5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年Aは弁護士に、遺族は家庭崩壊5 【少年法】

227 :少年法により名無し:2006/09/26(火) 19:41:54 0
疑いようのない事実。
宮崎一郎が昭和28年12月15日生だと言うこと(家裁月報、本)
現在弁護士だと言うこと(本)
じゃあ本が嘘かと言えば、それはありえないだろう。
ここまでデータをさらして、万一本人であるかをぼかすために職業だけ別のもの
に変えていたら、それこそ抗議殺到だろうから。あれは反響を考慮した確信犯だから、
嘘は書いていないはず。例えば司法書士などと書いたら、それこそ司法書士協会
から「該当人物はいない」と抗議が出る。日弁連から抗議が出ていないのは、
弁護士であるのが事実だから。

で、昭和28年12月15日生の弁護士が該当者一人なら、確定されても確定した
側に陥れるための粉飾があったとは認められないと思う。素直に調べたら一人しか
該当者なし、という結果になっただけで。

290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)