないなどという邪悪な問いは発しません。人間としての
基礎を学んだ子どもは、勉学の必要なことも自覚し、ちゃんとした目的をもって努力することでしょう。その結果、
個人差があったとしても、本当に力を尽くした結果なら、みんなが等しく親と国の宝でしょう。本来の人間は、
自己と他者全体にとって価値ある何かを生み出す力を、少なくとも一つは持っていますから

199 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:19:10 0
花を育てるように、
それぞれの性質に応じて忍耐をもって育てるなら、いつか立派に咲き誇ることでしょう。あるべき社会とは、
各自がそれぞれの天分と役割に応じて力を尽くし、尊重しあいながら、一つの身体のように存在する形だと思います。
そうでない社会は、ゆがみと矛盾を増大させ、何時の日にか終焉を迎えることになります。


 悲しいことに現実の社会は、ゆがみと矛盾に満ちています。人間としての基礎の不十分さは、
通信手段等の発達等を通して、むしろゆがみを増大させてきました。不正は、社会の至るところに広がっています。
一方、不正や過ちを認める良心や潔さは、社会のどこを探しても、消え残った雪ほどにしか見つかりません。
確かに、このような社会に生まれた子どもたちは、むしろ不幸かもしれません。しかし、そのことも、善悪についての
理解の程度も、その他のことも、子どもによる凶悪な犯罪の免罪符には、なりえません。その理由を示す前にまず
、キーポイントとなる罪と罰の関係、そしてそれが年齢とどういう関わりを持つのかということについて、
考えなければならないでしょう。

人間社会を維持するためには、ルールが必要だということに反対する人は、そういないでしょう。では、
社会を維持するとは、一体どういうことなのでしょうか?社会全体のルールがなかった時代には、年齢に拘わらず、
心身と財産つまり個人の権利を誰かが傷つけられた時、傷つけた側への個人的報復がなされてきました。
目には目、歯には歯というバランスが、自然法として適用されてきました。宗教上の根源的な理由を別にすれば、
それが罪に対する罰の本来の理由でしょう。しかし、そのバランス自体は道理に叶っているものの、
法に基づく国家が形づくられると、個人的報復に任せることは、争いの原因などへの誤解や過剰な報復の連鎖や
社会不安を生むことへの懸念から、国家が被害者の裁く権利を奪い取る形態に変わりました。もともと権利を奪っ
たのですから、国家には公平な裁判をする大きな責任が生まれました。それと共に国家の関心事、
つまり本来の報復に加え、社会秩序への影響、被害者側と社会への償い、更正と社会復帰、事案間の判決内容の
バランスなども加わりました。しかし、国家といえども、実体は誤りを犯す人間の集まりです。

200 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:23:44 0
聖書とキリスト教についてはあまりにも誤解が多すぎます。ほんの一例を挙げれば、
聖書自体に預言されているとおり、初期キリスト教と現在のものとは別の宗教です。
それでも使徒の時代以降も初期の教会は、「相手を殺すことによってではなく、
むしろ自らの死によって信仰と正しさを証明する」姿勢が保たれていました。
中世の悪名高き魔女狩りが始まった直接の原因は、各地の宗教改革への教会の危機感のため、
教皇庁が、悪魔の如き邪悪な二人の異端審問官の、過激な要求に折れたというのが真相のよう
です。ちなみにクリスマスは現代のキリスト教の行事ではあっても、聖書的には何の意味も
ありません。

ユダヤ教とキリスト教、イスラム教の関係は、モデルケースとしての肉のユダヤ人による神と
律法への違反を実証したのがユダヤ教、キリストの愛と信仰を通して真の神につながり、
来たるべき新しい天と地へ入る道を、当初からの予定通り全世界の人々
(失われた支族である霊のユダヤ人)に開いたのがキリスト教です。

その両者に対抗して、ユダヤ民族と同じアブラハムを祖に持つアラブ民族の商人ムハンマド
(モハメッド)が、神の祝福を受けたのは実はアブラハムの嫡子イサクでなく、
エジプト人の侍女との間に先に生まれたイシマエルだとし、それまでの多神教の最高神を
唯一神として崇拝し、自分たちの聖典を作ったのがイスラム教です。

イスラム教は、普遍的な愛ではなく、一定の倫理観と宗教行動や行事という外形的な
要求を基礎にしており、何より剣による正義と復讐が神の名で正当化されるというジハードの
教義が、当初から武力による強制で多民族を改宗させてきた歴史を持っているという特徴が
あります。征服され改宗させられた民族の子孫はそのことをもう忘れているのでしょうが、
その強引なやり方は、最近におけるアメリカのやり方の比ではありません。
しかし中世ヨーロッパの暗黒期に、現在の西洋文明の基礎となったギリシャの
学問を継承発展させたことなど、一定の歴史的役割を果たしたことも事実です。
近年、ジハードの教義や独自の金融システムが、時限爆弾のようにテロリズムという
導火線に火を付けてしまいましたが、早くその火を消さないと、その先の爆弾の大きさは
地球大のものであるかもしれません。

201 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:24:15 0
異なる価値観や立場であろうと、愛や命や良心という人間に共通であるはずの最も
大切な価値については、互いに尊重し合うことが基本的に絶対要件です。

異なる価値観や立場のうちの最たるものは、宗教でしょう。様々な宗教は、
異なる道を通って同じ美しい目標を目指しているという考えがありますが、
それが宗教間の争いを避けるための素朴なアイデア提示か、後発組が優位を狙うための
戦法かは別として、それぞれの世界観には決定的な違いがあるのが実際です。
しかし、どんな立場であろうと、人間の命と永続的な共生社会という価値を否定することは
できないはずです。

宗教でも政治でも、問題はその共生社会の性質とそれに至る道です。そして宗教に関しては、
神についての理解と人間とは何者かという認識についての違いです。
ここでそれらに対する私の理解や評価を詳細に述べることはもちろんしませんが、
通説などを鵜呑みにせず、謙虚な姿勢を忘れずに、ただ真実を知ろうとすることが大切で
あるのは言うまでもありません。

そもそも宗教とは、縄張りを広げることやそれを守ることを目的とするものではあり
ません。誰もが良心と自由な意思により、情理に適っていることを信じるようにすべ
きです。仏教的に言えば、縁無き衆生は度し難し。聖書では、失われた霊的支族、迷
える子羊は、自分の主と羊飼いの声を知っています。そして愛や命や良心という共通
価値を互いに尊重さえするなら、後は真の神が誰を是とされるかは、それこそ自己責
任の問題でしょう。一般的には、どの世界においても、地位の高い者や要職にある者
は、特権よりも、神と人に対する大きな責任や厳しい批判に晒されるのが当然です。

仏教は日本において、それが導入された聖徳太子の時代に神道との間で一種の宗教戦
争が起きたものの、後になってみると結構、両者の間には親和性のようなものもあっ
て共存してきました。
聖書とキリスト教についてはあまりにも誤解が多すぎます。ほんの一例を挙げれば、聖書自体に
預言されているとおり、初期キリスト教と現在のものとは別の宗教です。
それでも使徒の時代以降も初期の教会は、「相手を殺すことによってではなく、
むしろ自らの死によって信仰と正しさを証明する」

202 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:24:45 0
少年法は即時廃止を望みたい、最近の少年・少女の犯罪を見る限り、保護や少年院、
更正に向けることばかりで被害者い対して配慮に欠けて、加害者の親に対しての責任問題が
少なすぎる、明らかに少年Aなどのメディア公表には連日腹立たしさも有る。
氏名公表は絶対条件で、小学1年以上は刑事罰で処分をできるようにして、子供の教育、
特に親の教育を進めるべき。
少年法があるために、被害者が損をする、少年法が有るために世の中を甘く見て犯罪を起こす
少年・少女がいるのは明らかで、この国の犯罪はアメリカ並みになってきているのだから。
少年・少女に対しての法律はアメリカと同等のものにする必要が有る。
子供だからこのくらいで許してやるかなんていうのは、未成年者による犯罪を助長するもので
しかない。
加害者の両親の教育、意識の乏しさ、日本の人間の無関心さも原因のひとつ。
少年だからと加害者を守りすぎるのは、被害者を愚弄しているものでもある。

無期懲役をなくして、刑罰の厳罰化は必要。
少年法を廃止しないのであれば、内容の厳罰化、加害者に甘い内容のものは全面廃止、
本来ほんとに更正できると考えるのは甘い考え。
犯罪を犯した少年少女は最低限40歳までは豚箱に入れて、被害者に公表は必要。
死刑もあっていいほど。

いじめは障害で徹底的に逮捕は必要。
この国の少年法は加害者、犯罪者を促進する存在自体が本当にばかばかしいもの。

未成年の犯罪者を減らすには徹底的に逮捕、告訴、氏名公表をし、世間に知らしめなくては
自覚心が疎すぎる。
親:4割、教師:3割、社会:3割にももんだいがある。

加害者に都合のいい法律はすべて廃止。

203 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:25:19 0
人間の本性は善か悪か、という議論が昔からあり、前者を「性善説」、
後者を「性悪説」と呼んだりします。私の考えでは、それは別にどちらということもなく、
いかなる人間も、善と悪を兼ね備えて生まれてくるのだと思っています。そしてさらに、
その悪の根源は、人間の肉体が持っている「生物的本能」だと考えます。
世に生きる多くの人たちは、その悪の発現を、もともと持っている善の心の力や、親、学校、
周囲の人たちの教育や、法律の存在によってなんとかくいとめているのだろうと思います。

少年法は、犯罪を犯した未成年の教育、という点を重視しているようですが、前にも述べたように、
許してよい軽犯罪と、絶対許せない重犯罪をごっちゃに扱ってしまっているという、
非常に重大な「欠陥」をもっています。これは特に、殺人の被害者の家族の方々こそ、
痛切に感じておられるのではないでしょうか。殺人犯がなぜ保護され、落ちついた環境のなか、
ご丁寧に更正のための教育を受けられるのでしょうか。被害者は決して、犯罪者の人生の糧に
なるために生まれてきたわけではないでしょう。
重犯罪については、大人同様に罪を償うべきだと思うし(情状酌量等も同程度に)、
また実名公開も、犯罪の質によっては必要なのかもしれません。
それにより、本人がうける被害は、むしろ当然のものであり、仮にあまりの苦しみに自らの命を
断つことになっても、それこそ因果応報ともいえる自然な結果とはいえないでしょうか。そこまで
して初めて、真の更正がなされるのだと思います。狭い部屋に閉じこもって反省することが
更正教育とは、私にはとうてい思えないのです。
少年法は、日本の将来を担う少年達を対象とした重要な法律なのだから、可能な限り迅速に、
その誤りの部分を改正すべきです。

204 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:26:17 0
>>51
「心理学」というやつが実は大嫌いだ。もちろん学としてのまともな心理学があることは否定
しないし、心理学的なものになにがしかの価値や意義を認めることも吝かではない。しか
し、テレビでしたり顔した人間が心理学の衣を借りて荒唐無稽な出鱈目の限りを言い放っ
ていることに代表される、いわゆる「心理学」的なるものには単なる腹立たしさを超える
ものを感じる。
何故か。その深く重たい理由を敢えて言葉少なに言い切るなら、こうした「心理学」は総
じて心理学と言う権威を利用して、単なる処世術や言い尽くされた常識をさももっともら
しく高みから言い捨てるからだ。私はそう思う。私はそう考える。こういう前提ならば極
論すれば誰が何を言おうが一向に構わないのだが、「心理学」という権威を身につけたと
たんそれは暴力になり、時には恫喝にすらなる。
人間が例えば簡単なテスト(例えば、あなたは森にいます・・・そこで出会った動物は何
ですか?・・・という手のやつだ)程度で「深層心理」とやらを引き出すことができるほど
単純ではないことは、精神医学をちょっとばかり勉強すれば誰にでも判ることだ。いや、
わざわざ精神医学なども持ち出さずとも、単なる処世術に過ぎぬ「心理学」ならぬ心理学
をちゃんと勉強した人間なら、単純なテストや素朴な言い切りが如何に暴力的であるかは
理解できるはずだ。
ちょっと気になる文句で聞くものの関心を引き、時には突き刺すように、時には撫でるよ
うに言葉を放って相手の心を弄ぶ。こうした人の心を操る技こそがまさに「心理学」の真
骨頂なのだが、そこから出される結論は、目の前の一人一人の人間の経験や、人生や、そ
こから来る考え方や感じ方を見据えた上での一人一人のための解決策ではなく、結局は誰
にでもそれなりに言えてしまう、常識をちょっと斜に構えて言ったものに過ぎない。

205 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:26:50 0
>>54
>自分に自信がない人ほど、自分の素晴らしさをアピールすることに全勢力が注がれます。

「心理学」の最大の特徴の一つに、論証なしにいきなり刺激的な断定を持ち出すことがあ
る。たいていの人はそれを聞いて(読んで)ドキッとしてしまうが、それが「心理学」が人に
付け入るポイントなのだ。例えば、上記の文章など、一面で「なるほど」と感じさせると
同時に読む人にショックを与えるバツグンの「心理学」的な文章の典型なのだが、本当は
自信がない人の全てが「アピールすることに全勢力」を注ぐなどと言い切れるはずがない。
自信がなくて消え入りたいと思っている人も少なくないはずだし、この自信のなさが「パ
ニック障害」等の神経症の原因の一つであり、その場合にはアピールしないことにそれこ
そ全精力を費やしてしまうことなど「心を扱う」人間にとっては常識以前のことだ。

>だから、人の話は耳では聞いていますが、心からは聞いてはいない。まさにウワの空で
す。

「心理学」のもう一つの特徴として論理的なでないことも上げられる。論理的ということ
は「AはBである。BはCである。よってAはCである。」という当たり前のことを当たり前の
筋道で言うことに過ぎない。しかし「心理学」の場合は、上記の文章を見ればわかるよう
に、「だから」と結んでいながら前提(自信がない人ほど自分をアピールすることに全"勢
"力を注ぐ)自体が論理的でない上、前提とこの文章の論旨(だから、人の話を心から聞い
ていない)が必ずしも論理的に結びついていない、と言うように非論理的な断言と断片と
で語りを進める。もちろん全てのケース(論述)で論理的に全く瑕疵ないしは隙のない文章
を書くことなど不可能だし、また必ずしもその必要はないのだが、この文章のように論の
始まりでありまた「人」についてそれ相当のことを書いているのだから、最低限度の論理
性や説得性は必要なはずだ。

以下一行ごとに解説、解読を加えていくことは可能なのだが、余りにばかばかしいのでこ
の二行で終わりにする。
かように「心理学」というものが、まさに心理学的なテクニックを使って、誰にでも言え
るようなことを個々人の心に突き刺さるように言い放ち、人の心を弄ぶものだと言うこと
がわかってもらえればいい。

206 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:27:59 0
>>95
風俗経験のある女の私から言わせれば、親とかの育て方というよりも友人の影響が大きいかな。
周りの友人が風俗やってたりすると軽い気持ちでやっちゃったりするよ。

あと、性行為に対する価値観が人よりちょっと軽いのかも。
多分男の人も女性とヤったりするの平気だよね?
それと同じで、まぁ平気とまではいかなくても、
たかがセックスでお金がもらえるならラッキーってとこかな。
給料も普通に仕事するより断然多く貰えるしね。
ハッキリ言って、風俗に走る女性はほぼ99%が金目当てだと言っていいと思う。
もちろん嫌々行く人もいるけどね。

ちなみに私の家庭はカカア天下な母に優しい父親でした。
共働きだし、父が威張り散らしてるとは思ったことないよ。

正直>>1さんのような考えで風俗に走る女性は少ないと思う。
男の人が思うより、女の子はお金にがめついワケでww

個人的な意見としては、性に対するタブーが希薄になってきてるのと、
不況っていう時代背景で金銭的に辛くなってるっていうのが原因だと思うな。

あとは、結構セックス経験のある女の子が増えてるじゃない?
大事なのは最初だけで、その後は10人とヤるのも20人とヤるのも変わらないわけよ。
だから簡単に援助交際とかも出来ちゃうんじゃないかな〜
私なら、若くて格好イイ男の子とタダでヤるより、金くれるオヤジとヤった方が良いですw
年配の男性の方が優しかったり気遣ってくれたりするしね。

まぁ所詮、世の中金だよ、と女性は思ってるんではないでしょーかw

こんな感じで女性が風俗に走るんだと思いますよ。
女性からの意見として参考にしてくださいv

207 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:28:42 0
女25歳。結婚して主婦やってる。
こっちは大学中に無難そうな男みつけて、彼氏が就職活動成功した直後に結婚OKして卒業後ほどなく主婦。
ほとんど金なんか稼いだことないぞw。
毎日午前中は友達と電話したりフジの番組ずっと6時から10時ぐらいまで見て
旦那は気の毒ねーみたいな話してる。男らしさによればこんな腐った私らみたいなんでも
何不自由なく生活できることが男にとっての甲斐性・男冥利らしいから
ほんと助かるわ。マゾかと思ってしまう・・・みたいな話。
午後は基本的にいいとも→ごきげんよう→ザワイド(3時まで)ははずせないかな。
そこから買い物でかけたりオバサン同士で話したりして、5時前に帰ってきて7時までスーパーニュースかなあ。
30分くらいで適当に晩飯作って自動で洗ってくれる風呂のボタン押して8時から11時ぐらいまではまたテレビ・・・。

同じ25歳でも、片やこっちは専業主婦と言う立派な職業で
職歴として堂々と語れて、しかも「女性として社会に活躍するのをあきらめて
旦那さんを一生支える決意したなんてすばらしい女性なんだ」と言われるw。
いや、単に楽だし安心だからなんだけどw。支えるなんてことほとんどしてないよw。
片や男の子は毎日父親から母親から「スネかじってる」だの「男のくせに」だの言われて
就職活動しないと人間否定されて、勇気出して遠出して受けに行ったのに結果出さなかったら
過程の努力は無視されてまた「男だろいつまでもウジウジしてんな」とか言われて。10個も20個も履歴書書くのなんて面倒で考えられんな。
決して養ってもらうと言う立場には一生なれなくて果てはホームレスか飢え死に、欝・凍死・自殺。

いやぁ、性別が違うだけで同じ能力・同じタイプでもここまで人生違うかね。
お気の毒だけど生まれた時点で負け組みなんだよ。はっきり言って。
女に生まれた時点で絶対死ぬことはない。いざとなったら泣いて生活保護取るし。
男も一致団結して権利主張すれば一発で女のような選択肢できるのに、
ありがたいことに男は絶対女に媚びて男を犠牲にさせようとする勢力がいるから
絶対に温和な男の子の悲鳴は社会に届かない仕組み。

同じような生活してて片や英雄で片や人間否定。気の毒なこっちゃね。頑張ってね。

208 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:29:24 0
>>134
 こんな夢を見た。

 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。
真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然云った。
自分も確にこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。
大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮に浮かんでいる。
 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、これでも死ぬのかと思った。それで、ねんごろに枕の傍へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。
すると女は黒い眼を眠そうにしたまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。
 じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。
 しばらくして、女がまたこう云った。
「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」
 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。
「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」
 自分は黙って首肯いた。女は静かな調子を一段張り上げて、
「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。
「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」
 自分はただ待っていると答えた。すると、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでいた。

209 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:30:02 0
 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。真珠貝は大きな滑かな縁の鋭どい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。
湿った土の匂もした。穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。
 それから星の破片の落ちたのを拾って来て、かろく土の上へ乗せた。星の破片は丸かった。長い間大空を落ちている間に、角が取れて滑かになったんだろうと思った。
抱き上げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し暖くなった。
 自分は苔の上に坐った。これから百年の間こうして待っているんだなと考えながら、腕組をして、丸い墓石を眺めていた。そのうちに、女の云った通り日が東から出た。
大きな赤い日であった。それがまた女の云った通り、やがて西へ落ちた。赤いまんまでのっと落ちて行った。一つと自分は勘定した。
 しばらくするとまた唐紅の天道がのそりと上って来た。そうして黙って沈んでしまった。二つとまた勘定した。
 自分はこう云う風に一つ二つと勘定して行くうちに、赤い日をいくつ見たか分らない。勘定しても、勘定しても、しつくせないほど赤い日が頭の上を通り越して行った。
それでも百年がまだ来ない。しまいには、苔の生えた丸い石を眺めて、自分は女に欺されたのではなかろうかと思い出した。
 すると石の下から斜に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなってちょうど自分の胸のあたりまで来て留まった。と思うと、すらりと揺ぐ茎の頂に、
心持首を傾けていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと弁を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹えるほど匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。
自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。
「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。

210 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:32:47 0
あなたは革命でも起こすつもりですか?wwww
あなたは共産主義者なんですか?懐かしの空想的理想主義に見えますが。
どのような環境だろうが、犯罪を起こさない人間は起こさない。これは絶対的な真実
あなたの理屈をひっくり返すと、環境が悪ければ犯罪を起こしても仕方ないとしか
見えません。資本主義である限り、ある程度の貧富の差や学歴の差は仕方がない。
それともあなたはそうした格差を均してくれるんですか??。

多くの人間が格差にも負けず、立派に生きていることを忘れないでほしい。
問題はあなたのように、優越感からくる偏見を持っている人間でしょう。
何が「大衆」ですかwあなただって大衆でしょうが
変な救世思想などより、他人の人格や生き様を認める方が先。
人間平等をふりかざして、努力や行き方まで否定されたんじゃたまりません。
犯罪者も善良な市民もいっしょくたんにされたら、努力する意味がない。

従って、法律とは善良な市民の生活を守ることを優先すべき。
あなたのような人間は、つくづく自分が犯罪被害者にならない限り、理解できないでしょう。
あなたが法曹人なら、消えていただきたい。
今後必要とされているのは、善良な市民の側に立った法曹人、自分も被害者の立場に立てる裁判官や弁護士、検事だ。
自分の愛する家族が殺されてから、同じ綺麗事を並べて下さい。実際弁護士ですら、法曹界と一般社会の乖離を感じていますよ

あなたにどんな知識があるかは存知ませんが、まず想像力や人間性を取り戻すのが
先ですね。想像力の欠如した犯罪者が快楽殺人を犯し、それを想像力の欠如した
弁護士が弁護して、想像力の欠如した裁判官が裁くような世の中こそ、是正されるべき。
被害者の苦しみも理解できない人間が法曹人になるべきではない。
簡単にいっちゃえば、「社会が悪い」で済むなら、警察も裁判所も刑務所もいらないw

>現代でも大衆は残虐な犯罪報道をショ−として楽しむ。
それなら、大衆であるあなたは犯罪者を社会を変えるヒーローとして崇めている。
被害者はやむおえない革命の犠牲者ってわけですか。
そういうあなたこそ、ヒーロー(w)である凶悪犯罪者の犠牲者になってもらいたい。

211 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:33:26 0
>>150
情けないぜ!恥をしれい!お前らみたいなのが嬉々として弁護したから以下のような事件が起こったのだぞ!責任とれよな!
・山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(24)について
 最高裁第3小法廷は8日までに、来年3月14日に弁論を開くことを決めた。最高裁が弁論を
 開くことで、無期懲役の2審広島高裁判決が見直される可能性が出てきた。
 この事件では、被告が犯行時、死刑が適用される18歳になってわずか30日しかたって
 いなかったため、量刑が最大の焦点になった。
 今回の決定を聞いた本村さんは「大変うれしく
 思っている。裁判所は1審、2審を通じて長い間、苦渋の判断を迫られていたと思うが、
 今度こそ遺族が納得できる死刑判決が出るよう望んでいる」とコメントした。(一部略)
:"元会社員は99年4月14日、光市内のアパートで、主婦、本村弥生さん(当時23歳)を
 暴行目的で襲って殺害。遺体を陵辱後、近くで泣き続ける長女夕夏ちゃん(同11カ月)も
 絞殺。さらに弥生さんの財布を盗み出した。
 山口地裁は(1)犯行時は18歳と30日で発育途上(2)法廷で被害者らに思いを致し
 涙を浮かべた様子から更生可能性がある(3)生育環境に同情すべき点がある、など
 から無期懲役を言い渡した。
 控訴審で検察側は、元会社員が拘置所内から知人2人に出した手紙計27通を
 証拠提出。「無期はほぼキマリでして、7年をそこそこに地上にひょこり芽を
 出す」「犬がある日かわいい犬と出合った……そのまま『やっちゃった』……
 これは罪でしょうか」などの文面から「更正の可能性も到底認めることはできない」と
 改めて死刑を求めている。"
・(被害者に対して)『ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。
 ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりましたハハハ。・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が
 晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし』(手紙より)
・・・・これが現実だ!悪人の弁護をする事はその悪党は幾らでも再犯やっちゃえ!って主張してるようなもんだ!馬鹿!

212 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:34:17 0

刑事裁判は,検察官から「犯罪者である」と主張される人が,本当に「犯罪者」
であるのか否か,「これから」真偽を確かめるという手続だ。
;そんな事は当然ですよね。

 だから,判決以前に「この人は犯罪者だ」と決めつけて,その弁護人を「犯罪者」
を擁護するものだとして非難するのはおかしい。未だその人は,刑事手続上,
「犯罪者」として確かめられていないのだから。
;問題は容疑者=犯罪者だから悪って意味じゃない。容疑者=犯罪者か分からない状況下で
犯罪者で無いとした上で弁護する時に弁護士は真犯人だった時責任がとれるかと言う事である。


 仮に検察官が主張するその人が真に「犯罪者」であるとしても,その人に対して
科するに相当な刑罰はどの程度であるのかが問題となる。
;勿論罪の多寡により刑罰は違うのは当然だけど、現行法は犯罪者に優位である(黙秘権や死刑執行が困難な点等)

 被告人にとって不利な情状がある一方,有利な情状も存在しうる。処罰しようとする
側にだけ量刑事情を主張立証させ,処罰される立場のものからは十分な主張立証を
させないのでは,適正な刑罰権行使が出来ない。
;これはおかしい。昨今の幼児誘拐虐殺事件を例にあげるが、このケースを当て嵌めると
幼児にも虐殺されて当然な理由がある事になる。レイプ犯もそう。犯される方が悪いみたいな
考えが蔓延しそうだ。騙される側が悪い、苛められる側も悪い。無論当て嵌まるケースもあるが。
無論犯罪者にも五分の理がある時もあるからそれはそれで情状酌量しないといけない。
でもこのスレッドのケースでは凶悪犯罪や精神異常者犯罪に対し憤ってるから、そんな人達に
情状がどうのこうの言うのは如何なものかとは思う。良心を大切に。

213 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:34:34 0
人間の屑
生きていてはいけない生物

宮野裕史小倉神作悦子譲湊靖人ます子恒治伸治渡邉恭史
垣東孝一岩井哲夫星寿和・・・

地獄へ落ちろ
自殺をして損害賠償金を払え


214 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:36:06 0
>>178
さて、当方は、逢坂さんのようにインテリというわけでもないし、速記メモなんて
とても、とても、なので、要点メモ中心に、ざっくばらんに記載することにする。
(ただし、法律の条文やら、公判調書については、逢坂さんに助言を頂いた。)

:::高裁4回目の裁判当日、この日は月曜なので、コウサイとしては臨時開廷。
弁護人が15人近くも集まっているが、特別法廷は使われず、コウサイ3号法廷。
なぜか、法廷にはスーツ姿の若い女性の姿も(この 謎 は、最後の項目で)。

裁判長(以下、会話部分においては、長と略する)は、まず、進行整理として、検察側が請求していた
    ツカサ事件(6代目裁判)の判決文の証拠請求を却下すると宣言。これで、コウサイ
段階では、検察側全証拠が却下されたことになった。タマキ検事はすぐサンマルク異議(ケイソ法309条)
を出したが、裁判長はG弁の意見を聴いてすぐ、左右を向き、「理由が,ない」との「最終返答」(final_answer)。

次いで、コウサイが職権で被告人質問を実施すると決定(逢坂さんによると、これは証拠決定と呼ばれる
らしく、コウサイで被告人質問をヤル場合には欠かせないらしい。)。
      しかし、被告人は、弁護団のすすめ通り、完全黙秘につき、数分程度で終了。
    ここで裁判長が、コウサイでの証拠調べを終える、と宣言した直後、バトルトークがはじまる。

タマキ検事「当方としては,弁論をしたい。」
長「弁論としては、これを許すことにします。」::弁護団がG弁中心に鳩首協議して……
G弁「コウソシンでの弁論は2つだけ。いわゆる刑事訴訟法389条のベンロンと、393条のベンロン。
   つまり、(1)趣意書に基づく弁論と、(2)事実調べを踏まえた弁論だけ、認められている。
   検事は (1)だと言うが、それは、おかしい。」云々と.
タ検:「いや、(1)(2)両方、と申している。先ほど、裁判所の職権証拠調べがされたので、(2)は可能」

215 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:36:41 0
>惚れて結婚しましたので悪魔の面より天使の面を見ようと努力してたのですが、
>もっと客観的になってればと悔やまれます。
確かにある意味、過剰な母性は悪魔の一面を持っています。
あなたに大きな非が会っての別居や裁判でなければいずれお子様にも理解される
日がくることでしょう。また、心配なのは奥様の性格や人格を引き継いでしまう可能性
が大きいことです。たとえ親権はとれなくても、監護は認められるかもしれませんし
面接は裁判所としても和解案を出す場合にカードとして使えるので今は事を
荒立てないことです。

お気持ちは痛いほどわかります。奥様とさえじっくり話し合うことができれば
あるいは修復の道もあるかとも思います。

あえて離婚を選ばれたのであれば、奥様の不法行為、暴言、暴力に対しては
苦渋の選択としながらも毅然とやったほうが良いと思います。
所詮裁判はお互いが100%正当を争うというおかしな場所でもあります。
本来家事の問題は五分五分の事が多いのですが、それを裁判で譲ってしまうと
あなたの過失を自白したことになり後々取り返しがつきません。
ただ、裁判官の心証にプラスになるような反省などはかまわないのではないかとも思いますが
代理人の判断を仰いで下さい。
判断を下したり、尋問を聞くのは相手方ではなく、裁判官であることをお忘れなく。
1審と2審はあくまでも確認された事実に基づいて判断が下されます。
最高裁は判例違反や裁判手続き上の不備、憲法判断に基づいた判断をする場所なので
まずは高裁で終りだと思って下さい。
最高裁判所は、実際は有名な事件は扱ってくれますが、ほとんどが3行判決といって
却下になります。要するに審理もしてもらえないのです。

私の経験から言うと、実生活や現状とはかなりかけ離れたところでの争いになるのです。
それが司法制度なのです。大変残念ですが。
離婚を求めない裁判とかできればいいのですが・・・

216 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:37:12 0
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的・ファイト満々(キモイ、自己中心)
●妙にプライドが高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようと
する(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際に
はたいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ) 
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

217 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:37:45 0
ググってみたらデュルケムという人が著書「自殺論」で自殺の定義として
「死が、当人自身によってなされた積極的、消極的な行為から直接、
間接に生じる結果であり、しかも、当人がその結果の生じうることを
予知していた場合を、すべて自殺と名づける。」
と言い、さらに大原健士郎という人の定義は
「自らを殺す行為であって、しかも死を求める意志が認められるもの」
とあった。
さらに分けると
自殺念慮者:自殺をしたいと思っている人。
自殺企図者:自殺という行為を実行した人。自殺既遂者と未遂者が含まれます。
自殺既遂者:自殺で死亡した人。
自殺未遂者:自殺企図したが命をとりとめた人。
ってかんじ。

でさらに調べてみたら自殺失敗者を精神医学的に診断したものがあって
うつ病圏46%、統合失調症圏26%、アルコール・薬物依存圏18%
とまともな精神状態じゃなかったのが約90%だったらしい。

まともな精神状態で自殺なんて普通できないわけですよ、自分で死にたいと思ってヤっても
その精神状態がまともじゃないんだから自我とか意志とか問題にならないんじゃねえかな。
デュルケムも大原さんも頭が正常な人の自殺にはあてはまるけど、ほとんどの人はフラフラの
状態で飛んじゃってるから。
動物の自殺もうつとか統合失調とかアルコール依存ヤク中とかの状態でフラフラにしたらサルとか
木から落ちてあ、自殺したってなるんじゃね。

ここで問題にしてんのはデュルケムが言ってるような予知しているかどうかってことだよね、
死を概念として持っていてさらにそれを予知することは、死の概念はボノボとか持ってそうだけど
予知までは難しいんじゃねえかな、さらに実行するとなると。
個人的な意見としては動物の自殺は自殺に見える事故でしかないと思うが、どうでしょう。

218 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:40:06 0
  【おさらい】

実は日本以外の多くの国では血液型で占いをする、人に血液型を尋ねるといった風習がないので、
日本人が日本以外の国の人に血液型を尋ねると「あなたは医者か?」、「献血でもするのか?」
といった発言が返ってくる。場合によっては警戒されたりすることもあり好ましくない態度とされる。
世界的にも血液型を人に尋ねる風習のある国は日本だけである。日本以外で血液型性格分類説が
信じられている国や地域としては韓国および台湾があるが、それ以外ではほとんど一般化していない。

かつてフランスで提唱されたことがあったが、ほとんど普及しておらず、学術的な研究としては英米で若干
の例があるのみである。日本以外の国で普及しない原因として国によっては血液型が偏っている事もあげられる。
日本では全てのABO式血液型が約10〜40%の比率でばらけているが、例えば西欧では、A型の人とO型の人が
総人口の9割近くを占め、B型の人とAB型の人の割合が極端に少ない。また、混血の少ない
アメリカ先住民族集団には、ほぼ全ての構成員がO型だという集団もある。このような環境において、
所属人口割合が偏った属性であるABO式血液型をもって、現実世界に存在する多種多様な性格や運命を判断する
という発想が生じにくい。

血液型と性格との関連に関する研究は、1916年に医師の原来復らによるものが最初とされているが、昭和初期になって、
東京女子高等師範学校 (現お茶の水女子大学) 教授であった心理学者、古川竹二による一連の研究が広く注目を浴びた。
現在も広く流布している血液型による性格判断の原型は、ここで作られたと言って良い。
古川の最初の論文は、1927年に『心理学研究』誌上に「血液型による気質の研究」が発表され、その後に研究の集大成が
1932年に『血液型と気質』として出版された。一般には、同書の内容が古川学説とされることが多い。
この学説で用いる主な手法は、血液型別の質問項目(自省表)をそれぞれ10項目程度ずつ作成し、質問紙法により血液型
との一致率を測定するものである。古川自身によると、自省表は80%以上の一致率があるものとされていた。これとは別に、
職業別に血液型分布を調査し、職業特性と比較することも行われた。

219 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:40:37 0
ABO血液型遺伝子は9番目に大きい長腕のバンド34(9q34)に存在する。
一見関係のない遺伝子同士もすぐ近くにあると連鎖という現象によりお互い影響しあう。
ドーパミンをノルアドレナリンに変える酵素(DBH)はちょうど9q34に位置し、血液型別にドーパミンを
調べたところO型が一番多かった。これはかつて血液型のアンケートでO型が一番睡眠不足に強いという
結果を裏付けるものである(あとO型が積極的であるということも説明がつく)
●気持ちの切り替えに関係しているとされる一酸化窒素(NO)のリサイクルに関係した酵素が9q34のすぐ隣にある。
医学雑誌「ランセット」でB型とAB型は他の血液型よりNOを素早く排除できることが報告されている。
これはそのままB型とAB型の気持ちの切り替えの早さに説明がつきそうだ。
●不安を感じさせるストレスホルモンのコルチゾールを血液型別に調べるという実験が行われた。
結果はA型(平均455nmol/L)B型(平均364)AB型(325)O型(平均297)だった。
高いコルチゾール値は強迫性障害と関係しているとされ、A型とB型は神経質なところは似ている、
O型とAB型は細かいことをあまり気にしないところは似ている、ということの説明がつきそうだ。
●A型は測頭葉、B型は前頭葉、O型は後頭葉、AB型は測頭葉と前頭葉が活発であり得意分野がそれぞれ違うことがわかる。
●世界的に有名な心理学者ハンス・アイゼンクと16性格因子のレイモンド・キャッテルが血液型と性格について調べた。
2人の研究をまとめるとA型は落ち着いてる、B型は非常に感情的、O型は外交的、AB型は内向的となり、日本で言われてきたことと
同じであることがわかる。さらにアイゼンクは血液型の分布が国民性にも影響を与えるとも言う。
 結論。 肉体と精神は密接につながっており、ABO血液型遺伝子とストレスに関係した遺伝子のいくつかはすぐ近くで
連鎖し合っていて血液型と性格はいたるところで理にかなった相関を見せる。血液型の違いは環境の変化の中で生まれたものであり、
血液型は人種などよりずっと古い歴史を持ち、出身地や文化の違いよりずっと本質的なものである。

220 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:45:58 O
加害者側の奴だろ!長文コピペの糞は

221 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:48:42 O
>>220 そうだよ。生きる価値もない、死刑か終身刑になるべきだった加害者関係者による長文荒らしさ。

222 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:49:43 0
(1)  少年刑法犯
ア  検挙人員の推移(第4図参照)
   少年刑法犯検挙人員(触法少年の補導人員を含む。以下同じ。)は,昭和61年以降10歳以上
20歳未満の少年人口が減少傾向にあることを反映して減少し,平成7年には20万人を下回り,
その後は,おおむね20万人前後で推移し,16年は19万3,076人(前年比5.2%減)となった。
 同検挙人員の人口比(10歳以上20歳未満の少年人口10万人当たりの検挙人員の比率をいう。)
は,8年以降上昇傾向にあり,16年は,1,505.9(前年比47.0ポイント低下)と,少年非行のピークであ
る昭和50年代後半ころに次いで高い水準にある。
 一般刑法犯検挙人員中の少年の比率は,近年は成人検挙人員の増加に伴って低下を続けてお
り,16年は37.9%(前年比3.5ポイント低下)となった。
イ  年齢層別動向
   平成16年における少年一般刑法犯検挙(補導)人員の年齢層別人口比(各年齢層(触法少年
は10歳以上14歳未満)の人口1,000人当たりの検挙(補導)人員の比率をいう。)は,年少少年が
20.9,中間少年が20.2,年長少年が10.1,触法少年が4.2であった。
ウ  外国人の犯罪少年の動向
   平成16年における来日外国人犯罪少年の検察庁からの家庭裁判所送致人員は,1,236人で
あり,国籍等別では,ブラジルが36.6%と最も多い。
エ  罪名別動向
   平成16年における少年一般刑法犯検挙人員は,男女とも各年齢層において,窃盗が最も多く,
次いで,横領であり,この2つで,男子の約80%,女子の約90%を占めている。男女とも,おおむね
年齢層が低いほど窃盗の比率が高く,女子の方が男子よりも窃盗の占める比率が高い。
 殺人は,近年はおおむね100人前後で推移し,16年は62人(前年比35.4%減)であった。
 強盗は,平成8年以降1,000人を超え,15年には1,800人とピークに達し,16年は1,301人
(前年比27.7%減)であったが,なお高い水準にある。
(2)  少年特別法犯
   少年特別法犯(交通関係4法令違反を除く。)の送致人員は,昭和58年のピークの後,おおむね
減少傾向にあり,平成16年は6,272人(前年比7.4%減)となった。罪名別では,毒物及び劇物取締法
違反(2,581人)が最も多い。

223 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:50:30 0
2  非行少年の質的分析
   法務総合研究所では,最近の非行少年の質的分析を行うため,非行少年に対する意識調査
(以下「非行少年調査」という。),非行少年の保護者に対する意識調査(以下「保護者調査」という。
)及び少年院教官に対する最近の非行少年に関する認識についての調査(以下「少年院教官調査」
という。)を実施した。その結果を踏まえた最近の非行少年の処遇上の留意点は,次のとおりである。
 (1)  人の痛みに対する共感性を育てる処遇
   日々,非行少年と行動を共にし,その改善・更生に取り組んでいる少年院教官の60%以上が,
最近,非行少年の抱える問題の中身が変化していると感じ,教官の70%以上が,その変化によって
非行少年の処遇が困難になっていると感じていた。そして,多くの教官が処遇において最も困難にな
ったと感じていたのは,「人に対する思いやりや人の痛みに対する理解力・想像力に欠ける」,
「自分の感情をうまくコントロールできない」といった非行少年の感情・情緒に関連する資質面の問題
であった。
 他方,近年,被害者やその親族の心情等について一層の配慮を行うことが求められており,
加害者である少年が自らの犯罪と向き合い,犯した罪の大きさや被害者の心情等を認識し,
被害者に誠意をもって対応していくよう指導を一層充実させることが要請されている。
 こうした最近の非行少年の資質面での問題や社会からの要請を考慮すると,
加害者である少年が事件を悔い,反省し,償うためには,人の痛みに対する共感性を育てる処遇
を強化する必要がある。そのためには,基本的な生活の安定や考える力を養う訓練を積み重ねた
上で,人に対する信頼感や思いやり等の暖かい心を回復させるために,自分たちの非行やこれに
関連する自らの体験,感情等を見つめ直させ,加害者として人に与えてきた痛みについて考えさせ
ること等に重点を置いた系統的な処遇プログラムを展開していく必要がある。それによって,誠意を
もって被害者と向き合い,謝罪等の適切な対応を行うことが可能となろう。
 矯正・更生保護の処遇の現場では,被害者の視点を取り入れた教育等の充実強化が従来にも増
して強調され,非行の反省をさせるだけではなく,社会の中で様々な人たちと対話でき,共に生きて
いけるように

224 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:51:01 0
よく「被害者遺族」というものを盾に法曹批判をする人がいるが、
遺族つまり「家族」の絆って、一般に思われてるほど絶対的なものなのだろうか?
家族なんて恋人と違い、好きな相手を選んでくっついているものじゃない(配偶者は例外)。
子どもだって、どんな人間に育つか分からないままとりあえず生んで育てているものだ。
ここまで偶発的な人間関係に、言われるほど強固な絆なんてものがあるか疑問。
確かに犯罪被害者の遺族は普通「犯人が憎い」と口にするが、逆にマスコミの前で
「別に憎んでませんよ。俺は被害者と仲良くなかったし」なんて堂々と言える人間がどこにいる?
家族愛なるものがないとはもちろん言わないが、マスコミはそれを利用して
「法曹」や「最近の若者」への差別意識を煽り、過激なことを言ってみせて儲けているだけだろう。
だいたい、裁判に時間がかかることと遺族の気持ちは本当に関係があるのか。
マスコミの本音は「判決というイベントを、大衆が飽きる前にやって欲しい」んだと思う。
裁判が長く続くことはむしろ被告人にとって嫌なことの方が多いし、
日本では一般人が思ってるほど引き伸ばし戦術ってのは(刑事では)使えない。
1・無実の人間を罪人として告発したり、無実の人間を裁判中ないし報道過程において責めた場合
2・無実の人間を警官が捕まえた後、取調べ等で人権無視な行動をとった場合
3・無実の人間を犯罪者として訴えた検察官
4・悪し罪人を無罪にしようと行動する弁護士
5・善悪の判断が出来ず結果的に冤罪を課した判事
6・冤罪者を犯罪者のレッテルを張り報道した報道機関

これら全てに責任が伴う。
責任の取り方は罪の大小に寄り様々。謝って済めばそれで良し。
済まなければ金銭や物品で賠償、謝罪広告の掲載、被害者側が加害者側をリンチにかける(やれれば一番いいが)等で
受けたダメージを償わないとならないシステムを構築すべき。

これにより
警察も取り調べの過程に於いて被疑者の人権を立てるし
検察官や裁判官や弁護士もよくよく調べた上行動をするし
報道機関もワイドショー的、日刊ゲンダイ的な報道を慎むし
それに伴い一般市民も根拠の無い噂だけで人に悪しきレッテルを張り迫害しなくなる。

225 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:51:32 0
避難場所

忘れてはいけない女子高生コンクリ−ト詰め殺人事件
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1142753626/

【犯人を】女子高生コンクリ詰め殺人【許すな!】
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1137147592/

【綾瀬】壊れたセブンティーンたち【コンクリート】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1137464259/

綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件パート2
http://totomail.jp/bbs/test/read.cgi/news/1089623695/


226 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:51:35 0
>>217
「氏か育ちか」を考えてみよう。氏は遠くの原因であって、その人の正当化の理由ではない。育ちは近くの原因である。実際その人となりは遠くの
原因と近くの原因の混合である。では、この二つは原因に分解できるか。力学の変化はその原因を局所的に分解できるが、変異の原因は分解できない。
したがって、ある人をその氏と育ちに分解することはできない。これは「氏か育ちか」という問いそのものが無意味なことを意味している。実際の人為選択の
問題は自然と人為の混合である。したがって、そこに自然と人為の区別ができなくなることを不可避的に想定しなければならない。心理的な利己性、利他性と
進化的なそれらの間での区別ができないことは、人為選択に対して基本的な事柄である。このことをまとめると次のようになる。
1.進化的、心理的な利己性、利他性は概念的には独立している。
2.人為選択の際の利己性、利他性は心理的な性質である。
3.その性質が自然、人為の選択の過程を通じて進化的な利己性、利他性に影響する。
4.その結果、進化的、心理的な利己性と利他性は実際には互いに区別できなくなる。
この結論に一概に悲観する必要はないのかもしれない。区別は重要でないという統一的な視点を採用するなら、当然の結果であろう。
西脇与作『現代哲学入門』慶應義塾大学出版会、2002年、326-327頁
性差を無くしたら、結果的に貴女達女性陣も、私達男も、お互いがしんどくなるだけですよ。そんな無理
を自分や私達に押しつけるよりも、互いの得意分野で得意な事を発揮し、互いの不得手な分野を補って助
け合って生きる方がよっぽど幸せに楽しく満足のゆける人生になると思いませんか?もういいかげんに、
自分達、女性自身を不幸にするヒステリー運動はおやめになったほうが、貴女達も幸せで満足した人生が
送れると思いますよ。果たして貴女達の運動をしている女性の何%が「女に生まれて良かった」と思えて
いるのでしょうか? 生まれながら持っている自分の性をなくそうなどと運動する方達が自分の性を謳歌
できているとはとても思えません。今現在の性を謳歌できているなら、性差をなくそうなどとアホな運動
をするはずが無いでしょうからねえ。

227 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:53:30 0
戦後の左翼思想から来る風潮、運動会の競争でさえも優劣を付けないという個々の違いを作らない、
認めない世界の愚かしさ、を。男女公平の元にシェンダーフリーを押し進める事で、男と女の特質特
性を薄めてしまう、恐ろしさ、を。それによりどれほど、男と女が持ち得る真の力を衰えさせ互いが
本来持つ良さや気力や体力を奪い取られ、互いが反発しあう事になり、活力を奪い取りあう愚かしさ
と成ってしまっている事実を。それによりどれほど多くの男女が、恋人達が、結婚生活が、脅かされ、
不幸に成っているか、を。誰も解らず、誰も真実に気がつかず、誰もが騙されているのだという、隠
された真実、を。人の真理とは正反対の思考行動を、これでもか!これでもか!と流され、言われ、
押しつけられ、いつしか、それが世の流れで当然の事なのか、と思わされている、まやかし、を。
それを取り入れることで得られるのは、男女が傷つけ合い、反発しあい、憎しみ合う、愚劣でおぞま
しい思考行動だと解らずに陥る家庭不和、を。その生き方が、どれほど男の活力を奪い、精神力を貶
めさせ、体力気力を消し去り、腰抜け男を作り、インポ男を作り、ヒステリー女を乱造する事になる
か、を。例を挙げ、前後を解説分析し教え続けましょう。

「モノより思い出」という政府だったか、民間だったか、のコマーシャルが有るだろう?」あんなコ
マーシャルをガンガン出されたらどうなると思う?それでなくとも、かかあ天下の尻に敷かれた腰抜
け亭主は、毎週毎週子供にヨメハン家族と共に過ごさねば「人でなし!」として罵られる事になる。
それが怖さに毎日毎日仕事に疲れ果て帰ってきてからも、休みも家族奉公だ、どこに連れて行けだの、
あちこち運転代行業者と成り果てさせられる。いいかい、小さな子供の世話をするという事は、その子
供の思考行動に合わせなければいけない、という事なんだよ。子供の思考行動範囲、それは女の性質体
質と近い思考行動範囲では有るけれども、男の体質性質とは正反対の思考行動だと言うなんだよ。つま
り、子供と過ごす、それは女性にとっては、どうって事無い事だが、男にとっては、異次元を思える程
、違った世界の特質行動に付き合わされるのだという事

228 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:54:15 0
あたしが思うに、あらゆる犯罪はその時の社会の様相を反映してると感じる。
たしか熊本新聞に、宅間の「心の闇」は社会の「心の闇」と通底しているのではないか、
といったことが書いてあったけれど、あたしも全く同感なんですわ。

宅間は別に、殺した児童やその親たちを憎んでいた訳じゃない。
つまり、宅間の犯行は、「交際のもつれから殺す」とか「自分を侮辱したから殺す」といった、
「目的ある殺人」とは全く趣旨が異なる、「目的なき無差別殺人」なんです。
そこにあたしは興味(と言ってしまうと不謹慎だけど…)を抱く。

宅間は生い立ちも不幸で、それこそ「社会の不条理」を十分身に沁みて育ったと思う。
これはあたしの憶測だけど、自殺願望を抱いていたとされる彼は、おそらく、
「この世に生きる価値があるのか」
「生きることに意味はあるのか」
といったことにも思考をめぐらせたんじゃないかな。

現代社会は、「競争原理」、つまり「勝者の原理」で動いてるとあたしは思う。
この社会の大枠は、「人より抜きん出ること」「長生きを美徳とすること」に
何の違和感も感じない人々で構成されているといっても過言ではない。
私たちの社会は、「生きることに何の疑問も抱かない」という建前によって運営されている。
そこでは、年間三万人を超える自殺者に代表される、「この社会についていけない人たち」の本音は
封殺されている。
彼らの本音は、「この世は不条理だ」ということでしょう。
この不条理に「鈍感」でいられる人は、幸せなんです。強いんです。
不条理を「敏感に」感じながらも、「日々を懸命に生きよう」と思える人も強い。
「生きる」ことそのものを、自己目的化できるのだから。

宅間はおそらく、「生きる」ことをもはや自己目的化できなかったんだと思う。
それほどに、宅間は人生でいっぱい、いっぱい傷ついてきたんだと思う。可哀想やわ。
彼にとって「この世の不条理」は「神の悪ふざけ」みたいなもんで、
せめて「この世の不条理」を、「人生の勝者たち」(池田小は、比較的恵まれた家の子どもたちが多かったそう)に
嫌というほど思い知らせることを自己目的化してしまったんじゃないかなぁ。

229 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:54:53 0
少年たちの凶悪な事件が続いている。神戸で中学二年生が小学生を惨殺する事件
(一九九七年)がおこり、二〇〇〇年には、愛知県豊川市の主婦刺殺事件(五月一日)、
佐賀バスジャック殺人事件(五月三日)、岡山の金属バット殺傷事件(六月二一日)、大分の一家
六人殺傷事件(八月一四日)と続いた。いずれも高校生によるものだった。マスコミはその度に、
少年犯罪が凶悪化していると言いたててきた。
 少年犯罪凶悪化報道は最近のことではない。一九八〇年代もつづけられていたことである。
少年による凶悪な犯罪事件や、学校での暴力事件などが大きくとりあげられ、そして身近でクソ
ババア・クソジジイなどと罵られる場面を体験すると、そういう見聞がいっしょになって、多くの人た
ちは「少年の凶悪化」を「実感」することになる。少し変わった風体の若者に出会うと、恐しくなる。
 しかし少年凶悪化現象の実態は非常に曖昧なままになっている。いくつかの部分的な事実や言
説をもとにして、想像がふくらんで、少年恐怖症(youth phobia)が社会に広がっている。
私はすでに一〇年近く前に少年犯罪凶悪化は単純な事実ではなく、統計の上で見るならば、
少年による凶悪犯罪は大きく減少していると書いた。すなわち、「凶悪犯」とは殺人、強盗、強姦、
放火犯の四種を指すが、その少年検挙者総数は、一九六〇年の八一一二人をピークとして、
八七年には一六三〇人にまで減少している。
 もちろん、だから安心していい、騒ぎ立てるな、と書いたのではない。件数としては明らかに減っ
ているのに、身近に少年犯罪が迫ってきているように感じるのはなぜか、問うべきは少年犯罪の質
の変化がどのようにあるのかないのか、なのである。
少年犯罪の傾向については、たくさんの論述が行なわれてきた。そして最近、少年法改正問題と
絡んで、雑誌や新聞にも凶悪少年犯罪は増えていないという論調も、かなり目にするようになった。
しかし依然として、世間的常識では少年犯罪凶悪化言説優位である。

 少年による強盗事件が「おやじ狩り」のような形でこの二、三年増加していることはたしかだが、
それがこのまま一層増加の趨勢をとるのかどうかは、もう少し長く見なければならない。
そういう忍耐を怠って、危機的な凶悪化であると断定することは軽率

230 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:55:24 0
少年凶悪犯補導・検挙数最高は一九六〇年であり、その人数は八一一二人であるが、
一九八七年は一六三〇人であり、五分の一にまで減っている。この数は一三歳以下も含めている
から、それを除くと、検挙数は一九六〇年が七五〇四人、一九八七年が一三一八人であり、
その減り方はもっと大きい。(一三歳以下の「凶悪犯」で補導されることが一番多いのは「放火」
である。ちなみに一九六〇年の一三歳以下の補導数六〇八人のうち放火は四〇二人、一九八七
年は三一二人のうち二六五人である。)
 その後九〇年代は、表1から分かるように、しばらくは同じような数で推移してきたのである。
そしてこの三年(九七、九八、九九年)の凶悪犯検挙数は急増している。
一九九五年の一二九一人に比べると、一九九七年の二二六三人は倍増に近い。
しかしその増加分の九七二人は、強盗の八一〇人と強姦の一三七人がほとんど(計九四七人)
である。強盗は八六五から一六七五へ、強姦は二六四から四〇一へと倍に近い増え方である。
九〇年代後半の増加傾向がそのまま進んでいくとすれば、それは少年犯罪の凶悪化が統計的
事実となった言えよう。しかしそれは一時的な傾向なのか、それとも今後も続く傾向なのか、
まだ分からない。
 少年凶悪犯検挙数が増加していないにもかかわらず、少年凶悪化論は八〇年代からずっと
続いている。凶悪犯検挙数が底値になって安定し始めた頃から、逆に少年凶悪化論が言われ始
めたのである。少年による殺人検挙数は七五年に一〇〇を切り、八〇年が四七人(一三歳以下
の触法少年をふくめても五一人)と最低で、その後八九年と九八、九九年を除いて、一〇〇人以
下で推移している。この八〇年の四七という数は、六一年の四四〇人の九分の一以下である。
二〇年の間に少年凶悪犯罪は激減したのであるが、その時、凶悪化論が出てきたということは、
どう説明したらよいのだろうか。少年犯罪の内容において際立った変化があり、それが「凶悪化」の
言説と印象をつくっているのだろうか。
 凶悪犯罪は六〇年代の経済成長と共に急減する。それは成人についても、少年についても同じ
である。そして成人はなおも減り続けるが、少年については七〇年代の後半にその検挙数は底を
つく。

231 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:55:54 0
横領というと、企業や自治体の経理担当者などが企業や自治体の金をくすねて、
チリ人のセクシーな女性に貢いでしてしまうというようなことが想像されます。
とういうことは、10代のうちから働いている勤労少年たちが、会社の経理を任され、
ついつい会社の金を横領して、フィリピンパブのおねえさんにでも貢いでいるのでしょうか。

などということがあるはずもなく、横領の多くは「占有離脱物横領」です。占有離脱物横領というと、
何がなんだかわかりませんが、要するに放置自転車に勝手に乗ったり、落ちているお金を拾って
ネコババしたりすることです。また、コンビニでアルバイトしている少年がレジのお金をくすねて見つ
かったら、やはりこの横領に分類されることになります。

「1970年以降急増しているということは、やはり、アニメやゲームの影響で、他人が物を盗られたこと
が分かった時の心の痛みが分からなくなり、他人の所有物を勝手に盗っていってしまっているのだ。
やはり、少年の心の闇が…」という声が聞こえてきそうですが、早とちりしすぎです。

1970年はグラフを見てみれば分かりますが、横領以外の犯罪は減少しています。
なぜ、他の犯罪は減少しているのに、横領だけが増えているのでしょうか。1970年以降の少年に、
いったい何が起こったのでしょうか。

と、いいたいところですが、やはり、これには警察の姿勢が大きく関わっています。実は犯罪の
検挙数は、犯罪の発生の関数でもありますが、それ以上に警察の活動の関数なのです。
なにしろ、犯罪が発生しても、警察が検挙しなければ、ここには載らないわけですから。

では、横領による検挙の急激な増加が示す警察の活動の変化とは何か。
警察が捜査において重要視するのは、当然のことながら、凶悪犯罪です。
放置自転車に乗っている少年と、殺人を犯した少年がいたら、どちらを追いかけるかは明白です。
その警察が少年による横領のようなせこい犯罪の検挙をするようになったということは、
「重大な犯罪が急激に減少したため、警察がヒマになり、大して重要ではない犯罪でも
検挙するようになった」ということを示します。ヒマがあれば、放置自転車に乗っている少年を
交番に連れてきて、説教する時間もできるというわけです。

232 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 21:56:32 0
最近は検挙率が落ちています。10年前に比べて、検挙率が半分になったのだから、
少年犯罪の数を2倍に補正しなければならんなどと申している人がいます。
分かりやすくはありますが、論理的であるとはとても言えません。

犯罪白書によれば、全体としての検挙率の低下は強盗と窃盗の検挙率低下によるところが
大きいそうです。殺人の検挙率は94%から98%と、いまだに世界でもまれな高検挙率を
誇っています。

まず、認知件数がそのまま犯人の数を表すわけではないということも覚えておく必要があります。
少年の強盗・窃盗とは、万引きやひったくり、凶暴なところで「オヤジ狩り」です。
これらの犯罪は一度成功すれば、何度でもやるでしょう。つまり、1人(あるいは1グループ)が
多くの窃盗を犯すことになります。その場合、認知件数では100件あったとしても、
犯人が逮捕された場合の検挙数は1人(または数人)となります。

また、強盗については既述のように厳罰化傾向により、窃盗からのすげ替えが多いことが
指摘できます。

さらに、逮捕するまでは成人か少年かは分かりません。強盗や窃盗の認知件数の増加は
職業的窃盗者(団)の増加も考えられます。
職業的に窃盗をしている少年がそうそういるとは思えません。その辺も考慮すれば、
検挙率が半減したからといって、単純に検挙数を2倍にすればいいのではないということ、
少年犯罪が増えていることを示す証拠にはならないということが分かると思います。
マスメディアが喧伝するような少年犯罪急増などという事実は全くないと見て良いでしょう。
むしろ、1960年代前・中盤が少年犯罪の全盛期で、1960年代後半からは少年犯罪は激減し、
1970年代以降は低水準で比較的安定的に推移しているのです。
そして、マスメディアや識者のみなさんが大好きなアニメやゲームの影響ですが、
これらがなかった頃に犯罪発生率が高く、それらが存在する時期には犯罪発生率が低いまま
推移しています。ということは、アニメやゲームが犯罪の発生に影響を与えるという説を真実と
すれば、アニメやゲームは犯罪を抑止していることになります。

233 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:01:34 0
 重大な非行・犯罪の発生を促進あるいは阻止する条件を、三つのレベルにわけて考えることが、
非行・犯罪発生の原因を探るために有効だと思う。主体的条件のレベル、
発生の直接契機(きっかけ、引き金)あるいは阻止の契機(引き留め)のレベル、
実行への方法や道具のレベルの三段階である。
 第一に非行・犯罪の主体的条件である存在意味喪失感は小さくなっていない。
 第二に非行・犯罪発生の直接の契機となる葛藤と孤立は少なくなっていない。[11]
 第三に、上のような条件や契機があって非行・犯罪実行に近づいたとしても、それを実行するため
の道具を獲得できなければ、実行は成功しない。非行・犯罪実行方法としてのイメージや言語、
実行手段としての凶器などの道具によって、非行・犯罪の発生件数も質も変わってくる。
犯罪イメージや言語の情報はあふれている。今後もしも銃器が容易に手に入るようになったら、
凶悪犯罪発生は急増するであろう。
 常識的感覚的凶悪化論ではなくて、少年の非行・犯罪について、もっと詳細な情報を整理する
必要がある。
ところが七〇年代になって、高校進学率は九〇%を超え、高度経済成長も終わる。
経済的豊かさは、実現されれば当然の日常となり、高校卒業も当たり前のことになる。
他方では、過剰な生産と過剰な消費が自然環境と社会を蝕みつつあり、そういう事態がハッキリ
してきたのに、どうすることもできない。社会の次の課題、歴史の課題が、見えなくなる。
青年が参加するに足る価値ある社会が見えなくなる。見通しを失った青年の新たな苦しみが、
ここから始まったのである。
 家庭で子どもたちの役割がなくなったことも、存在意味喪失感をもたらしているに違いない。
一世代前までは、ほとんどの家庭で、子どもは一〇歳にもなれば家族生活を支えるために
どうしても必要な仕事を割り当てられていた。その仕事を子どもは嫌々やっている場合でも、
自分が必要とされ、当てにされているんだと感じたし、親から喜ばれれば、存在の充実を感じた
であろう。しかしいまや、子どもは愛情の対象ではあっても、役立たずであり、厄介者である。
 しかも進路・職業選択は制度的形式的条件からすれば自由になっているのに、
偏差値という幻想の怪物ににらまれて心も体も動きがとれなくなっている。

234 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:02:04 0
 それは、1993年(平成5年)3月1日に、東京都調布市の京王線調布駅南口で起きた暴行・
傷害事件であった(調布駅前事件と呼ばれている)。
 この事件は、全く別件で補導されて取調べ中に、友人と一緒にこの事件をやったと供述した
とされ、同年5月3日に主犯格と準主犯格の2人の少年を逮捕。その後、捜査官は、
主犯格とされる少年に「もう一人が自白したぞ」と言って「自白」させるとともに、
準主犯格とされる少年には主犯格の少年が自白したぞと言って「自白」させたのである
(切り違え尋問である)。その後、この事件で五人の少年を逮捕した。
 少年たちは、少年審判までには最初に別件取調中に自白した少年を除いて全員否認に転じた。
東京家庭裁判所八王子支部において、1人は非行事実なし不処分決定を受けたが、
五人は非行事実をやったと認定されて少年院送致の判断を受けた。
その後、東京高等裁判所に対する抗告が認められて、東京家庭裁判所八王子支部に差し戻され、
うち1人は非行事実なし不処分となったが、それ以外の3人については、
警察は大々的な補充捜査を行って、東京高等裁判所の判断を覆して検察官送致とされ、
非行事実なし不処分とされた少年を含めて、傷害罪等で東京地方裁判所八王子支部に起訴された。
この事件は、その後、起訴の有効性が争われて、最終的には起訴時少年だった被告について
起訴が無効であるとして公訴棄却となり、それ以外の4人の被告についても検察官が起訴を
取り消して公訴棄却となって終了している(服部朗・佐々木光明編『少年法ハンドブック』
〔明石書店〕373頁以下参照)。
 少年事件については、少年に付添人が選任される割合は極めて低い。平成11年のデータでは
、全体の4.4パーセントの少年にしか選任されていない。
ただ、この割合は昭和63年から年々少しずつ増加している(最高裁判所事務総局家庭局
「家庭裁判所事件の概況(二・完)−少年事件−」法曹時報53巻1号53、54頁)。
増加傾向にあるのは、弁護士会が当番弁護士制度を実施していることと関係があるように思われる。

 これは、成人事件の場合に国選弁護人制度があり、起訴後の被告人にほとんど弁護人が
選任されている実例と比較するとこの4.4パーセントという数字がいかに少ないかが良く判る。

235 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:02:46 0
「精神科医」のほとんどは大学などで心理学を授業として学んではいません。
「精神科医」になるためには、普通の医者とまったく同じで、医学部へ行って、国家試験を受けるわけですが、「精神科医」になるのは、実際に病院などで勤務してからのことで、その間にどこかで心理学を学ぶ機会はめったにありません。
つまり、わたし達心理学をよく知る者にとっては常識であるヴントとか、ワトソンなんて知らない方もいたりするんですよ。

ちなみにヴントは「心理学の父」と呼ばれる人(「心理学の父」はフロイトやユングじゃないので、あしからず)で、はじめて心理学実験室を作ったという、心理学を学んだ者であれば知っていて当然の人物です。
ワトソンといえば行動主義を最初に提唱した人で、この人も心理学を学んでいる者であれば、避けては通れない人物です。

ということは。
「精神科医」というのは、正直言ってほとんどの場合が「心理学」に関しては素人よりはできる、というレベルなんですね。
(まあ、中にはきちんと勉強なさっている方もいるとは思いますが。)
となると、「精神科医」の先生たちには決定的に欠けてる「心理学的な視点」というのがテレビや彼らの書物、論文を見ているとあったりします。
それは何かというと、「仮説検証の一連の流れ」という、心理学にはなくてはならないプロセスが欠けているんです。

心理学では、まず研究対象に「操作定義」と呼ばれる定義づけを行います。
これをすることによってはじめて、「心」というあいまいなものが客観的に研究できる対象になります。
そして、「操作定義」をした対象に対して仮説を立て、その仮説をもとに実験や調査を行います。
その結果を統計の技法などを用いて分析し、そこから考察を行い、結果を導き出します。
これが心理学の研究の一連の流れです。
犯罪心理学であってもこれはまったく同じです。
本当の「犯罪心理学者」であれば、あくまでもデータという客観的なものを根拠にしています。
ここに自分の主観は入ってきません。

ところが。
「精神科医」の先生たちの文献を見ますと、ほとんどが事例研究だったりします。
仮説検証をしたり、データを取ったりということがほとんどないんですね。
いえ、確かに事例研究も重要です。
ただ、それは汎用性がほとんどないものです。

236 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:04:08 0
 七戸町で二〇〇〇年七月に起きた少年リンチ死事件の損害賠償請求訴訟は十三日、
亡くなった菊地良道君=当時(15)=の両親と一部加害者との間で、計七千六百万円を支払うこと
で和解が成立した。主犯格の少年=当時(19)=とその父親は和解に応じず、
青森地裁は秋にも和解金の半分を支払うよう命ずる見込みだ。
 複数の少年が菊地君にあらぬ疑いを掛け、未明の駐車場で鉄パイプなどを使って
一時間以上にわたって殴打。意識不明となった菊地君は一週間後に頭蓋(ずがい)内損傷で
命を落とした。それから丸五年が過ぎ、事件はようやく刑事、民事ともに一定の決着をみた。
 取材の中で、愛息を奪われた両親の癒えぬ悲しみ、苦悩を目の当たりにした。折しも、当時、
厳罰化される改正少年法施行の流れの中にあり、目線は少年法の壁や、その運用の在り方に
向いていた。だが、菊地君の両親と向き合ううちに、被害者遺族の生活と痛んだ心をサポート
する法律や地域の体制が欠落していることに気付いた。
 主犯格の少年に刑事裁判の判決が下った四カ月後、両親は実家に近い北海道北見市に
引っ越した。「良道を思うとこの町から逃げ出したい気持ちになった」=母・名美子さん(43)=
という。
 息子を思うと心がかき乱されるほどの苦しい日々。そんな中、〇一年秋に少年犯罪で子供や
親族を失った被害者で組織する「少年犯罪被害者の会」(大阪市)の集会に参加した。
痛みを分かち合える人たちと出会い、勇気をもらった。
 「犯罪責任の重さを自覚させなければ」。両親は翌年、加害者とその保護者計十二人を相手に
青森地裁に民事裁判を起こす。法廷でつまびらかにされる陰惨なリンチの内容。そして、
加害者たちの誠意の感じられない証言に悔しくて震えた。
 事件前まで、一家が描いていたささやかでも笑顔あふれる生活は破壊された。
賠償金が額面通り両親に払い込まれる確約もない。「素人が裁判を起こすのは無謀なんですね。
苦しかった」。和解後の名美子さんの疲れた声が耳に残る。
 犯罪抑止のための刑の厳罰化と併せ、今、犯罪被害者の家族を支援する法律の整備が急務だ。

237 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:04:44 0
 富山県が犯罪の少ない県であることは、県民には比較的知られているようである。
 例えば、平成9年の刑法犯認知件数(人口千人当たり)では、8.58件であり、全国平均
15.06件のほぼ半分にとどまっている。
 また47都道府県の中では少ない地域から数えて9番目に位置している。
 一般に犯罪は、匿名性の高い大都市圏で多いと言われる。実際に刑法犯認知件数は、
大都市圏と地方中枢都市所在道県で多くなっている。ただし、準地方中枢都市所在県とも
いうべき石川県・香川県は少ない。
しかし、少年犯罪に関して、刑法犯検挙人員数(14〜19歳人口千人当たり)を見ると、
15.14件であり、全国平均の16.06件にほぼ匹敵している。(年によっては全国平均を
上回ることもある。)
 47都道府県の中でも少ない地域から数えて26番目で半数以降に位置している。
 少年犯罪については、匿名性の高い地域で多いといった見方は必ずしも通用せず、
徳島県以外の中四国で多く、東京・神奈川を除く関東及び山梨・静岡で少ないことなどが目立つ。

富山県のように一般の犯罪が少ないにも拘わらず、少年犯罪が多いのは、鳥取、新潟、島根、
福井、香川、秋田などであり、日本海沿岸地域に目立つ。ただし、石川県の少年犯罪は極めて
少ない。
 この地域は米作地帯でもあり、これまで人口の社会移動が比較的少なく、地域社会の繋がりが
強く、結果として、匿名性が低かった。このため、各自が社会的逸脱行為を自己規制する規範を
強く持っていることによって一般の犯罪は少なくなっている。
 しかし、こうした犯罪を規制する規範は、若者には伝えられておらず、
さらに、地域社会として、若者を見守っていく多様な仕掛けも形成されていないといえる。
 現在、日本全体で、次世代を担う若者の教育が大きな課題となっている。
特に教育県(進学県)を自認する富山県でも極めて大きな課題であり、地域社会全体として、
取り組んでいく必要があるといえよう。

 ただし、長期的な変化を見ると、全国とほぼ同水準で推移しており、2001年の検挙人員数は
、たまたま少し多かったと捉えるのがよさそうである。現時点であれこれと原因を推測するより、
全国平均より多くなっていることに留意しつつ、1、2年様子を見る必要があろう。

238 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:05:47 0
-動機無き犯罪の正体-

犯罪に走ってしまう少年の場合、心の奥深くにあるそうした内的経験に対する「怒り」
や「人間不信」の感情が非常に強くあるのですが、前述したような理由から、その感
情は何年もの間、本人の心の中でくすぶっていることが多いといえるでしょう。

そして、思春期に入り、抑えてきた怒りや人間不信がある時ささいな事をきっかけに
して、爆発してしまいます。これが俗に言う「キレる」です。
幼い頃からずっとおとなしく「良い子」だった子でも、ある時突然キレ、犯罪行為にまで
至ってしまうのは、そういう心のメカニズムからです。

しかも、それが十何年貯めに貯めてきた怒りなわけですから、噴き出してくるもの
は相当な勢いがあるはずです。彼らの犯罪の手口の残忍さは、このあたりにあるの
かも知れません。

そして、ここで重要なのは、犯罪の「動機」に関してです。
怒りの原因ともなった「心の傷」は、して欲しかったことを、してもらえないためにでき
た傷であったり、して欲しくないことをされたことによってできた傷であると書きました。
何かをされたこと(イジメや暴力など)によってできた傷は、因果関係がはっきりしてい
るようですが、本人が心の奥底に封じ込めていたり、明確に自覚できていなかったり
するので、必ずしも被害者がその経験と関係ない場合が少なくありません。また、
何かをされなったことによってできた傷というのは、もともとその原因が存在しないた
めに、こちらは因果関係が特定できないのです。ないものは探せないというのが道理
といえそうです。

従って、犯罪の動機が特定できず、「動機無き殺人」などといわれるのもこのためで
す。そして少年自身も、自分の心のそういう状態を自覚することができないので、何
故、自分が犯罪を犯したのかわからないし、聞かれても答えられないのです。
しつこく聞かれれば、何か答えるでしょうが、その答えは「人を殺してみたかった」と
言う風に真実が語られていないことが多いのです。
場合によっては、長い間の辛い経験から、心の動きが本来のように機能しなくなり、
その結果、善なる心が動かなくなり、怒りと人間不信だけが激しくうごめいている。

239 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:08:27 0
社会全体で見ても日本という国は、子供たちにとって良い環境とは言えない。
それは、社会全体のモラルの低下があげられる。公衆道徳の低下、
交通マナーの悪さなどその退廃ぶりには、目を覆いたくなるほどである。
「自分の役割や責任を自覚せず、後の始末は他人任せといった無責任層が目立つ。」
(「少年の凶悪犯罪・問題行動はなぜ起きるのか」P117引用)と述べている。
確かにそうかもしれない、近年、子供に対する児童虐待が問題になっている。
子供を育てることに嫌気がさして、子供を殴ったり蹴ったり、こういった子供が今度、
親の立場になったとき、良い教育というものが出来るだろうか。また、教師による体罰、
昔は愛のムチと言われたが、現在、教師によって行われる体罰は、本当に愛を持っての
ことだろうか。ただ、自分の感情によって左右されるものではないだろうか。
こういった、社会環境の中で子供たちは、親・教師・社会にたらい回しにされていたのでは、
健全な精神が養われるとは考えられない。無責任社会の現状は、大人社会の中だけではない、
実際には子供社会の中に深く根付いているのではないだろうか。
友達が深い悩みを抱えていても、手を貸してやろうとはしない
。友達が犯罪を犯すかもしれないということを察知しておきながら、
それを諭してやる努力をしない。子供たちは、自分たちが同調社会の中にいることを熟知して
いるのだ。自分だけいじめに反発するようなことになれば、今度は自分が対象になるかもしれない。
自分だけが目立つことを避けるために、同調社会に身を潜めることが子供たちの中で暗黙の
了解となっているのである。しかし、よく考えて欲しい。実際に同年代の友達が犯罪に
手を染めようとした時に、一番、助けとなるのは、友達であるあなたなのである。
社会全体の関係が希薄化されている中で私が唯一あまり変わっていないと感じるのは、
友達という関係である。同年代ということで一番話しやすいということもあって、
些細な悩みでも打ち明けることがあるだろう。
その都度、真剣にその話を聞いてやって欲しい。あなたの一言が大きな勇気となることであろう。
もし、犯罪に手を染めてしまった子供たちに、そんな友達がいたのなら、かなりの数の犯罪が
防げたであろう。

240 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:08:58 0
 私は少年でなくなってからずいぶんと経つけれども、このところ続発している「理由のない」
凶悪犯罪を犯す少年たちの気持ちがわからなくもない。
倫理的制約は薄れて久しい。犯罪のコストは小さい、あるいは不透明である。そしてベネフィット
がむちゃくちゃ大きい。少年による凶悪犯罪が起こるたびに、日本のメディア全体がまるで性的
に興奮したかのように大騒ぎをするわけだから。ええ、あれが歓喜の現われだということは
ちゃんと見抜いていると思いますよ、子供でも。このベネフィットの大きさという理由から、
「厳罰化は予防につながらない」という議論には対抗できるように思う。
このカテゴリーの少年犯罪者は明らかにコストとベネフィットの計算をしているからである。

 もちろんのこと、犯罪のマジョリティはもっと穏当なものであり、そっちの方にどう対処するか
という問題の方が重要性は高い。

本当に「すべての少年の健全な育成を期す」とするならば、たとえば子どもに対する親の
虐待に対して、日本ではあまりなされてこなかった親権剥奪をともなう少年の保護が必要に
なる場合もあろう。自殺に発展しかねないような「いじめ」に対して、
見て見ぬふりをするばかりではなく、保護主義的な観点から新たな措置を講じる必要もあろう。
精神的な病理の芽を見せはじめた少年に対して、専門家の適切な判断をもとにいち早く治療に
入るシステムづくりを用意することは、少年の健全育成を阻害するものではない時代に突入して
いると私は思う。
もし「保護主義」を徹底するのであれば、
国家が少年とその環境に対してかなり強権的な介入をするのが当然だという観点が重要である。
最近の輿論は、戦後リベラリズムの衰退に伴い、教育や警察行政の面で反動化が進んでおり、
この手の保護主義が受け入れられやすい土壌があると思われる。そうしたとき、
いま少年法改正に反対しているようなリベラルたちはどういう立場をとるのだろうか。
私は、もしこれらのリベラルが一貫性のある立場をとるのならば、たとえば警察のストーカー
対策強化や、幼児虐待や家庭内暴力の「犯罪化」には反対すべきだと思っている。
そうしないのであれば、現実の前に論理は崩壊し、彼らの主張はきわめてオポチュニスティック
なものに見えてしまうだろう。

241 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:09:44 0
少年に対する捜査において、どのような暴行や脅迫がなされているのかを知っていただくため、
最近の日本弁護士連合会の全国調査の結果から、その例を示すと次のとおりである
(日本弁護士連合会編『少年警察活動と子どもの人権〔新版〕』〔日本評論社〕30頁以下から引用)。

【暴行の例】
@「殴る、蹴る、髪の毛を引っ張る、首を絞める」(東京都東調布警察署事件、1977年)
A「『嘘をつくな、この野郎』等と怒鳴りつけ、火の付いた煙草を投げ付け、顔を机に押し付け、
手拳で殴打、座っている椅子ごと後方にひっくり返す」(新潟県津川警察署事件、1980年)
B「取調室の机を押し付け、壁と机の間に体を挟み」「署内の道場に連行し、足払いで投げ飛ばす」
(千葉県柏警察署事件、1981年)
C「靴の底で顔面を蹴る、手拳で顔を殴打」(和歌山県岩出警察署事件、1986年)
D「腹部を数回殴打、着衣の胸の部分をつかんで壁に押し付ける、首を絞める」
(大阪府泉南警察署事件、1987年)
E「頭髪を掴み後頭部を壁に打ち付ける、倒れた少年に対し脇腹や額を足先や膝で蹴る、
髪をつかみ床に引き倒し床の上を引きずり回す、椅子の金属パイプで背中中央を殴打」
(群馬県富岡警察署事件、1988年)
F「平手で頭を殴る、手拳で顔面を殴打、髪をつかんで頭をこずいたり、頭を壁に打ち付ける」
(綾瀬母子殺し事件、1988年)

【脅迫の例】
@「お前がいつまでも否認しているなら必ず少年院に送ってやる」(岐阜県大垣警察署事件、
1978年)
A「偽証罪になるぞ。弁護士に会うな。会ったらどうなるか判っているか」(千葉県柏警察署事件、1982年)
B「おまえ、正直に言わないと家に帰さないぞ」(東京都荻窪警察署事件、1985年)
C「自白すれば三日間で外に出してやる。自白しなければ何日でも取り調べる」(香川県高松南警察署事件、1990年)
D「やっていないなら、やっていない証拠を出せ。認めないなら今夜泊ってもらう」(茨城県勝田警察署事件、1990年)
E「おまえの後ろにおまえの殺した女の子の霊がいる」(埼玉県浦和警察署事件、1991年)
ここに紹介した暴行・脅迫の例は決して特殊なものではない。少年事件を担当した経験がある弁護士であれば、ここに挙げられたような暴行や脅迫を受けたという少年の訴えに何度か接しているはずである。

242 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:10:28 0
 フジテレビ系列のLIVE2005ニュースJAPANで、「ゲームと少年犯罪」という特集を行っていた。
行政側ではゲームは少年犯罪を助長しているという主張を行う向きが多い。
10年ほどの短期的に見た場合は少年の凶悪犯罪は増加しているように見えるが、
50年程度の長期で見た場合は、少年犯罪は大幅な減少傾向にあるとのことだった。

 実際のところ、「キレる○学生」という報道がなされ、よく中高生は何かちょっとした嫌な事がある
とすぐキレるという印象を植えつけているのはマスコミではないかと思う。特に、
報道網が発達し治安が向上しているために、ある一部の犯罪が目立つようになってしまっている
だけではないか。その一部の犯罪の要因を探したときにちょうどいいスケープゴートとして、
ゲームやマンガ、アニメなどがあっただけだった。それだけのように思う。
 日本そのものの生活が安定し、趣味や娯楽に対して意識を向けるようになってきている。
こういう時代になったときに、新興勢力に対して否定的な立場をとることで、
自分達の行っているものを守ろうとしているだけなのだろう。新興勢力を許容する環境というものを
作っていくべきではないだろうか。特にゲームやマンガ、アニメは日本の主要産業といっても差し
支えないわけだし。海外にもっと積極的に売り出していくべきものだと考えるのだがどうだろう。
 自分がバカにされないことに意識を集中する。劣等意識による「引き下げの心理」なのです。
 批評することで「自分の方が偉いんだ!凄いんだ!」と確認しなければ、気がおさまらない。
 だから、良いところより、批判することにのみ、すぐに意識が向く。

 人間の精神的な安定度の指標は、その人が、誰かを「誉める能力」があるか、
 すぐに、何かしら足らないところに意識が向き、「けなしてしまう」のかだと思っています。
 このような人は、いつも「負けてたまるか」「俺の方がすごいんだ」「なめられないぞ」と、
 人生が勝ち負けなのです。きっと、そのような考え方の人々に会いすぎたのでしょう。
 人生の酸いも甘いも体験して、おおらかに笑っていられるような人に囲まれてこなかったのでしょう。

243 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:10:53 0
1989年、一人の少女が41日間に渡り拉致、監禁、強姦、拷問、殺害され、
その遺体がコンクリート詰めになって発見される凶悪事件がありました。
2006年現在、主犯をのぞき全員出所してます。

自分の大切な人が同じ目に遭遇したらどうしますか?
それを考えながら少年法を見直すメールです。
犯人と事件の詳細
http://www.geocities.jp/zenbo2005/
これを許せない人は URLを貼って、知人・友人にメール転送して下さい。

244 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:11:23 0
犯罪は発展途上国型と成熟社会型という大きな2つの分類がある。食うため、
生きるために物を盗んだり人を殺すのが、発展途上国型だ。
これに対し、成熟社会型とは社会の行き詰まりから来る矛盾が原因の犯罪だ。
当然、現在の少年犯罪は後者である。

 つまり、今の時代、子供たちば将来に対するサクセスストーリーを描くことすらできないのだ。
しかし、そんな現実を生きていかねぱならない。そこで何を考えるかといえば、
他者と同質化することである。ガキのころから"護送船団方式"の社会にどっぷりつかっている
といってもいいだろう。周囲の目を過剰に意識し、群れから排除されないことがすぺてに優先する。
そのためには犯罪さえも辞さない。沖縄の事件がその典型である。
すべては小さな組織内での保身。それが成熟社会型犯罪の傾向なのだ。

 しかし、ここでより重要視すべきは、実は少年犯罪自体は減少傾向にあるという点で・ある。
殺人などの凶悪犯罪に隈れば、現在は終戦直後の10分の1。
世界的に見ても、最野蛮国のアメリカが日本の10倍なのは人口から換算して当然としても、
オランダやスウェーデンに比べても半分以下だ。これは異常なことであり、欧米の学者の中には
「日本はどうしてこれだけ犯罪が起こらないのかを研究すべきだ」という意見まであるという。

今の日本の若者は犯真も犯せないほどバフ一ダウンしており、
それが結果 的に社会の停滞につながっているということなのである。
 若者がこれほど腑抜けになってしまったことに は明快な理由がある。
それは団塊の世代と呼ばれる一団があまりに元気がよすぎるからであろう何かにつけて
「俺たちが若いころは・・」と昔を自慢されるのだから、下の世代はたまったもんではない。
知らず知らずのうちにエネルギーを吸い取られて、社会全体が疲弊してしまったことは否めない。

 極論すれば、少年犯罪も多いが社会に活力がある状態と、犯罪も少ないが社会も停滞
するのとではどっちがいいかという問題となる。今回の2つの事件を擁護するつもりは毛頭ないが、
俺の意見は断然、前者である。昭和30年代の不良高校生は、喧嘩は自分と同等ないし、
より強い者を打ち倒すことで精神的充足感を得ていたという。

245 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:12:39 0
かつての少年犯罪には、非行集団に所属する少年が、非行を重ねるつど、犯罪傾向を
強めていくという「逸脱キャリア型」と呼ぶべきものが多かった。
しかし、今日、そのような非行集団は衰退している。「逸脱キャリア型」に替わって「暴発型」の
少年犯罪が増加したことが、「凶悪化」のイメージで捉えられている。

「いきなり型」「暴発型」の少年犯罪は、今日の青少年が直面する特有の困難にたいする
病理的反応として社会的文脈の中で理解されうる。その「特有の困難」とは、
個性的たること、自分らしくあることが、今や規範となり、あらゆる青少年が、"個性"や
"自分らしさ"を没個性的に追求しなければならなくなっているという極めて皮肉な事態である。
「暴発型」犯罪は、病理的な自己表現・自己顕示行為として理解されうる。
その点で、最近注目を集めた少年非行事件が、多くの場合、地方郊外で発生していることは
重要である。恐らくは、地方郊外という場所の性質が、個性のアノミーの発露としての非行を
誘発しているのではないか。

このように、今少年犯罪に起こっていることは、一般に理解されている単なる「凶悪化」とは
かなり質的に異なる。自己顕示型の犯罪に対して、「厳罰化」が抑止効果を発揮しうると
信じるのはほとんどナンセンスである
少年犯罪の原因を、社会から外在したリスクとみなすメンタリティの浸透は、社会が、
少年たちを包み込むだけの度量を失ってきたことに起因している。少年犯罪をリスクとみなし、
その発生原因を社会的コントロールの射程から外在するものとして与件化してしまうことは、
少年の育成に関する責任を、共同体としての社会が放棄していることを意味するのである。
もし、もう少し社会の後ろ盾が強くあれば、親たちも、まだ余裕をもって子どもたちと接することが
できるだろう。しかし、社会が責任をとろうとせず、逆に自己責任ばかりが強調されるから、
親たちは過剰反応を示すようになるし、その結果、リスクの感覚もまた強まってくる。

メディアで大きく取り上げられる事案では特にそうだが、それまで問題のなかった少年が、
初犯で大事件を起こす「いきなり型」「突発型」の少年犯罪が増えている。そのような類型の
犯罪の「わけの分からなさ」が、「凶悪化」と解釈されている部分も大きい。

246 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:14:43 0
朝日新聞などの人権屋マスコミは、いつも加害者側に加担し、加害者の人権は守られるべきで
あると主張してきた。加害者の頭が狂っていそうならば、必ず無罪ではないか、刑務所ではなく
病院に行くべきではないかと暗にそれらしいことをほのめかす。
少年事件なら尚更だ。家庭環境などを問題にし、本人の罪は問わない。
少年は必ず更正すると信じて疑わない。

しかし、そんなことは全くないのだ。ダメな人間は何をやってもダメで、気違いは一生直らない。
大阪で昨年起こった姉妹殺害事件では、16歳のときに母親をバットで殴り殺した山地悠紀夫と
いう男が逮捕された。女子高生コンクリート詰め殺人事件で世間を震撼させた神作譲は、
33歳にもなって知人の男を監禁、暴行する罪を犯して逮捕された。

少年院送致となった少年の全てが再び犯罪に手を染めるわけではないとか何とか、
甘っちょろいことをいう人権屋がいる。本当にそう思うのか?
少年犯罪の凶悪犯の再犯率は気にならないくらいなのか?
再犯が、他の何でもない少年が犯す過ちと変わらないとでもいうのか?
自分の隣に、10代の頃に殺人をして出所した男が住んでも何とも思わないのか?
自分でできもしないことを他人に押しつけるのが人権屋だ。

17歳の頃に7歳の男子児童を猥褻目的で誘拐して殺害した鬼畜・熊本晴彦が、
出所後に14人の小学生を猥褻目的で誘拐したり、強姦した事件の判決が下された。
福岡地裁の林田宗一裁判長は懲役18年に対し、懲役16年の判決を言い渡した。

熊本晴彦という男は、10年間少年刑務所で過ごしたが、何も更正されなかった。
14人という児童が味わった苦痛を省みない卑劣な犯罪を犯したのだ。
こんな事件があっても、まだ人権屋は、少年犯罪の処罰は更正を中心に起き、
人権に配慮すべきというのだろうか。

判決に問題などない。また、くだらない弁護側の主張など受け入れる必要はないし、
その意見に加担し、弁護側の意見を新聞記事で大きくアピールする必要も全くない。
実際、読売新聞は弁護側の意見は掲載もしていない。読売の報道が公平ではないという人も
いるかも知れないが、被告側の意見を取り入れることが公平な報道ではない。

247 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:15:44 0
「乗っ取るのは新幹線でもよかった」「とにかく目立ちたかった」―西鉄高速バス乗っ取り事件は、
容疑者の少年(17)の供述から特異な動機が浮かび上がってきた。学校や家庭、地域から孤立し
た少年が自己アピールを目的に無差別犯罪に走る病理。愛知県豊川市で起きた十七歳による
夫婦殺傷事件も共通性を帯びる。
名古屋で起きた五千万円にのぼる集団恐喝事件も含め、続発する「少年の凶行」。
背景に何が潜むのか。事件の現場から緊急報告する。
 それは、通常の高校受験風景とはまったく違っていた。会場は佐賀市の病院の一室。
受験生は一人、付き添い試験官は二人。腰を骨折して入院した少年のために高校がとった
特別の措置だった。
 少年は腰の痛みに耐え見事合格。「彼と抱き合って喜びました」と中学の担任教諭。
教諭は少年の晴れやかな笑顔を今も覚えている。ところが、その高校に通ったのはわずか九日間。
そして二年後、少年は高速バスの乗っ取りを実行した。
将来は「不明」
 一冊の卒業文集がある。二年前の三月、佐賀市の中学に通った少年と同級生が、それぞれの
十年後の姿をつづった。
 「立派な看護婦」「実業団のマラソン選手」…。希望に満ちた文字が並ぶ。少年だけは違った。
 「不明」―。二文字以外は空白だった。
 少年はその三年前、小学校の卒業文集では、こうつづっていた。
 「ぼくは、虫に興味があるので、大人になったら虫の研究をしたい」
 子どもらしい夢。それはいつの間にか消え、十五歳のときは希望を描けずにいた少年。

 中学の担任は、少年のことを「ごく普通の子だった」と振り返る。同級生の印象は少し違う。
「口数が少なく、人見知りするタイプだった」
 運動は苦手だったが、成績は常にクラスで十番以内。「自分をアピールできるのは勉強だけの
ようだった」と同級生。テストでの高得点を周囲に自慢することもあった。
 「ガリ勉」と冷やかされると、むきになって怒った。そんな姿がおもしろがられたのか、
度々からかいの対象になった。
 腰の骨折も、同級生から筆箱を取り上げられた揚げ句、からかわれて校舎二階から
飛び降りたのが原因だった。捜査本部の調べに対し、少年はこの出来事を「いじめ」
として供述している。病院での受験は「いじめ」との闘いでもあった。

248 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:16:21 0
人は本来(ネットやTV鑑賞等に於いては絶対に)自分の感情を他人のせいにはできない。怒りの矛先を少なくとも自分以外の誰かに向けるのは、筋も間も勘も気も思いも見当も御門も違う。
これに気付いていない人同士が互いに鏡となって矛盾を見せ合う行為が「争い」である
従って貴方が誰かに嫌悪感を抱いても、その原因は常に「貴方の持つ固定観念・定義付け」であって「相手」ではない。「生意気だから」「ムカツクから」等といういじめやその報復の言い訳も、全く言い訳にならないということである

そもそも何を見てどんな印象を抱きどう感じるかは個人の自由である。もし貴方がその自由に制限を与えようと(例えば相手に自分の理想を押しつけようと)するから、その瞬間に貴方も不自由(苛立ちなど)を感じる羽目になるのである(人を裁けば自らが裁かれる)
これが「貴方が与えたものを貴方が受け取る」という、この宇宙の仕組み(仏教で言う因果応報、物理学で言う作用反作用)である

逆に言えば、仮に貴方が誰かを怒らせたり悲しませても、相手が自前の了見・価値基準で勝手に感じている事なので、貴方が後悔や自責の念を感じる必要は一切ない
相手が幾ら貴方に罪悪感や劣等感を感じるよう仕向けたとしても上述のように御門違いなので、何ら貴方が自己嫌悪に苛まれるべき理由にならない(これは無論、迷惑を掛けたり失敗しても反省や訂正や改善をしなくて良いという事ではない)

感情自己責任とはいえそれを表現すべきではないという事ではない。感情は自己表現の一つであり自他共に己を知らしむチャンスなので、寧ろ積極的に感じたままを間を置かずに表現すべきである
実際、感情を抑圧する者ほどそれを爆発させやすく、感情の自己責任が取れていない者ほど他者の表現の自由を制限したがる(自分が傷付かなくて済むように)

自称知識人の多くは自覚がないが、「何かを批判・非難する」ということはその対象に関して中途半端な知識しか持っていない証拠である(無知の無知)。これが、批判・非難が一時的表面的解決にしかならず、実態は益々隠蔽され問題が長期化する所以である

249 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:16:51 0
【研究】 "女性に過剰な理想抱く男性、注意?" 「性犯罪するかも」という人は参加を…性犯罪に心理療法
★性犯罪に心理療法 再犯防止、グループ討論 東京医歯大
・東京医科歯科大学難治疾患研究所(東京都千代田区)の研究チームが、性犯罪歴の
 ある男性を対象に再犯防止のための心理療法プログラムを四月にも始める。大学の
 研究機関がこうした取り組みを行うのは全国で初めて。「認知行動療法」を採用した
 グループ療法を行い、効果的な性犯罪再犯予防法の開発に役立てたいとしている。
 プログラムは同研究所の精神科医、小畠秀吾助教授(犯罪精神医学)ら四人で運営。
 性犯罪前歴者のほか、自分が「何らかの性犯罪をしかねない」と考えている男性を対象とし、専用電話を設けて参加を求める。
 小畠助教授によると、人間は対人関係のつまずきなどストレスを自力で処理できない
 場面で攻撃性が生じる。異性に過剰な理想像を抱くなど性意識が未熟な場合、攻撃性と結びついて性犯罪に走るケースが多いという。
 このためプログラムでは、六−八人のグループで週一回、性犯罪に至った過程など
 内面について自分の言葉で話し合ってもらう。会話の中で、性への一方的な思い込み
 など認識のゆがみに気づいてもらい、問題行動につながらないよう促す。約三カ月間のプログラムを通じて意識改善を目指す。
 医師らはプログラム全体を見守る立場で指導。プログラムの開始前と終了後に心理
 検査を行って結果を比較し、プログラムの効果を確かめるとともに、改善につなげる。
 プログラム実施の場所は未定だが、付属病院や研究所など参加者が特定されやすい場所は避けるという。
 性犯罪歴のある人への治療は欧米を中心に進んでおり、小畠助教授らは文部科学省から助成を受け、英国の先進事例などを研究してきた。
 大学の研究機関がこうしたプログラムに乗り出すのは初めて。法務省は刑務所などで 性犯罪者の再犯防止の教育プログラムを行うことを
すでに決めている。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060228-00000002-san-soci
※関連
・【韓国】 女子小学生暴行・殺害で、性犯罪の罰則…就業制限やGPS腕輪での監視も検討 [02/27]
 http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1141025150/

250 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:17:31 0
第1条 少年院は、家庭裁判所から保護処分として送致された者及び少年法
(昭和23年法律第168号)第56条第3項の規定により少年院において刑の執行を受ける者
(以下「少年院収容受刑者」という。)を収容し、これに矯正教育を授ける施設とする。
《改正》平12法142 第2条 少年院は、初等少年院、中等少年院、
特別少年院及び医療少年院とする。2 初等少年院は、心身に著しい故障のない、
14歳以上おおむね16歳未満の者を収容する。3 中等少年院は、
心身に著しい故障のない、おおむね16歳以上20歳未満の者を収容する。
4 特別少年院は、心身に著しい故障はないが、犯罪的傾向の進んだ、
おおむね16歳以上23歳未満の者を収容する。ただし、16歳未満の者であつても、
少年院収容受刑者については、これを収容することができる。《改正》平12法1425
 医療少年院は、心身に著しい故障のある、14歳以上26歳未満の者を収容する。
6 少年院は、収容すべき者の男女の別に従つて、これを設ける。但し、医療少年院については、
男女を分隔する施設がある場合は、この限りでない。 
第3条 少年院は、国立とし、法務大臣がこれを管理する。
2 法務大臣は、少年院を適当に維持し、且つ、完全な監査を行う責任を負う。 
第4条 少年院の矯正教育は、在院者を社会生活に適応させるため、
その自覚に訴え紀律ある生活のもとに、左に掲げる教科並びに職業の補導、
適当な訓練及び医療を授けるものとする。
1.初等少年院においては、小学校及び中学校で必要とする教科
2.中等少年院及び特別少年院においては、初等少年院で必要とする教科、
更に必要があれば、高等学校、大学又は高等専門学校に準ずる教科
3.医療少年院においては、養護学校その他の特殊教育を行う学校で必要とする教科
2 少年院の長は、在院者を、前項の矯正教育に関係のない労働に従事させてはならない。
 第5条 少年院の長は、在院者に対する矯正教育のうち教科に関する事項については、
文部科学大臣の勧告に従わなければならない。
《改正》平11法1602 少年院の長は、前条各号に掲げる教科を修了した者に対し、
修了の事実を証する証明書を発行することができる。

251 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:18:12 0
第6条 在院者の処遇には段階を設け、その改善、進歩等の程度に応じて、順次に向上した
取扱をしなければならない。
但し、成績が特に不良なものについては、その段階を低下することができる。 
第7条 少年院の長は、在院者が善行をなし、成績を向上し、又は一定の技能を習得した場合には、
これに賞を与えることができる。2 前項の賞は、証明書、記章等の賞票又は特別外出等の
殊遇とする。但し、少年院の長は、法務大臣の承認を経て、他の賞を与えることができる。
3 ひとたび与えた賞は、いかなる場合にも、これを没取してはならない。 
第8条 少年院の長は、紀律に違反した在院者に対して、左に掲げる範囲に限り、
懲戒を行うことができる。
1.厳重な訓戒を加えること。
2.成績に対して通常与える点数より減じた点数を与えること。
3.20日を超えない期間、衛生的な単独室で謹慎させること。
2 懲戒は、本人の心身の状況に注意して、これを行わなければならない。 
第8条の2 在院者が矯正教育を受けるに際して、けがをし、又は病気にかかつた場合において、
これによつて死亡したとき、又はなおつたとき身体に障害が残ることが明らかなときは、
法務省令の定めるところにより、手当金を与えることができる。
2 在院者が死亡した場合の手当金は、死亡した者の遺族に与える。
 第9条 少年院の長は、在院者の所持する金銭、衣類その他の物を領置したときは、
これを安全に保管しなければならない。 第10条 少年院の長は、
矯正教育の便宜その他の理由により在院者を他の少年院に移送する必要があると認めるときは、
その少年院所在地を管轄する矯正管区の長の認可を得て、これを移送することができる。
2 前項の規定により在院者(少年院収容受刑者を除く。次項、第11条及び第12条において同じ。)
を他の少年院に移送した場合においては、移送した少年院の長は、
速やかに、本人を送致した裁判所にその旨を通知しなければならない。
《改正》平12法1423 第1項の規定により在院6月以上の在院者を他の少年院に移送した場合に
おいては、移送した少年院の長は、すみやかに、その少年院所在地を管轄する
地方更生保護委員会にもその旨を通知しなければならない。

252 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:21:13 0
第10条の2 少年院収容受刑者は、16歳に達した日の翌日から起算して14日以内に、
監獄に移送しなければならない。ただし、その期間内に刑の執行が終了すべきときは、
この限りでない。《追加》平12法142 第11条 在院者が20歳に達したときは
、少年院の長は、これを退院させなければならない。但し、送致後1年を経過しない場合は、
送致の時から1年間に限り、収容を継続することができる。2 少年院の長は、前項の場合に
おいて、在院者の心身に著しい故障があり、又は犯罪的傾向がまだ矯正されていないため少
年院から退院させるに不適当であると認めるときは、本人を送致した裁判所に対して、その収
容を継続すべき旨の決定の申請をしなければならない。3 前項の申請を受理した裁判所は、
その審理にあたり、医学、心理学、教育学、社会学その他の専門的知識を有する者及び本人を
収容中の少年院の職員の意見をきかなければならない。4 裁判所は、本人が第2項の状況に
あると認めるときは、期間を定めて、収容を継続すべき旨の決定をしなければならない。但し、
この期間は23歳を超えてはならない。5 裁判所は、少年院の長の申請に基いて、
23歳に達する在院者の精神に著しい故障があり公共の福祉のため少年院から退院させるに
不適当であると認めるときは、26歳を超えない期間を定めて医務少年院に収容を継続すべ
き旨の決定をしなければならない。6 第2項から第4項までの規定は、前項の場合にこれを準用
する。7 少年院の長が裁判所に対し、在院者の収容を継続すべき旨の決定の申請をした場合に
は、第1項の規定にかかわらず、裁判所から決定の通知があるまで収容を継続することができる。
8 少年院の長は、在院者が裁判所の定めた期間に達したときは、
これを退院させなければならない。 第12条 少年院の長は、在院者に対して矯正の目的を達した
と認めるときは、地方更生保護委員会に対し、退院の申請をしなければならない。
2 少年院の長は、在院者が処遇の最高段階に向上し、仮に退院を許すのが相当で
あると認めるときは、地方更生保護委員会に対し、仮退院の申請をしなければならない。

253 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:22:38 0
少年犯罪の凶悪化に対応するため、警察庁は11日、これまで成人の容疑者に限ってきた
公開手配の対象を、19歳以下の少年にも広げることを決め、全国の警察本部に通達した。
犯行が悪質で再犯の恐れが高い場合には、似顔絵や身体的特徴を公表できるとし、
顔写真や氏名も『例外だが、全く公開しないわけではない』(警察庁少年課)としている。
同庁は、個別のケースごとに、公開捜査の必要性があるか都道府県警と協議して判断すると
している。

容疑者の特徴を公表し、市民から情報提供を求める公開捜査について、同庁は、
1998年の通達で、凶悪犯罪や社会的反響の大きい事件などを対象とし、
原則として容疑者が成人のケースに限るとしたが、少年事件に関する基準は示していなかった。
このため、容疑者が明らかに少年だったり、少年の可能性が少しでもあったりした場合には、
公開捜査はほとんど行われていなかった。
しかし、今月9日に公表された政府の青少年育成施策大綱に、『人権保護と捜査上の
必要性を勘案して、少年事件の公開手配のあり方の検討を行う』との文言が盛り込まれたことを
受け、警察庁は今回の通達で、『必要かつ適切と認められる場合には、例外的に許される』との
考え方を示すことにした。

公開が許されるケースは、犯行手段が悪質なうえ、再犯の恐れが高く社会的不安を与えた事件の
うち、公開以外に容疑者逮捕の方法がない場合とし、想定される犯罪としては、
連続殺人や連続婦女暴行事件などを挙げている。公開する情報の内容はケースバイケースで
判断するとしているが、氏名や顔写真の公開もあり得るとしている。
また、容疑者の身元が明らかでない少年事件の場合でも、防犯カメラなどに映った写真や似顔絵、
身体的特徴、音声など、捜査で得た資料を公開する。ただ、容疑者が14歳未満の触法少年の
可能性がある時には、防犯カメラの映像を似顔絵に変えるなどの配慮もするとしている。

2000年6月に岡山県で高校3年の少年が金属バットで高校の後輩や母親を殺傷した事件では、
県警は、逃走した少年を指名手配したものの氏名や顔写真は明らかにしなかった。
今年7月に長崎市で12歳の少年が4歳の男児を殺害した事件でも、
少年の姿をとらえた防犯カメラの映像は公開されなかった。

254 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:22:46 0
1989年、一人の少女が41日間に渡り拉致、監禁、強姦、拷問、殺害され、
その遺体がコンクリート詰めになって発見される凶悪事件がありました。
2006年現在、主犯をのぞき全員出所してます。

自分の大切な人が同じ目に遭遇したらどうしますか?
それを考えながら少年法を見直すメールです。
犯人と事件の詳細
http://www.geocities.jp/zenbo2005/
これを許せない人は URLを貼って、知人・友人にメール転送して下さい。

255 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:23:09 0
少年の暴力的犯罪が後を絶ちません。彼らの心理の背景には、どんな感情が隠さ
れているのでしょうか。
皆さんは少年犯罪と聞いて、どんなことを思いますか?
おそらく、自分とはあまりにかけ離れたことなので、ピンと来ないといったところでは
ないでしょうか。
しかし、少年が犯罪に至るまでの心のプロセスを考察することは、私たちの心の問
題、親子関係のあり方、いじめ問題、人間関係等を改めて考えることにつながります。
決して他人事ではなく、皆さんの心に共通する問題を含んでいると言っても良いで
しょう。彼らの犯罪の動機は、決して我々にとって理解できない特異なものではな
いのです。

人間というのは、幼い頃から親に充分に愛されないと、その愛され足りなかった分
だけ、心の中に不満が残ります。もちろん完璧な親などこの世には存在しませんか
ら、誰でもこうした足りないものを心の中に抱えて生きています。
しかし、その満たされない量が余りにも多いと、その不満もそれだけ大きなものに
なります。また、学校で酷いいじめにあって、心がどうにも荒んでしまったり、そうした
経験が原因で人間不信を募らせる結果になり、その不満がいつまでも満たされな
かったり解決されない場合、いと、やがてそれが親や身近な人間や友達、そして
社会に対する「怒り」の感情へと変化し、心の奥深く鎮座することになります。

怒りというのは、徐々に吐き出していければ、まだ被害も少なくて済むものですが、
自分の中に極度の愛情不足や不安感、人間不信からくる怒りがあるということは、
なかなか自分では自覚できないものです。ゆえに、自分の中にある怒りというものを
適切な言葉にして表明できません。自分の中に怒りの感情や人間不信が存在する
ことすら気付くことがないまま、自分の気持ちをどうにもコントロールできなくなって
きます。従って、その怒りの感情や人間不信は、心の奥深くでどんどん増幅されてい
くことになります。

256 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:23:53 0
犯罪に走ってしまう少年の場合、心の奥深くにあるそうした内的経験に対する「怒り」
や「人間不信」の感情が非常に強くあるのですが、前述したような理由から、その感
情は何年もの間、本人の心の中でくすぶっていることが多いといえるでしょう。

そして、思春期に入り、抑えてきた怒りや人間不信がある時ささいな事をきっかけに
して、爆発してしまいます。これが俗に言う「キレる」です。
幼い頃からずっとおとなしく「良い子」だった子でも、ある時突然キレ、犯罪行為にまで
至ってしまうのは、そういう心のメカニズムからです。

しかも、それが十何年貯めに貯めてきた怒りなわけですから、噴き出してくるもの
は相当な勢いがあるはずです。彼らの犯罪の手口の残忍さは、このあたりにあるの
かも知れません。

そして、ここで重要なのは、犯罪の「動機」に関してです。
怒りの原因ともなった「心の傷」は、して欲しかったことを、してもらえないためにでき
た傷であったり、して欲しくないことをされたことによってできた傷であると書きました。
何かをされたこと(イジメや暴力など)によってできた傷は、因果関係がはっきりしてい
るようですが、本人が心の奥底に封じ込めていたり、明確に自覚できていなかったり
するので、必ずしも被害者がその経験と関係ない場合が少なくありません。また、
何かをされなったことによってできた傷というのは、もともとその原因が存在しないた
めに、こちらは因果関係が特定できないのです。ないものは探せないというのが道理
といえそうです。

従って、犯罪の動機が特定できず、「動機無き殺人」などといわれるのもこのためで
す。そして少年自身も、自分の心のそういう状態を自覚することができないので、何
故、自分が犯罪を犯したのかわからないし、聞かれても答えられないのです。
しつこく聞かれれば、何か答えるでしょうが、その答えは「人を殺してみたかった」と
言う風に真実が語られていないことが多いのです。
場合によっては、長い間の辛い経験から、心の動きが本来のように機能しなくなり、
その結果、善なる心が動かなくなり、怒りと人間不信だけが激しくうごめいている。

257 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:24:24 0
 一九九〇年代の日本は、少年犯罪の季節と呼ぶに相応しく、社会に衝撃を与えるような
少年犯罪が次々と発生した。「少年」というカテゴリーをめぐる自明性が大きく揺さぶられ、
さらには、保護主義理念や少年審判制度への信頼が揺らいだ時期として長く記憶されることに
なるだろう。

 一九九七年に発生した神戸児童連続殺傷事件がなぜあれほどまでに社会の注目を浴びたかと
いえば、なによりも犯人が当時十四歳の中学三年生であったことによるだろう。
わずか十四歳の少年が、あれほど残酷な殺人を実行したということ、
そして「懲役十三年」という文章に見られるような透徹した社会観を有していたということ、
そうした事実に社会は深く狼狽した。学校という空間のなかで想定されている「中学生」とは、
もっと素朴で素直な存在であるはずだ。演技というものの本質を見透かしたかのような認識を
もっている中学生など、そもそも想定されてはいない。
そうでなければ、中学生に対して生活指導といった教育は機能しないだろう。

 一九九八年一月に発生した栃木県黒磯市の市立中学校でのナイフ刺殺事件もまた別の意味で
衝撃的であった。「普通の」中学生でも、突然キレルと何をするかわからないという不安が醸成
されていった。この事件を語る一つのキーワードは、「普通の」中学生であったが、
かの中学生を「普通の」というカテゴリーでしか語れないところに時代の不安が色濃く滲み出ている
思いがする。見るからに「問題児」という中学生が問題行動を起こしても、
それはわれわれの予測可能な出来事であるという意味では不安を感じない。
さらには、その特定の生徒を「問題児」としてラベリングし排除することによって、
それ以外の生徒たちは、われわれにとって理解可能な「普通の」生徒として保護されることになる。
しかしもはや、「普通の生徒」というカテゴリーそれ自体が危うい状況なのだ。こうして中学生は、
限りなく理解不能なエイリアンになっていく。
 そして二〇〇〇年という年は、西鉄バスジャック事件をはじめとして、少年による殺人事件が
大きく注目された一年だった。マスメディアは、それらの少年犯罪を報道するに際して、
ほとんど枕詞のように「近年、少年犯罪が凶悪化している」と語っていた。

258 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:24:49 0
てかさー、他人の人生や幸せや人権や誇りを遊びで踏みにじっておいて
自分たちがやられるのは我慢出来ないってご都合主義じゃない?他人をあんな目に
合わせたんだから、自分も同じ目に合わされても文句言えないってワカンナイのかな。

259 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:25:15 0
感情に限らず人生で体験する全て(外界)は「体験者がどんな固定観念を持っているか(内界)」を映し出す“鏡”に過ぎない。従って感情的な批判や非難は全て自己矛盾する
例えば、極悪非道な犯罪者に対して「あんな思いやりのない人間がいるなんて信じられない」などと責め立てる人ほど、その罪人の立場を思いやれていないように
何かと差別問題化したがる偽善者の心の中にこそ根深い差別心があるのも同様。内部に矛盾がなければ外部に矛盾を見る事はできない

人は100%、当人が与えた定義付け通りを体験する。「人生は必ずしも思い通りにならない」と定義していれば、正にその通りの(必ずしも思い通りにならない)体験をする
従って、繰り返したくない体験に出会ったら「どんな固定観念がこの体験を見せているのか」「その固定観念は執着に値するのか」と考えてみると良い。原因となっている観念を変えれば、似たような体験をしなくなる(変えなければ似たような体験を繰り返す)
「体験が先で観念が後、という観念」も含めて、常に「観念が先で体験が後」である。常に本人の現時点の固定観念が、過去や環境を定義している

個々人のみならず集団・社会においても観念は具現化する。グループ全体が抱いている観念はそのグループ内で起こる出来事となって現れる。例えば貧困は人々の中にある「飢餓への恐怖」、犯罪は「自己存在の喪失に対する恐怖」が顕在化したものである

全ては必然であり、起こるべくして起こっている。偶然や奇跡、運不運、矛盾、不合理、理不尽、不条理などは、その現象・物事の因果や必然性を理解(説明)できない人が言い訳として用いる概念に過ぎない
同じように「闇」も存在しない。存在するのは「知覚能力の限界」である。同様に「客観」も存在しない。存在するのは「共有された主観」である
真実は「人の数だけ」ある。「真実は一つ」は、数ある真実の中の一つに過ぎない。だからいつの世も「唯一の真実」に拘る人だけが、争いを通して己の矛盾を体験する

以上は、どこかの馬の骨が短い生涯の間に知り得た狭い視野から捻り出した独断と偏見の賜物、即ち単なる個人的主観である。真か否かを判断するのは貴方自身であり、いずれにせよ貴方は貴方が信じた通りを体験する

260 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:25:40 O
加害者については足立に行けば、その後の消息や写真など手に入るのかな…

261 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:27:07 0
ところで少年凶悪犯罪事件が最近、多いような気がしているが、実はそんな事実はないそうである。
むしろ、実際はその逆でこの数十年で急激に減っているのだ。この数字はメディアの報道内容と
違い、意外に感じる。

まず少年犯罪。警視庁がまとめた犯罪白書。昭和41年からの「交通関係業過を除く
少年刑法犯の検挙人員および人口比(1000人あたりの比率)」は昭和41年が18万2000人、
人口比9.0人で、ピークは昭和56年(1981)の25万人、人口比14.3人。
最新の平成10年(1998)では18万4000人、人口比12.5人。横ばいで少しずつ減っている。
凶悪犯罪(殺人、強盗、レイプ)の検挙数は戦後すぐから昭和40年まではずっと300人前後。
昭和50年に初めて100人を割り、その後は二桁が続き、
今に至るまで3回しか100人を超えた年はないそうである。凶悪化は進んでいないどころか、
減少している。
若者による殺人者率については10代の殺人者は30年前の6分の1にまで減っているという。
これらの数字を総合して言えるのは、警察の取り締まり強化で検挙数は若干増えているものの、
この数十年は若者の凶悪犯罪は目立った減少を安定して続けているという、
感覚とは逆の結論である。
事実を歪める解釈がメディアによってなされている。たとえば少年犯罪が
「前年に比べて急増」という報道は、実は前年が特別に少ない年だったのである。
低年齢化も嘘であるそうだ。年長犯罪が大幅に減少したため、見かけ上、
少年犯罪の割合が増えたように見えるだけだそうである。
凶悪少年犯罪は都会の問題と考えがちだが、実際は田舎の方が発生率が高い事実もある。
メディアが作り出そうとしている「都会で少年犯罪が増え凶悪化している」はまったくの捏造だと
分かる。
そして歴史を掘り起こしてみると残忍な少年凶悪犯罪は過去にも多数あって、
現在がひどいわけではないことも分かる。それにも関わらず、最近少年凶悪犯罪が増えた、
大問題だと考えるのは、ワイドショウ的にメディアが犯罪を頻繁に取り上げ娯楽化しているから
であろう。
本当は問題ではないのに、ありもしない問題が作り出されてしまっているようだ。
(もちろん、少年凶悪犯罪は少数でも問題であるし対策はせねばならないが)。
少年法を改正して厳罰化する必要がないのではないか

262 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:27:39 0
 少年凶悪犯検挙数が増加していないにもかかわらず、少年凶悪化論は八〇年代からずっと
続いている。凶悪犯検挙数が底値になって安定し始めた頃から、逆に少年凶悪化論が言われ始
めたのである。少年による殺人検挙数は七五年に一〇〇を切り、八〇年が四七人(一三歳以下
の触法少年をふくめても五一人)と最低で、その後八九年と九八、九九年を除いて、一〇〇人以
下で推移している。この八〇年の四七という数は、六一年の四四〇人の九分の一以下である。
二〇年の間に少年凶悪犯罪は激減したのであるが、その時、凶悪化論が出てきたということは、
どう説明したらよいのだろうか。少年犯罪の内容において際立った変化があり、それが「凶悪化」の
言説と印象をつくっているのだろうか。
 凶悪犯罪は六〇年代の経済成長と共に急減する。それは成人についても、少年についても同じ
である。そして成人はなおも減り続けるが、少年については七〇年代の後半にその検挙数は底を
つく。
 少年凶悪犯補導・検挙数最高は一九六〇年であり、その人数は八一一二人であるが、
一九八七年は一六三〇人であり、五分の一にまで減っている。この数は一三歳以下も含めている
から、それを除くと、検挙数は一九六〇年が七五〇四人、一九八七年が一三一八人であり、
その減り方はもっと大きい。(一三歳以下の「凶悪犯」で補導されることが一番多いのは「放火」
である。ちなみに一九六〇年の一三歳以下の補導数六〇八人のうち放火は四〇二人、一九八七
年は三一二人のうち二六五人である。)
 その後九〇年代は、表1から分かるように、しばらくは同じような数で推移してきたのである。
そしてこの三年(九七、九八、九九年)の凶悪犯検挙数は急増している。
一九九五年の一二九一人に比べると、一九九七年の二二六三人は倍増に近い。
しかしその増加分の九七二人は、強盗の八一〇人と強姦の一三七人がほとんど(計九四七人)
である。強盗は八六五から一六七五へ、強姦は二六四から四〇一へと倍に近い増え方である。
九〇年代後半の増加傾向がそのまま進んでいくとすれば、それは少年犯罪の凶悪化が統計的
事実となった言えよう。しかしそれは一時的な傾向なのか、それとも今後も続く傾向なのか、
まだ分からない。

263 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:28:43 0
最近出版された「国家の品格」という新書があります。私も、過去の投稿のなかで、
情の大切さや“論理の魔”について触れましたが、この本では純粋論理を扱う数学者自身が
「情緒の重要性と論理の限界」についても、纏まった形で説明されています。
もちろん本全体について感じるところは人それぞれでしょうが、
少年犯罪の原因の一端や、擁護派がなぜ当然のように自分たちの正当性を信じているかの
理由の一つについても、示唆を与えてくれると思いますので、関心のある方は一読されては。

その本のなかには最近の少年たちの一部が発する、「なぜ人を殺してはいけないか」
という問いについても少し触れられています。答えは要するに、そのことについての
論理的理由などない。(私もかつて投稿のなかで述べたように、)無条件に受け入れ、
育て、押し付けるしかないということです。

なぜならこれは論理の問題ではなく、情緒の問題だからです。「人からつねられるとあなたも
痛いでしょう?つねられると痛いのでみんな嫌なのです。あなただけ人をつねってもいいと
いうことにはならないのですよ。世界中の人が互いにつねりっこしだしたら、一体どうなりますか?
試しにあなたをつねってみましょうか?」

少年犯罪者のように試しに相手を殺すわけにはいきませんから、つねるくらいしかないのですが、
情緒の歪んでいない聞き分けのいい良い子たちへの説明なら、これはこれで立派な説明でしょう。
しかしそんな子どもたちなら、元々自分からそんなバカげた質問なぞ出さないのではないかと
思います。この説明は、前提も判断(または命題)その他も、情緒とかなりの飛躍から成っています。
“利己的になってはいけません”という説得も情緒の問題です。
しかし、いじめも理不尽な殺人も、実行者は自分が同じことをされたら嫌だからこそ行なうのです。

敵は一応、頭脳優秀、被害者への共感性がない(加害者擁護派や死刑反対派も同じですね)と
いう意味でも情緒は殆ど無能力の、いわば“論理バカ”なのでしょう。情緒の欠けた論理バカが、
情緒的な事柄について情緒抜きの論理による説明を求めた場合、誰がそれを説明できるでしょうか。
殺人にまつわるありとあらゆるケースを網羅する論理に至っては尚更です。

264 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:29:29 0
子どもの質問に何でも答えようとするのは、子どもの欲しがるものを何でも与えようとするのと
同じではないでしょうか。あるいは、子どもの質問に答えられないのは大人としてあるいは
教師として恥だというような、自尊心めいた心理がまず働くのかもしれません。
大の大人がまんまと子どものペースに乗っているわけです。
“あの月を取ってくれろと泣く子かな”―「あれは駄目。取れないの」…。時代は移り、
「あれ買って」。「駄目。うちは貧乏だから」あるいは「駄目な大人になるといけないから」、
「大きくなって自分で稼いで買いなさい」…。「大阪城ほしい」。「駄〜目」。
「どうして?」。「あれは上沼恵美子のものだから」…。
虐待は論外として、甘やかしすぎも虐待の特殊な形態と言えなくもないのでは?
糖分の摂り過ぎと同様、いずれ深刻な病を誘発するからです。
質問じたいに答えを出そうとすることより、その質問の意味、なぜそんな質問をするのかと
いうことのほうが重要な場合もあるのではないでしょうか。昔の親なら、こんな質問を聴いたら、
腰を抜かしたのでは?この子は殺人者になるのではないかと。
尤も質問する以前に当たり前のように人を殺す子どもたちやその予備軍たちはもっと怖い?
厳しく対処できない社会、擁護する大人たちも怖い?子ども社会は大人社会の反映といっても、
逆のケースも起きてくるのでは?同じ人間どうしなのですから。
対応の一例としては:「駄目なものは駄目」で納得しない相手には、
「質問の意味が分からないな。なぜそんな当たり前のことを聴くの?
人を殺すことはいけないことのはずなのに、現実には戦争とかいっぱい人が殺されている。
そんなことに矛盾を感じているの?それとも、実際に殺したい奴がいて、いけないという決まりを
外してほしいの?」。
「この掟を受け入れられないわけ?じゃ、殺してもいいと思う場合と理由を全部残らず挙げてみろよ。

「大人のくせにこんな質問に答えられないのか、と言うの?情緒の問題や物事を何から何まで
論理的に説明できないのが
じゃバカでないお前が自分で説明しろよ。できないのなら、バカのくせに人をバカと言うな。
大バカだからそんなバカな質問するんだ。まともな大人になって、自分で考えろ」。 

265 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:30:06 0
ただ、子供の私から見ても今の日本はおかしいと思います。権利は、責任を果たしている人だけに
叶えられるべき特権であって、人として失格な人には与えられるべきモノではありません。
なので、人権は被害者に与えられても、加害者に与えられるべきものではないです。
それなのに、今の日本では、被害者のプライバシーは守られていないのに、
加害者のプライバシーは異常なまでに守られています。普通、逆はあっても、
こんな変なことってありません。
それに、犯人が少年だからって、やっていい事と悪い事の区別くらいつくはずです。
それくらい、一般常識をもっている人なら誰だって分かるはずです。犯人の年齢が、
言い訳になるわけじゃないです。いくら小さい子でも…たとえば、幼稚園児でも…人を殺すこと、
人を傷つけることは悪いと知っているはずです。なのに、十二歳以上の人が、そういう事をして、
「子供だから」という理由で罰せられないのはどうかと思います。
確かに、大人ほど自分の行動や言動に責任は取れないかもしれません。
けれど、いくら子供でも、罰せられるべきことをしたら、きちんとした処罰を受けなければならないと
思います。そうじゃないと、被害者の方も家族も浮かばれないですし、犯人自身の心も育ちません。
罪を償って、自分がしてきたことを見つめなおし、何が悪かったのか、命の大切さを、
もう一回考える必要があるのです。
今の少年法だと、被害者の遺族にさえ加害者の名前などが明かされていないようです。
確かに、世間一般に知らせるのは酷かもしれません。加害者にも、未来がありますし、
将来世間に受け入れられないと、また犯罪に走る可能性があるからです。
けれど、遺族の方にくらい犯人の情報を教えるべきだと思います。遺族の方は、
大切な人を奪われたんです。理不尽な奪われかたをした命、奪った人のことくらい知るべきです。
子供ながら、少し生意気な口を利いているかもしれません。けれど、
私は本当にそう思うのです。私には遺族の方、被害者の方の痛みも苦しみも知りませんし、
第三者の私の意見など、きれいごとに聞こえるかもしれません。
けれど、やりきれない思いを持っているのは自分たちだけではないことを、
少しでも知っていただけたら幸いです。

266 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:32:55 0
もちろんその考えは基本的には今も変わっていません。
ただ少年犯罪という問題を考えていく上で、少年犯罪だけを切り離して考えることはできないのでは
ないかと近頃考えています。
私は今、仕事で障害を持った子供たちと接しています。
この仕事を始めて今年で3年目になりますが、仕事をしてつくづく感じることは「子どもはいつの時
代も変わらない」ということです。
十代半ばかそれ以降に凶悪犯罪を犯した少年だって、純粋無垢な時代は必ずあったということ
です。
 新聞の投稿欄などにも「最近の若者は・・・」という記事はよく目にします。
しかしそんなことを言ったら○阪市職員の厚待遇問題、社○保険庁の年金の無駄遣いなどに代
表される大人のモラルはどう説明するのでしょうか。
4月に起こったJR西○本の脱線事故では、会社の不祥事が次々と問題になり、会社は日本中
から批判を浴びています。
しかし我々はあの痛ましい事故を一つの会社の問題としてでなく、日本社会全体の縮図として
一人ひとりが当事者意識を持ち、真剣に考えていく必要があると思います。
 時代の流れと共に代わったのは明らかに子どもを育てている大人であると感じています。
もちろんその大人とて昔は育てられる立場にあった訳ですから問題の根元はもっと過去にさか
のぼると思いますが・・・。
要するに大人が子どもの見本にならなくなったということだとおもいます。
物事の商品化が進み、介護はおろか育児に関しても外注意識が高まってきた昨今。
河合隼雄氏は『父親の力 母親の力』(講談社+α)の中で家庭が家でやるべきことを何もせず、
その役割を学校に押しつけている親の状況を指摘しています。
「子どもの同級生が家に遊びにきたので、おやつをごちそうしたところ、おやつを期待してくるよう
になり、負担でたまらない。うちの子どもも学校でおやつに関して注意を受けたことがないと言っ
ているから、学校から、人の家に行ったときにはおやつを食べないように、という文書を全家庭に
対して出してもらいたい」

267 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:40:10 0
皆さんの意見等を拝見して賛成反対いろんな思いが脳裏に渦巻きます。
子供はいろんな環境の中学び成長しています。
家族が10あれば、10様の生活、躾、教育があることでしょう。
しかしながら、その中から不幸にも犯罪に手を染める人間が出てきてしまいます。
犯罪が一度発生すると、その行為者は法的に処罰を受け反省を求められたり、また、反省の余地がなければ極刑に処せられるのは当然の社会行為です。
その行為者が未成年だから軽くしてやるとか、許すとかはどう考えてもおかしい。
学校の中に於いて校則違反で厳しくするとか、温情で処置するとかなどと、社会の中の法律を同等に見ている人が多いことに驚きを隠せません。
悪意を持って行った身勝手な犯行が、自動車事故等の過失によって発生した加害者の受ける罰より軽いのが理解できないと言うことです。
乱暴にも交通事故と比較しましたが、まだ交通事故は保険によって賠償もなされます。

その上に、過失に応じて懲役も科せられます。
しかし、今のままでは少年犯罪は法があって無いようなものとしか言いようがない。
少年が犯ろうと、成人が犯ろうと罪は同じ、刑罰も同じが本当じゃないですか。
ただ、少年犯罪は成人犯罪と区別して行かなければならない事は罪を暴き刑を科すだけでなく、
その背景を厳密に調査し、原因を解明し、次の犯罪を防ぐべく教育のあり方、社会の中の少年のあり方を考える事が必要だと思うのですが。
みんな子供はもともと良い子ばかりと言っている人もいらっしゃいましたが、どんな悪いと言われる大人も、もともとそんな子供のうちの一人だったと思うのですが?
年齢で境をもうけ犯罪を区別するのは、正常とは思えない。
もし、低年齢の犯罪を考える時、その意志があったか無かったか、善悪の区別が付いたかつかなかったか、それを、裁判等で明らかにする方が現実的じゃないのかと思います。
長くなりましたが、これからどんどん犯罪の低年齢化が進みそうな中、生ぬるいことばかり言っていたら、混乱した怖いあれた社会になってしまうのでは。
最近の子供達を見ていると少し恐怖を覚えるのは私だけでしょうか?

268 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:40:41 0
久々に加害者側にたった意見をお聞きしまして、自分自身少々被害者側に凝り固まっていたところがあるので、少し頭がほぐれた感じがしました。

さて、内容についてなのですが、子供達の声をよく聞くべきだ、という意見はよくわかります。

確かに現代社会の利己的、享楽的、刹那的、拝金主義的な風潮が、純粋な子供達の精神形成に重大な悪影響をおよぼしているだろうことは、おおかた察せられるものです。

しかしここで言いたいのは、少年犯罪者のしたことを、社会の責任にしてはいけないのではないか、ということです。犯してしまった罪は、社会の状態とは切り離して、

それはそれで裁かれなければならないのではないでしょうか。仮にまわりからひどい仕打ちをうけたとしても、それが他人を殺傷する正当な理由にはならないからです。

万引きとか、ちょっとしたケンカだとかは、まあ子供のしたことだから大目にみよう、というのは理解できます。

でも殺人ともなると、それは人間のもっとも重要で基本的な権利である「生きる権利」をまったく身勝手に奪ってしまったことになり、

それは例え少年であっても、大目にみるなんてわけにはいかないと思うのです。この点では「究極の罪」という意味で、大人との差別化は無用だと考えます。

少年事件の場合は、やはり大人の犯罪とは違って、親や学校やまわりの環境などを、情状酌量の条件として特に重視するべきだとは思います。

ただそれは、単に少年の責任を軽くするというだけではなく、まわりが責任の一部を負う、というかたちが必要なのでは、とも思います。

最近は、今までなんの問題もなかった「いい子」が突然残虐な犯罪を犯すということがやたらと目立ちますが、

ああいったケースなどは、「悪いこととわかってやっている」ということで、もはや子供自身の責任といいきってもいいのではないでしょうか?

また大勢の人が一斉に「これは許せない」本能的に感じる犯罪というのは、やはり社会的に許してはならない、極刑すら視野にいれなくてはいけない種類の犯罪だと感じます。


以上が私の意見です。まるで反論するようなかたちになってしまっているのですが、それにしてもあのような意見、気持ちも、どこかわかる気がするので
す。

269 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:41:11 0
私は正確に調べたわけではありませんが凶悪犯罪で未成年によるものが年々増えているように思
えてしかたありません。しかもその内容があまりに残虐すぎます。
私個人としては未成年の犯罪が起こるたびに、かつて東京都の綾瀬で起こった「女子高生コ
ンクリート詰め殺人事件」が常に思い出されます。当時私は高校生でしたので被害者や加害者と
ほぼ同年齢でした。「同年代の人間がそんな酷いことをするのか」とショックを受けました。
しかし、当時報道された事件の内容はあまり詳しいものではなかったかと思います。
私の憶測になりますが、その内容があまりに残虐すぎて、当時報道できる範囲をはるかに超えてい
たためだと思います。また事件を掘り返すことにより被害者とその遺族をさらに苦しめることを避けたとも思えます。
ですが、一般はおろか被害者の遺族でさえ加害者の顔も名前も知らないのが現状で、今現在も
それについては全く変わっていないようです。
少年少女加害者の更正後、社会に復帰する弊害にならないよう法が定められているのは分かり
ます。ですが、昨今の凶悪犯罪を思い返すと率直に「更正などするはずがない」と思ってしま
います。それに被害者の遺族の立場で考えれば「更正などして欲しくもない」と思ってしまいま
す。私の主観的な意見なので
ですが、あまりに残虐な手段によって人権を侵害して更正などする権利などはないと思えて仕方ありません。
それと、少年少女の責任能力に関しては、現在においては十分にあると思います。現在では
沢山の情報が色々な手段で入手でき少年少女の思考能力は十分に善悪を判断できるレベル
ではないでしょうか。過去に起こった数々の事件でも加害者は十分に大人のレベルで物事の善
悪を判断できたのではないかと思います。年齢だけで判断してしまうのはナンセンスに思えて仕
方ありません。「性的な欲求」「ストレス」「家庭内の不和」など衝動的な原因はあっても、それが
決して犯罪に結びつくとは思えません。これまでに起こっている凶悪犯罪はほとんど計画的と
言えるのではないでしょうか
加害者が被害者に被害を加える際それによって被害者はどうなるか?ある程度予測がつい
ているケースがほとんどです。この時点で既に衝動的ではなく計画的だと思えます。

270 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:42:30 0
幾つかの事件の概要を拝見させていただき、ここしばらく寝付けません。
悲しみ、悔しさ、憎しみ、後悔、いろんな感情が入り乱れます。でもきっと毎日のようにおこる事件
に流され、だんだんに過去の記憶へと変わっていくのだと思います。被害に合われた当事者の方だ
けが、いつまでも癒えぬままに、ずっとそこで止まってしまったはずです。もうたわいも無く笑うこ
とも奪われたのではないでしょうか。
せめて早期に法の改正をと願ってやみません。私は死刑でも軽いと思っています。命を奪ったの
だからという理由の元で死刑になるのですから、死に対して納得もできるでしょう。しかし理由無く
命を奪われた方の無念はそんなもので補えるはずもありません。
死刑廃止論などを唱える方もいます。しかし大半は死刑肯定といいます。ではなぜすぐに変わら
ないのでしょう。もし未成年者の死刑など法の改正をした場合に何か不備が生じて、皆その責任を
負うのが嫌だから、少しずつ様子を見ながらしか事が進まないのでしょうか。
誰を守るための法律なのでしょか。実験のように、誰かがまた尊い命を奪われなければ変えてい
くことが出来ないのでしょうか。
いっそのこと「殺人者は全て死刑」と大々的に法を改正して、どう変わるか見てみたらいいのにと
投げやりに考えてしまいます。

それから・・これは一案ですが、被害者の方の寄付をインターネットのトップページで行うように、
どこかの企業に協力を要請してみてはいかがでしょうか。被害者の方が金銭的にも不利な立場
におられると最近になって知りました。無知ですいません。しかし私のように知らない人が大勢居
ると思います。逆に言うと、犯罪者へは税金が使われていると言うこともご存じない方はおられる
のではないでしょうか。
津波の募金で、欧米では一週間足らずで、日本国家の支援以上の金額の募金が集まったと新聞
か何かで読んだことがあります。その理由は募金への呼びかけの徹底にあったと。中でも私が
驚いたのは、ネットのトップページに募金の呼びかけがあり、クリックするだけで、100円ないし300
円程度の募金が出来るという手軽さが要因になっていると。
日本ではヤフーが募金を呼びかけたりはした

271 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:43:17 0
 テレビや新聞で事件の報道を見聞きする度に何時も憤りを覚えている一人です。
何の罪も無い他人を傷つけ、尊い命を奪った者がのうのうと生きられる世の中なんて間違っ
ていると思います。成人の場合は死刑制度が抑止力となっている部分がありますが、重大な
犯罪を犯す能力や思考力を持ちながら、犯罪を犯しても処罰の対象から外されている少年とは
何者だ!と思いたくなります。悪者を保護する法律の少年法はもう既に時代的に限界がきている
と思います。悪法は廃止すべきであり、年齢に関係なく犯罪者は処罰すべきです。改正するなら
ば、「責任の在りかた」「被害補償の義務と責任者」など少年が負うべきものをそれに代わって償う
者を明確に規定すべきだと重います。養育者、親権者にもっと責任を持たせなければ他人
に迷惑をかけない成人に育てることは出来ないでしょう。あまりにも無責任、非道徳的な人が
多すぎます。
被害者救済を法に十分に規定出来なければ少年法は犯罪者のみを助ける悪法にほかなりませ
ん。
 時代錯誤かもしれませんが、敵討ちの出来た時代はそれなりに被害者の立場に理解があっ
たように思います。亡くなった者の無念さを、残った者が敵討ちして恨みを晴らす事が出来たの
ですから。たとえそれが達成出来なかった場合でも、敵もち自身の追い詰められる言われぬ
苦痛も相当なものがあったでしょう。
 事件報道を見て、あまりの酷さに腹がたち、敵をとってやりたい衝動にかられた事が何度もあり
ます。他人の私でもこれですから、家族の方の苦しみは計り知れないものと思います。警察の捜
査や裁判所の決定に任せておられない気持ちにさせられるのは何なのでしょうか?予想期待に反
して、なまぬるい処分結果になるからではないでしょうか。
 今の時代でも、被害者の苦痛、無念さに変わりはありません。であるならば、それを少しでも
家族の気持ちを考え、救済出来る法律がどうしても必要なのです。絶対に立法化しなければ日
本は文明国では在り得ません。 
 何も言わなくても応援してくれる人たちは沢山居ます。皆さん悲しみに負けず頑張って活動
を続けてください。又お便りします。

272 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:44:06 0
私は現在の悪いことをした人間がやったもん勝ちみたいの世の中は悲しく変更が
急務だと思います。特にこの前刑法改正法案が国会に
提出されることになったそうですが、まだ妥当性を欠いた法改正だと思います。
というのは例えば集団強姦にしても下限が2年から3年に引き上げられたのですが、
果たしてそれで国民一般の方感情を満たしていると思っているのか非常に疑問です。
長い時間議論を重ね謝金や人の労力を考えるとこの改正にかかり大きな予算が動いていると
思います。その結果が1年の差というのでは能力無い人間の集まりと言わざるを得ません。
一番感じるのは先ほども少し述べましたが、一般国民の法感情と法改正にかかる専門家との
意識の莫大な乖離です。本当に常識ある人間が改正に携わってるとは思えません。
無能力であり常識を欠いた人間の集まりではないでしょうか。刑法が作成されたのは戦前であり、
いわゆるdueprocess法律の手続きが整っていないときの話でした。フランキー堺が主役で
あったドラマ「貝になりたい」のようにろくに犯罪をしたという証拠もないのに警察官がでっち上げ
で捜査を行い、それが判決になったあまりに妥当性を欠いた部分がありました。ところが現在では
凶悪犯罪が激化し、警察の捜査も現在の刑事ドラマにあるような、脅しのようなやり方の捜査は
実際ほとんどなく、不祥事を起こす一部の警察官のみが違法な捜査をしているのが実情です。
つまり今の刑法は現在の実情には全く合わないものであるわけです。
凶悪犯罪がさまざまと移り変わる中で、何十年も刑法の改正が行われないのは異常としか
言い様がありません。それを一部の専門家が気づいているのかは非常に疑問ですが、
相当の能無しといえるのではないでしょうか。少し言葉が汚くなりました。現在の刑法の根本は
社会の秩序維持と加害者の応報にあります。応報であるからこそ被害者を除外した冷静な裁判を
目指しているのでしょうが、本当に被害者は全く除外すべきなのでしょうか。
民事訴訟においては当事者主義が中心に据えられ双方の意見が重要視されます。
同じようにとはいいませんが、根本は被害者の気持ちではないかと思われます。
過ちを犯した人に対して死んでしまえというのが被害者の親族の率直な願いでしょうが、

273 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:44:44 0
そこまでいかないまでも、過ちを犯した人間に対して相当な量刑を課し、
責任をとるというのは普通の常識人からすれば反論の余地はないのではないでしょうか。
つまり今の法律では妥当な量刑は得られず、また出所してきても前科のプライバシーで
守られます。なぜ加害者はこんなに人権が保護されるのでしょうか。それはひとえに被害者の
気持ち意識からあまりに裁判官等が乖離しているからでしょう。親族でなければ自ら死刑を
はじまとした重罰を課したくないのが本音かもしれません。しかしそれでは司法界に携わる
プライドはどこへ行ったのかと思います。実際死刑はなかなか執行されないらしいです。
最後の法務大臣の押印もなかなかされないのもありますが、裁判官もやはりよほどの犯罪者
でない限り判決したくないのもあるのでしょう。しかしそれこと被害者の気持ちを度外視している
といえるのでしょう。私はどんどん死刑をしろと言っているのではありません。あまりに妥当性を
欠いた量刑を改革し加害者に相当な責任を負わせるべきと言っているのです。また裁判は
やはり被害者のためにあると思います。今の裁判制度からは考えられないですが。
やはり根本は被害者のためにあるのではないでしょうか。確かにだからといって違法捜査や
誤審は断じて許されませんが、それと妥当性ある判決相当な責任をとらせることは
別個なことなのです。またわたしはルールをたくさん作り日本をがんじがらめにしようとなんて
思っていません。要は最低限のルールは必要ではないか。特に凶悪犯罪をしているのだから。
わたしは今国民の法感情と法律家の意識を少しでも埋められるように司法界を目指しています。
少年法も全て少年だから保護されるのは常識的におかしいと思います。
法律家は国民の常識がたまに間違っているようなことを述べますが、
私は間違っているのは法改正に携わる専門家であると信じています。
少しでも被害者の人権を守る暖かい世の中にしていく必要があるのではないでしょうか。
被害者はいまだに捜査においてもマスコミの取材においても第二の被害にあうことが多いと
思われます。被害者が一番守られるべきなのに。何かがおかしいと考えるのが常識人の
常識でしょう。

274 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:45:16 0
どの少年犯罪も いや、全ての犯罪者に言える事は『反省で戻る命無し』です。  
ふと、PCを持った時犯罪関連を興味本意で見ました。あれこれ目にして気分が悪くなり
ました。犯罪行為の内容では無く、自分の興味本意な感情に気分が悪くなりました。
これ程までに辛く悲しく無念な人生の幕引きとなった被害者はもとより、その御家族に
ひどく失礼な興味という感情を持った事、まずはお詫び致します。     
私にも、二人のまだ幼い子供がおります。とても愛しいです。しかし私自身親の愛情に
恵まれぬ環境に育ち、決して順調な養育環境や精神衛生を保てぬ中生きてまいりました。
しかし今だ一度たりとも人を傷つけた事はありません。そんな私からすれば今何故これ程までに
少年犯罪が増え、また普通の家庭や普通の子と言われる人が償いきれぬ凶悪かつ残虐な
行為の果ての殺人を事も無げに容易く犯すのか理解出来ません。
昔の盗みは食うや食わずの生活の果てや、殺人も理不尽な処遇の結果が大半でした。
しかし、いかなる事情の答えであっても全ての罪に言い訳は無いと思います。   
私の子供が同じ不幸にあったなら地の果てまでも追い掛けて同じやり方で加害者を殺すと
思いましたふとそんな情景を4歳の息子の寝顔に重ねて見ました。物書きである想像力が災い
して余りにリアルに映像化された無惨な我が子が浮かんだ瞬間吐きそうになりました。
心臓の奥がキリで突かれた様に痛み息を吸う事さえ辛くなりました。
これが現実ならば復讐出来る気力などなく簡単に精神を病み壊れて現実逃避しか
出来ないと思いました。それを今現実に受け止めて日々をお暮らしの被害者の御家族の心情は、
何を以てしても想像もつかない程辛く厳しいものです。そして次に浮かんだのは加害者が本当に
更正してまともな感覚を取り戻し罪を悔やんだなら各施設を出た後生き続ける気持ちが有るなんて
全く理解出来ない。死にたくなるだろう。気が振れるだろう。自分の恐ろしさに気付き、
被害者の痛みや苦しをありありと感じたら謝り、反省してもどうにもならないと思い死を
自ら選ぶだろう。            
誰も反省してない。加害者は反省しても命は戻らず、悲しみと苦しみは消えない。 

275 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:45:48 0
異なる価値観や立場であろうと、愛や命や良心という人間に共通であるはずの最も
大切な価値については、互いに尊重し合うことが基本的に絶対要件です。

異なる価値観や立場のうちの最たるものは、宗教でしょう。様々な宗教は、
異なる道を通って同じ美しい目標を目指しているという考えがありますが、
それが宗教間の争いを避けるための素朴なアイデア提示か、後発組が優位を狙うための
戦法かは別として、それぞれの世界観には決定的な違いがあるのが実際です。
しかし、どんな立場であろうと、人間の命と永続的な共生社会という価値を否定することは
できないはずです。

宗教でも政治でも、問題はその共生社会の性質とそれに至る道です。そして宗教に関しては、
神についての理解と人間とは何者かという認識についての違いです。
ここでそれらに対する私の理解や評価を詳細に述べることはもちろんしませんが、
通説などを鵜呑みにせず、謙虚な姿勢を忘れずに、ただ真実を知ろうとすることが大切で
あるのは言うまでもありません。

そもそも宗教とは、縄張りを広げることやそれを守ることを目的とするものではあり
ません。誰もが良心と自由な意思により、情理に適っていることを信じるようにすべ
きです。仏教的に言えば、縁無き衆生は度し難し。聖書では、失われた霊的支族、迷
える子羊は、自分の主と羊飼いの声を知っています。そして愛や命や良心という共通
価値を互いに尊重さえするなら、後は真の神が誰を是とされるかは、それこそ自己責
任の問題でしょう。一般的には、どの世界においても、地位の高い者や要職にある者
は、特権よりも、神と人に対する大きな責任や厳しい批判に晒されるのが当然です。

仏教は日本において、それが導入された聖徳太子の時代に神道との間で一種の宗教戦
争が起きたものの、後になってみると結構、両者の間には親和性のようなものもあっ
て共存してきました。
聖書とキリスト教についてはあまりにも誤解が多すぎます。ほんの一例を挙げれば、聖書自体に
預言されているとおり、初期キリスト教と現在のものとは別の宗教です。
それでも使徒の時代以降も初期の教会は、「相手を殺すことによってではなく、
むしろ自らの死によって信仰と正しさを証明する」

276 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:47:00 0
聖書とキリスト教についてはあまりにも誤解が多すぎます。ほんの一例を挙げれば、
聖書自体に預言されているとおり、初期キリスト教と現在のものとは別の宗教です。
それでも使徒の時代以降も初期の教会は、「相手を殺すことによってではなく、
むしろ自らの死によって信仰と正しさを証明する」姿勢が保たれていました。
中世の悪名高き魔女狩りが始まった直接の原因は、各地の宗教改革への教会の危機感のため、
教皇庁が、悪魔の如き邪悪な二人の異端審問官の、過激な要求に折れたというのが真相のよう
です。ちなみにクリスマスは現代のキリスト教の行事ではあっても、聖書的には何の意味も
ありません。

ユダヤ教とキリスト教、イスラム教の関係は、モデルケースとしての肉のユダヤ人による神と
律法への違反を実証したのがユダヤ教、キリストの愛と信仰を通して真の神につながり、
来たるべき新しい天と地へ入る道を、当初からの予定通り全世界の人々
(失われた支族である霊のユダヤ人)に開いたのがキリスト教です。

その両者に対抗して、ユダヤ民族と同じアブラハムを祖に持つアラブ民族の商人ムハンマド
(モハメッド)が、神の祝福を受けたのは実はアブラハムの嫡子イサクでなく、
エジプト人の侍女との間に先に生まれたイシマエルだとし、それまでの多神教の最高神を
唯一神として崇拝し、自分たちの聖典を作ったのがイスラム教です。

イスラム教は、普遍的な愛ではなく、一定の倫理観と宗教行動や行事という外形的な
要求を基礎にしており、何より剣による正義と復讐が神の名で正当化されるというジハードの
教義が、当初から武力による強制で多民族を改宗させてきた歴史を持っているという特徴が
あります。征服され改宗させられた民族の子孫はそのことをもう忘れているのでしょうが、
その強引なやり方は、最近におけるアメリカのやり方の比ではありません。
しかし中世ヨーロッパの暗黒期に、現在の西洋文明の基礎となったギリシャの
学問を継承発展させたことなど、一定の歴史的役割を果たしたことも事実です。
近年、ジハードの教義や独自の金融システムが、時限爆弾のようにテロリズムという
導火線に火を付けてしまいましたが、早くその火を消さないと、その先の爆弾の大きさは
地球大のものであるかもしれません。

277 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:48:32 0
私は現在の悪いことをした人間がやったもん勝ちみたいの世の中は悲しく変更が
急務だと思います。特にこの前刑法改正法案が国会に
提出されることになったそうですが、まだ妥当性を欠いた法改正だと思います。
というのは例えば集団強姦にしても下限が2年から3年に引き上げられたのですが、
果たしてそれで国民一般の方感情を満たしていると思っているのか非常に疑問です。
長い時間議論を重ね謝金や人の労力を考えるとこの改正にかかり大きな予算が動いていると
思います。その結果が1年の差というのでは能力無い人間の集まりと言わざるを得ません。
一番感じるのは先ほども少し述べましたが、一般国民の法感情と法改正にかかる専門家との
意識の莫大な乖離です。本当に常識ある人間が改正に携わってるとは思えません。
無能力であり常識を欠いた人間の集まりではないでしょうか。刑法が作成されたのは戦前であり、
いわゆるdueprocess法律の手続きが整っていないときの話でした。フランキー堺が主役で
あったドラマ「貝になりたい」のようにろくに犯罪をしたという証拠もないのに警察官がでっち上げ
で捜査を行い、それが判決になったあまりに妥当性を欠いた部分がありました。ところが現在では
凶悪犯罪が激化し、警察の捜査も現在の刑事ドラマにあるような、脅しのようなやり方の捜査は
実際ほとんどなく、不祥事を起こす一部の警察官のみが違法な捜査をしているのが実情です。
つまり今の刑法は現在の実情には全く合わないものであるわけです。
凶悪犯罪がさまざまと移り変わる中で、何十年も刑法の改正が行われないのは異常としか
言い様がありません。それを一部の専門家が気づいているのかは非常に疑問ですが、
相当の能無しといえるのではないでしょうか。少し言葉が汚くなりました。現在の刑法の根本は
社会の秩序維持と加害者の応報にあります。応報であるからこそ被害者を除外した冷静な裁判を
目指しているのでしょうが、本当に被害者は全く除外すべきなのでしょうか。
民事訴訟においては当事者主義が中心に据えられ双方の意見が重要視されます。
同じようにとはいいませんが、根本は被害者の気持ちではないかと思われます。
過ちを犯した人に対して死んでしまえというのが被害者の親族の率直な願いでしょうが

278 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:49:17 0
 最近、特別刑法違反で注目されるのは、薬物事犯である。1995年と1998年の少年検挙人員を比較すると、
覚醒剤事犯は1,079人から1,069人へ、大麻事犯は189人から125人へ、thinner等の乱用は5,456人から
4,496人へと変化している(『平成8年版警察白書』1996年、104頁、『平成11年版警察白書』1999年、77頁)。
1995年から1998年にかけては、刑法犯で検挙された少年の数が増加したのであるが、薬物事犯で検挙された
少年の数は、増加していなかったのである。薬物の乱用は、victimless crimeの一つであり、被害者からの通報を
期待できないので、その検挙数には、大きな暗数が存在していると思われる。そのために、断言は出来ないが、
おそらく、thinner等の乱用は、実態においても、1983年の非行の第3のpeak以降、減少しているのであろう。
 1990年代の後半では、少年の覚醒剤事犯の動向が注目された。覚醒剤で検挙された少年の人員は、
1994年の827人から、3年連続して上昇し、1997年には1,596人に達したのである。この時の増加は、
警察活動の活発化というよりも、実態を反映していたものと思われる。薬物というような禁製品の取引は、
需要と供給の関係を考慮する必要がある(Yokoyama, 1991:2)。まず、供給の面から分析すると、
1990年からの長期の不況で、良い働き場所を失った来日外国人、特に、Iran人が、覚醒剤の密売に
携わることになった(Yokoyama, 1999b:203)。当初は、暴力団の密売末端組織で覚醒剤を売り始めたが、
その後、彼らの独自の密輸および密売の組織を持つようになった。従来覚醒剤の密売をしていた、
暴力団関係の日本人の売人は、任侠道の精神の影響のためか、少年に積極的に覚醒剤を売るようなことをしなかった。
しかし、そのような文化を共有していないIran人の売人は、覚醒剤を少量に分けて、それを比較的安い価格で、
駅前や繁華街において少年に積極的に売りつけた。他方、日本の少年は、西欧の文化へのあこがれがあるので、
好奇心から、「S」とか「speed」とか言う名前で呼ばれるようになった覚醒剤を、覚醒剤とは認識せずに
、Iran人の売人から買い求めることになった(『平成9年版警察白書』1997年、111頁)。また、女子少年の間では、
「diet効果がある」ということで、覚醒剤が乱用されるようになった。

279 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:49:55 0
 森昭雄日本大学文理学部教授(脳神経科学)によれば、テレビゲームを毎日2〜7時間する子供は、脳の活性を表わす
脳波のβ波が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」からほとんど出ておらず、この状態をゲーム脳と呼んでいる。「前頭前野」は
創造性や理性、道徳心など人間らしさを生み出す部分で、注意力やコミュニケーションなどを担う部分でもあり、感情を
コントロールする役割もあって、活性化すれば注意力が増し、情緒豊かになるとされる。「ゲーム脳」ではこの働きが悪く、
キレやすい性格につながる恐れがあるという。
例えば、コンピュータ・ソフトウェアの開発者はコンピュータを長時間使うために脳の働きが弱まり、β波がほとんど出てい
ないという。痴ほう症のお年寄りでも、前頭前野の働きの低下が実証されている。ゲーム脳、半ゲーム脳の特徴は、
まず表情に乏しく、物忘れが激しいことであり、次に感情のコントロールがきかず、キレやすいことであるという。
ゲームの影響は脳の成長が著しい幼児・学童期が最も大きく、また、高校生のデータを取ると「携帯電話がないと生きて
いけない」という異常状態も出てくるが、携帯電話の画面を見ていると前頭前野がほとんど働かず、ゲームの時よりも
もっとひどい状態になるという。
 授業中に教室を歩き回る、話に集中できない、友達の邪魔をする…。以前なら「行儀が悪い」「わがまま」といったレッテルを
貼られていた子供達の中に、注意欠陥多動性障害(ADHD)という脳機能の発達障害のケースがあることが知られてきた。
米国では1970年代から研究されてきたが、日本で知られるようになったのは1990年代であり、
それに伴って診断も増えてきている。
 ADHDの原因は詳しく分かっておらず、行動や思考をコントロールする脳の機能の発達が未熟で、
不注意で落ち着かない行動が目立つとされる。欧米の調査では、児童の3〜5%に見られるという。
ADHDの3大特徴は、不注意、多動性、衝動性であり、米国精神医学会の診断基準の典型的な症状は、
不注意を示す「細かいことに集中できず、学業などで不注意ミスが多い」「毎日の活動を忘れる」や、多動性・
衝動性を示す「手足を落ち着き無く動かす」「質問が終わるまでに答える」などが挙げられている。

280 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:50:28 0
複数が継続的に見られ、精神年齢にそぐわず、生活上で不都合を生じていれば、ADHDの可能性があるとされる。ADHDそのものには
乱暴性は無いが、怒られたり、批判されたりする状態が長く続くと、子供が反抗的になるなど、周囲に危害を加えるケースもあるとされる。
 日米の教育の「懐の深さ」の差が参考になる。ある学習障害(LD)を持つ日本の女性が、読む力がひどく劣っていて
試験も苦手であったけれど、今はカリフォルニア大学で海洋生物学を勉強している。どうして入学できたのかというと、
問題を読んで分からなくても、耳で聞けば分かるので、試験も口頭で受験したのである。また、他にも単語の綴りが苦手で、
語学はひどい成績であったが、現在はスタンフォード大学に在籍している例もある。結局、綴りが苦手でも他に何か
得意な分野、好きな分野があるはずで、その個々の生徒が持つ才能を引き出す方法を考えるのが教師の使命であると
考えられているのである。詰め込んだ机上の知識の量でしか個々の持つ能力が評価されない、画一化された日本の
教育の貧しさが指摘されて久しい。
 おやじ狩り、援助交際、覚醒剤使用など、非行の低年齢化・深刻化が憂慮されて久しい。この傾向は1993、94年頃から
明らかに見え始め、特に15、16歳の補導人数は1996年に急上昇し、その傾向は変わらないという。少年非行は
「戦後第4のピ−ク」を迎えており、少年非行は放置できないレベルに達したとされる。特に2000年には「17歳」の
少年による凶悪犯罪が相次ぎ、社会に衝撃を与えると共に、少年法改正問題へとつながった。西鉄高速バス乗っ取り
事件では、「13歳以下は何をしてもいいんだよ。16歳以上は控えめに。起訴されちゃうからね。18以上はもう大人。
死刑になっちゃうよ。」というメモが発見されている。
 しかし、その一方で日本は殺人被害者も殺人者の出現率も主要国では最低レベルである。この現象に最も寄与した
のが戦後生まれの若者達であったことが大きな特徴となっている。これは日本特有の現象とされ、戦後60年近くも戦争を
せず、徴兵制度も無かった先進国は他にないという事実も作用していると思われ、若者の暴行、傷害、強姦などの犯罪も
数だけ見れば激減しているのである。

281 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:50:59 0
1980年代半ばに米犯罪学会関係の賞を総なめにした暴力合法化モデル(デ−ン・
アーチャー教授らが110カ国70年間のデータを使って証明)によれば、「戦争に参加した国の殺人者率は上がる」とされ、
例えばベトナム戦争中、米国の殺人者率は戦前より42%も増えたという。
「非行は社会を映す鏡」と言われるが、刑事罰などの対象年齢の引き下げなどを柱とする改正少年法が、2001年4月から
施行された。現行法が施行された1949年以降、初の抜本的な改正で、少年犯罪に対する厳罰化に重点が置かれている。
改正法の主な内容は次のようである。
それまで「16歳以上」だった刑事罰対象年齢を「14歳以上」まで引き下げる
16歳以上の少年が故意の犯罪行為で被害者を死亡させた場合、原則として刑事処分手続きにかける
家裁の判断で少年審判への検察官の立ち会いを認め、3人の裁判官による合議制の導入も可能とする
18歳未満の少年の罪が成年の無期刑に相当する場合は、減刑せずに無期刑を科することもできる
 これにより、家庭裁判所が「逆送が相当」と判断した場合、14歳以上なら検察へ送られ、大人と同じように検察官と
弁護士が立ち会う刑事裁判を受けることになった。16歳以上が故意に人を殺害した場合も、「原則逆送」となっている。
裁判の判決が実刑ならば、成人が大半の少年刑務所で刑に服すことになり、前科がつく。ただし、義務教育年齢の
間だけは少年院で過ごすことができる。執行猶予であれば、保護司がついて保護観察をしながら、社会へ出て様子を
見ることになる。しかし、この改正によって改善されない点も指摘されている。被害者への責任を明らかにしないまま、
被害者の気持ちとは無関係に、少年の個別性にて処遇が決まることである。少年犯罪の被害者に、特に権利や
保護が叫ばれる所以である。少年の行動が大人と比べて予想しにくく、法律や権威を尊重しないことや、被害事実への
認識が薄いことがあり、自分の行為を理解しておらず、被害者がどうなるか、自分が法的にどうなるかも気にしないような
少年に、厳罰や個別的処遇がどれほどの効果を期待できるかには疑問も残るのである。むしろ、重要なのは少年が
被害事実(被害者)と向き合い、損なわれた関係回復のために何が必要なのかを考えることだとされる。

282 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:52:10 0
クリントン米前大統領が「グッド・ハウスキーピング」誌1995年11月号のインタビュー記事の
中で、継父がアルコール依存症であったため、自分はアダルト・チルドレンであったと述べたことで、この言葉が一躍有名になった。
 日本の年間自殺者は3万人を越えており、米国やEUの平均自殺率は日本の約半分であるという。10代の自殺者の比率も
世界で最も高いとされ、また、経済難によるうつ病から中高年の自殺が多いのは、うつ病に対する適切な治療が
行われていないためと指摘されている。これはまた精神病院にかかることを恥ずかしいと感じる日本文化にも深く根ざしてい
るとされ、診察を受けるより我慢することを選びがちな日本人気質があると分析されている。例えば、スウェーデンでは
1990年代に失業率が急増したにもかかわらず、自殺率が減少しているが、これは雇用や社会保障のセーフティーネットが
充実しているためと見られる。
 自殺が1件あれば背後に10件の未遂があり、さらに既遂や未遂の1件について最低5人が傷を負うと言われている。
したがって、自殺者3万人ということは実に150万人以上が打撃を受ける深刻な問題ということである。とりわけ子どもから
見ると、扶養してくれている親の自殺は衝撃が大きく、こうした遺児に対して周囲では「そっとしておくのが思いやり」
「時間が経てば自然に癒されるだろう」という見方が多いが、立ち直るキーワードは「分かち合い」であるとされる。
親に見捨てられたという「怒り」、なぜ自分だけがこんな目に遭うのかという「不当惑」、なぜ止められなかったのかという
「自責感」、さらに「忌まわしい死」という観念が社会にあるので、誰にも話せず孤立してしまうからである。
 そして、その「分かち合い」の場も、同じ体験を経てきた者同士なら「分かってもらえる」と語りやすいため、
ピア・サポート(仲間同士の支援)の重要性が注視されている。そして悲嘆作業を経て、苦しさに占拠されていた心に
ようやく余裕が出来ると、視点が社会にも向くようになるという。
思いやりや協調性、人権の尊重とコミュニケーションの確保といった観点から、ボランティア体験の導入や道徳教育の
重視がなされていたが、ここに至って心の教育が叫ばれるようになり、ゆとり・生きる力につぐ、旧文部省の第三の看板と
なった。

283 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:54:19 0
僕は殺人を犯した罪人に人権はいらない、極刑もやむをえないと考えます。確かにこの意見には反対を思う人も
多いと思いますが殺された人の人権についても考えて欲しいです。殺された人は誰だって死にたくなかったわけだし
これからの人生をもっと楽しみたかったはずです。そんな人々の生きる権利をほんの些細な理由で奪った犯人には
当然それ相応の罰が必要です。
僕には夢があります、大きな夢です、僕はあるとき死ぬのが怖いと思いました。それは何故か?
それは死ぬと言うことで自分の夢が断たれるからです。僕は一回そのせいで一種のヒステリーのようなものに
陥ったことがあります。そのとき僕は本当に悩みました死の恐怖に自分が飲み込まれそうになり溢れんばかりの
絶望感が頭を支配します。精神的にかなり参りました。今考えるとそういった経験が逆に命の大切さを僕に教えて
くれることになったと思います。逆にこういう事件を聞くと本当に心が痛みます、と同時に怒りの感情が現れます。
犯人の少年たちに「お前ら殺された人の気持ち考えたことあるんか!!」と怒鳴り散らしたくなります。そういった
被害者を供養する意でも犯人の極刑はやむをえません。
マスコミ等が少年法についていろいろ騒ぐため少年たちは少年法の存在を知り悪用に走る。ということは少年法を
改正し殺人→極刑とすればそのことについて当然マスコミ等が触れる、そうなればマスコミを通じてまた人を殺したら
極刑になると言うのが少年たちに伝わる。少年犯罪は減る。この意見を聞いてこれでは暴れる少年たちをただ法律と
言う名の鎖で縛り付けているだけだと感じる人も多いだろう、しかし生まれたときから殺人→極刑と言う意識を一般常識と
して埋め込めばなんら問題は無いだろう単純な考えだが的は得ていると思う。
もちろんこれはあくまで僕の考えであって反論も認めるしむしろ反論してくれるほうが嬉しい。
僕みたいな中学生がこんな偉そうなこと言うのは10年早いとか言われそうだけど最終的に言いたいのは命の
尊さを知れと言うことだ、命は尊く少なくともそんな些細な理由で奪っていけない、奪ったものにはそれ相応の償いを
してもらう、何もそれは少年犯罪に限ったことじゃない。そしてできれば死について深く考え悩んで欲しい

284 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:54:50 0
  少年犯罪がいろいろと起きています。しかし、今が飛び抜けて多いわけではないのです。少年犯罪には戦後4つの
ピークがありました。第1のピークは1951年。戦争で被災し、まだ立ち直りかけている頃です。
この年の少年の刑法犯罪は16万件ありました。第2のピークは1964年で、東京オリンピックの年でした。
高度経済成長真っ只中で、少年の刑法犯罪は24万件に達しました。高度成長の負の部分といってよい。
第3のピークは1983年でした。この年、少年の刑法犯罪は31万件で、それまでの最高を記録しました。この時期、
学校や子供が大きく変化したことを反映したものと考えられます。このときの分析としては、家庭や地域社会の括りが
弱くなり、機能が低下したところに原因があるとされました。1983年を境に少年犯罪の数は減少してきましたが、
1996年から反転し、1997年は21万件、1998年は22万件となっています。危険ラインにあるともいえ、警察は第4のピークを
心配している状況です。
 第4のピークというか、現在の少年犯罪の特徴は、それまで兆候が見られなかった少年がいきなり犯罪を起こす
「いきなり型」とか、「おやじ狩り」などが増えたことです。「おやじ狩り」というのは少年たちの命名です。こうした事件が
センセーショナルに取り上げられるものですから、凶暴な犯罪が目立って増えているような印象を受けるかと思います。
しかし、中学生の殺人は昔からありました。昔の子供が良くて、今の子供がダメということではないのです。東大大学院の
広田照幸助教授も『日本人の躾は衰退したか?』という本の中で、昔はきちんとしていて、今はダメだと結論付けられないと
述べています。昔も躾のなっていない子供はいた。今も昔も変わらないということです。最近の事件だけを見て、
短絡的に結論付けてはいけないと考えています。
ただ、今の子供はいろいろな面で厳しい状況に置かれていることを認識する必要があります。学校でも家庭でも、
子供たちにとっては生きていくのが大変な状況なのです。子供がいろいろと大変だということを、いくつかのデータで
紹介します。
 まず、体に異変が起きている。衰退しているといってもよい。文部科学省が、基礎的な体力などを測るために実施している
「体力・運動能力調査」があります。

285 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:58:50 0
50m走や懸垂などを行うのですが、これによると、10年前と比べて体力・運動能力が歴然と
下がっている。10歳で比較すると、10年前の70%のレベルしかなくなっている。
 心にも異変が起きています。現在の子供たちは、心にストレスを抱えている。心因性の難聴、睡眠障害などの相談が増えて
いるそうです。子供専用の心因性内科ができています。この他にも、過食症、拒食症、小児成人病が増えている。
こういったことの原因として、生活習慣が乱れていることがあげられます。例えば、朝食を家で食べなかったり、
独りで食事をする個食などもそのひとつです。塾や両親が共働きなど、いろいろな理由がある。週の3分の1は個食と
いう調査結果もあります。かつては学校給食廃止論が声高に叫ばれたことがありますが、現在では給食ぐらいしか十分な
栄養を摂れなくなっている 。
  文部科学省は毎年、教育白書を出しています。平成10年版の教育白書によると、今の子供の80%がイライラ、
ムシャクシャしている。小学生の55%、中学生の78%が不安を感じている、小学2年生の33%、中学2年生の66%が疲れて
いる。これは異様な数字です。私は取材で外国に行くことが多いのですが、ときどき地元の子供たちに向かって、
疲れているかと質問すると、何て変な質問しているのだろうとポカンとする。子供が疲れているわけがないじゃないかと
いう表情です。
 2002年5月に(財)日本青少年研究所が、日本、アメリカ、中国の高校生を対象に意識調査を実施しました。
この結果も対照的です。いくつかの項目を見てみましょう。ちなみに、( )内の数字は10年前の調査の時のものです。
Q:自分がダメな人間だと思ったことがある。
  日本73%(58%)、アメリカ48%、中国36.9%
Q:自分にあまり誇れるところがない。
  日本52%(33%)、アメリカ23%、中国23%
Q:私は人並みの能力があると思う。
  日本58%(65%)、アメリカ91.4%、中国93.9%
Q:全体として今の自分に満足している。
  日本38%(28%)、アメリカ84%、中国65%
 この結果から、今の日本の高校生は自分に誇りを持っていないことが分かります。自分をダメだと思っている者が多く、
何のために勉強するかが見出せなくなっている。

286 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:59:23 0
作家の村上龍さんは、「今の日本の子供たちにはすべてが用意されている。
ないのは希望だけだ」と言っています。なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか。結局は大人社会の反映なのでしょう。
大人社会が時代の変化に対応できずに、苦労している。個人の利害得失を優先して、責任感はない。利便性やモノ・カネ
などの物質的快楽だけを求めている。このように、大人社会のモラルの低下が問題なのだと思います。
 80年代の日本はキャッチアップを成し遂げました。これとパラレルな動きとして、社会全体のモラルも低下してきたとい
えるのではないでしょうか。経済大国化はプラスの面もあったけれども、同時に発生したマイナスの面も何とかしなければ
ならなくなったといえるでしょう 。
  今までの教育はモデル、手本を追いかけることが大切でした。あらかじめ定められた正解を暗記したりすることが求め
られた。ゴールは大学です。一流大学に入れば、それで終わり。大学生の勉強時間を国際比較をすると、日本は圧倒的に
少ない。小学生より少ない。これは大学生に勉強するというインセンティブがないからです。試験をクリアするためだけの
勉強になっている。勉強する意欲を見つけ出すのが難しい状況になっています。
社会部にいた時、オウム真理教事件を取材しました。ある有名私立高校生がオウム真理教に入りたいと言い出した。
これに父親が説得するんですね。「いい会社に入れ」と。そうすると息子が「なぜいい大学、いい会社に入ればいいの」と
問い返すのです。それに対する父親の答えは「卒業してから同窓会で自慢できる」だったのです。この答えを聞いて、
息子さんは結局オウムに入ってしまった。こういうことが当時、あちこちで起きました。何のために勉強するのかという
子供たちの疑問に、親がしっかり答えられる論理を持っていなかったのです。
 現在、教育の世界で一番大きな問題は、学力の低下です。考える力がない、勉強する意欲がないことが、大きな問題と
なっています。理科、数学を中心に5年に1度、学力に関する国際比較が実施されています。ここでの成績を見ると、
大昔は日本は1番だったのですが、最近でもそんなに悪くない。試験を受けた各国の子供たちに、「理科や数学が好きか」と
尋ねると、成績の悪い国の子供たちのほうが「はい」と答えるのです。

287 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 22:59:58 0
日本は成績が良いのですが、「いいえ」と答えています。
これでは試験が終わると、中身を忘れてしまいます。まさに剥落する学力です。
 小平邦彦さんという数学の先生がいらっしゃいました。数学のノーベル賞であるフィールズ賞を受賞した東大の先生ですが、
この先生もすでに10数年前に学生に学力がないと指摘しています。しかし、ここでいう学力とは、考える力のことです。
ある時、小平先生が中学の入試問題に挑戦したことがありました。しかし、算数の問題が解けなかった。小平さんは
「訓練して、テクニックを身につける問題であり、これは猿回が猿に芸をしこむのと同じだ。本当の学力にならない」と
嘆いていました。
 子供たちに本当の意味での考える力がついてないことと関連して、いわゆる勉強ができる優等生が悪いことをしでかす
現象があります。愛知県で見知らぬおばあさんを刺殺したのは、進学校の生徒でしたし、西鉄のバスジャックを起こした
子供も成績が良かった。大学では、慶応の医学部生が集団レイプ事件を起こし、つい最近では早稲田のスーパーフリー
事件が記憶に新しい。イベントサークルに関わる女子学生に取材で話を聞いたところ、「あの人たちは頭の中が空っぽ。
偏差値は高いかもしれないけれども、中身のない男たち」と言っていました。試験のためだけの勉強は、空っぽの人間を
生み出しているのです。ある社会学者は、空虚な主体を量産することが問題なのだと指摘しています。
 官僚、銀行、一流企業、マスコミに就職する人たちは、本当のエリートなのでしょうか。世界と戦えているのでしょうか。
かつて就職人気ランキングの上位にある会社の中には、東大など旧帝大しか採用しないところがありました。そうした
会社の多くはまずくなっています。成績が良い人ばかり採用したり、2世や3世を多く採用している組織は衰退します。
  子供たちがなぜこうなってしまったのか考えると、社会構造の変化があげられます。都市化の進行、核家族化、情報化、
少子化などです。これに伴い、子供を取り巻く環境も変化していて、子供を育てるのに不可欠な環境が失われてきていると
いえます。何が失われたのか。代表的なものとして、母親が乳幼児に語りかけることがあります。

288 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:00:38 0
これがなくなった。近年の脳の
研究によれば、母親が頻繁に赤ちゃんに話しかけると、赤ちゃんは反応し、4カ月ぐらいになると母親のマネし始めると
いうことです。ですから語りかけることは非常に重要なのです。そんなことが分かってきました。人間の子供が社会的動物と
して成長していくには、母親との相互関係がとても大切なのです。最初に意味のある言葉が出てくるのは1歳の誕生日
前後です。しかし、話しかけることが少なくなっているため、初語の時期が遅れてきています。
 初語の遅れの原因として、もうひとつテレビがあげられます。テレビを子守り代わりにしている家庭が多い。NHKの
調査では、4カ月以上のゼロ歳児の5割がテレビを見ている。それも、1日に2時間20分も見ている。1歳児になると、
8割がテレビを見ていて、視聴時間は1日2時間48分にも達しています。
アメリカの話ですが、聾唖者の夫婦に子供が生まれました。両親は子供との会話は手話で行いましたが、子供が言葉を
喋ることができるようにと願い、テレビをたくさん見せました。その結果、手話は完全にマスターできたものの、
言葉は理解できないまま育ってしまった。
 言葉が人間を作っているのです。しかし、おじいちゃん、おばあちゃんも近所の人もいなく、語りかけが少ない状況では、
言葉を幼児期に体感するのは難しくなっています。「人間は読み書き能力を磨いて自分を作る。本が死ぬところ、
暴力が生まれる」と言った人がいます。しかし、今はテレビが識字の道を妨害し、人から考える力を奪ってしまっている。
子供が育つには、人と人との直接の交流、つながりが一番大切な要素です。便利な道具ではあるけれども、テレビや、
携帯電話、インターネットは直接のコミュニケーションを妨げている。
 経済広報センターの今回の「教育に関するアンケート」の中に、家庭での子供とのスキンシップに関する質問がありました。
親とのスキンシップ、特に父親とのスキンシップが減っているという結果が出ています。父親との接触が減っているのは問題です。
 文科省の調査でも、父親が子供と過ごす時間が少ないという結果が出ています。世界一少ない。成熟国では、家族が
一緒に食事をとるのが普通ですが、日本ではできていない家庭が非常に多い。 遊びも人間形成の上では非常に重要な要素です。

289 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:01:11 0
年齢の違う子たちと遊ぶことで、社会性や協調性、独創性が培われます。
今の子供たちは家の中でテレビゲームをして遊びますが、これは本当の遊びではないと思います。遊びとは本来、自分たちで
ルールを作って、コントロールするものです。ところが、テレビゲームの場合は、はじめからルールが決められている。
戦前の子供は4000種類の遊びを知っていたということです。しかし、今の子供はわずか20種類しか知らないということです。
昔は夕方、「ご飯だよ」というお母さんの声で、1人ずつ子供が遊びから抜ける光景がよく見られたものですが、最近は
そういうことがなくなった。一方で遊びは危険でもあった。そうした中で、邪悪なものを見分ける感覚を研ぎ澄ました。
ですから、オウムなんかに誘われても、ついていきません。今の子供は無菌室で育てられている感じがします。
そういう子供には抵抗力がない。
 この他にも、生活体験や家の手伝いをする機会が圧倒的に少なくなっています。昔は洗濯や買い物、あるいはリンゴむき
などを手伝ったりしました。今はそんなことをする暇があったら、勉強しろと言われてしまう。

  10歳から12歳の子供を持つ親を対象に行った「子供の成長についての満足度調査」というものがあります。
これもショックを受けた調査でした。「子供の成長に満足しているか」という質問に対して、満足と回答したのが日本36.3%、
アメリカ84.5%、スウェーデン82.7%、タイ74.1%、韓国52.9%で、日本は他国と比較して異様に低い結果が出ています。
子供が成長するにつれて、満足度が低下しているのです。日本の子供の出来が特に悪いわけではない。親が子供の成長に
何を期待するかなのです。日本の親が子供に期待しているのは、学校の成績です。それも他の子供との比較において。
そうなると、期待に沿えるのは全体の3分の1程度でしょう。子供は自分は親に期待されていないことが敏感に分かる
ものです。それに気づいた子供は非常につらいと思います。
 親の側の意識を変えないと、子供は救われない。親のほうが子供の何を評価するのか、判断軸を変えなければならない。
学校の勉強が苦手な子供もいる。スポーツが得意な子供がいれば、素直な子供もいる。子供たちの長所を認めることが
大事なのです。

290 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:01:41 0
少年たちは血まみれになって倒れる会社員のカバンをひったくり、ポケットから現金を奪い取った。
騒ぎをききつけ住民が110番通報する頃には少年グループは乗り付けていた車で逃走 闇へと消え去った。
事件現場はH市O町 古い農家と新興住宅が入り混じった非常に閑静な住宅地である。
夜ともなれば電灯の少ないこの地帯は非常に暗くなる。 以前から痴漢などの犯罪で
この地区の危険性は指摘されていたが、周囲には交番もなく、そして
ついに凶悪な路上強盗事件は起きてしまった。
襲われた会社員は頭蓋骨骨折などにより全治3ヶ月の重傷。予後どうなったかは不明だが
おそらくは様々な形で後遺症に悩まされただろう。 何も罪のない一般市民を襲った
あまりにも卑劣で残虐非道な事件であった。
少年グループは人の頭を叩き割り、いともたやすく金を手に入れた満足感 そして
暴力に血塗られた歪んだ快楽の余韻に浸りながら、一同満面の笑みを浮かべて逃げ切れた、
と確信した。 彼等は事後、焼肉食べ放題の店にでも入り、この凶行にビールで乾杯の音頭
でもとったのだろうか?
しかし考えは甘かった。 事件直後、現場付近にいた住民が逃走した車両の車種や少年の人相
などをよく覚えていたために、事件から数ヵ月後、少年グループは一網打尽に逮捕された。 
罪状は「強盗殺人未遂」であった。
逮捕された少年グループはいずれも地元のM中学校出身で、中学卒業後に「チーム」を
結成し恐喝や暴行などの悪行を重ねていた。「チーム」は先輩後輩の軸でつながっていた
ため犯罪がヒートアップしたものと推測された。
そしてこの事件の主犯格 斎藤和也(当時18歳 仮名)は私の中学時代の同級生であった。
斎藤は中学時代からいわゆる不良グループに属していた。とはいっても暴力事件や恐喝
などを繰り返す「札付き」ではなかった。 授業中ウイスキーを飲んで大声をあげたり
バイクを乗り回したりする姿は見受けられたが、それ以外は普通の生徒と変わったところ
はなかった。 サッカー部に所属し練習は真面目にしていたし、持ち前の運動神経
の良さとスタミナで体育祭やマラソン大会では大きな活躍をしていた。性格も決して
凶暴なものではなく、むしろ素直で優しい面があったといってもよい。

291 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:03:38 0
 まず、僕がなぜ卒業レポートのテーマに『青少年の犯罪』を選んだかについて書くことにしよう。僕が中学生の頃であろうか。
中高生のあいだで『バタフライナイフ』と呼ばれる、刃渡り10センチ程度の折り畳み式の刃物を罪の意識もなく平然と
持ち歩く者が増えていた。実際、僕の中学でも流行に乗るかのごとく学校に持ち込む友達が少ないながらもいた。
やがて、持ち歩くだけで『銃刀法違反』であるし、ナイフを持ったものが何気なく集まっただけで、『凶器準備集合罪』に
問われる、というような指導を学校側からされたこともあり、栃木県のある中学校での『女性教諭刺殺事件』が起きた後は
ほとんどいなくなったように思う。
 この事件というのは、授業の遅刻を注意された中学校1年生の男子生徒が最初は脅すつもりで女性教諭にナイフを
突きつけたが、先生がたじろがなかったため、少年は馬鹿にされたと思い、持っていたナイフで胸や背中など7箇所を刺し
殺害したものだ。この時男子生徒は血を流し倒れている先生を無表情で蹴り続け、職員室に連れて行かれる途中で我に
返ったかのように泣き出した、という証言がある。
 これがいわゆる『キレる』というものなのだろうか。大人たちは、このころ多発した事件をきっかけにニュースや新聞などで、
現代の子供たちのキレやすさ、そして、その事件の背景となったであろう環境を犯罪心理学などの観点から理論だて、
社会に訴え始めた。事件が起こるもっと前から議論されていたのかもしれないが、この世に生まれて17年しか経っていない
僕の少ない記憶では、この頃に多くマスコミに取り上げられた一連の事件が印象強い少年事件の始まりではないかと
思われる。事件を起こした少年と同世代の僕は、心理学者と思われる大人がニュースでコメントをするたびに、
何か違和感のような息苦しさを感じていたことを今でも強く覚えている。ちょうど反抗期でもあったため、ただ単に大人の
言うことを聞きたくなかったのかもしれない。しかし、それだけではないように思う。順調にエリートコースを歩んできた教授の
ような人たちが、いくら真剣に考えて子供の心理を探ろうとしても、同世代の子供以上に事件を起こした子供の考えや、
行動を理解できるはずがない!という負けず嫌いの精神にも似た感情が心の中にあったのだと思う。

292 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:06:16 0
僕が高校生になった今でも、いわゆる『キレる』子供の犯罪が減ることはなく、ニュースのテロップには『またもや』という
フレーズが、しばしば用いられるようになった。特に『17歳の事件』があった時だ。高校生というだけで世間からは
危険人物かのように見られ、偏見のような眼差しでにらみつけられような気分になるときがある。僕の周りには、
「同じ17歳として恥ずかしい」などと言う友達もいるが、不思議と僕にはそのような感情は生まれてこなかった。
恐い話になるかもしれないが、同じ17歳として事件を起こした少年たちの気持ちが分かるような気がしたのだ。
少なくとも大人たちよりは。少年たちの精神状態は特別扱いされているようだが、現代の高校生には多く当てはまると思う。
このように感じられるのも自分が高校生であるためで、年を重ねて社会人にでもなる頃には、ニュースのコメンテイターと
同じような意見しか述べられなくなっているのだろう。そこでせっかく『高校の卒業レポート』といういい機会があるのだから、
テーマとしてはこれが最適なんではないか、この時期に一度真剣に考えてみる必要があるのではないか、と思いペンを
執ったわけである。
事件を起こした少年にインタビューしたわけではないので、これはあくまでも僕の推測に過ぎないということを前提に話を
進めさせてもらいたい。少年はこの先の人生や、自分のことなどどうでもよかったのではないだろうか。(しつこいようだが、
これは僕なりの見解だが)
『17歳』というと、高校に通っている子ならば、ちょうど真剣に具体的な進路を考え始めなければいけない時期であると思う。
もっと早い時期から考えなければいけないのかもしれないが、現実味を帯びて直面するのは(実際に僕自身や周りがそうで
あったように)多くの人がこの頃であろう。僕もかなり考えたが、いざ真剣に悩んだところで、現時点でやりたいことはないし、
簡単に見付かりそうにない。幼い頃に描いた夢は、成長して現実を知ることにより儚く散っていった。やりたいことがはっきり
していて、夢の実現に向けて全力疾走できる人がどれだけ羨ましかったことか。できることなら、このまま年もとらずに『17』の
まま一生を終えたい、とまで思い悩んだことがある。夢も希望も持てないこの世の中で、不安にならないほうがおかしいので
はないか。

293 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:06:46 0
東京の中野富士見中学の鹿川君が,盛岡駅で首を吊った事件.これは当時,悲惨ないじめ事件として話題になりましたが,
ところが,ご両親が訴えた裁判では,一審判決で『成長過程のエピソード』として敗訴。次の東京高裁では覆されたものの,
人の命の尊さを教えるべき教師が『葬式ごっこ』の悪ふざけに荷担していたことを追及しないのが『法の番人』なのか,
と思わせられる奇妙な判決です.教師は法律上の有資格者です.特別な責任を課せられているわけですから,
そういった教師から教員免許を剥奪するくらいの判決をするのが,司法の任務です.
それから,山形マット殺人。山形県新庄市の中学で起こった,マットに巻かれて児玉有平君が亡くなった,いや殺された
事件.容疑者として捕まった7人のうち4人が仙台高裁で無実を主張事件は驚くことに『少年の冤罪事件』として注目を
浴びることに.無論彼らを真犯人と断定することは出来ないかも知れないが,だからといって亡くなった児玉君のことを
問題にせずに捕まった少年の行為だけが世間の注目の的となるのは事件の経過としては通常とまったく異なる
扱い.事件の真相追及は本来,被害者の権利回復のために行われるものであるはず.ところが学校で起こった事件に
関してはこの点があいまいにされやすい.マットが勝手に動いて人を巻き込むなどということはありえないのだから
児玉君の死は誰かの行為による被害であるはず.その加害者が誰かということを明らかにするという当然の目的を
逸脱してまで冤罪性のみを追及するマスコミは『子どもの権利のために』平気で他の子どもの権利を犠牲にしている.
大阪梅田の阪急百貨店で山形県の食品のイベントがあったとき,たまたま新庄から来た店の人にこの事件について
たずねたところ,本当に嫌な顔をして『あれは事故』と言い切っていた.

今の犯罪被害者支援活動は果たして,こういう人を救済するのでしょうか?

そもそも『犯罪』とは何でしょうか.『法に触れる行為』というのが最も一般的な定義と思われます.が,
実際の日常生活では,法に触れるすべての行為が犯罪とみなされるとも限りません.
(例えば,事故にかかわらない信号無視とか,18歳の学生の飲酒とか)駅に行くと『痴漢は犯罪』,人里離れた山中の
道路には『不法投棄は犯罪』と書かれてあります.

294 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:08:21 0
少年自身の問題 
 最近の少年非行は、 低年齢化、 凶悪化、 集団化の傾向が顕著で、 社会のルールを守ると
いった規範意識に欠けているケースや、 自己中心的で被害者の気持ちを考えないケースが
目立っています。遊ぶ金欲しさからゲーム感覚でひったくりやおやじ狩りなどと言われる強盗
を行うなど、 その傾向が顕著にみられます。また、感情を言葉にして表現する力が弱まっている
ことがあげられ、他人とのコミュニケーションが苦手なことから、イライラや不安が非行となって
現れることもあります。
家庭の問題 
 子どもの人格形成や人間関係の構築において、 家庭が最も重要な役割を果たすと考えられ
ています。しかし最近では、 家庭での親と子のふれあいが少なくなるなど、
親子の関係が希薄になってきているという指摘もあります。自分の子どもが飲酒・喫煙等の
不良行為を行っても、 それを知らなかったり、 黙認している親が見受けられます。
まず家庭において、 善悪の区別や社会のルールを守ることなどについて、
幼児期から親がしっかりとした躾を行っていくことが大切です。

友達が変わってくる。 (親としては、 ちょっと気になる友達と遊ぶようになった。)
夜遊びをして帰宅が遅くなったり、 無断外泊をするようになる。
行き先を言わずに外出をする。
落ち着きがなくなり、 親を避けたり、 口数が少なくなる。
服装や髪型が派手になる。
金遣いが荒くなったり、 買い与えた覚えのない物を持っている。
表情が暗くなり、 急にふさぎ込んだり感情が不安定になる。 逆に今までになく陽気になったりすることもある。
学校の成績が落ちてくる。
何だか今までとは違うという感じがする。
事は少年問題だけには限らないと思います。今日の日本の閉塞感は、殆どが形なき不安から来ているの
ではないでしょうか。善良な価値観の目を覆うような欠如、倫理性を欠いたままでの匿名社会の広がり、
将来を託すべき世代の広範な変質、外国人犯罪の多発、予想と理性の枠外にある犯罪の頻発、経済不安、
テロ国家と勢力の不安、巨大地震の不安…。すべての犯罪とルール違反に対して、毅然と対応すべきです。
職業としてそれを取り締まる立場にある警察等も、良識ある国民のための責任感に満ちた組織として、
無理な手械足枷を取り払い

295 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:08:52 0
「インチキ人権主義者」の人々は、加害者の更正の機会がどうのこうのと言うけれど、
世間に後ろ指さされることくらいで更正できないのなら、そんな人は最初から更正するなんて無理なのだと思います。
人を殺しておいて自分は生かされているのだからそれで十分ではないですか?
後ろ指さされながら生きる事に耐えられないなら死ねばいい。
彼らにはその選択の自由があります。
でも、被害者には選択の自由はなかったのです。
被害者にだって、これから未来があったのです。それらを勝手に奪っておいて、更正するために世間ぐるみで
協力してくれというのはちょっとムシがよすぎる気がします。
更正できないのなら、最初から加害者にならなければいいでありませんか!!

もし私の子供たちが被害者になったら?
考えたくもないし、考えられないけれど、加害者には、単なる極刑なんかではなく、想像できるありと
あらゆる苦痛を味わった跡で、「死にたくない」と叫びながら死んでいってほしいと願うでしょう。

加害者になったら?
それも考えたくもないし、考えられないけど、そうなることのないように、今から、命の大切さ、
悪いことをしたら必ず罰せられる、ということを教えていきたいと思っています。
今回の事件の後で、息子にも、どこに行っても絶対に私から離れてはいけない、といい聞かせました。
いつも行っているスーパーでお隣の売り場に行ってもいけない、と。
そして今度の事件のことを話しました。気をつけない悪い人は大人だけじゃない、子供にもいる、
犯人は中学校に行っているおにいちゃんだったと言いました。そして、「そのおにいちゃんは、
とても悪いことをしたんだから、ずっとずっと牢屋に入っているんだよ。おとうさんにもおかあさんにも
会えないんだよ。大人になって、おじいさんになって、死ぬまで、ずっと牢屋に入っているんだよ。だって、
殺されちゃった4歳の子は、もう、おとうさんにもおかあさんにも会えないんだからね。」と言いました。
息子がどこまで理解できているのかはわかりません。でも、話しながら、本当に、そうであってほしいと、
犯人には死ぬまでずっと苦しんでほしいと強く願いました。

296 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:09:24 0
世間でも問題視されているように、私も以前から少年法の存在に疑問を感じています。
法律の専門的な知識があるわけではありませんし、多分に感情的になっていることは自分でもわかっていますが、
なぜ「少年だから」という理由だけで、罪に問われないのか?それが不思議でなりません。
今回のニュースを見て、人を殺しておいて、「逮捕」ではなくて「補導」だなんて、絶対変だと思いました。
少年法は、絶対に改正すべきです。
どう改正すればいいのか?素人の私にはわかりませんが、少なくとも今回の12歳だって、
「人を殺してはいけない」ということは理解できる年齢ですよね?明らかに年齢は引き下げるべきだと思います。
じゃあ8歳はだめだけど7歳ならいいのか、とかそういう議論になるのでしょうが、少なくとも、現行のままではおかしすぎます。

中には自暴自棄になって犯罪を犯す人間もいるでしょうが、高校生にもなれば「少年だから罪にならない」と
思って罪をおかす人間も多いでしょう。「場合によっては死刑もありうる」ということになれば確実に少年犯罪は
減ると思います。

鴻池氏の発言が問題視されていますが、確かにあのような立場の人が公の場ですべき発言ではなかったのかもしれません。
でも、「犯人が少年だからという理由だけで罪にならないのなら、その犯人を監督すべき立場である親が
代わりに責任をとれ」と思う人間は多いのではないでしょうか?多くの人は世間に向かって発言する術を持たないのですから、
彼がああいう発言をしたことで、インチキ人権主義者(被害者やその家族の人権を全く無視して加害者の
人権ばかりを守ろうとする人々を私は敢えてこう呼びたいと思います)に、「普通」の人の気持を少しでも
わかってもらえたらと思います。

山口で親子が殺害された裁判で、裁判官が「裁判は復讐の場であってはならない」と言ったそうですが、
私は「裁判は復讐の場でなくてはならない」と思います。法律が、裁判が復讐してくれなかったら、
被害者やその家族はどうすればいいのでしょう?自分で仇討ちしなくてはならないのでしょうか?
あの裁判官は、もし自分が被害者の側に立ったら、それでも同じことが言えるのかしら?

297 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:12:22 0
少年犯罪の凶悪化に対応するため、警察庁は11日、これまで成人の容疑者に限ってきた
公開手配の対象を、19歳以下の少年にも広げることを決め、全国の警察本部に通達した。
犯行が悪質で再犯の恐れが高い場合には、似顔絵や身体的特徴を公表できるとし、
顔写真や氏名も『例外だが、全く公開しないわけではない』(警察庁少年課)としている。
同庁は、個別のケースごとに、公開捜査の必要性があるか都道府県警と協議して判断すると
している。

容疑者の特徴を公表し、市民から情報提供を求める公開捜査について、同庁は、
1998年の通達で、凶悪犯罪や社会的反響の大きい事件などを対象とし、
原則として容疑者が成人のケースに限るとしたが、少年事件に関する基準は示していなかった。
このため、容疑者が明らかに少年だったり、少年の可能性が少しでもあったりした場合には、
公開捜査はほとんど行われていなかった。
しかし、今月9日に公表された政府の青少年育成施策大綱に、『人権保護と捜査上の
必要性を勘案して、少年事件の公開手配のあり方の検討を行う』との文言が盛り込まれたことを
受け、警察庁は今回の通達で、『必要かつ適切と認められる場合には、例外的に許される』との
考え方を示すことにした。

公開が許されるケースは、犯行手段が悪質なうえ、再犯の恐れが高く社会的不安を与えた事件の
うち、公開以外に容疑者逮捕の方法がない場合とし、想定される犯罪としては、
連続殺人や連続婦女暴行事件などを挙げている。公開する情報の内容はケースバイケースで
判断するとしているが、氏名や顔写真の公開もあり得るとしている。
また、容疑者の身元が明らかでない少年事件の場合でも、防犯カメラなどに映った写真や似顔絵、
身体的特徴、音声など、捜査で得た資料を公開する。ただ、容疑者が14歳未満の触法少年の
可能性がある時には、防犯カメラの映像を似顔絵に変えるなどの配慮もするとしている。

2000年6月に岡山県で高校3年の少年が金属バットで高校の後輩や母親を殺傷した事件では、
県警は、逃走した少年を指名手配したものの氏名や顔写真は明らかにしなかった。
今年7月に長崎市で12歳の少年が4歳の男児を殺害した事件でも、
少年の姿をとらえた防犯カメラの映像は公開されなかった。

298 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:12:59 0
山口で親子が殺害された裁判で、裁判官が「裁判は復讐の場であってはならない」と言ったそうですが、
私は「裁判は復讐の場でなくてはならない」と思います。法律が、裁判が復讐してくれなかったら、
被害者やその家族はどうすればいいのでしょう?自分で仇討ちしなくてはならないのでしょうか?
あの裁判官は、もし自分が被害者の側に立ったら、それでも同じことが言えるのかしら?

「インチキ人権主義者」の人々は、加害者の更正の機会がどうのこうのと言うけれど、
世間に後ろ指さされることくらいで更正できないのなら、そんな人は最初から更正するなんて無理なのだと思います。
人を殺しておいて自分は生かされているのだからそれで十分ではないですか?
後ろ指さされながら生きる事に耐えられないなら死ねばいい。
彼らにはその選択の自由があります。
でも、被害者には選択の自由はなかったのです。
被害者にだって、これから未来があったのです。それらを勝手に奪っておいて、更正するために世間ぐるみで
協力してくれというのはちょっとムシがよすぎる気がします。
更正できないのなら、最初から加害者にならなければいいでありませんか!!

もし私の子供たちが被害者になったら?
考えたくもないし、考えられないけれど、加害者には、単なる極刑なんかではなく、想像できるありと
あらゆる苦痛を味わった跡で、「死にたくない」と叫びながら死んでいってほしいと願うでしょう。

加害者になったら?
それも考えたくもないし、考えられないけど、そうなることのないように、今から、命の大切さ、
悪いことをしたら必ず罰せられる、ということを教えていきたいと思っています。
今回の事件の後で、息子にも、どこに行っても絶対に私から離れてはいけない、といい聞かせました。
いつも行っているスーパーでお隣の売り場に行ってもいけない、と。
そして今度の事件のことを話しました。気をつけない悪い人は大人だけじゃない、子供にもいる、
犯人は中学校に行っているおにいちゃんだったと言いました。そして、「そのおにいちゃんは、
とても悪いことをしたんだから、ずっとずっと牢屋に入っているんだよ。おとうさんにもおかあさんにも
会えないんだよ。大人になって、おじいさんになって、死ぬまで、ずっと牢屋に入っているんだよ。

299 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:17:03 0
●このスレにレスしようと考えている小犯新人住人さんへ●
まぁこんな感じですわ。このスレは自演房が元々自分でスレ立てて。存在しない住人を
作って加害者への罵詈雑言被害者への同情を一日中書き込み、作られた流れに感化された
少年犯罪板新人さんがレスし始めると今度は逆の事をして煽り、反応を面白がる。
それが病みつきになって立て続けてる真性キチガイスレッド。
住人が居ない上にID不可視をいい事に自演し放題(4年以上)
訳の分からん住所を加害者の所在だTELだと書き込みしてはイタズラ電話やらビラ貼りを
煽り、影で面白がる。
終いには加害者降臨ごっこやら探偵ごっこ。
煽りに都合のいいようにガセ情報ネット中に書きまくり。
このコンクリ自演房が架空住人を作って人気スレに見せ掛けているのが判明したのが去年の
9月。
http://makimo.to/2ch/tmp5_youth/1126/1126178367.html
スルーしても何してもやめやしねぇ。
とりあえずこのスレに書かれることは何も信用するな・・・。

何か書く時は絶対にsageて書け。
自演があげまくるから少しでも自演の架空住人と見分ける目安になる。

300 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:20:46 0
※ ※ ※ コンクリ事件遊びをする自演荒らしについて ※ ※ ※ 
●少年犯罪板にて●
少年犯罪板コンクリスレに加害者によるスレ潰しが発生と一日中毎日
大騒ぎ。荒らし加害者派が圧倒的に見える。
しかし 荒らしが加害者かニートかを話し合うスレにはいくら待って
も加害者派は現れず、それでいてコンクリスレは不自然な盛り上がり
をみせる。呼びかけを続けてやっと話し合いに現れた加害者派は「話す
事など無い」と屁理屈を並べて逃走。加害者派と話している間コンクリ
スレではレスがピタリと止まり、一人の異常な自演だった事が発覚。
http://makimo.to/2ch/tmp5_youth/1126/1126178367.html
その後荒らしのトリップを付けたままスレ立てし、スレ潰しどころか
釣り、騙りの為に自分で立てていた事も発覚。考えてみればコンクリ
スレではそれまでに1乙も次スレ頼むも一度も無かった。
http://makimo.to/2ch/tmp5_youth/1126/1126531550.html
●雑誌板にて●
自称コンクリ犯岩澤がヤフーのオークションで偽造サインを販売している
と自称被害者の”広島の安藤”が被害者を減らす為と称しミリオン出版
関係スレをコピペ荒らし。抗議する住人は岩澤扱い。岩澤の勤務先住所・
電話番号・実家の電話番号などを貼っては抗議の悪戯の電話を煽る。
しかし運営で掘られたIPから安藤=岩澤であることが判明。
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1133968568/
さらに武蔵野署に確認に電話をした住人によって被害届けが出ている事
自体が嘘である事も発覚。
問い詰めるとそれ以降荒らしはダンマリ。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1134629663/

301 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:21:18 0
※ ※ ※ 自演嵐の主な特徴 ※ ※ ※
(新人さんは必ず読んでね。嵐は他のスレにも出張するよ)
特徴)あちこちにコンクリスレを立てて好奇心を引こうとする
   (最終的には自演しやすい少年犯罪板へ誘導)
特徴)「お前加害者か?」「お前○○(加害者の名前)か?」等のレスパターンが好き。
特徴)トリップHNが大好き
特徴)芝居がかった鼻息の荒いレスが多い
特徴)架空住人を作ってスレの95%を一人で埋める(ライフワーク)
特徴)加害者100人をやたら誇張 !
特徴)被害者に同情するレスも付けスレ住人を増やそうとする。
特徴)悪戯電話を要求するのが好き
特徴)関係者、情報通を装って妙な事を言い始める
  (酷い時には日代わりで関係者を降臨させる事もある)
特徴)話にガンダムを絡めることがある。
特徴)有り得ない非常識さを晒すことがある
特徴)レスの前半の話と後半が繋がらない時がある。
特徴)面倒になるとコピペ (粘着し始めるとスレと無関係なコピペが増えてくる)
特徴)土日祭日平日関係なく一日20時間自演。
特徴)(荒らす時は)自分で自分を攻撃するレスを付け
    『みんながやってる』
   ように見せスルーを困難にする。
特徴)初心者を装ったレスで質問してくる。
特徴)古いアニメネタが多い(80年代後半〜90年代、集英社アニメ化作品が多い)
特徴)age房である
特徴)自身が管理人と思われるガセ情報発信サイトへ誘導する
http://myweb.kingnet.com.tw/aoi102/no1.html
※基本的に幼稚だが時間と量にモノをいわせてガセや釣りの種まきをする。

302 :少年法により名無し:2006/03/19(日) 23:21:49 0
◎このスレに頻繁に書き込まれる嘘 ◎
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
●レイプに参加した加害者は100人もいる。
(加害者があちこち自慢してた為、拉致を知っていた人が100人もいたというだけの話)
http://ppcfan.at.infoseek.co.jp/backstage/20030415.html
●被害者が『ゴキブリ』『ウンコ』を食べさせられた。
●加害者が飲み屋で「本当はもっと色々やった」と自慢してたという話
●暴走族わら人形が関わっていた(暴走族わら人形は30年近く前1976年9月9日に解散している)
https://orange.mynethost.com/~usr126795/nenpyo.html
●裁判記録の一部が残酷過ぎてスミで塗りつぶされていた。
●加害者の父もレイプに参加していた。
●スマイリー菊池や飯島愛が事件に関係している(菊池聡という加害者は存在しません)
(飯島愛は被害者の顔に落書きした女性とイニシャルが同じ事から流れたガセ)
●遺体からオロナミンCの瓶が2本発見された云々 (発見されたのは,あくまで「ドリンクビン」です)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/josikousei.htm
●被害者は処女だった(ソース無し)
●その他多数
 自演の狙いは新人です。ガセを真に受けたり、煽りに乗ることのないようお願いします。


ホントはこんなレスもしたくない・・    : | スレそのものが釣り!
                             |
      ∩___∩             |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ: | とにかくだなぁ
     /  ●   ● |         (=)     | 小犯コンクリスレにレスする
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))  | こと=自演を喜ばす事だから
    彡、   |∪|  ノ               < コンクリスレは2ch
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ            | に沢山あるから
  \ ヽ  /         ヽ /             | レスしたい新人は
   \_,,ノ      |、_ノ              | そっちに行ってくれ
     /       |                 \________

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)